KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • グエン
  • タンロン遺跡
  • 中核
  • 令和
  • 北門
  • 戦火
  • 敬天
  • 時代
  • 楼閣
  • 歳月

「諸王」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
26
( 1 26 件を表示)
  • 1
26
( 1 26 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2019年08月21日
    ベトナムの歴史を見つめてきた世界遺産タンロン王城遺跡をゆく

    8月21日、タンロン王城遺跡の後楼。ベトナムのタンロン王城遺跡は、同国の首都ハノイのバーディン区にある。当時タンロン(昇竜)と呼ばれたハノイには11世紀以降、ベトナム諸王朝が都を置き、王城はその中核を担った。長い歳月と度重なる戦火の洗礼を受け、往時の華やかな楼閣の多くは姿を消し、今ではフラッグタワーや端門、敬天殿、後楼、正北門、グエン朝時代の行宮(あんぐう)門、および敬天殿西側の考古遺跡を残すのみとなっている。同遺跡は2010年、「ハノイ・タンロン王城遺跡中心地区」としてユネスコ世界文化遺産に登録された。(ハノイ=新華社記者/王迪)=2019(令和元)年8月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019090500923

  • 2019年08月21日
    ベトナムの歴史を見つめてきた世界遺産タンロン王城遺跡をゆく

    8月21日、遺跡内の建築遺構を見学する観光客。ベトナムのタンロン王城遺跡は、同国の首都ハノイのバーディン区にある。当時タンロン(昇竜)と呼ばれたハノイには11世紀以降、ベトナム諸王朝が都を置き、王城はその中核を担った。長い歳月と度重なる戦火の洗礼を受け、往時の華やかな楼閣の多くは姿を消し、今ではフラッグタワーや端門、敬天殿、後楼、正北門、グエン朝時代の行宮(あんぐう)門、および敬天殿西側の考古遺跡を残すのみとなっている。同遺跡は2010年、「ハノイ・タンロン王城遺跡中心地区」としてユネスコ世界文化遺産に登録された。(ハノイ=新華社記者/王迪)=2019(令和元)年8月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019090500867

  • 2019年08月21日
    ベトナムの歴史を見つめてきた世界遺産タンロン王城遺跡をゆく

    8月21日、タンロン王城遺跡の城壁に止まり、羽を休めるハト。ベトナムのタンロン王城遺跡は、同国の首都ハノイのバーディン区にある。当時タンロン(昇竜)と呼ばれたハノイには11世紀以降、ベトナム諸王朝が都を置き、王城はその中核を担った。長い歳月と度重なる戦火の洗礼を受け、往時の華やかな楼閣の多くは姿を消し、今ではフラッグタワーや端門、敬天殿、後楼、正北門、グエン朝時代の行宮(あんぐう)門、および敬天殿西側の考古遺跡を残すのみとなっている。同遺跡は2010年、「ハノイ・タンロン王城遺跡中心地区」としてユネスコ世界文化遺産に登録された。(ハノイ=新華社記者/王迪)=2019(令和元)年8月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019090500935

  • 2019年08月21日
    ベトナムの歴史を見つめてきた世界遺産タンロン王城遺跡をゆく

    8月21日、遺跡内の建物の屋根に止まり、羽を休めるハト。ベトナムのタンロン王城遺跡は、同国の首都ハノイのバーディン区にある。当時タンロン(昇竜)と呼ばれたハノイには11世紀以降、ベトナム諸王朝が都を置き、王城はその中核を担った。長い歳月と度重なる戦火の洗礼を受け、往時の華やかな楼閣の多くは姿を消し、今ではフラッグタワーや端門、敬天殿、後楼、正北門、グエン朝時代の行宮(あんぐう)門、および敬天殿西側の考古遺跡を残すのみとなっている。同遺跡は2010年、「ハノイ・タンロン王城遺跡中心地区」としてユネスコ世界文化遺産に登録された。(ハノイ=新華社記者/王迪)=2019(令和元)年8月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019090500895

