KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 境内
  • 創建
  • ムー
  • うし
  • じょうご
  • 余り
  • 入寂
  • 古刹
  • 古来
  • 寺院

「諡号」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
48
( 1 48 件を表示)
  • 1
48
( 1 48 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 1932年05月20日
    日本電報通信社資料

    大阪の瑞龍寺の鉄眼禅師250年遠忌に当り、畏き辺りより「宝蔵国師」の諡号を賜る=1932(昭和7)年05月20日(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 2016080100363

  • 1989年01月07日
    昭和から平成へ

    天皇陛下は1989年1月7日午前6時33分、十二指腸乳頭周囲腫瘍(しゅよう)のため皇居・吹上御所で崩御された。追号は「昭和天皇」。87歳8カ月の生涯と同時に、激動の「昭和」が終わった。政府は新元号を「平成」と決定し、8日から施行。9日行われた「即位後朝見の儀」で、新天皇は「皆さんとともに日本国憲法を守り、責務を果たす」とお言葉を述べられた。写真は1月7日午前、宮殿の正殿・松の間で行われた、皇位継承のあかしとされる剣璽(剣と曲玉)、御璽と国璽を新天皇に伝達する「剣璽(じ)等承継の儀」。皇位継承に伴う4つの儀式のうち「剣璽等承継の儀」と「即位後朝見の儀」の2つは宗教色がないとして、国の儀式として行われた。平成元年1月7日(代表撮影)

    商品コード: 2003092000038

  • 2000年07月10日
    宮殿に入る森首相 追号は「香淳皇后」

    「追号奉告の儀」に参列のため宮殿に入る森首相=10日午前

    商品コード: 2000071000019

  • 2000年07月10日
    皇太后さま 追号は「香淳皇后」

    天皇陛下から「香淳(こうじゅん)皇后」の追号(贈り名)が贈られた皇太后さま

    商品コード: 2000071000009

  • 2018年04月28日
    三国志蜀漢の猛将、馬超の墓「馬超墓祠」を訪ねて陝西省漢中市

    陝西省漢中市勉県城にある馬超墓祠の前院に立つ正殿。(2018年4月28日撮影)中国三国時代の蜀漢(しょくかん)五虎大将軍の一人、馬超(ば・ちょう)の墓「馬超墓祠」は、陝西省漢中市勉県の県政府所在地から西へ2キロの国道108号線沿いある。省の重点文物保護単位に指定されており、西は同じく蜀漢の宰相、諸葛亮(孔明)を祭る武侯祠(ぶこうし)に接している。馬超の字(あざな)は孟起(もうき)といい、蜀漢を興した劉備に投じる前は「征西将軍」を称し、涼州(現在の甘粛省、寧夏回族自治区一帯)を拠点に曹操に敵対した。曹操配下の武将の中では許褚(きょ・ちょ)以外に匹敵する者がいなかったため「三国の英雄に馬超あり」と言われた。蜀漢の章武元年(221年)に陽平関(現在の陝西省漢中市勉県)の守備を任されたが、翌年47歳で病没し、同地に埋葬された。贈り名は「威侯」。墓前には年代不詳の祠(ほこら)が建てられている。清代までは広大な規模を誇った馬超墓祠だが、清代の嘉慶年間(1796~1820年)と太平天国(1851~1864年)期に破壊を受けた。現在の墓祠の面積は40ムー(約2・7ヘクタール)。山門、大殿、東西廂房、配殿などの建物が、幾度の修復を経て今日に至っている。(西安=新華社配信/宋楽)=2018(平成30)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071005826

  • 2018年04月28日
    三国志蜀漢の猛将、馬超の墓「馬超墓祠」を訪ねて陝西省漢中市

    陝西省漢中市勉県城の馬超墓祠。(2018年4月28日撮影)中国三国時代の蜀漢(しょくかん)五虎大将軍の一人、馬超(ば・ちょう)の墓「馬超墓祠」は、陝西省漢中市勉県の県政府所在地から西へ2キロの国道108号線沿いある。省の重点文物保護単位に指定されており、西は同じく蜀漢の宰相、諸葛亮(孔明)を祭る武侯祠(ぶこうし)に接している。馬超の字(あざな)は孟起(もうき)といい、蜀漢を興した劉備に投じる前は「征西将軍」を称し、涼州(現在の甘粛省、寧夏回族自治区一帯)を拠点に曹操に敵対した。曹操配下の武将の中では許褚(きょ・ちょ)以外に匹敵する者がいなかったため「三国の英雄に馬超あり」と言われた。蜀漢の章武元年(221年)に陽平関(現在の陝西省漢中市勉県)の守備を任されたが、翌年47歳で病没し、同地に埋葬された。贈り名は「威侯」。墓前には年代不詳の祠(ほこら)が建てられている。清代までは広大な規模を誇った馬超墓祠だが、清代の嘉慶年間(1796~1820年)と太平天国(1851~1864年)期に破壊を受けた。現在の墓祠の面積は40ムー(約2・7ヘクタール)。山門、大殿、東西廂房、配殿などの建物が、幾度の修復を経て今日に至っている。(西安=新華社配信/宋楽)。=2018(平成30)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071005828

  • 2018年04月28日
    三国志蜀漢の猛将、馬超の墓「馬超墓祠」を訪ねて陝西省漢中市

    陝西省漢中市勉県城にある馬超墓祠の墓塚の前に立つ碑亭。(2018年4月28日撮影)中国三国時代の蜀漢(しょくかん)五虎大将軍の一人、馬超(ば・ちょう)の墓「馬超墓祠」は、陝西省漢中市勉県の県政府所在地から西へ2キロの国道108号線沿いある。省の重点文物保護単位に指定されており、西は同じく蜀漢の宰相、諸葛亮(孔明)を祭る武侯祠(ぶこうし)に接している。馬超の字(あざな)は孟起(もうき)といい、蜀漢を興した劉備に投じる前は「征西将軍」を称し、涼州(現在の甘粛省、寧夏回族自治区一帯)を拠点に曹操に敵対した。曹操配下の武将の中では許褚(きょ・ちょ)以外に匹敵する者がいなかったため「三国の英雄に馬超あり」と言われた。蜀漢の章武元年(221年)に陽平関(現在の陝西省漢中市勉県)の守備を任されたが、翌年47歳で病没し、同地に埋葬された。贈り名は「威侯」。墓前には年代不詳の祠(ほこら)が建てられている。清代までは広大な規模を誇った馬超墓祠だが、清代の嘉慶年間(1796~1820年)と太平天国(1851~1864年)期に破壊を受けた。現在の墓祠の面積は40ムー(約2・7ヘクタール)。山門、大殿、東西廂房、配殿などの建物が、幾度の修復を経て今日に至っている。(西安=新華社配信/宋楽)=2018(平成30)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071005879

