KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 中国鉄路
  • 高速鉄道
  • 試験調整
  • ドローン
  • 小型無人機
  • 総合試験
  • 中国貴州省
  • 急ピッチ
  • 新型肺炎
  • メンテナンス

「調整作業」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
149
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
149
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 2021年03月19日
    (4)軌道2本を効率的に敷設、鄭万高速鉄道重慶区間で新技術実用化

    17日、鄭万高速鉄道重慶区間の工事現場で、作業場に入る軌道敷設用けん引車。中国河南省鄭州市と重慶市万州区を結ぶ鄭万高速鉄道の建設を進める渝万鉄路は17日、「一度の前進で2本の軌道を敷設する」技術を同高鉄重慶市区間の軌道敷設工事に正式投入したことを明らかにした。同技術は中国高速鉄道の機械化軌道敷設技術の空白分野を埋めるものになる。今回の鄭万高速鉄道重慶市区間の軌道敷設では、初めてBLCP500型隣接2線ロングレール敷設ユニットを使用、1本目の敷設が完了した後に折り返すことなく、隣の2本目のロングレールを敷設。これによりレールけん引車両の移動や折り返し時間が不要となり、けん引車両調整作業の回数が減るため、軌道敷設作業の準備時間を約50%削減でき、作業の効率が大幅に向上する。(重慶=新華社記者/唐奕)= 配信日: 2021(令和3)年3月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月19日
    (2)軌道2本を効率的に敷設、鄭万高速鉄道重慶区間で新技術実用化

    17日、軌道敷設作業を行うBLCP500型隣接2線ロングレール敷設ユニット。中国河南省鄭州市と重慶市万州区を結ぶ鄭万高速鉄道の建設を進める渝万鉄路は17日、「一度の前進で2本の軌道を敷設する」技術を同高鉄重慶市区間の軌道敷設工事に正式投入したことを明らかにした。同技術は中国高速鉄道の機械化軌道敷設技術の空白分野を埋めるものになる。今回の鄭万高速鉄道重慶市区間の軌道敷設では、初めてBLCP500型隣接2線ロングレール敷設ユニットを使用、1本目の敷設が完了した後に折り返すことなく、隣の2本目のロングレールを敷設。これによりレールけん引車両の移動や折り返し時間が不要となり、けん引車両調整作業の回数が減るため、軌道敷設作業の準備時間を約50%削減でき、作業の効率が大幅に向上する。(重慶=新華社記者/唐奕)= 配信日: 2021(令和3)年3月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月19日
    (7)軌道2本を効率的に敷設、鄭万高速鉄道重慶区間で新技術実用化

    17日、軌道敷設作業を行うBLCP500型隣接2線ロングレール敷設ユニット。中国河南省鄭州市と重慶市万州区を結ぶ鄭万高速鉄道の建設を進める渝万鉄路は17日、「一度の前進で2本の軌道を敷設する」技術を同高鉄重慶市区間の軌道敷設工事に正式投入したことを明らかにした。同技術は中国高速鉄道の機械化軌道敷設技術の空白分野を埋めるものになる。今回の鄭万高速鉄道重慶市区間の軌道敷設では、初めてBLCP500型隣接2線ロングレール敷設ユニットを使用、1本目の敷設が完了した後に折り返すことなく、隣の2本目のロングレールを敷設。これによりレールけん引車両の移動や折り返し時間が不要となり、けん引車両調整作業の回数が減るため、軌道敷設作業の準備時間を約50%削減でき、作業の効率が大幅に向上する。(重慶=新華社記者/唐奕)= 配信日: 2021(令和3)年3月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月19日
    (9)軌道2本を効率的に敷設、鄭万高速鉄道重慶区間で新技術実用化

    17日、鄭万高速鉄道重慶区間の工事現場で、作業場に入る軌道敷設用けん引車。中国河南省鄭州市と重慶市万州区を結ぶ鄭万高速鉄道の建設を進める渝万鉄路は17日、「一度の前進で2本の軌道を敷設する」技術を同高鉄重慶市区間の軌道敷設工事に正式投入したことを明らかにした。同技術は中国高速鉄道の機械化軌道敷設技術の空白分野を埋めるものになる。今回の鄭万高速鉄道重慶市区間の軌道敷設では、初めてBLCP500型隣接2線ロングレール敷設ユニットを使用、1本目の敷設が完了した後に折り返すことなく、隣の2本目のロングレールを敷設。これによりレールけん引車両の移動や折り返し時間が不要となり、けん引車両調整作業の回数が減るため、軌道敷設作業の準備時間を約50%削減でき、作業の効率が大幅に向上する。(重慶=新華社記者/唐奕)= 配信日: 2021(令和3)年3月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月19日
    (10)軌道2本を効率的に敷設、鄭万高速鉄道重慶区間で新技術実用化

    17日、軌道敷設作業を行うBLCP500型隣接2線ロングレール敷設ユニット。中国河南省鄭州市と重慶市万州区を結ぶ鄭万高速鉄道の建設を進める渝万鉄路は17日、「一度の前進で2本の軌道を敷設する」技術を同高鉄重慶市区間の軌道敷設工事に正式投入したことを明らかにした。同技術は中国高速鉄道の機械化軌道敷設技術の空白分野を埋めるものになる。今回の鄭万高速鉄道重慶市区間の軌道敷設では、初めてBLCP500型隣接2線ロングレール敷設ユニットを使用、1本目の敷設が完了した後に折り返すことなく、隣の2本目のロングレールを敷設。これによりレールけん引車両の移動や折り返し時間が不要となり、けん引車両調整作業の回数が減るため、軌道敷設作業の準備時間を約50%削減でき、作業の効率が大幅に向上する。(重慶=新華社記者/唐奕)= 配信日: 2021(令和3)年3月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月19日
    (5)軌道2本を効率的に敷設、鄭万高速鉄道重慶区間で新技術実用化

    17日、軌道敷設作業を行うBLCP500型隣接2線ロングレール敷設ユニット。中国河南省鄭州市と重慶市万州区を結ぶ鄭万高速鉄道の建設を進める渝万鉄路は17日、「一度の前進で2本の軌道を敷設する」技術を同高鉄重慶市区間の軌道敷設工事に正式投入したことを明らかにした。同技術は中国高速鉄道の機械化軌道敷設技術の空白分野を埋めるものになる。今回の鄭万高速鉄道重慶市区間の軌道敷設では、初めてBLCP500型隣接2線ロングレール敷設ユニットを使用、1本目の敷設が完了した後に折り返すことなく、隣の2本目のロングレールを敷設。これによりレールけん引車両の移動や折り返し時間が不要となり、けん引車両調整作業の回数が減るため、軌道敷設作業の準備時間を約50%削減でき、作業の効率が大幅に向上する。(重慶=新華社記者/唐奕)= 配信日: 2021(令和3)年3月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月19日
    (8)軌道2本を効率的に敷設、鄭万高速鉄道重慶区間で新技術実用化

    17日、軌道敷設作業を行うBLCP500型隣接2線ロングレール敷設ユニット。中国河南省鄭州市と重慶市万州区を結ぶ鄭万高速鉄道の建設を進める渝万鉄路は17日、「一度の前進で2本の軌道を敷設する」技術を同高鉄重慶市区間の軌道敷設工事に正式投入したことを明らかにした。同技術は中国高速鉄道の機械化軌道敷設技術の空白分野を埋めるものになる。今回の鄭万高速鉄道重慶市区間の軌道敷設では、初めてBLCP500型隣接2線ロングレール敷設ユニットを使用、1本目の敷設が完了した後に折り返すことなく、隣の2本目のロングレールを敷設。これによりレールけん引車両の移動や折り返し時間が不要となり、けん引車両調整作業の回数が減るため、軌道敷設作業の準備時間を約50%削減でき、作業の効率が大幅に向上する。(重慶=新華社記者/唐奕)= 配信日: 2021(令和3)年3月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月17日
    (6)軌道2本を効率的に敷設、鄭万高速鉄道重慶区間で新技術実用化

    17日、軌道敷設作業を行うBLCP500型隣接2線ロングレール敷設ユニット。中国河南省鄭州市と重慶市万州区を結ぶ鄭万高速鉄道の建設を進める渝万鉄路は17日、「一度の前進で2本の軌道を敷設する」技術を同高鉄重慶市区間の軌道敷設工事に正式投入したことを明らかにした。同技術は中国高速鉄道の機械化軌道敷設技術の空白分野を埋めるものになる。今回の鄭万高速鉄道重慶市区間の軌道敷設では、初めてBLCP500型隣接2線ロングレール敷設ユニットを使用、1本目の敷設が完了した後に折り返すことなく、隣の2本目のロングレールを敷設。これによりレールけん引車両の移動や折り返し時間が不要となり、けん引車両調整作業の回数が減るため、軌道敷設作業の準備時間を約50%削減でき、作業の効率が大幅に向上する。(重慶=新華社記者/唐奕)= 配信日: 2021(令和3)年3月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月17日
    (3)軌道2本を効率的に敷設、鄭万高速鉄道重慶区間で新技術実用化

