KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 五胡十六国時代
  • 初期
  • 厨子
  • 壁画
  • 構成
  • 洞窟
  • 記者
  • 遺跡
  • 金塔寺
  • ていじ

「観音洞」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
21
( 1 21 件を表示)
  • 1
21
( 1 21 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2018年08月29日
    1600年余りの歴史持つ馬蹄寺石窟群を訪ねて甘粛省

    馬蹄寺石窟群の金塔寺に残る、中国唯一の立体的な大型飛天塑像。(2018年8月29日撮影)馬蹄寺(ばていじ)石窟群は、中国甘粛省に残る比較的保存状態の良い初期の仏教石窟寺院の遺跡で、五胡十六国時代(304~439年)の北涼に掘削が始まり、1600年余りの歴史を持つ。主に同省張掖(ちょうえき)市粛南ユグル族自治県馬蹄チベット族郷に分布しており、千仏洞、金塔寺、南寺、北寺、上観音洞・中観音洞・下観音洞の7部分、および460余りの摩崖浮彫(まがいうきぼり)が施された舎利塔で構成される。現存する窟龕(くつがん、壁面に掘られた厨子)は70カ所、遺物が出土した洞窟は37カ所で、石窟内には北涼、北魏、隋、唐、西夏、元、明代の彩塑(着色した泥塑)500余体と1200平方メートル余りにおよぶ壁画が残されている。1996年に第4次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(張掖=新華社記者/范培珅)=2018(平成30)年8月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021051212004

  • 2018年08月29日
    1600年余りの歴史持つ馬蹄寺石窟群を訪ねて甘粛省

    馬蹄寺石窟群の金塔寺に残る、中国唯一の立体的な大型飛天塑像。(2018年8月29日撮影)馬蹄寺(ばていじ)石窟群は、中国甘粛省に残る比較的保存状態の良い初期の仏教石窟寺院の遺跡で、五胡十六国時代(304~439年)の北涼に掘削が始まり、1600年余りの歴史を持つ。主に同省張掖(ちょうえき)市粛南ユグル族自治県馬蹄チベット族郷に分布しており、千仏洞、金塔寺、南寺、北寺、上観音洞・中観音洞・下観音洞の7部分、および460余りの摩崖浮彫(まがいうきぼり)が施された舎利塔で構成される。現存する窟龕(くつがん、壁面に掘られた厨子)は70カ所、遺物が出土した洞窟は37カ所で、石窟内には北涼、北魏、隋、唐、西夏、元、明代の彩塑(着色した泥塑)500余体と1200平方メートルにおよぶ壁画が残されている。1996年に第4次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(張掖=新華社記者/范培珅)=2018(平成30)年8月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021051212108

  • 2018年08月29日
    1600年余りの歴史持つ馬蹄寺石窟群を訪ねて甘粛省

    馬蹄寺石窟群の金塔寺に残る、中国唯一の立体的な大型飛天塑像。(2018年8月29日撮影)馬蹄寺(ばていじ)石窟群は、中国甘粛省に残る比較的保存状態の良い初期の仏教石窟寺院の遺跡で、五胡十六国時代(304~439年)の北涼に掘削が始まり、1600年余りの歴史を持つ。主に同省張掖(ちょうえき)市粛南ユグル族自治県馬蹄チベット族郷に分布しており、千仏洞、金塔寺、南寺、北寺、上観音洞・中観音洞・下観音洞の7部分、および460余りの摩崖浮彫(まがいうきぼり)が施された舎利塔で構成される。現存する窟龕(くつがん、壁面に掘られた厨子)は70カ所、遺物が出土した洞窟は37カ所で、石窟内には北涼、北魏、隋、唐、西夏、元、明代の彩塑(着色した泥塑)500余体と1200平方メートルにおよぶ壁画が残されている。1996年に第4次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(張掖=新華社記者/范培珅)=2018(平成30)年8月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021051212075

