KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 記者
  • 令和
  • 風景
  • 街並み
  • 生活
  • 景観
  • 空撮
  • ふえん
  • まち
  • ドローン

「観光政策」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
45
( 1 45 件を表示)
  • 1
45
( 1 45 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 1969年07月12日
    (いわぎり・しょうたろう) 岩切章太郎

    宮崎交通会長、宮崎県観光協会会長、観光政策審議会委員、全日空取締役=1969(昭和44)年7月12日撮影

    商品コード: 2007080900087

  • 1976年07月17日
    (いわぎり・しょうたろう) 岩切章太郎

    宮崎交通会長、宮崎県観光協会会長、観光政策審議会委員、全日空取締役=1976(昭和51)年7月17日撮影

    商品コード: 2008021200074

  • 1982年05月14日
    (かじもと・やすくに) 梶本保邦

    運輸省自動車局業務部長、観光政策審議会委員、日本民営鉄道協会運輸委員長、北総開発電鉄社長=1982(昭和57)年2月8日撮影

    商品コード: 2004052700105

  • 2010年07月09日
    観光政策顧問会議の初会合 観光立国へ政策顧問会議

    観光政策顧問会議の初会合=9日午前、東京・霞が関

    商品コード: 2010070900077

  • 2010年07月09日
    あいさつする孫正義氏 観光立国へ政策顧問会議

    観光政策顧問会議の初会合であいさつするソフトバンクの孫正義社長。左は川淵三郎日本サッカー協会名誉会長=9日午前、東京・霞が関

    商品コード: 2010070900083

  • 2010年07月09日
    あいさつする川淵名誉会長 観光立国へ政策顧問会議

    観光立国の実現に向け観光庁が開催した観光政策顧問会議で、あいさつする日本サッカー協会の川淵三郎名誉会長(左)。中央はソフトバンクの孫正義社長=9日午前、東京・霞が関

    商品コード: 2010070900219

  • 2013年04月09日
    リニア見据え観光も争点

    各候補の主な観光政策

    商品コード: 2013040900473

  • 2013年04月09日
    リニア見据え観光も争点

    各候補の主な観光政策

    商品コード: 2013040900474

  • 2013年05月08日
    アピールする関係者 冬の温泉や食アピールへ

    「北陸誘客促進会議」後、キャンペーンをアピールする石川、富山、福井3県の観光政策担当者ら=8日午後、石川県加賀市

    商品コード: 2013050800632

  • 2013年05月31日
    観光政策のポイント

    観光政策のポイント

    商品コード: 2013053100427

  • 2013年05月31日
    観光政策のポイント

    観光政策のポイント

    商品コード: 2013053100429

  • 2014年07月25日
    会見する糟谷氏ら 京都受賞「市民のおかげ」

    授賞式のため訪れたニューヨークで記者会見する京都市の糟谷範子観光政策監(中央)=24日(共同)

    商品コード: 2014072500108

  • 2016年12月08日
    文書手にする両国関係者 被災地復興、連携を確認

    被災地の復興に向けた連携など、日韓の観光交流に関する文書を手にする韓国・文化体育観光省の黄明善観光政策室長(右)と観光庁の蝦名邦晴次長=8日午後、熊本市

    商品コード: 2016120800927

  • 2017年07月14日
    瓦林康人審議官ら 日本が地方観光で合意

    合意文書を交わした観光庁の瓦林康人審議官(右)と、韓国の文化体育観光省の黄星雲国際観光政策官=14日、韓国・済州島(共同)

    商品コード: 2017071400958

  • 2019年12月19日
    握手する高科氏と崔氏 日韓交流は相互理解の基盤

    19日、ソウルで開かれた日韓観光振興協議会で握手する観光庁の高科淳・国際観光部長(右)と韓国文化体育観光省の崔秉九・観光政策局長(共同)

