KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 観音
  • 令和
  • 指定
  • 境内
  • 天王
  • 山門
  • 建設
  • 大雄宝殿
  • 鐘楼
  • 工事

「観音殿」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
141
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
141
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • -
    銀閣寺

    京都市左京区銀閣寺。足利義政が隠棲した東山殿を、没後寺とし、義政の法号から慈照寺と名付けられた。観音殿(銀閣)は、長享3年(1489)の上棟になり、義政は完成を見ることなく、翌年没した。宝形造、柿葺、1階は書院造の要素の多い住宅風、2階は唐様で花頭窓を多く配する。錦鏡池に望む東側の広縁に人が腰掛けている。その横に池に背を向ける形で、庭帚きをしている人がいる。=撮影年月日不明、京都、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号16‐33‐0]

    商品コード: 2017080201592

  • 2018年09月04日
    福建省福清市、黄檗山万福寺を再建

    4日、黄檗山万福寺の観音殿。中国福建省福州市福清市(福州市の管轄下にある県級市)で再建されている黄檗山(おうばくさん)万福寺は完成が近づき、ほぼ全容を現している。今回の再建は2016年に着工、2019年末までに完成する予定。同寺は唐の貞元5年(789年)に創建され、1200年以上の歴史を有しており、「黄檗文化」の発祥地であり、また日本黄檗宗の発祥地でもある。(福清=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年9月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018090711565

  • 01:47.67
    2018年11月10日
    「新華社」ポタラ宮の金頂群、修理終え検収チベット自治区

    中国チベット自治区ラサにあるポタラ宮でこのほど、紅宮の屋上の金頂(金色の屋根)群修理工事について専門家チームによる検収が終わり、1年半に及んだ金頂群と付属物の修理工事は無事に終了した。ポタラ宮は標高3763メートルの高さにあり、宮殿と堡塁が一つになった宮堡式建築群としては、同自治区に現存する最大規模のものだ。1994年、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の「世界文化遺産」に登録された。2016年、ポタラ宮管理処が届け出た修理事業の申請に基づき、中国国家文物局が合計3100万元(1元=約16円)余りの費用を拠出して、2017年から工事が始まった。ポタラ宮の最上部にある七つの金幢(金色の宝幢)、屋根の上に立つ七つの宝瓶、ダライ・ラマ5世、7世、8世、9世の霊塔殿や聖観音殿の五つの金頂の修理が行われた。(記者/張宝亢)<映像内容>チベットのポタラ宮の金頂群が修理された様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018111209074

  • 2019年03月03日
    塔雲山に雲海出現陝西省鎮安県

    3日に撮影した塔雲山の金頂観音殿。(小型無人機から)中国の秦嶺山脈に位置する塔雲山風景区は、降雪後に雲海に覆われ、神秘的な風景となった。塔雲山は陝西省鎮安県柴坪(さいへい)鎮にあり、頂上の古建筑群は明の正徳年間(1506~21年)の建造。絶壁にそびえる金頂観音殿をはるかに見渡す眺めは壮観だ。(鎮安=新華社記者/陶明)=2019(平成31)年3月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019030605632

  • 2019年03月03日
    塔雲山に雲海出現陝西省鎮安県

    3日に撮影した塔雲山の金頂観音殿。中国の秦嶺山脈に位置する塔雲山風景区は、降雪後に雲海に覆われ、神秘的な風景となった。塔雲山は陝西省鎮安県柴坪(さいへい)鎮にあり、頂上の古建筑群は明の正徳年間(1506~21年)の建造。絶壁にそびえる金頂観音殿をはるかに見渡す眺めは壮観だ。(鎮安=新華社記者/陶明)=2019(平成31)年3月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019030605633

  • 2019年03月03日
    塔雲山に雲海出現陝西省鎮安県

    3日、降雪後の塔雲山にかかる雲海。(小型無人機から)中国の秦嶺山脈に位置する塔雲山風景区は、降雪後に雲海に覆われ、神秘的な風景となった。塔雲山は陝西省鎮安県柴坪(さいへい)鎮にあり、頂上の古建筑群は明の正徳年間(1506~21年)の建造。絶壁にそびえる金頂観音殿をはるかに見渡す眺めは壮観だ。(鎮安=新華社記者/陶明)=2019(平成31)年3月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019030605550

  • 2019年03月03日
    塔雲山に雲海出現陝西省鎮安県

    3日、降雪後の塔雲山にかかる霧と雲海。(小型無人機から)中国の秦嶺山脈に位置する塔雲山風景区は、降雪後に雲海に覆われ、神秘的な風景となった。塔雲山は陝西省鎮安県柴坪(さいへい)鎮にあり、頂上の古建筑群は明の正徳年間(1506~21年)の建造。絶壁にそびえる金頂観音殿をはるかに見渡す眺めは壮観だ。(鎮安=新華社記者/陶明)=2019(平成31)年3月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019030605638

  • 2019年03月03日
    塔雲山に雲海出現陝西省鎮安県

    3日に撮影した塔雲山の金頂観音殿。中国の秦嶺山脈に位置する塔雲山風景区は、降雪後に雲海に覆われ、神秘的な風景となった。塔雲山は陝西省鎮安県柴坪(さいへい)鎮にあり、頂上の古建筑群は明の正徳年間(1506~21年)の建造。絶壁にそびえる金頂観音殿をはるかに見渡す眺めは壮観だ。(鎮安=新華社記者/陶明)=2019(平成31)年3月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019030605565

  • 2019年03月03日
    塔雲山に雲海出現陝西省鎮安県

    3日に撮影した塔雲山の金頂観音殿。(小型無人機から)中国の秦嶺山脈に位置する塔雲山風景区は、降雪後に雲海に覆われ、神秘的な風景となった。塔雲山は陝西省鎮安県柴坪(さいへい)鎮にあり、頂上の古建筑群は明の正徳年間(1506~21年)の建造。絶壁にそびえる金頂観音殿をはるかに見渡す眺めは壮観だ。(鎮安=新華社記者/陶明)=2019(平成31)年3月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019030605637

  • 2020年01月19日
    広州の禅古刹六榕寺を訪ねて

    六榕寺の六祖堂に安置されている慧能の像。(1月19日撮影)中国広東省広州市にある六榕寺(りくようじ)は1500年余りの歴史を持つ古刹(こさつ)で、中国禅宗の6番目の祖とされる慧能(えのう)の興した南宗禅の道場として今も使われている。寺の敷地面積は8500平方メートルで、境内には3体の大仏が並ぶ大雄宝殿(だいゆうほうでん)や観音殿、弥勒殿、天王殿、韋駄天を祭った韋駄殿、慧能の像を安置した六祖堂、蔵経閣、六榕花塔、碑廊などがある。境内の中央にそびえる六榕花塔は高さ57メートルで八角形をしており、外観は9層、内部は17層となっている。(広州=新華社配信)=2020(令和2)年1月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072909437

  • 2020年01月21日
    広州の禅古刹六榕寺を訪ねて

    六榕寺の補榕亭に祭られている薬王菩薩。(1月21日撮影)中国広東省広州市にある六榕寺(りくようじ)は1500年余りの歴史を持つ古刹(こさつ)で、中国禅宗の6番目の祖とされる慧能(えのう)の興した南宗禅の道場として今も使われている。寺の敷地面積は8500平方メートルで、境内には3体の大仏が並ぶ大雄宝殿(だいゆうほうでん)や観音殿、弥勒殿、天王殿、韋駄天を祭った韋駄殿、慧能の像を安置した六祖堂、蔵経閣、六榕花塔、碑廊などがある。境内の中央にそびえる六榕花塔は高さ57メートルで八角形をしており、外観は9層、内部は17層となっている。(広州=新華社配信)=2020(令和2)年1月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072909415

  • 2020年03月10日
    広州の禅古刹六榕寺を訪ねて

    六榕寺の境内にある補榕亭。(3月10日撮影)中国広東省広州市にある六榕寺(りくようじ)は1500年余りの歴史を持つ古刹(こさつ)で、中国禅宗の6番目の祖とされる慧能(えのう)の興した南宗禅の道場として今も使われている。寺の敷地面積は8500平方メートルで、境内には3体の大仏が並ぶ大雄宝殿(だいゆうほうでん)や観音殿、弥勒殿、天王殿、韋駄天を祭った韋駄殿、慧能の像を安置した六祖堂、蔵経閣、六榕花塔、碑廊などがある。境内の中央にそびえる六榕花塔は高さ57メートルで八角形をしており、外観は9層、内部は17層となっている。(広州=新華社配信)=2020(令和2)年3月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072909435

  • 2020年03月28日
    広州の繁華街に立つ名刹、大仏寺を訪ねて広東省

    大仏寺の観音殿に安置されている千手千眼観世音菩薩像。クスノキの一木彫像。(3月28日撮影)中国広東省広州市にある大仏寺は、五代十国の南漢時代(917~971年)に建立された二十八寺の中の北七寺の一つ、新蔵寺が前身。元代に新蔵寺跡に福田庵と呼ばれる殿宇が再建され、明代に拡張されて竜蔵寺となった。明朝末期に地元の仏教信仰が下火になると寺院は廃れ、役所として使われるようになり、明末清初の戦乱で焼失した。その後、清朝康熙年間に再建され、大雄宝殿に嶺南(中国南部の南嶺山脈以南)随一とされる黄銅製の高さ6メートル、重さ10トンの三世仏像(阿弥陀如来・釈迦如来・弥勒如来)が安置されたことから大仏寺と命名された。広州の賑やかな歩行者天国の中に立つ大仏寺は、光孝寺、華林寺、海幢寺、六榕寺とともに広州五大名刹として名高い。(広州=新華社配信)=2020(令和2)年3月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081204263

  • 2020年04月08日
    新たな農村生活のモデル地区を目指す江蘇省南京市

    8日、南京市江寧区秣陵街道にある観音殿村の一角。中国江蘇省南京市江寧区はここ数年、同区の優位性に基づき、さまざまな観光資源を整理・統合して「美麗郷村」(美しい農村)の形成を目指している。同区秣陵街道は管轄地区内の蘇家村や観音殿村、菜塘村などの自然村(集落)を統一的に管理し、「農家楽」(アグリツーリズム)や民宿などのサービス業を誘致。さまざまなアクティビティを導入し、新たな農村生活のモデル地区を建設することで、農村振興を後押ししている。(南京=新華社記者/李博)=2020(令和2)年4月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020041403362

  • 2020年04月08日
    新たな農村生活のモデル地区を目指す江蘇省南京市

    8日、南京市江寧区秣陵街道にある蘇家村の風景。(小型無人機から)中国江蘇省南京市江寧区はここ数年、同区の優位性に基づき、さまざまな観光資源を整理・統合して「美麗郷村」(美しい農村)の形成を目指している。同区秣陵街道は管轄地区内の蘇家村や観音殿村、菜塘村などの自然村(集落)を統一的に管理し、「農家楽」(アグリツーリズム)や民宿などのサービス業を誘致。さまざまなアクティビティを導入し、新たな農村生活のモデル地区を建設することで、農村振興を後押ししている。(南京=新華社記者/李博)=2020(令和2)年4月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020041403384

