KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージリンク

お問い合わせ
03-6252-6224
平日9:30-18:00
  • 記者
  • 令和
  • 修繕
  • 歴史
  • 企業
  • 小麦粉
  • 村民
  • 食べ物
  • ちまき
  • ゆとり

「許雄」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
25
( 1 25 件を表示)
  • 1
25
( 1 25 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  •  「新華社」山西省では何にでもお酢!?こんな月餅を発見
    00:50.88
    2019年09月18日
    「新華社」山西省では何にでもお酢!?こんな月餅を発見

    中国の伝統的な祝日「中秋節」(旧暦8月15日、今年は9月13日)を迎え、山西省太原市にある食品工場が同省の特産である黒酢を使った「老陳酢月餅」を発売した。「老陳酢月餅」の皮は黄金色で、小麦粉を用いて手作業でこねて作られる。きめ細かくサクサクしているのが伝統的な山西省で作られる「晋(しん)式月餅」の皮の特長。焼いた後の月餅は黄金色に輝き、とても香りが良い。中の具には10種類以上の材料が使われ、8年熟成させたアルコール度数8度の酢も加えられる。スタッフによると、山西老陳酢を加えた月餅は酸っぱくなく、さっぱりした味だという。(記者/魏飈、許雄)<映像内容>黒酢を使った「老陳酢月餅」調理の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019091904855

  •  「新華社」空から見た中国エネルギー輸送の新ルート浩吉鉄道
    01:15.52
    2019年09月28日
    「新華社」空から見た中国エネルギー輸送の新ルート浩吉鉄道

    中国内モンゴル自治区オルドス市の浩勒報吉と江西省吉安市を結ぶ浩吉鉄道が28日、開通し運営を開始した。1回の工事で敷設された鉄道としては、営業距離が世界最長の重輸送鉄道になる。今回の開通で中国の鉄道地図には南北を貫く新たなエネルギー輸送幹線がまた一つ追加された。同鉄道の総延長は1813・5キロ。内モンゴルと陝西省、甘粛省、寧夏回族自治区からなるエネルギーの「黄金の三角地帯」と湖北省や湖南省、江西省など華中地域を結ぶ中国の第12次5カ年計画と「中長期鉄道網計画」における重要プロジェクトであり、北部の石炭を南部に輸送する「北煤南運」国家戦略輸送ルートと中国の総合交通運輸体系の重要な構成要素でもある。(記者/許雄、徐偉)<映像内容>浩吉鉄道の風景、撮影日:2019(令和元)年9月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019100206562

  •  村民に富をもたらす無形文化遺産「聞喜花饃」山西省聞喜県
    2020年01月21日
    村民に富をもたらす無形文化遺産「聞喜花饃」山西省聞喜県

    21日、「花饃」に飾る果物をかたどった細工物。「花饃(ホワモー、さまざまな装飾を施した中国風蒸しパン)の里」と称される中国山西省運城市聞喜県の国家級無形文化遺産「聞喜花饃」は、千年以上の歴史を持つ。主に現地産の良質な小麦粉を練って作った生地をさまざまな手法で花や果物、人物、動物などの形に整え、それを蒸して乾燥させ、色付けして作られた作品は、生き生きとした魅力にあふれている。近年、「聞喜花饃」は一つの産業として確立しており、同県には18の企業と「専業合作社」(日本の協同組合にあたる組織)がある。現在、「聞喜花饃」作りに携わる職人は千人以上、関連業界の従業員は1万人以上に達し、年間売上高は2億元(1元=約16円)を上回る。「聞喜花饃」はすでに現地の人々に豊かさをもたらす「道」となっている。(運城=新華社記者/許雄)=2020(令和2)年1月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020020300521

