KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 西夏区
  • 記者
  • 令和
  • 歴史
  • 重要文化財
  • 遺跡
  • 壁画
  • 古代
  • 指定
  • 風景

「西夏」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
190
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
190
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 1989年02月09日
    法隆寺で見つかった西夏の銅鏡 西夏の銅鏡見つかる

    法隆寺で見つかった西夏の銅鏡

    商品コード: 2019070201599

  • 1996年05月12日
    カヌー五輪代表決まる

    丸山小百合、渡辺麻子、西夏樹、武藤恵子、赤城千恵子、小林弘子、持田雅誠、藤野強の各選手

    商品コード: 1996051200036

  • 1996年05月12日
    カヌー五輪代表決まる

    丸山小百合、渡辺麻子、西夏樹、武藤恵子、赤城千恵子、小林弘子、持田雅誠、藤野強の各選手

    商品コード: 1996051200029

  • 1996年05月26日
    カヌー選手 アトランタ五輪日本代表

    丸山小百合、渡辺麻子、西夏樹、武藤恵子、赤城千恵子、小林弘子、持田雅誠、藤野強

    商品コード: 1996052600033

  • 1996年09月20日
    西夏仏典の拡大写真 最古の活字印刷物か

    西夏文字の仏典「維摩詰所説経」の1節。文字の傾き、大小、濃淡が微妙にばらつき文字列もゆがんでいることが原始的な活字印刷の根拠とされる(共同)(世界最古の活字印刷物とみられる西夏文字の仏典を、中国社会科学院民族研究所の史金波副所長らがこのほどロシア・サンクトペテルブルクの東方学研究所で発見、ロシア側との共同研究の成果が「ロシア所蔵黒水城文献」として上海の出版社から刊行される。西夏文字とは、北宋と競合したチベット系民族の西夏国(1038―1227年)が使った文字)

    商品コード: 1996092000070

  • 1996年09月20日
    仏典「維摩詰所説経」 最古の活字印刷物か

    世界最古の活字印刷物とみられる西夏文字の仏典の一つ「維摩詰所説経」(共同)(世界最古の活字印刷物とみられる西夏文字の仏典を、中国社会科学院民族研究所の史金波副所長らがこのほどロシア・サンクトペテルブルクの東方学研究所で発見、ロシア側との共同研究の成果が「ロシア所蔵黒水城文献」として上海の出版社から刊行される。西夏文字とは、北宋と競合したチベット系民族の西夏国(1038―1227年)が使った文字)

    商品コード: 1996092000068

  • 2001年02月07日
    北室南苑さん 幻の西夏文字を書で表現

    幻の「西夏文字」を書や篆刻(てんこく)で表現している北室南苑さん=1月26日、金沢市三口新町

    商品コード: 2001020700118

  • 2001年02月27日
    北室南苑さん

    幻の西夏(せいか)文字を書で表現する北室南苑(きたむろ・なんえん)さん

    商品コード: 2001022700041

  • 2003年01月28日
    個展が相次ぐ中西夏之

    「二箇所」の公開制作風景=東京・上野の東京芸大大学美術館

    商品コード: 2003012800108

  • 2005年04月07日
    大西夏奈子さん

    原爆写真集の編集を担当した被爆3世の大西夏奈子(おおにし・かなこ)さん

    商品コード: 2005040700153

  • 2010年04月25日
    日本代表候補の5人 世界新体操代表選考会

    世界新体操選手権の日本代表候補に選ばれた(左から)大貫友梨亜、穴久保璃子、山口留奈、中津裕美、小西夏生=国立代々木競技場

    商品コード: 2010042500204

  • 2010年10月03日
    イオン所属の3選手 女王カナエワら強豪集結

    新体操イオン・カップに出場するイオン所属の3選手。左から早川さくら、山口留奈、小西夏生=3日午後、東京都港区

    商品コード: 2010100300192

  • 2010年11月25日
    フープの小西夏生 新体操個人総合

    個人総合予選 小西夏生のフープ=アジア大会城体育館(共同)

    商品コード: 2010112500335

  • 2010年11月25日
    小西夏生のフープ 新体操個人総合

    個人総合予選 小西夏生のフープ=アジア大会城体育館(共同)

    商品コード: 2010112500337

  • 2011年07月16日
    初優勝の佐賀 都道府県対抗女子剣道

    都道府県対抗女子剣道で初優勝した佐賀。(上左から)先鋒・木塚知那美、中堅・庄島幸恵、次鋒・西夏奈。(下左から)大将・福田順子、桜木はるみ監督、副将・本多利津子=日本武道館

    商品コード: 2011071600464

  • 2013年03月15日
    (なかにし・なつゆき) 中西夏之

    美術家、撮影日 2012.09.11、出稿日 2013.03.22(カラー通信29874)

    商品コード: 2013031500096

  • 2016年10月24日
    中西夏之さん 中西夏之さんが死去

    死去した中西夏之さん

    商品コード: 2016102400079

  • 2016年10月24日
    作品を制作する中西さん 中西夏之さんが死去

    2012年9月、約2㍍の長い柄の先につけた筆を用いて作品を制作する中西夏之さん=静岡県伊東市

    商品コード: 2016102400081

  • 2016年12月13日
    居延遺跡学術セミナー開催内モンゴル自治区アルシャー盟

    居延遺跡のK822亭障(邊境の塞)跡(通称「大方城」)。地面には、西夏(1038~1227年)から元代(1271~1368年)にかけてのものと推定される褐釉(かつゆう)と黄釉(おうゆう)の陶磁器片や鉄器片が散乱している。(資料写真)中国内モンゴル自治区アルシャー(阿拉善)盟エジン旗で15、16の両日、居延遺跡学術セミナーが開催された。北京市・上海市・広東省など15の省・市から専門家や研究者70人が出席し、居延遺跡の保護や漢代の木簡「居延漢簡」、カラ・ホト(黒水城)遺跡から出土した「黒水城文献」について議論を交わした。居延遺跡からは、中国で1つの遺跡から出土した数としては最も多い約3万枚の漢代の木簡が出土している。その内容は、漢代の政治・軍事・経済・文化・科学技術・法律・哲学・宗教・民族などにわたり、歴史を補完・証明する史書として、重要な役割を果たす極めて高い学術的価値を持っている。居延漢簡は、殷墟甲骨文・黒水城文献・敦煌遺書とともに、中国における20世紀最大の考古学的発見とされている。(エジン旗=新華社配信)=2016(平成28)年12月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019102104116

  • 2017年04月10日
    贈り物で平和たもつ

    遼、西夏と約束

    商品コード: 2017041000347

  • 2017年04月10日
    贈り物で平和たもつ

    遼、西夏と約束

    商品コード: 2017041000348

  • 04:31.90
    2017年07月04日
    2017年ミス・ユニバース 日本代表に阿部さん選出

    2017年のミス・ユニバース日本代表を決める日本大会が4日、東京都内で開かれ、千葉県代表のモデル阿部桃子(あべ・ももこ)さん(22)=東京都出身=が選ばれた。阿部さんはテレビリポーター阿部祐二(あべ・ゆうじ)さんの娘。2位は愛媛県代表の福岡佳奈子(ふくおか・かなこ)さん(27)、3位は東京都代表の小柴綾香(こしば・あやか)さん(25)、4位は長野県代表の小西夏生(こにし・なつき)さん(25)。〈映像内容〉東京都内で開かれた2017年のミス・ユニバース日本代表を決める日本大会の様子、フォトセッションなど。

    商品コード: 2017090200825

  • 2017年07月04日
    日本代表に阿部さん選出

    商品コード: 2017070400885-2

  • 2017年07月04日
    4位の小西夏生さん 日本代表に阿部さん選出

    ミス・ユニバース日本大会で4位になった長野県代表の小西夏生さん=4日夜、東京都内

    商品コード: 2017070400885

  • 2017年07月04日
    日本代表に阿部さん選出

    商品コード: 2017070400885-3

  • 2017年07月04日
    日本代表に阿部さん選出

    商品コード: 2017070400885-1

  • 2017年07月04日
    ミス・ユニバース上位4人 日本代表に阿部さん選出

    ミス・ユニバース日本大会上位4人。(左から)日本代表に決まった阿部桃子さん、2位の福岡佳奈子さん、3位の小柴綾香さん、4位の小西夏生さん=4日夜、東京都内

    商品コード: 2017070400888

  • 2018年05月18日
    貴州省博物館「国際博物館の日」PRイベント開催

    18日、貴州省博物館で展示された西夏の文化財を見学する市民。中国貴州省貴陽市の貴州省博物館は18日、同日の国際博物館会議(ICOM)が定めた「国際博物館の日」を広めるPRイベントの一環として、西夏文化財展覧会の開幕式などを行った。(貴陽=新華社記者/劉続)=2018(平成30)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018052100531

  • 2018年05月18日
    貴州省博物館「国際博物館の日」PRイベント開催

    18日、貴州省博物館で展示された西夏の文化財を見学する市民。中国貴州省貴陽市の貴州省博物館は18日、同日の国際博物館会議(ICOM)が定めた「国際博物館の日」を広めるPRイベントの一環として、西夏文化財展覧会の開幕式などを行った。(貴陽=新華社記者/劉続)=2018(平成30)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018052100418

