KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 令和
  • 指定
  • 経典
  • 重要文化財
  • 空海
  • こん
  • りゅうじ
  • 一行
  • 不空
  • 仏教寺院

「訳経」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
31
( 1 31 件を表示)
  • 1
31
( 1 31 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2019年11月05日
    中国の日本語翻訳専門家、北京で研修セミナー

    5日、第4期中国時事用語翻訳上級研修セミナー(日本語)の会場。中国の当代中国・世界研究院と中国翻訳協会が共催する第4期中国時事用語翻訳上級研修セミナー(日本語)が5、6両日、北京で開催された。中央外事機関の翻訳者、国内大学教師と学生、中国翻訳協会会員および各分野の翻訳従事者約100人が参加した。中国共産党中央党史・文献研究院日本語処の謝海静(しゃ・かいせい)処長や外文出版社の郝慧琴(かく・けいきん)日本語首席専門家らが自らの翻訳経験を踏まえ、中国語の政治・時事用語の日本語訳出方法や難点、要点などについて講義した。(北京=新華社配信)=2019(令和元)年11月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019110701270

  • 2019年11月06日
    中国の日本語翻訳専門家、北京で研修セミナー

    6日、セミナーで発言する受講生。中国の当代中国・世界研究院と中国翻訳協会が共催する第4期中国時事用語翻訳上級研修セミナー(日本語)が5、6両日、北京で開催された。中央外事機関の翻訳者、国内大学教師と学生、中国翻訳協会会員および各分野の翻訳従事者約100人が参加した。中国共産党中央党史・文献研究院日本語処の謝海静(しゃ・かいせい)処長や外文出版社の郝慧琴(かく・けいきん)日本語首席専門家らが自らの翻訳経験を踏まえ、中国語の政治・時事用語の日本語訳出方法や難点、要点などについて講義した。(北京=新華社配信)=2019(令和元)年11月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019110701381

  • 2021年08月23日
    (6)真言宗の祖庭、大興善寺を訪ねて陝西省西安市

    大興善寺の山門。(2020年1月19日撮影)中国陝西省西安市にある大興善寺は、西晋武帝の泰始2(266)年に創建された。当初は遵善寺と呼ばれ、西安に現存する最も古い仏教寺院の一つとされる。隋文帝が開皇年間(581~600)に大興城を築いた際に大興善寺と改名された。大興善寺は隋唐時代の国立訳経場で、唐玄宗の開元年間(713~741)には「開元三大師」と呼ばれる密教の始祖、善無畏(ぜんむい)、金剛智(こんごうち)、不空(ふくう)が前後して同寺に入り、経典を翻訳し密教の普及に努めた。その後、一行(いちぎょう)と恵果(けいか)によって唐代密教が形成されると、空海や最澄などの留学僧が日本や韓国へ伝えた。同寺は青竜寺(せいりゅうじ)と並ぶ密教の中心道場として知られる。空海が留学期間に大興善寺で教えを受け、帰国後に密教を広めたことから、同寺は日本真言宗の祖庭ともされる。大興善寺は1956年、陝西省の重点文物保護単位(重要文化財)となり、83年には国務院により全国重点開放寺院の一つに指定された。(西安=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年8月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021082410436

  • 2021年08月23日
    (16)真言宗の祖庭、大興善寺を訪ねて陝西省西安市

    大興善寺境内に立つ唐大興善寺大弁正広智三蔵国師碑。(2020年1月19日撮影)中国陝西省西安市にある大興善寺は、西晋武帝の泰始2(266)年に創建された。当初は遵善寺と呼ばれ、西安に現存する最も古い仏教寺院の一つとされる。隋文帝が開皇年間(581~600)に大興城を築いた際に大興善寺と改名された。大興善寺は隋唐時代の国立訳経場で、唐玄宗の開元年間(713~741)には「開元三大士」と呼ばれる密教の始祖、善無畏(ぜんむい)、金剛智(こんごうち)、不空(ふくう)が前後して同寺に入り、経典を翻訳し密教の普及に努めた。その後、一行(いちぎょう)と恵果(けいか)によって唐代密教が形成されると、空海や最澄などの留学僧が日本や韓国へ伝えた。同寺は青竜寺(せいりゅうじ)と並ぶ密教の中心道場として知られる。空海が留学期間に大興善寺で教えを受け、帰国後に密教を広めたことから、同寺は日本真言宗の祖庭ともされる。大興善寺は1956年、陝西省の重点文物保護単位(重要文化財)となり、83年には国務院により全国重点開放寺院の一つに指定された。(西安=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年8月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021082410379