  • 2018年08月29日
    1600年余りの歴史持つ馬蹄寺石窟群を訪ねて甘粛省

    馬蹄寺石窟群にある金塔寺の一角。(2018年8月29日撮影)馬蹄寺(ばていじ)石窟群は、中国甘粛省に残る比較的保存状態の良い初期の仏教石窟寺院の遺跡で、五胡十六国時代(304~439年)の北涼に掘削が始まり、1600年余りの歴史を持つ。主に同省張掖(ちょうえき)市粛南ユグル族自治県馬蹄チベット族郷に分布しており、千仏洞、金塔寺、南寺、北寺、上観音洞・中観音洞・下観音洞の7部分、および460余りの摩崖浮彫(まがいうきぼり)が施された舎利塔で構成される。現存する窟龕(くつがん、壁面に掘られた厨子)は70カ所、遺物が出土した洞窟は37カ所で、石窟内には北涼、北魏、隋、唐、西夏、元、明代の彩塑(着色した泥塑)500余体と1200平方メートル余りにおよぶ壁画が残されている。1996年に第4次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(張掖=新華社記者/范培珅)=2018(平成30)年8月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021051011811

  • 2018年08月29日
    1600年余りの歴史持つ馬蹄寺石窟群を訪ねて甘粛省

    馬蹄寺石窟群の金塔寺に残る、中国唯一の立体的な大型飛天塑像。(2018年8月29日撮影)馬蹄寺(ばていじ)石窟群は、中国甘粛省に残る比較的保存状態の良い初期の仏教石窟寺院の遺跡で、五胡十六国時代(304~439年)の北涼に掘削が始まり、1600年余りの歴史を持つ。主に同省張掖(ちょうえき)市粛南ユグル族自治県馬蹄チベット族郷に分布しており、千仏洞、金塔寺、南寺、北寺、上観音洞・中観音洞・下観音洞の7部分、および460余りの摩崖浮彫(まがいうきぼり)が施された舎利塔で構成される。現存する窟龕(くつがん、壁面に掘られた厨子)は70カ所、遺物が出土した洞窟は37カ所で、石窟内には北涼、北魏、隋、唐、西夏、元、明代の彩塑(着色した泥塑)500余体と1200平方メートル余りにおよぶ壁画が残されている。1996年に第4次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(張掖=新華社記者/范培珅)=2018(平成30)年8月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021051211991

  • 2018年08月29日
    1600年余りの歴史持つ馬蹄寺石窟群を訪ねて甘粛省

    馬蹄寺石窟群にある金塔寺の一角。(2018年8月29日撮影)馬蹄寺(ばていじ)石窟群は、中国甘粛省に残る比較的保存状態の良い初期の仏教石窟寺院の遺跡で、五胡十六国時代(304~439年)の北涼に掘削が始まり、1600年余りの歴史を持つ。主に同省張掖(ちょうえき)市粛南ユグル族自治県馬蹄チベット族郷に分布しており、千仏洞、金塔寺、南寺、北寺、上観音洞・中観音洞・下観音洞の7部分、および460余りの摩崖浮彫(まがいうきぼり)が施された舎利塔で構成される。現存する窟龕(くつがん、壁面に掘られた厨子)は70カ所、遺物が出土した洞窟は37カ所で、石窟内には北涼、北魏、隋、唐、西夏、元、明代の彩塑(着色した泥塑)500余体と1200平方メートル余りにおよぶ壁画が残されている。1996年に第4次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(張掖=新華社記者/范培珅)=2018(平成30)年8月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021051011752

  • 2021年04月25日
    1600年余りの歴史持つ馬蹄寺石窟群を訪ねて甘粛省

    4月25日、馬蹄寺石窟群の一角。(小型無人機から)馬蹄寺(ばていじ)石窟群は、中国甘粛省に残る比較的保存状態の良い初期の仏教石窟寺院の遺跡で、五胡十六国時代(304~439年)の北涼に掘削が始まり、1600年余りの歴史を持つ。主に同省張掖(ちょうえき)市粛南ユグル族自治県馬蹄チベット族郷に分布しており、千仏洞、金塔寺、南寺、北寺、上観音洞・中観音洞・下観音洞の7部分、および460余りの摩崖浮彫(まがいうきぼり)が施された舎利塔で構成される。現存する窟龕(くつがん、壁面に掘られた厨子)は70カ所、遺物が出土した洞窟は37カ所で、石窟内には北涼、北魏、隋、唐、西夏、元、明代の彩塑(着色した泥塑)500余体と1200平方メートル余りにおよぶ壁画が残されている。1996年に第4次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(張掖=新華社記者/范培珅)=2021(令和3)年4月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021051011747