  • 2021年06月07日
    (3)慧能大師ゆかりの大鑑禅寺を訪ねて広東省韶関市

    大鑑禅寺の山門殿。(5月20日撮影)中国広東省北部の韶関市にある大鑑禅寺は、元の名を大梵寺という。唐の顕慶末(660)年より前に建立され、1300年以上の歴史を持つ。史書によると、禅宗第六祖・慧能(えのう)大師が湖北省黄梅県の東山で弘忍の法を継いだ後、曹渓宝林寺(現在の曲江県南華禅寺)に至り、何度も招かれて大梵寺で説法を行った。慧能大師の入滅後、唐の中宗は大鑑禅師の諡号(しごう)を送り、大梵寺を大鑑禅寺とした。その後時代の移り変わりとともに幾多の盛衰を経験した同寺は1940年、虚雲法師と弟子の寛鑑により再興された。慧能大師が大梵寺で行った説法とその生涯の事績は、弟子の法海により編纂され、それが「六祖壇経」と言われている。境内にある樹齢300年以上の2本の古木は、インドの僧、智薬三蔵法師が植えたとされる。(韶関=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060705974

  • 2021年06月07日
    (11)慧能大師ゆかりの大鑑禅寺を訪ねて広東省韶関市

    境内に植えられた古い菩提樹の葉。(5月20日撮影)中国広東省北部の韶関市にある大鑑禅寺は、元の名を大梵寺という。唐の顕慶末(660)年より前に建立され、1300年以上の歴史を持つ。史書によると、禅宗第六祖・慧能(えのう)大師が湖北省黄梅県の東山で弘忍の法を継いだ後、曹渓宝林寺(現在の曲江県南華禅寺)に至り、何度も招かれて大梵寺で説法を行った。慧能大師の入滅後、唐の中宗は大鑑禅師の諡号(しごう)を送り、大梵寺を大鑑禅寺とした。その後時代の移り変わりとともに幾多の盛衰を経験した同寺は1940年、虚雲法師と弟子の寛鑑により再興された。慧能大師が大梵寺で行った説法とその生涯の事績は、弟子の法海により編纂され、それが「六祖壇経」と言われている。境内にある樹齢300年以上の2本の古木は、インドの僧、智薬三蔵法師が植えたとされる。(韶関=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060705976

  • 2021年06月07日
    (4)慧能大師ゆかりの大鑑禅寺を訪ねて広東省韶関市

    「大鑑禅寺」と書かれた扁額。(5月20日撮影)中国広東省北部の韶関市にある大鑑禅寺は、元の名を大梵寺という。唐の顕慶末(660)年より前に建立され、1300年以上の歴史を持つ。史書によると、禅宗第六祖・慧能(えのう)大師が湖北省黄梅県の東山で弘忍の法を継いだ後、曹渓宝林寺(現在の曲江県南華禅寺)に至り、何度も招かれて大梵寺で説法を行った。慧能大師の入滅後、唐の中宗は大鑑禅師の諡号(しごう)を送り、大梵寺を大鑑禅寺とした。その後時代の移り変わりとともに幾多の盛衰を経験した同寺は1940年、虚雲法師と弟子の寛鑑により再興された。慧能大師が大梵寺で行った説法とその生涯の事績は、弟子の法海により編纂され、それが「六祖壇経」と言われている。境内にある樹齢300年以上の2本の古木は、インドの僧、智薬三蔵法師が植えたとされる。(韶関=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060705947

  • 2021年06月07日
    (9)慧能大師ゆかりの大鑑禅寺を訪ねて広東省韶関市

    六祖・慧能大師が説法を行ったとされる場所に植えられている2本の古い菩提樹。(5月20日撮影)中国広東省北部の韶関市にある大鑑禅寺は、元の名を大梵寺という。唐の顕慶末(660)年より前に建立され、1300年以上の歴史を持つ。史書によると、禅宗第六祖・慧能(えのう)大師が湖北省黄梅県の東山で弘忍の法を継いだ後、曹渓宝林寺(現在の曲江県南華禅寺)に至り、何度も招かれて大梵寺で説法を行った。慧能大師の入滅後、唐の中宗は大鑑禅師の諡号(しごう)を送り、大梵寺を大鑑禅寺とした。その後時代の移り変わりとともに幾多の盛衰を経験した同寺は1940年、虚雲法師と弟子の寛鑑により再興された。慧能大師が大梵寺で行った説法とその生涯の事績は、弟子の法海により編纂され、それが「六祖壇経」と言われている。境内にある樹齢300年以上の2本の古木は、インドの僧、智薬三蔵法師が植えたとされる。(韶関=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060705948

  • 2021年06月07日
    (5)慧能大師ゆかりの大鑑禅寺を訪ねて広東省韶関市

    大鑑禅寺付近の様子。(5月20日撮影)中国広東省北部の韶関市にある大鑑禅寺は、元の名を大梵寺という。唐の顕慶末(660)年より前に建立され、1300年以上の歴史を持つ。史書によると、禅宗第六祖・慧能(えのう)大師が湖北省黄梅県の東山で弘忍の法を継いだ後、曹渓宝林寺(現在の曲江県南華禅寺)に至り、何度も招かれて大梵寺で説法を行った。慧能大師の入滅後、唐の中宗は大鑑禅師の諡号(しごう)を送り、大梵寺を大鑑禅寺とした。その後時代の移り変わりとともに幾多の盛衰を経験した同寺は1940年、虚雲法師と弟子の寛鑑により再興された。慧能大師が大梵寺で行った説法とその生涯の事績は、弟子の法海により編纂され、それが「六祖壇経」と言われている。境内にある樹齢300年以上の2本の古木は、インドの僧、智薬三蔵法師が植えたとされる。(韶関=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060705961

  • 2021年06月07日
    (12)慧能大師ゆかりの大鑑禅寺を訪ねて広東省韶関市

    陽の光に照らされて輝く古い菩提樹。(5月20日撮影)中国広東省北部の韶関市にある大鑑禅寺は、元の名を大梵寺という。唐の顕慶末(660)年より前に建立され、1300年以上の歴史を持つ。史書によると、禅宗第六祖・慧能(えのう)大師が湖北省黄梅県の東山で弘忍の法を継いだ後、曹渓宝林寺(現在の曲江県南華禅寺)に至り、何度も招かれて大梵寺で説法を行った。慧能大師の入滅後、唐の中宗は大鑑禅師の諡号(しごう)を送り、大梵寺を大鑑禅寺とした。その後時代の移り変わりとともに幾多の盛衰を経験した同寺は1940年、虚雲法師と弟子の寛鑑により再興された。慧能大師が大梵寺で行った説法とその生涯の事績は、弟子の法海により編纂され、それが「六祖壇経」と言われている。境内にある樹齢300年以上の2本の古木は、インドの僧、智薬三蔵法師が植えたとされる。(韶関=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060705963

