KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 記者
  • 令和
  • 平成
  • 李安
  • 磁器
  • 歴史
  • 魅力
  • 生産
  • 鄭州
  • 国家

「豊県」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
191
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
191
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 1996年08月12日
    祝秀菊さん 「日本鬼子」と調査団に

    旧日本軍の細菌戦による被害の模様を語る祝秀菊さん=7月30日、中国・江西省広豊県(共同)(しゅく・しゅうぎく)

    商品コード: 1996081200044

  • 2001年03月02日
    直接選挙の投票 「草の根民主化」じわじわ

    村長直接選挙の会場となった小学校の校庭で投票する有権者=2月23日、中国吉林省東豊県安業村(共同)

    商品コード: 2001030200084

  • 2001年03月02日
    直接選挙の集計作業 「草の根民主化」じわじわ

    黒板に「正」の字を書き連ねての集計作業を見守る有権者ら=2月23日、中国吉林省東豊県安業村の小学校(共同)

    商品コード: 2001030200085

  • 2018年02月21日
    2千年の厄除けの習俗「儺」文化を伝える江西省南豊県の石郵村

    21日、江西省南豊県の石郵村で子どもに儺のお面をつける葉根明さん(左)。中国長江中流域や四川省、貴州省の山間部などに伝わる厄除けの習俗「儺」。「儺の郷」と称される江西省南豊県の三渓郷石郵村では、村の子供たちに同習俗を教える「子ども儺クラス」が開かれている。10歳から16歳までの子どもが参加するこのクラスでは、小さな「儺師」たちがお面をつけ、鮮やかな衣装をまとい、テンポに合わせて決められた動きで舞う。同県の儺の舞は2000年余りの歴史を有する。この伝統的な無形文化遺産である儺の文化を継承するため、現地の儺の舞伝承者である葉根明さんは、2006年から授業の合間や夏休み、冬休みなどに村の子どもたちに儺の舞を教えている。これまでの12年間で80人余りの小さな「儺師」を育ててきた。(南豊=新華社記者/万象)=2018(平成30)年2月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018022600541

  • 2018年02月21日
    2千年の厄除けの習俗「儺」文化を伝える江西省南豊県の石郵村

    21日、江西省南豊県の石郵村で子どもに演技を教える葉根明さん(右から2人目)。中国長江中流域や四川省、貴州省の山間部などに伝わる厄除けの習俗「儺」。「儺の郷」と称される江西省南豊県の三渓郷石郵村では、村の子供たちに同習俗を教える「子ども儺クラス」が開かれている。10歳から16歳までの子どもが参加するこのクラスでは、小さな「儺師」たちがお面をつけ、鮮やかな衣装をまとい、テンポに合わせて決められた動きで舞う。同県の儺の舞は2000年余りの歴史を有する。この伝統的な無形文化遺産である儺の文化を継承するため、現地の儺の舞伝承者である葉根明さんは、2006年から授業の合間や夏休み、冬休みなどに村の子どもたちに儺の舞を教えている。これまでの12年間で80人余りの小さな「儺師」を育ててきた。(南豊=新華社記者/万象)=2018(平成30)年2月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018022600551

  • 2018年02月21日
    2千年の厄除けの習俗「儺」文化を伝える江西省南豊県の石郵村

    21日、江西省南豊県の石郵村で儺の舞の練習をする子どもたち。中国長江中流域や四川省、貴州省の山間部などに伝わる厄除けの習俗「儺」。「儺の郷」と称される江西省南豊県の三渓郷石郵村では、村の子供たちに同習俗を教える「子ども儺クラス」が開かれている。10歳から16歳までの子どもが参加するこのクラスでは、小さな「儺師」たちがお面をつけ、鮮やかな衣装をまとい、テンポに合わせて決められた動きで舞う。同県の儺の舞は2000年余りの歴史を有する。この伝統的な無形文化遺産である儺の文化を継承するため、現地の儺の舞伝承者である葉根明さんは、2006年から授業の合間や夏休み、冬休みなどに村の子どもたちに儺の舞を教えている。これまでの12年間で80人余りの小さな「儺師」を育ててきた。(南豊=新華社記者/万象)=2018(平成30)年2月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018022600550

  • 2018年08月07日
    絵のような美しい風景が広がる雄大な北盤江

    7日、貴州省黔西南プイ族ミャオ族自治州貞豊県に位置する北盤江大峡谷の雄大な景色。(小型無人機から)立秋にあたる7日、中国貴州省黔西南プイ族ミャオ族自治州貞豊県には素晴らしい青空が広がった。カルストと丹霞地形で有名な同県の景勝地、北盤江大峡谷の岩壁と山林が照り輝く様子は壮大で美しい。(貞豊=新華社記者/陶亮)=2018(平成30)年8月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018080900505

  • 2018年08月07日
    絵のような美しい風景が広がる雄大な北盤江

    7日、貴州省黔西南プイ族ミャオ族自治州貞豊県に位置する北盤江大峡谷の雄大な景色。(小型無人機から)立秋にあたる7日、中国貴州省黔西南プイ族ミャオ族自治州貞豊県には素晴らしい青空が広がった。カルストと丹霞地形で有名な同県の景勝地、北盤江大峡谷の岩壁と山林が照り輝く様子は壮大で美しい。(貞豊=新華社記者/陶亮)=2018(平成30)年8月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018080900516

  • 2018年08月07日
    絵のような美しい風景が広がる雄大な北盤江

    7日、貴州省黔西南プイ族ミャオ族自治州貞豊県に位置する北盤江大峡谷の雄大な景色。(小型無人機から)立秋にあたる7日、中国貴州省黔西南プイ族ミャオ族自治州貞豊県には素晴らしい青空が広がった。カルストと丹霞地形で有名な同県の景勝地、北盤江大峡谷の岩壁と山林が照り輝く様子は壮大で美しい。(貞豊=新華社記者/陶亮)=2018(平成30)年8月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018080900501