  • 2021年08月23日
    (3)真言宗の庭祖、大興善寺を訪ねて陝西省西安市

    唐代転法輪殿跡にある霊獣。(2020年1月19日撮影)中国陝西省西安市にある大興善寺は、西晋武帝の泰始2(266)年に創建された。当初は遵善寺と呼ばれ、西安に現存する最も古い仏教寺院の一つとされる。隋文帝が開皇年間(581~600)に大興城を築いた際に大興善寺と改名された。大興善寺は隋唐時代の国立訳経場で、唐玄宗の開元年間(713~741)には「開元三大師」と呼ばれる密教の始祖、善無畏(ぜんむい)、金剛智(こんごうち)、不空(ふくう)が前後して同寺に入り、経典を翻訳し密教の普及に努めた。その後、一行(いちぎょう)と恵果(けいか)によって唐代密教が形成されると、空海や最澄などの留学僧が日本や韓国へ伝えた。同寺は青竜寺(せいりゅうじ)と並ぶ密教の中心道場として知られる。空海が留学期間に大興善寺で教えを受け、帰国後に密教を広めたことから、同寺は日本真言宗の祖庭ともされる。大興善寺は1956年、陝西省の重点文物保護単位(重要文化財)となり、83年には国務院により全国重点開放寺院の一つに指定された。(西安=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年8月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021082406610

  • 2021年08月23日
    (10)真言宗の祖庭、大興善寺を訪ねて陝西省西安市

    大興善寺の救苦地蔵殿。(2020年1月19日撮影)中国陝西省西安市にある大興善寺は、西晋武帝の泰始2(266)年に創建された。当初は遵善寺と呼ばれ、西安に現存する最も古い仏教寺院の一つとされる。隋文帝が開皇年間(581~600)に大興城を築いた際に大興善寺と改名された。大興善寺は隋唐時代の国立訳経場で、唐玄宗の開元年間(713~741)には「開元三大師」と呼ばれる密教の始祖、善無畏(ぜんむい)、金剛智(こんごうち)、不空(ふくう)が前後して同寺に入り、経典を翻訳し密教の普及に努めた。その後、一行(いちぎょう)と恵果(けいか)によって唐代密教が形成されると、空海や最澄などの留学僧が日本や韓国へ伝えた。同寺は青竜寺(せいりゅうじ)と並ぶ密教の中心道場として知られる。空海が留学期間に大興善寺で教えを受け、帰国後に密教を広めたことから、同寺は日本真言宗の祖庭ともされる。大興善寺は1956年、陝西省の重点文物保護単位(重要文化財)となり、83年には国務院により全国重点開放寺院の一つに指定された。(西安=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年8月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021082406653

  • 2021年08月23日
    (8)真言宗の祖庭、大興善寺を訪ねて陝西省西安市

    大興善寺の普賢殿。(2020年1月19日撮影)中国陝西省西安市にある大興善寺は、西晋武帝の泰始2(266)年に創建された。当初は遵善寺と呼ばれ、西安に現存する最も古い仏教寺院の一つとされる。隋文帝が開皇年間(581~600)に大興城を築いた際に大興善寺と改名された。大興善寺は隋唐時代の国立訳経場で、唐玄宗の開元年間(713~741)には「開元三大師」と呼ばれる密教の始祖、善無畏(ぜんむい)、金剛智(こんごうち)、不空(ふくう)が前後して同寺に入り、経典を翻訳し密教の普及に努めた。その後、一行(いちぎょう)と恵果(けいか)によって唐代密教が形成されると、空海や最澄などの留学僧が日本や韓国へ伝えた。同寺は青竜寺(せいりゅうじ)と並ぶ密教の中心道場として知られる。空海が留学期間に大興善寺で教えを受け、帰国後に密教を広めたことから、同寺は日本真言宗の祖庭ともされる。大興善寺は1956年、陝西省の重点文物保護単位(重要文化財)となり、83年には国務院により全国重点開放寺院の一つに指定された。(西安=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年8月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021082406658