  • 2021年06月07日
    (7)慧能大師ゆかりの大鑑禅寺を訪ねて広東省韶関市

    大雄宝殿の後ろにある拝庭と古い菩提樹。(5月20日撮影)中国広東省北部の韶関市にある大鑑禅寺は、元の名を大梵寺という。唐の顕慶末(660)年より前に建立され、1300年以上の歴史を持つ。史書によると、禅宗第六祖・慧能(えのう)大師が湖北省黄梅県の東山で弘忍の法を継いだ後、曹渓宝林寺(現在の曲江県南華禅寺)に至り、何度も招かれて大梵寺で説法を行った。慧能大師の入滅後、唐の中宗は大鑑禅師の諡号(しごう)を送り、大梵寺を大鑑禅寺とした。その後時代の移り変わりとともに幾多の盛衰を経験した同寺は1940年、虚雲法師と弟子の寛鑑により再興された。慧能大師が大梵寺で行った説法とその生涯の事績は、弟子の法海により編纂され、それが「六祖壇経」と言われている。境内にある樹齢300年以上の2本の古木は、インドの僧、智薬三蔵法師が植えたとされる。(韶関=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060705808

  • 2021年06月07日
    (6)慧能大師ゆかりの大鑑禅寺を訪ねて広東省韶関市

    大鑑禅寺の大雄宝殿。(5月20日撮影)中国広東省北部の韶関市にある大鑑禅寺は、元の名を大梵寺という。唐の顕慶末(660)年より前に建立され、1300年以上の歴史を持つ。史書によると、禅宗第六祖・慧能(えのう)大師が湖北省黄梅県の東山で弘忍の法を継いだ後、曹渓宝林寺(現在の曲江県南華禅寺)に至り、何度も招かれて大梵寺で説法を行った。慧能大師の入滅後、唐の中宗は大鑑禅師の諡号(しごう)を送り、大梵寺を大鑑禅寺とした。その後時代の移り変わりとともに幾多の盛衰を経験した同寺は1940年、虚雲法師と弟子の寛鑑により再興された。慧能大師が大梵寺で行った説法とその生涯の事績は、弟子の法海により編纂され、それが「六祖壇経」と言われている。境内にある樹齢300年以上の2本の古木は、インドの僧、智薬三蔵法師が植えたとされる。(韶関=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060705984

  • 2021年06月07日
    (1)慧能大師ゆかりの大鑑禅寺を訪ねて広東省韶関市

    「菜根香」と書かれた扁額。(5月20日撮影)中国広東省北部の韶関市にある大鑑禅寺は、元の名を大梵寺という。唐の顕慶末(660)年より前に建立され、1300年以上の歴史を持つ。史書によると、禅宗第六祖・慧能(えのう)大師が湖北省黄梅県の東山で弘忍の法を継いだ後、曹渓宝林寺(現在の曲江県南華禅寺)に至り、何度も招かれて大梵寺で説法を行った。慧能大師の入滅後、唐の中宗は大鑑禅師の諡号(しごう)を送り、大梵寺を大鑑禅寺とした。その後時代の移り変わりとともに幾多の盛衰を経験した同寺は1940年、虚雲法師と弟子の寛鑑により再興された。慧能大師が大梵寺で行った説法とその生涯の事績は、弟子の法海により編纂され、それが「六祖壇経」と言われている。境内にある樹齢300年以上の2本の古木は、インドの僧、智薬三蔵法師が植えたとされる。(韶関=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060705987

  • 2021年06月07日
    (10)慧能大師ゆかりの大鑑禅寺を訪ねて広東省韶関市

    古い菩提樹と大雄宝殿。(5月20日撮影)中国広東省北部の韶関市にある大鑑禅寺は、元の名を大梵寺という。唐の顕慶末(660)年より前に建立され、1300年以上の歴史を持つ。史書によると、禅宗第六祖・慧能(えのう)大師が湖北省黄梅県の東山で弘忍の法を継いだ後、曹渓宝林寺(現在の曲江県南華禅寺)に至り、何度も招かれて大梵寺で説法を行った。慧能大師の入滅後、唐の中宗は大鑑禅師の諡号(しごう)を送り、大梵寺を大鑑禅寺とした。その後時代の移り変わりとともに幾多の盛衰を経験した同寺は1940年、虚雲法師と弟子の寛鑑により再興された。慧能大師が大梵寺で行った説法とその生涯の事績は、弟子の法海により編纂され、それが「六祖壇経」と言われている。境内にある樹齢300年以上の2本の古木は、インドの僧、智薬三蔵法師が植えたとされる。(韶関=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060706023

  • 2021年06月07日
    (8)慧能大師ゆかりの大鑑禅寺を訪ねて広東省韶関市

    大雄宝殿の内部に置かれている香案(こうあん、香炉をのせる机)。(5月20日撮影)中国広東省北部の韶関市にある大鑑禅寺は、元の名を大梵寺という。唐の顕慶末(660)年より前に建立され、1300年以上の歴史を持つ。史書によると、禅宗第六祖・慧能(えのう)大師が湖北省黄梅県の東山で弘忍の法を継いだ後、曹渓宝林寺(現在の曲江県南華禅寺)に至り、何度も招かれて大梵寺で説法を行った。慧能大師の入滅後、唐の中宗は大鑑禅師の諡号(しごう)を送り、大梵寺を大鑑禅寺とした。その後時代の移り変わりとともに幾多の盛衰を経験した同寺は1940年、虚雲法師と弟子の寛鑑により再興された。慧能大師が大梵寺で行った説法とその生涯の事績は、弟子の法海により編纂され、それが「六祖壇経」と言われている。境内にある樹齢300年以上の2本の古木は、インドの僧、智薬三蔵法師が植えたとされる。(韶関=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060705962

  • 2021年06月07日
    (2)慧能大師ゆかりの大鑑禅寺を訪ねて広東省韶関市

    大鑑禅寺付近を流れる湞江(ていこう)。(5月20日撮影)中国広東省北部の韶関市にある大鑑禅寺は、元の名を大梵寺という。唐の顕慶末(660)年より前に建立され、1300年以上の歴史を持つ。史書によると、禅宗第六祖・慧能(えのう)大師が湖北省黄梅県の東山で弘忍の法を継いだ後、曹渓宝林寺(現在の曲江県南華禅寺)に至り、何度も招かれて大梵寺で説法を行った。慧能大師の入滅後、唐の中宗は大鑑禅師の諡号(しごう)を送り、大梵寺を大鑑禅寺とした。その後時代の移り変わりとともに幾多の盛衰を経験した同寺は1940年、虚雲法師と弟子の寛鑑により再興された。慧能大師が大梵寺で行った説法とその生涯の事績は、弟子の法海により編纂され、それが「六祖壇経」と言われている。境内にある樹齢300年以上の2本の古木は、インドの僧、智薬三蔵法師が植えたとされる。(韶関=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060705970

