KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 令和
  • 研究者
  • ちょう
  • カメ
  • チョモランマ
  • チーム
  • ムー
  • レッドリスト
  • 一種
  • 余り

「裸子植物」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
15
( 1 15 件を表示)
  • 1
15
( 1 15 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2019年09月28日
    カヤ

    キーワード:イチイ科、カヤ、屋外、種、植物、食用、日本、無人、裸子植物、常緑高木、動植物メイン写真=2019(令和元)年9月28日、宮城県仙台市、クレジット:HASHI_NORIO/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020070713843

  • 2019年09月28日
    カヤ

    キーワード:イチイ科、カヤ、屋外、種、植物、食用、日本、無人、裸子植物、常緑高木、動植物メイン写真=2019(令和元)年9月28日、宮城県仙台市、クレジット:HASHI_NORIO/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020070713839

  • 2020年10月29日
    (5)絶滅危惧種「密葉イチイ」、中国2カ所目の個体群発見

    チベット自治区シガツェ市ティンリ県絨轄溝にある密葉イチイを含む植物群落。(2020年10月29日撮影)中国国家林業・草原局昆明勘察設計院の最新調査結果によると、研究者がチベット自治区珠峰(チョモランマ)国家級自然保護区でイチイ科イチイ属の希少植物、密葉イチイ(学名:Taxus contorta Griffith、中国名:密葉紅豆杉)の大規模な個体群を発見した。40年以上前に発見されて以来、国内2カ所目の個体群となる。同院シニアエンジニアの趙明旭(ちょう・めいきょく)氏によると、最初の個体群は1975年、中国が青海チベット高原で総合科学調査研究を初めて実施した際に、同自治区シガツェ市キドン県で発見した。 趙氏のチームは2019~20年にかけて、同市ティンリ県絨轄溝で国内2カ所目となる大規模な密葉イチイの個体群を発見。個体群の分布域は7500ムー(500ヘクタール)余りで、個体数は3千株以上に達する。密葉イチイは、古いイチイ科イチイ属裸子植物の生き残りで、中国に分布する同属植物の中で、最も分布面積が狭く、数が少ない種として、国家1級重点保護野生植物と全国極小個体群野生植物に指定されており、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストでも絶滅危惧種に指定されている。(昆明=新華社配信/趙明旭氏提供)= 配信日: 2020(令和2)年10月29日、クレジット:趙明旭氏/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021032310143

  • 2020年12月21日
    (4)海倫大峡谷で白亜紀の生物群化石を発見黒竜江省

    海倫大峡谷で見つかったカメの化石。(資料写真)中国黒竜江省ハルビン市で18日開かれた同省海倫市海倫大峡谷の白亜紀生物群化石に関する研究成果発表会で、シダ植物の茎や裸子植物の珪化木(けいかぼく、植物化石の一種)の化石、恐竜やカメの化石など白亜紀の珍しい生物群化石が出土したことが明らかにされた。歴史的、科学的に極めて高い価値があるという。(ハルビン=新華社配信)= 配信日: 2020(令和2)年12月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020122203560

  • 2020年12月21日
    (2)海倫大峡谷で白亜紀の生物群化石を発見黒竜江省

    海倫大峡谷で見つかった白亜紀の生物群化石。(6月9日撮影)中国黒竜江省ハルビン市で18日開かれた同省海倫市海倫大峡谷の白亜紀生物群化石に関する研究成果発表会で、シダ植物の茎や裸子植物の珪化木(けいかぼく、植物化石の一種)の化石、恐竜やカメの化石など白亜紀の珍しい生物群化石が出土したことが明らかにされた。歴史的、科学的に極めて高い価値があるという。(ハルビン=新華社記者/王建)= 配信日: 2020(令和2)年12月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020122203625

