KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 習近平国家主席
  • 貧困脱却
  • 研究チーム
  • シンポジウム
  • アジア経済研究所
  • コミュニティー
  • 上席主任
  • 主任調査
  • 日本記者クラブ
  • トゥチャ

「調査研究」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
399
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
399
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 2021年05月05日
    Unique Roman Oil Lamp Uncovered in Jerusalem, Israel

    May 5, 2021, Jerusalem, Israel: A northward view of the City of David National Park entrance depicts the Al Aqsa mosque dome in the background. (Credit Image: © Nir Alon/ZUMA Wire)、クレジット:©Nir Alon/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年05月03日
    Hong Kong News - May 3, 2021

    May 3, 2021, HONG KONG, CHINA: From left, Karie Pang Ka-lai, Director (research & fieldwork) of PORI (Hong Kong Public Opinion Research Institute); Chris Yeung Kin-hing, Cherperson of Hong Kong Journalists Association (HKJA) and Prof. Clement So York-kee, School of Journalism & Communication, Chinese University of Hong Kong, at the press conference of Freedom Index Survey 2020 on the World Press Freedom Day at Wan Chai. 03MAY21 SCMP / K. Y. Cheng (Credit Image: © K. Y. Cheng/South China Morning Post via ZUMA Wire)、クレジット:©K. Y. Cheng/South China Morning Post via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 00:20.00
    2021年05月02日
    「新華社」工事現場で恐竜の卵の化石10点を発見江西省贛州市

    中国江西省贛州(かんしゅう)市于都県楊公村の工事現場でこのほど、茶碗大の楕円形の「石塊」10点が掘削機によって掘り出された。専門家が鑑定した結果、この塊は白亜紀の恐竜の卵の化石と判明。現在は于都県博物館に収められている。同省地質調査研究院の地質鉱産エンジニア、郭金山(かく・きんざん)氏は「これらの石の表面には卵の殻の残骸があり、殻の表面にはこぶ状の突起や鎖状の曲線模様が彩られ、石の内部には芯がなく、泥や方解石が詰まっている」と説明した。恐竜の卵の化石と最も混同されやすいのは、自然に形成された泥質の塊だが、主に卵の殻の構造と表面の模様で識別できるほか、泥質の塊は内部構造が一般的に放射状や同心円状の模様になっていて芯がある。恐竜の卵の化石は、江西省で産出する特殊で貴重な化石の一つで、省内19カ所の丹霞盆地に広く分布し、贛州市と信豊県の2カ所から見つかることが多い。同省南部で発見された卵の化石は、ほとんどが卵殻片として地表に露出しており、贛州市の信豊盆地では5種類の卵が集まって出現する状況が確認されている。郭氏によると、江西省で出土した恐竜の卵の化石は既に1万点を超え、中国の主な博物館に収蔵されているが、ほとんどが約6600万年前の白亜紀のものだという。(記者/袁慧晶) =配信日: 2021(令和3)年5月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月17日
    (3)上海市の1~3月の消費者信頼感、前期比6・9ポイント上昇

    上海市の江橋卸売市場に運び込まれた新鮮なソラマメ。(3月25日撮影)中国の上海財経大学がこのほど発表した2021年第1四半期(1~3月)の「上海市消費者信頼感指数」は120・9と、前期比で6・9ポイント上昇した。前年同期からは3・7ポイントの上昇。調査は同大応用統計研究センターと上海社会調査研究センター同大サブセンターが実施した。同指数は現在と将来の経済情勢に対する消費者心理を反映しており、100を超えると「楽観」を表す。(上海=新華社記者/方喆)= 配信日: 2021(令和3)年4月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月17日
    (2)上海市の1~3月の消費者信頼感、前期比6・9ポイント上昇

    上海市徐匯区の食料品市場に設けられた「手ごろな価格の肉」専門の売り場。(3月10日撮影)中国の上海財経大学がこのほど発表した2021年第1四半期(1~3月)の「上海市消費者信頼感指数」は120・9と、前期比で6・9ポイント上昇した。前年同期からは3・7ポイントの上昇。調査は同大応用統計研究センターと上海社会調査研究センター同大サブセンターが実施した。同指数は現在と将来の経済情勢に対する消費者心理を反映しており、100を超えると「楽観」を表す。(上海=新華社記者/陳愛平)= 配信日: 2021(令和3)年4月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月17日
    (1)上海市の1~3月の消費者信頼感、前期比6・9ポイント上昇

    上海市徐匯区の食料品市場に設けられた「手ごろな価格の野菜」専門の売り場。(3月10日撮影)中国の上海財経大学がこのほど発表した2021年第1四半期(1~3月)の「上海市消費者信頼感指数」は120・9と、前期比で6・9ポイント上昇した。前年同期からは3・7ポイントの上昇。調査は同大応用統計研究センターと上海社会調査研究センター同大サブセンターが実施した。同指数は現在と将来の経済情勢に対する消費者心理を反映しており、100を超えると「楽観」を表す。(上海=新華社記者/陳愛平)= 配信日: 2021(令和3)年4月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月24日
    Middle East News - March 24, 2021

    March 24, 2021, Gaza city, Gaza Strip, Palestinian Territory: Palestinian artists add the final touches to a mural painting calling on people to vote during the upcoming elections (legislative in May and presidential in July) in a street in Gaza City, on March 24, 2021. Palestinians in the West Bank and Gaza Strip are increasingly confident that the Palestinian Authorityâs first elections since 2006 will take place as scheduled, and Marwan Barghouti, imprisoned by Israel since 2002 for his involvement in several murders and terror attacks executed in Israel during the Second Intifada, remains their most popular political figure, according a poll released on Tuesday by the Palestinian Center for Policy and Survey Research (PSR (Credit Image: © Ashraf Amra/APA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Ashraf Amra/APA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年03月24日
    Middle East News - March 24, 2021

    March 24, 2021, Gaza city, Gaza Strip, Palestinian Territory: Palestinian artists add the final touches to a mural painting calling on people to vote during the upcoming elections (legislative in May and presidential in July) in a street in Gaza City, on March 24, 2021. Palestinians in the West Bank and Gaza Strip are increasingly confident that the Palestinian Authorityâs first elections since 2006 will take place as scheduled, and Marwan Barghouti, imprisoned by Israel since 2002 for his involvement in several murders and terror attacks executed in Israel during the Second Intifada, remains their most popular political figure, according a poll released on Tuesday by the Palestinian Center for Policy and Survey Research (PSR (Credit Image: © Ashraf Amra/APA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Ashraf Amra/APA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年03月24日
    Middle East News - March 24, 2021

    March 24, 2021, Gaza city, Gaza Strip, Palestinian Territory: Palestinian artists add the final touches to a mural painting calling on people to vote during the upcoming elections (legislative in May and presidential in July) in a street in Gaza City, on March 24, 2021. Palestinians in the West Bank and Gaza Strip are increasingly confident that the Palestinian Authorityâs first elections since 2006 will take place as scheduled, and Marwan Barghouti, imprisoned by Israel since 2002 for his involvement in several murders and terror attacks executed in Israel during the Second Intifada, remains their most popular political figure, according a poll released on Tuesday by the Palestinian Center for Policy and Survey Research (PSR (Credit Image: © Ashraf Amra/APA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Ashraf Amra/APA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年03月24日
    Middle East News - March 24, 2021

    March 24, 2021, Gaza city, Gaza Strip, Palestinian Territory: Palestinian artists add the final touches to a mural painting calling on people to vote during the upcoming elections (legislative in May and presidential in July) in a street in Gaza City, on March 24, 2021. Palestinians in the West Bank and Gaza Strip are increasingly confident that the Palestinian Authorityâs first elections since 2006 will take place as scheduled, and Marwan Barghouti, imprisoned by Israel since 2002 for his involvement in several murders and terror attacks executed in Israel during the Second Intifada, remains their most popular political figure, according a poll released on Tuesday by the Palestinian Center for Policy and Survey Research (PSR (Credit Image: © Ashraf Amra/APA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Ashraf Amra/APA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年03月24日
    Middle East News - March 24, 2021

    March 24, 2021, Gaza city, Gaza Strip, Palestinian Territory: Palestinian artists add the final touches to a mural painting calling on people to vote during the upcoming elections (legislative in May and presidential in July) in a street in Gaza City, on March 24, 2021. Palestinians in the West Bank and Gaza Strip are increasingly confident that the Palestinian Authorityâs first elections since 2006 will take place as scheduled, and Marwan Barghouti, imprisoned by Israel since 2002 for his involvement in several murders and terror attacks executed in Israel during the Second Intifada, remains their most popular political figure, according a poll released on Tuesday by the Palestinian Center for Policy and Survey Research (PSR (Credit Image: © Ashraf Amra/APA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Ashraf Amra/APA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年03月24日
    Middle East News - March 24, 2021

    March 24, 2021, Gaza city, Gaza Strip, Palestinian Territory: Palestinian artists add the final touches to a mural painting calling on people to vote during the upcoming elections (legislative in May and presidential in July) in a street in Gaza City, on March 24, 2021. Palestinians in the West Bank and Gaza Strip are increasingly confident that the Palestinian Authorityâs first elections since 2006 will take place as scheduled, and Marwan Barghouti, imprisoned by Israel since 2002 for his involvement in several murders and terror attacks executed in Israel during the Second Intifada, remains their most popular political figure, according a poll released on Tuesday by the Palestinian Center for Policy and Survey Research (PSR (Credit Image: © Ashraf Amra/APA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Ashraf Amra/APA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年03月24日
    Middle East News - March 24, 2021

