KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 曹操
  • 平成
  • 建築
  • 令和
  • 記者
  • 高さ
  • 李安
  • 鄭州
  • 袁紹
  • 西暦

「許昌市」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
99
( 1 99 件を表示)
  • 1
99
( 1 99 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2005年09月29日
    三国志ゆかりの地、鄴城を訪ねて河北省臨漳県

    河北省邯鄲市臨漳県にある銅雀三台(銅雀台、金虎台、氷井台)遺跡公園の一角。(2005年9月29日撮影)中国古代の都市、鄴城(ぎょうじょう)は、現在の河北省邯鄲(かんたん)市臨漳(りんしょう)県にあり、一部は漳河を隔てた河南省安陽(あんよう)市にもまたがっていた。魏晋南北朝時代に中原(黄河の中下流域の平原地帯)地域で最も栄えた大都市の一つとされる。後漢の建安9年(西暦204年)、同地を侵攻して袁紹(えんしょう)の残存勢力を破り、冀州牧(きしゅうぼく)に任じられた曹操(そう・そう)は、鄴を本拠地として河北を治め、後に丞相(じょうしょう、君主を補佐した最高位の官吏)、魏公、魏王に封じられた。当時、後漢の名目上の都は許(現在の河南省許昌市東部)であったが、実際の政治の中心は鄴城だった。臨漳県は近年、文化・観光産業を積極的に育成し、鄴城博物館や臨漳仏造像博物館(仏像を専門に展示する全国初の博物館)および建安文学館といった文化プロジェクトを構築して、県域文化・観光産業の全体的な実力を向上させてきた。2018年に同県を訪れた観光客は、延べ369万人に達した。(臨漳=新華社配信)=2005(平成17)年9月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062103537

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2007年09月08日
    三国志ゆかりの地、鄴城を訪ねて河北省臨漳県

    臨漳県習文郷靳彭村にあるイブキの古木。曹操がかつて馬をつないだとされる。(2007年9月8日撮影)中国古代の都市、鄴城(ぎょうじょう)は、現在の河北省邯鄲(かんたん)市臨漳(りんしょう)県にあり、一部は漳河を隔てた河南省安陽(あんよう)市にもまたがっていた。魏晋南北朝時代に中原(黄河の中下流域の平原地帯)地域で最も栄えた大都市の一つとされる。後漢の建安9年(西暦204年)、同地を侵攻して袁紹(えんしょう)の残存勢力を破り、冀州牧(きしゅうぼく)に任じられた曹操(そう・そう)は、鄴を本拠地として河北を治め、後に丞相(じょうしょう、君主を補佐した最高位の官吏)、魏公、魏王に封じられた。当時、後漢の名目上の都は許(現在の河南省許昌市東部)であったが、実際の政治の中心は鄴城だった。臨漳県は近年、文化・観光産業を積極的に育成し、鄴城博物館や臨漳仏造像博物館(仏像を専門に展示する全国初の博物館)および建安文学館といった文化プロジェクトを構築して、県域文化・観光産業の全体的な実力を向上させてきた。2018年に同県を訪れた観光客は、延べ369万人に達した。(臨漳=新華社配信)=2007(平成19)年9月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062103562

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2007年09月08日
    三国志ゆかりの地、鄴城を訪ねて河北省臨漳県

    曹操がかつて馬をつないだ木とされるイブキの古木。(2007年資料写真)中国古代の都市、鄴城(ぎょうじょう)は、現在の河北省邯鄲(かんたん)市臨漳(りんしょう)県にあり、一部は漳河を隔てた河南省安陽(あんよう)市にもまたがっていた。魏晋南北朝時代に中原(黄河の中下流域の平原地帯)地域で最も栄えた大都市の一つとされる。後漢の建安9年(西暦204年)、同地を侵攻して袁紹(えんしょう)の残存勢力を破り、冀州牧(きしゅうぼく)に任じられた曹操(そう・そう)は、鄴を本拠地として河北を治め、後に丞相(じょうしょう、君主を補佐した最高位の官吏)、魏公、魏王に封じられた。当時、後漢の名目上の都は許(現在の河南省許昌市東部)であったが、実際の政治の中心は鄴城だった。臨漳県は近年、文化・観光産業を積極的に育成し、鄴城博物館や臨漳仏造像博物館(仏像を専門に展示する全国初の博物館)および建安文学館といった文化プロジェクトを構築して、県域文化・観光産業の全体的な実力を向上させてきた。2018年に同県を訪れた観光客は、延べ369万人に達した。(臨漳=新華社配信)=2007(平成19)年9月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062103549

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2007年09月08日
    三国志ゆかりの地、鄴城を訪ねて河北省臨漳県

    銅雀三台(銅雀台、金虎台、氷井台)遺跡公園にそびえる曹操の像。(資料写真)中国古代の都市、鄴城(ぎょうじょう)は、現在の河北省邯鄲(かんたん)市臨漳(りんしょう)県にあり、一部は漳河を隔てた河南省安陽(あんよう)市にもまたがっていた。魏晋南北朝時代に中原(黄河の中下流域の平原地帯)地域で最も栄えた大都市の一つとされる。後漢の建安9年(西暦204年)、同地を侵攻して袁紹(えんしょう)の残存勢力を破り、冀州牧(きしゅうぼく)に任じられた曹操(そう・そう)は、鄴を本拠地として河北を治め、後に丞相(じょうしょう、君主を補佐した最高位の官吏)、魏公、魏王に封じられた。当時、後漢の名目上の都は許(現在の河南省許昌市東部)であったが、実際の政治の中心は鄴城だった。臨漳県は近年、文化・観光産業を積極的に育成し、鄴城博物館や臨漳仏造像博物館(仏像を専門に展示する全国初の博物館)および建安文学館といった文化プロジェクトを構築して、県域文化・観光産業の全体的な実力を向上させてきた。2018年に同県を訪れた観光客は、延べ369万人に達した。(臨漳=新華社配信)=2007(平成19)年9月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062103524

  • 2008年01月23日
    中国、10万年前の頭骨発見

    中国河南省許昌市

    商品コード: 2008042300231

  • 2008年01月23日
    中国、10万年前の頭骨発見

    中国河南省許昌市

    商品コード: 2008042300232

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2011年11月13日
    三国志ゆかりの地、鄴城を訪ねて河北省臨漳県

    銅雀三台(銅雀台、金虎台、氷井台)遺跡公園にたたずむ碑廊。(2011年11月13日撮影)中国古代の都市、鄴城(ぎょうじょう)は、現在の河北省邯鄲(かんたん)市臨漳(りんしょう)県にあり、一部は漳河を隔てた河南省安陽(あんよう)市にもまたがっていた。魏晋南北朝時代に中原(黄河の中下流域の平原地帯)地域で最も栄えた大都市の一つとされる。後漢の建安9年(西暦204年)、同地を侵攻して袁紹(えんしょう)の残存勢力を破り、冀州牧(きしゅうぼく)に任じられた曹操(そう・そう)は、鄴を本拠地として河北を治め、後に丞相(じょうしょう、君主を補佐した最高位の官吏)、魏公、魏王に封じられた。当時、後漢の名目上の都は許(現在の河南省許昌市東部)であったが、実際の政治の中心は鄴城だった。臨漳県は近年、文化・観光産業を積極的に育成し、鄴城博物館や臨漳仏造像博物館(仏像を専門に展示する全国初の博物館)および建安文学館といった文化プロジェクトを構築して、県域文化・観光産業の全体的な実力を向上させてきた。2018年に同県を訪れた観光客は、延べ369万人に達した。(臨漳=新華社配信)=2011(平成23)年11月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062103490

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2011年11月20日
    三国志ゆかりの地、鄴城を訪ねて河北省臨漳県

    河北省邯鄲市臨漳県にある銅雀三台(銅雀台、金虎台、氷井台)遺跡公園。(2011年11月20日撮影)中国古代の都市、鄴城(ぎょうじょう)は、現在の河北省邯鄲(かんたん)市臨漳(りんしょう)県にあり、一部は漳河を隔てた河南省安陽(あんよう)市にもまたがっていた。魏晋南北朝時代に中原(黄河の中下流域の平原地帯)地域で最も栄えた大都市の一つとされる。後漢の建安9年(西暦204年)、同地を侵攻して袁紹(えんしょう)の残存勢力を破り、冀州牧(きしゅうぼく)に任じられた曹操(そう・そう)は、鄴を本拠地として河北を治め、後に丞相(じょうしょう、君主を補佐した最高位の官吏)、魏公、魏王に封じられた。当時、後漢の名目上の都は許(現在の河南省許昌市東部)であったが、実際の政治の中心は鄴城だった。臨漳県は近年、文化・観光産業を積極的に育成し、鄴城博物館や臨漳仏造像博物館(仏像を専門に展示する全国初の博物館)および建安文学館といった文化プロジェクトを構築して、県域文化・観光産業の全体的な実力を向上させてきた。2018年に同県を訪れた観光客は、延べ369万人に達した。(臨漳=新華社配信)=2011(平成23)年11月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062103502

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2012年08月14日
    三国志ゆかりの地、鄴城を訪ねて河北省臨漳県

    三国時代の歴史に関する展示品が収められている鄴城博物館。(2012年8月14日撮影)中国古代の都市、鄴城(ぎょうじょう)は、現在の河北省邯鄲(かんたん)市臨漳(りんしょう)県にあり、一部は漳河を隔てた河南省安陽(あんよう)市にもまたがっていた。魏晋南北朝時代に中原(黄河の中下流域の平原地帯)地域で最も栄えた大都市の一つとされる。後漢の建安9年(西暦204年)、同地を侵攻して袁紹(えんしょう)の残存勢力を破り、冀州牧(きしゅうぼく)に任じられた曹操(そう・そう)は、鄴を本拠地として河北を治め、後に丞相(じょうしょう、君主を補佐した最高位の官吏)、魏公、魏王に封じられた。当時、後漢の名目上の都は許(現在の河南省許昌市東部)であったが、実際の政治の中心は鄴城だった。臨漳県は近年、文化・観光産業を積極的に育成し、鄴城博物館や臨漳仏造像博物館(仏像を専門に展示する全国初の博物館)および建安文学館といった文化プロジェクトを構築して、県域文化・観光産業の全体的な実力を向上させてきた。2018年に同県を訪れた観光客は、延べ369万人に達した。(臨漳=新華社配信)=2012(平成24)年8月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062103503

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2012年09月14日
    三国志ゆかりの地、鄴城を訪ねて河北省臨漳県

    河北省邯鄲市臨漳県にある鄴城博物館。(2012年9月14日撮影)中国古代の都市、鄴城(ぎょうじょう)は、現在の河北省邯鄲(かんたん)市臨漳(りんしょう)県にあり、一部は漳河を隔てた河南省安陽(あんよう)市にもまたがっていた。魏晋南北朝時代に中原(黄河の中下流域の平原地帯)地域で最も栄えた大都市の一つとされる。後漢の建安9年(西暦204年)、同地を侵攻して袁紹(えんしょう)の残存勢力を破り、冀州牧(きしゅうぼく)に任じられた曹操(そう・そう)は、鄴を本拠地として河北を治め、後に丞相(じょうしょう、君主を補佐した最高位の官吏)、魏公、魏王に封じられた。当時、後漢の名目上の都は許(現在の河南省許昌市東部)であったが、実際の政治の中心は鄴城だった。臨漳県は近年、文化・観光産業を積極的に育成し、鄴城博物館や臨漳仏造像博物館(仏像を専門に展示する全国初の博物館)および建安文学館といった文化プロジェクトを構築して、県域文化・観光産業の全体的な実力を向上させてきた。2018年に同県を訪れた観光客は、延べ369万人に達した。(臨漳=新華社配信)=2012(平成24)年9月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062103548

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2012年09月20日
    三国志ゆかりの地、鄴城を訪ねて河北省臨漳県

    臨漳仏造像博物館所蔵の仏教造像。(2012年9月20日撮影)中国古代の都市、鄴城(ぎょうじょう)は、現在の河北省邯鄲(かんたん)市臨漳(りんしょう)県にあり、一部は漳河を隔てた河南省安陽(あんよう)市にもまたがっていた。魏晋南北朝時代に中原(黄河の中下流域の平原地帯)地域で最も栄えた大都市の一つとされる。後漢の建安9年(西暦204年)、同地を侵攻して袁紹(えんしょう)の残存勢力を破り、冀州牧(きしゅうぼく)に任じられた曹操(そう・そう)は、鄴を本拠地として河北を治め、後に丞相(じょうしょう、君主を補佐した最高位の官吏)、魏公、魏王に封じられた。当時、後漢の名目上の都は許(現在の河南省許昌市東部)であったが、実際の政治の中心は鄴城だった。臨漳県は近年、文化・観光産業を積極的に育成し、鄴城博物館や臨漳仏造像博物館(仏像を専門に展示する全国初の博物館)および建安文学館といった文化プロジェクトを構築して、県域文化・観光産業の全体的な実力を向上させてきた。2018年に同県を訪れた観光客は、延べ369万人に達した。(臨漳=新華社配信)=2012(平成24)年9月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062103553

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2012年09月20日
    三国志ゆかりの地、鄴城を訪ねて河北省臨漳県

    臨漳仏造像博物館所蔵の仏教造像。(2012年9月20日撮影)中国古代の都市、鄴城(ぎょうじょう)は、現在の河北省邯鄲(かんたん)市臨漳(りんしょう)県にあり、一部は漳河を隔てた河南省安陽(あんよう)市にもまたがっていた。魏晋南北朝時代に中原(黄河の中下流域の平原地帯)地域で最も栄えた大都市の一つとされる。建安9年(西暦204年)、同地を侵攻して袁紹(えんしょう)の残存勢力を破り、冀州牧(きしゅうぼく)に任じられた曹操(そう・そう)は、鄴を本拠地として河北を治め、後に丞相(じょうしょう、君主を補佐した最高位の官吏)、魏公、魏王に封じられた。当時、後漢の名目上の都は許(現在の河南省許昌市東部)であったが、実際の政治の中心は鄴城だった。臨漳県は近年、文化・観光産業を積極的に育成し、鄴城博物館や臨漳仏造像博物館(仏像を専門に展示する全国初の博物館)および建安文学館といった文化プロジェクトを構築して、県域文化・観光産業の全体的な実力を向上させてきた。2018年に同県を訪れた観光客は、延べ369万人に達した。(臨漳=新華社配信)=2012(平成24)年9月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062103486

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2013年05月25日
    三国志ゆかりの地、鄴城を訪ねて河北省臨漳県

    河北省邯鄲市臨漳県にある銅雀三台(銅雀台、金虎台、氷井台)遺跡公園にたたずむ石碑。(2013年5月25日撮影)中国古代の都市、鄴城(ぎょうじょう)は、現在の河北省邯鄲(かんたん)市臨漳(りんしょう)県にあり、一部は漳河を隔てた河南省安陽(あんよう)市にもまたがっていた。魏晋南北朝時代に中原(黄河の中下流域の平原地帯)地域で最も栄えた大都市の一つとされる。後漢の建安9年(西暦204年)、同地を侵攻して袁紹(えんしょう)の残存勢力を破り、冀州牧(きしゅうぼく)に任じられた曹操(そう・そう)は、鄴を本拠地として河北を治め、後に丞相(じょうしょう、君主を補佐した最高位の官吏)、魏公、魏王に封じられた。当時、後漢の名目上の都は許(現在の河南省許昌市東部)であったが、実際の政治の中心は鄴城だった。臨漳県は近年、文化・観光産業を積極的に育成し、鄴城博物館や臨漳仏造像博物館(仏像を専門に展示する全国初の博物館)および建安文学館といった文化プロジェクトを構築して、県域文化・観光産業の全体的な実力を向上させてきた。2018年に同県を訪れた観光客は、延べ369万人に達した。(臨漳=新華社配信)=2013(平成25)年5月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062103488

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2013年08月29日
    三国志ゆかりの地、鄴城を訪ねて河北省臨漳県

    臨漳県の鄴城公園にある建安文学館。(資料写真)中国古代の都市、鄴城(ぎょうじょう)は、現在の河北省邯鄲(かんたん)市臨漳(りんしょう)県にあり、一部は漳河を隔てた河南省安陽(あんよう)市にもまたがっていた。魏晋南北朝時代に中原(黄河の中下流域の平原地帯)地域で最も栄えた大都市の一つとされる。後漢の建安9年(西暦204年)、同地を侵攻して袁紹(えんしょう)の残存勢力を破り、冀州牧(きしゅうぼく)に任じられた曹操(そう・そう)は、鄴を本拠地として河北を治め、後に丞相(じょうしょう、君主を補佐した最高位の官吏)、魏公、魏王に封じられた。当時、後漢の名目上の都は許(現在の河南省許昌市東部)であったが、実際の政治の中心は鄴城だった。臨漳県は近年、文化・観光産業を積極的に育成し、鄴城博物館や臨漳仏造像博物館(仏像を専門に展示する全国初の博物館)および建安文学館といった文化プロジェクトを構築して、県域文化・観光産業の全体的な実力を向上させてきた。2018年に同県を訪れた観光客は、延べ369万人に達した。(臨漳=新華社配信)=2013(平成25)年8月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062103521

