KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 記者
  • 記録
  • りゅう
  • 中国科学院
  • 令和
  • 品種
  • 研究センター
  • 袁隆平
  • 調査
  • 農学者

「謝華安」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
12
( 1 12 件を表示)
  • 1
12
( 1 12 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2018年09月02日
    「スーパーハイブリッド稲」平均収穫量、過去最高値更新箇旧市

    2日、順調にスーパーハイブリッド稲が育つ「箇旧モデル基地」の水田。中国雲南省紅河ハニ族イ族自治州箇旧(こきゅう)市にあるスーパーハイブリッド稲を試験的に集中栽培する「箇旧モデル基地」に広がる100ムー(約6・67ヘクタール)余りの水田で今年、1ムー(約667平方メートル)当たりの平均収穫量が1152・3キロを記録し、過去最高値を更新した。福建省農業科学院、華南農業大学、中国水稲研究所、貴州省農業科学院など機関の専門家や教授で構成される検証チームは2日、同市大屯鎮新瓦房村委員会の水稲「超優1000」を植えた101ムー(約6・73ヘクタール)の水田を訪れ、現場で収穫量の測定検証を行った。検証チームのリーダーで福建省農業科学院院士の謝華安(しゃ・かあん)氏は、チームは水田を視察した後、農業部規定のスーパー稲の収穫量測定法と計算式に従い、ランダムに3枚の水田を選び測定を行ったと語った。水田3枚の1ムー当たりの収穫量はそれぞれ1163キロ、1209・5キロ、1084・5キロで、1ムー当たりの平均収穫量は1152・3キロを記録。スーパーハイブリッド稲の100ムーモデル水田における1ムー当たりの平均収穫量で再び最高値を更新した。(箇旧=新華社記者/王海霞)=2018(平成30)年9月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018090518415

  • 2018年09月02日
    「スーパーハイブリッド稲」平均収穫量、過去最高値更新箇旧市

    2日、刈り取った稲をドラム缶にたたきつけ脱穀する箇旧市大屯鎮新瓦房村委員会の農民。中国雲南省紅河ハニ族イ族自治州箇旧(こきゅう)市にあるスーパーハイブリッド稲を試験的に集中栽培する「箇旧モデル基地」に広がる100ムー(約6・67ヘクタール)余りの水田で今年、1ムー(約667平方メートル)当たりの平均収穫量が1152・3キロを記録し、過去最高値を更新した。福建省農業科学院、華南農業大学、中国水稲研究所、貴州省農業科学院など機関の専門家や教授で構成される検証チームは2日、同市大屯鎮新瓦房村委員会の水稲「超優1000」を植えた101ムー(約6・73ヘクタール)の水田を訪れ、現場で収穫量の測定検証を行った。検証チームのリーダーで福建省農業科学院院士の謝華安(しゃ・かあん)氏は、チームは水田を視察した後、農業部規定のスーパー稲の収穫量測定法と計算式に従い、ランダムに3枚の水田を選び測定を行ったと語った。水田3枚の1ムー当たりの収穫量はそれぞれ1163キロ、1209・5キロ、1084・5キロで、1ムー当たりの平均収穫量は1152・3キロを記録。スーパーハイブリッド稲の100ムーモデル水田における1ムー当たりの平均収穫量で再び最高値を更新した。(箇旧=新華社記者/王海霞)=2018(平成30)年9月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018090518221

  • 2018年09月02日
    「スーパーハイブリッド稲」平均収穫量、過去最高値更新箇旧市

    2日、ランダムに選んだ水田で稲を収穫する箇旧市大屯鎮新瓦房村委員会の農民。中国雲南省紅河ハニ族イ族自治州箇旧(こきゅう)市にあるスーパーハイブリッド稲を試験的に集中栽培する「箇旧モデル基地」に広がる100ムー(約6・67ヘクタール)余りの水田で今年、1ムー(約667平方メートル)当たりの平均収穫量が1152・3キロを記録し、過去最高値を更新した。福建省農業科学院、華南農業大学、中国水稲研究所、貴州省農業科学院など機関の専門家や教授で構成される検証チームは2日、同市大屯鎮新瓦房村委員会の水稲「超優1000」を植えた101ムー(約6・73ヘクタール)の水田を訪れ、現場で収穫量の測定検証を行った。検証チームのリーダーで福建省農業科学院院士の謝華安(しゃ・かあん)氏は、チームは水田を視察した後、農業部規定のスーパー稲の収穫量測定法と計算式に従い、ランダムに3枚の水田を選び測定を行ったと語った。水田3枚の1ムー当たりの収穫量はそれぞれ1163キロ、1209・5キロ、1084・5キロで、1ムー当たりの平均収穫量は1152・3キロを記録。スーパーハイブリッド稲の100ムーモデル水田における1ムー当たりの平均収穫量で再び最高値を更新した。(箇旧=新華社記者/王海霞)=2018(平成30)年9月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018090518244

