KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 記者
  • 風景
  • 放牧
  • ムー
  • 令和
  • 余り
  • 山地
  • 拠点
  • 牧畜民
  • 位置

「裕民県」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
24
( 1 24 件を表示)
  • 1
24
( 1 24 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年06月22日
    遥かなる山奥の夏の牧場を訪ねて新疆巴爾魯克山

    22日、巴爾魯克山にある夏の牧場内の店で帳簿をつける牧畜民。中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州タルバガダイ地区裕民(チャガントカイ)県の巴爾魯克(バルルク)山は西の国境に位置する。山の北側は起伏が大きく、降水量が多いことから、草原には植物が青々と生い茂り、夏は牧場として最適の場所だ。裕民県に住む牧畜民は毎年6月中下旬になると相次いでここに移ってきて9月まで生活する。牧畜民にとって巴爾魯克山と谷の間に広がる牧草地は、生きるために自然が与えてくれた贈り物。同県はここ数年、牧草地と牧畜業の調和制度を実施し、牧畜の期間制限や禁止などの保護措置で現地の生態環境を守ってきた。同時に、牧畜地域のインフラ建設への投資を拡大、道路を改造し、エコ観光を発展させ、牧畜民の生産、生活条件を改善した。(裕民=新華社記者/胡虎虎)=2018(平成30)年6月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018062900378

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年06月22日
    遥かなる山奥の夏の牧場を訪ねて新疆巴爾魯克山

    22日、巴爾魯克山の夏の牧場へ向かうため、牧畜禁止エリアを通る牧畜民とヒツジの群れ。中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州タルバガダイ地区裕民(チャガントカイ)県の巴爾魯克(バルルク)山は西の国境に位置する。山の北側は起伏が大きく、降水量が多いことから、草原には植物が青々と生い茂り、夏は牧場として最適の場所だ。裕民県に住む牧畜民は毎年6月中下旬になると相次いでここに移ってきて9月まで生活する。牧畜民にとって巴爾魯克山と谷の間に広がる牧草地は、生きるために自然が与えてくれた贈り物。同県はここ数年、牧草地と牧畜業の調和制度を実施し、牧畜の期間制限や禁止などの保護措置で現地の生態環境を守ってきた。同時に、牧畜地域のインフラ建設への投資を拡大、道路を改造し、エコ観光を発展させ、牧畜民の生産、生活条件を改善した。(裕民=新華社記者/胡虎虎)=2018(平成30)年6月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018062900354

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年06月22日
    遥かなる山奥の夏の牧場を訪ねて新疆巴爾魯克山

    22日夕方、巴爾魯克山にある夏の牧場からヒツジ小屋に向かうヒツジの親子。中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州タルバガダイ地区裕民(チャガントカイ)県の巴爾魯克(バルルク)山は西の国境に位置する。山の北側は起伏が大きく、降水量が多いことから、草原には植物が青々と生い茂り、夏は牧場として最適の場所だ。裕民県に住む牧畜民は毎年6月中下旬になると相次いでここに移ってきて9月まで生活する。牧畜民にとって巴爾魯克山と谷の間に広がる牧草地は、生きるために自然が与えてくれた贈り物。同県はここ数年、牧草地と牧畜業の調和制度を実施し、牧畜の期間制限や禁止などの保護措置で現地の生態環境を守ってきた。同時に、牧畜地域のインフラ建設への投資を拡大、道路を改造し、エコ観光を発展させ、牧畜民の生産、生活条件を改善した。(裕民=新華社記者/胡虎虎)=2018(平成30)年6月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018062900377

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年06月22日
    遥かなる山奥の夏の牧場を訪ねて新疆巴爾魯克山

    22日、巴爾魯克山の奥にある整備後の牧畜用道路。(小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州タルバガダイ地区裕民(チャガントカイ)県の巴爾魯克(バルルク)山は西の国境に位置する。山の北側は起伏が大きく、降水量が多いことから、草原には植物が青々と生い茂り、夏は牧場として最適の場所だ。裕民県に住む牧畜民は毎年6月中下旬になると相次いでここに移ってきて9月まで生活する。牧畜民にとって巴爾魯克山と谷の間に広がる牧草地は、生きるために自然が与えてくれた贈り物。同県はここ数年、牧草地と牧畜業の調和制度を実施し、牧畜の期間制限や禁止などの保護措置で現地の生態環境を守ってきた。同時に、牧畜地域のインフラ建設への投資を拡大、道路を改造し、エコ観光を発展させ、牧畜民の生産、生活条件を改善した。(裕民=新華社記者/胡虎虎)=2018(平成30)年6月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018062900372

