KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 令和
  • 無形文化遺産
  • 登録
  • 記者
  • 印刷
  • さい
  • 一種
  • 上海
  • 位置
  • 保護

「製紙業」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
64
( 1 64 件を表示)
  • 1
64
( 1 64 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • -
    ‘Joseph-Michel Montgolfier (1740-1810) French papermaker

    ‘Joseph-Michel Montgolfier (1740-1810) French papermaker, inventor of the hydraulic ram (pump) and, with his brother Jules-Etienne, inventors of the hot air balloon in which Etienne made the first manned flight.‘、クレジット:World History Archive/ニューズコム/共同通信イメージズ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用に関してはお問合せください。

    商品コード: 2019062605126

  • 1999年11月08日
    Capellades, Museo / Molé museum (traditional paper industry.

    SPAIN - Catalonia - Barcelona. Capellades, Museo / Molé museum (traditional paper industry、クレジット:Album/Miguel Raurich/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2021080501051

  • 2006年12月04日
    あいさつする三輪社長 連合会活動の復帰に前進?

    製紙業界の勲章、褒章の受章者を祝う式典であいさつする北越製紙の三輪正明社長=4日午後、東京・丸の内の東京会館

    商品コード: 2006120400151

  • 2008年06月10日
    原油高で業界再編が加速へ

    製紙業界の主な提携関係

    商品コード: 2008061000231

  • 2008年06月10日
    原油高で業界再編が加速へ

    製紙業界の主な提携関係

    商品コード: 2008061000232

  • 2009年09月29日
    北越、紀州を子会社化へ

    製紙業界の国内順位

    商品コード: 2009092900220

  • 2009年09月29日
    北越、紀州を子会社化へ

    製紙業界の国内順位

    商品コード: 2009092900221

  • 2012年06月20日
    大王製紙の筆頭株主に

    製紙業界の国内順位

    商品コード: 2012062000075

  • 2012年06月20日
    大王製紙の筆頭株主に

    製紙業界の国内順位

    商品コード: 2012062000076

  • 2012年06月20日
    需要縮小で再編加速へ

    製紙業界の再編の動き

    商品コード: 2012062000625

  • 2012年06月20日
    需要縮小で再編加速へ

    製紙業界の再編の動き

    商品コード: 2012062000626

  • 2012年06月26日
    大王と北越紀州、提携合意

    製紙業界の国内順位

    商品コード: 2012062600419

  • 2012年06月26日
    大王と北越紀州、提携合意

    製紙業界の国内順位

    商品コード: 2012062600420

  • 2012年08月15日
    北越が大王の筆頭株主に

    製紙業界の国内順位

    商品コード: 2012081500678

  • 2012年08月15日
    北越が大王の筆頭株主に

    製紙業界の国内順位

    商品コード: 2012081500679

  • 2015年06月23日
    市場頭打ちで再編不可避

    製紙業界の現状

    商品コード: 2015062300761

  • 2015年06月23日
    市場頭打ちで再編不可避

    製紙業界の現状

    商品コード: 2015062300760

  • 2018年11月28日
    日本製紙クレシアのロゴマーク

    キーワード:日本製紙クレア、NIPPON PAPER CRECIA、製紙業、フェイシャルティシュートイレットロール、キッチン用品、産業用ワイパー、企業、看板、ロゴ、ロゴマーク=2018(平成30)年11月28日、国際航空宇宙展会場、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019020122903

  • 2020年02月27日
    ヨシを活用した食用キノコ栽培で貧困脱却へ湖南省

    湖南省沅江市臙脂湖村の芦菇栽培用ビニールハウス。(2月27日撮影)中国湖南省の沅江(げんこう)市はイネ科のヨシが45万ムー(約3万ヘクタール)もの広大なヨシ原に自生しており、もともとこれを原料とする製紙業を基幹産業としていた。ここ数年、環境配慮型発展モデルへの転換が進められる中、ヨシを培地基材とする食用キノコ「芦菇(ろこ)」の菌床栽培を開始。今では製紙業の代わりに地元住民の増収を後押しする産業となっている。(長沙=新華社配信/廖文)=2020(令和2)年2月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062204544

  • 2020年02月27日
    ヨシを活用した食用キノコ栽培で貧困脱却へ湖南省

    湖南省沅江市臙脂湖村のビニールハウスで、芦菇を収穫する湖南省光亜食用菌の石躍竜(せき・やくりゅう)総経理。(2月27日撮影)中国湖南省の沅江(げんこう)市はイネ科のヨシが約45万ムー(3万ヘクタール)もの広大なヨシ原に自生しており、もともとこれを原料とする製紙業を基幹産業としていた。ここ数年、環境配慮型発展モデルへの転換が進められる中、ヨシを培地基材とする食用キノコ「芦菇(ろこ)」の菌床栽培を開始。今では製紙業の代わりに地元住民の増収を後押しする産業となっている。(長沙=新華社配信/廖文)=2020(令和2)年2月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062204507

  • 2020年05月20日
    食用キノコ栽培で貧困脱却と環境保全の両立を図る湖南省

    湖南省沅江市臙脂湖村の芦菇栽培用ビニールハウス。(5月20日撮影)中国湖南省の沅江(げんこう)市はイネ科のヨシが約45万ムー(3万ヘクタール)もの広大なヨシ原に自生しており、もともとこれを原料とする製紙業を基幹産業としていた。ここ数年、環境配慮型発展モデルへの転換が進められる中、ヨシを培地基材とする食用キノコ「芦菇(ろこ)」の菌床栽培を開始。今では製紙業の代わりに地元住民の増収を後押しする産業となっている。(長沙=新華社配信/蔡瀟瀟)=2020(令和2)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062204505

  • 2020年05月20日
    食用キノコ栽培で貧困脱却と環境保全の両立を図る湖南省

    湖南省沅江市臙脂湖村のビニールハウス内で栽培される芦菇。(5月20日撮影)中国湖南省の沅江(げんこう)市はイネ科のヨシが約45万ムー(3万ヘクタール)もの広大なヨシ原に自生しており、もともとこれを原料とする製紙業を基幹産業としていた。ここ数年、環境配慮型発展モデルへの転換が進められる中、ヨシを培地基材とする食用キノコ「芦菇(ろこ)」の菌床栽培を開始。今では製紙業の代わりに地元住民の増収を後押しする産業となっている。(長沙=新華社配信/蔡瀟瀟)=2020(令和2)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062204523

  • 2020年05月20日
    食用キノコ栽培で貧困脱却と環境保全の両立を図る湖南省

    湖南省沅江市臙脂湖村の芦菇栽培拠点に保管されている芦菇の親株。(5月20日撮影)中国湖南省の沅江(げんこう)市はイネ科のヨシが約45万ムー(3万ヘクタール)もの広大なヨシ原に自生しており、もともとこれを原料とする製紙業を基幹産業としていた。ここ数年、環境配慮型発展モデルへの転換が進められる中、ヨシを培地基材とする食用キノコ「芦菇(ろこ)」の菌床栽培を開始。今では製紙業の代わりに地元住民の増収を後押しする産業となっている。(長沙=新華社配信/蔡瀟瀟)=2020(令和2)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062204562

