KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 令和
  • 南西
  • 全国重点文物保護単位
  • 指定
  • 記者
  • しきたり
  • しんこう
  • ふく
  • 中心市街地
  • 主神

「西20」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
85
( 1 85 件を表示)
  • 1
85
( 1 85 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • -
    Photograph of a band of mounted Navahos passing through the canon.

    Photograph of a band of mounted Navahos passing through the canon. Photographed Edward S. Curtis (1868-1952) American ethnologist and photographer of the American West and of Native American peoples. Dated 1904、クレジット:World History Archive/ニューズコム/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020042203542

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1966年02月15日
    激戦の跡 ベトナム戦争

    1966年2月15日 サイゴン発 サイゴンの南西200キロのキエンチエンで、3日間に及ぶベトコンと政府軍の激戦の末、泥沼に放置された共産軍兵士の遺体。この戦闘で300名のベトコンが死亡した(UPI=共同)

    商品コード: 2008083100044

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1966年11月04日
    ミサイル基地攻撃 ベトナム戦争

    1966年11月4日 サイゴン発 北ベトナム・ドンホイの北西20キロにある擬装した地対空ミサイル基地(SAM)に向け、ロケット弾を一斉に発射する爆撃機。実際のSAM基地は、これよりさらに南にあった(UPI=共同)

    商品コード: 2008091500037

  • 1967年12月31日
    agriculture, shanxi, china, 1967

    agriculture, shanxi, china, 1967.、クレジット:Universal Images Group/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062301212

  • 1994年05月13日
    1個13万円のメロン 夕張メロン初競り

    2個入り1箱26万円で競り落とされた夕張メロン=13日午前7時10分、札幌市中央区北12条西20丁目の札幌市中央卸売市場

    商品コード: 1994051300006

  • 2000年08月11日
    人力車ロボット 巧みな動きに子供夢中

    「ロボフェスタ関西2001」のプレ大会で、親子連れを乗せて会場を走る人力車ロボット「アッシーくん」=11日午後、大阪市北区の大阪国際会議場

    商品コード: 2000081100111

  • 2001年07月20日
    ロボットと子供たち ロボフェスタが大阪で開幕

    大勢の子供たちが詰めかけ開幕した「ロボフェスタ関西2001」=20日、大阪市北区の大阪国際会議場

    商品コード: 2001072000052

  • 2004年12月13日
    ぐるっとパス 関西の美術館をお得に見学

    関西の美術館や博物館の入場券をまとめた「ミュージアムぐるっとパス・関西2005」

    商品コード: 2004121300136

  • 2010年12月28日
    (まつむら・みちお) 松村道央

    男子プロゴルファー=三好CC西2010年10月3日

    商品コード: 2010122800209

  • 2013年10月22日
    ミシュランガイド関西 関西の三つ星は14店に増加

    25日に発売する「ミシュランガイド関西2014」

    商品コード: 2013102200602

  • 2013年12月07日
    ActiveMuseum_0006789.jpg / .Toulon, visit of president Loubet at French and Italian squadrons in april 1901 .Felix Ziem

    キーワード:絵画、アート、美術、芸術-December 7, 2013: ActiveMuseum_0006789.jpg / Toulon, visit of president Loubet at French and Italian squadrons in april 1901.07/12/2013 - / 20th century / Felix Ziem. (Credit Image: © Active Museum/Le Pictorium Agency via ZUMA Press)、クレジット:©Active Museum/Le Pictorium Agency via ZUMA Press/共同通信イメージズ ※Belgium and France Rights OUT

    商品コード: 2021031907552

  • 2014年10月20日
    ミシュランガイド関西 関西の「三つ星」変わらず

    「ミシュランガイド関西2015」

    商品コード: 2014102000651

  • 2014年10月20日
    記念撮影に応じる料理人ら 関西の「三つ星」変わらず

    「ミシュランガイド関西2015」で三つ星の評価を得て、記念撮影に応じる料理人ら=20日、大阪市内のホテル

    商品コード: 2014102000660

  • 2014年10月20日
    「三つ星」顔触れ変わらず

    「ミシュランガイド関西2015」で三つ星と評価された店(発表順)

    商品コード: 2014102000759

  • 2014年10月20日
    「三つ星」顔触れ変わらず

    「ミシュランガイド関西2015」で三つ星と評価された店(発表順)

    商品コード: 2014102000760

  • 2016年01月01日
    JOHN TRAVOLTA and TI WEST in IN A VALLEY OF VIOLENCE (2016), directed by TI WEST.

    JOHN TRAVOLTA and TI WEST in IN A VALLEY OF VIOLENCE (2016), directed by TI WEST.、クレジット:BLUMHOUSE PRODUCTIONS/Album/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2021042811819

  • 2020年05月23日
    太山竜泉寺に明代の塑像を訪ねて山西省太原市

    太山竜泉寺の竜女像。(5月23日撮影)中国山西省太原市の南西20キロの山間部に、全国重点文物保護単位に指定される太山竜泉寺がある。中でも観音堂は、精巧で美しい明代の彩色塑像があることで知られている。2年以上かけた寺院の修繕と周辺景勝地区の総合整備を今年3月に終えた千年の古刹は、緑の木々に囲まれた山紫水明の中、参拝客を迎えている。(太原=新華社記者/王学濤)=2020(令和2)年5月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020052701141

  • 2020年05月23日
    太山竜泉寺に明代の塑像を訪ねて山西省太原市

    太山竜泉寺観音堂の彩色塑像。(5月23日撮影)中国山西省太原市の南西20キロの山間部に、全国重点文物保護単位に指定される太山竜泉寺がある。中でも観音堂は、精巧で美しい明代の彩色塑像があることで知られている。2年以上かけた寺院の修繕と周辺景勝地区の総合整備を今年3月に終えた千年の古刹は、緑の木々に囲まれた山紫水明の中、参拝客を迎えている。(太原=新華社記者/王学濤)=2020(令和2)年5月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020052701142

  • 2020年05月23日
    太山竜泉寺に明代の塑像を訪ねて山西省太原市

    太山竜泉寺観音堂の内部。(5月23日撮影)中国山西省太原市の南西20キロの山間部に、全国重点文物保護単位に指定される太山竜泉寺がある。中でも観音堂は、精巧で美しい明代の彩色塑像があることで知られている。2年以上かけた寺院の修繕と周辺景勝地区の総合整備を今年3月に終えた千年の古刹は、緑の木々に囲まれた山紫水明の中、参拝客を迎えている。(太原=新華社記者/王学濤)=2020(令和2)年5月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020052701132

  • 2020年05月23日
    太山竜泉寺に明代の塑像を訪ねて山西省太原市

    太山竜泉寺の阿弥陀仏像。(5月23日撮影)中国山西省太原市の南西20キロの山間部に、全国重点文物保護単位に指定される太山竜泉寺がある。中でも観音堂は、精巧で美しい明代の彩色塑像があることで知られている。2年以上かけた寺院の修繕と周辺景勝地区の総合整備を今年3月に終えた千年の古刹は、緑の木々に囲まれた山紫水明の中、参拝客を迎えている。(太原=新華社記者/王学濤)=2020(令和2)年5月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020052701066

  • 2020年05月23日
    太山竜泉寺に明代の塑像を訪ねて山西省太原市

    太山竜泉寺の羅漢像。(5月23日撮影)中国山西省太原市の南西20キロの山間部に、全国重点文物保護単位に指定される太山竜泉寺がある。中でも観音堂は、精巧で美しい明代の彩色塑像があることで知られている。2年以上かけた寺院の修繕と周辺景勝地区の総合整備を今年3月に終えた千年の古刹は、緑の木々に囲まれた山紫水明の中、参拝客を迎えている。(太原=新華社記者/王学濤)=2020(令和2)年5月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020052701080

  • 2020年05月23日
    太山竜泉寺に明代の塑像を訪ねて山西省太原市

    太山竜泉寺の韋駄天像。(5月23日撮影)中国山西省太原市の南西20キロの山間部に、全国重点文物保護単位に指定される太山竜泉寺がある。中でも観音堂は、精巧で美しい明代の彩色塑像があることで知られている。2年以上かけた寺院の修繕と周辺景勝地区の総合整備を今年3月に終えた千年の古刹は、緑の木々に囲まれた山紫水明の中、参拝客を迎えている。(太原=新華社記者/王学濤)=2020(令和2)年5月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020052701139

  • 2020年05月23日
    太山竜泉寺に明代の塑像を訪ねて山西省太原市

    太山竜泉寺の善財童子像。(5月23日撮影)中国山西省太原市の南西20キロの山間部に、全国重点文物保護単位に指定される太山竜泉寺がある。中でも観音堂は、精巧で美しい明代の彩色塑像があることで知られている。2年以上かけた寺院の修繕と周辺景勝地区の総合整備を今年3月に終えた千年の古刹は、緑の木々に囲まれた山紫水明の中、参拝客を迎えている。(太原=新華社記者/王学濤)=2020(令和2)年5月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020052701034