  • 2020年04月08日
    新たな農村生活のモデル地区を目指す江蘇省南京市

    8日、南京市江寧区秣陵街道にある観音殿村の手芸工房で、展示作品を整理するスタッフ。中国江蘇省南京市江寧区はここ数年、同区の優位性に基づき、さまざまな観光資源を整理・統合して「美麗郷村」(美しい農村)の形成を目指している。同区秣陵街道は管轄地区内の蘇家村や観音殿村、菜塘村などの自然村(集落)を統一的に管理し、「農家楽」(アグリツーリズム)や民宿などのサービス業を誘致。さまざまなアクティビティを導入し、新たな農村生活のモデル地区を建設することで、農村振興を後押ししている。(南京=新華社記者/韓瑜慶)=2020(令和2)年4月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020041403394

  • 2020年04月08日
    新たな農村生活のモデル地区を目指す江蘇省南京市

    8日、南京市江寧区秣陵街道にある観音殿村の一角。中国江蘇省南京市江寧区はここ数年、同区の優位性に基づき、さまざまな観光資源を整理・統合して「美麗郷村」(美しい農村)の形成を目指している。同区秣陵街道は管轄地区内の蘇家村や観音殿村、菜塘村などの自然村(集落)を統一的に管理し、「農家楽」(アグリツーリズム)や民宿などのサービス業を誘致。さまざまなアクティビティを導入し、新たな農村生活のモデル地区を建設することで、農村振興を後押ししている。(南京=新華社記者/韓瑜慶)=2020(令和2)年4月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020041403397

  • 2020年04月08日
    新たな農村生活のモデル地区を目指す江蘇省南京市

    8日、南京市江寧区秣陵街道にある蘇家村の風景。(小型無人機から)中国江蘇省南京市江寧区はここ数年、同区の優位性に基づき、さまざまな観光資源を整理・統合して「美麗郷村」(美しい農村)の形成を目指している。同区秣陵街道は管轄地区内の蘇家村や観音殿村、菜塘村などの自然村(集落)を統一的に管理し、「農家楽」(アグリツーリズム)や民宿などのサービス業を誘致。さまざまなアクティビティを導入し、新たな農村生活のモデル地区を建設することで、農村振興を後押ししている。(南京=新華社記者/李博)=2020(令和2)年4月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020041403404

  • 2020年04月08日
    新たな農村生活のモデル地区を目指す江蘇省南京市

    8日、南京市江寧区秣陵街道にある蘇家村の民宿。(小型無人機から)中国江蘇省南京市江寧区はここ数年、同区の優位性に基づき、さまざまな観光資源を整理・統合して「美麗郷村」(美しい農村)の形成を目指している。同区秣陵街道は管轄地区内の蘇家村や観音殿村、菜塘村などの自然村(集落)を統一的に管理し、「農家楽」(アグリツーリズム)や民宿などのサービス業を誘致。さまざまなアクティビティを導入し、新たな農村生活のモデル地区を建設することで、農村振興を後押ししている。(南京=新華社記者/季春鵬)=2020(令和2)年4月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020041403424

  • 2020年04月08日
    新たな農村生活のモデル地区を目指す江蘇省南京市

    8日、南京市江寧区秣陵街道にある観音殿村の布工房。中国江蘇省南京市江寧区はここ数年、同区の優位性に基づき、さまざまな観光資源を整理・統合して「美麗郷村」(美しい農村)の形成を目指している。同区秣陵街道は管轄地区内の蘇家村や観音殿村、菜塘村などの自然村(集落)を統一的に管理し、「農家楽」(アグリツーリズム)や民宿などのサービス業を誘致。さまざまなアクティビティを導入し、新たな農村生活のモデル地区を建設することで、農村振興を後押ししている。(南京=新華社記者/李博)=2020(令和2)年4月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020041403464

  • 2020年04月08日
    新たな農村生活のモデル地区を目指す江蘇省南京市

    8日、南京市江寧区秣陵街道にある蘇家村の風景。中国江蘇省南京市江寧区はここ数年、同区の優位性に基づき、さまざまな観光資源を整理・統合して「美麗郷村」(美しい農村)の形成を目指している。同区秣陵街道は管轄地区内の蘇家村や観音殿村、菜塘村などの自然村(集落)を統一的に管理し、「農家楽」(アグリツーリズム)や民宿などのサービス業を誘致。さまざまなアクティビティを導入し、新たな農村生活のモデル地区を建設することで、農村振興を後押ししている。(南京=新華社記者/韓瑜慶)=2020(令和2)年4月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020041403488

  • 2020年04月08日
    新たな農村生活のモデル地区を目指す江蘇省南京市

    8日、南京市江寧区秣陵街道にある蘇家村の風景。(小型無人機から)中国江蘇省南京市江寧区はここ数年、同区の優位性に基づき、さまざまな観光資源を整理・統合して「美麗郷村」(美しい農村)の形成を目指している。同区秣陵街道は管轄地区内の蘇家村や観音殿村、菜塘村などの自然村(集落)を統一的に管理し、「農家楽」(アグリツーリズム)や民宿などのサービス業を誘致。さまざまなアクティビティを導入し、新たな農村生活のモデル地区を建設することで、農村振興を後押ししている。(南京=新華社記者/李博)=2020(令和2)年4月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020041403385

  • 2020年04月08日
    新たな農村生活のモデル地区を目指す江蘇省南京市

    8日、南京市江寧区秣陵街道にある観音殿村の風景。(小型無人機から)中国江蘇省南京市江寧区はここ数年、同区の優位性に基づき、さまざまな観光資源を整理・統合して「美麗郷村」(美しい農村)の形成を目指している。同区秣陵街道は管轄地区内の蘇家村や観音殿村、菜塘村などの自然村(集落)を統一的に管理し、「農家楽」(アグリツーリズム)や民宿などのサービス業を誘致。さまざまなアクティビティを導入し、新たな農村生活のモデル地区を建設することで、農村振興を後押ししている。(南京=新華社記者/季春鵬)=2020(令和2)年4月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020041403370

  • 2020年04月08日
    新たな農村生活のモデル地区を目指す江蘇省南京市

    8日、南京市江寧区秣陵街道にある観音殿村の風景。(小型無人機から)中国江蘇省南京市江寧区はここ数年、同区の優位性に基づき、さまざまな観光資源を整理・統合して「美麗郷村」(美しい農村)の形成を目指している。同区秣陵街道は管轄地区内の蘇家村や観音殿村、菜塘村などの自然村(集落)を統一的に管理し、「農家楽」(アグリツーリズム)や民宿などのサービス業を誘致。さまざまなアクティビティを導入し、新たな農村生活のモデル地区を建設することで、農村振興を後押ししている。(南京=新華社記者/季春鵬)=2020(令和2)年4月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020041403442

  • 2020年04月08日
    新たな農村生活のモデル地区を目指す江蘇省南京市

    8日、南京市江寧区秣陵街道の蘇家村を流れる川。中国江蘇省南京市江寧区はここ数年、同区の優位性に基づき、さまざまな観光資源を整理・統合して「美麗郷村」(美しい農村)の形成を目指している。同区秣陵街道は管轄地区内の蘇家村や観音殿村、菜塘村などの自然村(集落)を統一的に管理し、「農家楽」(アグリツーリズム)や民宿などのサービス業を誘致。さまざまなアクティビティを導入し、新たな農村生活のモデル地区を建設することで、農村振興を後押ししている。(南京=新華社記者/韓瑜慶)=2020(令和2)年4月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020041403456

  • 2020年04月08日
    新たな農村生活のモデル地区を目指す江蘇省南京市

    8日、南京市江寧区秣陵街道にある観音殿村の手芸工房で、展示作品を整理するスタッフ。中国江蘇省南京市江寧区はここ数年、同区の優位性に基づき、さまざまな観光資源を整理・統合して「美麗郷村」(美しい農村)の形成を目指している。同区秣陵街道は管轄地区内の蘇家村や観音殿村、菜塘村などの自然村(集落)を統一的に管理し、「農家楽」(アグリツーリズム)や民宿などのサービス業を誘致。さまざまなアクティビティを導入し、新たな農村生活のモデル地区を建設することで、農村振興を後押ししている。(南京=新華社記者/季春鵬)=2020(令和2)年4月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020041403367

  • 2020年04月08日
    新たな農村生活のモデル地区を目指す江蘇省南京市

    8日、南京市江寧区秣陵街道の観音殿村にある養魚池。中国江蘇省南京市江寧区はここ数年、同区の優位性に基づき、さまざまな観光資源を整理・統合して「美麗郷村」(美しい農村)の形成を目指している。同区秣陵街道は管轄地区内の蘇家村や観音殿村、菜塘村などの自然村(集落)を統一的に管理し、「農家楽」(アグリツーリズム)や民宿などのサービス業を誘致。さまざまなアクティビティを導入し、新たな農村生活のモデル地区を建設することで、農村振興を後押ししている。(南京=新華社記者/李博)=2020(令和2)年4月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020041403380

  • 2020年04月08日
    新たな農村生活のモデル地区を目指す江蘇省南京市

    8日、南京市江寧区秣陵街道にある観音殿村の手芸工房で、展示作品を整理するスタッフ。中国江蘇省南京市江寧区はここ数年、同区の優位性に基づき、さまざまな観光資源を整理・統合して「美麗郷村」(美しい農村)の形成を目指している。同区秣陵街道は管轄地区内の蘇家村や観音殿村、菜塘村などの自然村(集落)を統一的に管理し、「農家楽」(アグリツーリズム)や民宿などのサービス業を誘致。さまざまなアクティビティを導入し、新たな農村生活のモデル地区を建設することで、農村振興を後押ししている。(南京=新華社記者/韓瑜慶)=2020(令和2)年4月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020041403388

  • 2020年04月08日
    新たな農村生活のモデル地区を目指す江蘇省南京市

    8日、南京市江寧区秣陵街道にある観音殿村の風景。(小型無人機から)中国江蘇省南京市江寧区はここ数年、同区の優位性に基づき、さまざまな観光資源を整理・統合して「美麗郷村」(美しい農村)の形成を目指している。同区秣陵街道は管轄地区内の蘇家村や観音殿村、菜塘村などの自然村(集落)を統一的に管理し、「農家楽」(アグリツーリズム)や民宿などのサービス業を誘致。さまざまなアクティビティを導入し、新たな農村生活のモデル地区を建設することで、農村振興を後押ししている。(南京=新華社記者/李博)=2020(令和2)年4月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020041403425

