KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 伝統文化
  • 女性
  • 記者
  • ようこう
  • 民族文化
  • 令和
  • 販売
  • 人々
  • 仕事
  • 参加

「豊登」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
32
( 1 32 件を表示)
  • 1
32
( 1 32 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 1998年09月15日
    力道山とともに活躍 元レスラー豊登氏が死去

    )、社会21S、57(昭和32)年の写真、モノクロのみ  死去した元プロレスラーの豊登氏(別人K82751)

    商品コード: 1998091500006

  • 2018年06月28日
    Uターン起業したトン族女性、伝統の染織工芸で貧困扶助貴州省

    藍の葉を摘み取る楊成蘭さん(左)と村人。(2018年6月28日撮影)中国貴州省榕江(ようこう)県栽麻鎮豊登トン寨に暮らす1980年代生まれのトン族女性、楊成蘭(よう・せいらん)さんは、2016年に夫とともに都会での仕事を辞め、故郷に戻って起業する道を選んだ。夫婦は空き家の2部屋を工房に改造し、故郷に伝わる機織り技術を生かして手織りの布や衣服、インテリア雑貨など一連のテキスタイル製品の生産・加工を行い、電子商取引(EC)プラットフォームで販売している。楊さんは18年、村に伝統織染合作社(協同組合)を設立し、村内および周辺集落の貧困世帯に出資を呼びかけた。地元の貧困世帯や村民の合作社への参加を促し、織りや染色、藍栽培などの産業に従事してもらうことで、民族に伝わる伝統の手工芸を継承すると同時に、村の人々の貧困脱却と増収につなげている。(貴陽=新華社配信/王炳真)=2018(平成30)年6月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020060508678

  • 2018年11月02日
    Uターン起業したトン族女性、伝統の染織工芸で貧困扶助貴州省

    トン族伝統の布を干す楊成蘭さん(右)とトン族の女性。(2018年11月2日撮影、小型無人機から)中国貴州省榕江(ようこう)県栽麻鎮豊登トン寨に暮らす1980年代生まれのトン族女性、楊成蘭(よう・せいらん)さんは、2016年に夫とともに都会での仕事を辞め、故郷に戻って起業する道を選んだ。夫婦は空き家の2部屋を工房に改造し、故郷に伝わる機織り技術を生かして手織りの布や衣服、インテリア雑貨など一連のテキスタイル製品の生産・加工を行い、電子商取引(EC)プラットフォームで販売している。楊さんは18年、村に伝統織染合作社(協同組合)を設立し、村内および周辺集落の貧困世帯に出資を呼びかけた。地元の貧困世帯や村民の合作社への参加を促し、織りや染色、藍栽培などの産業に従事してもらうことで、民族に伝わる伝統の手工芸を継承すると同時に、村の人々の貧困脱却と増収につなげている。(貴陽=新華社配信/王炳真)=2018(平成30)年11月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020060508767

  • 2018年12月19日
    Uターン起業したトン族女性、伝統の染織工芸で貧困扶助貴州省

    合作社に出資した村人に配当金を渡す楊成蘭さん(左)。(2018年12月19日撮影)中国貴州省榕江(ようこう)県栽麻鎮豊登トン寨に暮らす1980年代生まれのトン族女性、楊成蘭(よう・せいらん)さんは、2016年に夫とともに都会での仕事を辞め、故郷に戻って起業する道を選んだ。夫婦は空き家の2部屋を工房に改造し、故郷に伝わる機織り技術を生かして手織りの布や衣服、インテリア雑貨など一連のテキスタイル製品の生産・加工を行い、電子商取引(EC)プラットフォームで販売している。楊さんは18年、村に伝統織染合作社(協同組合)を設立し、村内および周辺集落の貧困世帯に出資を呼びかけた。地元の貧困世帯や村民の合作社への参加を促し、織りや染色、藍栽培などの産業に従事してもらうことで、民族に伝わる伝統の手工芸を継承すると同時に、村の人々の貧困脱却と増収につなげている。(貴陽=新華社配信/王炳真)=2018(平成30)年12月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020060508821