  • 2021年04月25日
    1600年余りの歴史持つ馬蹄寺石窟群を訪ねて甘粛省

    4月25日、馬蹄寺石窟群の一角。(小型無人機から)馬蹄寺(ばていじ)石窟群は、中国甘粛省に残る比較的保存状態の良い初期の仏教石窟寺院の遺跡で、五胡十六国時代(304~439年)の北涼に掘削が始まり、1600年余りの歴史を持つ。主に同省張掖(ちょうえき)市粛南ユグル族自治県馬蹄チベット族郷に分布しており、千仏洞、金塔寺、南寺、北寺、上観音洞・中観音洞・下観音洞の7部分、および460余りの摩崖浮彫(まがいうきぼり)が施された舎利塔で構成される。現存する窟龕(くつがん、壁面に掘られた厨子)は70カ所、遺物が出土した洞窟は37カ所で、石窟内には北涼、北魏、隋、唐、西夏、元、明代の彩塑(着色した泥塑)500余体と1200平方メートル余りにおよぶ壁画が残されている。1996年に第4次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(張掖=新華社記者/范培珅)=2021(令和3)年4月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021051011742

  • 2021年04月25日
    1600年余りの歴史持つ馬蹄寺石窟群を訪ねて甘粛省

    4月25日、馬蹄寺石窟群の一角。(小型無人機から)馬蹄寺(ばていじ)石窟群は、中国甘粛省に残る比較的保存状態の良い初期の仏教石窟寺院の遺跡で、五胡十六国時代(304~439年)の北涼に掘削が始まり、1600年余りの歴史を持つ。主に同省張掖(ちょうえき)市粛南ユグル族自治県馬蹄チベット族郷に分布しており、千仏洞、金塔寺、南寺、北寺、上観音洞・中観音洞・下観音洞の7部分、および460余りの摩崖浮彫(まがいうきぼり)が施された舎利塔で構成される。現存する窟龕(くつがん、壁面に掘られた厨子)は70カ所、遺物が出土した洞窟は37カ所で、石窟内には北涼、北魏、隋、唐、西夏、元、明代の彩塑(着色した泥塑)500余体と1200平方メートル余りにおよぶ壁画が残されている。1996年に第4次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(張掖=新華社記者/范培珅)=2021(令和3)年4月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021051011781

  • 2021年05月04日
    (14)1600年余りの歴史持つ馬蹄寺石窟群を訪ねて甘粛省

    馬蹄寺石窟群の金塔寺に残る、中国唯一の立体的な大型飛天塑像。(2018年8月29日撮影)馬蹄寺(ばていじ)石窟群は、中国甘粛省に残る比較的保存状態の良い初期の仏教石窟寺院の遺跡で、五胡十六国時代(304~439年)の北涼に掘削が始まり、1600年余りの歴史を持つ。主に同省張掖(ちょうえき)市粛南ユグル族自治県馬蹄チベット族郷に分布しており、千仏洞、金塔寺、南寺、北寺、上観音洞・中観音洞・下観音洞の7部分、および460余りの摩崖浮彫(まがいうきぼり)が施された舎利塔で構成される。現存する窟龕(くつがん、壁面に掘られた厨子)は70カ所、遺物が出土した洞窟は37カ所で、石窟内には北涼、北魏、隋、唐、西夏、元、明代の彩塑(着色した泥塑)500余体と1200平方メートル余りにおよぶ壁画が残されている。1996年に第4次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(張掖=新華社記者/范培珅)= 配信日: 2021(令和3)年5月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021050406498

