KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 諸子百家
  • 研究
  • 記者
  • 令和
  • 歴史
  • 史書
  • 建築
  • 平成
  • 資料
  • かん

「諸子」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
30
( 1 30 件を表示)
  • 1
30
( 1 30 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 1994年06月15日
    「国民諸子ニ告グ」 終戦直後に徹底抗戦のビラ

    厚木航空隊が徹底抗戦を呼び掛けまいたビラ(第2次世界大戦)

    商品コード: 1994061500053

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2012年07月08日
    三国志ゆかりの襄陽城を行く湖北省襄陽市

    湖北省襄陽市にある襄陽城の臨漢門。(2012年7月8日撮影)中国湖北省襄陽(じょうよう)市にある襄陽城は、長江の最大の支流、漢江中流の南岸に位置し、前漢時代の紀元前201年に建築が始められ、2千年以上の歴史を持つ。三方が水に囲まれ、一方は山に面しており、防御が容易で攻略は難しい。三国志では蜀漢の武将、関羽(かん・う)が曹魏の軍隊が守る同城に攻め入ったことで有名。襄陽は後漢末に劉表が荊州牧として本拠地を置いてから、歴代王朝を通じて地域の政治的中心であり続けた。最初期の土造りの城は軍事的要衝として唐代まで使用され、宋代にはれんが造りの城として再建された。襄陽城は守りの堅さから歴代の兵家(中国の諸子百家の一つ。戦略や戦闘方法、兵器の使用、軍事上のタブーなどを研究した)が重視した。=2012(平成24)年7月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062624977

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2012年07月08日
    三国志ゆかりの襄陽城を行く湖北省襄陽市

    湖北省襄陽市にある襄陽城。(2012年7月8日撮影)中国湖北省襄陽(じょうよう)市にある襄陽城は、長江の最大の支流、漢江中流の南岸に位置し、前漢時代の紀元前201年に建築が始められ、2千年以上の歴史を持つ。三方が水に囲まれ、一方は山に面しており、防御が容易で攻略は難しい。三国志では蜀漢の武将、関羽(かん・う)が曹魏の軍隊が守る同城に攻め入ったことで有名。襄陽は後漢末に劉表が荊州牧として本拠地を置いてから、歴代王朝を通じて地域の政治的中心であり続けた。最初期の土造りの城は軍事的要衝として唐代まで使用され、宋代にはれんが造りの城として再建された。襄陽城は守りの堅さから歴代の兵家(中国の諸子百家の一つ。戦略や戦闘方法、兵器の使用、軍事上のタブーなどを研究した)が重視した。=2012(平成24)年7月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062624907

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2012年07月08日
    三国志ゆかりの襄陽城を行く湖北省襄陽市

    湖北省襄陽市にある襄陽城の城壁。(2012年7月8日撮影)中国湖北省襄陽(じょうよう)市にある襄陽城は、長江の最大の支流、漢江中流の南岸に位置し、前漢時代の紀元前201年に建築が始められ、2千年以上の歴史を持つ。三方が水に囲まれ、一方は山に面しており、防御が容易で攻略は難しい。三国志では蜀漢の武将、関羽(かん・う)が曹魏の軍隊が守る同城に攻め入ったことで有名。襄陽は後漢末に劉表が荊州牧として本拠地を置いてから、歴代王朝を通じて地域の政治的中心であり続けた。最初期の土造りの城は軍事的要衝として唐代まで使用され、宋代にはれんが造りの城として再建された。襄陽城は守りの堅さから歴代の兵家(中国の諸子百家の一つ。戦略や戦闘方法、兵器の使用、軍事上のタブーなどを研究した)が重視した。襄陽城は全長7322メー=2012(平成24)年7月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062625002

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2012年07月08日
    三国志ゆかりの襄陽城を行く湖北省襄陽市

