KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 仏像
  • 令和
  • 雲岡石窟
  • 世俗
  • 中国化
  • 中心
  • 仏教
  • 太原
  • 楽園
  • 武州山

「要石」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
91
( 1 91 件を表示)
  • 1
91
( 1 91 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • -
    Japan: Woodblock print of the Namazu and the god Ebisu sleeping on the kaname-ishi rock, 1855

    The Namazu, also called the Onamazu, is a creature in Japanese mythology and folktales. The Namazu is a gigantic catfish said to cause earthquakes and tremors. Living in the mud under the Japanese isles, the Namazu is guarded by the protector god Kashima, who restrains the catfish using the kaname-ishi rock. Whenever Kashima lets his guard down, Namazu thrashes about and causes violent earthquakes.The Namazu rose to new fame and popularity after the Ansei great earthquakes that happened near Edo in 1855. This led to the Namazu being worshipped as a god of world rectification (yonaoshi daimyojin), sent by the gods to correct some of the imbalances in the world.Catfish woodblock prints known as namazu-e became their own popular genre within days of the earthquake. They were usually unsigned and often depicted scenes of a namazu or many namazu atoning for their deeds. 、クレジット:Pictures From History/ニューズコム/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020080101769

  • 1997年06月11日
    長瀬要石氏 協力基金副総裁に長瀬氏

    海外経済協力基金副総裁に内定した長瀬要石氏(平4国内-12340)

    商品コード: 1997061100086

  • 2015年05月28日
    裏切られ続ける「要石」

    沖縄県の米軍施設

    商品コード: 2015052800741

  • 2015年05月28日
    裏切られ続ける「要石」

    沖縄県の米軍施設

    商品コード: 2015052800742

  • 2015年05月28日
    大城敬人名護市議 裏切られ続ける「要石」

    祖先の墓から普天間飛行場の移設先を指す名護市議の大城敬人=4月、沖縄県名護市辺野古

    商品コード: 2015052800752

  • 2015年05月28日
    オスプレイと子どもたち 裏切られ続ける「要石」

    普天間飛行場に向かう米軍新型輸送機MV22オスプレイと広場で遊ぶ子どもたち=4月、沖縄県宜野湾市

    商品コード: 2015052800755

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2015年05月28日
    仲村清宜野湾区長 裏切られ続ける「要石」

    米軍ヘリコプターの墜落地点を指す宜野湾区長の仲村清=4月、沖縄県宜野湾市の沖縄国際大

    商品コード: 2015052800754

  • 2015年12月05日
    Desert landscape with petrified tree trunk

    Desert landscape with petrified tree trunk, Bosque Petrificado Jose Ormachea, Sarmiento, Chubut, Argentina, South America、クレジット:imageBROKER.com/Peter Giovannini/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020120100868

  • 2017年06月03日
    鹿島神宮の要石 立札

    キーワード:屋外、鹿島神宮、神社、朝、日本、梅雨、無人、立て札、要石、テーマメイン写真=2017(平成29)年6月3日、茨城県鹿嶋市、クレジット:HIDEO FUJITA/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020122904143

  • 2017年06月03日
    鹿島神宮の要石

    キーワード:屋外、鹿島神宮、神社、朝、鳥居、日本、梅雨、無人、要石、テーマメイン写真=2017(平成29)年6月3日、茨城県鹿嶋市、クレジット:HIDEO FUJITA/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020122903694

  • 2020年05月10日
    多様な文化が融合した仏教の楽園「雲岡石窟」山西省大同市

    雲岡石窟第12窟の伎楽天。西域伝来の楽器も見られる。(5月10日撮影)中国山西省大同市にある世界文化遺産の雲岡石窟は、国内外の彫刻芸術の粋を集め、5世紀における世界の彫刻芸術の最高レベルを代表するもので、仏教が中国化・世俗化した変遷の過程を物語っている。同石窟は市の中心から西に約16キロ離れた武州山の南麓にあり、現存する主要石窟数は45窟、仏像は5万9千体余りに上り、5世紀における世界の彫刻芸術の最高水準ともいえる。(太原=新華社記者/王学濤)=2020(令和2)年5月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072802053

  • 2020年07月07日
    多様な文化が融合した仏教の楽園「雲岡石窟」山西省大同市

    7日、雲岡石窟第10窟の後室南壁の窟門と明窓の間に施された彫刻。下部は忍冬文(にんどうもん、唐草文様)と化生童子を模した門簪(もんさん、門上部の突き出た部分)ならなる。中国山西省大同市にある世界文化遺産の雲岡石窟は、国内外の彫刻芸術の粋を集め、5世紀における世界の彫刻芸術の最高レベルを代表するもので、仏教が中国化・世俗化した変遷の過程を物語っている。同石窟は市の中心から西に約16キロ離れた武州山の南麓にあり、現存する主要石窟数は45窟、仏像は5万9千体余りに上り、5世紀における世界の彫刻芸術の最高水準ともいえる。(太原=新華社記者/劉翔霄)=2020(令和2)年7月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072802048