  • 2018年08月07日
    絵のような美しい風景が広がる雄大な北盤江

    7日、貴州省黔西南プイ族ミャオ族自治州貞豊県に位置する北盤江大峡谷の雄大な景色。(小型無人機から)立秋にあたる7日、中国貴州省黔西南プイ族ミャオ族自治州貞豊県には素晴らしい青空が広がった。カルストと丹霞地形で有名な同県の景勝地、北盤江大峡谷の岩壁と山林が照り輝く様子は壮大で美しい。(貞豊=新華社記者/陶亮)=2018(平成30)年8月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018080900541

  • 2018年08月07日
    絵のような美しい風景が広がる雄大な北盤江

    7日、貴州省黔西南プイ族ミャオ族自治州貞豊県に位置する北盤江大峡谷の雄大な景色。(小型無人機から)立秋にあたる7日、中国貴州省黔西南プイ族ミャオ族自治州貞豊県には素晴らしい青空が広がった。カルストと丹霞地形で有名な同県の景勝地、北盤江大峡谷の岩壁と山林が照り輝く様子は壮大で美しい。(貞豊=新華社記者/陶亮)=2018(平成30)年8月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018080900546

  • 2018年10月23日
    「霜降」迎え秋深まる中国美景に酔いしれる

    23日、江西省吉安(きつあん)市永豊県七都郷で、農業機械を使い晩稲を収穫する農民。(小型無人機から)二十四節気の一つ「霜降(そうこう)」の23日、中国各地では秋が深まり、美しい景色に多くの人が酔いしれた。(吉安=新華社配信/劉浩軍)=2018(平成30)年10月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018103000120

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年11月24日
    吉林省東豊県の機械工場で爆発·火災2人死亡57人負傷

    24日、吉林省遼源市東豊県の病院で、負傷者を手当てする医者。23日午後11時40分(日本時間24日午前0時40分)ごろ、中国吉林省遼源市東豊県三合郷にある吉林省江城機械公司の工場で、爆発による火災が発生した。24日午後0時40分現在、2人が死亡(うち1人は病院で死亡)し、57人が負傷、住宅370棟が被害に遭った。現場では引き続き救助活動が行われており、具体的な状況についての確認作業も進められている。(長春=新華社記者/林宏)=2018(平成30)年11月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018112615626

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年11月24日
    吉林省東豊県の機械工場で爆発·火災2人死亡57人負傷

    24日、事故現場で消火活動と残火処理を行う消防隊員。(小型無人機から)23日午後11時40分(日本時間24日午前0時40分)ごろ、中国吉林省遼源市東豊県三合郷にある吉林省江城機械公司の工場で、爆発による火災が発生した。24日午後0時40分現在、2人が死亡(うち1人は病院で死亡)し、57人が負傷、住宅370棟が被害に遭った。現場では引き続き救助活動が行われており、具体的な状況についての確認作業も進められている。(長春=新華社記者/林宏)=2018(平成30)年11月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018112615724

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年11月24日
    吉林省東豊県の機械工場で爆発·火災2人死亡57人負傷

    24日、吉林省遼源市東豊県の爆発事故現場と周辺の様子。(小型無人機から)23日午後11時40分(日本時間24日午前0時40分)ごろ、中国吉林省遼源市東豊県三合郷にある吉林省江城機械公司の工場で、爆発による火災が発生した。24日午後0時40分現在、2人が死亡(うち1人は病院で死亡)し、57人が負傷、住宅370棟が被害に遭った。現場では引き続き救助活動が行われており、具体的な状況についての確認作業も進められている。(長春=新華社記者/林宏)=2018(平成30)年11月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018112615701

  • 2018年12月06日
    唐崖土司に伝わるグルメ「八大碗」湖北省咸豊県

    6日に撮影した「八大碗」の一つ、ゆで豆腐。世界遺産に登録されている土司(どし)遺跡群の一つとして有名な中国湖北省恩施トゥチャ族ミャオ族自治州咸豊県にある唐崖(とうがい)土司。同地に伝わる「八大碗」は、豚のもも肉、豚の角煮の一種「坨坨肉」(トートーロー)、皮付き豚バラ肉の蒸し物、トゥチャ族の伝統的揚げ餅「油粑粑」(ヨウバーバー)、厚揚げ、ニンジンとスペアリブの煮物、ゆで豆腐、キクラゲからなる8品の料理で、唐崖土司が文官や武将、身分の高い客をもてなすために提供した宴会料理。正方形のテーブル「八仙卓」に8人の客が座り「八大碗」を食べる風習が今日まで伝えられている。現在では地元の人々に愛され、祝い事や来客をもてなす際に欠かせない料理となっている。(咸豊=新華社配信/楊順丕)=2018(平成30)年12月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018121110035

  • 2018年12月06日
    唐崖土司に伝わるグルメ「八大碗」湖北省咸豊県

    6日に撮影した「八大碗」の一つ、厚揚げ。世界遺産に登録されている土司(どし)遺跡群の一つとして有名な中国湖北省恩施トゥチャ族ミャオ族自治州咸豊県にある唐崖(とうがい)土司。同地に伝わる「八大碗」は、豚のもも肉、豚の角煮の一種「坨坨肉」(トートーロー)、皮付き豚バラ肉の蒸し物、トゥチャ族の伝統的揚げ餅「油粑粑」(ヨウバーバー)、厚揚げ、ニンジンとスペアリブの煮物、ゆで豆腐、キクラゲからなる8品の料理で、唐崖土司が文官や武将、身分の高い客をもてなすために提供した宴会料理。正方形のテーブル「八仙卓」に8人の客が座り「八大碗」を食べる風習が今日まで伝えられている。現在では地元の人々に愛され、祝い事や来客をもてなす際に欠かせない料理となっている。(咸豊=新華社配信/楊順丕)=2018(平成30)年12月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018121109479

