KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 令和
  • 記者
  • 位置
  • 自宅
  • たく
  • ほうとう
  • れい
  • 世の中
  • 中心市街地
  • 仕方がない

「谷郷」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
29
( 1 29 件を表示)
  • 1
29
( 1 29 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1994年12月07日
    バルブ開閉作業 渇水対策費が財政を圧迫

    制限時刻に合わせ、連日続けられる水道管のバルブ開閉作業=7日午前、佐世保市谷郷町(水不足)

    商品コード: 1994120700049

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2004年03月06日
    現金が奪われた現場 ATMごと現金盗難

    重機で破壊され現金が奪われたスーパーのATMコーナー=6日午前11時25分、埼玉県行田市谷郷で共同通信社ヘリから

    商品コード: 2004030600048

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2008年10月10日
    撤去されるごみ 「ごみ屋敷」の男を逮捕

    撤去される大量のごみ。右端は関根博容疑者の自宅=10日午後3時45分、埼玉県行田市谷郷

    商品コード: 2008101000284

  • 2010年12月16日
    台湾ウーロン茶本場で修業

    台湾・南投県鹿谷郷

    商品コード: 2010121600267

  • 2010年12月16日
    台湾ウーロン茶本場で修業

    台湾・南投県鹿谷郷

    商品コード: 2010121600268

  • 2010年12月16日
    台湾ウーロン茶本場で修業

    台湾・南投県鹿谷郷

    商品コード: 2010121600269

  • 2010年12月16日
    台湾ウーロン茶本場で修業

    台湾・南投県鹿谷郷

    商品コード: 2010121600270

  • 2010年12月16日
    浦山尚弥さん 台湾ウーロン茶本場で修業

    ウーロン茶の魅力を説明する浦山尚弥さん=11月4日、台湾中部の南投県鹿谷郷(共同)

    商品コード: 2010121600300

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    03:26.20
    2019年07月09日
    「新華社」豪雨による道路陥没などの被害相次ぐ福建省武夷山

    中国福建省武夷山市(南平市の管轄下にある県級市)で9日午前、連日の豪雨の影響により、市街地から呉屯郷までの区間で道路の陥没が相次いだ。知らせを受けた記者は車で現場へ急行し、2キロほど被災現場を歩いて、陥没被害が最も深刻な箇所を小型無人機で撮影した。同市道路管轄部門によると、陥没した道路は武夷山市県道X866臨武線K87区間で、市内の西門頭から約11キロの距離にあり、市内と呉屯、嵐谷郷を結ぶ幹線道路となっている。付近の土砂崩れによる崩落は続いており、同市関係部門は陥没した区間の両端に注意喚起を促す看板を設置して、全ての車両と歩行者の通行を禁止し、危険な状況が落ち着くのを待って復旧作業に当たるという。豪雨が続いていることから、武夷山風景名勝区は観光客の安全確保のために、9日午前5時半から閉園している。武夷山空港も、一時的に閉鎖されている。(武夷山市複合メディアセンター提供)<映像内容>中国福建省武夷山市の豪雨被害の様子、撮影日:2019(令和元)年7月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071707093

  • 2019年10月31日
    伝統の絶品宴会に欠かせない名物料理「嵐谷燻鵝」福建省

    10月31日、嵐谷郷にあるガチョウの養殖場。嵐谷郷ではガチョウの養殖が盛んに行われている。中国福建省南平市に位置する県級市、武夷山(ぶいさん)市の武夷山脈奥地にある嵐谷(らんこく)郷。この地ではガチョウを使った料理が有名で、なかでも宴会に欠かせない「嵐谷燻鵝」(らんこくくんが、ガチョウの燻製)は、当地の名物料理として広く知られている。主に塩、シナモンリーフ、もち米、茶葉、醤油、唐辛子の粉、砂糖および寒仕込みの地酒(嵐谷冬醸)などの調味料を使い、ガチョウの肉をじっくり長時間いぶして作られる「嵐谷燻鵝」の伝統的な調理技法は、武夷山無形文化遺産に指定されている。(武夷山=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年10月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019110608462