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2014年02月05日
    三国志ゆかりの地、鄴城を訪ねて河北省臨漳県

    雪の中にひっそりとたたずむ建安文学館。(2014年2月5日撮影)中国古代の都市、鄴城(ぎょうじょう)は、現在の河北省邯鄲(かんたん)市臨漳(りんしょう)県にあり、その一部は漳河を隔てた河南省安陽(あんよう)市にまたがっていた。魏晋南北朝時代に中原(黄河の中下流域の平原地帯)地域で最も栄えた大都市の一つとされる。後漢の建安9年(西暦204年)、同地を侵攻して袁紹(えんしょう)の残存勢力を破り、冀州牧(きしゅうぼく)に任じられた曹操(そう・そう)は、鄴を本拠地として河北を治め、後に丞相(じょうしょう、君主を補佐した最高位の官吏)、魏公、魏王に封じられた。当時、後漢の名目上の都は許(現在の河南省許昌市東部)であったが、実際の政治の中心は鄴城だった。臨漳県は近年、文化・観光産業を積極的に育成し、鄴城博物館や臨漳仏造像博物館(仏像を専門に展示する全国初の博物館)および建安文学館といった文化プロジェクトを構築して、県域文化・観光産業の全体的な実力を向上させてきた。2018年に同県を訪れた観光客は、延べ369万人に達した。(臨漳=新華社配信)=2014(平成26)年2月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062103504

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2016年02月16日
    三国志ゆかりの地、鄴城を訪ねて河北省臨漳県

    三国時代の歴史に関する展示品が収められている鄴城博物館。(2016年2月16日撮影)中国古代の都市、鄴城(ぎょうじょう)は、現在の河北省邯鄲(かんたん)市臨漳(りんしょう)県にあり、一部は漳河を隔てた河南省安陽(あんよう)市にもまたがっていた。魏晋南北朝時代に中原(黄河の中下流域の平原地帯)地域で最も栄えた大都市の一つとされる。後漢の建安9年(西暦204年)、同地を侵攻して袁紹(えんしょう)の残存勢力を破り、冀州牧(きしゅうぼく)に任じられた曹操(そう・そう)は、鄴を本拠地として河北を治め、後に丞相(じょうしょう、君主を補佐した最高位の官吏)、魏公、魏王に封じられた。当時、後漢の名目上の都は許(現在の河南省許昌市東部)であったが、実際の政治の中心は鄴城だった。臨漳県は近年、文化・観光産業を積極的に育成し、鄴城博物館や臨漳仏造像博物館(仏像を専門に展示する全国初の博物館)および建安文学館といった文化プロジェクトを構築して、県域文化・観光産業の全体的な実力を向上させてきた。2018年に同県を訪れた観光客は、延べ369万人に達した。(臨漳=新華社配信)=2016(平成28)年2月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062103538

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2016年04月07日
    三国志ゆかりの地、鄴城を訪ねて河北省臨漳県

    仏像を専門に展示する全国初の博物館、臨漳仏造像博物館の内部。(2016年4月7日撮影)中国古代の都市、鄴城(ぎょうじょう)は、現在の河北省邯鄲(かんたん)市臨漳(りんしょう)県にあり、一部は漳河を隔てた河南省安陽(あんよう)市にもまたがっていた。魏晋南北朝時代に中原(黄河の中下流域の平原地帯)地域で最も栄えた大都市の一つとされる。後漢の建安9年(西暦204年)、同地を侵攻して袁紹(えんしょう)の残存勢力を破り、冀州牧(きしゅうぼく)に任じられた曹操(そう・そう)は、鄴を本拠地として河北を治め、後に丞相(じょうしょう、君主を補佐した最高位の官吏)、魏公、魏王に封じられた。当時、後漢の名目上の都は許(現在の河南省許昌市東部)であったが、実際の政治の中心は鄴城だった。臨漳県は近年、文化・観光産業を積極的に育成し、鄴城博物館や臨漳仏造像博物館(仏像を専門に展示する全国初の博物館)および建安文学館といった文化プロジェクトを構築して、県域文化・観光産業の全体的な実力を向上させてきた。2018年に同県を訪れた観光客は、延べ369万人に達した。(臨漳=新華社配信)=2016(平成28)年4月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062103576

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2016年07月13日
    三国志ゆかりの地、鄴城を訪ねて河北省臨漳県

    臨漳県の鄴城公園にある建安文学館。(2016年7月13日撮影)中国古代の都市、鄴城(ぎょうじょう)は、現在の河北省邯鄲(かんたん)市臨漳(りんしょう)県にあり、一部は漳河を隔てた河南省安陽(あんよう)市にもまたがっていた。魏晋南北朝時代に中原(黄河の中下流域の平原地帯)地域で最も栄えた大都市の一つとされる。後漢の建安9年(西暦204年)、同地を侵攻して袁紹(えんしょう)の残存勢力を破り、冀州牧(きしゅうぼく)に任じられた曹操(そう・そう)は、鄴を本拠地として河北を治め、後に丞相(じょうしょう、君主を補佐した最高位の官吏)、魏公、魏王に封じられた。当時、後漢の名目上の都は許(現在の河南省許昌市東部)であったが、実際の政治の中心は鄴城だった。臨漳県は近年、文化・観光産業を積極的に育成し、鄴城博物館や臨漳仏造像博物館(仏像を専門に展示する全国初の博物館)および建安文学館といった文化プロジェクトを構築して、県域文化・観光産業の全体的な実力を向上させてきた。2018年に同県を訪れた観光客は、延べ369万人に達した。(臨漳=新華社配信)=2016(平成28)年7月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070100779

  • 2016年07月24日
    曹操が政務を執った「曹丞相府」を訪ねて河南省許昌市

    河南省許昌市の曹丞相府にある蔵兵洞。(2016年7月24日撮影)「三国志」の英雄、曹操が漢の丞相(じょうしょう)として政務を執ったとされる場所が、河南省許昌市に「曹丞相府」として復元されている。三国時代の曹魏の覇業の礎となった屯田制や求賢令もこの地で生まれたとされる。史料によると、曹操は建安年間(196年~220年)、後漢の献帝を自らの本拠の許昌に迎え、河北平定後には丞相に任ぜられ、天子の威光をもって諸侯に命令を発した。臣下として最高の恩恵「九錫(きゅうしゃく)」を与えられ、魏王に封じられた。曹丞相府は市内魏武帝広場の東側に位置し、府門や求賢堂、議事堂、蔵兵洞など漢代の建築様式を模した復元建築群からなる。同市の三国文化観光地の重要な構成部分となっている。(鄭州=新華社記者/李安)=2016(平成28)年7月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062800175

  • 2016年07月24日
    「関羽千里行」の起点、許昌の灞陵橋を訪ねて河南省

    許昌市の灞陵橋景勝地にある関羽が曹操に別れを告げる場面のレリーフ。(2016年7月24日撮影)中国河南省許昌市の市街地から西へ4キロの地点に「三国志」の英雄、関羽が旧主劉備の元へ帰参するにあたり曹操に別れを告げたとされる「灞陵橋(はりょうきょう)」がある。言い伝えでは、後漢の建安5年(200年)、曹操との戦に敗れ捕らわれた関羽は、曹操の本拠地の許昌で礼を持って厚遇されていたが、旧主を忘れず、その居場所が分かると、曹操から与えられた金品を封印し官印を門に掛け、劉備の元へ向かった。曹操は配下の武将を引き連れ灞陵橋まで追い掛け、酒を賜り袍(ほう、衣服)を贈ったが、関羽は計略を疑い、橋の上で馬に乗ったまま刀で袍を拾い上げ、礼を述べて立ち去った。「単騎千里を走り、五関に六将を斬る」と呼ばれる三国志で有名な「関羽の千里行」のエピソードは、この地から始まったとされる。(鄭州=新華社記者/李安)=2016(平成28)年7月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070304550

  • 2016年07月24日
    「関羽千里行」の起点、許昌の灞陵橋を訪ねて河南省

    許昌市の灞陵橋景勝地の一角。(2016年7月24日撮影)中国河南省許昌市の市街地から西へ4キロの地点に「三国志」の英雄、関羽が旧主劉備の元へ帰参するにあたり曹操に別れを告げたとされる「灞陵橋(はりょうきょう)」がある。言い伝えでは、後漢の建安5年(200年)、曹操との戦に敗れ捕らわれた関羽は、曹操の本拠地の許昌で礼を持って厚遇されていたが、旧主を忘れず、その居場所が分かると、曹操から与えられた金品を封印し官印を門に掛け、劉備の元へ向かった。曹操は配下の武将を引き連れ灞陵橋まで追い掛け、酒を賜り袍(ほう、衣服)を贈ったが、関羽は計略を疑い、橋の上で馬に乗ったまま刀で袍を拾い上げ、礼を述べて立ち去った。「単騎千里を走り、五関に六将を斬る」と呼ばれる三国志で有名な「関羽の千里行」のエピソードは、この地から始まったとされる。(鄭州=新華社記者/李安)=2016(平成28)年7月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070304610

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2016年07月24日
    関羽ゆかりの地、許昌春秋楼を訪ねて河南省

    許昌春秋楼の印楼。(2016年7月24日撮影)中国河南省許昌市にある春秋楼は、関羽が曹操との戦に敗れ、一時的にその軍門に下った後に住んでいたとされる建築群。元代以降に周辺の建物などが改めて整備され、春秋楼一帯の古い建築群からなる観光地「許昌春秋楼」は現在、同省の重点文物保護単位となっている。「三国志・蜀書」によると、建安5年(西暦200年)、劉備は攻め込んできた曹操に敗れて袁紹(えん・しょう)の元へ逃げたが、その際関羽は曹操の捕虜となってしまう。曹操は関羽を偏将軍に任命し、礼をもって厚くもてなしたという。言い伝えによると、関羽は下邳(かひ)で曹操に敗れた際、劉備の甘(かん)・糜(び)両夫人の安全を守るべく、曹魏の武将・張遼と三つの約束を交わし、一時的に曹操に降伏して許昌に身を委ねた。のちに曹操に豪邸を授かったが、関羽は人目をはばかり、家屋を二つに分けて両夫人を内院に住まわせ、自身は外院に住み、部屋でともしびの下で「春秋」を夜明けまで読みふけったという。「春秋楼」の名はそれに由来している。(鄭州=新華社記者/李安)=2016(平成28)年7月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062601577

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2016年07月24日
    関羽ゆかりの地、許昌春秋楼を訪ねて河南省

    許昌春秋楼にある関聖殿の内部を見学する観光客。(2016年7月24日撮影)中国河南省許昌市にある春秋楼は、関羽が曹操との戦に敗れ、一時的にその軍門に下った後に住んでいたとされる建築群。元代以降に周辺の建物などが改めて整備され、春秋楼一帯の古い建築群からなる観光地「許昌春秋楼」は現在、同省の重点文物保護単位となっている。「三国志・蜀書」によると、建安5年(西暦200年)、劉備は攻め込んできた曹操に敗れて袁紹(えん・しょう)の元へ逃げたが、その際関羽は曹操の捕虜となってしまう。曹操は関羽を偏将軍に任命し、礼をもって厚くもてなしたという。言い伝えによると、関羽は下邳(かひ)で曹操に敗れた際、劉備の甘(かん)・糜(び)両夫人の安全を守るべく、曹魏の武将・張遼と三つの約束を交わし、一時的に曹操に降伏して許昌に身を委ねた。のちに曹操に豪邸を授かったが、関羽は人目をはばかり、家屋を二つに分けて両夫人を内院に住まわせ、自身は外院に住み、部屋でともしびの下で「春秋」を夜明けまで読みふけったという。「春秋楼」の名はそれに由来している。(鄭州=新華社記者/李安)=2016(平成28)年7月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062601513

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2016年07月24日
    関羽ゆかりの地、許昌春秋楼を訪ねて河南省

    許昌春秋楼にある「春秋」を読む関羽の彫像。(2016年7月24日撮影)中国河南省許昌市にある春秋楼は、関羽が曹操との戦に敗れ、一時的にその軍門に下った後に住んでいたとされる建築群。元代以降に周辺の建物などが改めて整備され、春秋楼一帯の古い建築群からなる観光地「許昌春秋楼」は現在、同省の重点文物保護単位となっている。「三国志・蜀書」によると、建安5年(西暦200年)、劉備は攻め込んできた曹操に敗れて袁紹(えん・しょう)の元へ逃げたが、その際関羽は曹操の捕虜となってしまう。曹操は関羽を偏将軍に任命し、礼をもって厚くもてなしたという。言い伝えによると、関羽は下邳(かひ)で曹操に敗れた際、劉備の甘(かん)・糜(び)両夫人の安全を守るべく、曹魏の武将・張遼と三つの約束を交わし、一時的に曹操に降伏して許昌に身を委ねた。のちに曹操に豪邸を授かったが、関羽は人目をはばかり、家屋を二つに分けて両夫人を内院に住まわせ、自身は外院に住み、部屋でともしびの下で「春秋」を夜明けまで読みふけったという。「春秋楼」の名はそれに由来している。(鄭州=新華社記者/李安)=2016(平成28)年7月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062601527

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2016年07月24日
    関羽ゆかりの地、許昌春秋楼を訪ねて河南省

    許昌春秋楼建築群の一角。(2016年7月24日撮影)中国河南省許昌市にある春秋楼は、関羽が曹操との戦に敗れ、一時的にその軍門に下った後に住んでいたとされる建築群。元代以降に周辺の建物などが改めて整備され、春秋楼一帯の古い建築群からなる観光地「許昌春秋楼」は現在、同省の重点文物保護単位となっている。「三国志・蜀書」によると、建安5年(西暦200年)、劉備は攻め込んできた曹操に敗れて袁紹(えん・しょう)の元へ逃げたが、その際関羽は曹操の捕虜となってしまう。曹操は関羽を偏将軍に任命し、礼をもって厚くもてなしたという。言い伝えによると、関羽は下邳(かひ)で曹操に敗れた際、劉備の甘(かん)・糜(び)両夫人の安全を守るべく、曹魏の武将・張遼と三つの約束を交わし、一時的に曹操に降伏して許昌に身を委ねた。のちに曹操に豪邸を授かったが、関羽は人目をはばかり、家屋を二つに分けて両夫人を内院に住まわせ、自身は外院に住み、部屋でともしびの下で「春秋」を夜明けまで読みふけったという。「春秋楼」の名はそれに由来している。(鄭州=新華社記者/李安)=2016(平成28)年7月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062601528

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2016年07月24日
    関羽ゆかりの地、許昌春秋楼を訪ねて河南省

    許昌春秋楼の関聖殿にある関羽の彫像。(2016年7月24日撮影)中国河南省許昌市にある春秋楼は、関羽が曹操との戦に敗れ、一時的にその軍門に下った後に住んでいたとされる建築群。元代以降に周辺の建物などが改めて整備され、春秋楼一帯の古い建築群からなる観光地「許昌春秋楼」は現在、同省の重点文物保護単位となっている。「三国志・蜀書」によると、建安5年(西暦200年)、劉備は攻め込んできた曹操に敗れて袁紹(えん・しょう)の元へ逃げたが、その際関羽は曹操の捕虜となってしまう。曹操は関羽を偏将軍に任命し、礼をもって厚くもてなしたという。言い伝えによると、関羽は下邳(かひ)で曹操に敗れた際、劉備の甘(かん)・糜(び)両夫人の安全を守るべく、曹魏の武将・張遼と三つの約束を交わし、一時的に曹操に降伏して許昌に身を委ねた。のちに曹操に豪邸を授かったが、関羽は人目をはばかり、家屋を二つに分けて両夫人を内院に住まわせ、自身は外院に住み、部屋でともしびの下で「春秋」を夜明けまで読みふけったという。「春秋楼」の名はそれに由来している。(鄭州=新華社記者/李安)=2016(平成28)年7月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062601489