    March 24, 2021, Gaza city, Gaza Strip, Palestinian Territory: Palestinian artists add the final touches to a mural painting calling on people to vote during the upcoming elections (legislative in May and presidential in July) in a street in Gaza City, on March 24, 2021. Palestinians in the West Bank and Gaza Strip are increasingly confident that the Palestinian Authorityâs first elections since 2006 will take place as scheduled, and Marwan Barghouti, imprisoned by Israel since 2002 for his involvement in several murders and terror attacks executed in Israel during the Second Intifada, remains their most popular political figure, according a poll released on Tuesday by the Palestinian Center for Policy and Survey Research (PSR (Credit Image: © Ashraf Amra/APA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Ashraf Amra/APA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年03月24日
    Middle East News - March 24, 2021

    March 24, 2021, Gaza city, Gaza Strip, Palestinian Territory: Palestinian artists add the final touches to a mural painting calling on people to vote during the upcoming elections (legislative in May and presidential in July) in a street in Gaza City, on March 24, 2021. Palestinians in the West Bank and Gaza Strip are increasingly confident that the Palestinian Authorityâs first elections since 2006 will take place as scheduled, and Marwan Barghouti, imprisoned by Israel since 2002 for his involvement in several murders and terror attacks executed in Israel during the Second Intifada, remains their most popular political figure, according a poll released on Tuesday by the Palestinian Center for Policy and Survey Research (PSR (Credit Image: © Ashraf Amra/APA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Ashraf Amra/APA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年03月24日
    Middle East News - March 24, 2021

    March 24, 2021, Gaza city, Gaza Strip, Palestinian Territory: Palestinian artists add the final touches to a mural painting calling on people to vote during the upcoming elections (legislative in May and presidential in July) in a street in Gaza City, on March 24, 2021. Palestinians in the West Bank and Gaza Strip are increasingly confident that the Palestinian Authorityâs first elections since 2006 will take place as scheduled, and Marwan Barghouti, imprisoned by Israel since 2002 for his involvement in several murders and terror attacks executed in Israel during the Second Intifada, remains their most popular political figure, according a poll released on Tuesday by the Palestinian Center for Policy and Survey Research (PSR (Credit Image: © Ashraf Amra/APA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Ashraf Amra/APA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年03月24日
    Middle East News - March 24, 2021

    March 24, 2021, Gaza city, Gaza Strip, Palestinian Territory: Palestinian artists add the final touches to a mural painting calling on people to vote during the upcoming elections (legislative in May and presidential in July) in a street in Gaza City, on March 24, 2021. Palestinians in the West Bank and Gaza Strip are increasingly confident that the Palestinian Authorityâs first elections since 2006 will take place as scheduled, and Marwan Barghouti, imprisoned by Israel since 2002 for his involvement in several murders and terror attacks executed in Israel during the Second Intifada, remains their most popular political figure, according a poll released on Tuesday by the Palestinian Center for Policy and Survey Research (PSR (Credit Image: © Ashraf Amra/APA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Ashraf Amra/APA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年03月24日
    Middle East News - March 24, 2021

    March 24, 2021, Gaza city, Gaza Strip, Palestinian Territory: Palestinian artists add the final touches to a mural painting calling on people to vote during the upcoming elections (legislative in May and presidential in July) in a street in Gaza City, on March 24, 2021. Palestinians in the West Bank and Gaza Strip are increasingly confident that the Palestinian Authorityâs first elections since 2006 will take place as scheduled, and Marwan Barghouti, imprisoned by Israel since 2002 for his involvement in several murders and terror attacks executed in Israel during the Second Intifada, remains their most popular political figure, according a poll released on Tuesday by the Palestinian Center for Policy and Survey Research (PSR (Credit Image: © Ashraf Amra/APA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Ashraf Amra/APA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年03月24日
    Middle East News - March 24, 2021

    March 24, 2021, Gaza city, Gaza Strip, Palestinian Territory: Palestinian artists add the final touches to a mural painting calling on people to vote during the upcoming elections (legislative in May and presidential in July) in a street in Gaza City, on March 24, 2021. Palestinians in the West Bank and Gaza Strip are increasingly confident that the Palestinian Authorityâs first elections since 2006 will take place as scheduled, and Marwan Barghouti, imprisoned by Israel since 2002 for his involvement in several murders and terror attacks executed in Israel during the Second Intifada, remains their most popular political figure, according a poll released on Tuesday by the Palestinian Center for Policy and Survey Research (PSR (Credit Image: © Ashraf Amra/APA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Ashraf Amra/APA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年03月24日
    Middle East News - March 24, 2021

    March 24, 2021, Gaza city, Gaza Strip, Palestinian Territory: Palestinian artists add the final touches to a mural painting calling on people to vote during the upcoming elections (legislative in May and presidential in July) in a street in Gaza City, on March 24, 2021. Palestinians in the West Bank and Gaza Strip are increasingly confident that the Palestinian Authorityâs first elections since 2006 will take place as scheduled, and Marwan Barghouti, imprisoned by Israel since 2002 for his involvement in several murders and terror attacks executed in Israel during the Second Intifada, remains their most popular political figure, according a poll released on Tuesday by the Palestinian Center for Policy and Survey Research (PSR (Credit Image: © Ashraf Amra/APA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Ashraf Amra/APA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年03月24日
    Middle East News - March 24, 2021

    March 24, 2021, Gaza city, Gaza Strip, Palestinian Territory: Palestinian artists add the final touches to a mural painting calling on people to vote during the upcoming elections (legislative in May and presidential in July) in a street in Gaza City, on March 24, 2021. Palestinians in the West Bank and Gaza Strip are increasingly confident that the Palestinian Authorityâs first elections since 2006 will take place as scheduled, and Marwan Barghouti, imprisoned by Israel since 2002 for his involvement in several murders and terror attacks executed in Israel during the Second Intifada, remains their most popular political figure, according a poll released on Tuesday by the Palestinian Center for Policy and Survey Research (PSR (Credit Image: © Ashraf Amra/APA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Ashraf Amra/APA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年03月24日
    Middle East News - March 24, 2021

    March 24, 2021, Gaza city, Gaza Strip, Palestinian Territory: Palestinian artists add the final touches to a mural painting calling on people to vote during the upcoming elections (legislative in May and presidential in July) in a street in Gaza City, on March 24, 2021. Palestinians in the West Bank and Gaza Strip are increasingly confident that the Palestinian Authorityâs first elections since 2006 will take place as scheduled, and Marwan Barghouti, imprisoned by Israel since 2002 for his involvement in several murders and terror attacks executed in Israel during the Second Intifada, remains their most popular political figure, according a poll released on Tuesday by the Palestinian Center for Policy and Survey Research (PSR (Credit Image: © Ashraf Amra/APA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Ashraf Amra/APA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年03月24日
    Middle East News - March 24, 2021

    March 24, 2021, Gaza city, Gaza Strip, Palestinian Territory: Palestinian artists add the final touches to a mural painting calling on people to vote during the upcoming elections (legislative in May and presidential in July) in a street in Gaza City, on March 24, 2021. Palestinians in the West Bank and Gaza Strip are increasingly confident that the Palestinian Authorityâs first elections since 2006 will take place as scheduled, and Marwan Barghouti, imprisoned by Israel since 2002 for his involvement in several murders and terror attacks executed in Israel during the Second Intifada, remains their most popular political figure, according a poll released on Tuesday by the Palestinian Center for Policy and Survey Research (PSR (Credit Image: © Ashraf Amra/APA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Ashraf Amra/APA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年03月24日
    Middle East News - March 24, 2021

    March 24, 2021, Gaza city, Gaza Strip, Palestinian Territory: Palestinian artists add the final touches to a mural painting calling on people to vote during the upcoming elections (legislative in May and presidential in July) in a street in Gaza City, on March 24, 2021. Palestinians in the West Bank and Gaza Strip are increasingly confident that the Palestinian Authorityâs first elections since 2006 will take place as scheduled, and Marwan Barghouti, imprisoned by Israel since 2002 for his involvement in several murders and terror attacks executed in Israel during the Second Intifada, remains their most popular political figure, according a poll released on Tuesday by the Palestinian Center for Policy and Survey Research (PSR (Credit Image: © Ashraf Amra/APA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Ashraf Amra/APA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年03月24日
    Middle East News - March 24, 2021

    March 24, 2021, Gaza city, Gaza Strip, Palestinian Territory: Palestinian artists add the final touches to a mural painting calling on people to vote during the upcoming elections (legislative in May and presidential in July) in a street in Gaza City, on March 24, 2021. Palestinians in the West Bank and Gaza Strip are increasingly confident that the Palestinian Authorityâs first elections since 2006 will take place as scheduled, and Marwan Barghouti, imprisoned by Israel since 2002 for his involvement in several murders and terror attacks executed in Israel during the Second Intifada, remains their most popular political figure, according a poll released on Tuesday by the Palestinian Center for Policy and Survey Research (PSR (Credit Image: © Ashraf Amra/APA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Ashraf Amra/APA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年03月24日
    Middle East News - March 24, 2021