  • 2019年10月31日
    伝統の絶品宴会に欠かせない名物料理「嵐谷燻鵝」福建省

    10月31日、福建省武夷山市の武夷山脈奥地にある嵐谷郷。小川が流れ、豊かな自然が広がっている。中国福建省南平市に位置する県級市、武夷山(ぶいさん)市の武夷山脈奥地にある嵐谷(らんこく)郷。この地ではガチョウを使った料理が有名で、なかでも宴会に欠かせない「嵐谷燻鵝」(らんこくくんが、ガチョウの燻製)は、当地の名物料理として広く知られている。主に塩、シナモンリーフ、もち米、茶葉、醤油、唐辛子の粉、砂糖および寒仕込みの地酒(嵐谷冬醸)などの調味料を使い、ガチョウの肉をじっくり長時間いぶして作られる「嵐谷燻鵝」の伝統的な調理技法は、武夷山無形文化遺産に指定されている。(武夷山=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年10月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019110608427

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月08日
    学びの場を守り続ける、へき地の小規模小学校福建省

    8日、永泰県の紅星郷淡洋小学校で、2年生の劉芷鑫(りゅう・しきん)さんに国語の授業をする劉錫生(りゅう・せきせい)先生(58)。中国福建省福州市永泰県の西北部に位置し、県の中心市街地から20キロ以上離れた紅星郷と盤谷郷には、紅星郷礼柄小学校、淡洋小学校、盤谷郷栄新小学校の三つの小規模小学校が点在する。礼柄小学校には児童と教員がそれぞれ1人しかいない。県の教育部門はこの児童のために学校を維持し続けており、同校の黄麗珠(こう・れいじゅ)先生が1人で国語、数学、音楽、体育などの科目を教えている。紅星郷淡洋小学校には、3人の児童と2人の教師がいる。現在、盤谷郷栄新小学校に在籍する10人の児童は、全員出稼ぎ中の親と離れて農村で暮らす「留守児童」だという。盤谷郷中心小学校の卓暁永(たく・ぎょうえい)校長は、学校の統廃合は世の中の流れで仕方がないが、自宅の近くで学びたい子どもが1人でもいれば、学校を維持していくとし、「このような『児童数1人の学校』がなければ、子どもたちは学びをあきらめてしまうだろう」と話した。統計によると、2019年末時点で、永泰県のへき地にある村級(村レベル)小学校28校のうち8校が、児童数1人あるいは児童数3人の学校となっている。紅星郷中心小学校の陳鳳騰(ちん・ほうとう)校長は、「たとえへき地であっても、地理的条件が厳しくても、子どもたちのために学びの場を確保し続けなければならない」と語った。(福州=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年9月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020091801758

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月08日
    学びの場を守り続ける、へき地の小規模小学校福建省

    8日、永泰県の盤谷郷栄新小学校で、クラスメートとおしゃべりする3年生の劉若新(りゅう・じゃくしん)さん。劉さんは両親が出稼ぎ労働者で、幼い頃から祖父母と一緒に暮らしている。中国福建省福州市永泰県の西北部に位置し、県の中心市街地から20キロ以上離れた紅星郷と盤谷郷には、紅星郷礼柄小学校、淡洋小学校、盤谷郷栄新小学校の三つの小規模小学校が点在する。礼柄小学校には児童と教員がそれぞれ1人しかいない。県の教育部門はこの児童のために学校を維持し続けており、同校の黄麗珠(こう・れいじゅ)先生が1人で国語、数学、音楽、体育などの科目を教えている。紅星郷淡洋小学校には、3人の児童と2人の教師がいる。現在、盤谷郷栄新小学校に在籍する10人の児童は、全員出稼ぎ中の親と離れて農村で暮らす「留守児童」だという。盤谷郷中心小学校の卓暁永(たく・ぎょうえい)校長は、学校の統廃合は世の中の流れで仕方がないが、自宅の近くで学びたい子どもが1人でもいれば、学校を維持していくとし、「このような『児童数1人の学校』がなければ、子どもたちは学びをあきらめてしまうだろう」と話した。統計によると、2019年末時点で、永泰県のへき地にある村級(村レベル)小学校28校のうち8校が、児童数1人あるいは児童数3人の学校となっている。紅星郷中心小学校の陳鳳騰(ちん・ほうとう)校長は、「たとえへき地であっても、地理的条件が厳しくても、子どもたちのために学びの場を確保し続けなければならない」と語った。(福州=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年9月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020091801783

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月08日
    学びの場を守り続ける、へき地の小規模小学校福建省