  • 2018年12月06日
    唐崖土司に伝わるグルメ「八大碗」湖北省咸豊県

    6日に撮影した「八大碗」の一つ、キクラゲの料理。世界遺産に登録されている土司(どし)遺跡群の一つとして有名な中国湖北省恩施トゥチャ族ミャオ族自治州咸豊県にある唐崖(とうがい)土司。同地に伝わる「八大碗」は、豚のもも肉、豚の角煮の一種「坨坨肉」(トートーロー)、皮付き豚バラ肉の蒸し物、トゥチャ族の伝統的揚げ餅「油粑粑」(ヨウバーバー)、厚揚げ、ニンジンとスペアリブの煮物、ゆで豆腐、キクラゲからなる8品の料理で、唐崖土司が文官や武将、身分の高い客をもてなすために提供した宴会料理。正方形のテーブル「八仙卓」に8人の客が座り「八大碗」を食べる風習が今日まで伝えられている。現在では地元の人々に愛され、祝い事や来客をもてなす際に欠かせない料理となっている。(咸豊=新華社配信/楊順丕)=2018(平成30)年12月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018121109838

  • 2018年12月06日
    唐崖土司に伝わるグルメ「八大碗」湖北省咸豊県

    6日に撮影した「八大碗」の一つ、油粑粑。世界遺産に登録されている土司(どし)遺跡群の一つとして有名な中国湖北省恩施トゥチャ族ミャオ族自治州咸豊県にある唐崖(とうがい)土司。同地に伝わる「八大碗」は、豚のもも肉、豚の角煮の一種「坨坨肉」(トートーロー)、皮付き豚バラ肉の蒸し物、トゥチャ族の伝統的揚げ餅「油粑粑」(ヨウバーバー)、厚揚げ、ニンジンとスペアリブの煮物、ゆで豆腐、キクラゲからなる8品の料理で、唐崖土司が文官や武将、身分の高い客をもてなすために提供した宴会料理。正方形のテーブル「八仙卓」に8人の客が座り「八大碗」を食べる風習が今日まで伝えられている。現在では地元の人々に愛され、祝い事や来客をもてなす際に欠かせない料理となっている。(咸豊=新華社配信/楊順丕)=2018(平成30)年12月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018121110031

  • 2018年12月06日
    唐崖土司に伝わるグルメ「八大碗」湖北省咸豊県

    6日に撮影した皮付き豚バラ肉の蒸し物の調理風景。世界遺産に登録されている土司(どし)遺跡群の一つとして有名な中国湖北省恩施トゥチャ族ミャオ族自治州咸豊県にある唐崖(とうがい)土司。同地に伝わる「八大碗」は、豚のもも肉、豚の角煮の一種「坨坨肉」(トートーロー)、皮付き豚バラ肉の蒸し物、トゥチャ族の伝統的揚げ餅「油粑粑」(ヨウバーバー)、厚揚げ、ニンジンとスペアリブの煮物、ゆで豆腐、キクラゲからなる8品の料理で、唐崖土司が文官や武将、身分の高い客をもてなすために提供した宴会料理。正方形のテーブル「八仙卓」に8人の客が座り「八大碗」を食べる風習が今日まで伝えられている。現在では地元の人々に愛され、祝い事や来客をもてなす際に欠かせない料理となっている。(咸豊=新華社配信/楊順丕)=2018(平成30)年12月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018121109793

  • 2018年12月06日
    唐崖土司に伝わるグルメ「八大碗」湖北省咸豊県

    6日に撮影した厚揚げの調理風景。世界遺産に登録されている土司(どし)遺跡群の一つとして有名な中国湖北省恩施トゥチャ族ミャオ族自治州咸豊県にある唐崖(とうがい)土司。同地に伝わる「八大碗」は、豚のもも肉、豚の角煮の一種「坨坨肉」(トートーロー)、皮付き豚バラ肉の蒸し物、トゥチャ族の伝統的揚げ餅「油粑粑」(ヨウバーバー)、厚揚げ、ニンジンとスペアリブの煮物、ゆで豆腐、キクラゲからなる8品の料理で、唐崖土司が文官や武将、身分の高い客をもてなすために提供した宴会料理。正方形のテーブル「八仙卓」に8人の客が座り「八大碗」を食べる風習が今日まで伝えられている。現在では地元の人々に愛され、祝い事や来客をもてなす際に欠かせない料理となっている。(咸豊=新華社配信/楊順丕)=2018(平成30)年12月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018121109962

  • 2018年12月06日
    唐崖土司に伝わるグルメ「八大碗」湖北省咸豊県

    6日、トロトロに煮立った坨坨肉の調理風景。世界遺産に登録されている土司(どし)遺跡群の一つとして有名な中国湖北省恩施トゥチャ族ミャオ族自治州咸豊県にある唐崖(とうがい)土司。同地に伝わる「八大碗」は、豚のもも肉、豚の角煮の一種「坨坨肉」(トートーロー)、皮付き豚バラ肉の蒸し物、トゥチャ族の伝統的揚げ餅「油粑粑」(ヨウバーバー)、厚揚げ、ニンジンとスペアリブの煮物、ゆで豆腐、キクラゲからなる8品の料理で、唐崖土司が文官や武将、身分の高い客をもてなすために提供した宴会料理。正方形のテーブル「八仙卓」に8人の客が座り「八大碗」を食べる風習が今日まで伝えられている。現在では地元の人々に愛され、祝い事や来客をもてなす際に欠かせない料理となっている。(咸豊=新華社配信/楊順丕)=2018(平成30)年12月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018121109890