  • 2020年05月20日
    食用キノコ栽培で貧困脱却と環境保全の両立を図る湖南省

    湖南省沅江市臙脂湖村で、低温輸送車に積み込まれた芦菇。(5月20日撮影)中国湖南省の沅江(げんこう)市はイネ科のヨシが約45万ムー(3万ヘクタール)もの広大なヨシ原に自生しており、もともとこれを原料とする製紙業を基幹産業としていた。ここ数年、環境配慮型発展モデルへの転換が進められる中、ヨシを培地基材とする食用キノコ「芦菇(ろこ)」の菌床栽培を開始。今では製紙業の代わりに地元住民の増収を後押しする産業となっている。(長沙=新華社配信/蔡瀟瀟)=2020(令和2)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062204567

  • 2020年05月20日
    ヨシを活用した食用キノコ栽培で貧困脱却へ湖南省

    湖南省沅江市臙脂湖村の芦菇栽培用ビニールハウスで、リアルタイムでディスプレーに表示される計測データ。(5月20日撮影)中国湖南省の沅江(げんこう)市はイネ科のヨシが約45万ムー(3万ヘクタール)もの広大なヨシ原に自生しており、もともとこれを原料とする製紙業を基幹産業としていた。ここ数年、環境配慮型発展モデルへの転換が進められる中、ヨシを培地基材とする食用キノコ「芦菇(ろこ)」の菌床栽培を開始。今では製紙業の代わりに地元住民の増収を後押しする産業となっている。(長沙=新華社配信/王昕怡)=2020(令和2)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062204605

  • 2020年05月20日
    食用キノコ栽培で貧困脱却と環境保全の両立を図る湖南省

    湖南省沅江市臙脂湖村のビニールハウス内で栽培される芦菇。(5月20日撮影)中国湖南省の沅江(げんこう)市はイネ科のヨシが約45万ムー(3万ヘクタール)もの広大なヨシ原に自生しており、もともとこれを原料とする製紙業を基幹産業としていた。ここ数年、環境配慮型発展モデルへの転換が進められる中、ヨシを培地基材とする食用キノコ「芦菇(ろこ)」の菌床栽培を開始。今では製紙業の代わりに地元住民の増収を後押しする産業となっている。(長沙=新華社配信/蔡瀟瀟)=2020(令和2)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062204504

  • 2020年05月20日
    ヨシを活用した食用キノコ栽培で貧困脱却へ湖南省

    湖南省沅江市臙脂湖村の芦菇栽培用ビニールハウスで、ディスプレーに表示される計測データ。(5月20日撮影)中国湖南省の沅江(げんこう)市はイネ科のヨシが約45万ムー(3万ヘクタール)もの広大なヨシ原に自生しており、もともとこれを原料とする製紙業を基幹産業としていた。ここ数年、環境配慮型発展モデルへの転換が進められる中、ヨシを培地基材とする食用キノコ「芦菇(ろこ)」の菌床栽培を開始。今では製紙業の代わりに地元住民の増収を後押しする産業となっている。(長沙=新華社配信/蔡瀟瀟)=2020(令和2)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062204510

  • 2020年05月20日
    食用キノコ栽培で貧困脱却と環境保全の両立を図る湖南省

    湖南省沅江市臙脂湖村のビニールハウス内で栽培される芦菇。(5月20日撮影)中国湖南省の沅江(げんこう)市はイネ科のヨシが約45万ムー(3万ヘクタール)もの広大なヨシ原に自生しており、もともとこれを原料とする製紙業を基幹産業としていた。ここ数年、環境配慮型発展モデルへの転換が進められる中、ヨシを培地基材とする食用キノコ「芦菇(ろこ)」の菌床栽培を開始。今では製紙業の代わりに地元住民の増収を後押しする産業となっている。(長沙=新華社配信/蔡瀟瀟)=2020(令和2)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062204525

  • 2020年05月20日
    食用キノコ栽培で貧困脱却と環境保全の両立を図る湖南省

    湖南省沅江市臙脂湖村で、低温輸送車に積み込まれた芦菇。(5月20日撮影)中国湖南省の沅江(げんこう)市はイネ科のヨシが約45万ムー(3万ヘクタール)もの広大なヨシ原に自生しており、もともとこれを原料とする製紙業を基幹産業としていた。ここ数年、環境配慮型発展モデルへの転換が進められる中、ヨシを培地基材とする食用キノコ「芦菇(ろこ)」の菌床栽培を開始。今では製紙業の代わりに地元住民の増収を後押しする産業となっている。(長沙=新華社配信/蔡瀟瀟)=2020(令和2)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062204600

  • 2020年05月20日
    食用キノコ栽培で貧困脱却と環境保全の両立を図る湖南省

    湖南省沅江市臙脂湖村の芦菇栽培用ビニールハウスで、栽培環境をモニタリングする湖南農業大学食用菌研究所の呉正坤(ご・せいこん)副所長。(5月20日撮影)中国湖南省の沅江(げんこう)市はイネ科のヨシが約45万ムー(3万ヘクタール)もの広大なヨシ原に自生しており、もともとこれを原料とする製紙業を基幹産業としていた。ここ数年、環境配慮型発展モデルへの転換が進められる中、ヨシを培地基材とする食用キノコ「芦菇(ろこ)」の菌床栽培を開始。今では製紙業の代わりに地元住民の増収を後押しする産業となっている。(長沙=新華社配信/蔡瀟瀟)=2020(令和2)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062204555

  • 2020年07月30日
    千年の時を超える手すき紙「玉扣紙」を求めて福建省竜岩市

    湾曲ナイフで紙の縁を裁断する職人。(7月30日撮影)中国福建省西部に位置する竜岩市の長汀、連城、寧化3県の山村では、古くから手すきの製紙技術が受け継がれている。生産される紙は「玉扣紙(ぎょくこうし)」と呼ばれ、かつては安徽省宣城市の「宣紙」と同様に有名だった。「玉扣紙」は伝統的な手すき紙の一種で、竹の幼木を原材料に、蔡倫(さい・りん)による最古の製紙法を用いている。製造方法は複雑で、原材料の入手から完成まで20余りの工程を経て作られる。完成した紙は「毛辺紙」と呼ばれ、それよりもさらに上等な紙は、きめ細かくしなやかで、まるで玉(ぎょく)のような白さを持つことから「玉扣紙」と名付けられた。「扣」は計量単位で、現代中国語の量詞の「刀」に相当し、通常約200枚を1刀と数える。「玉扣紙」は最高級の書道用紙でありながら、古典籍の印刷や絵画制作の材料にも適している。清の時代に最盛期となり、福建省西部で年間4166・67トンの「玉扣紙」を生産した。全国首位の生産量を誇り、国内製紙業で重要な地位を占めた。清代の5港の開港(南京条約による広州、福州、アモイ、寧波、上海の開港)後、「玉扣紙」は次第に国際市場にも進出、日本や東南アジアなどの国や地域に輸出された。現在の製紙技術の飛躍的な発展は、「玉扣紙」の生産に大きな影響をもたらしている。地元政府は製作技術の保護に力を入れ、「玉扣紙製作工芸」を福建省の第6次無形文化遺産の代表的項目リストに登録した。(竜岩=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年7月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020080602251