  • 2020年05月23日
    太山竜泉寺に明代の塑像を訪ねて山西省太原市

    太山竜泉寺の羅漢像。(5月23日撮影)中国山西省太原市の南西20キロの山間部に、全国重点文物保護単位に指定される太山竜泉寺がある。中でも観音堂は、精巧で美しい明代の彩色塑像があることで知られている。2年以上かけた寺院の修繕と周辺景勝地区の総合整備を今年3月に終えた千年の古刹は、緑の木々に囲まれた山紫水明の中、参拝客を迎えている。(太原=新華社記者/王学濤)=2020(令和2)年5月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020052701059

  • 2020年05月23日
    太山竜泉寺に明代の塑像を訪ねて山西省太原市

    太山竜泉寺観音堂の観音菩薩像。(5月23日撮影)中国山西省太原市の南西20キロの山間部に、全国重点文物保護単位に指定される太山竜泉寺がある。中でも観音堂は、精巧で美しい明代の彩色塑像があることで知られている。2年以上かけた寺院の修繕と周辺景勝地区の総合整備を今年3月に終えた千年の古刹は、緑の木々に囲まれた山紫水明の中、参拝客を迎えている。(太原=新華社記者/王学濤)=2020(令和2)年5月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020052701138

  • 2020年05月23日
    太山竜泉寺に明代の塑像を訪ねて山西省太原市

    太山竜泉寺観音堂の天王像。(5月23日撮影)中国山西省太原市の南西20キロの山間部に、全国重点文物保護単位に指定される太山竜泉寺がある。中でも観音堂は、精巧で美しい明代の彩色塑像があることで知られている。2年以上かけた寺院の修繕と周辺景勝地区の総合整備を今年3月に終えた千年の古刹は、緑の木々に囲まれた山紫水明の中、参拝客を迎えている。(太原=新華社記者/王学濤)=2020(令和2)年5月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020052701137

  • 2020年05月23日
    太山竜泉寺に明代の塑像を訪ねて山西省太原市

    太山竜泉寺観音堂の天井に安置されている塑像。(5月23日撮影)中国山西省太原市の南西20キロの山間部に、全国重点文物保護単位に指定される太山竜泉寺がある。中でも観音堂は、精巧で美しい明代の彩色塑像があることで知られている。2年以上かけた寺院の修繕と周辺景勝地区の総合整備を今年3月に終えた千年の古刹は、緑の木々に囲まれた山紫水明の中、参拝客を迎えている。(太原=新華社記者/王学濤)=2020(令和2)年5月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020052701111

  • 2020年06月07日
    Homeless person living under scaffolding

    Homeless person living under scaffolding, 20th Street and Fifth Avenue, Manhattan. .、クレジット:Joan Slatkin/Education Images/Universal Images Group/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030903567

  • 2020年06月07日
    Homeless person living under scaffolding

    Homeless person living under scaffolding, 20th Street and Fifth Avenue, Manhattan. .、クレジット:Joan Slatkin/Education Images/Universal Images Group/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030903571

  • 2020年06月07日
    Homeless person sleeping under scaffolding

    Homeless person sleeping under scaffolding, 20th Street and Fifth Avenue, Manhattan. .、クレジット:Joan Slatkin/Education Images/Universal Images Group/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030903557

  • 2021年06月28日
    Iran: IRGC aerospace fair in Tehran

    June 28, 2021, Tehran, Iran: The IRGC military uniform of Hassan Tehrani Moghaddam on display at IRGC aerospace fair in western Tehran.Hassan Tehrani Moghaddam was an Iranian military officer in the Aerospace Force of the Islamic Revolutionary Guard Corps and designer of Iran‘s ballistic missile project (Credit Image: © Sobhan Farajvan/Pacific Press via ZUMA Wire)、クレジット:©Sobhan Farajvan/Pacific Press via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021063006176

  • 2021年10月16日
    Stop the Whale and Dolphin Slaughter Protest in London, UK - 16 Oct 2021.

    October 16, 2021, London, United Kingdom: An activist holds a dolphin balloon during the Stop the Whale and Dolphin Slaughter Protest..Born Freeâs Policy Advisor Dominic Dyer calls for sanctions NOW to end the shameful Faroe Islands slaughter of whales and dolphins. The brutal slaughter of more than 1,400 white-sided dolphins in the Faroe Islands has triggered huge anger and revulsion around the world, and once again brought global attention to the long and bloody history of whale and dolphin-killing in this beautiful but isolated archipelago 200 miles north-west of Scotland. (Credit Image: © Loredana Sangiuliano/SOPA Images via ZUMA Press Wire)、クレジット:©Loredana Sangiuliano/SOPA Images via ZUMA Press Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021101702432

  • 2021年10月16日
    Stop the Whale and Dolphin Slaughter Protest in London, UK - 16 Oct 2021.

    October 16, 2021, London, United Kingdom: Activists hold signs and banners during the Stop the Whale and Dolphin Slaughter Protest..Born Freeâs Policy Advisor Dominic Dyer calls for sanctions NOW to end the shameful Faroe Islands slaughter of whales and dolphins. The brutal slaughter of more than 1,400 white-sided dolphins in the Faroe Islands has triggered huge anger and revulsion around the world, and once again brought global attention to the long and bloody history of whale and dolphin-killing in this beautiful but isolated archipelago 200 miles north-west of Scotland. (Credit Image: © Loredana Sangiuliano/SOPA Images via ZUMA Press Wire)、クレジット:©Loredana Sangiuliano/SOPA Images via ZUMA Press Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021101702391

  • 2021年10月16日
    Stop the Whale and Dolphin Slaughter Protest in London, UK - 16 Oct 2021.

    October 16, 2021, London, United Kingdom: Activists hold a banner and dolphin balloons during the Stop the Whale and Dolphin Slaughter Protest..Born Freeâs Policy Advisor Dominic Dyer calls for sanctions NOW to end the shameful Faroe Islands slaughter of whales and dolphins. The brutal slaughter of more than 1,400 white-sided dolphins in the Faroe Islands has triggered huge anger and revulsion around the world, and once again brought global attention to the long and bloody history of whale and dolphin-killing in this beautiful but isolated archipelago 200 miles north-west of Scotland. (Credit Image: © Loredana Sangiuliano/SOPA Images via ZUMA Press Wire)、クレジット:©Loredana Sangiuliano/SOPA Images via ZUMA Press Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021101702607

  • 2021年10月16日
    Stop the Whale and Dolphin Slaughter Protest in London, UK - 16 Oct 2021.

    October 16, 2021, London, United Kingdom: Activists hold banner during the Stop the Whale and Dolphin Slaughter Protest..Born Freeâs Policy Advisor Dominic Dyer calls for sanctions NOW to end the shameful Faroe Islands slaughter of whales and dolphins. The brutal slaughter of more than 1,400 white-sided dolphins in the Faroe Islands has triggered huge anger and revulsion around the world, and once again brought global attention to the long and bloody history of whale and dolphin-killing in this beautiful but isolated archipelago 200 miles north-west of Scotland. (Credit Image: © Loredana Sangiuliano/SOPA Images via ZUMA Press Wire)、クレジット:©Loredana Sangiuliano/SOPA Images via ZUMA Press Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021101700871

  • 2021年10月16日
    Stop the Whale and Dolphin Slaughter Protest in London, UK - 16 Oct 2021.

    October 16, 2021, London, United Kingdom: Activists hold banners during the Stop the Whale and Dolphin Slaughter Protest..Born Freeâs Policy Advisor Dominic Dyer calls for sanctions NOW to end the shameful Faroe Islands slaughter of whales and dolphins. The brutal slaughter of more than 1,400 white-sided dolphins in the Faroe Islands has triggered huge anger and revulsion around the world, and once again brought global attention to the long and bloody history of whale and dolphin-killing in this beautiful but isolated archipelago 200 miles north-west of Scotland. (Credit Image: © Loredana Sangiuliano/SOPA Images via ZUMA Press Wire)、クレジット:©Loredana Sangiuliano/SOPA Images via ZUMA Press Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021101702606

  • 2021年10月16日
    Stop the Whale and Dolphin Slaughter Protest in London, UK - 16 Oct 2021.

    October 16, 2021, London, United Kingdom: Activists hold banners during the Stop the Whale and Dolphin Slaughter Protest..Born Freeâs Policy Advisor Dominic Dyer calls for sanctions NOW to end the shameful Faroe Islands slaughter of whales and dolphins. The brutal slaughter of more than 1,400 white-sided dolphins in the Faroe Islands has triggered huge anger and revulsion around the world, and once again brought global attention to the long and bloody history of whale and dolphin-killing in this beautiful but isolated archipelago 200 miles north-west of Scotland. (Credit Image: © Loredana Sangiuliano/SOPA Images via ZUMA Press Wire)、クレジット:©Loredana Sangiuliano/SOPA Images via ZUMA Press Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021101702452

  • 2021年10月16日
    Stop the Whale and Dolphin Slaughter Protest in London, UK - 16 Oct 2021.