    March 24, 2021, Gaza city, Gaza Strip, Palestinian Territory: Palestinian artists add the final touches to a mural painting calling on people to vote during the upcoming elections (legislative in May and presidential in July) in a street in Gaza City, on March 24, 2021. Palestinians in the West Bank and Gaza Strip are increasingly confident that the Palestinian Authorityâs first elections since 2006 will take place as scheduled, and Marwan Barghouti, imprisoned by Israel since 2002 for his involvement in several murders and terror attacks executed in Israel during the Second Intifada, remains their most popular political figure, according a poll released on Tuesday by the Palestinian Center for Policy and Survey Research (PSR (Credit Image: © Ashraf Amra/APA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Ashraf Amra/APA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年03月24日
    Middle East News - March 24, 2021

    March 24, 2021, Gaza city, Gaza Strip, Palestinian Territory: Palestinian artists add the final touches to a mural painting calling on people to vote during the upcoming elections (legislative in May and presidential in July) in a street in Gaza City, on March 24, 2021. Palestinians in the West Bank and Gaza Strip are increasingly confident that the Palestinian Authorityâs first elections since 2006 will take place as scheduled, and Marwan Barghouti, imprisoned by Israel since 2002 for his involvement in several murders and terror attacks executed in Israel during the Second Intifada, remains their most popular political figure, according a poll released on Tuesday by the Palestinian Center for Policy and Survey Research (PSR (Credit Image: © Ashraf Amra/APA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Ashraf Amra/APA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年03月24日
    Middle East News - March 24, 2021

    March 24, 2021, Gaza city, Gaza Strip, Palestinian Territory: Palestinian artists add the final touches to a mural painting calling on people to vote during the upcoming elections (legislative in May and presidential in July) in a street in Gaza City, on March 24, 2021. Palestinians in the West Bank and Gaza Strip are increasingly confident that the Palestinian Authorityâs first elections since 2006 will take place as scheduled, and Marwan Barghouti, imprisoned by Israel since 2002 for his involvement in several murders and terror attacks executed in Israel during the Second Intifada, remains their most popular political figure, according a poll released on Tuesday by the Palestinian Center for Policy and Survey Research (PSR (Credit Image: © Ashraf Amra/APA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Ashraf Amra/APA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年03月24日
    Middle East News - March 24, 2021

    March 24, 2021, Gaza city, Gaza Strip, Palestinian Territory: Palestinian artists add the final touches to a mural painting calling on people to vote during the upcoming elections (legislative in May and presidential in July) in a street in Gaza City, on March 24, 2021. Palestinians in the West Bank and Gaza Strip are increasingly confident that the Palestinian Authorityâs first elections since 2006 will take place as scheduled, and Marwan Barghouti, imprisoned by Israel since 2002 for his involvement in several murders and terror attacks executed in Israel during the Second Intifada, remains their most popular political figure, according a poll released on Tuesday by the Palestinian Center for Policy and Survey Research (PSR (Credit Image: © Ashraf Amra/APA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Ashraf Amra/APA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年03月23日
    (1)絶滅危惧種「密葉イチイ」、中国2カ所目の個体群発見

    チベット自治区シガツェ市ティンリ県絨轄溝で発見した密葉イチイ。(2020年10月27日撮影)中国国家林業・草原局昆明勘察設計院の最新調査結果によると、研究者がチベット自治区珠峰(チョモランマ)国家級自然保護区でイチイ科イチイ属の希少植物、密葉イチイ(学名:TaxuscontortaGriffith、中国名:密葉紅豆杉)の大規模な個体群を発見した。40年以上前に発見されて以来、国内2カ所目の個体群となる。同院シニアエンジニアの趙明旭(ちょう・めいきょく)氏によると、最初の個体群は1975年、中国が青海チベット高原で総合科学調査研究を初めて実施した際に、同自治区シガツェ市キドン県で発見した。趙氏のチームは2019~20年にかけて、同市ティンリ県絨轄溝で国内2カ所目となる大規模な密葉イチイの個体群を発見。個体群の分布域は7500ムー(500ヘクタール)余りで、個体数は3千株以上に達する。密葉イチイは、古いイチイ科イチイ属裸子植物の生き残りで、中国に分布する同属植物の中で、最も分布面積が狭く、数が少ない種として、国家1級重点保護野生植物と全国極小個体群野生植物に指定されており、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストでも絶滅危惧種に指定されている。(昆明=新華社配信/趙明旭氏提供)= 配信日: 2021(令和3)年3月23日、クレジット:趙明旭氏/新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月23日
    (4)絶滅危惧種「密葉イチイ」、中国2カ所目の個体群発見

    チベット自治区シガツェ市ティンリ県絨轄溝で発見した密葉イチイ。(2020年10月27日撮影)中国国家林業・草原局昆明勘察設計院の最新調査結果によると、研究者がチベット自治区珠峰(チョモランマ)国家級自然保護区でイチイ科イチイ属の希少植物、密葉イチイ(学名:TaxuscontortaGriffith、中国名:密葉紅豆杉)の大規模な個体群を発見した。40年以上前に発見されて以来、国内2カ所目の個体群となる。同院シニアエンジニアの趙明旭(ちょう・めいきょく)氏によると、最初の個体群は1975年、中国が青海チベット高原で総合科学調査研究を初めて実施した際に、同自治区シガツェ市キドン県で発見した。趙氏のチームは2019~20年にかけて、同市ティンリ県絨轄溝で国内2カ所目となる大規模な密葉イチイの個体群を発見。個体群の分布域は7500ムー(500ヘクタール)余りで、個体数は3千株以上に達する。密葉イチイは、古いイチイ科イチイ属裸子植物の生き残りで、中国に分布する同属植物の中で、最も分布面積が狭く、数が少ない種として、国家1級重点保護野生植物と全国極小個体群野生植物に指定されており、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストでも絶滅危惧種に指定されている。(昆明=新華社配信/趙明旭氏提供)= 配信日: 2021(令和3)年3月23日、クレジット:趙明旭氏/新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月23日
    (2)絶滅危惧種「密葉イチイ」、中国2カ所目の個体群発見

    チベット自治区シガツェ市ティンリ県絨轄溝で発見した密葉イチイ。(2020年10月27日撮影)中国国家林業・草原局昆明勘察設計院の最新調査結果によると、研究者がチベット自治区珠峰(チョモランマ)国家級自然保護区でイチイ科イチイ属の希少植物、密葉イチイ(学名:TaxuscontortaGriffith、中国名:密葉紅豆杉)の大規模な個体群を発見した。40年以上前に発見されて以来、国内2カ所目の個体群となる。同院シニアエンジニアの趙明旭(ちょう・めいきょく)氏によると、最初の個体群は1975年、中国が青海チベット高原で総合科学調査研究を初めて実施した際に、同自治区シガツェ市キドン県で発見した。趙氏のチームは2019~20年にかけて、同市ティンリ県絨轄溝で国内2カ所目となる大規模な密葉イチイの個体群を発見。個体群の分布域は7500ムー(500ヘクタール)余りで、個体数は3千株以上に達する。密葉イチイは、古いイチイ科イチイ属裸子植物の生き残りで、中国に分布する同属植物の中で、最も分布面積が狭く、数が少ない種として、国家1級重点保護野生植物と全国極小個体群野生植物に指定されており、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストでも絶滅危惧種に指定されている。(昆明=新華社配信/趙明旭氏提供)= 配信日: 2021(令和3)年3月23日、クレジット:趙明旭氏/新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月23日
    (3)絶滅危惧種「密葉イチイ」、中国2カ所目の個体群発見

    チベット自治区シガツェ市ティンリ県絨轄溝で発見した密葉イチイ。(2020年10月27日撮影)中国国家林業・草原局昆明勘察設計院の最新調査結果によると、研究者がチベット自治区珠峰(チョモランマ)国家級自然保護区でイチイ科イチイ属の希少植物、密葉イチイ(学名:TaxuscontortaGriffith、中国名:密葉紅豆杉)の大規模な個体群を発見した。40年以上前に発見されて以来、国内2カ所目の個体群となる。同院シニアエンジニアの趙明旭(ちょう・めいきょく)氏によると、最初の個体群は1975年、中国が青海チベット高原で総合科学調査研究を初めて実施した際に、同自治区シガツェ市キドン県で発見した。趙氏のチームは2019~20年にかけて、同市ティンリ県絨轄溝で国内2カ所目となる大規模な密葉イチイの個体群を発見。個体群の分布域は7500ムー(500ヘクタール)余りで、個体数は3千株以上に達する。密葉イチイは、古いイチイ科イチイ属裸子植物の生き残りで、中国に分布する同属植物の中で、最も分布面積が狭く、数が少ない種として、国家1級重点保護野生植物と全国極小個体群野生植物に指定されており、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストでも絶滅危惧種に指定されている。(昆明=新華社配信/趙明旭氏提供)= 配信日: 2021(令和3)年3月23日、クレジット:趙明旭氏/新華社/共同通信イメージズ