  • 2020年04月08日
    新たな農村生活のモデル地区を目指す江蘇省南京市

    8日、南京市江寧区秣陵街道にある蘇家村の風景。中国江蘇省南京市江寧区はここ数年、同区の優位性に基づき、さまざまな観光資源を整理・統合して「美麗郷村」(美しい農村)の形成を目指している。同区秣陵街道は管轄地区内の蘇家村や観音殿村、菜塘村などの自然村(集落)を統一的に管理し、「農家楽」(アグリツーリズム)や民宿などのサービス業を誘致。さまざまなアクティビティを導入し、新たな農村生活のモデル地区を建設することで、農村振興を後押ししている。(南京=新華社記者/韓瑜慶)=2020(令和2)年4月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020041403506

  • 2020年04月08日
    新たな農村生活のモデル地区を目指す江蘇省南京市

    8日、南京市江寧区秣陵街道にある観音殿村の布工房で、布にアイロンをかけるスタッフ。中国江蘇省南京市江寧区はここ数年、同区の優位性に基づき、さまざまな観光資源を整理・統合して「美麗郷村」(美しい農村)の形成を目指している。同区秣陵街道は管轄地区内の蘇家村や観音殿村、菜塘村などの自然村(集落)を統一的に管理し、「農家楽」(アグリツーリズム)や民宿などのサービス業を誘致。さまざまなアクティビティを導入し、新たな農村生活のモデル地区を建設することで、農村振興を後押ししている。(南京=新華社記者/季春鵬)=2020(令和2)年4月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020041403361

  • 2020年04月08日
    新たな農村生活のモデル地区を目指す江蘇省南京市

    8日、南京市江寧区秣陵街道にある観音殿村の手芸工房で、展示作品を整理するスタッフ。中国江蘇省南京市江寧区はここ数年、同区の優位性に基づき、さまざまな観光資源を整理・統合して「美麗郷村」(美しい農村)の形成を目指している。同区秣陵街道は管轄地区内の蘇家村や観音殿村、菜塘村などの自然村(集落)を統一的に管理し、「農家楽」(アグリツーリズム)や民宿などのサービス業を誘致。さまざまなアクティビティを導入し、新たな農村生活のモデル地区を建設することで、農村振興を後押ししている。(南京=新華社記者/季春鵬)=2020(令和2)年4月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020041403454

  • 2020年04月08日
    新たな農村生活のモデル地区を目指す江蘇省南京市

    8日、南京市江寧区秣陵街道にある観音殿村の手芸工房に展示された中国の伝統的な楽器、古琴(こきん)。中国江蘇省南京市江寧区はここ数年、同区の優位性に基づき、さまざまな観光資源を整理・統合して「美麗郷村」(美しい農村)の形成を目指している。同区秣陵街道は管轄地区内の蘇家村や観音殿村、菜塘村などの自然村(集落)を統一的に管理し、「農家楽」(アグリツーリズム)や民宿などのサービス業を誘致。さまざまなアクティビティを導入し、新たな農村生活のモデル地区を建設することで、農村振興を後押ししている。(南京=新華社記者/季春鵬)=2020(令和2)年4月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020041403497

  • 2020年06月04日
    広州の禅古刹六榕寺を訪ねて

    六榕寺の六榕花塔に祭られている仏像。(6月4日撮影)中国広東省広州市にある六榕寺(りくようじ)は1500年余りの歴史を持つ古刹(こさつ)で、中国禅宗の6番目の祖とされる慧能(えのう)の興した南宗禅の道場として今も使われている。寺の敷地面積は8500平方メートルで、境内には3体の大仏が並ぶ大雄宝殿(だいゆうほうでん)や観音殿、弥勒殿、天王殿、韋駄天を祭った韋駄殿、慧能の像を安置した六祖堂、蔵経閣、六榕花塔、碑廊などがある。境内の中央にそびえる六榕花塔は高さ57メートルで八角形をしており、外観は9層、内部は17層となっている。(広州=新華社配信)=2020(令和2)年6月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072909401

  • 2020年06月16日
    広州の禅古刹六榕寺を訪ねて

    六榕寺の山門。(6月16日撮影)中国広東省広州市にある六榕寺(りくようじ)は1500年余りの歴史を持つ古刹(こさつ)で、中国禅宗の6番目の祖とされる慧能(えのう)の興した南宗禅の道場として今も使われている。寺の敷地面積は8500平方メートルで、境内には3体の大仏が並ぶ大雄宝殿(だいゆうほうでん)や観音殿、弥勒殿、天王殿、韋駄天を祭った韋駄殿、慧能の像を安置した六祖堂、蔵経閣、六榕花塔、碑廊などがある。境内の中央にそびえる六榕花塔は高さ57メートルで八角形をしており、外観は9層、内部は17層となっている。(広州=新華社配信)=2020(令和2)年6月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072909394

  • 2020年06月16日
    広州の禅古刹六榕寺を訪ねて

    六榕寺の境内にある六榕花塔。(6月16日撮影)中国広東省広州市にある六榕寺(りくようじ)は1500年余りの歴史を持つ古刹(こさつ)で、中国禅宗の6番目の祖とされる慧能(えのう)の興した南宗禅の道場として今も使われている。寺の敷地面積は8500平方メートルで、境内には3体の大仏が並ぶ大雄宝殿(だいゆうほうでん)や観音殿、弥勒殿、天王殿、韋駄天を祭った韋駄殿、慧能の像を安置した六祖堂、蔵経閣、六榕花塔、碑廊などがある。境内の中央にそびえる六榕花塔は高さ57メートルで八角形をしており、外観は9層、内部は17層となっている。(広州=新華社配信)=2020(令和2)年6月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072909413

  • 2020年06月16日
    広州の禅古刹六榕寺を訪ねて

    六榕寺の境内にある蔵経閣。(6月16日撮影)中国広東省広州市にある六榕寺(りくようじ)は1500年余りの歴史を持つ古刹(こさつ)で、中国禅宗の6番目の祖とされる慧能(えのう)の興した南宗禅の道場として今も使われている。寺の敷地面積は8500平方メートルで、境内には3体の大仏が並ぶ大雄宝殿(だいゆうほうでん)や観音殿、弥勒殿、天王殿、韋駄天を祭った韋駄殿、慧能の像を安置した六祖堂、蔵経閣、六榕花塔、碑廊などがある。境内の中央にそびえる六榕花塔は高さ57メートルで八角形をしており、外観は9層、内部は17層となっている。(広州=新華社配信)=2020(令和2)年6月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072909396

  • 2020年07月21日
    広州の禅古刹六榕寺を訪ねて

    六榕寺の境内にある柱状の平和記念碑。(21日撮影)中国広東省広州市にある六榕寺(りくようじ)は1500年余りの歴史を持つ古刹(こさつ)で、中国禅宗の6番目の祖とされる慧能(えのう)の興した南宗禅の道場として今も使われている。寺の敷地面積は8500平方メートルで、境内には3体の大仏が並ぶ大雄宝殿(だいゆうほうでん)や観音殿、弥勒殿、天王殿、韋駄天を祭った韋駄殿、慧能の像を安置した六祖堂、蔵経閣、六榕花塔、碑廊などがある。境内の中央にそびえる六榕花塔は高さ57メートルで八角形をしており、外観は9層、内部は17層となっている。(広州=新華社配信)=2020(令和2)年7月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072909472

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月09日
    (1)空海ゆかりの寺、福州開元寺福建省

    6日、開元寺の観音殿。中国福建省福州市の開元寺は、南北朝時代の南朝梁の太清年間(547~549年)に創建され、同市に現存する最古の仏教寺院として知られる。建設当初は大雲寺と呼ばれたが、唐の開元26(738)年に開元寺と改名された。寺には重さ50トン、高さ5・3メートル、幅約4メートルの鉄で鋳造した阿弥陀仏坐像がある。鋳造年代は北宋の元豊年間(1078~85年)以前と考えられており、当時の製錬技術を研究する上で貴重な実物資料となっている。同寺は空海ゆかりの寺としても知られる。804年に第17次遣唐使団に随行して唐に赴いた空海は、船が暴風雨に見舞われ現在の福建省寧徳市霞浦(かほ)県赤岸村に漂着した。上陸後最初に滞在した寺が開元寺だった。(福州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021700047

  • 2021年02月17日
    (22)莆田四大名刹の一つ、亀山寺を訪ねて福建省

    5日、天王殿の背後から見た鐘楼と観音殿。中国福建省莆田(ほでん)市の四大名刹(めいさつ)の一つに数えられる亀山寺は、市街地から西へ15キロ離れた華亭鎮の亀山の山頂に建つ。亀山は山頂が亀の背中に似ており、古くは「亀洋」と呼ばれていた。亀山寺は唐の穆宗(ぼくそう)の長慶2(822)年に名僧、無了禅師によって創建され、後梁の貞明年間(915~921年)に閩(びん)王の王審知(おう・しんち)から「亀山福清禅院」の名を授けられた。現存する建物は、清の光緒30(1904)年に再建された。総面積1万1600平方メートル、大小30以上の殿堂があり、うち大雄宝殿、法堂、禅堂、方丈室、放生池はいずれもその跡地に建てられている。石柱や礎石は全て宋代のものが使われ、斗栱(ときょう)の構造には明代の様式が見られる。亀山は茶の名産地で、明代に同地で生産された名茶「月中香」は、宮廷への献上品に選ばれたと伝えられている。(莆田=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021801565

  • 2021年02月17日
    (23)莆田四大名刹の一つ、亀山寺を訪ねて福建省

    5日、亀山寺の鐘楼と観音殿。中国福建省莆田(ほでん)市の四大名刹(めいさつ)の一つに数えられる亀山寺は、市街地から西へ15キロ離れた華亭鎮の亀山の山頂に建つ。亀山は山頂が亀の背中に似ており、古くは「亀洋」と呼ばれていた。亀山寺は唐の穆宗(ぼくそう)の長慶2(822)年に名僧、無了禅師によって創建され、後梁の貞明年間(915~921年)に閩(びん)王の王審知(おう・しんち)から「亀山福清禅院」の名を授けられた。現存する建物は、清の光緒30(1904)年に再建された。総面積1万1600平方メートル、大小30以上の殿堂があり、うち大雄宝殿、法堂、禅堂、方丈室、放生池はいずれもその跡地に建てられている。石柱や礎石は全て宋代のものが使われ、斗栱(ときょう)の構造には明代の様式が見られる。亀山は茶の名産地で、明代に同地で生産された名茶「月中香」は、宮廷への献上品に選ばれたと伝えられている。(莆田=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021801510

  • 2021年02月17日
    (12)莆田四大名刹の一つ、亀山寺を訪ねて福建省

    5日、亀山寺の観音殿と鐘楼。中国福建省莆田(ほでん)市の四大名刹(めいさつ)の一つに数えられる亀山寺は、市街地から西へ15キロ離れた華亭鎮の亀山の山頂に建つ。亀山は山頂が亀の背中に似ており、古くは「亀洋」と呼ばれていた。亀山寺は唐の穆宗(ぼくそう)の長慶2(822)年に名僧、無了禅師によって創建され、後梁の貞明年間(915~921年)に閩(びん)王の王審知(おう・しんち)から「亀山福清禅院」の名を授けられた。現存する建物は、清の光緒30(1904)年に再建された。総面積1万1600平方メートル、大小30以上の殿堂があり、うち大雄宝殿、法堂、禅堂、方丈室、放生池はいずれもその跡地に建てられている。石柱や礎石は全て宋代のものが使われ、斗栱(ときょう)の構造には明代の様式が見られる。亀山は茶の名産地で、明代に同地で生産された名茶「月中香」は、宮廷への献上品に選ばれたと伝えられている。(莆田=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021801493