    October 16, 2021, London, United Kingdom: Activists hold signs during the Stop the Whale and Dolphin Slaughter Protest..Born Freeâs Policy Advisor Dominic Dyer calls for sanctions NOW to end the shameful Faroe Islands slaughter of whales and dolphins. The brutal slaughter of more than 1,400 white-sided dolphins in the Faroe Islands has triggered huge anger and revulsion around the world, and once again brought global attention to the long and bloody history of whale and dolphin-killing in this beautiful but isolated archipelago 200 miles north-west of Scotland. (Credit Image: © Loredana Sangiuliano/SOPA Images via ZUMA Press Wire)、クレジット:©Loredana Sangiuliano/SOPA Images via ZUMA Press Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021101702261

  • 2021年10月16日
    Stop the Whale and Dolphin Slaughter Protest in London, UK - 16 Oct 2021.

    October 16, 2021, London, United Kingdom: Activists hold signs during the Stop the Whale and Dolphin Slaughter Protest..Born Freeâs Policy Advisor Dominic Dyer calls for sanctions NOW to end the shameful Faroe Islands slaughter of whales and dolphins. The brutal slaughter of more than 1,400 white-sided dolphins in the Faroe Islands has triggered huge anger and revulsion around the world, and once again brought global attention to the long and bloody history of whale and dolphin-killing in this beautiful but isolated archipelago 200 miles north-west of Scotland. (Credit Image: © Loredana Sangiuliano/SOPA Images via ZUMA Press Wire)、クレジット:©Loredana Sangiuliano/SOPA Images via ZUMA Press Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021101700879

  • 2021年10月16日
    Stop the Whale and Dolphin Slaughter Protest in London, UK - 16 Oct 2021.

    October 16, 2021, London, United Kingdom: Activists hold signs during the Stop the Whale and Dolphin Slaughter Protest..Born Freeâs Policy Advisor Dominic Dyer calls for sanctions NOW to end the shameful Faroe Islands slaughter of whales and dolphins. The brutal slaughter of more than 1,400 white-sided dolphins in the Faroe Islands has triggered huge anger and revulsion around the world, and once again brought global attention to the long and bloody history of whale and dolphin-killing in this beautiful but isolated archipelago 200 miles north-west of Scotland. (Credit Image: © Loredana Sangiuliano/SOPA Images via ZUMA Press Wire)、クレジット:©Loredana Sangiuliano/SOPA Images via ZUMA Press Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021101702287

  • 2021年10月16日
    Stop the Whale and Dolphin Slaughter Protest in London, UK - 16 Oct 2021.

    October 16, 2021, London, United Kingdom: Activists hold signs during the Stop the Whale and Dolphin Slaughter Protest..Born Freeâs Policy Advisor Dominic Dyer calls for sanctions NOW to end the shameful Faroe Islands slaughter of whales and dolphins. The brutal slaughter of more than 1,400 white-sided dolphins in the Faroe Islands has triggered huge anger and revulsion around the world, and once again brought global attention to the long and bloody history of whale and dolphin-killing in this beautiful but isolated archipelago 200 miles north-west of Scotland. (Credit Image: © Loredana Sangiuliano/SOPA Images via ZUMA Press Wire)、クレジット:©Loredana Sangiuliano/SOPA Images via ZUMA Press Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021101702813

  • 2021年10月16日
    1. FC Köln U17 v SG 99 Andernach U17 - B-Juniorinnen Bundesliga West/Southwest 2021/2022 - Franz-Kremer-Stadium Cologne

    October 16, 2021, Cologne, North Rhine-Westphalia, Germany: Cologne, Germany, October 16th 2 Hannah Lahr (17 Andernach) and Carolin Elsen (10 KÃÆöln) battle for the ball during the B-Juniorinnen Bundesliga West/Southwest 2021/2022 match between 1. FC KÃÆöln U17 and SG 99 Andernach U17 at the Franz-Kremer-Stadium in Cologne, Germany. Norina Toenges/Sports Press Phot (Credit Image: © Norina Toenges/Sport Press Photo via ZUMA Press)、クレジット:©Norina Toenges/Sport Press Photo via ZUMA Press/共同通信イメージズ ※Brazil Rights OUT

    商品コード: 2021101804329

  • 2021年10月16日
    1. FC Köln U17 v SG 99 Andernach U17 - B-Juniorinnen Bundesliga West/Southwest 2021/2022 - Franz-Kremer-Stadium Cologne

    October 16, 2021, Cologne, North Rhine-Westphalia, Germany: Cologne, Germany, October 16th 2 Hannah Lahr (17 Andernach) and Olesja Arslan (9 KÃÆöln) battle for the ball during the B-Juniorinnen Bundesliga West/Southwest 2021/2022 match between 1. FC KÃÆöln U17 and SG 99 Andernach U17 at the Franz-Kremer-Stadium in Cologne, Germany. Norina Toenges/Sports Press Phot (Credit Image: © Norina Toenges/Sport Press Photo via ZUMA Press)、クレジット:©Norina Toenges/Sport Press Photo via ZUMA Press/共同通信イメージズ ※Brazil Rights OUT

    商品コード: 2021101804038

  • 2021年10月16日
    1. FC Köln U17 v SG 99 Andernach U17 - B-Juniorinnen Bundesliga West/Southwest 2021/2022 - Franz-Kremer-Stadium Cologne

    October 16, 2021, Cologne, North Rhine-Westphalia, Germany: Cologne, Germany, October 16th 2 Carolin Esser (10 KÃÆöln), Olesja Arslan (9 KÃÆöln) and their teammates celebrate the second goal during the B-Juniorinnen Bundesliga West/Southwest 2021/2022 match between 1. FC KÃÆöln U17 and SG 99 Andernach U17 at the Franz-Kremer-Stadium in Cologne, Germany. Norina Toenges/Sports Press Phot (Credit Image: © Norina Toenges/Sport Press Photo via ZUMA Press)、クレジット:©Norina Toenges/Sport Press Photo via ZUMA Press/共同通信イメージズ ※Brazil Rights OUT

    商品コード: 2021101804106

  • 2021年10月16日
    1. FC Köln U17 v SG 99 Andernach U17 -B-Juniorinnen Bundesliga West/Southwest 2021/2022 - Franz-Kremer-Stadium Cologne

    October 16, 2021, Cologne, North Rhine-Westphalia, Germany: Cologne, Germany, October 16th 2 Rinesa Alija (7 Andernach) and Toyosi Mary Doherty (16 KÃÆöln) battle for the ball during the B-Juniorinnen Bundesliga West/Southwest 2021/2022 match between 1. FC KÃÆöln U17 and SG 99 Andernach U17 at the Franz-Kremer-Stadium in Cologne, Germany. Norina Toenges/Sports Press Phot (Credit Image: © Norina Toenges/Sport Press Photo via ZUMA Press)、クレジット:©Norina Toenges/Sport Press Photo via ZUMA Press/共同通信イメージズ ※Brazil Rights OUT

    商品コード: 2021101804021

  • 2021年12月30日
    (20)稷益廟の明代壁画山西省新絳県

    稷益廟の壁画(部分)。(10月29日撮影)中国山西省運城市新絳(しんこう)県の中心市街地から南西20キロの陽王鎮に、中国の伝説上の人物、后稷(こうしょく)と伯益(はくえき)を祭る稷益廟があり、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。創建時期は不明だが、元代に再建され、明の弘治年間(1488~1505年)と正徳年間(1506~1521年)に何度も修築と増築が行われた。正殿は明代の建築で、殿内の東西南の3壁面には130平方メートル余りの保存状態の良い壁画が残されている。壁画が祭る対象は「三聖」で、東の壁面の三聖は黄帝、伏羲(ふくぎ)、神農。西は大禹(たいう)、后稷、伯益となっている。これら主神の周りには、文武百官や参詣する農民の姿、后稷と伯益にまつわる伝説、野焼き、狩猟、伐木、耕作と収穫、山河と園林などの物語が描かれ、壁面に描かれた一つの農業史となっている。壁画も明代の作だが、描画と色彩には元代壁画の遺風が残る。墨で輪郭を取った人物は力強く、写実性に富んでおり、着色は朱砂が多く用いられ、石緑、石青、白色、黄色が配されている。聖地参詣を題材とした壁画は、多くの参詣者を描いた壮大な構図が多いが、この壁画は従来のしきたりにとらわれず、人物を山林と雲霧の間に描くことで観る人の想像力をかき立て、逆に参詣の規模の大きさを表現している。(太原=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021123004198