  • 2020年07月30日
    千年の時を超える手すき紙「玉扣紙」を求めて福建省竜岩市

    湿紙をピンセットで1枚ずつ剝がす職人。(7月30日撮影)中国福建省西部に位置する竜岩市の長汀、連城、寧化3県の山村では、古くから手すきの製紙技術が受け継がれている。生産される紙は「玉扣紙(ぎょくこうし)」と呼ばれ、かつては安徽省宣城市の「宣紙」と同様に有名だった。「玉扣紙」は伝統的な手すき紙の一種で、竹の幼木を原材料に、蔡倫(さい・りん)による最古の製紙法を用いている。製造方法は複雑で、原材料の入手から完成まで20余りの工程を経て作られる。完成した紙は「毛辺紙」と呼ばれ、それよりもさらに上等な紙は、きめ細かくしなやかで、まるで玉(ぎょく)のような白さを持つことから「玉扣紙」と名付けられた。「扣」は計量単位で、現代中国語の量詞の「刀」に相当し、通常約200枚を1刀と数える。「玉扣紙」は最高級の書道用紙でありながら、古典籍の印刷や絵画制作の材料にも適している。清の時代に最盛期となり、福建省西部で年間4166・67トンの「玉扣紙」を生産した。全国首位の生産量を誇り、国内製紙業で重要な地位を占めた。清代の5港の開港(南京条約による広州、福州、アモイ、寧波、上海の開港)後、「玉扣紙」は次第に国際市場にも進出、日本や東南アジアなどの国や地域に輸出された。現在の製紙技術の飛躍的な発展は、「玉扣紙」の生産に大きな影響をもたらしている。地元政府は製作技術の保護に力を入れ、「玉扣紙製作工芸」を福建省の第6次無形文化遺産の代表的項目リストに登録した。(竜岩=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年7月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020080602003

  • 2020年07月30日
    千年の時を超える手すき紙「玉扣紙」を求めて福建省竜岩市

    「竹麻」と呼ばれる、水に浸して柔らかなくなった竹の繊維。(7月30日撮影)中国福建省西部に位置する竜岩市の長汀、連城、寧化3県の山村では、古くから手すきの製紙技術が受け継がれている。生産される紙は「玉扣紙(ぎょくこうし)」と呼ばれ、かつては安徽省宣城市の「宣紙」と同様に有名だった。「玉扣紙」は伝統的な手すき紙の一種で、竹の幼木を原材料に、蔡倫(さい・りん)による最古の製紙法を用いている。製造方法は複雑で、原材料の入手から完成まで20余りの工程を経て作られる。完成した紙は「毛辺紙」と呼ばれ、それよりもさらに上等な紙は、きめ細かくしなやかで、まるで玉(ぎょく)のような白さを持つことから「玉扣紙」と名付けられた。「扣」は計量単位で、現代中国語の量詞の「刀」に相当し、通常約200枚を1刀と数える。「玉扣紙」は最高級の書道用紙でありながら、古典籍の印刷や絵画制作の材料にも適している。清の時代に最盛期となり、福建省西部で年間4166・67トンの「玉扣紙」を生産した。全国首位の生産量を誇り、国内製紙業で重要な地位を占めた。清代の5港の開港(南京条約による広州、福州、アモイ、寧波、上海の開港)後、「玉扣紙」は次第に国際市場にも進出、日本や東南アジアなどの国や地域に輸出された。現在の製紙技術の飛躍的な発展は、「玉扣紙」の生産に大きな影響をもたらしている。地元政府は製作技術の保護に力を入れ、「玉扣紙製作工芸」を福建省の第6次無形文化遺産の代表的項目リストに登録した。(竜岩=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年7月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020080602069

  • 2020年07月30日
    千年の時を超える手すき紙「玉扣紙」を求めて福建省竜岩市

    完成した普通等級の「玉扣紙」。(7月30日撮影)中国福建省西部に位置する竜岩市の長汀、連城、寧化3県の山村では、古くから手すきの製紙技術が受け継がれている。生産される紙は「玉扣紙(ぎょくこうし)」と呼ばれ、かつては安徽省宣城市の「宣紙」と同様に有名だった。「玉扣紙」は伝統的な手すき紙の一種で、竹の幼木を原材料に、蔡倫(さい・りん)による最古の製紙法を用いている。製造方法は複雑で、原材料の入手から完成まで20余りの工程を経て作られる。完成した紙は「毛辺紙」と呼ばれ、それよりもさらに上等な紙は、きめ細かくしなやかで、まるで玉(ぎょく)のような白さを持つことから「玉扣紙」と名付けられた。「扣」は計量単位で、現代中国語の量詞の「刀」に相当し、通常約200枚を1刀と数える。「玉扣紙」は最高級の書道用紙でありながら、古典籍の印刷や絵画制作の材料にも適している。清の時代に最盛期となり、福建省西部で年間4166・67トンの「玉扣紙」を生産した。全国首位の生産量を誇り、国内製紙業で重要な地位を占めた。清代の5港の開港(南京条約による広州、福州、アモイ、寧波、上海の開港)後、「玉扣紙」は次第に国際市場にも進出、日本や東南アジアなどの国や地域に輸出された。現在の製紙技術の飛躍的な発展は、「玉扣紙」の生産に大きな影響をもたらしている。地元政府は製作技術の保護に力を入れ、「玉扣紙製作工芸」を福建省の第6次無形文化遺産の代表的項目リストに登録した。(竜岩=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年7月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020080602151

  • 2020年07月30日
    千年の時を超える手すき紙「玉扣紙」を求めて福建省竜岩市

    「焙り壁」と呼ばれる壁で湿紙を乾かす職人。(7月30日撮影)中国福建省西部に位置する竜岩市の長汀、連城、寧化3県の山村では、古くから手すきの製紙技術が受け継がれている。生産される紙は「玉扣紙(ぎょくこうし)」と呼ばれ、かつては安徽省宣城市の「宣紙」と同様に有名だった。「玉扣紙」は伝統的な手すき紙の一種で、竹の幼木を原材料に、蔡倫(さい・りん)による最古の製紙法を用いている。製造方法は複雑で、原材料の入手から完成まで20余りの工程を経て作られる。完成した紙は「毛辺紙」と呼ばれ、それよりもさらに上等な紙は、きめ細かくしなやかで、まるで玉(ぎょく)のような白さを持つことから「玉扣紙」と名付けられた。「扣」は計量単位で、現代中国語の量詞の「刀」に相当し、通常約200枚を1刀と数える。「玉扣紙」は最高級の書道用紙でありながら、古典籍の印刷や絵画制作の材料にも適している。清の時代に最盛期となり、福建省西部で年間4166・67トンの「玉扣紙」を生産した。全国首位の生産量を誇り、国内製紙業で重要な地位を占めた。清代の5港の開港(南京条約による広州、福州、アモイ、寧波、上海の開港)後、「玉扣紙」は次第に国際市場にも進出、日本や東南アジアなどの国や地域に輸出された。現在の製紙技術の飛躍的な発展は、「玉扣紙」の生産に大きな影響をもたらしている。地元政府は製作技術の保護に力を入れ、「玉扣紙製作工芸」を福建省の第6次無形文化遺産の代表的項目リストに登録した。(竜岩=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年7月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020080602156