  • 2020年07月07日
    多様な文化が融合した仏教の楽園「雲岡石窟」山西省大同市

    7日、雲岡石窟第9窟の窟門頂部に施された彫刻。中国山西省大同市にある世界文化遺産の雲岡石窟は、国内外の彫刻芸術の粋を集め、5世紀における世界の彫刻芸術の最高レベルを代表するもので、仏教が中国化・世俗化した変遷の過程を物語っている。同石窟は市の中心から西に約16キロ離れた武州山の南麓にあり、現存する主要石窟数は45窟、仏像は5万9千体余りに上り、5世紀における世界の彫刻芸術の最高水準ともいえる。(太原=新華社記者/王学濤)=2020(令和2)年7月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072802052

  • 2020年07月07日
    多様な文化が融合した仏教の楽園「雲岡石窟」山西省大同市

    7日、雲岡石窟第6窟の中心塔柱北面の下層重龕主尊と右側衆。中国山西省大同市にある世界文化遺産の雲岡石窟は、国内外の彫刻芸術の粋を集め、5世紀における世界の彫刻芸術の最高レベルを代表するもので、仏教が中国化・世俗化した変遷の過程を物語っている。同石窟は市の中心から西に約16キロ離れた武州山の南麓にあり、現存する主要石窟数は45窟、仏像は5万9千体余りに上り、5世紀における世界の彫刻芸術の最高水準ともいえる。(太原=新華社記者/王学濤)=2020(令和2)年7月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072802069

  • 2020年07月07日
    多様な文化が融合した仏教の楽園「雲岡石窟」山西省大同市

    7日、雲岡石窟第9窟の窟門頂部に施された彫刻。中国山西省大同市にある世界文化遺産の雲岡石窟は、国内外の彫刻芸術の粋を集め、5世紀における世界の彫刻芸術の最高レベルを代表するもので、仏教が中国化・世俗化した変遷の過程を物語っている。同石窟は市の中心から西に約16キロ離れた武州山の南麓にあり、現存する主要石窟数は45窟、仏像は5万9千体余りに上り、5世紀における世界の彫刻芸術の最高水準ともいえる。(太原=新華社記者/劉翔霄)=2020(令和2)年7月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072802144

  • 2020年07月07日
    多様な文化が融合した仏教の楽園「雲岡石窟」山西省大同市

    7日、雲岡石窟第18窟の仏立像。中国山西省大同市にある世界文化遺産の雲岡石窟は、国内外の彫刻芸術の粋を集め、5世紀における世界の彫刻芸術の最高レベルを代表するもので、仏教が中国化・世俗化した変遷の過程を物語っている。同石窟は市の中心から西に約16キロ離れた武州山の南麓にあり、現存する主要石窟数は45窟、仏像は5万9千体余りに上り、5世紀における世界の彫刻芸術の最高水準ともいえる。(太原=新華社記者/王学濤)=2020(令和2)年7月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072802155

  • 2020年07月07日
    多様な文化が融合した仏教の楽園「雲岡石窟」山西省大同市

    7日、雲岡石窟第10窟の前室北壁東側第3層の仏龕(ぶつがん、厨子)。左右の柱はイオニア式柱頭になっている。中国山西省大同市にある世界文化遺産の雲岡石窟は、国内外の彫刻芸術の粋を集め、5世紀における世界の彫刻芸術の最高レベルを代表するもので、仏教が中国化・世俗化した変遷の過程を物語っている。同石窟は市の中心から西に約16キロ離れた武州山の南麓にあり、現存する主要石窟数は45窟、仏像は5万9千体余りに上り、5世紀における世界の彫刻芸術の最高水準ともいえる。(太原=新華社記者/王学濤)=2020(令和2)年7月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072802159

  • 2020年07月07日
    多様な文化が融合した仏教の楽園「雲岡石窟」山西省大同市

    7日、雲岡石窟第8窟の三頭八臂の摩醯首羅天(まけいしゅらてん)。中国山西省大同市にある世界文化遺産の雲岡石窟は、国内外の彫刻芸術の粋を集め、5世紀における世界の彫刻芸術の最高レベルを代表するもので、仏教が中国化・世俗化した変遷の過程を物語っている。同石窟は市の中心から西に約16キロ離れた武州山の南麓にあり、現存する主要石窟数は45窟、仏像は5万9千体余りに上り、5世紀における世界の彫刻芸術の最高水準ともいえる。(太原=新華社記者/王学濤)=2020(令和2)年7月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072802160

