KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • じょうよう
  • 風景
  • 令和
  • 平成
  • 景観
  • 記者
  • 到着
  • 観光客
  • 帰国
  • 景色

「襄陽」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
245
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
245
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2009年10月17日
    三国志の舞台、荊州古城を訪ねて湖北省荊州市

    荊州古城の城壁の下で体を鍛える市民。(2009年10月17日撮影)中国湖北省荊州(けいしゅう)市の荊州城は江陵城とも呼ばれ、戦国時代の紀元前278年に秦(しん)が楚の都、郢(えい)を落とし、同地に江陵県を設置したことから、県城としての名が付いた。三国時代、劉備が益州(現在の四川省)を領有すると、軍師の諸葛亮(孔明)は荊州を関羽に預けた。関羽はその後、荊州北部の樊城(はんじょう)と襄陽(じょうよう)の曹操軍を攻撃するが、呉の孫権に隙をつかれ本拠地の荊州城と荊州の大部分を失い、自らも捕らえられ斬首された。現存する荊州古城のレンガの城壁は明代末から清代初めに築かれたもので、全体は不規則な長方形をしている。面積は4・5平方キロメートルで城壁の長さは10・5キロ。城内には土を固めた「版築(はんちく)」城壁も残り、レンガ城壁の周囲は濠に囲まれている。荊州古城は、中国でも古代の城壁が比較的よく保存されている数少ない古城の一つで、長江中流で都市を囲む城壁が唯一完全に残る場所として国内外での知名度も高い。「三国志演義」の物語が広く伝わったことから、荊州城は「三国」観光の重要な名所となっており、市内に残る30余りの「三国志」ゆかりの地や文化観光スポットを目当てに多くの観光客が訪れている。(荊州=新華社記者/肖芸九)=2009(平成21)年10月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062401747

  • 2011年03月26日
    三国志の舞台、荊州古城を訪ねて湖北省荊州市

    濠に囲まれた荊州古城。(2011年3月26日撮影)中国湖北省荊州(けいしゅう)市の荊州城は江陵城とも呼ばれ、戦国時代の紀元前278年に秦(しん)が楚の都、郢(えい)を落とし、同地に江陵県を設置したことから、県城としての名が付いた。三国時代、劉備が益州(現在の四川省)を領有すると、軍師の諸葛亮(孔明)は荊州を関羽に預けた。関羽はその後、荊州北部の樊城(はんじょう)と襄陽(じょうよう)の曹操軍を攻撃するが、呉の孫権に隙をつかれ本拠地の荊州城と荊州の大部分を失い、自らも捕らえられ斬首された。現存する荊州古城のレンガの城壁は明代末から清代初めに築かれたもので、全体は不規則な長方形をしている。面積は4・5平方キロメートルで城壁の長さは10・5キロ。城内には土を固めた「版築(はんちく)」城壁も残り、レンガ城壁の周囲は濠に囲まれている。荊州古城は、中国でも古代の城壁が比較的よく保存されている数少ない古城の一つで、長江中流で都市を囲む城壁が唯一完全に残る場所として国内外での知名度も高い。「三国志演義」の物語が広く伝わったことから、荊州城は「三国」観光の重要な名所となっており、市内に残る30余りの「三国志」ゆかりの地や文化観光スポットを目当てに多くの観光客が訪れている。(荊州=新華社記者/肖芸九)=2011(平成23)年3月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062401857

  • 2011年03月26日
    三国志の舞台、荊州古城を訪ねて湖北省荊州市

    濠に囲まれた荊州古城。(2011年3月26日撮影)中国湖北省荊州(けいしゅう)市の荊州城は江陵城とも呼ばれ、戦国時代の紀元前278年に秦(しん)が楚の都、郢(えい)を落とし、同地に江陵県を設置したことから、県城としての名が付いた。三国時代、劉備が益州(現在の四川省)を領有すると、軍師の諸葛亮(孔明)は荊州を関羽に預けた。関羽はその後、荊州北部の樊城(はんじょう)と襄陽(じょうよう)の曹操軍を攻撃するが、呉の孫権に隙をつかれ本拠地の荊州城と荊州の大部分を失い、自らも捕らえられ斬首された。現存する荊州古城のレンガの城壁は明代末から清代初めに築かれたもので、全体は不規則な長方形をしている。面積は4・5平方キロメートルで城壁の長さは10・5キロ。城内には土を固めた「版築(はんちく)」城壁も残り、レンガ城壁の周囲は濠に囲まれている。荊州古城は、中国でも古代の城壁が比較的よく保存されている数少ない古城の一つで、長江中流で都市を囲む城壁が唯一完全に残る場所として国内外での知名度も高い。「三国志演義」の物語が広く伝わったことから、荊州城は「三国」観光の重要な名所となっており、市内に残る30余りの「三国志」ゆかりの地や文化観光スポットを目当てに多くの観光客が訪れている。(荊州=新華社記者/肖芸九)=2011(平成23)年3月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062401760

  • 2011年04月04日
    三国志の舞台、荊州古城を訪ねて湖北省荊州市

    荊州古城の城壁。(2011年4月4日撮影)中国湖北省荊州(けいしゅう)市の荊州城は江陵城とも呼ばれ、戦国時代の紀元前278年に秦(しん)が楚の都、郢(えい)を落とし、同地に江陵県を設置したことから、県城としての名が付いた。三国時代、劉備が益州(現在の四川省)を領有すると、軍師の諸葛亮(孔明)は荊州を関羽に預けた。関羽はその後、荊州北部の樊城(はんじょう)と襄陽(じょうよう)の曹操軍を攻撃するが、呉の孫権に隙をつかれ本拠地の荊州城と荊州の大部分を失い、自らも捕らえられ斬首された。現存する荊州古城のレンガの城壁は明代末から清代初めに築かれたもので、全体は不規則な長方形をしている。面積は4・5平方キロメートルで城壁の長さは10・5キロ。城内には土を固めた「版築(はんちく)」城壁も残り、レンガ城壁の周囲は濠に囲まれている。荊州古城は、中国でも古代の城壁が比較的よく保存されている数少ない古城の一つで、長江中流で都市を囲む城壁が唯一完全に残る場所として国内外での知名度も高い。「三国志演義」の物語が広く伝わったことから、荊州城は「三国」観光の重要な名所となっており、市内に残る30余りの「三国志」ゆかりの地や文化観光スポットを目当てに多くの観光客が訪れている。(荊州=新華社記者/肖芸九)=2011(平成23)年4月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062401820

