KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 風景メイン
  • 新型コロナウイルス
  • 新型肺炎
  • 小型無人機
  • 観光名所
  • ドローン
  • スポット
  • 兵庫県港町
  • レジャー
  • 世界遺産

「観光スポット」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
3,920
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...
3,920
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 2021年05月06日
    Yancheng, Jiangsu: Tiaozini Scenic Spot rushes to the sea during the ‘‘May 1st‘‘ period

    May 5, 2021, Yancheng, Yancheng, China: On May 5, 2021, a large number of tourists rushed to Xiaohai at low tide in the Tiaozini Scenic Spot, Dongtai, Yancheng City, Jiangsu Province. During the ‘‘May 1st‘‘ holiday, the Yancheng Tiaozini Scenic Spot on the bank of the Yellow Sea was full of tourists. According to the management staff of the scenic spot, more than 50,000 tourists flocked to the scenic spot during the short and long holidays to watch birds, drive the small sea, play in the sand and experience the fun of tidal flat wetlands. (Credit Image: © SIPA Asia via ZUMA Wire)、クレジット:©SIPA Asia via ZUMA Wire/共同通信イメージズ ※China Rights OUT

  • 2021年05月06日
    Yancheng, Jiangsu: Tiaozini Scenic Spot rushes to the sea during the ‘‘May 1st‘‘ period

    May 5, 2021, Yancheng, Yancheng, China: On May 5, 2021, a large number of tourists rushed to Xiaohai at low tide in the Tiaozini Scenic Spot, Dongtai, Yancheng City, Jiangsu Province. During the ‘‘May 1st‘‘ holiday, the Yancheng Tiaozini Scenic Spot on the bank of the Yellow Sea was full of tourists. According to the management staff of the scenic spot, more than 50,000 tourists flocked to the scenic spot during the short and long holidays to watch birds, drive the small sea, play in the sand and experience the fun of tidal flat wetlands. (Credit Image: © SIPA Asia via ZUMA Wire)、クレジット:©SIPA Asia via ZUMA Wire/共同通信イメージズ ※China Rights OUT

  • 2021年05月06日
    Yancheng, Jiangsu: Tiaozini Scenic Spot rushes to the sea during the ‘‘May 1st‘‘ period

    May 5, 2021, Yancheng, Yancheng, China: On May 5, 2021, a large number of tourists rushed to Xiaohai at low tide in the Tiaozini Scenic Spot, Dongtai, Yancheng City, Jiangsu Province. During the ‘‘May 1st‘‘ holiday, the Yancheng Tiaozini Scenic Spot on the bank of the Yellow Sea was full of tourists. According to the management staff of the scenic spot, more than 50,000 tourists flocked to the scenic spot during the short and long holidays to watch birds, drive the small sea, play in the sand and experience the fun of tidal flat wetlands. (Credit Image: © SIPA Asia via ZUMA Wire)、クレジット:©SIPA Asia via ZUMA Wire/共同通信イメージズ ※China Rights OUT

  • 2021年05月06日
    Yancheng, Jiangsu: Tiaozini Scenic Spot rushes to the sea during the ‘‘May 1st‘‘ period

    May 5, 2021, Yancheng, Yancheng, China: On May 5, 2021, a large number of tourists rushed to Xiaohai at low tide in the Tiaozini Scenic Spot, Dongtai, Yancheng City, Jiangsu Province. During the ‘‘May 1st‘‘ holiday, the Yancheng Tiaozini Scenic Spot on the bank of the Yellow Sea was full of tourists. According to the management staff of the scenic spot, more than 50,000 tourists flocked to the scenic spot during the short and long holidays to watch birds, drive the small sea, play in the sand and experience the fun of tidal flat wetlands. (Credit Image: © SIPA Asia via ZUMA Wire)、クレジット:©SIPA Asia via ZUMA Wire/共同通信イメージズ ※China Rights OUT

  • 2021年05月06日
    Yancheng, Jiangsu: Tiaozini Scenic Spot rushes to the sea during the ‘‘May 1st‘‘ period

    May 5, 2021, Yancheng, Yancheng, China: On May 5, 2021, a large number of tourists rushed to Xiaohai at low tide in the Tiaozini Scenic Spot, Dongtai, Yancheng City, Jiangsu Province. During the ‘‘May 1st‘‘ holiday, the Yancheng Tiaozini Scenic Spot on the bank of the Yellow Sea was full of tourists. According to the management staff of the scenic spot, more than 50,000 tourists flocked to the scenic spot during the short and long holidays to watch birds, drive the small sea, play in the sand and experience the fun of tidal flat wetlands. (Credit Image: © SIPA Asia via ZUMA Wire)、クレジット:©SIPA Asia via ZUMA Wire/共同通信イメージズ ※China Rights OUT

  • 2021年05月06日
    Yancheng, Jiangsu: Tiaozini Scenic Spot rushes to the sea during the ‘‘May 1st‘‘ period

    May 5, 2021, Yancheng, Yancheng, China: On May 5, 2021, a large number of tourists rushed to Xiaohai at low tide in the Tiaozini Scenic Spot, Dongtai, Yancheng City, Jiangsu Province. During the ‘‘May 1st‘‘ holiday, the Yancheng Tiaozini Scenic Spot on the bank of the Yellow Sea was full of tourists. According to the management staff of the scenic spot, more than 50,000 tourists flocked to the scenic spot during the short and long holidays to watch birds, drive the small sea, play in the sand and experience the fun of tidal flat wetlands. (Credit Image: © SIPA Asia via ZUMA Wire)、クレジット:©SIPA Asia via ZUMA Wire/共同通信イメージズ ※China Rights OUT

  • 2021年05月06日
    Yancheng, Jiangsu: Tiaozini Scenic Spot rushes to the sea during the ‘‘May 1st‘‘ period

    May 5, 2021, Yancheng, Yancheng, China: On May 5, 2021, a large number of tourists rushed to Xiaohai at low tide in the Tiaozini Scenic Spot, Dongtai, Yancheng City, Jiangsu Province. During the ‘‘May 1st‘‘ holiday, the Yancheng Tiaozini Scenic Spot on the bank of the Yellow Sea was full of tourists. According to the management staff of the scenic spot, more than 50,000 tourists flocked to the scenic spot during the short and long holidays to watch birds, drive the small sea, play in the sand and experience the fun of tidal flat wetlands. (Credit Image: © SIPA Asia via ZUMA Wire)、クレジット:©SIPA Asia via ZUMA Wire/共同通信イメージズ ※China Rights OUT

  • 2021年05月01日
    閑散とする軽井沢 2年連続、コロナ禍のGW

    5連休の初日、閑散とする長野県軽井沢町の観光スポット「旧軽井沢銀座」=1日午前

    撮影: 1日午前

  • 2021年05月01日
    (20)シルクロードの世界へ敦煌の砂漠で大自然を満喫

    敦煌市の鳴沙山から眺めた日の出。(4月3日撮影)中国甘粛省敦煌市の有名な観光スポット、鳴沙山(めいさざん)・月牙泉(げっかせん)風景名勝区では4月に入ってから、ラクダの背中に乗って砂漠を眺めたり、オアシス、月牙泉の風景を楽しんだりする大勢の観光客の姿が見られるようになった。同区は敦煌の市街地から南に約5キロの所にあり、「砂漠と泉が共存し、見事な景観を作り出す」とされ、古来から「砂漠の奇観」として知られてきた。鳴沙山は広大な砂丘で、風が吹くと砂が音を立てることからその名が付いたという。月牙泉は三日月のような形をしており、四方を鳴沙山に囲まれている。(敦煌=新華社配信/張暁亮)= 配信日: 2021(令和3)年5月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月01日
    (18)シルクロードの世界へ敦煌の砂漠で大自然を満喫

    鳴沙山・月牙泉風景名勝区で、ラクダに乗って砂漠を散策する観光客。(4月3日撮影)中国甘粛省敦煌市の有名な観光スポット、鳴沙山(めいさざん)・月牙泉(げっかせん)風景名勝区では4月に入ってから、ラクダの背中に乗って砂漠を眺めたり、オアシス、月牙泉の風景を楽しんだりする大勢の観光客の姿が見られるようになった。同区は敦煌の市街地から南に約5キロの所にあり、「砂漠と泉が共存し、見事な景観を作り出す」とされ、古来から「砂漠の奇観」として知られてきた。鳴沙山は広大な砂丘で、風が吹くと砂が音を立てることからその名が付いたという。月牙泉は三日月のような形をしており、四方を鳴沙山に囲まれている。(敦煌=新華社配信/張暁亮)= 配信日: 2021(令和3)年5月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月01日
    (9)シルクロードの世界へ敦煌の砂漠で大自然を満喫

    砂漠のオアシス、月牙泉を散策する観光客。(4月3日撮影)中国甘粛省敦煌市の有名な観光スポット、鳴沙山(めいさざん)・月牙泉(げっかせん)風景名勝区では4月に入ってから、ラクダの背中に乗って砂漠を眺めたり、オアシス、月牙泉の風景を楽しんだりする大勢の観光客の姿が見られるようになった。同区は敦煌の市街地から南に約5キロの所にあり、「砂漠と泉が共存し、見事な景観を作り出す」とされ、古来から「砂漠の奇観」として知られてきた。鳴沙山は広大な砂丘で、風が吹くと砂が音を立てることからその名が付いたという。月牙泉は三日月のような形をしており、四方を鳴沙山に囲まれている。(敦煌=新華社配信/張暁亮)= 配信日: 2021(令和3)年5月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月01日
    (12)シルクロードの世界へ敦煌の砂漠で大自然を満喫