  • 2020年07月07日
    多様な文化が融合した仏教の楽園「雲岡石窟」山西省大同市

    7日、雲岡石窟第8窟の鮮卑族の帽子をかぶった供養者。中国山西省大同市にある世界文化遺産の雲岡石窟は、国内外の彫刻芸術の粋を集め、5世紀における世界の彫刻芸術の最高レベルを代表するもので、仏教が中国化・世俗化した変遷の過程を物語っている。同石窟は市の中心から西に約16キロ離れた武州山の南麓にあり、現存する主要石窟数は45窟、仏像は5万9千体余りに上り、5世紀における世界の彫刻芸術の最高水準ともいえる。(太原=新華社記者/王学濤)=2020(令和2)年7月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072802188

  • 2020年07月07日
    多様な文化が融合した仏教の楽園「雲岡石窟」山西省大同市

    7日、雲岡石窟第8窟北壁の左脇侍衆像。中国山西省大同市にある世界文化遺産の雲岡石窟は、国内外の彫刻芸術の粋を集め、5世紀における世界の彫刻芸術の最高レベルを代表するもので、仏教が中国化・世俗化した変遷の過程を物語っている。同石窟は市の中心から西に約16キロ離れた武州山の南麓にあり、現存する主要石窟数は45窟、仏像は5万9千体余りに上り、5世紀における世界の彫刻芸術の最高水準ともいえる。(太原=新華社記者/王学濤)=2020(令和2)年7月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072802070

  • 2020年07月07日
    多様な文化が融合した仏教の楽園「雲岡石窟」山西省大同市

    7日、雲岡石窟第19窟の窟門東壁に施された彫刻。中国山西省大同市にある世界文化遺産の雲岡石窟は、国内外の彫刻芸術の粋を集め、5世紀における世界の彫刻芸術の最高レベルを代表するもので、仏教が中国化・世俗化した変遷の過程を物語っている。同石窟は市の中心から西に約16キロ離れた武州山の南麓にあり、現存する主要石窟数は45窟、仏像は5万9千体余りに上り、5世紀における世界の彫刻芸術の最高水準ともいえる。(太原=新華社記者/劉翔霄)=2020(令和2)年7月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072802140

  • 2020年07月07日
    多様な文化が融合した仏教の楽園「雲岡石窟」山西省大同市

    7日、山に沿って造営された雲岡石窟。中国山西省大同市にある世界文化遺産の雲岡石窟は、国内外の彫刻芸術の粋を集め、5世紀における世界の彫刻芸術の最高レベルを代表するもので、仏教が中国化・世俗化した変遷の過程を物語っている。同石窟は市の中心から西に約16キロ離れた武州山の南麓にあり、現存する主要石窟数は45窟、仏像は5万9千体余りに上り、5世紀における世界の彫刻芸術の最高水準ともいえる。(太原=新華社記者/劉翔霄)=2020(令和2)年7月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072802146

  • 2020年07月07日
    多様な文化が融合した仏教の楽園「雲岡石窟」山西省大同市

    7日、山に沿って造営された雲岡石窟。中国山西省大同市にある世界文化遺産の雲岡石窟は、国内外の彫刻芸術の粋を集め、5世紀における世界の彫刻芸術の最高レベルを代表するもので、仏教が中国化・世俗化した変遷の過程を物語っている。同石窟は市の中心から西に約16キロ離れた武州山の南麓にあり、現存する主要石窟数は45窟、仏像は5万9千体余りに上り、5世紀における世界の彫刻芸術の最高水準ともいえる。(太原=新華社記者/劉翔霄)=2020(令和2)年7月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072802152

  • 2020年07月07日
    多様な文化が融合した仏教の楽園「雲岡石窟」山西省大同市

    7日、雲岡石窟を見学する観光客。中国山西省大同市にある世界文化遺産の雲岡石窟は、国内外の彫刻芸術の粋を集め、5世紀における世界の彫刻芸術の最高レベルを代表するもので、仏教が中国化・世俗化した変遷の過程を物語っている。同石窟は市の中心から西に約16キロ離れた武州山の南麓にあり、現存する主要石窟数は45窟、仏像は5万9千体余りに上り、5世紀における世界の彫刻芸術の最高水準ともいえる。(太原=新華社記者/劉翔霄)=2020(令和2)年7月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072802181

  • 2020年07月07日
    多様な文化が融合した仏教の楽園「雲岡石窟」山西省大同市

    7日、雲岡石窟第9窟の婆藪仙人(ばすせんにん)。中国山西省大同市にある世界文化遺産の雲岡石窟は、国内外の彫刻芸術の粋を集め、5世紀における世界の彫刻芸術の最高レベルを代表するもので、仏教が中国化・世俗化した変遷の過程を物語っている。同石窟は市の中心から西に約16キロ離れた武州山の南麓にあり、現存する主要石窟数は45窟、仏像は5万9千体余りに上り、5世紀における世界の彫刻芸術の最高水準ともいえる。(太原=新華社記者/王学濤)=2020(令和2)年7月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072802187