  • 2021年06月07日
    (13)慧能大師ゆかりの大鑑禅寺を訪ねて広東省韶関市

    大鑑禅寺天王殿の内部の様子。(5月20日撮影)中国広東省北部の韶関市にある大鑑禅寺は、元の名を大梵寺という。唐の顕慶末(660)年より前に建立され、1300年以上の歴史を持つ。史書によると、禅宗第六祖・慧能(えのう)大師が湖北省黄梅県の東山で弘忍の法を継いだ後、曹渓宝林寺(現在の曲江県南華禅寺)に至り、何度も招かれて大梵寺で説法を行った。慧能大師の入滅後、唐の中宗は大鑑禅師の諡号(しごう)を送り、大梵寺を大鑑禅寺とした。その後時代の移り変わりとともに幾多の盛衰を経験した同寺は1940年、虚雲法師と弟子の寛鑑により再興された。慧能大師が大梵寺で行った説法とその生涯の事績は、弟子の法海により編纂され、それが「六祖壇経」と言われている。境内にある樹齢300年以上の2本の古木は、インドの僧、智薬三蔵法師が植えたとされる。(韶関=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060705986

  • 2021年11月04日
    (9)南宗禅の古刹、青原山浄居寺を訪ねて江西省吉安市

    浄居寺第2の山門「祖関」に掛かる顔真卿(がん・しんけい、唐代の政治家・書家)による題額。(6月9日撮影)中国江西省吉安市青原区の浄居(じょうご)寺は、標高316メートルの青原山にある。同山は古来、寺院が多く、中でも浄居寺が最も知られている。境内の面積は100ムー(約6・67ヘクタール)余りで、建物面積は2万平方メートル余りを占める。創建は唐の神竜元(705)年で、元の名を安隠寺といった。北宋徽宗期の1104年に浄居寺の名を賜り、現在に至る。唐代の禅僧、行思(ぎょうし)禅師は、禅宗第六祖の慧能(えのう)から法を得た後、布教のため青原山に入ったことから「青原行思」とも呼ばれるが、青原山はこれにより南宗禅の中心地となり、青原系の曹洞宗、法眼宗、雲門宗が成立した。唐代開元28(741)年に行思禅師が68歳で入寂すると、時の皇帝玄宗は弘済禅師の諡号を贈り、弘済禅師帰真之塔を建てた。(吉安=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年11月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021110407806

  • 2021年11月04日
    (16)南宗禅の古刹、青原山浄居寺を訪ねて江西省吉安市

    浄居寺第2の山門「祖関」。(6月9日撮影)中国江西省吉安市青原区の浄居(じょうご)寺は、標高316メートルの青原山にある。同山は古来、寺院が多く、中でも浄居寺が最も知られている。境内の面積は100ムー(約6・67ヘクタール)余りで、建物面積は2万平方メートル余りを占める。創建は唐の神竜元(705)年で、元の名を安隠寺といった。北宋徽宗期の1104年に浄居寺の名を賜り、現在に至る。唐代の禅僧、行思(ぎょうし)禅師は、禅宗第六祖の慧能(えのう)から法を得た後、布教のため青原山に入ったことから「青原行思」とも呼ばれるが、青原山はこれにより南宗禅の中心地となり、青原系の曹洞宗、法眼宗、雲門宗が成立した。唐代開元28(741)年に行思禅師が68歳で入寂すると、時の皇帝玄宗は弘済禅師の諡号を贈り、弘済禅師帰真之塔を建てた。(吉安=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年11月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021110407827

  • 2021年11月04日
    (2)南宗禅の古刹、青原山浄居寺を訪ねて江西省吉安市

    浄居寺境内にある黄庭堅(こう・ていけん、北宋の書家・詩人・文学者)の詩碑。(6月10日撮影)中国江西省吉安市青原区の浄居(じょうご)寺は、標高316メートルの青原山にある。同山は古来、寺院が多く、中でも浄居寺が最も知られている。境内の面積は100ムー(約6・67ヘクタール)余りで、建物面積は2万平方メートル余りを占める。創建は唐の神竜元(705)年で、元の名を安隠寺といった。北宋徽宗期の1104年に浄居寺の名を賜り、現在に至る。唐代の禅僧、行思(ぎょうし)禅師は、禅宗第六祖の慧能(えのう)から法を得た後、布教のため青原山に入ったことから「青原行思」とも呼ばれるが、青原山はこれにより南宗禅の中心地となり、青原系の曹洞宗、法眼宗、雲門宗が成立した。唐代開元28(741)年に行思禅師が68歳で入寂すると、時の皇帝玄宗は弘済禅師の諡号を贈り、弘済禅師帰真之塔を建てた。(吉安=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年11月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021110407786

  • 2021年11月04日
    (10)南宗禅の古刹、青原山浄居寺を訪ねて江西省吉安市

    浄居寺大雄宝殿の側面。(6月10日撮影)中国江西省吉安市青原区の浄居(じょうご)寺は、標高316メートルの青原山にある。同山は古来、寺院が多く、中でも浄居寺が最も知られている。境内の面積は100ムー(約6・67ヘクタール)余りで、建物面積は2万平方メートル余りを占める。創建は唐の神竜元(705)年で、元の名を安隠寺といった。北宋徽宗期の1104年に浄居寺の名を賜り、現在に至る。唐代の禅僧、行思(ぎょうし)禅師は、禅宗第六祖の慧能(えのう)から法を得た後、布教のため青原山に入ったことから「青原行思」とも呼ばれるが、青原山はこれにより南宗禅の中心地となり、青原系の曹洞宗、法眼宗、雲門宗が成立した。唐代開元28(741)年に行思禅師が68歳で入寂すると、時の皇帝玄宗は弘済禅師の諡号を贈り、弘済禅師帰真之塔を建てた。(吉安=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年11月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021110407812

  • 2021年11月04日
    (17)南宗禅の古刹、青原山浄居寺を訪ねて江西省吉安市

    浄居寺第3の山門(正門)。(6月9日撮影)中国江西省吉安市青原区の浄居(じょうご)寺は、標高316メートルの青原山にある。同山は古来、寺院が多く、中でも浄居寺が最も知られている。境内の面積は100ムー(約6・67ヘクタール)余りで、建物面積は2万平方メートル余りを占める。創建は唐の神竜元(705)年で、元の名を安隠寺といった。北宋徽宗期の1104年に浄居寺の名を賜り、現在に至る。唐代の禅僧、行思(ぎょうし)禅師は、禅宗第六祖の慧能(えのう)から法を得た後、布教のため青原山に入ったことから「青原行思」とも呼ばれるが、青原山はこれにより南宗禅の中心地となり、青原系の曹洞宗、法眼宗、雲門宗が成立した。唐代開元28(741)年に行思禅師が68歳で入寂すると、時の皇帝玄宗は弘済禅師の諡号を贈り、弘済禅師帰真之塔を建てた。(吉安=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年11月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021110407823