  • 2011年04月04日
    三国志の舞台、荊州古城を訪ねて湖北省荊州市

    荊州古城の城壁。(2011年4月4日撮影)中国湖北省荊州(けいしゅう)市の荊州城は江陵城とも呼ばれ、戦国時代の紀元前278年に秦(しん)が楚の都、郢(えい)を落とし、同地に江陵県を設置したことから、県城としての名が付いた。三国時代、劉備が益州(現在の四川省)を領有すると、軍師の諸葛亮(孔明)は荊州を関羽に預けた。関羽はその後、荊州北部の樊城(はんじょう)と襄陽(じょうよう)の曹操軍を攻撃するが、呉の孫権に隙をつかれ本拠地の荊州城と荊州の大部分を失い、自らも捕らえられ斬首された。現存する荊州古城のレンガの城壁は明代末から清代初めに築かれたもので、全体は不規則な長方形をしている。面積は4・5平方キロメートルで城壁の長さは10・5キロ。城内には土を固めた「版築(はんちく)」城壁も残り、レンガ城壁の周囲は濠に囲まれている。荊州古城は、中国でも古代の城壁が比較的よく保存されている数少ない古城の一つで、長江中流で都市を囲む城壁が唯一完全に残る場所として国内外での知名度も高い。「三国志演義」の物語が広く伝わったことから、荊州城は「三国」観光の重要な名所となっており、市内に残る30余りの「三国志」ゆかりの地や文化観光スポットを目当てに多くの観光客が訪れている。(荊州=新華社記者/肖芸九)=2011(平成23)年4月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062401826

  • 2011年04月04日
    三国志の舞台、荊州古城を訪ねて湖北省荊州市

    荊州古城の城壁。(2011年4月4日撮影)中国湖北省荊州(けいしゅう)市の荊州城は江陵城とも呼ばれ、戦国時代の紀元前278年に秦(しん)が楚の都、郢(えい)を落とし、同地に江陵県を設置したことから、県城としての名が付いた。三国時代、劉備が益州(現在の四川省)を領有すると、軍師の諸葛亮(孔明)は荊州を関羽に預けた。関羽はその後、荊州北部の樊城(はんじょう)と襄陽(じょうよう)の曹操軍を攻撃するが、呉の孫権に隙をつかれ本拠地の荊州城と荊州の大部分を失い、自らも捕らえられ斬首された。現存する荊州古城のレンガの城壁は明代末から清代初めに築かれたもので、全体は不規則な長方形をしている。面積は4・5平方キロメートルで城壁の長さは10・5キロ。城内には土を固めた「版築(はんちく)」城壁も残り、レンガ城壁の周囲は濠に囲まれている。荊州古城は、中国でも古代の城壁が比較的よく保存されている数少ない古城の一つで、長江中流で都市を囲む城壁が唯一完全に残る場所として国内外での知名度も高い。「三国志演義」の物語が広く伝わったことから、荊州城は「三国」観光の重要な名所となっており、市内に残る30余りの「三国志」ゆかりの地や文化観光スポットを目当てに多くの観光客が訪れている。(荊州=新華社記者/肖芸九)=2011(平成23)年4月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062401859

  • 2011年04月04日
    三国志の舞台、荊州古城を訪ねて湖北省荊州市

    荊州古城の城壁。(2011年4月4日撮影)中国湖北省荊州(けいしゅう)市の荊州城は江陵城とも呼ばれ、戦国時代の紀元前278年に秦(しん)が楚の都、郢(えい)を落とし、同地に江陵県を設置したことから、県城としての名が付いた。三国時代、劉備が益州(現在の四川省)を領有すると、軍師の諸葛亮(孔明)は荊州を関羽に預けた。関羽はその後、荊州北部の樊城(はんじょう)と襄陽(じょうよう)の曹操軍を攻撃するが、呉の孫権に隙をつかれ本拠地の荊州城と荊州の大部分を失い、自らも捕らえられ斬首された。現存する荊州古城のレンガの城壁は明代末から清代初めに築かれたもので、全体は不規則な長方形をしている。面積は4・5平方キロメートルで城壁の長さは10・5キロ。城内には土を固めた「版築(はんちく)」城壁も残り、レンガ城壁の周囲は濠に囲まれている。荊州古城は、中国でも古代の城壁が比較的よく保存されている数少ない古城の一つで、長江中流で都市を囲む城壁が唯一完全に残る場所として国内外での知名度も高い。「三国志演義」の物語が広く伝わったことから、荊州城は「三国」観光の重要な名所となっており、市内に残る30余りの「三国志」ゆかりの地や文化観光スポットを目当てに多くの観光客が訪れている。(荊州=新華社記者/肖芸九)=2011(平成23)年4月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062401753

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2012年07月08日
    三国志ゆかりの襄陽城を行く湖北省襄陽市

    湖北省襄陽市にある襄陽城の臨漢門。(2012年7月8日撮影)中国湖北省襄陽(じょうよう)市にある襄陽城は、長江の最大の支流、漢江中流の南岸に位置し、前漢時代の紀元前201年に建築が始められ、2千年以上の歴史を持つ。三方が水に囲まれ、一方は山に面しており、防御が容易で攻略は難しい。三国志では蜀漢の武将、関羽(かん・う)が曹魏の軍隊が守る同城に攻め入ったことで有名。襄陽は後漢末に劉表が荊州牧として本拠地を置いてから、歴代王朝を通じて地域の政治的中心であり続けた。最初期の土造りの城は軍事的要衝として唐代まで使用され、宋代にはれんが造りの城として再建された。襄陽城は守りの堅さから歴代の兵家(中国の諸子百家の一つ。戦略や戦闘方法、兵器の使用、軍事上のタブーなどを研究した)が重視した。=2012(平成24)年7月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062624977

  • 2012年07月08日
    三国志「三顧の礼」の舞台となった古隆中を訪ねて湖北省襄陽市

    「古隆中」と刻まれた牌坊(はいぼう)をカメラに収める観光客。(2012年7月8日撮影)中国湖北省襄陽(じょうよう)市から西へ13キロ離れたところにある古隆中(こりゅうちゅう)は、三国時代の蜀漢の傑出した政治家・軍師・発明家・文学家、諸葛亮(しょかつ·りょう)が青年時代(17-27歳)、10年余り住んでいた場所だとされている。諸葛亮はここで劉備に有名な「天下三分の計」(諸葛亮が劉備に勧めた戦略案)を説いたという。(襄陽=新華社記者/肖芸九)=2012(平成24)年7月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062401821

  • 2012年07月08日
    三国志「三顧の礼」の舞台となった古隆中を訪ねて湖北省襄陽市

    「古隆中」と刻まれた牌坊(はいぼう)の裏側。(2012年7月8日撮影)中国湖北省襄陽(じょうよう)市から西へ13キロ離れたところにある古隆中(こりゅうちゅう)は、三国時代の蜀漢の傑出した政治家・軍師・発明家・文学家、諸葛亮(しょかつ·りょう)が青年時代(17-27歳)、10年余り住んでいた場所だとされている。諸葛亮はここで劉備に有名な「天下三分の計」(諸葛亮が劉備に勧めた戦略案)を説いたという。(襄陽=新華社記者/肖芸九)=2012(平成24)年7月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062401835