    鳴沙山・月牙泉風景名勝区で、ラクダに乗って砂漠を散策する観光客。(4月3日撮影)中国甘粛省敦煌市の有名な観光スポット、鳴沙山(めいさざん)・月牙泉(げっかせん)風景名勝区では4月に入ってから、ラクダの背中に乗って砂漠を眺めたり、オアシス、月牙泉の風景を楽しんだりする大勢の観光客の姿が見られるようになった。同区は敦煌の市街地から南に約5キロの所にあり、「砂漠と泉が共存し、見事な景観を作り出す」とされ、古来から「砂漠の奇観」として知られてきた。鳴沙山は広大な砂丘で、風が吹くと砂が音を立てることからその名が付いたという。月牙泉は三日月のような形をしており、四方を鳴沙山に囲まれている。(敦煌=新華社配信/張暁亮)= 配信日: 2021(令和3)年5月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月01日
    (10)シルクロードの世界へ敦煌の砂漠で大自然を満喫

    鳴沙山・月牙泉風景名勝区で、ラクダに乗って砂漠を散策する観光客。(4月3日撮影)中国甘粛省敦煌市の有名な観光スポット、鳴沙山(めいさざん)・月牙泉(げっかせん)風景名勝区では4月に入ってから、ラクダの背中に乗って砂漠を眺めたり、オアシス、月牙泉の風景を楽しんだりする大勢の観光客の姿が見られるようになった。同区は敦煌の市街地から南に約5キロの所にあり、「砂漠と泉が共存し、見事な景観を作り出す」とされ、古来から「砂漠の奇観」として知られてきた。鳴沙山は広大な砂丘で、風が吹くと砂が音を立てることからその名が付いたという。月牙泉は三日月のような形をしており、四方を鳴沙山に囲まれている。(敦煌=新華社配信/張暁亮)= 配信日: 2021(令和3)年5月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月01日
    (16)シルクロードの世界へ敦煌の砂漠で大自然を満喫

    鳴沙山・月牙泉風景名勝区で、ラクダに乗って砂漠を散策する観光客。(4月3日撮影)中国甘粛省敦煌市の有名な観光スポット、鳴沙山(めいさざん)・月牙泉(げっかせん)風景名勝区では4月に入ってから、ラクダの背中に乗って砂漠を眺めたり、オアシス、月牙泉の風景を楽しんだりする大勢の観光客の姿が見られるようになった。同区は敦煌の市街地から南に約5キロの所にあり、「砂漠と泉が共存し、見事な景観を作り出す」とされ、古来から「砂漠の奇観」として知られてきた。鳴沙山は広大な砂丘で、風が吹くと砂が音を立てることからその名が付いたという。月牙泉は三日月のような形をしており、四方を鳴沙山に囲まれている。(敦煌=新華社配信/張暁亮)= 配信日: 2021(令和3)年5月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月01日
    (4)シルクロードの世界へ敦煌の砂漠で大自然を満喫

    鳴沙山・月牙泉風景名勝区で、ラクダに乗って砂漠を散策する観光客。(4月11日撮影)中国甘粛省敦煌市の有名な観光スポット、鳴沙山(めいさざん)・月牙泉(げっかせん)風景名勝区では4月に入ってから、ラクダの背中に乗って砂漠を眺めたり、オアシス、月牙泉の風景を楽しんだりする大勢の観光客の姿が見られるようになった。同区は敦煌の市街地から南に約5キロの所にあり、「砂漠と泉が共存し、見事な景観を作り出す」とされ、古来から「砂漠の奇観」として知られてきた。鳴沙山は広大な砂丘で、風が吹くと砂が音を立てることからその名が付いたという。月牙泉は三日月のような形をしており、四方を鳴沙山に囲まれている。(敦煌=新華社配信/張暁亮)= 配信日: 2021(令和3)年5月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月01日
    (2)シルクロードの世界へ敦煌の砂漠で大自然を満喫

    鳴沙山・月牙泉風景名勝区で、ラクダに乗って砂漠を散策する観光客。(4月11日撮影)中国甘粛省敦煌市の有名な観光スポット、鳴沙山(めいさざん)・月牙泉(げっかせん)風景名勝区では4月に入ってから、ラクダの背中に乗って砂漠を眺めたり、オアシス、月牙泉の風景を楽しんだりする大勢の観光客の姿が見られるようになった。同区は敦煌の市街地から南に約5キロの所にあり、「砂漠と泉が共存し、見事な景観を作り出す」とされ、古来から「砂漠の奇観」として知られてきた。鳴沙山は広大な砂丘で、風が吹くと砂が音を立てることからその名が付いたという。月牙泉は三日月のような形をしており、四方を鳴沙山に囲まれている。(敦煌=新華社配信/張暁亮)= 配信日: 2021(令和3)年5月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月01日
    (1)シルクロードの世界へ敦煌の砂漠で大自然を満喫

    鳴沙山・月牙泉風景名勝区で、ラクダに乗って砂漠を散策する観光客。(4月11日撮影)中国甘粛省敦煌市の有名な観光スポット、鳴沙山(めいさざん)・月牙泉(げっかせん)風景名勝区では4月に入ってから、ラクダの背中に乗って砂漠を眺めたり、オアシス、月牙泉の風景を楽しんだりする大勢の観光客の姿が見られるようになった。同区は敦煌の市街地から南に約5キロの所にあり、「砂漠と泉が共存し、見事な景観を作り出す」とされ、古来から「砂漠の奇観」として知られてきた。鳴沙山は広大な砂丘で、風が吹くと砂が音を立てることからその名が付いたという。月牙泉は三日月のような形をしており、四方を鳴沙山に囲まれている。(敦煌=新華社配信/張暁亮)= 配信日: 2021(令和3)年5月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月01日
    (5)シルクロードの世界へ敦煌の砂漠で大自然を満喫

    鳴沙山・月牙泉風景名勝区で、ラクダに乗って砂漠を散策する観光客。(4月11日撮影)中国甘粛省敦煌市の有名な観光スポット、鳴沙山(めいさざん)・月牙泉(げっかせん)風景名勝区では4月に入ってから、ラクダの背中に乗って砂漠を眺めたり、オアシス、月牙泉の風景を楽しんだりする大勢の観光客の姿が見られるようになった。同区は敦煌の市街地から南に約5キロの所にあり、「砂漠と泉が共存し、見事な景観を作り出す」とされ、古来から「砂漠の奇観」として知られてきた。鳴沙山は広大な砂丘で、風が吹くと砂が音を立てることからその名が付いたという。月牙泉は三日月のような形をしており、四方を鳴沙山に囲まれている。(敦煌=新華社配信/張暁亮)= 配信日: 2021(令和3)年5月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月01日
    (17)シルクロードの世界へ敦煌の砂漠で大自然を満喫

    鳴沙山・月牙泉風景名勝区で、ラクダに乗って砂漠を散策する観光客。(4月3日撮影)中国甘粛省敦煌市の有名な観光スポット、鳴沙山(めいさざん)・月牙泉(げっかせん)風景名勝区では4月に入ってから、ラクダの背中に乗って砂漠を眺めたり、オアシス、月牙泉の風景を楽しんだりする大勢の観光客の姿が見られるようになった。同区は敦煌の市街地から南に約5キロの所にあり、「砂漠と泉が共存し、見事な景観を作り出す」とされ、古来から「砂漠の奇観」として知られてきた。鳴沙山は広大な砂丘で、風が吹くと砂が音を立てることからその名が付いたという。月牙泉は三日月のような形をしており、四方を鳴沙山に囲まれている。(敦煌=新華社配信/張暁亮)= 配信日: 2021(令和3)年5月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月01日
    (11)シルクロードの世界へ敦煌の砂漠で大自然を満喫

    鳴沙山・月牙泉風景名勝区で、ラクダに乗って砂漠を散策する観光客。(4月3日撮影)中国甘粛省敦煌市の有名な観光スポット、鳴沙山(めいさざん)・月牙泉(げっかせん)風景名勝区では4月に入ってから、ラクダの背中に乗って砂漠を眺めたり、オアシス、月牙泉の風景を楽しんだりする大勢の観光客の姿が見られるようになった。同区は敦煌の市街地から南に約5キロの所にあり、「砂漠と泉が共存し、見事な景観を作り出す」とされ、古来から「砂漠の奇観」として知られてきた。鳴沙山は広大な砂丘で、風が吹くと砂が音を立てることからその名が付いたという。月牙泉は三日月のような形をしており、四方を鳴沙山に囲まれている。(敦煌=新華社配信/張暁亮)= 配信日: 2021(令和3)年5月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月01日
    (7)シルクロードの世界へ敦煌の砂漠で大自然を満喫

    鳴沙山・月牙泉風景名勝区で、ラクダに乗って砂漠を散策する観光客。(4月3日撮影)中国甘粛省敦煌市の有名な観光スポット、鳴沙山(めいさざん)・月牙泉(げっかせん)風景名勝区では4月に入ってから、ラクダの背中に乗って砂漠を眺めたり、オアシス、月牙泉の風景を楽しんだりする大勢の観光客の姿が見られるようになった。同区は敦煌の市街地から南に約5キロの所にあり、「砂漠と泉が共存し、見事な景観を作り出す」とされ、古来から「砂漠の奇観」として知られてきた。鳴沙山は広大な砂丘で、風が吹くと砂が音を立てることからその名が付いたという。月牙泉は三日月のような形をしており、四方を鳴沙山に囲まれている。(敦煌=新華社配信/張暁亮)= 配信日: 2021(令和3)年5月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月01日
    (19)シルクロードの世界へ敦煌の砂漠で大自然を満喫

    敦煌市の鳴沙山から眺めた日の出。(4月3日撮影)中国甘粛省敦煌市の有名な観光スポット、鳴沙山(めいさざん)・月牙泉(げっかせん)風景名勝区では4月に入ってから、ラクダの背中に乗って砂漠を眺めたり、オアシス、月牙泉の風景を楽しんだりする大勢の観光客の姿が見られるようになった。同区は敦煌の市街地から南に約5キロの所にあり、「砂漠と泉が共存し、見事な景観を作り出す」とされ、古来から「砂漠の奇観」として知られてきた。鳴沙山は広大な砂丘で、風が吹くと砂が音を立てることからその名が付いたという。月牙泉は三日月のような形をしており、四方を鳴沙山に囲まれている。(敦煌=新華社配信/張暁亮)= 配信日: 2021(令和3)年5月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月01日
    (15)シルクロードの世界へ敦煌の砂漠で大自然を満喫