  • 2018年05月18日
    貴州省博物館「国際博物館の日」PRイベント開催

    18日、貴州省博物館で展示された西夏の文化財を見学する市民。中国貴州省貴陽市の貴州省博物館は18日、同日の国際博物館会議(ICOM)が定めた「国際博物館の日」を広めるPRイベントの一環として、西夏文化財展覧会の開幕式などを行った。(貴陽=新華社記者/劉続)=2018(平成30)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018052100456

  • 2018年05月18日
    貴州省博物館「国際博物館の日」PRイベント開催

    18日、貴州省博物館で展示された西夏の文化財を見学する市民。中国貴州省貴陽市の貴州省博物館は18日、同日の国際博物館会議(ICOM)が定めた「国際博物館の日」を広めるPRイベントの一環として、西夏文化財展覧会の開幕式などを行った。(貴陽=新華社記者/劉続)=2018(平成30)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018052100558

  • 2018年05月18日
    貴州省博物館「国際博物館の日」PRイベント開催

    18日、貴州省博物館で展示された西夏の文化財を撮影する市民。中国貴州省貴陽市の貴州省博物館は18日、同日の国際博物館会議(ICOM)が定めた「国際博物館の日」を広めるPRイベントの一環として、西夏文化財展覧会の開幕式などを行った。(貴陽=新華社記者/劉続)=2018(平成30)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018052100416

  • 2018年07月24日
    中国最大規模の金器展、成都で開催9月21日から一般公開

    金沙遺跡博物館で展示予定の「迦陵頻伽蓮弁紋珠紋金項飾」(西夏・寧夏博物館蔵)の細部:人の上半身と鳥の下半身を持つ想像の生物「迦陵頻伽(かりょうびんが)」をかたどった黄金の首飾り。蓮の花びらと真珠の模様が施されている。黄金の仮面が出土したことから「金面王国」と呼ばれる中国四川省成都市の金沙遺跡博物館は8月30日、9月21日から「金色の記憶-中国で出土した14世紀以前の金器特別展」を開催すると発表した。中国古代の巧みな金器製造技術を展示する。同展覧会は11月20日まで開催される。(成都=新華社配信/金沙遺跡博物館提供)=2018(平成30)年7月24日、クレジット:金沙遺跡博物館提供/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018090316869

  • 2018年08月29日
    1600年余りの歴史持つ馬蹄寺石窟群を訪ねて甘粛省

    馬蹄寺石窟群の金塔寺に残る、中国唯一の立体的な大型飛天塑像。(2018年8月29日撮影)馬蹄寺(ばていじ)石窟群は、中国甘粛省に残る比較的保存状態の良い初期の仏教石窟寺院の遺跡で、五胡十六国時代(304~439年)の北涼に掘削が始まり、1600年余りの歴史を持つ。主に同省張掖(ちょうえき)市粛南ユグル族自治県馬蹄チベット族郷に分布しており、千仏洞、金塔寺、南寺、北寺、上観音洞・中観音洞・下観音洞の7部分、および460余りの摩崖浮彫(まがいうきぼり)が施された舎利塔で構成される。現存する窟龕(くつがん、壁面に掘られた厨子)は70カ所、遺物が出土した洞窟は37カ所で、石窟内には北涼、北魏、隋、唐、西夏、元、明代の彩塑(着色した泥塑)500余体と1200平方メートル余りにおよぶ壁画が残されている。1996年に第4次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(張掖=新華社記者/范培珅)=2018(平成30)年8月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021051212004

  • 2018年08月29日
    1600年余りの歴史持つ馬蹄寺石窟群を訪ねて甘粛省

    馬蹄寺石窟群の金塔寺に残る、中国唯一の立体的な大型飛天塑像。(2018年8月29日撮影)馬蹄寺(ばていじ)石窟群は、中国甘粛省に残る比較的保存状態の良い初期の仏教石窟寺院の遺跡で、五胡十六国時代(304~439年)の北涼に掘削が始まり、1600年余りの歴史を持つ。主に同省張掖(ちょうえき)市粛南ユグル族自治県馬蹄チベット族郷に分布しており、千仏洞、金塔寺、南寺、北寺、上観音洞・中観音洞・下観音洞の7部分、および460余りの摩崖浮彫(まがいうきぼり)が施された舎利塔で構成される。現存する窟龕(くつがん、壁面に掘られた厨子)は70カ所、遺物が出土した洞窟は37カ所で、石窟内には北涼、北魏、隋、唐、西夏、元、明代の彩塑(着色した泥塑)500余体と1200平方メートルにおよぶ壁画が残されている。1996年に第4次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(張掖=新華社記者/范培珅)=2018(平成30)年8月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021051212108

  • 2018年08月29日
    1600年余りの歴史持つ馬蹄寺石窟群を訪ねて甘粛省

    馬蹄寺石窟群の金塔寺に残る、中国唯一の立体的な大型飛天塑像。(2018年8月29日撮影)馬蹄寺(ばていじ)石窟群は、中国甘粛省に残る比較的保存状態の良い初期の仏教石窟寺院の遺跡で、五胡十六国時代(304~439年)の北涼に掘削が始まり、1600年余りの歴史を持つ。主に同省張掖(ちょうえき)市粛南ユグル族自治県馬蹄チベット族郷に分布しており、千仏洞、金塔寺、南寺、北寺、上観音洞・中観音洞・下観音洞の7部分、および460余りの摩崖浮彫(まがいうきぼり)が施された舎利塔で構成される。現存する窟龕(くつがん、壁面に掘られた厨子)は70カ所、遺物が出土した洞窟は37カ所で、石窟内には北涼、北魏、隋、唐、西夏、元、明代の彩塑(着色した泥塑)500余体と1200平方メートルにおよぶ壁画が残されている。1996年に第4次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(張掖=新華社記者/范培珅)=2018(平成30)年8月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021051212075

  • 2018年08月29日
    1600年余りの歴史持つ馬蹄寺石窟群を訪ねて甘粛省

    馬蹄寺石窟群にある金塔寺の一角。(2018年8月29日撮影)馬蹄寺(ばていじ)石窟群は、中国甘粛省に残る比較的保存状態の良い初期の仏教石窟寺院の遺跡で、五胡十六国時代(304~439年)の北涼に掘削が始まり、1600年余りの歴史を持つ。主に同省張掖(ちょうえき)市粛南ユグル族自治県馬蹄チベット族郷に分布しており、千仏洞、金塔寺、南寺、北寺、上観音洞・中観音洞・下観音洞の7部分、および460余りの摩崖浮彫(まがいうきぼり)が施された舎利塔で構成される。現存する窟龕(くつがん、壁面に掘られた厨子)は70カ所、遺物が出土した洞窟は37カ所で、石窟内には北涼、北魏、隋、唐、西夏、元、明代の彩塑(着色した泥塑)500余体と1200平方メートル余りにおよぶ壁画が残されている。1996年に第4次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(張掖=新華社記者/范培珅)=2018(平成30)年8月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021051011811

  • 2018年08月29日
    1600年余りの歴史持つ馬蹄寺石窟群を訪ねて甘粛省

    馬蹄寺石窟群の金塔寺に残る、中国唯一の立体的な大型飛天塑像。(2018年8月29日撮影)馬蹄寺(ばていじ)石窟群は、中国甘粛省に残る比較的保存状態の良い初期の仏教石窟寺院の遺跡で、五胡十六国時代(304~439年)の北涼に掘削が始まり、1600年余りの歴史を持つ。主に同省張掖(ちょうえき)市粛南ユグル族自治県馬蹄チベット族郷に分布しており、千仏洞、金塔寺、南寺、北寺、上観音洞・中観音洞・下観音洞の7部分、および460余りの摩崖浮彫(まがいうきぼり)が施された舎利塔で構成される。現存する窟龕(くつがん、壁面に掘られた厨子)は70カ所、遺物が出土した洞窟は37カ所で、石窟内には北涼、北魏、隋、唐、西夏、元、明代の彩塑(着色した泥塑)500余体と1200平方メートル余りにおよぶ壁画が残されている。1996年に第4次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(張掖=新華社記者/范培珅)=2018(平成30)年8月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021051211991

  • 2018年08月29日
    1600年余りの歴史持つ馬蹄寺石窟群を訪ねて甘粛省

    馬蹄寺石窟群にある金塔寺の一角。(2018年8月29日撮影)馬蹄寺(ばていじ)石窟群は、中国甘粛省に残る比較的保存状態の良い初期の仏教石窟寺院の遺跡で、五胡十六国時代(304~439年)の北涼に掘削が始まり、1600年余りの歴史を持つ。主に同省張掖(ちょうえき)市粛南ユグル族自治県馬蹄チベット族郷に分布しており、千仏洞、金塔寺、南寺、北寺、上観音洞・中観音洞・下観音洞の7部分、および460余りの摩崖浮彫(まがいうきぼり)が施された舎利塔で構成される。現存する窟龕(くつがん、壁面に掘られた厨子)は70カ所、遺物が出土した洞窟は37カ所で、石窟内には北涼、北魏、隋、唐、西夏、元、明代の彩塑(着色した泥塑)500余体と1200平方メートル余りにおよぶ壁画が残されている。1996年に第4次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(張掖=新華社記者/范培珅)=2018(平成30)年8月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021051011752