    商品コード: 2019121904229

  • 2020年02月28日
    SPD demands direct help for rural inns

    28 February 2020, Baden-Wuerttemberg, Waldkirch-Siensbach: Sabine Wölfle (SPD), tourism policy spokeswoman for her parliamentary group in the state parliament of Baden-Württemberg, is standing in front of the former “Gasthaus Bären“ in Waldkirch, which is now a kindergarten. The SPD demands direct help for inns in rural areas, as they are not only relevant for tourism but also for living together in a community. Photo: Philipp von Ditfurth/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020030401177

  • 2020年02月28日
    SPD demands direct help for rural inns

    28 February 2020, Baden-Wuerttemberg, Waldkirch-Siensbach: Sabine Wölfle (SPD), tourism policy spokeswoman for her parliamentary group in the state parliament of Baden-Württemberg, is standing in front of the former “Gasthaus Bären“ in Waldkirch, which is now a kindergarten. The SPD demands direct help for inns in rural areas, as they are not only relevant for tourism but also for living together in a community. Photo: Philipp von Ditfurth/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020030502766

  • 2020年02月28日
    SPD demands direct help for rural inns

    28 February 2020, Baden-Wuerttemberg, Waldkirch-Siensbach: Sabine Wölfle (SPD), tourism policy spokeswoman for her parliamentary group in the state parliament of Baden-Württemberg, is standing on the steps of the former Gasthaus Bären in Waldkirch, which is now a kindergarten. The SPD demands direct help for inns in rural areas, as they are not only relevant for tourism but also for living together in a community. Photo: Philipp von Ditfurth/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020030400868

  • 2020年05月12日
    Coronavirus - Magdeburg

    12 May 2020, Saxony-Anhalt, Magdeburg: Wulf Gallert (Die LINKE), responsible for European and tourism policy is standing under the Boos brothers‘ Ferris wheel. There, regional politicians met with entrepreneurs from the travel industry to discuss the topic “The wheel of tourism must continue to turn“. In the afternoon, the cabinet wants to discuss loosening up in the hotel and restaurant sector. After the cabinet meeting, the Minister President of Saxony-Anhalt will announce the result. Photo: Klaus-Dietmar Gabbert/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051400907

  • 2020年05月12日
    Coronavirus - Magdeburg

    12 May 2020, Saxony-Anhalt, Magdeburg: Holger Hövelmann (l, SPD), tourism policy spokesman of the state parliament faction, and Sandra Yvonne Stieger, managing director at Magdeburg Marketing, are standing under the Boos brothers‘ Ferris wheel. There, state politicians met with entrepreneurs from the travel industry to talk to each other on the subject of “The wheel of tourism must continue to turn“. In the afternoon, the cabinet wants to discuss loosening up in the hotel and restaurant sector. After the cabinet meeting, the Prime Minister of Saxony-Anhalt will announce the result. Photo: Klaus-Dietmar Gabbert/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051401204

  • 01:15.82
    2020年05月20日
    「新華社」枝もたわわ、収穫期迎える「三潭」ビワ安徽省黄山市

    中国五大ビワ産地の一つ安徽省黄山市歙(きゅう)県では5月下旬に入り、2万ムー(約133・3ヘクタール)に広がる「三潭」ビワが枝もたわわに黄金色の実をつけ、収穫期を迎えている。「三潭」ビワは歙県を流れる新安江の畔にある漳潭村、綿潭村、瀹潭(ようたん)村を主な産地としていることから名付けられ、すでに800年余りの栽培の歴史がある。綿潭村では19日、第13回歙県「三潭」ビワフェスティバルが開催された。今年は「中国観光の日」(毎年5月19日)のイベントとタイアップし、観光政策の公布や企業による貧困脱却を目的とした取引のほか、ビワ早食い、ビワ狩り、展示即売、撮影会・写真展などの各種催しが行われた。(記者/白斌)<映像内容>収穫期のビワ、ビワを食べる女性、安徽省黄山市の風景、撮影日:2020(令和2)年5月、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020052104405

