KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 令和
  • 実現
  • 活用
  • 日刊工業新聞
  • コンソーシアム
  • ステップ
  • セイコーエプソン
  • セルロース
  • バイオマスプラスチック
  • パラミロン

「複合材料」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
96
( 1 96 件を表示)
  • 1
96
( 1 96 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • -
    西周 青銅盉, Spouted Wine Vessel (He), Western Zhou dynasty (1046–771 B.C.), late 11th–early 10th century B.C., China,

    西周 青銅盉, Spouted Wine Vessel (He), Western Zhou dynasty (1046–771 B.C.), late 11th–early 10th century B.C., China, Bronze, H. 12 1/2 in. (31.8 cm); W. 8 1/2 in. (21.6 cm); D. 12 1/2 in. (31.8 cm), Metalwork, The animal motifs on most Shang and Western Zhou bronzes are composites of different animals and birds, as if these creatures were undergoing a continuous metamorphosis. Here, bovine horns have been attached to a feline face.、クレジット:Sepia Times/Universal Images Group/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022020414679

  • -
    During the reformation period some of the stained glass was destroyed.

    During the reformation period some of the stained glass was destroyed. The following composite was created from debris collected and reformed into a window. Dated 18th Century、クレジット:World History Archive/ニューズコム/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071807142

  • 2012年02月06日
    Plaster Mould and Cast of Apollo.

    Plaster Mould and Cast of Apollo. Apollo was god of music and enlightenment, and the son of Zeus. The cast‘s surface is a red composite material.、クレジット:World History Archive/ニューズコム/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019122700808

  • 2015年02月11日
    金沢工業大の装置 北陸企業、炭素繊維に意欲

    金沢工業大の高機能素材の分析装置と、鵜沢潔・革新複合材料研究開発センター所長=石川県白山市

    商品コード: 2015021100076

  • 2017年02月06日
    説明する帝人の鈴木社長 自動車向け複合材料に投資

    中期経営計画について説明する帝人の鈴木純社長=6日、東京都千代田区

    商品コード: 2017020600359

  • 2017年06月26日
    Uberjet Anyone? The Eviation Alice Is A Battery Powered Air Taxi That Can Fly Up To 600 Miles

    **SUPPORTING VIDEOS AVAILABLE. CONTACT HAYLEY.CHAMBERLAIN@COVER-IMAGES.COM TO RECEIVE.**Could small plane taxi‘s be the next big thing? Eviation Aircraft Ltd have revealed their next design, a nifty little all-electric plane with the capacity to travel up to 600 miles and carry up to nine people.Called Alice, the aircraft focuses on maximizing flight efficiency and reducing energy consumption. With a philosophy of ‘electric from conception’ Eviation has re-thought the design of the plane’s airframe, propeller and motor to conserve more energy. Made entirely from composites, the whole craft is designed to be ultra light, making it 300 times more energy efficient than other planes of the same size. The aircraft gets its power from a Li-lon – 980 kWh battery- the energy pack fires up one main pusher propeller at the tail and two pusher propellers at the wingtips, reducing both drag and redundancy.、Eviation Aircraft Ltd/Cover Images/ニューズコム/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060309513

  • 2017年10月11日
    八光産業の容器の壁面にバッファを取り付けたグラスライニング製容器

    八光産業(大分県中津市)は、グラスライニング技術を使った新構造の圧力容器を完成、販売に乗り出した。撹拌用のバッフル(邪魔板)を本体内部に取り付けたことで、メンテナンス性を改善した。生産能力の向上につながる製品として医薬品業界などへ提案する。医薬品メーカーなどが原料中間体を作る工程などでの需要を見込む。大きさは100リットルサイズを中心に1000リットルサイズまで。年間10台程度の製造に対応する。グラスライニングは金属を保護するため、表面にガラスを焼き付けた複合材料。本体内部に邪魔板を取り付ける構造は、ステンレス製の容器では存在しているが、グラスライニング製容器では内部に取り付けるための温度調整が難しく、接着することが困難だったという。密閉型圧力容器内での撹拌にバッフルを使用する際は、ノズルから差し込んで使用することが多い。バッフルを容器内部の壁面に取り付けたことで、ノズルを他の用途に活用できるほか、洗浄作業も容易になる。八光産業は数年前に大手医薬品メーカーへ同じ構造の装置を納入した。従来の圧力容器と構造が異なることから、容器の製造規格にかかわる国の担当部署とも折衝を続けていた。今回、製品の検査手法などを明確にできたことから、外部への販売が可能になった。=2017(平成29)年10月11日、撮影場所不明、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019072603345

  • 2018年06月04日
    Digitisation in the textile industry

    04 June 2018, Baden-Wuerttemberg, Denkendorf: In a laboratory of the German Institutes for Textile and Fiber Research, a woman sprays water on a sensor for moisture, which consists of a composite material with printed lines. (about dpa: “Denkendorf inventors are working on sensors for batteries in electric cars“ from 09.03.2019) Photo: Sebastian Gollnow/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019031206270

  • 2018年09月07日
    次世代炭素繊維LRT車両、長春で初公開

    7日、「光谷量子号」の車両内。中国の鉄道車両メーカー、中車長春軌道客車股份有限公司が研究開発した湖北省武漢市東湖で投入される予定の次世代型路面電車(LRT)「光谷量子号」の車両がこのほど、吉林省長春市で開かれた長春軌道交通展で初めて一般公開された。同列車は、独自の知的財産権を持つ架線なしで蓄電装置「キャパシタ」搭載の路面電車で、車両は炭素繊維複合材料でできている。躍動的な外観を持つ「光谷量子号」の設計時速は80キロ。同社の技術専門家によると、列車が採用しているキャパシタ蓄電技術は国内トップレベルで、2分間の充電で10キロの走行が可能。高強度と軽量化が特徴の炭素繊維複合材料の車両は、同種類のステンレス車両より約30%軽く、省エネで環境に優しいという。(長春=新華社記者/許暢)=2018(平成30)年9月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018091215949

  • 2018年09月07日
    次世代炭素繊維LRT車両、長春で初公開

    7日、「光谷量子号」の大きく開放的な車窓。中国の鉄道車両メーカー、中車長春軌道客車股份有限公司が研究開発した湖北省武漢市東湖で投入される予定の次世代型路面電車(LRT)「光谷量子号」の車両がこのほど、吉林省長春市で開かれた長春軌道交通展で初めて一般公開された。同列車は、独自の知的財産権を持つ架線なしで蓄電装置「キャパシタ」搭載の路面電車で、車両は炭素繊維複合材料でできている。躍動的な外観を持つ「光谷量子号」の設計時速は80キロ。同社の技術専門家によると、列車が採用しているキャパシタ蓄電技術は国内トップレベルで、2分間の充電で10キロの走行が可能。高強度と軽量化が特徴の炭素繊維複合材料の車両は、同種類のステンレス車両より約30%軽く、省エネで環境に優しいという。(長春=新華社記者/許暢)=2018(平成30)年9月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018091215940

  • 2018年09月07日
    次世代炭素繊維LRT車両、長春で初公開

    7日、「光谷量子号」の外観。中国の鉄道車両メーカー、中車長春軌道客車股份有限公司が研究開発した湖北省武漢市東湖で投入される予定の次世代型路面電車(LRT)「光谷量子号」の車両がこのほど、吉林省長春市で開かれた長春軌道交通展で初めて一般公開された。同列車は、独自の知的財産権を持つ架線なしで蓄電装置「キャパシタ」搭載の路面電車で、車両は炭素繊維複合材料でできている。躍動的な外観を持つ「光谷量子号」の設計時速は80キロ。同社の技術専門家によると、列車が採用しているキャパシタ蓄電技術は国内トップレベルで、2分間の充電で10キロの走行が可能。高強度と軽量化が特徴の炭素繊維複合材料の車両は、同種類のステンレス車両より約30%軽く、省エネで環境に優しいという。(長春=新華社記者/許暢)=2018(平成30)年9月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018091216304

  • 2018年09月07日
    次世代炭素繊維LRT車両、長春で初公開

    7日、「光谷量子号」の車両に使用されている炭素繊維複合材料。中国の鉄道車両メーカー、中車長春軌道客車股份有限公司が研究開発した湖北省武漢市東湖で投入される予定の次世代型路面電車(LRT)「光谷量子号」の車両がこのほど、吉林省長春市で開かれた長春軌道交通展で初めて一般公開された。同列車は、独自の知的財産権を持つ架線なしで蓄電装置「キャパシタ」搭載の路面電車で、車両は炭素繊維複合材料でできている。躍動的な外観を持つ「光谷量子号」の設計時速は80キロ。同社の技術専門家によると、列車が採用しているキャパシタ蓄電技術は国内トップレベルで、2分間の充電で10キロの走行が可能。高強度と軽量化が特徴の炭素繊維複合材料の車両は、同種類のステンレス車両より約30%軽く、省エネで環境に優しいという。(長春=新華社記者/許暢)=2018(平成30)年9月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018091216026

  • 2018年09月07日
    次世代炭素繊維LRT車両、長春で初公開

    7日、「光谷量子号」の運転席。中国の鉄道車両メーカー、中車長春軌道客車股份有限公司が研究開発した湖北省武漢市東湖で投入される予定の次世代型路面電車(LRT)「光谷量子号」の車両がこのほど、吉林省長春市で開かれた長春軌道交通展で初めて一般公開された。同列車は、独自の知的財産権を持つ架線なしで蓄電装置「キャパシタ」搭載の路面電車で、車両は炭素繊維複合材料でできている。躍動的な外観を持つ「光谷量子号」の設計時速は80キロ。同社の技術専門家によると、列車が採用しているキャパシタ蓄電技術は国内トップレベルで、2分間の充電で10キロの走行が可能。高強度と軽量化が特徴の炭素繊維複合材料の車両は、同種類のステンレス車両より約30%軽く、省エネで環境に優しいという。(長春=新華社記者/許暢)=2018(平成30)年9月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018091215988