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2012年07月08日
    三国志ゆかりの襄陽城を行く湖北省襄陽市

    湖北省襄陽市にある襄陽城。(2012年7月8日撮影)中国湖北省襄陽(じょうよう)市にある襄陽城は、長江の最大の支流、漢江中流の南岸に位置し、前漢時代の紀元前201年に建築が始められ、2千年以上の歴史を持つ。三方が水に囲まれ、一方は山に面しており、防御が容易で攻略は難しい。三国志では蜀漢の武将、関羽(かん・う)が曹魏の軍隊が守る同城に攻め入ったことで有名。襄陽は後漢末に劉表が荊州牧として本拠地を置いてから、歴代王朝を通じて地域の政治的中心であり続けた。最初期の土造りの城は軍事的要衝として唐代まで使用され、宋代にはれんが造りの城として再建された。襄陽城は守りの堅さから歴代の兵家(中国の諸子百家の一つ。戦略や戦闘方法、兵器の使用、軍事上のタブーなどを研究した)が重視した。=2012(平成24)年7月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062624907

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2012年07月08日
    三国志ゆかりの襄陽城を行く湖北省襄陽市

    湖北省襄陽市にある襄陽城の城壁。(2012年7月8日撮影)中国湖北省襄陽(じょうよう)市にある襄陽城は、長江の最大の支流、漢江中流の南岸に位置し、前漢時代の紀元前201年に建築が始められ、2千年以上の歴史を持つ。三方が水に囲まれ、一方は山に面しており、防御が容易で攻略は難しい。三国志では蜀漢の武将、関羽(かん・う)が曹魏の軍隊が守る同城に攻め入ったことで有名。襄陽は後漢末に劉表が荊州牧として本拠地を置いてから、歴代王朝を通じて地域の政治的中心であり続けた。最初期の土造りの城は軍事的要衝として唐代まで使用され、宋代にはれんが造りの城として再建された。襄陽城は守りの堅さから歴代の兵家(中国の諸子百家の一つ。戦略や戦闘方法、兵器の使用、軍事上のタブーなどを研究した)が重視した。襄陽城は全長7322メー=2012(平成24)年7月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062625002

  • 2012年07月08日
    三国志「三顧の礼」の舞台となった古隆中を訪ねて湖北省襄陽市

    古隆中にある「躬耕隴畝(きゅうこうろうほ、自ら畑を耕す)」と刻まれた石碑。(2012年7月8日撮影)中国湖北省襄陽(じょうよう)市から西へ13キロ離れたところにある古隆中(こりゅうちゅう)は、三国時代の蜀漢の傑出した政治家・軍師・発明家・文学家、諸葛亮(しょかつ·りょう)が青年時代(17-27歳)、10年余り住んでいた場所だとされている。諸葛亮はここで劉備に有名な「天下三分の計」(諸葛亮が劉備に勧めた戦略案)を説いたという。(襄陽=新華社記者/肖芸九)=2012(平成24)年7月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062401773

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2012年07月08日
    三国志ゆかりの襄陽城を行く湖北省襄陽市

    湖北省襄陽市にある襄陽城。(2012年7月8日撮影)中国湖北省襄陽(じょうよう)市にある襄陽城は、長江の最大の支流、漢江中流の南岸に位置し、前漢時代の紀元前201年に建築が始められ、2千年以上の歴史を持つ。三方が水に囲まれ、一方は山に面しており、防御が容易で攻略は難しい。三国志では蜀漢の武将、関羽(かん・う)が曹魏の軍隊が守る同城に攻め入ったことで有名。襄陽は後漢末に劉表が荊州牧として本拠地を置いてから、歴代王朝を通じて地域の政治的中心であり続けた。最初期の土造りの城は軍事的要衝として唐代まで使用され、宋代にはれんが造りの城として再建された。襄陽城は守りの堅さから歴代の兵家(中国の諸子百家の一つ。戦略や戦闘方法、兵器の使用、軍事上のタブーなどを研究した)が重視した。=2012(平成24)年7月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062624938

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2012年07月08日
    三国志ゆかりの襄陽城を行く湖北省襄陽市

    湖北省襄陽市にある襄陽城の城壁。(2012年7月8日撮影)中国湖北省襄陽(じょうよう)市にある襄陽城は、長江の最大の支流、漢江中流の南岸に位置し、前漢時代の紀元前201年に建築が始められ、2千年以上の歴史を持つ。三方が水に囲まれ、一方は山に面しており、防御が容易で攻略は難しい。三国志では蜀漢の武将、関羽(かん・う)が曹魏の軍隊が守る同城に攻め入ったことで有名。襄陽は後漢末に劉表が荊州牧として本拠地を置いてから、歴代王朝を通じて地域の政治的中心であり続けた。最初期の土造りの城は軍事的要衝として唐代まで使用され、宋代にはれんが造りの城として再建された。襄陽城は守りの堅さから歴代の兵家(中国の諸子百家の一つ。戦略や戦闘方法、兵器の使用、軍事上のタブーなどを研究した)が重視した。襄陽城は全長7322メート=2012(平成24)年7月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062625194

  • 2012年07月08日
    三国志「三顧の礼」の舞台となった古隆中を訪ねて湖北省襄陽市

    「古隆中」と刻まれた牌坊(はいぼう)。(2012年7月8日撮影)中国湖北省襄陽(じょうよう)市から西へ13キロ離れたところにある古隆中(こりゅうちゅう)は、三国時代の蜀漢の傑出した政治家・軍師・発明家・文学家、諸葛亮(しょかつ·りょう)が青年時代(17-27歳)、10年余り住んでいた場所だとされている。諸葛亮はここで劉備に有名な「天下三分の計」(諸葛亮が劉備に勧めた戦略案)を説いたという。(襄陽=新華社記者/肖芸九)=2012(平成24)年7月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062401797

  • 2013年04月13日
    三国志の舞台、荊州古城を訪ねて湖北省荊州市

    荊州古城の東門「寅賓門」と城楼「賓陽楼」。(2013年4月13日撮影)中国湖北省荊州(けいしゅう)市の荊州城は江陵城とも呼ばれ、戦国時代の紀元前278年に秦(しん)が楚の都、郢(えい)を落とし、同地に江陵県を設置したことから、県城としての名が付いた。三国時代、劉備が益州(現在の四川省)を領有すると、軍師の諸葛亮(孔明)は荊州を関羽に預けた。関羽はその後、荊州北部の樊城(はんじょう)と襄陽(じょうよう)の曹操軍を攻撃するが、呉の孫権に隙をつかれ本拠地の荊州城と荊州の大部分を失い、自らも捕らえられ斬首された。現存する荊州古城のレンガの城壁は明代末から清代初めに築かれたもので、全体は不規則な長方形をしている。面積は4・5平方キロメートルで城壁の長さは10・5キロ。城内には土を固めた「版築(はんちく)」城壁も残り、レンガ城壁の周囲は濠に囲まれている。荊州古城は、中国でも古代の城壁が比較的よく保存されている数少ない古城の一つで、長江中流で都市を囲む城壁が唯一完全に残る場所として国内外での知名度も高い。「三国志演義」の物語が広く伝わったことから、荊州城は「三国」観光の重要な名所となっており、市内に残る30余りの「三国志」ゆかりの地や文化観光スポットを目当てに多くの観光客が訪れている。(荊州=新華社配信/黄志剛)=2013(平成25)年4月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062401809