  • 2019年01月22日
    色とりどりの年越し用品チベット自治区ラサ市

    22日、「五穀豊登斗」(五穀豊穣を願って飾り物を入れる木箱)を購入する市民。中国チベット自治区ラサ市は、チベット暦の新年を前に、街角で年越し用品が販売されるなど、お祝いムードに包まれている。(ラサ=新華社記者/覚果)=2019(平成31)年1月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012821327

  • 01:15.30
    2019年02月07日
    「新華社」豪快!溶けた鉄を放って新春を祝う

    河北省邯鄲(かんたん)市磁(じ)県で、溶けた鉄の中で人が舞い、圧巻のパフォーマンスを繰り広げると、真っ赤な鉄の花が空一面に広がった。これは地元で「打鉄花五穀豊登、迎彩頭天降祥瑞」(溶けた鉄を放ち五穀豊穣、吉兆迎え瑞祥降りる)とされる縁起の良い伝統行事。「天女散花」(天女が降らす花の雨)、「二竜戯珠」(珠に戯れる2匹の竜)、「普天同慶」(世界が共に祝う)などと名付けられたそれぞれ独特な形の鉄花が夜空を美しく彩ると、観客席からは見物客の歓声が沸き起こった。「打鉄花」は古くから中国の民間に伝わる風習で、「炉火祈福」(炉火に幸運を祈る)という意味があり、翌年の気候の安定と五穀豊穣を祈って行われる。(記者/岳文婷)<映像内容>溶けた鉄を放つパフォーマンス「打鉄花」の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019020717833

  • 2020年05月28日
    Uターン起業したトン族女性、伝統の染織工芸で貧困扶助貴州省

    5月28日、トン族伝統の木綿の手織り布を干す楊成蘭さん。中国貴州省榕江(ようこう)県栽麻鎮豊登トン寨に暮らす1980年代生まれのトン族女性、楊成蘭(よう・せいらん)さんは、2016年に夫とともに都会での仕事を辞め、故郷に戻って起業する道を選んだ。夫婦は空き家の2部屋を工房に改造し、故郷に伝わる機織り技術を生かして手織りの布や衣服、インテリア雑貨など一連のテキスタイル製品の生産・加工を行い、電子商取引(EC)プラットフォームで販売している。楊さんは18年、村に伝統織染合作社(協同組合)を設立し、村内および周辺集落の貧困世帯に出資を呼びかけた。地元の貧困世帯や村民の合作社への参加を促し、織りや染色、藍栽培などの産業に従事してもらうことで、民族に伝わる伝統の手工芸を継承すると同時に、村の人々の貧困脱却と増収につなげている。(貴陽=新華社記者/楊文斌)=2020(令和2)年5月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020060508691

  • 2020年05月28日
    Uターン起業したトン族女性、伝統の染織工芸で貧困扶助貴州省

    5月28日、日に当てて乾かしたトン族伝統の木綿の手織り布を取り込む楊成蘭さん(左)と弟子。中国貴州省榕江(ようこう)県栽麻鎮豊登トン寨に暮らす1980年代生まれのトン族女性、楊成蘭(よう・せいらん)さんは、2016年に夫とともに都会での仕事を辞め、故郷に戻って起業する道を選んだ。夫婦は空き家の2部屋を工房に改造し、故郷に伝わる機織り技術を生かして手織りの布や衣服、インテリア雑貨など一連のテキスタイル製品の生産・加工を行い、電子商取引(EC)プラットフォームで販売している。楊さんは18年、村に伝統織染合作社(協同組合)を設立し、村内および周辺集落の貧困世帯に出資を呼びかけた。地元の貧困世帯や村民の合作社への参加を促し、織りや染色、藍栽培などの産業に従事してもらうことで、民族に伝わる伝統の手工芸を継承すると同時に、村の人々の貧困脱却と増収につなげている。(貴陽=新華社記者/楊文斌)=2020(令和2)年5月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020060508705