  • 2016年07月24日
    曹操が政務を執った「曹丞相府」を訪ねて河南省許昌市

    河南省許昌市の曹丞相府の一角。(2016年7月24日撮影)「三国志」の英雄、曹操が漢の丞相(じょうしょう)として政務を執ったとされる場所が、河南省許昌市に「曹丞相府」として復元されている。三国時代の曹魏の覇業の礎となった屯田制や求賢令もこの地で生まれたとされる。史料によると、曹操は建安年間(196年~220年)、後漢の献帝を自らの本拠の許昌に迎え、河北平定後には丞相に任ぜられ、天子の威光をもって諸侯に命令を発した。臣下として最高の恩恵「九錫(きゅうしゃく)」を与えられ、魏王に封じられた。曹丞相府は市内魏武帝広場の東側に位置し、府門や求賢堂、議事堂、蔵兵洞など漢代の建築様式を模した復元建築群からなる。同市の三国文化観光地の重要な構成部分となっている。(鄭州=新華社記者/李安)=2016(平成28)年7月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062800123

  • 2016年07月24日
    曹操が政務を執った「曹丞相府」を訪ねて河南省許昌市

    河南省許昌市の曹丞相府の一角。(2016年7月24日撮影)「三国志」の英雄、曹操が漢の丞相(じょうしょう)として政務を執ったとされる場所が、河南省許昌市に「曹丞相府」として復元されている。三国時代の曹魏の覇業の礎となった屯田制や求賢令もこの地で生まれたとされる。史料によると、曹操は建安年間(196年~220年)、後漢の献帝を自らの本拠の許昌に迎え、河北平定後には丞相に任ぜられ、天子の威光をもって諸侯に命令を発した。臣下として最高の恩恵「九錫(きゅうしゃく)」を与えられ、魏王に封じられた。曹丞相府は市内魏武帝広場の東側に位置し、府門や求賢堂、議事堂、蔵兵洞など漢代の建築様式を模した復元建築群からなる。同市の三国文化観光地の重要な構成部分となっている。(鄭州=新華社記者/李安)=2016(平成28)年7月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062800142

  • 2016年07月24日
    「関羽千里行」の起点、許昌の灞陵橋を訪ねて河南省

    許昌市の灞陵橋景勝地に立つ関羽の像。(2016年7月24日撮影)中国河南省許昌市の市街地から西へ4キロの地点に「三国志」の英雄、関羽が旧主劉備の元へ帰参するにあたり曹操に別れを告げたとされる「灞陵橋(はりょうきょう)」がある。言い伝えでは、後漢の建安5年(200年)、曹操との戦に敗れ捕らわれた関羽は、曹操の本拠地の許昌で礼を持って厚遇されていたが、旧主を忘れず、その居場所が分かると、曹操から与えられた金品を封印し官印を門に掛け、劉備の元へ向かった。曹操は配下の武将を引き連れ灞陵橋まで追い掛け、酒を賜り袍(ほう、衣服)を贈ったが、関羽は計略を疑い、橋の上で馬に乗ったまま刀で袍を拾い上げ、礼を述べて立ち去った。「単騎千里を走り、五関に六将を斬る」と呼ばれる三国志で有名な「関羽の千里行」のエピソードは、この地から始まったとされる。(鄭州=新華社記者/李安)=2016(平成28)年7月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070304571

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2016年07月24日
    関羽ゆかりの地、許昌春秋楼を訪ねて河南省

    春秋楼。(2016年7月24日撮影)中国河南省許昌市にある春秋楼は、関羽が曹操との戦に敗れ、一時的にその軍門に下った後に住んでいたとされる建築群。元代以降に周辺の建物などが改めて整備され、春秋楼一帯の古い建築群からなる観光地「許昌春秋楼」は現在、同省の重点文物保護単位となっている。「三国志・蜀書」によると、建安5年(西暦200年)、劉備は攻め込んできた曹操に敗れて袁紹(えん・しょう)の元へ逃げたが、その際関羽は曹操の捕虜となってしまう。曹操は関羽を偏将軍に任命し、礼をもって厚くもてなしたという。言い伝えによると、関羽は下邳(かひ)で曹操に敗れた際、劉備の甘(かん)・糜(び)両夫人の安全を守るべく、曹魏の武将・張遼と三つの約束を交わし、一時的に曹操に降伏して許昌に身を委ねた。のちに曹操に豪邸を授かったが、関羽は人目をはばかり、家屋を二つに分けて両夫人を内院に住まわせ、自身は外院に住み、部屋でともしびの下で「春秋」を夜明けまで読みふけったという。「春秋楼」の名はそれに由来している。(鄭州=新華社記者/李安)=2016(平成28)年7月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062601554

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2016年07月24日
    関羽ゆかりの地、許昌春秋楼を訪ねて河南省

    許昌春秋楼にある「春秋」を読む関羽の彫像。(2016年7月24日撮影)中国河南省許昌市にある春秋楼は、関羽が曹操との戦に敗れ、一時的にその軍門に下った後に住んでいたとされる建築群。元代以降に周辺の建物などが改めて整備され、春秋楼一帯の古い建築群からなる観光地「許昌春秋楼」は現在、同省の重点文物保護単位となっている。「三国志・蜀書」によると、建安5年(西暦200年)、劉備は攻め込んできた曹操に敗れて袁紹(えん・しょう)の元へ逃げたが、その際関羽は曹操の捕虜となってしまう。曹操は関羽を偏将軍に任命し、礼をもって厚くもてなしたという。言い伝えによると、関羽は下邳(かひ)で曹操に敗れた際、劉備の甘(かん)・糜(び)両夫人の安全を守るべく、曹魏の武将・張遼と三つの約束を交わし、一時的に曹操に降伏して許昌に身を委ねた。のちに曹操に豪邸を授かったが、関羽は人目をはばかり、家屋を二つに分けて両夫人を内院に住まわせ、自身は外院に住み、部屋でともしびの下で「春秋」を夜明けまで読みふけったという。「春秋楼」の名はそれに由来している。(鄭州=新華社記者/李安)=2016(平成28)年7月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062601561

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2016年07月24日
    関羽ゆかりの地、許昌春秋楼を訪ねて河南省

    許昌春秋楼の刀楼。(2016年7月24日撮影)中国河南省許昌市にある春秋楼は、関羽が曹操との戦に敗れ、一時的にその軍門に下った後に住んでいたとされる建築群。元代以降に周辺の建物などが改めて整備され、春秋楼一帯の古い建築群からなる観光地「許昌春秋楼」は現在、同省の重点文物保護単位となっている。「三国志・蜀書」によると、建安5年(西暦200年)、劉備は攻め込んできた曹操に敗れて袁紹(えん・しょう)の元へ逃げたが、その際関羽は曹操の捕虜となってしまう。曹操は関羽を偏将軍に任命し、礼をもって厚くもてなしたという。言い伝えによると、関羽は下邳(かひ)で曹操に敗れた際、劉備の甘(かん)・糜(び)両夫人の安全を守るべく、曹魏の武将・張遼と三つの約束を交わし、一時的に曹操に降伏して許昌に身を委ねた。のちに曹操に豪邸を授かったが、関羽は人目をはばかり、家屋を二つに分けて両夫人を内院に住まわせ、自身は外院に住み、部屋でともしびの下で「春秋」を夜明けまで読みふけったという。「春秋楼」の名はそれに由来している。(鄭州=新華社記者/李安)=2016(平成28)年7月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062601562

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2016年07月24日
    関羽ゆかりの地、許昌春秋楼を訪ねて河南省

    許昌春秋楼の関聖殿。(2016年7月24日撮影)中国河南省許昌市にある春秋楼は、関羽が曹操との戦に敗れ、一時的にその軍門に下った後に住んでいたとされる建築群。元代以降に周辺の建物などが改めて整備され、春秋楼一帯の古い建築群からなる観光地「許昌春秋楼」は現在、同省の重点文物保護単位となっている。「三国志・蜀書」によると、建安5年(西暦200年)、劉備は攻め込んできた曹操に敗れて袁紹(えん・しょう)の元へ逃げたが、その際関羽は曹操の捕虜となってしまう。曹操は関羽を偏将軍に任命し、礼をもって厚くもてなしたという。言い伝えによると、関羽は下邳(かひ)で曹操に敗れた際、劉備の甘(かん)・糜(び)両夫人の安全を守るべく、曹魏の武将・張遼と三つの約束を交わし、一時的に曹操に降伏して許昌に身を委ねた。のちに曹操に豪邸を授かったが、関羽は人目をはばかり、家屋を二つに分けて両夫人を内院に住まわせ、自身は外院に住み、部屋でともしびの下で「春秋」を夜明けまで読みふけったという。「春秋楼」の名はそれに由来している。(鄭州=新華社記者/李安)=2016(平成28)年7月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062601486

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2016年07月24日
    関羽ゆかりの地、許昌春秋楼を訪ねて河南省

    許昌春秋楼建築群の一角。(2016年7月24日撮影)中国河南省許昌市にある春秋楼は、関羽が曹操との戦に敗れ、一時的にその軍門に下った後に住んでいたとされる建築群。元代以降に周辺の建物などが改めて整備され、春秋楼一帯の古い建築群からなる観光地「許昌春秋楼」は現在、同省の重点文物保護単位となっている。「三国志・蜀書」によると、建安5年(西暦200年)、劉備は攻め込んできた曹操に敗れて袁紹(えん・しょう)の元へ逃げたが、その際関羽は曹操の捕虜となってしまう。曹操は関羽を偏将軍に任命し、礼をもって厚くもてなしたという。言い伝えによると、関羽は下邳(かひ)で曹操に敗れた際、劉備の甘(かん)・糜(び)両夫人の安全を守るべく、曹魏の武将・張遼と三つの約束を交わし、一時的に曹操に降伏して許昌に身を委ねた。のちに曹操に豪邸を授かったが、関羽は人目をはばかり、家屋を二つに分けて両夫人を内院に住まわせ、自身は外院に住み、部屋でともしびの下で「春秋」を夜明けまで読みふけったという。「春秋楼」の名はそれに由来している。(鄭州=新華社記者/李安)=2016(平成28)年7月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062601524

  • 2016年07月24日
    曹操が政務を執った「曹丞相府」を訪ねて河南省許昌市

    河南省許昌市の曹丞相府に立つ曹操像。(2016年7月24日撮影)「三国志」の英雄、曹操が漢の丞相(じょうしょう)として政務を執ったとされる場所が、河南省許昌市に「曹丞相府」として復元されている。三国時代の曹魏の覇業の礎となった屯田制や求賢令もこの地で生まれたとされる。史料によると、曹操は建安年間(196年~220年)、後漢の献帝を自らの本拠の許昌に迎え、河北平定後には丞相に任ぜられ、天子の威光をもって諸侯に命令を発した。臣下として最高の恩恵「九錫(きゅうしゃく)」を与えられ、魏王に封じられた。曹丞相府は市内魏武帝広場の東側に位置し、府門や求賢堂、議事堂、蔵兵洞など漢代の建築様式を模した復元建築群からなる。同市の三国文化観光地の重要な構成部分となっている。(鄭州=新華社記者/李安)=2016(平成28)年7月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062800140

  • 2016年07月24日
    「関羽千里行」の起点、許昌の灞陵橋を訪ねて河南省

    許昌市の灞陵橋景勝地で祭られている関羽の像。(2016年7月24日撮影)中国河南省許昌市の市街地から西へ4キロの地点に「三国志」の英雄、関羽が旧主劉備の元へ帰参するにあたり曹操に別れを告げたとされる「灞陵橋(はりょうきょう)」がある。言い伝えでは、後漢の建安5年(200年)、曹操との戦に敗れ捕らわれた関羽は、曹操の本拠地の許昌で礼を持って厚遇されていたが、旧主を忘れず、その居場所が分かると、曹操から与えられた金品を封印し官印を門に掛け、劉備の元へ向かった。曹操は配下の武将を引き連れ灞陵橋まで追い掛け、酒を賜り袍(ほう、衣服)を贈ったが、関羽は計略を疑い、橋の上で馬に乗ったまま刀で袍を拾い上げ、礼を述べて立ち去った。「単騎千里を走り、五関に六将を斬る」と呼ばれる三国志で有名な「関羽の千里行」のエピソードは、この地から始まったとされる。(鄭州=新華社記者/李安)=2016(平成28)年7月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070304642

  • 2016年07月24日
    「関羽千里行」の起点、許昌の灞陵橋を訪ねて河南省

    許昌市の灞陵橋景勝地で祭られている関羽の像。(2016年7月24日撮影)中国河南省許昌市の市街地から西へ4キロの地点に「三国志」の英雄、関羽が旧主劉備の元へ帰参するにあたり曹操に別れを告げたとされる「灞陵橋(はりょうきょう)」がある。言い伝えでは、後漢の建安5年(200年)、曹操との戦に敗れ捕らわれた関羽は、曹操の本拠地の許昌で礼を持って厚遇されていたが、旧主を忘れず、その居場所が分かると、曹操から与えられた金品を封印し官印を門に掛け、劉備の元へ向かった。曹操は配下の武将を引き連れ灞陵橋まで追い掛け、酒を賜り袍(ほう、衣服)を贈ったが、関羽は計略を疑い、橋の上で馬に乗ったまま刀で袍を拾い上げ、礼を述べて立ち去った。「単騎千里を走り、五関に六将を斬る」と呼ばれる三国志で有名な「関羽の千里行」のエピソードは、この地から始まったとされる。(鄭州=新華社記者/李安)=2016(平成28)年7月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070304572

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2016年07月24日
    関羽ゆかりの地、許昌春秋楼を訪ねて河南省

    許昌春秋楼の関聖殿にある関羽の彫像。(2016年7月24日撮影)中国河南省許昌市にある春秋楼は、関羽が曹操との戦に敗れ、一時的にその軍門に下った後に住んでいたとされる建築群。元代以降に周辺の建物などが改めて整備され、春秋楼一帯の古い建築群からなる観光地「許昌春秋楼」は現在、同省の重点文物保護単位となっている。「三国志・蜀書」によると、建安5年(西暦200年)、劉備は攻め込んできた曹操に敗れて袁紹(えん・しょう)の元へ逃げたが、その際関羽は曹操の捕虜となってしまう。曹操は関羽を偏将軍に任命し、礼をもって厚くもてなしたという。言い伝えによると、関羽は下邳(かひ)で曹操に敗れた際、劉備の甘(かん)・糜(び)両夫人の安全を守るべく、曹魏の武将・張遼と三つの約束を交わし、一時的に曹操に降伏して許昌に身を委ねた。のちに曹操に豪邸を授かったが、関羽は人目をはばかり、家屋を二つに分けて両夫人を内院に住まわせ、自身は外院に住み、部屋でともしびの下で「春秋」を夜明けまで読みふけったという。「春秋楼」の名はそれに由来している。(鄭州=新華社記者/李安)=2016(平成28)年7月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062601558

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2016年07月24日
    関羽ゆかりの地、許昌春秋楼を訪ねて河南省

    許昌春秋楼建築群の一角。(2016年7月24日撮影)中国河南省許昌市にある春秋楼は、関羽が曹操との戦に敗れ、一時的にその軍門に下った後に住んでいたとされる建築群。元代以降に周辺の建物などが改めて整備され、春秋楼一帯の古い建築群からなる観光地「許昌春秋楼」は現在、同省の重点文物保護単位となっている。「三国志・蜀書」によると、建安5年(西暦200年)、劉備は攻め込んできた曹操に敗れて袁紹(えん・しょう)の元へ逃げたが、その際関羽は曹操の捕虜となってしまう。曹操は関羽を偏将軍に任命し、礼をもって厚くもてなしたという。言い伝えによると、関羽は下邳(かひ)で曹操に敗れた際、劉備の甘(かん)・糜(び)両夫人の安全を守るべく、曹魏の武将・張遼と三つの約束を交わし、一時的に曹操に降伏して許昌に身を委ねた。のちに曹操に豪邸を授かったが、関羽は人目をはばかり、家屋を二つに分けて両夫人を内院に住まわせ、自身は外院に住み、部屋でともしびの下で「春秋」を夜明けまで読みふけったという。「春秋楼」の名はそれに由来している。(鄭州=新華社記者/李安)=2016(平成28)年7月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062601563

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2016年07月24日
    関羽ゆかりの地、許昌春秋楼を訪ねて河南省

