KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 西洋
  • 鄭和
  • てい
  • もん
  • 位置
  • 修理
  • 千年
  • 大名鎮
  • 平成
  • 役割

「西洋下り」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
25
( 1 25 件を表示)
  • 1
25
( 1 25 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2019年02月07日
    千年の歴史ある古い村を訪ねて福建省福州市

    7日、千年の歴史ある古い村、閩安村の一角。中国福建省福州市馬尾(ばお)区に位置する閩安(びんあん)村は、省内でも長い歴史と文化を持つ村として知られている。唐代の893年に巡検司衙門(がもん)が設置され、宋代には省内四大名鎮の筆頭格となった。元・明・清代には軍事・海上貿易の要衝としての役割を担っていた。明代の武将、鄭和(ていわ)は南海遠征(鄭和の西洋下り)の際に、船舶の補給や修理のために閩安港に停泊したことがあったという。(福州=新華社記者/魏培全)=2019(平成31)年2月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019021310121

  • 2019年02月07日
    千年の歴史ある古い村を訪ねて福建省福州市

    7日、古代砲台の展望塔遺跡の上に建てられた閩安楼。中国福建省福州市馬尾(ばお)区に位置する閩安(びんあん)村は、省内でも長い歴史と文化を持つ村として知られている。唐代の893年に巡検司衙門(がもん)が設置され、宋代には省内四大名鎮の筆頭格となった。元・明・清代には軍事・海上貿易の要衝としての役割を担っていた。明代の武将、鄭和(ていわ)は南海遠征(鄭和の西洋下り)の際に、船舶の補給や修理のために閩安港に停泊したことがあったという。(福州=新華社記者/魏培全)=2019(平成31)年2月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019021310116

  • 2019年02月07日
    千年の歴史ある古い村を訪ねて福建省福州市

    7日、閩安楼に展示されている閩安村の歴史に関する史料(レプリカ)。中国福建省福州市馬尾(ばび)区に位置する閩安(びんあん)村は、省内でも長い歴史と文化を持つ村として知られている。唐代の893年に巡検司衙門(がもん)が設置され、宋代には省内四大名鎮の筆頭格となった。元・明・清代には軍事・海上貿易の要衝としての役割を担っていた。明代の武将、鄭和(ていわ)は南海遠征(鄭和の西洋下り)の際に、船舶の補給や修理のために閩安港に停泊したことがあったという。(福州=新華社記者/魏培全)=2019(平成31)年2月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019021310141

  • 2019年02月07日
    千年の歴史ある古い村を訪ねて福建省福州市

    7日、千年の歴史ある古い村、閩安村の路地裏の様子。中国福建省福州市馬尾(ばお)区に位置する閩安(びんあん)村は、省内でも長い歴史と文化を持つ村として知られている。唐代の893年に巡検司衙門(がもん)が設置され、宋代には省内四大名鎮の筆頭格となった。元・明・清代には軍事・海上貿易の要衝としての役割を担っていた。明代の武将、鄭和(ていわ)は南海遠征(鄭和の西洋下り)の際に、船舶の補給や修理のために閩安港に停泊したことがあったという。(福州=新華社記者/魏培全)=2019(平成31)年2月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019021310098

  • 2019年02月07日
    千年の歴史ある古い村を訪ねて福建省福州市

    7日、閩安楼に展示されている閩安村の歴史に関する史料(レプリカ)。中国福建省福州市馬尾(ばび)区に位置する閩安(びんあん)村は、省内でも長い歴史と文化を持つ村として知られている。唐代の893年に巡検司衙門(がもん)が設置され、宋代には省内四大名鎮の筆頭格となった。元・明・清代には軍事・海上貿易の要衝としての役割を担っていた。明代の武将、鄭和(ていわ)は南海遠征(鄭和の西洋下り)の際に、船舶の補給や修理のために閩安港に停泊したことがあったという。(福州=新華社記者/魏培全)=2019(平成31)年2月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019021310137

  • 2019年02月07日
    千年の歴史ある古い村を訪ねて福建省福州市

    7日、閩安楼に展示されている閩安村の歴史に関する文物(レプリカ)。中国福建省福州市馬尾(ばび)区に位置する閩安(びんあん)村は、省内でも長い歴史と文化を持つ村として知られている。唐代の893年に巡検司衙門(がもん)が設置され、宋代には省内四大名鎮の筆頭格となった。元・明・清代には軍事・海上貿易の要衝としての役割を担っていた。明代の武将、鄭和(ていわ)は南海遠征(鄭和の西洋下り)の際に、船舶の補給や修理のために閩安港に停泊したことがあったという。(福州=新華社記者/魏培全)=2019(平成31)年2月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019021310146