  • 2021年12月30日
    (15)稷益廟の明代壁画山西省新絳県

    稷益廟の壁画(部分)。(10月29日撮影)中国山西省運城市新絳(しんこう)県の中心市街地から南西20キロの陽王鎮に、中国の伝説上の人物、后稷(こうしょく)と伯益(はくえき)を祭る稷益廟があり、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。創建時期は不明だが、元代に再建され、明の弘治年間(1488~1505年)と正徳年間(1506~1521年)に何度も修築と増築が行われた。正殿は明代の建築で、殿内の東西南の3壁面には130平方メートル余りの保存状態の良い壁画が残されている。壁画が祭る対象は「三聖」で、東の壁面の三聖は黄帝、伏羲(ふくぎ)、神農。西は大禹(たいう)、后稷、伯益となっている。これら主神の周りには、文武百官や参詣する農民の姿、后稷と伯益にまつわる伝説、野焼き、狩猟、伐木、耕作と収穫、山河と園林などの物語が描かれ、壁面に描かれた一つの農業史となっている。壁画も明代の作だが、描画と色彩には元代壁画の遺風が残る。墨で輪郭を取った人物は力強く、写実性に富んでおり、着色は朱砂が多く用いられ、石緑、石青、白色、黄色が配されている。聖地参詣を題材とした壁画は、多くの参詣者を描いた壮大な構図が多いが、この壁画は従来のしきたりにとらわれず、人物を山林と雲霧の間に描くことで観る人の想像力をかき立て、逆に参詣の規模の大きさを表現している。(太原=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021123004186

  • 2021年12月30日
    (13)稷益廟の明代壁画山西省新絳県

    稷益廟の壁画(部分)。(10月29日撮影)中国山西省運城市新絳(しんこう)県の中心市街地から南西20キロの陽王鎮に、中国の伝説上の人物、后稷(こうしょく)と伯益(はくえき)を祭る稷益廟があり、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。創建時期は不明だが、元代に再建され、明の弘治年間(1488~1505年)と正徳年間(1506~1521年)に何度も修築と増築が行われた。正殿は明代の建築で、殿内の東西南の3壁面には130平方メートル余りの保存状態の良い壁画が残されている。壁画が祭る対象は「三聖」で、東の壁面の三聖は黄帝、伏羲(ふくぎ)、神農。西は大禹(たいう)、后稷、伯益となっている。これら主神の周りには、文武百官や参詣する農民の姿、后稷と伯益にまつわる伝説、野焼き、狩猟、伐木、耕作と収穫、山河と園林などの物語が描かれ、壁面に描かれた一つの農業史となっている。壁画も明代の作だが、描画と色彩には元代壁画の遺風が残る。墨で輪郭を取った人物は力強く、写実性に富んでおり、着色は朱砂が多く用いられ、石緑、石青、白色、黄色が配されている。聖地参詣を題材とした壁画は、多くの参詣者を描いた壮大な構図が多いが、この壁画は従来のしきたりにとらわれず、人物を山林と雲霧の間に描くことで観る人の想像力をかき立て、逆に参詣の規模の大きさを表現している。(太原=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021123004179

  • 2021年12月30日
    (4)稷益廟の明代壁画山西省新絳県

    稷益廟の壁画(部分)。(10月29日撮影)中国山西省運城市新絳(しんこう)県の中心市街地から南西20キロの陽王鎮に、中国の伝説上の人物、后稷(こうしょく)と伯益(はくえき)を祭る稷益廟があり、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。創建時期は不明だが、元代に再建され、明の弘治年間(1488~1505年)と正徳年間(1506~1521年)に何度も修築と増築が行われた。正殿は明代の建築で、殿内の東西南の3壁面には130平方メートル余りの保存状態の良い壁画が残されている。壁画が祭る対象は「三聖」で、東の壁面の三聖は黄帝、伏羲(ふくぎ)、神農。西は大禹(たいう)、后稷、伯益となっている。これら主神の周りには、文武百官や参詣する農民の姿、后稷と伯益にまつわる伝説、野焼き、狩猟、伐木、耕作と収穫、山河と園林などの物語が描かれ、壁面に描かれた一つの農業史となっている。壁画も明代の作だが、描画と色彩には元代壁画の遺風が残る。墨で輪郭を取った人物は力強く、写実性に富んでおり、着色は朱砂が多く用いられ、石緑、石青、白色、黄色が配されている。聖地参詣を題材とした壁画は、多くの参詣者を描いた壮大な構図が多いが、この壁画は従来のしきたりにとらわれず、人物を山林と雲霧の間に描くことで観る人の想像力をかき立て、逆に参詣の規模の大きさを表現している。(太原=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021123003071

  • 2021年12月30日
    (6)稷益廟の明代壁画山西省新絳県

    稷益廟の壁画(部分)。(10月29日撮影)中国山西省運城市新絳(しんこう)県の中心市街地から南西20キロの陽王鎮に、中国の伝説上の人物、后稷(こうしょく)と伯益(はくえき)を祭る稷益廟があり、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。創建時期は不明だが、元代に再建され、明の弘治年間(1488~1505年)と正徳年間(1506~1521年)に何度も修築と増築が行われた。正殿は明代の建築で、殿内の東西南の3壁面には130平方メートル余りの保存状態の良い壁画が残されている。壁画が祭る対象は「三聖」で、東の壁面の三聖は黄帝、伏羲(ふくぎ)、神農。西は大禹(たいう)、后稷、伯益となっている。これら主神の周りには、文武百官や参詣する農民の姿、后稷と伯益にまつわる伝説、野焼き、狩猟、伐木、耕作と収穫、山河と園林などの物語が描かれ、壁面に描かれた一つの農業史となっている。壁画も明代の作だが、描画と色彩には元代壁画の遺風が残る。墨で輪郭を取った人物は力強く、写実性に富んでおり、着色は朱砂が多く用いられ、石緑、石青、白色、黄色が配されている。聖地参詣を題材とした壁画は、多くの参詣者を描いた壮大な構図が多いが、この壁画は従来のしきたりにとらわれず、人物を山林と雲霧の間に描くことで観る人の想像力をかき立て、逆に参詣の規模の大きさを表現している。(太原=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021123003077

  • 2021年12月30日
    (1)稷益廟の明代壁画山西省新絳県

    稷益廟の壁画(部分)。(10月29日撮影)中国山西省運城市新絳(しんこう)県の中心市街地から南西20キロの陽王鎮に、中国の伝説上の人物、后稷(こうしょく)と伯益(はくえき)を祭る稷益廟があり、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。創建時期は不明だが、元代に再建され、明の弘治年間(1488~1505年)と正徳年間(1506~1521年)に何度も修築と増築が行われた。正殿は明代の建築で、殿内の東西南の3壁面には130平方メートル余りの保存状態の良い壁画が残されている。壁画が祭る対象は「三聖」で、東の壁面の三聖は黄帝、伏羲(ふくぎ)、神農。西は大禹(たいう)、后稷、伯益となっている。これら主神の周りには、文武百官や参詣する農民の姿、后稷と伯益にまつわる伝説、野焼き、狩猟、伐木、耕作と収穫、山河と園林などの物語が描かれ、壁面に描かれた一つの農業史となっている。壁画も明代の作だが、描画と色彩には元代壁画の遺風が残る。墨で輪郭を取った人物は力強く、写実性に富んでおり、着色は朱砂が多く用いられ、石緑、石青、白色、黄色が配されている。聖地参詣を題材とした壁画は、多くの参詣者を描いた壮大な構図が多いが、この壁画は従来のしきたりにとらわれず、人物を山林と雲霧の間に描くことで観る人の想像力をかき立て、逆に参詣の規模の大きさを表現している。(太原=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021123003060

  • 2021年12月30日
    (3)稷益廟の明代壁画山西省新絳県

    稷益廟の壁画(部分)。(10月29日撮影)中国山西省運城市新絳(しんこう)県の中心市街地から南西20キロの陽王鎮に、中国の伝説上の人物、后稷(こうしょく)と伯益(はくえき)を祭る稷益廟があり、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。創建時期は不明だが、元代に再建され、明の弘治年間(1488~1505年)と正徳年間(1506~1521年)に何度も修築と増築が行われた。正殿は明代の建築で、殿内の東西南の3壁面には130平方メートル余りの保存状態の良い壁画が残されている。壁画が祭る対象は「三聖」で、東の壁面の三聖は黄帝、伏羲(ふくぎ)、神農。西は大禹(たいう)、后稷、伯益となっている。これら主神の周りには、文武百官や参詣する農民の姿、后稷と伯益にまつわる伝説、野焼き、狩猟、伐木、耕作と収穫、山河と園林などの物語が描かれ、壁面に描かれた一つの農業史となっている。壁画も明代の作だが、描画と色彩には元代壁画の遺風が残る。墨で輪郭を取った人物は力強く、写実性に富んでおり、着色は朱砂が多く用いられ、石緑、石青、白色、黄色が配されている。聖地参詣を題材とした壁画は、多くの参詣者を描いた壮大な構図が多いが、この壁画は従来のしきたりにとらわれず、人物を山林と雲霧の間に描くことで観る人の想像力をかき立て、逆に参詣の規模の大きさを表現している。(太原=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021123003070