  • 2020年05月27日
    観光開発で成功、移住したチベット族の「幸せの村」青海省尖扎県

    グルメ広場でヤクのヨーグルトを売る德吉村の村民。(5月27日撮影)中国青海省黄南チベット族自治州尖扎(せんさく)県政府は2017年、貧しい人々を自然条件が悪く、交通の不便な地域の生活から脱却させるため、黄河沿いに住宅251戸を有する移住・転居による貧困救済事業移住者向け居住地「昂拉郷德吉村」を建設した。この措置により、同県の7郷鎮30村に暮らす251世帯946人のチベット族の人々が山間部を出て新しい家に移り住んだ。地元政府は2018年、この村の特色を生かした観光政策を打ち出した。德吉村は貧困層の収入増と就業の幅を広げることを目標に、「店舗兼住宅」方式による農村民宿経営モデルの模索を開始した。「德吉(デキー)」はチベット語で「幸福」を意味する。農村民宿を経営するドルマタイさんは「観光客は私の農場で伝統的なチベット族の文化を体験できるだけでなく、新しい農村の心地よさも感じることができる。ここを訪れた人はきっと、幸せな気持ちになるだろう」と説明している。(西寧=新華社記者/白瑪央措)=2020(令和2)年5月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061503416

  • 2020年05月27日
    観光開発で成功、移住したチベット族の「幸せの村」青海省尖扎県

    グルメ広場で地元ならではのスナックを作る德吉村の村民。(5月27日撮影)中国青海省黄南チベット族自治州尖扎(せんさく)県政府は2017年、貧しい人々を自然条件が悪く、交通の不便な地域の生活から脱却させるため、黄河沿いに住宅251戸を有する移住・転居による貧困救済事業移住者向け居住地「昂拉郷德吉村」を建設した。この措置により、同県の7郷鎮30村に暮らす251世帯946人のチベット族の人々が山間部を出て新しい家に移り住んだ。地元政府は2018年、この村の特色を生かした観光政策を打ち出した。德吉村は貧困層の収入増と就業の幅を広げることを目標に、「店舗兼住宅」方式による農村民宿経営モデルの模索を開始した。「德吉(デキー)」はチベット語で「幸福」を意味する。農村民宿を経営するドルマタイさんは「観光客は私の農場で伝統的なチベット族の文化を体験できるだけでなく、新しい農村の心地よさも感じることができる。ここを訪れた人はきっと、幸せな気持ちになるだろう」と説明している。(西寧=新華社記者/白瑪央措)=2020(令和2)年5月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061503259

  • 2020年05月27日
    観光開発で成功、移住したチベット族の「幸せの村」青海省尖扎県

    部屋を片付けるドルマタイさん。(5月27日撮影)中国青海省黄南チベット族自治州尖扎(せんさく)県政府は2017年、貧しい人々を自然条件が悪く、交通の不便な地域の生活から脱却させるため、黄河沿いに住宅251戸を有する移住・転居による貧困救済事業移住者向け居住地「昂拉郷德吉村」を建設した。この措置により、同県の7郷鎮30村に暮らす251世帯946人のチベット族の人々が山間部を出て新しい家に移り住んだ。地元政府は2018年、この村の特色を生かした観光政策を打ち出した。德吉村は貧困層の収入増と就業の幅を広げることを目標に、「店舗兼住宅」方式による農村民宿経営モデルの模索を開始した。「德吉(デキー)」はチベット語で「幸福」を意味する。農村民宿を経営するドルマタイさんは「観光客は私の農場で伝統的なチベット族の文化を体験できるだけでなく、新しい農村の心地よさも感じることができる。ここを訪れた人はきっと、幸せな気持ちになるだろう」と説明している。(西寧=新華社記者/白瑪央措)=2020(令和2)年5月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061503319