  • 2021年08月23日
    (2)真言宗の庭祖、大興善寺を訪ねて陝西省西安市

    大興善寺の文殊殿。(2020年1月19日撮影)中国陝西省西安市にある大興善寺は、西晋武帝の泰始2(266)年に創建された。当初は遵善寺と呼ばれ、西安に現存する最も古い仏教寺院の一つとされる。隋文帝が開皇年間(581~600)に大興城を築いた際に大興善寺と改名された。大興善寺は隋唐時代の国立訳経場で、唐玄宗の開元年間(713~741)には「開元三大師」と呼ばれる密教の始祖、善無畏(ぜんむい)、金剛智(こんごうち)、不空(ふくう)が前後して同寺に入り、経典を翻訳し密教の普及に努めた。その後、一行(いちぎょう)と恵果(けいか)によって唐代密教が形成されると、空海や最澄などの留学僧が日本や韓国へ伝えた。同寺は青竜寺(せいりゅうじ)と並ぶ密教の中心道場として知られる。空海が留学期間に大興善寺で教えを受け、帰国後に密教を広めたことから、同寺は日本真言宗の祖庭ともされる。大興善寺は1956年、陝西省の重点文物保護単位(重要文化財)となり、83年には国務院により全国重点開放寺院の一つに指定された。(西安=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年8月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021082406603

  • 2021年08月23日
    (5)真言宗の庭祖、大興善寺を訪ねて陝西省西安市

    大興善寺山門前の獅子。(2020年1月19日撮影)中国陝西省西安市にある大興善寺は、西晋武帝の泰始2(266)年に創建された。当初は遵善寺と呼ばれ、西安に現存する最も古い仏教寺院の一つとされる。隋文帝が開皇年間(581~600)に大興城を築いた際に大興善寺と改名された。大興善寺は隋唐時代の国立訳経場で、唐玄宗の開元年間(713~741)には「開元三大師」と呼ばれる密教の始祖、善無畏(ぜんむい)、金剛智(こんごうち)、不空(ふくう)が前後して同寺に入り、経典を翻訳し密教の普及に努めた。その後、一行(いちぎょう)と恵果(けいか)によって唐代密教が形成されると、空海や最澄などの留学僧が日本や韓国へ伝えた。同寺は青竜寺(せいりゅうじ)と並ぶ密教の中心道場として知られる。空海が留学期間に大興善寺で教えを受け、帰国後に密教を広めたことから、同寺は日本真言宗の祖庭ともされる。大興善寺は1956年、陝西省の重点文物保護単位(重要文化財)となり、83年には国務院により全国重点開放寺院の一つに指定された。(西安=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年8月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021082410357

  • 2021年08月23日
    (13)真言宗の祖庭、大興善寺を訪ねて陝西省西安市

    大興善寺の法堂。(2020年1月19日撮影)中国陝西省西安市にある大興善寺は、西晋武帝の泰始2(266)年に創建された。当初は遵善寺と呼ばれ、西安に現存する最も古い仏教寺院の一つとされる。隋文帝が開皇年間(581~600)に大興城を築いた際に大興善寺と改名された。大興善寺は隋唐時代の国立訳経場で、唐玄宗の開元年間(713~741)には「開元三大士」と呼ばれる密教の始祖、善無畏(ぜんむい)、金剛智(こんごうち)、不空(ふくう)が前後して同寺に入り、経典を翻訳し密教の普及に努めた。その後、一行(いちぎょう)と恵果(けいか)によって唐代密教が形成されると、空海や最澄などの留学僧が日本や韓国へ伝えた。同寺は青竜寺(せいりゅうじ)と並ぶ密教の中心道場として知られる。空海が留学期間に大興善寺で教えを受け、帰国後に密教を広めたことから、同寺は日本真言宗の祖庭ともされる。大興善寺は1956年、陝西省の重点文物保護単位(重要文化財)となり、83年には国務院により全国重点開放寺院の一つに指定された。(西安=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年8月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021082410412

  • 2021年08月23日
    (7)真言宗の祖庭、大興善寺を訪ねて陝西省西安市

    大興善寺の山門(裏側)。(2020年1月19日撮影)中国陝西省西安市にある大興善寺は、西晋武帝の泰始2(266)年に創建された。当初は遵善寺と呼ばれ、西安に現存する最も古い仏教寺院の一つとされる。隋文帝が開皇年間(581~600)に大興城を築いた際に大興善寺と改名された。大興善寺は隋唐時代の国立訳経場で、唐玄宗の開元年間(713~741)には「開元三大師」と呼ばれる密教の始祖、善無畏(ぜんむい)、金剛智(こんごうち)、不空(ふくう)が前後して同寺に入り、経典を翻訳し密教の普及に努めた。その後、一行(いちぎょう)と恵果(けいか)によって唐代密教が形成されると、空海や最澄などの留学僧が日本や韓国へ伝えた。同寺は青竜寺(せいりゅうじ)と並ぶ密教の中心道場として知られる。空海が留学期間に大興善寺で教えを受け、帰国後に密教を広めたことから、同寺は日本真言宗の祖庭ともされる。大興善寺は1956年、陝西省の重点文物保護単位(重要文化財)となり、83年には国務院により全国重点開放寺院の一つに指定された。(西安=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年8月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021082410327