    許昌春秋楼建築群の一角。(2016年7月24日撮影)中国河南省許昌市にある春秋楼は、関羽が曹操との戦に敗れ、一時的にその軍門に下った後に住んでいたとされる建築群。元代以降に周辺の建物などが改めて整備され、春秋楼一帯の古い建築群からなる観光地「許昌春秋楼」は現在、同省の重点文物保護単位となっている。「三国志・蜀書」によると、建安5年(西暦200年)、劉備は攻め込んできた曹操に敗れて袁紹(えん・しょう)の元へ逃げたが、その際関羽は曹操の捕虜となってしまう。曹操は関羽を偏将軍に任命し、礼をもって厚くもてなしたという。言い伝えによると、関羽は下邳(かひ)で曹操に敗れた際、劉備の甘(かん)・糜(び)両夫人の安全を守るべく、曹魏の武将・張遼と三つの約束を交わし、一時的に曹操に降伏して許昌に身を委ねた。のちに曹操に豪邸を授かったが、関羽は人目をはばかり、家屋を二つに分けて両夫人を内院に住まわせ、自身は外院に住み、部屋でともしびの下で「春秋」を夜明けまで読みふけったという。「春秋楼」の名はそれに由来している。(鄭州=新華社記者/李安)=2016(平成28)年7月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062601578

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2016年07月24日
    関羽ゆかりの地、許昌春秋楼を訪ねて河南省

    許昌春秋楼。(2016年7月24日撮影)中国河南省許昌市にある春秋楼は、関羽が曹操との戦に敗れ、一時的にその軍門に下った後に住んでいたとされる建築群。元代以降に周辺の建物などが改めて整備され、春秋楼一帯の古い建築群からなる観光地「許昌春秋楼」は現在、同省の重点文物保護単位となっている。「三国志・蜀書」によると、建安5年(西暦200年)、劉備は攻め込んできた曹操に敗れて袁紹(えん・しょう)の元へ逃げたが、その際関羽は曹操の捕虜となってしまう。曹操は関羽を偏将軍に任命し、礼をもって厚くもてなしたという。言い伝えによると、関羽は下邳(かひ)で曹操に敗れた際、劉備の甘(かん)・糜(び)両夫人の安全を守るべく、曹魏の武将・張遼と三つの約束を交わし、一時的に曹操に降伏して許昌に身を委ねた。のちに曹操に豪邸を授かったが、関羽は人目をはばかり、家屋を二つに分けて両夫人を内院に住まわせ、自身は外院に住み、部屋でともしびの下で「春秋」を夜明けまで読みふけったという。「春秋楼」の名はそれに由来している。(鄭州=新華社記者/李安)=2016(平成28)年7月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062601555

  • 2016年07月24日
    曹操が政務を執った「曹丞相府」を訪ねて河南省許昌市

    河南省許昌市の曹丞相府にある蔵兵洞。(2016年7月24日撮影)「三国志」の英雄、曹操が漢の丞相(じょうしょう)として政務を執ったとされる場所が、河南省許昌市に「曹丞相府」として復元されている。三国時代の曹魏の覇業の礎となった屯田制や求賢令もこの地で生まれたとされる。史料によると、曹操は建安年間(196年~220年)、後漢の献帝を自らの本拠の許昌に迎え、河北平定後には丞相に任ぜられ、天子の威光をもって諸侯に命令を発した。臣下として最高の恩恵「九錫(きゅうしゃく)」を与えられ、魏王に封じられた。曹丞相府は市内魏武帝広場の東側に位置し、府門や求賢堂、議事堂、蔵兵洞など漢代の建築様式を模した復元建築群からなる。同市の三国文化観光地の重要な構成部分となっている。(鄭州=新華社記者/李安)=2016(平成28)年7月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062800163

  • 2016年07月24日
    曹操が政務を執った「曹丞相府」を訪ねて河南省許昌市

    河南省許昌市の曹丞相府の一角。(2016年7月24日撮影)「三国志」の英雄、曹操が漢の丞相(じょうしょう)として政務を執ったとされる場所が、河南省許昌市に「曹丞相府」として復元されている。三国時代の曹魏の覇業の礎となった屯田制や求賢令もこの地で生まれたとされる。史料によると、曹操は建安年間(196年-220年)、後漢の献帝を自らの本拠の許昌に迎え、河北平定後には丞相に任ぜられ、天子の威光をもって諸侯に命令を発した。臣下として最高の恩恵「九錫(きゅうしゃく)」を与えられ、魏王に封じられた。曹丞相府は市内魏武帝広場の東側に位置し、府門や求賢堂、議事堂、蔵兵洞など漢代の建築様式を模した復元建築群からなる。同市の三国文化観光地の重要な構成部分となっている。(鄭州=新華社記者/李安)=2016(平成28)年7月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062800115

  • 2016年07月24日
    曹操が政務を執った「曹丞相府」を訪ねて河南省許昌市

    河南省許昌市の曹丞相府の建物。(2016年7月24日撮影)「三国志」の英雄、曹操が漢の丞相(じょうしょう)として政務を執ったとされる場所が、河南省許昌市に「曹丞相府」として復元されている。三国時代の曹魏の覇業の礎となった屯田制や求賢令もこの地で生まれたとされる。史料によると、曹操は建安年間(196年~220年)、後漢の献帝を自らの本拠の許昌に迎え、河北平定後には丞相に任ぜられ、天子の威光をもって諸侯に命令を発した。臣下として最高の恩恵「九錫(きゅうしゃく)」を与えられ、魏王に封じられた。曹丞相府は市内魏武帝広場の東側に位置し、府門や求賢堂、議事堂、蔵兵洞など漢代の建築様式を模した復元建築群からなる。同市の三国文化観光地の重要な構成部分となっている。(鄭州=新華社記者/李安)=2016(平成28)年7月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062800146

  • 2016年07月24日
    「関羽千里行」の起点、許昌の灞陵橋を訪ねて河南省

    許昌市にある漢代の様式で復元された灞陵橋。(2016年7月24日撮影)中国河南省許昌市の市街地から西へ4キロの地点に「三国志」の英雄、関羽が旧主劉備の元へ帰参するにあたり曹操に別れを告げたとされる「灞陵橋(はりょうきょう)」がある。言い伝えでは、後漢の建安5年(200年)、曹操との戦に敗れ捕らわれた関羽は、曹操の本拠地の許昌で礼を持って厚遇されていたが、旧主を忘れず、その居場所が分かると、曹操から与えられた金品を封印し官印を門に掛け、劉備の元へ向かった。曹操は配下の武将を引き連れ灞陵橋まで追い掛け、酒を賜り袍(ほう、衣服)を贈ったが、関羽は計略を疑い、橋の上で馬に乗ったまま刀で袍を拾い上げ、礼を述べて立ち去った。「単騎千里を走り、五関に六将を斬る」と呼ばれる三国志で有名な「関羽の千里行」のエピソードは、この地から始まったとされる。(鄭州=新華社記者/李安)=2016(平成28)年7月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070304575

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2016年07月24日
    関羽ゆかりの地、許昌春秋楼を訪ねて河南省

    許昌春秋楼建築群の一角。(2016年7月24日撮影)中国河南省許昌市にある春秋楼は、関羽が曹操との戦に敗れ、一時的にその軍門に下った後に住んでいたとされる建築群。元代以降に周辺の建物などが改めて整備され、春秋楼一帯の古い建築群からなる観光地「許昌春秋楼」は現在、同省の重点文物保護単位となっている。「三国志・蜀書」によると、建安5年(西暦200年)、劉備は攻め込んできた曹操に敗れて袁紹(えん・しょう)の元へ逃げたが、その際関羽は曹操の捕虜となってしまう。曹操は関羽を偏将軍に任命し、礼をもって厚くもてなしたという。言い伝えによると、関羽は下邳(かひ)で曹操に敗れた際、劉備の甘(かん)・糜(び)両夫人の安全を守るべく、曹魏の武将・張遼と三つの約束を交わし、一時的に曹操に降伏して許昌に身を委ねた。のちに曹操に豪邸を授かったが、関羽は人目をはばかり、家屋を二つに分けて両夫人を内院に住まわせ、自身は外院に住み、部屋でともしびの下で「春秋」を夜明けまで読みふけったという。「春秋楼」の名はそれに由来している。(鄭州=新華社記者/李安)=2016(平成28)年7月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062601559

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2016年07月24日
    関羽ゆかりの地、許昌春秋楼を訪ねて河南省

    春秋楼。(2016年7月24日撮影)中国河南省許昌市にある春秋楼は、関羽が曹操との戦に敗れ、一時的にその軍門に下った後に住んでいたとされる建築群。元代以降に周辺の建物などが改めて整備され、春秋楼一帯の古い建築群からなる観光地「許昌春秋楼」は現在、同省の重点文物保護単位となっている。「三国志・蜀書」によると、建安5年(西暦200年)、劉備は攻め込んできた曹操に敗れて袁紹(えん・しょう)の元へ逃げたが、その際関羽は曹操の捕虜となってしまう。曹操は関羽を偏将軍に任命し、礼をもって厚くもてなしたという。言い伝えによると、関羽は下邳(かひ)で曹操に敗れた際、劉備の甘(かん)・糜(び)両夫人の安全を守るべく、曹魏の武将・張遼と三つの約束を交わし、一時的に曹操に降伏して許昌に身を委ねた。のちに曹操に豪邸を授かったが、関羽は人目をはばかり、家屋を二つに分けて両夫人を内院に住まわせ、自身は外院に住み、部屋でともしびの下で「春秋」を夜明けまで読みふけったという。「春秋楼」の名はそれに由来している。(鄭州=新華社記者/李安)=2016(平成28)年7月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062601575

  • 2016年07月24日
    曹操が政務を執った「曹丞相府」を訪ねて河南省許昌市

    河南省許昌市の曹丞相府の建物。(2016年7月24日撮影)「三国志」の英雄、曹操が漢の丞相(じょうしょう)として政務を執ったとされる場所が、河南省許昌市に「曹丞相府」として復元されている。三国時代の曹魏の覇業の礎となった屯田制や求賢令もこの地で生まれたとされる。史料によると、曹操は建安年間(196年-220年)、後漢の献帝を自らの本拠の許昌に迎え、河北平定後には丞相に任ぜられ、天子の威光をもって諸侯に命令を発した。臣下として最高の恩恵「九錫(きゅうしゃく)」を与えられ、魏王に封じられた。曹丞相府は市内魏武帝広場の東側に位置し、府門や求賢堂、議事堂、蔵兵洞など漢代の建築様式を模した復元建築群からなる。同市の三国文化観光地の重要な構成部分となっている。(鄭州=新華社記者/李安)=2016(平成28)年7月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062800119

  • 2016年07月24日
    曹操が政務を執った「曹丞相府」を訪ねて河南省許昌市

    河南省許昌市の曹丞相府の一角。(2016年7月24日撮影)「三国志」の英雄、曹操が漢の丞相(じょうしょう)として政務を執ったとされる場所が、河南省許昌市に「曹丞相府」として復元されている。三国時代の曹魏の覇業の礎となった屯田制や求賢令もこの地で生まれたとされる。史料によると、曹操は建安年間(196年-220年)、後漢の献帝を自らの本拠の許昌に迎え、河北平定後には丞相に任ぜられ、天子の威光をもって諸侯に命令を発した。臣下として最高の恩恵「九錫(きゅうしゃく)」を与えられ、魏王に封じられた。曹丞相府は市内魏武帝広場の東側に位置し、府門や求賢堂、議事堂、蔵兵洞など漢代の建築様式を模した復元建築群からなる。同市の三国文化観光地の重要な構成部分となっている。(鄭州=新華社記者/李安)=2016(平成28)年7月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062800173

  • 2016年07月24日
    「関羽千里行」の起点、許昌の灞陵橋を訪ねて河南省

    許昌市の灞陵橋景勝地の一角。(2016年7月24日撮影)中国河南省許昌市の市街地から西へ4キロの地点に「三国志」の英雄、関羽が旧主劉備の元へ帰参するにあたり曹操に別れを告げたとされる「灞陵橋(はりょうきょう)」がある。言い伝えでは、後漢の建安5年(200年)、曹操との戦に敗れ捕らわれた関羽は、曹操の本拠地の許昌で礼を持って厚遇されていたが、旧主を忘れず、その居場所が分かると、曹操から与えられた金品を封印し官印を門に掛け、劉備の元へ向かった。曹操は配下の武将を引き連れ灞陵橋まで追い掛け、酒を賜り袍(ほう、衣服)を贈ったが、関羽は計略を疑い、橋の上で馬に乗ったまま刀で袍を拾い上げ、礼を述べて立ち去った。「単騎千里を走り、五関に六将を斬る」と呼ばれる三国志で有名な「関羽の千里行」のエピソードは、この地から始まったとされる。(鄭州=新華社記者/李安)=2016(平成28)年7月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070304583

  • 2016年07月24日
    「関羽千里行」の起点、許昌の灞陵橋を訪ねて河南省

    許昌市の灞陵橋景勝地にある関羽が曹操に別れを告げる場面のレリーフ。(2016年7月24日撮影)中国河南省許昌市の市街地から西へ4キロの地点に「三国志」の英雄、関羽が旧主劉備の元へ帰参するにあたり曹操に別れを告げたとされる「灞陵橋(はりょうきょう)」がある。言い伝えでは、後漢の建安5年(200年)、曹操との戦に敗れ捕らわれた関羽は、曹操の本拠地の許昌で礼を持って厚遇されていたが、旧主を忘れず、その居場所が分かると、曹操から与えられた金品を封印し官印を門に掛け、劉備の元へ向かった。曹操は配下の武将を引き連れ灞陵橋まで追い掛け、酒を賜り袍(ほう、衣服)を贈ったが、関羽は計略を疑い、橋の上で馬に乗ったまま刀で袍を拾い上げ、礼を述べて立ち去った。「単騎千里を走り、五関に六将を斬る」と呼ばれる三国志で有名な「関羽の千里行」のエピソードは、この地から始まったとされる。(鄭州=新華社記者/李安)=2016(平成28)年7月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070304551

  • 2016年07月24日
    「関羽千里行」の起点、許昌の灞陵橋を訪ねて河南省

    許昌市にある漢代の様式で復元された灞陵橋。(2016年7月24日撮影)中国河南省許昌市の市街地から西へ4キロの地点に「三国志」の英雄、関羽が旧主劉備の元へ帰参するにあたり曹操に別れを告げたとされる「灞陵橋(はりょうきょう)」がある。言い伝えでは、後漢の建安5年(200年)、曹操との戦に敗れ捕らわれた関羽は、曹操の本拠地の許昌で礼を持って厚遇されていたが、旧主を忘れず、その居場所が分かると、曹操から与えられた金品を封印し官印を門に掛け、劉備の元へ向かった。曹操は配下の武将を引き連れ灞陵橋まで追い掛け、酒を賜り袍(ほう、衣服)を贈ったが、関羽は計略を疑い、橋の上で馬に乗ったまま刀で袍を拾い上げ、礼を述べて立ち去った。「単騎千里を走り、五関に六将を斬る」と呼ばれる三国志で有名な「関羽の千里行」のエピソードは、この地から始まったとされる。(鄭州=新華社記者/李安)=2016(平成28)年7月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070304554

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2017年05月28日
    三国志ゆかりの地、鄴城を訪ねて河北省臨漳県

    臨漳県の鄴城公園にある建安文学館。(2017年5月28日撮影)中国古代の都市、鄴城(ぎょうじょう)は、現在の河北省邯鄲(かんたん)市臨漳(りんしょう)県にあり、一部は漳河を隔てた河南省安陽(あんよう)市にもまたがっていた。魏晋南北朝時代に中原(黄河の中下流域の平原地帯)地域で最も栄えた大都市の一つとされる。後漢の建安9年(西暦204年)、同地を侵攻して袁紹(えんしょう)の残存勢力を破り、冀州牧(きしゅうぼく)に任じられた曹操(そう・そう)は、鄴を本拠地として河北を治め、後に丞相(じょうしょう、君主を補佐した最高位の官吏)、魏公、魏王に封じられた。当時、後漢の名目上の都は許(現在の河南省許昌市東部)であったが、実際の政治の中心は鄴城だった。臨漳県は近年、文化・観光産業を積極的に育成し、鄴城博物館や臨漳仏造像博物館(仏像を専門に展示する全国初の博物館)および建安文学館といった文化プロジェクトを構築して、県域文化・観光産業の全体的な実力を向上させてきた。2018年に同県を訪れた観光客は、延べ369万人に達した。(臨漳=新華社配信)=2017(平成29)年5月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062103560

  • 2020年06月20日
    「直接購入」の新経済モデル、中国の国内消費を牽引

    河南省許昌市にある河南舒莱衛生用品の生産ラインで、通気性に優れ、清涼感が感じられる国産マスクを製造する従業員。同社はCtoMモデルで生産ラインを調整し、輸出生産能力の国内転換を果たしている。(資料写真)中国では最近、「直接購入」と呼ばれる新しい消費スタイルを選ぶ消費者が増えている。「直接購入」は中国のEC業界では「CtoM(Customer-to-Manufacturer)」とも呼ばれる。この新しい経済モデルは、消費者とメーカーが直接繋がることで、在庫や卸、販売などの中間部分をなくし、取引コストを削減する。(合肥=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062204966

