KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 資料
  • 科学者
  • 令和
  • 共同研究
  • 古生物学者
  • 可能性
  • 復元
  • 想像
  • 捕獲
  • 独立

「製図者」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
4
( 1 4 件を表示)
  • 1
4
( 1 4 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2020年08月12日
    中国などの科学者、1億年前のアリの生活を解明

    地獄アリの復元図。(資料写真、中国科学院南京地質古生物研究所製図者楊定華より)中国、米国、フランス3カ国の共同研究により、1億年前の古代アリの生活が明らかになった。研究によると「地獄アリ」と呼ばれる古代アリは、これまで明らかになっている最古のアリ類の可能性があり、現在のように群れを作って生息するのではなく、各自が独立して生息し、自身の餌を捕獲していたという。(南京=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081402264

  • 2020年08月12日
    中国などの科学者、1億年前のアリの生活を解明

    獲物を捕らえた地獄アリの復元図。(資料写真、中国科学院南京地質古生物研究所製図者楊定華より)中国、米国、フランス3カ国の共同研究により、1億年前の古代アリの生活が明らかになった。研究によると「地獄アリ」と呼ばれる古代アリは、これまで明らかになっている最古のアリ類の可能性があり、現在のように群れを作って生息するのではなく、各自が独立して生息し、自身の餌を捕獲していたという。(南京=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081402243

  • 2021年03月05日
    (1)中国などの科学者、1億1千万年前の「ゴキブリの親戚」の化石発見

    玉門鞘蠊の想像図。(資料写真、中国科学院南京地質古生物研究所製図者黎家豪より)中国科学院南京地質古生物研究所は3日、中国やドイツ、英国の古生物学者がこのほど、甘粛省玉門市で1億1千万年前の原始昆虫「玉門鞘蠊(Umenocoleidae)」の化石を発見したと明らかにした。研究の結果、玉門鞘蠊は分類学的にゴキブリやカマキリ、シロアリと類縁関係にあり、これら昆虫の「太古の親戚」と呼べることが分かった。(南京=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年3月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030509681

  • 2021年04月15日
    (7)中英両国の古生物学者、1億年前の昆虫の糞石を発見

    昆虫により受粉する初期の高等被子植物の想像図。(資料写真、中国科学院南京地質古生物研究所製図者孫捷より)中国科学院南京地質古生物研究所は14日、中国と英国の古生物学者がミャンマーで見つかった約1億年前の琥珀からこのほど、大量の花粉で構成された二つの昆虫の糞石(糞の化石)を発見したと明らかにした。糞石の近くからは花粉がついた昆虫の化石も見つかり、昆虫による被子植物の受粉が約1億年前に始まっていたことを示す証拠となった。(南京=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021041509243

  • 1