KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 家族
  • ヘリ
  • 平成
  • 風化
  • 車両
  • 岩石
  • 落下
  • 安否
  • 慰霊碑
  • 昭和

「豊浜」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
201
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
201
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 1979年07月07日
    大平首相、初のお国入り

    大平正芳首相の就任後初のお国入りで、出身地の香川県豊浜町で旗行列する人たち=1979(昭和54)年7月7日

    商品コード: 2016012500294

  • 1979年07月07日
    大平首相、初のお国入り

    首相就任後初のお国入りをし、大平家の墓参りをする大平正芳首相。向こう側は志げ子夫人=1979(昭和54)年7月7日、香川県豊浜町

    商品コード: 2016012500295

  • 1979年07月07日
    大平首相、初のお国入り

    首相就任後初のお国入りをし、記念講演をする大平正芳首相=1979(昭和54)年7月7日、香川県豊浜町の豊浜小学校

    商品コード: 2016012500297

  • 1980年06月24日
    選挙勝利を墓前に報告

    当選から一夜明け、大平家の墓参をする森田一氏と芳子夫人(大平首相の長女)。森田氏は急死した大平正芳首相の後継者として衆院選に立候補して当選した=1980(昭和55)年6月24日、香川県豊浜町

    商品コード: 2018080200564

  • 1980年07月05日
    故大平首相、地元で合同葬

    故大平正芳首相の地元、香川県観音寺市で営まれた観音寺市と豊浜町、三富郡(8町)による合同葬=1980(昭和55)年7月5日、観音寺市民会館

    商品コード: 2018080200603

  • 1991年10月16日
    総裁選出馬の報告をする宮沢氏 故大平氏の墓前で必勝誓う

    故大平正芳元首相の墓前で、自民党総裁選出馬の報告をする宮沢喜一氏=1991(平成3)年10月16日午前、香川県豊浜町の町営墓地公園

    商品コード: 2018110911035

  • 1991年10月27日
    両陛下が黒ダイなど放流 全国豊かな海づくり大会

    黒ダイの稚魚を放流される天皇、皇后両陛下=1991(平成3)年10月27日午後3時24分、愛知県・南知多町の豊浜漁港(明仁、上皇さま、上皇后さま)

    商品コード: 2021071308025

  • 1996年02月10日
    豊浜トンネル入り口 トンネル崩れバス埋まる

    崩落事故のあった国道229号豊浜トンネルの余市側入り口=10日午後1時15分、北海道余市町豊浜町

    商品コード: 1996021000028

  • 1996年02月10日
    落下した巨岩 北海道のトンネル事故

    真上の山から落下して国道229号豊浜トンネルに直撃した巨岩=10日午後5時10分、北海道古平町沖町

    商品コード: 1996021000085

  • 1996年02月10日
    岩石で埋まった内部 北海道のトンネル事故

    落下した岩石で埋まった国道229号豊浜トンネル内部=10日午後5時40分、北海道古平町沖町

    商品コード: 1996021000087

  • 1996年02月10日
    徹夜の救出作業 北海道のトンネル事故

    投光器が付けられ、徹夜で救出作業が続く崩落事故のあった豊浜トンネル。上方は崩落した巨岩=10日午後11時30分、北海道古平町沖町

    商品コード: 1996021000102

  • 1996年02月10日
    岩石で埋まった内部 北海道のトンネル事故

    落下した岩石で埋まった国道229号豊浜トンネル内部=10日午後5時40分、北海道古平町沖町

    商品コード: 1996021000086

  • 1996年02月10日
    待機する作業用車両 北海道のトンネル事故

    巨岩の落下で埋まった国道229号豊浜トンネルの入り口で待機する作業用車両=10日午後5時45分、北海道古平町沖町

    商品コード: 1996021000091

  • 1996年02月10日
    落下した巨岩 北海道のトンネル事故

    真上の山から落下して国道229号豊浜トンネルに直撃した巨岩=10日午後5時10分、北海道古平町沖町

    商品コード: 1996021000083

  • 1996年02月10日
    待機する作業用車両 北海道のトンネル事故

    巨岩の落下で埋まった国道229号豊浜トンネルの入り口で待機する作業用車両=10日午後5時45分、北海道古平町沖町

    商品コード: 1996021000090

  • 1996年02月10日
    救助待ちわびる家族 救助進まず、募る不安

    不安を募らせながら救助を待ちわびるバス乗客の家族ら=10日午後8時、北海道余市町の豊浜生活改善センター(国道229号豊浜トンネル崩壊事故)