  • 2021年12月30日
    (9)稷益廟の明代壁画山西省新絳県

    稷益廟の壁画(部分)。(10月29日撮影)中国山西省運城市新絳(しんこう)県の中心市街地から南西20キロの陽王鎮に、中国の伝説上の人物、后稷(こうしょく)と伯益(はくえき)を祭る稷益廟があり、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。創建時期は不明だが、元代に再建され、明の弘治年間(1488~1505年)と正徳年間(1506~1521年)に何度も修築と増築が行われた。正殿は明代の建築で、殿内の東西南の3壁面には130平方メートル余りの保存状態の良い壁画が残されている。壁画が祭る対象は「三聖」で、東の壁面の三聖は黄帝、伏羲(ふくぎ)、神農。西は大禹(たいう)、后稷、伯益となっている。これら主神の周りには、文武百官や参詣する農民の姿、后稷と伯益にまつわる伝説、野焼き、狩猟、伐木、耕作と収穫、山河と園林などの物語が描かれ、壁面に描かれた一つの農業史となっている。壁画も明代の作だが、描画と色彩には元代壁画の遺風が残る。墨で輪郭を取った人物は力強く、写実性に富んでおり、着色は朱砂が多く用いられ、石緑、石青、白色、黄色が配されている。聖地参詣を題材とした壁画は、多くの参詣者を描いた壮大な構図が多いが、この壁画は従来のしきたりにとらわれず、人物を山林と雲霧の間に描くことで観る人の想像力をかき立て、逆に参詣の規模の大きさを表現している。(太原=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021123004151

  • 2021年12月30日
    (5)稷益廟の明代壁画山西省新絳県

    稷益廟の壁画(部分)。(10月29日撮影)中国山西省運城市新絳(しんこう)県の中心市街地から南西20キロの陽王鎮に、中国の伝説上の人物、后稷(こうしょく)と伯益(はくえき)を祭る稷益廟があり、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。創建時期は不明だが、元代に再建され、明の弘治年間(1488~1505年)と正徳年間(1506~1521年)に何度も修築と増築が行われた。正殿は明代の建築で、殿内の東西南の3壁面には130平方メートル余りの保存状態の良い壁画が残されている。壁画が祭る対象は「三聖」で、東の壁面の三聖は黄帝、伏羲(ふくぎ)、神農。西は大禹(たいう)、后稷、伯益となっている。これら主神の周りには、文武百官や参詣する農民の姿、后稷と伯益にまつわる伝説、野焼き、狩猟、伐木、耕作と収穫、山河と園林などの物語が描かれ、壁面に描かれた一つの農業史となっている。壁画も明代の作だが、描画と色彩には元代壁画の遺風が残る。墨で輪郭を取った人物は力強く、写実性に富んでおり、着色は朱砂が多く用いられ、石緑、石青、白色、黄色が配されている。聖地参詣を題材とした壁画は、多くの参詣者を描いた壮大な構図が多いが、この壁画は従来のしきたりにとらわれず、人物を山林と雲霧の間に描くことで観る人の想像力をかき立て、逆に参詣の規模の大きさを表現している。(太原=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021123003072

  • 2021年12月30日
    (26)稷益廟の明代壁画山西省新絳県

    稷益廟の壁画(部分)。(10月29日撮影)中国山西省運城市新絳(しんこう)県の中心市街地から南西20キロの陽王鎮に、中国の伝説上の人物、后稷(こうしょく)と伯益(はくえき)を祭る稷益廟があり、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。創建時期は不明だが、元代に再建され、明の弘治年間(1488~1505年)と正徳年間(1506~1521年)に何度も修築と増築が行われた。正殿は明代の建築で、殿内の東西南の3壁面には130平方メートル余りの保存状態の良い壁画が残されている。壁画が祭る対象は「三聖」で、東の壁面の三聖は黄帝、伏羲(ふくぎ)、神農。西は大禹(たいう)、后稷、伯益となっている。これら主神の周りには、文武百官や参詣する農民の姿、后稷と伯益にまつわる伝説、野焼き、狩猟、伐木、耕作と収穫、山河と園林などの物語が描かれ、壁面に描かれた一つの農業史となっている。壁画も明代の作だが、描画と色彩には元代壁画の遺風が残る。墨で輪郭を取った人物は力強く、写実性に富んでおり、着色は朱砂が多く用いられ、石緑、石青、白色、黄色が配されている。聖地参詣を題材とした壁画は、多くの参詣者を描いた壮大な構図が多いが、この壁画は従来のしきたりにとらわれず、人物を山林と雲霧の間に描くことで観る人の想像力をかき立て、逆に参詣の規模の大きさを表現している。(太原=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021123004204

  • 2021年12月30日
    (18)稷益廟の明代壁画山西省新絳県

    稷益廟の壁画(部分)。(10月29日撮影)中国山西省運城市新絳(しんこう)県の中心市街地から南西20キロの陽王鎮に、中国の伝説上の人物、后稷(こうしょく)と伯益(はくえき)を祭る稷益廟があり、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。創建時期は不明だが、元代に再建され、明の弘治年間(1488~1505年)と正徳年間(1506~1521年)に何度も修築と増築が行われた。正殿は明代の建築で、殿内の東西南の3壁面には130平方メートル余りの保存状態の良い壁画が残されている。壁画が祭る対象は「三聖」で、東の壁面の三聖は黄帝、伏羲(ふくぎ)、神農。西は大禹(たいう)、后稷、伯益となっている。これら主神の周りには、文武百官や参詣する農民の姿、后稷と伯益にまつわる伝説、野焼き、狩猟、伐木、耕作と収穫、山河と園林などの物語が描かれ、壁面に描かれた一つの農業史となっている。壁画も明代の作だが、描画と色彩には元代壁画の遺風が残る。墨で輪郭を取った人物は力強く、写実性に富んでおり、着色は朱砂が多く用いられ、石緑、石青、白色、黄色が配されている。聖地参詣を題材とした壁画は、多くの参詣者を描いた壮大な構図が多いが、この壁画は従来のしきたりにとらわれず、人物を山林と雲霧の間に描くことで観る人の想像力をかき立て、逆に参詣の規模の大きさを表現している。(太原=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021123004192

  • 2021年12月30日
    (14)稷益廟の明代壁画山西省新絳県

    稷益廟の壁画(部分)。(10月29日撮影)中国山西省運城市新絳(しんこう)県の中心市街地から南西20キロの陽王鎮に、中国の伝説上の人物、后稷(こうしょく)と伯益(はくえき)を祭る稷益廟があり、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。創建時期は不明だが、元代に再建され、明の弘治年間(1488~1505年)と正徳年間(1506~1521年)に何度も修築と増築が行われた。正殿は明代の建築で、殿内の東西南の3壁面には130平方メートル余りの保存状態の良い壁画が残されている。壁画が祭る対象は「三聖」で、東の壁面の三聖は黄帝、伏羲(ふくぎ)、神農。西は大禹(たいう)、后稷、伯益となっている。これら主神の周りには、文武百官や参詣する農民の姿、后稷と伯益にまつわる伝説、野焼き、狩猟、伐木、耕作と収穫、山河と園林などの物語が描かれ、壁面に描かれた一つの農業史となっている。壁画も明代の作だが、描画と色彩には元代壁画の遺風が残る。墨で輪郭を取った人物は力強く、写実性に富んでおり、着色は朱砂が多く用いられ、石緑、石青、白色、黄色が配されている。聖地参詣を題材とした壁画は、多くの参詣者を描いた壮大な構図が多いが、この壁画は従来のしきたりにとらわれず、人物を山林と雲霧の間に描くことで観る人の想像力をかき立て、逆に参詣の規模の大きさを表現している。(太原=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021123004181

  • 2021年12月30日
    (10)稷益廟の明代壁画山西省新絳県

    稷益廟の壁画(部分)。(10月29日撮影)中国山西省運城市新絳(しんこう)県の中心市街地から南西20キロの陽王鎮に、中国の伝説上の人物、后稷(こうしょく)と伯益(はくえき)を祭る稷益廟があり、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。創建時期は不明だが、元代に再建され、明の弘治年間(1488~1505年)と正徳年間(1506~1521年)に何度も修築と増築が行われた。正殿は明代の建築で、殿内の東西南の3壁面には130平方メートル余りの保存状態の良い壁画が残されている。壁画が祭る対象は「三聖」で、東の壁面の三聖は黄帝、伏羲(ふくぎ)、神農。西は大禹(たいう)、后稷、伯益となっている。これら主神の周りには、文武百官や参詣する農民の姿、后稷と伯益にまつわる伝説、野焼き、狩猟、伐木、耕作と収穫、山河と園林などの物語が描かれ、壁面に描かれた一つの農業史となっている。壁画も明代の作だが、描画と色彩には元代壁画の遺風が残る。墨で輪郭を取った人物は力強く、写実性に富んでおり、着色は朱砂が多く用いられ、石緑、石青、白色、黄色が配されている。聖地参詣を題材とした壁画は、多くの参詣者を描いた壮大な構図が多いが、この壁画は従来のしきたりにとらわれず、人物を山林と雲霧の間に描くことで観る人の想像力をかき立て、逆に参詣の規模の大きさを表現している。(太原=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021123004152