  • 2020年05月27日
    観光開発で成功、移住したチベット族の「幸せの村」青海省尖扎県

    德吉村の黄河の岸辺で水遊びをする子ども。(5月27日撮影)中国青海省黄南チベット族自治州尖扎(せんさく)県政府は2017年、貧しい人々を自然条件が悪く、交通の不便な地域の生活から脱却させるため、黄河沿いに住宅251戸を有する移住・転居による貧困救済事業移住者向け居住地「昂拉郷德吉村」を建設した。この措置により、同県の7郷鎮30村に暮らす251世帯946人のチベット族の人々が山間部を出て新しい家に移り住んだ。地元政府は2018年、この村の特色を生かした観光政策を打ち出した。德吉村は貧困層の収入増と就業の幅を広げることを目標に、「店舗兼住宅」方式による農村民宿経営モデルの模索を開始した。「德吉(デキー)」はチベット語で「幸福」を意味する。農村民宿を経営するドルマタイさんは「観光客は私の農場で伝統的なチベット族の文化を体験できるだけでなく、新しい農村の心地よさも感じることができる。ここを訪れた人はきっと、幸せな気持ちになるだろう」と説明している。(西寧=新華社記者/白瑪央措)=2020(令和2)年5月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061503456

  • 2020年05月27日
    観光開発で成功、移住したチベット族の「幸せの村」青海省尖扎県

    德吉村の黄河周辺の景色。(5月27日撮影)中国青海省黄南チベット族自治州尖扎(せんさく)県政府は2017年、貧しい人々を自然条件が悪く、交通の不便な地域の生活から脱却させるため、黄河沿いに住宅251戸を有する移住・転居による貧困救済事業移住者向け居住地「昂拉郷德吉村」を建設した。この措置により、同県の7郷鎮30村に暮らす251世帯946人のチベット族の人々が山間部を出て新しい家に移り住んだ。地元政府は2018年、この村の特色を生かした観光政策を打ち出した。德吉村は貧困層の収入増と就業の幅を広げることを目標に、「店舗兼住宅」方式による農村民宿経営モデルの模索を開始した。「德吉(デキー)」はチベット語で「幸福」を意味する。農村民宿を経営するドルマタイさんは「観光客は私の農場で伝統的なチベット族の文化を体験できるだけでなく、新しい農村の心地よさも感じることができる。ここを訪れた人はきっと、幸せな気持ちになるだろう」と説明している。(西寧=新華社記者/白瑪央措)=2020(令和2)年5月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061503163

  • 2020年05月27日
    観光開発で成功、移住したチベット族の「幸せの村」青海省尖扎県

    德吉村砂浜観光スポットで遊ぶ観光客。(5月27日撮影)中国青海省黄南チベット族自治州尖扎(せんさく)県政府は2017年、貧しい人々を自然条件が悪く、交通の不便な地域の生活から脱却させるため、黄河沿いに住宅251戸を有する移住・転居による貧困救済事業移住者向け居住地「昂拉郷德吉村」を建設した。この措置により、同県の7郷鎮30村に暮らす251世帯946人のチベット族の人々が山間部を出て新しい家に移り住んだ。地元政府は2018年、この村の特色を生かした観光政策を打ち出した。德吉村は貧困層の収入増と就業の幅を広げることを目標に、「店舗兼住宅」方式による農村民宿経営モデルの模索を開始した。「德吉(デキー)」はチベット語で「幸福」を意味する。農村民宿を経営するドルマタイさんは「観光客は私の農場で伝統的なチベット族の文化を体験できるだけでなく、新しい農村の心地よさも感じることができる。ここを訪れた人はきっと、幸せな気持ちになるだろう」と説明している。(西寧=新華社記者/白瑪央措)=2020(令和2)年5月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061503512

  • 2020年08月07日
    上空から望む抓吉ホーチョ族村黒竜江省撫遠市

    7日、中国最東端のまち、黒竜江省撫遠(ふえん)市にある抓吉ホーチョ族村の一角。(小型無人機から)中国最東端のまち、黒竜江省撫遠(ふえん)市にある抓吉ホーチョ(赫哲)族村は、ホーチョ族「三郷五村」集中居住地の一つで、面積1・3平方キロ。同村は近年、ホーチョ族の民謡「烏蘇里船歌」の要素を取り入れた同市の観光政策「烏蘇里船歌風光帯」の枠組みの下で、民俗文化観光の発展を力強く推進。「黒竜江省烏蘇赫哲民俗技芸農民専業合作社」(協同組合)を設立し、建築面積6240平方メートルのホーチョ民族風情村やホーチョ民俗展示館などの建設事業を行ってきた。(撫遠=新華社記者/謝剣飛)=2020(令和2)年8月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081700658