  • 2021年11月04日
    (19)南宗禅の古刹、青原山浄居寺を訪ねて江西省吉安市

    浄居寺付近に立つ陽明書院。(6月10日撮影)中国江西省吉安市青原区の浄居(じょうご)寺は、標高316メートルの青原山にある。同山は古来、寺院が多く、中でも浄居寺が最も知られている。境内の面積は100ムー(約6・67ヘクタール)余りで、建物面積は2万平方メートル余りを占める。創建は唐の神竜元(705)年で、元の名を安隠寺といった。北宋徽宗期の1104年に浄居寺の名を賜り、現在に至る。唐代の禅僧、行思(ぎょうし)禅師は、禅宗第六祖の慧能(えのう)から法を得た後、布教のため青原山に入ったことから「青原行思」とも呼ばれるが、青原山はこれにより南宗禅の中心地となり、青原系の曹洞宗、法眼宗、雲門宗が成立した。唐代開元28(741)年に行思禅師が68歳で入寂すると、時の皇帝玄宗は弘済禅師の諡号を贈り、弘済禅師帰真之塔を建てた。(吉安=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年11月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021110407828

  • 2021年11月04日
    (20)南宗禅の古刹、青原山浄居寺を訪ねて江西省吉安市

    浄居寺の斎堂(食堂)。(6月10日撮影)中国江西省吉安市青原区の浄居(じょうご)寺は、標高316メートルの青原山にある。同山は古来、寺院が多く、中でも浄居寺が最も知られている。境内の面積は100ムー(約6・67ヘクタール)余りで、建物面積は2万平方メートル余りを占める。創建は唐の神竜元(705)年で、元の名を安隠寺といった。北宋徽宗期の1104年に浄居寺の名を賜り、現在に至る。唐代の禅僧、行思(ぎょうし)禅師は、禅宗第六祖の慧能(えのう)から法を得た後、布教のため青原山に入ったことから「青原行思」とも呼ばれるが、青原山はこれにより南宗禅の中心地となり、青原系の曹洞宗、法眼宗、雲門宗が成立した。唐代開元28(741)年に行思禅師が68歳で入寂すると、時の皇帝玄宗は弘済禅師の諡号を贈り、弘済禅師帰真之塔を建てた。(吉安=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年11月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021110407835

  • 2021年11月04日
    (11)南宗禅の古刹、青原山浄居寺を訪ねて江西省吉安市

    浄居寺大雄宝殿の側壁に埋め込まれた黄庭堅(こう・ていけん、北宋の書家・詩人・文学者)の詩碑。(6月10日撮影)中国江西省吉安市青原区の浄居(じょうご)寺は、標高316メートルの青原山にある。同山は古来、寺院が多く、中でも浄居寺が最も知られている。境内の面積は100ムー(約6・67ヘクタール)余りで、建物面積は2万平方メートル余りを占める。創建は唐の神竜元(705)年で、元の名を安隠寺といった。北宋徽宗期の1104年に浄居寺の名を賜り、現在に至る。唐代の禅僧、行思(ぎょうし)禅師は、禅宗第六祖の慧能(えのう)から法を得た後、布教のため青原山に入ったことから「青原行思」とも呼ばれるが、青原山はこれにより南宗禅の中心地となり、青原系の曹洞宗、法眼宗、雲門宗が成立した。唐代開元28(741)年に行思禅師が68歳で入寂すると、時の皇帝玄宗は弘済禅師の諡号を贈り、弘済禅師帰真之塔を建てた。(吉安=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年11月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021110407819

  • 2021年11月04日
    (18)南宗禅の古刹、青原山浄居寺を訪ねて江西省吉安市

    浄居寺第3の山門(正門)。(6月10日撮影)中国江西省吉安市青原区の浄居(じょうご)寺は、標高316メートルの青原山にある。同山は古来、寺院が多く、中でも浄居寺が最も知られている。境内の面積は100ムー(約6・67ヘクタール)余りで、建物面積は2万平方メートル余りを占める。創建は唐の神竜元(705)年で、元の名を安隠寺といった。北宋徽宗期の1104年に浄居寺の名を賜り、現在に至る。唐代の禅僧、行思(ぎょうし)禅師は、禅宗第六祖の慧能(えのう)から法を得た後、布教のため青原山に入ったことから「青原行思」とも呼ばれるが、青原山はこれにより南宗禅の中心地となり、青原系の曹洞宗、法眼宗、雲門宗が成立した。唐代開元28(741)年に行思禅師が68歳で入寂すると、時の皇帝玄宗は弘済禅師の諡号を贈り、弘済禅師帰真之塔を建てた。(吉安=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年11月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021110407822

  • 2021年11月04日
    (3)南宗禅の古刹、青原山浄居寺を訪ねて江西省吉安市

    浄居寺境内にある黄庭堅(こう・ていけん、北宋の書家・詩人・文学者)の詩碑(部分)。(6月10日撮影)中国江西省吉安市青原区の浄居(じょうご)寺は、標高316メートルの青原山にある。同山は古来、寺院が多く、中でも浄居寺が最も知られている。境内の面積は100ムー(約6・67ヘクタール)余りで、建物面積は2万平方メートル余りを占める。創建は唐の神竜元(705)年で、元の名を安隠寺といった。北宋徽宗期の1104年に浄居寺の名を賜り、現在に至る。唐代の禅僧、行思(ぎょうし)禅師は、禅宗第六祖の慧能(えのう)から法を得た後、布教のため青原山に入ったことから「青原行思」とも呼ばれるが、青原山はこれにより南宗禅の中心地となり、青原系の曹洞宗、法眼宗、雲門宗が成立した。唐代開元28(741)年に行思禅師が68歳で入寂すると、時の皇帝玄宗は弘済禅師の諡号を贈り、弘済禅師帰真之塔を建てた。(吉安=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年11月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021110407790

  • 2021年11月04日
    (1)南宗禅の古刹、青原山浄居寺を訪ねて江西省吉安市

    浄居寺境内の雲板。(6月10日撮影)中国江西省吉安市青原区の浄居(じょうご)寺は、標高316メートルの青原山にある。同山は古来、寺院が多く、中でも浄居寺が最も知られている。境内の面積は100ムー(約6・67ヘクタール)余りで、建物面積は2万平方メートル余りを占める。創建は唐の神竜元(705)年で、元の名を安隠寺といった。北宋徽宗期の1104年に浄居寺の名を賜り、現在に至る。唐代の禅僧、行思(ぎょうし)禅師は、禅宗第六祖の慧能(えのう)から法を得た後、布教のため青原山に入ったことから「青原行思」とも呼ばれるが、青原山はこれにより南宗禅の中心地となり、青原系の曹洞宗、法眼宗、雲門宗が成立した。唐代開元28(741)年に行思禅師が68歳で入寂すると、時の皇帝玄宗は弘済禅師の諡号を贈り、弘済禅師帰真之塔を建てた。(吉安=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年11月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021110407792