  • 2018年12月06日
    唐崖土司に伝わるグルメ「八大碗」湖北省咸豊県

    6日に撮影した唐崖土司の「八大碗」。世界遺産に登録されている土司(どし)遺跡群の一つとして有名な中国湖北省恩施トゥチャ族ミャオ族自治州咸豊県にある唐崖(とうがい)土司。同地に伝わる「八大碗」は、豚のもも肉、豚の角煮の一種「坨坨肉」(トートーロー)、皮付き豚バラ肉の蒸し物、トゥチャ族の伝統的揚げ餅「油粑粑」(ヨウバーバー)、厚揚げ、ニンジンとスペアリブの煮物、ゆで豆腐、キクラゲからなる8品の料理で、唐崖土司が文官や武将、身分の高い客をもてなすために提供した宴会料理。正方形のテーブル「八仙卓」に8人の客が座り「八大碗」を食べる風習が今日まで伝えられている。現在では地元の人々に愛され、祝い事や来客をもてなす際に欠かせない料理となっている。(咸豊=新華社配信/楊順丕)=2018(平成30)年12月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018121109697

  • 2018年12月06日
    唐崖土司に伝わるグルメ「八大碗」湖北省咸豊県

    6日に撮影したニンジンとスペアリブの煮物の調理風景。世界遺産に登録されている土司(どし)遺跡群の一つとして有名な中国湖北省恩施トゥチャ族ミャオ族自治州咸豊県にある唐崖(とうがい)土司。同地に伝わる「八大碗」は、豚のもも肉、豚の角煮の一種「坨坨肉」(トートーロー)、皮付き豚バラ肉の蒸し物、トゥチャ族の伝統的揚げ餅「油粑粑」(ヨウバーバー)、厚揚げ、ニンジンとスペアリブの煮物、ゆで豆腐、キクラゲからなる8品の料理で、唐崖土司が文官や武将、身分の高い客をもてなすために提供した宴会料理。正方形のテーブル「八仙卓」に8人の客が座り「八大碗」を食べる風習が今日まで伝えられている。現在では地元の人々に愛され、祝い事や来客をもてなす際に欠かせない料理となっている。(咸豊=新華社配信/楊順丕)=2018(平成30)年12月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018121109848

  • 2018年12月06日
    唐崖土司に伝わるグルメ「八大碗」湖北省咸豊県

    6日、豚のもも肉料理の調理風景。世界遺産に登録されている土司(どし)遺跡群の一つとして有名な中国湖北省恩施トゥチャ族ミャオ族自治州咸豊県にある唐崖(とうがい)土司。同地に伝わる「八大碗」は、豚のもも肉、豚の角煮の一種「坨坨肉」(トートーロー)、皮付き豚バラ肉の蒸し物、トゥチャ族の伝統的揚げ餅「油粑粑」(ヨウバーバー)、厚揚げ、ニンジンとスペアリブの煮物、ゆで豆腐、キクラゲからなる8品の料理で、唐崖土司が文官や武将、身分の高い客をもてなすために提供した宴会料理。正方形のテーブル「八仙卓」に8人の客が座り「八大碗」を食べる風習が今日まで伝えられている。現在では地元の人々に愛され、祝い事や来客をもてなす際に欠かせない料理となっている。(咸豊=新華社配信/楊順丕)=2018(平成30)年12月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018121110026

  • 2019年02月13日
    儺舞でにぎやかに新春を祝う江西省南豊県

    13日、南豊県白舎鎮田東村で儺舞を披露する踊り手。中国江西省撫州(ぶしゅう)市南豊県で旧正月期間中、古代舞踊の儺舞(なぶ)の踊り手である儺師(なし)たちは、村を練り歩いて儺舞を踊ったり福を祈ったりして、にぎやかに新春を迎えた。同県の儺舞は悠久の歴史を持ち、儺班(儺舞劇団)は毎年旧暦元旦に神霊を招く儀式「起儺」を行い、元宵節(旧暦1月15日)後3日以内に「収儺」と呼ばれる終わりの儀式を迎える。(南豊=新華社記者/胡晨歓)=2019(平成31)年2月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019021501788

  • 2019年02月13日
    儺舞でにぎやかに新春を祝う江西省南豊県

    13日、南豊県白舎鎮田東村で、儺舞の後、線香をあげて幸福を祈る村民。中国江西省撫州(ぶしゅう)市南豊県で旧正月期間中、古代舞踊の儺舞(なぶ)の踊り手である儺師(なし)たちは、村を練り歩いて儺舞を踊ったり福を祈ったりして、にぎやかに新春を迎えた。同県の儺舞は悠久の歴史を持ち、儺班(儺舞劇団)は毎年旧暦元旦に神霊を招く儀式「起儺」を行い、元宵節(旧暦1月15日)後3日以内に「収儺」と呼ばれる終わりの儀式を迎える。(南豊=新華社記者/胡晨歓)=2019(平成31)年2月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019021501783