  • 2021年02月26日
    (21)肇慶市の禅宗古刹、梅庵を訪ねて広東省

    21日、梅庵観音殿前の高深莫測池(左)。中国広東省肇慶(ちょうけい)市の西郊外にある梅庵は、同市の禅宗古刹として知られる。北宋の至道2(996)年の創建で、千年余りの歴史を持つ。同省最古の木造建築の一つとされ、中でも大雄宝殿は、梁(はり)や斗栱(ときょう、ますぐみ)が宋代の建築様式をとどめることから「千年の古庵、国の至宝」とたたえられる。言い伝えによると、唐代に禅宗六祖の慧能(えのう)が当時端州と呼ばれた同市を訪れた際、城の西側の丘に庵を結んで梅を植え、錫杖(しゃくじょう)で井戸を掘った。その後、智遠という僧が六祖を記念して同地に梅庵を建てた。敷地面積は5千平方メートルで、建築面積は1400平方メートル。山門前には慧能が掘ったとされる井戸が残る。「六祖井」または「六祖甘泉」と呼ばれ、同市の市街地で最も古い井戸とされる。1996年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(肇慶=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021022607941

  • 2021年03月18日
    (8)唐代の古刹、霊山寺を訪ねて広東省汕頭市

    8日、霊山寺の観音殿内部。中国広東省汕頭市潮陽区北西部の銅盂鎮に、同省東部の古刹、霊山寺(霊山護国禅寺)がある。潮陽区の市街地からは25キロ離れている。同寺は、中国禅宗六祖の慧能(えのう)の曽孫弟子に当たる大顛(だいてん)が唐の貞元7(791)年に開いた。大顛は同寺を釈迦が仏法を説いたインドの霊鷲山(りょうじゅせん)になぞらえ「霊山」と命名した。霊山寺は歴代王朝によって拡張され、現在は約5千平方メートルの敷地を持つ。大顛祖師塔は「舌鏡塔」とも呼ばれ、高さは2・8メートル、直径は最大1・8メートル。古代インドのストゥーパ様式を模しており、広東省内で数少ない唐代の墓塔として同省の重点保護文物(重要文化財)に指定されている。境内にある留衣亭は、大顛と唐代の文人・政治家、韓愈(かん・ゆ)の友情を今に伝える。元和14(819)年に潮州に左遷された韓愈は、同地で大顛と交流を重ねた。同年10月に潮州から袁州(現在の江西省宜春市一帯)に転任する際には、わざわざ霊山寺に赴き大顛に別れを告げ、大顛もまた寺の外の小さな橋まで韓愈を見送った。韓愈はその時、感動のあまり着ていた官袍を脱いで大顛に記念の品として贈ったとされており、後世の人々は2人の友情を記念して留衣亭を建てた。同寺は「壁蘭(へきらん)」があることでも知られる。建物の壁に生えているランを指し、言い伝えによると、清の康熙45(1706)年に潮陽の信如和尚が霊山寺の補修を担当した際、丹精込めて育てたランの株を思いつきで壁に植えたところ、土もかけず、水や肥料をやらずとも四季を通じて葉を絶やすことがなかったという。壁蘭は「信蘭」とも呼ばれ、現在では寺宝の一つになっている。(汕頭=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021031814048

  • 2021年03月18日
    (7)唐代の古刹、霊山寺を訪ねて広東省汕頭市

    8日、霊山寺の観音殿。中国広東省汕頭市潮陽区北西部の銅盂鎮に、同省東部の古刹、霊山寺(霊山護国禅寺)がある。潮陽区の市街地からは25キロ離れている。同寺は、中国禅宗六祖の慧能(えのう)の曽孫弟子に当たる大顛(だいてん)が唐の貞元7(791)年に開いた。大顛は同寺を釈迦が仏法を説いたインドの霊鷲山(りょうじゅせん)になぞらえ「霊山」と命名した。霊山寺は歴代王朝によって拡張され、現在は約5千平方メートルの敷地を持つ。大顛祖師塔は「舌鏡塔」とも呼ばれ、高さは2・8メートル、直径は最大1・8メートル。古代インドのストゥーパ様式を模しており、広東省内で数少ない唐代の墓塔として同省の重点保護文物(重要文化財)に指定されている。境内にある留衣亭は、大顛と唐代の文人・政治家、韓愈(かん・ゆ)の友情を今に伝える。元和14(819)年に潮州に左遷された韓愈は、同地で大顛と交流を重ねた。同年10月に潮州から袁州(現在の江西省宜春市一帯)に転任する際には、わざわざ霊山寺に赴き大顛に別れを告げ、大顛もまた寺の外の小さな橋まで韓愈を見送った。韓愈はその時、感動のあまり着ていた官袍を脱いで大顛に記念の品として贈ったとされており、後世の人々は2人の友情を記念して留衣亭を建てた。同寺は「壁蘭(へきらん)」があることでも知られる。建物の壁に生えているランを指し、言い伝えによると、清の康熙45(1706)年に潮陽の信如和尚が霊山寺の補修を担当した際、丹精込めて育てたランの株を思いつきで壁に植えたところ、土もかけず、水や肥料をやらずとも四季を通じて葉を絶やすことがなかったという。壁蘭は「信蘭」とも呼ばれ、現在では寺宝の一つになっている。(汕頭=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021031814046

  • 2021年04月08日
    (13)広東省の古刹、開元寺を訪ねて潮州市

    開元寺観音殿の棟に施された「潮州嵌磁」。(3月8日撮影)中国広東省潮州市開元路にある開元寺は、開元鎮国禅寺とも呼ばれ、創建は唐の開元26(738)年。同省東部第一の古刹として知られる。現在の敷地面積は20・3ムー(約1・4ヘクタール)で、唐代の伽藍配置をとどめるだけでなく、宋から清の各時代の建築芸術が凝縮されている。2001年6月25日に第5次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。天王殿と大雄宝殿の前に立つ石経幢(きょうどう、経文を刻んだ柱)4基は創建当時のもので、重檐歇山頂(ちょうえんけつさんちょう、2重屋根の入母屋造り)の大雄宝殿の棟には「潮州嵌磁(かんじ)」と呼ばれる磁器を用いた彩色装飾が施されている。境内には唐代の木魚や、南宋政和4(1114)年に鋳造された巨大な銅鐘など貴重な文化財が残る。(潮州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年4月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021040812614

  • 2022年01月25日
    (5)深圳の弘法寺を訪ねて広東省

    弘法寺の観音殿。(2021年12月31日撮影)中国広東省深圳市の弘法寺は、1949年の新中国成立後に全国で初めて建立された寺院。同市の東郊外に位置する梧桐山の山麓、仙湖植物園内にある。1983年に建設が計画され85年に着工。92年に主体建築がほぼ完成して一般公開された。建築面積は3万平方メートル余り。寺は東南を背にして、西北に面しており、山門殿や天王殿、大雄宝殿、蔵経楼、祖師殿など40余りの建物がある。(深圳=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年1月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022012512752

  • 2022年01月27日
    (13)圭峰山玉台寺を訪ねて広東省江門市

    玉台寺の観音殿(奥)と白石塔。(2021年5月26日撮影)中国広東省江門市新会区の圭峰(けいほう)山は地元の景勝地の一つ。中腹にある玉台寺は唐代の創建で、幾度となく荒廃と再興を繰り返してきた。1930年代に戦火に焼かれたが、各方面の努力を経て80年代後半に唐代の様式を模した伽藍が元の場所に再建された。唐代の鎮山宝塔と清代の白石塔は重要な文化財になっている。鎮山宝塔は天王塔、ラマ塔ともいい、玉台寺前広場の右側にある。唐代の造営で赤砂岩の石積み造りの高さは2・76メートル。同省に現存する唯一のラマ塔で、1978年に広東省の文物保護単位(重要文化財に相当)に指定されている。白石塔の正式名称は千仏塔で大理石からなる。7層の重檐(ちょうえん)式で高さは6・1メートル。一度破壊されたがその後再建され、今は江門市の文物保護単位になっている。(江門=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年1月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022012714827

  • 2022年01月29日
    (6)北京の広済寺を訪ねて

    広済寺の山門。(2020年1月8日撮影)中国北京市西城区にある広済寺は、敷地面積2・3ヘクタールで南向きとなっており、中心軸に沿って山門殿、弥勒殿(天王殿)、大雄殿、円通殿(観音殿)、多宝殿が並んでいる。東側と西側には鐘楼と鼓楼、脇殿がある。境内には、清の康熙17(1678)年に建てられたアラバスター(漢白玉)造りの戒壇があり、現在は「三学堂」と呼ばれ、良好に保存されている。広済寺には多くの貴重な仏像が祭られ、仏典や碑刻などの文化財も多数収蔵されている。図書室には23言語、10万冊以上の仏教古典や著作が収蔵され、中でも12種類の版本がそろった「大蔵経」は、中国仏教の発展史を研究する上で重要な歴史的資料であり、中国伝統文化の重要な一部でもある。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年1月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022012909723

  • 2022年01月29日
    (9)北京の広済寺を訪ねて

    広済寺の千仏硯。(2020年1月8日撮影)中国北京市西城区にある広済寺は、敷地面積2・3ヘクタールで南向きとなっており、中心軸に沿って山門殿、弥勒殿(天王殿)、大雄殿、円通殿(観音殿)、多宝殿が並んでいる。東側と西側には鐘楼と鼓楼、脇殿がある。境内には、清の康熙17(1678)年に建てられたアラバスター(漢白玉)造りの戒壇があり、現在は「三学堂」と呼ばれ、良好に保存されている。広済寺には多くの貴重な仏像が祭られ、仏典や碑刻などの文化財も多数収蔵されている。図書室には23言語、10万冊以上の仏教古典や著作が収蔵され、中でも12種類の版本がそろった「大蔵経」は、中国仏教の発展史を研究する上で重要な歴史的資料であり、中国伝統文化の重要な一部でもある。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年1月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022012909725