  •  村民に富をもたらす無形文化遺産「聞喜花饃」山西省聞喜県
    2020年01月21日
    村民に富をもたらす無形文化遺産「聞喜花饃」山西省聞喜県

    21日、竜をかたどった中国民間伝統芸術の一つ「面塑」(しん粉細工、もち米と小麦粉を練って作った人形)の作品。「花饃(ホワモー、さまざまな装飾を施した中国風蒸しパン)の里」と称される中国山西省運城市聞喜県の国家級無形文化遺産「聞喜花饃」は、千年以上の歴史を持つ。主に現地産の良質な小麦粉を練って作った生地をさまざまな手法で花や果物、人物、動物などの形に整え、それを蒸して乾燥させ、色付けして作られた作品は、生き生きとした魅力にあふれている。近年、「聞喜花饃」は一つの産業として確立しており、同県には18の企業と「専業合作社」(日本の協同組合にあたる組織)がある。現在、「聞喜花饃」作りに携わる職人は千人以上、関連業界の従業員は1万人以上に達し、年間売上高は2億元(1元=約16円)を上回る。「聞喜花饃」はすでに現地の人々に豊かさをもたらす「道」となっている。(運城=新華社記者/許雄)=2020(令和2)年1月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020020300452

  •  村民に富をもたらす無形文化遺産「聞喜花饃」山西省聞喜県
    2020年01月21日
    村民に富をもたらす無形文化遺産「聞喜花饃」山西省聞喜県

    21日、生き生きとした魅力にあふれる「面塑」(しん粉細工、もち米と小麦粉を練って作った人形)作品の数々。「花饃(ホワモー、さまざまな装飾を施した中国風蒸しパン)の里」と称される中国山西省運城市聞喜県の国家級無形文化遺産「聞喜花饃」は、千年以上の歴史を持つ。主に現地産の良質な小麦粉を練って作った生地をさまざまな手法で花や果物、人物、動物などの形に整え、それを蒸して乾燥させ、色付けして作られた作品は、生き生きとした魅力にあふれている。近年、「聞喜花饃」は一つの産業として確立しており、同県には18の企業と「専業合作社」(日本の協同組合にあたる組織)がある。現在、「聞喜花饃」作りに携わる職人は千人以上、関連業界の従業員は1万人以上に達し、年間売上高は2億元(1元=約16円)を上回る。「聞喜花饃」はすでに現地の人々に豊かさをもたらす「道」となっている。(運城=新華社記者/許雄)=2020(令和2)年1月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020020300445

  •  「新華社」鮮やかな中国式蒸しパンで新年を祝う山西省
    00:53.08
    2020年01月27日
    「新華社」鮮やかな中国式蒸しパンで新年を祝う山西省

    中国山西省の南部地域では、年越しや祭日、結婚式、誕生日のお祝いの際に、さまざまなデザインがあしらわれた中国式蒸しパン「花饃」を作るという伝統的な風習がある。調理師は新鮮な野菜や果物のしぼり汁を小麦粉に加え、鮮やかな色の生地を作る。そして熟練の技で生地をもんだり、つねったりして人物や花、動物、果物などの形に整え、蒸した後で冷やし「花饃」は完成する。(記者/魏飈、許雄)<映像内容>中国式蒸しパン「花饃」の調理の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020012800734

  •  「新華社」村民に富をもたらす無形文化遺産「聞喜花饃」山西省聞喜県
    01:16.79
    2020年02月03日
    「新華社」村民に富をもたらす無形文化遺産「聞喜花饃」山西省聞喜県

    「花饃(ホワモー、さまざまな装飾を施した中国風蒸しパン)の里」と称される中国山西省運城市聞喜県の国家級無形文化遺産「聞喜花饃」は、千年以上の歴史を持つ。主に現地産の良質な小麦粉を練って作った生地をさまざまな手法で花や果物、人物、動物などの形に整え、それを蒸して乾燥させ、色付けして作られた作品は、生き生きとした魅力にあふれている。近年、「聞喜花饃」は一つの産業として確立しており、同県には18の企業と「専業合作社」(日本の協同組合にあたる組織)がある。現在、「聞喜花饃」作りに携わる職人は千人以上、関連業界の従業員は1万人以上に達し、年間売上高は2億元(1元=約16円)を上回る。「聞喜花饃」はすでに現地の人々に豊かさをもたらす「道」となっている。(記者/魏飈、許雄)<映像内容>聞喜花饃作りの様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020020505534