  • 2018年09月07日
    次世代炭素繊維LRT車両、長春で初公開

    7日、「光谷量子号」の車窓の縁に使用されている炭素繊維複合材料。中国の鉄道車両メーカー、中車長春軌道客車股份有限公司が研究開発した湖北省武漢市東湖で投入される予定の次世代型路面電車(LRT)「光谷量子号」の車両がこのほど、吉林省長春市で開かれた長春軌道交通展で初めて一般公開された。同列車は、独自の知的財産権を持つ架線なしで蓄電装置「キャパシタ」搭載の路面電車で、車両は炭素繊維複合材料でできている。躍動的な外観を持つ「光谷量子号」の設計時速は80キロ。同社の技術専門家によると、列車が採用しているキャパシタ蓄電技術は国内トップレベルで、2分間の充電で10キロの走行が可能。高強度と軽量化が特徴の炭素繊維複合材料の車両は、同種類のステンレス車両より約30%軽く、省エネで環境に優しいという。(長春=新華社記者/許暢)=2018(平成30)年9月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018091215978

  • 2018年09月07日
    次世代炭素繊維LRT車両、長春で初公開

    7日、「光谷量子号」の運転席に座り運転士の気分を味わう来場者。中国の鉄道車両メーカー、中車長春軌道客車股份有限公司が研究開発した湖北省武漢市東湖で投入される予定の次世代型路面電車(LRT)「光谷量子号」の車両がこのほど、吉林省長春市で開かれた長春軌道交通展で初めて一般公開された。同列車は、独自の知的財産権を持つ架線なしで蓄電装置「キャパシタ」搭載の路面電車で、車両は炭素繊維複合材料でできている。躍動的な外観を持つ「光谷量子号」の設計時速は80キロ。同社の技術専門家によると、列車が採用しているキャパシタ蓄電技術は国内トップレベルで、2分間の充電で10キロの走行が可能。高強度と軽量化が特徴の炭素繊維複合材料の車両は、同種類のステンレス車両より約30%軽く、省エネで環境に優しいという。(長春=新華社記者/許暢)=2018(平成30)年9月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018091215983

  • 2018年09月18日
    「イノトランス2018」、ベルリンで開幕

    18日、独ベルリンで鉄道車両大手、中国中車製の全炭素繊維複合材料による次世代地下鉄車両を見学する来場者。「イノトランス2018」が18日、ドイツのベルリンで開幕した。61の国・地域から3062社が出展している。イノトランスとは、2年に1度開かれる鉄道業界最大の見本市である。(ベルリン=新華社記者/単宇琦)=2018(平成30)年9月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018092014813

  • 2018年09月18日
    「イノトランス2018」、ベルリンで開幕

    18日、ベルリンで撮影した鉄道車両大手、中国中車製の全炭素繊維複合材料による次世代地下鉄車両。「イノトランス2018」が18日、ドイツのベルリンで開幕した。61の国・地域から3062社が出展している。イノトランスは、2年に1度開かれる鉄道業界最大の見本市である。(ベルリン=新華社記者/単宇琦)=2018(平成30)年9月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018092014864

  • 02:25.47
    2019年01月21日
    「新華社」3Dプリンターで作られた橋が完成上海市

    中国上海市普陀(ふだ)区の桃浦中央緑地にこのほど、3Dプリンターを使って作られた橋が設置された。緑地内の「上海智慧湾」という池に架かるこの小さな橋は、3Dモデリング技術で設計されており、欄干の側板がリボンのようにたなびき、アーチが丸みを帯びた、しなやかで優雅なデザインとなっている。橋の床板は庭園風になっており、サンゴの文様が刻まれ、その間には小さな石が敷き詰められている。橋の全てのコンクリート部材は2台のロボットアーム式3Dプリンターを使って、合計450時間かけて作り上げた。橋はアーチ構造、欄干、床板の3つの部分で構成されており、アーチ構造を44のパーツに、欄干を68のパーツに、床板を64のパーツにそれぞれ分けて、全て3Dプリンターで製作した。これらの部材は全て、ポリエチレン繊維補強コンクリートに複数の混和剤を添加した複合材料が使われ、流動性がコントロールできるため3Dプリンターの製作条件を満たしており、コストも通常の橋の3分の2程度となっている。この歩道橋は中国が独自に開発したコンクリート3Dプリンター技術を活用している。この技術はデジタル建築設計や3Dプリンターによる製作、操作コントロールシステムなど、革新技術が結集したもので、作業の安定性に優れ、製作効率が高い他、成形の精度も高く、連続作業が可能になっている。橋にはリアルタイム観測システムが設けられ、橋にかかる応力と橋の変形の状態についてのデータ収集が行われており、新しいコンクリート材料の性能やプリンターで製作した部材の構造力学的な性能に関する追跡研究に役立つ。(記者/狄春)<映像内容>3Dプリンターで作られた橋の風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012200445

  • 01:25.12
    2019年06月26日
    「新華社」中国初の「3D縫製ロボット」がお披露目浙江省寧波市

    中国東部沿海地区の製造業の拠点、浙江省寧波市でこのほど、スマート縫製機器メーカーの寧波慈星が、造船大手中国船舶重工集団(CSIC)傘下の研究機関、中船重工第七一六研究所と2年かけて共同開発した中国初の「3D縫製ロボット」を公開した。同社のロボット・コアパーツ開発実験室で等身大の大型ロボットアームが規定の軌道を素早く移動している。ロボットアームの「手」の部分は、「目」が付いたミシンのヘッド部分になっている。オペレーターがスタートキーを押すと、ミシンヘッドが配置済みの布を高速でレーザースキャンし、パターン通り正確に縫製する。ロボットアームは、縫い終わりの糸の切断も自動で行う。縫製の全工程には数分しかかからない。「3D縫製ロボット」は将来的に、それぞれ異なるミシンヘッドを搭載することで、自動車、船舶、航空・宇宙分野の軽量化機構部品やその他の複合材料の縫製などへの応用も可能になる。(記者/殷暁聖)<映像内容>3D縫製ロボット作動の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062625271

  • 01:22.43
    2019年07月31日
    「新華社」スマート化された「次世代地下鉄」北京の展覧会でお目見え

    中国北京市でこのほど開催された「北京国際都市軌道交通展覧会・フォーラム2019」で披露された「次世代地下鉄」は、来場者に一層スマート、便利、快適で、環境に優しい公共交通手段を展示した。中車長春軌道客車股份有限公司の「次世代地下鉄」にはフレキシブルソーラーパネルが使用され、ディスプレー式車内案内表示装置には青、黄、赤の3色で車内の混み合い状況がリアルタイムで表示される。中車青島四方机車車両股份有限公司が開発した地下鉄車両「CETROVO」は車窓に映像番組が表示される。乗客はタッチパネルを操作し、ニュースを見たり、情報を調べたりすることができる。「CETROVO」は車体とフレームに炭素繊維強化炭素複合材料を採用し、重量を13%以上軽減した。車両はSiC(炭化ケイ素)インバーターやPM(永久磁石)モーターなどの省エネ技術を採用し、15%以上の省エネを実現した。さらに低騒音型設備、ナノセラミックフィルムでコーティングした断熱遮音ガラス、真空断熱遮音材などを使用することで、騒音を3デシベル(dB)下げることに成功した。「次世代地下鉄」は中国の製造業、新素材、人工知能(AI)、クラウドコンピューティングなど複数の分野の最先端テクノロジーの成果を結集して完成した。中国の地下鉄は今年、開通50周年を迎える。中国都市軌道交通協会によると、最初に北京地下鉄1号線の一部が開通して以来、これまでに中国内地の37都市で開通し、総延長距離は6126・82キロに達している。(記者/丁静)<映像内容>中車長春軌道客車の「次世代地下鉄」の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019073103400

  • 2020年05月20日
    Coronavirus - automotive supplier establishes mask production

    20 May 2020, Saxony, Heinsdorfergrund: Philipp Porst, Managing Director of the automotive supplier C.H. Müller GmbH and Silke Bauer examine a protective suit made of breathable composite materials. The virus and bacteria repellent protective clothing with a specially developed textile-membrane composite is reusable. Together with Intercept Technology GmbH, a specialist manufacturer of metal particles based in Eisenach, the company has also developed a copper-containing filter medium for reusable masks, which also acts as an active virus barrier against the corona virus. In the course of the corona crisis, sales for the automotive industry in particular declined at an above-average rate. Within a short period of time, the company launched new and further developments for use in the healthcare sector. Photo: Hendrik Schmidt/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020052107394

  • 2020年10月11日
    高速充電の可能なリチウムイオン電池材料中米科学者が開発

    石墨と黒リンが炭素-リン共有結合によってつながり、構造の安定性とリチウムイオン伝導性が向上した黒リン複合材料。中国科学技術大学の季恒星(き・こうせい)教授の研究チームはこのほど、米カリフォルニア大学ロサンゼルス校、中国科学院化学研究所などと協力して、9分の充電で電気量の約80%を回復させられ、高速充電、高電荷容量、長寿命の長所を併せ持ったリチウムイオン電池を可能にする、新しいタイプの黒リン複合材料を開発した。9日、国際的に権威ある学術誌「サイエンス」がこの成果を発表した。(合肥=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020101200761