  • 2020年07月07日
    多様な文化が融合した仏教の楽園「雲岡石窟」山西省大同市

    7日、雲岡石窟第18窟の仏立像。中国山西省大同市にある世界文化遺産の雲岡石窟は、国内外の彫刻芸術の粋を集め、5世紀における世界の彫刻芸術の最高レベルを代表するもので、仏教が中国化・世俗化した変遷の過程を物語っている。同石窟は市の中心から西に約16キロ離れた武州山の南麓にあり、現存する主要石窟数は45窟、仏像は5万9千体余りに上り、5世紀における世界の彫刻芸術の最高水準ともいえる。(太原=新華社記者/劉翔霄)=2020(令和2)年7月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072802148

  • 2020年07月07日
    多様な文化が融合した仏教の楽園「雲岡石窟」山西省大同市

    7日、雲岡石窟第6窟の護法夜叉。中国山西省大同市にある世界文化遺産の雲岡石窟は、国内外の彫刻芸術の粋を集め、5世紀における世界の彫刻芸術の最高レベルを代表するもので、仏教が中国化・世俗化した変遷の過程を物語っている。同石窟は市の中心から西に約16キロ離れた武州山の南麓にあり、現存する主要石窟数は45窟、仏像は5万9千体余りに上り、5世紀における世界の彫刻芸術の最高水準ともいえる。(太原=新華社記者/王学濤)=2020(令和2)年7月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072802081

  • 2020年07月07日
    多様な文化が融合した仏教の楽園「雲岡石窟」山西省大同市

    7日、雲岡石窟第8窟の五頭六臂の鳩摩羅天(くまらてん)。中国山西省大同市にある世界文化遺産の雲岡石窟は、国内外の彫刻芸術の粋を集め、5世紀における世界の彫刻芸術の最高レベルを代表するもので、仏教が中国化・世俗化した変遷の過程を物語っている。同石窟は市の中心から西に約16キロ離れた武州山の南麓にあり、現存する主要石窟数は45窟、仏像は5万9千体余りに上り、5世紀における世界の彫刻芸術の最高水準ともいえる。(太原=新華社記者/王学濤)=2020(令和2)年7月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072802083

  • 2020年07月07日
    多様な文化が融合した仏教の楽園「雲岡石窟」山西省大同市

    7日、雲岡石窟第20窟の東仏立像。中国山西省大同市にある世界文化遺産の雲岡石窟は、国内外の彫刻芸術の粋を集め、5世紀における世界の彫刻芸術の最高レベルを代表するもので、仏教が中国化・世俗化した変遷の過程を物語っている。同石窟は市の中心から西に約16キロ離れた武州山の南麓にあり、現存する主要石窟数は45窟、仏像は5万9千体余りに上り、5世紀における世界の彫刻芸術の最高水準ともいえる。(太原=新華社記者/王学濤)=2020(令和2)年7月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072802087

  • 2020年07月07日
    多様な文化が融合した仏教の楽園「雲岡石窟」山西省大同市

    7日、雲岡石窟第10窟の後室南壁の窟門と明窓の間に施された彫刻。下部は忍冬文(にんどうもん、唐草文様)と化生童子を模した門簪(もんさん、門上部の突き出た部分)ならなる。中国山西省大同市にある世界文化遺産の雲岡石窟は、国内外の彫刻芸術の粋を集め、5世紀における世界の彫刻芸術の最高レベルを代表するもので、仏教が中国化・世俗化した変遷の過程を物語っている。同石窟は市の中心から西に約16キロ離れた武州山の南麓にあり、現存する主要石窟数は45窟、仏像は5万9千体余りに上り、5世紀における世界の彫刻芸術の最高水準ともいえる。(太原=新華社記者/王学濤)=2020(令和2)年7月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072802153

  • 2020年07月08日
    多様な文化が融合した仏教の楽園「雲岡石窟」山西省大同市

    8日、雲岡石窟第19窟の大仏。中国山西省大同市にある世界文化遺産の雲岡石窟は、国内外の彫刻芸術の粋を集め、5世紀における世界の彫刻芸術の最高レベルを代表するもので、仏教が中国化・世俗化した変遷の過程を物語っている。同石窟は市の中心から西に約16キロ離れた武州山の南麓にあり、現存する主要石窟数は45窟、仏像は5万9千体余りに上り、5世紀における世界の彫刻芸術の最高水準ともいえる。(太原=新華社記者/王学濤)=2020(令和2)年7月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072802058