    鳴沙山・月牙泉風景名勝区で、ラクダに乗って砂漠を散策する観光客。(4月3日撮影)中国甘粛省敦煌市の有名な観光スポット、鳴沙山(めいさざん)・月牙泉(げっかせん)風景名勝区では4月に入ってから、ラクダの背中に乗って砂漠を眺めたり、オアシス、月牙泉の風景を楽しんだりする大勢の観光客の姿が見られるようになった。同区は敦煌の市街地から南に約5キロの所にあり、「砂漠と泉が共存し、見事な景観を作り出す」とされ、古来から「砂漠の奇観」として知られてきた。鳴沙山は広大な砂丘で、風が吹くと砂が音を立てることからその名が付いたという。月牙泉は三日月のような形をしており、四方を鳴沙山に囲まれている。(敦煌=新華社配信/張暁亮)= 配信日: 2021(令和3)年5月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月01日
    (13)シルクロードの世界へ敦煌の砂漠で大自然を満喫

    鳴沙山・月牙泉風景名勝区で、ラクダに乗って砂漠を散策する観光客。(4月3日撮影)中国甘粛省敦煌市の有名な観光スポット、鳴沙山(めいさざん)・月牙泉(げっかせん)風景名勝区では4月に入ってから、ラクダの背中に乗って砂漠を眺めたり、オアシス、月牙泉の風景を楽しんだりする大勢の観光客の姿が見られるようになった。同区は敦煌の市街地から南に約5キロの所にあり、「砂漠と泉が共存し、見事な景観を作り出す」とされ、古来から「砂漠の奇観」として知られてきた。鳴沙山は広大な砂丘で、風が吹くと砂が音を立てることからその名が付いたという。月牙泉は三日月のような形をしており、四方を鳴沙山に囲まれている。(敦煌=新華社配信/張暁亮)= 配信日: 2021(令和3)年5月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月01日
    (6)シルクロードの世界へ敦煌の砂漠で大自然を満喫

    鳴沙山・月牙泉風景名勝区で、ラクダに乗って砂漠を散策する観光客。(4月11日撮影)中国甘粛省敦煌市の有名な観光スポット、鳴沙山(めいさざん)・月牙泉(げっかせん)風景名勝区では4月に入ってから、ラクダの背中に乗って砂漠を眺めたり、オアシス、月牙泉の風景を楽しんだりする大勢の観光客の姿が見られるようになった。同区は敦煌の市街地から南に約5キロの所にあり、「砂漠と泉が共存し、見事な景観を作り出す」とされ、古来から「砂漠の奇観」として知られてきた。鳴沙山は広大な砂丘で、風が吹くと砂が音を立てることからその名が付いたという。月牙泉は三日月のような形をしており、四方を鳴沙山に囲まれている。(敦煌=新華社配信/張暁亮)= 配信日: 2021(令和3)年5月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月01日
    (8)シルクロードの世界へ敦煌の砂漠で大自然を満喫

    砂漠のオアシス、月牙泉を散策する観光客。(4月3日撮影)中国甘粛省敦煌市の有名な観光スポット、鳴沙山(めいさざん)・月牙泉(げっかせん)風景名勝区では4月に入ってから、ラクダの背中に乗って砂漠を眺めたり、オアシス、月牙泉の風景を楽しんだりする大勢の観光客の姿が見られるようになった。同区は敦煌の市街地から南に約5キロの所にあり、「砂漠と泉が共存し、見事な景観を作り出す」とされ、古来から「砂漠の奇観」として知られてきた。鳴沙山は広大な砂丘で、風が吹くと砂が音を立てることからその名が付いたという。月牙泉は三日月のような形をしており、四方を鳴沙山に囲まれている。(敦煌=新華社配信/張暁亮)= 配信日: 2021(令和3)年5月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月01日
    (14)シルクロードの世界へ敦煌の砂漠で大自然を満喫

    鳴沙山・月牙泉風景名勝区で、ラクダに乗って砂漠を散策する観光客。(4月3日撮影)中国甘粛省敦煌市の有名な観光スポット、鳴沙山(めいさざん)・月牙泉(げっかせん)風景名勝区では4月に入ってから、ラクダの背中に乗って砂漠を眺めたり、オアシス、月牙泉の風景を楽しんだりする大勢の観光客の姿が見られるようになった。同区は敦煌の市街地から南に約5キロの所にあり、「砂漠と泉が共存し、見事な景観を作り出す」とされ、古来から「砂漠の奇観」として知られてきた。鳴沙山は広大な砂丘で、風が吹くと砂が音を立てることからその名が付いたという。月牙泉は三日月のような形をしており、四方を鳴沙山に囲まれている。(敦煌=新華社配信/張暁亮)= 配信日: 2021(令和3)年5月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月01日
    (3)シルクロードの世界へ敦煌の砂漠で大自然を満喫

    鳴沙山・月牙泉風景名勝区で、ラクダに乗って砂漠を散策する観光客。(4月11日撮影)中国甘粛省敦煌市の有名な観光スポット、鳴沙山(めいさざん)・月牙泉(げっかせん)風景名勝区では4月に入ってから、ラクダの背中に乗って砂漠を眺めたり、オアシス、月牙泉の風景を楽しんだりする大勢の観光客の姿が見られるようになった。同区は敦煌の市街地から南に約5キロの所にあり、「砂漠と泉が共存し、見事な景観を作り出す」とされ、古来から「砂漠の奇観」として知られてきた。鳴沙山は広大な砂丘で、風が吹くと砂が音を立てることからその名が付いたという。月牙泉は三日月のような形をしており、四方を鳴沙山に囲まれている。(敦煌=新華社配信/張暁亮)= 配信日: 2021(令和3)年5月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月30日
    (5)古い村落の保護と開発が農村振興を後押し河北省渉県

    27日、河北省邯鄲市渉県更楽鎮大窪村を散策する観光客。中国の太行山の奥地に位置する河北省邯鄲(かんたん)市渉県更楽鎮大窪村は、古建築が良好な状態で残されていることから、2016年に中国伝統村落リストに登録された。地元政府はここ数年、太行山高速道路の開通によるアクセス向上を受け、農村観光の発展に力を入れている。村の保護と環境整備、生態系の修復、インフラ整備などを総合的に推進し、古い村落を「ネットで話題の村」「人気の観光スポット」に変身させた。村民は飲食店や民宿を開業するなどして観光に携わるようになり、16年に3千元(1元=約17円)余りだった1人当たりの平均年収は20年には1万元余りまで増加した。(邯鄲=新華社記者/牟宇)= 配信日: 2021(令和3)年4月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月30日
    (1)古い村落の保護と開発が農村振興を後押し河北省渉県

    27日、太行山高速道路のそばに位置する大窪村。(小型無人機から)中国の太行山の奥地に位置する河北省邯鄲(かんたん)市渉県更楽鎮大窪村は、古建築が良好な状態で残されていることから、2016年に中国伝統村落リストに登録された。地元政府はここ数年、太行山高速道路の開通によるアクセス向上を受け、農村観光の発展に力を入れている。村の保護と環境整備、生態系の修復、インフラ整備などを総合的に推進し、古い村落を「ネットで話題の村」「人気の観光スポット」に変身させた。村民は飲食店や民宿を開業するなどして観光に携わるようになり、16年に3千元(1元=約17円)余りだった1人当たりの平均年収は20年には1万元余りまで増加した。(邯鄲=新華社記者/牟宇)= 配信日: 2021(令和3)年4月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月30日
    (2)古い村落の保護と開発が農村振興を後押し河北省渉県

    27日、空から見た河北省邯鄲市渉県更楽鎮大窪村。(小型無人機から)中国の太行山の奥地に位置する河北省邯鄲(かんたん)市渉県更楽鎮大窪村は、古建築が良好な状態で残されていることから、2016年に中国伝統村落リストに登録された。地元政府はここ数年、太行山高速道路の開通によるアクセス向上を受け、農村観光の発展に力を入れている。村の保護と環境整備、生態系の修復、インフラ整備などを総合的に推進し、古い村落を「ネットで話題の村」「人気の観光スポット」に変身させた。村民は飲食店や民宿を開業するなどして観光に携わるようになり、16年に3千元(1元=約17円)余りだった1人当たりの平均年収は20年には1万元余りまで増加した。(邯鄲=新華社記者/牟宇)= 配信日: 2021(令和3)年4月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月30日
    (6)古い村落の保護と開発が農村振興を後押し河北省渉県

    27日、河北省邯鄲市渉県更楽鎮大窪村の民俗館で書道用品を整理する村民。中国の太行山の奥地に位置する河北省邯鄲(かんたん)市渉県更楽鎮大窪村は、古建築が良好な状態で残されていることから、2016年に中国伝統村落リストに登録された。地元政府はここ数年、太行山高速道路の開通によるアクセス向上を受け、農村観光の発展に力を入れている。村の保護と環境整備、生態系の修復、インフラ整備などを総合的に推進し、古い村落を「ネットで話題の村」「人気の観光スポット」に変身させた。村民は飲食店や民宿を開業するなどして観光に携わるようになり、16年に3千元(1元=約17円)余りだった1人当たりの平均年収は20年には1万元余りまで増加した。(邯鄲=新華社記者/牟宇)= 配信日: 2021(令和3)年4月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月30日
    (4)古い村落の保護と開発が農村振興を後押し河北省渉県

    27日、河北省邯鄲市渉県更楽鎮大窪村を散策する観光客。中国の太行山の奥地に位置する河北省邯鄲(かんたん)市渉県更楽鎮大窪村は、古建築が良好な状態で残されていることから、2016年に中国伝統村落リストに登録された。地元政府はここ数年、太行山高速道路の開通によるアクセス向上を受け、農村観光の発展に力を入れている。村の保護と環境整備、生態系の修復、インフラ整備などを総合的に推進し、古い村落を「ネットで話題の村」「人気の観光スポット」に変身させた。村民は飲食店や民宿を開業するなどして観光に携わるようになり、16年に3千元(1元=約17円)余りだった1人当たりの平均年収は20年には1万元余りまで増加した。(邯鄲=新華社記者/牟宇)= 配信日: 2021(令和3)年4月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月29日
    Industrial and Retail Corporate Brands

