KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • こうき
  • にし
  • トレーラー
  • トロッコ
  • ミス
  • 一次資料
  • 人民日報
  • 会社
  • 作者
  • 側面

「誤字」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
4
( 1 4 件を表示)
  • 1
4
( 1 4 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 1954年04月10日
    機関車売ります

    運転席や煙突の上で子供たちが遊んでいる。公園などにある遊具ではなく、岡山市内の会社が国鉄から払い下げを受けた本物の工事用蒸気機関車。昭和22年製で重量は約8トン。側面に「この汽関車は売物」と書かれ、誤字もちょっとした愛きょうに。軌道は国鉄より狭く、トロッコ用より広い。「トレーラーで(工事現場まで)運べば大丈夫」と宣伝に努めていたが、売れたかどうかは不明。=1954(昭和29)年4月10日、岡山市大供 、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018091220658

  • 2010年12月31日
    インターネットの画面 首相名「温家室」と誤字

    インターネット上で話題になった「温家宝」首相の名前を「温家室」と誤った人民日報の紙面(共同)

    商品コード: 2010123100121

  • 02:32.91
    2019年05月15日
    「新華社」蒲松齢「聊斎志異」の自筆影印本、初めて出版

    中国遼寧省図書館と瀋陽出版社はこのほど、同館が所蔵する重要な文化財「聊斎志異(りょうさいしい)」の自筆原稿本を初めて高解像度スキャンした影印本を発売した。読者は時空を越えて、作者の蒲松齢(ほ・しょうれい)の真筆を見ることができる。「聊斎志異」は清代康熙(こうき)年間(1661~1722年)初頭に執筆が開始され、40年以上の歳月をかけて完成した。この自筆原稿本は蒲松齢自身が書き写した最終稿で、全体の半分が現存する。今回出版された「聊斎志異」影印本はカラー複製を採用。本の判型を自筆原稿の原本と同じにし、自筆原稿の質感を復元した。「聊斎志異」の自筆原稿は非常に貴重な文化財であり、高い学術的価値がある。「聊斎志異」の完成年代や各巻の構成の研究に、直接的な文書の証拠を提供し、多くの版本に誤字がある現行の「聊斎志異」を訂正、補足する一次資料となる。(記者/姜兆臣、于也童)<映像内容>「聊斎志異」自筆原稿本の出版の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051600511

  • 2021年03月12日
    謝罪する平井改革相 衆院内閣委

    衆院内閣委で、デジタル改革関連法案の参考資料に誤字などのミスが見つかった問題について謝罪する平井デジタル改革相=12日午前

    商品コード: 2021031201259

  • 1