  • 2020年07月08日
    多様な文化が融合した仏教の楽園「雲岡石窟」山西省大同市

    8日、雲岡石窟第20窟の大仏。中国山西省大同市にある世界文化遺産の雲岡石窟は、国内外の彫刻芸術の粋を集め、5世紀における世界の彫刻芸術の最高レベルを代表するもので、仏教が中国化・世俗化した変遷の過程を物語っている。同石窟は市の中心から西に約16キロ離れた武州山の南麓にあり、現存する主要石窟数は45窟、仏像は5万9千体余りに上り、5世紀における世界の彫刻芸術の最高水準ともいえる。(太原=新華社記者/王学濤)=2020(令和2)年7月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072802150

  • 2020年07月08日
    多様な文化が融合した仏教の楽園「雲岡石窟」山西省大同市

    8日、雲岡石窟第6窟の供養菩薩と執金剛神(しゅこんごうじん)。中国山西省大同市にある世界文化遺産の雲岡石窟は、国内外の彫刻芸術の粋を集め、5世紀における世界の彫刻芸術の最高レベルを代表するもので、仏教が中国化・世俗化した変遷の過程を物語っている。同石窟は市の中心から西に約16キロ離れた武州山の南麓にあり、現存する主要石窟数は45窟、仏像は5万9千体余りに上り、5世紀における世界の彫刻芸術の最高水準ともいえる。(太原=新華社記者/王学濤)=2020(令和2)年7月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072802163

  • 2020年07月08日
    多様な文化が融合した仏教の楽園「雲岡石窟」山西省大同市

    8日、雲岡石窟第9窟の彫刻。左側は西域様式、右側は中国様式になっている。中国山西省大同市にある世界文化遺産の雲岡石窟は、国内外の彫刻芸術の粋を集め、5世紀における世界の彫刻芸術の最高レベルを代表するもので、仏教が中国化・世俗化した変遷の過程を物語っている。同石窟は市の中心から西に約16キロ離れた武州山の南麓にあり、現存する主要石窟数は45窟、仏像は5万9千体余りに上り、5世紀における世界の彫刻芸術の最高水準ともいえる。(太原=新華社記者/王学濤)=2020(令和2)年7月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072802158

  • 2020年07月08日
    多様な文化が融合した仏教の楽園「雲岡石窟」山西省大同市

    8日、雲岡石窟第16窟の主尊仏像。中国山西省大同市にある世界文化遺産の雲岡石窟は、国内外の彫刻芸術の粋を集め、5世紀における世界の彫刻芸術の最高レベルを代表するもので、仏教が中国化・世俗化した変遷の過程を物語っている。同石窟は市の中心から西に約16キロ離れた武州山の南麓にあり、現存する主要石窟数は45窟、仏像は5万9千体余りに上り、5世紀における世界の彫刻芸術の最高水準ともいえる。(太原=新華社記者/王学濤)=2020(令和2)年7月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072802151

  • 2020年07月08日
    多様な文化が融合した仏教の楽園「雲岡石窟」山西省大同市

    8日、雲岡石窟第5窟北壁の主尊仏坐像。中国山西省大同市にある世界文化遺産の雲岡石窟は、国内外の彫刻芸術の粋を集め、5世紀における世界の彫刻芸術の最高レベルを代表するもので、仏教が中国化・世俗化した変遷の過程を物語っている。同石窟は市の中心から西に約16キロ離れた武州山の南麓にあり、現存する主要石窟数は45窟、仏像は5万9千体余りに上り、5世紀における世界の彫刻芸術の最高水準ともいえる。(太原=新華社記者/王学濤)=2020(令和2)年7月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072802141

  • 2020年07月08日
    多様な文化が融合した仏教の楽園「雲岡石窟」山西省大同市

    8日、雲岡石窟第17窟の交脚菩薩。中国山西省大同市にある世界文化遺産の雲岡石窟は、国内外の彫刻芸術の粋を集め、5世紀における世界の彫刻芸術の最高レベルを代表するもので、仏教が中国化・世俗化した変遷の過程を物語っている。同石窟は市の中心から西に約16キロ離れた武州山の南麓にあり、現存する主要石窟数は45窟、仏像は5万9千体余りに上り、5世紀における世界の彫刻芸術の最高水準ともいえる。(太原=新華社記者/王学濤)=2020(令和2)年7月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072802185

  • 00:59.14
    2021年08月04日
    「新華社」仏像5万体が残る世界遺産、雲岡石窟を空中散歩

    中国山西省大同市の西郊にある雲岡石窟は、1500年余りの歴史を持つ中国最大の石窟群の一つで、現存する主要石窟数は45窟、仏像は5万体以上に上る。 =配信日: 2021(令和3)年8月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021080405632