  • 2021年05月04日
    (10)1600年余りの歴史持つ馬蹄寺石窟群を訪ねて甘粛省

    馬蹄寺石窟群にある金塔寺の一角。(2018年8月29日撮影)馬蹄寺(ばていじ)石窟群は、中国甘粛省に残る比較的保存状態の良い初期の仏教石窟寺院の遺跡で、五胡十六国時代(304~439年)の北涼に掘削が始まり、1600年余りの歴史を持つ。主に同省張掖(ちょうえき)市粛南ユグル族自治県馬蹄チベット族郷に分布しており、千仏洞、金塔寺、南寺、北寺、上観音洞・中観音洞・下観音洞の7部分、および460余りの摩崖浮彫(まがいうきぼり)が施された舎利塔で構成される。現存する窟龕(くつがん、壁面に掘られた厨子)は70カ所、遺物が出土した洞窟は37カ所で、石窟内には北涼、北魏、隋、唐、西夏、元、明代の彩塑(着色した泥塑)500余体と1200平方メートル余りにおよぶ壁画が残されている。1996年に第4次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(張掖=新華社記者/范培珅)= 配信日: 2021(令和3)年5月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021050406461

  • 2021年05月04日
    (9)1600年余りの歴史持つ馬蹄寺石窟群を訪ねて甘粛省

    馬蹄寺石窟群にある金塔寺の一角。(2018年8月29日撮影)馬蹄寺(ばていじ)石窟群は、中国甘粛省に残る比較的保存状態の良い初期の仏教石窟寺院の遺跡で、五胡十六国時代(304~439年)の北涼に掘削が始まり、1600年余りの歴史を持つ。主に同省張掖(ちょうえき)市粛南ユグル族自治県馬蹄チベット族郷に分布しており、千仏洞、金塔寺、南寺、北寺、上観音洞・中観音洞・下観音洞の7部分、および460余りの摩崖浮彫(まがいうきぼり)が施された舎利塔で構成される。現存する窟龕(くつがん、壁面に掘られた厨子)は70カ所、遺物が出土した洞窟は37カ所で、石窟内には北涼、北魏、隋、唐、西夏、元、明代の彩塑(着色した泥塑)500余体と1200平方メートル余りにおよぶ壁画が残されている。1996年に第4次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(張掖=新華社記者/范培珅)= 配信日: 2021(令和3)年5月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021050406463

  • 2021年05月04日
    (18)1600年余りの歴史持つ馬蹄寺石窟群を訪ねて甘粛省

    馬蹄寺石窟群の金塔寺に残る、中国唯一の立体的な大型飛天塑像。(2018年8月29日撮影)馬蹄寺(ばていじ)石窟群は、中国甘粛省に残る比較的保存状態の良い初期の仏教石窟寺院の遺跡で、五胡十六国時代(304~439年)の北涼に掘削が始まり、1600年余りの歴史を持つ。主に同省張掖(ちょうえき)市粛南ユグル族自治県馬蹄チベット族郷に分布しており、千仏洞、金塔寺、南寺、北寺、上観音洞・中観音洞・下観音洞の7部分、および460余りの摩崖浮彫(まがいうきぼり)が施された舎利塔で構成される。現存する窟龕(くつがん、壁面に掘られた厨子)は70カ所、遺物が出土した洞窟は37カ所で、石窟内には北涼、北魏、隋、唐、西夏、元、明代の彩塑(着色した泥塑)500余体と1200平方メートル余りにおよぶ壁画が残されている。1996年に第4次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(張掖=新華社記者/范培珅)= 配信日: 2021(令和3)年5月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021050406517

  • 2021年05月04日
    (20)1600年余りの歴史持つ馬蹄寺石窟群を訪ねて甘粛省

    4月25日、馬蹄寺石窟群の一角。(小型無人機から)馬蹄寺(ばていじ)石窟群は、中国甘粛省に残る比較的保存状態の良い初期の仏教石窟寺院の遺跡で、五胡十六国時代(304~439年)の北涼に掘削が始まり、1600年余りの歴史を持つ。主に同省張掖(ちょうえき)市粛南ユグル族自治県馬蹄チベット族郷に分布しており、千仏洞、金塔寺、南寺、北寺、上観音洞・中観音洞・下観音洞の7部分、および460余りの摩崖浮彫(まがいうきぼり)が施された舎利塔で構成される。現存する窟龕(くつがん、壁面に掘られた厨子)は70カ所、遺物が出土した洞窟は37カ所で、石窟内には北涼、北魏、隋、唐、西夏、元、明代の彩塑(着色した泥塑)500余体と1200平方メートル余りにおよぶ壁画が残されている。1996年に第4次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(張掖=新華社記者/范培珅)= 配信日: 2021(令和3)年5月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021050406529