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年06月22日
    遥かなる山奥の夏の牧場を訪ねて新疆巴爾魯克山

    22日、巴爾魯克山にある夏の牧場を馬に乗って散策する裕民県の牧畜民。中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州タルバガダイ地区裕民(チャガントカイ)県の巴爾魯克(バルルク)山は西の国境に位置する。山の北側は起伏が大きく、降水量が多いことから、草原には植物が青々と生い茂り、夏は牧場として最適の場所だ。裕民県に住む牧畜民は毎年6月中下旬になると相次いでここに移ってきて9月まで生活する。牧畜民にとって巴爾魯克山と谷の間に広がる牧草地は、生きるために自然が与えてくれた贈り物。同県はここ数年、牧草地と牧畜業の調和制度を実施し、牧畜の期間制限や禁止などの保護措置で現地の生態環境を守ってきた。同時に、牧畜地域のインフラ建設への投資を拡大、道路を改造し、エコ観光を発展させ、牧畜民の生産、生活条件を改善した。(裕民=新華社記者/胡虎虎)=2018(平成30)年6月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018062900403

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年06月22日
    遥かなる山奥の夏の牧場を訪ねて新疆巴爾魯克山

    22日、巴爾魯克山の牧畜用道路を走る裕民県ジイェク鎮の牧畜民。中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州タルバガダイ地区裕民(チャガントカイ)県の巴爾魯克(バルルク)山は西の国境に位置する。山の北側は起伏が大きく、降水量が多いことから、草原には植物が青々と生い茂り、夏は牧場として最適の場所だ。裕民県に住む牧畜民は毎年6月中下旬になると相次いでここに移ってきて9月まで生活する。牧畜民にとって巴爾魯克山と谷の間に広がる牧草地は、生きるために自然が与えてくれた贈り物。同県はここ数年、牧草地と牧畜業の調和制度を実施し、牧畜の期間制限や禁止などの保護措置で現地の生態環境を守ってきた。同時に、牧畜地域のインフラ建設への投資を拡大、道路を改造し、エコ観光を発展させ、牧畜民の生産、生活条件を改善した。(裕民=新華社記者/胡虎虎)=2018(平成30)年6月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018062900376

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年06月22日
    遥かなる山奥の夏の牧場を訪ねて新疆巴爾魯克山

    22日、巴爾魯克山の奥にある夏の牧場で放牧する裕民県ジイェク鎮の牧畜民。中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州タルバガダイ地区裕民(チャガントカイ)県の巴爾魯克(バルルク)山は西の国境に位置する。山の北側は起伏が大きく、降水量が多いことから、草原には植物が青々と生い茂り、夏は牧場として最適の場所だ。裕民県に住む牧畜民は毎年6月中下旬になると相次いでここに移ってきて9月まで生活する。牧畜民にとって巴爾魯克山と谷の間に広がる牧草地は、生きるために自然が与えてくれた贈り物。同県はここ数年、牧草地と牧畜業の調和制度を実施し、牧畜の期間制限や禁止などの保護措置で現地の生態環境を守ってきた。同時に、牧畜地域のインフラ建設への投資を拡大、道路を改造し、エコ観光を発展させ、牧畜民の生産、生活条件を改善した。(裕民=新華社記者/胡虎虎)=2018(平成30)年6月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018062900386

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年06月23日
    遥かなる山奥の夏の牧場を訪ねて新疆巴爾魯克山

    23日、巴爾魯克山にある夏の牧場のテントで、粉食を作る牧畜民。中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州タルバガダイ地区裕民(チャガントカイ)県の巴爾魯克(バルルク)山は西の国境に位置する。山の北側は起伏が大きく、降水量が多いことから、草原には植物が青々と生い茂り、夏は牧場として最適の場所だ。裕民県に住む牧畜民は毎年6月中下旬になると相次いでここに移ってきて9月まで生活する。牧畜民にとって巴爾魯克山と谷の間に広がる牧草地は、生きるために自然が与えてくれた贈り物。同県はここ数年、牧草地と牧畜業の調和制度を実施し、牧畜の期間制限や禁止などの保護措置で現地の生態環境を守ってきた。同時に、牧畜地域のインフラ建設への投資を拡大、道路を改造し、エコ観光を発展させ、牧畜民の生産、生活条件を改善した。(裕民=新華社記者/胡虎虎)=2018(平成30)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018062900367