    商品コード: 1996021000100

  • 1996年02月10日
    徹夜の救出作業 北海道のトンネル事故

    投光器が付けられ、徹夜で救出作業が続く崩落事故のあった豊浜トンネル。上方は崩落した巨岩=10日午後11時30分、北海道古平町沖町

    商品コード: 1996021000103

  • 1996年02月10日
    岩石で埋まった内部 北海道のトンネル事故

    落下した岩石で埋まった国道229号豊浜トンネル内部=1996(平成8)年2月10日午後5時40分、北海道古平町沖町

    商品コード: 2015031800106

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1996年02月10日
    崩落したトンネル内部 2万トンの岩盤の下敷き

    崩落した岩石で埋まった豊浜トンネルの内部=1996(昭和51)年2月10日、北海道・古平町 「ザ・クロニクル 戦後日本の70年」第11巻使用画像(P62)

    商品コード: 2015070600616

  • 1996年02月11日
    爆破前の事故現場 北海道のトンネル崩落事故

    巨大な岩盤が直撃した豊浜トンネルの事故現場=11日午後2時20分、北海道・古平町で共同通信社ヘリから

    商品コード: 1996021100057

  • 1996年02月11日
    爆破作業を見守る家族 北海道のトンネル崩落事故

    爆破の作業を不安そうに見守る行方不明者の家族=11日午後、北海道・古平町の豊浜トンネル

    商品コード: 1996021100073

  • 1996年02月11日
    安否気遣う家族 北海道のトンネル崩落事故

    難航する救出作業に、行方不明者の安否を気遣う家族=11日午前、北海道・余市町の豊浜トンネル前(カラーネガ)

    商品コード: 1996021100074

  • 1996年02月11日
    爆破作業を見守る家族 北海道のトンネル崩落事故

    爆破の作業を不安そうに見守る行方不明者の家族=11日午後、北海道・古平町の豊浜トンネル

    商品コード: 1996021100072

  • 1996年02月11日
    ラジコンヘリで裂け目調査 北海道のトンネル崩壊事故

    豊浜トンネルに崩落した岩盤の裂け目を調べるラジコンヘリ=11日午前8時20分、北海道古平町沖町

    商品コード: 1996021100001

  • 1996年02月11日
    爆破前の事故現場 北海道のトンネル崩落事故

    巨大な岩盤が直撃した豊浜トンネルの事故現場=11日午後2時20分、北海道・古平町で共同通信社ヘリから

    商品コード: 1996021100060

  • 1996年02月11日
    安否気遣う家族 北海道のトンネル崩落事故

    難航する救出作業に、行方不明者の安否を気遣う家族=11日午前、北海道・余市町の豊浜トンネル前(カラーネガ)

    商品コード: 1996021100075

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1996年02月11日
    巨大な岩が直撃 2万トンの岩盤の下敷き

    崩落した巨大な岩の直撃を受けた豊浜トンネル=1996(平成8)年2月11日、北海道・古平町 「ザ・クロニクル 戦後日本の70年」第11巻使用画像(P63)

    商品コード: 2015070600681

  • 1996年02月12日
    現場を引き揚げる家族 北海道のトンネル崩落事故

    2回目の発破作業も失敗に終わり、現場を引き揚げる行方不明者の家族=12日午後4時13分、北海道古平町(カラーネガ)(国道229号豊浜トンネル)

    商品コード: 1996021200050

  • 1996年02月12日
    2回目の発破後の現場 北海道のトンネル崩落事故

    2回目の発破でも下の方が崩れ落ちただけで、依然としてトンネル上に残った巨大な岩盤=12日午後4時5分、北海道古平町で共同通信社ヘリから(カラーネガ)(国道229号豊浜トンネル)