    17日、軌道敷設作業を行うBLCP500型隣接2線ロングレール敷設ユニット。中国河南省鄭州市と重慶市万州区を結ぶ鄭万高速鉄道の建設を進める渝万鉄路は17日、「一度の前進で2本の軌道を敷設する」技術を同高鉄重慶市区間の軌道敷設工事に正式投入したことを明らかにした。同技術は中国高速鉄道の機械化軌道敷設技術の空白分野を埋めるものになる。今回の鄭万高速鉄道重慶市区間の軌道敷設では、初めてBLCP500型隣接2線ロングレール敷設ユニットを使用、1本目の敷設が完了した後に折り返すことなく、隣の2本目のロングレールを敷設。これによりレールけん引車両の移動や折り返し時間が不要となり、けん引車両調整作業の回数が減るため、軌道敷設作業の準備時間を約50%削減でき、作業の効率が大幅に向上する。(重慶=新華社記者/唐奕)= 配信日: 2021(令和3)年3月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月17日
    (1)軌道2本を効率的に敷設、鄭万高速鉄道重慶区間で新技術実用化

    17日、軌道敷設作業を行うBLCP500型隣接2線ロングレール敷設ユニット。中国河南省鄭州市と重慶市万州区を結ぶ鄭万高速鉄道の建設を進める渝万鉄路は17日、「一度の前進で2本の軌道を敷設する」技術を同高鉄重慶市区間の軌道敷設工事に正式投入したことを明らかにした。同技術は中国高速鉄道の機械化軌道敷設技術の空白分野を埋めるものになる。今回の鄭万高速鉄道重慶市区間の軌道敷設では、初めてBLCP500型隣接2線ロングレール敷設ユニットを使用、1本目の敷設が完了した後に折り返すことなく、隣の2本目のロングレールを敷設。これによりレールけん引車両の移動や折り返し時間が不要となり、けん引車両調整作業の回数が減るため、軌道敷設作業の準備時間を約50%削減でき、作業の効率が大幅に向上する。(重慶=新華社記者/唐奕)= 配信日: 2021(令和3)年3月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月11日
    中国の大学が開発の鉱物分離装置、ザンビアで稼働開始

    ザンビアに設置された懸濁磁化焙焼設備の調整作業を中国から遠隔指導する東北大学の技術支援チーム。(2020年12月23日撮影)中国遼寧省瀋陽市の東北大学が開発した含鉄マンガン鉱向けの懸濁磁化焙焼装置(NEUH-60型)がこのほど、アフリカ南部のザンビアで稼働を開始した。(瀋陽=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年1月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月29日
    (1)大型シールドマシン、ラインオフ湖北省武漢市

    26日、中鉄十一局武漢重型装備の作業場。中国湖北省武漢市黄陂区の臨空産業パークにある中鉄十一局武漢重型装備でこのほど、初めての製品となる2台の大型シールドマシンがラインオフした。同社は中国鉄道建設大手、中国鉄建集団の華中地区におけるシールドマシン生産拠点。敷地面積は100ムー(約6・67ヘクタール)で、二つの期間に分けて建設が進められている。すでに生産が始まった第1期は、約45ムー(約3ヘクタール)の敷地に、8カ所のシールドマシンの組み立て調整作業場を設置、年間延べ32台のメンテナンスとリマニファクチャリング(再製品化)が可能となっている。(武漢=新華社記者/杜華挙)= 配信日: 2020(令和2)年12月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月29日
    (2)大型シールドマシン、ラインオフ湖北省武漢市

    26日、大型シールドマシンの解説板を設置する中鉄十一局集団の職員。中国湖北省武漢市黄陂区の臨空産業パークにある中鉄十一局武漢重型装備でこのほど、初めての製品となる2台の大型シールドマシンがラインオフした。同社は中国鉄道建設大手、中国鉄建集団の華中地区におけるシールドマシン生産拠点。敷地面積は100ムー(約6・67ヘクタール)で、二つの期間に分けて建設が進められている。すでに生産が始まった第1期は、約45ムー(約3ヘクタール)の敷地に、8カ所のシールドマシンの組み立て調整作業場を設置、年間延べ32台のメンテナンスとリマニファクチャリング(再製品化)が可能となっている。(武漢=新華社記者/杜華挙)= 配信日: 2020(令和2)年12月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月29日
    (4)大型シールドマシン、ラインオフ湖北省武漢市

    26日、大型シールドマシン後部のジャッキシステムの点検をする中鉄十一局の技術スタッフ。中国湖北省武漢市黄陂区の臨空産業パークにある中鉄十一局武漢重型装備でこのほど、初めての製品となる2台の大型シールドマシンがラインオフした。同社は中国鉄道建設大手、中国鉄建集団の華中地区におけるシールドマシン生産拠点。敷地面積は100ムー(約6・67ヘクタール)で、二つの期間に分けて建設が進められている。すでに生産が始まった第1期は、約45ムー(約3ヘクタール)の敷地に、8カ所のシールドマシンの組み立て調整作業場を設置、年間延べ32台のメンテナンスとリマニファクチャリング(再製品化)が可能となっている。(武漢=新華社記者/杜華挙)= 配信日: 2020(令和2)年12月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月29日
    (3)大型シールドマシン、ラインオフ湖北省武漢市

    26日、大型シールドマシンの台車部分を点検する中鉄十一局集団の技術スタッフ。中国湖北省武漢市黄陂区の臨空産業パークにある中鉄十一局武漢重型装備でこのほど、初めての製品となる2台の大型シールドマシンがラインオフした。同社は中国鉄道建設大手、中国鉄建集団の華中地区におけるシールドマシン生産拠点。敷地面積は100ムー(約6・67ヘクタール)で、二つの期間に分けて建設が進められている。すでに生産が始まった第1期は、約45ムー(約3ヘクタール)の敷地に、8カ所のシールドマシンの組み立て調整作業場を設置、年間延べ32台のメンテナンスとリマニファクチャリング(再製品化)が可能となっている。(武漢=新華社記者/杜華挙)= 配信日: 2020(令和2)年12月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月29日
    (5)大型シールドマシン、ラインオフ湖北省武漢市

    26日、大型シールドマシンの台車部分を点検する中鉄十一局集団の技術スタッフ。中国湖北省武漢市黄陂区の臨空産業パークにある中鉄十一局武漢重型装備でこのほど、初めての製品となる2台の大型シールドマシンがラインオフした。同社は中国鉄道建設大手、中国鉄建集団の華中地区におけるシールドマシン生産拠点。敷地面積は100ムー(約6・67ヘクタール)で、二つの期間に分けて建設が進められている。すでに生産が始まった第1期は、約45ムー(約3ヘクタール)の敷地に、8カ所のシールドマシンの組み立て調整作業場を設置、年間延べ32台のメンテナンスとリマニファクチャリング(再製品化)が可能となっている。(武漢=新華社記者/杜華挙)= 配信日: 2020(令和2)年12月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月29日
    (6)大型シールドマシン、ラインオフ湖北省武漢市

    26日、間もなく完成する大型シールドマシンの前で清掃をする中鉄十一局の職員。中国湖北省武漢市黄陂区の臨空産業パークにある中鉄十一局武漢重型装備でこのほど、初めての製品となる2台の大型シールドマシンがラインオフした。同社は中国鉄道建設大手、中国鉄建集団の華中地区におけるシールドマシン生産拠点。敷地面積は100ムー(約6・67ヘクタール)で、二つの期間に分けて建設が進められている。すでに生産が始まった第1期は、約45ムー(約3ヘクタール)の敷地に、8カ所のシールドマシンの組み立て調整作業場を設置、年間延べ32台のメンテナンスとリマニファクチャリング(再製品化)が可能となっている。(武漢=新華社記者/杜華挙)= 配信日: 2020(令和2)年12月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月25日
    (2)貴州省の5G基地局、2万215カ所に

    5G基地局の調整作業を行うスタッフ。(資料写真)中国貴州省ビッグデータ発展管理局によると、23日現在、省内の第5世代移動通信システム(5G)基地局は2万215カ所で、5Gユーザー数は900万世帯以上となった。(貴陽=新華社配信)= 配信日: 2020(令和2)年12月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月25日
    (4)貴州省の5G基地局、2万215カ所に

    5G基地局の調整作業を行うスタッフ。(資料写真)中国貴州省ビッグデータ発展管理局によると、23日現在、省内の第5世代移動通信システム(5G)基地局は2万215カ所で、5Gユーザー数は900万世帯以上となった。(貴陽=新華社配信)= 配信日: 2020(令和2)年12月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月20日
    (5)北京冬季五輪の国家スピードスケート館の工事がほぼ完了

    15日、国家スピードスケート館「氷絲帯」の観客席エリア。中国で2022年に開催される北京冬季五輪・パラリンピックの北京競技エリアにある国家スピードスケート館「氷絲帯」(氷のリボン)の本体と内装の工事がこのほど、ほぼ完成した。電気設備工事の終了に伴い、会場では投光照明と屋内照明の調整作業が行われ、同五輪のシンボル的施設の最新の姿が明らかになった。(北京=新華社記者/張驍)= 配信日: 2020(令和2)年12月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月20日
    (7)北京冬季五輪の国家スピードスケート館の工事がほぼ完了