    8日、3人の児童を連れて、永泰県の紅星郷淡洋小学校の校門を出る劉錫生(りゅう・せきせい)先生(左端)と呉孟津(ご・もうしん)先生(右端)。中国福建省福州市永泰県の西北部に位置し、県の中心市街地から20キロ以上離れた紅星郷と盤谷郷には、紅星郷礼柄小学校、淡洋小学校、盤谷郷栄新小学校の三つの小規模小学校が点在する。礼柄小学校には児童と教員がそれぞれ1人しかいない。県の教育部門はこの児童のために学校を維持し続けており、同校の黄麗珠(こう・れいじゅ)先生が1人で国語、数学、音楽、体育などの科目を教えている。紅星郷淡洋小学校には、3人の児童と2人の教師がいる。現在、盤谷郷栄新小学校に在籍する10人の児童は、全員出稼ぎ中の親と離れて農村で暮らす「留守児童」だという。盤谷郷中心小学校の卓暁永(たく・ぎょうえい)校長は、学校の統廃合は世の中の流れで仕方がないが、自宅の近くで学びたい子どもが1人でもいれば、学校を維持していくとし、「このような『児童数1人の学校』がなければ、子どもたちは学びをあきらめてしまうだろう」と話した。統計によると、2019年末時点で、永泰県のへき地にある村級(村レベル)小学校28校のうち8校が、児童数1人あるいは児童数3人の学校となっている。紅星郷中心小学校の陳鳳騰(ちん・ほうとう)校長は、「たとえへき地であっても、地理的条件が厳しくても、子どもたちのために学びの場を確保し続けなければならない」と語った。(福州=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年9月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020091801799

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月08日
    学びの場を守り続ける、へき地の小規模小学校福建省

    8日、永泰県の紅星郷淡洋小学校で、下校する2年生の劉芷鑫(りゅう・しきん)さん。中国福建省福州市永泰県の西北部に位置し、県の中心市街地から20キロ以上離れた紅星郷と盤谷郷には、紅星郷礼柄小学校、淡洋小学校、盤谷郷栄新小学校の三つの小規模小学校が点在する。礼柄小学校には児童と教員がそれぞれ1人しかいない。県の教育部門はこの児童のために学校を維持し続けており、同校の黄麗珠(こう・れいじゅ)先生が1人で国語、数学、音楽、体育などの科目を教えている。紅星郷淡洋小学校には、3人の児童と2人の教師がいる。現在、盤谷郷栄新小学校に在籍する10人の児童は、全員出稼ぎ中の親と離れて農村で暮らす「留守児童」だという。盤谷郷中心小学校の卓暁永(たく・ぎょうえい)校長は、学校の統廃合は世の中の流れで仕方がないが、自宅の近くで学びたい子どもが1人でもいれば、学校を維持していくとし、「このような『児童数1人の学校』がなければ、子どもたちは学びをあきらめてしまうだろう」と話した。統計によると、2019年末時点で、永泰県のへき地にある村級(村レベル)小学校28校のうち8校が、児童数1人あるいは児童数3人の学校となっている。紅星郷中心小学校の陳鳳騰(ちん・ほうとう)校長は、「たとえへき地であっても、地理的条件が厳しくても、子どもたちのために学びの場を確保し続けなければならない」と語った。(福州=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年9月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020091801802

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月08日
    学びの場を守り続ける、へき地の小規模小学校福建省

    8日、永泰県の紅星郷淡洋小学校で、休み時間に一緒に遊ぶ2年生の劉芷鑫(りゅう・しきん)さん(右)と1年生の劉宏洪(りゅう・こうこう)さん姉弟。中国福建省福州市永泰県の西北部に位置し、県の中心市街地から20キロ以上離れた紅星郷と盤谷郷には、紅星郷礼柄小学校、淡洋小学校、盤谷郷栄新小学校の三つの小規模小学校が点在する。礼柄小学校には児童と教員がそれぞれ1人しかいない。県の教育部門はこの児童のために学校を維持し続けており、同校の黄麗珠(こう・れいじゅ)先生が1人で国語、数学、音楽、体育などの科目を教えている。紅星郷淡洋小学校には、3人の児童と2人の教師がいる。現在、盤谷郷栄新小学校に在籍する10人の児童は、全員出稼ぎ中の親と離れて農村で暮らす「留守児童」だという。盤谷郷中心小学校の卓暁永(たく・ぎょうえい)校長は、学校の統廃合は世の中の流れで仕方がないが、自宅の近くで学びたい子どもが1人でもいれば、学校を維持していくとし、「このような『児童数1人の学校』がなければ、子どもたちは学びをあきらめてしまうだろう」と話した。統計によると、2019年末時点で、永泰県のへき地にある村級(村レベル)小学校28校のうち8校が、児童数1人あるいは児童数3人の学校となっている。紅星郷中心小学校の陳鳳騰(ちん・ほうとう)校長は、「たとえへき地であっても、地理的条件が厳しくても、子どもたちのために学びの場を確保し続けなければならない」と語った。(福州=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年9月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020091801803