  • 2019年08月21日
    ベトナムの歴史を見つめてきた世界遺産タンロン王城遺跡をゆく

    8月21日、タンロン王城遺跡の敷地内に建つ建物の細部。ベトナムのタンロン王城遺跡は、同国の首都ハノイのバーディン区にある。当時タンロン(昇竜)と呼ばれたハノイには11世紀以降、ベトナム諸王朝が都を置き、王城はその中核を担った。長い歳月と度重なる戦火の洗礼を受け、往時の華やかな楼閣の多くは姿を消し、今ではフラッグタワーや端門、敬天殿、後楼、正北門、グエン朝時代の行宮(あんぐう)門、および敬天殿西側の考古遺跡を残すのみとなっている。同遺跡は2010年、「ハノイ・タンロン王城遺跡中心地区」としてユネスコ世界文化遺産に登録された。(ハノイ=新華社記者/王迪)=2019(令和元)年8月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019090500887

  • 2019年08月21日
    ベトナムの歴史を見つめてきた世界遺産タンロン王城遺跡をゆく

    8月21日、タンロン王城遺跡の正北門。壁に空いた穴は、フランス軍によって撃ち込まれた砲弾の痕。ベトナムのタンロン王城遺跡は、同国の首都ハノイのバーディン区にある。当時タンロン(昇竜)と呼ばれたハノイには11世紀以降、ベトナム諸王朝が都を置き、王城はその中核を担った。長い歳月と度重なる戦火の洗礼を受け、往時の華やかな楼閣の多くは姿を消し、今ではフラッグタワーや端門、敬天殿、後楼、正北門、グエン朝時代の行宮(あんぐう)門、および敬天殿西側の考古遺跡を残すのみとなっている。同遺跡は2010年、「ハノイ・タンロン王城遺跡中心地区」としてユネスコ世界文化遺産に登録された。(ハノイ=新華社記者/王迪)=2019(令和元)年8月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019090500829

  • 2019年08月21日
    ベトナムの歴史を見つめてきた世界遺産タンロン王城遺跡をゆく

    8月21日、タンロン王城遺跡の端門からフラッグタワーを望む。ベトナムのタンロン王城遺跡は、同国の首都ハノイのバーディン区にある。当時タンロン(昇竜)と呼ばれたハノイには11世紀以降、ベトナム諸王朝が都を置き、王城はその中核を担った。長い歳月と度重なる戦火の洗礼を受け、往時の華やかな楼閣の多くは姿を消し、今ではフラッグタワーや端門、敬天殿、後楼、正北門、グエン朝時代の行宮(あんぐう)門、および敬天殿西側の考古遺跡を残すのみとなっている。同遺跡は2010年、「ハノイ・タンロン王城遺跡中心地区」としてユネスコ世界文化遺産に登録された。(ハノイ=新華社記者/王迪)=2019(令和元)年8月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019090500830

  • 2019年08月21日
    ベトナムの歴史を見つめてきた世界遺産タンロン王城遺跡をゆく

    8月21日、タンロン王城遺跡の宮門。ベトナムのタンロン王城遺跡は、同国の首都ハノイのバーディン区にある。当時タンロン(昇竜)と呼ばれたハノイには11世紀以降、ベトナム諸王朝が都を置き、王城はその中核を担った。長い歳月と度重なる戦火の洗礼を受け、往時の華やかな楼閣の多くは姿を消し、今ではフラッグタワーや端門、敬天殿、後楼、正北門、グエン朝時代の行宮(あんぐう)門、および敬天殿西側の考古遺跡を残すのみとなっている。同遺跡は2010年、「ハノイ・タンロン王城遺跡中心地区」としてユネスコ世界文化遺産に登録された。(ハノイ=新華社記者/王迪)=2019(令和元)年8月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019090500872