  • 2021年03月29日
    パラレジンジャパン設立会見

    ユーグレナ、セイコーエプソン、NECは29日、東京大学の岩田忠久教授と共同で、バイオマスプラスチックの技術開発を行うコンソーシアム「パラレジンジャパン」を設立したと発表した。微細藻類「ミドリムシ」の特有成分であるパラミロンを使ったバイオマスプラスチックの一つ「パラレジン」の技術開発・普及を推進し、循環型経済の実現に寄与する。2030年に年間20万トン規模のバイオマスプラスチックを供給することを目指す。パラレジンジャパンには計13社・団体が参加した。同コンソーシアムは古紙や食物かすなどのセルロースを酵素糖化技術により分解した糖化物を栄養分としてミドリムシを培養する。環境負荷となる廃棄物を活用した非可食バイオマスプラスチックによる資源循環システムを構築する。同システムの構築に向け、3社は幹事企業として、パラレジンの製品化までの各ステップの規格化を行う。エプソンは古紙など廃棄物を糖化するプロセスを、ユーグレナはミドリムシの培養とパラミロンの抽出・精製のプロセスを規格化。NECはパラミロンを加工して複合材料化し、パラレジンを製品化・リサイクル化するプロセスを規格化する。政府は、2030年までにバイオマスプラチックを約200万トン導入する目標を掲げている。同日都内で開いた会見で、ユーグレナの出雲充社長は「できるだけ前倒しで達成できるように、ミドリムシの大量培養技術を核としてコンソーシアムに貢献していきたい」と述べた。写真は会見するユーグレナの出雲充 代表取締役社長。=2021(令和3)年3月29日、東京都新宿区、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021040208875

  • 2021年03月29日
    パラレジンジャパン設立会見

    ユーグレナ、セイコーエプソン、NECは29日、東京大学の岩田忠久教授と共同で、バイオマスプラスチックの技術開発を行うコンソーシアム「パラレジンジャパン」を設立したと発表した。微細藻類「ミドリムシ」の特有成分であるパラミロンを使ったバイオマスプラスチックの一つ「パラレジン」の技術開発・普及を推進し、循環型経済の実現に寄与する。2030年に年間20万トン規模のバイオマスプラスチックを供給することを目指す。パラレジンジャパンには計13社・団体が参加した。同コンソーシアムは古紙や食物かすなどのセルロースを酵素糖化技術により分解した糖化物を栄養分としてミドリムシを培養する。環境負荷となる廃棄物を活用した非可食バイオマスプラスチックによる資源循環システムを構築する。同システムの構築に向け、3社は幹事企業として、パラレジンの製品化までの各ステップの規格化を行う。エプソンは古紙など廃棄物を糖化するプロセスを、ユーグレナはミドリムシの培養とパラミロンの抽出・精製のプロセスを規格化。NECはパラミロンを加工して複合材料化し、パラレジンを製品化・リサイクル化するプロセスを規格化する。政府は、2030年までにバイオマスプラチックを約200万トン導入する目標を掲げている。同日都内で開いた会見で、ユーグレナの出雲充社長は「できるだけ前倒しで達成できるように、ミドリムシの大量培養技術を核としてコンソーシアムに貢献していきたい」と述べた。写真は会見するユーグレナの出雲充 代表取締役社長。=2021(令和3)年3月29日、東京都新宿区、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021040208876

  • 2021年03月29日
    パラレジンジャパン設立会見

    ユーグレナ、セイコーエプソン、NECは29日、東京大学の岩田忠久教授と共同で、バイオマスプラスチックの技術開発を行うコンソーシアム「パラレジンジャパン」を設立したと発表した。微細藻類「ミドリムシ」の特有成分であるパラミロンを使ったバイオマスプラスチックの一つ「パラレジン」の技術開発・普及を推進し、循環型経済の実現に寄与する。2030年に年間20万トン規模のバイオマスプラスチックを供給することを目指す。パラレジンジャパンには計13社・団体が参加した。同コンソーシアムは古紙や食物かすなどのセルロースを酵素糖化技術により分解した糖化物を栄養分としてミドリムシを培養する。環境負荷となる廃棄物を活用した非可食バイオマスプラスチックによる資源循環システムを構築する。同システムの構築に向け、3社は幹事企業として、パラレジンの製品化までの各ステップの規格化を行う。エプソンは古紙など廃棄物を糖化するプロセスを、ユーグレナはミドリムシの培養とパラミロンの抽出・精製のプロセスを規格化。NECはパラミロンを加工して複合材料化し、パラレジンを製品化・リサイクル化するプロセスを規格化する。政府は、2030年までにバイオマスプラチックを約200万トン導入する目標を掲げている。同日都内で開いた会見で、ユーグレナの出雲充社長は「できるだけ前倒しで達成できるように、ミドリムシの大量培養技術を核としてコンソーシアムに貢献していきたい」と述べた。写真は会見するユーグレナの出雲充 代表取締役社長。=2021(令和3)年3月29日、東京都新宿区、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021040208871

  • 2021年03月29日
    パラレジンジャパン設立会見

    ユーグレナ、セイコーエプソン、NECは29日、東京大学の岩田忠久教授と共同で、バイオマスプラスチックの技術開発を行うコンソーシアム「パラレジンジャパン」を設立したと発表した。微細藻類「ミドリムシ」の特有成分であるパラミロンを使ったバイオマスプラスチックの一つ「パラレジン」の技術開発・普及を推進し、循環型経済の実現に寄与する。2030年に年間20万トン規模のバイオマスプラスチックを供給することを目指す。パラレジンジャパンには計13社・団体が参加した。同コンソーシアムは古紙や食物かすなどのセルロースを酵素糖化技術により分解した糖化物を栄養分としてミドリムシを培養する。環境負荷となる廃棄物を活用した非可食バイオマスプラスチックによる資源循環システムを構築する。同システムの構築に向け、3社は幹事企業として、パラレジンの製品化までの各ステップの規格化を行う。エプソンは古紙など廃棄物を糖化するプロセスを、ユーグレナはミドリムシの培養とパラミロンの抽出・精製のプロセスを規格化。NECはパラミロンを加工して複合材料化し、パラレジンを製品化・リサイクル化するプロセスを規格化する。政府は、2030年までにバイオマスプラチックを約200万トン導入する目標を掲げている。同日都内で開いた会見で、ユーグレナの出雲充社長は「できるだけ前倒しで達成できるように、ミドリムシの大量培養技術を核としてコンソーシアムに貢献していきたい」と述べた。写真は(右から)会見するセイコーエプソンの瀬木達明 取締役 常務執行役員 サステナビリティ推進室長と、ユーグレナの出雲充 代表取締役社長。=2021(令和3)年3月29日、東京都新宿区、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021040208888

  • 2021年03月29日
    パラレジンジャパン設立会見

    ユーグレナ、セイコーエプソン、NECは29日、東京大学の岩田忠久教授と共同で、バイオマスプラスチックの技術開発を行うコンソーシアム「パラレジンジャパン」を設立したと発表した。微細藻類「ミドリムシ」の特有成分であるパラミロンを使ったバイオマスプラスチックの一つ「パラレジン」の技術開発・普及を推進し、循環型経済の実現に寄与する。2030年に年間20万トン規模のバイオマスプラスチックを供給することを目指す。パラレジンジャパンには計13社・団体が参加した。同コンソーシアムは古紙や食物かすなどのセルロースを酵素糖化技術により分解した糖化物を栄養分としてミドリムシを培養する。環境負荷となる廃棄物を活用した非可食バイオマスプラスチックによる資源循環システムを構築する。同システムの構築に向け、3社は幹事企業として、パラレジンの製品化までの各ステップの規格化を行う。エプソンは古紙など廃棄物を糖化するプロセスを、ユーグレナはミドリムシの培養とパラミロンの抽出・精製のプロセスを規格化。NECはパラミロンを加工して複合材料化し、パラレジンを製品化・リサイクル化するプロセスを規格化する。政府は、2030年までにバイオマスプラチックを約200万トン導入する目標を掲げている。同日都内で開いた会見で、ユーグレナの出雲充社長は「できるだけ前倒しで達成できるように、ミドリムシの大量培養技術を核としてコンソーシアムに貢献していきたい」と述べた。写真は(左から)会見するユーグレナの出雲充 代表取締役社長、鈴木健吾 執行役員研究担当、セイコーエプソンの瀬木達明 取締役 常務執行役員 サステナビリティ推進室長、日本電気の津村聡一 システムプラットフォーム研究所 所長、東京大学大学院 岩田忠久 農学生命科学研究科 教授。=2021(令和3)年3月29日、東京都新宿区、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021040208880