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月08日
    学びの場を守り続ける、へき地の小規模小学校福建省

    8日、永泰県の紅星郷淡洋小学校で、1年生の劉迎喜(りゅう・げいき)さんに字の書き方を教える呉孟津(ご・もうしん)先生。中国福建省福州市永泰県の西北部に位置し、県の中心市街地から20キロ以上離れた紅星郷と盤谷郷には、紅星郷礼柄小学校、淡洋小学校、盤谷郷栄新小学校の三つの小規模小学校が点在する。礼柄小学校には児童と教員がそれぞれ1人しかいない。県の教育部門はこの児童のために学校を維持し続けており、同校の黄麗珠(こう・れいじゅ)先生が1人で国語、数学、音楽、体育などの科目を教えている。紅星郷淡洋小学校には、3人の児童と2人の教師がいる。現在、盤谷郷栄新小学校に在籍する10人の児童は、全員出稼ぎ中の親と離れて農村で暮らす「留守児童」だという。盤谷郷中心小学校の卓暁永(たく・ぎょうえい)校長は、学校の統廃合は世の中の流れで仕方がないが、自宅の近くで学びたい子どもが1人でもいれば、学校を維持していくとし、「このような『児童数1人の学校』がなければ、子どもたちは学びをあきらめてしまうだろう」と話した。統計によると、2019年末時点で、永泰県のへき地にある村級(村レベル)小学校28校のうち8校が、児童数1人あるいは児童数3人の学校となっている。紅星郷中心小学校の陳鳳騰(ちん・ほうとう)校長は、「たとえへき地であっても、地理的条件が厳しくても、子どもたちのために学びの場を確保し続けなければならない」と語った。(福州=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年9月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020091801769

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月08日
    学びの場を守り続ける、へき地の小規模小学校福建省

    8日、永泰県の紅星郷礼柄小学校で、同校唯一の児童、徐佳怡(じょ・かい)さんに国語の授業をする黄麗珠先生。中国福建省福州市永泰県の西北部に位置し、県の中心市街地から20キロ以上離れた紅星郷と盤谷郷には、紅星郷礼柄小学校、淡洋小学校、盤谷郷栄新小学校の三つの小規模小学校が点在する。礼柄小学校には児童と教員がそれぞれ1人しかいない。県の教育部門はこの児童のために学校を維持し続けており、同校の黄麗珠(こう・れいじゅ)先生が1人で国語、数学、音楽、体育などの科目を教えている。紅星郷淡洋小学校には、3人の児童と2人の教師がいる。現在、盤谷郷栄新小学校に在籍する10人の児童は、全員出稼ぎ中の親と離れて農村で暮らす「留守児童」だという。盤谷郷中心小学校の卓暁永(たく・ぎょうえい)校長は、学校の統廃合は世の中の流れで仕方がないが、自宅の近くで学びたい子どもが1人でもいれば、学校を維持していくとし、「このような『児童数1人の学校』がなければ、子どもたちは学びをあきらめてしまうだろう」と話した。統計によると、2019年末時点で、永泰県のへき地にある村級(村レベル)小学校28校のうち8校が、児童数1人あるいは児童数3人の学校となっている。紅星郷中心小学校の陳鳳騰(ちん・ほうとう)校長は、「たとえへき地であっても、地理的条件が厳しくても、子どもたちのために学びの場を確保し続けなければならない」と語った。(福州=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年9月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020091801782

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月08日
    学びの場を守り続ける、へき地の小規模小学校福建省