    商品コード: 1996021200062

  • 1996年02月12日
    岩盤に2度目の発破 北海道のトンネル崩落事故

    豊浜トンネルを覆う岩盤への2度目の発破で飛び散る岩石=12日午後4時、北海道古平町(カラーネガ)(国道229号豊浜トンネル)「60周年記念写真集」使用画像

    商品コード: 2006060600069

  • 1996年02月12日
    崩れ落ちる岩石 北海道のトンネル崩落事故

    2回目の発破で崩れ落ちる巨大岩石の一部=12日午後4時、北海道古平町の豊浜トンネル(カラーネガ)

    商品コード: 2006010500089

  • 1996年02月12日
    2回目の発破前の現場 北海道のトンネル崩落事故

    11日の1回目の発破でわずかにずり落ちたトンネル上の岩盤=12日午後3時40分、北海道古平町で共同通信社ヘリから(カラーネガ)(国道229号豊浜トンネル)

    商品コード: 1996021200058

  • 1996年02月12日
    安否気遣う家族 北海道のトンネル崩落事故

    トンネル内に閉じ込められた行方不明者の安否を気遣う家族=12日、北海道・古平町(カラーネガ)(国道229号豊浜トンネル)

    商品コード: 1996021200026

  • 1996年02月12日
    安否気遣う家族 北海道のトンネル崩落事故

    トンネル内に閉じ込められた行方不明者の安否を気遣う家族=12日、北海道・古平町(カラーネガ)(国道229号豊浜トンネル)

    商品コード: 1996021200027

  • 1996年02月12日
    再発破に向け岩盤調査 北海道のトンネル崩落事故

    2回目の発破作業に向けて豊浜トンネルを覆う岩盤の状態を調査する作業員(左下)=12日午前11時30分、北海道・古平町(カラーネガ)

    商品コード: 1996021200028

  • 1996年02月12日
    崩れ落ちる岩石 北海道のトンネル崩落事故

    2回目の発破で崩れ落ちる巨大岩石の一部=12日午後4時、北海道古平町の豊浜トンネル(カラーネガ)

    商品コード: 1996021200047

  • 1996年02月12日
    2回目の発破前の現場 北海道のトンネル崩落事故

    11日の1回目の発破でわずかにずり落ちたトンネル上の岩盤=12日午後3時40分、北海道古平町で共同通信社ヘリから(カラーネガ)(国道229号豊浜トンネル)

    商品コード: 1996021200055

  • 1996年02月12日
    再発破に向け岩盤調査 北海道のトンネル崩落事故

    2回目の発破作業に向けて豊浜トンネルを覆う岩盤の状態を調査する作業員(左下)=12日午前11時30分、北海道・古平町(カラーネガ)

    商品コード: 1996021200025

  • 1996年02月12日
    岩盤に2度目の発破 北海道のトンネル崩落事故

    豊浜トンネルを覆う岩盤への2度目の発破で飛び散る岩石=12日午後4時、北海道古平町(カラーネガ)(国道229号豊浜トンネル)

    商品コード: 1996021200043

  • 1996年02月12日
    現場を引き揚げる家族 北海道のトンネル崩落事故

    2回目の発破作業も失敗に終わり、現場を引き揚げる行方不明者の家族=12日午後4時13分、北海道古平町(カラーネガ)(国道229号豊浜トンネル)

    商品コード: 1996021200052

  • 1996年02月12日
    2回目の発破後の現場 北海道のトンネル崩落事故

    2回目の発破でも下の方が崩れ落ちただけで、依然としてトンネル上に残った巨大な岩盤=12日午後4時5分、北海道古平町で共同通信社ヘリから(カラーネガ)(国道229号豊浜トンネル)

    商品コード: 1996021200056

  • 1996年02月12日
    テレビ見つめる家族 北海道のトンネル崩落事故

    2回目の発破作業を中継するテレビを見つめ、行方不明者の安否を気遣う家族ら=12日午後4時、北海道余市町(カラーネガ)(国道229号豊浜トンネル)

    商品コード: 1996021200065

  • 1996年02月12日
    テレビ見つめる家族 北海道のトンネル崩落事故

    2回目の発破作業を中継するテレビを見つめ、行方不明者の安否を気遣う家族ら=12日午後4時、北海道余市町(カラーネガ)(国道229号豊浜トンネル)