  • 2022年01月29日
    (5)北京の広済寺を訪ねて

    広済寺境内にある中韓日仏教友好の記念樹。(2020年1月8日撮影)中国北京市西城区にある広済寺は、敷地面積2・3ヘクタールで南向きとなっており、中心軸に沿って山門殿、弥勒殿(天王殿)、大雄殿、円通殿(観音殿)、多宝殿が並んでいる。東側と西側には鐘楼と鼓楼、脇殿がある。境内には、清の康熙17(1678)年に建てられたアラバスター(漢白玉)造りの戒壇があり、現在は「三学堂」と呼ばれ、良好に保存されている。広済寺には多くの貴重な仏像が祭られ、仏典や碑刻などの文化財も多数収蔵されている。図書室には23言語、10万冊以上の仏教古典や著作が収蔵され、中でも12種類の版本がそろった「大蔵経」は、中国仏教の発展史を研究する上で重要な歴史的資料であり、中国伝統文化の重要な一部でもある。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年1月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022012909721

  • 2022年01月29日
    (10)北京の広済寺を訪ねて

    広済寺の五観堂。(2020年1月8日撮影)中国北京市西城区にある広済寺は、敷地面積2・3ヘクタールで南向きとなっており、中心軸に沿って山門殿、弥勒殿(天王殿)、大雄殿、円通殿(観音殿)、多宝殿が並んでいる。東側と西側には鐘楼と鼓楼、脇殿がある。境内には、清の康熙17(1678)年に建てられたアラバスター(漢白玉)造りの戒壇があり、現在は「三学堂」と呼ばれ、良好に保存されている。広済寺には多くの貴重な仏像が祭られ、仏典や碑刻などの文化財も多数収蔵されている。図書室には23言語、10万冊以上の仏教古典や著作が収蔵され、中でも12種類の版本がそろった「大蔵経」は、中国仏教の発展史を研究する上で重要な歴史的資料であり、中国伝統文化の重要な一部でもある。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年1月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022012909729

  • 2022年01月29日
    (2)北京の広済寺を訪ねて

    横から見た大雄殿。(2020年1月8日撮影)中国北京市西城区にある広済寺は、敷地面積2・3ヘクタールで南向きとなっており、中心軸に沿って山門殿、弥勒殿(天王殿)、大雄殿、円通殿(観音殿)、多宝殿が並んでいる。東側と西側には鐘楼と鼓楼、脇殿がある。境内には、清の康熙17(1678)年に建てられたアラバスター(漢白玉)造りの戒壇があり、現在は「三学堂」と呼ばれ、良好に保存されている。広済寺には多くの貴重な仏像が祭られ、仏典や碑刻などの文化財も多数収蔵されている。図書室には23言語、10万冊以上の仏教古典や著作が収蔵され、中でも12種類の版本がそろった「大蔵経」は、中国仏教の発展史を研究する上で重要な歴史的資料であり、中国伝統文化の重要な一部でもある。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年1月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022012909715

  • 2022年01月29日
    (4)北京の広済寺を訪ねて

    大雄殿から見た天王殿。(2020年1月8日撮影)中国北京市西城区にある広済寺は、敷地面積2・3ヘクタールで南向きとなっており、中心軸に沿って山門殿、弥勒殿(天王殿)、大雄殿、円通殿(観音殿)、多宝殿が並んでいる。東側と西側には鐘楼と鼓楼、脇殿がある。境内には、清の康熙17(1678)年に建てられたアラバスター(漢白玉)造りの戒壇があり、現在は「三学堂」と呼ばれ、良好に保存されている。広済寺には多くの貴重な仏像が祭られ、仏典や碑刻などの文化財も多数収蔵されている。図書室には23言語、10万冊以上の仏教古典や著作が収蔵され、中でも12種類の版本がそろった「大蔵経」は、中国仏教の発展史を研究する上で重要な歴史的資料であり、中国伝統文化の重要な一部でもある。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年1月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022012909720

  • 2022年01月29日
    (3)北京の広済寺を訪ねて

    大雄殿と脇殿と三学堂。(2020年1月8日撮影)中国北京市西城区にある広済寺は、敷地面積2・3ヘクタールで南向きとなっており、中心軸に沿って山門殿、弥勒殿(天王殿)、大雄殿、円通殿(観音殿)、多宝殿が並んでいる。東側と西側には鐘楼と鼓楼、脇殿がある。境内には、清の康熙17(1678)年に建てられたアラバスター(漢白玉)造りの戒壇があり、現在は「三学堂」と呼ばれ、良好に保存されている。広済寺には多くの貴重な仏像が祭られ、仏典や碑刻などの文化財も多数収蔵されている。図書室には23言語、10万冊以上の仏教古典や著作が収蔵され、中でも12種類の版本がそろった「大蔵経」は、中国仏教の発展史を研究する上で重要な歴史的資料であり、中国伝統文化の重要な一部でもある。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年1月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022012909719

  • 2022年01月29日
    (1)北京の広済寺を訪ねて

    広済寺の大雄殿。(2020年1月8日撮影)中国北京市西城区にある広済寺は、敷地面積2・3ヘクタールで南向きとなっており、中心軸に沿って山門殿、弥勒殿(天王殿)、大雄殿、円通殿(観音殿)、多宝殿が並んでいる。東側と西側には鐘楼と鼓楼、脇殿がある。境内には、清の康熙17(1678)年に建てられたアラバスター(漢白玉)造りの戒壇があり、現在は「三学堂」と呼ばれ、良好に保存されている。広済寺には多くの貴重な仏像が祭られ、仏典や碑刻などの文化財も多数収蔵されている。図書室には23言語、10万冊以上の仏教古典や著作が収蔵され、中でも12種類の版本がそろった「大蔵経」は、中国仏教の発展史を研究する上で重要な歴史的資料であり、中国伝統文化の重要な一部でもある。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年1月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022012909716

  • 2022年01月29日
    (8)北京の広済寺を訪ねて

    広済寺とその周辺。(2020年1月8日撮影)中国北京市西城区にある広済寺は、敷地面積2・3ヘクタールで南向きとなっており、中心軸に沿って山門殿、弥勒殿(天王殿)、大雄殿、円通殿(観音殿)、多宝殿が並んでいる。東側と西側には鐘楼と鼓楼、脇殿がある。境内には、清の康熙17(1678)年に建てられたアラバスター(漢白玉)造りの戒壇があり、現在は「三学堂」と呼ばれ、良好に保存されている。広済寺には多くの貴重な仏像が祭られ、仏典や碑刻などの文化財も多数収蔵されている。図書室には23言語、10万冊以上の仏教古典や著作が収蔵され、中でも12種類の版本がそろった「大蔵経」は、中国仏教の発展史を研究する上で重要な歴史的資料であり、中国伝統文化の重要な一部でもある。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年1月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022012909724

  • 2022年01月29日
    (11)北京の広済寺を訪ねて

    広済寺の円通殿と寺務所。(2020年1月8日撮影)中国北京市西城区にある広済寺は、敷地面積2・3ヘクタールで南向きとなっており、中心軸に沿って山門殿、弥勒殿(天王殿)、大雄殿、円通殿(観音殿)、多宝殿が並んでいる。東側と西側には鐘楼と鼓楼、脇殿がある。境内には、清の康熙17(1678)年に建てられたアラバスター(漢白玉)造りの戒壇があり、現在は「三学堂」と呼ばれ、良好に保存されている。広済寺には多くの貴重な仏像が祭られ、仏典や碑刻などの文化財も多数収蔵されている。図書室には23言語、10万冊以上の仏教古典や著作が収蔵され、中でも12種類の版本がそろった「大蔵経」は、中国仏教の発展史を研究する上で重要な歴史的資料であり、中国伝統文化の重要な一部でもある。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年1月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022012909732

  • 2022年01月29日
    (7)北京の広済寺を訪ねて

    広済寺の山門。(2020年1月8日撮影)中国北京市西城区にある広済寺は、敷地面積2・3ヘクタールで南向きとなっており、中心軸に沿って山門殿、弥勒殿(天王殿)、大雄殿、円通殿(観音殿)、多宝殿が並んでいる。東側と西側には鐘楼と鼓楼、脇殿がある。境内には、清の康熙17(1678)年に建てられたアラバスター(漢白玉)造りの戒壇があり、現在は「三学堂」と呼ばれ、良好に保存されている。広済寺には多くの貴重な仏像が祭られ、仏典や碑刻などの文化財も多数収蔵されている。図書室には23言語、10万冊以上の仏教古典や著作が収蔵され、中でも12種類の版本がそろった「大蔵経」は、中国仏教の発展史を研究する上で重要な歴史的資料であり、中国伝統文化の重要な一部でもある。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年1月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022012909722

  • 2022年02月05日
    (11)円玄道観を訪ねて広東省広州市

    2日、円玄道観の老子道徳文化広場。中国広東省広州市花都区新華鎮にある道教寺院「円玄道観」は、香港円玄学院の出資により建設された。1998年に1期工事が完了し、一般公開が始まった。敷地面積は約100ムー(約6・67ヘクタール)で、広東省道教協会の所在地となっている。敷地内には、伝統的な天壇様式で建造された主要建築の三清大殿のほか、元辰宝殿や観音殿、盆景園、老子道徳文化園などがある。華南地域に新設された大規模な道教寺院で「花都新八景」の一つに指定されている。現在は広東省における道教活動の中心的存在に発展し、中国の大陸と香港、マカオ、台湾地区の道教文化交流の重要な懸け橋となっている。(広州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年2月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022020511954

  • 2022年02月05日
    (21)円玄道観を訪ねて広東省広州市

    2日、円玄道観の三聖宝殿。中国広東省広州市花都区新華鎮にある道教寺院「円玄道観」は、香港円玄学院の出資により建設された。1998年に1期工事が完了し、一般公開が始まった。敷地面積は約100ムー(約6・67ヘクタール)で、広東省道教協会の所在地となっている。敷地内には、伝統的な天壇様式で建造された主要建築の三清大殿のほか、元辰宝殿や観音殿、盆景園、老子道徳文化園などがある。華南地域に新設された大規模な道教寺院で「花都新八景」の一つに指定されている。現在は広東省における道教活動の中心的存在に発展し、中国の大陸と香港、マカオ、台湾地区の道教文化交流の重要な懸け橋となっている。(広州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年2月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022020600036

  • 2022年02月05日
    (22)円玄道観を訪ねて広東省広州市

    2日、円玄道観の山門。中国広東省広州市花都区新華鎮にある道教寺院「円玄道観」は、香港円玄学院の出資により建設された。1998年に1期工事が完了し、一般公開が始まった。敷地面積は約100ムー(約6・67ヘクタール)で、広東省道教協会の所在地となっている。敷地内には、伝統的な天壇様式で建造された主要建築の三清大殿のほか、元辰宝殿や観音殿、盆景園、老子道徳文化園などがある。華南地域に新設された大規模な道教寺院で「花都新八景」の一つに指定されている。現在は広東省における道教活動の中心的存在に発展し、中国の大陸と香港、マカオ、台湾地区の道教文化交流の重要な懸け橋となっている。(広州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年2月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022020600042