  • 2018年10月11日
    シルクロードに残る重要文化財黒城遺跡をゆく内モンゴル自治区

    内モンゴル自治区アルシャー盟エジン旗にある黒城遺跡の一角。(小型無人機から、2018年10月11日撮影)中国内モンゴル自治区アルシャー盟エジン旗ダライフブ鎮(達来呼布鎮)の東南約25キロの場所にあり、シルクロード・草原の道で保存状態が比較的良好な古城遺跡、「黒城(カラ・ホト)遺跡」は、西暦9世紀に建てられ、2001年に第5回国家重点文物保護単位(国の重要文化財に相当)リストに登録された。西夏時代には、監軍司(地方を支配する官庁)「黒水鎮燕軍」の駐屯地が置かれていたという。19世紀から今日まで、文書などの貴重な文物が多く出土している同遺跡は、国内外の学術研究界から広く注目されている。(アルシャー=新華社記者/劉磊)=2018(平成30)年10月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019102800930

  • 2018年10月11日
    シルクロードに残る重要文化財黒城遺跡をゆく内モンゴル自治区

    内モンゴル自治区アルシャー盟エジン旗にある黒城遺跡の城壁。(小型無人機から、2018年10月11日撮影)中国内モンゴル自治区アルシャー盟エジン旗ダライフブ鎮(達来呼布鎮)の東南約25キロの場所にあり、シルクロード・草原の道で保存状態が比較的良好な古城遺跡、「黒城(カラ・ホト)遺跡」は、西暦9世紀に建てられ、2001年に第5回国家重点文物保護単位(国の重要文化財に相当)リストに登録された。西夏時代には、監軍司(地方を支配する官庁)「黒水鎮燕軍」の駐屯地が置かれていたという。19世紀から今日まで、文書などの貴重な文物が多く出土している同遺跡は、国内外の学術研究界から広く注目されている。(アルシャー=新華社記者/劉磊)=2018(平成30)年10月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019102800823

  • 2018年10月11日
    シルクロードに残る重要文化財黒城遺跡をゆく内モンゴル自治区

    内モンゴル自治区アルシャー盟エジン旗にある黒城遺跡の一部。(小型無人機から、2018年10月11日撮影)中国内モンゴル自治区アルシャー盟エジン旗ダライフブ鎮(達来呼布鎮)の東南約25キロの場所にあり、シルクロード・草原の道で保存状態が比較的良好な古城遺跡、「黒城(カラ・ホト)遺跡」は、西暦9世紀に建てられ、2001年に第5回国家重点文物保護単位(国の重要文化財に相当)リストに登録された。西夏時代には、監軍司(地方を支配する官庁)「黒水鎮燕軍」の駐屯地が置かれていたという。19世紀から今日まで、文書などの貴重な文物が多く出土している同遺跡は、国内外の学術研究界から広く注目されている。(アルシャー=新華社記者/劉磊)=2018(平成30)年10月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019102800745

  • 2018年10月11日
    シルクロードに残る重要文化財黒城遺跡をゆく内モンゴル自治区

    内モンゴル自治区アルシャー盟エジン旗にある黒城遺跡の全景。(小型無人機から、2018年10月11日撮影)中国内モンゴル自治区アルシャー盟エジン旗ダライフブ鎮(達来呼布鎮)の東南約25キロの場所にあり、シルクロード・草原の道で保存状態が比較的良好な古城遺跡、「黒城(カラ・ホト)遺跡」は、西暦9世紀に建てられ、2001年に第5回国家重点文物保護単位(国の重要文化財に相当)リストに登録された。西夏時代には、監軍司(地方を支配する官庁)「黒水鎮燕軍」の駐屯地が置かれていたという。19世紀から今日まで、文書などの貴重な文物が多く出土している同遺跡は、国内外の学術研究界から広く注目されている。(アルシャー=新華社記者/劉磊)=2018(平成30)年10月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019102800638

  • 02:13.91
    2018年11月09日
    「新華社」大学がセンター開設、敦煌の文献資料電子化甘粛省

    敦煌文献の収集・整理のため、中国の蘭州文理学院は2016年から敦煌文献資源センターの開設準備を開始し、敦煌の紙の文献やデジタル映像の電子文献、彩色塑像、壁画などの収容を行い、現在では千種類余り、5千冊以上の敦煌学関連文献を所蔵する。これらの文献はトルファン学や西夏学、シルクロード学などの分野に広がっている。敦煌文化が神秘的な洞窟を出て大学生の身近に行き、大学で成果を生み出せるよう、同センターでは敦煌文化の体験に力を入れている。教師と学生が壁画を共同制作することで教室を同センターに「引っ越し」したり、デジタル資源を使った相互学習や体験式学習を行うことで学生たちに敦煌文化をより深く理解してもらう試みがなされている。敦煌文献資源センターでは敦煌文化の関連要素を大学の文学、歴史、観光、舞踏、音楽、メディアなどの学科と融合し、大学の関連学科の構築を支えるとともに、学生たちの文献研究ニーズを満たしているという。(記者/胡偉傑、任延昕)<映像内容>敦煌文献資源センター開設の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018111209070

  • 2018年11月21日
    「美しきアルシャー·岩絵と居延漢簡芸術展」、北京で開催

    21日、中国美術館で展示された「西夏騎者と駱駝岩絵」。中国北京市の中国美術館で21日、「美しきアルシャー・岩絵と居延漢簡(注)芸術展」が開幕した。同展では、岩絵や彫刻、拓本、漢簡などの文化財100点以上が展示される。(北京=新華社記者/魯鵬)注:「居延漢簡」(きょえんかんかん)は、内モンゴル自治区アルシャー盟エジン旗から甘粛省酒泉にかけての居延烽燧遺跡で発見された漢代の木簡。歴史的または書跡としても貴重とされる。=2018(平成30)年11月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018112614624

  • 2019年10月02日
    国慶節連休に多数の観光客、西夏文化を体験

    2日、銀川市の西夏陵風景区で、西夏文字で書かれた「百家姓」(中国の代表的な姓を列挙した、子どもが漢字を学ぶ学習書)を見る子ども。中国の国慶節連休(10月1~7日)2日目となる2日、寧夏回族自治区銀川市の西夏陵には多くの観光客が見学に訪れていた。西夏陵は賀蘭山東側の麓に位置し、現存するものとしては中国最大規模の、地上遺跡として最も完全な形で保存されている王の陵園の一つである。(銀川=新華社記者/馮開華)=2019(令和元)年10月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019100401976

  • 2019年10月02日
    国慶節連休に多数の観光客、西夏文化を体験

    2日、銀川市の西夏陵遺跡エリアを見学する観光客。中国の国慶節連休(10月1~7日)2日目となる2日、寧夏回族自治区銀川市の西夏陵には多くの観光客が見学に訪れていた。西夏陵は賀蘭山東側の麓に位置し、現存するものとしては中国最大規模の、地上遺跡として最も完全な形で保存されている王の陵園の一つである。(銀川=新華社記者/馮開華)=2019(令和元)年10月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019100402092

  • 2019年10月02日
    国慶節連休に多数の観光客、西夏文化を体験

    2日、銀川市の西夏陵遺跡エリアを見学する観光客。中国の国慶節連休(10月1~7日)2日目となる2日、寧夏回族自治区銀川市の西夏陵には多くの観光客が見学に訪れていた。西夏陵は賀蘭山東側の麓に位置し、現存するものとしては中国最大規模の、地上遺跡として最も完全な形で保存されている王の陵園の一つである。(銀川=新華社記者/馮開華)=2019(令和元)年10月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019100402073

  • 2019年10月02日
    国慶節連休に多数の観光客、西夏文化を体験

    2日、銀川市西夏陵風景区にある西夏博物館で、展示された瓦当(がとう、軒丸瓦の先端の円形部分)や滴水(てきすい、軒瓦の先端)を眺める観光客。中国の国慶節連休(10月1~7日)2日目となる2日、寧夏回族自治区銀川市の西夏陵には多くの観光客が見学に訪れていた。西夏陵は賀蘭山東側の麓に位置し、現存するものとしては中国最大規模の、地上遺跡として最も完全な形で保存されている王の陵園の一つである。(銀川=新華社記者/馮開華)=2019(令和元)年10月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019100402097

  • 2019年10月02日
    国慶節連休に多数の観光客、西夏文化を体験

    2日、銀川市西夏陵風景区内にある遺跡。中国の国慶節連休(10月1~7日)2日目となる2日、寧夏回族自治区銀川市の西夏陵には多くの観光客が見学に訪れていた。西夏陵は賀蘭山東側の麓に位置し、現存するものとしては中国最大規模の、地上遺跡として最も完全な形で保存されている王の陵園の一つである。(銀川=新華社記者/馮開華)=2019(令和元)年10月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019100402032