  • 2020年12月21日
    (1)海倫大峡谷で白亜紀の生物群化石を発見黒竜江省

    海倫大峡谷で見つかった白亜紀の珪化木。(資料写真)中国黒竜江省ハルビン市で18日開かれた同省海倫市海倫大峡谷の白亜紀生物群化石に関する研究成果発表会で、シダ植物の茎や裸子植物の珪化木(けいかぼく、植物化石の一種)の化石、恐竜やカメの化石など白亜紀の珍しい生物群化石が出土したことが明らかにされた。歴史的、科学的に極めて高い価値があるという。(ハルビン=新華社配信)= 配信日: 2020(令和2)年12月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020122203626

  • 2020年12月21日
    (5)海倫大峡谷で白亜紀の生物群化石を発見黒竜江省

    海倫大峡谷で見つかった白亜紀の化石。(資料写真)中国黒竜江省ハルビン市で18日開かれた同省海倫市海倫大峡谷の白亜紀生物群化石に関する研究成果発表会で、シダ植物の茎や裸子植物の珪化木(けいかぼく、植物化石の一種)の化石、恐竜やカメの化石など白亜紀の珍しい生物群化石が出土したことが明らかにされた。歴史的、科学的に極めて高い価値があるという。(ハルビン=新華社配信)= 配信日: 2020(令和2)年12月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020122203563

  • 2020年12月21日
    (3)海倫大峡谷で白亜紀の生物群化石を発見黒竜江省

    上空から見た黒竜江省の海倫大峡谷。(資料写真)中国黒竜江省ハルビン市で18日開かれた同省海倫市海倫大峡谷の白亜紀生物群化石に関する研究成果発表会で、シダ植物の茎や裸子植物の珪化木(けいかぼく、植物化石の一種)の化石、恐竜やカメの化石など白亜紀の珍しい生物群化石が出土したことが明らかにされた。歴史的、科学的に極めて高い価値があるという。(ハルビン=新華社配信)= 配信日: 2020(令和2)年12月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020122203627

  • 2020年12月21日
    (6)海倫大峡谷で白亜紀の生物群化石を発見黒竜江省

    海倫大峡谷で見つかった白亜紀のシダ植物ヘゴの茎の化石。(資料写真)中国黒竜江省ハルビン市で18日開かれた同省海倫市海倫大峡谷の白亜紀生物群化石に関する研究成果発表会で、シダ植物の茎や裸子植物の珪化木(けいかぼく、植物化石の一種)の化石、恐竜やカメの化石など白亜紀の珍しい生物群化石が出土したことが明らかにされた。歴史的、科学的に極めて高い価値があるという。(ハルビン=新華社配信)= 配信日: 2020(令和2)年12月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020122203584

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:01.53
    2021年03月15日
    「新華社」中国などの科学者、3億年前の木の化石を発見

    中国科学院南京地質古生物研究所は15日、中国や英国、米国などの古生物学者がこのほど、内モンゴル自治区で3億年前の古代の木「烏海擬歯葉(Paratingiawuhaia)」を発見したことを明らかにした。この木は松ぼっくりのような果穂と杉の葉に似た形の葉を持ち、石炭を形成する主要植物の一つでもある。研究を主導した同研究所の王軍(おう・ぐん)研究員によると、新たな古代の木の化石は、内モンゴル自治区の烏達(うたつ)炭田で見つかった。同地域は約3億年前までは雨量が豊富で日照りに恵まれた湿地林だったが、当時突然発生した巨大な火山噴火により、烏海擬歯葉を含む多くの古代植物が化石になり、現在まで残るようになった。研究者は化石を通じ、烏海擬歯葉の姿をはっきりと再現した。この木は高さ5~6メートルで、下半分は幹がむき出しになっており、幹の上端に葉と生殖器官が生えている。研究の結果、烏海擬歯葉が胞子植物の繁殖方法と裸子植物の木の構造を併せ持ち、この2種類の中間に当たる過渡的なグループであることを発見した。王氏は「実際の進化の過程では、より高等な生物がすぐに取って代わるわけではない。烏海擬歯葉に代表される過渡期の植物は、より高等な種子植物の出現後も1億1千万年の間、生き残った。こうした植物は湿地林の他の植物と共に、現在人間が採掘して利用する石炭を形成している」と語った。関連研究成果はこのほど、学術誌「米国科学アカデミー紀要(PNAS)」に掲載された。(記者/王珏玢)=配信日:2021(令和3)年3月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021032201357