  • 2013年05月19日
    三国志の舞台、荊州古城を訪ねて湖北省荊州市

    荊州古城の東門「寅賓門」と城楼「賓陽楼」。(資料写真)中国湖北省荊州(けいしゅう)市の荊州城は江陵城とも呼ばれ、戦国時代の紀元前278年に秦(しん)が楚の都、郢(えい)を落とし、同地に江陵県を設置したことから、県城としての名が付いた。三国時代、劉備が益州(現在の四川省)を領有すると、軍師の諸葛亮(孔明)は荊州を関羽に預けた。関羽はその後、荊州北部の樊城(はんじょう)と襄陽(じょうよう)の曹操軍を攻撃するが、呉の孫権に隙をつかれ本拠地の荊州城と荊州の大部分を失い、自らも捕らえられ斬首された。現存する荊州古城のレンガの城壁は明代末から清代初めに築かれたもので、全体は不規則な長方形をしている。面積は4・5平方キロメートルで城壁の長さは10・5キロ。城内には土を固めた「版築(はんちく)」城壁も残り、レンガ城壁の周囲は濠に囲まれている。荊州古城は、中国でも古代の城壁が比較的よく保存されている数少ない古城の一つで、長江中流で都市を囲む城壁が唯一完全に残る場所として国内外での知名度も高い。「三国志演義」の物語が広く伝わったことから、荊州城は「三国」観光の重要な名所となっており、市内に残る30余りの「三国志」ゆかりの地や文化観光スポットを目当てに多くの観光客が訪れている。(荊州=新華社配信)=2013(平成25)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062401817

  • 2014年12月28日
    三国志の舞台、荊州古城を訪ねて湖北省荊州市

    荊州古城の東門「寅賓門」と城楼「賓陽楼」。(資料写真)中国湖北省荊州(けいしゅう)市の荊州城は江陵城とも呼ばれ、戦国時代の紀元前278年に秦(しん)が楚の都、郢(えい)を落とし、同地に江陵県を設置したことから、県城としての名が付いた。三国時代、劉備が益州(現在の四川省)を領有すると、軍師の諸葛亮(孔明)は荊州を関羽に預けた。関羽はその後、荊州北部の樊城(はんじょう)と襄陽(じょうよう)の曹操軍を攻撃するが、呉の孫権に隙をつかれ本拠地の荊州城と荊州の大部分を失い、自らも捕らえられ斬首された。現存する荊州古城のレンガの城壁は明代末から清代初めに築かれたもので、全体は不規則な長方形をしている。面積は4・5平方キロメートルで城壁の長さは10・5キロ。城内には土を固めた「版築(はんちく)」城壁も残り、レンガ城壁の周囲は濠に囲まれている。荊州古城は、中国でも古代の城壁が比較的よく保存されている数少ない古城の一つで、長江中流で都市を囲む城壁が唯一完全に残る場所として国内外での知名度も高い。「三国志演義」の物語が広く伝わったことから、荊州城は「三国」観光の重要な名所となっており、市内に残る30余りの「三国志」ゆかりの地や文化観光スポットを目当てに多くの観光客が訪れている。(荊州=新華社配信)=2014(平成26)年12月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070100778

  • 2015年01月28日
    三国志「三顧の礼」の舞台となった古隆中を訪ねて湖北省襄陽市

    雪景色の中で咲く古隆中の梅の花。(資料写真)中国湖北省襄陽(じょうよう)市から西へ13キロ離れたところにある古隆中(こりゅうちゅう)は、三国時代の蜀漢の傑出した政治家・軍師・発明家・文学家、諸葛亮(しょかつ·りょう)が青年時代(17-27歳)、10年余り住んでいた場所だとされている。諸葛亮はここで劉備に有名な「天下三分の計」(諸葛亮が劉備に勧めた戦略案)を説いたという。(襄陽=新華社配信/塗玉国)=2015(平成27)年1月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062401832

  • 2015年01月28日
    三国志「三顧の礼」の舞台となった古隆中を訪ねて湖北省襄陽市

    雪に覆われた古隆中の三顧堂。(資料写真)中国湖北省襄陽(じょうよう)市から西へ13キロ離れたところにある古隆中(こりゅうちゅう)は、三国時代の蜀漢の傑出した政治家・軍師・発明家・文学家、諸葛亮(しょかつ·りょう)が青年時代(17-27歳)、10年余り住んでいた場所だとされている。諸葛亮はここで劉備に有名な「天下三分の計」(諸葛亮が劉備に勧めた戦略案)を説いたという。(襄陽=新華社配信/塗玉国)=2015(平成27)年1月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062401741

  • 2015年10月30日
    談笑する女性 働き手減り、政策転換

    中国湖北省襄陽で、孫の面倒をみながら談笑する女性ら=2008年7月(ロイター=共同)

    商品コード: 2015103000467

  • 2016年01月31日
    三国志の舞台、荊州古城を訪ねて湖北省荊州市

    雪化粧した荊州古城の東門「寅賓門」と城楼「賓陽楼」。(2016年1月31日撮影)中国湖北省荊州(けいしゅう)市の荊州城は江陵城とも呼ばれ、戦国時代の紀元前278年に秦(しん)が楚の都、郢(えい)を落とし、同地に江陵県を設置したことから、県城としての名が付いた。三国時代、劉備が益州(現在の四川省)を領有すると、軍師の諸葛亮(孔明)は荊州を関羽に預けた。関羽はその後、荊州北部の樊城(はんじょう)と襄陽(じょうよう)の曹操軍を攻撃するが、呉の孫権に隙をつかれ本拠地の荊州城と荊州の大部分を失い、自らも捕らえられ斬首された。現存する荊州古城のレンガの城壁は明代末から清代初めに築かれたもので、全体は不規則な長方形をしている。面積は4・5平方キロメートルで城壁の長さは10・5キロ。城内には土を固めた「版築(はんちく)」城壁も残り、レンガ城壁の周囲は濠に囲まれている。荊州古城は、中国でも古代の城壁が比較的よく保存されている数少ない古城の一つで、長江中流で都市を囲む城壁が唯一完全に残る場所として国内外での知名度も高い。「三国志演義」の物語が広く伝わったことから、荊州城は「三国」観光の重要な名所となっており、市内に残る30余りの「三国志」ゆかりの地や文化観光スポットを目当てに多くの観光客が訪れている。(荊州=新華社配信/黄志剛)=2016(平成28)年1月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062401842