    商品コード: 1996021200066

  • 1996年02月13日
    夜間の整地作業 北海道のトンネル崩落事故

    4回目の発破が翌日に持ち越された豊浜トンネルの崩落事故現場で夜間も続けられる整地作業=13日午後10時、北海道古平町(カラーネガ)

    商品コード: 1996021300168

  • 1996年02月13日
    3回目の発破 北海道のトンネル崩落事故

    3回目の発破で崩れ落ちる巨大岩盤の一部=13日午後0時30分、北海道古平町の豊浜トンネル

    商品コード: 1996021300043

  • 1996年02月13日
    夜間の整地作業 北海道のトンネル崩落事故

    4回目の発破が翌日に持ち越された豊浜トンネルの崩落事故現場で夜間も続けられる整地作業=13日午後10時、北海道古平町(カラーネガ)

    商品コード: 1996021300171

  • 1996年02月13日
    中尾建設相が報告 衆院予算委

    衆院予算委で北海道の豊浜トンネル崩落事故について報告する中尾栄一建設相=13日午前(カラーネガ)

    商品コード: 1996021300035

  • 1996年02月13日
    中尾建設相が報告 衆院予算委

    衆院予算委で北海道の豊浜トンネル崩落事故について報告する中尾栄一建設相=13日午前(カラーネガ)

    商品コード: 1996021300038

  • 1996年02月14日
    行方不明者の家族 北海道のトンネル崩落事故

    救出作業の遅れに疲れた様子で5日目の朝を迎えた行方不明者の家族=14日午前6時50分、北海道余市町(カラーネガ)(国道229号豊浜トンネル)

    商品コード: 1996021400011

  • 1996年02月14日
    現場を去る家族 北海道のトンネル崩落事故

    4回目の爆破作業を見届け、泣きながら現場を去る行方不明者の家族=14日午前11時5分、北海道古平町(国道229号豊浜トンネル)

    商品コード: 1996021400035

  • 1996年02月14日
    土砂の除去作業 北海道のトンネル崩落事故

    4回目の爆破で崩れ落ちた土砂を除去するパワーショベル=14日午後1時30分、北海道古平町(カラーネガ)(国道229号豊浜トンネル)

    商品コード: 1996021400049

  • 1996年02月14日
    発破の準備作業 4回目の発破、午後に

    4回目の発破準備のため豊浜トンネル前に集まった重機と作業員=14日午前8時30分、北海道古平町(カラーネガ)

    商品コード: 1996021400004

  • 1996年02月14日
    発破の準備作業 4回目の発破、午後に

    4回目の発破準備のため豊浜トンネル前に集まった重機と作業員=14日午前8時30分、北海道古平町(カラーネガ)

    商品コード: 1996021400005

  • 1996年02月14日
    行方不明者の家族 北海道のトンネル崩落事故

    救出作業の遅れに疲れた様子で5日目の朝を迎えた行方不明者の家族=14日午前6時50分、北海道余市町(カラーネガ)(国道229号豊浜トンネル)

    商品コード: 1996021400012

  • 1996年02月14日
    爆破で崩れ落ちる巨岩 北海道のトンネル崩落事故

    4回目の爆破で巨岩が崩れた豊浜トンネル崩落事故現場=14日午前11時、北海道古平町で共同通信社ヘリから(カラーネガ)

    商品コード: 1996021400029

  • 1996年02月14日
    現場を去る家族 北海道のトンネル崩落事故

    4回目の爆破作業を見届け、泣きながら現場を去る行方不明者の家族=14日午前11時5分、北海道古平町(国道229号豊浜トンネル)

    商品コード: 1996021400034

  • 1996年02月14日
    行方不明者の家族 北海道のトンネル崩落事故

    4回目の爆破作業の後、悲しみをこらえる行方不明者の家族=14日午前11時5分、北海道古平町(カラーネガ)(国道229号豊浜トンネル)

    商品コード: 1996021400050

  • 1996年02月14日
    行方不明者の家族 北海道のトンネル崩落事故

    4回目の爆破作業の後、悲しみをこらえる行方不明者の家族=14日午前11時5分、北海道古平町(カラーネガ)(国道229号豊浜トンネル)