  • 2022年01月16日
    (9)河南省禹州市、新型コロナ隔離施設5千室を急ピッチで建設

    15日、臨時隔離施設のドアや窓を取り付ける中建七局の作業員。中国河南省禹州市(許昌市管轄化の県級市)では、臨時隔離施設の使用状況を緩和するため、隔離対象者やスタッフの使用に備えた臨時隔離施設の建設が急ピッチに進んでおり、最終的に5千室が引き渡される見込みとなっている。同プロジェクトは中国建築第七工程局が建設を請け負ったもので、各部屋にはトイレ、電気暖房機などの設備や電気製品が設置され、隔離対象者の日常生活を保障する。14日正午現在、許昌市には集中隔離拠点70カ所、隔離部屋1万1665室が設置され、1万454人が集中隔離されている。(禹州=新華社記者/李嘉南)= 配信日: 2022(令和4)年1月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022011604879

  • 2022年01月16日
    (5)河南省禹州市、新型コロナ隔離施設5千室を急ピッチで建設

    14日、資材を運ぶ中建七局の作業員。中国河南省禹州市(許昌市管轄化の県級市)では、臨時隔離施設の使用状況を緩和するため、隔離対象者やスタッフの使用に備えた臨時隔離施設の建設が急ピッチに進んでおり、最終的に5千室が引き渡される見込みとなっている。同プロジェクトは中国建築第七工程局が建設を請け負ったもので、各部屋にはトイレ、電気暖房機などの設備や電気製品が設置され、隔離対象者の日常生活を保障する。14日正午現在、許昌市には集中隔離拠点70カ所、隔離部屋1万1665室が設置され、1万454人が集中隔離されている。(禹州=新華社記者/李嘉南)= 配信日: 2022(令和4)年1月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022011604869

  • 2022年01月16日
    (1)河南省禹州市、新型コロナ隔離施設5千室を急ピッチで建設

    14日、吊り上げ作業を行う中建七局の作業員。(小型無人機から)中国河南省禹州市(許昌市管轄化の県級市)では、臨時隔離施設の使用状況を緩和するため、隔離対象者やスタッフの使用に備えた臨時隔離施設の建設が急ピッチに進んでおり、最終的に5千室が引き渡される見込みとなっている。同プロジェクトは中国建築第七工程局が建設を請け負ったもので、各部屋にはトイレ、電気暖房機などの設備や電気製品が設置され、隔離対象者の日常生活を保障する。14日正午現在、許昌市には集中隔離拠点70カ所、隔離部屋1万1665室が設置され、1万454人が集中隔離されている。(禹州=新華社記者/李嘉南)= 配信日: 2022(令和4)年1月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022011604863

  • 2022年01月16日
    (3)河南省禹州市、新型コロナ隔離施設5千室を急ピッチで建設

    15日、資材を運ぶ中建七局の作業員。(小型無人機から)中国河南省禹州市(許昌市管轄化の県級市)では、臨時隔離施設の使用状況を緩和するため、隔離対象者やスタッフの使用に備えた臨時隔離施設の建設が急ピッチに進んでおり、最終的に5千室が引き渡される見込みとなっている。同プロジェクトは中国建築第七工程局が建設を請け負ったもので、各部屋にはトイレ、電気暖房機などの設備や電気製品が設置され、隔離対象者の日常生活を保障する。14日正午現在、許昌市には集中隔離拠点70カ所、隔離部屋1万1665室が設置され、1万454人が集中隔離されている。(禹州=新華社記者/李嘉南)= 配信日: 2022(令和4)年1月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022011604864

  • 2022年01月16日
    (2)河南省禹州市、新型コロナ隔離施設5千室を急ピッチで建設

    14日、吊り上げ作業を行う中建七局の作業員。(小型無人機から)中国河南省禹州市(許昌市管轄化の県級市)では、臨時隔離施設の使用状況を緩和するため、隔離対象者やスタッフの使用に備えた臨時隔離施設の建設が急ピッチに進んでおり、最終的に5千室が引き渡される見込みとなっている。同プロジェクトは中国建築第七工程局が建設を請け負ったもので、各部屋にはトイレ、電気暖房機などの設備や電気製品が設置され、隔離対象者の日常生活を保障する。14日正午現在、許昌市には集中隔離拠点70カ所、隔離部屋1万1665室が設置され、1万454人が集中隔離されている。(禹州=新華社記者/李嘉南)= 配信日: 2022(令和4)年1月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022011604865

  • 2022年01月16日
    (4)河南省禹州市、新型コロナ隔離施設5千室を急ピッチで建設

    14日、吊り上げ作業を行う中建七局の作業員。中国河南省禹州市(許昌市管轄化の県級市)では、臨時隔離施設の使用状況を緩和するため、隔離対象者やスタッフの使用に備えた臨時隔離施設の建設が急ピッチに進んでおり、最終的に5千室が引き渡される見込みとなっている。同プロジェクトは中国建築第七工程局が建設を請け負ったもので、各部屋にはトイレ、電気暖房機などの設備や電気製品が設置され、隔離対象者の日常生活を保障する。14日正午現在、許昌市には集中隔離拠点70カ所、隔離部屋1万1665室が設置され、1万454人が集中隔離されている。(禹州=新華社記者/李嘉南)= 配信日: 2022(令和4)年1月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022011604867

  • 2022年01月16日
    (6)河南省禹州市、新型コロナ隔離施設5千室を急ピッチで建設

    14日、吊り上げ作業を行う中建七局の作業員。中国河南省禹州市(許昌市管轄化の県級市)では、臨時隔離施設の使用状況を緩和するため、隔離対象者やスタッフの使用に備えた臨時隔離施設の建設が急ピッチに進んでおり、最終的に5千室が引き渡される見込みとなっている。同プロジェクトは中国建築第七工程局が建設を請け負ったもので、各部屋にはトイレ、電気暖房機などの設備や電気製品が設置され、隔離対象者の日常生活を保障する。14日正午現在、許昌市には集中隔離拠点70カ所、隔離部屋1万1665室が設置され、1万454人が集中隔離されている。(禹州=新華社記者/李嘉南)= 配信日: 2022(令和4)年1月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022011604866

  • 2022年01月16日
    (7)河南省禹州市、新型コロナ隔離施設5千室を急ピッチで建設

    15日、臨時隔離施設のケーブルを配線する中建七局の作業員。中国河南省禹州市(許昌市管轄化の県級市)では、臨時隔離施設の使用状況を緩和するため、隔離対象者やスタッフの使用に備えた臨時隔離施設の建設が急ピッチに進んでおり、最終的に5千室が引き渡される見込みとなっている。同プロジェクトは中国建築第七工程局が建設を請け負ったもので、各部屋にはトイレ、電気暖房機などの設備や電気製品が設置され、隔離対象者の日常生活を保障する。14日正午現在、許昌市には集中隔離拠点70カ所、隔離部屋1万1665室が設置され、1万454人が集中隔離されている。(禹州=新華社記者/李嘉南)= 配信日: 2022(令和4)年1月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022011604871

  • 2022年01月16日
    (8)河南省禹州市、新型コロナ隔離施設5千室を急ピッチで建設

    15日、吊り上げ作業を行う中建七局の作業員。中国河南省禹州市(許昌市管轄化の県級市)では、臨時隔離施設の使用状況を緩和するため、隔離対象者やスタッフの使用に備えた臨時隔離施設の建設が急ピッチに進んでおり、最終的に5千室が引き渡される見込みとなっている。同プロジェクトは中国建築第七工程局が建設を請け負ったもので、各部屋にはトイレ、電気暖房機などの設備や電気製品が設置され、隔離対象者の日常生活を保障する。14日正午現在、許昌市には集中隔離拠点70カ所、隔離部屋1万1665室が設置され、1万454人が集中隔離されている。(禹州=新華社記者/李嘉南)= 配信日: 2022(令和4)年1月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022011604878

  • 2022年03月16日
    (5)中国各地で春の農作業始まる

    14日、河南省許昌市の孫村で、スイカの栽培をする農家の人々。(小型無人機から)中国各地で春の耕作シーズンを迎え、畑仕事にいそしむ農家の人々の姿が見られた。(許昌=新華社配信/牛書培)= 配信日: 2022(令和4)年3月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022031603760

  • 2022年04月12日
    (12)関羽ゆかりの地、許昌の春秋楼と文峰塔河南省

    5日、文峰塔。中国河南省許昌市の中心部にある許昌春秋楼(関宅)は、古くに建てられ、歴代王朝で修復が繰り返されてきた。現在は明清風の古建築群として残されている。後漢時代末期に、三国志の英雄、関羽(かん・う)が下邳(かひ、現江蘇省北部)で曹操(そう・そう)との戦に敗れて一時的に降伏した際に、当時都だった許昌で住んだ邸宅とされる。敷地に一つの楼があり、関羽が夜を徹して「春秋」を読んだことから春秋楼と呼ばれ、またの名を大節亭ともいう。関羽の「忠義」文化の発祥地とされ、清の雍正年間には五大関帝廟の一つになった。許昌文峰塔は、河南省に200余りある明代の磚塔(れんが塔)の代表格とされており、文明寺塔とも呼ばれる。高さ50・03メートル、八角形13層の楼閣式塔で、造形は美しく、緻密な構造をしている。塔の脇には、塔文化を研究、収蔵、展示する中国初の塔文化専門博物館「許昌塔文化博物館」もある。(許昌=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年4月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022041209804

  • 2022年04月12日
    (7)関羽ゆかりの地、許昌の春秋楼と文峰塔河南省

    5日、春秋楼。中国河南省許昌市の中心部にある許昌春秋楼(関宅)は、古くに建てられ、歴代王朝で修復が繰り返されてきた。現在は明清風の古建築群として残されている。後漢時代末期に、三国志の英雄、関羽(かん・う)が下邳(かひ、現江蘇省北部)で曹操(そう・そう)との戦に敗れて一時的に降伏した際に、当時都だった許昌で住んだ邸宅とされる。敷地に一つの楼があり、関羽が夜を徹して「春秋」を読んだことから春秋楼と呼ばれ、またの名を大節亭ともいう。関羽の「忠義」文化の発祥地とされ、清の雍正年間には五大関帝廟の一つになった。許昌文峰塔は、河南省に200余りある明代の磚塔(れんが塔)の代表格とされており、文明寺塔とも呼ばれる。高さ50・03メートル、八角形13層の楼閣式塔で、造形は美しく、緻密な構造をしている。塔の脇には、塔文化を研究、収蔵、展示する中国初の塔文化専門博物館「許昌塔文化博物館」もある。(許昌=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年4月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022041209778

  • 2022年04月12日
    (3)関羽ゆかりの地、許昌の春秋楼と文峰塔河南省

    5日、春秋楼前の碑刻。中国河南省許昌市の中心部にある許昌春秋楼(関宅)は、古くに建てられ、歴代王朝で修復が繰り返されてきた。現在は明清風の古建築群として残されている。後漢時代末期に、三国志の英雄、関羽(かん・う)が下邳(かひ、現江蘇省北部)で曹操(そう・そう)との戦に敗れて一時的に降伏した際に、当時都だった許昌で住んだ邸宅とされる。敷地に一つの楼があり、関羽が夜を徹して「春秋」を読んだことから春秋楼と呼ばれ、またの名を大節亭ともいう。関羽の「忠義」文化の発祥地とされ、清の雍正年間には五大関帝廟の一つになった。許昌文峰塔は、河南省に200余りある明代の磚塔(れんが塔)の代表格とされており、文明寺塔とも呼ばれる。高さ50・03メートル、八角形13層の楼閣式塔で、造形は美しく、緻密な構造をしている。塔の脇には、塔文化を研究、収蔵、展示する中国初の塔文化専門博物館「許昌塔文化博物館」もある。(許昌=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年4月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022041209755

  • 2022年04月12日
    (13)関羽ゆかりの地、許昌の春秋楼と文峰塔河南省

    5日、文峰塔。中国河南省許昌市の中心部にある許昌春秋楼(関宅)は、古くに建てられ、歴代王朝で修復が繰り返されてきた。現在は明清風の古建築群として残されている。後漢時代末期に、三国志の英雄、関羽(かん・う)が下邳(かひ、現江蘇省北部)で曹操(そう・そう)との戦に敗れて一時的に降伏した際に、当時都だった許昌で住んだ邸宅とされる。敷地に一つの楼があり、関羽が夜を徹して「春秋」を読んだことから春秋楼と呼ばれ、またの名を大節亭ともいう。関羽の「忠義」文化の発祥地とされ、清の雍正年間には五大関帝廟の一つになった。許昌文峰塔は、河南省に200余りある明代の磚塔(れんが塔)の代表格とされており、文明寺塔とも呼ばれる。高さ50・03メートル、八角形13層の楼閣式塔で、造形は美しく、緻密な構造をしている。塔の脇には、塔文化を研究、収蔵、展示する中国初の塔文化専門博物館「許昌塔文化博物館」もある。(許昌=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年4月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022041209833

  • 2022年04月12日
    (2)関羽ゆかりの地、許昌の春秋楼と文峰塔河南省

    5日、春秋楼の関聖殿。中国河南省許昌市の中心部にある許昌春秋楼(関宅)は、古くに建てられ、歴代王朝で修復が繰り返されてきた。現在は明清風の古建築群として残されている。後漢時代末期に、三国志の英雄、関羽(かん・う)が下邳(かひ、現江蘇省北部)で曹操(そう・そう)との戦に敗れて一時的に降伏した際に、当時都だった許昌で住んだ邸宅とされる。敷地に一つの楼があり、関羽が夜を徹して「春秋」を読んだことから春秋楼と呼ばれ、またの名を大節亭ともいう。関羽の「忠義」文化の発祥地とされ、清の雍正年間には五大関帝廟の一つになった。許昌文峰塔は、河南省に200余りある明代の磚塔(れんが塔)の代表格とされており、文明寺塔とも呼ばれる。高さ50・03メートル、八角形13層の楼閣式塔で、造形は美しく、緻密な構造をしている。塔の脇には、塔文化を研究、収蔵、展示する中国初の塔文化専門博物館「許昌塔文化博物館」もある。(許昌=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年4月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022041209750

  • 2022年04月12日
    (8)関羽ゆかりの地、許昌の春秋楼と文峰塔河南省

    5日、許昌塔文化博物館の看板。中国河南省許昌市の中心部にある許昌春秋楼(関宅)は、古くに建てられ、歴代王朝で修復が繰り返されてきた。現在は明清風の古建築群として残されている。後漢時代末期に、三国志の英雄、関羽(かん・う)が下邳(かひ、現江蘇省北部)で曹操(そう・そう)との戦に敗れて一時的に降伏した際に、当時都だった許昌で住んだ邸宅とされる。敷地に一つの楼があり、関羽が夜を徹して「春秋」を読んだことから春秋楼と呼ばれ、またの名を大節亭ともいう。関羽の「忠義」文化の発祥地とされ、清の雍正年間には五大関帝廟の一つになった。許昌文峰塔は、河南省に200余りある明代の磚塔(れんが塔)の代表格とされており、文明寺塔とも呼ばれる。高さ50・03メートル、八角形13層の楼閣式塔で、造形は美しく、緻密な構造をしている。塔の脇には、塔文化を研究、収蔵、展示する中国初の塔文化専門博物館「許昌塔文化博物館」もある。(許昌=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年4月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022041209799

  • 2022年04月12日
    (10)関羽ゆかりの地、許昌の春秋楼と文峰塔河南省

    5日、文峰塔。中国河南省許昌市の中心部にある許昌春秋楼(関宅)は、古くに建てられ、歴代王朝で修復が繰り返されてきた。現在は明清風の古建築群として残されている。後漢時代末期に、三国志の英雄、関羽(かん・う)が下邳(かひ、現江蘇省北部)で曹操(そう・そう)との戦に敗れて一時的に降伏した際に、当時都だった許昌で住んだ邸宅とされる。敷地に一つの楼があり、関羽が夜を徹して「春秋」を読んだことから春秋楼と呼ばれ、またの名を大節亭ともいう。関羽の「忠義」文化の発祥地とされ、清の雍正年間には五大関帝廟の一つになった。許昌文峰塔は、河南省に200余りある明代の磚塔(れんが塔)の代表格とされており、文明寺塔とも呼ばれる。高さ50・03メートル、八角形13層の楼閣式塔で、造形は美しく、緻密な構造をしている。塔の脇には、塔文化を研究、収蔵、展示する中国初の塔文化専門博物館「許昌塔文化博物館」もある。(許昌=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年4月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022041209801