  • 2021年03月29日
    パラレジンジャパン設立会見

    ユーグレナ、セイコーエプソン、NECは29日、東京大学の岩田忠久教授と共同で、バイオマスプラスチックの技術開発を行うコンソーシアム「パラレジンジャパン」を設立したと発表した。微細藻類「ミドリムシ」の特有成分であるパラミロンを使ったバイオマスプラスチックの一つ「パラレジン」の技術開発・普及を推進し、循環型経済の実現に寄与する。2030年に年間20万トン規模のバイオマスプラスチックを供給することを目指す。パラレジンジャパンには計13社・団体が参加した。同コンソーシアムは古紙や食物かすなどのセルロースを酵素糖化技術により分解した糖化物を栄養分としてミドリムシを培養する。環境負荷となる廃棄物を活用した非可食バイオマスプラスチックによる資源循環システムを構築する。同システムの構築に向け、3社は幹事企業として、パラレジンの製品化までの各ステップの規格化を行う。エプソンは古紙など廃棄物を糖化するプロセスを、ユーグレナはミドリムシの培養とパラミロンの抽出・精製のプロセスを規格化。NECはパラミロンを加工して複合材料化し、パラレジンを製品化・リサイクル化するプロセスを規格化する。政府は、2030年までにバイオマスプラチックを約200万トン導入する目標を掲げている。同日都内で開いた会見で、ユーグレナの出雲充社長は「できるだけ前倒しで達成できるように、ミドリムシの大量培養技術を核としてコンソーシアムに貢献していきたい」と述べた。写真は(左から)会見するユーグレナの出雲充 代表取締役社長、鈴木健吾 執行役員研究担当、セイコーエプソンの瀬木達明 取締役 常務執行役員 サステナビリティ推進室長、日本電気の津村聡一 システムプラットフォーム研究所 所長、東京大学大学院 岩田忠久 農学生命科学研究科 教授。=2021(令和3)年3月29日、東京都新宿区、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021040208898

  • 2021年03月29日
    パラレジンジャパン設立会見

    ユーグレナ、セイコーエプソン、NECは29日、東京大学の岩田忠久教授と共同で、バイオマスプラスチックの技術開発を行うコンソーシアム「パラレジンジャパン」を設立したと発表した。微細藻類「ミドリムシ」の特有成分であるパラミロンを使ったバイオマスプラスチックの一つ「パラレジン」の技術開発・普及を推進し、循環型経済の実現に寄与する。2030年に年間20万トン規模のバイオマスプラスチックを供給することを目指す。パラレジンジャパンには計13社・団体が参加した。同コンソーシアムは古紙や食物かすなどのセルロースを酵素糖化技術により分解した糖化物を栄養分としてミドリムシを培養する。環境負荷となる廃棄物を活用した非可食バイオマスプラスチックによる資源循環システムを構築する。同システムの構築に向け、3社は幹事企業として、パラレジンの製品化までの各ステップの規格化を行う。エプソンは古紙など廃棄物を糖化するプロセスを、ユーグレナはミドリムシの培養とパラミロンの抽出・精製のプロセスを規格化。NECはパラミロンを加工して複合材料化し、パラレジンを製品化・リサイクル化するプロセスを規格化する。政府は、2030年までにバイオマスプラチックを約200万トン導入する目標を掲げている。同日都内で開いた会見で、ユーグレナの出雲充社長は「できるだけ前倒しで達成できるように、ミドリムシの大量培養技術を核としてコンソーシアムに貢献していきたい」と述べた。写真は(左から)会見するユーグレナの出雲充 代表取締役社長、鈴木健吾 執行役員研究担当、セイコーエプソンの瀬木達明 取締役 常務執行役員 サステナビリティ推進室長、日本電気の津村聡一 システムプラットフォーム研究所 所長、東京大学大学院 岩田忠久 農学生命科学研究科 教授。=2021(令和3)年3月29日、東京都新宿区、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021040208899

  • 2021年03月29日
    パラレジンジャパン設立会見

    ユーグレナ、セイコーエプソン、NECは29日、東京大学の岩田忠久教授と共同で、バイオマスプラスチックの技術開発を行うコンソーシアム「パラレジンジャパン」を設立したと発表した。微細藻類「ミドリムシ」の特有成分であるパラミロンを使ったバイオマスプラスチックの一つ「パラレジン」の技術開発・普及を推進し、循環型経済の実現に寄与する。2030年に年間20万トン規模のバイオマスプラスチックを供給することを目指す。パラレジンジャパンには計13社・団体が参加した。同コンソーシアムは古紙や食物かすなどのセルロースを酵素糖化技術により分解した糖化物を栄養分としてミドリムシを培養する。環境負荷となる廃棄物を活用した非可食バイオマスプラスチックによる資源循環システムを構築する。同システムの構築に向け、3社は幹事企業として、パラレジンの製品化までの各ステップの規格化を行う。エプソンは古紙など廃棄物を糖化するプロセスを、ユーグレナはミドリムシの培養とパラミロンの抽出・精製のプロセスを規格化。NECはパラミロンを加工して複合材料化し、パラレジンを製品化・リサイクル化するプロセスを規格化する。政府は、2030年までにバイオマスプラチックを約200万トン導入する目標を掲げている。同日都内で開いた会見で、ユーグレナの出雲充社長は「できるだけ前倒しで達成できるように、ミドリムシの大量培養技術を核としてコンソーシアムに貢献していきたい」と述べた。写真は会見にて披露されたユーグレナ素材由来バイオマスプラスチック(パラレジン)を成形したサンプル。=2021(令和3)年3月29日、東京都新宿区、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021040208868

  • 2021年03月29日
    パラレジンジャパン設立会見

    ユーグレナ、セイコーエプソン、NECは29日、東京大学の岩田忠久教授と共同で、バイオマスプラスチックの技術開発を行うコンソーシアム「パラレジンジャパン」を設立したと発表した。微細藻類「ミドリムシ」の特有成分であるパラミロンを使ったバイオマスプラスチックの一つ「パラレジン」の技術開発・普及を推進し、循環型経済の実現に寄与する。2030年に年間20万トン規模のバイオマスプラスチックを供給することを目指す。パラレジンジャパンには計13社・団体が参加した。同コンソーシアムは古紙や食物かすなどのセルロースを酵素糖化技術により分解した糖化物を栄養分としてミドリムシを培養する。環境負荷となる廃棄物を活用した非可食バイオマスプラスチックによる資源循環システムを構築する。同システムの構築に向け、3社は幹事企業として、パラレジンの製品化までの各ステップの規格化を行う。エプソンは古紙など廃棄物を糖化するプロセスを、ユーグレナはミドリムシの培養とパラミロンの抽出・精製のプロセスを規格化。NECはパラミロンを加工して複合材料化し、パラレジンを製品化・リサイクル化するプロセスを規格化する。政府は、2030年までにバイオマスプラチックを約200万トン導入する目標を掲げている。同日都内で開いた会見で、ユーグレナの出雲充社長は「できるだけ前倒しで達成できるように、ミドリムシの大量培養技術を核としてコンソーシアムに貢献していきたい」と述べた。写真は会見にて披露されたユーグレナ素材由来バイオマスプラスチック(パラレジン)を成形したサンプル。=2021(令和3)年3月29日、東京都新宿区、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021040208882

  • 2021年03月29日
    パラレジンジャパン設立会見

    ユーグレナ、セイコーエプソン、NECは29日、東京大学の岩田忠久教授と共同で、バイオマスプラスチックの技術開発を行うコンソーシアム「パラレジンジャパン」を設立したと発表した。微細藻類「ミドリムシ」の特有成分であるパラミロンを使ったバイオマスプラスチックの一つ「パラレジン」の技術開発・普及を推進し、循環型経済の実現に寄与する。2030年に年間20万トン規模のバイオマスプラスチックを供給することを目指す。パラレジンジャパンには計13社・団体が参加した。同コンソーシアムは古紙や食物かすなどのセルロースを酵素糖化技術により分解した糖化物を栄養分としてミドリムシを培養する。環境負荷となる廃棄物を活用した非可食バイオマスプラスチックによる資源循環システムを構築する。同システムの構築に向け、3社は幹事企業として、パラレジンの製品化までの各ステップの規格化を行う。エプソンは古紙など廃棄物を糖化するプロセスを、ユーグレナはミドリムシの培養とパラミロンの抽出・精製のプロセスを規格化。NECはパラミロンを加工して複合材料化し、パラレジンを製品化・リサイクル化するプロセスを規格化する。政府は、2030年までにバイオマスプラチックを約200万トン導入する目標を掲げている。同日都内で開いた会見で、ユーグレナの出雲充社長は「できるだけ前倒しで達成できるように、ミドリムシの大量培養技術を核としてコンソーシアムに貢献していきたい」と述べた。写真は会見にて披露されたユーグレナ素材由来バイオマスプラスチック(パラレジン)を成形したサンプル。ヘリコプターの尾翼の部分がパラレジン。=2021(令和3)年3月29日、東京都新宿区、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021040208874

  • 2021年03月29日
    パラレジンジャパン設立会見

    ユーグレナ、セイコーエプソン、NECは29日、東京大学の岩田忠久教授と共同で、バイオマスプラスチックの技術開発を行うコンソーシアム「パラレジンジャパン」を設立したと発表した。微細藻類「ミドリムシ」の特有成分であるパラミロンを使ったバイオマスプラスチックの一つ「パラレジン」の技術開発・普及を推進し、循環型経済の実現に寄与する。2030年に年間20万トン規模のバイオマスプラスチックを供給することを目指す。パラレジンジャパンには計13社・団体が参加した。同コンソーシアムは古紙や食物かすなどのセルロースを酵素糖化技術により分解した糖化物を栄養分としてミドリムシを培養する。環境負荷となる廃棄物を活用した非可食バイオマスプラスチックによる資源循環システムを構築する。同システムの構築に向け、3社は幹事企業として、パラレジンの製品化までの各ステップの規格化を行う。エプソンは古紙など廃棄物を糖化するプロセスを、ユーグレナはミドリムシの培養とパラミロンの抽出・精製のプロセスを規格化。NECはパラミロンを加工して複合材料化し、パラレジンを製品化・リサイクル化するプロセスを規格化する。政府は、2030年までにバイオマスプラチックを約200万トン導入する目標を掲げている。同日都内で開いた会見で、ユーグレナの出雲充社長は「できるだけ前倒しで達成できるように、ミドリムシの大量培養技術を核としてコンソーシアムに貢献していきたい」と述べた。写真は会見にて披露されたユーグレナ素材由来バイオマスプラスチック(パラレジン)を成形したサンプル。=2021(令和3)年3月29日、東京都新宿区、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021040208869