    15日、国家スピードスケート館「氷絲帯」の内部の通路。中国で2022年に開催される北京冬季五輪・パラリンピックの北京競技エリアにある国家スピードスケート館「氷絲帯」(氷のリボン)の本体と内装の工事がこのほど、ほぼ完成した。電気設備工事の終了に伴い、会場では投光照明と屋内照明の調整作業が行われ、同五輪のシンボル的施設の最新の姿が明らかになった。(北京=新華社記者/張驍)= 配信日: 2020(令和2)年12月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月20日
    (6)北京冬季五輪の国家スピードスケート館の工事がほぼ完了

    15日、投光照明のテストが行われた国家スピードスケート館「氷絲帯」。中国で2022年に開催される北京冬季五輪・パラリンピックの北京競技エリアにある国家スピードスケート館「氷絲帯」(氷のリボン)の本体と内装の工事がこのほど、ほぼ完成した。電気設備工事の終了に伴い、会場では投光照明と屋内照明の調整作業が行われ、同五輪のシンボル的施設の最新の姿が明らかになった。(北京=新華社記者/張驍)= 配信日: 2020(令和2)年12月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月20日
    (1)北京冬季五輪の国家スピードスケート館の工事がほぼ完了

    15日、投光照明のテストが行われた国家スピードスケート館「氷絲帯」。中国で2022年に開催される北京冬季五輪・パラリンピックの北京競技エリアにある国家スピードスケート館「氷絲帯」(氷のリボン)の本体と内装の工事がこのほど、ほぼ完成した。電気設備工事の終了に伴い、会場では投光照明と屋内照明の調整作業が行われ、同五輪のシンボル的施設の最新の姿が明らかになった。(北京=新華社記者/張驍)= 配信日: 2020(令和2)年12月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月20日
    (2)北京冬季五輪の国家スピードスケート館の工事がほぼ完了

    15日、投光照明のテストが行われた国家スピードスケート館「氷絲帯」。青く流れる光は、リンクを駆け抜けるスピードスケート選手たちの疾走感を表現している。中国で2022年に開催される北京冬季五輪・パラリンピックの北京競技エリアにある国家スピードスケート館「氷絲帯」(氷のリボン)の本体と内装の工事がこのほど、ほぼ完成した。電気設備工事の終了に伴い、会場では投光照明と屋内照明の調整作業が行われ、同五輪のシンボル的施設の最新の姿が明らかになった。(北京=新華社記者/張驍)= 配信日: 2020(令和2)年12月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月20日
    (4)北京冬季五輪の国家スピードスケート館の工事がほぼ完了

    15日、国家スピードスケート館「氷絲帯」の内部の様子。中国で2022年に開催される北京冬季五輪・パラリンピックの北京競技エリアにある国家スピードスケート館「氷絲帯」(氷のリボン)の本体と内装の工事がこのほど、ほぼ完成した。電気設備工事の終了に伴い、会場では投光照明と屋内照明の調整作業が行われ、同五輪のシンボル的施設の最新の姿が明らかになった。(北京=新華社記者/張驍)= 配信日: 2020(令和2)年12月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月20日
    (3)北京冬季五輪の国家スピードスケート館の工事がほぼ完了

    15日、館内のスケート場と観客席エリアが初めて公開された国家スピードスケート館「氷絲帯」。中国で2022年に開催される北京冬季五輪・パラリンピックの北京競技エリアにある国家スピードスケート館「氷絲帯」(氷のリボン)の本体と内装の工事がこのほど、ほぼ完成した。電気設備工事の終了に伴い、会場では投光照明と屋内照明の調整作業が行われ、同五輪のシンボル的施設の最新の姿が明らかになった。(北京=新華社記者/張驍)= 配信日: 2020(令和2)年12月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:52.11
    2020年11月26日
    「新華社」手押し式治砂作業機の開発に成功甘粛省

    中国甘粛省治沙研究所の徐先英(じょ・せんえい)研究員が率いるチームはこのほど、わらや枯れ草などを地面に列状に差し込み、砂の移動を防ぐ「砂障」の設置作業を行う手押し式治砂作業機の開発に成功した。開発に4年をかけたという。開発チームは同省武威市民勤県の蘇武砂漠大景区や、古浪県の八歩沙林場、涼州区の頭墩営林場などで機械のテスト・調整作業を行った。実際に砂漠で作業したところ、砂丘のさまざまな地形に対応でき、走行性・安定性に優れるなど、所期のテスト目標をクリアした。この機械は、これまで手作業で行っていた溝掘りや枯れ草の差し込み作業を人に代わって行うもので、作業効率は従来の4~6倍になる見込み。さまざまな地形条件で流動砂丘に草方格砂障を作ることができ、操作も簡単、機動的で高効率、さらに低コストなことから、今後の実用化が期待される。(記者/張文静、馬莎)<映像内容>砂障の設置作業を行う手押し式治砂作業機、作業の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月22日
    スマート製造が産業の高度化を推進山東省棗荘市

    10月22日、棗荘市のフライス盤メーカー、山東威達重工の工場で、工作機械の調整作業をする従業員。中国山東省棗荘(そうそう)市はここ数年、スマート製造業を優先的に発展させ、産業構造の技術変革と最適化・高度化を促進している。同市の一部のハイテク企業は人工知能(AI)を活用したスマート工場を建設し、装備製造業のスマート化、情報化、デジタル化を推進している。(棗荘=新華社記者/李賀)=2020(令和2)年10月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月15日
    中国国産の超大直径シールドマシン「騏躍」、調整を終えラインオフ上海

    15日、隧道股份上海隧道工程の機械製造分公司(支社)の生産現場で、超大直径シールドマシン「騏躍」の据え付けと調整作業を行う従業員。中国のインフラ関連エンジニアリング企業、隧道股份上海隧道工程が独自に研究開発、製造した超大直径シールドマシン(掘削機)「騏躍」がこのほど、上海市浦東新区で無事調整を終えラインオフした。「騏躍」は総重量約3200トン、全長は約99メートルで、うち本体の長さは約16メートル、カッターヘッドの直径は14・05メートルとなっている。(上海=新華社記者/方喆)=2020(令和2)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月15日
    中国国産の超大直径シールドマシン「騏躍」、調整を終えラインオフ上海

    15日、隧道股份上海隧道工程の機械製造分公司(支社)の生産現場で、超大直径シールドマシン「騏躍」の据え付けと調整作業を行う従業員。中国のインフラ関連エンジニアリング企業、隧道股份上海隧道工程が独自に研究開発、製造した超大直径シールドマシン(掘削機)「騏躍」がこのほど、上海市浦東新区で無事調整を終えラインオフした。「騏躍」は総重量約3200トン、全長は約99メートルで、うち本体の長さは約16メートル、カッターヘッドの直径は14・05メートルとなっている。(上海=新華社記者/方喆)=2020(令和2)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月15日
    中国国産の超大直径シールドマシン「騏躍」、調整を終えラインオフ上海

    15日、隧道股份上海隧道工程の機械製造分公司(支社)の生産現場で、超大直径シールドマシン「騏躍」の据え付けと調整作業を行う従業員。中国のインフラ関連エンジニアリング企業、隧道股份上海隧道工程が独自に研究開発、製造した超大直径シールドマシン(掘削機)「騏躍」がこのほど、上海市浦東新区で無事調整を終えラインオフした。「騏躍」は総重量約3200トン、全長は約99メートルで、うち本体の長さは約16メートル、カッターヘッドの直径は14・05メートルとなっている。(上海=新華社記者/方喆)=2020(令和2)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月30日
    平潭海峡道路鉄道併用橋、静的載荷試験が完了福建省

    8月30日、道路鉄道併用橋「平潭海峡公鉄大橋」。(小型無人機から)中国福建省で建設中の道路鉄道併用橋、平潭海峡公鉄大橋の静的載荷試験が8月27日、完了した。同大橋の建設は福州駅と平潭島を結ぶ福平鉄道全線の工事に影響を与える、技術要件と工事難度の高い重要プロジェクトで、中国の「第13次5カ年計画」に盛り込まれた北京と台湾地区を結ぶ高速鉄道整備先行プロジェクトでもある。9月初旬に静的検収が終わる予定で、橋全体の精密な調整作業を15日までに完了し、中旬には各機器の調整や試運転を実施する計画になっている。(福州=新華社記者/宋為偉)=2020(令和2)年8月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月30日
    平潭海峡道路鉄道併用橋、静的載荷試験が完了福建省

    8月30日、道路鉄道併用橋「平潭海峡公鉄大橋」。(小型無人機から)中国福建省で建設中の道路鉄道併用橋、平潭海峡公鉄大橋の静的載荷試験が8月27日、完了した。同大橋の建設は福州駅と平潭島を結ぶ福平鉄道全線の工事に影響を与える、技術要件と工事難度の高い重要プロジェクトで、中国の「第13次5カ年計画」に盛り込まれた北京と台湾地区を結ぶ高速鉄道整備先行プロジェクトでもある。9月初旬に静的検収が終わる予定で、橋全体の精密な調整作業を15日までに完了し、中旬には各機器の調整や試運転を実施する計画になっている。(福州=新華社記者/宋為偉)=2020(令和2)年8月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月30日
    平潭海峡道路鉄道併用橋、静的載荷試験が完了福建省