  • 2021年11月04日
    (7)南宗禅の古刹、青原山浄居寺を訪ねて江西省吉安市

    浄居寺の上客堂。(6月10日撮影)中国江西省吉安市青原区の浄居(じょうご)寺は、標高316メートルの青原山にある。同山は古来、寺院が多く、中でも浄居寺が最も知られている。境内の面積は100ムー(約6・67ヘクタール)余りで、建物面積は2万平方メートル余りを占める。創建は唐の神竜元(705)年で、元の名を安隠寺といった。北宋徽宗期の1104年に浄居寺の名を賜り、現在に至る。唐代の禅僧、行思(ぎょうし)禅師は、禅宗第六祖の慧能(えのう)から法を得た後、布教のため青原山に入ったことから「青原行思」とも呼ばれるが、青原山はこれにより南宗禅の中心地となり、青原系の曹洞宗、法眼宗、雲門宗が成立した。唐代開元28(741)年に行思禅師が68歳で入寂すると、時の皇帝玄宗は弘済禅師の諡号を贈り、弘済禅師帰真之塔を建てた。(吉安=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年11月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021110407794

  • 2021年11月04日
    (8)南宗禅の古刹、青原山浄居寺を訪ねて江西省吉安市

    青原山景区入口に立つ石刻。(6月10日撮影)中国江西省吉安市青原区の浄居(じょうご)寺は、標高316メートルの青原山にある。同山は古来、寺院が多く、中でも浄居寺が最も知られている。境内の面積は100ムー(約6・67ヘクタール)余りで、建物面積は2万平方メートル余りを占める。創建は唐の神竜元(705)年で、元の名を安隠寺といった。北宋徽宗期の1104年に浄居寺の名を賜り、現在に至る。唐代の禅僧、行思(ぎょうし)禅師は、禅宗第六祖の慧能(えのう)から法を得た後、布教のため青原山に入ったことから「青原行思」とも呼ばれるが、青原山はこれにより南宗禅の中心地となり、青原系の曹洞宗、法眼宗、雲門宗が成立した。唐代開元28(741)年に行思禅師が68歳で入寂すると、時の皇帝玄宗は弘済禅師の諡号を贈り、弘済禅師帰真之塔を建てた。(吉安=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年11月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021110407797

  • 2021年11月04日
    (14)南宗禅の古刹、青原山浄居寺を訪ねて江西省吉安市

    浄居寺天王殿の内部。(6月10日撮影)中国江西省吉安市青原区の浄居(じょうご)寺は、標高316メートルの青原山にある。同山は古来、寺院が多く、中でも浄居寺が最も知られている。境内の面積は100ムー(約6・67ヘクタール)余りで、建物面積は2万平方メートル余りを占める。創建は唐の神竜元(705)年で、元の名を安隠寺といった。北宋徽宗期の1104年に浄居寺の名を賜り、現在に至る。唐代の禅僧、行思(ぎょうし)禅師は、禅宗第六祖の慧能(えのう)から法を得た後、布教のため青原山に入ったことから「青原行思」とも呼ばれるが、青原山はこれにより南宗禅の中心地となり、青原系の曹洞宗、法眼宗、雲門宗が成立した。唐代開元28(741)年に行思禅師が68歳で入寂すると、時の皇帝玄宗は弘済禅師の諡号を贈り、弘済禅師帰真之塔を建てた。(吉安=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年11月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021110407820

  • 2021年11月04日
    (21)南宗禅の古刹、青原山浄居寺を訪ねて江西省吉安市

    浄居寺の毘盧(びる)閣。(6月10日撮影)中国江西省吉安市青原区の浄居(じょうご)寺は、標高316メートルの青原山にある。同山は古来、寺院が多く、中でも浄居寺が最も知られている。境内の面積は100ムー(約6・67ヘクタール)余りで、建物面積は2万平方メートル余りを占める。創建は唐の神竜元(705)年で、元の名を安隠寺といった。北宋徽宗期の1104年に浄居寺の名を賜り、現在に至る。唐代の禅僧、行思(ぎょうし)禅師は、禅宗第六祖の慧能(えのう)から法を得た後、布教のため青原山に入ったことから「青原行思」とも呼ばれるが、青原山はこれにより南宗禅の中心地となり、青原系の曹洞宗、法眼宗、雲門宗が成立した。唐代開元28(741)年に行思禅師が68歳で入寂すると、時の皇帝玄宗は弘済禅師の諡号を贈り、弘済禅師帰真之塔を建てた。(吉安=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年11月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021110407838

  • 2021年11月04日
    (12)南宗禅の古刹、青原山浄居寺を訪ねて江西省吉安市

    浄居寺大雄宝殿の題額。(資料写真)中国江西省吉安市青原区の浄居(じょうご)寺は、標高316メートルの青原山にある。同山は古来、寺院が多く、中でも浄居寺が最も知られている。境内の面積は100ムー(約6・67ヘクタール)余りで、建物面積は2万平方メートル余りを占める。創建は唐の神竜元(705)年で、元の名を安隠寺といった。北宋徽宗期の1104年に浄居寺の名を賜り、現在に至る。唐代の禅僧、行思(ぎょうし)禅師は、禅宗第六祖の慧能(えのう)から法を得た後、布教のため青原山に入ったことから「青原行思」とも呼ばれるが、青原山はこれにより南宗禅の中心地となり、青原系の曹洞宗、法眼宗、雲門宗が成立した。唐代開元28(741)年に行思禅師が68歳で入寂すると、時の皇帝玄宗は弘済禅師の諡号を贈り、弘済禅師帰真之塔を建てた。(吉安=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年11月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021110407818

  • 2021年11月04日
    (13)南宗禅の古刹、青原山浄居寺を訪ねて江西省吉安市

    浄居寺の天王殿。(6月10日撮影)中国江西省吉安市青原区の浄居(じょうご)寺は、標高316メートルの青原山にある。同山は古来、寺院が多く、中でも浄居寺が最も知られている。境内の面積は100ムー(約6・67ヘクタール)余りで、建物面積は2万平方メートル余りを占める。創建は唐の神竜元(705)年で、元の名を安隠寺といった。北宋徽宗期の1104年に浄居寺の名を賜り、現在に至る。唐代の禅僧、行思(ぎょうし)禅師は、禅宗第六祖の慧能(えのう)から法を得た後、布教のため青原山に入ったことから「青原行思」とも呼ばれるが、青原山はこれにより南宗禅の中心地となり、青原系の曹洞宗、法眼宗、雲門宗が成立した。唐代開元28(741)年に行思禅師が68歳で入寂すると、時の皇帝玄宗は弘済禅師の諡号を贈り、弘済禅師帰真之塔を建てた。(吉安=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年11月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021110407821