  • 2018年09月02日
    「スーパーハイブリッド稲」平均収穫量、過去最高値更新箇旧市

    2日、脱穀のために収穫した稲をまとめる箇旧市大屯鎮新瓦房村委員会の農民。中国雲南省紅河ハニ族イ族自治州箇旧(こきゅう)市にあるスーパーハイブリッド稲を試験的に集中栽培する「箇旧モデル基地」に広がる100ムー(約6・67ヘクタール)余りの水田で今年、1ムー(約667平方メートル)当たりの平均収穫量が1152・3キロを記録し、過去最高値を更新した。福建省農業科学院、華南農業大学、中国水稲研究所、貴州省農業科学院など機関の専門家や教授で構成される検証チームは2日、同市大屯鎮新瓦房村委員会の水稲「超優1000」を植えた101ムー(約6・73ヘクタール)の水田を訪れ、現場で収穫量の測定検証を行った。検証チームのリーダーで福建省農業科学院院士の謝華安(しゃ・かあん)氏は、チームは水田を視察した後、農業部規定のスーパー稲の収穫量測定法と計算式に従い、ランダムに3枚の水田を選び測定を行ったと語った。水田3枚の1ムー当たりの収穫量はそれぞれ1163キロ、1209・5キロ、1084・5キロで、1ムー当たりの平均収穫量は1152・3キロを記録。スーパーハイブリッド稲の100ムーモデル水田における1ムー当たりの平均収穫量で再び最高値を更新した。(箇旧=新華社記者/王海霞)=2018(平成30)年9月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018090518485

  • 2021年10月18日
    (1)「ハイブリッド米の父」袁隆平氏ら開発の品種、収穫量が過去最多に

    17日、収穫量測定が行われた田んぼの稲。中国湖南省衡陽市衡南県清竹村で17日、「ハイブリッド米の父」と呼ばれた農学者・袁隆平(えん・りゅうへい)氏らの開発した第3世代ハイブリッド米が、二期作で1ムー(約667平方メートル)当たり1603・9キロの収穫量を記録し、1500キロ超だった昨年の記録を更新した。湖南ハイブリッド米研究センターが同日、県内で実施した「2021年中国南部二期作収穫量1500キロ突破測定検証会」では、調査を担った専門家チームのリーダーで中国科学院院士(アカデミー会員)の謝華安(しゃ・かあん)氏が、1ムー当たりの平均収穫量は晩稲(おくて)が936・1キロ、早稲(わせ)が667・8キロで計1603・9キロになったと発表した。(衡陽=新華社記者/陳振海)= 配信日: 2021(令和3)年10月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021101900139

  • 2021年10月18日
    (5)「ハイブリッド米の父」袁隆平氏ら開発の品種、収穫量が過去最多に

    17日、稲の生育状況を確認する収穫量測定の関係者ら。中国湖南省衡陽市衡南県清竹村で17日、「ハイブリッド米の父」と呼ばれた農学者・袁隆平(えん・りゅうへい)氏らの開発した第3世代ハイブリッド米が、二期作で1ムー(約667平方メートル)当たり1603・9キロの収穫量を記録し、1500キロ超だった昨年の記録を更新した。湖南ハイブリッド米研究センターが同日、県内で実施した「2021年中国南部二期作収穫量1500キロ突破測定検証会」では、調査を担った専門家チームのリーダーで中国科学院院士(アカデミー会員)の謝華安(しゃ・かあん)氏が、1ムー当たりの平均収穫量は晩稲(おくて)が936・1キロ、早稲(わせ)が667・8キロで計1603・9キロになったと発表した。(衡陽=新華社記者/陳振海)= 配信日: 2021(令和3)年10月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021101900142

  • 2021年10月18日
    (2)「ハイブリッド米の父」袁隆平氏ら開発の品種、収穫量が過去最多に

    17日、稲の生育状況を確認する専門家チームのリーダー謝華安氏(左から2人目)。中国湖南省衡陽市衡南県清竹村で17日、「ハイブリッド米の父」と呼ばれた農学者・袁隆平(えん・りゅうへい)氏らの開発した第3世代ハイブリッド米が、二期作で1ムー(約667平方メートル)当たり1603・9キロの収穫量を記録し、1500キロ超だった昨年の記録を更新した。湖南ハイブリッド米研究センターが同日、県内で実施した「2021年中国南部二期作収穫量1500キロ突破測定検証会」では、調査を担った専門家チームのリーダーで中国科学院院士(アカデミー会員)の謝華安(しゃ・かあん)氏が、1ムー当たりの平均収穫量は晩稲(おくて)が936・1キロ、早稲(わせ)が667・8キロで計1603・9キロになったと発表した。(衡陽=新華社記者/陳振海)= 配信日: 2021(令和3)年10月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021101900137