  • 2020年07月30日
    千年の時を超える手すき紙「玉扣紙」を求めて福建省竜岩市

    湿紙をピンセットで1枚ずつ剝がす職人。(7月30日撮影)中国福建省西部に位置する竜岩市の長汀、連城、寧化3県の山村では、古くから手すきの製紙技術が受け継がれている。生産される紙は「玉扣紙(ぎょくこうし)」と呼ばれ、かつては安徽省宣城市の「宣紙」と同様に有名だった。「玉扣紙」は伝統的な手すき紙の一種で、竹の幼木を原材料に、蔡倫(さい・りん)による最古の製紙法を用いている。製造方法は複雑で、原材料の入手から完成まで20余りの工程を経て作られる。完成した紙は「毛辺紙」と呼ばれ、それよりもさらに上等な紙は、きめ細かくしなやかで、まるで玉(ぎょく)のような白さを持つことから「玉扣紙」と名付けられた。「扣」は計量単位で、現代中国語の量詞の「刀」に相当し、通常約200枚を1刀と数える。「玉扣紙」は最高級の書道用紙でありながら、古典籍の印刷や絵画制作の材料にも適している。清の時代に最盛期となり、福建省西部で年間4166・67トンの「玉扣紙」を生産した。全国首位の生産量を誇り、国内製紙業で重要な地位を占めた。清代の5港の開港(南京条約による広州、福州、アモイ、寧波、上海の開港)後、「玉扣紙」は次第に国際市場にも進出、日本や東南アジアなどの国や地域に輸出された。現在の製紙技術の飛躍的な発展は、「玉扣紙」の生産に大きな影響をもたらしている。地元政府は製作技術の保護に力を入れ、「玉扣紙製作工芸」を福建省の第6次無形文化遺産の代表的項目リストに登録した。(竜岩=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年7月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020080602159

  • 2020年07月30日
    千年の時を超える手すき紙「玉扣紙」を求めて福建省竜岩市

    殺青(さっせい、長期間水につけて柔らかくした竹の皮を取り去る)した竹の繊維「竹麻」を突きつぶしてできた粗紙漿(粘液状の紙の原料)。(7月30日撮影)中国福建省西部に位置する竜岩市の長汀、連城、寧化3県の山村では、古くから手すきの製紙技術が受け継がれている。生産される紙は「玉扣紙(ぎょくこうし)」と呼ばれ、かつては安徽省宣城市の「宣紙」と同様に有名だった。「玉扣紙」は伝統的な手すき紙の一種で、竹の幼木を原材料に、蔡倫(さい・りん)による最古の製紙法を用いている。製造方法は複雑で、原材料の入手から完成まで20余りの工程を経て作られる。完成した紙は「毛辺紙」と呼ばれ、それよりもさらに上等な紙は、きめ細かくしなやかで、まるで玉(ぎょく)のような白さを持つことから「玉扣紙」と名付けられた。「扣」は計量単位で、現代中国語の量詞の「刀」に相当し、通常約200枚を1刀と数える。「玉扣紙」は最高級の書道用紙でありながら、古典籍の印刷や絵画制作の材料にも適している。清の時代に最盛期となり、福建省西部で年間4166・67トンの「玉扣紙」を生産した。全国首位の生産量を誇り、国内製紙業で重要な地位を占めた。清代の5港の開港(南京条約による広州、福州、アモイ、寧波、上海の開港)後、「玉扣紙」は次第に国際市場にも進出、日本や東南アジアなどの国や地域に輸出された。現在の製紙技術の飛躍的な発展は、「玉扣紙」の生産に大きな影響をもたらしている。地元政府は製作技術の保護に力を入れ、「玉扣紙製作工芸」を福建省の第6次無形文化遺産の代表的項目リストに登録した。(竜岩=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年7月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020080602190

  • 2020年07月30日
    千年の時を超える手すき紙「玉扣紙」を求めて福建省竜岩市

    紙搾台で水分を搾った湿紙。(7月30日撮影)中国福建省西部に位置する竜岩市の長汀、連城、寧化3県の山村では、古くから手すきの製紙技術が受け継がれている。生産される紙は「玉扣紙(ぎょくこうし)」と呼ばれ、かつては安徽省宣城市の「宣紙」と同様に有名だった。「玉扣紙」は伝統的な手すき紙の一種で、竹の幼木を原材料に、蔡倫(さい・りん)による最古の製紙法を用いている。製造方法は複雑で、原材料の入手から完成まで20余りの工程を経て作られる。完成した紙は「毛辺紙」と呼ばれ、それよりもさらに上等な紙は、きめ細かくしなやかで、まるで玉(ぎょく)のような白さを持つことから「玉扣紙」と名付けられた。「扣」は計量単位で、現代中国語の量詞の「刀」に相当し、通常約200枚を1刀と数える。「玉扣紙」は最高級の書道用紙でありながら、古典籍の印刷や絵画制作の材料にも適している。清の時代に最盛期となり、福建省西部で年間4166・67トンの「玉扣紙」を生産した。全国首位の生産量を誇り、国内製紙業で重要な地位を占めた。清代の5港の開港(南京条約による広州、福州、アモイ、寧波、上海の開港)後、「玉扣紙」は次第に国際市場にも進出、日本や東南アジアなどの国や地域に輸出された。現在の製紙技術の飛躍的な発展は、「玉扣紙」の生産に大きな影響をもたらしている。地元政府は製作技術の保護に力を入れ、「玉扣紙製作工芸」を福建省の第6次無形文化遺産の代表的項目リストに登録した。(竜岩=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年7月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020080602084

  • 2020年07月30日
    千年の時を超える手すき紙「玉扣紙」を求めて福建省竜岩市

    剝がした紙を紙搾台に載せ、水分を搾る職人。(7月30日撮影)中国福建省西部に位置する竜岩市の長汀、連城、寧化3県の山村では、古くから手すきの製紙技術が受け継がれている。生産される紙は「玉扣紙(ぎょくこうし)」と呼ばれ、かつては安徽省宣城市の「宣紙」と同様に有名だった。「玉扣紙」は伝統的な手すき紙の一種で、竹の幼木を原材料に、蔡倫(さい・りん)による最古の製紙法を用いている。製造方法は複雑で、原材料の入手から完成まで20余りの工程を経て作られる。完成した紙は「毛辺紙」と呼ばれ、それよりもさらに上等な紙は、きめ細かくしなやかで、まるで玉(ぎょく)のような白さを持つことから「玉扣紙」と名付けられた。「扣」は計量単位で、現代中国語の量詞の「刀」に相当し、通常約200枚を1刀と数える。「玉扣紙」は最高級の書道用紙でありながら、古典籍の印刷や絵画制作の材料にも適している。清の時代に最盛期となり、福建省西部で年間4166・67トンの「玉扣紙」を生産した。全国首位の生産量を誇り、国内製紙業で重要な地位を占めた。清代の5港の開港(南京条約による広州、福州、アモイ、寧波、上海の開港)後、「玉扣紙」は次第に国際市場にも進出、日本や東南アジアなどの国や地域に輸出された。現在の製紙技術の飛躍的な発展は、「玉扣紙」の生産に大きな影響をもたらしている。地元政府は製作技術の保護に力を入れ、「玉扣紙製作工芸」を福建省の第6次無形文化遺産の代表的項目リストに登録した。(竜岩=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年7月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020080602087