  • 2019年10月02日
    国慶節連休に多数の観光客、西夏文化を体験

    2日、銀川市の西夏陵風景区で、西夏文字の木活字版印刷を体験する子ども。中国の国慶節連休(10月1~7日)2日目となる2日、寧夏回族自治区銀川市の西夏陵には多くの観光客が見学に訪れていた。西夏陵は賀蘭山東側の麓に位置し、現存するものとしては中国最大規模の、地上遺跡として最も完全な形で保存されている王の陵園の一つである。(銀川=新華社記者/馮開華)=2019(令和元)年10月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019100402088

  • 2019年10月02日
    国慶節連休に多数の観光客、西夏文化を体験

    2日、銀川市西夏陵風景区にある西夏博物館を見学する観光客。中国の国慶節連休(10月1~7日)2日目となる2日、寧夏回族自治区銀川市の西夏陵には多くの観光客が見学に訪れていた。西夏陵は賀蘭山東側の麓に位置し、現存するものとしては中国最大規模の、地上遺跡として最も完全な形で保存されている王の陵園の一つである。(銀川=新華社記者/馮開華)=2019(令和元)年10月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019100402013

  • 2019年10月02日
    国慶節連休に多数の観光客、西夏文化を体験

    2日、銀川市の西夏陵遺跡エリアを見学する観光客。中国の国慶節連休(10月1~7日)2日目となる2日、寧夏回族自治区銀川市の西夏陵には多くの観光客が見学に訪れていた。西夏陵は賀蘭山東側の麓に位置し、現存するものとしては中国最大規模の、地上遺跡として最も完全な形で保存されている王の陵園の一つである。(銀川=新華社記者/馮開華)=2019(令和元)年10月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019100402089

  • 2019年10月02日
    国慶節連休に多数の観光客、西夏文化を体験

    2日、銀川市の西夏陵遺跡エリアを見学する観光客。中国の国慶節連休(10月1~7日)2日目となる2日、寧夏回族自治区銀川市の西夏陵には多くの観光客が見学に訪れていた。西夏陵は賀蘭山東側の麓に位置し、現存するものとしては中国最大規模の、地上遺跡として最も完全な形で保存されている王の陵園の一つである。(銀川=新華社記者/馮開華)=2019(令和元)年10月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019100402082

  • 01:20.06
    2019年10月03日
    「新華社」長方形の配石墓葬群が初出土内モンゴル自治区

    中国内モンゴル自治区アルシャー盟(阿拉善盟)文物局はこのほど、アルシャー左旗(阿拉善左旗)の吉蘭泰(きつらんたい)鎮およびアルシャー右旗(阿拉善右旗)のタムスフラク・スムで新たに見つかった岩絵やのろし台、墓葬群などの文化遺跡6カ所を実地踏査したところ、重大な発見が得られたと明らかにした。今回の調査は、吉蘭泰鎮内のコレンノール遺跡、タムスフラク・スム・ハオベイルの岩絵と墓葬群、アメンウス墓葬群、ブストゥののろし台、上魯の配石遺跡を対象として実施された。うち、集中的に分布し、比較的保存状態の良い長方形の配石墓葬群2カ所が同盟で初めて発見された。今回、実地調査が行われた遺跡の一つ、コレンノール亭障(邊境の塞)跡は、典型的な漢代(紀元前202年~220年)のものとみられる。また、発掘作業員が同地から西南に約50メートル離れた地点で、大量の灰陶(かいとう、中国の灰青色土器)の破片や青銅製の矢尻、印鈕(いんちゅう、印章のつまみの部分)、漢代の五銖銭(ごしゅせん、中国古代に流通した貨幣)などの実物、および西夏(1038~1227年)、元(1271年~1368年)の陶器片を発見している。地元文物局の職員は、この亭障跡が学術的価値の高い遺跡と判断している。注目すべきなのは、今回の実地踏査でハオベイル墓葬群から6キロメートル離れた地点で岩絵が発見されたことだ。岩絵に描かれた記号や人面像などの抽象的な図像および墓葬群が、当時の人々の原始的な信仰や宗教文化を体現しており、初期の遊牧民族の葬送文化を研究する上で重要な価値を持つ。(記者/張晟)<映像内容>中国内モンゴル自治区で比較的保存状態の良い長方形の配石墓葬群が初出土、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019100301720

  • 2019年10月04日
    古代王国の神秘のベールをはがす西夏博物館を訪ねて

    4日、西夏博物館の新館に展示された西夏の建築部材「緑釉摩羯」(仏教に登場する想像上の海棲動物)。大白高国とも呼ばれる西夏(1038年-1227年)は、北方民族のひとつ、タングート(党項)族が現在の中国西北部に建国した王朝で、前期に北宋、遼と共存し、後期に南宋、金と対峙したが、後にモンゴル帝国に滅ぼされた。今年6月に開館した寧夏回族自治区銀川(ぎんせん)市の西夏博物館新館では、建築部材や石刻、磁器、絵画、彫塑像など西夏の歴史文化の逸品1万点近くを所蔵している。(銀川=新華社記者/馬麗娟)=2019(令和元)年10月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019101003250

  • 2019年10月04日
    古代王国の神秘のベールをはがす西夏博物館を訪ねて

    4日、西夏博物館の新館に展示された西夏の建築部材「緑釉套獣」(竜頭のような飾り)。大白高国とも呼ばれる西夏(1038年-1227年)は、北方民族のひとつ、タングート(党項)族が現在の中国西北部に建国した王朝で、前期に北宋、遼と共存し、後期に南宋、金と対峙したが、後にモンゴル帝国に滅ぼされた。今年6月に開館した寧夏回族自治区銀川(ぎんせん)市の西夏博物館新館では、建築部材や石刻、磁器、絵画、彫塑像など西夏の歴史文化の逸品1万点近くを所蔵している。(銀川=新華社記者/馬麗娟)=2019(令和元)年10月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019101003198

  • 2019年10月04日
    古代王国の神秘のベールをはがす西夏博物館を訪ねて

    4日、西夏博物館の新館に展示された西夏文字の刻本「千仏名経」(仏教教典の名)の一部。大白高国とも呼ばれる西夏(1038年-1227年)は、北方民族のひとつ、タングート(党項)族が現在の中国西北部に建国した王朝で、前期に北宋、遼と共存し、後期に南宋、金と対峙したが、後にモンゴル帝国に滅ぼされた。今年6月に開館した寧夏回族自治区銀川(ぎんせん)市の西夏博物館新館では、建築部材や石刻、磁器、絵画、彫塑像など西夏の歴史文化の逸品1万点近くを所蔵している。(銀川=新華社記者/馬麗娟)=2019(令和元)年10月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019101003193

  • 2019年10月04日
    古代王国の神秘のベールをはがす西夏博物館を訪ねて

    4日、西夏博物館の新館に展示された1990年に寧夏回族自治区賀蘭県の宏仏塔遺跡から出土した羅漢頭像。大白高国とも呼ばれる西夏(1038年-1227年)は、北方民族のひとつ、タングート(党項)族が現在の中国西北部に建国した王朝で、前期に北宋、遼と共存し、後期に南宋、金と対峙したが、後にモンゴル帝国に滅ぼされた。今年6月に開館した寧夏回族自治区銀川(ぎんせん)市の西夏博物館新館では、建築部材や石刻、磁器、絵画、彫塑像など西夏の歴史文化の逸品1万点近くを所蔵している。(銀川=新華社記者/馬麗娟)=2019(令和元)年10月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019101003216

  • 2019年10月04日
    古代王国の神秘のベールをはがす西夏博物館を訪ねて

    4日、西夏博物館の新館に展示された「褐釉剔刻花瓷罐」。大白高国とも呼ばれる西夏(1038年-1227年)は、北方民族のひとつ、タングート(党項)族が現在の中国西北部に建国した王朝で、前期に北宋、遼と共存し、後期に南宋、金と対峙したが、後にモンゴル帝国に滅ぼされた。今年6月に開館した寧夏回族自治区銀川(ぎんせん)市の西夏博物館新館では、建築部材や石刻、磁器、絵画、彫塑像など西夏の歴史文化の逸品1万点近くを所蔵している。(銀川=新華社記者/馬麗娟)=2019(令和元)年10月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019101003231

  • 2019年10月04日
    古代王国の神秘のベールをはがす西夏博物館を訪ねて

    4日、西夏博物館の新館に展示された2001年に西夏王陵遺跡3号陵から出土した「紅陶迦陵頻伽」。大白高国とも呼ばれる西夏(1038年-1227年)は、北方民族のひとつ、タングート(党項)族が現在の中国西北部に建国した王朝で、前期に北宋、遼と共存し、後期に南宋、金と対峙したが、後にモンゴル帝国に滅ぼされた。今年6月に開館した寧夏回族自治区銀川(ぎんせん)市の西夏博物館新館では、建築部材や石刻、磁器、絵画、彫塑像など西夏の歴史文化の逸品1万点近くを所蔵している。(銀川=新華社記者/馬麗娟)=2019(令和元)年10月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019101003188