  • 2019年02月13日
    儺舞でにぎやかに新春を祝う江西省南豊県

    13日、南豊県白舎鎮田東村で、出演前に化粧する踊り手。中国江西省撫州(ぶしゅう)市南豊県で旧正月期間中、古代舞踊の儺舞(なぶ)の踊り手である儺師(なし)たちは、村を練り歩いて儺舞を踊ったり福を祈ったりして、にぎやかに新春を迎えた。同県の儺舞は悠久の歴史を持ち、儺班(儺舞劇団)は毎年旧暦元旦に神霊を招く儀式「起儺」を行い、元宵節(旧暦1月15日)後3日以内に「収儺」と呼ばれる終わりの儀式を迎える。(南豊=新華社記者/胡晨歓)=2019(平成31)年2月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019021501782

  • 2019年02月13日
    儺舞でにぎやかに新春を祝う江西省南豊県

    13日、南豊県白舎鎮田東村で儺舞を披露する踊り手。中国江西省撫州(ぶしゅう)市南豊県で旧正月期間中、古代舞踊の儺舞(なぶ)の踊り手である儺師(なし)たちは、村を練り歩いて儺舞を踊ったり福を祈ったりして、にぎやかに新春を迎えた。同県の儺舞は悠久の歴史を持ち、儺班(儺舞劇団)は毎年旧暦元旦に神霊を招く儀式「起儺」を行い、元宵節(旧暦1月15日)後3日以内に「収儺」と呼ばれる終わりの儀式を迎える。(南豊=新華社記者/胡晨歓)=2019(平成31)年2月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019021501775

  • 2019年02月13日
    儺舞でにぎやかに新春を祝う江西省南豊県

    13日、南豊県白舎鎮田東村で撮影した儺舞で用いるお面。中国江西省撫州(ぶしゅう)市南豊県で旧正月期間中、古代舞踊の儺舞(なぶ)の踊り手である儺師(なし)たちは、村を練り歩いて儺舞を踊ったり福を祈ったりして、にぎやかに新春を迎えた。同県の儺舞は悠久の歴史を持ち、儺班(儺舞劇団)は毎年旧暦元旦に神霊を招く儀式「起儺」を行い、元宵節(旧暦1月15日)後3日以内に「収儺」と呼ばれる終わりの儀式を迎える。(南豊=新華社記者/胡晨歓)=2019(平成31)年2月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019021501751

  • 2019年02月14日
    儺舞でにぎやかに新春を祝う江西省南豊県

    14日、南豊県白舎鎮田東村で、儺舞の後に線香をあげて幸福を祈る村民。中国江西省撫州(ぶしゅう)市南豊県で旧正月期間中、古代舞踊の儺舞(なぶ)の踊り手である儺師(なし)たちは、村を練り歩いて儺舞を踊ったり福を祈ったりして、にぎやかに新春を迎えた。同県の儺舞は悠久の歴史を持ち、儺班(儺舞劇団)は毎年旧暦元旦に神霊を招く儀式「起儺」を行い、元宵節(旧暦1月15日)後3日以内に「収儺」と呼ばれる終わりの儀式を迎える。(南豊=新華社記者/胡晨歓)=2019(平成31)年2月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019021501739

  • 2019年02月17日
    語り物芸能の祭典「馬街書会」が開幕河南省宝豊県

    17日、馬街書会の会場で見事な伝統演芸を楽しむ人々。(小型無人機から)中国各地方の民間の語り物芸能が一堂に会する毎年恒例の馬街書会が17日、中国河南省平頂山市宝豊県で開幕した。同県馬街村の麦畑に設けられた会場に、楽器を携えて全国各地から集まった演芸伝承者たちは、河南墜子(かなんついし)、京韻大鼓(きょういんだいこ)、鳳陽花鼓(ほうようかこ)などの伝統演芸を披露した。700年以上の歴史を持つ馬街書会は国の無形文化遺産に指定されており、同村の文化代名詞にもなっている。(平頂山=新華社記者/李嘉南)=2019(平成31)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019022003074

  • 2019年02月17日
    語り物芸能の祭典「馬街書会」が開幕河南省宝豊県

    17日、馬街書会の会場で見事な芸を披露する伝統演芸伝承者。中国各地方の民間の語り物芸能が一堂に会する毎年恒例の馬街書会が17日、中国河南省平頂山市宝豊県で開幕した。同県馬街村の麦畑に設けられた会場に、楽器を携えて全国各地から集まった演芸伝承者たちは、河南墜子(かなんついし)、京韻大鼓(きょういんだいこ)、鳳陽花鼓(ほうようかこ)などの伝統演芸を披露した。700年以上の歴史を持つ馬街書会は国の無形文化遺産に指定されており、同村の文化代名詞にもなっている。(平頂山=新華社記者/李嘉南)=2019(平成31)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019022003075

  • 2019年02月17日
    語り物芸能の祭典「馬街書会」が開幕河南省宝豊県

    17日、馬街書会の会場で見事な芸を披露する伝統演芸伝承者。中国各地方の民間の語り物芸能が一堂に会する毎年恒例の馬街書会が17日、中国河南省平頂山市宝豊県で開幕した。同県馬街村の麦畑に設けられた会場に、楽器を携えて全国各地から集まった演芸伝承者たちは、河南墜子(かなんついし)、京韻大鼓(きょういんだいこ)、鳳陽花鼓(ほうようかこ)などの伝統演芸を披露した。700年以上の歴史を持つ馬街書会は国の無形文化遺産に指定されており、同村の文化代名詞にもなっている。(平頂山=新華社記者/李嘉南)=2019(平成31)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019022003109

  • 2019年02月17日
    語り物芸能の祭典「馬街書会」が開幕河南省宝豊県

    17日、馬街書会の会場で見事な芸を披露する伝統演芸伝承者。中国各地方の民間の語り物芸能が一堂に会する毎年恒例の馬街書会が17日、中国河南省平頂山市宝豊県で開幕した。同県馬街村の麦畑に設けられた会場に、楽器を携えて全国各地から集まった演芸伝承者たちは、河南墜子(かなんついし)、京韻大鼓(きょういんだいこ)、鳳陽花鼓(ほうようかこ)などの伝統演芸を披露した。700年以上の歴史を持つ馬街書会は国の無形文化遺産に指定されており、同村の文化代名詞にもなっている。(平頂山=新華社記者/李嘉南)=2019(平成31)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019022003016