  • 2020年07月30日
    千年の時を超える手すき紙「玉扣紙」を求めて福建省竜岩市

    紙搾台で紙に含まれた水分を搾る職人。(7月30日撮影)中国福建省西部に位置する竜岩市の長汀、連城、寧化3県の山村では、古くから手すきの製紙技術が受け継がれている。生産される紙は「玉扣紙(ぎょくこうし)」と呼ばれ、かつては安徽省宣城市の「宣紙」と同様に有名だった。「玉扣紙」は伝統的な手すき紙の一種で、竹の幼木を原材料に、蔡倫(さい・りん)による最古の製紙法を用いている。製造方法は複雑で、原材料の入手から完成まで20余りの工程を経て作られる。完成した紙は「毛辺紙」と呼ばれ、それよりもさらに上等な紙は、きめ細かくしなやかで、まるで玉(ぎょく)のような白さを持つことから「玉扣紙」と名付けられた。「扣」は計量単位で、現代中国語の量詞の「刀」に相当し、通常約200枚を1刀と数える。「玉扣紙」は最高級の書道用紙でありながら、古典籍の印刷や絵画制作の材料にも適している。清の時代に最盛期となり、福建省西部で年間4166・67トンの「玉扣紙」を生産した。全国首位の生産量を誇り、国内製紙業で重要な地位を占めた。清代の5港の開港(南京条約による広州、福州、アモイ、寧波、上海の開港)後、「玉扣紙」は次第に国際市場にも進出、日本や東南アジアなどの国や地域に輸出された。現在の製紙技術の飛躍的な発展は、「玉扣紙」の生産に大きな影響をもたらしている。地元政府は製作技術の保護に力を入れ、「玉扣紙製作工芸」を福建省の第6次無形文化遺産の代表的項目リストに登録した。(竜岩=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年7月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020080602133

  • 2020年07月30日
    千年の時を超える手すき紙「玉扣紙」を求めて福建省竜岩市

    完成した普通等級の「玉扣紙」。(7月30日撮影)中国福建省西部に位置する竜岩市の長汀、連城、寧化3県の山村では、古くから手すきの製紙技術が受け継がれている。生産される紙は「玉扣紙(ぎょくこうし)」と呼ばれ、かつては安徽省宣城市の「宣紙」と同様に有名だった。「玉扣紙」は伝統的な手すき紙の一種で、竹の幼木を原材料に、蔡倫(さい・りん)による最古の製紙法を用いている。製造方法は複雑で、原材料の入手から完成まで20余りの工程を経て作られる。完成した紙は「毛辺紙」と呼ばれ、それよりもさらに上等な紙は、きめ細かくしなやかで、まるで玉(ぎょく)のような白さを持つことから「玉扣紙」と名付けられた。「扣」は計量単位で、現代中国語の量詞の「刀」に相当し、通常約200枚を1刀と数える。「玉扣紙」は最高級の書道用紙でありながら、古典籍の印刷や絵画制作の材料にも適している。清の時代に最盛期となり、福建省西部で年間4166・67トンの「玉扣紙」を生産した。全国首位の生産量を誇り、国内製紙業で重要な地位を占めた。清代の5港の開港(南京条約による広州、福州、アモイ、寧波、上海の開港)後、「玉扣紙」は次第に国際市場にも進出、日本や東南アジアなどの国や地域に輸出された。現在の製紙技術の飛躍的な発展は、「玉扣紙」の生産に大きな影響をもたらしている。地元政府は製作技術の保護に力を入れ、「玉扣紙製作工芸」を福建省の第6次無形文化遺産の代表的項目リストに登録した。(竜岩=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年7月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020080602192

  • 2020年07月30日
    千年の時を超える手すき紙「玉扣紙」を求めて福建省竜岩市

    湿紙をピンセットで1枚ずつ剝がす職人。(7月30日撮影)中国福建省西部に位置する竜岩市の長汀、連城、寧化3県の山村では、古くから手すきの製紙技術が受け継がれている。生産される紙は「玉扣紙(ぎょくこうし)」と呼ばれ、かつては安徽省宣城市の「宣紙」と同様に有名だった。「玉扣紙」は伝統的な手すき紙の一種で、竹の幼木を原材料に、蔡倫(さい・りん)による最古の製紙法を用いている。製造方法は複雑で、原材料の入手から完成まで20余りの工程を経て作られる。完成した紙は「毛辺紙」と呼ばれ、それよりもさらに上等な紙は、きめ細かくしなやかで、まるで玉(ぎょく)のような白さを持つことから「玉扣紙」と名付けられた。「扣」は計量単位で、現代中国語の量詞の「刀」に相当し、通常約200枚を1刀と数える。「玉扣紙」は最高級の書道用紙でありながら、古典籍の印刷や絵画制作の材料にも適している。清の時代に最盛期となり、福建省西部で年間4166・67トンの「玉扣紙」を生産した。全国首位の生産量を誇り、国内製紙業で重要な地位を占めた。清代の5港の開港(南京条約による広州、福州、アモイ、寧波、上海の開港)後、「玉扣紙」は次第に国際市場にも進出、日本や東南アジアなどの国や地域に輸出された。現在の製紙技術の飛躍的な発展は、「玉扣紙」の生産に大きな影響をもたらしている。地元政府は製作技術の保護に力を入れ、「玉扣紙製作工芸」を福建省の第6次無形文化遺産の代表的項目リストに登録した。(竜岩=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年7月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020080602206