  • 2020年05月28日
    Uターン起業したトン族女性、伝統の染織工芸で貧困扶助貴州省

    5月28日、植物由来の染料をタンクに注ぐ楊成蘭さん(左)とトン族の女性たち。中国貴州省榕江(ようこう)県栽麻鎮豊登トン寨に暮らす1980年代生まれのトン族女性、楊成蘭(よう・せいらん)さんは、2016年に夫とともに都会での仕事を辞め、故郷に戻って起業する道を選んだ。夫婦は空き家の2部屋を工房に改造し、故郷に伝わる機織り技術を生かして手織りの布や衣服、インテリア雑貨など一連のテキスタイル製品の生産・加工を行い、電子商取引(EC)プラットフォームで販売している。楊さんは18年、村に伝統織染合作社(協同組合)を設立し、村内および周辺集落の貧困世帯に出資を呼びかけた。地元の貧困世帯や村民の合作社への参加を促し、織りや染色、藍栽培などの産業に従事してもらうことで、民族に伝わる伝統の手工芸を継承すると同時に、村の人々の貧困脱却と増収につなげている。(貴陽=新華社記者/楊文斌)=2020(令和2)年5月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020060508762

  • 2020年05月28日
    Uターン起業したトン族女性、伝統の染織工芸で貧困扶助貴州省

    5月28日、トン族伝統の木綿の手織り布を干す楊成蘭さん。中国貴州省榕江(ようこう)県栽麻鎮豊登トン寨に暮らす1980年代生まれのトン族女性、楊成蘭(よう・せいらん)さんは、2016年に夫とともに都会での仕事を辞め、故郷に戻って起業する道を選んだ。夫婦は空き家の2部屋を工房に改造し、故郷に伝わる機織り技術を生かして手織りの布や衣服、インテリア雑貨など一連のテキスタイル製品の生産・加工を行い、電子商取引(EC)プラットフォームで販売している。楊さんは18年、村に伝統織染合作社(協同組合)を設立し、村内および周辺集落の貧困世帯に出資を呼びかけた。地元の貧困世帯や村民の合作社への参加を促し、織りや染色、藍栽培などの産業に従事してもらうことで、民族に伝わる伝統の手工芸を継承すると同時に、村の人々の貧困脱却と増収につなげている。(貴陽=新華社記者/楊文斌)=2020(令和2)年5月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020060508820

  • 2020年05月28日
    Uターン起業したトン族女性、伝統の染織工芸で貧困扶助貴州省

    5月28日、合作社の貧困者支援作業場で布を織る楊成蘭さん。中国貴州省榕江(ようこう)県栽麻鎮豊登トン寨に暮らす1980年代生まれのトン族女性、楊成蘭(よう・せいらん)さんは、2016年に夫とともに都会での仕事を辞め、故郷に戻って起業する道を選んだ。夫婦は空き家の2部屋を工房に改造し、故郷に伝わる機織り技術を生かして手織りの布や衣服、インテリア雑貨など一連のテキスタイル製品の生産・加工を行い、電子商取引(EC)プラットフォームで販売している。楊さんは18年、村に伝統織染合作社(協同組合)を設立し、村内および周辺集落の貧困世帯に出資を呼びかけた。地元の貧困世帯や村民の合作社への参加を促し、織りや染色、藍栽培などの産業に従事してもらうことで、民族に伝わる伝統の手工芸を継承すると同時に、村の人々の貧困脱却と増収につなげている。(貴陽=新華社記者/楊文斌)=2020(令和2)年5月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020060508684

  • 2020年05月28日
    Uターン起業したトン族女性、伝統の染織工芸で貧困扶助貴州省

    5月28日、トン族伝統の木綿の手織り布を干す楊成蘭さん(左)。中国貴州省榕江(ようこう)県栽麻鎮豊登トン寨に暮らす1980年代生まれのトン族女性、楊成蘭(よう・せいらん)さんは、2016年に夫とともに都会での仕事を辞め、故郷に戻って起業する道を選んだ。夫婦は空き家の2部屋を工房に改造し、故郷に伝わる機織り技術を生かして手織りの布や衣服、インテリア雑貨など一連のテキスタイル製品の生産・加工を行い、電子商取引(EC)プラットフォームで販売している。楊さんは18年、村に伝統織染合作社(協同組合)を設立し、村内および周辺集落の貧困世帯に出資を呼びかけた。地元の貧困世帯や村民の合作社への参加を促し、織りや染色、藍栽培などの産業に従事してもらうことで、民族に伝わる伝統の手工芸を継承すると同時に、村の人々の貧困脱却と増収につなげている。(貴陽=新華社記者/楊文斌)=2020(令和2)年5月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020060508717