  • 2021年12月30日
    (17)稷益廟の明代壁画山西省新絳県

    稷益廟の壁画(部分)。(10月29日撮影)中国山西省運城市新絳(しんこう)県の中心市街地から南西20キロの陽王鎮に、中国の伝説上の人物、后稷(こうしょく)と伯益(はくえき)を祭る稷益廟があり、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。創建時期は不明だが、元代に再建され、明の弘治年間(1488~1505年)と正徳年間(1506~1521年)に何度も修築と増築が行われた。正殿は明代の建築で、殿内の東西南の3壁面には130平方メートル余りの保存状態の良い壁画が残されている。壁画が祭る対象は「三聖」で、東の壁面の三聖は黄帝、伏羲(ふくぎ)、神農。西は大禹(たいう)、后稷、伯益となっている。これら主神の周りには、文武百官や参詣する農民の姿、后稷と伯益にまつわる伝説、野焼き、狩猟、伐木、耕作と収穫、山河と園林などの物語が描かれ、壁面に描かれた一つの農業史となっている。壁画も明代の作だが、描画と色彩には元代壁画の遺風が残る。墨で輪郭を取った人物は力強く、写実性に富んでおり、着色は朱砂が多く用いられ、石緑、石青、白色、黄色が配されている。聖地参詣を題材とした壁画は、多くの参詣者を描いた壮大な構図が多いが、この壁画は従来のしきたりにとらわれず、人物を山林と雲霧の間に描くことで観る人の想像力をかき立て、逆に参詣の規模の大きさを表現している。(太原=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021123004189

  • 2021年12月30日
    (16)稷益廟の明代壁画山西省新絳県

    稷益廟の壁画(部分)。(10月29日撮影)中国山西省運城市新絳(しんこう)県の中心市街地から南西20キロの陽王鎮に、中国の伝説上の人物、后稷(こうしょく)と伯益(はくえき)を祭る稷益廟があり、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。創建時期は不明だが、元代に再建され、明の弘治年間(1488~1505年)と正徳年間(1506~1521年)に何度も修築と増築が行われた。正殿は明代の建築で、殿内の東西南の3壁面には130平方メートル余りの保存状態の良い壁画が残されている。壁画が祭る対象は「三聖」で、東の壁面の三聖は黄帝、伏羲(ふくぎ)、神農。西は大禹(たいう)、后稷、伯益となっている。これら主神の周りには、文武百官や参詣する農民の姿、后稷と伯益にまつわる伝説、野焼き、狩猟、伐木、耕作と収穫、山河と園林などの物語が描かれ、壁面に描かれた一つの農業史となっている。壁画も明代の作だが、描画と色彩には元代壁画の遺風が残る。墨で輪郭を取った人物は力強く、写実性に富んでおり、着色は朱砂が多く用いられ、石緑、石青、白色、黄色が配されている。聖地参詣を題材とした壁画は、多くの参詣者を描いた壮大な構図が多いが、この壁画は従来のしきたりにとらわれず、人物を山林と雲霧の間に描くことで観る人の想像力をかき立て、逆に参詣の規模の大きさを表現している。(太原=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021123004185

  • 2021年12月30日
    (24)稷益廟の明代壁画山西省新絳県

    稷益廟の壁画(部分)。(10月29日撮影)中国山西省運城市新絳(しんこう)県の中心市街地から南西20キロの陽王鎮に、中国の伝説上の人物、后稷(こうしょく)と伯益(はくえき)を祭る稷益廟があり、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。創建時期は不明だが、元代に再建され、明の弘治年間(1488~1505年)と正徳年間(1506~1521年)に何度も修築と増築が行われた。正殿は明代の建築で、殿内の東西南の3壁面には130平方メートル余りの保存状態の良い壁画が残されている。壁画が祭る対象は「三聖」で、東の壁面の三聖は黄帝、伏羲(ふくぎ)、神農。西は大禹(たいう)、后稷、伯益となっている。これら主神の周りには、文武百官や参詣する農民の姿、后稷と伯益にまつわる伝説、野焼き、狩猟、伐木、耕作と収穫、山河と園林などの物語が描かれ、壁面に描かれた一つの農業史となっている。壁画も明代の作だが、描画と色彩には元代壁画の遺風が残る。墨で輪郭を取った人物は力強く、写実性に富んでおり、着色は朱砂が多く用いられ、石緑、石青、白色、黄色が配されている。聖地参詣を題材とした壁画は、多くの参詣者を描いた壮大な構図が多いが、この壁画は従来のしきたりにとらわれず、人物を山林と雲霧の間に描くことで観る人の想像力をかき立て、逆に参詣の規模の大きさを表現している。(太原=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021123004200

  • 2021年12月30日
    (22)稷益廟の明代壁画山西省新絳県

    稷益廟の壁画(部分)。(10月29日撮影)中国山西省運城市新絳(しんこう)県の中心市街地から南西20キロの陽王鎮に、中国の伝説上の人物、后稷(こうしょく)と伯益(はくえき)を祭る稷益廟があり、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。創建時期は不明だが、元代に再建され、明の弘治年間(1488~1505年)と正徳年間(1506~1521年)に何度も修築と増築が行われた。正殿は明代の建築で、殿内の東西南の3壁面には130平方メートル余りの保存状態の良い壁画が残されている。壁画が祭る対象は「三聖」で、東の壁面の三聖は黄帝、伏羲(ふくぎ)、神農。西は大禹(たいう)、后稷、伯益となっている。これら主神の周りには、文武百官や参詣する農民の姿、后稷と伯益にまつわる伝説、野焼き、狩猟、伐木、耕作と収穫、山河と園林などの物語が描かれ、壁面に描かれた一つの農業史となっている。壁画も明代の作だが、描画と色彩には元代壁画の遺風が残る。墨で輪郭を取った人物は力強く、写実性に富んでおり、着色は朱砂が多く用いられ、石緑、石青、白色、黄色が配されている。聖地参詣を題材とした壁画は、多くの参詣者を描いた壮大な構図が多いが、この壁画は従来のしきたりにとらわれず、人物を山林と雲霧の間に描くことで観る人の想像力をかき立て、逆に参詣の規模の大きさを表現している。(太原=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021123004201

  • 2021年12月30日
    (23)稷益廟の明代壁画山西省新絳県

    稷益廟の壁画(部分)。(10月29日撮影)中国山西省運城市新絳(しんこう)県の中心市街地から南西20キロの陽王鎮に、中国の伝説上の人物、后稷(こうしょく)と伯益(はくえき)を祭る稷益廟があり、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。創建時期は不明だが、元代に再建され、明の弘治年間(1488~1505年)と正徳年間(1506~1521年)に何度も修築と増築が行われた。正殿は明代の建築で、殿内の東西南の3壁面には130平方メートル余りの保存状態の良い壁画が残されている。壁画が祭る対象は「三聖」で、東の壁面の三聖は黄帝、伏羲(ふくぎ)、神農。西は大禹(たいう)、后稷、伯益となっている。これら主神の周りには、文武百官や参詣する農民の姿、后稷と伯益にまつわる伝説、野焼き、狩猟、伐木、耕作と収穫、山河と園林などの物語が描かれ、壁面に描かれた一つの農業史となっている。壁画も明代の作だが、描画と色彩には元代壁画の遺風が残る。墨で輪郭を取った人物は力強く、写実性に富んでおり、着色は朱砂が多く用いられ、石緑、石青、白色、黄色が配されている。聖地参詣を題材とした壁画は、多くの参詣者を描いた壮大な構図が多いが、この壁画は従来のしきたりにとらわれず、人物を山林と雲霧の間に描くことで観る人の想像力をかき立て、逆に参詣の規模の大きさを表現している。(太原=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021123004199

  • 2021年12月30日
    (21)稷益廟の明代壁画山西省新絳県

    稷益廟の壁画(部分)。(10月29日撮影)中国山西省運城市新絳(しんこう)県の中心市街地から南西20キロの陽王鎮に、中国の伝説上の人物、后稷(こうしょく)と伯益(はくえき)を祭る稷益廟があり、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。創建時期は不明だが、元代に再建され、明の弘治年間(1488~1505年)と正徳年間(1506~1521年)に何度も修築と増築が行われた。正殿は明代の建築で、殿内の東西南の3壁面には130平方メートル余りの保存状態の良い壁画が残されている。壁画が祭る対象は「三聖」で、東の壁面の三聖は黄帝、伏羲(ふくぎ)、神農。西は大禹(たいう)、后稷、伯益となっている。これら主神の周りには、文武百官や参詣する農民の姿、后稷と伯益にまつわる伝説、野焼き、狩猟、伐木、耕作と収穫、山河と園林などの物語が描かれ、壁面に描かれた一つの農業史となっている。壁画も明代の作だが、描画と色彩には元代壁画の遺風が残る。墨で輪郭を取った人物は力強く、写実性に富んでおり、着色は朱砂が多く用いられ、石緑、石青、白色、黄色が配されている。聖地参詣を題材とした壁画は、多くの参詣者を描いた壮大な構図が多いが、この壁画は従来のしきたりにとらわれず、人物を山林と雲霧の間に描くことで観る人の想像力をかき立て、逆に参詣の規模の大きさを表現している。(太原=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021123004197