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年06月23日
    遥かなる山奥の夏の牧場を訪ねて新疆巴爾魯克山

    23日、巴爾魯克山の夏の牧場で毛を刈るためヒツジを移動させる牧畜民。中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州タルバガダイ地区裕民(チャガントカイ)県の巴爾魯克(バルルク)山は西の国境に位置する。山の北側は起伏が大きく、降水量が多いことから、草原には植物が青々と生い茂り、夏は牧場として最適の場所だ。裕民県に住む牧畜民は毎年6月中下旬になると相次いでここに移ってきて9月まで生活する。牧畜民にとって巴爾魯克山と谷の間に広がる牧草地は、生きるために自然が与えてくれた贈り物。同県はここ数年、牧草地と牧畜業の調和制度を実施し、牧畜の期間制限や禁止などの保護措置で現地の生態環境を守ってきた。同時に、牧畜地域のインフラ建設への投資を拡大、道路を改造し、エコ観光を発展させ、牧畜民の生産、生活条件を改善した。(裕民=新華社記者/胡虎虎)=2018(平成30)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018062900393

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年06月20日
    (4)放牧の最盛期迎えた夏の牧場新疆ウイグル自治区

    15日、裕民県バルルク山地域の草原に広がる夏の牧場の風景。中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州タルバガダイ地区裕民(チャガントカイ)県の巴爾魯克(バルルク)山地域は、良質な草原に広がる牧場を擁し、重要な牧畜業拠点として知られる。県全体の草原面積は700万ムー(約47万ヘクタール)余りで、うち使用可能な草原の面積は530万ムー(約35万ヘクタール)以上に上る。放牧の最盛期を迎えた同地域の夏の牧場には、緑豊かな草原と羊、牛などが織りなす雄大な風景が広がっている。(裕民=新華社記者/胡虎虎)= 配信日: 2021(令和3)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062004528

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年06月20日
    (9)放牧の最盛期迎えた夏の牧場新疆ウイグル自治区

    14日、裕民県バルルク山地域の草原に広がる夏の牧場で、羊を仕入れる業者。中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州タルバガダイ地区裕民(チャガントカイ)県の巴爾魯克(バルルク)山地域は、良質な草原に広がる牧場を擁し、重要な牧畜業拠点として知られる。県全体の草原面積は700万ムー(約47万ヘクタール)余りで、うち使用可能な草原の面積は530万ムー(約35万ヘクタール)以上に上る。放牧の最盛期を迎えた同地域の夏の牧場には、緑豊かな草原と羊、牛などが織りなす雄大な風景が広がっている。(裕民=新華社記者/胡虎虎)= 配信日: 2021(令和3)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062004556

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年06月20日
    (10)放牧の最盛期迎えた夏の牧場新疆ウイグル自治区

    16日、裕民県バルルク山地域の草原に広がる夏の牧場の風景。(小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州タルバガダイ地区裕民(チャガントカイ)県の巴爾魯克(バルルク)山地域は、良質な草原に広がる牧場を擁し、重要な牧畜業拠点として知られる。県全体の草原面積は700万ムー(約47万ヘクタール)余りで、うち使用可能な草原の面積は530万ムー(約35万ヘクタール)以上に上る。放牧の最盛期を迎えた同地域の夏の牧場には、緑豊かな草原と羊、牛などが織りなす雄大な風景が広がっている。(裕民=新華社記者/胡虎虎)= 配信日: 2021(令和3)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062004562

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年06月20日
    (15)放牧の最盛期迎えた夏の牧場新疆ウイグル自治区

    15日、裕民県バルルク山地域にある夏の牧場で、草原を馬に乗って進む牧畜民。中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州タルバガダイ地区裕民(チャガントカイ)県の巴爾魯克(バルルク)山地域は、良質な草原に広がる牧場を擁し、重要な牧畜業拠点として知られる。県全体の草原面積は700万ムー(約47万ヘクタール)余りで、うち使用可能な草原の面積は530万ムー(約35万ヘクタール)以上に上る。放牧の最盛期を迎えた同地域の夏の牧場には、緑豊かな草原と羊、牛などが織りなす雄大な風景が広がっている。(裕民=新華社記者/胡虎虎)= 配信日: 2021(令和3)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062004574