  • 00:36.75
    2021年03月23日
    「新華社」絶滅危惧種「密葉イチイ」、中国2カ所目の個体群発見

    中国国家林業・草原局昆明勘察設計院の最新調査結果によると、研究者がチベット自治区珠峰(チョモランマ)国家級自然保護区でイチイ科イチイ属の希少植物、密葉イチイ(学名:TaxuscontortaGriffith、中国名:密葉紅豆杉)の大規模な個体群を発見した。40年以上前に発見されて以来、国内2カ所目の個体群となる。同院シニアエンジニアの趙明旭(ちょう・めいきょく)氏によると、最初の個体群は1975年、中国が青海チベット高原で総合科学調査研究を初めて実施した際に、同自治区シガツェ市キドン県で発見した。趙氏のチームは2019~20年にかけて、同市ティンリ県絨轄溝で国内2カ所目となる大規模な密葉イチイの個体群を発見。個体群の分布域は7500ムー(500ヘクタール)余りで、個体数は3千株以上に達する。密葉イチイは、古いイチイ科イチイ属裸子植物の生き残りで、中国に分布する同属植物の中で、最も分布面積が狭く、数が少ない種として、国家1級重点保護野生植物と全国極小個体群野生植物に指定されており、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストでも絶滅危惧種に指定されている。(記者/林碧鋒) =配信日: 2021(令和3)年3月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月19日
    内堀信雄さんと書籍 文化財一筋「誇れる街に」

    岐阜市が誇る文化財を調査研究してきた、市役所文化財保護課の内堀信雄さん。手前は長良川鵜飼の報告書など編集や寄稿した書籍=岐阜市役所

    撮影: 岐阜市役所

  • 2021年03月19日
    書籍と内堀信雄さん 文化財一筋「誇れる街に」

    岐阜市が誇る文化財を調査研究してきた、市役所文化財保護課の内堀信雄さん。手前は長良川鵜飼の報告書など編集や寄稿した書籍=岐阜市役所

    撮影: 岐阜市役所

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月18日
    (1)汪洋氏、新疆ウイグル自治区を視察

    15日、ウルムチ市天山区賽馬場片区(エリア)管理委員会紅旗社区(コミュニティー)のウイグル族の家庭を訪問する汪洋氏。汪洋(おう・よう)中国共産党中央政治局常務委員・中国人民政治協商会議(政協)全国委員会主席は14日から17日まで調査研究チームを率いて新疆ウイグル自治区を視察した。(ウルムチ=新華社記者/饒愛民)= 配信日: 2021(令和3)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月15日
    (4)汪洋氏、新疆ウイグル自治区を視察

    15日、ウルムチ市サイバグ区ヤマリケ山片区(エリア)管理委員会泰裕社区(コミュニティー)のウイグル族の家庭を訪問する汪洋氏。汪洋(おう・よう)中国共産党中央政治局常務委員・中国人民政治協商会議(政協)全国委員会主席は14日から17日まで調査研究チームを率いて新疆ウイグル自治区を視察した。(ウルムチ=新華社記者/饒愛民)= 配信日: 2021(令和3)年3月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月15日
    (3)汪洋氏、新疆ウイグル自治区を視察

    15日、ウルムチ市の汗騰格里寺を訪れ、宗教施設の管理やサービスなどについて尋ねる汪洋氏。汪洋(おう・よう)中国共産党中央政治局常務委員・中国人民政治協商会議(政協)全国委員会主席は14日から17日まで調査研究チームを率いて新疆ウイグル自治区を視察した。(ウルムチ=新華社記者/饒愛民)= 配信日: 2021(令和3)年3月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月14日
    (2)汪洋氏、新疆ウイグル自治区を視察

    14日、ウルムチ市の白大寺を訪れ、宗教施設の管理やサービスなどについて尋ねる汪洋氏。汪洋(おう・よう)中国共産党中央政治局常務委員・中国人民政治協商会議(政協)全国委員会主席は14日から17日まで調査研究チームを率いて新疆ウイグル自治区を視察した。(ウルムチ=新華社記者/饒愛民)= 配信日: 2021(令和3)年3月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年12月23日
    吉田律人調査研究員 関東大震災の写真原板発見

    関東大震災で被災した横浜市内の写真と原板を見る横浜開港資料館の吉田律人調査研究員=23日午後、横浜市

    撮影: 23日午後、横浜市

  • 01:38.79
    2020年12月08日
    「今年の一皿」はテークアウト コロナ影響で急伸

    食を巡る調査・研究をする「ぐるなび総研」(東京)は8日、2020年の世相を最も反映した「今年の一皿」に「テークアウトグルメ」を選んだと発表した。コロナ禍で客足が減少し、新たな収入減としてテークアウトを始める飲食店が急増。「ウーバーイーツ」などの食事宅配サービスが普及し、高級料理やドリンク類などメニューも多様化した。<映像内容>発表会、MCと彦摩呂とのトークショー、フォトセッション、テークアウトグルメの物撮りなど、撮影日:2020(令和2)年12月8日、撮影場所:東京都港区

    撮影: 2020(令和2)年12月8日

  • 2020年11月29日
    Pfizer Succesfully Concludes COVID-19 Vaccine study

    November 29, 2020, Canton, GA, USA: A volunteer Covid-19 vaccine tester walks her dog with minimal side effects after two injections weeks apart two months ago. The vaccine study, administered for Pfizer, Inc. by research centers in a number of cities in the U.S., involved comparing an investigational (study) vaccine against a placebo (injection with no active ingredient) to see if the vaccine can prevent COVID-19. .Pfizer announced that, after conducting the final efficacy analysis in their ongoing Phase 3 study, their mRNA-based COVID-19 vaccine candidate, BNT162b2, met all of the studyテ不 primary efficacy endpoints, and seeks FDA approval to release the vaccine to the public. (Credit Image: © Robin Rayne/ZUMA Wire)、クレジット:©Robin Rayne/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2020年11月29日
    Pfizer Succesfully Concludes COVID-19 Vaccine study

    November 29, 2020, Canton, GA, USA: A volunteer Covid-19 vaccine tester walks her dog with minimal side effects after two injections weeks apart two months ago. The vaccine study, administered for Pfizer, Inc. by research centers in a number of cities in the U.S., involved comparing an investigational (study) vaccine against a placebo (injection with no active ingredient) to see if the vaccine can prevent COVID-19. .Pfizer announced that, after conducting the final efficacy analysis in their ongoing Phase 3 study, their mRNA-based COVID-19 vaccine candidate, BNT162b2, met all of the studyテ不 primary efficacy endpoints, and seeks FDA approval to release the vaccine to the public. (Credit Image: © Robin Rayne/ZUMA Wire)、クレジット:©Robin Rayne/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2020年11月29日
    Pfizer Succesfully Concludes COVID-19 Vaccine study

    November 29, 2020, Canton, GA, USA: A volunteer Covid-19 vaccine tester walks her dog with minimal side effects after two injections weeks apart two months ago. The vaccine study, administered for Pfizer, Inc. by research centers in a number of cities in the U.S., involved comparing an investigational (study) vaccine against a placebo (injection with no active ingredient) to see if the vaccine can prevent COVID-19. .Pfizer announced that, after conducting the final efficacy analysis in their ongoing Phase 3 study, their mRNA-based COVID-19 vaccine candidate, BNT162b2, met all of the studyテ不 primary efficacy endpoints, and seeks FDA approval to release the vaccine to the public. (Credit Image: © Robin Rayne/ZUMA Wire)、クレジット:©Robin Rayne/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2020年11月05日
    北京外大国際ジャーナリズム専攻の院生、山西省で調査研究

    座談会の後、地元幹部を取材する北京外国語大学国際ジャーナリズム・コミュニケーション学院修士クラスの学生ら。(資料写真)中国共産党中央宣伝部と教育部の指導の下、北京外国語大学国際ジャーナリズム・コミュニケーション学院修士クラスの学生がこのほど、山西省で調査研究と取材の実習を行った。(大同=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月05日
    北京外大国際ジャーナリズム専攻の院生、山西省で取材実習

    貧困対策プロジェクトで雲州区西坪鎮坊城新村に移転してきた住民を取材する北京外国語大学国際ジャーナリズム・コミュニケーション学院修士クラスの学生。(資料写真)中国共産党中央宣伝部と教育部の指導の下、北京外国語大学国際ジャーナリズム・コミュニケーション学院修士クラスの学生がこのほど、山西省で調査研究と取材の実習を行った。(大同=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月05日
    北京外大国際ジャーナリズム専攻の院生、山西省で取材実習

    雲岡石窟研究院デジタル化室の寧波(ねい・は)主任を取材する北京外国語大学国際ジャーナリズム・コミュニケーション学院修士クラスの学生たち。(資料写真)中国共産党中央宣伝部と教育部の指導の下、北京外国語大学国際ジャーナリズム・コミュニケーション学院修士クラスの学生がこのほど、山西省で調査研究と取材の実習を行った。(大同=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月05日
    北京外大国際ジャーナリズム専攻の院生、山西省で取材実習

    雲州区新時代文明実践センターで記念撮影する北京外国語大学国際ジャーナリズム・コミュニケーション学院修士クラスの学生たち。(資料写真)中国共産党中央宣伝部と教育部の指導の下、北京外国語大学国際ジャーナリズム・コミュニケーション学院修士クラスの学生がこのほど、山西省で調査研究と取材の実習を行った。(大同=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月05日
    北京外大国際ジャーナリズム専攻の院生、山西省で取材実習