  • 2019年10月04日
    古代王国の神秘のベールをはがす西夏博物館を訪ねて

    4日、西夏博物館の新館に展示された西夏の建築部材「緑釉海獅」。大白高国とも呼ばれる西夏(1038年-1227年)は、北方民族のひとつ、タングート(党項)族が現在の中国西北部に建国した王朝で、前期に北宋、遼と共存し、後期に南宋、金と対峙したが、後にモンゴル帝国に滅ぼされた。今年6月に開館した寧夏回族自治区銀川(ぎんせん)市の西夏博物館新館では、建築部材や石刻、磁器、絵画、彫塑像など西夏の歴史文化の逸品1万点近くを所蔵している。(銀川=新華社記者/馬麗娟)=2019(令和元)年10月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019101003225

  • 2019年10月04日
    古代王国の神秘のベールをはがす西夏博物館を訪ねて

    4日、西夏博物館の新館に展示された「獣面紋緑釉瓦当」。瓦当(がとう)とは、軒丸瓦(のきまるがわら)の先端の円形部分をいう。大白高国とも呼ばれる西夏(1038年-1227年)は、北方民族のひとつ、タングート(党項)族が現在の中国西北部に建国した王朝で、前期に北宋、遼と共存し、後期に南宋、金と対峙したが、後にモンゴル帝国に滅ぼされた。今年6月に開館した寧夏回族自治区銀川(ぎんせん)市の西夏博物館新館では、建築部材や石刻、磁器、絵画、彫塑像など西夏の歴史文化の逸品1万点近くを所蔵している。(銀川=新華社記者/馬麗娟)=2019(令和元)年10月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019101003187

  • 2019年10月04日
    古代王国の神秘のベールをはがす西夏博物館を訪ねて

    4日、西夏博物館の新館に展示された泥製の小仏塔「檫檫」。大白高国とも呼ばれる西夏(1038年-1227年)は、北方民族のひとつ、タングート(党項)族が現在の中国西北部に建国した王朝で、前期に北宋、遼と共存し、後期に南宋、金と対峙したが、後にモンゴル帝国に滅ぼされた。今年6月に開館した寧夏回族自治区銀川(ぎんせん)市の西夏博物館新館では、建築部材や石刻、磁器、絵画、彫塑像など西夏の歴史文化の逸品1万点近くを所蔵している。(銀川=新華社記者/馬麗娟)=2019(令和元)年10月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019101003181

  • 2019年10月04日
    古代王国の神秘のベールをはがす西夏博物館を訪ねて

    4日、西夏博物館の新館に展示された1990年に寧夏回族自治区賀蘭県の宏仏塔遺跡から出土した「木彫女伎楽像」。大白高国とも呼ばれる西夏(1038年-1227年)は、北方民族のひとつ、タングート(党項)族が現在の中国西北部に建国した王朝で、前期に北宋、遼と共存し、後期に南宋、金と対峙したが、後にモンゴル帝国に滅ぼされた。今年6月に開館した寧夏回族自治区銀川(ぎんせん)市の西夏博物館新館では、建築部材や石刻、磁器、絵画、彫塑像など西夏の歴史文化の逸品1万点近くを所蔵している。(銀川=新華社記者/馬麗娟)=2019(令和元)年10月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019101003192

  • 2019年10月04日
    古代王国の神秘のベールをはがす西夏博物館を訪ねて

    4日、西夏博物館の新館に展示された1977年に西夏王陵から出土した「灰砂岩石馬」。大白高国とも呼ばれる西夏(1038年-1227年)は、北方民族のひとつ、タングート(党項)族が現在の中国西北部に建国した王朝で、前期に北宋、遼と共存し、後期に南宋、金と対峙したが、後にモンゴル帝国に滅ぼされた。今年6月に開館した寧夏回族自治区銀川(ぎんせん)市の西夏博物館新館では、建築部材や石刻、磁器、絵画、彫塑像など西夏の歴史文化の逸品1万点近くを所蔵している。(銀川=新華社記者/馬麗娟)=2019(令和元)年10月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019101003229

  • 2019年10月04日
    古代王国の神秘のベールをはがす西夏博物館を訪ねて

    4日、西夏博物館の新館に展示された1990年に寧夏回族自治区賀蘭県の宏仏塔遺跡から出土した仏頭像。大白高国とも呼ばれる西夏(1038年-1227年)は、北方民族のひとつ、タングート(党項)族が現在の中国西北部に建国した王朝で、前期に北宋、遼と共存し、後期に南宋、金と対峙したが、後にモンゴル帝国に滅ぼされた。今年6月に開館した寧夏回族自治区銀川(ぎんせん)市の西夏博物館新館では、建築部材や石刻、磁器、絵画、彫塑像など西夏の歴史文化の逸品1万点近くを所蔵している。(銀川=新華社記者/馬麗娟)=2019(令和元)年10月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019101003196

  • 2019年10月07日
    古代王国の神秘のベールをはがす西夏博物館を訪ねて

    7日、西夏博物館の新館に展示された1998年に西夏王陵遺跡3号陵の西側の碑亭遺跡から出土した「西夏文彩絵描金雲竜紋灰砂岩残碑」。大白高国とも呼ばれる西夏(1038年-1227年)は、北方民族のひとつ、タングート(党項)族が現在の中国西北部に建国した王朝で、前期に北宋、遼と共存し、後期に南宋、金と対峙したが、後にモンゴル帝国に滅ぼされた。今年6月に開館した寧夏回族自治区銀川(ぎんせん)市の西夏博物館新館では、建築部材や石刻、磁器、絵画、彫塑像など西夏の歴史文化の逸品1万点近くを所蔵している。(銀川=新華社記者/馬麗娟)=2019(令和元)年10月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019101003219

  • 2019年10月07日
    古代王国の神秘のベールをはがす西夏博物館を訪ねて

    7日、西夏博物館の新館に展示された西夏文字の「天盛三年首領」銅印(左)と「首領」銅印。西夏文字は西夏の初代皇帝・李元昊(り・げんこう)が大臣の野利仁栄(やりじんえい)に命じて作らせたもので、タングート語をもとに漢字を模倣している。大白高国とも呼ばれる西夏(1038年-1227年)は、北方民族のひとつ、タングート(党項)族が現在の中国西北部に建国した王朝で、前期に北宋、遼と共存し、後期に南宋、金と対峙したが、後にモンゴル帝国に滅ぼされた。今年6月に開館した寧夏回族自治区銀川(ぎんせん)市の西夏博物館新館では、建築部材や石刻、磁器、絵画、彫塑像など西夏の歴史文化の逸品1万点近くを所蔵している。(銀川=新華社記者/馬麗娟)=2019(令和元)年10月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019101003185

  • 2019年10月07日
    古代王国の神秘のベールをはがす西夏博物館を訪ねて

    7日、西夏博物館の新館に展示された「西夏文描金灰砂岩残碑」。大白高国とも呼ばれる西夏(1038年-1227年)は、北方民族のひとつ、タングート(党項)族が現在の中国西北部に建国した王朝で、前期に北宋、遼と共存し、後期に南宋、金と対峙したが、後にモンゴル帝国に滅ぼされた。今年6月に開館した寧夏回族自治区銀川(ぎんせん)市の西夏博物館新館では、建築部材や石刻、磁器、絵画、彫塑像など西夏の歴史文化の逸品1万点近くを所蔵している。(銀川=新華社記者/馬麗娟)=2019(令和元)年10月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019101003236

  • 2019年10月07日
    古代王国の神秘のベールをはがす西夏博物館を訪ねて

    7日、西夏博物館の新館に展示された「吉祥遍至口和本続」。チベット仏教経典の西夏語訳版で、これまでに見つかった最古の木活字版の実物とされる。大白高国とも呼ばれる西夏(1038年-1227年)は、北方民族のひとつ、タングート(党項)族が現在の中国西北部に建国した王朝で、前期に北宋、遼と共存し、後期に南宋、金と対峙したが、後にモンゴル帝国に滅ぼされた。今年6月に開館した寧夏回族自治区銀川(ぎんせん)市の西夏博物館新館では、建築部材や石刻、磁器、絵画、彫塑像など西夏の歴史文化の逸品1万点近くを所蔵している。(銀川=新華社記者/馬麗娟)=2019(令和元)年10月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019101003226

  • 00:39.68
    2019年10月15日
    「新華社」金メッキが施された銅製の観音菩薩像寧夏博物館

    中国の銀川市にある寧夏回族自治区博物館には観音菩薩鎏金銅造像(金メッキが施された銅製の観音菩薩像)が収蔵されている。左足はあぐらのように右足は立て膝という姿勢で蓮華座(れんげざ)に座っている。専門家によると、この菩薩像は西夏時代(1038年-1227年)の仏教の隆盛や西夏王朝の高い鋳造、泥塑、金メッキのレベルをよく表しているという。(記者/劉飛、馮開華)<映像内容>金メッキが施された銅製の観音菩薩像、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019101703324