  • 2020年08月07日
    上空から望む抓吉ホーチョ族村黒竜江省撫遠市

    7日、中国最東端のまち、黒竜江省撫遠(ふえん)市にある抓吉ホーチョ族村の一角。(小型無人機から)中国最東端のまち、黒竜江省撫遠(ふえん)市にある抓吉ホーチョ(赫哲)族村は、ホーチョ族「三郷五村」集中居住地の一つで、面積1・3平方キロ。同村は近年、ホーチョ族の民謡「烏蘇里船歌」の要素を取り入れた同市の観光政策「烏蘇里船歌風光帯」の枠組みの下で、民俗文化観光の発展を力強く推進。「黒竜江省烏蘇赫哲民俗技芸農民専業合作社」(協同組合)を設立し、建築面積6240平方メートルのホーチョ民族風情村やホーチョ民俗展示館などの建設事業を行ってきた。(撫遠=新華社記者/謝剣飛)=2020(令和2)年8月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081700659

  • 2020年08月07日
    上空から望む抓吉ホーチョ族村黒竜江省撫遠市

    7日、中国最東端のまち、黒竜江省撫遠(ふえん)市にある抓吉ホーチョ族村。(小型無人機から)中国最東端のまち、黒竜江省撫遠(ふえん)市にある抓吉ホーチョ(赫哲)族村は、ホーチョ族「三郷五村」集中居住地の一つで、面積1・3平方キロ。同村は近年、ホーチョ族の民謡「烏蘇里船歌」の要素を取り入れた同市の観光政策「烏蘇里船歌風光帯」の枠組みの下で、民俗文化観光の発展を力強く推進。「黒竜江省烏蘇赫哲民俗技芸農民専業合作社」(協同組合)を設立し、建築面積6240平方メートルのホーチョ民族風情村やホーチョ民俗展示館などの建設事業を行ってきた。(撫遠=新華社記者/謝剣飛)=2020(令和2)年8月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081700673

  • 2020年08月07日
    上空から望む抓吉ホーチョ族村黒竜江省撫遠市

    7日、中国最東端のまち、黒竜江省撫遠(ふえん)市にある抓吉ホーチョ族村。(小型無人機から)中国最東端のまち、黒竜江省撫遠(ふえん)市にある抓吉ホーチョ(赫哲)族村は、ホーチョ族「三郷五村」集中居住地の一つで、面積1・3平方キロ。同村は近年、ホーチョ族の民謡「烏蘇里船歌」の要素を取り入れた同市の観光政策「烏蘇里船歌風光帯」の枠組みの下で、民俗文化観光の発展を力強く推進。「黒竜江省烏蘇赫哲民俗技芸農民専業合作社」(協同組合)を設立し、建築面積6240平方メートルのホーチョ民族風情村やホーチョ民俗展示館などの建設事業を行ってきた。(撫遠=新華社記者/謝剣飛)=2020(令和2)年8月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081700825

  • 2020年08月07日
    上空から望む抓吉ホーチョ族村黒竜江省撫遠市

    7日、中国最東端のまち、黒竜江省撫遠(ふえん)市にある抓吉ホーチョ族村の一角。(小型無人機から)中国最東端のまち、黒竜江省撫遠(ふえん)市にある抓吉ホーチョ(赫哲)族村は、ホーチョ族「三郷五村」集中居住地の一つで、面積1・3平方キロ。同村は近年、ホーチョ族の民謡「烏蘇里船歌」の要素を取り入れた同市の観光政策「烏蘇里船歌風光帯」の枠組みの下で、民俗文化観光の発展を力強く推進。「黒竜江省烏蘇赫哲民俗技芸農民専業合作社」(協同組合)を設立し、建築面積6240平方メートルのホーチョ民族風情村やホーチョ民俗展示館などの建設事業を行ってきた。(撫遠=新華社記者/謝剣飛)=2020(令和2)年8月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081700752