  • 2020年05月28日
    Uターン起業したトン族女性、伝統の染織工芸で貧困扶助貴州省

    5月28日、完成したトン族伝統の木綿の手織り布を整理する楊成蘭さん。中国貴州省榕江(ようこう)県栽麻鎮豊登トン寨に暮らす1980年代生まれのトン族女性、楊成蘭(よう・せいらん)さんは、2016年に夫とともに都会での仕事を辞め、故郷に戻って起業する道を選んだ。夫婦は空き家の2部屋を工房に改造し、故郷に伝わる機織り技術を生かして手織りの布や衣服、インテリア雑貨など一連のテキスタイル製品の生産・加工を行い、電子商取引(EC)プラットフォームで販売している。楊さんは18年、村に伝統織染合作社(協同組合)を設立し、村内および周辺集落の貧困世帯に出資を呼びかけた。地元の貧困世帯や村民の合作社への参加を促し、織りや染色、藍栽培などの産業に従事してもらうことで、民族に伝わる伝統の手工芸を継承すると同時に、村の人々の貧困脱却と増収につなげている。(貴陽=新華社記者/楊文斌)=2020(令和2)年5月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020060508734

  • 2020年05月28日
    Uターン起業したトン族女性、伝統の染織工芸で貧困扶助貴州省

    5月28日、植物染料で黒く染まった両手を見せる楊成蘭さん(手前)と弟子。中国貴州省榕江(ようこう)県栽麻鎮豊登トン寨に暮らす1980年代生まれのトン族女性、楊成蘭(よう・せいらん)さんは、2016年に夫とともに都会での仕事を辞め、故郷に戻って起業する道を選んだ。夫婦は空き家の2部屋を工房に改造し、故郷に伝わる機織り技術を生かして手織りの布や衣服、インテリア雑貨など一連のテキスタイル製品の生産・加工を行い、電子商取引(EC)プラットフォームで販売している。楊さんは18年、村に伝統織染合作社(協同組合)を設立し、村内および周辺集落の貧困世帯に出資を呼びかけた。地元の貧困世帯や村民の合作社への参加を促し、織りや染色、藍栽培などの産業に従事してもらうことで、民族に伝わる伝統の手工芸を継承すると同時に、村の人々の貧困脱却と増収につなげている。(貴陽=新華社記者/楊文斌)=2020(令和2)年5月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020060508769

  • 2020年05月28日
    Uターン起業したトン族女性、伝統の染織工芸で貧困貴州省

    5月28日、トン族伝統の木綿の手織り布の植物染め技法をスマートフォンでライブ配信する楊成蘭さん。中国貴州省榕江(ようこう)県栽麻鎮豊登トン寨に暮らす1980年代生まれのトン族女性、楊成蘭(よう・せいらん)さんは、2016年に夫とともに都会での仕事を辞め、故郷に戻って起業する道を選んだ。夫婦は空き家の2部屋を工房に改造し、故郷に伝わる機織り技術を生かして手織りの布や衣服、インテリア雑貨など一連のテキスタイル製品の生産・加工を行い、電子商取引(EC)プラットフォームで販売している。楊さんは18年、村に伝統織染合作社(協同組合)を設立し、村内および周辺集落の貧困世帯に出資を呼びかけた。地元の貧困世帯や村民の合作社への参加を促し、織りや染色、藍栽培などの産業に従事してもらうことで、民族に伝わる伝統の手工芸を継承すると同時に、村の人々の貧困脱却と増収につなげている。(貴陽=新華社記者/楊文斌)=2020(令和2)年5月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020060508818