  • 2022年02月05日
    (13)円玄道観を訪ねて広東省広州市

    2日、円玄道観の凌霄宝殿。中国広東省広州市花都区新華鎮にある道教寺院「円玄道観」は、香港円玄学院の出資により建設された。1998年に1期工事が完了し、一般公開が始まった。敷地面積は約100ムー(約6・67ヘクタール)で、広東省道教協会の所在地となっている。敷地内には、伝統的な天壇様式で建造された主要建築の三清大殿のほか、元辰宝殿や観音殿、盆景園、老子道徳文化園などがある。華南地域に新設された大規模な道教寺院で「花都新八景」の一つに指定されている。現在は広東省における道教活動の中心的存在に発展し、中国の大陸と香港、マカオ、台湾地区の道教文化交流の重要な懸け橋となっている。(広州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年2月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022020511987

  • 2022年02月05日
    (4)円玄道観を訪ねて広東省広州市

    2日、円玄道観の朝元図。中国広東省広州市花都区新華鎮にある道教寺院「円玄道観」は、香港円玄学院の出資により建設された。1998年に1期工事が完了し、一般公開が始まった。敷地面積は約100ムー(約6・67ヘクタール)で、広東省道教協会の所在地となっている。敷地内には、伝統的な天壇様式で建造された主要建築の三清大殿のほか、元辰宝殿や観音殿、盆景園、老子道徳文化園などがある。華南地域に新設された大規模な道教寺院で「花都新八景」の一つに指定されている。現在は広東省における道教活動の中心的存在に発展し、中国の大陸と香港、マカオ、台湾地区の道教文化交流の重要な懸け橋となっている。(広州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年2月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022020511592

  • 2022年02月05日
    (20)円玄道観を訪ねて広東省広州市

    2日、円玄道観の三清殿前にある石彫。中国広東省広州市花都区新華鎮にある道教寺院「円玄道観」は、香港円玄学院の出資により建設された。1998年に1期工事が完了し、一般公開が始まった。敷地面積は約100ムー(約6・67ヘクタール)で、広東省道教協会の所在地となっている。敷地内には、伝統的な天壇様式で建造された主要建築の三清大殿のほか、元辰宝殿や観音殿、盆景園、老子道徳文化園などがある。華南地域に新設された大規模な道教寺院で「花都新八景」の一つに指定されている。現在は広東省における道教活動の中心的存在に発展し、中国の大陸と香港、マカオ、台湾地区の道教文化交流の重要な懸け橋となっている。(広州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年2月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022020600071

  • 2022年02月05日
    (18)円玄道観を訪ねて広東省広州市

    2日、円玄道観の三清殿。中国広東省広州市花都区新華鎮にある道教寺院「円玄道観」は、香港円玄学院の出資により建設された。1998年に1期工事が完了し、一般公開が始まった。敷地面積は約100ムー(約6・67ヘクタール)で、広東省道教協会の所在地となっている。敷地内には、伝統的な天壇様式で建造された主要建築の三清大殿のほか、元辰宝殿や観音殿、盆景園、老子道徳文化園などがある。華南地域に新設された大規模な道教寺院で「花都新八景」の一つに指定されている。現在は広東省における道教活動の中心的存在に発展し、中国の大陸と香港、マカオ、台湾地区の道教文化交流の重要な懸け橋となっている。(広州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年2月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022020600060

  • 2022年02月05日
    (5)円玄道観を訪ねて広東省広州市

    2日、円玄道観の純陽宝殿。中国広東省広州市花都区新華鎮にある道教寺院「円玄道観」は、香港円玄学院の出資により建設された。1998年に1期工事が完了し、一般公開が始まった。敷地面積は約100ムー(約6・67ヘクタール)で、広東省道教協会の所在地となっている。敷地内には、伝統的な天壇様式で建造された主要建築の三清大殿のほか、元辰宝殿や観音殿、盆景園、老子道徳文化園などがある。華南地域に新設された大規模な道教寺院で「花都新八景」の一つに指定されている。現在は広東省における道教活動の中心的存在に発展し、中国の大陸と香港、マカオ、台湾地区の道教文化交流の重要な懸け橋となっている。(広州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年2月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022020511681

  • 2022年02月05日
    (2)円玄道観を訪ねて広東省広州市

    2日、円玄道観の八徳台。中国広東省広州市花都区新華鎮にある道教寺院「円玄道観」は、香港円玄学院の出資により建設された。1998年に1期工事が完了し、一般公開が始まった。敷地面積は約100ムー(約6・67ヘクタール)で、広東省道教協会の所在地となっている。敷地内には、伝統的な天壇様式で建造された主要建築の三清大殿のほか、元辰宝殿や観音殿、盆景園、老子道徳文化園などがある。華南地域に新設された大規模な道教寺院で「花都新八景」の一つに指定されている。現在は広東省における道教活動の中心的存在に発展し、中国の大陸と香港、マカオ、台湾地区の道教文化交流の重要な懸け橋となっている。(広州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年2月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022020511582

  • 2022年02月05日
    (27)円玄道観を訪ねて広東省広州市

    2日、円玄道観の鐘楼。中国広東省広州市花都区新華鎮にある道教寺院「円玄道観」は、香港円玄学院の出資により建設された。1998年に1期工事が完了し、一般公開が始まった。敷地面積は約100ムー(約6・67ヘクタール)で、広東省道教協会の所在地となっている。敷地内には、伝統的な天壇様式で建造された主要建築の三清大殿のほか、元辰宝殿や観音殿、盆景園、老子道徳文化園などがある。華南地域に新設された大規模な道教寺院で「花都新八景」の一つに指定されている。現在は広東省における道教活動の中心的存在に発展し、中国の大陸と香港、マカオ、台湾地区の道教文化交流の重要な懸け橋となっている。(広州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年2月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022020600360

  • 2022年02月05日
    (28)円玄道観を訪ねて広東省広州市

    2日、円玄道観の中和楼。中国広東省広州市花都区新華鎮にある道教寺院「円玄道観」は、香港円玄学院の出資により建設された。1998年に1期工事が完了し、一般公開が始まった。敷地面積は約100ムー(約6・67ヘクタール)で、広東省道教協会の所在地となっている。敷地内には、伝統的な天壇様式で建造された主要建築の三清大殿のほか、元辰宝殿や観音殿、盆景園、老子道徳文化園などがある。華南地域に新設された大規模な道教寺院で「花都新八景」の一つに指定されている。現在は広東省における道教活動の中心的存在に発展し、中国の大陸と香港、マカオ、台湾地区の道教文化交流の重要な懸け橋となっている。(広州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年2月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022020600362

  • 2022年02月05日
    (24)円玄道観を訪ねて広東省広州市

    2日、円玄道観の山門牌坊(はいぼう)。中国広東省広州市花都区新華鎮にある道教寺院「円玄道観」は、香港円玄学院の出資により建設された。1998年に1期工事が完了し、一般公開が始まった。敷地面積は約100ムー(約6・67ヘクタール)で、広東省道教協会の所在地となっている。敷地内には、伝統的な天壇様式で建造された主要建築の三清大殿のほか、元辰宝殿や観音殿、盆景園、老子道徳文化園などがある。華南地域に新設された大規模な道教寺院で「花都新八景」の一つに指定されている。現在は広東省における道教活動の中心的存在に発展し、中国の大陸と香港、マカオ、台湾地区の道教文化交流の重要な懸け橋となっている。(広州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年2月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022020600150

  • 2022年02月05日
    (8)円玄道観を訪ねて広東省広州市

    2日、円玄道観の観音殿。中国広東省広州市花都区新華鎮にある道教寺院「円玄道観」は、香港円玄学院の出資により建設された。1998年に1期工事が完了し、一般公開が始まった。敷地面積は約100ムー(約6・67ヘクタール)で、広東省道教協会の所在地となっている。敷地内には、伝統的な天壇様式で建造された主要建築の三清大殿のほか、元辰宝殿や観音殿、盆景園、老子道徳文化園などがある。華南地域に新設された大規模な道教寺院で「花都新八景」の一つに指定されている。現在は広東省における道教活動の中心的存在に発展し、中国の大陸と香港、マカオ、台湾地区の道教文化交流の重要な懸け橋となっている。(広州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年2月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022020511876

  • 2022年02月05日
    (25)円玄道観を訪ねて広東省広州市

    2日、円玄道観の元辰宝殿。中国広東省広州市花都区新華鎮にある道教寺院「円玄道観」は、香港円玄学院の出資により建設された。1998年に1期工事が完了し、一般公開が始まった。敷地面積は約100ムー(約6・67ヘクタール)で、広東省道教協会の所在地となっている。敷地内には、伝統的な天壇様式で建造された主要建築の三清大殿のほか、元辰宝殿や観音殿、盆景園、老子道徳文化園などがある。華南地域に新設された大規模な道教寺院で「花都新八景」の一つに指定されている。現在は広東省における道教活動の中心的存在に発展し、中国の大陸と香港、マカオ、台湾地区の道教文化交流の重要な懸け橋となっている。(広州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年2月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022020600152

  • 2022年02月05日
    (26)円玄道観を訪ねて広東省広州市

    2日、円玄道観の元辰宝殿。中国広東省広州市花都区新華鎮にある道教寺院「円玄道観」は、香港円玄学院の出資により建設された。1998年に1期工事が完了し、一般公開が始まった。敷地面積は約100ムー(約6・67ヘクタール)で、広東省道教協会の所在地となっている。敷地内には、伝統的な天壇様式で建造された主要建築の三清大殿のほか、元辰宝殿や観音殿、盆景園、老子道徳文化園などがある。華南地域に新設された大規模な道教寺院で「花都新八景」の一つに指定されている。現在は広東省における道教活動の中心的存在に発展し、中国の大陸と香港、マカオ、台湾地区の道教文化交流の重要な懸け橋となっている。(広州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年2月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022020600154

  • 2022年02月05日
    (23)円玄道観を訪ねて広東省広州市

    2日、円玄道観の山門と山門牌坊(はいぼう、裏側)。中国広東省広州市花都区新華鎮にある道教寺院「円玄道観」は、香港円玄学院の出資により建設された。1998年に1期工事が完了し、一般公開が始まった。敷地面積は約100ムー(約6・67ヘクタール)で、広東省道教協会の所在地となっている。敷地内には、伝統的な天壇様式で建造された主要建築の三清大殿のほか、元辰宝殿や観音殿、盆景園、老子道徳文化園などがある。華南地域に新設された大規模な道教寺院で「花都新八景」の一つに指定されている。現在は広東省における道教活動の中心的存在に発展し、中国の大陸と香港、マカオ、台湾地区の道教文化交流の重要な懸け橋となっている。(広州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年2月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022020600134

  • 2022年02月05日
    (16)円玄道観を訪ねて広東省広州市

    2日、円玄道観の三清殿(中央)、凌霄宝殿(右)、純陽宝殿。中国広東省広州市花都区新華鎮にある道教寺院「円玄道観」は、香港円玄学院の出資により建設された。1998年に1期工事が完了し、一般公開が始まった。敷地面積は約100ムー(約6・67ヘクタール)で、広東省道教協会の所在地となっている。敷地内には、伝統的な天壇様式で建造された主要建築の三清大殿のほか、元辰宝殿や観音殿、盆景園、老子道徳文化園などがある。華南地域に新設された大規模な道教寺院で「花都新八景」の一つに指定されている。現在は広東省における道教活動の中心的存在に発展し、中国の大陸と香港、マカオ、台湾地区の道教文化交流の重要な懸け橋となっている。(広州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年2月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022020600004