    商品コード: 1996021400052

  • 1996年02月14日
    岩盤を爆破で除去 北海道のトンネル崩落事故

    4回目の爆破で岩盤のほぼ全体が崩され、重機を使って進められる豊浜トンネル上部の土砂除去作業=14日午後1時15分、北海道古平町(カラーネガ)

    商品コード: 1996021400097

  • 1996年02月14日
    「顔が見たい、でも怖い」 北海道のトンネル崩落事故

    行方不明の田畑裕子さんが大切にしていた物を見ながら「顔が見たい、でも怖い」と語る祖母の田畑悦子さん=14日午後、北海道古平町浜町(カラーネガ)(たばた・えつこ)(国道229号豊浜トンネル)

    商品コード: 1996021400106

  • 1996年02月14日
    土砂の除去作業 北海道のトンネル崩落事故

    豊浜トンネル上部の土砂の除去作業が続く崩落事故現場=14日午後7時、北海道古平町(カラーネガ)

    商品コード: 1996021400124

  • 1996年02月14日
    トンネルに入る大型削岩機 北海道のトンネル崩落事故

    救助活動開始に向け、豊浜トンネルへ入る自衛隊の大型削岩機(コンクリート・ブレーカー)=14日午後5時36分、北海道余市町(カラーネガ)

    商品コード: 1996021400125

  • 1996年02月14日
    夜間の土砂取り除き作業 北海道のトンネル崩落事故

    深夜も急ピッチで行われる豊浜トンネル上部の土砂の除去作業=14日午後10時、北海道古平町(カラーネガ)

    商品コード: 1996021400138

  • 1996年02月14日
    夜間の土砂取り除き作業 北海道のトンネル崩落事故

    深夜も急ピッチで行われる豊浜トンネル上部の土砂の除去作業=14日午後10時、北海道古平町(カラーネガ)

    商品コード: 1996021400139

  • 1996年02月14日
    崩れ落ちた岩盤 北海道のトンネル崩落事故

    4回目の爆破で全体が崩れ落ちた岩盤。一部は海まで落ちた(左下)=14日午前11時、北海道古平町(国道229号豊浜トンネル)

    商品コード: 1996021400021

  • 1996年02月14日
    爆破を見守る家族 北海道のトンネル崩落事故

    4回目の爆破作業を見守る行方不明者の家族=14日午前11時、北海道古平町(カラーネガ)(国道229号豊浜トンネル)

    商品コード: 1996021400028

  • 1996年02月14日
    岩盤が除去されたトンネル 北海道のトンネル崩落事故

    岩盤のほぼ全体が爆破で崩され、重機を使って進められる豊浜トンネル上部の土砂除去作業=14日午後4時25分、北海道古平町で共同通信社ヘリから(カラーネガ)(国道229号豊浜トンネル)

    商品コード: 1996021400085

  • 1996年02月14日
    岩盤を爆破で除去 北海道のトンネル崩落事故

    4回目の爆破で岩盤のほぼ全体が崩され、重機を使って進められる豊浜トンネル上部の土砂除去作業=14日午後1時15分、北海道古平町(カラーネガ)

    商品コード: 1996021400113

  • 1996年02月14日
    慌ただしさ増す入り口付近 北海道のトンネル崩落事故

    救助活動開始が近づき、慌ただしさを増した豊浜トンネルの余市町側入り口付近=14日午後5時10分、北海道余市町(カラーネガ)(国道229号豊浜トンネル)

    商品コード: 1996021400118

  • 1996年02月14日
    トンネルに入る大型削岩機 北海道のトンネル崩落事故

    救助活動開始に向け、豊浜トンネルへ入る自衛隊の大型削岩機(コンクリート・ブレーカー)=14日午後5時36分、北海道余市町(カラーネガ)

    商品コード: 1996021400121

  • 1996年02月14日
    表情硬い行方不明者の家族 北海道のトンネル崩落事故

    救出作業の説明を豊浜トンネル近くのバス車内で聞く行方不明者の家族ら=14日午後8時、北海道余市町(カラーネガ)(国道229号豊浜トンネル)

    商品コード: 1996021400123

  • 1996年02月14日
    表情硬い行方不明者の家族 北海道のトンネル崩落事故

    救出作業の説明を豊浜トンネル近くのバス車内で聞く行方不明者の家族ら=14日午後8時、北海道余市町(カラーネガ)(国道229号豊浜トンネル)