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2017年06月10日
    三国志ゆかりの襄陽城を行く湖北省襄陽市

    湖北省襄陽市にある襄陽城の臨漢門。(2017年6月10日撮影)中国湖北省襄陽(じょうよう)市にある襄陽城は、長江の最大の支流、漢江中流の南岸に位置し、前漢時代の紀元前201年に建築が始められ、2千年以上の歴史を持つ。三方が水に囲まれ、一方は山に面しており、防御が容易で攻略は難しい。三国志では蜀漢の武将、関羽(かん・う)が曹魏の軍隊が守る同城に攻め入ったことで有名。襄陽は後漢末に劉表が荊州牧として本拠地を置いてから、歴代王朝を通じて地域の政治的中心であり続けた。最初期の土造りの城は軍事的要衝として唐代まで使用され、宋代にはれんが造りの城として再建された。襄陽城は守りの堅さから歴代の兵家(中国の諸子百家の一つ。戦略や戦闘方法、兵器の使用、軍事上のタブーなどを研究した)が重視した。襄陽城は全長7322メートルで、城壁上部には4千余りの垛堞(城壁の上にある凹凸のある小さな壁)が設置され、城壁の周囲の堀は最も広い場所で250メートルある。保存状態の良い十大古城の一つに数えられている。(襄陽=新華社配信/塗玉国)=2017(平成29)年6月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062625069

  • 2017年07月13日
    三国志の舞台、荊州古城を訪ねて湖北省荊州市

    荊州古城の北門の一つ、大北門(拱極門)の朝宗楼。(2017年7月13日撮影)中国湖北省荊州(けいしゅう)市の荊州城は江陵城とも呼ばれ、戦国時代の紀元前278年に秦(しん)が楚の都、郢(えい)を落とし、同地に江陵県を設置したことから、県城としての名が付いた。三国時代、劉備が益州(現在の四川省)を領有すると、軍師の諸葛亮(孔明)は荊州を関羽に預けた。関羽はその後、荊州北部の樊城(はんじょう)と襄陽(じょうよう)の曹操軍を攻撃するが、呉の孫権に隙をつかれ本拠地の荊州城と荊州の大部分を失い、自らも捕らえられ斬首された。現存する荊州古城のレンガの城壁は明代末から清代初めに築かれたもので、全体は不規則な長方形をしている。面積は4・5平方キロメートルで城壁の長さは10・5キロ。城内には土を固めた「版築(はんちく)」城壁も残り、レンガ城壁の周囲は濠に囲まれている。荊州古城は、中国でも古代の城壁が比較的よく保存されている数少ない古城の一つで、長江中流で都市を囲む城壁が唯一完全に残る場所として国内外での知名度も高い。「三国志演義」の物語が広く伝わったことから、荊州城は「三国」観光の重要な名所となっており、市内に残る30余りの「三国志」ゆかりの地や文化観光スポットを目当てに多くの観光客が訪れている。(荊州=新華社配信/黄志剛)=2017(平成29)年7月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062401793

  • 2018年02月01日
    空港の北朝鮮選手団 北朝鮮全選手が韓国入り

    平昌冬季五輪に出場するため韓国東部、襄陽の空港に到着した北朝鮮選手団(中央)=1日(共同)

    商品コード: 2018020101102

  • 2018年02月01日
    マイク向けられる選手団長 北朝鮮全選手が韓国入り

    平昌冬季五輪に出場するため韓国東部、襄陽の空港に到着し、マイクを向けられる北朝鮮選手団長の元吉友体育次官(中央)=1日(共同)

    商品コード: 2018020101112

  • 2018年02月01日
    移動する北朝鮮選手団 宣伝と説得、南北駆け引き

    平昌冬季五輪に出場するため韓国東部の襄陽空港に到着し、私服の警備関係者に囲まれながら移動する北朝鮮選手団(中央)=1日(共同)

    商品コード: 2018020101128

  • 2018年02月01日
    韓国入りした元団長ら 宣伝と説得、南北駆け引き

    平昌冬季五輪に出場するため韓国東部の襄陽空港に到着した北朝鮮選手団。手前左は団長の元吉友体育次官=1日(共同)

    商品コード: 2018020101132

  • 03:10.02
    2018年02月04日
    日本選手団本隊が韓国到着 平昌五輪へ小平ら

    平昌冬季五輪に出場する日本選手団の本隊が4日、韓国東部の襄陽空港にチャーター機で到着した。金メダル候補で主将を務めるスピードスケート女子の小平奈緒(31)(相沢病院)らが決戦の地に入り、9日の開幕に向けて熱気が高まってきた。 〈映像内容〉襄陽空港に続々と到着した小平奈緒選手、坂本花織選手や加藤条治選手などの様子。到着直後の空港での囲み取材(小平奈緒、加藤条治)、撮影日:2018(平成30)年2月4日、午後3時から撮影、撮影場所:韓国東部・襄陽空港

    商品コード: 2018020600053

  • 2018年02月04日
    手を振る小平奈緒 平昌五輪へ小平ら韓国入り

    韓国東部の襄陽空港に到着し、待ち受けた報道陣に手を振る日本選手団の小平奈緒主将=4日(共同)

    商品コード: 2018020400106

  • 2018年02月04日
    取材に応じる小平奈緒 平昌五輪へ小平ら韓国入り

    韓国東部の襄陽空港に到着し、取材に応じる日本選手団の小平奈緒主将=4日(共同)

    商品コード: 2018020400107

  • 2018年02月04日
    質問に答える小平奈緒 平昌五輪へ小平ら韓国入り

    韓国東部の襄陽空港に到着し、報道陣の質問に答える日本選手団の小平奈緒主将(右)=4日(共同)

    商品コード: 2018020400108

  • 2018年02月04日
    到着した小平、斎藤団長ら 平昌五輪へ小平ら韓国入り

    平昌冬季五輪に参加するため韓国東部の襄陽空港に到着し、長嶺安政駐韓大使(右端)から渡された、日本人学校の児童の寄せ書き入りの日の丸を広げる日本選手団の(左から)伊東秀仁総監督、斎藤泰雄団長、小平奈緒主将=4日(共同)

    商品コード: 2018020400120

  • 2018年02月04日
    日の丸手にする小平ら 平昌五輪へ小平ら韓国入り

    平昌冬季五輪に参加するため韓国東部の襄陽空港に到着し、長嶺安政駐韓大使(右端)から渡された、日本人学校の児童の寄せ書き入りの日の丸を広げる日本選手団の(左から)伊東秀仁総監督、斎藤泰雄団長、小平奈緒主将=4日(共同)