  • 2020年08月07日
    上空から望む抓吉ホーチョ族村黒竜江省撫遠市

    7日、中国最東端のまち、黒竜江省撫遠(ふえん)市にある抓吉ホーチョ族村。(小型無人機から)中国最東端のまち、黒竜江省撫遠(ふえん)市にある抓吉ホーチョ(赫哲)族村は、ホーチョ族「三郷五村」集中居住地の一つで、面積1・3平方キロ。同村は近年、ホーチョ族の民謡「烏蘇里船歌」の要素を取り入れた同市の観光政策「烏蘇里船歌風光帯」の枠組みの下で、民俗文化観光の発展を力強く推進。「黒竜江省烏蘇赫哲民俗技芸農民専業合作社」(協同組合)を設立し、建築面積6240平方メートルのホーチョ民族風情村やホーチョ民俗展示館などの建設事業を行ってきた。(撫遠=新華社記者/謝剣飛)=2020(令和2)年8月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081700838

  • 2020年08月07日
    上空から望む抓吉ホーチョ族村黒竜江省撫遠市

    7日、抓吉ホーチョ族村にあるホーチョ民俗展示館。(小型無人機から)中国最東端のまち、黒竜江省撫遠(ふえん)市にある抓吉ホーチョ(赫哲)族村は、ホーチョ族「三郷五村」集中居住地の一つで、面積1・3平方キロ。同村は近年、ホーチョ族の民謡「烏蘇里船歌」の要素を取り入れた同市の観光政策「烏蘇里船歌風光帯」の枠組みの下で、民俗文化観光の発展を力強く推進。「黒竜江省烏蘇赫哲民俗技芸農民専業合作社」(協同組合)を設立し、建築面積6240平方メートルのホーチョ民族風情村やホーチョ民俗展示館などの建設事業を行ってきた。(撫遠=新華社記者/謝剣飛)=2020(令和2)年8月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081700499

  • 2020年08月07日
    上空から望む抓吉ホーチョ族村黒竜江省撫遠市

    7日、中国最東端のまち、黒竜江省撫遠(ふえん)市にある抓吉ホーチョ族村。(小型無人機から)中国最東端のまち、黒竜江省撫遠(ふえん)市にある抓吉ホーチョ(赫哲)族村は、ホーチョ族「三郷五村」集中居住地の一つで、面積1・3平方キロ。同村は近年、ホーチョ族の民謡「烏蘇里船歌」の要素を取り入れた同市の観光政策「烏蘇里船歌風光帯」の枠組みの下で、民俗文化観光の発展を力強く推進。「黒竜江省烏蘇赫哲民俗技芸農民専業合作社」(協同組合)を設立し、建築面積6240平方メートルのホーチョ民族風情村やホーチョ民俗展示館などの建設事業を行ってきた。(撫遠=新華社記者/謝剣飛)=2020(令和2)年8月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081700678

  • 2020年08月07日
    上空から望む抓吉ホーチョ族村黒竜江省撫遠市

    7日、中国最東端のまち、黒竜江省撫遠(ふえん)市にある抓吉ホーチョ族村。(小型無人機から)中国最東端のまち、黒竜江省撫遠(ふえん)市にある抓吉ホーチョ(赫哲)族村は、ホーチョ族「三郷五村」集中居住地の一つで、面積1・3平方キロ。同村は近年、ホーチョ族の民謡「烏蘇里船歌」の要素を取り入れた同市の観光政策「烏蘇里船歌風光帯」の枠組みの下で、民俗文化観光の発展を力強く推進。「黒竜江省烏蘇赫哲民俗技芸農民専業合作社」(協同組合)を設立し、建築面積6240平方メートルのホーチョ民族風情村やホーチョ民俗展示館などの建設事業を行ってきた。(撫遠=新華社記者/謝剣飛)=2020(令和2)年8月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081700742