  • 2020年07月30日
    千年の時を超える手すき紙「玉扣紙」を求めて福建省竜岩市

    「焙り壁」と呼ばれる壁で湿紙を乾かす職人。(7月30日撮影)中国福建省西部に位置する竜岩市の長汀、連城、寧化3県の山村では、古くから手すきの製紙技術が受け継がれている。生産される紙は「玉扣紙(ぎょくこうし)」と呼ばれ、かつては安徽省宣城市の「宣紙」と同様に有名だった。「玉扣紙」は伝統的な手すき紙の一種で、竹の幼木を原材料に、蔡倫(さい・りん)による最古の製紙法を用いている。製造方法は複雑で、原材料の入手から完成まで20余りの工程を経て作られる。完成した紙は「毛辺紙」と呼ばれ、それよりもさらに上等な紙は、きめ細かくしなやかで、まるで玉(ぎょく)のような白さを持つことから「玉扣紙」と名付けられた。「扣」は計量単位で、現代中国語の量詞の「刀」に相当し、通常約200枚を1刀と数える。「玉扣紙」は最高級の書道用紙でありながら、古典籍の印刷や絵画制作の材料にも適している。清の時代に最盛期となり、福建省西部で年間4166・67トンの「玉扣紙」を生産した。全国首位の生産量を誇り、国内製紙業で重要な地位を占めた。清代の5港の開港(南京条約による広州、福州、アモイ、寧波、上海の開港)後、「玉扣紙」は次第に国際市場にも進出、日本や東南アジアなどの国や地域に輸出された。現在の製紙技術の飛躍的な発展は、「玉扣紙」の生産に大きな影響をもたらしている。地元政府は製作技術の保護に力を入れ、「玉扣紙製作工芸」を福建省の第6次無形文化遺産の代表的項目リストに登録した。(竜岩=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年7月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020080602002

  • 2020年07月30日
    千年の時を超える手すき紙「玉扣紙」を求めて福建省竜岩市

    「焙り壁」と呼ばれる壁で湿紙を乾かす職人。(7月30日撮影)中国福建省西部に位置する竜岩市の長汀、連城、寧化3県の山村では、古くから手すきの製紙技術が受け継がれている。生産される紙は「玉扣紙(ぎょくこうし)」と呼ばれ、かつては安徽省宣城市の「宣紙」と同様に有名だった。「玉扣紙」は伝統的な手すき紙の一種で、竹の幼木を原材料に、蔡倫(さい・りん)による最古の製紙法を用いている。製造方法は複雑で、原材料の入手から完成まで20余りの工程を経て作られる。完成した紙は「毛辺紙」と呼ばれ、それよりもさらに上等な紙は、きめ細かくしなやかで、まるで玉(ぎょく)のような白さを持つことから「玉扣紙」と名付けられた。「扣」は計量単位で、現代中国語の量詞の「刀」に相当し、通常約200枚を1刀と数える。「玉扣紙」は最高級の書道用紙でありながら、古典籍の印刷や絵画制作の材料にも適している。清の時代に最盛期となり、福建省西部で年間4166・67トンの「玉扣紙」を生産した。全国首位の生産量を誇り、国内製紙業で重要な地位を占めた。清代の5港の開港(南京条約による広州、福州、アモイ、寧波、上海の開港)後、「玉扣紙」は次第に国際市場にも進出、日本や東南アジアなどの国や地域に輸出された。現在の製紙技術の飛躍的な発展は、「玉扣紙」の生産に大きな影響をもたらしている。地元政府は製作技術の保護に力を入れ、「玉扣紙製作工芸」を福建省の第6次無形文化遺産の代表的項目リストに登録した。(竜岩=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年7月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020080602146

  • 2020年07月30日
    千年の時を超える手すき紙「玉扣紙」を求めて福建省竜岩市

    「竹麻」と呼ばれる、水に浸して柔らかなくなった竹の繊維。(7月30日撮影)中国福建省西部に位置する竜岩市の長汀、連城、寧化3県の山村では、古くから手すきの製紙技術が受け継がれている。生産される紙は「玉扣紙(ぎょくこうし)」と呼ばれ、かつては安徽省宣城市の「宣紙」と同様に有名だった。「玉扣紙」は伝統的な手すき紙の一種で、竹の幼木を原材料に、蔡倫(さい・りん)による最古の製紙法を用いている。製造方法は複雑で、原材料の入手から完成まで20余りの工程を経て作られる。完成した紙は「毛辺紙」と呼ばれ、それよりもさらに上等な紙は、きめ細かくしなやかで、まるで玉(ぎょく)のような白さを持つことから「玉扣紙」と名付けられた。「扣」は計量単位で、現代中国語の量詞の「刀」に相当し、通常約200枚を1刀と数える。「玉扣紙」は最高級の書道用紙でありながら、古典籍の印刷や絵画制作の材料にも適している。清の時代に最盛期となり、福建省西部で年間4166・67トンの「玉扣紙」を生産した。全国首位の生産量を誇り、国内製紙業で重要な地位を占めた。清代の5港の開港(南京条約による広州、福州、アモイ、寧波、上海の開港)後、「玉扣紙」は次第に国際市場にも進出、日本や東南アジアなどの国や地域に輸出された。現在の製紙技術の飛躍的な発展は、「玉扣紙」の生産に大きな影響をもたらしている。地元政府は製作技術の保護に力を入れ、「玉扣紙製作工芸」を福建省の第6次無形文化遺産の代表的項目リストに登録した。(竜岩=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年7月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020080602155

  • 2020年07月30日
    千年の時を超える手すき紙「玉扣紙」を求めて福建省竜岩市

    殺青(さっせい、長期間水につけて柔らかくした竹の皮を取り去る)した竹の繊維「竹麻」を突きつぶしてできた粗紙漿(粘液状の紙の原料)を、さらに水で煮る職人。(7月30日撮影)中国福建省西部に位置する竜岩市の長汀、連城、寧化3県の山村では、古くから手すきの製紙技術が受け継がれている。生産される紙は「玉扣紙(ぎょくこうし)」と呼ばれ、かつては安徽省宣城市の「宣紙」と同様に有名だった。「玉扣紙」は伝統的な手すき紙の一種で、竹の幼木を原材料に、蔡倫(さい・りん)による最古の製紙法を用いている。製造方法は複雑で、原材料の入手から完成まで20余りの工程を経て作られる。完成した紙は「毛辺紙」と呼ばれ、それよりもさらに上等な紙は、きめ細かくしなやかで、まるで玉(ぎょく)のような白さを持つことから「玉扣紙」と名付けられた。「扣」は計量単位で、現代中国語の量詞の「刀」に相当し、通常約200枚を1刀と数える。「玉扣紙」は最高級の書道用紙でありながら、古典籍の印刷や絵画制作の材料にも適している。清の時代に最盛期となり、福建省西部で年間4166・67トンの「玉扣紙」を生産した。全国首位の生産量を誇り、国内製紙業で重要な地位を占めた。清代の5港の開港(南京条約による広州、福州、アモイ、寧波、上海の開港)後、「玉扣紙」は次第に国際市場にも進出、日本や東南アジアなどの国や地域に輸出された。現在の製紙技術の飛躍的な発展は、「玉扣紙」の生産に大きな影響をもたらしている。地元政府は製作技術の保護に力を入れ、「玉扣紙製作工芸」を福建省の第6次無形文化遺産の代表的項目リストに登録した。(竜岩=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年7月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020080602019