  • 2021年03月29日
    パラレジンジャパン設立会見

    ユーグレナ、セイコーエプソン、NECは29日、東京大学の岩田忠久教授と共同で、バイオマスプラスチックの技術開発を行うコンソーシアム「パラレジンジャパン」を設立したと発表した。微細藻類「ミドリムシ」の特有成分であるパラミロンを使ったバイオマスプラスチックの一つ「パラレジン」の技術開発・普及を推進し、循環型経済の実現に寄与する。2030年に年間20万トン規模のバイオマスプラスチックを供給することを目指す。パラレジンジャパンには計13社・団体が参加した。同コンソーシアムは古紙や食物かすなどのセルロースを酵素糖化技術により分解した糖化物を栄養分としてミドリムシを培養する。環境負荷となる廃棄物を活用した非可食バイオマスプラスチックによる資源循環システムを構築する。同システムの構築に向け、3社は幹事企業として、パラレジンの製品化までの各ステップの規格化を行う。エプソンは古紙など廃棄物を糖化するプロセスを、ユーグレナはミドリムシの培養とパラミロンの抽出・精製のプロセスを規格化。NECはパラミロンを加工して複合材料化し、パラレジンを製品化・リサイクル化するプロセスを規格化する。政府は、2030年までにバイオマスプラチックを約200万トン導入する目標を掲げている。同日都内で開いた会見で、ユーグレナの出雲充社長は「できるだけ前倒しで達成できるように、ミドリムシの大量培養技術を核としてコンソーシアムに貢献していきたい」と述べた。写真は会見にて披露されたユーグレナ素材由来バイオマスプラスチック(パラレジン)を成形したサンプル。=2021(令和3)年3月29日、東京都新宿区、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021040208894

  • 2021年03月29日
    パラレジンジャパン設立会見

    ユーグレナ、セイコーエプソン、NECは29日、東京大学の岩田忠久教授と共同で、バイオマスプラスチックの技術開発を行うコンソーシアム「パラレジンジャパン」を設立したと発表した。微細藻類「ミドリムシ」の特有成分であるパラミロンを使ったバイオマスプラスチックの一つ「パラレジン」の技術開発・普及を推進し、循環型経済の実現に寄与する。2030年に年間20万トン規模のバイオマスプラスチックを供給することを目指す。パラレジンジャパンには計13社・団体が参加した。同コンソーシアムは古紙や食物かすなどのセルロースを酵素糖化技術により分解した糖化物を栄養分としてミドリムシを培養する。環境負荷となる廃棄物を活用した非可食バイオマスプラスチックによる資源循環システムを構築する。同システムの構築に向け、3社は幹事企業として、パラレジンの製品化までの各ステップの規格化を行う。エプソンは古紙など廃棄物を糖化するプロセスを、ユーグレナはミドリムシの培養とパラミロンの抽出・精製のプロセスを規格化。NECはパラミロンを加工して複合材料化し、パラレジンを製品化・リサイクル化するプロセスを規格化する。政府は、2030年までにバイオマスプラチックを約200万トン導入する目標を掲げている。同日都内で開いた会見で、ユーグレナの出雲充社長は「できるだけ前倒しで達成できるように、ミドリムシの大量培養技術を核としてコンソーシアムに貢献していきたい」と述べた。写真は会見にて披露されたユーグレナ素材由来バイオマスプラスチック(パラレジン)を成形したサンプル。=2021(令和3)年3月29日、東京都新宿区、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021040208870

  • 2021年05月11日
    X11 Shanghai‘s First Global Flagship Store Opens

    May 10, 2021, Shanghai, Shanghai, China: On May 10, 2021, Shanghai, customers select various trendy toys in X11 Shanghai‘s first global flagship store. In the shop, a bust of Bruce Lee with a price of over 20,000 yuan is extremely realistic, attracting many customers to watch. According to the clerk, the real statues in the store are not wax figures, but made of composite materials such as plastic. Not only are the skin textures close to real people, but the touch and elasticity of the skin are also close to real people... X11‘s first flagship store officially landed in Huaihai Middle Road business district on May 1, with over 2000 square meters of double-storey single-family fashion space gathering 8000+ fashion fun, 6-meter-high Tongtian shelves, 15-meter blind box walls and other breakthrough scenes. , It can be regarded as the best in the fashion industry. On the opening day, it attracted 50,000 people to check in. (Credit Image: © SIPA Asia via ZUMA Wire)、クレジット:©SIPA Asia via ZUMA Wire/共同通信イメージズ ※C...

    商品コード: 2021051107722

  • 2021年06月01日
    Art college in Halle offers experiments in the laboratory

    01 June 2021, Saxony-Anhalt, Halle: Caterina Plenzik, a student at the Burg Giebichenstein School of Art, shows an exhibit made of composite material developed from the shells of crustaceans. New materials are being researched in the laboratory of the art academy. (to dpa “Halle Art Academy breaks new ground with laboratory training“) Photo: Sebastian Willnow/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062206876

  • 2021年06月01日
    Art college in Halle offers experiments in the laboratory

    01 June 2021, Saxony-Anhalt, Halle: Max Greiner, a student at the Burg Giebichenstein School of Art, shows an exhibit made of composite material developed from the shells of crustaceans. New materials are being researched in the laboratory of the art academy. (to dpa “Kunsthochschule Halle breaks new ground with laboratory training“) Photo: Sebastian Willnow/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062206878

  • 2021年06月01日
    Art college in Halle offers experiments in the laboratory

    01 June 2021, Saxony-Anhalt, Halle: Max Greiner and Caterina Plenzik, students at the Burg Giebichenstein School of Art, show exhibits made of composite material developed from the shells of crustaceans. New materials are being researched in the laboratory of the art academy. (to dpa “Kunsthochschule Halle goes new ways with laboratory training“) Photo: Sebastian Willnow/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062206882

  • 2021年07月05日
    NASA Developing New Deployable Structures And Materials Technologies For Solar Sail Propulsion Systems

    July 5, 2021: NASA is developing new deployable structures and materials technologies for solar sail propulsion systems destined for future low-cost deep space missions, the agency reported 23 June 2021. Just as a sailboat is powered by wind in a sail, solar sails employ the pressure of sunlight for propulsion, eliminating the need for conventional rocket propellant. NASAââ¬â¢s Advanced Composite Solar Sail System, or ACS3, mission uses composite materials - or a combination of materials with different properties, in its novel, lightweight booms that deploy from a CubeSat. Data obtained from the ACS3 mission will guide the design of future larger-scale composite solar sail systems that could be used for space weather early warning satellites, near-Earth asteroid reconnaissance missions, or communications relays for crewed exploration missions. ..Interest in solar sailing as an alternative to chemical and electric propulsion systems continues to increase. Using sunlight to propel small spacecraft in lieu o...

    商品コード: 2021070702807

  • 2021年07月05日
    NASA Developing New Deployable Structures And Materials Technologies For Solar Sail Propulsion Systems

    July 5, 2021: NASA is developing new deployable structures and materials technologies for solar sail propulsion systems destined for future low-cost deep space missions, the agency reported 23 June 2021. Just as a sailboat is powered by wind in a sail, solar sails employ the pressure of sunlight for propulsion, eliminating the need for conventional rocket propellant. NASAââ¬â¢s Advanced Composite Solar Sail System, or ACS3, mission uses composite materials - or a combination of materials with different properties, in its novel, lightweight booms that deploy from a CubeSat. Data obtained from the ACS3 mission will guide the design of future larger-scale composite solar sail systems that could be used for space weather early warning satellites, near-Earth asteroid reconnaissance missions, or communications relays for crewed exploration missions. ..Interest in solar sailing as an alternative to chemical and electric propulsion systems continues to increase. Using sunlight to propel small spacecraft in lieu o...

    商品コード: 2021070702872

  • 2021年07月05日
    NASA Developing New Deployable Structures And Materials Technologies For Solar Sail Propulsion Systems

    July 5, 2021: NASA is developing new deployable structures and materials technologies for solar sail propulsion systems destined for future low-cost deep space missions, the agency reported 23 June 2021. Just as a sailboat is powered by wind in a sail, solar sails employ the pressure of sunlight for propulsion, eliminating the need for conventional rocket propellant. NASAââ¬â¢s Advanced Composite Solar Sail System, or ACS3, mission uses composite materials - or a combination of materials with different properties, in its novel, lightweight booms that deploy from a CubeSat. Data obtained from the ACS3 mission will guide the design of future larger-scale composite solar sail systems that could be used for space weather early warning satellites, near-Earth asteroid reconnaissance missions, or communications relays for crewed exploration missions. ..Interest in solar sailing as an alternative to chemical and electric propulsion systems continues to increase. Using sunlight to propel small spacecraft in lieu o...