    商品コード: 2018020400185

  • 2018年02月04日
    到着した高木美帆 日本選手団が韓国入り

    韓国東部の襄陽空港に到着したスピードスケート女子の高木美帆=4日(共同)

    商品コード: 2018020400199

  • 2018年02月04日
    到着の高木美帆 平昌五輪へ小平ら韓国入り

    韓国東部の襄陽空港に到着したスピードスケート女子の高木美帆=4日(共同)

    商品コード: 2018020400200

  • 2018年02月04日
    質問に答える高木美帆 平昌五輪へ小平ら韓国入り

    韓国東部の襄陽空港に到着し、報道陣の質問に答えるスピードスケートの高木美帆=4日(共同)

    商品コード: 2018020400220

  • 2018年02月04日
    マスコットと高木美帆 平昌五輪へ小平ら韓国入り

    韓国東部の襄陽空港に到着し、平昌冬季五輪の大会マスコットの前でポーズをとるスピードスケートの高木美帆=4日(共同)

    商品コード: 2018020400221

  • 2018年02月04日
    高木美帆が韓国入り 平昌五輪へ小平ら韓国入り

    韓国東部の襄陽空港に到着したスピードスケートの高木美帆(右)=4日(共同)

    商品コード: 2018020400225

  • 2018年02月04日
    空港に到着した坂本 日本選手団本隊が平昌入り

    韓国東部の襄陽空港に到着したフィギュアスケートの坂本花織=4日(共同)

    商品コード: 2018020400227

  • 2018年02月04日
    到着した加藤条治 日本選手団本隊が平昌入り

    韓国東部の襄陽空港に到着したスピードスケートの加藤条治=4日(共同)

    商品コード: 2018020400228

  • 2018年02月04日
    空港に到着の坂本花織 日本選手団本隊が平昌入り

    韓国東部の襄陽空港に到着したフィギュアスケートの坂本花織=4日(共同)

    商品コード: 2018020400229

  • 2018年02月04日
    取材に応じる坂本花織 日本選手団本隊が平昌入り

    韓国東部の襄陽空港に到着し、報道陣の質問に答えるフィギュアスケートの坂本花織=4日(共同)

    商品コード: 2018020400235

  • 2018年02月04日
    到着した坂爪亮介 日本選手団本隊が平昌入り

    韓国東部の襄陽空港に到着したショートトラックの坂爪亮介=4日(共同)

    商品コード: 2018020400236

  • 2018年02月04日
    到着した小平と高木 日本選手団本隊が平昌入り

    韓国東部の襄陽空港に到着したスピードスケートの小平奈緒(左)と高木美帆=4日(共同)

    商品コード: 2018020400243

  • 2018年02月04日
    韓国到着の小平と高木 小平、高木美ら勝負の地へ

    韓国東部の襄陽空港に到着したスピードスケートの小平奈緒(左)と高木美帆=4日(共同)

    商品コード: 2018020400244

  • 2018年02月04日
    笑顔見せる坂本花織 日本選手団本隊が平昌入り

    平昌冬季五輪に出場するため韓国東部の襄陽空港に到着し、取材に応じ笑顔を見せる坂本花織=4日(共同)

    商品コード: 2018020400246

  • 2018年02月04日
    質問に答える堀島行真 日本選手団本隊が平昌到着

    韓国東部の襄陽空港に到着し、報道陣の質問に答えるフリースタイルスキーの堀島行真=4日(共同)

    商品コード: 2018020400261

  • 2018年02月04日
    空港に到着した郷亜里砂ら 日本選手団本隊が平昌到着

    韓国東部の襄陽空港に到着したスピードスケートの郷亜里砂。左は佐藤綾乃=4日(共同)

    商品コード: 2018020400267

  • 2018年02月04日
    報道陣に囲まれる高木美帆 日本選手団本隊が平昌到着

    韓国東部の襄陽空港に到着し、報道陣の取材を受けるスピードスケートの高木美帆(中央上)=4日(共同)

    商品コード: 2018020400268

  • 2018年02月04日
    報道陣の質問に答える鬼塚 日本選手団本隊が平昌到着

    韓国東部の襄陽空港に到着し、報道陣の質問に答えるスノーボードの鬼塚雅=4日(共同)

    商品コード: 2018020400269

  • 2018年02月04日
    到着したIHの大沢ちほ 日本選手団本隊が平昌到着

    韓国東部の襄陽空港に到着したアイスホッケー女子主将の大沢ちほ=4日(共同)

    商品コード: 2018020400279

  • 2018年02月04日
    到着し笑顔の高木美と小平 日本選手団本隊が平昌到着

    韓国東部の襄陽空港に到着したスピードスケートの小平奈緒(左)と高木美帆=4日(共同)

    商品コード: 2018020400290

  • 2018年02月04日
    到着した長谷川翼 日本選手団本隊が平昌到着

    韓国東部の襄陽空港に到着したスピードスケートの長谷川翼=4日(共同)

    商品コード: 2018020400295

  • 2018年02月09日
    襄陽空港に到着した首相 首相「慰安婦合意履行を」

    韓国東部の襄陽空港に到着した安倍首相=9日(共同)

    商品コード: 2018020900504

  • 2018年02月09日
    安倍首相が韓国到着 首相「慰安婦合意履行を」

    韓国東部の襄陽空港に到着した安倍首相(右端)=9日(共同)

    商品コード: 2018020900505

  • 2018年02月09日
    空港に到着した首相 首相「慰安婦合意履行を」

    韓国東部の襄陽空港に到着した安倍首相=9日(代表撮影・共同)

    商品コード: 2018020900508

  • 2018年02月10日
    安倍首相 安倍首相が帰国の途

    一連の日程を終え、韓国東部の襄陽空港から帰国の途に就く安倍首相=10日(共同)

    商品コード: 2018021000648

  • 2018年02月26日
    出発を待つ竹内智香選手 日本選手団が帰国へ

    韓国東部の襄陽空港で帰国便の出発を待つスノーボードの竹内智香選手=26日(共同)

    商品コード: 2018022600063

  • 2018年02月26日
    空港に到着した羽生 日本選手団が帰国へ

    帰国のため韓国東部の襄陽空港に到着したフィギュアスケートの羽生結弦選手=26日(共同)

    商品コード: 2018022600094

  • 2018年02月26日
    空港到着の鬼塚雅ら 日本選手団が帰国へ

    帰国のため韓国東部の襄陽空港に到着したスノーボードの鬼塚雅選手(右)ら=26日(共同)

    商品コード: 2018022600089

  • 2018年02月26日
    帰国の途に就く羽生 日本選手団が帰国へ

    帰国のため韓国東部の襄陽空港に到着したフィギュアスケートの羽生結弦選手=26日(共同)