  • 2019年02月17日
    語り物芸能の祭典「馬街書会」が開幕河南省宝豊県

    17日、馬街書会の会場で見事な芸を披露する伝統演芸伝承者。中国各地方の民間の語り物芸能が一堂に会する毎年恒例の馬街書会が17日、中国河南省平頂山市宝豊県で開幕した。同県馬街村の麦畑に設けられた会場に、楽器を携えて全国各地から集まった演芸伝承者たちは、河南墜子(かなんついし)、京韻大鼓(きょういんだいこ)、鳳陽花鼓(ほうようかこ)などの伝統演芸を披露した。700年以上の歴史を持つ馬街書会は国の無形文化遺産に指定されており、同村の文化代名詞にもなっている。(平頂山=新華社記者/李嘉南)=2019(平成31)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019022003026

  • 2019年02月17日
    語り物芸能の祭典「馬街書会」が開幕河南省宝豊県

    17日、馬街書会の会場で見事な芸を披露する伝統演芸伝承者。中国各地方の民間の語り物芸能が一堂に会する毎年恒例の馬街書会が17日、中国河南省平頂山市宝豊県で開幕した。同県馬街村の麦畑に設けられた会場に、楽器を携えて全国各地から集まった演芸伝承者たちは、河南墜子(かなんついし)、京韻大鼓(きょういんだいこ)、鳳陽花鼓(ほうようかこ)などの伝統演芸を披露した。700年以上の歴史を持つ馬街書会は国の無形文化遺産に指定されており、同村の文化代名詞にもなっている。(平頂山=新華社記者/李嘉南)=2019(平成31)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019022003090

  • 2019年02月17日
    語り物芸能の祭典「馬街書会」が開幕河南省宝豊県

    17日、馬街書会の会場で見事な芸を披露する伝統演芸伝承者。中国各地方の民間の語り物芸能が一堂に会する毎年恒例の馬街書会が17日、中国河南省平頂山市宝豊県で開幕した。同県馬街村の麦畑に設けられた会場に、楽器を携えて全国各地から集まった演芸伝承者たちは、河南墜子(かなんついし)、京韻大鼓(きょういんだいこ)、鳳陽花鼓(ほうようかこ)などの伝統演芸を披露した。700年以上の歴史を持つ馬街書会は国の無形文化遺産に指定されており、同村の文化代名詞にもなっている。(平頂山=新華社記者/李嘉南)=2019(平成31)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019022003058

  • 2019年02月17日
    語り物芸能の祭典「馬街書会」が開幕河南省宝豊県

    17日、馬街書会の会場で見事な芸を披露する伝統演芸伝承者。中国各地方の民間の語り物芸能が一堂に会する毎年恒例の馬街書会が17日、中国河南省平頂山市宝豊県で開幕した。同県馬街村の麦畑に設けられた会場に、楽器を携えて全国各地から集まった演芸伝承者たちは、河南墜子(かなんついし)、京韻大鼓(きょういんだいこ)、鳳陽花鼓(ほうようかこ)などの伝統演芸を披露した。700年以上の歴史を持つ馬街書会は国の無形文化遺産に指定されており、同村の文化代名詞にもなっている。(平頂山=新華社記者/李嘉南)=2019(平成31)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019022003088

  • 03:36.66
    2019年02月17日
    「新華社」馬街書会——麦畑で上演される語り物芸能大会河南省

    全国各地の「説書」(せっしょ、民間の語り物芸の総称)演芸伝承者たちが17日、楽器を携え中国河南省宝豊県馬街村に集まってきた。広々とした会場で語り物芸能を介して交流し、語りや演奏の芸を披露した。そこかしこから沸き起こる語りの声の中、700年以上続いてきた馬街書会が開幕した。今年の馬街書会も例年通り、馬街村の一面に広がる麦畑の中で行われた。同書会の主要なイベントは、馬街書会第14回全国優秀曲芸演目公演や第7回国指定無形文化遺産民間芸能公演など13を数える。全国から集まった民間芸能伝承者らは馬街村の麦畑で、車の上にステージを組んだり、演台の前に立ったり、地面に座ったり、さまざまなスタイルで「河南墜子」(かなんついし、河南省の墜胡の伴奏で行う語り物芸能)、「京韻大鼓」(きょういんだいこ、河北省の書鼓や板を打ちながら行う語り物芸能)、「山東琴書」(さんとうきんしょ、山東省の揚琴の伴奏で行う語り物芸能)、「鳳陽花鼓」(ほうようかこ、安徽省の歌や語りを中心とした出し物)などの伝統的な語り物演芸を披露した。馬街はかつて馬渡店(ばとてん)と呼ばれ、「商人が集まる物産の集散地」として栄えた。700年以上続く馬街書会はこの地で生まれた。その上演形式は武骨で飾り気がなく、独特の民間芸術上演の魅力と豊かな文化的奥行きを持つことから、民間の芸人や地元の人々に深く愛されてきた。近年、伝統演芸の衰退現象が見られ、馬街書会も一時は参加する芸人が減少する事態に直面した。2006年、馬街書会が国の無形文化遺産に第1陣で指定されると、地元政府は専門チームを組織して馬街書会の会場を全方位から撮影して記録したり、書会にやって来る民間芸能伝承者のために補助金を出すなど支援を拡大・強化しており、馬街書会は再びにぎわいを取り戻しつつある。(記者/張彩霞、尚崑崙、楊金鑫、姜亮、楊静)<映像内容>中国の語り物芸能大会「馬街書会」の様子、撮影日:2019(平成31)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019022003165