  • 2021年03月23日
    (1)絶滅危惧種「密葉イチイ」、中国2カ所目の個体群発見

    チベット自治区シガツェ市ティンリ県絨轄溝で発見した密葉イチイ。(2020年10月27日撮影)中国国家林業・草原局昆明勘察設計院の最新調査結果によると、研究者がチベット自治区珠峰(チョモランマ)国家級自然保護区でイチイ科イチイ属の希少植物、密葉イチイ(学名:TaxuscontortaGriffith、中国名:密葉紅豆杉)の大規模な個体群を発見した。40年以上前に発見されて以来、国内2カ所目の個体群となる。同院シニアエンジニアの趙明旭(ちょう・めいきょく)氏によると、最初の個体群は1975年、中国が青海チベット高原で総合科学調査研究を初めて実施した際に、同自治区シガツェ市キドン県で発見した。趙氏のチームは2019~20年にかけて、同市ティンリ県絨轄溝で国内2カ所目となる大規模な密葉イチイの個体群を発見。個体群の分布域は7500ムー(500ヘクタール)余りで、個体数は3千株以上に達する。密葉イチイは、古いイチイ科イチイ属裸子植物の生き残りで、中国に分布する同属植物の中で、最も分布面積が狭く、数が少ない種として、国家1級重点保護野生植物と全国極小個体群野生植物に指定されており、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストでも絶滅危惧種に指定されている。(昆明=新華社配信/趙明旭氏提供)= 配信日: 2021(令和3)年3月23日、クレジット:趙明旭氏/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021032310137

  • 2021年03月23日
    (4)絶滅危惧種「密葉イチイ」、中国2カ所目の個体群発見

    チベット自治区シガツェ市ティンリ県絨轄溝で発見した密葉イチイ。(2020年10月27日撮影)中国国家林業・草原局昆明勘察設計院の最新調査結果によると、研究者がチベット自治区珠峰(チョモランマ)国家級自然保護区でイチイ科イチイ属の希少植物、密葉イチイ(学名:TaxuscontortaGriffith、中国名:密葉紅豆杉)の大規模な個体群を発見した。40年以上前に発見されて以来、国内2カ所目の個体群となる。同院シニアエンジニアの趙明旭(ちょう・めいきょく)氏によると、最初の個体群は1975年、中国が青海チベット高原で総合科学調査研究を初めて実施した際に、同自治区シガツェ市キドン県で発見した。趙氏のチームは2019~20年にかけて、同市ティンリ県絨轄溝で国内2カ所目となる大規模な密葉イチイの個体群を発見。個体群の分布域は7500ムー(500ヘクタール)余りで、個体数は3千株以上に達する。密葉イチイは、古いイチイ科イチイ属裸子植物の生き残りで、中国に分布する同属植物の中で、最も分布面積が狭く、数が少ない種として、国家1級重点保護野生植物と全国極小個体群野生植物に指定されており、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストでも絶滅危惧種に指定されている。(昆明=新華社配信/趙明旭氏提供)= 配信日: 2021(令和3)年3月23日、クレジット:趙明旭氏/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021032310138