  • 2019年10月18日
    シルクロードに残る重要文化財黒城遺跡をゆく内モンゴル自治区

    18日、砂漠の中に静かにたたずむ「黒城遺跡」。中国内モンゴル自治区アルシャー盟エジン旗ダライフブ鎮(達来呼布鎮)の東南約25キロの場所にあり、シルクロード・草原の道で保存状態が比較的良好な古城遺跡、「黒城(カラ・ホト)遺跡」は、西暦9世紀に建てられ、2001年に第5回国家重点文物保護単位(国の重要文化財に相当)リストに登録された。西夏時代には、監軍司(地方を支配する官庁)「黒水鎮燕軍」の駐屯地が置かれていたという。19世紀から今日まで、文書などの貴重な文物が多く出土している同遺跡は、国内外の学術研究界から広く注目されている。(アルシャー=新華社記者/彭源)=2019(令和元)年10月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019102800764

  • 2019年10月18日
    シルクロードに残る重要文化財黒城遺跡をゆく内モンゴル自治区

    18日、砂漠の中に静かにたたずむ「黒城遺跡」の仏塔。中国内モンゴル自治区アルシャー盟エジン旗ダライフブ鎮(達来呼布鎮)の東南約25キロの場所にあり、シルクロード・草原の道で保存状態が比較的良好な古城遺跡、「黒城(カラ・ホト)遺跡」は、西暦9世紀に建てられ、2001年に第5回国家重点文物保護単位(国の重要文化財に相当)リストに登録された。西夏時代には、監軍司(地方を支配する官庁)「黒水鎮燕軍」の駐屯地が置かれていたという。19世紀から今日まで、文書などの貴重な文物が多く出土している同遺跡は、国内外の学術研究界から広く注目されている。(アルシャー=新華社記者/彭源)=2019(令和元)年10月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019102800748

  • 2019年10月18日
    シルクロードに残る重要文化財黒城遺跡をゆく内モンゴル自治区

    18日、黒城遺跡で写真を撮る観光客。中国内モンゴル自治区アルシャー盟エジン旗ダライフブ鎮(達来呼布鎮)の東南約25キロの場所にあり、シルクロード・草原の道で保存状態が比較的良好な古城遺跡、「黒城(カラ・ホト)遺跡」は、西暦9世紀に建てられ、2001年に第5回国家重点文物保護単位(国の重要文化財に相当)リストに登録された。西夏時代には、監軍司(地方を支配する官庁)「黒水鎮燕軍」の駐屯地が置かれていたという。19世紀から今日まで、文書などの貴重な文物が多く出土している同遺跡は、国内外の学術研究界から広く注目されている。(アルシャー=新華社記者/彭源)=2019(令和元)年10月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019102800637

  • 2019年10月18日
    シルクロードに残る重要文化財黒城遺跡をゆく内モンゴル自治区

    18日、空から見た黒城遺跡の全景。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区アルシャー盟エジン旗ダライフブ鎮(達来呼布鎮)の東南約25キロの場所にあり、シルクロード・草原の道で保存状態が比較的良好な古城遺跡、「黒城(カラ・ホト)遺跡」は、西暦9世紀に建てられ、2001年に第5回国家重点文物保護単位(国の重要文化財に相当)リストに登録された。西夏時代には、監軍司(地方を支配する官庁)「黒水鎮燕軍」の駐屯地が置かれていたという。19世紀から今日まで、文書などの貴重な文物が多く出土している同遺跡は、国内外の学術研究界から広く注目されている。(アルシャー=新華社記者/彭源)=2019(令和元)年10月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019102800787

  • 2019年10月18日
    シルクロードに残る重要文化財黒城遺跡をゆく内モンゴル自治区

    18日、空から見た黒城遺跡の全景。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区アルシャー盟エジン旗ダライフブ鎮(達来呼布鎮)の東南約25キロの場所にあり、シルクロード・草原の道で保存状態が比較的良好な古城遺跡、「黒城(カラ・ホト)遺跡」は、西暦9世紀に建てられ、2001年に第5回国家重点文物保護単位(国の重要文化財に相当)リストに登録された。西夏時代には、監軍司(地方を支配する官庁)「黒水鎮燕軍」の駐屯地が置かれていたという。19世紀から今日まで、文書などの貴重な文物が多く出土している同遺跡は、国内外の学術研究界から広く注目されている。(アルシャー=新華社記者/彭源)=2019(令和元)年10月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019102800821

  • 2019年10月18日
    シルクロードに残る重要文化財黒城遺跡をゆく内モンゴル自治区

    18日、砂漠の中に静かにたたずむ「黒城遺跡」の仏塔。中国内モンゴル自治区アルシャー盟エジン旗ダライフブ鎮(達来呼布鎮)の東南約25キロの場所にあり、シルクロード・草原の道で保存状態が比較的良好な古城遺跡、「黒城(カラ・ホト)遺跡」は、西暦9世紀に建てられ、2001年に第5回国家重点文物保護単位(国の重要文化財に相当)リストに登録された。西夏時代には、監軍司(地方を支配する官庁)「黒水鎮燕軍司」の駐屯地が置かれていたという。19世紀から今日まで、文書などの貴重な文物が多く出土している同遺跡は、国内外の学術研究界から広く注目されている。(アルシャー=新華社記者/彭源)=2019(令和元)年10月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019102800738

  • 2019年10月18日
    シルクロードに残る重要文化財黒城遺跡をゆく内モンゴル自治区

    18日、空から見た黒城遺跡の全景。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区アルシャー盟エジン旗ダライフブ鎮(達来呼布鎮)の東南約25キロの場所にあり、シルクロード・草原の道で保存状態が比較的良好な古城遺跡、「黒城(カラ・ホト)遺跡」は、西暦9世紀に建てられ、2001年に第5回国家重点文物保護単位(国の重要文化財に相当)リストに登録された。西夏時代には、監軍司(地方を支配する官庁)「黒水鎮燕軍」の駐屯地が置かれていたという。19世紀から今日まで、文書などの貴重な文物が多く出土している同遺跡は、国内外の学術研究界から広く注目されている。(アルシャー=新華社記者/彭源)=2019(令和元)年10月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019102800758

  • 2019年10月18日
    シルクロードに残る重要文化財黒城遺跡をゆく内モンゴル自治区

    18日、空から見た黒城遺跡。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区アルシャー盟エジン旗ダライフブ鎮(達来呼布鎮)の東南約25キロの場所にあり、シルクロード・草原の道で保存状態が比較的良好な古城遺跡、「黒城(カラ・ホト)遺跡」は、西暦9世紀に建てられ、2001年に第5回国家重点文物保護単位(国の重要文化財に相当)リストに登録された。西夏時代には、監軍司(地方を支配する官庁)「黒水鎮燕軍」の駐屯地が置かれていたという。19世紀から今日まで、文書などの貴重な文物が多く出土している同遺跡は、国内外の学術研究界から広く注目されている。(アルシャー=新華社記者/彭源)=2019(令和元)年10月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019102800919

  • 2019年10月19日
    シルクロードに残る重要文化財黒城遺跡をゆく内モンゴル自治区

    19日、砂漠の中に静かにたたずむ「黒城遺跡」。中国内モンゴル自治区アルシャー盟エジン旗ダライフブ鎮(達来呼布鎮)の東南約25キロの場所にあり、シルクロード・草原の道で保存状態が比較的良好な古城遺跡、「黒城(カラ・ホト)遺跡」は、西暦9世紀に建てられ、2001年に第5回国家重点文物保護単位(国の重要文化財に相当)リストに登録された。西夏時代には、監軍司(地方を支配する官庁)「黒水鎮燕軍」の駐屯地が置かれていたという。19世紀から今日まで、文書などの貴重な文物が多く出土している同遺跡は、国内外の学術研究界から広く注目されている。(アルシャー=新華社記者/彭源)=2019(令和元)年10月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019102800756

  • 2019年10月19日
    シルクロードに残る重要文化財黒城遺跡をゆく内モンゴル自治区

    19日、空から見た黒城遺跡の全景。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区アルシャー盟エジン旗ダライフブ鎮(達来呼布鎮)の東南約25キロの場所にあり、シルクロード・草原の道で保存状態が比較的良好な古城遺跡、「黒城(カラ・ホト)遺跡」は、西暦9世紀に建てられ、2001年に第5回国家重点文物保護単位(国の重要文化財に相当)リストに登録された。西夏時代には、監軍司(地方を支配する官庁)「黒水鎮燕軍」の駐屯地が置かれていたという。19世紀から今日まで、文書などの貴重な文物が多く出土している同遺跡は、国内外の学術研究界から広く注目されている。(アルシャー=新華社記者/彭源)=2019(令和元)年10月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019102800897

  • 2019年10月19日
    シルクロードに残る重要文化財黒城遺跡をゆく内モンゴル自治区

    19日、夕日に照らされる黒城遺跡。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区アルシャー盟エジン旗ダライフブ鎮(達来呼布鎮)の東南約25キロの場所にあり、シルクロード・草原の道で保存状態が比較的良好な古城遺跡、「黒城(カラ・ホト)遺跡」は、西暦9世紀に建てられ、2001年に第5回国家重点文物保護単位(国の重要文化財に相当)リストに登録された。西夏時代には、監軍司(地方を支配する官庁)「黒水鎮燕軍」の駐屯地が置かれていたという。19世紀から今日まで、文書などの貴重な文物が多く出土している同遺跡は、国内外の学術研究界から広く注目されている。(アルシャー=新華社記者/彭源)=2019(令和元)年10月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019102800889