    8月30日、道路鉄道併用橋「平潭海峡公鉄大橋」を通る建設工事関連の車両。(小型無人機から)中国福建省で建設中の道路鉄道併用橋、平潭海峡公鉄大橋の静的載荷試験が8月27日、完了した。同大橋の建設は福州駅と平潭島を結ぶ福平鉄道全線の工事に影響を与える、技術要件と工事難度の高い重要プロジェクトで、中国の「第13次5カ年計画」に盛り込まれた北京と台湾地区を結ぶ高速鉄道整備先行プロジェクトでもある。9月初旬に静的検収が終わる予定で、橋全体の精密な調整作業を15日までに完了し、中旬には各機器の調整や試運転を実施する計画になっている。(福州=新華社記者/宋為偉)=2020(令和2)年8月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:44.79
    2020年08月28日
    「新華社」福平鉄道、開通秒読み平潭海峡公鉄大橋で負荷試験福建省

    中国福建省で建設中の鉄道・道路併用橋「平潭(へいたん)海峡公鉄大橋」では現在、静的載荷試験が実施されている。平潭海峡をまたぐ同橋の建設は、同省福州市の福州駅と平潭島を結ぶ福平鉄道の主要プロジェクト。試験は5日間の日程で行われる。福平鉄道ではこれと並行して全線で精密な調整作業が進められている。9月から各機器の調整や試運転を行い、年内に開業する予定。北京と福州を結ぶ京福高速鉄道の重要な延長区間で、全長88・43キロ、設計時速は200キロとなっている。(記者/林凱、林善伝)<映像内容>平潭海峡公鉄大橋の負荷試験の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月24日
    福平鉄道、線路の精密調整が急ピッチ福建省

    24日、福平鉄道で精密調整作業を行う中国鉄路南昌局集団福州工務段の作業員。中国福建省福州市の福州駅と平潭島を結ぶ福平鉄道で24日、中国鉄路南昌局集団の福州工務段(保線区)などの線路切り替え作業員が、線路の精密調整作業を急ピッチで行った。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年8月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月24日
    福平鉄道、線路の精密調整が急ピッチ福建省

    24日、福平鉄道の烏竜江大橋で精密調整作業を行う中国鉄路南昌局集団福州工務段の作業員。中国福建省福州市の福州駅と平潭島を結ぶ福平鉄道で24日、中国鉄路南昌局集団の福州工務段(保線区)などの線路切り替え作業員が、線路の精密調整作業を急ピッチで行った。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年8月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月24日
    福平鉄道、線路の精密調整が急ピッチ福建省

    24日、福平鉄道の烏竜江大橋で精密調整作業を行う中国鉄路南昌局集団福州工務段の作業員。中国福建省福州市の福州駅と平潭島を結ぶ福平鉄道で24日、中国鉄路南昌局集団の福州工務段(保線区)などの線路切り替え作業員が、線路の精密調整作業を急ピッチで行った。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年8月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月24日
    福平鉄道、線路の精密調整が急ピッチ福建省

    24日、建設中の福平鉄道閩江特大橋。中国福建省福州市の福州駅と平潭島を結ぶ福平鉄道で24日、中国鉄路南昌局集団の福州工務段(保線区)などの線路切り替え作業員が、線路の精密調整作業を急ピッチで行った。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年8月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月24日
    福平鉄道、線路の精密調整が急ピッチ福建省

    24日、建設中の福平鉄道閩江特大橋。中国福建省福州市の福州駅と平潭島を結ぶ福平鉄道で24日、中国鉄路南昌局集団の福州工務段(保線区)などの線路切り替え作業員が、線路の精密調整作業を急ピッチで行った。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年8月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月24日
    福平鉄道、線路の精密調整が急ピッチ福建省

    24日、福平鉄道の烏竜江大橋でレール幅を測る中国鉄路南昌局集団福州工務段の作業員。中国福建省福州市の福州駅と平潭島を結ぶ福平鉄道で24日、中国鉄路南昌局集団の福州工務段(保線区)などの線路切り替え作業員が、線路の精密調整作業を急ピッチで行った。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年8月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月24日
    福平鉄道、線路の精密調整が急ピッチ福建省

    24日、建設中の福平鉄道新鼓山トンネル入口。中国福建省福州市の福州駅と平潭島を結ぶ福平鉄道で24日、中国鉄路南昌局集団の福州工務段(保線区)などの線路切り替え作業員が、線路の精密調整作業を急ピッチで行った。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年8月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月17日
    スマート科学技術産業の発展に注力天津市浜海新区

    17日、ロボットの調整作業をする天津新松機器人自動化の従業員。中国天津市浜海新区は近年、スマート科学技術産業の発展に大いに力を入れ、一飛智控(天津)科技や天津新松機器人自動化などのスマート科学技術企業が発展の勢いを見せている。同産業は浜海新区の産業の30%以上を占め、すでに同区の質の高い発展を促す重要な原動力となっている。(天津=新華社記者/李然)=2020(令和2)年8月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月17日
    スマート科学技術産業の発展に注力天津市浜海新区

    17日、ロボットの調整作業をする天津新松機器人自動化の従業員。中国天津市浜海新区は近年、スマート科学技術産業の発展に大いに力を入れ、一飛智控(天津)科技や天津新松機器人自動化などのスマート科学技術企業が発展の勢いを見せている。同産業は浜海新区の産業の30%以上を占め、すでに同区の質の高い発展を促す重要な原動力となっている。(天津=新華社記者/李然)=2020(令和2)年8月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月29日
    中国超大出力電気機関車の開発に成功

    7月29日、湖南省株洲市にある中車株洲電力機車で、電気機関車「神24」のラインオフ前の調整作業を行う従業員。中国の国有鉄道車両メーカー、中国中車(CRRC)傘下の中車株洲電力機車はこのほど、出力2万8800キロワット、けん引力2280キロニュートン(KN)の電気機関車「神24」をラインオフした。この超大出力電気機関車の完成は、国産鉄道の重輸送技術イノベーションの大きな進展を示している。(株洲=新華社配信)=2020(令和2)年7月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月29日
    中国超大出力電気機関車の開発に成功

    7月29日、湖南省株洲市にある中車株洲電力機車で、電気機関車「神24」のラインオフ前の調整作業を行う従業員。中国の国有鉄道車両メーカー、中国中車(CRRC)傘下の中車株洲電力機車はこのほど、出力2万8800キロワット、けん引力2280キロニュートン(KN)の電気機関車「神24」をラインオフした。この超大出力電気機関車の完成は、国産鉄道の重輸送技術イノベーションの大きな進展を示している。(株洲=新華社配信)=2020(令和2)年7月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月27日
    匠の心を今に伝えるアンティーク時計河北省景県

    27日、河北省景県のアンティーク時計メーカーで、置き時計の調整作業をする従業員。中国河北省衡水(こうすい)市景県のアンティーク時計業界は近年、革新を続け、あくなき進歩を目指す匠の精神を育成。技術の伝承過程の中で初心を守ることで、西洋のアンティーク時計の美しさと東洋の工芸品のしなやかさを結び付けてきた。現在、同県で生産されるアンティーク時計は、30以上の国と地域で販売されており、その種類は400種余りに上るという。(衡水=新華社記者/李暁果)=2020(令和2)年7月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月22日
    北京初のエアーテント型ウイルス検査実験室が運用開始

    22日、エアーテント内部で設備の調整作業をするスタッフ。中国北京市で23日、同市初となるエアーテント型の新型コロナウイルス専門検査施設、「火眼」実験室が運用を開始した。大興区スポーツセンター内に設置された実験室は、広東省深圳市に本社を置くゲノム解析大手、華大基因(BGI)グループが研究開発を担当。移動可能で自動化されており、大量の検査に対応する能力を備えている。実験室は現在、エアーテント9張りで構成されており、3張りが検体受け取り用に充てられ、残る6張りの内部に独自開発した自動核酸抽出装置14台が備え付けられている。装置1台で1回につき検体96個の核酸抽出が可能で、作業効率が大幅に向上する。(北京=新華社記者/彭子洋)=2020(令和2)年6月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月11日
    安六鉄道で総合試験調整作業始まる貴州省

    11日、安順市郊外を通過する安六鉄道の試験車。(小型無人機から)中国貴州省で建設が進む安順と六盤水を結ぶ安六鉄道で11日、総合試験調整作業が始まり、工事検収の重要な段階に入った。同鉄道は延長約125キロ、国家1級複線旅客輸送専用線で、設計速度は時速250キロとなっている。2015年末に着工し、19年末に全線のレール敷設が完了、3月25日から静的検収が始まっている。(安順=新華社記者/劉続)=2020(令和2)年5月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月11日
    安六鉄道で総合試験調整作業始まる貴州省

    11日、安順市郊外を通過する安六鉄道の試験車。(小型無人機から)中国貴州省で建設が進む安順市と六盤水市を結ぶ安六鉄道で11日、総合試験調整作業が始まり、工事検収の重要な段階に入った。同鉄道は延長約125キロ、国家1級複線旅客輸送専用線で、設計速度は時速250キロとなっている。2015年末に着工し、19年末に全線のレール敷設が完了、3月25日から静的検収が始まっている。(安順=新華社記者/劉続)=2020(令和2)年5月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月11日
    安六鉄道で総合試験調整作業始まる貴州省