  • 2021年08月23日
    (1)真言宗の庭祖、大興善寺を訪ねて陝西省西安市

    大興善寺の鐘楼。(2020年1月19日撮影)中国陝西省西安市にある大興善寺は、西晋武帝の泰始2(266)年に創建された。当初は遵善寺と呼ばれ、西安に現存する最も古い仏教寺院の一つとされる。隋文帝が開皇年間(581~600)に大興城を築いた際に大興善寺と改名された。大興善寺は隋唐時代の国立訳経場で、唐玄宗の開元年間(713~741)には「開元三大師」と呼ばれる密教の始祖、善無畏(ぜんむい)、金剛智(こんごうち)、不空(ふくう)が前後して同寺に入り、経典を翻訳し密教の普及に努めた。その後、一行(いちぎょう)と恵果(けいか)によって唐代密教が形成されると、空海や最澄などの留学僧が日本や韓国へ伝えた。同寺は青竜寺(せいりゅうじ)と並ぶ密教の中心道場として知られる。空海が留学期間に大興善寺で教えを受け、帰国後に密教を広めたことから、同寺は日本真言宗の祖庭ともされる。大興善寺は1956年、陝西省の重点文物保護単位(重要文化財)となり、83年には国務院により全国重点開放寺院の一つに指定された。(西安=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年8月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021082406576

  • 2021年08月23日
    (15)真言宗の祖庭、大興善寺を訪ねて陝西省西安市

    大興善寺の梅。(2020年1月19日撮影)中国陝西省西安市にある大興善寺は、西晋武帝の泰始2(266)年に創建された。当初は遵善寺と呼ばれ、西安に現存する最も古い仏教寺院の一つとされる。隋文帝が開皇年間(581~600)に大興城を築いた際に大興善寺と改名された。大興善寺は隋唐時代の国立訳経場で、唐玄宗の開元年間(713~741)には「開元三大士」と呼ばれる密教の始祖、善無畏(ぜんむい)、金剛智(こんごうち)、不空(ふくう)が前後して同寺に入り、経典を翻訳し密教の普及に努めた。その後、一行(いちぎょう)と恵果(けいか)によって唐代密教が形成されると、空海や最澄などの留学僧が日本や韓国へ伝えた。同寺は青竜寺(せいりゅうじ)と並ぶ密教の中心道場として知られる。空海が留学期間に大興善寺で教えを受け、帰国後に密教を広めたことから、同寺は日本真言宗の祖庭ともされる。大興善寺は1956年、陝西省の重点文物保護単位(重要文化財)となり、83年には国務院により全国重点開放寺院の一つに指定された。(西安=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年8月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021082406671

  • 2021年08月23日
    (9)真言宗の祖庭、大興善寺を訪ねて陝西省西安市

    大興善寺の地蔵菩薩銅像。(2020年1月19日撮影)中国陝西省西安市にある大興善寺は、西晋武帝の泰始2(266)年に創建された。当初は遵善寺と呼ばれ、西安に現存する最も古い仏教寺院の一つとされる。隋文帝が開皇年間(581~600)に大興城を築いた際に大興善寺と改名された。大興善寺は隋唐時代の国立訳経場で、唐玄宗の開元年間(713~741)には「開元三大師」と呼ばれる密教の始祖、善無畏(ぜんむい)、金剛智(こんごうち)、不空(ふくう)が前後して同寺に入り、経典を翻訳し密教の普及に努めた。その後、一行(いちぎょう)と恵果(けいか)によって唐代密教が形成されると、空海や最澄などの留学僧が日本や韓国へ伝えた。同寺は青竜寺(せいりゅうじ)と並ぶ密教の中心道場として知られる。空海が留学期間に大興善寺で教えを受け、帰国後に密教を広めたことから、同寺は日本真言宗の祖庭ともされる。大興善寺は1956年、陝西省の重点文物保護単位(重要文化財)となり、83年には国務院により全国重点開放寺院の一つに指定された。(西安=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年8月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021082406672