  • 01:12.79
    2019年10月28日
    「新華社」シルクロードに残る重要文化財黒城遺跡をゆく内モンゴル自治区

    国内モンゴル自治区アルシャー盟エジン旗ダライフブ鎮(達来呼布鎮)の東南約25キロの場所にあり、シルクロード・草原の道で保存状態が比較的良好な古城遺跡、「黒城(カラ・ホト)遺跡」は、西暦9世紀に建てられ、2001年に第5回国家重点文物保護単位(国の重要文化財に相当)リストに登録された。西夏時代には、監軍司(地方を支配する官庁)「黒水鎮燕軍」の駐屯地が置かれていたという。19世紀から今日まで、文書などの貴重な文物が多く出土している同遺跡は、国内外の学術研究界から広く注目されている。(記者/張晟、王雪氷)<映像内容>黒城遺跡の風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019103000369

  • 2020年01月14日
    張掖大仏寺、西夏の皇室寺院を訪ねて甘粛省

    14日、張掖大仏寺大仏殿の釈迦涅槃像の足部。張掖(ちょうえき)大仏寺は中国甘粛省張掖市甘州区にある。西夏王朝第4代皇帝崇宗(李乾順)の永安元年(1098年)に建立された。明代には宝覚寺、清代には宏仁寺と呼ばれたが、境内に巨大な涅槃仏が安置されていることから巷では「大仏寺」と呼ばれている。シルクロードの重要な名所旧跡の一つであり、国家重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定されている。境内の面積は6万平方メートル余りで、現存する西夏の皇室寺院の中では最も規模が大きく、保存状態も良い。西夏時代の仏教建築として大仏殿が残されており、殿内には長さ35メートル、高さ7・5メートルの釈迦涅槃像がある。涅槃像の後ろには十大弟子像、傍らには十八羅漢像などが並び、西遊記や観音菩薩八難救済などを描いた壁画も保存されている。(張掖=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年1月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020012100729

  • 2020年01月14日
    張掖大仏寺、西夏の皇室寺院を訪ねて甘粛省

    14日、張掖大仏寺大仏殿の壁画。張掖(ちょうえき)大仏寺は中国甘粛省張掖市甘州区にある。西夏王朝第4代皇帝崇宗(李乾順)の永安元年(1098年)に建立された。明代には宝覚寺、清代には宏仁寺と呼ばれたが、境内に巨大な涅槃仏が安置されていることから巷では「大仏寺」と呼ばれている。シルクロードの重要な名所旧跡の一つであり、国家重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定されている。境内の面積は6万平方メートル余りで、現存する西夏の皇室寺院の中では最も規模が大きく、保存状態も良い。西夏時代の仏教建築として大仏殿が残されており、殿内には長さ35メートル、高さ7・5メートルの釈迦涅槃像がある。涅槃像の後ろには十大弟子像、傍らには十八羅漢像などが並び、西遊記や観音菩薩八難救済などを描いた壁画も保存されている。(張掖=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年1月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020012100704

  • 2020年01月14日
    張掖大仏寺、西夏の皇室寺院を訪ねて甘粛省

    14日、張掖大仏寺の大仏殿内に安置された釈迦涅槃像。張掖(ちょうえき)大仏寺は中国甘粛省張掖市甘州区にある。西夏王朝第4代皇帝崇宗(李乾順)の永安元年(1098年)に建立された。明代には宝覚寺、清代には宏仁寺と呼ばれたが、境内に巨大な涅槃仏が安置されていることから巷では「大仏寺」と呼ばれている。シルクロードの重要な名所旧跡の一つであり、国家重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定されている。境内の面積は6万平方メートル余りで、現存する西夏の皇室寺院の中では最も規模が大きく、保存状態も良い。西夏時代の仏教建築として大仏殿が残されており、殿内には長さ35メートル、高さ7・5メートルの釈迦涅槃像がある。涅槃像の後ろには十大弟子像、傍らには十八羅漢像などが並び、西遊記や観音菩薩八難救済などを描いた壁画も保存されている。(張掖=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年1月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020012100706

  • 2020年01月14日
    張掖大仏寺、西夏の皇室寺院を訪ねて甘粛省

    14日、張掖大仏寺大仏殿の扁額。張掖(ちょうえき)大仏寺は中国甘粛省張掖市甘州区にある。西夏王朝第4代皇帝崇宗(李乾順)の永安元年(1098年)に建立された。明代には宝覚寺、清代には宏仁寺と呼ばれたが、境内に巨大な涅槃仏が安置されていることから巷では「大仏寺」と呼ばれている。シルクロードの重要な名所旧跡の一つであり、国家重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定されている。境内の面積は6万平方メートル余りで、現存する西夏の皇室寺院の中では最も規模が大きく、保存状態も良い。西夏時代の仏教建築として大仏殿が残されており、殿内には長さ35メートル、高さ7・5メートルの釈迦涅槃像がある。涅槃像の後ろには十大弟子像、傍らには十八羅漢像などが並び、西遊記や観音菩薩八難救済などを描いた壁画も保存されている。(張掖=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年1月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020012100711

  • 2020年01月14日
    張掖大仏寺、西夏の皇室寺院を訪ねて甘粛省

    14日、張掖大仏寺の大仏殿。張掖(ちょうえき)大仏寺は中国甘粛省張掖市甘州区にある。西夏王朝第4代皇帝崇宗(李乾順)の永安元年(1098年)に建立された。明代には宝覚寺、清代には宏仁寺と呼ばれたが、境内に巨大な涅槃仏が安置されていることから巷では「大仏寺」と呼ばれている。シルクロードの重要な名所旧跡の一つであり、国家重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定されている。境内の面積は6万平方メートル余りで、現存する西夏の皇室寺院の中では最も規模が大きく、保存状態も良い。西夏時代の仏教建築として大仏殿が残されており、殿内には長さ35メートル、高さ7・5メートルの釈迦涅槃像がある。涅槃像の後ろには十大弟子像、傍らには十八羅漢像などが並び、西遊記や観音菩薩八難救済などを描いた壁画も保存されている。(張掖=新華社配信/馬希平)=2020(令和2)年1月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020012100671

  • 2020年01月14日
    張掖大仏寺、西夏の皇室寺院を訪ねて甘粛省

    14日、張掖大仏寺大仏殿の釈迦涅槃像の頭部。張掖(ちょうえき)大仏寺は中国甘粛省張掖市甘州区にある。西夏王朝第4代皇帝崇宗(李乾順)の永安元年(1098年)に建立された。明代には宝覚寺、清代には宏仁寺と呼ばれたが、境内に巨大な涅槃仏が安置されていることから巷では「大仏寺」と呼ばれている。シルクロードの重要な名所旧跡の一つであり、国家重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定されている。境内の面積は6万平方メートル余りで、現存する西夏の皇室寺院の中では最も規模が大きく、保存状態も良い。西夏時代の仏教建築として大仏殿が残されており、殿内には長さ35メートル、高さ7・5メートルの釈迦涅槃像がある。涅槃像の後ろには十大弟子像、傍らには十八羅漢像などが並び、西遊記や観音菩薩八難救済などを描いた壁画も保存されている。(張掖=新華社配信/馬希平)=2020(令和2)年1月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020012100652

  • 2020年01月14日
    張掖大仏寺、西夏の皇室寺院を訪ねて甘粛省

    14日、張掖大仏寺の大仏殿。張掖(ちょうえき)大仏寺は中国甘粛省張掖市甘州区にある。西夏王朝第4代皇帝崇宗(李乾順)の永安元年(1098年)に建立された。明代には宝覚寺、清代には宏仁寺と呼ばれたが、境内に巨大な涅槃仏が安置されていることから巷では「大仏寺」と呼ばれている。シルクロードの重要な名所旧跡の一つであり、国家重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定されている。境内の面積は6万平方メートル余りで、現存する西夏の皇室寺院の中では最も規模が大きく、保存状態も良い。西夏時代の仏教建築として大仏殿が残されており、殿内には長さ35メートル、高さ7・5メートルの釈迦涅槃像がある。涅槃像の後ろには十大弟子像、傍らには十八羅漢像などが並び、西遊記や観音菩薩八難救済などを描いた壁画も保存されている。(張掖=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年1月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020012100621

  • 2020年01月14日
    張掖大仏寺、西夏の皇室寺院を訪ねて甘粛省

    14日、張掖大仏寺大仏殿の十八羅漢像。張掖(ちょうえき)大仏寺は中国甘粛省張掖市甘州区にある。西夏王朝第4代皇帝崇宗(李乾順)の永安元年(1098年)に建立された。明代には宝覚寺、清代には宏仁寺と呼ばれたが、境内に巨大な涅槃仏が安置されていることから巷では「大仏寺」と呼ばれている。シルクロードの重要な名所旧跡の一つであり、国家重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定されている。境内の面積は6万平方メートル余りで、現存する西夏の皇室寺院の中では最も規模が大きく、保存状態も良い。西夏時代の仏教建築として大仏殿が残されており、殿内には長さ35メートル、高さ7・5メートルの釈迦涅槃像がある。涅槃像の後ろには十大弟子像、傍らには十八羅漢像などが並び、西遊記や観音菩薩八難救済などを描いた壁画も保存されている。(張掖=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年1月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020012100608