    湖北省襄陽市にある襄陽城。(2012年7月8日撮影)中国湖北省襄陽(じょうよう)市にある襄陽城は、長江の最大の支流、漢江中流の南岸に位置し、前漢時代の紀元前201年に建築が始められ、2千年以上の歴史を持つ。三方が水に囲まれ、一方は山に面しており、防御が容易で攻略は難しい。三国志では蜀漢の武将、関羽(かん・う)が曹魏の軍隊が守る同城に攻め入ったことで有名。襄陽は後漢末に劉表が荊州牧として本拠地を置いてから、歴代王朝を通じて地域の政治的中心であり続けた。最初期の土造りの城は軍事的要衝として唐代まで使用され、宋代にはれんが造りの城として再建された。襄陽城は守りの堅さから歴代の兵家(中国の諸子百家の一つ。戦略や戦闘方法、兵器の使用、軍事上のタブーなどを研究した)が重視した。=2012(平成24)年7月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062624938

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2012年07月08日
    三国志ゆかりの襄陽城を行く湖北省襄陽市

    湖北省襄陽市にある襄陽城の城壁。(2012年7月8日撮影)中国湖北省襄陽(じょうよう)市にある襄陽城は、長江の最大の支流、漢江中流の南岸に位置し、前漢時代の紀元前201年に建築が始められ、2千年以上の歴史を持つ。三方が水に囲まれ、一方は山に面しており、防御が容易で攻略は難しい。三国志では蜀漢の武将、関羽(かん・う)が曹魏の軍隊が守る同城に攻め入ったことで有名。襄陽は後漢末に劉表が荊州牧として本拠地を置いてから、歴代王朝を通じて地域の政治的中心であり続けた。最初期の土造りの城は軍事的要衝として唐代まで使用され、宋代にはれんが造りの城として再建された。襄陽城は守りの堅さから歴代の兵家(中国の諸子百家の一つ。戦略や戦闘方法、兵器の使用、軍事上のタブーなどを研究した)が重視した。襄陽城は全長7322メート=2012(平成24)年7月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062625194

  • 2016年08月21日
    専門家約100人、邯鄲で鬼谷子の文化と観光の発展について討論

    河北省邯鄲市の鬼谷子誕生地の遺跡にある石碑。(資料写真)中国の諸子百家の一つ、縦横家の始祖、鬼谷子(きこくし)の故郷とされる河北省邯鄲市臨漳県で12~14日、邯鄲鬼谷子文化観光発展シンポジウムが開かれた。中国各地から93人の専門家が集まり、鬼谷子文化と観光の発展、鬼谷子文化連盟の準備などをテーマに研究、討論した。(石家荘=新華社記者/杜一方)=2016(平成28)年8月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019101605404

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2017年06月10日
    三国志ゆかりの襄陽城を行く湖北省襄陽市

    湖北省襄陽市にある襄陽城の臨漢門。(2017年6月10日撮影)中国湖北省襄陽(じょうよう)市にある襄陽城は、長江の最大の支流、漢江中流の南岸に位置し、前漢時代の紀元前201年に建築が始められ、2千年以上の歴史を持つ。三方が水に囲まれ、一方は山に面しており、防御が容易で攻略は難しい。三国志では蜀漢の武将、関羽(かん・う)が曹魏の軍隊が守る同城に攻め入ったことで有名。襄陽は後漢末に劉表が荊州牧として本拠地を置いてから、歴代王朝を通じて地域の政治的中心であり続けた。最初期の土造りの城は軍事的要衝として唐代まで使用され、宋代にはれんが造りの城として再建された。襄陽城は守りの堅さから歴代の兵家(中国の諸子百家の一つ。戦略や戦闘方法、兵器の使用、軍事上のタブーなどを研究した)が重視した。襄陽城は全長7322メートルで、城壁上部には4千余りの垛堞(城壁の上にある凹凸のある小さな壁)が設置され、城壁の周囲の堀は最も広い場所で250メートルある。保存状態の良い十大古城の一つに数えられている。(襄陽=新華社配信/塗玉国)=2017(平成29)年6月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062625069

  • 2018年09月04日
    専門家約100人、邯鄲で鬼谷子の文化と観光の発展について討論

    河北省邯鄲市にある鬼谷子文化産業園の牌坊(はいぼう、中国の伝統的建築様式の門の一つ)。(資料写真)中国の諸子百家の一つ、縦横家の始祖、鬼谷子(きこくし)の故郷とされる河北省邯鄲市臨漳県で12~14日、邯鄲鬼谷子文化観光発展シンポジウムが開かれた。中国各地から93人の専門家が集まり、鬼谷子文化と観光の発展、鬼谷子文化連盟の準備などをテーマに研究、討論した。(石家荘=新華社記者/杜一方)=2018(平成30)年9月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019101605573