  • 2021年05月04日
    (4)1600年余りの歴史持つ馬蹄寺石窟群を訪ねて甘粛省

    4月25日、馬蹄寺石窟群の一角。(小型無人機から)馬蹄寺(ばていじ)石窟群は、中国甘粛省に残る比較的保存状態の良い初期の仏教石窟寺院の遺跡で、五胡十六国時代(304~439年)の北涼に掘削が始まり、1600年余りの歴史を持つ。主に同省張掖(ちょうえき)市粛南ユグル族自治県馬蹄チベット族郷に分布しており、千仏洞、金塔寺、南寺、北寺、上観音洞・中観音洞・下観音洞の7部分、および460余りの摩崖浮彫(まがいうきぼり)が施された舎利塔で構成される。現存する窟龕(くつがん、壁面に掘られた厨子)は70カ所、遺物が出土した洞窟は37カ所で、石窟内には北涼、北魏、隋、唐、西夏、元、明代の彩塑(着色した泥塑)500余体と1200平方メートル余りにおよぶ壁画が残されている。1996年に第4次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(張掖=新華社記者/范培珅)= 配信日: 2021(令和3)年5月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021050406455

  • 2021年05月04日
    (12)1600年余りの歴史持つ馬蹄寺石窟群を訪ねて甘粛省

    4月25日、馬蹄寺石窟群の一角。馬蹄寺(ばていじ)石窟群は、中国甘粛省に残る比較的保存状態の良い初期の仏教石窟寺院の遺跡で、五胡十六国時代(304~439年)の北涼に掘削が始まり、1600年余りの歴史を持つ。主に同省張掖(ちょうえき)市粛南ユグル族自治県馬蹄チベット族郷に分布しており、千仏洞、金塔寺、南寺、北寺、上観音洞・中観音洞・下観音洞の7部分、および460余りの摩崖浮彫(まがいうきぼり)が施された舎利塔で構成される。現存する窟龕(くつがん、壁面に掘られた厨子)は70カ所、遺物が出土した洞窟は37カ所で、石窟内には北涼、北魏、隋、唐、西夏、元、明代の彩塑(着色した泥塑)500余体と1200平方メートル余りにおよぶ壁画が残されている。1996年に第4次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(張掖=新華社記者/范培珅)= 配信日: 2021(令和3)年5月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021050406460

  • 2021年05月04日
    (2)1600年余りの歴史持つ馬蹄寺石窟群を訪ねて甘粛省

    4月25日、馬蹄寺石窟群の一角。(小型無人機から)馬蹄寺(ばていじ)石窟群は、中国甘粛省に残る比較的保存状態の良い初期の仏教石窟寺院の遺跡で、五胡十六国時代(304~439年)の北涼に掘削が始まり、1600年余りの歴史を持つ。主に同省張掖(ちょうえき)市粛南ユグル族自治県馬蹄チベット族郷に分布しており、千仏洞、金塔寺、南寺、北寺、上観音洞・中観音洞・下観音洞の7部分、および460余りの摩崖浮彫(まがいうきぼり)が施された舎利塔で構成される。現存する窟龕(くつがん、壁面に掘られた厨子)は70カ所、遺物が出土した洞窟は37カ所で、石窟内には北涼、北魏、隋、唐、西夏、元、明代の彩塑(着色した泥塑)500余体と1200平方メートル余りにおよぶ壁画が残されている。1996年に第4次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(張掖=新華社記者/范培珅)= 配信日: 2021(令和3)年5月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021050406452