    商品コード: 2021070702906

  • 2021年07月13日
    (1)蘇州高新区でイノベーションウイークプロジェクトも多数調印

    11日、蘇州高新区で開幕した科学技術イノベーションウイーク。中国長江デルタ地域で日系企業が多く集まる蘇州ハイテク産業開発区(蘇州高新区)で11日、科学技術イノベーションウイークが開幕した。会場では、蘇州大学衛生・環境研究所など六つの主要科学技術プラットフォームや成層圏飛行船科学技術事業など10の科学技術人材プロジェクト、アルミニウム・炭化ケイ素複合材料産業化事業など10の科学技術産業化プロジェクトが調印された。高新区内企業8社と研究機関プラットフォーム間の科学技術協力重要プロジェクトも締結された。(蘇州=新華社配信/高宣)= 配信日: 2021(令和3)年7月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021071403900

  • 2021年07月13日
    (2)蘇州高新区でイノベーションウイークプロジェクトも多数調印

    11日、蘇州高新区科学技術イノベーションウイーク会場で開かれた科学技術人材事業の調印式。中国長江デルタ地域で日系企業が多く集まる蘇州ハイテク産業開発区(蘇州高新区)で11日、科学技術イノベーションウイークが開幕した。会場では、蘇州大学衛生・環境研究所など六つの主要科学技術プラットフォームや成層圏飛行船科学技術事業など10の科学技術人材プロジェクト、アルミニウム・炭化ケイ素複合材料産業化事業など10の科学技術産業化プロジェクトが調印された。高新区内企業8社と研究機関プラットフォーム間の科学技術協力重要プロジェクトも締結された。(蘇州=新華社配信/高宣)= 配信日: 2021(令和3)年7月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021071403653

  • 00:49.38
    2021年08月13日
    「新華社」3D印刷で作った風変わりな歩行者橋、上海にお目見え

    中国上海市にこのほど、3D印刷技術を使って作った国内初の転開式歩行者橋がお目見えした。万年輪と名付けられた橋は宝山区にある。長さ9・34メートル、幅1・5メートル、高さ1・1メートルで、重さはわずか850キロ。9段階に折り畳むことができ、橋の側面は36枚の三角パネル、床面は17枚の四角パネルで構成されている。橋の展開は携帯電話のブルートゥース接続で操作する。携帯電話の画面でボタンを押すと、わずか1分で人が渡れるようになる。一度に20人まで通行可能で、重量自動警報システムが搭載されている。橋は中国が独自開発した一体成型機で作られており、わずか3日で全てのパネルが完成した。材料にはドイツのコベストロ(Covestro)社のポリカーボネート(PC)樹脂「マクロロン」とさまざまなポリマー材料を混合したPC複合材料が使われた。(記者/賈遠琨、許東遠、黄安琪) =配信日: 2021(令和3)年8月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021081304734

  • 2021年10月06日
    (2)北京航空航天大学の無人機、世界記録を樹立学部生が開発

    離陸する無人機「馮如3号-100型」。(資料写真)中国の北京航空航天大学は、同校の青年科学研究チームが開発した無人機の航続時間記録がこのほど、国際航空連盟(FAI)に世界記録として正式に認められたと明らかにした。無人機の名称は「馮如3号-100型」。80時間46分35秒の連続飛行を実現し、固定翼燃料動力無人機(重量無差別級)の航続時間記録のトップになった。同大学の関係者によると、今回記録を更新したチームは、平均年齢20歳以下の学部生25名で構成されている。無人機は翼幅約10メートルで、潜水艦型の機体は炭素繊維複合材料(カーボンファイバー)で作られている。(北京=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年10月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021100704845

  • 2021年11月24日
    China Manufacturing Industry

    A worker produces export products at a new materials workshop in Lianyungang City, East China‘s Jiangsu Province, November 24, 2021. The company produces ultra high molecular weight polyethylene fiber and composite materials, products are mainly sold to the United States, Canada, Korea, Japan and other European and Asian countries.=2021(令和3)年11月24日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021112602140

  • 2021年11月24日
    China Manufacturing Industry

    A worker produces export products at a new materials workshop in Lianyungang City, East China‘s Jiangsu Province, November 24, 2021. The company produces ultra high molecular weight polyethylene fiber and composite materials, products are mainly sold to the United States, Canada, Korea, Japan and other European and Asian countries.=2021(令和3)年11月24日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021112602157

  • 2021年11月24日
    China Manufacturing Industry

    A worker produces export products at a new materials workshop in Lianyungang City, East China‘s Jiangsu Province, November 24, 2021. The company produces ultra high molecular weight polyethylene fiber and composite materials, products are mainly sold to the United States, Canada, Korea, Japan and other European and Asian countries.=2021(令和3)年11月24日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021112602211

  • 2021年11月24日
    China Manufacturing Industry

    A worker produces export products at a new materials workshop in Lianyungang City, East China‘s Jiangsu Province, November 24, 2021. The company produces ultra high molecular weight polyethylene fiber and composite materials, products are mainly sold to the United States, Canada, Korea, Japan and other European and Asian countries.=2021(令和3)年11月24日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021112602206

  • 2021年11月24日
    China Manufacturing Industry

    A worker produces export products at a new materials workshop in Lianyungang City, East China‘s Jiangsu Province, November 24, 2021. The company produces ultra high molecular weight polyethylene fiber and composite materials, products are mainly sold to the United States, Canada, Korea, Japan and other European and Asian countries.=2021(令和3)年11月24日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021112602135

  • 2021年11月24日
    China Manufacturing Industry

    A worker produces export products at a new materials workshop in Lianyungang City, East China‘s Jiangsu Province, November 24, 2021. The company produces ultra high molecular weight polyethylene fiber and composite materials, products are mainly sold to the United States, Canada, Korea, Japan and other European and Asian countries.=2021(令和3)年11月24日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021112602028

  • 2021年11月24日
    China Manufacturing Industry

    A worker produces export products at a new materials workshop in Lianyungang City, East China‘s Jiangsu Province, November 24, 2021. The company produces ultra high molecular weight polyethylene fiber and composite materials, products are mainly sold to the United States, Canada, Korea, Japan and other European and Asian countries.=2021(令和3)年11月24日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021112602197

  • 2021年11月24日
    China Manufacturing Industry

    A worker produces export products at a new materials workshop in Lianyungang City, East China‘s Jiangsu Province, November 24, 2021. The company produces ultra high molecular weight polyethylene fiber and composite materials, products are mainly sold to the United States, Canada, Korea, Japan and other European and Asian countries.=2021(令和3)年11月24日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021112601874

  • 2021年11月24日
    China Manufacturing Industry

    A worker produces export products at a new materials workshop in Lianyungang City, East China‘s Jiangsu Province, November 24, 2021. The company produces ultra high molecular weight polyethylene fiber and composite materials, products are mainly sold to the United States, Canada, Korea, Japan and other European and Asian countries.=2021(令和3)年11月24日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021112602062

  • 2021年11月24日
    China Manufacturing Industry

    A worker produces export products at a new materials workshop in Lianyungang City, East China‘s Jiangsu Province, November 24, 2021. The company produces ultra high molecular weight polyethylene fiber and composite materials, products are mainly sold to the United States, Canada, Korea, Japan and other European and Asian countries.=2021(令和3)年11月24日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021112602201

  • 2021年11月24日
    China Manufacturing Industry

    A worker produces export products at a new materials workshop in Lianyungang City, East China‘s Jiangsu Province, November 24, 2021. The company produces ultra high molecular weight polyethylene fiber and composite materials, products are mainly sold to the United States, Canada, Korea, Japan and other European and Asian countries.=2021(令和3)年11月24日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021112602138

  • 2021年11月24日
    China Manufacturing Industry

    A worker produces export products at a new materials workshop in Lianyungang City, East China‘s Jiangsu Province, November 24, 2021. The company produces ultra high molecular weight polyethylene fiber and composite materials, products are mainly sold to the United States, Canada, Korea, Japan and other European and Asian countries.=2021(令和3)年11月24日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021112602064

  • 2021年11月24日
    China Manufacturing Industry

    A worker produces export products at a new materials workshop in Lianyungang City, East China‘s Jiangsu Province, November 24, 2021. The company produces ultra high molecular weight polyethylene fiber and composite materials, products are mainly sold to the United States, Canada, Korea, Japan and other European and Asian countries.=2021(令和3)年11月24日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021112602161

  • 2021年11月24日
    China Manufacturing Industry

    A worker produces export products at a new materials workshop in Lianyungang City, East China‘s Jiangsu Province, November 24, 2021. The company produces ultra high molecular weight polyethylene fiber and composite materials, products are mainly sold to the United States, Canada, Korea, Japan and other European and Asian countries.=2021(令和3)年11月24日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021112602217

  • 2021年11月24日
    China Manufacturing Industry

    A worker produces export products at a new materials workshop in Lianyungang City, East China‘s Jiangsu Province, November 24, 2021. The company produces ultra high molecular weight polyethylene fiber and composite materials, products are mainly sold to the United States, Canada, Korea, Japan and other European and Asian countries.=2021(令和3)年11月24日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021112602146

  • 2021年11月24日
    China Manufacturing Industry

    A worker produces export products at a new materials workshop in Lianyungang City, East China‘s Jiangsu Province, November 24, 2021. The company produces ultra high molecular weight polyethylene fiber and composite materials, products are mainly sold to the United States, Canada, Korea, Japan and other European and Asian countries.=2021(令和3)年11月24日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021112602097

  • 2021年11月24日
    China Manufacturing Industry

    A worker produces export products at a new materials workshop in Lianyungang City, East China‘s Jiangsu Province, November 24, 2021. The company produces ultra high molecular weight polyethylene fiber and composite materials, products are mainly sold to the United States, Canada, Korea, Japan and other European and Asian countries.=2021(令和3)年11月24日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021112601950