  • 2019年02月17日
    語り物芸能の祭典「馬街書会」が開幕河南省宝豊県

    17日、馬街書会の会場で見事な芸を披露する伝統演芸伝承者。中国各地方の民間の語り物芸能が一堂に会する毎年恒例の馬街書会が17日、中国河南省平頂山市宝豊県で開幕した。同県馬街村の麦畑に設けられた会場に、楽器を携えて全国各地から集まった演芸伝承者たちは、河南墜子(かなんついし)、京韻大鼓(きょういんだいこ)、鳳陽花鼓(ほうようかこ)などの伝統演芸を披露した。700年以上の歴史を持つ馬街書会は国の無形文化遺産に指定されており、同村の文化代名詞にもなっている。(平頂山=新華社記者/李嘉南)=2019(平成31)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019022003076

  • 2019年02月17日
    語り物芸能の祭典「馬街書会」が開幕河南省宝豊県

    17日、馬街書会の会場で見事な芸を披露する伝統演芸伝承者。中国各地方の民間の語り物芸能が一堂に会する毎年恒例の馬街書会が17日、中国河南省平頂山市宝豊県で開幕した。同県馬街村の麦畑に設けられた会場に、楽器を携えて全国各地から集まった演芸伝承者たちは、河南墜子(かなんついし)、京韻大鼓(きょういんだいこ)、鳳陽花鼓(ほうようかこ)などの伝統演芸を披露した。700年以上の歴史を持つ馬街書会は国の無形文化遺産に指定されており、同村の文化代名詞にもなっている。(平頂山=新華社記者/李嘉南)=2019(平成31)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019022003040

  • 2019年02月17日
    語り物芸能の祭典「馬街書会」が開幕河南省宝豊県

    17日、馬街書会の会場で見事な芸を披露する伝統演芸伝承者。中国各地方の民間の語り物芸能が一堂に会する毎年恒例の馬街書会が17日、中国河南省平頂山市宝豊県で開幕した。同県馬街村の麦畑に設けられた会場に、楽器を携えて全国各地から集まった演芸伝承者たちは、河南墜子(かなんついし)、京韻大鼓(きょういんだいこ)、鳳陽花鼓(ほうようかこ)などの伝統演芸を披露した。700年以上の歴史を持つ馬街書会は国の無形文化遺産に指定されており、同村の文化代名詞にもなっている。(平頂山=新華社記者/李嘉南)=2019(平成31)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019022003089

  • 2019年02月17日
    語り物芸能の祭典「馬街書会」が開幕河南省宝豊県

    17日、馬街書会の会場で見事な伝統演芸を楽しむ人々。(小型無人機から)中国各地方の民間の語り物芸能が一堂に会する毎年恒例の馬街書会が17日、中国河南省平頂山市宝豊県で開幕した。同県馬街村の麦畑に設けられた会場に、楽器を携えて全国各地から集まった演芸伝承者たちは、河南墜子(かなんついし)、京韻大鼓(きょういんだいこ)、鳳陽花鼓(ほうようかこ)などの伝統演芸を披露した。700年以上の歴史を持つ馬街書会は国の無形文化遺産に指定されており、同村の文化代名詞にもなっている。(平頂山=新華社記者/李嘉南)=2019(平成31)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019022003032

  • 2019年02月17日
    語り物芸能の祭典「馬街書会」が開幕河南省宝豊県

    17日、馬街書会の会場で見事な芸を披露する伝統演芸伝承者。中国各地方の民間の語り物芸能が一堂に会する毎年恒例の馬街書会が17日、中国河南省平頂山市宝豊県で開幕した。同県馬街村の麦畑に設けられた会場に、楽器を携えて全国各地から集まった演芸伝承者たちは、河南墜子(かなんついし)、京韻大鼓(きょういんだいこ)、鳳陽花鼓(ほうようかこ)などの伝統演芸を披露した。700年以上の歴史を持つ馬街書会は国の無形文化遺産に指定されており、同村の文化代名詞にもなっている。(平頂山=新華社記者/李嘉南)=2019(平成31)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019022003066

  • 2019年02月19日
    二十四節気「雨水」中国各地で畑仕事に励む人々

    19日、江西省吉安市永豊県の恩江渠灌区の畑で作業に向かう村民。(小型無人機から)19日は二十四節気の「雨水」。中国の農民が畑仕事を始める時期でもあり、全国各地の畑では忙しそうに働く農家の姿が見られた。(吉安=新華社配信/劉浩軍)=2019(平成31)年2月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019022604070

  • 2019年02月25日
    春の繁忙期到来、農作業に勤しむ中国各地の農家

    25日、江西省吉安市永豊県の七都郷で、野菜畑の手入れをする農家の人。早春のこの時期、中国の各地では春の耕作シーズンを迎え、農家の人たちが美しい田園風景のなかで農作業に追われる光景があちこちで見られるようになった。(吉安=新華社配信/劉浩軍)=2019(平成31)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019022701319

  • 2019年02月27日
    菜の花が見頃一面に広がる黄金のじゅうたん

    27日、江西省吉安市永豊県七都郷の恩江灌区に広がる菜の花畑で、農作業に励む農家の人。中国各地の菜の花がこのほど見頃を迎えた。(吉安=新華社配信/劉浩軍)=2019(平成31)年2月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019030107025