  • 2021年11月01日
    「要石」失い首相痛手

    商品コード: 2021110112679-1

  • 2021年11月01日
    「要石」失い首相痛手

    商品コード: 2021110112679-3

  • 2021年11月01日
    自民党の甘利幹事長 「要石」失い首相痛手

    自民党臨時役員会を終えた甘利幹事長=1日、東京・永田町の党本部

    商品コード: 2021110112679

  • 2021年11月01日
    「要石」失い首相痛手

    商品コード: 2021110112679-2

  • 2021年11月01日
    会談を終えた甘利幹事長 「要石」失い首相痛手

    公明党との幹事長会談を終えた自民党の甘利幹事長=1日、国会

    商品コード: 2021110112681

  • 2021年11月01日
    「要石」失い首相痛手

    商品コード: 2021110112683-11

  • 2021年11月01日
    「要石」失い首相痛手

    商品コード: 2021110112683-2

  • 2021年11月01日
    「要石」失い首相痛手

    商品コード: 2021110112683-9

  • 2021年11月01日
    「要石」失い首相痛手

    商品コード: 2021110112683-4

  • 2021年11月01日
    「要石」失い首相痛手

    商品コード: 2021110112683-5

  • 2021年11月01日
    「要石」失い首相痛手

    商品コード: 2021110112683-6

  • 2021年11月01日
    「要石」失い首相痛手

    商品コード: 2021110112683-7

  • 2021年11月01日
    「要石」失い首相痛手

    商品コード: 2021110112683-1

  • 2021年11月01日
    「要石」失い首相痛手

    商品コード: 2021110112683-3

  • 2021年11月01日
    「要石」失い首相痛手

    商品コード: 2021110112683-8

  • 2021年11月01日
    「要石」失い首相痛手

    商品コード: 2021110112683-10

  • 2021年11月01日
    「要石」失い首相痛手

    商品コード: 2021110112683-12

  • 2021年11月01日
    立憲民主党の福山幹事長 「要石」失い首相痛手

    公示前勢力から議席を減らした衆院選から一夜明け、頭を下げる立憲民主党の福山幹事長=1日、国会

    商品コード: 2021110112683

  • 2021年11月01日
    「要石」失い首相痛手

    商品コード: 2021110112683-13

  • 2021年11月01日
    「要石」失い首相痛手

    自民、立民両党の大物・要職経験者の落選、敗北

    商品コード: 2021110112697

  • 2021年11月01日
    「要石」失い首相痛手

    自民、立民両党の大物・要職経験者の落選、敗北

    商品コード: 2021110112701

  • 2021年11月01日
    「要石」失い首相痛手

    自民、立民両党の大物・要職経験者の落選、敗北

    商品コード: 2021110112706

  • 2021年11月01日
    「要石」失い首相痛手

    自民、立民両党の大物・要職経験者の落選、敗北

    商品コード: 2021110112708

  • 2021年11月01日
    「要石」失い首相痛手

    商品コード: 2021110112925-2

  • 2021年11月01日
    「要石」失い首相痛手

    商品コード: 2021110112925-3

  • 2021年11月01日
    「要石」失い首相痛手

    商品コード: 2021110112925-1

  • 2021年11月01日
    「要石」失い首相痛手

    商品コード: 2021110112925-4

  • 2021年11月01日
    「要石」失い首相痛手

    商品コード: 2021110112925-5

  • 2021年11月01日
    取材に臨む枝野代表 「要石」失い首相痛手

    連合本部で記者団の取材に臨む立憲民主党の枝野代表=1日、東京都千代田区

    商品コード: 2021110112925

  • 2021年12月03日
    (2)世界遺産、雲岡石窟を訪ねて山西省大同市

    雲岡石窟の仏像。(5月7日撮影)中国山西省大同市の西郊にある雲岡石窟は1500年余りの歴史を持つ中国最大の石窟群の一つで、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産にも登録されている。現存する主要石窟数は45窟、大小の仏像は5万体以上に上る。(大同=新華社記者/詹彦)= 配信日: 2021(令和3)年12月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021120313850

  • 2021年12月03日
    (3)世界遺産、雲岡石窟を訪ねて山西省大同市

    雲岡石窟の仏像。(5月9日撮影)中国山西省大同市の西郊にある雲岡石窟は1500年余りの歴史を持つ中国最大の石窟群の一つで、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産にも登録されている。現存する主要石窟数は45窟、大小の仏像は5万体以上に上る。(大同=新華社記者/詹彦)= 配信日: 2021(令和3)年12月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021120313878

  • 2021年12月03日
    (6)世界遺産、雲岡石窟を訪ねて山西省大同市

    雲岡石窟で、石窟の保守を行うスタッフ。(5月7日撮影)中国山西省大同市の西郊にある雲岡石窟は1500年余りの歴史を持つ中国最大の石窟群の一つで、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産にも登録されている。現存する主要石窟数は45窟、大小の仏像は5万体以上に上る。(大同=新華社記者/詹彦)= 配信日: 2021(令和3)年12月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021120313940