    8日、永泰県の紅星郷礼柄小学校で、黄麗珠先生から字の書き方を教わる同校唯一の児童、徐佳怡(じょ・かい)さん。中国福建省福州市永泰県の西北部に位置し、県の中心市街地から20キロ以上離れた紅星郷と盤谷郷には、紅星郷礼柄小学校、淡洋小学校、盤谷郷栄新小学校の三つの小規模小学校が点在する。礼柄小学校には児童と教員がそれぞれ1人しかいない。県の教育部門はこの児童のために学校を維持し続けており、同校の黄麗珠(こう・れいじゅ)先生が1人で国語、数学、音楽、体育などの科目を教えている。紅星郷淡洋小学校には、3人の児童と2人の教師がいる。現在、盤谷郷栄新小学校に在籍する10人の児童は、全員出稼ぎ中の親と離れて農村で暮らす「留守児童」だという。盤谷郷中心小学校の卓暁永(たく・ぎょうえい)校長は、学校の統廃合は世の中の流れで仕方がないが、自宅の近くで学びたい子どもが1人でもいれば、学校を維持していくとし、「このような『児童数1人の学校』がなければ、子どもたちは学びをあきらめてしまうだろう」と話した。統計によると、2019年末時点で、永泰県のへき地にある村級(村レベル)小学校28校のうち8校が、児童数1人あるいは児童数3人の学校となっている。紅星郷中心小学校の陳鳳騰(ちん・ほうとう)校長は、「たとえへき地であっても、地理的条件が厳しくても、子どもたちのために学びの場を確保し続けなければならない」と語った。(福州=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年9月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020091801793

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月08日
    学びの場を守り続ける、へき地の小規模小学校福建省

    8日、並んで下校する永泰県の盤谷郷栄新小学校の児童。中国福建省福州市永泰県の西北部に位置し、県の中心市街地から20キロ以上離れた紅星郷と盤谷郷には、紅星郷礼柄小学校、淡洋小学校、盤谷郷栄新小学校の三つの小規模小学校が点在する。礼柄小学校には児童と教員がそれぞれ1人しかいない。県の教育部門はこの児童のために学校を維持し続けており、同校の黄麗珠(こう・れいじゅ)先生が1人で国語、数学、音楽、体育などの科目を教えている。紅星郷淡洋小学校には、3人の児童と2人の教師がいる。現在、盤谷郷栄新小学校に在籍する10人の児童は、全員出稼ぎ中の親と離れて農村で暮らす「留守児童」だという。盤谷郷中心小学校の卓暁永(たく・ぎょうえい)校長は、学校の統廃合は世の中の流れで仕方がないが、自宅の近くで学びたい子どもが1人でもいれば、学校を維持していくとし、「このような『児童数1人の学校』がなければ、子どもたちは学びをあきらめてしまうだろう」と話した。統計によると、2019年末時点で、永泰県のへき地にある村級(村レベル)小学校28校のうち8校が、児童数1人あるいは児童数3人の学校となっている。紅星郷中心小学校の陳鳳騰(ちん・ほうとう)校長は、「たとえへき地であっても、地理的条件が厳しくても、子どもたちのために学びの場を確保し続けなければならない」と語った。(福州=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年9月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020091801795

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月08日
    学びの場を守り続ける、へき地の小規模小学校福建省

    8日、永泰県の盤谷郷栄新小学校で、一列に並んで下校する10人の小学生。中国福建省福州市永泰県の西北部に位置し、県の中心市街地から20キロ以上離れた紅星郷と盤谷郷には、紅星郷礼柄小学校、淡洋小学校、盤谷郷栄新小学校の三つの小規模小学校が点在する。礼柄小学校には児童と教員がそれぞれ1人しかいない。県の教育部門はこの児童のために学校を維持し続けており、同校の黄麗珠(こう・れいじゅ)先生が1人で国語、数学、音楽、体育などの科目を教えている。紅星郷淡洋小学校には、3人の児童と2人の教師がいる。現在、盤谷郷栄新小学校に在籍する10人の児童は、全員出稼ぎ中の親と離れて農村で暮らす「留守児童」だという。盤谷郷中心小学校の卓暁永(たく・ぎょうえい)校長は、学校の統廃合は世の中の流れで仕方がないが、自宅の近くで学びたい子どもが1人でもいれば、学校を維持していくとし、「このような『児童数1人の学校』がなければ、子どもたちは学びをあきらめてしまうだろう」と話した。統計によると、2019年末時点で、永泰県のへき地にある村級(村レベル)小学校28校のうち8校が、児童数1人あるいは児童数3人の学校となっている。紅星郷中心小学校の陳鳳騰(ちん・ほうとう)校長は、「たとえへき地であっても、地理的条件が厳しくても、子どもたちのために学びの場を確保し続けなければならない」と語った。(福州=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年9月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020091801798

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月08日
    学びの場を守り続ける、へき地の小規模小学校福建省