    商品コード: 2018022600099

  • 2018年02月26日
    空港に到着した小平ら 日本選手団が帰国へ

    帰国のため韓国東部の襄陽空港に到着したスピードスケートの小平奈緒選手ら=26日(共同)

    商品コード: 2018022600102

  • 2018年02月26日
    空港に到着したの宮原知子 日本選手団が帰国へ

    帰国のため韓国東部の襄陽空港に到着したフィギュアスケートの宮原知子選手=26日(共同)

    商品コード: 2018022600106

  • 2018年02月26日
    空港に到着した小平、郷ら 日本選手団が帰国へ

    帰国のため韓国東部の襄陽空港に到着したスピードスケートの小平奈緒選手(手前左)、郷亜里砂選手(同右)ら=26日(共同)

    商品コード: 2018022600110

  • 2018年02月26日
    空港に到着した藤沢五月ら 日本選手団が帰国へ

    帰国のため韓国東部の襄陽空港に到着したカーリングの藤沢五月選手ら=26日(共同)

    商品コード: 2018022600113

  • 2018年02月26日
    カーリング本橋、吉田夕ら 日本選手団が帰国へ

    帰国のため韓国東部の襄陽空港に到着したカーリングの(左から)本橋麻里、吉田夕梨花、鈴木夕湖の各選手=26日(共同)

    商品コード: 2018022600121

  • 2018年02月26日
    空港に着いた宇野昌磨 日本選手団が帰国へ

    帰国のため韓国東部の襄陽空港に到着したフィギュアスケートの宇野昌磨選手=26日(共同)

    商品コード: 2018022600145

  • 2018年02月26日
    手を振るカーリング5人 日本選手団が帰国へ

    帰国のため韓国東部の襄陽空港に到着したカーリングの(右から)本橋麻里、吉田知那美、吉田夕梨花、藤沢五月、鈴木夕湖の各選手=26日(共同)

    商品コード: 2018022600150

  • 2018年02月26日
    スピードスケートの高木菜 日本選手団が帰国へ

    帰国のため韓国東部の襄陽空港に到着したスピードスケートの高木菜那選手=26日(共同)

    商品コード: 2018022600160

  • 2018年02月26日
    スピードの高木美ら 日本選手団が帰国へ

    帰国のため韓国東部の襄陽空港に到着したスピードスケートの高木美帆選手(手前右)ら=26日(共同)

    商品コード: 2018022600174

  • 2018年02月26日
    撮影に応じる小平と羽生 日本選手団が帰国へ

    帰国のため韓国東部の襄陽空港に到着し、笑顔で撮影に応じるスピードスケートの小平奈緒選手(左)とフィギュアスケートの羽生結弦選手=26日(共同)

    商品コード: 2018022600181

  • 2018年02月26日
    帰国の途に就く坂本花織 日本選手団が帰国へ

    韓国東部の襄陽空港から帰国の途に就くフィギュアスケートの坂本花織選手=26日(共同)

    商品コード: 2018022600194

  • 2018年02月26日
    出発する高木美帆 日本選手団が帰国へ

    韓国東部の襄陽空港から帰国の途に就くスピードスケートの高木美帆選手=26日(共同)

    商品コード: 2018022600197

  • 2018年02月26日
    出発する高木美、佐藤綾乃 日本選手団が帰国へ

    韓国東部の襄陽空港から帰国の途に就くスピードスケートの高木美帆選手(右)と佐藤綾乃選手=26日(共同)

    商品コード: 2018022600199

  • 2018年02月26日
    出発する羽生 日本選手団が帰国へ

    韓国東部の襄陽空港から帰国の途に就くフィギュアスケートの羽生結弦選手=26日(共同)

    商品コード: 2018022600209

  • 2018年02月26日
    高木美帆、佐藤綾乃ら 日本選手団が帰国へ

    韓国東部の襄陽空港から帰国の途に就く金メダリスト。手前右から高木美帆、佐藤綾乃、高木菜那、(後方右から)菊池彩花、小平奈緒、羽生結弦の各選手=26日(共同)

    商品コード: 2018022600195

  • 2018年02月26日
    距離の吉田と石田 日本選手団が帰国へ

    韓国東部の襄陽空港から帰国の途に就くスキー距離の吉田圭伸選手(右)と石田正子選手=26日(共同)

    商品コード: 2018022600222

  • 2018年02月26日
    出発する高木姉妹、小平ら 日本選手団が帰国へ

    韓国東部の襄陽空港から帰国の途に就く金メダリスト。右から高木美帆、高木菜那、佐藤綾乃、(後方右から)菊池彩花、小平奈緒、羽生結弦の各選手=26日(共同)

    商品コード: 2018022600224

  • 2018年02月26日
    一礼する羽生結弦 日本選手団が帰国へ

    帰国のため韓国東部の襄陽空港から出発する際、集まった報道陣らに一礼するフィギュアスケートの羽生結弦選手=26日(共同)

    商品コード: 2018022600235

  • 2018年02月26日
    出発する小平奈緒 日本選手団が帰国へ

    帰国のため韓国東部の襄陽空港から出発するスピードスケートの小平奈緒選手=26日(共同)

    商品コード: 2018022600236

  • 2018年02月26日
    便名「2020」の表示 日本選手団が帰国へ

    日本選手団が搭乗するチャーター便名「NH2020」が表示された案内板。次の五輪は2020年東京大会となる=26日、韓国・襄陽空港(共同)

    商品コード: 2018022600237

  • 2018年02月26日
    羽生結弦と小平奈緒 日本選手団が帰国へ

    韓国東部の襄陽空港から帰国の途に就く羽生結弦選手(左)と小平奈緒選手=26日(共同)

    商品コード: 2018022600238

  • 03:40.15
    2018年03月19日
    パラ日本選手団が韓国出発 村岡「大きく成長できた」

    平昌冬季パラリンピックで10日間の戦いを終えた日本選手団が19日、襄陽空港午後1時発のチャーター機で韓国を離れ、帰国の途に就いた。日本は金3、銀4、銅3のメダル10個を得て、6個だった前回ソチ大会を超える目標を達成した。日本選手団は同日、成田空港に到着し、東京都内での解団式後、記者会見をする予定。<映像内容>選手団の空港入りや空港で出発前の様子、選手インタビューなど(成田緑夢選手、新田佳浩選手、村岡桃佳選手)、撮影日:2018(平成30)年3月19日、撮影場所:韓国 襄陽空港

    商品コード: 2018031901220

  • 2018年03月19日
    手を振る村岡桃佳選手 パラ日本選手団が帰国へ

    平昌冬季パラリンピックを終え、韓国東部の襄陽空港から帰国の途に就くアルペンスキー女子座位の村岡桃佳選手(右)ら=19日(共同)