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年11月02日
    三国志ゆかりの襄陽城を行く湖北省襄陽市

    湖北省襄陽市にある襄陽城の堀。(2018年11月2日撮影、小型無人機から)中国湖北省襄陽(じょうよう)市にある襄陽城は、長江の最大の支流、漢江中流の南岸に位置し、前漢時代の紀元前201年に建築が始められ、2千年以上の歴史を持つ。三方が水に囲まれ、一方は山に面しており、防御が容易で攻略は難しい。三国志では蜀漢の武将、関羽(かん・う)が曹魏の軍隊が守る同城に攻め入ったことで有名。襄陽は後漢末に劉表が荊州牧として本拠地を置いてから、歴代王朝を通じて地域の政治的中心であり続けた。最初期の土造りの城は軍事的要衝として唐代まで使用され、宋代にはれんが造りの城として再建された。襄陽城は守りの堅さから歴代の兵家(中国の諸子百家の一つ。戦略や戦闘方法、兵器の使用、軍事上のタブーなどを研究した)が重視した。襄陽城は全長7322メートルで、城壁上部には4千余りの垛堞(城壁の上にある凹凸のある小さな壁)が設置され、城壁の周囲の堀は最も広い場所で250メートルある。保存状態の良い十大古城の一つに数えられている。(襄陽=新華社配信/楊東)=2018(平成30)年11月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062625201

  • 2019年03月30日
    専門家約100人、邯鄲で鬼谷子の文化と観光の発展について討論

    河北省邯鄲市にある鬼谷子文化産業園の智聖宮。(資料写真)中国の諸子百家の一つ、縦横家の始祖、鬼谷子(きこくし)の故郷とされる河北省邯鄲市臨漳県で12~14日、邯鄲鬼谷子文化観光発展シンポジウムが開かれた。中国各地から93人の専門家が集まり、鬼谷子文化と観光の発展、鬼谷子文化連盟の準備などをテーマに研究、討論した。(石家荘=新華社記者/杜一方)=2019(平成31)年3月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019101605571

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年05月01日
    三国志ゆかりの襄陽城を行く湖北省襄陽市

    湖北省襄陽市にある襄陽城の臨漢門。(5月1日撮影、小型無人機から)中国湖北省襄陽(じょうよう)市にある襄陽城は、長江の最大の支流、漢江中流の南岸に位置し、前漢時代の紀元前201年に建築が始められ、2千年以上の歴史を持つ。三方が水に囲まれ、一方は山に面しており、防御が容易で攻略は難しい。三国志では蜀漢の武将、関羽(かん・う)が曹魏の軍隊が守る同城に攻め入ったことで有名。襄陽は後漢末に劉表が荊州牧として本拠地を置いてから、歴代王朝を通じて地域の政治的中心であり続けた。最初期の土造りの城は軍事的要衝として唐代まで使用され、宋代にはれんが造りの城として再建された。襄陽城は守りの堅さから歴代の兵家(中国の諸子百家の一つ。戦略や戦闘方法、兵器の使用、軍事上のタブーなどを研究した)が重視した。=2019(令和元)年5月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062624933

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年05月02日
    三国志ゆかりの襄陽城を行く湖北省襄陽市

    湖北省襄陽市にある襄陽城の堀。(5月2日撮影、小型無人機から)中国湖北省襄陽(じょうよう)市にある襄陽城は、長江の最大の支流、漢江中流の南岸に位置し、前漢時代の紀元前201年に建築が始められ、2千年以上の歴史を持つ。三方が水に囲まれ、一方は山に面しており、防御が容易で攻略は難しい。三国志では蜀漢の武将、関羽(かん・う)が曹魏の軍隊が守る同城に攻め入ったことで有名。襄陽は後漢末に劉表が荊州牧として本拠地を置いてから、歴代王朝を通じて地域の政治的中心であり続けた。最初期の土造りの城は軍事的要衝として唐代まで使用され、宋代にはれんが造りの城として再建された。襄陽城は守りの堅さから歴代の兵家(中国の諸子百家の一つ。戦略や戦闘方法、兵器の使用、軍事上のタブーなどを研究した)が重視した。襄陽城は全長7322メートルで、城壁上部には4千余りの垛堞(城壁の上にある凹凸のある小さな壁)が設置され、城壁の周囲の堀は最も広い場所で250メートルある。保存状態の良い十大古城の一つに数えられている。(襄陽=新華社配信/楊東)=2019(令和元)年5月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062625024