    8日、永泰県の紅星郷淡洋小学校で、下校する2年生の劉芷鑫(りゅう・しきん)さん(中)と1年生の劉宏洪(りゅう・こうこう)さん(右)、劉迎喜(りゅう・げいき)さん。中国福建省福州市永泰県の西北部に位置し、県の中心市街地から20キロ以上離れた紅星郷と盤谷郷には、紅星郷礼柄小学校、淡洋小学校、盤谷郷栄新小学校の三つの小規模小学校が点在する。礼柄小学校には児童と教員がそれぞれ1人しかいない。県の教育部門はこの児童のために学校を維持し続けており、同校の黄麗珠(こう・れいじゅ)先生が1人で国語、数学、音楽、体育などの科目を教えている。紅星郷淡洋小学校には、3人の児童と2人の教師がいる。現在、盤谷郷栄新小学校に在籍する10人の児童は、全員出稼ぎ中の親と離れて農村で暮らす「留守児童」だという。盤谷郷中心小学校の卓暁永(たく・ぎょうえい)校長は、学校の統廃合は世の中の流れで仕方がないが、自宅の近くで学びたい子どもが1人でもいれば、学校を維持していくとし、「このような『児童数1人の学校』がなければ、子どもたちは学びをあきらめてしまうだろう」と話した。統計によると、2019年末時点で、永泰県のへき地にある村級(村レベル)小学校28校のうち8校が、児童数1人あるいは児童数3人の学校となっている。紅星郷中心小学校の陳鳳騰(ちん・ほうとう)校長は、「たとえへき地であっても、地理的条件が厳しくても、子どもたちのために学びの場を確保し続けなければならない」と語った。(福州=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年9月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020091801685

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月08日
    学びの場を守り続ける、へき地の小規模小学校福建省

    8日、永泰県の紅星郷礼柄小学校で、同校唯一の児童、徐佳怡(じょ・かい)さんと撮影に応じる黄麗珠先生。中国福建省福州市永泰県の西北部に位置し、県の中心市街地から20キロ以上離れた紅星郷と盤谷郷には、紅星郷礼柄小学校、淡洋小学校、盤谷郷栄新小学校の三つの小規模小学校が点在する。礼柄小学校には児童と教員がそれぞれ1人しかいない。県の教育部門はこの児童のために学校を維持し続けており、同校の黄麗珠(こう・れいじゅ)先生が1人で国語、数学、音楽、体育などの科目を教えている。紅星郷淡洋小学校には、3人の児童と2人の教師がいる。現在、盤谷郷栄新小学校に在籍する10人の児童は、全員出稼ぎ中の親と離れて農村で暮らす「留守児童」だという。盤谷郷中心小学校の卓暁永(たく・ぎょうえい)校長は、学校の統廃合は世の中の流れで仕方がないが、自宅の近くで学びたい子どもが1人でもいれば、学校を維持していくとし、「このような『児童数1人の学校』がなければ、子どもたちは学びをあきらめてしまうだろう」と話した。統計によると、2019年末時点で、永泰県のへき地にある村級(村レベル)小学校28校のうち8校が、児童数1人あるいは児童数3人の学校となっている。紅星郷中心小学校の陳鳳騰(ちん・ほうとう)校長は、「たとえへき地であっても、地理的条件が厳しくても、子どもたちのために学びの場を確保し続けなければならない」と語った。(福州=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年9月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020091801787

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月08日
    学びの場を守り続ける、へき地の小規模小学校福建省

    8日、永泰県の紅星郷淡洋小学校で、全校児童3人に体育の授業をする劉錫生(りゅう・せきせい)先生(58)。中国福建省福州市永泰県の西北部に位置し、県の中心市街地から20キロ以上離れた紅星郷と盤谷郷には、紅星郷礼柄小学校、淡洋小学校、盤谷郷栄新小学校の三つの小規模小学校が点在する。礼柄小学校には児童と教員がそれぞれ1人しかいない。県の教育部門はこの児童のために学校を維持し続けており、同校の黄麗珠(こう・れいじゅ)先生が1人で国語、数学、音楽、体育などの科目を教えている。紅星郷淡洋小学校には、3人の児童と2人の教師がいる。現在、盤谷郷栄新小学校に在籍する10人の児童は、全員出稼ぎ中の親と離れて農村で暮らす「留守児童」だという。盤谷郷中心小学校の卓暁永(たく・ぎょうえい)校長は、学校の統廃合は世の中の流れで仕方がないが、自宅の近くで学びたい子どもが1人でもいれば、学校を維持していくとし、「このような『児童数1人の学校』がなければ、子どもたちは学びをあきらめてしまうだろう」と話した。統計によると、2019年末時点で、永泰県のへき地にある村級(村レベル)小学校28校のうち8校が、児童数1人あるいは児童数3人の学校となっている。紅星郷中心小学校の陳鳳騰(ちん・ほうとう)校長は、「たとえへき地であっても、地理的条件が厳しくても、子どもたちのために学びの場を確保し続けなければならない」と語った。(福州=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年9月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020091801800