  • 2019年08月21日
    ベトナムの歴史を見つめてきた世界遺産タンロン王城遺跡をゆく

    8月21日、タンロン王城遺跡・敬天殿の細部。ベトナムのタンロン王城遺跡は、同国の首都ハノイのバーディン区にある。当時タンロン(昇竜)と呼ばれたハノイには11世紀以降、ベトナム諸王朝が都を置き、王城はその中核を担った。長い歳月と度重なる戦火の洗礼を受け、往時の華やかな楼閣の多くは姿を消し、今ではフラッグタワーや端門、敬天殿、後楼、正北門、グエン朝時代の行宮(あんぐう)門、および敬天殿西側の考古遺跡を残すのみとなっている。同遺跡は2010年、「ハノイ・タンロン王城遺跡中心地区」としてユネスコ世界文化遺産に登録された。(ハノイ=新華社記者/王迪)=2019(令和元)年8月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019090500904

  • 2019年08月21日
    ベトナムの歴史を見つめてきた世界遺産タンロン王城遺跡をゆく

    8月21日、タンロン王城遺跡・端門の城楼の内部。ベトナムのタンロン王城遺跡は、同国の首都ハノイのバーディン区にある。当時タンロン(昇竜)と呼ばれたハノイには11世紀以降、ベトナム諸王朝が都を置き、王城はその中核を担った。長い歳月と度重なる戦火の洗礼を受け、往時の華やかな楼閣の多くは姿を消し、今ではフラッグタワーや端門、敬天殿、後楼、正北門、グエン朝時代の行宮(あんぐう)門、および敬天殿西側の考古遺跡を残すのみとなっている。同遺跡は2010年、「ハノイ・タンロン王城遺跡中心地区」としてユネスコ世界文化遺産に登録された。(ハノイ=新華社記者/王迪)=2019(令和元)年8月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019090500910

  • 2019年08月21日
    ベトナムの歴史を見つめてきた世界遺産タンロン王城遺跡をゆく

    8月21日、タンロン王城遺跡・端門の城楼の内部。ベトナムのタンロン王城遺跡は、同国の首都ハノイのバーディン区にある。当時タンロン(昇竜)と呼ばれたハノイには11世紀以降、ベトナム諸王朝が都を置き、王城はその中核を担った。長い歳月と度重なる戦火の洗礼を受け、往時の華やかな楼閣の多くは姿を消し、今ではフラッグタワーや端門、敬天殿、後楼、正北門、グエン朝時代の行宮(あんぐう)門、および敬天殿西側の考古遺跡を残すのみとなっている。同遺跡は2010年、「ハノイ・タンロン王城遺跡中心地区」としてユネスコ世界文化遺産に登録された。(ハノイ=新華社記者/王迪)=2019(令和元)年8月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019090500947

  • 2019年08月21日
    ベトナムの歴史を見つめてきた世界遺産タンロン王城遺跡をゆく

    8月21日、タンロン王城遺跡・端門の城楼の一角。ベトナムのタンロン王城遺跡は、同国の首都ハノイのバーディン区にある。当時タンロン(昇竜)と呼ばれたハノイには11世紀以降、ベトナム諸王朝が都を置き、王城はその中核を担った。長い歳月と度重なる戦火の洗礼を受け、往時の華やかな楼閣の多くは姿を消し、今ではフラッグタワーや端門、敬天殿、後楼、正北門、グエン朝時代の行宮(あんぐう)門、および敬天殿西側の考古遺跡を残すのみとなっている。同遺跡は2010年、「ハノイ・タンロン王城遺跡中心地区」としてユネスコ世界文化遺産に登録された。(ハノイ=新華社記者/王迪)=2019(令和元)年8月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019090500919

  • 2019年08月21日
    ベトナムの歴史を見つめてきた世界遺産タンロン王城遺跡をゆく

    8月21日、タンロン王城遺跡の正北門。ベトナムのタンロン王城遺跡は、同国の首都ハノイのバーディン区にある。当時タンロン(昇竜)と呼ばれたハノイには11世紀以降、ベトナム諸王朝が都を置き、王城はその中核を担った。長い歳月と度重なる戦火の洗礼を受け、往時の華やかな楼閣の多くは姿を消し、今ではフラッグタワーや端門、敬天殿、後楼、正北門、グエン朝時代の行宮(あんぐう)門、および敬天殿西側の考古遺跡を残すのみとなっている。同遺跡は2010年、「ハノイ・タンロン王城遺跡中心地区」としてユネスコ世界文化遺産に登録された。(ハノイ=新華社記者/王迪)=2019(令和元)年8月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019090500925