    ウコンカンゾウの生育段階について有機栽培基地の専門家から説明を受ける北京外国語大学国際ジャーナリズム・コミュニケーション学院修士クラスの学生。(資料写真)中国共産党中央宣伝部と教育部の指導の下、北京外国語大学国際ジャーナリズム・コミュニケーション学院修士クラスの学生がこのほど、山西省で調査研究と取材の実習を行った。(大同=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月02日
    ウコンカンゾウ産業が貧困脱却を後押し山西省大同市雲州区

    2日、山西省大同市雲州区で調査・研究を行う北京外国語大学国際ジャーナリズム専攻の院生。中国山西省大同市雲州区ではここ数年、ウコンカンゾウ(黄花)産業の発展と政策支援により、ウコンカンゾウが重要な輸出商品となっており、今年5月、同区の貧困世帯は全て貧困脱却を果たした。(大同=新華社配信/劉超凡)=2020(令和2)年11月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月02日
    ウコンカンゾウ産業が貧困脱却を後押し山西省大同市雲州区

    2日、山西省大同市雲州区で調査・研究を行う北京外国語大学国際ジャーナリズム専攻の院生。中国山西省大同市雲州区ではここ数年、ウコンカンゾウ(黄花)産業の発展と政策支援により、ウコンカンゾウが重要な輸出商品となっており、今年5月、同区の貧困世帯は全て貧困脱却を果たした。(雲州=新華社配信/劉超凡)=2020(令和2)年11月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月29日
    (5)絶滅危惧種「密葉イチイ」、中国2カ所目の個体群発見

    チベット自治区シガツェ市ティンリ県絨轄溝にある密葉イチイを含む植物群落。(2020年10月29日撮影)中国国家林業・草原局昆明勘察設計院の最新調査結果によると、研究者がチベット自治区珠峰(チョモランマ)国家級自然保護区でイチイ科イチイ属の希少植物、密葉イチイ(学名:Taxus contorta Griffith、中国名:密葉紅豆杉)の大規模な個体群を発見した。40年以上前に発見されて以来、国内2カ所目の個体群となる。同院シニアエンジニアの趙明旭(ちょう・めいきょく)氏によると、最初の個体群は1975年、中国が青海チベット高原で総合科学調査研究を初めて実施した際に、同自治区シガツェ市キドン県で発見した。 趙氏のチームは2019~20年にかけて、同市ティンリ県絨轄溝で国内2カ所目となる大規模な密葉イチイの個体群を発見。個体群の分布域は7500ムー(500ヘクタール)余りで、個体数は3千株以上に達する。密葉イチイは、古いイチイ科イチイ属裸子植物の生き残りで、中国に分布する同属植物の中で、最も分布面積が狭く、数が少ない種として、国家1級重点保護野生植物と全国極小個体群野生植物に指定されており、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストでも絶滅危惧種に指定されている。(昆明=新華社配信/趙明旭氏提供)= 配信日: 2020(令和2)年10月29日、クレジット:趙明旭氏/新華社/共同通信イメージズ

  • 00:50.92
    2020年09月23日
    「新華社」中国の研究者、ニタリクジラの科学調査を実施

    中国広西チワン族自治区の北部湾海洋哺乳動物共同研究チームはこのほど、3年目となるニタリクジラの系統的な科学調査・研究を開始した。同自治区北海市潿洲島(いしゅうとう)は中国で地質年齢が最も若い火山島で、生態環境に恵まれている。同島海域のニタリクジラは捕食方法が特徴的で、餌の魚を追い込み、水面に顔を出して口を開けると、そのまま餌が口の中に入るのを待つ。他地域のほとんどのニタリクジラや他のクジラ類は餌を追い込んだ後に横向きになって口を開けて餌へと向かう。広西科学院の陳黙(ちん・もく)副研究員によると、タイと潿洲島海域のニタリクジラは捕食方法が似ていることが分かっており、研究者は両地域のニタリクジラに類縁関係があるかどうか関心を寄せている。今後、生体サンプル調査を通じて、ニタリクジラの遺伝的特性を研究する計画となっている。研究チームによる潿洲島海域のニタリクジラに対する調査は2016年から始まり、これまでに中国で「鯷鯨」や「小布氏鯨」と呼ばれる沿岸型ニタリクジラ(BalaenopteraEdeni)が32頭確認されている。陳氏によると、16年に同海域でニタリクジラが確認された際に、漁民に話を聞いたところ、ずっとこの海域に出没していたことがわかったという。陳氏は「これは全体的な生態環境全体が比較的良い状態で保存されていることを示している。ニタリクジラの生活や習性には長年大きな変化はなく、その移動ルートもほぼ決まっている」と説明した。(記者/覃広華、黄凱瑩)<映像内容>ニタリクジラの捕食の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月15日
    中国の研究者、ニタリクジラの科学調査を実施

    15日、口を開けて捕食するニタリクジラ。中国広西チワン族自治区の北部湾海洋哺乳動物共同研究チームはこのほど、3年目となるニタリクジラの系統的な科学調査・研究を開始した。(南寧=新華社配信)=2020(令和2)年9月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月15日
    中国の研究者、ニタリクジラの科学調査を実施

    15日、水面に現れたニタリクジラ。中国広西チワン族自治区の北部湾海洋哺乳動物共同研究チームはこのほど、3年目となるニタリクジラの系統的な科学調査・研究を開始した。(南寧=新華社配信)=2020(令和2)年9月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月15日
    中国の研究者、ニタリクジラの科学調査を実施

    15日、潿洲島近海に現れたニタリクジラ。中国広西チワン族自治区の北部湾海洋哺乳動物共同研究チームはこのほど、3年目となるニタリクジラの系統的な科学調査・研究を開始した。(南寧=新華社配信)=2020(令和2)年9月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月15日
    中国の研究者、ニタリクジラの科学調査を実施

    15日、水面に現れたニタリクジラ。中国広西チワン族自治区の北部湾海洋哺乳動物共同研究チームはこのほど、3年目となるニタリクジラの系統的な科学調査・研究を開始した。(南寧=新華社配信)=2020(令和2)年9月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月11日
    Study: Spy planes provide modest help to Baltimore‘s crime fight over 3 months

    September 11, 2020, USA: A camera array is seen in the open door of a Cessnaat Martin State Airport Friday afternoon. The plane will be used for the Aerial Investigation Research pilot program assisting the Baltimore Police Department investigate certain crimes. (Credit Image: © TNS via ZUMA Wire)、クレジット:©TNS via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2020年08月14日
    ハルビン税関、「一企業一施策」で農業関連企業を的確に支援黒竜江省

    14日、企業ニーズの調査研究のため、九三糧油工業集団を訪問したハルビン税関の関係者。新型コロナウイルス感染症の流行が始まって以降、中国黒竜江省の農業関連企業は一時的に原材料の供給不足や運営コストの上昇、財務状態のひっ迫などの問題に直面した。ハルビン税関は、企業ごとに対策を考える「一企一策(一企業一政策)」を深く推し進め、企業優遇政策の実施によって「ラストワンマイル」の問題を解決、企業が身軽に前進できるよう後押しした。(ハルビン=新華社配信)=2020(令和2)年8月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:17.14
    2020年08月08日
    「新華社」ガチョウ飼育で貧困脱却実現黒竜江省綏化市

    中国黒竜江省綏化市綏棱県衛星村は2016年、74世帯の貧困世帯があり、1人当たりの平均年収は2500元(1元=約15円)未満だった。翌17年、中国鉄路ハルビン局集団企業管理協会事務局特別プロジェクト調査研究グループの馬権(ば・けん)グループ長が、駐在第一書記として同村に赴任。馬氏らは事前調査を終えると、ガチョウ飼育で貧困脱却を推進することを決め、貧困脱却特別資金で1万羽のガチョウのヒナを購入し、世帯の人数に応じて各貧困世帯に分配した。ヒナの成長後、500グラム当たり最低10元での買い取りを保証し、市場価格が10元を超える場合は、村民が自主的に販売するとした。その後、衛星村の貧困世帯はガチョウ飼育の規模を拡大。同村には7・88キロのコンクリート舗装道路や数百基のソーラー街灯、2階建ての多目的村民コミュニティーサービスセンター、約1千平方メートルの文化イベント広場がここ数年で次々と完成し、村の様子が一変した。同村は19年に貧困脱却を実現している。(記者/王君宝)<映像内容>ガチョウ飼育の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月31日
    ガチョウ飼育で貧困脱却実現黒竜江省綏化市

    7月31日、衛星村のコンクリート舗装道路。中国黒竜江省綏化市綏棱県衛星村は2016年、74世帯の貧困世帯があり、1人当たりの平均年収は2500元(1元=約15円)未満だった。翌17年、中国鉄路ハルビン局集団企業管理協会事務局特別プロジェクト調査研究グループの馬権(ば・けん)グループ長が、駐在第一書記として同村に赴任。馬氏らは事前調査を終えると、ガチョウ飼育で貧困脱却を推進することを決め、貧困脱却特別資金で1万羽のガチョウのヒナを購入し、世帯の人数に応じて各貧困世帯に分配した。ヒナの成長後、500グラム当たり最低10元での買い取りを保証し、市場価格が10元を超える場合は、村民が自主的に販売するとした。その後、衛星村の貧困世帯はガチョウ飼育の規模を拡大。同村には7・88キロのコンクリート舗装道路や数百基のソーラー街灯、2階建ての多目的村民コミュニティーサービスセンター、約1千平方メートルの文化イベント広場がここ数年で次々と完成し、村の様子が一変した。同村は19年に貧困脱却を実現している。(ハルビン=新華社記者/王君宝)=2020(令和2)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月31日
    ガチョウ飼育で貧困脱却実現黒竜江省綏化市