  • 2021年03月23日
    (2)絶滅危惧種「密葉イチイ」、中国2カ所目の個体群発見

    チベット自治区シガツェ市ティンリ県絨轄溝で発見した密葉イチイ。(2020年10月27日撮影)中国国家林業・草原局昆明勘察設計院の最新調査結果によると、研究者がチベット自治区珠峰(チョモランマ)国家級自然保護区でイチイ科イチイ属の希少植物、密葉イチイ(学名:TaxuscontortaGriffith、中国名:密葉紅豆杉)の大規模な個体群を発見した。40年以上前に発見されて以来、国内2カ所目の個体群となる。同院シニアエンジニアの趙明旭(ちょう・めいきょく)氏によると、最初の個体群は1975年、中国が青海チベット高原で総合科学調査研究を初めて実施した際に、同自治区シガツェ市キドン県で発見した。趙氏のチームは2019~20年にかけて、同市ティンリ県絨轄溝で国内2カ所目となる大規模な密葉イチイの個体群を発見。個体群の分布域は7500ムー(500ヘクタール)余りで、個体数は3千株以上に達する。密葉イチイは、古いイチイ科イチイ属裸子植物の生き残りで、中国に分布する同属植物の中で、最も分布面積が狭く、数が少ない種として、国家1級重点保護野生植物と全国極小個体群野生植物に指定されており、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストでも絶滅危惧種に指定されている。(昆明=新華社配信/趙明旭氏提供)= 配信日: 2021(令和3)年3月23日、クレジット:趙明旭氏/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021032310135

  • 2021年03月23日
    (3)絶滅危惧種「密葉イチイ」、中国2カ所目の個体群発見

    チベット自治区シガツェ市ティンリ県絨轄溝で発見した密葉イチイ。(2020年10月27日撮影)中国国家林業・草原局昆明勘察設計院の最新調査結果によると、研究者がチベット自治区珠峰(チョモランマ)国家級自然保護区でイチイ科イチイ属の希少植物、密葉イチイ(学名:TaxuscontortaGriffith、中国名:密葉紅豆杉)の大規模な個体群を発見した。40年以上前に発見されて以来、国内2カ所目の個体群となる。同院シニアエンジニアの趙明旭(ちょう・めいきょく)氏によると、最初の個体群は1975年、中国が青海チベット高原で総合科学調査研究を初めて実施した際に、同自治区シガツェ市キドン県で発見した。趙氏のチームは2019~20年にかけて、同市ティンリ県絨轄溝で国内2カ所目となる大規模な密葉イチイの個体群を発見。個体群の分布域は7500ムー(500ヘクタール)余りで、個体数は3千株以上に達する。密葉イチイは、古いイチイ科イチイ属裸子植物の生き残りで、中国に分布する同属植物の中で、最も分布面積が狭く、数が少ない種として、国家1級重点保護野生植物と全国極小個体群野生植物に指定されており、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストでも絶滅危惧種に指定されている。(昆明=新華社配信/趙明旭氏提供)= 配信日: 2021(令和3)年3月23日、クレジット:趙明旭氏/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021032310136

  • 00:36.75
    2021年03月23日
    「新華社」絶滅危惧種「密葉イチイ」、中国2カ所目の個体群発見

    中国国家林業・草原局昆明勘察設計院の最新調査結果によると、研究者がチベット自治区珠峰(チョモランマ)国家級自然保護区でイチイ科イチイ属の希少植物、密葉イチイ(学名:TaxuscontortaGriffith、中国名:密葉紅豆杉)の大規模な個体群を発見した。40年以上前に発見されて以来、国内2カ所目の個体群となる。同院シニアエンジニアの趙明旭(ちょう・めいきょく)氏によると、最初の個体群は1975年、中国が青海チベット高原で総合科学調査研究を初めて実施した際に、同自治区シガツェ市キドン県で発見した。趙氏のチームは2019~20年にかけて、同市ティンリ県絨轄溝で国内2カ所目となる大規模な密葉イチイの個体群を発見。個体群の分布域は7500ムー(500ヘクタール)余りで、個体数は3千株以上に達する。密葉イチイは、古いイチイ科イチイ属裸子植物の生き残りで、中国に分布する同属植物の中で、最も分布面積が狭く、数が少ない種として、国家1級重点保護野生植物と全国極小個体群野生植物に指定されており、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストでも絶滅危惧種に指定されている。(記者/林碧鋒) =配信日: 2021(令和3)年3月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021032314022

  • 1