  • 2020年08月07日
    上空から望む抓吉ホーチョ族村黒竜江省撫遠市

    7日、中国最東端のまち、黒竜江省撫遠(ふえん)市にある抓吉ホーチョ族村。(小型無人機から)中国最東端のまち、黒竜江省撫遠(ふえん)市にある抓吉ホーチョ(赫哲)族村は、ホーチョ族「三郷五村」集中居住地の一つで、面積1・3平方キロ。同村は近年、ホーチョ族の民謡「烏蘇里船歌」の要素を取り入れた同市の観光政策「烏蘇里船歌風光帯」の枠組みの下で、民俗文化観光の発展を力強く推進。「黒竜江省烏蘇赫哲民俗技芸農民専業合作社」(協同組合)を設立し、建築面積6240平方メートルのホーチョ民族風情村やホーチョ民俗展示館などの建設事業を行ってきた。(撫遠=新華社記者/謝剣飛)=2020(令和2)年8月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081700660

  • 00:31.78
    2020年08月15日
    「新華社」上空から望む抓吉ホーチョ族村黒竜江省撫遠市

    中国最東端のまち、黒竜江省撫遠(ふえん)市にある抓吉ホーチョ(赫哲)族村は、ホーチョ族「三郷五村」集中居住地の一つで、面積1・3平方キロ。同村は近年、ホーチョ族の民謡「烏蘇里船歌」の要素を取り入れた同市の観光政策「烏蘇里船歌風光帯」の枠組みの下で、民俗文化観光の発展を力強く推進。「黒竜江省烏蘇赫哲民俗技芸農民専業合作社」(協同組合)を設立し、建築面積6240平方メートルのホーチョ民族風情村やホーチョ民俗展示館などの建設事業を行ってきた。(記者/謝剣飛)<映像内容>抓吉ホーチョ族村の空撮、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081901870

  • 2020年10月14日
    観光で活気取り戻した山奥の村山西省臨県

    黄土高原に暮らす人々の特色ある服装を身にまとい、観光客とおしゃべりする李月成(り・げつせい)さん。(10月14日撮影)中国山西省呂梁市臨県磧口(せきこう)鎮李家山村は、磧口古鎮から南に3キロのところにある山奥に位置する。村には明清代に建てられた大小の住居30軒余りが山のふもとから頂上にかけて建ち並び、独特な村落を形成している。閉鎖的な環境と生活の不便さから、村の人たちは1980年代以降、徐々にふもとの新しい村へ移っていった。近年、貧困対策が継続的に行われたことで、貧しいこの村は貧困からの脱却を果たし、その後実施された観光政策によって、多くの村民が豊かな暮らしを送れるようになった。村の人たちが故郷に戻り観光業に従事したことで、村は再び活気を取り戻した。(呂梁=新華社記者/王勁玉)=2020(令和2)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020102601703

  • 2020年10月14日
    観光で活気取り戻した山奥の村山西省臨県

    李家山村でスケッチする全国各地から来た画家たち。(10月14日撮影)中国山西省呂梁市臨県磧口(せきこう)鎮李家山村は、磧口古鎮から南に3キロのところにある山奥に位置する。村には明清代に建てられた大小の住居30軒余りが山のふもとから頂上にかけて建ち並び、独特な村落を形成している。閉鎖的な環境と生活の不便さから、村の人たちは1980年代以降、徐々にふもとの新しい村へ移っていった。近年、貧困対策が継続的に行われたことで、貧しいこの村は貧困からの脱却を果たし、その後実施された観光政策によって、多くの村民が豊かな暮らしを送れるようになった。村の人たちが故郷に戻り観光業に従事したことで、村は再び活気を取り戻した。(呂梁=新華社記者/趙東輝)=2020(令和2)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020102601761

  • 2020年10月14日
    観光で活気取り戻した山奥の村山西省臨県

    500年以上の歴史を持ち、「黄土高原のポタラ宮」と称される山西省呂梁市臨県磧口鎮の李家山村。(10月14日撮影)中国山西省呂梁市臨県磧口(せきこう)鎮李家山村は、磧口古鎮から南に3キロのところにある山奥に位置する。村には明清代に建てられた大小の住居30軒余りが山のふもとから頂上にかけて建ち並び、独特な村落を形成している。閉鎖的な環境と生活の不便さから、村の人たちは1980年代以降、徐々にふもとの新しい村へ移っていった。近年、貧困対策が継続的に行われたことで、貧しいこの村は貧困からの脱却を果たし、その後実施された観光政策によって、多くの村民が豊かな暮らしを送れるようになった。村の人たちが故郷に戻り観光業に従事したことで、村は再び活気を取り戻した。(呂梁=新華社配信/馬亜運)=2020(令和2)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020102601800