  • 2021年10月18日
    (6)「ハイブリッド米の父」袁隆平氏ら開発の品種、収穫量が過去最多に

    17日、田んぼの面積を測る関係者ら。中国湖南省衡陽市衡南県清竹村で17日、「ハイブリッド米の父」と呼ばれた農学者・袁隆平(えん・りゅうへい)氏らの開発した第3世代ハイブリッド米が、二期作で1ムー(約667平方メートル)当たり1603・9キロの収穫量を記録し、1500キロ超だった昨年の記録を更新した。湖南ハイブリッド米研究センターが同日、県内で実施した「2021年中国南部二期作収穫量1500キロ突破測定検証会」では、調査を担った専門家チームのリーダーで中国科学院院士(アカデミー会員)の謝華安(しゃ・かあん)氏が、1ムー当たりの平均収穫量は晩稲(おくて)が936・1キロ、早稲(わせ)が667・8キロで計1603・9キロになったと発表した。(衡陽=新華社記者/陳振海)= 配信日: 2021(令和3)年10月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021101900143

  • 2021年10月18日
    (9)「ハイブリッド米の父」袁隆平氏ら開発の品種、収穫量が過去最多に

    17日、田んぼでもみ米を袋に詰める収穫量測定の関係者ら。中国湖南省衡陽市衡南県清竹村で17日、「ハイブリッド米の父」と呼ばれた農学者・袁隆平(えん・りゅうへい)氏らの開発した第3世代ハイブリッド米が、二期作で1ムー(約667平方メートル)当たり1603・9キロの収穫量を記録し、1500キロ超だった昨年の記録を更新した。湖南ハイブリッド米研究センターが同日、県内で実施した「2021年中国南部二期作収穫量1500キロ突破測定検証会」では、調査を担った専門家チームのリーダーで中国科学院院士(アカデミー会員)の謝華安(しゃ・かあん)氏が、1ムー当たりの平均収穫量は晩稲(おくて)が936・1キロ、早稲(わせ)が667・8キロで計1603・9キロになったと発表した。(衡陽=新華社記者/陳振海)= 配信日: 2021(令和3)年10月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021101900125

  • 2021年10月18日
    (8)「ハイブリッド米の父」袁隆平氏ら開発の品種、収穫量が過去最多に

    17日、農機を使って田んぼの稲を刈り取る作業員。中国湖南省衡陽市衡南県清竹村で17日、「ハイブリッド米の父」と呼ばれた農学者・袁隆平(えん・りゅうへい)氏らの開発した第3世代ハイブリッド米が、二期作で1ムー(約667平方メートル)当たり1603・9キロの収穫量を記録し、1500キロ超だった昨年の記録を更新した。湖南ハイブリッド米研究センターが同日、県内で実施した「2021年中国南部二期作収穫量1500キロ突破測定検証会」では、調査を担った専門家チームのリーダーで中国科学院院士(アカデミー会員)の謝華安(しゃ・かあん)氏が、1ムー当たりの平均収穫量は晩稲(おくて)が936・1キロ、早稲(わせ)が667・8キロで計1603・9キロになったと発表した。(衡陽=新華社記者/陳振海)= 配信日: 2021(令和3)年10月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021101900133

  • 2021年10月18日
    (4)「ハイブリッド米の父」袁隆平氏ら開発の品種、収穫量が過去最多に

    17日、田んぼの面積を測る関係者ら。中国湖南省衡陽市衡南県清竹村で17日、「ハイブリッド米の父」と呼ばれた農学者・袁隆平(えん・りゅうへい)氏らの開発した第3世代ハイブリッド米が、二期作で1ムー(約667平方メートル)当たり1603・9キロの収穫量を記録し、1500キロ超だった昨年の記録を更新した。湖南ハイブリッド米研究センターが同日、県内で実施した「2021年中国南部二期作収穫量1500キロ突破測定検証会」では、調査を担った専門家チームのリーダーで中国科学院院士(アカデミー会員)の謝華安(しゃ・かあん)氏が、1ムー当たりの平均収穫量は晩稲(おくて)が936・1キロ、早稲(わせ)が667・8キロで計1603・9キロになったと発表した。(衡陽=新華社記者/陳振海)= 配信日: 2021(令和3)年10月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021101900140

  • 2021年10月18日
    (3)「ハイブリッド米の父」袁隆平氏ら開発の品種、収穫量が過去最多に

    17日、稲の生育状況を確認する収穫量測定の関係者ら。中国湖南省衡陽市衡南県清竹村で17日、「ハイブリッド米の父」と呼ばれた農学者・袁隆平(えん・りゅうへい)氏らの開発した第3世代ハイブリッド米が、二期作で1ムー(約667平方メートル)当たり1603・9キロの収穫量を記録し、1500キロ超だった昨年の記録を更新した。湖南ハイブリッド米研究センターが同日、県内で実施した「2021年中国南部二期作収穫量1500キロ突破測定検証会」では、調査を担った専門家チームのリーダーで中国科学院院士(アカデミー会員)の謝華安(しゃ・かあん)氏が、1ムー当たりの平均収穫量は晩稲(おくて)が936・1キロ、早稲(わせ)が667・8キロで計1603・9キロになったと発表した。(衡陽=新華社記者/陳振海)= 配信日: 2021(令和3)年10月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021101900141

  • 1