  • 2021年12月03日
    (4)世界遺産、雲岡石窟を訪ねて山西省大同市

    雲岡石窟で、石窟の保守を行うスタッフ。(5月7日撮影)中国山西省大同市の西郊にある雲岡石窟は1500年余りの歴史を持つ中国最大の石窟群の一つで、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産にも登録されている。現存する主要石窟数は45窟、大小の仏像は5万体以上に上る。(大同=新華社記者/詹彦)= 配信日: 2021(令和3)年12月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021120313877

  • 2021年12月03日
    (1)世界遺産、雲岡石窟を訪ねて山西省大同市

    雲岡石窟の仏像。(5月9日撮影)中国山西省大同市の西郊にある雲岡石窟は1500年余りの歴史を持つ中国最大の石窟群の一つで、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産にも登録されている。現存する主要石窟数は45窟、大小の仏像は5万体以上に上る。(大同=新華社記者/詹彦)= 配信日: 2021(令和3)年12月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021120312994

  • 2021年12月03日
    (5)世界遺産、雲岡石窟を訪ねて山西省大同市

    雲岡石窟の仏像。(5月7日撮影)中国山西省大同市の西郊にある雲岡石窟は1500年余りの歴史を持つ中国最大の石窟群の一つで、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産にも登録されている。現存する主要石窟数は45窟、大小の仏像は5万体以上に上る。(大同=新華社記者/詹彦)= 配信日: 2021(令和3)年12月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021120313927

  • 2021年12月03日
    (7)世界遺産、雲岡石窟を訪ねて山西省大同市

    雲岡石窟でデータを採取するスタッフ。(5月8日撮影)中国山西省大同市の西郊にある雲岡石窟は1500年余りの歴史を持つ中国最大の石窟群の一つで、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産にも登録されている。現存する主要石窟数は45窟、大小の仏像は5万体以上に上る。(大同=新華社記者/詹彦)= 配信日: 2021(令和3)年12月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021120313936

  • 2022年05月19日
    (4)世界文化遺産「雲岡石窟」を訪ねて山西省大同市

    11日、雲岡石窟の石刻。中国山西省大同市にある雲岡石窟は、1500年余りの歴史を持つ中国最大規模の石窟群の一つで、2001年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。今も主要石窟45カ所、大小の仏像5万体余りが残る。(大同=新華社記者/曹陽)= 配信日: 2022(令和4)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022051911279

  • 2022年05月19日
    (16)世界文化遺産「雲岡石窟」を訪ねて山西省大同市

    11日、雲岡石窟の仏像。中国山西省大同市にある雲岡石窟は、1500年余りの歴史を持つ中国最大規模の石窟群の一つで、2001年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。今も主要石窟45カ所、大小の仏像5万体余りが残る。(大同=新華社記者/曹陽)= 配信日: 2022(令和4)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022051911312

  • 2022年05月19日
    (3)世界文化遺産「雲岡石窟」を訪ねて山西省大同市

    11日、雲岡石窟の仏像。中国山西省大同市にある雲岡石窟は、1500年余りの歴史を持つ中国最大規模の石窟群の一つで、2001年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。今も主要石窟45カ所、大小の仏像5万体余りが残る。(大同=新華社記者/曹陽)= 配信日: 2022(令和4)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022051911255

  • 2022年05月19日
    (2)世界文化遺産「雲岡石窟」を訪ねて山西省大同市

    11日、雲岡石窟の石刻。中国山西省大同市にある雲岡石窟は、1500年余りの歴史を持つ中国最大規模の石窟群の一つで、2001年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。今も主要石窟45カ所、大小の仏像5万体余りが残る。(大同=新華社記者/曹陽)= 配信日: 2022(令和4)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022051911257

  • 2022年05月19日
    (6)世界文化遺産「雲岡石窟」を訪ねて山西省大同市

    11日、雲岡石窟の仏像。中国山西省大同市にある雲岡石窟は、1500年余りの歴史を持つ中国最大規模の石窟群の一つで、2001年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。今も主要石窟45カ所、大小の仏像5万体余りが残る。(大同=新華社記者/曹陽)= 配信日: 2022(令和4)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022051911277

  • 2022年05月19日
    (5)世界文化遺産「雲岡石窟」を訪ねて山西省大同市

    11日、雲岡石窟をモチーフにしたアイス。中国山西省大同市にある雲岡石窟は、1500年余りの歴史を持つ中国最大規模の石窟群の一つで、2001年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。今も主要石窟45カ所、大小の仏像5万体余りが残る。(大同=新華社記者/曹陽)= 配信日: 2022(令和4)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022051911271

  • 2022年05月19日
    (11)世界文化遺産「雲岡石窟」を訪ねて山西省大同市

    11日、雲岡石窟第20窟の仏像。(小型無人機から)中国山西省大同市にある雲岡石窟は、1500年余りの歴史を持つ中国最大規模の石窟群の一つで、2001年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。今も主要石窟45カ所、大小の仏像5万体余りが残る。(大同=新華社記者/曹陽)= 配信日: 2022(令和4)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022051911287