  • 2021年05月04日
    (11)1600年余りの歴史持つ馬蹄寺石窟群を訪ねて甘粛省

    馬蹄寺石窟群にある金塔寺の一角。(2018年8月29日撮影)馬蹄寺(ばていじ)石窟群は、中国甘粛省に残る比較的保存状態の良い初期の仏教石窟寺院の遺跡で、五胡十六国時代(304~439年)の北涼に掘削が始まり、1600年余りの歴史を持つ。主に同省張掖(ちょうえき)市粛南ユグル族自治県馬蹄チベット族郷に分布しており、千仏洞、金塔寺、南寺、北寺、上観音洞・中観音洞・下観音洞の7部分、および460余りの摩崖浮彫(まがいうきぼり)が施された舎利塔で構成される。現存する窟龕(くつがん、壁面に掘られた厨子)は70カ所、遺物が出土した洞窟は37カ所で、石窟内には北涼、北魏、隋、唐、西夏、元、明代の彩塑(着色した泥塑)500余体と1200平方メートル余りにおよぶ壁画が残されている。1996年に第4次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(張掖=新華社記者/范培珅)= 配信日: 2021(令和3)年5月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021050406462

  • 2021年05月04日
    (15)1600年余りの歴史持つ馬蹄寺石窟群を訪ねて甘粛省

    馬蹄寺石窟群の金塔寺に残る、中国唯一の立体的な大型飛天塑像。(2018年8月29日撮影)馬蹄寺(ばていじ)石窟群は、中国甘粛省に残る比較的保存状態の良い初期の仏教石窟寺院の遺跡で、五胡十六国時代(304~439年)の北涼に掘削が始まり、1600年余りの歴史を持つ。主に同省張掖(ちょうえき)市粛南ユグル族自治県馬蹄チベット族郷に分布しており、千仏洞、金塔寺、南寺、北寺、上観音洞・中観音洞・下観音洞の7部分、および460余りの摩崖浮彫(まがいうきぼり)が施された舎利塔で構成される。現存する窟龕(くつがん、壁面に掘られた厨子)は70カ所、遺物が出土した洞窟は37カ所で、石窟内には北涼、北魏、隋、唐、西夏、元、明代の彩塑(着色した泥塑)500余体と1200平方メートルにおよぶ壁画が残されている。1996年に第4次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(張掖=新華社記者/范培珅)= 配信日: 2021(令和3)年5月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021050406499

  • 2021年05月04日
    (1)1600年余りの歴史持つ馬蹄寺石窟群を訪ねて甘粛省

    4月25日、馬蹄寺石窟群の一角。(小型無人機から)馬蹄寺(ばていじ)石窟群は、中国甘粛省に残る比較的保存状態の良い初期の仏教石窟寺院の遺跡で、五胡十六国時代(304~439年)の北涼に掘削が始まり、1600年余りの歴史を持つ。主に同省張掖(ちょうえき)市粛南ユグル族自治県馬蹄チベット族郷に分布しており、千仏洞、金塔寺、南寺、北寺、上観音洞・中観音洞・下観音洞の7部分、および460余りの摩崖浮彫(まがいうきぼり)が施された舎利塔で構成される。現存する窟龕(くつがん、壁面に掘られた厨子)は70カ所、遺物が出土した洞窟は37カ所で、石窟内には北涼、北魏、隋、唐、西夏、元、明代の彩塑(着色した泥塑)500余体と1200平方メートル余りにおよぶ壁画が残されている。1996年に第4次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(張掖=新華社記者/范培珅)= 配信日: 2021(令和3)年5月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021050406453

  • 00:57.92
    2021年12月17日
    「新華社」馬蹄寺石窟群が雪化粧甘粛省粛南ユグル族自治県

    中国甘粛省張掖(ちょうえき)市粛南ユグル族自治県では11日、雪が降り、馬蹄寺石窟群が雪化粧し、童話の世界のような風景が広がった。シルクロード沿線に位置する同石窟群は中国の初期の仏教石窟寺院を代表する遺跡で、五胡十六国時代(304~439年)に造営が始まった。窟龕(くつがん、壁面に掘られた厨子)70カ所余りが現存し、金塔寺、千仏洞、馬蹄南寺・馬蹄北寺、上観音洞・中観音洞・下観音洞の7部分で構成される。洞窟には精巧な塑像500体余りと1200平方メートルを超える壁画が残されている。(記者/何問) =配信日: 2021(令和3)年12月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021121711493

  • 1