    商品コード: 2018031900247

  • 2018年03月19日
    笑顔でポーズの村岡と新田 パラ日本選手団が帰国へ

    帰国のため、韓国東部の襄陽空港に到着し笑顔で撮影に応じる、アルペンスキー女子の村岡桃佳選手(左)とスキー距離男子の新田佳浩選手=19日(共同)

    商品コード: 2018031900246

  • 2018年03月19日
    出発する新田選手 パラ日本選手団が帰国へ

    平昌冬季パラリンピックを終え、韓国東部の襄陽空港から帰国の途に就くスキー距離男子の新田佳浩選手=19日(共同)

    商品コード: 2018031900273

  • 2018年03月19日
    空港で笑顔の村岡、本堂ら パラ日本選手団が帰国へ

    平昌冬季パラリンピックを終え、韓国東部の襄陽空港から帰国の途に就くアルペンスキー女子座位の村岡桃佳選手(右)と本堂杏実選手=19日(共同)

    商品コード: 2018031900274

  • 2018年03月19日
    笑顔の成田緑夢選手 パラ日本選手団が帰国へ

    帰国のため韓国東部の襄陽空港に到着し、笑顔を見せるスノーボード男子の成田緑夢選手=19日(共同)

    商品コード: 2018031900278

  • 2018年03月19日
    森井、狩野選手ら パラ日本選手団が帰国へ

    平昌冬季パラリンピックを終え、韓国東部の襄陽空港から帰国の途に就くアルペンスキー男子の森井大輝選手(右)と狩野亮選手=19日(共同)

    商品コード: 2018031900303

  • 2018年03月19日
    空港到着の鈴木、狩野選手 パラ日本選手団が帰国へ

    平昌冬季パラリンピックを終え、韓国東部の襄陽空港から帰国の途に就くアルペンスキー男子の鈴木猛史選手(手前)と狩野亮選手=19日(共同)

    商品コード: 2018031900306

  • 2018年03月19日
    到着した主将の須藤悟選手 村岡「大きく成長できた」

    帰国のため韓国東部の襄陽空港に到着した、日本選手団の主将でパラアイスホッケーの須藤悟選手=19日(共同)

    商品コード: 2018031900310

  • 2018年03月19日
    笑顔の福島忍選手 パラ日本選手団が帰国へ

    帰国のため韓国東部の襄陽空港に到着し、笑顔を見せるパラアイスホッケーの福島忍選手=19日(共同)

    商品コード: 2018031900318

  • 2018年03月19日
    IHの上原、福島、監督 パラ日本選手団が帰国へ

    平昌冬季パラリンピックを終え、韓国東部の襄陽空港から帰国の途に就くパラアイスホッケーの(左から)上原大祐選手、福島忍選手、中北浩仁監督=19日(共同)

    商品コード: 2018031900320

  • 2018年06月21日
    三国志の舞台、荊州古城を訪ねて湖北省荊州市

    荊州市の関公義園。関羽像は高さ58メートル、総重量約1200トン。世界で最も大きい関羽像として知られる。(2018年6月21日撮影、小型無人機から)中国湖北省荊州(けいしゅう)市の荊州城は江陵城とも呼ばれ、戦国時代の紀元前278年に秦(しん)が楚の都、郢(えい)を落とし、同地に江陵県を設置したことから、県城としての名が付いた。三国時代、劉備が益州(現在の四川省)を領有すると、軍師の諸葛亮(孔明)は荊州を関羽に預けた。関羽はその後、荊州北部の樊城(はんじょう)と襄陽(じょうよう)の曹操軍を攻撃するが、呉の孫権に隙をつかれ本拠地の荊州城と荊州の大部分を失い、自らも捕らえられ斬首された。現存する荊州古城のレンガの城壁は明代末から清代初めに築かれたもので、全体は不規則な長方形をしている。面積は4・5平方キロメートルで城壁の長さは10・5キロ。城内には土を固めた「版築(はんちく)」城壁も残り、レンガ城壁の周囲は濠に囲まれている。荊州古城は、中国でも古代の城壁が比較的よく保存されている数少ない古城の一つで、長江中流で都市を囲む城壁が唯一完全に残る場所として国内外での知名度も高い。「三国志演義」の物語が広く伝わったことから、荊州城は「三国」観光の重要な名所となっており、市内に残る30余りの「三国志」ゆかりの地や文化観光スポットを目当てに多くの観光客が訪れている。(荊州=新華社配信/黄志剛)=2018(平成30)年6月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062401863

  • 2018年08月14日
    都江堰など中国の4施設、世界かんがい施設遺産に登録

    14日、湖北省襄陽市にある長渠の起点。(小型無人機から)国際かんがい排水委員会(ICID)は北京時間14日未明、カナダのサスカトゥーン市で開かれている第69回国際執行理事会の全体会議で、2018年(第5期)世界かんがい施設遺産リストを発表した。中国からは都江堰、霊渠、姜席堰、長渠の4カ所が登録された。(北京=新華社記者/王虎)=2018(平成30)年8月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018081600294

  • 2018年08月14日
    都江堰など中国の4施設、世界かんがい施設遺産に登録

    14日、湖北省襄陽市にある長渠の朱集区間。(小型無人機から)国際かんがい排水委員会(ICID)は北京時間14日未明、カナダのサスカトゥーン市で開かれている第69回国際執行理事会の全体会議で、2018年(第5期)世界かんがい施設遺産リストを発表した。中国からは都江堰、霊渠、姜席堰、長渠の4カ所が登録された。(北京=新華社記者/王虎)=2018(平成30)年8月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018081600293

  • 2018年10月13日
    青春の情熱燃えるサーキット湖北省襄陽市

    13日、耐久レースに参加する西安交通大学のレーシングカー。2018中国大学生フォーミュラカーレース(FSC)は13日、湖北省襄陽(じょうよう)市で耐久レースが開催され、各大学のチームがサーキットで勇姿を披露した。5日間にわたって行われた今大会は9日に開幕し、全国から66チーム、計1300人余りの大学生が参加した。参加チームは指定時間内にレーシングカーを製作し、専門家のテストを経てサーキットに入場、各競技に参加した。(襄陽=新華社配信/楊東)=2018(平成30)年10月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018101607207

  • 2018年10月13日
    青春の情熱燃えるサーキット湖北省襄陽市

    13日、耐久レースに参加する河北工程大学のレーシングカー(前)。2018中国大学生フォーミュラカーレース(FSC)は13日、湖北省襄陽(じょうよう)市で耐久レースが開催され、各大学のチームがサーキットで勇姿を披露した。5日間にわたって行われた今大会は9日に開幕し、全国から66チーム、計1300人余りの大学生が参加した。参加チームは指定時間内にレーシングカーを製作し、専門家のテストを経てサーキットに入場、各競技に参加した。(襄陽=新華社配信/楊東)=2018(平成30)年10月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018101801399

  • 1
  • 2
  • 3