  • 2022年05月19日
    (1)世界文化遺産「雲岡石窟」を訪ねて山西省大同市

    11日、雲岡石窟の外部建築。(小型無人機から)中国山西省大同市にある雲岡石窟は、1500年余りの歴史を持つ中国最大規模の石窟群の一つで、2001年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。今も主要石窟45カ所、大小の仏像5万体余りが残る。(大同=新華社記者/曹陽)= 配信日: 2022(令和4)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022051911316

  • 2022年05月19日
    (14)世界文化遺産「雲岡石窟」を訪ねて山西省大同市

    11日、雲岡石窟の石刻。中国山西省大同市にある雲岡石窟は、1500年余りの歴史を持つ中国最大規模の石窟群の一つで、2001年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。今も主要石窟45カ所、大小の仏像5万体余りが残る。(大同=新華社記者/曹陽)= 配信日: 2022(令和4)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022051911317

  • 2022年05月19日
    (9)世界文化遺産「雲岡石窟」を訪ねて山西省大同市

    11日、雲岡石窟の仏像。中国山西省大同市にある雲岡石窟は、1500年余りの歴史を持つ中国最大規模の石窟群の一つで、2001年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。今も主要石窟45カ所、大小の仏像5万体余りが残る。(大同=新華社記者/曹陽)= 配信日: 2022(令和4)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022051911288

  • 2022年05月19日
    (7)世界文化遺産「雲岡石窟」を訪ねて山西省大同市

    11日、雲岡石窟の仏像。中国山西省大同市にある雲岡石窟は、1500年余りの歴史を持つ中国最大規模の石窟群の一つで、2001年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。今も主要石窟45カ所、大小の仏像5万体余りが残る。(大同=新華社記者/曹陽)= 配信日: 2022(令和4)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022051911275

  • 2022年05月19日
    (12)世界文化遺産「雲岡石窟」を訪ねて山西省大同市

    11日、雲岡石窟。(小型無人機から)中国山西省大同市にある雲岡石窟は、1500年余りの歴史を持つ中国最大規模の石窟群の一つで、2001年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。今も主要石窟45カ所、大小の仏像5万体余りが残る。(大同=新華社記者/曹陽)= 配信日: 2022(令和4)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022051911313

  • 2022年05月19日
    (10)世界文化遺産「雲岡石窟」を訪ねて山西省大同市

    11日、雲岡石窟の仏像。中国山西省大同市にある雲岡石窟は、1500年余りの歴史を持つ中国最大規模の石窟群の一つで、2001年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。今も主要石窟45カ所、大小の仏像5万体余りが残る。(大同=新華社記者/曹陽)= 配信日: 2022(令和4)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022051911289

  • 2022年05月19日
    (8)世界文化遺産「雲岡石窟」を訪ねて山西省大同市

    11日、雲岡石窟の石刻。中国山西省大同市にある雲岡石窟は、1500年余りの歴史を持つ中国最大規模の石窟群の一つで、2001年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。今も主要石窟45カ所、大小の仏像5万体余りが残る。(大同=新華社記者/曹陽)= 配信日: 2022(令和4)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022051911291

  • 2022年05月19日
    (13)世界文化遺産「雲岡石窟」を訪ねて山西省大同市

    11日、雲岡石窟の石刻。中国山西省大同市にある雲岡石窟は、1500年余りの歴史を持つ中国最大規模の石窟群の一つで、2001年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。今も主要石窟45カ所、大小の仏像5万体余りが残る。(大同=新華社記者/曹陽)= 配信日: 2022(令和4)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022051911315

  • 2022年05月19日
    (15)世界文化遺産「雲岡石窟」を訪ねて山西省大同市

    11日、雲岡石窟の仏像。中国山西省大同市にある雲岡石窟は、1500年余りの歴史を持つ中国最大規模の石窟群の一つで、2001年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。今も主要石窟45カ所、大小の仏像5万体余りが残る。(大同=新華社記者/曹陽)= 配信日: 2022(令和4)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022051911386

  • 2022年06月03日
    KOSPI rises

    KOSPI risesAn electronic signboard in the dealing room of Hana Bank in Seoul on June 3, 2022, shows the benchmark Korea Composite Stock Price Index (KOSPI) having risen 11.66 points, or 0.44 percent, to close at 2,670.65. South Korean stocks rebounded amid eased inflation concerns after the group of major oil exporting countries announced a plan to increase the crude supply and the U.S. job market showed weaker-than-expected growth. (Yonhap)/2022-06-03 16:32:34/<Copyright ⓒ 1980-2022 YONHAPNEWS AGENCY. All rights reserved.>、クレジット:Yonhap News Agency/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022060309763

  • 1