    11日、安順市郊外を通過する安六鉄道の試験車。(小型無人機から)中国貴州省で建設が進む安順と六盤水を結ぶ安六鉄道で11日、総合試験調整作業が始まり、工事検収の重要な段階に入った。同鉄道は延長約125キロ、国家1級複線旅客輸送専用線で、設計速度は時速250キロとなっている。2015年末に着工し、19年末に全線のレール敷設が完了、3月25日から静的検収が始まっている。(安順=新華社記者/劉続)=2020(令和2)年5月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月11日
    安六鉄道で総合試験調整作業始まる貴州省

    11日、安順市郊外を通過する安六鉄道の試験車。(小型無人機から)中国貴州省で建設が進む安順と六盤水を結ぶ安六鉄道で11日、総合試験調整作業が始まり、工事検収の重要な段階に入った。同鉄道は延長約125キロ、国家1級複線旅客輸送専用線で、設計速度は時速250キロとなっている。2015年末に着工し、19年末に全線のレール敷設が完了、3月25日から静的検収が始まっている。(安順=新華社記者/劉続)=2020(令和2)年5月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月11日
    安六鉄道で総合試験調整作業始まる貴州省

    11日、安順市郊外を通過する安六鉄道の試験車。(小型無人機から)中国貴州省で建設が進む安順と六盤水を結ぶ安六鉄道で11日、総合試験調整作業が始まり、工事検収の重要な段階に入った。同鉄道は延長約125キロ、国家1級複線旅客輸送専用線で、設計速度は時速250キロとなっている。2015年末に着工し、19年末に全線のレール敷設が完了、3月25日から静的検収が始まっている。(安順=新華社記者/劉続)=2020(令和2)年5月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月11日
    安六鉄道で総合試験調整作業始まる貴州省

    11日、安順市郊外を通過する安六鉄道の試験車。(小型無人機から)中国貴州省で建設が進む安順と六盤水を結ぶ安六鉄道で11日、総合試験調整作業が始まり、工事検収の重要な段階に入った。同鉄道は延長約125キロ、国家1級複線旅客輸送専用線で、設計速度は時速250キロとなっている。2015年末に着工し、19年末に全線のレール敷設が完了、3月25日から静的検収が始まっている。(安順=新華社記者/劉続)=2020(令和2)年5月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 02:08.66
    2020年05月11日
    「新華社」安六鉄道で総合試験調整作業始まる貴州省

    中国貴州省で建設が進む安順市と六盤水市を結ぶ安六鉄道で11日、総合試験調整作業が始まり、工事検収の重要な段階に入った。同鉄道は延長約125キロ、国家1級複線旅客輸送専用線で、設計速度は時速250キロとなっている。2015年末に着工し、19年末に全線のレール敷設が完了、3月25日から静的検収が始まっている。(記者/劉続、劉勤兵)<映像内容>安六鉄道の空撮、撮影日:2020(令和2)年5月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月11日
    安六鉄道で総合試験調整作業始まる貴州省

    11日、安順市郊外を通過する安六鉄道の試験車。(小型無人機から)中国貴州省で建設が進む安順と六盤水を結ぶ安六鉄道で11日、総合試験調整作業が始まり、工事検収の重要な段階に入った。同鉄道は延長約125キロ、国家1級複線旅客輸送専用線で、設計速度は時速250キロとなっている。2015年末に着工し、19年末に全線のレール敷設が完了、3月25日から静的検収が始まっている。(安順=新華社記者/劉続)=2020(令和2)年5月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月11日
    安六鉄道で総合試験調整作業始まる貴州省

    11日、安順市郊外を通過する安六鉄道の試験車。(小型無人機から)中国貴州省で建設が進む安順市と六盤水市を結ぶ安六鉄道で11日、総合試験調整作業が始まり、工事検収の重要な段階に入った。同鉄道は延長約125キロ、国家1級複線旅客輸送専用線で、設計速度は時速250キロとなっている。2015年末に着工し、19年末に全線のレール敷設が完了、3月25日から静的検収が始まっている。(安順=新華社記者/劉続)=2020(令和2)年5月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年04月25日
    バグダッドの病院でCT検査室が完成中国が建設支援

    25日、CT設備の検収を行う中国医療専門家チームのメンバー。イラクの首都バグダッドにある新型コロナウイルス感染症指定治療病院で、中国が建設を支援したコンピューター断層撮影装置(CT)専門検査室が、連日の設置・調整作業を経て完成した。25日には中国紅十字会(赤十字社)本部がイラクの新型コロナ対策のために派遣した医療専門家チームが設備の検収証書をイラク側に引き継ぎ、同国の放射線科医に研修を実施した。(バグダッド=新華社配信)=2020(令和2)年4月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年04月25日
    バグダッドの病院でCT検査室が完成中国が建設支援

    25日、イラク側代表とCT設備の検収を行う中国の医療専門家チーム。イラクの首都バグダッドにある新型コロナウイルス感染症指定治療病院で、中国が建設を支援したコンピューター断層撮影装置(CT)専門検査室が、連日の設置・調整作業を経て完成した。25日には中国紅十字会(赤十字社)本部がイラクの新型コロナ対策のために派遣した医療専門家チームが設備の検収証書をイラク側に引き継ぎ、同国の放射線科医に研修を実施した。(バグダッド=新華社配信)=2020(令和2)年4月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年04月25日
    バグダッドの病院でCT検査室が完成中国が建設支援

    25日、イラク・バグダッドのCT検査室で地元医師に研修を行う中国医療専門家チームのメンバー。イラクの首都バグダッドにある新型コロナウイルス感染症指定治療病院で、中国が建設を支援したコンピューター断層撮影装置(CT)専門検査室が、連日の設置・調整作業を経て完成した。25日には中国紅十字会(赤十字社)本部がイラクの新型コロナ対策のために派遣した医療専門家チームが設備の検収証書をイラク側に引き継ぎ、同国の放射線科医に研修を実施した。(バグダッド=新華社配信)=2020(令和2)年4月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年04月25日
    バグダッドの病院でCT検査室が完成中国が建設支援

    25日、イラクの放射線科医に研修を行う中国医療専門家チームのメンバー。イラクの首都バグダッドにある新型コロナウイルス感染症指定治療病院で、中国が建設を支援したコンピューター断層撮影装置(CT)専門検査室が、連日の設置・調整作業を経て完成した。25日には中国紅十字会(赤十字社)本部がイラクの新型コロナ対策のために派遣した医療専門家チームが設備の検収証書をイラク側に引き継ぎ、同国の放射線科医に研修を実施した。(バグダッド=新華社配信)=2020(令和2)年4月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年04月25日
    バグダッドの病院でCT検査室が完成中国が建設支援

    25日、イラク・バグダッドのCT検査室でイラクの放射線科医に研修を行う中国医療専門家チームのメンバー。イラクの首都バグダッドにある新型コロナウイルス感染症指定治療病院で、中国が建設を支援したコンピューター断層撮影装置(CT)専門検査室が、連日の設置・調整作業を経て完成した。25日には中国紅十字会(赤十字社)本部がイラクの新型コロナ対策のために派遣した医療専門家チームが設備の検収証書をイラク側に引き継ぎ、同国の放射線科医に研修を実施した。(バグダッド=新華社配信)=2020(令和2)年4月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年04月25日
    バグダッドの病院でCT検査室が完成中国が建設支援

    25日、イラク側にCT設備の検収証書を引き継ぐ中国の医療専門家チーム。イラクの首都バグダッドにある新型コロナウイルス感染症指定治療病院で、中国が建設を支援したコンピューター断層撮影装置(CT)専門検査室が、連日の設置・調整作業を経て完成した。25日には中国紅十字会(赤十字社)本部がイラクの新型コロナ対策のために派遣した医療専門家チームが設備の検収証書をイラク側に引き継ぎ、同国の放射線科医に研修を実施した。(バグダッド=新華社配信)=2020(令和2)年4月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年04月25日
    バグダッドの病院でCT検査室が完成中国が建設支援

    25日、イラクの放射線科医に研修を行う中国医療専門家チームのメンバー。イラクの首都バグダッドにある新型コロナウイルス感染症指定治療病院で、中国が建設を支援したコンピューター断層撮影装置(CT)専門検査室が、連日の設置・調整作業を経て完成した。25日には中国紅十字会(赤十字社)本部がイラクの新型コロナ対策のために派遣した医療専門家チームが設備の検収証書をイラク側に引き継ぎ、同国の放射線科医に研修を実施した。(バグダッド=新華社配信)=2020(令和2)年4月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月17日
    インテリジェント化で、独自の自動車部品製造拠点目指す江蘇省靖江市

    17日、江蘇省靖江市にある新程汽車工業の溶接治具組み立て試験区で調整作業を行う従業員。中国江蘇省靖江市はここ数年、自動車部品産業の発展に力を入れ、「インテリジェント化、自動化、集積化」路線を歩み続けてきた。地元の自動車部品メーカーは、研究開発拠点の建設や産学研連携の展開などを通じて研究開発能力を強化するとともに、生産ライン技術を改良し、生産効率や製品の品質、市場競争力の向上を図っている。(靖江=新華社記者/李博)=2020(令和2)年4月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月17日
    インテリジェント化で、独自の自動車部品製造拠点目指す江蘇省靖江市