  • 2022年04月12日
    (4)関羽ゆかりの地、許昌の春秋楼と文峰塔河南省

    5日、春秋楼前の碑刻。中国河南省許昌市の中心部にある許昌春秋楼(関宅)は、古くに建てられ、歴代王朝で修復が繰り返されてきた。現在は明清風の古建築群として残されている。後漢時代末期に、三国志の英雄、関羽(かん・う)が下邳(かひ、現江蘇省北部)で曹操(そう・そう)との戦に敗れて一時的に降伏した際に、当時都だった許昌で住んだ邸宅とされる。敷地に一つの楼があり、関羽が夜を徹して「春秋」を読んだことから春秋楼と呼ばれ、またの名を大節亭ともいう。関羽の「忠義」文化の発祥地とされ、清の雍正年間には五大関帝廟の一つになった。許昌文峰塔は、河南省に200余りある明代の磚塔(れんが塔)の代表格とされており、文明寺塔とも呼ばれる。高さ50・03メートル、八角形13層の楼閣式塔で、造形は美しく、緻密な構造をしている。塔の脇には、塔文化を研究、収蔵、展示する中国初の塔文化専門博物館「許昌塔文化博物館」もある。(許昌=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年4月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022041209760

  • 2022年04月12日
    (5)関羽ゆかりの地、許昌の春秋楼と文峰塔河南省

    5日、春秋楼の山門。中国河南省許昌市の中心部にある許昌春秋楼(関宅)は、古くに建てられ、歴代王朝で修復が繰り返されてきた。現在は明清風の古建築群として残されている。後漢時代末期に、三国志の英雄、関羽(かん・う)が下邳(かひ、現江蘇省北部)で曹操(そう・そう)との戦に敗れて一時的に降伏した際に、当時都だった許昌で住んだ邸宅とされる。敷地に一つの楼があり、関羽が夜を徹して「春秋」を読んだことから春秋楼と呼ばれ、またの名を大節亭ともいう。関羽の「忠義」文化の発祥地とされ、清の雍正年間には五大関帝廟の一つになった。許昌文峰塔は、河南省に200余りある明代の磚塔(れんが塔)の代表格とされており、文明寺塔とも呼ばれる。高さ50・03メートル、八角形13層の楼閣式塔で、造形は美しく、緻密な構造をしている。塔の脇には、塔文化を研究、収蔵、展示する中国初の塔文化専門博物館「許昌塔文化博物館」もある。(許昌=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年4月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022041209771

  • 2022年04月12日
    (9)関羽ゆかりの地、許昌の春秋楼と文峰塔河南省

    5日、文峰塔。中国河南省許昌市の中心部にある許昌春秋楼(関宅)は、古くに建てられ、歴代王朝で修復が繰り返されてきた。現在は明清風の古建築群として残されている。後漢時代末期に、三国志の英雄、関羽(かん・う)が下邳(かひ、現江蘇省北部)で曹操(そう・そう)との戦に敗れて一時的に降伏した際に、当時都だった許昌で住んだ邸宅とされる。敷地に一つの楼があり、関羽が夜を徹して「春秋」を読んだことから春秋楼と呼ばれ、またの名を大節亭ともいう。関羽の「忠義」文化の発祥地とされ、清の雍正年間には五大関帝廟の一つになった。許昌文峰塔は、河南省に200余りある明代の磚塔(れんが塔)の代表格とされており、文明寺塔とも呼ばれる。高さ50・03メートル、八角形13層の楼閣式塔で、造形は美しく、緻密な構造をしている。塔の脇には、塔文化を研究、収蔵、展示する中国初の塔文化専門博物館「許昌塔文化博物館」もある。(許昌=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年4月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022041209796

  • 2022年04月12日
    (1)関羽ゆかりの地、許昌の春秋楼と文峰塔河南省

    5日、春秋楼。中国河南省許昌市の中心部にある許昌春秋楼(関宅)は、古くに建てられ、歴代王朝で修復が繰り返されてきた。現在は明清風の古建築群として残されている。後漢時代末期に、三国志の英雄、関羽(かん・う)が下邳(かひ、現江蘇省北部)で曹操(そう・そう)との戦に敗れて一時的に降伏した際に、当時都だった許昌で住んだ邸宅とされる。敷地に一つの楼があり、関羽が夜を徹して「春秋」を読んだことから春秋楼と呼ばれ、またの名を大節亭ともいう。関羽の「忠義」文化の発祥地とされ、清の雍正年間には五大関帝廟の一つになった。許昌文峰塔は、河南省に200余りある明代の磚塔(れんが塔)の代表格とされており、文明寺塔とも呼ばれる。高さ50・03メートル、八角形13層の楼閣式塔で、造形は美しく、緻密な構造をしている。塔の脇には、塔文化を研究、収蔵、展示する中国初の塔文化専門博物館「許昌塔文化博物館」もある。(許昌=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年4月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022041209758

  • 2022年04月12日
    (14)関羽ゆかりの地、許昌の春秋楼と文峰塔河南省

    5日、文峰塔。中国河南省許昌市の中心部にある許昌春秋楼(関宅)は、古くに建てられ、歴代王朝で修復が繰り返されてきた。現在は明清風の古建築群として残されている。後漢時代末期に、三国志の英雄、関羽(かん・う)が下邳(かひ、現江蘇省北部)で曹操(そう・そう)との戦に敗れて一時的に降伏した際に、当時都だった許昌で住んだ邸宅とされる。敷地に一つの楼があり、関羽が夜を徹して「春秋」を読んだことから春秋楼と呼ばれ、またの名を大節亭ともいう。関羽の「忠義」文化の発祥地とされ、清の雍正年間には五大関帝廟の一つになった。許昌文峰塔は、河南省に200余りある明代の磚塔(れんが塔)の代表格とされており、文明寺塔とも呼ばれる。高さ50・03メートル、八角形13層の楼閣式塔で、造形は美しく、緻密な構造をしている。塔の脇には、塔文化を研究、収蔵、展示する中国初の塔文化専門博物館「許昌塔文化博物館」もある。(許昌=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年4月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022041209827

  • 2022年04月12日
    (6)関羽ゆかりの地、許昌の春秋楼と文峰塔河南省

    5日、春秋楼。中国河南省許昌市の中心部にある許昌春秋楼(関宅)は、古くに建てられ、歴代王朝で修復が繰り返されてきた。現在は明清風の古建築群として残されている。後漢時代末期に、三国志の英雄、関羽(かん・う)が下邳(かひ、現江蘇省北部)で曹操(そう・そう)との戦に敗れて一時的に降伏した際に、当時都だった許昌で住んだ邸宅とされる。敷地に一つの楼があり、関羽が夜を徹して「春秋」を読んだことから春秋楼と呼ばれ、またの名を大節亭ともいう。関羽の「忠義」文化の発祥地とされ、清の雍正年間には五大関帝廟の一つになった。許昌文峰塔は、河南省に200余りある明代の磚塔(れんが塔)の代表格とされており、文明寺塔とも呼ばれる。高さ50・03メートル、八角形13層の楼閣式塔で、造形は美しく、緻密な構造をしている。塔の脇には、塔文化を研究、収蔵、展示する中国初の塔文化専門博物館「許昌塔文化博物館」もある。(許昌=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年4月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022041209775

  • 2022年04月12日
    (11)関羽ゆかりの地、許昌の春秋楼と文峰塔河南省

    5日、文峰塔。中国河南省許昌市の中心部にある許昌春秋楼(関宅)は、古くに建てられ、歴代王朝で修復が繰り返されてきた。現在は明清風の古建築群として残されている。後漢時代末期に、三国志の英雄、関羽(かん・う)が下邳(かひ、現江蘇省北部)で曹操(そう・そう)との戦に敗れて一時的に降伏した際に、当時都だった許昌で住んだ邸宅とされる。敷地に一つの楼があり、関羽が夜を徹して「春秋」を読んだことから春秋楼と呼ばれ、またの名を大節亭ともいう。関羽の「忠義」文化の発祥地とされ、清の雍正年間には五大関帝廟の一つになった。許昌文峰塔は、河南省に200余りある明代の磚塔(れんが塔)の代表格とされており、文明寺塔とも呼ばれる。高さ50・03メートル、八角形13層の楼閣式塔で、造形は美しく、緻密な構造をしている。塔の脇には、塔文化を研究、収蔵、展示する中国初の塔文化専門博物館「許昌塔文化博物館」もある。(許昌=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年4月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022041209803

  • 2022年05月05日
    (2)文・書・刻の傑作「三絶碑」を訪ねて河南省繁城鎮

    三絶碑風景区の庭。(3月21日撮影)中国河南省漯河(らが)市臨潁(りんえい)県繁城鎮にある受禅表碑と公卿将軍上尊号奏碑は三絶碑と呼ばれ、漢献帝廟内に立っている。同県は後漢末期に都が置かれた許昌市に隣接している。受禅表碑は高さ3・22メートル、幅1・02メートル、厚さ28センチで、玉器の圭(けい)を模した上方が尖った短冊型をしている。上部には「碑穿」と呼ばれる穴が開けられ、標題には篆書(てんしょ)で「受禅表」の3文字が陽刻されている。碑文は22行、各行49文字で、文字の大きさは1寸2分(約4センチ)。後漢の献帝の譲位と曹丕(そう・ひ)が禅譲(ぜんじょう)を受け入れた史実が隷書で陰刻されている。公卿将軍上尊号奏碑は高さ3・22メートル、幅1・02メートル、厚さ32センチで、同様に圭形をしている。上部には碑穿があり、標題には篆書体で「公卿将軍上尊号奏」の8文字が陰刻されている。碑文は表面が22行、裏面が10行、各行49文字で、文字の大きさは1寸2分。魏の文武大臣が曹丕に対し、後漢に代わり帝位に就くよう奏請(そうせい)したことが隷書体で陰刻されている。二つの碑はいずれも、王朗(おう・ろう)の文、梁鵠(りょう・こく)の書、鍾繇(しょう・よう)の刻字で、文章、書道、刻字ともに傑作とされることから「三絶」碑と呼ばれる。後漢と魏の王朝交代という史実を示す歴史的価値の高い物証であることに加え、極めて高い書道芸術価値を持つ。特に鍾繇の刻字は当時の最高水準を示しており、三絶碑は唯一現存する鍾繇の真跡とされる。2001年7月には国家級文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(洛陽=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年5月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022050600749

  • 2022年05月05日
    (9)文・書・刻の傑作「三絶碑」を訪ねて河南省繁城鎮

    受禅表碑(部分)。(3月21日撮影)中国河南省漯河(らが)市臨潁(りんえい)県繁城鎮にある受禅表碑と公卿将軍上尊号奏碑は三絶碑と呼ばれ、漢献帝廟内に立っている。同県は後漢末期に都が置かれた許昌市に隣接している。受禅表碑は高さ3・22メートル、幅1・02メートル、厚さ28センチで、玉器の圭(けい)を模した上方が尖った短冊型をしている。上部には「碑穿」と呼ばれる穴が開けられ、標題には篆書(てんしょ)で「受禅表」の3文字が陽刻されている。碑文は22行、各行49文字で、文字の大きさは1寸2分(約4センチ)。後漢の献帝の譲位と曹丕(そう・ひ)が禅譲(ぜんじょう)を受け入れた史実が隷書で陰刻されている。公卿将軍上尊号奏碑は高さ3・22メートル、幅1・02メートル、厚さ32センチで、同様に圭形をしている。上部には碑穿があり、標題には篆書体で「公卿将軍上尊号奏」の8文字が陰刻されている。碑文は表面が22行、裏面が10行、各行49文字で、文字の大きさは1寸2分。魏の文武大臣が曹丕に対し、後漢に代わり帝位に就くよう奏請(そうせい)したことが隷書体で陰刻されている。二つの碑はいずれも、王朗(おう・ろう)の文、梁鵠(りょう・こく)の書、鍾繇(しょう・よう)の刻字で、文章、書道、刻字ともに傑作とされることから「三絶」碑と呼ばれる。後漢と魏の王朝交代という史実を示す歴史的価値の高い物証であることに加え、極めて高い書道芸術価値を持つ。特に鍾繇の刻字は当時の最高水準を示しており、三絶碑は唯一現存する鍾繇の真跡とされる。2001年7月には国家級文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(洛陽=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年5月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022050600750

  • 2022年05月05日
    (14)文・書・刻の傑作「三絶碑」を訪ねて河南省繁城鎮

    公卿将軍上尊号奏碑と受禅表碑。(3月21日撮影)中国河南省漯河(らが)市臨潁(りんえい)県繁城鎮にある受禅表碑と公卿将軍上尊号奏碑は三絶碑と呼ばれ、漢献帝廟内に立っている。同県は後漢末期に都が置かれた許昌市に隣接している。受禅表碑は高さ3・22メートル、幅1・02メートル、厚さ28センチで、玉器の圭(けい)を模した上方が尖った短冊型をしている。上部には「碑穿」と呼ばれる穴が開けられ、標題には篆書(てんしょ)で「受禅表」の3文字が陽刻されている。碑文は22行、各行49文字で、文字の大きさは1寸2分(約4センチ)。後漢の献帝の譲位と曹丕(そう・ひ)が禅譲(ぜんじょう)を受け入れた史実が隷書で陰刻されている。公卿将軍上尊号奏碑は高さ3・22メートル、幅1・02メートル、厚さ32センチで、同様に圭形をしている。上部には碑穿があり、標題には篆書体で「公卿将軍上尊号奏」の8文字が陰刻されている。碑文は表面が22行、裏面が10行、各行49文字で、文字の大きさは1寸2分。魏の文武大臣が曹丕に対し、後漢に代わり帝位に就くよう奏請(そうせい)したことが隷書体で陰刻されている。二つの碑はいずれも、王朗(おう・ろう)の文、梁鵠(りょう・こく)の書、鍾繇(しょう・よう)の刻字で、文章、書道、刻字ともに傑作とされることから「三絶」碑と呼ばれる。後漢と魏の王朝交代という史実を示す歴史的価値の高い物証であることに加え、極めて高い書道芸術価値を持つ。特に鍾繇の刻字は当時の最高水準を示しており、三絶碑は唯一現存する鍾繇の真跡とされる。2001年7月には国家級文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(洛陽=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年5月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022050600754

  • 2022年05月05日
    (3)文・書・刻の傑作「三絶碑」を訪ねて河南省繁城鎮

    三絶碑風景区の正殿。(3月21日撮影)中国河南省漯河(らが)市臨潁(りんえい)県繁城鎮にある受禅表碑と公卿将軍上尊号奏碑は三絶碑と呼ばれ、漢献帝廟内に立っている。同県は後漢末期に都が置かれた許昌市に隣接している。受禅表碑は高さ3・22メートル、幅1・02メートル、厚さ28センチで、玉器の圭(けい)を模した上方が尖った短冊型をしている。上部には「碑穿」と呼ばれる穴が開けられ、標題には篆書(てんしょ)で「受禅表」の3文字が陽刻されている。碑文は22行、各行49文字で、文字の大きさは1寸2分(約4センチ)。後漢の献帝の譲位と曹丕(そう・ひ)が禅譲(ぜんじょう)を受け入れた史実が隷書で陰刻されている。公卿将軍上尊号奏碑は高さ3・22メートル、幅1・02メートル、厚さ32センチで、同様に圭形をしている。上部には碑穿があり、標題には篆書体で「公卿将軍上尊号奏」の8文字が陰刻されている。碑文は表面が22行、裏面が10行、各行49文字で、文字の大きさは1寸2分。魏の文武大臣が曹丕に対し、後漢に代わり帝位に就くよう奏請(そうせい)したことが隷書体で陰刻されている。二つの碑はいずれも、王朗(おう・ろう)の文、梁鵠(りょう・こく)の書、鍾繇(しょう・よう)の刻字で、文章、書道、刻字ともに傑作とされることから「三絶」碑と呼ばれる。後漢と魏の王朝交代という史実を示す歴史的価値の高い物証であることに加え、極めて高い書道芸術価値を持つ。特に鍾繇の刻字は当時の最高水準を示しており、三絶碑は唯一現存する鍾繇の真跡とされる。2001年7月には国家級文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(洛陽=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年5月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022050600762