  • 2019年02月07日
    千年の歴史ある古い村を訪ねて福建省福州市

    7日、閩安楼に展示されている閩安村の歴史に関する史料(レプリカ)。中国福建省福州市馬尾(ばび)区に位置する閩安(びんあん)村は、省内でも長い歴史と文化を持つ村として知られている。唐代の893年に巡検司衙門(がもん)が設置され、宋代には省内四大名鎮の筆頭格となった。元・明・清代には軍事・海上貿易の要衝としての役割を担っていた。明代の武将、鄭和(ていわ)は南海遠征(鄭和の西洋下り)の際に、船舶の補給や修理のために閩安港に停泊したことがあったという。(福州=新華社記者/魏培全)=2019(平成31)年2月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019021310169

  • 2019年02月07日
    千年の歴史ある古い村を訪ねて福建省福州市

    7日、文化クリエイティブ産業と商業施設の整備が進む閔安村。中国福建省福州市馬尾(ばび)区に位置する閩安(びんあん)村は、省内でも長い歴史と文化を持つ村として知られている。唐代の893年に巡検司衙門(がもん)が設置され、宋代には省内四大名鎮の筆頭格となった。元・明・清代には軍事・海上貿易の要衝としての役割を担っていた。明代の武将、鄭和(ていわ)は南海遠征(鄭和の西洋下り)の際に、船舶の補給や修理のために閩安港に停泊したことがあったという。(福州=新華社記者/魏培全)=2019(平成31)年2月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019021310154

  • 2019年02月07日
    千年の歴史ある古い村を訪ねて福建省福州市

    7日、閩安楼に展示されている閩安村の歴史に関する史料(レプリカ)。中国福建省福州市馬尾(ばび)区に位置する閩安(びんあん)村は、省内でも長い歴史と文化を持つ村として知られている。唐代の893年に巡検司衙門(がもん)が設置され、宋代には省内四大名鎮の筆頭格となった。元・明・清代には軍事・海上貿易の要衝としての役割を担っていた。明代の武将、鄭和(ていわ)は南海遠征(鄭和の西洋下り)の際に、船舶の補給や修理のために閩安港に停泊したことがあったという。(福州=新華社記者/魏培全)=2019(平成31)年2月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019021310129

  • 2019年02月07日
    千年の歴史ある古い村を訪ねて福建省福州市

    7日、文化クリエイティブ産業と商業の整備が進む閔安村。中国福建省福州市馬尾(ばび)区に位置する閩安(びんあん)村は、省内でも長い歴史と文化を持つ村として知られている。唐代の893年に巡検司衙門(がもん)が設置され、宋代には省内四大名鎮の筆頭格となった。元・明・清代には軍事・海上貿易の要衝としての役割を担っていた。明代の武将、鄭和(ていわ)は南海遠征(鄭和の西洋下り)の際に、船舶の補給や修理のために閩安港に停泊したことがあったという。(福州=新華社記者/魏培全)=2019(平成31)年2月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019021310151

  • 2019年02月07日
    千年の歴史ある古い村を訪ねて福建省福州市

    7日、閩安楼に展示されている閩安村の歴史に関する史料(レプリカ)。中国福建省福州市馬尾(ばび)区に位置する閩安(びんあん)村は、省内でも長い歴史と文化を持つ村として知られている。唐代の893年に巡検司衙門(がもん)が設置され、宋代には省内四大名鎮の筆頭格となった。元・明・清代には軍事・海上貿易の要衝としての役割を担っていた。明代の武将、鄭和(ていわ)は南海遠征(鄭和の西洋下り)の際に、船舶の補給や修理のために閩安港に停泊したことがあったという。(福州=新華社記者/魏培全)=2019(平成31)年2月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019021310178

  • 2019年02月07日
    千年の歴史ある古い村を訪ねて福建省福州市

    7日、千年の歴史ある古い村、閩安村の全景。中国福建省福州市馬尾(ばお)区に位置する閩安(びんあん)村は、省内でも長い歴史と文化を持つ村として知られている。唐代の893年に巡検司衙門(がもん)が設置され、宋代には省内四大名鎮の筆頭格となった。元・明・清代には軍事・海上貿易の要衝としての役割を担っていた。明代の武将、鄭和(ていわ)は南海遠征(鄭和の西洋下り)の際に、船舶の補給や修理のために閩安港に停泊したことがあったという。(福州=新華社記者/魏培全)=2019(平成31)年2月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019021310106