  • 2019年08月21日
    ベトナムの歴史を見つめてきた世界遺産タンロン王城遺跡をゆく

    8月21日、タンロン王城遺跡・敬天殿にある竜の階段。ベトナムのタンロン王城遺跡は、同国の首都ハノイのバーディン区にある。当時タンロン(昇竜)と呼ばれたハノイには11世紀以降、ベトナム諸王朝が都を置き、王城はその中核を担った。長い歳月と度重なる戦火の洗礼を受け、往時の華やかな楼閣の多くは姿を消し、今ではフラッグタワーや端門、敬天殿、後楼、正北門、グエン朝時代の行宮(あんぐう)門、および敬天殿西側の考古遺跡を残すのみとなっている。同遺跡は2010年、「ハノイ・タンロン王城遺跡中心地区」としてユネスコ世界文化遺産に登録された。(ハノイ=新華社記者/王迪)=2019(令和元)年8月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019090500892

  • 2019年08月21日
    ベトナムの歴史を見つめてきた世界遺産タンロン王城遺跡をゆく

    8月21日、タンロン王城遺跡の敷地内にたたずむ建物の一角。ベトナムのタンロン王城遺跡は、同国の首都ハノイのバーディン区にある。当時タンロン(昇竜)と呼ばれたハノイには11世紀以降、ベトナム諸王朝が都を置き、王城はその中核を担った。長い歳月と度重なる戦火の洗礼を受け、往時の華やかな楼閣の多くは姿を消し、今ではフラッグタワーや端門、敬天殿、後楼、正北門、グエン朝時代の行宮(あんぐう)門、および敬天殿西側の考古遺跡を残すのみとなっている。同遺跡は2010年、「ハノイ・タンロン王城遺跡中心地区」としてユネスコ世界文化遺産に登録された。(ハノイ=新華社記者/王迪)=2019(令和元)年8月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019090500952

  • 2019年08月23日
    ベトナムの歴史を見つめてきた世界遺産タンロン王城遺跡をゆく

    8月23日、遺跡内を歩くベトナムの伝統衣装「アオザイ」を着た女性。ベトナムのタンロン王城遺跡は、同国の首都ハノイのバーディン区にある。当時タンロン(昇竜)と呼ばれたハノイには11世紀以降、ベトナム諸王朝が都を置き、王城はその中核を担った。長い歳月と度重なる戦火の洗礼を受け、往時の華やかな楼閣の多くは姿を消し、今ではフラッグタワーや端門、敬天殿、後楼、正北門、グエン朝時代の行宮(あんぐう)門、および敬天殿西側の考古遺跡を残すのみとなっている。同遺跡は2010年、「ハノイ・タンロン王城遺跡中心地区」としてユネスコ世界文化遺産に登録された。(ハノイ=新華社記者/王迪)=2019(令和元)年8月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019090500937

  • 2019年08月23日
    ベトナムの歴史を見つめてきた世界遺産タンロン王城遺跡をゆく

    8月23日、タンロン王城遺跡の敷地内で記念撮影をするカップル。ベトナムのタンロン王城遺跡は、同国の首都ハノイのバーディン区にある。当時タンロン(昇竜)と呼ばれたハノイには11世紀以降、ベトナム諸王朝が都を置き、王城はその中核を担った。長い歳月と度重なる戦火の洗礼を受け、往時の華やかな楼閣の多くは姿を消し、今ではフラッグタワーや端門、敬天殿、後楼、正北門、グエン朝時代の行宮(あんぐう)門、および敬天殿西側の考古遺跡を残すのみとなっている。同遺跡は2010年、「ハノイ・タンロン王城遺跡中心地区」としてユネスコ世界文化遺産に登録された。(ハノイ=新華社記者/王迪)=2019(令和元)年8月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019090500957