    April 28, 2021, New York, New York, USA: Creative vlogs like live unboxing videos, product reviews, tourist spot experiences, and street food reviews are becoming increasingly popular. One thing that is usually common in these vlogs is the use of a high-quality vlogging camera. (Credit Image: © John Marshall Mantel/ZUMA Wire)、クレジット:©John Marshall Mantel/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年04月28日
    (9)「00後」のろうけつ染め伝承者が描く夢貴州省丹寨県

    25日、ろうけつ染めの体験店で、自身が制作したろうけつ染めのクッションを見せる王欣穎さん。中国貴州省黔東南(けんとうなん)ミャオ族トン族自治州丹寨県出身の「00後(2000年代生まれ)」の王欣穎(おう・きんえい)さん(21)は、6歳の時にろうけつ染めに触れ、19歳の時に無形文化遺産、ろうけつ染めの同県の伝承者に認定された。ろうけつ染めはミャオ族の間で代々受け継がれてきた伝統的な染色技法で、色合いは上品で、模様は優美。濃厚な民族情緒と地域の特色にあふれ、第1次国家級無形文化遺産に登録されている。2017年、貧困脱却の難関攻略が大々的に推進される中、同県に観光スポット、万達小鎮が建設された。多くの無形文化遺産伝承者が賃貸料免除で招聘され、補助金を受けている。王さんも家族と一緒に同地にろうけつ染めの体験店を開き、観光客がろうけつ染めづくりを体験できるようにしている。店にはろうけつ染めの工房があり、王さんらはそこで商品の製作や研究開発、販売を行っている。王さん一家は以前、貧困世帯として登録されていたが、貧困から抜け出し、今では地元で有名な「ろうけつ染め一家」として知られるようになった。今年4月に上海ファッションウィークに招待された王さんは、「今後は、ろうけつ染めの要素を取り入れた、おしゃれなアパレル商品を作り、より多くの人にろうけつ染めを好きになってもらいたい」と語った。(丹寨=新華社記者/欧東衢)= 配信日: 2021(令和3)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月28日
    (11)「00後」のろうけつ染め伝承者が描く夢貴州省丹寨県

    25日、ろうけつ染めの体験店で、ろうけつ染めの布地のろうを取り除く王欣穎さん。中国貴州省黔東南(けんとうなん)ミャオ族トン族自治州丹寨県出身の「00後(2000年代生まれ)」の王欣穎(おう・きんえい)さん(21)は、6歳の時にろうけつ染めに触れ、19歳の時に無形文化遺産、ろうけつ染めの同県の伝承者に認定された。ろうけつ染めはミャオ族の間で代々受け継がれてきた伝統的な染色技法で、色合いは上品で、模様は優美。濃厚な民族情緒と地域の特色にあふれ、第1次国家級無形文化遺産に登録されている。2017年、貧困脱却の難関攻略が大々的に推進される中、同県に観光スポット、万達小鎮が建設された。多くの無形文化遺産伝承者が賃貸料免除で招聘され、補助金を受けている。王さんも家族と一緒に同地にろうけつ染めの体験店を開き、観光客がろうけつ染めづくりを体験できるようにしている。店にはろうけつ染めの工房があり、王さんらはそこで商品の製作や研究開発、販売を行っている。王さん一家は以前、貧困世帯として登録されていたが、貧困から抜け出し、今では地元で有名な「ろうけつ染め一家」として知られるようになった。今年4月に上海ファッションウィークに招待された王さんは、「今後は、ろうけつ染めの要素を取り入れた、おしゃれなアパレル商品を作り、より多くの人にろうけつ染めを好きになってもらいたい」と語った。(丹寨=新華社記者/欧東衢)= 配信日: 2021(令和3)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月28日
    (6)「00後」のろうけつ染め伝承者が描く夢貴州省丹寨県

    25日、ろうけつ染めの体験店で、出来上がったろうけつ染めの布地を干す王欣穎さん。中国貴州省黔東南(けんとうなん)ミャオ族トン族自治州丹寨県出身の「00後(2000年代生まれ)」の王欣穎(おう・きんえい)さん(21)は、6歳の時にろうけつ染めに触れ、19歳の時に無形文化遺産、ろうけつ染めの同県の伝承者に認定された。ろうけつ染めはミャオ族の間で代々受け継がれてきた伝統的な染色技法で、色合いは上品で、模様は優美。濃厚な民族情緒と地域の特色にあふれ、第1次国家級無形文化遺産に登録されている。2017年、貧困脱却の難関攻略が大々的に推進される中、同県に観光スポット、万達小鎮が建設された。多くの無形文化遺産伝承者が賃貸料免除で招聘され、補助金を受けている。王さんも家族と一緒に同地にろうけつ染めの体験店を開き、観光客がろうけつ染めづくりを体験できるようにしている。店にはろうけつ染めの工房があり、王さんらはそこで商品の製作や研究開発、販売を行っている。王さん一家は以前、貧困世帯として登録されていたが、貧困から抜け出し、今では地元で有名な「ろうけつ染め一家」として知られるようになった。今年4月に上海ファッションウィークに招待された王さんは、「今後は、ろうけつ染めの要素を取り入れた、おしゃれなアパレル商品を作り、より多くの人にろうけつ染めを好きになってもらいたい」と語った。(丹寨=新華社記者/欧東衢)= 配信日: 2021(令和3)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月28日
    (4)「00後」のろうけつ染め伝承者が描く夢貴州省丹寨県

    25日、ろうけつ染めの体験店で、ろうけつ染めのスカーフを整理する王欣穎さん。中国貴州省黔東南(けんとうなん)ミャオ族トン族自治州丹寨県出身の「00後(2000年代生まれ)」の王欣穎(おう・きんえい)さん(21)は、6歳の時にろうけつ染めに触れ、19歳の時に無形文化遺産、ろうけつ染めの同県の伝承者に認定された。ろうけつ染めはミャオ族の間で代々受け継がれてきた伝統的な染色技法で、色合いは上品で、模様は優美。濃厚な民族情緒と地域の特色にあふれ、第1次国家級無形文化遺産に登録されている。2017年、貧困脱却の難関攻略が大々的に推進される中、同県に観光スポット、万達小鎮が建設された。多くの無形文化遺産伝承者が賃貸料免除で招聘され、補助金を受けている。王さんも家族と一緒に同地にろうけつ染めの体験店を開き、観光客がろうけつ染めづくりを体験できるようにしている。店にはろうけつ染めの工房があり、王さんらはそこで商品の製作や研究開発、販売を行っている。王さん一家は以前、貧困世帯として登録されていたが、貧困から抜け出し、今では地元で有名な「ろうけつ染め一家」として知られるようになった。今年4月に上海ファッションウィークに招待された王さんは、「今後は、ろうけつ染めの要素を取り入れた、おしゃれなアパレル商品を作り、より多くの人にろうけつ染めを好きになってもらいたい」と語った。(丹寨=新華社記者/欧東衢)= 配信日: 2021(令和3)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月28日
    (8)「00後」のろうけつ染め伝承者が描く夢貴州省丹寨県

    25日、ろうけつ染めの体験店で、ろうけつ染めの図案を描く王欣穎さん。中国貴州省黔東南(けんとうなん)ミャオ族トン族自治州丹寨県出身の「00後(2000年代生まれ)」の王欣穎(おう・きんえい)さん(21)は、6歳の時にろうけつ染めに触れ、19歳の時に無形文化遺産、ろうけつ染めの同県の伝承者に認定された。ろうけつ染めはミャオ族の間で代々受け継がれてきた伝統的な染色技法で、色合いは上品で、模様は優美。濃厚な民族情緒と地域の特色にあふれ、第1次国家級無形文化遺産に登録されている。2017年、貧困脱却の難関攻略が大々的に推進される中、同県に観光スポット、万達小鎮が建設された。多くの無形文化遺産伝承者が賃貸料免除で招聘され、補助金を受けている。王さんも家族と一緒に同地にろうけつ染めの体験店を開き、観光客がろうけつ染めづくりを体験できるようにしている。店にはろうけつ染めの工房があり、王さんらはそこで商品の製作や研究開発、販売を行っている。王さん一家は以前、貧困世帯として登録されていたが、貧困から抜け出し、今では地元で有名な「ろうけつ染め一家」として知られるようになった。今年4月に上海ファッションウィークに招待された王さんは、「今後は、ろうけつ染めの要素を取り入れた、おしゃれなアパレル商品を作り、より多くの人にろうけつ染めを好きになってもらいたい」と語った。(丹寨=新華社記者/欧東衢)= 配信日: 2021(令和3)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月28日
    (2)「00後」のろうけつ染め伝承者が描く夢貴州省丹寨県

    25日、ろうけつ染めの体験店で、観光客にろうけつ染めを教える王欣穎さん(左)。中国貴州省黔東南(けんとうなん)ミャオ族トン族自治州丹寨県出身の「00後(2000年代生まれ)」の王欣穎(おう・きんえい)さん(21)は、6歳の時にろうけつ染めに触れ、19歳の時に無形文化遺産、ろうけつ染めの同県の伝承者に認定された。ろうけつ染めはミャオ族の間で代々受け継がれてきた伝統的な染色技法で、色合いは上品で、模様は優美。濃厚な民族情緒と地域の特色にあふれ、第1次国家級無形文化遺産に登録されている。2017年、貧困脱却の難関攻略が大々的に推進される中、同県に観光スポット、万達小鎮が建設された。多くの無形文化遺産伝承者が賃貸料免除で招聘され、補助金を受けている。王さんも家族と一緒に同地にろうけつ染めの体験店を開き、観光客がろうけつ染めづくりを体験できるようにしている。店にはろうけつ染めの工房があり、王さんらはそこで商品の製作や研究開発、販売を行っている。王さん一家は以前、貧困世帯として登録されていたが、貧困から抜け出し、今では地元で有名な「ろうけつ染め一家」として知られるようになった。今年4月に上海ファッションウィークに招待された王さんは、「今後は、ろうけつ染めの要素を取り入れた、おしゃれなアパレル商品を作り、より多くの人にろうけつ染めを好きになってもらいたい」と語った。(丹寨=新華社記者/欧東衢)= 配信日: 2021(令和3)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月28日
    (3)「00後」のろうけつ染め伝承者が描く夢貴州省丹寨県