  • 2020年05月28日
    Uターン起業したトン族女性、伝統の染織工芸で貧困扶助貴州省

    5月28日、手織り木綿の布で制作したスカーフを整理する楊成蘭さん。中国貴州省榕江(ようこう)県栽麻鎮豊登トン寨に暮らす1980年代生まれのトン族女性、楊成蘭(よう・せいらん)さんは、2016年に夫とともに都会での仕事を辞め、故郷に戻って起業する道を選んだ。夫婦は空き家の2部屋を工房に改造し、故郷に伝わる機織り技術を生かして手織りの布や衣服、インテリア雑貨など一連のテキスタイル製品の生産・加工を行い、電子商取引(EC)プラットフォームで販売している。楊さんは18年、村に伝統織染合作社(協同組合)を設立し、村内および周辺集落の貧困世帯に出資を呼びかけた。地元の貧困世帯や村民の合作社への参加を促し、織りや染色、藍栽培などの産業に従事してもらうことで、民族に伝わる伝統の手工芸を継承すると同時に、村の人々の貧困脱却と増収につなげている。(貴陽=新華社記者/楊文斌)=2020(令和2)年5月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020060508688

  • 2020年05月28日
    Uターン起業したトン族女性、伝統の染織工芸で貧困扶助貴州省

    5月28日、トン族伝統の木綿の手織り布を干す楊成蘭さん(右)と楊さんの母親。中国貴州省榕江(ようこう)県栽麻鎮豊登トン寨に暮らす1980年代生まれのトン族女性、楊成蘭(よう・せいらん)さんは、2016年に夫とともに都会での仕事を辞め、故郷に戻って起業する道を選んだ。夫婦は空き家の2部屋を工房に改造し、故郷に伝わる機織り技術を生かして手織りの布や衣服、インテリア雑貨など一連のテキスタイル製品の生産・加工を行い、電子商取引(EC)プラットフォームで販売している。楊さんは18年、村に伝統織染合作社(協同組合)を設立し、村内および周辺集落の貧困世帯に出資を呼びかけた。地元の貧困世帯や村民の合作社への参加を促し、織りや染色、藍栽培などの産業に従事してもらうことで、民族に伝わる伝統の手工芸を継承すると同時に、村の人々の貧困脱却と増収につなげている。(貴陽=新華社記者/楊文斌)=2020(令和2)年5月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020060508696

  • 2020年05月28日
    昔の子どもの姿を描いた清朝宮廷文化財展瀋陽故宮で開催

    28日、展示された清代の「青玉五谷豊登娃娃」。中国遼寧省瀋陽市の瀋陽故宮博物館で28日、「古趣童心-清朝宮廷文化財に見る子どもの世界」テーマ展が始まった。清代の貴重な文化財50点(セット)を展示。来場者は展示物を通して当時の子どもたちの生活を感じ取ることができる。(瀋陽=新華社記者/潘昱竜)=2020(令和2)年5月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020060209429

  • 2020年05月28日
    Uターン起業したトン族女性、伝統の染織工芸で貧困扶助貴州省

    5月28日、日に当てて乾かしたトン族伝統の木綿の手織り布を取り込んで帰る楊成蘭さん。中国貴州省榕江(ようこう)県栽麻鎮豊登トン寨に暮らす1980年代生まれのトン族女性、楊成蘭(よう・せいらん)さんは、2016年に夫とともに都会での仕事を辞め、故郷に戻って起業する道を選んだ。夫婦は空き家の2部屋を工房に改造し、故郷に伝わる機織り技術を生かして手織りの布や衣服、インテリア雑貨など一連のテキスタイル製品の生産・加工を行い、電子商取引(EC)プラットフォームで販売している。楊さんは18年、村に伝統織染合作社(協同組合)を設立し、村内および周辺集落の貧困世帯に出資を呼びかけた。地元の貧困世帯や村民の合作社への参加を促し、織りや染色、藍栽培などの産業に従事してもらうことで、民族に伝わる伝統の手工芸を継承すると同時に、村の人々の貧困脱却と増収につなげている。(貴陽=新華社記者/楊文斌)=2020(令和2)年5月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020060508777