  • 2020年07月30日
    千年の時を超える手すき紙「玉扣紙」を求めて福建省竜岩市

    粗紙漿(粘液状の紙の原料)を剝がす職人。(7月30日撮影)中国福建省西部に位置する竜岩市の長汀、連城、寧化3県の山村では、古くから手すきの製紙技術が受け継がれている。生産される紙は「玉扣紙(ぎょくこうし)」と呼ばれ、かつては安徽省宣城市の「宣紙」と同様に有名だった。「玉扣紙」は伝統的な手すき紙の一種で、竹の幼木を原材料に、蔡倫(さい・りん)による最古の製紙法を用いている。製造方法は複雑で、原材料の入手から完成まで20余りの工程を経て作られる。完成した紙は「毛辺紙」と呼ばれ、それよりもさらに上等な紙は、きめ細かくしなやかで、まるで玉(ぎょく)のような白さを持つことから「玉扣紙」と名付けられた。「扣」は計量単位で、現代中国語の量詞の「刀」に相当し、通常約200枚を1刀と数える。「玉扣紙」は最高級の書道用紙でありながら、古典籍の印刷や絵画制作の材料にも適している。清の時代に最盛期となり、福建省西部で年間4166・67トンの「玉扣紙」を生産した。全国首位の生産量を誇り、国内製紙業で重要な地位を占めた。清代の5港の開港(南京条約による広州、福州、アモイ、寧波、上海の開港)後、「玉扣紙」は次第に国際市場にも進出、日本や東南アジアなどの国や地域に輸出された。現在の製紙技術の飛躍的な発展は、「玉扣紙」の生産に大きな影響をもたらしている。地元政府は製作技術の保護に力を入れ、「玉扣紙製作工芸」を福建省の第6次無形文化遺産の代表的項目リストに登録した。(竜岩=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年7月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020080602086

  • 2020年09月07日
    125. Anniversary of the death of Friedrich Gottlob Keller

    07 September 2020, Saxony, Krippen: Gravestone of Friedrich Gottlob Keller at the Krippen cemetery in Saxon Switzerland. Friedrich Gottlob Keller was born on 27.06.1816 in Hainichen and died on 08.09.1895 in Krippen. Keller invented paper production by groundwood pulp in the 19th century and still shapes the paper industry with this process today. Photo: Daniel Schäfer/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090909395

  • 2020年09月07日
    125. Anniversary of the death of Friedrich Gottlob Keller

    07 September 2020, Saxony, Krippen: Gravestone of Friedrich Gottlob Keller at the Krippen cemetery in Saxon Switzerland. Friedrich Gottlob Keller was born on 27.06.1816 in Hainichen and died on 08.09.1895 in Krippen. Keller invented paper production by groundwood pulp in the 19th century and still shapes the paper industry with this process today. Photo: Daniel Schäfer/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090909325

  • 2020年09月07日
    125. Anniversary of the death of Friedrich Gottlob Keller

    07 September 2020, Saxony, Krippen: Gravestone of Friedrich Gottlob Keller at the Krippen cemetery in Saxon Switzerland. Friedrich Gottlob Keller was born on 27.06.1816 in Hainichen and died on 08.09.1895 in Krippen. Keller invented paper production by groundwood pulp in the 19th century and still shapes the paper industry with this process today. Photo: Daniel Schäfer/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090909467

  • 2020年09月07日
    125. Anniversary of the death of Friedrich Gottlob Keller

    07 September 2020, Saxony, Krippen: Gravestone of Friedrich Gottlob Keller at the Krippen cemetery in Saxon Switzerland. Friedrich Gottlob Keller was born on 27.06.1816 in Hainichen and died on 08.09.1895 in Krippen. Keller invented paper production by groundwood pulp in the 19th century and still shapes the paper industry with this process today. Photo: Daniel Schäfer/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090909474

  • 2021年01月27日
    コロナで不足 製品力を評価 地場産大賞 金星製紙(高知市)マスク受賞

    優れた県内製品や活動をたたえる第35回高知県地場産業大賞が27日発表され、金星製紙(高知市井口町)の「さらふあシリーズ」マスクとインナーシートが大賞に輝いた。同社は高知の伝統産業である製紙業から発展し、革新的な肌触りの不織布マスクを開発。新型コロナウイルス禍でマスク不足が起きる中、製品力で社会ニーズに即応した点が評価された=2021(令和3)年1月27日、クレジット:高知新聞社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021022201927

  • 2021年07月28日
    (1)宣紙産業が地域振興を後押し安徽省涇県

    21日、安徽省涇県丁家橋鎮にある宣紙製造企業の作業場で紙をすく従業員。伝統工芸品「宣紙」の発祥地、中国安徽省宣城市涇(けい)県の丁家橋鎮では、地元政府が製紙業の優位性を生かした多くの取り組みを実施し、産業の発展を後押ししている。同鎮では毎年1万トン以上の宣紙や書画用紙を生産しており、関連産業の従事者は1万人を超える。宣紙の伝統的制作技法は、2006年に中国の第1次国家級無形文化遺産、09年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の無形文化遺産に登録された。(涇県=新華社記者/劉軍喜)= 配信日: 2021(令和3)年7月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021072904492

  • 2021年07月28日
    (5)宣紙産業が地域振興を後押し安徽省涇県

    21日、安徽省涇県丁家橋鎮にある宣紙製造企業で検品作業を行う従業員。伝統工芸品「宣紙」の発祥地、中国安徽省宣城市涇(けい)県の丁家橋鎮では、地元政府が製紙業の優位性を生かした多くの取り組みを実施し、産業の発展を後押ししている。同鎮では毎年1万トン以上の宣紙や書画用紙を生産しており、関連産業の従事者は1万人を超える。宣紙の伝統的制作技法は、2006年に中国の第1次国家級無形文化遺産、09年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の無形文化遺産に登録された。(涇県=新華社記者/劉軍喜)= 配信日: 2021(令和3)年7月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021072904528

  • 2021年07月28日
    (2)宣紙産業が地域振興を後押し安徽省涇県

    21日、安徽省涇県丁家橋鎮にある宣紙製造企業の作業場で紙をすく従業員。伝統工芸品「宣紙」の発祥地、中国安徽省宣城市涇(けい)県の丁家橋鎮では、地元政府が製紙業の優位性を生かした多くの取り組みを実施し、産業の発展を後押ししている。同鎮では毎年1万トン以上の宣紙や書画用紙を生産しており、関連産業の従事者は1万人を超える。宣紙の伝統的制作技法は、2006年に中国の第1次国家級無形文化遺産、09年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の無形文化遺産に登録された。(涇県=新華社記者/劉軍喜)= 配信日: 2021(令和3)年7月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021072904531

  • 2021年07月28日
    (6)宣紙産業が地域振興を後押し安徽省涇県

    21日、安徽省涇県丁家橋鎮にある宣紙製造企業の作業場で紙を裁断する従業員。伝統工芸品「宣紙」の発祥地、中国安徽省宣城市涇(けい)県の丁家橋鎮では、地元政府が製紙業の優位性を生かした多くの取り組みを実施し、産業の発展を後押ししている。同鎮では毎年1万トン以上の宣紙や書画用紙を生産しており、関連産業の従事者は1万人を超える。宣紙の伝統的制作技法は、2006年に中国の第1次国家級無形文化遺産、09年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の無形文化遺産に登録された。(涇県=新華社記者/劉軍喜)= 配信日: 2021(令和3)年7月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021072904533