    17日、江蘇省靖江市にある新程汽車工業の溶接治具組み立て試験区で調整作業を行う従業員。中国江蘇省靖江市はここ数年、自動車部品産業の発展に力を入れ、「インテリジェント化、自動化、集積化」路線を歩み続けてきた。地元の自動車部品メーカーは、研究開発拠点の建設や産学研連携の展開などを通じて研究開発能力を強化するとともに、生産ライン技術を改良し、生産効率や製品の品質、市場競争力の向上を図っている。(靖江=新華社記者/韓瑜慶)=2020(令和2)年4月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月17日
    インテリジェント化で、独自の自動車部品製造拠点目指す江蘇省靖江市

    17日、江蘇省靖江市にある新程汽車工業の溶接治具組み立て試験区で調整作業を行う従業員。中国江蘇省靖江市はここ数年、自動車部品産業の発展に力を入れ、「インテリジェント化、自動化、集積化」路線を歩み続けてきた。地元の自動車部品メーカーは、研究開発拠点の建設や産学研連携の展開などを通じて研究開発能力を強化するとともに、生産ライン技術を改良し、生産効率や製品の品質、市場競争力の向上を図っている。(靖江=新華社記者/李博)=2020(令和2)年4月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月21日
    山村の工場、生産再開で大忙し陝西省鎮安県

    21日、鎮安県雲蓋寺鎮の雲鎮社区(コミュニティー)内の工場で電子プローブを仕分ける従業員。中国中西部の秦嶺山脈と大巴山脈からなる秦巴山地に位置する陝西省商洛市鎮安県は、新型コロナウイルスによる肺炎の感染防止と経済発展のための活動に統一計画の下で取り組んでいる。県内の各鎮村では、新型肺炎のため春節(旧正月)明けの操業再開が遅れている企業、フル稼働に達していない企業の生産再開や生産向上に向けた調整作業が急ピッチで進められており、人々の収入を保障するとともに、貧困脱却の難関攻略を後押ししている。(西安=新華社記者/邵瑞)=2020(令和2)年2月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月21日
    山村の工場、生産再開で大忙し陝西省鎮安県

    21日、鎮安県雲蓋寺鎮の雲鎮社区(コミュニティー)内の工場で電子セラミックス製品の品質検査をする従業員。中国中西部の秦嶺山脈と大巴山脈からなる秦巴山地に位置する陝西省商洛市鎮安県は、新型コロナウイルスによる肺炎の感染防止と経済発展のための活動に統一計画の下で取り組んでいる。県内の各鎮・村では、新型肺炎のため春節(旧正月)明けの操業再開が遅れている企業、フル稼働に達していない企業の生産再開や生産向上に向けた調整作業が急ピッチで進められており、人々の収入を保障するとともに、貧困脱却の難関攻略を後押ししている。(西安=新華社記者/邵瑞)=2020(令和2)年2月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月21日
    山村の工場、生産再開で大忙し陝西省鎮安県

    21日、陝西省鎮安県雲蓋寺鎮西華村の菌床製造企業で作業する従業員。中国中西部の秦嶺山脈と大巴山脈からなる秦巴山地に位置する陝西省商洛市鎮安県は、新型コロナウイルスによる肺炎の感染防止と経済発展のための活動に統一計画の下で取り組んでいる。県内の各鎮・村では、新型肺炎のため春節(旧正月)明けの操業再開が遅れている企業、フル稼働に達していない企業の生産再開や生産向上に向けた調整作業が急ピッチで進められており、人々の収入を保障するとともに、貧困脱却の難関攻略を後押ししている。(西安=新華社記者/邵瑞)=2020(令和2)年2月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月21日
    山村の工場、生産再開で大忙し陝西省鎮安県

    21日、鎮安県雲蓋寺鎮の雲鎮社区(コミュニティー)内の工場で電子プローブを検査する従業員。中国中西部の秦嶺山脈と大巴山脈からなる秦巴山地に位置する陝西省商洛市鎮安県は、新型コロナウイルスによる肺炎の感染防止と経済発展のための活動に統一計画の下で取り組んでいる。県内の各鎮・村では、新型肺炎のため春節(旧正月)明けの操業再開が遅れている企業、フル稼働に達していない企業の生産再開や生産向上に向けた調整作業が急ピッチで進められており、人々の収入を保障するとともに、貧困脱却の難関攻略を後押ししている。(西安=新華社記者/邵瑞)=2020(令和2)年2月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月21日
    山村の工場、生産再開で大忙し陝西省鎮安県

    21日、陝西省鎮安県雲蓋寺鎮西華村の菌床製造企業で菌糸体の成長を確認する責任者の王大吉(おう・だいきつ)さん。中国中西部の秦嶺山脈と大巴山脈からなる秦巴山地に位置する陝西省商洛市鎮安県は、新型コロナウイルスによる肺炎の感染防止と経済発展のための活動に統一計画の下で取り組んでいる。県内の各鎮・村では、新型肺炎のため春節(旧正月)明けの操業再開が遅れている企業、フル稼働に達していない企業の生産再開や生産向上に向けた調整作業が急ピッチで進められており、人々の収入を保障するとともに、貧困脱却の難関攻略を後押ししている。(西安=新華社記者/邵瑞)=2020(令和2)年2月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月21日
    山村の工場、生産再開で大忙し陝西省鎮安県

    21日、鎮安県雲蓋寺鎮の雲鎮社区(コミュニティー)内の工場で電子プローブを製造する従業員。中国中西部の秦嶺山脈と大巴山脈からなる秦巴山地に位置する陝西省商洛市鎮安県は、新型コロナウイルスによる肺炎の感染防止と経済発展のための活動に統一計画の下で取り組んでいる。県内の各鎮・村では、新型肺炎のため春節(旧正月)明けの操業再開が遅れている企業、フル稼働に達していない企業の生産再開や生産向上に向けた調整作業が急ピッチで進められており、人々の収入を保障するとともに、貧困脱却の難関攻略を後押ししている。(西安=新華社記者/邵瑞)=2020(令和2)年2月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月21日
    山村の工場、生産再開で大忙し陝西省鎮安県

    21日、鎮安県雲蓋寺鎮の雲鎮社区(コミュニティー)内の工場で電子プローブを製造する従業員。中国中西部の秦嶺山脈と大巴山脈からなる秦巴山地に位置する陝西省商洛市鎮安県は、新型コロナウイルスによる肺炎の感染防止と経済発展のための活動に統一計画の下で取り組んでいる。県内の各鎮村では、新型肺炎のため春節(旧正月)明けの操業再開が遅れている企業、フル稼働に達していない企業の生産再開や生産向上に向けた調整作業が急ピッチで進められており、人々の収入を保障するとともに、貧困脱却の難関攻略を後押ししている。(西安=新華社記者/邵瑞)=2020(令和2)年2月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月21日
    山村の工場、生産再開で大忙し陝西省鎮安県

    21日、鎮安県雲蓋寺鎮の雲鎮社区(コミュニティー)内の工場で電子セラミックス製品の材料を整理する従業員。中国中西部の秦嶺山脈と大巴山脈からなる秦巴山地に位置する陝西省商洛市鎮安県は、新型コロナウイルスによる肺炎の感染防止と経済発展のための活動に統一計画の下で取り組んでいる。県内の各鎮・村では、新型肺炎のため春節(旧正月)明けの操業再開が遅れている企業、フル稼働に達していない企業の生産再開や生産向上に向けた調整作業が急ピッチで進められており、人々の収入を保障するとともに、貧困脱却の難関攻略を後押ししている。(西安=新華社記者/邵瑞)=2020(令和2)年2月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月21日
    山村の工場、生産再開で大忙し陝西省鎮安県

    21日、陝西省鎮安県雲蓋寺鎮西華村の菌床製造企業で袋詰め作業をする従業員。中国中西部の秦嶺山脈と大巴山脈からなる秦巴山地に位置する陝西省商洛市鎮安県は、新型コロナウイルスによる肺炎の感染防止と経済発展のための活動に統一計画の下で取り組んでいる。県内の各鎮・村では、新型肺炎のため春節(旧正月)明けの操業再開が遅れている企業、フル稼働に達していない企業の生産再開や生産向上に向けた調整作業が急ピッチで進められており、人々の収入を保障するとともに、貧困脱却の難関攻略を後押ししている。(西安=新華社記者/邵瑞)=2020(令和2)年2月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月21日
    山村の工場、生産再開で大忙し陝西省鎮安県

    21日、鎮安県雲蓋寺鎮の雲鎮社区(コミュニティー)内にある工場の電気抵抗式溶融炉で焼成されるセラミックス。中国中西部の秦嶺山脈と大巴山脈からなる秦巴山地に位置する陝西省商洛市鎮安県は、新型コロナウイルスによる肺炎の感染防止と経済発展のための活動に統一計画の下で取り組んでいる。県内の各鎮村では、新型肺炎のため春節(旧正月)明けの操業再開が遅れている企業、フル稼働に達していない企業の生産再開や生産向上に向けた調整作業が急ピッチで進められており、人々の収入を保障するとともに、貧困脱却の難関攻略を後押ししている。(西安=新華社記者/邵瑞)=2020(令和2)年2月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:50.84
    2019年12月20日
    「新華社」京張高速鉄道が間もなく開通万里の長城の麓を走るスマート列車