  •  日本式洋館の修復完成、初期鉄道古写真展を開催山西省太原市
    2020年05月26日
    日本式洋館の修復完成、初期鉄道古写真展を開催山西省太原市

    5月26日、教場巷の日本式住宅内に設置された、当時の技術者が話し合う様子を再現したろう人形。中国山西省太原市教場巷22号にある日本式住宅がこのほど修繕を終え、「博物館」として一般公開された。百年前、同省で鉄道建設に携わった外国人技術者が暮らした建物は、中国の鉄道敷設史を今に伝えている。敷地面積は900平方メートル余りで、本館は敷地中央に南向きに建てられており、地上2階建て。地下にはボイラー室と倉庫があり、周囲にはさまざまな付帯する建物がそろっている。現在、中国の鉄道発展を見つめた歴史の証人とも言えるこの建物では、山西省初期鉄道古写真展が開催されており、写真と実物展示で同省の初期鉄道建設の歴史を紹介している。中にはろう人形を使った展示もあり、当時の技術者たちが図面を描いたり、工事計画について話し合ったり、客を迎えたりする場面が生き生きと再現されている。(太原=新華社記者/許雄)=2020(令和2)年5月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020060402061

  •  日本式洋館の修復完成、初期鉄道古写真展を開催山西省太原市
    2020年05月26日
    日本式洋館の修復完成、初期鉄道古写真展を開催山西省太原市

    5月26日、教場巷の日本式住宅内に設置された、当時の鉄道建設に携わった人々の様子を再現したろう人形。中国山西省太原市教場巷22号にある日本式住宅がこのほど修繕を終え、「博物館」として一般公開された。百年前、同省で鉄道建設に携わった外国人技術者が暮らした建物は、中国の鉄道敷設史を今に伝えている。敷地面積は900平方メートル余りで、本館は敷地中央に南向きに建てられており、地上2階建て。地下にはボイラー室と倉庫があり、周囲にはさまざまな付帯する建物がそろっている。現在、中国の鉄道発展を見つめた歴史の証人とも言えるこの建物では、山西省初期鉄道古写真展が開催されており、写真と実物展示で同省の初期鉄道建設の歴史を紹介している。中にはろう人形を使った展示もあり、当時の技術者たちが図面を描いたり、工事計画について話し合ったり、客を迎えたりする場面が生き生きと再現されている。(太原=新華社記者/許雄)=2020(令和2)年5月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020060401995

  •  日本式洋館の修復完成、初期鉄道古写真展を開催山西省太原市
    2020年05月29日
    日本式洋館の修復完成、初期鉄道古写真展を開催山西省太原市

    5月29日、教場巷の日本式住宅内に展示された当時の品物。中国山西省太原市教場巷22号にある日本式住宅がこのほど修繕を終え、「博物館」として一般公開された。百年前、同省で鉄道建設に携わった外国人技術者が暮らした建物は、中国の鉄道敷設史を今に伝えている。敷地面積は900平方メートル余りで、本館は敷地中央に南向きに建てられており、地上2階建て。地下にはボイラー室と倉庫があり、周囲にはさまざまな付帯する建物がそろっている。現在、中国の鉄道発展を見つめた歴史の証人とも言えるこの建物では、山西省初期鉄道古写真展が開催されており、写真と実物展示で同省の初期鉄道建設の歴史を紹介している。中にはろう人形を使った展示もあり、当時の技術者たちが図面を描いたり、工事計画について話し合ったり、客を迎えたりする場面が生き生きと再現されている。(太原=新華社記者/許雄)=2020(令和2)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020060401996

  •  日本式洋館の修復完成、初期鉄道古写真展を開催山西省太原市
    2020年05月29日
    日本式洋館の修復完成、初期鉄道古写真展を開催山西省太原市

    5月29日、教場巷の日本式住宅内に展示された古い電話機。中国山西省太原市教場巷22号にある日本式住宅がこのほど修繕を終え、「博物館」として一般公開された。百年前、同省で鉄道建設に携わった外国人技術者が暮らした建物は、中国の鉄道敷設史を今に伝えている。敷地面積は900平方メートル余りで、本館は敷地中央に南向きに建てられており、地上2階建て。地下にはボイラー室と倉庫があり、周囲にはさまざまな付帯する建物がそろっている。現在、中国の鉄道発展を見つめた歴史の証人とも言えるこの建物では、山西省初期鉄道古写真展が開催されており、写真と実物展示で同省の初期鉄道建設の歴史を紹介している。中にはろう人形を使った展示もあり、当時の技術者たちが図面を描いたり、工事計画について話し合ったり、客を迎えたりする場面が生き生きと再現されている。(太原=新華社記者/許雄)=2020(令和2)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020060402126