  • 2020年01月14日
    張掖大仏寺、西夏の皇室寺院を訪ねて甘粛省

    14日、張掖大仏寺大仏殿の釈迦涅槃像の頭部。張掖(ちょうえき)大仏寺は中国甘粛省張掖市甘州区にある。西夏王朝第4代皇帝崇宗(李乾順)の永安元年(1098年)に建立された。明代には宝覚寺、清代には宏仁寺と呼ばれたが、境内に巨大な涅槃仏が安置されていることから巷では「大仏寺」と呼ばれている。シルクロードの重要な名所旧跡の一つであり、国家重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定されている。境内の面積は6万平方メートル余りで、現存する西夏の皇室寺院の中では最も規模が大きく、保存状態も良い。西夏時代の仏教建築として大仏殿が残されており、殿内には長さ35メートル、高さ7・5メートルの釈迦涅槃像がある。涅槃像の後ろには十大弟子像、傍らには十八羅漢像などが並び、西遊記や観音菩薩八難救済などを描いた壁画も保存されている。(張掖=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年1月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020012100727

  • 2020年01月14日
    張掖大仏寺、西夏の皇室寺院を訪ねて甘粛省

    14日、張掖大仏寺大仏殿の地蔵菩薩像と西遊記の壁画。張掖(ちょうえき)大仏寺は中国甘粛省張掖市甘州区にある。西夏王朝第4代皇帝崇宗(李乾順)の永安元年(1098年)に建立された。明代には宝覚寺、清代には宏仁寺と呼ばれたが、境内に巨大な涅槃仏が安置されていることから巷では「大仏寺」と呼ばれている。シルクロードの重要な名所旧跡の一つであり、国家重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定されている。境内の面積は6万平方メートル余りで、現存する西夏の皇室寺院の中では最も規模が大きく、保存状態も良い。西夏時代の仏教建築として大仏殿が残されており、殿内には長さ35メートル、高さ7・5メートルの釈迦涅槃像がある。涅槃像の後ろには十大弟子像、傍らには十八羅漢像などが並び、西遊記や観音菩薩八難救済などを描いた壁画も保存されている。(張掖=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年1月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020012100731

  • 2020年01月14日
    張掖大仏寺、西夏の皇室寺院を訪ねて甘粛省

    14日、張掖大仏寺大仏殿の観音菩薩像と観音菩薩八難救済図。張掖(ちょうえき)大仏寺は中国甘粛省張掖市甘州区にある。西夏王朝第4代皇帝崇宗(李乾順)の永安元年(1098年)に建立された。明代には宝覚寺、清代には宏仁寺と呼ばれたが、境内に巨大な涅槃仏が安置されていることから巷では「大仏寺」と呼ばれている。シルクロードの重要な名所旧跡の一つであり、国家重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定されている。境内の面積は6万平方メートル余りで、現存する西夏の皇室寺院の中では最も規模が大きく、保存状態も良い。西夏時代の仏教建築として大仏殿が残されており、殿内には長さ35メートル、高さ7・5メートルの釈迦涅槃像がある。涅槃像の後ろには十大弟子像、傍らには十八羅漢像などが並び、西遊記や観音菩薩八難救済などを描いた壁画も保存されている。(張掖=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年1月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020012100648

  • 2020年01月14日
    張掖大仏寺、西夏の皇室寺院を訪ねて甘粛省

    14日、張掖大仏寺大仏殿の釈迦涅槃像の頭部。張掖(ちょうえき)大仏寺は中国甘粛省張掖市甘州区にある。西夏王朝第4代皇帝崇宗(李乾順)の永安元年(1098年)に建立された。明代には宝覚寺、清代には宏仁寺と呼ばれたが、境内に巨大な涅槃仏が安置されていることから巷では「大仏寺」と呼ばれている。シルクロードの重要な名所旧跡の一つであり、国家重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定されている。境内の面積は6万平方メートル余りで、現存する西夏の皇室寺院の中では最も規模が大きく、保存状態も良い。西夏時代の仏教建築として大仏殿が残されており、殿内には長さ35メートル、高さ7・5メートルの釈迦涅槃像がある。涅槃像の後ろには十大弟子像、傍らには十八羅漢像などが並び、西遊記や観音菩薩八難救済などを描いた壁画も保存されている。(張掖=新華社配信/馬希平)=2020(令和2)年1月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020012100722

  • 2020年01月14日
    張掖大仏寺、西夏の皇室寺院を訪ねて甘粛省

    14日、張掖大仏寺大仏殿の竜の塑像。張掖(ちょうえき)大仏寺は中国甘粛省張掖市甘州区にある。西夏王朝第4代皇帝崇宗(李乾順)の永安元年(1098年)に建立された。明代には宝覚寺、清代には宏仁寺と呼ばれたが、境内に巨大な涅槃仏が安置されていることから巷では「大仏寺」と呼ばれている。シルクロードの重要な名所旧跡の一つであり、国家重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定されている。境内の面積は6万平方メートル余りで、現存する西夏の皇室寺院の中では最も規模が大きく、保存状態も良い。西夏時代の仏教建築として大仏殿が残されており、殿内には長さ35メートル、高さ7・5メートルの釈迦涅槃像がある。涅槃像の後ろには十大弟子像、傍らには十八羅漢像などが並び、西遊記や観音菩薩八難救済などを描いた壁画も保存されている。(張掖=新華社配信/馬希平)=2020(令和2)年1月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020012100633

  • 2020年01月14日
    張掖大仏寺、西夏の皇室寺院を訪ねて甘粛省

    14日、張掖大仏寺大仏殿の壁画。張掖(ちょうえき)大仏寺は中国甘粛省張掖市甘州区にある。西夏王朝第4代皇帝崇宗(李乾順)の永安元年(1098年)に建立された。明代には宝覚寺、清代には宏仁寺と呼ばれたが、境内に巨大な涅槃仏が安置されていることから巷では「大仏寺」と呼ばれている。シルクロードの重要な名所旧跡の一つであり、国家重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定されている。境内の面積は6万平方メートル余りで、現存する西夏の皇室寺院の中では最も規模が大きく、保存状態も良い。西夏時代の仏教建築として大仏殿が残されており、殿内には長さ35メートル、高さ7・5メートルの釈迦涅槃像がある。涅槃像の後ろには十大弟子像、傍らには十八羅漢像などが並び、西遊記や観音菩薩八難救済などを描いた壁画も保存されている。(張掖=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年1月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020012100672

  • 2020年01月14日
    張掖大仏寺、西夏の皇室寺院を訪ねて甘粛省

    14日、張掖大仏寺大仏殿の壁画。張掖(ちょうえき)大仏寺は中国甘粛省張掖市甘州区にある。西夏王朝第4代皇帝崇宗(李乾順)の永安元年(1098年)に建立された。明代には宝覚寺、清代には宏仁寺と呼ばれたが、境内に巨大な涅槃仏が安置されていることから巷では「大仏寺」と呼ばれている。シルクロードの重要な名所旧跡の一つであり、国家重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定されている。境内の面積は6万平方メートル余りで、現存する西夏の皇室寺院の中では最も規模が大きく、保存状態も良い。西夏時代の仏教建築として大仏殿が残されており、殿内には長さ35メートル、高さ7・5メートルの釈迦涅槃像がある。涅槃像の後ろには十大弟子像、傍らには十八羅漢像などが並び、西遊記や観音菩薩八難救済などを描いた壁画も保存されている。(張掖=新華社配信/馬希平)=2020(令和2)年1月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020012100724

  • 2020年01月14日
    張掖大仏寺、西夏の皇室寺院を訪ねて甘粛省

    14日、張掖大仏寺の大仏殿。張掖(ちょうえき)大仏寺は中国甘粛省張掖市甘州区にある。西夏王朝第4代皇帝崇宗(李乾順)の永安元年(1098年)に建立された。明代には宝覚寺、清代には宏仁寺と呼ばれたが、境内に巨大な涅槃仏が安置されていることから巷では「大仏寺」と呼ばれている。シルクロードの重要な名所旧跡の一つであり、国家重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定されている。境内の面積は6万平方メートル余りで、現存する西夏の皇室寺院の中では最も規模が大きく、保存状態も良い。西夏時代の仏教建築として大仏殿が残されており、殿内には長さ35メートル、高さ7・5メートルの釈迦涅槃像がある。涅槃像の後ろには十大弟子像、傍らには十八羅漢像などが並び、西遊記や観音菩薩八難救済などを描いた壁画も保存されている。(張掖=新華社配信/馬希平)=2020(令和2)年1月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020012100717

  • 1
  • 2