  • 2019年02月07日
    千年の歴史ある古い村を訪ねて福建省福州市

    7日、閩江(びんこう)に面した閩安村。中国福建省福州市馬尾(ばび)区に位置する閩安(びんあん)村は、省内でも長い歴史と文化を持つ村として知られている。唐代の893年に巡検司衙門(がもん)が設置され、宋代には省内四大名鎮の筆頭格となった。元・明・清代には軍事・海上貿易の要衝としての役割を担っていた。明代の武将、鄭和(ていわ)は南海遠征(鄭和の西洋下り)の際に、船舶の補給や修理のために閩安港に停泊したことがあったという。(福州=新華社記者/魏培全)=2019(平成31)年2月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019021310114

  • 2019年02月07日
    千年の歴史ある古い村を訪ねて福建省福州市

    7日、閩江(びんこう)に面した閩安村。中国福建省福州市馬尾(ばび)区に位置する閩安(びんあん)村は、省内でも長い歴史と文化を持つ村として知られている。唐代の893年に巡検司衙門(がもん)が設置され、宋代には省内四大名鎮の筆頭格となった。元・明・清代には軍事・海上貿易の要衝としての役割を担っていた。明代の武将、鄭和(ていわ)は南海遠征(鄭和の西洋下り)の際に、船舶の補給や修理のために閩安港に停泊したことがあったという。(福州=新華社記者/魏培全)=2019(平成31)年2月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019021310123

  • 2019年02月07日
    千年の歴史ある古い村を訪ねて福建省福州市

    7日、馬尾区亭江鎮閩安村を流れる邢港河(けいこうが)に架かる迥竜橋(けいりゅうきょう)。「省級重点文物保護単位」に指定されている。中国福建省福州市馬尾(ばお)区に位置する閩安(びんあん)村は、省内でも長い歴史と文化を持つ村として知られている。唐代の893年に巡検司衙門(がもん)が設置され、宋代には省内四大名鎮の筆頭格となった。元・明・清代には軍事・海上貿易の要衝としての役割を担っていた。明代の武将、鄭和(ていわ)は南海遠征(鄭和の西洋下り)の際に、船舶の補給や修理のために閩安港に停泊したことがあったという。(福州=新華社記者/魏培全)=2019(平成31)年2月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019021310094

  • 2019年02月07日
    千年の歴史ある古い村を訪ねて福建省福州市

    7日、閩安村を流れる邢港河(けいこうが)沿岸の風景。中国福建省福州市馬尾(ばお)区に位置する閩安(びんあん)村は、省内でも長い歴史と文化を持つ村として知られている。唐代の893年に巡検司衙門(がもん)が設置され、宋代には省内四大名鎮の筆頭格となった。元・明・清代には軍事・海上貿易の要衝としての役割を担っていた。明代の武将、鄭和(ていわ)は南海遠征(鄭和の西洋下り)の際に、船舶の補給や修理のために閩安港に停泊したことがあったという。(福州=新華社記者/魏培全)=2019(平成31)年2月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019021310095

  • 2019年02月07日
    千年の歴史ある古い村を訪ねて福建省福州市

    7日、文化クリエイティブ産業と商業施設の整備が進む閔安村。中国福建省福州市馬尾(ばび)区に位置する閩安(びんあん)村は、省内でも長い歴史と文化を持つ村として知られている。唐代の893年に巡検司衙門(がもん)が設置され、宋代には省内四大名鎮の筆頭格となった。元・明・清代には軍事・海上貿易の要衝としての役割を担っていた。明代の武将、鄭和(ていわ)は南海遠征(鄭和の西洋下り)の際に、船舶の補給や修理のために閩安港に停泊したことがあったという。(福州=新華社記者/魏培全)=2019(平成31)年2月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019021310104

  • 2019年02月07日
    千年の歴史ある古い村を訪ねて福建省福州市

    7日、文化クリエイティブ産業と商業施設の整備が進む閔安村。中国福建省福州市馬尾(ばび)区に位置する閩安(びんあん)村は、省内でも長い歴史と文化を持つ村として知られている。唐代の893年に巡検司衙門(がもん)が設置され、宋代には省内四大名鎮の筆頭格となった。元・明・清代には軍事・海上貿易の要衝としての役割を担っていた。明代の武将、鄭和(ていわ)は南海遠征(鄭和の西洋下り)の際に、船舶の補給や修理のために閩安港に停泊したことがあったという。(福州=新華社記者/魏培全)=2019(平成31)年2月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019021310107

  • 2019年02月07日
    千年の歴史ある古い村を訪ねて福建省福州市

    7日、閩安村を流れる邢港河(けいこうが)沿岸の風景。中国福建省福州市馬尾(ばお)区に位置する閩安(びんあん)村は、省内でも長い歴史と文化を持つ村として知られている。唐代の893年に巡検司衙門(がもん)が設置され、宋代には省内四大名鎮の筆頭格となった。元・明・清代には軍事・海上貿易の要衝としての役割を担っていた。明代の武将、鄭和(ていわ)は南海遠征(鄭和の西洋下り)の際に、船舶の補給や修理のために閩安港に停泊したことがあったという。(福州=新華社記者/魏培全)=2019(平成31)年2月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019021310118