    25日、ろうけつ染めの体験店で、観光客に商品を紹介する王欣穎さん(左)。中国貴州省黔東南(けんとうなん)ミャオ族トン族自治州丹寨県出身の「00後(2000年代生まれ)」の王欣穎(おう・きんえい)さん(21)は、6歳の時にろうけつ染めに触れ、19歳の時に無形文化遺産、ろうけつ染めの同県の伝承者に認定された。ろうけつ染めはミャオ族の間で代々受け継がれてきた伝統的な染色技法で、色合いは上品で、模様は優美。濃厚な民族情緒と地域の特色にあふれ、第1次国家級無形文化遺産に登録されている。2017年、貧困脱却の難関攻略が大々的に推進される中、同県に観光スポット、万達小鎮が建設された。多くの無形文化遺産伝承者が賃貸料免除で招聘され、補助金を受けている。王さんも家族と一緒に同地にろうけつ染めの体験店を開き、観光客がろうけつ染めづくりを体験できるようにしている。店にはろうけつ染めの工房があり、王さんらはそこで商品の製作や研究開発、販売を行っている。王さん一家は以前、貧困世帯として登録されていたが、貧困から抜け出し、今では地元で有名な「ろうけつ染め一家」として知られるようになった。今年4月に上海ファッションウィークに招待された王さんは、「今後は、ろうけつ染めの要素を取り入れた、おしゃれなアパレル商品を作り、より多くの人にろうけつ染めを好きになってもらいたい」と語った。(丹寨=新華社記者/欧東衢)= 配信日: 2021(令和3)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月28日
    (10)「00後」のろうけつ染め伝承者が描く夢貴州省丹寨県

    25日、万達小鎮を歩く王欣穎さん。中国貴州省黔東南(けんとうなん)ミャオ族トン族自治州丹寨県出身の「00後(2000年代生まれ)」の王欣穎(おう・きんえい)さん(21)は、6歳の時にろうけつ染めに触れ、19歳の時に無形文化遺産、ろうけつ染めの同県の伝承者に認定された。ろうけつ染めはミャオ族の間で代々受け継がれてきた伝統的な染色技法で、色合いは上品で、模様は優美。濃厚な民族情緒と地域の特色にあふれ、第1次国家級無形文化遺産に登録されている。2017年、貧困脱却の難関攻略が大々的に推進される中、同県に観光スポット、万達小鎮が建設された。多くの無形文化遺産伝承者が賃貸料免除で招聘され、補助金を受けている。王さんも家族と一緒に同地にろうけつ染めの体験店を開き、観光客がろうけつ染めづくりを体験できるようにしている。店にはろうけつ染めの工房があり、王さんらはそこで商品の製作や研究開発、販売を行っている。王さん一家は以前、貧困世帯として登録されていたが、貧困から抜け出し、今では地元で有名な「ろうけつ染め一家」として知られるようになった。今年4月に上海ファッションウィークに招待された王さんは、「今後は、ろうけつ染めの要素を取り入れた、おしゃれなアパレル商品を作り、より多くの人にろうけつ染めを好きになってもらいたい」と語った。(丹寨=新華社記者/欧東衢)= 配信日: 2021(令和3)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月28日
    (5)「00後」のろうけつ染め伝承者が描く夢貴州省丹寨県

    25日、ろうけつ染めの体験店で、観光客にろうけつ染めを教える王欣穎さん。中国貴州省黔東南(けんとうなん)ミャオ族トン族自治州丹寨県出身の「00後(2000年代生まれ)」の王欣穎(おう・きんえい)さん(21)は、6歳の時にろうけつ染めに触れ、19歳の時に無形文化遺産、ろうけつ染めの同県の伝承者に認定された。ろうけつ染めはミャオ族の間で代々受け継がれてきた伝統的な染色技法で、色合いは上品で、模様は優美。濃厚な民族情緒と地域の特色にあふれ、第1次国家級無形文化遺産に登録されている。2017年、貧困脱却の難関攻略が大々的に推進される中、同県に観光スポット、万達小鎮が建設された。多くの無形文化遺産伝承者が賃貸料免除で招聘され、補助金を受けている。王さんも家族と一緒に同地にろうけつ染めの体験店を開き、観光客がろうけつ染めづくりを体験できるようにしている。店にはろうけつ染めの工房があり、王さんらはそこで商品の製作や研究開発、販売を行っている。王さん一家は以前、貧困世帯として登録されていたが、貧困から抜け出し、今では地元で有名な「ろうけつ染め一家」として知られるようになった。今年4月に上海ファッションウィークに招待された王さんは、「今後は、ろうけつ染めの要素を取り入れた、おしゃれなアパレル商品を作り、より多くの人にろうけつ染めを好きになってもらいたい」と語った。(丹寨=新華社記者/欧東衢)= 配信日: 2021(令和3)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月28日
    (1)「00後」のろうけつ染め伝承者が描く夢貴州省丹寨県

    25日、ろうけつ染めの体験店で、自身が制作したろうけつ染め作品を整理する王欣穎さん。中国貴州省黔東南(けんとうなん)ミャオ族トン族自治州丹寨県出身の「00後(2000年代生まれ)」の王欣穎(おう・きんえい)さん(21)は、6歳の時にろうけつ染めに触れ、19歳の時に無形文化遺産、ろうけつ染めの同県の伝承者に認定された。ろうけつ染めはミャオ族の間で代々受け継がれてきた伝統的な染色技法で、色合いは上品で、模様は優美。濃厚な民族情緒と地域の特色にあふれ、第1次国家級無形文化遺産に登録されている。2017年、貧困脱却の難関攻略が大々的に推進される中、同県に観光スポット、万達小鎮が建設された。多くの無形文化遺産伝承者が賃貸料免除で招聘され、補助金を受けている。王さんも家族と一緒に同地にろうけつ染めの体験店を開き、観光客がろうけつ染めづくりを体験できるようにしている。店にはろうけつ染めの工房があり、王さんらはそこで商品の製作や研究開発、販売を行っている。王さん一家は以前、貧困世帯として登録されていたが、貧困から抜け出し、今では地元で有名な「ろうけつ染め一家」として知られるようになった。今年4月に上海ファッションウィークに招待された王さんは、「今後は、ろうけつ染めの要素を取り入れた、おしゃれなアパレル商品を作り、より多くの人にろうけつ染めを好きになってもらいたい」と語った。(丹寨=新華社記者/欧東衢)= 配信日: 2021(令和3)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月25日
    (4)リノベーションで観光地に生まれ変わった工場跡地重慶市

    22日、北倉文化クリエーティブ街区を散策する観光客。中国重慶市で最もにぎやかな商業地区の一つ、江北区観音橋にある北倉文化クリエーティブ街区は、重慶江北紡績工場の倉庫を改造して造られた文化スポットとして知られる。同区は古い町並みや産業遺産の再開発とリノベーションを進めており、古い町並みが「ネット上で人気を集める観光スポット」に変わりつつある。同街区は、公共図書館やレジャー・ビジネスエリア、文化クリエーティブ・オフィスエリアなどで構成され、1950~60年代の工業系用途の建築物が残されていることから、多くの市民や観光客を引き付けているという。(重慶=新華社記者/劉潺)= 配信日: 2021(令和3)年4月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月25日
    (12)リノベーションで観光地に生まれ変わった工場跡地重慶市

    22日、北倉文化クリエーティブ街区にある個性的な店で、料理を楽しむ観光客。中国重慶市で最もにぎやかな商業地区の一つ、江北区観音橋にある北倉文化クリエーティブ街区は、重慶江北紡績工場の倉庫を改造して造られた文化スポットとして知られる。同区は古い町並みや産業遺産の再開発とリノベーションを進めており、古い町並みが「ネット上で人気を集める観光スポット」に変わりつつある。同街区は、公共図書館やレジャー・ビジネスエリア、文化クリエーティブ・オフィスエリアなどで構成され、1950~60年代の工業系用途の建築物が残されていることから、多くの市民や観光客を引き付けているという。(重慶=新華社記者/劉潺)= 配信日: 2021(令和3)年4月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月25日
    (11)リノベーションで観光地に生まれ変わった工場跡地重慶市

    22日、上空から見た重慶市江北区の北倉文化クリエーティブ街区。(小型無人機から)中国重慶市で最もにぎやかな商業地区の一つ、江北区観音橋にある北倉文化クリエーティブ街区は、重慶江北紡績工場の倉庫を改造して造られた文化スポットとして知られる。同区は古い町並みや産業遺産の再開発とリノベーションを進めており、古い町並みが「ネット上で人気を集める観光スポット」に変わりつつある。同街区は、公共図書館やレジャー・ビジネスエリア、文化クリエーティブ・オフィスエリアなどで構成され、1950~60年代の工業系用途の建築物が残されていることから、多くの市民や観光客を引き付けているという。(重慶=新華社記者/劉潺)= 配信日: 2021(令和3)年4月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月25日
    (9)リノベーションで観光地に生まれ変わった工場跡地重慶市