  • 2021年07月28日
    (4)宣紙産業が地域振興を後押し安徽省涇県

    21日、安徽省涇県丁家橋鎮にある宣紙製造企業の作業場で紙をすく従業員。伝統工芸品「宣紙」の発祥地、中国安徽省宣城市涇(けい)県の丁家橋鎮では、地元政府が製紙業の優位性を生かした多くの取り組みを実施し、産業の発展を後押ししている。同鎮では毎年1万トン以上の宣紙や書画用紙を生産しており、関連産業の従事者は1万人を超える。宣紙の伝統的制作技法は、2006年に中国の第1次国家級無形文化遺産、09年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の無形文化遺産に登録された。(涇県=新華社記者/劉軍喜)= 配信日: 2021(令和3)年7月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021072904539

  • 2021年07月28日
    (3)宣紙産業が地域振興を後押し安徽省涇県

    21日、安徽省涇県丁家橋鎮にある宣紙製造企業で、インターネットで注文を受けた商品を包装する従業員。伝統工芸品「宣紙」の発祥地、中国安徽省宣城市涇(けい)県の丁家橋鎮では、地元政府が製紙業の優位性を生かした多くの取り組みを実施し、産業の発展を後押ししている。同鎮では毎年1万トン以上の宣紙や書画用紙を生産しており、関連産業の従事者は1万人を超える。宣紙の伝統的制作技法は、2006年に中国の第1次国家級無形文化遺産、09年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の無形文化遺産に登録された。(涇県=新華社記者/劉軍喜)= 配信日: 2021(令和3)年7月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021072904540

  • 2021年07月28日
    (7)宣紙産業が地域振興を後押し安徽省涇県

    21日、安徽省涇県丁家橋鎮にある宣紙製造企業の作業場で紙の乾燥作業を行う従業員。伝統工芸品「宣紙」の発祥地、中国安徽省宣城市涇(けい)県の丁家橋鎮では、地元政府が製紙業の優位性を生かした多くの取り組みを実施し、産業の発展を後押ししている。同鎮では毎年1万トン以上の宣紙や書画用紙を生産しており、関連産業の従事者は1万人を超える。宣紙の伝統的制作技法は、2006年に中国の第1次国家級無形文化遺産、09年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の無形文化遺産に登録された。(涇県=新華社記者/韓旭)= 配信日: 2021(令和3)年7月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021072904524

  • 2022年02月28日
    王子ホールディングスの社長交代会見

    王子ホールディングス(HD)は28日、磯野裕之取締役専務グループ経営委員(61)が4月1日付で社長に昇格する人事を発表した。加来正年社長(66)は代表権のある会長に、矢嶋進会長(70)は代表権をない取締役となる。3年ぶりのトップ交代で、4月に始動する新中期経営計画で連結営業利益1500億円達成を目指す。製紙業界が国内人口減やIT化で印刷用紙需要の低迷に直面する中で、業界首位の同社は海外展開や段ボール事業などで先行。21年度の連結経常利益は過去最高を見込んでいる。磯野氏は財務担当として中計の策定など主導してきた。同日会見した加来社長は「海外勤務経験が豊富。地政学的リスクも分かっており、海外事業強化には適任」と述べた。写真は会見する(左から)磯野裕之 新社長と加来正年 現社長。=2022(令和4)年2月28日、東京都内、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022030306747

  • 2022年02月28日
    王子ホールディングスの社長交代会見

    王子ホールディングス(HD)は28日、磯野裕之取締役専務グループ経営委員(61)が4月1日付で社長に昇格する人事を発表した。加来正年社長(66)は代表権のある会長に、矢嶋進会長(70)は代表権をない取締役となる。3年ぶりのトップ交代で、4月に始動する新中期経営計画で連結営業利益1500億円達成を目指す。製紙業界が国内人口減やIT化で印刷用紙需要の低迷に直面する中で、業界首位の同社は海外展開や段ボール事業などで先行。21年度の連結経常利益は過去最高を見込んでいる。磯野氏は財務担当として中計の策定など主導してきた。同日会見した加来社長は「海外勤務経験が豊富。地政学的リスクも分かっており、海外事業強化には適任」と述べた。写真は会見する(左から)磯野裕之 新社長と加来正年 現社長。=2022(令和4)年2月28日、東京都内、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022030306755

  • 2022年02月28日
    王子ホールディングスの社長交代会見

    王子ホールディングス(HD)は28日、磯野裕之取締役専務グループ経営委員(61)が4月1日付で社長に昇格する人事を発表した。加来正年社長(66)は代表権のある会長に、矢嶋進会長(70)は代表権をない取締役となる。3年ぶりのトップ交代で、4月に始動する新中期経営計画で連結営業利益1500億円達成を目指す。製紙業界が国内人口減やIT化で印刷用紙需要の低迷に直面する中で、業界首位の同社は海外展開や段ボール事業などで先行。21年度の連結経常利益は過去最高を見込んでいる。磯野氏は財務担当として中計の策定など主導してきた。同日会見した加来社長は「海外勤務経験が豊富。地政学的リスクも分かっており、海外事業強化には適任」と述べた。写真は会見する(左から)磯野裕之 新社長と加来正年 現社長。=2022(令和4)年2月28日、東京都内、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022030306751

  • 2022年02月28日
    王子ホールディングスの社長交代会見

    王子ホールディングス(HD)は28日、磯野裕之取締役専務グループ経営委員(61)が4月1日付で社長に昇格する人事を発表した。加来正年社長(66)は代表権のある会長に、矢嶋進会長(70)は代表権をない取締役となる。3年ぶりのトップ交代で、4月に始動する新中期経営計画で連結営業利益1500億円達成を目指す。製紙業界が国内人口減やIT化で印刷用紙需要の低迷に直面する中で、業界首位の同社は海外展開や段ボール事業などで先行。21年度の連結経常利益は過去最高を見込んでいる。磯野氏は財務担当として中計の策定など主導してきた。同日会見した加来社長は「海外勤務経験が豊富。地政学的リスクも分かっており、海外事業強化には適任」と述べた。写真はフォトセッションの様子(左から)磯野裕之 次期社長と加来正年 現社長。=2022(令和4)年2月28日、東京都内、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022030306756

  • 01:46.99
    2022年07月02日
    Chinese papermaker devotes to promoting ancient technique

    STORY: Chinese papermaker devotes to promoting ancient techniqueDATELINE: July 2, 2022LENGTH: 00:01:47LOCATION: GUIYANG, ChinaCATEGORY: CULTURESHOTLIST:1. various of papermaking in Shiqiao Village2. SOUNDBITE (Chinese): WANG XINGWU, PapermakerSTORYLINE:Wang Xingwu, 56, is a national intangible cultural heritage inheritor in papermaking from Shiqiao Village in southwest China‘s Guizhou Province.Besides exerting the old papermaking technique to its full potential, Wang keeps raising product quality and improving the making procedure.With the involvement of plants in the papermaking process, he has created more than 160 kinds of patterned papers and papercrafts. One of the products even has a shelf life of 1,500 years.His products have received international recognition, attracting clients from some world-famous museums...= 配信日: 2022(令和4)年7月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022070602688

  • 1