  • 2021年11月04日
    (4)南宗禅の古刹、青原山浄居寺を訪ねて江西省吉安市

    浄居寺の七祖塔。(6月10日撮影)中国江西省吉安市青原区の浄居(じょうご)寺は、標高316メートルの青原山にある。同山は古来、寺院が多く、中でも浄居寺が最も知られている。境内の面積は100ムー(約6・67ヘクタール)余りで、建物面積は2万平方メートル余りを占める。創建は唐の神竜元(705)年で、元の名を安隠寺といった。北宋徽宗期の1104年に浄居寺の名を賜り、現在に至る。唐代の禅僧、行思(ぎょうし)禅師は、禅宗第六祖の慧能(えのう)から法を得た後、布教のため青原山に入ったことから「青原行思」とも呼ばれるが、青原山はこれにより南宗禅の中心地となり、青原系の曹洞宗、法眼宗、雲門宗が成立した。唐代開元28(741)年に行思禅師が68歳で入寂すると、時の皇帝玄宗は弘済禅師の諡号を贈り、弘済禅師帰真之塔を建てた。(吉安=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年11月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021110407788

  • 2021年11月04日
    (5)南宗禅の古刹、青原山浄居寺を訪ねて江西省吉安市

    浄居寺の七祖塔亭。(6月10日撮影)中国江西省吉安市青原区の浄居(じょうご)寺は、標高316メートルの青原山にある。同山は古来、寺院が多く、中でも浄居寺が最も知られている。境内の面積は100ムー(約6・67ヘクタール)余りで、建物面積は2万平方メートル余りを占める。創建は唐の神竜元(705)年で、元の名を安隠寺といった。北宋徽宗期の1104年に浄居寺の名を賜り、現在に至る。唐代の禅僧、行思(ぎょうし)禅師は、禅宗第六祖の慧能(えのう)から法を得た後、布教のため青原山に入ったことから「青原行思」とも呼ばれるが、青原山はこれにより南宗禅の中心地となり、青原系の曹洞宗、法眼宗、雲門宗が成立した。唐代開元28(741)年に行思禅師が68歳で入寂すると、時の皇帝玄宗は弘済禅師の諡号を贈り、弘済禅師帰真之塔を建てた。(吉安=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年11月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021110407791

  • 2021年11月04日
    (6)南宗禅の古刹、青原山浄居寺を訪ねて江西省吉安市

    浄居寺境内にある行思禅師手植と伝わるヒノキ。(6月9日撮影)中国江西省吉安市青原区の浄居(じょうご)寺は、標高316メートルの青原山にある。同山は古来、寺院が多く、中でも浄居寺が最も知られている。境内の面積は100ムー(約6・67ヘクタール)余りで、建物面積は2万平方メートル余りを占める。創建は唐の神竜元(705)年で、元の名を安隠寺といった。北宋徽宗期の1104年に浄居寺の名を賜り、現在に至る。唐代の禅僧、行思(ぎょうし)禅師は、禅宗第六祖の慧能(えのう)から法を得た後、布教のため青原山に入ったことから「青原行思」とも呼ばれるが、青原山はこれにより南宗禅の中心地となり、青原系の曹洞宗、法眼宗、雲門宗が成立した。唐代開元28(741)年に行思禅師が68歳で入寂すると、時の皇帝玄宗は弘済禅師の諡号を贈り、弘済禅師帰真之塔を建てた。(吉安=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年11月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021110407796

  • 2021年11月04日
    (22)南宗禅の古刹、青原山浄居寺を訪ねて江西省吉安市

    浄居寺の韋駄殿。(6月10日撮影)中国江西省吉安市青原区の浄居(じょうご)寺は、標高316メートルの青原山にある。同山は古来、寺院が多く、中でも浄居寺が最も知られている。境内の面積は100ムー(約6・67ヘクタール)余りで、建物面積は2万平方メートル余りを占める。創建は唐の神竜元(705)年で、元の名を安隠寺といった。北宋徽宗期の1104年に浄居寺の名を賜り、現在に至る。唐代の禅僧、行思(ぎょうし)禅師は、禅宗第六祖の慧能(えのう)から法を得た後、布教のため青原山に入ったことから「青原行思」とも呼ばれるが、青原山はこれにより南宗禅の中心地となり、青原系の曹洞宗、法眼宗、雲門宗が成立した。唐代開元28(741)年に行思禅師が68歳で入寂すると、時の皇帝玄宗は弘済禅師の諡号を贈り、弘済禅師帰真之塔を建てた。(吉安=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年11月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021110407831

  • 2021年11月04日
    (15)南宗禅の古刹、青原山浄居寺を訪ねて江西省吉安市

    浄居寺第1の山門「紅亭」に掛かる文天祥(ぶん・てんしょう、南宋の政治家・詩人)による「青原山」の扁額。(資料写真)中国江西省吉安市青原区の浄居(じょうご)寺は、標高316メートルの青原山にある。同山は古来、寺院が多く、中でも浄居寺が最も知られている。境内の面積は100ムー(約6・67ヘクタール)余りで、建物面積は2万平方メートル余りを占める。創建は唐の神竜元(705)年で、元の名を安隠寺といった。北宋徽宗期の1104年に浄居寺の名を賜り、現在に至る。唐代の禅僧、行思(ぎょうし)禅師は、禅宗第六祖の慧能(えのう)から法を得た後、布教のため青原山に入ったことから「青原行思」とも呼ばれるが、青原山はこれにより南宗禅の中心地となり、青原系の曹洞宗、法眼宗、雲門宗が成立した。唐代開元28(741)年に行思禅師が68歳で入寂すると、時の皇帝玄宗は弘済禅師の諡号を贈り、弘済禅師帰真之塔を建てた。(吉安=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年11月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021110407825

  • 2022年02月25日
    (4)隠元禅師、天皇から「厳統大師」の諡号を追贈される

    25日、隠元禅師への諡号追贈を示す書を掲げる黄檗宗の僧侶。日本の宮内庁は25日、黄檗(おうばく)宗に「真空華光大師加諡厳統大師令和四年二月二十五日」などの文字が記され、天皇の御璽(ぎょじ)が押された書を授与した。日本で黄檗宗を開いた中国の高僧、隠元禅師が皇室から号を贈られるのは、これが7回目となる。隠元は1654年、現在の中国福建省福清市にある黄檗山万福寺を後にし、日本へ渡った。1661年に京都で黄檗山万福寺を創建し、黄檗宗を開いた。隠元は日本で仏典を広めただけでなく、先進的な文化や科学技術を持ち込み、江戸時代の日本の経済・社会の発展に大きな影響を与えた。1673年4月2日、隠元が逝去する前日に初めて号を授けて以来、日本の皇室は隠元の文化的功績を記念し、6回にわたり号を贈っている。7回目となる今回の「厳統大師」の諡号(しごう)は、日本文化に大きな影響を与えてきた中国文化への敬意や中日友好の伝統重視、そして共に明るい未来に向かう思いを改めて示している。(東京=新華社配信/鄭松波)= 配信日: 2022(令和4)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022022506767