    22日、北倉文化クリエーティブ街区で、工場をリノベーションした喫茶店で「スローライフ」を楽しむ人たち。中国重慶市で最もにぎやかな商業地区の一つ、江北区観音橋にある北倉文化クリエーティブ街区は、重慶江北紡績工場の倉庫を改造して造られた文化スポットとして知られる。同区は古い町並みや産業遺産の再開発とリノベーションを進めており、古い町並みが「ネット上で人気を集める観光スポット」に変わりつつある。同街区は、公共図書館やレジャー・ビジネスエリア、文化クリエーティブ・オフィスエリアなどで構成され、1950~60年代の工業系用途の建築物が残されていることから、多くの市民や観光客を引き付けているという。(重慶=新華社記者/劉潺)= 配信日: 2021(令和3)年4月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月25日
    (1)長江デルタの各省市、革命史跡を巡る「紅色観光」を開始

    23日、上海市の観光スポット、外灘(ワイタン)を走る、革命の史跡を巡る「紅色観光」バス。中国の上海市文化・観光局、江蘇省文化・観光庁、浙江省文化・観光庁、安徽省文化・観光庁は23日から、長江デルタ地域にある革命の史跡を巡るイベント「東進之路長江デルタ紅色観光」を共同で展開している。(上海=新華社記者/陳愛平)= 配信日: 2021(令和3)年4月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月25日
    (3)リノベーションで観光地に生まれ変わった工場跡地重慶市

    22日、北倉文化クリエーティブ街区にある個性的な店で、料理を楽しむ観光客。中国重慶市で最もにぎやかな商業地区の一つ、江北区観音橋にある北倉文化クリエーティブ街区は、重慶江北紡績工場の倉庫を改造して造られた文化スポットとして知られる。同区は古い町並みや産業遺産の再開発とリノベーションを進めており、古い町並みが「ネット上で人気を集める観光スポット」に変わりつつある。同街区は、公共図書館やレジャー・ビジネスエリア、文化クリエーティブ・オフィスエリアなどで構成され、1950~60年代の工業系用途の建築物が残されていることから、多くの市民や観光客を引き付けているという。(重慶=新華社記者/劉潺)= 配信日: 2021(令和3)年4月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月25日
    (2)リノベーションで観光地に生まれ変わった工場跡地重慶市

    22日、上空から見た重慶市江北区の北倉文化クリエーティブ街区。(小型無人機から)中国重慶市で最もにぎやかな商業地区の一つ、江北区観音橋にある北倉文化クリエーティブ街区は、重慶江北紡績工場の倉庫を改造して造られた文化スポットとして知られる。同区は古い町並みや産業遺産の再開発とリノベーションを進めており、古い町並みが「ネット上で人気を集める観光スポット」に変わりつつある。同街区は、公共図書館やレジャー・ビジネスエリア、文化クリエーティブ・オフィスエリアなどで構成され、1950~60年代の工業系用途の建築物が残されていることから、多くの市民や観光客を引き付けているという。(重慶=新華社記者/劉潺)= 配信日: 2021(令和3)年4月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月25日
    (1)リノベーションで観光地に生まれ変わった工場跡地重慶市

    22日、文化的な雰囲気が色濃く漂う喫茶店で、ひと休みする観光客。中国重慶市で最もにぎやかな商業地区の一つ、江北区観音橋にある北倉文化クリエーティブ街区は、重慶江北紡績工場の倉庫を改造して造られた文化スポットとして知られる。同区は古い町並みや産業遺産の再開発とリノベーションを進めており、古い町並みが「ネット上で人気を集める観光スポット」に変わりつつある。同街区は、公共図書館やレジャー・ビジネスエリア、文化クリエーティブ・オフィスエリアなどで構成され、1950~60年代の工業系用途の建築物が残されていることから、多くの市民や観光客を引き付けているという。(重慶=新華社記者/劉潺)= 配信日: 2021(令和3)年4月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月25日
    (7)リノベーションで観光地に生まれ変わった工場跡地重慶市

    22日、北倉文化クリエーティブ街区で、自作のオリジナル製品を販売する人。中国重慶市で最もにぎやかな商業地区の一つ、江北区観音橋にある北倉文化クリエーティブ街区は、重慶江北紡績工場の倉庫を改造して造られた文化スポットとして知られる。同区は古い町並みや産業遺産の再開発とリノベーションを進めており、古い町並みが「ネット上で人気を集める観光スポット」に変わりつつある。同街区は、公共図書館やレジャー・ビジネスエリア、文化クリエーティブ・オフィスエリアなどで構成され、1950~60年代の工業系用途の建築物が残されていることから、多くの市民や観光客を引き付けているという。(重慶=新華社記者/劉潺)= 配信日: 2021(令和3)年4月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月25日
    (6)リノベーションで観光地に生まれ変わった工場跡地重慶市

    22日、北倉文化クリエーティブ街区の図書館に設けられた交流エリア。中国重慶市で最もにぎやかな商業地区の一つ、江北区観音橋にある北倉文化クリエーティブ街区は、重慶江北紡績工場の倉庫を改造して造られた文化スポットとして知られる。同区は古い町並みや産業遺産の再開発とリノベーションを進めており、古い町並みが「ネット上で人気を集める観光スポット」に変わりつつある。同街区は、公共図書館やレジャー・ビジネスエリア、文化クリエーティブ・オフィスエリアなどで構成され、1950~60年代の工業系用途の建築物が残されていることから、多くの市民や観光客を引き付けているという。(重慶=新華社記者/劉潺)= 配信日: 2021(令和3)年4月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月25日
    (5)リノベーションで観光地に生まれ変わった工場跡地重慶市

    22日、北倉文化クリエーティブ街区にある図書館で、油絵を体験する観光客。中国重慶市で最もにぎやかな商業地区の一つ、江北区観音橋にある北倉文化クリエーティブ街区は、重慶江北紡績工場の倉庫を改造して造られた文化スポットとして知られる。同区は古い町並みや産業遺産の再開発とリノベーションを進めており、古い町並みが「ネット上で人気を集める観光スポット」に変わりつつある。同街区は、公共図書館やレジャー・ビジネスエリア、文化クリエーティブ・オフィスエリアなどで構成され、1950~60年代の工業系用途の建築物が残されていることから、多くの市民や観光客を引き付けているという。(重慶=新華社記者/劉潺)= 配信日: 2021(令和3)年4月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月25日
    (10)リノベーションで観光地に生まれ変わった工場跡地重慶市

    22日、北倉文化クリエーティブ街区にある図書館で、本を読む観光客。中国重慶市で最もにぎやかな商業地区の一つ、江北区観音橋にある北倉文化クリエーティブ街区は、重慶江北紡績工場の倉庫を改造して造られた文化スポットとして知られる。同区は古い町並みや産業遺産の再開発とリノベーションを進めており、古い町並みが「ネット上で人気を集める観光スポット」に変わりつつある。同街区は、公共図書館やレジャー・ビジネスエリア、文化クリエーティブ・オフィスエリアなどで構成され、1950~60年代の工業系用途の建築物が残されていることから、多くの市民や観光客を引き付けているという。(重慶=新華社記者/劉潺)= 配信日: 2021(令和3)年4月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月25日
    (13)リノベーションで観光地に生まれ変わった工場跡地重慶市

    22日、上空から見た重慶市江北区の北倉文化クリエーティブ街区。(小型無人機から)中国重慶市で最もにぎやかな商業地区の一つ、江北区観音橋にある北倉文化クリエーティブ街区は、重慶江北紡績工場の倉庫を改造して造られた文化スポットとして知られる。同区は古い町並みや産業遺産の再開発とリノベーションを進めており、古い町並みが「ネット上で人気を集める観光スポット」に変わりつつある。同街区は、公共図書館やレジャー・ビジネスエリア、文化クリエーティブ・オフィスエリアなどで構成され、1950~60年代の工業系用途の建築物が残されていることから、多くの市民や観光客を引き付けているという。(重慶=新華社記者/劉潺)= 配信日: 2021(令和3)年4月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月24日
    円月島と聖火リレーの車列 コロナ禍、揺れる灯

    和歌山県白浜町の観光スポット円月島(手前)の近くを通り過ぎる聖火リレーの車列(奥)=9日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:00.79
    2021年04月24日
    空撮 関西の観光地 緊急事態宣言目前

    新型コロナウイルスの感染拡大に伴う3度目の緊急事態宣言が発令される大阪府などは24日、発令決定後初の週末を迎えた。期間は25日~5月11日。観光スポットには休業前最後の休日を満喫しようと駆け込みで訪れる客の姿も見られた。<映像内容>清水寺などの京都市内、ひらかたパーク(大阪府枚方市)、ミナミの街やUSJなどの大阪市内、神戸市内などの空撮、撮影日:2021(令和3)年4月24日、撮影場所:大阪市、京都市、神戸市、枚方市

    撮影: 2021(令和3)年4月24日

  • 2021年04月22日
    リノベーションで観光地に生まれ変わった工場跡地重慶市

    22日、北倉文化クリエーティブ街区で、工場をリノベーションした喫茶店で「スローライフ」を楽しむ人たち。中国重慶市で最もにぎやかな商業地区の一つ、江北区観音橋にある北倉文化クリエーティブ街区は、重慶江北紡績工場の倉庫を改造して造られた文化スポットとして知られる。同区は古い町並みや産業遺産の再開発とリノベーションを進めており、古い町並みが「ネット上で人気を集める観光スポット」に変わりつつある。同街区は、公共図書館やレジャー・ビジネスエリア、文化クリエーティブ・オフィスエリアなどで構成され、1950~60年代の工業系用途の建築物が残されていることから、多くの市民や観光客を引き付けているという。(重慶=新華社記者/劉潺)=配信日:2021(令和3)年4月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月19日
    (1)ライトアップで古鎮の魅力向上浙江省杭州市

    17日、浙江省杭州市臨安区河橋古鎮の夜景。(小型無人機から)中国浙江省杭州市臨安区河橋古鎮はここ数年、緑化やライトアップ事業による美しい街づくりを計画的に推進してきた。付近のレジャー施設や観光スポットも結びつきを強めており、観光客は古い町並みの風情をより楽しめるようになっている。(杭州=新華社記者/徐昱)= 配信日: 2021(令和3)年4月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月19日
    (2)ライトアップで古鎮の魅力向上浙江省杭州市