    7月31日、ガチョウ飼育場で餌をやる衛星村の村民、紀文化(き・ぶんか)さん。中国黒竜江省綏化市綏棱県衛星村は2016年、74世帯の貧困世帯があり、1人当たりの平均年収は2500元(1元=約15円)未満だった。翌17年、中国鉄路ハルビン局集団企業管理協会事務局特別プロジェクト調査研究グループの馬権(ば・けん)グループ長が、駐在第一書記として同村に赴任。馬氏らは事前調査を終えると、ガチョウ飼育で貧困脱却を推進することを決め、貧困脱却特別資金で1万羽のガチョウのヒナを購入し、世帯の人数に応じて各貧困世帯に分配した。ヒナの成長後、500グラム当たり最低10元での買い取りを保証し、市場価格が10元を超える場合は、村民が自主的に販売するとした。その後、衛星村の貧困世帯はガチョウ飼育の規模を拡大。同村には7・88キロのコンクリート舗装道路や数百基のソーラー街灯、2階建ての多目的村民コミュニティーサービスセンター、約1千平方メートルの文化イベント広場がここ数年で次々と完成し、村の様子が一変した。同村は19年に貧困脱却を実現している。(ハルビン=新華社記者/王君宝)=2020(令和2)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月31日
    ガチョウ飼育で貧困脱却実現黒竜江省綏化市

    7月31日、衛星村の村民コミュニティーサービスセンターにある薬剤室。中国黒竜江省綏化市綏棱県衛星村は2016年、74世帯の貧困世帯があり、1人当たりの平均年収は2500元(1元=約15円)未満だった。翌17年、中国鉄路ハルビン局集団企業管理協会事務局特別プロジェクト調査研究グループの馬権(ば・けん)グループ長が、駐在第一書記として同村に赴任。馬氏らは事前調査を終えると、ガチョウ飼育で貧困脱却を推進することを決め、貧困脱却特別資金で1万羽のガチョウのヒナを購入し、世帯の人数に応じて各貧困世帯に分配した。ヒナの成長後、500グラム当たり最低10元での買い取りを保証し、市場価格が10元を超える場合は、村民が自主的に販売するとした。その後、衛星村の貧困世帯はガチョウ飼育の規模を拡大。同村には7・88キロのコンクリート舗装道路や数百基のソーラー街灯、2階建ての多目的村民コミュニティーサービスセンター、約1千平方メートルの文化イベント広場がここ数年で次々と完成し、村の様子が一変した。同村は19年に貧困脱却を実現している。(ハルビン=新華社記者/王君宝)=2020(令和2)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月31日
    ガチョウ飼育で貧困脱却実現黒竜江省綏化市

    7月31日、衛星村の文化イベント広場。中国黒竜江省綏化市綏棱県衛星村は2016年、74世帯の貧困世帯があり、1人当たりの平均年収は2500元(1元=約15円)未満だった。翌17年、中国鉄路ハルビン局集団企業管理協会事務局特別プロジェクト調査研究グループの馬権(ば・けん)グループ長が、駐在第一書記として同村に赴任。馬氏らは事前調査を終えると、ガチョウ飼育で貧困脱却を推進することを決め、貧困脱却特別資金で1万羽のガチョウのヒナを購入し、世帯の人数に応じて各貧困世帯に分配した。ヒナの成長後、500グラム当たり最低10元での買い取りを保証し、市場価格が10元を超える場合は、村民が自主的に販売するとした。その後、衛星村の貧困世帯はガチョウ飼育の規模を拡大。同村には7・88キロのコンクリート舗装道路や数百基のソーラー街灯、2階建ての多目的村民コミュニティーサービスセンター、約1千平方メートルの文化イベント広場がここ数年で次々と完成し、村の様子が一変した。同村は19年に貧困脱却を実現している。(ハルビン=新華社記者/王君宝)=2020(令和2)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月31日
    ガチョウ飼育で貧困脱却実現黒竜江省綏化市

    7月31日、紀文化(き・ぶんか)さんのガチョウ飼育場。中国黒竜江省綏化市綏棱県衛星村は2016年、74世帯の貧困世帯があり、1人当たりの平均年収は2500元(1元=約15円)未満だった。翌17年、中国鉄路ハルビン局集団企業管理協会事務局特別プロジェクト調査研究グループの馬権(ば・けん)グループ長が、駐在第一書記として同村に赴任。馬氏らは事前調査を終えると、ガチョウ飼育で貧困脱却を推進することを決め、貧困脱却特別資金で1万羽のガチョウのヒナを購入し、世帯の人数に応じて各貧困世帯に分配した。ヒナの成長後、500グラム当たり最低10元での買い取りを保証し、市場価格が10元を超える場合は、村民が自主的に販売するとした。その後、衛星村の貧困世帯はガチョウ飼育の規模を拡大。同村には7・88キロのコンクリート舗装道路や数百基のソーラー街灯、2階建ての多目的村民コミュニティーサービスセンター、約1千平方メートルの文化イベント広場がここ数年で次々と完成し、村の様子が一変した。同村は19年に貧困脱却を実現している。(ハルビン=新華社記者/王君宝)=2020(令和2)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月31日
    ガチョウ飼育で貧困脱却実現黒竜江省綏化市

    7月31日、衛星村の太陽光発電所。中国黒竜江省綏化市綏棱県衛星村は2016年、74世帯の貧困世帯があり、1人当たりの平均年収は2500元(1元=約15円)未満だった。翌17年、中国鉄路ハルビン局集団企業管理協会事務局特別プロジェクト調査研究グループの馬権(ば・けん)グループ長が、駐在第一書記として同村に赴任。馬氏らは事前調査を終えると、ガチョウ飼育で貧困脱却を推進することを決め、貧困脱却特別資金で1万羽のガチョウのヒナを購入し、世帯の人数に応じて各貧困世帯に分配した。ヒナの成長後、500グラム当たり最低10元での買い取りを保証し、市場価格が10元を超える場合は、村民が自主的に販売するとした。その後、衛星村の貧困世帯はガチョウ飼育の規模を拡大。同村には7・88キロのコンクリート舗装道路や数百基のソーラー街灯、2階建ての多目的村民コミュニティーサービスセンター、約1千平方メートルの文化イベント広場がここ数年で次々と完成し、村の様子が一変した。同村は19年に貧困脱却を実現している。(ハルビン=新華社記者/王君宝)=2020(令和2)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月31日
    ガチョウ飼育で貧困脱却実現黒竜江省綏化市

    7月31日、ガチョウ飼育場で餌をやる衛星村の村民、紀文化(き・ぶんか)さん。中国黒竜江省綏化市綏棱県衛星村は2016年、74世帯の貧困世帯があり、1人当たりの平均年収は2500元(1元=約15円)未満だった。翌17年、中国鉄路ハルビン局集団企業管理協会事務局特別プロジェクト調査研究グループの馬権(ば・けん)グループ長が、駐在第一書記として同村に赴任。馬氏らは事前調査を終えると、ガチョウ飼育で貧困脱却を推進することを決め、貧困脱却特別資金で1万羽のガチョウのヒナを購入し、世帯の人数に応じて各貧困世帯に分配した。ヒナの成長後、500グラム当たり最低10元での買い取りを保証し、市場価格が10元を超える場合は、村民が自主的に販売するとした。その後、衛星村の貧困世帯はガチョウ飼育の規模を拡大。同村には7・88キロのコンクリート舗装道路や数百基のソーラー街灯、2階建ての多目的村民コミュニティーサービスセンター、約1千平方メートルの文化イベント広場がここ数年で次々と完成し、村の様子が一変した。同村は19年に貧困脱却を実現している。(ハルビン=新華社記者/王君宝)=2020(令和2)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月31日
    ガチョウ飼育で貧困脱却実現黒竜江省綏化市

    7月31日、衛星村の村民コミュニティーサービスセンターにある娯楽室。中国黒竜江省綏化市綏棱県衛星村は2016年、74世帯の貧困世帯があり、1人当たりの平均年収は2500元(1元=約15円)未満だった。翌17年、中国鉄路ハルビン局集団企業管理協会事務局特別プロジェクト調査研究グループの馬権(ば・けん)グループ長が、駐在第一書記として同村に赴任。馬氏らは事前調査を終えると、ガチョウ飼育で貧困脱却を推進することを決め、貧困脱却特別資金で1万羽のガチョウのヒナを購入し、世帯の人数に応じて各貧困世帯に分配した。ヒナの成長後、500グラム当たり最低10元での買い取りを保証し、市場価格が10元を超える場合は、村民が自主的に販売するとした。その後、衛星村の貧困世帯はガチョウ飼育の規模を拡大。同村には7・88キロのコンクリート舗装道路や数百基のソーラー街灯、2階建ての多目的村民コミュニティーサービスセンター、約1千平方メートルの文化イベント広場がここ数年で次々と完成し、村の様子が一変した。同村は19年に貧困脱却を実現している。(ハルビン=新華社記者/王君宝)=2020(令和2)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月31日
    ガチョウ飼育で貧困脱却実現黒竜江省綏化市