  • 2020年10月14日
    観光で活気取り戻した山奥の村山西省臨県

    1918年に建てられた李家山村の伝統的な家屋。(10月14日撮影)中国山西省呂梁市臨県磧口(せきこう)鎮李家山村は、磧口古鎮から南に3キロのところにある山奥に位置する。村には明清代に建てられた大小の住居30軒余りが山のふもとから頂上にかけて建ち並び、独特な村落を形成している。閉鎖的な環境と生活の不便さから、村の人たちは1980年代以降、徐々にふもとの新しい村へ移っていった。近年、貧困対策が継続的に行われたことで、貧しいこの村は貧困からの脱却を果たし、その後実施された観光政策によって、多くの村民が豊かな暮らしを送れるようになった。村の人たちが故郷に戻り観光業に従事したことで、村は再び活気を取り戻した。(呂梁=新華社記者/王勁玉)=2020(令和2)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020102601690

  • 2020年10月14日
    観光で活気取り戻した山奥の村山西省臨県

    康熙年間(1662~1722年)に建てられた伝統的な洞穴式住居「窰洞(ヤオドン)」。(10月14日撮影)中国山西省呂梁市臨県磧口(せきこう)鎮李家山村は、磧口古鎮から南に3キロのところにある山奥に位置する。村には明清代に建てられた大小の住居30軒余りが山のふもとから頂上にかけて建ち並び、独特な村落を形成している。閉鎖的な環境と生活の不便さから、村の人たちは1980年代以降、徐々にふもとの新しい村へ移っていった。近年、貧困対策が継続的に行われたことで、貧しいこの村は貧困からの脱却を果たし、その後実施された観光政策によって、多くの村民が豊かな暮らしを送れるようになった。村の人たちが故郷に戻り観光業に従事したことで、村は再び活気を取り戻した。(呂梁=新華社記者/王勁玉)=2020(令和2)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020102601694

  • 2020年10月14日
    観光で活気取り戻した山奥の村山西省臨県

    李家山村でスケッチする全国各地から来た画家たち。(10月14日撮影)中国山西省呂梁市臨県磧口(せきこう)鎮李家山村は、磧口古鎮から南に3キロのところにある山奥に位置する。村には明清代に建てられた大小の住居30軒余りが山のふもとから頂上にかけて建ち並び、独特な村落を形成している。閉鎖的な環境と生活の不便さから、村の人たちは1980年代以降、徐々にふもとの新しい村へ移っていった。近年、貧困対策が継続的に行われたことで、貧しいこの村は貧困からの脱却を果たし、その後実施された観光政策によって、多くの村民が豊かな暮らしを送れるようになった。村の人たちが故郷に戻り観光業に従事したことで、村は再び活気を取り戻した。(呂梁=新華社記者/趙東輝)=2020(令和2)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020102601825

  • 2020年10月14日
    観光で活気取り戻した山奥の村山西省臨県

    李家山村で、観光客に写真のモデルを頼まれ、ポーズをとる村民の李海平(り・かいへい)さん。(10月14日撮影)中国山西省呂梁市臨県磧口(せきこう)鎮李家山村は、磧口古鎮から南に3キロのところにある山奥に位置する。村には明清代に建てられた大小の住居30軒余りが山のふもとから頂上にかけて建ち並び、独特な村落を形成している。閉鎖的な環境と生活の不便さから、村の人たちは1980年代以降、徐々にふもとの新しい村へ移っていった。近年、貧困対策が継続的に行われたことで、貧しいこの村は貧困からの脱却を果たし、その後実施された観光政策によって、多くの村民が豊かな暮らしを送れるようになった。村の人たちが故郷に戻り観光業に従事したことで、村は再び活気を取り戻した。(呂梁=新華社記者/王勁玉)=2020(令和2)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020102601505

  • 1