  • 2021年08月23日
    (14)真言宗の祖庭、大興善寺を訪ねて陝西省西安市

    大興善寺の大雄宝殿。(2020年1月19日撮影)中国陝西省西安市にある大興善寺は、西晋武帝の泰始2(266)年に創建された。当初は遵善寺と呼ばれ、西安に現存する最も古い仏教寺院の一つとされる。隋文帝が開皇年間(581~600)に大興城を築いた際に大興善寺と改名された。大興善寺は隋唐時代の国立訳経場で、唐玄宗の開元年間(713~741)には「開元三大士」と呼ばれる密教の始祖、善無畏(ぜんむい)、金剛智(こんごうち)、不空(ふくう)が前後して同寺に入り、経典を翻訳し密教の普及に努めた。その後、一行(いちぎょう)と恵果(けいか)によって唐代密教が形成されると、空海や最澄などの留学僧が日本や韓国へ伝えた。同寺は青竜寺(せいりゅうじ)と並ぶ密教の中心道場として知られる。空海が留学期間に大興善寺で教えを受け、帰国後に密教を広めたことから、同寺は日本真言宗の祖庭ともされる。大興善寺は1956年、陝西省の重点文物保護単位(重要文化財)となり、83年には国務院により全国重点開放寺院の一つに指定された。(西安=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年8月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021082406677

  • 2021年08月23日
    (12)真言宗の祖庭、大興善寺を訪ねて陝西省西安市

    大興善寺の法堂。(2020年1月19日撮影)中国陝西省西安市にある大興善寺は、西晋武帝の泰始2(266)年に創建された。当初は遵善寺と呼ばれ、西安に現存する最も古い仏教寺院の一つとされる。隋文帝が開皇年間(581~600)に大興城を築いた際に大興善寺と改名された。大興善寺は隋唐時代の国立訳経場で、唐玄宗の開元年間(713~741)には「開元三大師」と呼ばれる密教の始祖、善無畏(ぜんむい)、金剛智(こんごうち)、不空(ふくう)が前後して同寺に入り、経典を翻訳し密教の普及に努めた。その後、一行(いちぎょう)と恵果(けいか)によって唐代密教が形成されると、空海や最澄などの留学僧が日本や韓国へ伝えた。同寺は青竜寺(せいりゅうじ)と並ぶ密教の中心道場として知られる。空海が留学期間に大興善寺で教えを受け、帰国後に密教を広めたことから、同寺は日本真言宗の祖庭ともされる。大興善寺は1956年、陝西省の重点文物保護単位(重要文化財)となり、83年には国務院により全国重点開放寺院の一つに指定された。(西安=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年8月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021082406657

  • 2021年08月23日
    (11)真言宗の祖庭、大興善寺を訪ねて陝西省西安市

    大興善寺法堂前庭の梅。(2020年1月19日撮影)中国陝西省西安市にある大興善寺は、西晋武帝の泰始2(266)年に創建された。当初は遵善寺と呼ばれ、西安に現存する最も古い仏教寺院の一つとされる。隋文帝が開皇年間(581~600)に大興城を築いた際に大興善寺と改名された。大興善寺は隋唐時代の国立訳経場で、唐玄宗の開元年間(713~741)には「開元三大師」と呼ばれる密教の始祖、善無畏(ぜんむい)、金剛智(こんごうち)、不空(ふくう)が前後して同寺に入り、経典を翻訳し密教の普及に努めた。その後、一行(いちぎょう)と恵果(けいか)によって唐代密教が形成されると、空海や最澄などの留学僧が日本や韓国へ伝えた。同寺は青竜寺(せいりゅうじ)と並ぶ密教の中心道場として知られる。空海が留学期間に大興善寺で教えを受け、帰国後に密教を広めたことから、同寺は日本真言宗の祖庭ともされる。大興善寺は1956年、陝西省の重点文物保護単位(重要文化財)となり、83年には国務院により全国重点開放寺院の一つに指定された。(西安=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年8月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021082406643