    7月31日、衛星村の太陽光発電所。中国黒竜江省綏化市綏棱県衛星村は2016年、74世帯の貧困世帯があり、1人当たりの平均年収は2500元(1元=約15円)未満だった。翌17年、中国鉄路ハルビン局集団企業管理協会事務局特別プロジェクト調査研究グループの馬権(ば・けん)グループ長が、駐在第一書記として同村に赴任。馬氏らは事前調査を終えると、ガチョウ飼育で貧困脱却を推進することを決め、貧困脱却特別資金で1万羽のガチョウのヒナを購入し、世帯の人数に応じて各貧困世帯に分配した。ヒナの成長後、500グラム当たり最低10元での買い取りを保証し、市場価格が10元を超える場合は、村民が自主的に販売するとした。その後、衛星村の貧困世帯はガチョウ飼育の規模を拡大。同村には7・88キロのコンクリート舗装道路や数百基のソーラー街灯、2階建ての多目的村民コミュニティーサービスセンター、約1千平方メートルの文化イベント広場がここ数年で次々と完成し、村の様子が一変した。同村は19年に貧困脱却を実現している。(ハルビン=新華社記者/王君宝)=2020(令和2)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月31日
    ガチョウ飼育で貧困脱却実現黒竜江省綏化市

    7月31日、衛星村で建設が進む水稲発芽促進工場。中国黒竜江省綏化市綏棱県衛星村は2016年、74世帯の貧困世帯があり、1人当たりの平均年収は2500元(1元=約15円)未満だった。翌17年、中国鉄路ハルビン局集団企業管理協会事務局特別プロジェクト調査研究グループの馬権(ば・けん)グループ長が、駐在第一書記として同村に赴任。馬氏らは事前調査を終えると、ガチョウ飼育で貧困脱却を推進することを決め、貧困脱却特別資金で1万羽のガチョウのヒナを購入し、世帯の人数に応じて各貧困世帯に分配した。ヒナの成長後、500グラム当たり最低10元での買い取りを保証し、市場価格が10元を超える場合は、村民が自主的に販売するとした。その後、衛星村の貧困世帯はガチョウ飼育の規模を拡大。同村には7・88キロのコンクリート舗装道路や数百基のソーラー街灯、2階建ての多目的村民コミュニティーサービスセンター、約1千平方メートルの文化イベント広場がここ数年で次々と完成し、村の様子が一変した。同村は19年に貧困脱却を実現している。(ハルビン=新華社記者/王君宝)=2020(令和2)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月31日
    ガチョウ飼育で貧困脱却実現黒竜江省綏化市

    7月31日、衛星村の水稲発芽促進工場の前で、工場の建設状況を説明する馬権氏。中国黒竜江省綏化市綏棱県衛星村は2016年、74世帯の貧困世帯があり、1人当たりの平均年収は2500元(1元=約15円)未満だった。翌17年、中国鉄路ハルビン局集団企業管理協会事務局特別プロジェクト調査研究グループの馬権(ば・けん)グループ長が、駐在第一書記として同村に赴任。馬氏らは事前調査を終えると、ガチョウ飼育で貧困脱却を推進することを決め、貧困脱却特別資金で1万羽のガチョウのヒナを購入し、世帯の人数に応じて各貧困世帯に分配した。ヒナの成長後、500グラム当たり最低10元での買い取りを保証し、市場価格が10元を超える場合は、村民が自主的に販売するとした。その後、衛星村の貧困世帯はガチョウ飼育の規模を拡大。同村には7・88キロのコンクリート舗装道路や数百基のソーラー街灯、2階建ての多目的村民コミュニティーサービスセンター、約1千平方メートルの文化イベント広場がここ数年で次々と完成し、村の様子が一変した。同村は19年に貧困脱却を実現している。(ハルビン=新華社記者/王君宝)=2020(令和2)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月31日
    ガチョウ飼育で貧困脱却実現黒竜江省綏化市

    7月31日、衛星村の村民コミュニティーサービスセンターにある卓球室。中国黒竜江省綏化市綏棱県衛星村は2016年、74世帯の貧困世帯があり、1人当たりの平均年収は2500元(1元=約15円)未満だった。翌17年、中国鉄路ハルビン局集団企業管理協会事務局特別プロジェクト調査研究グループの馬権(ば・けん)グループ長が、駐在第一書記として同村に赴任。馬氏らは事前調査を終えると、ガチョウ飼育で貧困脱却を推進することを決め、貧困脱却特別資金で1万羽のガチョウのヒナを購入し、世帯の人数に応じて各貧困世帯に分配した。ヒナの成長後、500グラム当たり最低10元での買い取りを保証し、市場価格が10元を超える場合は、村民が自主的に販売するとした。その後、衛星村の貧困世帯はガチョウ飼育の規模を拡大。同村には7・88キロのコンクリート舗装道路や数百基のソーラー街灯、2階建ての多目的村民コミュニティーサービスセンター、約1千平方メートルの文化イベント広場がここ数年で次々と完成し、村の様子が一変した。同村は19年に貧困脱却を実現している。(ハルビン=新華社記者/王君宝)=2020(令和2)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月13日
    State Research Institute of Saxony

    13 July 2020, Saxony, Dresden: Claudia Sauer, a research assistant, holds a tube with a wine tasting in a laboratory of the Landesuntersuchungsanstalt für das Gesundheits- und Veterinärwesen Sachsen (LUA). On the same day, the 2019 annual report of the State Investigation Institute was presented. Photo: Sebastian Kahnert/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2020年07月13日
    State Research Institute of Saxony

    13 July 2020, Saxony, Dresden: Claudia Sauer, a research assistant, holds a tube with a wine tasting in a laboratory of the Landesuntersuchungsanstalt für das Gesundheits- und Veterinärwesen Sachsen (LUA). On the same day, the 2019 annual report of the State Investigation Institute was presented. Photo: Sebastian Kahnert/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2020年07月13日
    State Research Institute of Saxony

    13 July 2020, Saxony, Dresden: Anke Lindner, research associate, holds a food sample on tweezers in a laboratory of the Landesuntersuchungsanstalt für das Gesundheits- und Veterinärwesen Sachsen (LUA). On the same day, the annual report 2019 of the State Investigation Institute was presented. Photo: Sebastian Kahnert/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2020年07月13日
    State Research Institute of Saxony

    13 July 2020, Saxony, Dresden: The property of the Saxony State Investigation Institute for Health and Veterinary Affairs (LUA). On the same day, the 2019 annual report of the State Investigation Institute was presented. Photo: Sebastian Kahnert/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2020年07月13日
    State Research Institute of Saxony

    13 July 2020, Saxony, Dresden: The property of the Saxony State Investigation Institute for Health and Veterinary Affairs (LUA). On the same day, the 2019 annual report of the State Investigation Institute was presented. Photo: Sebastian Kahnert/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2020年07月13日
    State Research Institute of Saxony

    13 July 2020, Saxony, Dresden: Anke Lindner, research assistant, takes a food sample from a mass spectrometer in a laboratory of the State Investigation Institute for Health and Veterinary Affairs of Saxony (LUA). On the same day the annual report 2019 of the State Investigation Institute was presented. Photo: Sebastian Kahnert/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2020年07月10日
    Hong Kong News - July 10, 2020

    July 10, 2020, Hong Kong, CHINA: Chung Kim-wah, deputy chief executive officer of the Hong Kong Public Opinion Research Institute (PORI), addresses the media at Hong Kong Public Opinion Research Institute. 10JUL20 SCMP/ Jonathan Wong (Credit Image: © Jonathan Wong/South China Morning Post via ZUMA Wire)、クレジット:©Jonathan Wong/South China Morning Post via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2020年05月26日
    DMZ heritage study DMZ heritage study

    DMZ heritage study Researchers attend a ceremony to launch a team tasked with a project to study cultural and natural heritage inside the Demilitarized Zone at a conference hall in Paju, north of Seoul, on May 26, 2020. The one-year on-site study is to be jointly carried out by the Cultural Heritage Administration and Gangwon and Gyeonggi provinces bordering North Korea. (Yonhap)/2020-05-26 15:31:13/ < 1980-2020 YONHAPNEWS AGENCY. .> (Newscom TagID: yonphotos168045) [Photo via Newscom]、クレジット:YONHAPNEWS/ニューズコム/共同通信イメージズ

  • 2020年05月25日
    ローズマリー栽培で山村の貧困脱出を後押し湖南省

    25日、村のローズマリー栽培場。栽培面積は500ムー(約33ヘクタール)。中国湖南省の湘西トゥチャ族ミャオ族自治州にある瀘渓(ろけい)県浦市鎮麻渓口村は、山間にある小さな村で、砂質土の土壌が長い間、作物の栽培を困難にさせ、貧困の原因となっていた。2年前、村の幹部と貧困脱却支援チームがさまざまな角度から視察し、調査・研究を重ねた後、村に合作社(協同組合)を設立し、ローズマリー栽培に乗り出した。合作社の主導の下、今では多くの村民がローズマリー栽培に携わっている。(湘西=新華社記者/劉芳洲)=2020(令和2)年5月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月25日
    ローズマリー栽培で山村の貧困脱出を後押し湖南省