  •  日本式洋館の修復完成、初期鉄道古写真展を開催山西省太原市
    2020年05月29日
    日本式洋館の修復完成、初期鉄道古写真展を開催山西省太原市

    5月29日、教場巷の日本式住宅で開催中の山西省初期鉄道古写真展。中国山西省太原市教場巷22号にある日本式住宅がこのほど修繕を終え、「博物館」として一般公開された。百年前、同省で鉄道建設に携わった外国人技術者が暮らした建物は、中国の鉄道敷設史を今に伝えている。敷地面積は900平方メートル余りで、本館は敷地中央に南向きに建てられており、地上2階建て。地下にはボイラー室と倉庫があり、周囲にはさまざまな付帯する建物がそろっている。現在、中国の鉄道発展を見つめた歴史の証人とも言えるこの建物では、山西省初期鉄道古写真展が開催されており、写真と実物展示で同省の初期鉄道建設の歴史を紹介している。中にはろう人形を使った展示もあり、当時の技術者たちが図面を描いたり、工事計画について話し合ったり、客を迎えたりする場面が生き生きと再現されている。(太原=新華社記者/許雄)=2020(令和2)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020060402151

  •  ちまきで切り開いた貧困脱却の道山西省前青塘村
    2020年06月18日
    ちまきで切り開いた貧困脱却の道山西省前青塘村

    18日、前青塘村の一面に広がるヨシ原。山西省呂梁市臨県にある前青塘(ぜんせいとう)村はここ数年、住民がちまきを作って販売することで貧困から脱却し、小康(ややゆとりのある)社会への道を歩んでいる。(臨県=新華社記者/許雄)=2020(令和2)年6月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020063002246

  •  ちまきで切り開いた貧困脱却の道山西省前青塘村
    2020年06月18日
    ちまきで切り開いた貧困脱却の道山西省前青塘村

    18日、前青塘村の工場でちまきを鍋に入れる村民。山西省呂梁市臨県にある前青塘(ぜんせいとう)村はここ数年、住民がちまきを作って販売することで貧困から脱却し、小康(ややゆとりのある)社会への道を歩んでいる。(臨県=新華社記者/許雄)=2020(令和2)年6月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020063002034

  •  ちまきで切り開いた貧困脱却の道山西省前青塘村
    2020年06月18日
    ちまきで切り開いた貧困脱却の道山西省前青塘村

    18日、前青塘村にあるちまき工場。山西省呂梁市臨県にある前青塘(ぜんせいとう)村はここ数年、住民がちまきを作って販売することで貧困から脱却し、小康(ややゆとりのある)社会への道を歩んでいる。(臨県=新華社記者/許雄)=2020(令和2)年6月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020063002227

  •  ちまきで切り開いた貧困脱却の道山西省前青塘村
    2020年06月18日
    ちまきで切り開いた貧困脱却の道山西省前青塘村

    18日、前青塘村のちまき工場でちまきを作る従業員。山西省呂梁市臨県にある前青塘(ぜんせいとう)村はここ数年、住民がちまきを作って販売することで貧困から脱却し、小康(ややゆとりのある)社会への道を歩んでいる。(臨県=新華社記者/許雄)=2020(令和2)年6月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020063002152

  •  ちまきで切り開いた貧困脱却の道山西省前青塘村
    2020年06月19日
    ちまきで切り開いた貧困脱却の道山西省前青塘村

    19日、前青塘村の入り口で、ちまきを並べて販売する村民。山西省呂梁市臨県にある前青塘(ぜんせいとう)村はここ数年、住民がちまきを作って販売することで貧困から脱却し、小康(ややゆとりのある)社会への道を歩んでいる。(臨県=新華社記者/許雄)=2020(令和2)年6月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020063002105

  •  山西省、石炭採掘の危険な作業をロボットに産学連携を加速
    2020年11月25日
    山西省、石炭採掘の危険な作業をロボットに産学連携を加速

    山西省の企業が研究開発した鉱山用の巡回検査ロボット。(資料写真)中国有数の石炭産地、山西省の工業・情報化庁は24日、人手に頼っていた炭鉱での危険な作業をロボットに代替させる取り組みを促進する方針を示した。炭鉱ロボットの新たな装備の研究を巡る産学研用(企業・大学・研究機関・実用化)の連携レベルを全面的に引き上げる。(太原=新華社記者/許雄)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020112604289