  • 2020年09月06日
    秋のトン寨で伝統的な布づくりにいそしむ女性たち貴州省

    6日、榕江県栽麻鎮の豊登トン寨で、布づくりに必要な原料を集める地元の女性。秋を迎えた中国貴州省榕江(ようこう)県栽麻鎮のトン族集落「豊登(ほうとう)トン寨」では、少数民族の女性たちが同地の気候条件を利用して原料を集め、織りや染め、天日干しを行ない、民族的な特色を備えた布を丹精込めて制作している。(榕江=新華社記者/劉続)=2020(令和2)年9月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020091201256

  • 2020年09月06日
    秋のトン寨で伝統的な布づくりにいそしむ女性たち貴州省

    6日、榕江県栽麻鎮の豊登トン寨で、布地を平らにならす地元の女性たち。秋を迎えた中国貴州省榕江(ようこう)県栽麻鎮のトン族集落「豊登(ほうとう)トン寨」では、少数民族の女性たちが同地の気候条件を利用して原料を集め、織りや染め、天日干しを行ない、民族的な特色を備えた布を丹精込めて制作している。(榕江=新華社記者/劉続)=2020(令和2)年9月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020091201280

  • 2020年09月06日
    秋のトン寨で伝統的な布づくりにいそしむ女性たち貴州省

    6日、榕江県栽麻鎮の豊登トン寨で、布を織る地元の女性。秋を迎えた中国貴州省榕江(ようこう)県栽麻鎮のトン族集落「豊登(ほうとう)トン寨」では、少数民族の女性たちが同地の気候条件を利用して原料を集め、織りや染め、天日干しを行ない、民族的な特色を備えた布を丹精込めて制作している。(榕江=新華社記者/劉続)=2020(令和2)年9月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020091201330

  • 2020年09月06日
    秋のトン寨で伝統的な布づくりにいそしむ女性たち貴州省

    6日、榕江県栽麻鎮の豊登トン寨で、布を天日干しする地元の女性。秋を迎えた中国貴州省榕江(ようこう)県栽麻鎮のトン族集落「豊登(ほうとう)トン寨」では、少数民族の女性たちが同地の気候条件を利用して原料を集め、織りや染め、天日干しを行ない、民族的な特色を備えた布を丹精込めて制作している。(榕江=新華社記者/劉続)=2020(令和2)年9月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020091201248

  • 2020年09月06日
    秋のトン寨で伝統的な布づくりにいそしむ女性たち貴州省

    6日、榕江県栽麻鎮の豊登トン寨で、布を織る地元の女性たち。秋を迎えた中国貴州省榕江(ようこう)県栽麻鎮のトン族集落「豊登(ほうとう)トン寨」では、少数民族の女性たちが同地の気候条件を利用して原料を集め、織りや染め、天日干しを行ない、民族的な特色を備えた布を丹精込めて制作している。(榕江=新華社記者/劉続)=2020(令和2)年9月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020091201345

  • 2020年09月06日
    秋のトン寨で伝統的な布づくりにいそしむ女性たち貴州省

    6日、榕江県栽麻鎮の豊登トン寨で、布を天日干しする地元の女性。秋を迎えた中国貴州省榕江(ようこう)県栽麻鎮のトン族集落「豊登(ほうとう)トン寨」では、少数民族の女性たちが同地の気候条件を利用して原料を集め、織りや染め、天日干しを行ない、民族的な特色を備えた布を丹精込めて制作している。(榕江=新華社記者/劉続)=2020(令和2)年9月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020091201346

  • 2020年09月06日
    秋のトン寨で伝統的な布づくりにいそしむ女性たち貴州省

    6日、豊登トン寨に暮らす少数民族の女性が織り上げた布。秋を迎えた中国貴州省榕江(ようこう)県栽麻鎮のトン族集落「豊登(ほうとう)トン寨」では、少数民族の女性たちが同地の気候条件を利用して原料を集め、織りや染め、天日干しを行ない、民族的な特色を備えた布を丹精込めて制作している。(榕江=新華社記者/劉続)=2020(令和2)年9月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020091201306