  • 2021年11月24日
    China Manufacturing Industry

    A worker produces export products at a new materials workshop in Lianyungang City, East China‘s Jiangsu Province, November 24, 2021. The company produces ultra high molecular weight polyethylene fiber and composite materials, products are mainly sold to the United States, Canada, Korea, Japan and other European and Asian countries.=2021(令和3)年11月24日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021112602003

  • 2021年11月24日
    China Manufacturing Industry

    A worker produces export products at a new materials workshop in Lianyungang City, East China‘s Jiangsu Province, November 24, 2021. The company produces ultra high molecular weight polyethylene fiber and composite materials, products are mainly sold to the United States, Canada, Korea, Japan and other European and Asian countries.=2021(令和3)年11月24日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021112602136

  • 2021年11月24日
    China Manufacturing Industry

    A worker produces export products at a new materials workshop in Lianyungang City, East China‘s Jiangsu Province, November 24, 2021. The company produces ultra high molecular weight polyethylene fiber and composite materials, products are mainly sold to the United States, Canada, Korea, Japan and other European and Asian countries.=2021(令和3)年11月24日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021112602125

  • 2021年12月31日
    (2)アルミセラミック複合新材料産業の発展を推進安徽省

    23日、淮北市にあるアルミセラミック複合材料を用いた自動車部品の工場で働く従業員。アルミセラミック複合新材料は、自動車産業、航空宇宙産業などの分野での利用が可能で、高剛性、高強度、耐疲労性、低熱膨張、耐熱性といった特徴を備えているため、幅広い応用が期待されている。中国安徽省淮北(わいほく)市は近年、科学研究部門と協力して産業発展のための特別基金を設立。資金調達支援、プロジェクト実施、研究開発の奨励、人材導入などの面からアルミセラミック複合新材料産業を支援することで、同産業チェーンの迅速な発展を後押ししている。(淮北=新華社配信/万善朝)= 配信日: 2021(令和3)年12月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021123104914

  • 2021年12月31日
    (6)アルミセラミック複合新材料産業の発展を推進安徽省

    23日、淮北市にあるアルミセラミック複合材料を用いた自動車部品の工場で働く従業員。アルミセラミック複合新材料は、自動車産業、航空宇宙産業などの分野での利用が可能で、高剛性、高強度、耐疲労性、低熱膨張、耐熱性といった特徴を備えているため、幅広い応用が期待されている。中国安徽省淮北(わいほく)市は近年、科学研究部門と協力して産業発展のための特別基金を設立。資金調達支援、プロジェクト実施、研究開発の奨励、人材導入などの面からアルミセラミック複合新材料産業を支援することで、同産業チェーンの迅速な発展を後押ししている。(淮北=新華社配信/万善朝)= 配信日: 2021(令和3)年12月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021123104924

  • 2021年12月31日
    (4)アルミセラミック複合新材料産業の発展を推進安徽省

    23日、淮北市にあるアルミセラミック複合材料を用いた自動車部品の工場で働く従業員。アルミセラミック複合新材料は、自動車産業、航空宇宙産業などの分野での利用が可能で、高剛性、高強度、耐疲労性、低熱膨張、耐熱性といった特徴を備えているため、幅広い応用が期待されている。中国安徽省淮北(わいほく)市は近年、科学研究部門と協力して産業発展のための特別基金を設立。資金調達支援、プロジェクト実施、研究開発の奨励、人材導入などの面からアルミセラミック複合新材料産業を支援することで、同産業チェーンの迅速な発展を後押ししている。(淮北=新華社配信/万善朝)= 配信日: 2021(令和3)年12月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021123104922

  • 2021年12月31日
    (3)アルミセラミック複合新材料産業の発展を推進安徽省

    23日、淮北市にあるアルミセラミック複合材料を用いた自動車部品の工場で働く従業員。アルミセラミック複合新材料は、自動車産業、航空宇宙産業などの分野での利用が可能で、高剛性、高強度、耐疲労性、低熱膨張、耐熱性といった特徴を備えているため、幅広い応用が期待されている。中国安徽省淮北(わいほく)市は近年、科学研究部門と協力して産業発展のための特別基金を設立。資金調達支援、プロジェクト実施、研究開発の奨励、人材導入などの面からアルミセラミック複合新材料産業を支援することで、同産業チェーンの迅速な発展を後押ししている。(淮北=新華社配信/万善朝)= 配信日: 2021(令和3)年12月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021123104921

  • 2021年12月31日
    (1)アルミセラミック複合新材料産業の発展を推進安徽省

    23日、淮北市にあるアルミセラミック複合材料を用いた自動車部品の工場で働く従業員。アルミセラミック複合新材料は、自動車産業、航空宇宙産業などの分野での利用が可能で、高剛性、高強度、耐疲労性、低熱膨張、耐熱性といった特徴を備えているため、幅広い応用が期待されている。中国安徽省淮北(わいほく)市は近年、科学研究部門と協力して産業発展のための特別基金を設立。資金調達支援、プロジェクト実施、研究開発の奨励、人材導入などの面からアルミセラミック複合新材料産業を支援することで、同産業チェーンの迅速な発展を後押ししている。(淮北=新華社配信/万善朝)= 配信日: 2021(令和3)年12月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021123104915

  • 2021年12月31日
    (5)アルミセラミック複合新材料産業の発展を推進安徽省

    23日、淮北市にあるアルミセラミック複合材料を用いた自動車部品の生産ライン。アルミセラミック複合新材料は、自動車産業、航空宇宙産業などの分野での利用が可能で、高剛性、高強度、耐疲労性、低熱膨張、耐熱性といった特徴を備えているため、幅広い応用が期待されている。中国安徽省淮北(わいほく)市は近年、科学研究部門と協力して産業発展のための特別基金を設立。資金調達支援、プロジェクト実施、研究開発の奨励、人材導入などの面からアルミセラミック複合新材料産業を支援することで、同産業チェーンの迅速な発展を後押ししている。(淮北=新華社配信/万善朝)= 配信日: 2021(令和3)年12月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021123104923

  • 2022年03月11日
    EXCLUSIVE - Actor Simon Licht

    11 March 2022, Berlin: TV actor Simon Licht at a photo shoot in his neighborhood in Mitte. He now builds environmentally friendly boats and has produced the world‘s first recyclable Optimist class boat with his Khulula project. It is made of flax fibers and recycled composite materials. This Sunday at 8:15 p.m., the actor can be seen in the ZDF “Herzkino“ film “Inga Lindström: Beloved Enemy.“ Photo: Jens Kalaene/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022032505206

  • 2022年03月11日
    EXCLUSIVE - Actor Simon Licht

    11 March 2022, Berlin: TV actor Simon Licht at a photo shoot in his neighborhood in Mitte. He now builds environmentally friendly boats and has produced the world‘s first recyclable Optimist class boat with his Khulula project. It is made of flax fibers and recycled composite materials. This Sunday at 8:15 p.m., the actor can be seen in the ZDF “Herzkino“ film “Inga Lindström: Beloved Enemy.“ Photo: Jens Kalaene/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022032505220

  • 2022年03月11日
    EXCLUSIVE - Actor Simon Licht

    11 March 2022, Berlin: TV actor Simon Licht at a photo shoot in his neighborhood in Mitte. He now builds environmentally friendly boats and has produced the world‘s first recyclable Optimist class boat with his Khulula project. It‘s made of flax fiber and recycled composite materials. This Sunday at 8:15 p.m., the actor can be seen in the ZDF “Herzkino“ film “Inga Lindström: Beloved Enemy.“ Photo: Jens Kalaene/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022032505271

  • 2022年03月11日
    EXCLUSIVE - Actor Simon Licht

    11 March 2022, Berlin: TV actor Simon Licht at a photo shoot in his neighborhood in Mitte. He now builds environmentally friendly boats and has produced the world‘s first recyclable Optimist class boat with his Khulula project. It‘s made of flax fiber and recycled composite materials. This Sunday at 8:15 p.m., the actor can be seen in the ZDF “Herzkino“ film “Inga Lindström: Beloved Enemy.“ Photo: Jens Kalaene/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022032505226

  • 2022年03月11日
    EXCLUSIVE - Actor Simon Licht

    11 March 2022, Berlin: TV actor Simon Licht at a photo shoot in his neighborhood in Mitte. He now builds environmentally friendly boats and has produced the world‘s first recyclable Optimist class boat with his Khulula project. It is made of flax fibers and recycled composite materials. This Sunday at 8:15 p.m., the actor can be seen in the ZDF “Herzkino“ film “Inga Lindström: Beloved Enemy.“ Photo: Jens Kalaene/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022032505221

  • 2022年03月23日
    Actor light builds environmentally friendly boats

    23 March 2022, Berlin: TV actor Simon Licht at a photo session at the Verein Seglerhaus am Wannsee. He now builds environmentally friendly boats and has produced the world‘s first recyclable Optimist class boat with his Khulula project. It is made of flax fibers and recycled composite materials. This Sunday at 8:15 p.m., the actor can be seen in the ZDF “Herzkino“ film “Inga Lindström: Beloved Enemy.“ Photo: Jens Kalaene/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022032504309

  • 2022年03月23日
    EXCLUSIVE - Actor Simon Licht

    23 March 2022, Berlin: TV actor Simon Licht (r) and his business partner Holger Ambroselli at a photo session at the Verein Seglerhaus am Wannsee. He now builds environmentally friendly boats and has produced the world‘s first recyclable Optimist class boat with his Khulula project. It is made of flax fibers and recycled composite materials. This Sunday at 8:15 p.m., the actor can be seen in the ZDF “Herzkino“ film “Inga Lindström: Beloved Enemy.“ Photo: Jens Kalaene/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022032505228