    商品コード: 1996021400130

  • 1996年02月14日
    慌ただしさ増す入り口付近 北海道のトンネル崩落事故

    救助活動開始が近づき、慌ただしさを増した豊浜トンネルの余市町側入り口付近=14日午後5時10分、北海道余市町(カラーネガ)(国道229号豊浜トンネル)

    商品コード: 1996021400134

  • 1996年02月14日
    崩れ落ちた岩盤 北海道のトンネル崩落事故

    4回目の爆破で全体が崩れ落ちた岩盤。一部は海まで落ちた(左下)=14日午前11時、北海道古平町(国道229号豊浜トンネル)

    商品コード: 1996021400022

  • 1996年02月14日
    爆破を見守る家族 北海道のトンネル崩落事故

    4回目の爆破作業を見守る行方不明者の家族=14日午前11時、北海道古平町(カラーネガ)(国道229号豊浜トンネル)

    商品コード: 1996021400024

  • 1996年02月14日
    爆破で崩れ落ちる巨岩 北海道のトンネル崩落事故

    4回目の爆破で巨岩が崩れた豊浜トンネル崩落事故現場=14日午前11時、北海道古平町で共同通信社ヘリから(カラーネガ)

    商品コード: 1996021400031

  • 1996年02月14日
    土砂の除去作業 北海道のトンネル崩落事故

    4回目の爆破で崩れ落ちた土砂を除去するパワーショベル=14日午後1時30分、北海道古平町(カラーネガ)(国道229号豊浜トンネル)

    商品コード: 1996021400046

  • 1996年02月14日
    土砂の除去作業 北海道のトンネル崩落事故

    豊浜トンネル上部の土砂の除去作業が続く崩落事故現場=14日午後7時、北海道古平町

    商品コード: 1996021400128

  • 1996年02月14日
    「顔が見たい、でも怖い」 北海道のトンネル崩落事故

    行方不明の田畑裕子さんが大切にしていた物を見ながら「顔が見たい、でも怖い」と語る祖母の田畑悦子さん=14日午後、北海道古平町浜町(カラーネガ)(たばた・えつこ)(国道229号豊浜トンネル)

    商品コード: 1996021400131

  • 1996年02月14日
    中尾栄一建設相が視察 北海道のトンネル崩落事故

    豊浜トンネルの崩落事故で現地を訪れた中尾栄一建設相=14日午後10時12分、北海道余市町(カラーネガ)あ

    商品コード: 1996021400140

  • 1996年02月15日
    手を合わせる人たち 北海道のトンネル崩落事故

    救出作業が難航する中、事故現場の豊浜トンネルに向かって手を合わせ祈る人たち=15日午後3時、北海道古平町(カラーネガ)

    商品コード: 1996021500137

  • 1996年02月15日
    トンネル近くの家族ら 北海道のトンネル崩落事故

    進まない救出作業に事故現場の豊浜トンネルの入り口近くまで様子を見に行く行方不明者の家族ら=15日午後、北海道余市町(カラーネガ)

    商品コード: 1996021500139

  • 1996年02月15日
    目頭を押さえる先生 北海道のトンネル崩落事故

    行方不明の教え子の角田理恵さんを思い、豊浜トンネル前で目頭を押さえる小樽商高の渡辺節子先生=15日午前、北海道余市町(カラーネガ)

    商品コード: 1996021500090

  • 1996年02月15日
    土砂の掘り出し作業 救出作業ずれ込む

    土砂の掘り出し作業が続く豊浜トンネルの事故現場=15日午後5時30分、北海道古平町

    商品コード: 1996021500141

  • 1996年02月15日
    プレハブ内から見守る家族 北海道のトンネル崩落事故

    豊浜トンネル入り口近くのプレハブから心配そうに救助活動を見守る行方不明者の家族=15日正午、北海道余市町(カラーネガ)

    商品コード: 1996021500086

  • 1996年02月15日
    プレハブ内から見守る家族 北海道のトンネル崩落事故

    豊浜トンネル入り口近くのプレハブから心配そうに救助活動を見守る行方不明者の家族=15日正午、北海道余市町(カラーネガ)