    中国の北京市と河北省張家口市を結ぶ京張高速鉄道が間もなく開通する。同鉄道専用のスマート列車は、すでにテスト運行を開始している。同列車は卓越した空力性能と美しい外観を兼ね備えているほか、自動運転技術を取り入れ、駅での発車と停車、走行区間での運転、ドアの開閉といった各種の自動化を実現した。同列車は、世界で初めて時速350キロの条件下で、アルゴリズムを用いてより安全的かつ省エネ、高効率な運行をする列車となる。同列車は自動運転が可能だが、安全確保のためには依然として運転士の存在が欠かせない。運転士らは開通前に、信号機や鉄道標識の座標、トンネルの長さ、線路の傾斜角度など大量のデータを収集、綿密に計算・処理を行って分厚い路線図を作成し、同高速鉄道の総合試験調整作業にデータによる裏付けを提供した。同高速鉄道は全長174キロで、北京北駅を出発すると一路北へ向かい、居庸関(きょようかん)長城、水関長城、八達嶺長城の順に通過する。スマート列車は悠久の歴史を持つ八達嶺長城の下方102メートルに相当する場所で、世界で最も深く、最大規模を有するアンダーカット掘削工法による高速鉄道駅「八達嶺長城駅」を通過する。運転士の安秀旗(あん・しゅうき)さんは「駅への進入速度は時速80キロ以下を維持しなければならず、停車前には走行許可の確認も必要となる」と説明した。33歳の運転士の沈義(しん・ぎ)さんは、中国人は100年以上前には独自に建設した1本目の鉄道である京張鉄道でディーゼル機関車を運転したが、現在では世界初のスマート高速鉄道である京張高速鉄道でスマート列車を走らせていると指摘。この時空を超えるような感覚はわれわれに「新たな時代に突入した」と感じさせると述べた。(記者/丁静、顔暁勤)<映像内容>間もなく開通する京張高速鉄道、走行中の様子など、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年12月02日
    成都と貴陽を結ぶ高速鉄道、全線で無乗客試運転を開始

    2日、成貴高速鉄道の鴨池河特大橋を通過する試験列車。(小型無人機から)中国四川省成都市と貴州省貴陽市を結ぶ成貴高速鉄道で2日、全線での乗客を乗せずに行う試運転が始まり、試験車両が成都・貴陽間を運行した。開業に向けて総合試験調整作業が順調に進んでいる。中国鉄路成都局集団が発表した。(畢節=新華社記者/劉続)=2019(令和元)年12月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年12月02日
    成都と貴陽を結ぶ高速鉄道、全線で無乗客試運転を開始

    2日、成貴高速鉄道の西渓河大橋を通過する試験列車。中国四川省成都市と貴州省貴陽市を結ぶ成貴高速鉄道で2日、全線での乗客を乗せずに行う試運転が始まり、試験車両が成都・貴陽間を運行した。開業に向けて総合試験調整作業が順調に進んでいる。中国鉄路成都局集団が発表した。(畢節=新華社記者/劉続)=2019(令和元)年12月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年12月02日
    成都と貴陽を結ぶ高速鉄道、全線で無乗客試運転を開始

    2日、成貴高速鉄道の鴨池河特大橋を通過する試験列車。中国四川省成都市と貴州省貴陽市を結ぶ成貴高速鉄道で2日、全線での乗客を乗せずに行う試運転が始まり、試験車両が成都・貴陽間を運行した。開業に向けて総合試験調整作業が順調に進んでいる。中国鉄路成都局集団が発表した。(畢節=新華社記者/劉続)=2019(令和元)年12月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年12月02日
    成都と貴陽を結ぶ高速鉄道、全線で無乗客試運転を開始

    2日、成貴高速鉄道の鴨池河特大橋を通過する試験列車。中国四川省成都市と貴州省貴陽市を結ぶ成貴高速鉄道で2日、全線での乗客を乗せずに行う試運転が始まり、試験車両が成都・貴陽間を運行した。開業に向けて総合試験調整作業が順調に進んでいる。中国鉄路成都局集団が発表した。(畢節=新華社記者/劉続)=2019(令和元)年12月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年12月02日
    成都と貴陽を結ぶ高速鉄道、全線で無乗客試運転を開始

    2日、成貴高速鉄道の西渓河大橋を通過する試験列車。(小型無人機から)中国四川省成都市と貴州省貴陽市を結ぶ成貴高速鉄道で2日、全線での乗客を乗せずに行う試運転が始まり、試験車両が成都・貴陽間を運行した。開業に向けて総合試験調整作業が順調に進んでいる。中国鉄路成都局集団が発表した。(畢節=新華社記者/劉続)=2019(令和元)年12月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年12月02日
    成都と貴陽を結ぶ高速鉄道、全線で無乗客試運転を開始

    2日、成貴高速鉄道の鴨池河特大橋を通過する試験列車。中国四川省成都市と貴州省貴陽市を結ぶ成貴高速鉄道で2日、全線での乗客を乗せずに行う試運転が始まり、試験車両が成都・貴陽間を運行した。開業に向けて総合試験調整作業が順調に進んでいる。中国鉄路成都局集団が発表した。(畢節=新華社記者/劉続)=2019(令和元)年12月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:31.35
    2019年11月11日
    「新華社」京張高速鉄道、総合試験調整作業にスマート動車組投入

    中国の北京市と河北省張家口市を結ぶ京張高速鉄道の列車がこのほど清河駅を出発、同高速鉄道の総合試験調整作業にスマート動車組(動力分散式列車)が加わった。中国鉄路北京局集団が明らかにした。スマート動車組の総合試験調整作業は同高速鉄道の昌平駅と下花園北駅間で行われ、走行試験での最高時速は350キロになるという。スマート動車組は時速350キロの「復興号」を基礎に開発され、同高速鉄道の線路条件に適合し、2022年の北京冬季五輪へのサービスで求められる条件を満たすことを考慮して設計された。この列車は自動運転技術を導入しており、駅からの自動発車、走行区間での自動運転、駅での自動停車、自動開扉などが可能になった。また、世界で初めて時速350キロの条件下で最高の運転士の技術を再現し、アルゴリズムを用いてより安全で省エネ、効率的な運行を実現している。さらに、全車両にWi-Fi(無線LAN)を導入し、多言語による旅客情報システムを備え、海外旅客のニーズに応えることができるという。同高速鉄道は、北京北駅を始発駅、張家口駅を終着駅とし、本線の全長は174キロ、最高設計時速は350キロとなっており、中国の「中長期鉄道網計画」における8本の縦ルートと8本の横ルートからなる高速鉄道網「八縦八横」のうち、北京市と甘粛省蘭州市を結ぶ「京蘭ルート」を構成する重要な一部であると同時に、京津冀(北京市・天津市・河北省)協同発展と、2022年北京冬季五輪における交通輸送を保証する重要な設備となる。(記者/丁静)<映像内容>京張高速鉄道が総合試験調整作業にスマート動車組投入、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年11月07日
    京張高速鉄道、総合試験調整作業にスマート動車組投入

    7日、京張高速鉄道で総合試験調整作業に投入されたスマート動車組の内部。中国の北京市と河北省張家口市を結ぶ京張高速鉄道の05301次列車がこのほど清河駅を出発、同高速鉄道の総合試験調整作業にスマート動車組(動力分散式列車)が加わった。中国鉄路北京局集団が明らかにした。(北京=新華社配信/孫麗萍)=2019(令和元)年11月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年11月07日
    京張高速鉄道、総合試験調整作業にスマート動車組投入

    7日、京張高速鉄道昌平駅を通過する、総合試験調整作業に投入されたスマート動車組。中国の北京市と河北省張家口市を結ぶ京張高速鉄道の05301次列車がこのほど清河駅を出発、同高速鉄道の総合試験調整作業にスマート動車組(動力分散式列車)が加わった。中国鉄路北京局集団が明らかにした。(北京=新華社配信/魯静)=2019(令和元)年11月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年11月07日
    京張高速鉄道、総合試験調整作業にスマート動車組投入

    7日、京張高速鉄道で総合試験調整作業に投入されたスマート動車組の内部。中国の北京市と河北省張家口市を結ぶ京張高速鉄道の05301次列車がこのほど清河駅を出発、同高速鉄道の総合試験調整作業にスマート動車組(動力分散式列車)が加わった。中国鉄路北京局集団が明らかにした。(北京=新華社配信/孫麗萍)=2019(令和元)年11月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年11月07日
    京張高速鉄道、総合試験調整作業にスマート動車組投入

    7日、京張高速鉄道で総合試験調整作業に投入されたスマート動車組。中国の北京市と河北省張家口市を結ぶ京張高速鉄道の05301次列車がこのほど清河駅を出発、同高速鉄道の総合試験調整作業にスマート動車組(動力分散式列車)が加わった。中国鉄路北京局集団が明らかにした。(北京=新華社配信/孫麗萍)=2019(令和元)年11月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年11月07日
    京張高速鉄道、総合試験調整作業にスマート動車組投入