  • 2020年09月06日
    秋のトン寨で伝統的な布づくりにいそしむ女性たち貴州省

    6日、榕江県栽麻鎮の豊登トン寨で、布を天日干しする地元の女性。秋を迎えた中国貴州省榕江(ようこう)県栽麻鎮のトン族集落「豊登(ほうとう)トン寨」では、少数民族の女性たちが同地の気候条件を利用して原料を集め、織りや染め、天日干しを行ない、民族的な特色を備えた布を丹精込めて制作している。(榕江=新華社記者/劉続)=2020(令和2)年9月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020091201337

  • 2020年09月06日
    秋のトン寨で伝統的な布づくりにいそしむ女性たち貴州省

    6日、榕江県栽麻鎮の豊登トン寨を流れる小川で、布を洗う地元の女性。秋を迎えた中国貴州省榕江(ようこう)県栽麻鎮のトン族集落「豊登(ほうとう)トン寨」では、少数民族の女性たちが同地の気候条件を利用して原料を集め、織りや染め、天日干しを行ない、民族的な特色を備えた布を丹精込めて制作している。(榕江=新華社記者/劉続)=2020(令和2)年9月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020091201320

  • 2020年09月06日
    秋のトン寨で伝統的な布づくりにいそしむ女性たち貴州省

    6日、榕江県栽麻鎮の豊登トン寨で、布を織る地元の女性。秋を迎えた中国貴州省榕江(ようこう)県栽麻鎮のトン族集落「豊登(ほうとう)トン寨」では、少数民族の女性たちが同地の気候条件を利用して原料を集め、織りや染め、天日干しを行ない、民族的な特色を備えた布を丹精込めて制作している。(榕江=新華社記者/劉続)=2020(令和2)年9月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020091201342

  • 2020年09月06日
    秋のトン寨で伝統的な布づくりにいそしむ女性たち貴州省

    6日、榕江県栽麻鎮の豊登トン寨で、布を整理する地元の女性。秋を迎えた中国貴州省榕江(ようこう)県栽麻鎮のトン族集落「豊登(ほうとう)トン寨」では、少数民族の女性たちが同地の気候条件を利用して原料を集め、織りや染め、天日干しを行ない、民族的な特色を備えた布を丹精込めて制作している。(榕江=新華社記者/劉続)=2020(令和2)年9月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020091201291

  • 2020年09月06日
    秋のトン寨で伝統的な布づくりにいそしむ女性たち貴州省

    6日、榕江県栽麻鎮の豊登トン寨で、布を織る地元の女性。秋を迎えた中国貴州省榕江(ようこう)県栽麻鎮のトン族集落「豊登(ほうとう)トン寨」では、少数民族の女性たちが同地の気候条件を利用して原料を集め、織りや染め、天日干しを行ない、民族的な特色を備えた布を丹精込めて制作している。(榕江=新華社記者/劉続)=2020(令和2)年9月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020091201344

  • 01:06.64
    2020年10月08日
    「新華社」手織りの布製品と体験型観光で貧困脱却を後押し貴州榕江県

    中国貴州省黔東南ミャオ族トン族自治州榕江県栽麻鎮にあるトン族の集落「豊登(とう)トン寨」は国慶節と中秋節の大型連休(1~8日)中、伝統的なトン族の生活を肌で感じようと訪れた観光客でにぎわっている。集落は現在、電子商取引(EC)のモデル村になっている。地元の若い女性、楊成蘭(よう・せいらん)さんは村の出身者として初めて大学に進学したが、都市での仕事を辞めて故郷に戻り起業した。トン族の土布(手織り布)製品を日本やオーストラリアなどの国へ販売し、村の人々の貧困脱却と増収をけん引している。今年は新型コロナウイルスの影響を受け、海外からの受注が多数キャンセルになったが、国内市場は有望で、ますます多くの観光客が体験型消費を求めて訪れている。また、多くの村人が民族伝統手工芸の継承に積極的に参加するようになっている。(記者/陳嬙、周宣妮)<映像内容>トン族の土布製品など、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020100901164

  • 1