  • 2019年05月12日
    市民セミナー「徳旺大講堂」が開講福建省福州市

    12日、「徳旺大講堂」の開講式であいさつする曹徳旺氏。中国福建省の福州市図書館新館で12日、南京大学哲学系(学部)の徐小躍(じょ・しょうやく)教授が「中国伝統の知恵と現代生活」と題する市民講座を行った。同講座は同大学と河仁慈善基金会、福州市図書館が共催する大型連続セミナー「徳旺大講堂」の第1回目となる。講座名は実業家で慈善家の曹徳旺(そう・とくおう)氏にちなんで名付けられた。中国哲学および宗教学の研究で知られる徐氏は、3時間の講座で「国学」と呼ばれる中国伝統文化・学術体系に対する独自の見解を披露。中国伝統文化の結晶は現代人の人生の糧となると受講者に伝えた。徐氏は、儒教経典から史書、諸子百家、文学にいたる漢籍に記された優れた伝統文化は、単なる歴史ではないと指摘。歴史は現代に生きるものであり、伝統文化の結晶である古典をひも解くことは、現代人の精神と品格を形作る上で不可欠だと語った。(福州=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年5月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052002064

  • 2019年05月12日
    市民セミナー「徳旺大講堂」が開講福建省福州市

    12日、「徳旺大講堂」開講式であいさつする曹徳旺氏。中国福建省の福州市図書館新館で12日、南京大学哲学系(学部)の徐小躍(じょ・しょうやく)教授が「中国伝統の知恵と現代生活」と題する市民講座を行った。同講座は同大学と河仁慈善基金会、福州市図書館が共催する大型連続セミナー「徳旺大講堂」の第1回目となる。講座名は実業家で慈善家の曹徳旺(そう・とくおう)氏にちなんで名付けられた。中国哲学および宗教学の研究で知られる徐氏は、3時間の講座で「国学」と呼ばれる中国伝統文化・学術体系に対する独自の見解を披露。中国伝統文化の結晶は現代人の人生の糧となると受講者に伝えた。徐氏は、儒教経典から史書、諸子百家、文学にいたる漢籍に記された優れた伝統文化は、単なる歴史ではないと指摘。歴史は現代に生きるものであり、伝統文化の結晶である古典をひも解くことは、現代人の精神と品格を形作る上で不可欠だと語った。(福州=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年5月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052002223

  • 2019年05月12日
    市民セミナー「徳旺大講堂」が開講福建省福州市

    12日、セミナーで板書する徐小躍氏。中国福建省の福州市図書館新館で12日、南京大学哲学系(学部)の徐小躍(じょ・しょうやく)教授が「中国伝統の知恵と現代生活」と題する市民講座を行った。同講座は同大学と河仁慈善基金会、福州市図書館が共催する大型連続セミナー「徳旺大講堂」の第1回目となる。講座名は実業家で慈善家の曹徳旺(そう・とくおう)氏にちなんで名付けられた。中国哲学および宗教学の研究で知られる徐氏は、3時間の講座で「国学」と呼ばれる中国伝統文化・学術体系に対する独自の見解を披露。中国伝統文化の結晶は現代人の人生の糧となると受講者に伝えた。徐氏は、儒教経典から史書、諸子百家、文学にいたる漢籍に記された優れた伝統文化は、単なる歴史ではないと指摘。歴史は現代に生きるものであり、伝統文化の結晶である古典をひも解くことは、現代人の精神と品格を形作る上で不可欠だと語った。(福州=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年5月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052002224