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年06月20日
    (6)放牧の最盛期迎えた夏の牧場新疆ウイグル自治区

    15日、裕民県バルルク山地域の草原に広がる夏の牧場で、草をはむ羊の群れ。中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州タルバガダイ地区裕民(チャガントカイ)県の巴爾魯克(バルルク)山地域は、良質な草原に広がる牧場を擁し、重要な牧畜業拠点として知られる。県全体の草原面積は700万ムー(約47万ヘクタール)余りで、うち使用可能な草原の面積は530万ムー(約35万ヘクタール)以上に上る。放牧の最盛期を迎えた同地域の夏の牧場には、緑豊かな草原と羊、牛などが織りなす雄大な風景が広がっている。(裕民=新華社記者/胡虎虎)= 配信日: 2021(令和3)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062004560

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年06月20日
    (13)放牧の最盛期迎えた夏の牧場新疆ウイグル自治区

    15日、裕民県バルルク山地域の草原に広がる夏の牧場で、羊の毛を刈る牧畜民。中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州タルバガダイ地区裕民(チャガントカイ)県の巴爾魯克(バルルク)山地域は、良質な草原に広がる牧場を擁し、重要な牧畜業拠点として知られる。県全体の草原面積は700万ムー(約47万ヘクタール)余りで、うち使用可能な草原の面積は530万ムー(約35万ヘクタール)以上に上る。放牧の最盛期を迎えた同地域の夏の牧場には、緑豊かな草原と羊、牛などが織りなす雄大な風景が広がっている。(裕民=新華社記者/胡虎虎)= 配信日: 2021(令和3)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062004564

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年06月20日
    (14)放牧の最盛期迎えた夏の牧場新疆ウイグル自治区

    14日、裕民県バルルク山地域の草原に広がる夏の牧場に咲き誇る花々。中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州タルバガダイ地区裕民(チャガントカイ)県の巴爾魯克(バルルク)山地域は、良質な草原に広がる牧場を擁し、重要な牧畜業拠点として知られる。県全体の草原面積は700万ムー(約47万ヘクタール)余りで、うち使用可能な草原の面積は530万ムー(約35万ヘクタール)以上に上る。放牧の最盛期を迎えた同地域の夏の牧場には、緑豊かな草原と羊、牛などが織りなす雄大な風景が広がっている。(裕民=新華社記者/胡虎虎)= 配信日: 2021(令和3)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062004586

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年06月20日
    (1)放牧の最盛期迎えた夏の牧場新疆ウイグル自治区

    15日、裕民県バルルク山地域にある夏の牧場で、草原を馬に乗って走る牧畜民。(小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州タルバガダイ地区裕民(チャガントカイ)県の巴爾魯克(バルルク)山地域は、良質な草原に広がる牧場を擁し、重要な牧畜業拠点として知られる。県全体の草原面積は700万ムー(約47万ヘクタール)余りで、うち使用可能な草原の面積は530万ムー(約35万ヘクタール)以上に上る。放牧の最盛期を迎えた同地域の夏の牧場には、緑豊かな草原と羊、牛などが織りなす雄大な風景が広がっている。(裕民=新華社記者/胡虎虎)= 配信日: 2021(令和3)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062004525

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年06月20日
    (11)放牧の最盛期迎えた夏の牧場新疆ウイグル自治区

    14日、裕民県バルルク山地域の草原に広がる夏の牧場で、草をはむ羊の群れ。中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州タルバガダイ地区裕民(チャガントカイ)県の巴爾魯克(バルルク)山地域は、良質な草原に広がる牧場を擁し、重要な牧畜業拠点として知られる。県全体の草原面積は700万ムー(約47万ヘクタール)余りで、うち使用可能な草原の面積は530万ムー(約35万ヘクタール)以上に上る。放牧の最盛期を迎えた同地域の夏の牧場には、緑豊かな草原と羊、牛などが織りなす雄大な風景が広がっている。(裕民=新華社記者/胡虎虎)= 配信日: 2021(令和3)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062004561

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年06月20日
    (12)放牧の最盛期迎えた夏の牧場新疆ウイグル自治区