    商品コード: 1996021500087

  • 1996年02月15日
    目頭を押さえる先生 北海道のトンネル崩落事故

    行方不明の教え子の角田理恵さんを思い、豊浜トンネル前で目頭を押さえる小樽商高の渡辺節子先生=15日午前、北海道余市町(カラーネガ)

    商品コード: 1996021500094

  • 1996年02月15日
    トンネル近くの家族ら 北海道のトンネル崩落事故

    進まない救出作業に事故現場の豊浜トンネルの入り口近くまで様子を見に行く行方不明者の家族ら=15日午後、北海道余市町(カラーネガ)

    商品コード: 1996021500122

  • 1996年02月15日
    土砂の掘り出し作業 救出作業ずれ込む

    土砂の掘り出し作業が続く豊浜トンネルの事故現場=15日午後5時30分、北海道古平町

    商品コード: 1996021500140

  • 1996年02月15日
    手を合わせる人たち 北海道のトンネル崩落事故

    救出作業が難航する中、事故現場の豊浜トンネルに向かって手を合わせ祈る人たち=15日午後3時、北海道古平町(カラーネガ)

    商品コード: 1996021500120

  • 1996年02月16日
    うなだれる関係者 北海道のトンネル崩落事故

    進まない救出作業に現場近くまで来て肩を落とす行方不明者の関係者=16日午後、北海道古平町(カラーネガ)(国道229号豊浜トンネル)

    商品コード: 1996021600142

  • 1996年02月16日
    待機する関係車両 北海道のトンネル崩落事故

    救出作業が続く豊浜トンネルの古平側入り口に待機する関係車両=16日午前8時、北海道古平町(カラーネガ)

    商品コード: 1996021600009

  • 1996年02月16日
    現場に向かう石橋さん 北海道のトンネル崩落事故

    トンネル内で乗用車発見との知らせを聞き、事故現場へ向かう梅本立志さんの親類の石橋哲子さん=16日午前10時40分、北海道古平町(カラーネガ)(国道229号豊浜トンネル)

    商品コード: 1996021600041

  • 1996年02月16日
    がれきを搬出 北海道のトンネル崩落

    トンネル内部から土砂やがれきを搬出する自衛隊車両=16日午後4時53分、北海道古平町(カラーネガ)(国道229号豊浜トンネル)

    商品コード: 1996021600113

  • 1996年02月16日
    バスの中で待つ家族たち 北海道のトンネル崩落事故

    事故発生から7日目の夜を迎え、現場近くのバスの中でひたすら救出を待つ行方不明者の家族たち=16日午後6時50分、北海道余市町(カラーネガ)(国道229号豊浜トンネル)

    商品コード: 1996021600149

  • 1996年02月16日
    夜の救出作業 北海道のトンネル崩落事故

    行方不明者救出のため、土砂の除去作業が続けられている豊浜トンネル=16日午後6時、北海道古平町(カラーネガ)

    商品コード: 1996021600153

  • 1996年02月16日
    遺体を乗せた車 北海道のトンネル崩落事故

    事故現場から「古平海洋センター」に着いた梅本立志さんとみられる遺体を乗せた車=16日午後11時58分、北海道古平町(国道229号豊浜トンネル)

    商品コード: 1996021600169

  • 1996年02月16日
    海洋センターに入る車 北海道のトンネル崩落事故

    「古平海洋センター」に入る梅本立志さんとみられる遺体を乗せた車=16日午後11時58分、北海道古平町(カラーネガ)(国道229号豊浜トンネル)

    商品コード: 1996021600170

  • 1996年02月16日
    待機する関係車両 北海道のトンネル崩落事故

    救出作業が続く豊浜トンネルの古平側入り口に待機する関係車両=16日午前8時、北海道古平町(カラーネガ)

    商品コード: 1996021600010

  • 1996年02月16日
    現場に向かう石橋さん 北海道のトンネル崩落事故

    トンネル内で乗用車発見との知らせを聞き、事故現場へ向かう梅本立志さんの親類の石橋哲子さん=16日午前10時40分、北海道古平町(カラーネガ)(国道229号豊浜トンネル)

    商品コード: 1996021600042

  • 1
  • 2
  • 3