  • 2019年05月12日
    市民セミナー「徳旺大講堂」が開講福建省福州市

    12日、福耀集団董事局主席、河仁慈善基金会創設者の曹徳旺氏が寄付した4億元(1元=約16円)によって建設された福州市図書館新館。中国福建省の福州市図書館新館で12日、南京大学哲学系(学部)の徐小躍(じょ・しょうやく)教授が「中国伝統の知恵と現代生活」と題する市民講座を行った。同講座は同大学と河仁慈善基金会、福州市図書館が共催する大型連続セミナー「徳旺大講堂」の第1回目となる。講座名は実業家で慈善家の曹徳旺(そう・とくおう)氏にちなんで名付けられた。中国哲学および宗教学の研究で知られる徐氏は、3時間の講座で「国学」と呼ばれる中国伝統文化・学術体系に対する独自の見解を披露。中国伝統文化の結晶は現代人の人生の糧となると受講者に伝えた。徐氏は、儒教経典から史書、諸子百家、文学にいたる漢籍に記された優れた伝統文化は、単なる歴史ではないと指摘。歴史は現代に生きるものであり、伝統文化の結晶である古典をひも解くことは、現代人の精神と品格を形作る上で不可欠だと語った。(福州=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年5月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052002208

  • 2019年05月12日
    市民セミナー「徳旺大講堂」が開講福建省福州市

    12日、「徳旺大講堂」の開講式と第1回セミナーの会場。中国福建省の福州市図書館新館で12日、南京大学哲学系(学部)の徐小躍(じょ・しょうやく)教授が「中国伝統の知恵と現代生活」と題する市民講座を行った。同講座は同大学と河仁慈善基金会、福州市図書館が共催する大型連続セミナー「徳旺大講堂」の第1回目となる。講座名は実業家で慈善家の曹徳旺(そう・とくおう)氏にちなんで名付けられた。中国哲学および宗教学の研究で知られる徐氏は、3時間の講座で「国学」と呼ばれる中国伝統文化・学術体系に対する独自の見解を披露。中国伝統文化の結晶は現代人の人生の糧となると受講者に伝えた。徐氏は、儒教経典から史書、諸子百家、文学にいたる漢籍に記された優れた伝統文化は、単なる歴史ではないと指摘。歴史は現代に生きるものであり、伝統文化の結晶である古典をひも解くことは、現代人の精神と品格を形作る上で不可欠だと語った。(福州=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年5月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052002157

  • 2019年05月12日
    市民セミナー「徳旺大講堂」が開講福建省福州市

    12日、「徳旺大講堂」開講式であいさつする南京大学党委員会の胡金波(こ・きんは)書記。中国福建省の福州市図書館新館で12日、南京大学哲学系(学部)の徐小躍(じょ・しょうやく)教授が「中国伝統の知恵と現代生活」と題する市民講座を行った。同講座は同大学と河仁慈善基金会、福州市図書館が共催する大型連続セミナー「徳旺大講堂」の第1回目となる。講座名は実業家で慈善家の曹徳旺(そう・とくおう)氏にちなんで名付けられた。中国哲学および宗教学の研究で知られる徐氏は、3時間の講座で「国学」と呼ばれる中国伝統文化・学術体系に対する独自の見解を披露。中国伝統文化の結晶は現代人の人生の糧となると受講者に伝えた。徐氏は、儒教経典から史書、諸子百家、文学にいたる漢籍に記された優れた伝統文化は、単なる歴史ではないと指摘。歴史は現代に生きるものであり、伝統文化の結晶である古典をひも解くことは、現代人の精神と品格を形作る上で不可欠だと語った。(福州=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年5月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052002115

  • 2019年05月12日
    市民セミナー「徳旺大講堂」が開講福建省福州市

    12日、「徳旺大講堂」の開講式と第1回セミナーの会場で記念撮影する関係者。中国福建省の福州市図書館新館で12日、南京大学哲学系(学部)の徐小躍(じょ・しょうやく)教授が「中国伝統の知恵と現代生活」と題する市民講座を行った。同講座は同大学と河仁慈善基金会、福州市図書館が共催する連続啓発セミナー「徳旺大講堂」の第1回目となる。講座名は実業家で慈善家の曹徳旺(そう・とくおう)氏にちなんで名付けられた。中国哲学および宗教学の研究で知られる徐氏は、3時間の講座で「国学」と呼ばれる中国伝統文化・学術体系に対する独自の見解を披露。中国伝統文化の結晶は現代人の人生の糧となると受講者に伝えた。徐氏は、儒教経典から史書、諸子百家、文学にいたる漢籍に記された優れた伝統文化は単なる歴史ではないと指摘。歴史は現代に生きるものであり、伝統文化の結晶である古典をひも解くことは、現代人の精神と品格を形作る上で不可欠だと語った。(福州=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年5月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052002060