  • 2021年08月23日
    (4)真言宗の庭祖、大興善寺を訪ねて陝西省西安市

    唐代転法輪殿跡にある礎石。(2020年1月19日撮影)中国陝西省西安市にある大興善寺は、西晋武帝の泰始2(266)年に創建された。当初は遵善寺と呼ばれ、西安に現存する最も古い仏教寺院の一つとされる。隋文帝が開皇年間(581~600)に大興城を築いた際に大興善寺と改名された。大興善寺は隋唐時代の国立訳経場で、唐玄宗の開元年間(713~741)には「開元三大師」と呼ばれる密教の始祖、善無畏(ぜんむい)、金剛智(こんごうち)、不空(ふくう)が前後して同寺に入り、経典を翻訳し密教の普及に努めた。その後、一行(いちぎょう)と恵果(けいか)によって唐代密教が形成されると、空海や最澄などの留学僧が日本や韓国へ伝えた。同寺は青竜寺(せいりゅうじ)と並ぶ密教の中心道場として知られる。空海が留学期間に大興善寺で教えを受け、帰国後に密教を広めたことから、同寺は日本真言宗の祖庭ともされる。大興善寺は1956年、陝西省の重点文物保護単位(重要文化財)となり、83年には国務院により全国重点開放寺院の一つに指定された。(西安=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年8月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021082406619

  • 2021年10月14日
    (12)玄奘三蔵ゆかりの大慈恩寺を訪ねて陝西省西安市

    唐大慈恩寺遺跡公園の大仏と大雁塔。(1月19日撮影)中国陝西省西安市の大慈恩寺は、唐時代に仏典の翻訳を担った四大訳経院の一つで、大乗仏教の一宗派、法相宗の寺院として知られる。648(貞観22)年に皇太子の李治(第3代皇帝、高宗)が亡母の文徳皇后を供養するために建立し、第2代皇帝の太宗が「大慈恩寺」と名付けた。境内に立つ大雁塔は唐の高僧、玄奘(げんじょう、三蔵法師)がインドから持ち帰った経典を保存するために建てられ、1961年3月4日に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財)に指定された。88年に西安市が千葉県船橋市と友好都市協定を結んだ後、同市の出資を受けて「曲江春暁園」が造成され、2007年には現在の「唐大慈恩寺遺跡公園」に改修された。(西安=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021101407781

  • 2021年10月14日
    (2)玄奘三蔵ゆかりの大慈恩寺を訪ねて陝西省西安市

    大雁塔広場。(7月26日撮影)中国陝西省西安市の大慈恩寺は、唐時代に仏典の翻訳を担った四大訳経場の一つで、大乗仏教の一宗派、法相宗の寺院として知られる。648(貞観22)年に皇太子の李治(第3代皇帝、高宗)が亡母の文徳皇后を供養するために建立し、第2代皇帝の太宗が「大慈恩寺」と名付けた。境内に立つ大雁塔は唐の高僧、玄奘(げんじょう、三蔵法師)がインドから持ち帰った経典を保存するために建てられ、1961年3月4日に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財)に指定された。88年に西安市が千葉県船橋市と友好都市協定を結んだ後、同市の出資を受けて「曲江春暁園」が造成され、2007年には現在の「唐大慈恩寺遺跡公園」に改修された。(西安=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021101407648

  • 2021年10月14日
    (10)玄奘三蔵ゆかりの大慈恩寺を訪ねて陝西省西安市

    大慈恩寺の観音堂。(1月19日撮影)中国陝西省西安市の大慈恩寺は、唐時代に仏典の翻訳を担った四大訳経場の一つで、大乗仏教の一宗派、法相宗の寺院として知られる。648(貞観22)年に皇太子の李治(第3代皇帝、高宗)が亡母の文徳皇后を供養するために建立し、第2代皇帝の太宗が「大慈恩寺」と名付けた。境内に立つ大雁塔は唐の高僧、玄奘(げんじょう、三蔵法師)がインドから持ち帰った経典を保存するために建てられ、1961年3月4日に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財)に指定された。88年に西安市が千葉県船橋市と友好都市協定を結んだ後、同市の出資を受けて「曲江春暁園」が造成され、2007年には現在の「唐大慈恩寺遺跡公園」に改修された。(西安=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021101407789

  • 2021年10月14日
    (8)玄奘三蔵ゆかりの大慈恩寺を訪ねて陝西省西安市

    玄奘が植樹した沙羅双樹。(7月26日撮影)中国陝西省西安市の大慈恩寺は、唐時代に仏典の翻訳を担った四大訳経場の一つで、大乗仏教の一宗派、法相宗の寺院として知られる。648(貞観22)年に皇太子の李治(第3代皇帝、高宗)が亡母の文徳皇后を供養するために建立し、第2代皇帝の太宗が「大慈恩寺」と名付けた。境内に立つ大雁塔は唐の高僧、玄奘(げんじょう、三蔵法師)がインドから持ち帰った経典を保存するために建てられ、1961年3月4日に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財)に指定された。88年に西安市が千葉県船橋市と友好都市協定を結んだ後、同市の出資を受けて「曲江春暁園」が造成され、2007年には現在の「唐大慈恩寺遺跡公園」に改修された。(西安=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021101407795

