KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 可能性
  • 委託
  • 情報
  • 画像
  • 研究
  • 記載
  • 説明文
  • 彫刻
  • 灯籠
  • 神社

「諸大名」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
13
( 1 13 件を表示)
  • 1
13
( 1 13 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • -
    日光東照宮上神庫

    左に陽明門と鐘楼、右に上神庫を見る。上神庫は校倉造りで、その妻に狩野探幽の下絵による白黒二頭の象の彫刻がある。段階の両側には諸大名の献納燈籠が並んでいる。写真は整理番号6-23と同じである。=撮影年月日不明、日光、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号24‐44‐0]

    商品コード: 2017080400598

  • -
    日光大猷院唐門

    徳川家光公の廟所大猷院の唐門は主殿の入口の門である。 破風の下に雌雄の双鶴、 平桁上に白竜の彫刻がある。 唐門に連らなる透塀は上羽目に松竹梅と鳩の彫刻がある。 金地の門扉が開かれた向うは拝殿である。 端垣の前に御三家、 諸大名の献納した灯籠が並ぶ。=撮影年月日不明、日光、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号12‐17‐0]

    商品コード: 2017080201364

  • -
    日光大猷院唐門

    徳川家光公の廟所大猷院の唐門は主殿の入口の門である。破風の下に雌雄の多鶴、平桁上に白竜の彫刻がある。金地の門扉が開くと向いに拝殿がある。唐門に連らなる端垣の前に御三家、諸大名の献納した燈籠が並ぶ。=撮影年月日不明、日光、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号26‐37‐0]

    商品コード: 2017080901996

  • -
    芝増上寺文昭院霊廟拝殿唐門

    霊廟の入り口となる勅額門を入った正面にある向唐破風造の門である。左右に廊を持ち、門の奥には御霊殿拝殿に通じる前廊が続いていた。廊の前には諸大名から寄進された青銅製の灯篭が左右それぞれ3基ずつ立てられていた。=撮影年月日不明、東京、撮影者:スチルフリード、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号78‐29‐0]

    商品コード: 2017081401107

  • -
    日光東照宮上神庫と二の鳥居

    日光東照宮表門を入り左より御手水舎、銅鳥居、輪蔵と上神庫を望む。右端上神庫は校倉造りでその妻に狩野探幽の下絵による黒白二頭の象の彫刻がある。その前に諸大名献納の燈籠が並んでいる。=撮影年月日不明、日光、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号37‐57‐0]

    商品コード: 2017080902314

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    -
    上野東照宮参道の桜

    徳川家康を祀る上野東照宮。寛永4年(1627)藤堂高虎(とうどうたかとら)が下屋敷内に創立した。唐門を背にして表参道を写したもの。諸大名が献納した石灯籠が並ぶ。奥に見える石造りの鳥居は寛永10年(1633)上州厩橋城主酒井田忠世が寄進したもの。その後何故か地中に埋められた。享保19年(1734)になって、孫の酒井忠知により掘り出され再建されたという経歴を持つ。以後、関東大震災にも動じることなく現存する。明治中期。=撮影年月日不明、東京、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号92‐6‐0]

    商品コード: 2017081400927

  • -
    日光大猷院唐門

    徳川家光公の廟所大猷院の唐門は主殿の入口の門である。破風の下に雌雄の多鶴、平桁上に白竜の彫刻がある。唐門に連らなる端垣の前には御三家、諸大名の献納した燈籠が並ぶ。=撮影年月日不明、日光、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号26‐3‐0]

    商品コード: 2017080400662

  • -
    日光東照宮三神庫

    左に陽明門と鐘楼、 右に上神庫を見る。 上神庫は校倉造りで、 その妻に狩野探幽の下絵による黒白二頭の象の彫刻がある。 階段右には伊達正宗の献納した鉄製燈篭を始め、 諸大名の献納燈篭が並ぶ。 上中下の三神庫があり春秋の千人武者行列の装束が格納されている。=撮影年月日不明、日光、撮影者:小川一真、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号6‐23‐0]

    商品コード: 2017080200937

  • -
    芝増上寺水盤所

    有章院霊廟御霊殿拝殿前の水屋である。勅額門を入った左手に位置し、拝殿唐門前から撮影されたものである。この右手には井戸屋形がある。諸大名から寄進された数多くの銅灯篭が、将軍の権威を示している。=撮影年月日不明、東京、撮影者:スチルフリード、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号78‐26‐0]

    商品コード: 2017081401141

  • 1978年03月27日
    小御所の上中下段の間 御所訪問[京都御所]

    小御所の上中下段の間 主に将軍家の使者や、諸大名との対面室。また、歌会始、東宮御元服、立太子礼などが行われ、別名「御元服御殿」。書院造りと寝殿造りの混合様式で上・中・下段に分かれ、各部屋は18畳敷き。紫宸殿の東北にある。ここで慶応3(1867)年12月9日夜、小御所会議が天皇出席のもとに開かれ、15代将軍徳川慶喜の処罰を決め、王政復古の大号令が発せられた(「御所訪問」3回続きの<上>)(53年内地 2926)

    商品コード: 2015060800170

  • 1999年08月21日
    長崎街道の茶屋公開

    )、企画26S、23日付朝刊以降使用  参勤交代の九州諸大名が小休止に利用した「立場茶屋銀杏(いちょう)屋」=北九州市八幡西区

    商品コード: 1999082100073

  • 2006年01月18日
    安土城跡で出土した石垣 諸大名圧倒狙い石垣改造?

    安土城跡の西側虎口で新たに出土した石垣の発掘地点=18日午後、滋賀県安土町

    商品コード: 2006011800164

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2015年06月25日
    市のシンボルに 名古屋城を再建

    1958(昭和33)年7月2日、名古屋大空襲(45年5月)で焼失した名古屋城の復元工事が進行中。翌年に完成すると金のしゃちほことともに名古屋市の新しいシンボルとなった。徳川家康が九男義直の居城として諸大名に工事させる天下普請によって築城し「尾張名古屋は城でもつ」とうたわれた日本三名城の一つ。

    商品コード: 2015062500292

  • 1