  • 2019年02月07日
    千年の歴史ある古い村を訪ねて福建省福州市

    7日、閩安楼に展示されている閩安村の歴史に関する文物(レプリカ)。中国福建省福州市馬尾(ばび)区に位置する閩安(びんあん)村は、省内でも長い歴史と文化を持つ村として知られている。唐代の893年に巡検司衙門(がもん)が設置され、宋代には省内四大名鎮の筆頭格となった。元・明・清代には軍事・海上貿易の要衝としての役割を担っていた。明代の武将、鄭和(ていわ)は南海遠征(鄭和の西洋下り)の際に、船舶の補給や修理のために閩安港に停泊したことがあったという。(福州=新華社記者/魏培全)=2019(平成31)年2月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019021310171

  • 2019年02月07日
    千年の歴史ある古い村を訪ねて福建省福州市

    7日、文化クリエイティブ産業と商業施設の整備が進む閔安村。中国福建省福州市馬尾(ばび)区に位置する閩安(びんあん)村は、省内でも長い歴史と文化を持つ村として知られている。唐代の893年に巡検司衙門(がもん)が設置され、宋代には省内四大名鎮の筆頭格となった。元・明・清代には軍事・海上貿易の要衝としての役割を担っていた。明代の武将、鄭和(ていわ)は南海遠征(鄭和の西洋下り)の際に、船舶の補給や修理のために閩安港に停泊したことがあったという。(福州=新華社記者/魏培全)=2019(平成31)年2月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019021310160

  • 2019年02月07日
    千年の歴史ある古い村を訪ねて福建省福州市

    7日、馬尾区亭江鎮閩安村を流れる邢港河(しんこうが)に架かる迥竜橋(けいりゅうきょう)。「省級重点文物保護単位」に指定されている。中国福建省福州市馬尾(ばお)区に位置する閩安(びんあん)村は、省内でも長い歴史と文化を持つ村として知られている。唐代の893年に巡検司衙門(がもん)が設置され、宋代には省内四大名鎮の筆頭格となった。元・明・清代には軍事・海上貿易の要衝としての役割を担っていた。明代の武将、鄭和(ていわ)は南海遠征(鄭和の西洋下り)の際に、船舶の補給や修理のために閩安港に停泊したことがあったという。(福州=新華社記者/魏培全)=2019(平成31)年2月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019021310136

  • 2019年02月07日
    千年の歴史ある古い村を訪ねて福建省福州市

    7日、閩安村を流れる邢港河(けいこうが)沿岸の風景。中国福建省福州市馬尾(ばお)区に位置する閩安(びんあん)村は、省内でも長い歴史と文化を持つ村として知られている。唐代の893年に巡検司衙門(がもん)が設置され、宋代には省内四大名鎮の筆頭格となった。元・明・清代には軍事・海上貿易の要衝としての役割を担っていた。明代の武将、鄭和(ていわ)は南海遠征(鄭和の西洋下り)の際に、船舶の補給や修理のために閩安港に停泊したことがあったという。(福州=新華社記者/魏培全)=2019(平成31)年2月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019021310093

  • 2019年02月07日
    千年の歴史ある古い村を訪ねて福建省福州市

    7日、閩安楼の傍らにたたずむ古砲台の上に安置された「紅夷大砲(こういたいほう)」。中国福建省福州市馬尾(ばび)区に位置する閩安(びんあん)村は、省内でも長い歴史と文化を持つ村として知られている。唐代の893年に巡検司衙門(がもん)が設置され、宋代には省内四大名鎮の筆頭格となった。元・明・清代には軍事・海上貿易の要衝としての役割を担っていた。明代の武将、鄭和(ていわ)は南海遠征(鄭和の西洋下り)の際に、船舶の補給や修理のために閩安港に停泊したことがあったという。(福州=新華社記者/魏培全)=2019(平成31)年2月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019021310145

  • 2020年04月30日
    中日共催、「国際砂の彫刻フェスティバル」が江蘇省で開幕

    4月30日、「鄭和の7回にわたる西洋下り」をモチーフにした砂像彫刻作品。中国江蘇省宿遷(しゅくせん)市の駱馬湖沙灘公園でこのほど、同市湖浜新区と日本の鹿児島県南さつま市の関連機関が共同で「第二回駱馬湖国際砂の彫刻フェスティバル」を開催し、「古代シルクロード」をイメージに創作された100体の様々な形の砂像彫刻作品が多くの観光客を魅了している。(南京=新華社配信)=2020(令和2)年4月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020050804813

  • 1