    17日、浙江省杭州市臨安区河橋古鎮の夜景。(小型無人機から)中国浙江省杭州市臨安区河橋古鎮はここ数年、緑化やライトアップ事業による美しい街づくりを計画的に推進してきた。付近のレジャー施設や観光スポットも結びつきを強めており、観光客は古い町並みの風情をより楽しめるようになっている。(杭州=新華社記者/徐昱)= 配信日: 2021(令和3)年4月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月19日
    (5)ライトアップで古鎮の魅力向上浙江省杭州市

    17日、浙江省杭州市臨安区河橋古鎮で夜市を訪れた観光客。中国浙江省杭州市臨安区河橋古鎮はここ数年、緑化やライトアップ事業による美しい街づくりを計画的に推進してきた。付近のレジャー施設や観光スポットも結びつきを強めており、観光客は古い町並みの風情をより楽しめるようになっている。(杭州=新華社記者/徐昱)= 配信日: 2021(令和3)年4月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月17日
    Daily life in Beijing, China - 17 Apr 2021

    April 17, 2021, Beijing, China: Tourists wearing face masks as a preventive measure against the spread of coronavirus walk on Wangfujing Street.. Wangfujing Street is one of the most important tourist attractions in Beijing. It is a commercial street with hundreds of years of history. (Credit Image: © Sheldonâ Cooper/SOPA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Sheldonâ Cooper/SOPA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年04月17日
    Daily life in Beijing, China - 17 Apr 2021

    April 17, 2021, Beijing, China: Tourists wearing face masks as a preventive measure against the spread of coronavirus walk on Wangfujing Street.. Wangfujing Street is one of the most important tourist attractions in Beijing. It is a commercial street with hundreds of years of history. (Credit Image: © Sheldonâ Cooper/SOPA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Sheldonâ Cooper/SOPA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年04月17日
    Daily life in Beijing, China - 17 Apr 2021

    April 17, 2021, Beijing, China: Tourist wearing a face mask as a preventive measure against the spread of coronavirus walks on Wangfujing Street.. Wangfujing Street is one of the most important tourist attractions in Beijing. It is a commercial street with hundreds of years of history. (Credit Image: © Sheldonâ Cooper/SOPA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Sheldonâ Cooper/SOPA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年04月17日
    Daily life in Beijing, China - 17 Apr 2021

    April 17, 2021, Beijing, China: Tourists wearing face masks as a preventive measure against the spread of coronavirus walk on Wangfujing Street.. Wangfujing Street is one of the most important tourist attractions in Beijing. It is a commercial street with hundreds of years of history. (Credit Image: © Sheldonâ Cooper/SOPA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Sheldonâ Cooper/SOPA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年04月17日
    Daily life in Beijing, China - 17 Apr 2021

    April 17, 2021, Beijing, China: Tourists wearing face masks as a preventive measure against the spread of coronavirus walk on Wangfujing Street.. Wangfujing Street is one of the most important tourist attractions in Beijing. It is a commercial street with hundreds of years of history. (Credit Image: © Sheldonâ Cooper/SOPA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Sheldonâ Cooper/SOPA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年04月17日
    Daily life in Beijing, China - 17 Apr 2021

    April 17, 2021, Beijing, China: Tourists pose for a picture their ice cream in Wangfujing Street. Wangfujing Street is one of the most important tourist attractions in Beijing. It is a commercial street with hundreds of years of history. (Credit Image: © Sheldonâ Cooper/SOPA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Sheldonâ Cooper/SOPA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年04月17日
    Daily life in Beijing, China - 17 Apr 2021

    April 17, 2021, Beijing, China: Tourists wearing face masks as a preventive measure against the spread of coronavirus walk on Wangfujing Street.. Wangfujing Street is one of the most important tourist attractions in Beijing. It is a commercial street with hundreds of years of history. (Credit Image: © Sheldonâ Cooper/SOPA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Sheldonâ Cooper/SOPA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年04月17日
    Daily life in Beijing, China - 17 Apr 2021

    April 17, 2021, Beijing, China: Tourists wearing face masks as a preventive measure against the spread of coronavirus walk on Wangfujing Street.. Wangfujing Street is one of the most important tourist attractions in Beijing. It is a commercial street with hundreds of years of history. (Credit Image: © Sheldonâ Cooper/SOPA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Sheldonâ Cooper/SOPA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年04月17日
    Daily life in Beijing, China - 17 Apr 2021

    April 17, 2021, Beijing, China: Tourist wearing a face mask as a preventive measure against the spread of coronavirus walks on Wangfujing Street.. Wangfujing Street is one of the most important tourist attractions in Beijing. It is a commercial street with hundreds of years of history. (Credit Image: © Sheldonâ Cooper/SOPA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Sheldonâ Cooper/SOPA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年04月17日
    Daily life in Beijing, China - 17 Apr 2021

    April 17, 2021, Beijing, China: Tourist wearing a face mask as a preventive measure against the spread of coronavirus walks on Wangfujing Street.. Wangfujing Street is one of the most important tourist attractions in Beijing. It is a commercial street with hundreds of years of history. (Credit Image: © Sheldonâ Cooper/SOPA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Sheldonâ Cooper/SOPA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年04月17日
    Daily life in Beijing, China - 17 Apr 2021

    April 17, 2021, Beijing, China: Tourist wearing a face mask as a preventive measure against the spread of coronavirus walks on Wangfujing Street.. Wangfujing Street is one of the most important tourist attractions in Beijing. It is a commercial street with hundreds of years of history. (Credit Image: © Sheldonâ Cooper/SOPA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Sheldonâ Cooper/SOPA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 02:29.75
    2021年04月17日
    横浜にロープウエー誕生 22日開業「エア・キャビン」

    横浜市のみなとみらい地区に誕生する都市型ロープウエーが22日の開業を前に、一足早く公開されました。このロープウェーは「YOKOHAMA AIR CABIN(ヨコハマ・エア・キャビン)」です。みなとみらい地区の遊園地「よこはまコスモワールド」を運営する「泉陽興業」(大阪市)が事業主体となっています。JR桜木町駅前と横浜赤レンガ倉庫などがある「新港ふ頭」のおよそ630メートルを片道およそ5分で結びます。ゴンドラは定員8人で、高さは最高で40メートル、駅舎も含め車いすにも対応し、冷房も備えています。 観光スポットへのアクセスが便利になり、市は「日本初の常設都市型ロープウエー」とアピールしています。運賃は中学生以上が千円、3歳から小学生が500円。営業時間は午前10時~午後10時を予定しています。 <映像内容>ロープウェー雑観、ゴンドラの中からみなとみらいの風景、ゴンドラの中の空調設備や座席など雑観、地上からの外観、ゴンドラが行き交う様子、泉陽興業東京支社の松下克哉・東京秘書室長へのインタビューなど、撮影日:2021(令和3)年4月17日、撮影場所:神奈川県横浜市

    撮影: 2021(令和3)年4月17日

  • 2021年04月17日
    ライトアップで古鎮の魅力向上浙江省杭州市

    17日、浙江省杭州市臨安区河橋古鎮風景区で、漫画をテーマにした夜間観光プログラムに参加した観光客。中国浙江省杭州市臨安区河橋古鎮はここ数年、緑化やライトアップ事業による美しい街づくりを計画的に推進してきた。付近のレジャー施設や観光スポットも結びつきを強めており、観光客は古い町並みの風情をより楽しめるようになっている。(杭州=新華社記者/徐昱)=配信日:2021(令和3)年4月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月17日
    ライトアップで古鎮の魅力向上浙江省杭州市

    17日、浙江省杭州市臨安区河橋古鎮風景区で実施された漫画をテーマにした夜間観光プログラム。中国浙江省杭州市臨安区河橋古鎮はここ数年、緑化やライトアップ事業による美しい街づくりを計画的に推進してきた。付近のレジャー施設や観光スポットも結びつきを強めており、観光客は古い町並みの風情をより楽しめるようになっている。(杭州=新華社記者/徐昱)=配信日:2021(令和3)年4月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月16日
    The ghost town of Doel

    April 16, 2021, Doel, Flanders, Belgium: View of the streets of Doel. The village of Doel in East Flanders was long ago slated for demolition to expand the harbor of Antwerp, but protests have stopped this happening so far. Doel is now a ghost town, with only a few houses that are still inhabited. It has become a popular tourist attraction. (Credit Image: © Valeria Mongelli/ZUMA Wire)、クレジット:© Valeria Mongelli/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年04月16日
    (5)新緑にもえる小七孔風景区を満喫貴州省茘波県

    15日、春本番を迎えた茘波県にある小七孔風景区の景色。(小型無人機から)4月も半ばを過ぎ、春本番を迎えた中国貴州省黔南プイ族ミャオ族自治州茘波(れいは)県の観光スポット、小七孔風景区は、鮮やかな新緑が織りなすすがすがしい景色が、訪れた観光客を魅了している。(茘波=新華社記者/陶亮)= 配信日: 2021(令和3)年4月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月16日
    (4)新緑にもえる小七孔風景区を満喫貴州省茘波県

    15日、茘波県の小七孔風景区で、ボートをこぎながら新緑の景色を楽しむ観光客。(小型無人機から)4月も半ばを過ぎ、春本番を迎えた中国貴州省黔南プイ族ミャオ族自治州茘波(れいは)県の観光スポット、小七孔風景区は、鮮やかな新緑が織りなすすがすがしい景色が、訪れた観光客を魅了している。(茘波=新華社記者/陶亮)= 配信日: 2021(令和3)年4月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月16日
    (6)新緑にもえる小七孔風景区を満喫貴州省茘波県

    15日、茘波県の小七孔風景区を散策する観光客。4月も半ばを過ぎ、春本番を迎えた中国貴州省黔南プイ族ミャオ族自治州茘波(れいは)県の観光スポット、小七孔風景区は、鮮やかな新緑が織りなすすがすがしい景色が、訪れた観光客を魅了している。(茘波=新華社記者/陶亮)= 配信日: 2021(令和3)年4月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月16日
    (8)新緑にもえる小七孔風景区を満喫貴州省茘波県