  • 2021年12月30日
    (25)稷益廟の明代壁画山西省新絳県

    稷益廟の壁画(部分)。(10月29日撮影)中国山西省運城市新絳(しんこう)県の中心市街地から南西20キロの陽王鎮に、中国の伝説上の人物、后稷(こうしょく)と伯益(はくえき)を祭る稷益廟があり、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。創建時期は不明だが、元代に再建され、明の弘治年間(1488~1505年)と正徳年間(1506~1521年)に何度も修築と増築が行われた。正殿は明代の建築で、殿内の東西南の3壁面には130平方メートル余りの保存状態の良い壁画が残されている。壁画が祭る対象は「三聖」で、東の壁面の三聖は黄帝、伏羲(ふくぎ)、神農。西は大禹(たいう)、后稷、伯益となっている。これら主神の周りには、文武百官や参詣する農民の姿、后稷と伯益にまつわる伝説、野焼き、狩猟、伐木、耕作と収穫、山河と園林などの物語が描かれ、壁面に描かれた一つの農業史となっている。壁画も明代の作だが、描画と色彩には元代壁画の遺風が残る。墨で輪郭を取った人物は力強く、写実性に富んでおり、着色は朱砂が多く用いられ、石緑、石青、白色、黄色が配されている。聖地参詣を題材とした壁画は、多くの参詣者を描いた壮大な構図が多いが、この壁画は従来のしきたりにとらわれず、人物を山林と雲霧の間に描くことで観る人の想像力をかき立て、逆に参詣の規模の大きさを表現している。(太原=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021123004205

  • 2021年12月30日
    (19)稷益廟の明代壁画山西省新絳県

    稷益廟の壁画(部分)。(10月29日撮影)中国山西省運城市新絳(しんこう)県の中心市街地から南西20キロの陽王鎮に、中国の伝説上の人物、后稷(こうしょく)と伯益(はくえき)を祭る稷益廟があり、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。創建時期は不明だが、元代に再建され、明の弘治年間(1488~1505年)と正徳年間(1506~1521年)に何度も修築と増築が行われた。正殿は明代の建築で、殿内の東西南の3壁面には130平方メートル余りの保存状態の良い壁画が残されている。壁画が祭る対象は「三聖」で、東の壁面の三聖は黄帝、伏羲(ふくぎ)、神農。西は大禹(たいう)、后稷、伯益となっている。これら主神の周りには、文武百官や参詣する農民の姿、后稷と伯益にまつわる伝説、野焼き、狩猟、伐木、耕作と収穫、山河と園林などの物語が描かれ、壁面に描かれた一つの農業史となっている。壁画も明代の作だが、描画と色彩には元代壁画の遺風が残る。墨で輪郭を取った人物は力強く、写実性に富んでおり、着色は朱砂が多く用いられ、石緑、石青、白色、黄色が配されている。聖地参詣を題材とした壁画は、多くの参詣者を描いた壮大な構図が多いが、この壁画は従来のしきたりにとらわれず、人物を山林と雲霧の間に描くことで観る人の想像力をかき立て、逆に参詣の規模の大きさを表現している。(太原=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021123004191

  • 2021年12月30日
    (12)稷益廟の明代壁画山西省新絳県

    稷益廟の壁画(部分)。(10月29日撮影)中国山西省運城市新絳(しんこう)県の中心市街地から南西20キロの陽王鎮に、中国の伝説上の人物、后稷(こうしょく)と伯益(はくえき)を祭る稷益廟があり、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。創建時期は不明だが、元代に再建され、明の弘治年間(1488~1505年)と正徳年間(1506~1521年)に何度も修築と増築が行われた。正殿は明代の建築で、殿内の東西南の3壁面には130平方メートル余りの保存状態の良い壁画が残されている。壁画が祭る対象は「三聖」で、東の壁面の三聖は黄帝、伏羲(ふくぎ)、神農。西は大禹(たいう)、后稷、伯益となっている。これら主神の周りには、文武百官や参詣する農民の姿、后稷と伯益にまつわる伝説、野焼き、狩猟、伐木、耕作と収穫、山河と園林などの物語が描かれ、壁面に描かれた一つの農業史となっている。壁画も明代の作だが、描画と色彩には元代壁画の遺風が残る。墨で輪郭を取った人物は力強く、写実性に富んでおり、着色は朱砂が多く用いられ、石緑、石青、白色、黄色が配されている。聖地参詣を題材とした壁画は、多くの参詣者を描いた壮大な構図が多いが、この壁画は従来のしきたりにとらわれず、人物を山林と雲霧の間に描くことで観る人の想像力をかき立て、逆に参詣の規模の大きさを表現している。(太原=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021123004180

  • 2021年12月30日
    (11)稷益廟の明代壁画山西省新絳県

    稷益廟の壁画(部分)。(10月29日撮影)中国山西省運城市新絳(しんこう)県の中心市街地から南西20キロの陽王鎮に、中国の伝説上の人物、后稷(こうしょく)と伯益(はくえき)を祭る稷益廟があり、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。創建時期は不明だが、元代に再建され、明の弘治年間(1488~1505年)と正徳年間(1506~1521年)に何度も修築と増築が行われた。正殿は明代の建築で、殿内の東西南の3壁面には130平方メートル余りの保存状態の良い壁画が残されている。壁画が祭る対象は「三聖」で、東の壁面の三聖は黄帝、伏羲(ふくぎ)、神農。西は大禹(たいう)、后稷、伯益となっている。これら主神の周りには、文武百官や参詣する農民の姿、后稷と伯益にまつわる伝説、野焼き、狩猟、伐木、耕作と収穫、山河と園林などの物語が描かれ、壁面に描かれた一つの農業史となっている。壁画も明代の作だが、描画と色彩には元代壁画の遺風が残る。墨で輪郭を取った人物は力強く、写実性に富んでおり、着色は朱砂が多く用いられ、石緑、石青、白色、黄色が配されている。聖地参詣を題材とした壁画は、多くの参詣者を描いた壮大な構図が多いが、この壁画は従来のしきたりにとらわれず、人物を山林と雲霧の間に描くことで観る人の想像力をかき立て、逆に参詣の規模の大きさを表現している。(太原=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021123004155

  • 2021年12月30日
    (8)稷益廟の明代壁画山西省新絳県

    稷益廟の壁画(部分)。(10月29日撮影)中国山西省運城市新絳(しんこう)県の中心市街地から南西20キロの陽王鎮に、中国の伝説上の人物、后稷(こうしょく)と伯益(はくえき)を祭る稷益廟があり、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。創建時期は不明だが、元代に再建され、明の弘治年間(1488~1505年)と正徳年間(1506~1521年)に何度も修築と増築が行われた。正殿は明代の建築で、殿内の東西南の3壁面には130平方メートル余りの保存状態の良い壁画が残されている。壁画が祭る対象は「三聖」で、東の壁面の三聖は黄帝、伏羲(ふくぎ)、神農。西は大禹(たいう)、后稷、伯益となっている。これら主神の周りには、文武百官や参詣する農民の姿、后稷と伯益にまつわる伝説、野焼き、狩猟、伐木、耕作と収穫、山河と園林などの物語が描かれ、壁面に描かれた一つの農業史となっている。壁画も明代の作だが、描画と色彩には元代壁画の遺風が残る。墨で輪郭を取った人物は力強く、写実性に富んでおり、着色は朱砂が多く用いられ、石緑、石青、白色、黄色が配されている。聖地参詣を題材とした壁画は、多くの参詣者を描いた壮大な構図が多いが、この壁画は従来のしきたりにとらわれず、人物を山林と雲霧の間に描くことで観る人の想像力をかき立て、逆に参詣の規模の大きさを表現している。(太原=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021123004150

  • 2021年12月30日
    (2)稷益廟の明代壁画山西省新絳県

    稷益廟の壁画(部分)。(10月29日撮影)中国山西省運城市新絳(しんこう)県の中心市街地から南西20キロの陽王鎮に、中国の伝説上の人物、后稷(こうしょく)と伯益(はくえき)を祭る稷益廟があり、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。創建時期は不明だが、元代に再建され、明の弘治年間(1488~1505年)と正徳年間(1506~1521年)に何度も修築と増築が行われた。正殿は明代の建築で、殿内の東西南の3壁面には130平方メートル余りの保存状態の良い壁画が残されている。壁画が祭る対象は「三聖」で、東の壁面の三聖は黄帝、伏羲(ふくぎ)、神農。西は大禹(たいう)、后稷、伯益となっている。これら主神の周りには、文武百官や参詣する農民の姿、后稷と伯益にまつわる伝説、野焼き、狩猟、伐木、耕作と収穫、山河と園林などの物語が描かれ、壁面に描かれた一つの農業史となっている。壁画も明代の作だが、描画と色彩には元代壁画の遺風が残る。墨で輪郭を取った人物は力強く、写実性に富んでおり、着色は朱砂が多く用いられ、石緑、石青、白色、黄色が配されている。聖地参詣を題材とした壁画は、多くの参詣者を描いた壮大な構図が多いが、この壁画は従来のしきたりにとらわれず、人物を山林と雲霧の間に描くことで観る人の想像力をかき立て、逆に参詣の規模の大きさを表現している。(太原=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021123003061

  • 2022年03月09日
    Tunisia: The anti-speculation war on subsidized food products continues.