  • 2022年02月05日
    (29)円玄道観を訪ねて広東省広州市

    2日、円玄道観の円玄素食館。中国広東省広州市花都区新華鎮にある道教寺院「円玄道観」は、香港円玄学院の出資により建設された。1998年に1期工事が完了し、一般公開が始まった。敷地面積は約100ムー(約6・67ヘクタール)で、広東省道教協会の所在地となっている。敷地内には、伝統的な天壇様式で建造された主要建築の三清大殿のほか、元辰宝殿や観音殿、盆景園、老子道徳文化園などがある。華南地域に新設された大規模な道教寺院で「花都新八景」の一つに指定されている。現在は広東省における道教活動の中心的存在に発展し、中国の大陸と香港、マカオ、台湾地区の道教文化交流の重要な懸け橋となっている。(広州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年2月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022020600397

  • 2022年02月05日
    (7)円玄道観を訪ねて広東省広州市

    2日、円玄道観の鼓楼。中国広東省広州市花都区新華鎮にある道教寺院「円玄道観」は、香港円玄学院の出資により建設された。1998年に1期工事が完了し、一般公開が始まった。敷地面積は約100ムー(約6・67ヘクタール)で、広東省道教協会の所在地となっている。敷地内には、伝統的な天壇様式で建造された主要建築の三清大殿のほか、元辰宝殿や観音殿、盆景園、老子道徳文化園などがある。華南地域に新設された大規模な道教寺院で「花都新八景」の一つに指定されている。現在は広東省における道教活動の中心的存在に発展し、中国の大陸と香港、マカオ、台湾地区の道教文化交流の重要な懸け橋となっている。(広州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年2月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022020511823

  • 2022年02月05日
    (6)円玄道観を訪ねて広東省広州市

    2日、円玄道観の敷地内。中国広東省広州市花都区新華鎮にある道教寺院「円玄道観」は、香港円玄学院の出資により建設された。1998年に1期工事が完了し、一般公開が始まった。敷地面積は約100ムー(約6・67ヘクタール)で、広東省道教協会の所在地となっている。敷地内には、伝統的な天壇様式で建造された主要建築の三清大殿のほか、元辰宝殿や観音殿、盆景園、老子道徳文化園などがある。華南地域に新設された大規模な道教寺院で「花都新八景」の一つに指定されている。現在は広東省における道教活動の中心的存在に発展し、中国の大陸と香港、マカオ、台湾地区の道教文化交流の重要な懸け橋となっている。(広州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年2月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022020511775

  • 2022年02月05日
    (9)円玄道観を訪ねて広東省広州市

    2日、円玄道観の黄大仙殿(中央)、文昌殿(右)、太乙殿。中国広東省広州市花都区新華鎮にある道教寺院「円玄道観」は、香港円玄学院の出資により建設された。1998年に1期工事が完了し、一般公開が始まった。敷地面積は約100ムー(約6・67ヘクタール)で、広東省道教協会の所在地となっている。敷地内には、伝統的な天壇様式で建造された主要建築の三清大殿のほか、元辰宝殿や観音殿、盆景園、老子道徳文化園などがある。華南地域に新設された大規模な道教寺院で「花都新八景」の一つに指定されている。現在は広東省における道教活動の中心的存在に発展し、中国の大陸と香港、マカオ、台湾地区の道教文化交流の重要な懸け橋となっている。(広州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年2月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022020511908

  • 2022年02月05日
    (3)円玄道観を訪ねて広東省広州市

    2日、円玄道観の財神金殿。中国広東省広州市花都区新華鎮にある道教寺院「円玄道観」は、香港円玄学院の出資により建設された。1998年に1期工事が完了し、一般公開が始まった。敷地面積は約100ムー(約6・67ヘクタール)で、広東省道教協会の所在地となっている。敷地内には、伝統的な天壇様式で建造された主要建築の三清大殿のほか、元辰宝殿や観音殿、盆景園、老子道徳文化園などがある。華南地域に新設された大規模な道教寺院で「花都新八景」の一つに指定されている。現在は広東省における道教活動の中心的存在に発展し、中国の大陸と香港、マカオ、台湾地区の道教文化交流の重要な懸け橋となっている。(広州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年2月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022020511590

  • 2022年02月05日
    (1)円玄道観を訪ねて広東省広州市

    2日、円玄道観の元辰宝殿。中国広東省広州市花都区新華鎮にある道教寺院「円玄道観」は、香港円玄学院の出資により建設された。1998年に1期工事が完了し、一般公開が始まった。敷地面積は約100ムー(約6・67ヘクタール)で、広東省道教協会の所在地となっている。敷地内には、伝統的な天壇様式で建造された主要建築の三清大殿のほか、元辰宝殿や観音殿、盆景園、老子道徳文化園などがある。華南地域に新設された大規模な道教寺院で「花都新八景」の一つに指定されている。現在は広東省における道教活動の中心的存在に発展し、中国の大陸と香港、マカオ、台湾地区の道教文化交流の重要な懸け橋となっている。(広州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年2月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022020511576

  • 2022年02月05日
    (14)円玄道観を訪ねて広東省広州市

    2日、円玄道観の羅天大殿。中国広東省広州市花都区新華鎮にある道教寺院「円玄道観」は、香港円玄学院の出資により建設された。1998年に1期工事が完了し、一般公開が始まった。敷地面積は約100ムー(約6・67ヘクタール)で、広東省道教協会の所在地となっている。敷地内には、伝統的な天壇様式で建造された主要建築の三清大殿のほか、元辰宝殿や観音殿、盆景園、老子道徳文化園などがある。華南地域に新設された大規模な道教寺院で「花都新八景」の一つに指定されている。現在は広東省における道教活動の中心的存在に発展し、中国の大陸と香港、マカオ、台湾地区の道教文化交流の重要な懸け橋となっている。(広州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年2月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022020511988

  • 2022年02月05日
    (10)円玄道観を訪ねて広東省広州市

    2日、円玄道観にある金山湖。中国広東省広州市花都区新華鎮にある道教寺院「円玄道観」は、香港円玄学院の出資により建設された。1998年に1期工事が完了し、一般公開が始まった。敷地面積は約100ムー(約6・67ヘクタール)で、広東省道教協会の所在地となっている。敷地内には、伝統的な天壇様式で建造された主要建築の三清大殿のほか、元辰宝殿や観音殿、盆景園、老子道徳文化園などがある。華南地域に新設された大規模な道教寺院で「花都新八景」の一つに指定されている。現在は広東省における道教活動の中心的存在に発展し、中国の大陸と香港、マカオ、台湾地区の道教文化交流の重要な懸け橋となっている。(広州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年2月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022020511933

  • 2022年02月05日
    (15)円玄道観を訪ねて広東省広州市

    2日、円玄道観の盆景園。中国広東省広州市花都区新華鎮にある道教寺院「円玄道観」は、香港円玄学院の出資により建設された。1998年に1期工事が完了し、一般公開が始まった。敷地面積は約100ムー(約6・67ヘクタール)で、広東省道教協会の所在地となっている。敷地内には、伝統的な天壇様式で建造された主要建築の三清大殿のほか、元辰宝殿や観音殿、盆景園、老子道徳文化園などがある。華南地域に新設された大規模な道教寺院で「花都新八景」の一つに指定されている。現在は広東省における道教活動の中心的存在に発展し、中国の大陸と香港、マカオ、台湾地区の道教文化交流の重要な懸け橋となっている。(広州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年2月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022020512008

  • 2022年02月05日
    (12)円玄道観を訪ねて広東省広州市

    2日、円玄道観にある老子像。中国広東省広州市花都区新華鎮にある道教寺院「円玄道観」は、香港円玄学院の出資により建設された。1998年に1期工事が完了し、一般公開が始まった。敷地面積は約100ムー(約6・67ヘクタール)で、広東省道教協会の所在地となっている。敷地内には、伝統的な天壇様式で建造された主要建築の三清大殿のほか、元辰宝殿や観音殿、盆景園、老子道徳文化園などがある。華南地域に新設された大規模な道教寺院で「花都新八景」の一つに指定されている。現在は広東省における道教活動の中心的存在に発展し、中国の大陸と香港、マカオ、台湾地区の道教文化交流の重要な懸け橋となっている。(広州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年2月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022020600052

  • 2022年02月05日
    (17)円玄道観を訪ねて広東省広州市

    2日、円玄道観の三清殿。中国広東省広州市花都区新華鎮にある道教寺院「円玄道観」は、香港円玄学院の出資により建設された。1998年に1期工事が完了し、一般公開が始まった。敷地面積は約100ムー(約6・67ヘクタール)で、広東省道教協会の所在地となっている。敷地内には、伝統的な天壇様式で建造された主要建築の三清大殿のほか、元辰宝殿や観音殿、盆景園、老子道徳文化園などがある。華南地域に新設された大規模な道教寺院で「花都新八景」の一つに指定されている。現在は広東省における道教活動の中心的存在に発展し、中国の大陸と香港、マカオ、台湾地区の道教文化交流の重要な懸け橋となっている。(広州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年2月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022020600083

  • 2022年02月05日
    (19)円玄道観を訪ねて広東省広州市

    2日、円玄道観の三清殿前の広場。中国広東省広州市花都区新華鎮にある道教寺院「円玄道観」は、香港円玄学院の出資により建設された。1998年に1期工事が完了し、一般公開が始まった。敷地面積は約100ムー(約6・67ヘクタール)で、広東省道教協会の所在地となっている。敷地内には、伝統的な天壇様式で建造された主要建築の三清大殿のほか、元辰宝殿や観音殿、盆景園、老子道徳文化園などがある。華南地域に新設された大規模な道教寺院で「花都新八景」の一つに指定されている。現在は広東省における道教活動の中心的存在に発展し、中国の大陸と香港、マカオ、台湾地区の道教文化交流の重要な懸け橋となっている。(広州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年2月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022020600084

  • 2022年02月08日
    (4)道教寺院の黄大仙祠を訪ねて広東省広州市

    5日、黄大仙祠主殿と呂祖殿(奥)。中国広東省広州市茘湾区芳村にある道教寺院、黄大仙祠(こうだいせんし)は清代の己亥(つちのとい、1899)年に建立され、後に損壊した。現存する寺院は元の場所にに再建されており、1997年に着工し、1999年に第1期工事が完了した。黄大仙主殿や関帝廟、斗姥(とぼ)殿、財神殿、孔聖堂、呂祖殿、観音殿などからなる。「赤松黄大仙」の別名で知られる黄大仙は晋代に生まれ、赤松子とも言う。言い伝えによると、黄大仙は常に人々の願いをかなえ、救いを与え、善を広めた。黄大仙廟は中国南東部の沿海地域、東南アジア、米国の各地にある。中でも浙江省金華市の黄大仙祖宮と香港特別行政区の黄大仙祠が有名。(広州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年2月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022020814475