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月08日
    学びの場を守り続ける、へき地の小規模小学校福建省

    8日、下校する児童を送る永泰県の盤谷郷栄新小学校の先生。中国福建省福州市永泰県の西北部に位置し、県の中心市街地から20キロ以上離れた紅星郷と盤谷郷には、紅星郷礼柄小学校、淡洋小学校、盤谷郷栄新小学校の三つの小規模小学校が点在する。礼柄小学校には児童と教員がそれぞれ1人しかいない。県の教育部門はこの児童のために学校を維持し続けており、同校の黄麗珠(こう・れいじゅ)先生が1人で国語、数学、音楽、体育などの科目を教えている。紅星郷淡洋小学校には、3人の児童と2人の教師がいる。現在、盤谷郷栄新小学校に在籍する10人の児童は、全員出稼ぎ中の親と離れて農村で暮らす「留守児童」だという。盤谷郷中心小学校の卓暁永(たく・ぎょうえい)校長は、学校の統廃合は世の中の流れで仕方がないが、自宅の近くで学びたい子どもが1人でもいれば、学校を維持していくとし、「このような『児童数1人の学校』がなければ、子どもたちは学びをあきらめてしまうだろう」と話した。統計によると、2019年末時点で、永泰県のへき地にある村級(村レベル)小学校28校のうち8校が、児童数1人あるいは児童数3人の学校となっている。紅星郷中心小学校の陳鳳騰(ちん・ほうとう)校長は、「たとえへき地であっても、地理的条件が厳しくても、子どもたちのために学びの場を確保し続けなければならない」と語った。(福州=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年9月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020091801817

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月08日
    学びの場を守り続ける、へき地の小規模小学校福建省

    8日、永泰県の紅星郷淡洋小学校で、全校児童3人に体育の授業をする劉錫生(りゅう・せきせい)先生(58)。中国福建省福州市永泰県の西北部に位置し、県の中心市街地から20キロ以上離れた紅星郷と盤谷郷には、紅星郷礼柄小学校、淡洋小学校、盤谷郷栄新小学校の三つの小規模小学校が点在する。礼柄小学校には児童と教員がそれぞれ1人しかいない。県の教育部門はこの児童のために学校を維持し続けており、同校の黄麗珠(こう・れいじゅ)先生が1人で国語、数学、音楽、体育などの科目を教えている。紅星郷淡洋小学校には、3人の児童と2人の教師がいる。現在、盤谷郷栄新小学校に在籍する10人の児童は、全員出稼ぎ中の親と離れて農村で暮らす「留守児童」だという。盤谷郷中心小学校の卓暁永(たく・ぎょうえい)校長は、学校の統廃合は世の中の流れで仕方がないが、自宅の近くで学びたい子どもが1人でもいれば、学校を維持していくとし、「このような『児童数1人の学校』がなければ、子どもたちは学びをあきらめてしまうだろう」と話した。統計によると、2019年末時点で、永泰県のへき地にある村級(村レベル)小学校28校のうち8校が、児童数1人あるいは児童数3人の学校となっている。紅星郷中心小学校の陳鳳騰(ちん・ほうとう)校長は、「たとえへき地であっても、地理的条件が厳しくても、子どもたちのために学びの場を確保し続けなければならない」と語った。(福州=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年9月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020091801819

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月08日
    学びの場を守り続ける、へき地の小規模小学校福建省