  • 2021年10月14日
    (7)玄奘三蔵ゆかりの大慈恩寺を訪ねて陝西省西安市

    玄奘三蔵院の前庭と大雁塔。(7月26日撮影)中国陝西省西安市の大慈恩寺は、唐時代に仏典の翻訳を担った四大訳経場の一つで、大乗仏教の一宗派、法相宗の寺院として知られる。648(貞観22)年に皇太子の李治(第3代皇帝、高宗)が亡母の文徳皇后を供養するために建立し、第2代皇帝の太宗が「大慈恩寺」と名付けた。境内に立つ大雁塔は唐の高僧、玄奘(げんじょう、三蔵法師)がインドから持ち帰った経典を保存するために建てられ、1961年3月4日に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財)に指定された。88年に西安市が千葉県船橋市と友好都市協定を結んだ後、同市の出資を受けて「曲江春暁園」が造成され、2007年には現在の「唐大慈恩寺遺跡公園」に改修された。(西安=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021101407715

  • 2021年10月14日
    (6)玄奘三蔵ゆかりの大慈恩寺を訪ねて陝西省西安市

    陝西省西安市と千葉県船橋市の友好都市締結を祝して建立された桜の記念碑。(7月26日撮影)中国陝西省西安市の大慈恩寺は、唐時代に仏典の翻訳を担った四大訳経場の一つで、大乗仏教の一宗派、法相宗の寺院として知られる。648(貞観22)年に皇太子の李治(第3代皇帝、高宗)が亡母の文徳皇后を供養するために建立し、第2代皇帝の太宗が「大慈恩寺」と名付けた。境内に立つ大雁塔は唐の高僧、玄奘(げんじょう、三蔵法師)がインドから持ち帰った経典を保存するために建てられ、1961年3月4日に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財)に指定された。88年に西安市が千葉県船橋市と友好都市協定を結んだ後、同市の出資を受けて「曲江春暁園」が造成され、2007年には現在の「唐大慈恩寺遺跡公園」に改修された。(西安=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021101407667

  • 2021年10月14日
    (11)玄奘三蔵ゆかりの大慈恩寺を訪ねて陝西省西安市

    唐大慈恩寺遺跡公園の大門。(1月19日撮影)中国陝西省西安市の大慈恩寺は、唐時代に仏典の翻訳を担った四大訳経場の一つで、大乗仏教の一宗派、法相宗の寺院として知られる。648(貞観22)年に皇太子の李治(第3代皇帝、高宗)が亡母の文徳皇后を供養するために建立し、第2代皇帝の太宗が「大慈恩寺」と名付けた。境内に立つ大雁塔は唐の高僧、玄奘(げんじょう、三蔵法師)がインドから持ち帰った経典を保存するために建てられ、1961年3月4日に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財)に指定された。88年に西安市が千葉県船橋市と友好都市協定を結んだ後、同市の出資を受けて「曲江春暁園」が造成され、2007年には現在の「唐大慈恩寺遺跡公園」に改修された。(西安=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021101407780

  • 2021年10月14日
    (9)玄奘三蔵ゆかりの大慈恩寺を訪ねて陝西省西安市

    大慈恩寺の雲水堂。(1月19日撮影)中国陝西省西安市の大慈恩寺は、唐時代に仏典の翻訳を担った四大訳経場の一つで、大乗仏教の一宗派、法相宗の寺院として知られる。648(貞観22)年に皇太子の李治(第3代皇帝、高宗)が亡母の文徳皇后を供養するために建立し、第2代皇帝の太宗が「大慈恩寺」と名付けた。境内に立つ大雁塔は唐の高僧、玄奘(げんじょう、三蔵法師)がインドから持ち帰った経典を保存するために建てられ、1961年3月4日に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財)に指定された。88年に西安市が千葉県船橋市と友好都市協定を結んだ後、同市の出資を受けて「曲江春暁園」が造成され、2007年には現在の「唐大慈恩寺遺跡公園」に改修された。(西安=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021101407706