  •  山西省、石炭採掘の危険な作業をロボットに産学連携を加速
    2020年11月25日
    山西省、石炭採掘の危険な作業をロボットに産学連携を加速

    山西省の石炭企業、晋能控股煤業集団が開発する鉱山の洗炭場を巡回検査するロボット。(資料写真)中国有数の石炭産地、山西省の工業・情報化庁は24日、人手に頼っていた炭鉱での危険な作業をロボットに代替させる取り組みを促進する方針を示した。炭鉱ロボットの新たな装備の研究を巡る産学研用(企業・大学・研究機関・実用化)の連携レベルを全面的に引き上げる。(太原=新華社記者/許雄)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020112604202

  •  山西省、石炭採掘の危険な作業をロボットに産学連携を加速
    2020年11月25日
    山西省、石炭採掘の危険な作業をロボットに産学連携を加速

    山西省の石炭企業、晋能控股煤業集団が保有する炭鉱の巡回検査ロボット。(資料写真)中国有数の石炭産地、山西省の工業・情報化庁は24日、人手に頼っていた炭鉱での危険な作業をロボットに代替させる取り組みを促進する方針を示した。炭鉱ロボットの新たな装備の研究を巡る産学研用(企業・大学・研究機関・実用化)の連携レベルを全面的に引き上げる。(太原=新華社記者/許雄)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020112604324

  •  山西省、石炭採掘の危険な作業をロボットに産学連携を加速
    2020年11月25日
    山西省、石炭採掘の危険な作業をロボットに産学連携を加速

    山西省の石炭企業、晋能控股煤業集団が開発する鉱山のポンプ室を巡回検査するロボット。(資料写真)中国有数の石炭産地、山西省の工業・情報化庁は24日、人手に頼っていた炭鉱での危険な作業をロボットに代替させる取り組みを促進する方針を示した。炭鉱ロボットの新たな装備の研究を巡る産学研用(企業・大学・研究機関・実用化)の連携レベルを全面的に引き上げる。(太原=新華社記者/許雄)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020112604299

  •  (4)唐代名相の功績示す公園が一般開放山西省太原市
    2021年01月03日
    (4)唐代名相の功績示す公園が一般開放山西省太原市

    12月25日、狄仁傑文化公園にある狄梁公祠の前院正殿。中国山西省太原市にある狄仁傑(てき・じんけつ)文化公園が、1年余りの修繕・拡張工事を経て、このほど一般開放された。狄仁傑は唐から武周時代にかけての政治家で、園内にゆかりの施設がある。(太原=新華社記者/許雄)= 配信日: 2021(令和3)年1月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021010400215

  •  (1)唐代名相の功績示す公園が一般開放山西省太原市
    2021年01月03日
    (1)唐代名相の功績示す公園が一般開放山西省太原市

    12月25日、狄仁傑文化公園を訪れた観光客。中国山西省太原市にある狄仁傑(てき・じんけつ)文化公園が、1年余りの修繕・拡張工事を経て、このほど一般開放された。狄仁傑は唐から武周時代にかけての政治家で、園内にゆかりの施設がある。(太原=新華社記者/許雄)= 配信日: 2021(令和3)年1月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021010400244

  •  (2)唐代名相の功績示す公園が一般開放山西省太原市
    2021年01月03日
    (2)唐代名相の功績示す公園が一般開放山西省太原市

    12月25日、狄仁傑文化公園にある唐槐(唐代のエンジュ)。後ろに見えるのは狄公故居。中国山西省太原市にある狄仁傑(てき・じんけつ)文化公園が、1年余りの修繕・拡張工事を経て、このほど一般開放された。狄仁傑は唐から武周時代にかけての政治家で、園内にゆかりの施設がある。(太原=新華社記者/許雄)= 配信日: 2021(令和3)年1月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021010400056

  •  (3)唐代名相の功績示す公園が一般開放山西省太原市
    2021年01月03日
    (3)唐代名相の功績示す公園が一般開放山西省太原市

    12月25日、狄仁傑文化公園の正門。中国山西省太原市にある狄仁傑(てき・じんけつ)文化公園が、1年余りの修繕・拡張工事を経て、このほど一般開放された。狄仁傑は唐から武周時代にかけての政治家で、園内にゆかりの施設がある。(太原=新華社記者/許雄)= 配信日: 2021(令和3)年1月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021010400227

  • 1