  • 2022年03月23日
    EXCLUSIVE - Actor Simon Licht

    23 March 2022, Berlin: TV actor Simon Licht at a photo session at the Verein Seglerhaus am Wannsee. He now builds environmentally friendly boats and has produced the world‘s first recyclable Optimist class boat with his Khulula project. It is made of flax fibers and recycled composite materials. This Sunday at 8:15 p.m., the actor can be seen in the ZDF “Herzkino“ film “Inga Lindström: Beloved Enemy.“ Photo: Jens Kalaene/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022032505217

  • 2022年03月23日
    EXCLUSIVE - Actor Simon Licht

    23 March 2022, Berlin: TV actor Simon Licht at a photo session at the Verein Seglerhaus. on Wannsee. He now builds environmentally friendly boats and has produced the world‘s first recyclable Optimist class boat with his Khulula project. It is made of flax fibers and recycled composite materials. This Sunday at 8:15 p.m., the actor can be seen in the ZDF “Herzkino“ film “Inga Lindström: Beloved Enemy.“ Photo: Jens Kalaene/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022032505223

  • 2022年03月23日
    Actor light builds environmentally friendly boats

    23 March 2022, Berlin: TV actor Simon Licht at a photo session at the Verein Seglerhaus am Wannsee. He now builds environmentally friendly boats and has produced the world‘s first recyclable Optimist class boat with his Khulula project. It is made of flax fibers and recycled composite materials. This Sunday at 8:15 p.m., the actor can be seen in the ZDF “Herzkino“ film “Inga Lindström: Beloved Enemy.“ Photo: Jens Kalaene/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022032504300

  • 2022年03月23日
    EXCLUSIVE - Actor Simon Licht

    23 March 2022, Berlin: TV actor Simon Licht at a photo session at the Verein Seglerhaus am Wannsee. He now builds environmentally friendly boats and has produced the world‘s first recyclable Optimist class boat with his Khulula project. It is made of flax fibers and recycled composite materials. This Sunday at 8:15 p.m., the actor can be seen in the ZDF “Herzkino“ film “Inga Lindström: Beloved Enemy.“ Photo: Jens Kalaene/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022032505213

  • 2022年03月23日
    EXCLUSIVE - Actor Simon Licht

    23 March 2022, Berlin: TV actor Simon Licht (l) and his business partner Holger Ambroselli at a photo session at the Verein Seglerhaus am Wannsee. He now builds environmentally friendly boats and has produced the world‘s first recyclable Optimist class boat with his Khulula project. It is made of flax fibers and recycled composite materials. This Sunday at 8:15 p.m., the actor can be seen in the ZDF “Herzkino“ film “Inga Lindström: Beloved Enemy.“ Photo: Jens Kalaene/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022032505216

  • 2022年03月23日
    Actor light builds environmentally friendly boats

    23 March 2022, Berlin: TV actor Simon Licht at a photo session at the Verein Seglerhaus am Wannsee. He now builds environmentally friendly boats and has produced the world‘s first recyclable Optimist class boat with his Khulula project. It is made of flax fibers and recycled composite materials. This Sunday at 8:15 p.m., the actor can be seen in the ZDF “Herzkino“ film “Inga Lindström: Beloved Enemy.“ Photo: Jens Kalaene/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022032504268

  • 2022年03月23日
    Actor light builds environmentally friendly boats

    23 March 2022, Berlin: TV actor Simon Licht at a photo session at the Verein Seglerhaus am Wannsee. He now builds environmentally friendly boats and has produced the world‘s first recyclable Optimist class boat with his Khulula project. It is made of flax fibers and recycled composite materials. This Sunday at 8:15 p.m., the actor can be seen in the ZDF “Herzkino“ film “Inga Lindström: Beloved Enemy.“ Photo: Jens Kalaene/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022032504324

  • 2022年03月23日
    EXCLUSIVE - Actor Simon Licht

    23 March 2022, Berlin: TV actor Simon Licht at a photo session at the Verein Seglerhaus am Wannsee. He now builds environmentally friendly boats and has produced the world‘s first recyclable Optimist class boat with his Khulula project. It is made of flax fibers and recycled composite materials. This Sunday at 8:15 p.m., the actor can be seen in the ZDF “Herzkino“ film “Inga Lindström: Beloved Enemy.“ Photo: Jens Kalaene/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022032505262

  • 2022年03月23日
    EXCLUSIVE - Actor Simon Licht

    23 March 2022, Berlin: TV actor Simon Licht (l) and his business partner Holger Ambroselli at a photo session at the Verein Seglerhaus am Wannsee. He now builds environmentally friendly boats and has produced the world‘s first recyclable Optimist class boat with his Khulula project. It is made of flax fibers and recycled composite materials. This Sunday at 8:15 p.m., the actor can be seen in the ZDF “Herzkino“ film “Inga Lindström: Beloved Enemy.“ Photo: Jens Kalaene/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022032505209

  • 2022年03月23日
    EXCLUSIVE - Actor Simon Licht

    23 March 2022, Berlin: TV actor Simon Licht at a photo session at the Verein Seglerhaus. on Wannsee. He now builds environmentally friendly boats and has produced the world‘s first recyclable Optimist class boat with his Khulula project. It is made of flax fibers and recycled composite materials. This Sunday at 8:15 p.m., the actor can be seen in the ZDF “Herzkino“ film “Inga Lindström: Beloved Enemy.“ Photo: Jens Kalaene/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022032505219

  • 2022年03月23日
    EXCLUSIVE - Actor Simon Licht

    23 March 2022, Berlin: TV actor Simon Licht at a photo session at the Verein Seglerhaus am Wannsee. He now builds environmentally friendly boats and has produced the world‘s first recyclable Optimist class boat with his Khulula project. It is made of flax fibers and recycled composite materials. This Sunday at 8:15 p.m., the actor can be seen in the ZDF “Herzkino“ film “Inga Lindström: Beloved Enemy.“ Photo: Jens Kalaene/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022032505225

  • 2022年03月23日
    EXCLUSIVE - Actor Simon Licht

    23 March 2022, Berlin: TV actor Simon Licht at a photo session at the Verein Seglerhaus am Wannsee. He now builds environmentally friendly boats and has produced the world‘s first recyclable Optimist class boat with his Khulula project. It is made of flax fibers and recycled composite materials. This Sunday at 8:15 p.m., the actor can be seen in the ZDF “Herzkino“ film “Inga Lindström: Beloved Enemy.“ Photo: Jens Kalaene/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022032505211

  • 2022年03月23日
    EXCLUSIVE - Actor Simon Licht

    23 March 2022, Berlin: TV actor Simon Licht at a photo session at the Verein Seglerhaus am Wannsee. He now builds environmentally friendly boats and has produced the world‘s first recyclable Optimist class boat with his Khulula project. It is made of flax fibers and recycled composite materials. This Sunday at 8:15 p.m., the actor can be seen in the ZDF “Herzkino“ film “Inga Lindström: Beloved Enemy.“ Photo: Jens Kalaene/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022032505214

  • 2022年03月23日
    Actor light builds environmentally friendly boats

    23 March 2022, Berlin: TV actor Simon Licht at a photo session at the Verein Seglerhaus am Wannsee. He now builds environmentally friendly boats and has produced the world‘s first recyclable Optimist class boat with his Khulula project. It is made of flax fibers and recycled composite materials. This Sunday at 8:15 p.m., the actor can be seen in the ZDF “Herzkino“ film “Inga Lindström: Beloved Enemy.“ Photo: Jens Kalaene/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022032504333

  • 2022年03月23日
    EXCLUSIVE - Actor Simon Licht

    23 March 2022, Berlin: TV actor Simon Licht at a photo session at the Verein Seglerhaus. on Wannsee. He now builds environmentally friendly boats and has produced the world‘s first recyclable Optimist class boat with his Khulula project. It is made of flax fibers and recycled composite materials. This Sunday at 8:15 p.m., the actor can be seen in the ZDF “Herzkino“ film “Inga Lindström: Beloved Enemy.“ Photo: Jens Kalaene/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022032505265

  • 2022年03月23日
    EXCLUSIVE - Actor Simon Licht

    23 March 2022, Berlin: TV actor Simon Licht at a photo session at the Verein Seglerhaus am Wannsee. He now builds environmentally friendly boats and has produced the world‘s first recyclable Optimist class boat with his Khulula project. It is made of flax fibers and recycled composite materials. This Sunday at 8:15 p.m., the actor can be seen in the ZDF “Herzkino“ film “Inga Lindström: Beloved Enemy.“ Photo: Jens Kalaene/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022032505274

  • 2022年05月25日
    Opening building of the Fraunhofer IAP

    25 May 2022, Brandenburg, Wildau: A work of art made of lightweight and composite materials can be seen in the new laboratory and office building of the Fraunhofer Institute for Applied Polymer Research, which opened on the same day. With the new laboratory and office building and a floor space of around 2,700 square meters, the Fraunhofer Institute is concentrating its entire lightweight construction expertise in Wildau. The research area Polymer Materials and Composites PYCO focuses on the development of energy-efficient and sustainable lightweight systems and materials that are designed to meet the high demands of aerospace technology, energy technology and vehicle construction. Photo: Patrick Pleul/dpa、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022052601060

  • 1