    March 10, 2022, Manouba, Tunisia: The regional authorities of the governorate of Manouba and the police in the presence of Governor Mohamed Chikhrouhou proceeded to a major seizure of basic food products (sugar, flour, semolina, oil, rice, etc.) in a large depot located in the locality of Mornaguia (20km northwest of Tunis)..The owner of the depot was charged with speculation of subsidized food products and arrested by the police on the orders of the public prosecutor. photo by Mahjoub Yassine. (Credit Image: © Chokri Mahjoub/ZUMA Press Wire)、クレジット:©Chokri Mahjoub/ZUMA Press Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022031604945

  • 2022年03月09日
    Tunisia: The anti-speculation war on subsidized food products continues.

    March 10, 2022, Manouba, Tunisia: The regional authorities of the governorate of Manouba and the police in the presence of Governor Mohamed Chikhrouhou proceeded to a major seizure of basic food products (sugar, flour, semolina, oil, rice, etc.) in a large depot located in the locality of Mornaguia (20km northwest of Tunis)..The owner of the depot was charged with speculation of subsidized food products and arrested by the police on the orders of the public prosecutor. photo by Mahjoub Yassine. (Credit Image: © Chokri Mahjoub/ZUMA Press Wire)、クレジット:©Chokri Mahjoub/ZUMA Press Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022031604957

  • 2022年03月09日
    Tunisia: The anti-speculation war on subsidized food products continues.

    March 10, 2022, Manouba, Tunisia: The regional authorities of the governorate of Manouba and the police in the presence of Governor Mohamed Chikhrouhou proceeded to a major seizure of basic food products (sugar, flour, semolina, oil, rice, etc.) in a large depot located in the locality of Mornaguia (20km northwest of Tunis)..The owner of the depot was charged with speculation of subsidized food products and arrested by the police on the orders of the public prosecutor. photo by Mahjoub Yassine. (Credit Image: © Chokri Mahjoub/ZUMA Press Wire)、クレジット:©Chokri Mahjoub/ZUMA Press Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022031605001

  • 2022年03月09日
    Tunisia: The anti-speculation war on subsidized food products continues.

    March 10, 2022, Manouba, Tunisia: The regional authorities of the governorate of Manouba and the police in the presence of Governor Mohamed Chikhrouhou proceeded to a major seizure of basic food products (sugar, flour, semolina, oil, rice, etc.) in a large depot located in the locality of Mornaguia (20km northwest of Tunis)..The owner of the depot was charged with speculation of subsidized food products and arrested by the police on the orders of the public prosecutor. photo by Mahjoub Yassine. (Credit Image: © Chokri Mahjoub/ZUMA Press Wire)、クレジット:©Chokri Mahjoub/ZUMA Press Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022031604851

  • 2022年03月09日
    Tunisia: The anti-speculation war on subsidized food products continues.

    March 10, 2022, Manouba, Tunisia: The Governor Mohamed Chikhrouhou of Manouba....The regional authorities of the governorate of Manouba and the police in the presence of Governor Mohamed Chikhrouhou proceeded to a major seizure of basic food products (sugar, flour, semolina, oil, rice, etc.) in a large depot located in the locality of Mornaguia (20km northwest of Tunis)..The owner of the depot was charged with speculation of subsidized food products and arrested by the police on the orders of the public prosecutor. photo by Mahjoub Yassine. (Credit Image: © Chokri Mahjoub/ZUMA Press Wire)、クレジット:©Chokri Mahjoub/ZUMA Press Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022031604767

  • 2022年03月09日
    Tunisia: The anti-speculation war on subsidized food products continues.

    March 10, 2022, Manouba, Tunisia: The Governor Mohamed Chikhrouhou of Manouba....The regional authorities of the governorate of Manouba and the police in the presence of Governor Mohamed Chikhrouhou proceeded to a major seizure of basic food products (sugar, flour, semolina, oil, rice, etc.) in a large depot located in the locality of Mornaguia (20km northwest of Tunis)..The owner of the depot was charged with speculation of subsidized food products and arrested by the police on the orders of the public prosecutor. photo by Mahjoub Yassine. (Credit Image: © Chokri Mahjoub/ZUMA Press Wire)、クレジット:©Chokri Mahjoub/ZUMA Press Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022031604840

  • 2022年03月09日
    Tunisia: The anti-speculation war on subsidized food products continues.

    March 10, 2022, Manouba, Tunisia: The regional authorities of the governorate of Manouba and the police in the presence of Governor Mohamed Chikhrouhou proceeded to a major seizure of basic food products (sugar, flour, semolina, oil, rice, etc.) in a large depot located in the locality of Mornaguia (20km northwest of Tunis)..The owner of the depot was charged with speculation of subsidized food products and arrested by the police on the orders of the public prosecutor. photo by Mahjoub Yassine. (Credit Image: © Chokri Mahjoub/ZUMA Press Wire)、クレジット:©Chokri Mahjoub/ZUMA Press Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022031604774

  • 2022年03月21日
    UKRAINE-CRISIS/

    Signs ‘‘Kyiv‘‘ and barricades on the E40 Highway, 20 km west of Maidan square, on March 21, 2022 as Russian invasion of Ukraine continue. (Photo by Andrea Filigheddu/NurPhoto)=クレジット:Andrea Filigheddu/NurPhoto/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022032305831

  • 2022年03月21日
    UKRAINE-CRISIS/

    Signs ‘‘Kyiv‘‘ and barricades on the E40 Highway, 20 km west of Maidan square, on March 21, 2022 as Russian invasion of Ukraine continue. (Photo by Andrea Filigheddu/NurPhoto)=クレジット:Andrea Filigheddu/NurPhoto/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022032305947

  • 2022年03月21日
    UKRAINE-CRISIS/

    Signs ‘‘Kyiv‘‘ and barricades on the E40 Highway, 20 km west of Maidan square, on March 21, 2022 as Russian invasion of Ukraine continue. (Photo by Andrea Filigheddu/NurPhoto)=クレジット:Andrea Filigheddu/NurPhoto/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022032305734

  • 2022年03月21日
    UKRAINE-CRISIS/

    Signs ‘‘Kyiv‘‘ and barricades on the E40 Highway, 20 km west of Maidan square, on March 21, 2022 as Russian invasion of Ukraine continue. (Photo by Andrea Filigheddu/NurPhoto)=クレジット:Andrea Filigheddu/NurPhoto/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022032305851

  • 2022年07月01日
    (2)中国が建設を支援したジンバブエ議会議事堂、竣工検査に合格

    6月29日、ジンバブエ議会議事堂内の参議院議場。中国による南部アフリカ地域最大の建設支援プロジェクト、ジンバブエ議会議事堂が6月29日、報道陣に公開され、施工者が竣工検査の合格を明らかにした。議事堂は同国の首都ハラレ市の中心部から北西20キロにあるマウント・ハンプデンに位置し、延床面積3万3千平方メートルで、地元のランドマークとなっている。(マウント・ハンプデン=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年7月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022070202498

  • 2022年07月01日
    (4)中国が建設を支援したジンバブエ議会議事堂、竣工検査に合格

    6月29日、ジンバブエ議会議事堂前を歩く男性。中国による南部アフリカ地域最大の建設支援プロジェクト、ジンバブエ議会議事堂が6月29日、報道陣に公開され、施工者が竣工検査の合格を明らかにした。議事堂は同国の首都ハラレ市の中心部から北西20キロにあるマウント・ハンプデンに位置し、延床面積3万3千平方メートルで、地元のランドマークとなっている。(マウント・ハンプデン=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年7月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022070202536

  • 2022年07月01日
    (3)中国が建設を支援したジンバブエ議会議事堂、竣工検査に合格

    6月29日、ジンバブエ議会議事堂前を歩く男性。中国による南部アフリカ地域最大の建設支援プロジェクト、ジンバブエ議会議事堂が6月29日、報道陣に公開され、施工者が竣工検査の合格を明らかにした。議事堂は同国の首都ハラレ市の中心部から北西20キロにあるマウント・ハンプデンに位置し、延床面積3万3千平方メートルで、地元のランドマークとなっている。(マウント・ハンプデン=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年7月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022070202493

  • 2022年07月01日
    (1)中国が建設を支援したジンバブエ議会議事堂、竣工検査に合格

    6月29日、ジンバブエ議会議事堂前で記念撮影をする女性。中国による南部アフリカ地域最大の建設支援プロジェクト、ジンバブエ議会議事堂が6月29日、報道陣に公開され、施工者が竣工検査の合格を明らかにした。議事堂は同国の首都ハラレ市の中心部から北西20キロにあるマウント・ハンプデンに位置し、延床面積3万3千平方メートルで、地元のランドマークとなっている。(マウント・ハンプデン=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年7月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022070202486

  • 1