  • 2019年08月23日
    ベトナムの歴史を見つめてきた世界遺産タンロン王城遺跡をゆく

    8月23日、タンロン王城遺跡・端門の門洞。ベトナムのタンロン王城遺跡は、同国の首都ハノイのバーディン区にある。当時タンロン(昇竜)と呼ばれたハノイには11世紀以降、ベトナム諸王朝が都を置き、王城はその中核を担った。長い歳月と度重なる戦火の洗礼を受け、往時の華やかな楼閣の多くは姿を消し、今ではフラッグタワーや端門、敬天殿、後楼、正北門、グエン朝時代の行宮(あんぐう)門、および敬天殿西側の考古遺跡を残すのみとなっている。同遺跡は2010年、「ハノイ・タンロン王城遺跡中心地区」としてユネスコ世界文化遺産に登録された。(ハノイ=新華社記者/王迪)=2019(令和元)年8月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019090500909

  • 2019年08月23日
    ベトナムの歴史を見つめてきた世界遺産タンロン王城遺跡をゆく

    8月23日、タンロン王城遺跡の城壁の下を歩く作業員。ベトナムのタンロン王城遺跡は、同国の首都ハノイのバーディン区にある。当時タンロン(昇竜)と呼ばれたハノイには11世紀以降、ベトナム諸王朝が都を置き、王城はその中核を担った。長い歳月と度重なる戦火の洗礼を受け、往時の華やかな楼閣の多くは姿を消し、今ではフラッグタワーや端門、敬天殿、後楼、正北門、グエン朝時代の行宮(あんぐう)門、および敬天殿西側の考古遺跡を残すのみとなっている。同遺跡は2010年、「ハノイ・タンロン王城遺跡中心地区」としてユネスコ世界文化遺産に登録された。(ハノイ=新華社記者/王迪)=2019(令和元)年8月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019090500907

  • 2019年08月23日
    ベトナムの歴史を見つめてきた世界遺産タンロン王城遺跡をゆく

    8月23日、タンロン王城遺跡の敷地内に残る異なる時代のレンガと礎石。ベトナムのタンロン王城遺跡は、同国の首都ハノイのバーディン区にある。当時タンロン(昇竜)と呼ばれたハノイには11世紀以降、ベトナム諸王朝が都を置き、王城はその中核を担った。長い歳月と度重なる戦火の洗礼を受け、往時の華やかな楼閣の多くは姿を消し、今ではフラッグタワーや端門、敬天殿、後楼、正北門、グエン朝時代の行宮(あんぐう)門、および敬天殿西側の考古遺跡を残すのみとなっている。同遺跡は2010年、「ハノイ・タンロン王城遺跡中心地区」としてユネスコ世界文化遺産に登録された。(ハノイ=新華社記者/王迪)=2019(令和元)年8月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019090500870

  • 2019年08月23日
    ベトナムの歴史を見つめてきた世界遺産タンロン王城遺跡をゆく

    8月23日、タンロン王城遺跡・敬天殿の西側にある考古遺跡。ベトナムのタンロン王城遺跡は、同国の首都ハノイのバーディン区にある。当時タンロン(昇竜)と呼ばれたハノイには11世紀以降、ベトナム諸王朝が都を置き、王城はその中核を担った。長い歳月と度重なる戦火の洗礼を受け、往時の華やかな楼閣の多くは姿を消し、今ではフラッグタワーや端門、敬天殿、後楼、正北門、グエン朝時代の行宮(あんぐう)門、および敬天殿西側の考古遺跡を残すのみとなっている。同遺跡は2010年、「ハノイ・タンロン王城遺跡中心地区」としてユネスコ世界文化遺産に登録された。(ハノイ=新華社記者/王迪)=2019(令和元)年8月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019090500897

  • 2019年08月23日
    ベトナムの歴史を見つめてきた世界遺産タンロン王城遺跡をゆく

    8月23日、タンロン王城遺跡の敬天殿西側にある考古遺跡を見学する観光客。ベトナムのタンロン王城遺跡は、同国の首都ハノイのバーディン区にある。当時タンロン(昇竜)と呼ばれたハノイには11世紀以降、ベトナム諸王朝が都を置き、王城はその中核を担った。長い歳月と度重なる戦火の洗礼を受け、往時の華やかな楼閣の多くは姿を消し、今ではフラッグタワーや端門、敬天殿、後楼、正北門、グエン朝時代の行宮(あんぐう)門、および敬天殿西側の考古遺跡を残すのみとなっている。同遺跡は2010年、「ハノイ・タンロン王城遺跡中心地区」としてユネスコ世界文化遺産に登録された。(ハノイ=新華社記者/王迪)=2019(令和元)年8月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019090500858