    15日、裕民県バルルク山地域の草原に広がる夏の牧場で、草をはむ羊の群れ。(小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州タルバガダイ地区裕民(チャガントカイ)県の巴爾魯克(バルルク)山地域は、良質な草原に広がる牧場を擁し、重要な牧畜業拠点として知られる。県全体の草原面積は700万ムー(約47万ヘクタール)余りで、うち使用可能な草原の面積は530万ムー(約35万ヘクタール)以上に上る。放牧の最盛期を迎えた同地域の夏の牧場には、緑豊かな草原と羊、牛などが織りなす雄大な風景が広がっている。(裕民=新華社記者/胡虎虎)= 配信日: 2021(令和3)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062004553

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年06月20日
    (3)放牧の最盛期迎えた夏の牧場新疆ウイグル自治区

    15日、裕民県バルルク山地域の草原に広がる夏の牧場の風景。中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州タルバガダイ地区裕民(チャガントカイ)県の巴爾魯克(バルルク)山地域は、良質な草原に広がる牧場を擁し、重要な牧畜業拠点として知られる。県全体の草原面積は700万ムー(約47万ヘクタール)余りで、うち使用可能な草原の面積は530万ムー(約35万ヘクタール)以上に上る。放牧の最盛期を迎えた同地域の夏の牧場には、緑豊かな草原と羊、牛などが織りなす雄大な風景が広がっている。(裕民=新華社記者/胡虎虎)= 配信日: 2021(令和3)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062004517

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年06月20日
    (2)放牧の最盛期迎えた夏の牧場新疆ウイグル自治区

    15日、裕民県バルルク山地域の草原に広がる夏の牧場。(小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州タルバガダイ地区裕民(チャガントカイ)県の巴爾魯克(バルルク)山地域は、良質な草原に広がる牧場を擁し、重要な牧畜業拠点として知られる。県全体の草原面積は700万ムー(約47万ヘクタール)余りで、うち使用可能な草原の面積は530万ムー(約35万ヘクタール)以上に上る。放牧の最盛期を迎えた同地域の夏の牧場には、緑豊かな草原と羊、牛などが織りなす雄大な風景が広がっている。(裕民=新華社記者/胡虎虎)= 配信日: 2021(令和3)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062004523

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年06月20日
    (5)放牧の最盛期迎えた夏の牧場新疆ウイグル自治区

    14日、裕民県バルルク山地域の草原に広がる夏の牧場で、草をはむ羊の群れ。中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州タルバガダイ地区裕民(チャガントカイ)県の巴爾魯克(バルルク)山地域は、良質な草原に広がる牧場を擁し、重要な牧畜業拠点として知られる。県全体の草原面積は700万ムー(約47万ヘクタール)余りで、うち使用可能な草原の面積は530万ムー(約35万ヘクタール)以上に上る。放牧の最盛期を迎えた同地域の夏の牧場には、緑豊かな草原と羊、牛などが織りなす雄大な風景が広がっている。(裕民=新華社記者/胡虎虎)= 配信日: 2021(令和3)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062004534

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年06月20日
    (16)放牧の最盛期迎えた夏の牧場新疆ウイグル自治区

    14日、裕民県バルルク山地域の草原に広がる夏の牧場で、羊を放牧する牧畜民。中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州タルバガダイ地区裕民(チャガントカイ)県の巴爾魯克(バルルク)山地域は、良質な草原に広がる牧場を擁し、重要な牧畜業拠点として知られる。県全体の草原面積は700万ムー(約47万ヘクタール)余りで、うち使用可能な草原の面積は530万ムー(約35万ヘクタール)以上に上る。放牧の最盛期を迎えた同地域の夏の牧場には、緑豊かな草原と羊、牛などが織りなす雄大な風景が広がっている。(裕民=新華社記者/胡虎虎)= 配信日: 2021(令和3)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062004582

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年06月20日
    (7)放牧の最盛期迎えた夏の牧場新疆ウイグル自治区

    15日、裕民県バルルク山地域の草原に広がる夏の牧場で、バイクに乗り、羊を放牧する牧畜民。中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州タルバガダイ地区裕民(チャガントカイ)県の巴爾魯克(バルルク)山地域は、良質な草原に広がる牧場を擁し、重要な牧畜業拠点として知られる。県全体の草原面積は700万ムー(約47万ヘクタール)余りで、うち使用可能な草原の面積は530万ムー(約35万ヘクタール)以上に上る。放牧の最盛期を迎えた同地域の夏の牧場には、緑豊かな草原と羊、牛などが織りなす雄大な風景が広がっている。(裕民=新華社記者/胡虎虎)= 配信日: 2021(令和3)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062004559

  • 1