  • 2019年05月12日
    市民セミナー「徳旺大講堂」が開講福建省福州市

    12日、「徳旺大講堂」の開講式と第1回セミナーに訪れた来賓。中国福建省の福州市図書館新館で12日、南京大学哲学系(学部)の徐小躍(じょ・しょうやく)教授が「中国伝統の知恵と現代生活」と題する市民講座を行った。同講座は同大学と河仁慈善基金会、福州市図書館が共催する大型連続セミナー「徳旺大講堂」の第1回目となる。講座名は実業家で慈善家の曹徳旺(そう・とくおう)氏にちなんで名付けられた。中国哲学および宗教学の研究で知られる徐氏は、3時間の講座で「国学」と呼ばれる中国伝統文化・学術体系に対する独自の見解を披露。中国伝統文化の結晶は現代人の人生の糧となると受講者に伝えた。徐氏は、儒教経典から史書、諸子百家、文学にいたる漢籍に記された優れた伝統文化は、単なる歴史ではないと指摘。歴史は現代に生きるものであり、伝統文化の結晶である古典をひも解くことは、現代人の精神と品格を形作る上で不可欠だと語った。(福州=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年5月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052002065

  • 2019年10月12日
    専門家約100人、邯鄲で鬼谷子の文化と観光の発展について討論

    12日、中国・邯鄲鬼谷子文化観光発展シンポジウムの開幕式。中国の諸子百家の一つ、縦横家の始祖、鬼谷子(きこくし)の故郷とされる河北省邯鄲市臨漳県で12~14日、邯鄲鬼谷子文化観光発展シンポジウムが開かれた。中国各地から93人の専門家が集まり、鬼谷子文化と観光の発展、鬼谷子文化連盟の準備などをテーマに研究、討論した。(石家荘=新華社記者/杜一方)=2019(令和元)年10月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019101605539

  • 2019年10月13日
    専門家約100人、邯鄲で鬼谷子の文化と観光の発展について討論

    13日、中国・邯鄲鬼谷子文化観光発展シンポジウムの会場。中国の諸子百家の一つ、縦横家の始祖、鬼谷子(きこくし)の故郷とされる河北省邯鄲市臨漳県で12~14日、邯鄲鬼谷子文化観光発展シンポジウムが開かれた。中国各地から93人の専門家が集まり、鬼谷子文化と観光の発展、鬼谷子文化連盟の準備などをテーマに研究、討論した。(石家荘=新華社記者/杜一方)=2019(令和元)年10月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019101605475

  • 2019年10月16日
    専門家約100人、邯鄲で鬼谷子の文化と観光の発展について討論

    河北省邯鄲市の鬼谷子文化産業園の智聖宮内部にある彫刻。中央の鬼谷子が弟子たちに講義している。(資料写真)中国の諸子百家の一つ、縦横家の始祖、鬼谷子(きこくし)の故郷とされる河北省邯鄲市臨漳県で12~14日、邯鄲鬼谷子文化観光発展シンポジウムが開かれた。中国各地から93人の専門家が集まり、鬼谷子文化と観光の発展、鬼谷子文化連盟の準備などをテーマに研究、討論した。(石家荘=新華社記者/杜一方)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019101605507

  • 2019年11月08日
    浙江省寧波市で「中華善本百部経典再造」展初開催古書の美を堪能

    8日、展示された叢書「中華善本百部経典再造」の一部。中国浙江省寧波市図書館でこのほど、「中華善本百部経典再造」蔵書文化展が初開催された。「中華善本百部経典再造」は2018年に出版された叢書で「経部(経書)・史部(史書)・子部(諸子)・集部(詩文など)」という中国古典書籍の四大分類に従って編集されており、刊本は国家図書館や国家博物館などが所蔵する貴重な資料を元にしている。同展では、背景と実物を組み合わせた展示で叢書の姿を伝え、希少本から精選した代表的なページも見られるようにした。来場者は古い書物の美しさを間近に鑑賞することができる。会期は来年2月9日まで。(寧波=新華社記者/顧小立)=2019(令和元)年11月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019111501336