  • 2021年10月14日
    (4)玄奘三蔵ゆかりの大慈恩寺を訪ねて陝西省西安市

    兜率天宮と大雁塔。(7月26日撮影)中国陝西省西安市の大慈恩寺は、唐時代に仏典の翻訳を担った四大訳経場の一つで、大乗仏教の一宗派、法相宗の寺院として知られる。648(貞観22)年に皇太子の李治(第3代皇帝、高宗)が亡母の文徳皇后を供養するために建立し、第2代皇帝の太宗が「大慈恩寺」と名付けた。境内に立つ大雁塔は唐の高僧、玄奘(げんじょう、三蔵法師)がインドから持ち帰った経典を保存するために建てられ、1961年3月4日に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財)に指定された。88年に西安市が千葉県船橋市と友好都市協定を結んだ後、同市の出資を受けて「曲江春暁園」が造成され、2007年には現在の「唐大慈恩寺遺跡公園」に改修された。(西安=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021101407664

  • 2021年10月14日
    (5)玄奘三蔵ゆかりの大慈恩寺を訪ねて陝西省西安市

    大慈恩寺にある鑑真東渡像と空海像。(7月26日撮影)中国陝西省西安市の大慈恩寺は、唐時代に仏典の翻訳を担った四大訳経場の一つで、大乗仏教の一宗派、法相宗の寺院として知られる。648(貞観22)年に皇太子の李治(第3代皇帝、高宗)が亡母の文徳皇后を供養するために建立し、第2代皇帝の太宗が「大慈恩寺」と名付けた。境内に立つ大雁塔は唐の高僧、玄奘(げんじょう、三蔵法師)がインドから持ち帰った経典を保存するために建てられ、1961年3月4日に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財)に指定された。88年に西安市が千葉県船橋市と友好都市協定を結んだ後、同市の出資を受けて「曲江春暁園」が造成され、2007年には現在の「唐大慈恩寺遺跡公園」に改修された。(西安=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021101407665

  • 2021年10月14日
    (3)玄奘三蔵ゆかりの大慈恩寺を訪ねて陝西省西安市

    大雁塔と大雄宝殿。(7月26日撮影)中国陝西省西安市の大慈恩寺は、唐時代に仏典の翻訳を担った四大訳経場の一つで、大乗仏教の一宗派、法相宗の寺院として知られる。648(貞観22)年に皇太子の李治(第3代皇帝、高宗)が亡母の文徳皇后を供養するために建立し、第2代皇帝の太宗が「大慈恩寺」と名付けた。境内に立つ大雁塔は唐の高僧、玄奘(げんじょう、三蔵法師)がインドから持ち帰った経典を保存するために建てられ、1961年3月4日に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財)に指定された。88年に西安市が千葉県船橋市と友好都市協定を結んだ後、同市の出資を受けて「曲江春暁園」が造成され、2007年には現在の「唐大慈恩寺遺跡公園」に改修された。(西安=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021101407662

  • 2021年10月14日
    (1)玄奘三蔵ゆかりの大慈恩寺を訪ねて陝西省西安市

    大雁塔の入り口。(7月26日撮影)中国陝西省西安市の大慈恩寺は、唐時代に仏典の翻訳を担った四大訳経場の一つで、大乗仏教の一宗派、法相宗の寺院として知られる。648(貞観22)年に皇太子の李治(第3代皇帝、高宗)が亡母の文徳皇后を供養するために建立し、第2代皇帝の太宗が「大慈恩寺」と名付けた。境内に立つ大雁塔は唐の高僧、玄奘(げんじょう、三蔵法師)がインドから持ち帰った経典を保存するために建てられ、1961年3月4日に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財)に指定された。88年に西安市が千葉県船橋市と友好都市協定を結んだ後、同市の出資を受けて「曲江春暁園」が造成され、2007年には現在の「唐大慈恩寺遺跡公園」に改修された。(西安=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021101407649

  • 2021年10月14日
    (13)玄奘三蔵ゆかりの大慈恩寺を訪ねて陝西省西安市

    玄奘三蔵院に陳列された展示品。(1月19日撮影)中国陝西省西安市の大慈恩寺は、唐時代に仏典の翻訳を担った四大訳経院の一つで、大乗仏教の一宗派、法相宗の寺院として知られる。648(貞観22)年に皇太子の李治(第3代皇帝、高宗)が亡母の文徳皇后を供養するために建立し、第2代皇帝の太宗が「大慈恩寺」と名付けた。境内に立つ大雁塔は唐の高僧、玄奘(げんじょう、三蔵法師)がインドから持ち帰った経典を保存するために建てられ、1961年3月4日に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財)に指定された。88年に西安市が千葉県船橋市と友好都市協定を結んだ後、同市の出資を受けて「曲江春暁園」が造成され、2007年には現在の「唐大慈恩寺遺跡公園」に改修された。(西安=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021101407748

  • 1