    25日、村のローズマリー栽培場。栽培面積は500ムー(約33ヘクタール)。中国湖南省の湘西トゥチャ族ミャオ族自治州にある瀘渓(ろけい)県浦市鎮麻渓口村は、山間にある小さな村で、砂質土の土壌が長い間、作物の栽培を困難にさせ、貧困の原因となっていた。2年前、村の幹部と貧困脱却支援チームがさまざまな角度から視察し、調査・研究を重ねた後、村に合作社(協同組合)を設立し、ローズマリー栽培に乗り出した。合作社の主導の下、今では多くの村民がローズマリー栽培に携わっている。(湘西=新華社記者/劉芳洲)=2020(令和2)年5月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月24日
    ローズマリー栽培で山村の貧困脱出を後押し湖南省

    24日、道に広げて乾燥中のローズマリー。中国湖南省の湘西トゥチャ族ミャオ族自治州にある瀘渓(ろけい)県浦市鎮麻渓口村は、山間にある小さな村で、砂質土の土壌が長い間、作物の栽培を困難にさせ、貧困の原因となっていた。2年前、村の幹部と貧困脱却支援チームがさまざまな角度から視察し、調査・研究を重ねた後、村に合作社(協同組合)を設立し、ローズマリー栽培に乗り出した。合作社の主導の下、今では多くの村民がローズマリー栽培に携わっている。(湘西=新華社配信)=2020(令和2)年5月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月24日
    ローズマリー栽培で山村の貧困脱出を後押し湖南省

    24日、ローズマリーを収穫する村民。中国湖南省の湘西トゥチャ族ミャオ族自治州にある瀘渓(ろけい)県浦市鎮麻渓口村は、山間にある小さな村で、砂質土の土壌が長い間、作物の栽培を困難にさせ、貧困の原因となっていた。2年前、村の幹部と貧困脱却支援チームがさまざまな角度から視察し、調査・研究を重ねた後、村に合作社(協同組合)を設立し、ローズマリー栽培に乗り出した。合作社の主導の下、今では多くの村民がローズマリー栽培に携わっている。(湘西=新華社配信)=2020(令和2)年5月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月22日
    中国の医療専門家チーム、アフリカ3カ国の新型コロナ対策を支援

    コンゴ民主共和国キンシャサ友好病院で調査研究を行った後、現地の医療スタッフと記念撮影する中国の感染症対策医療専門家チーム。(5月22日撮影)中国河北省人民医院重症医学科の杜全勝(と・ぜんしょう)副主任率いる中国の感染症対策医療専門家チームが5月12日、コンゴ民主共和国、コンゴ共和国、サントメ・プリンシペのアフリカ3カ国を訪れ、現地の新型コロナウイルス感染症対策を支援した。(石家荘=新華社配信)=2020(令和2)年5月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月30日
    新興娯楽業態で、上海の若者が消費と運営の主役に調査リポート

    上海市にあるドッグカフェで新興娯楽を体験する来店者。(4月30日撮影)中国共産主義青年団(共青団)上海委員会は5日、生活情報サイト大手の美団点評と共同で実施した調査研究リポートを発表し、トランポリン施設やDIY手作り工房などの新興娯楽施設が、中国上海市の若者が5月に最もよく訪れた人気消費スポットだったことを明らかにした。リポートはまた、娯楽への新たなニーズが日増しに高まるのに伴い、同市では新たな娯楽業態や職業が爆発的に増加しており、若者全体の就業が多角化していると指摘した。(上海=新華社配信/王婧媛)=2020(令和2)年4月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月30日
    新興娯楽業態で、上海の若者が消費と運営の主役に調査リポート

    上海市にあるアヒルカフェで新興娯楽を体験する来店者。(4月30日撮影)中国共産主義青年団(共青団)上海委員会は5日、生活情報サイト大手の美団点評と共同で実施した調査研究リポートを発表し、トランポリン施設やDIY手作り工房などの新興娯楽施設が、中国上海市の若者が5月に最もよく訪れた人気消費スポットだったことを明らかにした。リポートはまた、娯楽への新たなニーズが日増しに高まるのに伴い、同市では新たな娯楽業態や職業が爆発的に増加しており、若者全体の就業が多角化していると指摘した。(上海=新華社配信/王婧媛)=2020(令和2)年4月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月22日
    習近平氏、陝西省西安市で業務・生産再開状況を視察

    22日、大唐不夜城プロムナードを視察し、人々に手を振る習近平氏。習近平(しゅう・きんぺい)中国共産党中央委員会総書記・国家主席・中央軍事委員会主席は22日、陝西省西安市を視察し、調査研究を行った。(西安=新華社記者/鞠鵬)=2020(令和2)年4月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月22日
    習近平氏、陝西省西安市で業務・生産再開状況を視察

    22日、大唐不夜城プロムナードを視察する習近平氏。習近平(しゅう・きんぺい)中国共産党中央委員会総書記・国家主席・中央軍事委員会主席は22日、陝西省西安市を視察し、調査研究を行った。(西安=新華社記者/謝環馳)=2020(令和2)年4月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月22日
    習近平氏、陝西省西安市で業務・生産再開状況を視察

    22日、大唐不夜城プロムナードを視察する習近平氏。習近平(しゅう・きんぺい)中国共産党中央委員会総書記・国家主席・中央軍事委員会主席は22日、陝西省西安市を視察し、調査研究を行った。(西安=新華社記者/謝環馳)=2020(令和2)年4月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月22日
    習近平氏、陝西省西安市で業務・生産再開状況を視察

    22日、大唐不夜城プロムナードを視察し、人々に手を振る習近平氏。習近平(しゅう・きんぺい)中国共産党中央委員会総書記・国家主席・中央軍事委員会主席は22日、陝西省西安市を視察し、調査研究を行った。(西安=新華社記者/謝環馳)=2020(令和2)年4月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月22日
    習近平氏、陝西省西安市で業務・生産再開状況を視察

    22日、陝西汽車控股集団で従業員と親しく交流する習近平氏。習近平(しゅう・きんぺい)中国共産党中央委員会総書記・国家主席・中央軍事委員会主席は22日、陝西省西安市を視察し、調査研究を行った。(西安=新華社記者/鞠鵬)=2020(令和2)年4月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月22日
    習近平氏、陝西省西安市で業務・生産再開状況を視察

    22日、大唐不夜城プロムナードを視察する習近平氏。習近平(しゅう・きんぺい)中国共産党中央委員会総書記・国家主席・中央軍事委員会主席は22日、陝西省西安市を視察し、調査研究を行った。(西安=新華社記者/鞠鵬)=2020(令和2)年4月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月22日
    習近平氏、陝西省西安市で業務・生産再開状況を視察

    22日、陝西汽車控股集団で業務・生産再開状況を確認する習近平氏。習近平(しゅう・きんぺい)中国共産党中央委員会総書記・国家主席・中央軍事委員会主席は22日、陝西省西安市を視察し、調査研究を行った。(西安=新華社記者/謝環馳)=2020(令和2)年4月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月22日
    習近平氏、陝西省西安市で業務・生産再開状況を視察

    22日、大唐不夜城プロムナードを視察し、人々に手を振る習近平氏。習近平(しゅう・きんぺい)中国共産党中央委員会総書記・国家主席・中央軍事委員会主席は22日、陝西省西安市を視察し、調査研究を行った。(西安=新華社記者/鞠鵬)=2020(令和2)年4月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月22日
    習近平氏、陝西省西安市で業務・生産再開状況を視察

    22日、陝西汽車控股集団で業務・生産再開状況を確認する習近平氏。習近平(しゅう・きんぺい)中国共産党中央委員会総書記・国家主席・中央軍事委員会主席は22日、陝西省西安市を視察し、調査研究を行った。(西安=新華社記者/謝環馳)=2020(令和2)年4月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年04月22日
    習近平氏、陝西省西安市で業務・生産再開状況を視察

    22日、西安交通大学の交大西遷博物館で退職教授らと面会する習近平氏(左)。習近平(しゅう・きんぺい)中国共産党中央委員会総書記・国家主席・中央軍事委員会主席は22日、陝西省西安市を視察し、調査研究を行った。(西安=新華社記者/謝環馳)=2020(令和2)年4月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月22日
    習近平氏、陝西省西安市で業務・生産再開状況を視察

    22日、陝西汽車控股集団を視察する習近平氏。習近平(しゅう・きんぺい)中国共産党中央委員会総書記・国家主席・中央軍事委員会主席は22日、陝西省西安市を視察し、調査研究を行った。(西安=新華社記者/鞠鵬)=2020(令和2)年4月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月22日
    習近平氏、陝西省西安市で業務・生産再開状況を視察

    22日、大唐不夜城プロムナードを視察する習近平氏。習近平(しゅう・きんぺい)中国共産党中央委員会総書記・国家主席・中央軍事委員会主席は22日、陝西省西安市を視察し、調査研究を行った。(西安=新華社記者/燕雁)=2020(令和2)年4月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月22日
    習近平氏、陝西省西安市で業務・生産再開状況を視察

    22日、西安交通大学を視察する習近平氏。習近平(しゅう・きんぺい)中国共産党中央委員会総書記・国家主席・中央軍事委員会主席は22日、陝西省西安市を視察し、調査研究を行った。(西安=新華社記者/鞠鵬)=2020(令和2)年4月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4