  • 2022年02月25日
    (3)隠元禅師、天皇から「厳統大師」の諡号を追贈される

    25日、隠元禅師への諡号追贈を示す書を掲げる黄檗宗の僧侶。日本の宮内庁は25日、黄檗(おうばく)宗に「真空華光大師加諡厳統大師令和四年二月二十五日」などの文字が記され、天皇の御璽(ぎょじ)が押された書を授与した。日本で黄檗宗を開いた中国の高僧、隠元禅師が皇室から号を贈られるのは、これが7回目となる。隠元は1654年、現在の中国福建省福清市にある黄檗山万福寺を後にし、日本へ渡った。1661年に京都で黄檗山万福寺を創建し、黄檗宗を開いた。隠元は日本で仏典を広めただけでなく、先進的な文化や科学技術を持ち込み、江戸時代の日本の経済・社会の発展に大きな影響を与えた。1673年4月2日、隠元が逝去する前日に初めて号を授けて以来、日本の皇室は隠元の文化的功績を記念し、6回にわたり号を贈っている。7回目となる今回の「厳統大師」の諡号(しごう)は、日本文化に大きな影響を与えてきた中国文化への敬意や中日友好の伝統重視、そして共に明るい未来に向かう思いを改めて示している。(東京=新華社配信/鄭松波)= 配信日: 2022(令和4)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022022506780

  • 2022年02月25日
    (2)隠元禅師、天皇から「厳統大師」の諡号を追贈される

    25日、諡号追贈に関する催しに参加した黄檗文化促進会など各界の中日民間友好関係者。日本の宮内庁は25日、黄檗(おうばく)宗に「真空華光大師加諡厳統大師令和四年二月二十五日」などの文字が記され、天皇の御璽(ぎょじ)が押された書を授与した。日本で黄檗宗を開いた中国の高僧、隠元禅師が皇室から号を贈られるのは、これが7回目となる。隠元は1654年、現在の中国福建省福清市にある黄檗山万福寺を後にし、日本へ渡った。1661年に京都で黄檗山万福寺を創建し、黄檗宗を開いた。隠元は日本で仏典を広めただけでなく、先進的な文化や科学技術を持ち込み、江戸時代の日本の経済・社会の発展に大きな影響を与えた。1673年4月2日、隠元が逝去する前日に初めて号を授けて以来、日本の皇室は隠元の文化的功績を記念し、6回にわたり号を贈っている。7回目となる今回の「厳統大師」の諡号(しごう)は、日本文化に大きな影響を与えてきた中国文化への敬意や中日友好の伝統重視、そして共に明るい未来に向かう思いを改めて示している。(東京=新華社配信/鄭松波)= 配信日: 2022(令和4)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022022506788

  • 2022年02月25日
    (1)隠元禅師、天皇から「厳統大師」の諡号を追贈される

    25日、宮内庁から黄檗宗に授与された隠元禅師への諡号を示す書。日本の宮内庁は25日、黄檗(おうばく)宗に「真空華光大師加諡厳統大師令和四年二月二十五日」などの文字が記され、天皇の御璽(ぎょじ)が押された書を授与した。日本で黄檗宗を開いた中国の高僧、隠元禅師が皇室から号を贈られるのは、これが7回目となる。隠元は1654年、現在の中国福建省福清市にある黄檗山万福寺を後にし、日本へ渡った。1661年に京都で黄檗山万福寺を創建し、黄檗宗を開いた。隠元は日本で仏典を広めただけでなく、先進的な文化や科学技術を持ち込み、江戸時代の日本の経済・社会の発展に大きな影響を与えた。1673年4月2日、隠元が逝去する前日に初めて号を授けて以来、日本の皇室は隠元の文化的功績を記念し、6回にわたり号を贈っている。7回目となる今回の「厳統大師」の諡号(しごう)は、日本文化に大きな影響を与えてきた中国文化への敬意や中日友好の伝統重視、そして共に明るい未来に向かう思いを改めて示している。(東京=新華社配信/鄭松波)= 配信日: 2022(令和4)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022022506781

  • 2022年02月25日
    (5)隠元禅師、天皇から「厳統大師」の諡号を追贈される

    25日、隠元禅師への諡号追贈を示す書を掲げる黄檗宗の僧侶。日本の宮内庁は25日、黄檗(おうばく)宗に「真空華光大師加諡厳統大師令和四年二月二十五日」などの文字が記され、天皇の御璽(ぎょじ)が押された書を授与した。日本で黄檗宗を開いた中国の高僧、隠元禅師が皇室から号を贈られるのは、これが7回目となる。隠元は1654年、現在の中国福建省福清市にある黄檗山万福寺を後にし、日本へ渡った。1661年に京都で黄檗山万福寺を創建し、黄檗宗を開いた。隠元は日本で仏典を広めただけでなく、先進的な文化や科学技術を持ち込み、江戸時代の日本の経済・社会の発展に大きな影響を与えた。1673年4月2日、隠元が逝去する前日に初めて号を授けて以来、日本の皇室は隠元の文化的功績を記念し、6回にわたり号を贈っている。7回目となる今回の「厳統大師」の諡号(しごう)は、日本文化に大きな影響を与えてきた中国文化への敬意や中日友好の伝統重視、そして共に明るい未来に向かう思いを改めて示している。(東京=新華社配信/鄭松波)= 配信日: 2022(令和4)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022022506826

  • 2022年04月18日
    (8)陝西省に中国初の考古学専門博物館が完成

    16日、陝西考古博物館で展示された唐恵陵出土の譲皇帝哀冊(あいさく)と恭皇后哀冊の残存部分。譲皇帝と恭皇后は玄宗皇帝が兄の李憲(り・けん)と妃の元氏に贈った諡号で、実際には皇帝・皇后になっていない。哀冊は崩御した天子や皇后の功徳をたたえた韻文。中国陝西省西安市長安区でこのほど、陝西考古博物館が完成した。同館は考古学の専門博物館として、陝西省考古研究院の長年にわたる野外調査の実践と、文化財保護の科学技術的研究成果に基づき、考古学の学術的発展を主軸に、考古学調査の過程、技術、方法や研究の方向性などを展示する。(西安=新華社記者/李一博)= 配信日: 2022(令和4)年4月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022041900082

  • 1