    8日、永泰県の紅星郷淡洋小学校で、1年生の劉迎喜(りゅう・げいき)さんを迎えに来た保護者(奥)。中国福建省福州市永泰県の西北部に位置し、県の中心市街地から20キロ以上離れた紅星郷と盤谷郷には、紅星郷礼柄小学校、淡洋小学校、盤谷郷栄新小学校の三つの小規模小学校が点在する。礼柄小学校には児童と教員がそれぞれ1人しかいない。県の教育部門はこの児童のために学校を維持し続けており、同校の黄麗珠(こう・れいじゅ)先生が1人で国語、数学、音楽、体育などの科目を教えている。紅星郷淡洋小学校には、3人の児童と2人の教師がいる。現在、盤谷郷栄新小学校に在籍する10人の児童は、全員出稼ぎ中の親と離れて農村で暮らす「留守児童」だという。盤谷郷中心小学校の卓暁永(たく・ぎょうえい)校長は、学校の統廃合は世の中の流れで仕方がないが、自宅の近くで学びたい子どもが1人でもいれば、学校を維持していくとし、「このような『児童数1人の学校』がなければ、子どもたちは学びをあきらめてしまうだろう」と話した。統計によると、2019年末時点で、永泰県のへき地にある村級(村レベル)小学校28校のうち8校が、児童数1人あるいは児童数3人の学校となっている。紅星郷中心小学校の陳鳳騰(ちん・ほうとう)校長は、「たとえへき地であっても、地理的条件が厳しくても、子どもたちのために学びの場を確保し続けなければならない」と語った。(福州=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年9月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020091801691

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月08日
    学びの場を守り続ける、へき地の小規模小学校福建省

    8日、永泰県の紅星郷礼柄小学校で、同校唯一の児童、徐佳怡(じょ・かい)さんに字の書き方を教えるの黄麗珠先生。中国福建省福州市永泰県の西北部に位置し、県の中心市街地から20キロ以上離れた紅星郷と盤谷郷には、紅星郷礼柄小学校、淡洋小学校、盤谷郷栄新小学校の三つの小規模小学校が点在する。礼柄小学校には児童と教員がそれぞれ1人しかいない。県の教育部門はこの児童のために学校を維持し続けており、同校の黄麗珠(こう・れいじゅ)先生が1人で国語、数学、音楽、体育などの科目を教えている。紅星郷淡洋小学校には、3人の児童と2人の教師がいる。現在、盤谷郷栄新小学校に在籍する10人の児童は、全員出稼ぎ中の親と離れて農村で暮らす「留守児童」だという。盤谷郷中心小学校の卓暁永(たく・ぎょうえい)校長は、学校の統廃合は世の中の流れで仕方がないが、自宅の近くで学びたい子どもが1人でもいれば、学校を維持していくとし、「このような『児童数1人の学校』がなければ、子どもたちは学びをあきらめてしまうだろう」と話した。統計によると、2019年末時点で、永泰県のへき地にある村級(村レベル)小学校28校のうち8校が、児童数1人あるいは児童数3人の学校となっている。紅星郷中心小学校の陳鳳騰(ちん・ほうとう)校長は、「たとえへき地であっても、地理的条件が厳しくても、子どもたちのために学びの場を確保し続けなければならない」と語った。(福州=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年9月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020091801763

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月08日
    学びの場を守り続ける、へき地の小規模小学校福建省

    8日、永泰県の紅星郷淡洋小学校で、授業中に朗読する1年生の劉宏洪(りゅう・こうこう)さん(左)と劉迎喜(りゅう・げいき)さん。中国福建省福州市永泰県の西北部に位置し、県の中心市街地から20キロ以上離れた紅星郷と盤谷郷には、紅星郷礼柄小学校、淡洋小学校、盤谷郷栄新小学校の三つの小規模小学校が点在する。礼柄小学校には児童と教員がそれぞれ1人しかいない。県の教育部門はこの児童のために学校を維持し続けており、同校の黄麗珠(こう・れいじゅ)先生が1人で国語、数学、音楽、体育などの科目を教えている。紅星郷淡洋小学校には、3人の児童と2人の教師がいる。現在、盤谷郷栄新小学校に在籍する10人の児童は、全員出稼ぎ中の親と離れて農村で暮らす「留守児童」だという。盤谷郷中心小学校の卓暁永(たく・ぎょうえい)校長は、学校の統廃合は世の中の流れで仕方がないが、自宅の近くで学びたい子どもが1人でもいれば、学校を維持していくとし、「このような『児童数1人の学校』がなければ、子どもたちは学びをあきらめてしまうだろう」と話した。統計によると、2019年末時点で、永泰県のへき地にある村級(村レベル)小学校28校のうち8校が、児童数1人あるいは児童数3人の学校となっている。紅星郷中心小学校の陳鳳騰(ちん・ほうとう)校長は、「たとえへき地であっても、地理的条件が厳しくても、子どもたちのために学びの場を確保し続けなければならない」と語った。(福州=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年9月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020091801776

  • 1