  • 2022年05月05日
    (12)文・書・刻の傑作「三絶碑」を訪ねて河南省繁城鎮

    公卿将軍上尊号奏碑。(3月21日撮影)中国河南省漯河(らが)市臨潁(りんえい)県繁城鎮にある受禅表碑と公卿将軍上尊号奏碑は三絶碑と呼ばれ、漢献帝廟内に立っている。同県は後漢末期に都が置かれた許昌市に隣接している。受禅表碑は高さ3・22メートル、幅1・02メートル、厚さ28センチで、玉器の圭(けい)を模した上方が尖った短冊型をしている。上部には「碑穿」と呼ばれる穴が開けられ、標題には篆書(てんしょ)で「受禅表」の3文字が陽刻されている。碑文は22行、各行49文字で、文字の大きさは1寸2分(約4センチ)。後漢の献帝の譲位と曹丕(そう・ひ)が禅譲(ぜんじょう)を受け入れた史実が隷書で陰刻されている。公卿将軍上尊号奏碑は高さ3・22メートル、幅1・02メートル、厚さ32センチで、同様に圭形をしている。上部には碑穿があり、標題には篆書体で「公卿将軍上尊号奏」の8文字が陰刻されている。碑文は表面が22行、裏面が10行、各行49文字で、文字の大きさは1寸2分。魏の文武大臣が曹丕に対し、後漢に代わり帝位に就くよう奏請(そうせい)したことが隷書体で陰刻されている。二つの碑はいずれも、王朗(おう・ろう)の文、梁鵠(りょう・こく)の書、鍾繇(しょう・よう)の刻字で、文章、書道、刻字ともに傑作とされることから「三絶」碑と呼ばれる。後漢と魏の王朝交代という史実を示す歴史的価値の高い物証であることに加え、極めて高い書道芸術価値を持つ。特に鍾繇の刻字は当時の最高水準を示しており、三絶碑は唯一現存する鍾繇の真跡とされる。2001年7月には国家級文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(洛陽=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年5月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022050600768

  • 2022年05月05日
    (4)文・書・刻の傑作「三絶碑」を訪ねて河南省繁城鎮

    受禅表碑。(3月21日撮影)中国河南省漯河(らが)市臨潁(りんえい)県繁城鎮にある受禅表碑と公卿将軍上尊号奏碑は三絶碑と呼ばれ、漢献帝廟内に立っている。同県は後漢末期に都が置かれた許昌市に隣接している。受禅表碑は高さ3・22メートル、幅1・02メートル、厚さ28センチで、玉器の圭(けい)を模した上方が尖った短冊型をしている。上部には「碑穿」と呼ばれる穴が開けられ、標題には篆書(てんしょ)で「受禅表」の3文字が陽刻されている。碑文は22行、各行49文字で、文字の大きさは1寸2分(約4センチ)。後漢の献帝の譲位と曹丕(そう・ひ)が禅譲(ぜんじょう)を受け入れた史実が隷書で陰刻されている。公卿将軍上尊号奏碑は高さ3・22メートル、幅1・02メートル、厚さ32センチで、同様に圭形をしている。上部には碑穿があり、標題には篆書体で「公卿将軍上尊号奏」の8文字が陰刻されている。碑文は表面が22行、裏面が10行、各行49文字で、文字の大きさは1寸2分。魏の文武大臣が曹丕に対し、後漢に代わり帝位に就くよう奏請(そうせい)したことが隷書体で陰刻されている。二つの碑はいずれも、王朗(おう・ろう)の文、梁鵠(りょう・こく)の書、鍾繇(しょう・よう)の刻字で、文章、書道、刻字ともに傑作とされることから「三絶」碑と呼ばれる。後漢と魏の王朝交代という史実を示す歴史的価値の高い物証であることに加え、極めて高い書道芸術価値を持つ。特に鍾繇の刻字は当時の最高水準を示しており、三絶碑は唯一現存する鍾繇の真跡とされる。2001年7月には国家級文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(洛陽=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年5月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022050600746

  • 2022年05月05日
    (7)文・書・刻の傑作「三絶碑」を訪ねて河南省繁城鎮

    受禅表碑(部分)。(3月21日撮影)中国河南省漯河(らが)市臨潁(りんえい)県繁城鎮にある受禅表碑と公卿将軍上尊号奏碑は三絶碑と呼ばれ、漢献帝廟内に立っている。同県は後漢末期に都が置かれた許昌市に隣接している。受禅表碑は高さ3・22メートル、幅1・02メートル、厚さ28センチで、玉器の圭(けい)を模した上方が尖った短冊型をしている。上部には「碑穿」と呼ばれる穴が開けられ、標題には篆書(てんしょ)で「受禅表」の3文字が陽刻されている。碑文は22行、各行49文字で、文字の大きさは1寸2分(約4センチ)。後漢の献帝の譲位と曹丕(そう・ひ)が禅譲(ぜんじょう)を受け入れた史実が隷書で陰刻されている。公卿将軍上尊号奏碑は高さ3・22メートル、幅1・02メートル、厚さ32センチで、同様に圭形をしている。上部には碑穿があり、標題には篆書体で「公卿将軍上尊号奏」の8文字が陰刻されている。碑文は表面が22行、裏面が10行、各行49文字で、文字の大きさは1寸2分。魏の文武大臣が曹丕に対し、後漢に代わり帝位に就くよう奏請(そうせい)したことが隷書体で陰刻されている。二つの碑はいずれも、王朗(おう・ろう)の文、梁鵠(りょう・こく)の書、鍾繇(しょう・よう)の刻字で、文章、書道、刻字ともに傑作とされることから「三絶」碑と呼ばれる。後漢と魏の王朝交代という史実を示す歴史的価値の高い物証であることに加え、極めて高い書道芸術価値を持つ。特に鍾繇の刻字は当時の最高水準を示しており、三絶碑は唯一現存する鍾繇の真跡とされる。2001年7月には国家級文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(洛陽=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年5月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022050600747

  • 2022年05月05日
    (8)文・書・刻の傑作「三絶碑」を訪ねて河南省繁城鎮

    受禅表碑(部分)。(3月21日撮影)中国河南省漯河(らが)市臨潁(りんえい)県繁城鎮にある受禅表碑と公卿将軍上尊号奏碑は三絶碑と呼ばれ、漢献帝廟内に立っている。同県は後漢末期に都が置かれた許昌市に隣接している。受禅表碑は高さ3・22メートル、幅1・02メートル、厚さ28センチで、玉器の圭(けい)を模した上方が尖った短冊型をしている。上部には「碑穿」と呼ばれる穴が開けられ、標題には篆書(てんしょ)で「受禅表」の3文字が陽刻されている。碑文は22行、各行49文字で、文字の大きさは1寸2分(約4センチ)。後漢の献帝の譲位と曹丕(そう・ひ)が禅譲(ぜんじょう)を受け入れた史実が隷書で陰刻されている。公卿将軍上尊号奏碑は高さ3・22メートル、幅1・02メートル、厚さ32センチで、同様に圭形をしている。上部には碑穿があり、標題には篆書体で「公卿将軍上尊号奏」の8文字が陰刻されている。碑文は表面が22行、裏面が10行、各行49文字で、文字の大きさは1寸2分。魏の文武大臣が曹丕に対し、後漢に代わり帝位に就くよう奏請(そうせい)したことが隷書体で陰刻されている。二つの碑はいずれも、王朗(おう・ろう)の文、梁鵠(りょう・こく)の書、鍾繇(しょう・よう)の刻字で、文章、書道、刻字ともに傑作とされることから「三絶」碑と呼ばれる。後漢と魏の王朝交代という史実を示す歴史的価値の高い物証であることに加え、極めて高い書道芸術価値を持つ。特に鍾繇の刻字は当時の最高水準を示しており、三絶碑は唯一現存する鍾繇の真跡とされる。2001年7月には国家級文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(洛陽=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年5月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022050600751

  • 2022年05月05日
    (10)文・書・刻の傑作「三絶碑」を訪ねて河南省繁城鎮

    受禅表碑(部分)。(3月21日撮影)中国河南省漯河(らが)市臨潁(りんえい)県繁城鎮にある受禅表碑と公卿将軍上尊号奏碑は三絶碑と呼ばれ、漢献帝廟内に立っている。同県は後漢末期に都が置かれた許昌市に隣接している。受禅表碑は高さ3・22メートル、幅1・02メートル、厚さ28センチで、玉器の圭(けい)を模した上方が尖った短冊型をしている。上部には「碑穿」と呼ばれる穴が開けられ、標題には篆書(てんしょ)で「受禅表」の3文字が陽刻されている。碑文は22行、各行49文字で、文字の大きさは1寸2分(約4センチ)。後漢の献帝の譲位と曹丕(そう・ひ)が禅譲(ぜんじょう)を受け入れた史実が隷書で陰刻されている。公卿将軍上尊号奏碑は高さ3・22メートル、幅1・02メートル、厚さ32センチで、同様に圭形をしている。上部には碑穿があり、標題には篆書体で「公卿将軍上尊号奏」の8文字が陰刻されている。碑文は表面が22行、裏面が10行、各行49文字で、文字の大きさは1寸2分。魏の文武大臣が曹丕に対し、後漢に代わり帝位に就くよう奏請(そうせい)したことが隷書体で陰刻されている。二つの碑はいずれも、王朗(おう・ろう)の文、梁鵠(りょう・こく)の書、鍾繇(しょう・よう)の刻字で、文章、書道、刻字ともに傑作とされることから「三絶」碑と呼ばれる。後漢と魏の王朝交代という史実を示す歴史的価値の高い物証であることに加え、極めて高い書道芸術価値を持つ。特に鍾繇の刻字は当時の最高水準を示しており、三絶碑は唯一現存する鍾繇の真跡とされる。2001年7月には国家級文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(洛陽=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年5月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022050600755

  • 2022年05月05日
    (18)文・書・刻の傑作「三絶碑」を訪ねて河南省繁城鎮

    公卿将軍上尊号奏碑(部分)。(3月21日撮影)中国河南省漯河(らが)市臨潁(りんえい)県繁城鎮にある受禅表碑と公卿将軍上尊号奏碑は三絶碑と呼ばれ、漢献帝廟内に立っている。同県は後漢末期に都が置かれた許昌市に隣接している。受禅表碑は高さ3・22メートル、幅1・02メートル、厚さ28センチで、玉器の圭(けい)を模した上方が尖った短冊型をしている。上部には「碑穿」と呼ばれる穴が開けられ、標題には篆書(てんしょ)で「受禅表」の3文字が陽刻されている。碑文は22行、各行49文字で、文字の大きさは1寸2分(約4センチ)。後漢の献帝の譲位と曹丕(そう・ひ)が禅譲(ぜんじょう)を受け入れた史実が隷書で陰刻されている。公卿将軍上尊号奏碑は高さ3・22メートル、幅1・02メートル、厚さ32センチで、同様に圭形をしている。上部には碑穿があり、標題には篆書体で「公卿将軍上尊号奏」の8文字が陰刻されている。碑文は表面が22行、裏面が10行、各行49文字で、文字の大きさは1寸2分。魏の文武大臣が曹丕に対し、後漢に代わり帝位に就くよう奏請(そうせい)したことが隷書体で陰刻されている。二つの碑はいずれも、王朗(おう・ろう)の文、梁鵠(りょう・こく)の書、鍾繇(しょう・よう)の刻字で、文章、書道、刻字ともに傑作とされることから「三絶」碑と呼ばれる。後漢と魏の王朝交代という史実を示す歴史的価値の高い物証であることに加え、極めて高い書道芸術価値を持つ。特に鍾繇の刻字は当時の最高水準を示しており、三絶碑は唯一現存する鍾繇の真跡とされる。2001年7月には国家級文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(洛陽=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年5月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022050600757

  • 2022年05月05日
    (1)文・書・刻の傑作「三絶碑」を訪ねて河南省繁城鎮

    三絶碑風景区の入り口。(3月21日撮影)中国河南省漯河(らが)市臨潁(りんえい)県繁城鎮にある受禅表碑と公卿将軍上尊号奏碑は三絶碑と呼ばれ、漢献帝廟内に立っている。同県は後漢末期に都が置かれた許昌市に隣接している。受禅表碑は高さ3・22メートル、幅1・02メートル、厚さ28センチで、玉器の圭(けい)を模した上方が尖った短冊型をしている。上部には「碑穿」と呼ばれる穴が開けられ、標題には篆書(てんしょ)で「受禅表」の3文字が陽刻されている。碑文は22行、各行49文字で、文字の大きさは1寸2分(約4センチ)。後漢の献帝の譲位と曹丕(そう・ひ)が禅譲(ぜんじょう)を受け入れた史実が隷書で陰刻されている。公卿将軍上尊号奏碑は高さ3・22メートル、幅1・02メートル、厚さ32センチで、同様に圭形をしている。上部には碑穿があり、標題には篆書体で「公卿将軍上尊号奏」の8文字が陰刻されている。碑文は表面が22行、裏面が10行、各行49文字で、文字の大きさは1寸2分。魏の文武大臣が曹丕に対し、後漢に代わり帝位に就くよう奏請(そうせい)したことが隷書体で陰刻されている。二つの碑はいずれも、王朗(おう・ろう)の文、梁鵠(りょう・こく)の書、鍾繇(しょう・よう)の刻字で、文章、書道、刻字ともに傑作とされることから「三絶」碑と呼ばれる。後漢と魏の王朝交代という史実を示す歴史的価値の高い物証であることに加え、極めて高い書道芸術価値を持つ。特に鍾繇の刻字は当時の最高水準を示しており、三絶碑は唯一現存する鍾繇の真跡とされる。2001年7月には国家級文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(洛陽=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年5月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022050600759

  • 2022年05月05日
    (13)文・書・刻の傑作「三絶碑」を訪ねて河南省繁城鎮

    公卿将軍上尊号奏碑の側面。。(3月21日撮影)中国河南省漯河(らが)市臨潁(りんえい)県繁城鎮にある受禅表碑と公卿将軍上尊号奏碑は三絶碑と呼ばれる。それぞれ受禅台前と漢献帝廟内に立っている。同県は後漢末期に都が置かれた許昌市に隣接している。受禅表碑は高さ3・22メートル、幅1・02メートル、厚さ28センチで、玉器の圭(けい)を模した上方が尖った短冊型をしている。上部には「碑穿」と呼ばれる穴が開けられ、標題には篆書(てんしょ)で「受禅表」の3文字が陽刻されている。碑文は22行、各行49文字で、文字の大きさは1寸2分(約4センチ)。後漢の献帝の譲位と曹丕(そう・ひ)が禅譲(ぜんじょう)を受け入れた史実が隷書で陰刻されている。公卿将軍上尊号奏碑は高さ3・22メートル、幅1・02メートル、厚さ32センチで、同様に圭形をしている。上部には碑穿があり、標題には篆書体で「公卿将軍上尊号奏」の8文字が陰刻されている。碑文は表面が22行、裏面が10行、各行49文字で、文字の大きさは1寸2分。魏の文武大臣が曹丕に対し、後漢に代わり帝位に就くよう奏請(そうせい)したことが隷書体で陰刻されている。二つの碑はいずれも、王朗(おう・ろう)の文、梁鵠(りょう・こく)の書、鍾繇(しょう・よう)の刻字で、文章、書道、刻字ともに傑作とされることから「三絶」碑と呼ばれる。後漢と魏の王朝交代という史実を示す歴史的価値の高い物証であることに加え、極めて高い書道芸術価値を持つ。特に鍾繇の刻字は当時の最高水準を示しており、三絶碑は唯一現存する鍾繇の真跡とされる。2001年7月には国家級文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(洛陽=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年5月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022050600760

  • 2022年05月05日
    (11)文・書・刻の傑作「三絶碑」を訪ねて河南省繁城鎮

    正殿の内部。(3月21日撮影)中国河南省漯河(らが)市臨潁(りんえい)県繁城鎮にある受禅表碑と公卿将軍上尊号奏碑は三絶碑と呼ばれ、漢献帝廟内に立っている。同県は後漢末期に都が置かれた許昌市に隣接している。受禅表碑は高さ3・22メートル、幅1・02メートル、厚さ28センチで、玉器の圭(けい)を模した上方が尖った短冊型をしている。上部には「碑穿」と呼ばれる穴が開けられ、標題には篆書(てんしょ)で「受禅表」の3文字が陽刻されている。碑文は22行、各行49文字で、文字の大きさは1寸2分(約4センチ)。後漢の献帝の譲位と曹丕(そう・ひ)が禅譲(ぜんじょう)を受け入れた史実が隷書で陰刻されている。公卿将軍上尊号奏碑は高さ3・22メートル、幅1・02メートル、厚さ32センチで、同様に圭形をしている。上部には碑穿があり、標題には篆書体で「公卿将軍上尊号奏」の8文字が陰刻されている。碑文は表面が22行、裏面が10行、各行49文字で、文字の大きさは1寸2分。魏の文武大臣が曹丕に対し、後漢に代わり帝位に就くよう奏請(そうせい)したことが隷書体で陰刻されている。二つの碑はいずれも、王朗(おう・ろう)の文、梁鵠(りょう・こく)の書、鍾繇(しょう・よう)の刻字で、文章、書道、刻字ともに傑作とされることから「三絶」碑と呼ばれる。後漢と魏の王朝交代という史実を示す歴史的価値の高い物証であることに加え、極めて高い書道芸術価値を持つ。特に鍾繇の刻字は当時の最高水準を示しており、三絶碑は唯一現存する鍾繇の真跡とされる。2001年7月には国家級文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(洛陽=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年5月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022050600763