  • 2019年11月08日
    浙江省寧波市で「中華善本百部経典再造」展初開催古書の美を堪能

    8日、「中華善本百部経典再造」蔵書文化展で、開いて展示された書籍。中国浙江省寧波市図書館でこのほど、「中華善本百部経典再造」蔵書文化展が初開催された。「中華善本百部経典再造」は2018年に出版された叢書で「経部(経書)・史部(史書)・子部(諸子)・集部(詩文など)」という中国古典書籍の四大分類に従って編集されており、刊本は国家図書館や国家博物館などが所蔵する貴重な資料を元にしている。同展では、背景と実物を組み合わせた展示で叢書の姿を伝え、希少本から精選した代表的なページも見られるようにした。来場者は古い書物の美しさを間近に鑑賞することができる。会期は来年2月9日まで。(寧波=新華社記者/顧小立)=2019(令和元)年11月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019111501375

  • 2019年11月08日
    浙江省寧波市で「中華善本百部経典再造」展初開催古書の美を堪能

    8日、「中華善本百部経典再造」蔵書文化展の展示。中国浙江省寧波市図書館でこのほど、「中華善本百部経典再造」蔵書文化展が初開催された。「中華善本百部経典再造」は2018年に出版された叢書で「経部(経書)・史部(史書)・子部(諸子)・集部(詩文など)」という中国古典書籍の四大分類に従って編集されており、刊本は国家図書館や国家博物館などが所蔵する貴重な資料を元にしている。同展では、背景と実物を組み合わせた展示で叢書の姿を伝え、希少本から精選した代表的なページも見られるようにした。来場者は古い書物の美しさを間近に鑑賞することができる。会期は来年2月9日まで。(寧波=新華社記者/顧小立)=2019(令和元)年11月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019111501420

  • 2019年11月08日
    浙江省寧波市で「中華善本百部経典再造」展初開催古書の美を堪能

    8日、「中華善本百部経典再造」蔵書文化展の紹介パネル。中国浙江省寧波市図書館でこのほど、「中華善本百部経典再造」蔵書文化展が初開催された。「中華善本百部経典再造」は2018年に出版された叢書で「経部(経書)・史部(史書)・子部(諸子)・集部(詩文など)」という中国古典書籍の四大分類に従って編集されており、刊本は国家図書館や国家博物館などが所蔵する貴重な資料を元にしている。同展では、背景と実物を組み合わせた展示で叢書の姿を伝え、希少本から精選した代表的なページも見られるようにした。来場者は古い書物の美しさを間近に鑑賞することができる。会期は来年2月9日まで。(寧波=新華社記者/顧小立)=2019(令和元)年11月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019111501370

  • 2019年11月08日
    浙江省寧波市で「中華善本百部経典再造」展初開催古書の美を堪能

    8日、「中華善本百部経典再造」蔵書文化展で展示された掛け軸。中国浙江省寧波市図書館でこのほど、「中華善本百部経典再造」蔵書文化展が初開催された。「中華善本百部経典再造」は2018年に出版された叢書で「経部(経書)・史部(史書)・子部(諸子)・集部(詩文など)」という中国古典書籍の四大分類に従って編集されており、刊本は国家図書館や国家博物館などが所蔵する貴重な資料を元にしている。同展では、背景と実物を組み合わせた展示で叢書の姿を伝え、希少本から精選した代表的なページも見られるようにした。来場者は古い書物の美しさを間近に鑑賞することができる。会期は来年2月9日まで。(寧波=新華社記者/顧小立)=2019(令和元)年11月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019111501350

  • 01:44.22
    2019年11月15日
    「新華社」浙江省寧波市で「中華善本百部経典再造」展初開催古書の美を堪能

    中国浙江省寧波市図書館でこのほど、「中華善本百部経典再造」蔵書文化展が初開催された。「中華善本百部経典再造」は2018年に出版された叢書で「経部(経書)・史部(史書)・子部(諸子)・集部(詩文など)」という中国古典書籍の四大分類に従って編集されており、刊本は国家図書館や国家博物館などが所蔵する貴重な資料を元にしている。同展では、背景と実物を組み合わせた展示で叢書の姿を伝え、希少本から精選した代表的なページも見られるようにした。来場者は古い書物の美しさを間近に鑑賞することができる。会期は来年2月9日まで。(記者/顧小立)<映像内容>「中華善本百部経典再造」蔵書文化展の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019111501464

  • 1