  • 2022年02月08日
    (2)道教寺院の黄大仙祠を訪ねて広東省広州市

    5日、黄大仙主殿。中国広東省広州市茘湾区芳村にある道教寺院、黄大仙祠(こうだいせんし)は清代の己亥(つちのとい、1899)年に建立され、後に損壊した。現存する寺院は元の場所に再建されたもの。着工は1997年、1999年に第1期工事が完了した。黄大仙主殿や関帝廟、斗姥(とぼ)殿、財神殿、孔聖堂、呂祖殿、観音殿などからなる。「赤松黄大仙」の別名で知られる黄大仙は晋代に生まれ、赤松子とも言う。言い伝えによると、黄大仙は常に人々の願いをかなえ、救いを与え、善を広めた。黄大仙廟は中国南東部の沿海地域、東南アジア、米国の各地にある。中でも浙江省金華市の黄大仙祖宮と香港特別行政区の黄大仙祠が有名。(広州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年2月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022020814468

  • 2022年02月08日
    (8)道教寺院の黄大仙祠を訪ねて広東省広州市

    5日、黄大仙祠境内の観音殿。中国広東省広州市茘湾区芳村にある道教寺院、黄大仙祠(こうだいせんし)は清代の己亥(つちのとい、1899)年に建立され、後に損壊した。現存する寺院は元の場所にに再建されており、1997年に着工し、1999年に第1期工事が完了した。黄大仙主殿や関帝廟、斗姥(とぼ)殿、財神殿、孔聖堂、呂祖殿、観音殿などからなる。「赤松黄大仙」の別名で知られる黄大仙は晋代に生まれ、赤松子とも言う。言い伝えによると、黄大仙は常に人々の願いをかなえ、救いを与え、善を広めた。黄大仙廟は中国南東部の沿海地域、東南アジア、米国の各地にある。中でも浙江省金華市の黄大仙祖宮と香港特別行政区の黄大仙祠が有名。(広州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年2月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022020814513

  • 2022年02月08日
    (6)道教寺院の黄大仙祠を訪ねて広東省広州市

    5日、黄大仙祠境内の財神殿。中国広東省広州市茘湾区芳村にある道教寺院、黄大仙祠(こうだいせんし)は清代の己亥(つちのとい、1899)年に建立され、後に損壊した。現存する寺院は元の場所にに再建されており、1997年に着工し、1999年に第1期工事が完了した。黄大仙主殿や関帝廟、斗姥(とぼ)殿、財神殿、孔聖殿、呂祖殿、観音殿などからなる。「赤松黄大仙」の別名で知られる黄大仙は晋代に生まれ、赤松子とも言う。言い伝えによると、黄大仙は常に人々の願いをかなえ、救いを与え、善を広めた。黄大仙廟は中国南東部の沿海地域、東南アジア、米国の各地にある。中でも浙江省金華市の黄大仙祖宮と香港特別行政区の黄大仙祠が有名。(広州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年2月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022020814504

  • 2022年02月08日
    (5)道教寺院の黄大仙祠を訪ねて広東省広州市

    5日、黄大仙祠内に並べられた縁起物。中国広東省広州市茘湾区芳村にある道教寺院、黄大仙祠(こうだいせんし)は清代の己亥(つちのとい、1899)年に建立され、後に損壊した。現存する寺院は元の場所にに再建されており、1997年に着工し、1999年に第1期工事が完了した。黄大仙主殿や関帝廟、斗姥(とぼ)殿、財神殿、孔聖堂、呂祖殿、観音殿などからなる。「赤松黄大仙」の別名で知られる黄大仙は晋代に生まれ、赤松子とも言う。言い伝えによると、黄大仙は常に人々の願いをかなえ、救いを与え、善を広めた。黄大仙廟は中国南東部の沿海地域、東南アジア、米国の各地にある。中でも浙江省金華市の黄大仙祖宮と香港特別行政区の黄大仙祠が有名。(広州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年2月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022020814491

  • 2022年02月08日
    (3)道教寺院の黄大仙祠を訪ねて広東省広州市

    5日、黄大仙主殿の裏側。中国広東省広州市茘湾区芳村にある道教寺院、黄大仙祠(こうだいせんし)は清代の己亥(つちのとい、1899)年に建立され、後に損壊した。現存する寺院は元の場所にに再建されており、1997年に着工し、1999年に第1期工事が完了した。黄大仙主殿や関帝廟、斗姥(とぼ)殿、財神殿、孔聖堂、呂祖殿、観音殿などからなる。「赤松黄大仙」の別名で知られる黄大仙は晋代に生まれ、赤松子とも言う。言い伝えによると、黄大仙は常に人々の願いをかなえ、救いを与え、善を広めた。黄大仙廟は中国南東部の沿海地域、東南アジア、米国の各地にある。中でも浙江省金華市の黄大仙祖宮と香港特別行政区の黄大仙祠が有名。(広州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年2月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022020814474

  • 2022年02月08日
    (10)道教寺院の黄大仙祠を訪ねて広東省広州市

    5日、「金華分迹」の文字が刻まれた石碑。中国広東省広州市茘湾区芳村にある道教寺院、黄大仙祠(こうだいせんし)は清代の己亥(つちのとい、1899)年に建立され、後に損壊した。現存する寺院は元の場所にに再建されており、1997年に着工し、1999年に第1期工事が完了した。黄大仙主殿や関帝廟、斗姥(とぼ)殿、財神殿、孔聖堂、呂祖殿、観音殿などからなる。「赤松黄大仙」の別名で知られる黄大仙は晋代に生まれ、赤松子とも言う。言い伝えによると、黄大仙は常に人々の願いをかなえ、救いを与え、善を広めた。黄大仙廟は中国南東部の沿海地域、東南アジア、米国の各地にある。中でも浙江省金華市の黄大仙祖宮と香港特別行政区の黄大仙祠が有名。(広州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年2月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022020814885

  • 2022年02月08日
    (11)道教寺院の黄大仙祠を訪ねて広東省広州市

    5日、関帝廟と斗姥殿を参拝する観光客。中国広東省広州市茘湾区芳村にある道教寺院、黄大仙祠(こうだいせんし)は清代の己亥(つちのとい、1899)年に建立され、後に損壊した。現存する寺院は元の場所に再建されており、1997年に着工し、1999年に第1期工事が完了した。黄大仙主殿や関帝廟、斗姥(とぼ)殿、財神殿、孔聖堂、呂祖殿、観音殿などからなる。「赤松黄大仙」の別名で知られる黄大仙は晋代に生まれ、赤松子とも言う。言い伝えによると、黄大仙は常に人々の願いをかなえ、救いを与え、善を広めた。黄大仙廟は中国南東部の沿海地域、東南アジア、米国の各地にある。中でも浙江省金華市の黄大仙祖宮と香港特別行政区の黄大仙祠が有名。(広州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年2月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022020814920

  • 2022年02月08日
    (7)道教寺院の黄大仙祠を訪ねて広東省広州市

    5日、黄大仙祠境内の孔聖堂。中国広東省広州市茘湾区芳村にある道教寺院、黄大仙祠(こうだいせんし)は清代の己亥(つちのとい、1899)年に建立され、後に損壊した。現存する寺院は元の場所にに再建されており、1997年に着工し、1999年に第1期工事が完了した。黄大仙主殿や関帝廟、斗姥(とぼ)殿、財神殿、孔聖堂、呂祖殿、観音殿などからなる。「赤松黄大仙」の別名で知られる黄大仙は晋代に生まれ、赤松子とも言う。言い伝えによると、黄大仙は常に人々の願いをかなえ、救いを与え、善を広めた。黄大仙廟は中国南東部の沿海地域、東南アジア、米国の各地にある。中でも浙江省金華市の黄大仙祖宮と香港特別行政区の黄大仙祠が有名。(広州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年2月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022020814505

  • 2022年02月08日
    (1)道教寺院の黄大仙祠を訪ねて広東省広州市

    5日、黄大仙主殿。中国広東省広州市茘湾区芳村にある道教寺院、黄大仙祠(こうだいせんし)は清代の己亥(つちのとい、1899)年に建立され、後に損壊した。現存する寺院は元の場所に再建されたもの。着工は1997年、1999年に第1期工事が完了した。黄大仙主殿や関帝廟、斗姥(とぼ)殿、財神殿、孔聖堂、呂祖殿、観音殿などからなる。「赤松黄大仙」の別名で知られる黄大仙は晋代に生まれ、赤松子とも言う。言い伝えによると、黄大仙は常に人々の願いをかなえ、救いを与え、善を広めた。黄大仙廟は中国南東部の沿海地域、東南アジア、米国の各地にある。中でも浙江省金華市の黄大仙祖宮と香港特別行政区の黄大仙祠が有名。(広州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年2月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022020814461

  • 2022年02月08日
    (9)道教寺院の黄大仙祠を訪ねて広東省広州市

    5日、黄大仙祠境内の叱石岩。中国広東省広州市茘湾区芳村にある道教寺院、黄大仙祠(こうだいせんし)は清代の己亥(つちのとい、1899)年に建立され、後に損壊した。現存する寺院は元の場所にに再建されており、1997年に着工し、1999年に第1期工事が完了した。黄大仙主殿や関帝廟、斗姥(とぼ)殿、財神殿、孔聖堂、呂祖殿、観音殿などからなる。「赤松黄大仙」の別名で知られる黄大仙は晋代に生まれ、赤松子とも言う。言い伝えによると、黄大仙は常に人々の願いをかなえ、救いを与え、善を広めた。黄大仙廟は中国南東部の沿海地域、東南アジア、米国の各地にある。中でも浙江省金華市の黄大仙祖宮と香港特別行政区の黄大仙祠が有名。(広州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年2月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022020814882

  • 2022年02月08日
    (15)道教寺院の黄大仙祠を訪ねて広東省広州市

    5日、黄大仙祠の山門。中国広東省広州市茘湾区芳村にある道教寺院、黄大仙祠(こうだいせんし)は清代の己亥(つちのとい、1899)年に建立され、後に損壊した。現存する寺院は元の場所に再建されており、1997年に着工し、1999年に第1期工事が完了した。黄大仙主殿や関帝廟、斗姥(とぼ)殿、財神殿、孔聖堂、呂祖殿、観音殿などからなる。「赤松黄大仙」の別名で知られる黄大仙は晋代に生まれ、赤松子とも言う。言い伝えによると、黄大仙は常に人々の願いをかなえ、救いを与え、善を広めた。黄大仙廟は中国南東部の沿海地域、東南アジア、米国の各地にある。中でも浙江省金華市の黄大仙祖宮と香港特別行政区の黄大仙祠が有名。(広州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年2月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022020814948

  • 1
  • 2