  • 2022年05月05日
    (6)文・書・刻の傑作「三絶碑」を訪ねて河南省繁城鎮

    受禅表碑(部分)。(3月21日撮影)中国河南省漯河(らが)市臨潁(りんえい)県繁城鎮にある受禅表碑と公卿将軍上尊号奏碑は三絶碑と呼ばれ、漢献帝廟内に立っている。同県は後漢末期に都が置かれた許昌市に隣接している。受禅表碑は高さ3・22メートル、幅1・02メートル、厚さ28センチで、玉器の圭(けい)を模した上方が尖った短冊型をしている。上部には「碑穿」と呼ばれる穴が開けられ、標題には篆書(てんしょ)で「受禅表」の3文字が陽刻されている。碑文は22行、各行49文字で、文字の大きさは1寸2分(約4センチ)。後漢の献帝の譲位と曹丕(そう・ひ)が禅譲(ぜんじょう)を受け入れた史実が隷書で陰刻されている。公卿将軍上尊号奏碑は高さ3・22メートル、幅1・02メートル、厚さ32センチで、同様に圭形をしている。上部には碑穿があり、標題には篆書体で「公卿将軍上尊号奏」の8文字が陰刻されている。碑文は表面が22行、裏面が10行、各行49文字で、文字の大きさは1寸2分。魏の文武大臣が曹丕に対し、後漢に代わり帝位に就くよう奏請(そうせい)したことが隷書体で陰刻されている。二つの碑はいずれも、王朗(おう・ろう)の文、梁鵠(りょう・こく)の書、鍾繇(しょう・よう)の刻字で、文章、書道、刻字ともに傑作とされることから「三絶」碑と呼ばれる。後漢と魏の王朝交代という史実を示す歴史的価値の高い物証であることに加え、極めて高い書道芸術価値を持つ。特に鍾繇の刻字は当時の最高水準を示しており、三絶碑は唯一現存する鍾繇の真跡とされる。2001年7月には国家級文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(洛陽=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年5月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022050600765

  • 2022年05月05日
    (17)文・書・刻の傑作「三絶碑」を訪ねて河南省繁城鎮

    公卿将軍上尊号奏碑(部分)。(3月21日撮影)中国河南省漯河(らが)市臨潁(りんえい)県繁城鎮にある受禅表碑と公卿将軍上尊号奏碑は三絶碑と呼ばれ、漢献帝廟内に立っている。同県は後漢末期に都が置かれた許昌市に隣接している。受禅表碑は高さ3・22メートル、幅1・02メートル、厚さ28センチで、玉器の圭(けい)を模した上方が尖った短冊型をしている。上部には「碑穿」と呼ばれる穴が開けられ、標題には篆書(てんしょ)で「受禅表」の3文字が陽刻されている。碑文は22行、各行49文字で、文字の大きさは1寸2分(約4センチ)。後漢の献帝の譲位と曹丕(そう・ひ)が禅譲(ぜんじょう)を受け入れた史実が隷書で陰刻されている。公卿将軍上尊号奏碑は高さ3・22メートル、幅1・02メートル、厚さ32センチで、同様に圭形をしている。上部には碑穿があり、標題には篆書体で「公卿将軍上尊号奏」の8文字が陰刻されている。碑文は表面が22行、裏面が10行、各行49文字で、文字の大きさは1寸2分。魏の文武大臣が曹丕に対し、後漢に代わり帝位に就くよう奏請(そうせい)したことが隷書体で陰刻されている。二つの碑はいずれも、王朗(おう・ろう)の文、梁鵠(りょう・こく)の書、鍾繇(しょう・よう)の刻字で、文章、書道、刻字ともに傑作とされることから「三絶」碑と呼ばれる。後漢と魏の王朝交代という史実を示す歴史的価値の高い物証であることに加え、極めて高い書道芸術価値を持つ。特に鍾繇の刻字は当時の最高水準を示しており、三絶碑は唯一現存する鍾繇の真跡とされる。2001年7月には国家級文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(洛陽=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年5月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022050600767

  • 2022年05月05日
    (20)文・書・刻の傑作「三絶碑」を訪ねて河南省繁城鎮

    公卿将軍上尊号奏碑拓本の印刷版。(3月21日撮影)中国河南省漯河(らが)市臨潁(りんえい)県繁城鎮にある受禅表碑と公卿将軍上尊号奏碑は三絶碑と呼ばれ、漢献帝廟内に立っている。同県は後漢末期に都が置かれた許昌市に隣接している。受禅表碑は高さ3・22メートル、幅1・02メートル、厚さ28センチで、玉器の圭(けい)を模した上方が尖った短冊型をしている。上部には「碑穿」と呼ばれる穴が開けられ、標題には篆書(てんしょ)で「受禅表」の3文字が陽刻されている。碑文は22行、各行49文字で、文字の大きさは1寸2分(約4センチ)。後漢の献帝の譲位と曹丕(そう・ひ)が禅譲(ぜんじょう)を受け入れた史実が隷書で陰刻されている。公卿将軍上尊号奏碑は高さ3・22メートル、幅1・02メートル、厚さ32センチで、同様に圭形をしている。上部には碑穿があり、標題には篆書体で「公卿将軍上尊号奏」の8文字が陰刻されている。碑文は表面が22行、裏面が10行、各行49文字で、文字の大きさは1寸2分。魏の文武大臣が曹丕に対し、後漢に代わり帝位に就くよう奏請(そうせい)したことが隷書体で陰刻されている。二つの碑はいずれも、王朗(おう・ろう)の文、梁鵠(りょう・こく)の書、鍾繇(しょう・よう)の刻字で、文章、書道、刻字ともに傑作とされることから「三絶」碑と呼ばれる。後漢と魏の王朝交代という史実を示す歴史的価値の高い物証であることに加え、極めて高い書道芸術価値を持つ。特に鍾繇の刻字は当時の最高水準を示しており、三絶碑は唯一現存する鍾繇の真跡とされる。2001年7月には国家級文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(洛陽=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年5月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022050600770

  • 2022年05月05日
    (16)文・書・刻の傑作「三絶碑」を訪ねて河南省繁城鎮

    公卿将軍上尊号奏碑(部分)。(3月21日撮影)中国河南省漯河(らが)市臨潁(りんえい)県繁城鎮にある受禅表碑と公卿将軍上尊号奏碑は三絶碑と呼ばれ、漢献帝廟内に立っている。同県は後漢末期に都が置かれた許昌市に隣接している。受禅表碑は高さ3・22メートル、幅1・02メートル、厚さ28センチで、玉器の圭(けい)を模した上方が尖った短冊型をしている。上部には「碑穿」と呼ばれる穴が開けられ、標題には篆書(てんしょ)で「受禅表」の3文字が陽刻されている。碑文は22行、各行49文字で、文字の大きさは1寸2分(約4センチ)。後漢の献帝の譲位と曹丕(そう・ひ)が禅譲(ぜんじょう)を受け入れた史実が隷書で陰刻されている。公卿将軍上尊号奏碑は高さ3・22メートル、幅1・02メートル、厚さ32センチで、同様に圭形をしている。上部には碑穿があり、標題には篆書体で「公卿将軍上尊号奏」の8文字が陰刻されている。碑文は表面が22行、裏面が10行、各行49文字で、文字の大きさは1寸2分。魏の文武大臣が曹丕に対し、後漢に代わり帝位に就くよう奏請(そうせい)したことが隷書体で陰刻されている。二つの碑はいずれも、王朗(おう・ろう)の文、梁鵠(りょう・こく)の書、鍾繇(しょう・よう)の刻字で、文章、書道、刻字ともに傑作とされることから「三絶」碑と呼ばれる。後漢と魏の王朝交代という史実を示す歴史的価値の高い物証であることに加え、極めて高い書道芸術価値を持つ。特に鍾繇の刻字は当時の最高水準を示しており、三絶碑は唯一現存する鍾繇の真跡とされる。2001年7月には国家級文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(洛陽=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年5月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022050600756

  • 2022年05月05日
    (21)文・書・刻の傑作「三絶碑」を訪ねて河南省繁城鎮

    公卿将軍上尊号奏碑と受禅表碑。(3月21日撮影)中国河南省漯河(らが)市臨潁(りんえい)県繁城鎮にある受禅表碑と公卿将軍上尊号奏碑は三絶碑と呼ばれ、漢献帝廟内に立っている。同県は後漢末期に都が置かれた許昌市に隣接している。受禅表碑は高さ3・22メートル、幅1・02メートル、厚さ28センチで、玉器の圭(けい)を模した上方が尖った短冊型をしている。上部には「碑穿」と呼ばれる穴が開けられ、標題には篆書(てんしょ)で「受禅表」の3文字が陽刻されている。碑文は22行、各行49文字で、文字の大きさは1寸2分(約4センチ)。後漢の献帝の譲位と曹丕(そう・ひ)が禅譲(ぜんじょう)を受け入れた史実が隷書で陰刻されている。公卿将軍上尊号奏碑は高さ3・22メートル、幅1・02メートル、厚さ32センチで、同様に圭形をしている。上部には碑穿があり、標題には篆書体で「公卿将軍上尊号奏」の8文字が陰刻されている。碑文は表面が22行、裏面が10行、各行49文字で、文字の大きさは1寸2分。魏の文武大臣が曹丕に対し、後漢に代わり帝位に就くよう奏請(そうせい)したことが隷書体で陰刻されている。二つの碑はいずれも、王朗(おう・ろう)の文、梁鵠(りょう・こく)の書、鍾繇(しょう・よう)の刻字で、文章、書道、刻字ともに傑作とされることから「三絶」碑と呼ばれる。後漢と魏の王朝交代という史実を示す歴史的価値の高い物証であることに加え、極めて高い書道芸術価値を持つ。特に鍾繇の刻字は当時の最高水準を示しており、三絶碑は唯一現存する鍾繇の真跡とされる。2001年7月には国家級文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(洛陽=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年5月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022050600761

  • 2022年05月05日
    (15)文・書・刻の傑作「三絶碑」を訪ねて河南省繁城鎮

    公卿将軍上尊号奏碑の裏面(部分)。(3月21日撮影)中国河南省漯河(らが)市臨潁(りんえい)県繁城鎮にある受禅表碑と公卿将軍上尊号奏碑は三絶碑と呼ばれ、漢献帝廟内に立っている。同県は後漢末期に都が置かれた許昌市に隣接している。受禅表碑は高さ3・22メートル、幅1・02メートル、厚さ28センチで、玉器の圭(けい)を模した上方が尖った短冊型をしている。上部には「碑穿」と呼ばれる穴が開けられ、標題には篆書(てんしょ)で「受禅表」の3文字が陽刻されている。碑文は22行、各行49文字で、文字の大きさは1寸2分(約4センチ)。後漢の献帝の譲位と曹丕(そう・ひ)が禅譲(ぜんじょう)を受け入れた史実が隷書で陰刻されている。公卿将軍上尊号奏碑は高さ3・22メートル、幅1・02メートル、厚さ32センチで、同様に圭形をしている。上部には碑穿があり、標題には篆書体で「公卿将軍上尊号奏」の8文字が陰刻されている。碑文は表面が22行、裏面が10行、各行49文字で、文字の大きさは1寸2分。魏の文武大臣が曹丕に対し、後漢に代わり帝位に就くよう奏請(そうせい)したことが隷書体で陰刻されている。二つの碑はいずれも、王朗(おう・ろう)の文、梁鵠(りょう・こく)の書、鍾繇(しょう・よう)の刻字で、文章、書道、刻字ともに傑作とされることから「三絶」碑と呼ばれる。後漢と魏の王朝交代という史実を示す歴史的価値の高い物証であることに加え、極めて高い書道芸術価値を持つ。特に鍾繇の刻字は当時の最高水準を示しており、三絶碑は唯一現存する鍾繇の真跡とされる。2001年7月には国家級文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(洛陽=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年5月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022050600752

  • 2022年05月05日
    (19)文・書・刻の傑作「三絶碑」を訪ねて河南省繁城鎮

    公卿将軍上尊号奏碑(部分)。(3月21日撮影)中国河南省漯河(らが)市臨潁(りんえい)県繁城鎮にある受禅表碑と公卿将軍上尊号奏碑は三絶碑と呼ばれ、漢献帝廟内に立っている。同県は後漢末期に都が置かれた許昌市に隣接している。受禅表碑は高さ3・22メートル、幅1・02メートル、厚さ28センチで、玉器の圭(けい)を模した上方が尖った短冊型をしている。上部には「碑穿」と呼ばれる穴が開けられ、標題には篆書(てんしょ)で「受禅表」の3文字が陽刻されている。碑文は22行、各行49文字で、文字の大きさは1寸2分(約4センチ)。後漢の献帝の譲位と曹丕(そう・ひ)が禅譲(ぜんじょう)を受け入れた史実が隷書で陰刻されている。公卿将軍上尊号奏碑は高さ3・22メートル、幅1・02メートル、厚さ32センチで、同様に圭形をしている。上部には碑穿があり、標題には篆書体で「公卿将軍上尊号奏」の8文字が陰刻されている。碑文は表面が22行、裏面が10行、各行49文字で、文字の大きさは1寸2分。魏の文武大臣が曹丕に対し、後漢に代わり帝位に就くよう奏請(そうせい)したことが隷書体で陰刻されている。二つの碑はいずれも、王朗(おう・ろう)の文、梁鵠(りょう・こく)の書、鍾繇(しょう・よう)の刻字で、文章、書道、刻字ともに傑作とされることから「三絶」碑と呼ばれる。後漢と魏の王朝交代という史実を示す歴史的価値の高い物証であることに加え、極めて高い書道芸術価値を持つ。特に鍾繇の刻字は当時の最高水準を示しており、三絶碑は唯一現存する鍾繇の真跡とされる。2001年7月には国家級文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(洛陽=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年5月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022050600764

  • 2022年05月05日
    (5)文・書・刻の傑作「三絶碑」を訪ねて河南省繁城鎮

    受禅表碑。(3月21日撮影)中国河南省漯河(らが)市臨潁(りんえい)県繁城鎮にある受禅表碑と公卿将軍上尊号奏碑は三絶碑と呼ばれ、漢献帝廟内に立っている。同県は後漢末期に都が置かれた許昌市に隣接している。受禅表碑は高さ3・22メートル、幅1・02メートル、厚さ28センチで、玉器の圭(けい)を模した上方が尖った短冊型をしている。上部には「碑穿」と呼ばれる穴が開けられ、標題には篆書(てんしょ)で「受禅表」の3文字が陽刻されている。碑文は22行、各行49文字で、文字の大きさは1寸2分(約4センチ)。後漢の献帝の譲位と曹丕(そう・ひ)が禅譲(ぜんじょう)を受け入れた史実が隷書で陰刻されている。公卿将軍上尊号奏碑は高さ3・22メートル、幅1・02メートル、厚さ32センチで、同様に圭形をしている。上部には碑穿があり、標題には篆書体で「公卿将軍上尊号奏」の8文字が陰刻されている。碑文は表面が22行、裏面が10行、各行49文字で、文字の大きさは1寸2分。魏の文武大臣が曹丕に対し、後漢に代わり帝位に就くよう奏請(そうせい)したことが隷書体で陰刻されている。二つの碑はいずれも、王朗(おう・ろう)の文、梁鵠(りょう・こく)の書、鍾繇(しょう・よう)の刻字で、文章、書道、刻字ともに傑作とされることから「三絶」碑と呼ばれる。後漢と魏の王朝交代という史実を示す歴史的価値の高い物証であることに加え、極めて高い書道芸術価値を持つ。特に鍾繇の刻字は当時の最高水準を示しており、三絶碑は唯一現存する鍾繇の真跡とされる。2001年7月には国家級文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(洛陽=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年5月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022050600766

  • 1