    15日、茘波県の小七孔風景区を散策する観光客。4月も半ばを過ぎ、春本番を迎えた中国貴州省黔南プイ族ミャオ族自治州茘波(れいは)県の観光スポット、小七孔風景区は、鮮やかな新緑が織りなすすがすがしい景色が、訪れた観光客を魅了している。(茘波=新華社記者/陶亮)= 配信日: 2021(令和3)年4月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月16日
    (9)新緑にもえる小七孔風景区を満喫貴州省茘波県

    15日、春本番を迎えた茘波県にある小七孔風景区の景色。4月も半ばを過ぎ、春本番を迎えた中国貴州省黔南プイ族ミャオ族自治州茘波(れいは)県の観光スポット、小七孔風景区は、鮮やかな新緑が織りなすすがすがしい景色が、訪れた観光客を魅了している。(茘波=新華社記者/陶亮)= 配信日: 2021(令和3)年4月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月16日
    (1)新緑にもえる小七孔風景区を満喫貴州省茘波県

    15日、春本番を迎えた茘波県にある小七孔風景区の景色。(小型無人機から)4月も半ばを過ぎ、春本番を迎えた中国貴州省黔南プイ族ミャオ族自治州茘波(れいは)県の観光スポット、小七孔風景区は、鮮やかな新緑が織りなすすがすがしい景色が、訪れた観光客を魅了している。(茘波=新華社記者/陶亮)= 配信日: 2021(令和3)年4月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月16日
    (3)新緑にもえる小七孔風景区を満喫貴州省茘波県

    15日、茘波県の小七孔風景区を散策する観光客。(小型無人機から)4月も半ばを過ぎ、春本番を迎えた中国貴州省黔南プイ族ミャオ族自治州茘波(れいは)県の観光スポット、小七孔風景区は、鮮やかな新緑が織りなすすがすがしい景色が、訪れた観光客を魅了している。(茘波=新華社記者/陶亮)= 配信日: 2021(令和3)年4月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月16日
    (10)新緑にもえる小七孔風景区を満喫貴州省茘波県

    15日、茘波県の小七孔風景区を散策する観光客。4月も半ばを過ぎ、春本番を迎えた中国貴州省黔南プイ族ミャオ族自治州茘波(れいは)県の観光スポット、小七孔風景区は、鮮やかな新緑が織りなすすがすがしい景色が、訪れた観光客を魅了している。(茘波=新華社記者/陶亮)= 配信日: 2021(令和3)年4月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月16日
    (7)新緑にもえる小七孔風景区を満喫貴州省茘波県

    15日、春本番を迎えた茘波県にある小七孔風景区の景色。(小型無人機から)4月も半ばを過ぎ、春本番を迎えた中国貴州省黔南プイ族ミャオ族自治州茘波(れいは)県の観光スポット、小七孔風景区は、鮮やかな新緑が織りなすすがすがしい景色が、訪れた観光客を魅了している。(茘波=新華社記者/陶亮)= 配信日: 2021(令和3)年4月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月16日
    (2)新緑にもえる小七孔風景区を満喫貴州省茘波県

    15日、茘波県の小七孔風景区を散策する観光客。(小型無人機から)4月も半ばを過ぎ、春本番を迎えた中国貴州省黔南プイ族ミャオ族自治州茘波(れいは)県の観光スポット、小七孔風景区は、鮮やかな新緑が織りなすすがすがしい景色が、訪れた観光客を魅了している。(茘波=新華社記者/陶亮)= 配信日: 2021(令和3)年4月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月15日
    (1)雲洞図書館の一般開放始まる海南省海口市

    13日、上空から見た海南省海口市の雲洞図書館。(小型無人機から)中国海南省海口市の海口湾エリアで13日、初の高標準スポットとなる雲洞図書館が一般開放された。建物は芸術性が高く、港のランドマークとして来館者に読書や休憩の場を提供する。同市は現在、海口湾エリアに質の高い観光スポットを建設し、都市景観の整備を進めている。(海口=新華社記者/蒲暁旭)= 配信日: 2021(令和3)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月15日
    (4)雲洞図書館の一般開放始まる海南省海口市

    12日、海南省海口市の海口湾にある雲洞図書館。中国海南省海口市の海口湾エリアで13日、初の高標準スポットとなる雲洞図書館が一般開放された。建物は芸術性が高く、港のランドマークとして来館者に読書や休憩の場を提供する。同市は現在、海口湾エリアに質の高い観光スポットを建設し、都市景観の整備を進めている。(海口=新華社記者/蒲暁旭)= 配信日: 2021(令和3)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月15日
    (10)雲洞図書館の一般開放始まる海南省海口市

    13日、海南省海口市の雲洞図書館で本を読む観光客。中国海南省海口市の海口湾エリアで13日、初の高標準スポットとなる雲洞図書館が一般開放された。建物は芸術性が高く、港のランドマークとして来館者に読書や休憩の場を提供する。同市は現在、海口湾エリアに質の高い観光スポットを建設し、都市景観の整備を進めている。(海口=新華社記者/蒲暁旭)= 配信日: 2021(令和3)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月15日
    (7)雲洞図書館の一般開放始まる海南省海口市

    13日、海南省海口市の雲洞図書館で本を読む観光客。中国海南省海口市の海口湾エリアで13日、初の高標準スポットとなる雲洞図書館が一般開放された。建物は芸術性が高く、港のランドマークとして来館者に読書や休憩の場を提供する。同市は現在、海口湾エリアに質の高い観光スポットを建設し、都市景観の整備を進めている。(海口=新華社記者/蒲暁旭)= 配信日: 2021(令和3)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月15日
    (5)雲洞図書館の一般開放始まる海南省海口市

    12日、海南省海口市の海口湾にある雲洞図書館。中国海南省海口市の海口湾エリアで13日、初の高標準スポットとなる雲洞図書館が一般開放された。建物は芸術性が高く、港のランドマークとして来館者に読書や休憩の場を提供する。同市は現在、海口湾エリアに質の高い観光スポットを建設し、都市景観の整備を進めている。(海口=新華社記者/蒲暁旭)= 配信日: 2021(令和3)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月15日
    (11)雲洞図書館の一般開放始まる海南省海口市

    13日、海南省海口市の雲洞図書館でくつろぐ観光客ら。中国海南省海口市の海口湾エリアで13日、初の高標準スポットとなる雲洞図書館が一般開放された。建物は芸術性が高く、港のランドマークとして来館者に読書や休憩の場を提供する。同市は現在、海口湾エリアに質の高い観光スポットを建設し、都市景観の整備を進めている。(海口=新華社記者/蒲暁旭)= 配信日: 2021(令和3)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月15日
    (12)雲洞図書館の一般開放始まる海南省海口市

    13日、海南省海口市の雲洞図書館でくつろぐ観光客ら。中国海南省海口市の海口湾エリアで13日、初の高標準スポットとなる雲洞図書館が一般開放された。建物は芸術性が高く、港のランドマークとして来館者に読書や休憩の場を提供する。同市は現在、海口湾エリアに質の高い観光スポットを建設し、都市景観の整備を進めている。(海口=新華社記者/蒲暁旭)= 配信日: 2021(令和3)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月15日
    (13)雲洞図書館の一般開放始まる海南省海口市

    13日、海南省海口市の海口湾エリアにある雲洞図書館で本を読む観光客。中国海南省海口市の海口湾エリアで13日、初の高標準スポットとなる雲洞図書館が一般開放された。建物は芸術性が高く、港のランドマークとして来館者に読書や休憩の場を提供する。同市は現在、海口湾エリアに質の高い観光スポットを建設し、都市景観の整備を進めている。(海口=新華社記者/蒲暁旭)= 配信日: 2021(令和3)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月15日
    (14)雲洞図書館の一般開放始まる海南省海口市

    13日、海南省海口市の海口湾にある雲洞図書館の内部。中国海南省海口市の海口湾エリアで13日、初の高標準スポットとなる雲洞図書館が一般開放された。建物は芸術性が高く、港のランドマークとして来館者に読書や休憩の場を提供する。同市は現在、海口湾エリアに質の高い観光スポットを建設し、都市景観の整備を進めている。(海口=新華社記者/蒲暁旭)= 配信日: 2021(令和3)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月15日
    (3)雲洞図書館の一般開放始まる海南省海口市

    13日、海南省海口市の海口湾にある雲洞図書館。(小型無人機から)中国海南省海口市の海口湾エリアで13日、初の高標準スポットとなる雲洞図書館が一般開放された。建物は芸術性が高く、港のランドマークとして来館者に読書や休憩の場を提供する。同市は現在、海口湾エリアに質の高い観光スポットを建設し、都市景観の整備を進めている。(海口=新華社記者/蒲暁旭)= 配信日: 2021(令和3)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月15日
    (2)雲洞図書館の一般開放始まる海南省海口市

    13日、海南省海口市の海口湾にある雲洞図書館。(小型無人機から)中国海南省海口市の海口湾エリアで13日、初の高標準スポットとなる雲洞図書館が一般開放された。建物は芸術性が高く、港のランドマークとして来館者に読書や休憩の場を提供する。同市は現在、海口湾エリアに質の高い観光スポットを建設し、都市景観の整備を進めている。(海口=新華社記者/蒲暁旭)= 配信日: 2021(令和3)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月15日
    (6)雲洞図書館の一般開放始まる海南省海口市

    13日、海南省海口市の雲洞図書館で本を読む観光客。中国海南省海口市の海口湾エリアで13日、初の高標準スポットとなる雲洞図書館が一般開放された。建物は芸術性が高く、港のランドマークとして来館者に読書や休憩の場を提供する。同市は現在、海口湾エリアに質の高い観光スポットを建設し、都市景観の整備を進めている。(海口=新華社記者/蒲暁旭)= 配信日: 2021(令和3)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...