    7日、京張高速鉄道で総合試験調整作業に投入されたスマート動車組。中国の北京市と河北省張家口市を結ぶ京張高速鉄道の05301次列車がこのほど清河駅を出発、同高速鉄道の総合試験調整作業にスマート動車組(動力分散式列車)が加わった。中国鉄路北京局集団が明らかにした。(北京=新華社配信/魯静)=2019(令和元)年11月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年11月07日
    京張高速鉄道、総合試験調整作業にスマート動車組投入

    7日、京張高速鉄道で総合試験調整作業に投入されたスマート動車組。中国の北京市と河北省張家口市を結ぶ京張高速鉄道の05301次列車がこのほど清河駅を出発、同高速鉄道の総合試験調整作業にスマート動車組(動力分散式列車)が加わった。中国鉄路北京局集団が明らかにした。(北京=新華社配信/魯静)=2019(令和元)年11月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 02:11.62
    2019年10月28日
    「新華社」北京冬季五輪の重要インフラ、崇礼鉄道の試験調整作業始まる

    中国北京市と河北省張家口市を結ぶ京張高速鉄道の一部である崇礼(すうれい)鉄道でこのほど、全線試験調整作業がスタートした。崇礼鉄道は2022年北京冬季五輪の重要な交通インフラ整備事業でもある。崇礼鉄道は全長52・8キロ、設計時速250キロで、京張高速鉄道の下花園北駅と張家口市崇礼区の太子城駅を結ぶ。完成すると北京北駅から冬季五輪の崇礼競技エリアまで1時間以内で移動できるようになる。(記者/曲瀾娟)<映像内容>崇礼鉄道の全線試験調整作業の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年07月26日
    真夏の夜の保線作業緻密な調整で高速鉄道を守る

    26日、高架橋上で資材を運ぶ中国鉄路上海局集団有限公司徐州工務段の高速鉄道の作業員。中国鉄路上海局集団の徐州工務段(保線区)で26日未明、高速鉄道の保線員が蒸し暑い天候のなか高架橋に上がり、1日の運行を終えた高速鉄道のレールの全面的な点検とメンテナンスを実施した。保線員は12人前後のグループに分かれ、合計6グループで作業を行う。4組が前日の測定データから作成された保線作業計画に基づき1回目の調整を行い、残りの2組が精密検査車両を用いてさらなる調整を実施する。2回の調整作業で基準に達しなかった箇所では重点調整が行われる。このような緻密な作業がレールを最良の状態に保ち、高速鉄道の安全かつ安定的な運行を保障している。(徐州=新華社記者/季春鵬)=2019(令和元)年7月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年07月26日
    真夏の夜の保線作業緻密な調整で高速鉄道を守る

    26日、「レール精密調整」作業を行う中国鉄路上海局集団有限公司徐州工務段の高速鉄道の作業員。中国鉄路上海局集団の徐州工務段(保線区)で26日未明、高速鉄道の保線員が蒸し暑い天候のなか高架橋に上がり、1日の運行を終えた高速鉄道のレールの全面的な点検とメンテナンスを実施した。保線員は12人前後のグループに分かれ、合計6グループで作業を行う。4組が前日の測定データから作成された保線作業計画に基づき1回目の調整を行い、残りの2組が精密検査車両を用いてさらなる調整を実施する。2回の調整作業で基準に達しなかった箇所では重点調整が行われる。このような緻密な作業がレールを最良の状態に保ち、高速鉄道の安全かつ安定的な運行を保障している。(徐州=新華社記者/季春鵬)=2019(令和元)年7月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年07月26日
    真夏の夜の保線作業緻密な調整で高速鉄道を守る

    26日、工具や資材を高架橋の上まで運ぶ中国鉄路上海局集団有限公司徐州工務段の高速鉄道の作業員。中国鉄路上海局集団の徐州工務段(保線区)で26日未明、高速鉄道の保線員が蒸し暑い天候のなか高架橋に上がり、1日の運行を終えた高速鉄道のレールの全面的な点検とメンテナンスを実施した。保線員は12人前後のグループに分かれ、合計6グループで作業を行う。4組が前日の測定データから作成された保線作業計画に基づき1回目の調整を行い、残りの2組が精密検査車両を用いてさらなる調整を実施する。2回の調整作業で基準に達しなかった箇所では重点調整が行われる。このような緻密な作業がレールを最良の状態に保ち、高速鉄道の安全かつ安定的な運行を保障している。(徐州=新華社記者/季春鵬)=2019(令和元)年7月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年07月26日
    真夏の夜の保線作業緻密な調整で高速鉄道を守る

    26日、「レール精密調整」作業を行う中国鉄路上海局集団有限公司徐州工務段の高速鉄道の作業員。中国鉄路上海局集団の徐州工務段(保線区)で26日未明、高速鉄道の保線員が蒸し暑い天候のなか高架橋に上がり、1日の運行を終えた高速鉄道のレールの全面的な点検とメンテナンスを実施した。保線員は12人前後のグループに分かれ、合計6グループで作業を行う。4組が前日の測定データから作成された保線作業計画に基づき1回目の調整を行い、残りの2組が精密検査車両を用いてさらなる調整を実施する。2回の調整作業で基準に達しなかった箇所では重点調整が行われる。このような緻密な作業がレールを最良の状態に保ち、高速鉄道の安全かつ安定的な運行を保障している。(徐州=新華社記者/季春鵬)=2019(令和元)年7月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年07月26日
    真夏の夜の保線作業緻密な調整で高速鉄道を守る

    26日、高架橋に上がる前に作業分担と安全面の指示を受ける中国鉄路上海局集団有限公司徐州工務段の高速鉄道の作業員。中国鉄路上海局集団の徐州工務段(保線区)で26日未明、高速鉄道の保線員が蒸し暑い天候のなか高架橋に上がり、1日の運行を終えた高速鉄道のレールの全面的な点検とメンテナンスを実施した。保線員は12人前後のグループに分かれ、合計6グループで作業を行う。4組が前日の測定データから作成された保線作業計画に基づき1回目の調整を行い、残りの2組が精密検査車両を用いてさらなる調整を実施する。2回の調整作業で基準に達しなかった箇所では重点調整が行われる。このような緻密な作業がレールを最良の状態に保ち、高速鉄道の安全かつ安定的な運行を保障している。(徐州=新華社記者/季春鵬)=2019(令和元)年7月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年07月26日
    真夏の夜の保線作業緻密な調整で高速鉄道を守る

    26日、「レール精密調整」作業を行う中国鉄路上海局集団有限公司徐州工務段の高速鉄道の作業員。中国鉄路上海局集団の徐州工務段(保線区)で26日未明、高速鉄道の保線員が蒸し暑い天候のなか高架橋に上がり、1日の運行を終えた高速鉄道のレールの全面的な点検とメンテナンスを実施した。保線員は12人前後のグループに分かれ、合計6グループで作業を行う。4組が前日の測定データから作成された保線作業計画に基づき1回目の調整を行い、残りの2組が精密検査車両を用いてさらなる調整を実施する。2回の調整作業で基準に達しなかった箇所では重点調整が行われる。このような緻密な作業がレールを最良の状態に保ち、高速鉄道の安全かつ安定的な運行を保障している。(徐州=新華社記者/季春鵬)=2019(令和元)年7月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年07月26日
    真夏の夜の保線作業緻密な調整で高速鉄道を守る

    26日、「レール精密調整」作業を行う中国鉄路上海局集団有限公司徐州工務段の高速鉄道の作業員。中国鉄路上海局集団の徐州工務段(保線区)で26日未明、高速鉄道の保線員が蒸し暑い天候のなか高架橋に上がり、1日の運行を終えた高速鉄道のレールの全面的な点検とメンテナンスを実施した。保線員は12人前後のグループに分かれ、合計6グループで作業を行う。4組が前日の測定データから作成された保線作業計画に基づき1回目の調整を行い、残りの2組が精密検査車両を用いてさらなる調整を実施する。2回の調整作業で基準に達しなかった箇所では重点調整が行われる。このような緻密な作業がレールを最良の状態に保ち、高速鉄道の安全かつ安定的な運行を保障している。(徐州=新華社記者/季春鵬)=2019(令和元)年7月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年07月26日
    真夏の夜の保線作業緻密な調整で高速鉄道を守る

    26日、「レール精密調整」作業を行う中国鉄路上海局集団有限公司徐州工務段の高速鉄道の作業員。中国鉄路上海局集団の徐州工務段(保線区)で26日未明、高速鉄道の保線員が蒸し暑い天候のなか高架橋に上がり、1日の運行を終えた高速鉄道のレールの全面的な点検とメンテナンスを実施した。保線員は12人前後のグループに分かれ、合計6グループで作業を行う。4組が前日の測定データから作成された保線作業計画に基づき1回目の調整を行い、残りの2組が精密検査車両を用いてさらなる調整を実施する。2回の調整作業で基準に達しなかった箇所では重点調整が行われる。このような緻密な作業がレールを最良の状態に保ち、高速鉄道の安全かつ安定的な運行を保障している。(徐州=新華社記者/季春鵬)=2019(令和元)年7月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 1
  • 2