  • 2019年08月23日
    ベトナムの歴史を見つめてきた世界遺産タンロン王城遺跡をゆく

    8月23日、タンロン王城遺跡の端門。ベトナムのタンロン王城遺跡は、同国の首都ハノイのバーディン区にある。当時タンロン(昇竜)と呼ばれたハノイには11世紀以降、ベトナム諸王朝が都を置き、王城はその中核を担った。長い歳月と度重なる戦火の洗礼を受け、往時の華やかな楼閣の多くは姿を消し、今ではフラッグタワーや端門、敬天殿、後楼、正北門、グエン朝時代の行宮(あんぐう)門、および敬天殿西側の考古遺跡を残すのみとなっている。同遺跡は2010年、「ハノイ・タンロン王城遺跡中心地区」としてユネスコ世界文化遺産に登録された。(ハノイ=新華社記者/王迪)=2019(令和元)年8月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019090500954

  • 2019年08月23日
    ベトナムの歴史を見つめてきた世界遺産タンロン王城遺跡をゆく

    8月23日、タンロン王城遺跡の宮門。ベトナムのタンロン王城遺跡は、同国の首都ハノイのバーディン区にある。当時タンロン(昇竜)と呼ばれたハノイには11世紀以降、ベトナム諸王朝が都を置き、王城はその中核を担った。長い歳月と度重なる戦火の洗礼を受け、往時の華やかな楼閣の多くは姿を消し、今ではフラッグタワーや端門、敬天殿、後楼、正北門、グエン朝時代の行宮(あんぐう)門、および敬天殿西側の考古遺跡を残すのみとなっている。同遺跡は2010年、「ハノイ・タンロン王城遺跡中心地区」としてユネスコ世界文化遺産に登録された。(ハノイ=新華社記者/王迪)=2019(令和元)年8月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019090500929

  • 2019年08月23日
    ベトナムの歴史を見つめてきた世界遺産タンロン王城遺跡をゆく

    8月23日、タンロン王城遺跡の敬天殿西側にある考古遺跡。ベトナムのタンロン王城遺跡は、同国の首都ハノイのバーディン区にある。当時タンロン(昇竜)と呼ばれたハノイには11世紀以降、ベトナム諸王朝が都を置き、王城はその中核を担った。長い歳月と度重なる戦火の洗礼を受け、往時の華やかな楼閣の多くは姿を消し、今ではフラッグタワーや端門、敬天殿、後楼、正北門、グエン朝時代の行宮(あんぐう)門、および敬天殿西側の考古遺跡を残すのみとなっている。同遺跡は2010年、「ハノイ・タンロン王城遺跡中心地区」としてユネスコ世界文化遺産に登録された。(ハノイ=新華社記者/王迪)=2019(令和元)年8月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019090500883

  • 2019年08月23日
    ベトナムの歴史を見つめてきた世界遺産タンロン王城遺跡をゆく

    8月23日、タンロン王城遺跡の敷地内で記念撮影をする「アオザイ」を着た女性。ベトナムのタンロン王城遺跡は、同国の首都ハノイのバーディン区にある。当時タンロン(昇竜)と呼ばれたハノイには11世紀以降、ベトナム諸王朝が都を置き、王城はその中核を担った。長い歳月と度重なる戦火の洗礼を受け、往時の華やかな楼閣の多くは姿を消し、今ではフラッグタワーや端門、敬天殿、後楼、正北門、グエン朝時代の行宮(あんぐう)門、および敬天殿西側の考古遺跡を残すのみとなっている。同遺跡は2010年、「ハノイ・タンロン王城遺跡中心地区」としてユネスコ世界文化遺産に登録された。(ハノイ=新華社記者/王迪)=2019(令和元)年8月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019090500900

  • 1