  • 2019年03月13日
    「磁器の至宝」汝窯青磁の魅力に迫る河南省

    河南省汝州市にある汝窯青磁メーカーの展示ホールに並んだ作品。(3月13日撮影)かつて中国河南省臨汝県付近一帯にあった青磁窯、「汝窯(じょよう)」で焼かれた汝窯青磁(じょようせいじ)は、爽やかなで優美な青色と玉(ぎょく)のようなまろやかさから、「磁器の至宝」と称される。北宋晩期に宮廷用として盛んに作られていたが、制作されていた期間が短かったため、現代に残っているものは極めて少ない。また、北宋末期には戦乱で破壊されたことから、汝窯青磁の制作技術の伝承は途絶えていた。そんな中、汝磁の制作技術を復活させようと、職人たちが半世紀あまりにわたってさまざまな難関を克服しながら、その継承に取り組んできた。汝窯青磁の制作技術は2011年に国務院により第3次国家級無形文化遺産リストに登録された。今では汝窯青磁の研究開発や生産を手がけるメーカーが、河南省平頂山市宝豊県および汝州市一帯に多数存在し、多くの汝窯青磁が海外に輸出・販売されている。(汝州=新華社記者/李安)=2019(平成31)年3月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120200496

  • 2019年03月13日
    「磁器の至宝」汝窯青磁の魅力に迫る河南省

    河南省汝州市にある汝窯青磁メーカーの展示ホールで、作品をみつめる来場者。(3月13日撮影)かつて中国河南省臨汝県付近一帯にあった青磁窯、「汝窯(じょよう)」で焼かれた汝窯青磁(じょようせいじ)は、爽やかなで優美な青色と玉(ぎょく)のようなまろやかさから、「磁器の至宝」と称される。北宋晩期に宮廷用として盛んに作られていたが、制作されていた期間が短かったため、現代に残っているものは極めて少ない。また、北宋末期には戦乱で破壊されたことから、汝窯青磁の制作技術の伝承は途絶えていた。そんな中、汝磁の制作技術を復活させようと、職人たちが半世紀あまりにわたってさまざまな難関を克服しながら、その継承に取り組んできた。汝窯青磁の制作技術は2011年に国務院により第3次国家級無形文化遺産リストに登録された。今では汝窯青磁の研究開発や生産を手がけるメーカーが、河南省平頂山市宝豊県および汝州市一帯に多数存在し、多くの汝窯青磁が海外に輸出・販売されている。(汝州=新華社記者/李安)=2019(平成31)年3月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120200593

  • 2019年03月13日
    「磁器の至宝」汝窯青磁の魅力に迫る河南省

    河南省汝州市にある汝窯青磁メーカーの作業場で、窯入れの準備をする従業員。(3月13日撮影)かつて中国河南省臨汝県付近一帯にあった青磁窯、「汝窯(じょよう)」で焼かれた汝窯青磁(じょようせいじ)は、爽やかなで優美な青色と玉(ぎょく)のようなまろやかさから、「磁器の至宝」と称される。北宋晩期に宮廷用として盛んに作られていたが、制作されていた期間が短かったため、現代に残っているものは極めて少ない。また、北宋末期には戦乱で破壊されたことから、汝窯青磁の制作技術の伝承は途絶えていた。そんな中、汝磁の制作技術を復活させようと、職人たちが半世紀あまりにわたってさまざまな難関を克服しながら、その継承に取り組んできた。汝窯青磁の制作技術は2011年に国務院により第3次国家級無形文化遺産リストに登録された。今では汝窯青磁の研究開発や生産を手がけるメーカーが、河南省平頂山市宝豊県および汝州市一帯に多数存在し、多くの汝窯青磁が海外に輸出・販売されている。(汝州=新華社記者/李安)=2019(平成31)年3月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120200481

  • 2019年03月13日
    「磁器の至宝」汝窯青磁の魅力に迫る河南省

    河南省汝州市にある汝窯青磁メーカーの展示ホールに並んだ作品。(3月13日撮影)かつて中国河南省臨汝県付近一帯にあった青磁窯、「汝窯(じょよう)」で焼かれた汝窯青磁(じょようせいじ)は、爽やかなで優美な青色と玉(ぎょく)のようなまろやかさから、「磁器の至宝」と称される。北宋晩期に宮廷用として盛んに作られていたが、制作されていた期間が短かったため、現代に残っているものは極めて少ない。また、北宋末期には戦乱で破壊されたことから、汝窯青磁の制作技術の伝承は途絶えていた。そんな中、汝磁の制作技術を復活させようと、職人たちが半世紀あまりにわたってさまざまな難関を克服しながら、その継承に取り組んできた。汝窯青磁の制作技術は2011年に国務院により第3次国家級無形文化遺産リストに登録された。今では汝窯青磁の研究開発や生産を手がけるメーカーが、河南省平頂山市宝豊県および汝州市一帯に多数存在し、多くの汝窯青磁が海外に輸出・販売されている。(汝州=新華社記者/李安)=2019(平成31)年3月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120200479

  • 2019年03月13日
    「磁器の至宝」汝窯青磁の魅力に迫る河南省

    河南省汝州市にある汝窯青磁メーカーの展示ホールに並んだ作品。(3月13日撮影)かつて中国河南省臨汝県付近一帯にあった青磁窯、「汝窯(じょよう)」で焼かれた汝窯青磁(じょようせいじ)は、爽やかなで優美な青色と玉(ぎょく)のようなまろやかさから、「磁器の至宝」と称される。北宋晩期に宮廷用として盛んに作られていたが、制作されていた期間が短かったため、現代に残っているものは極めて少ない。また、北宋末期には戦乱で破壊されたことから、汝窯青磁の制作技術の伝承は途絶えていた。そんな中、汝磁の制作技術を復活させようと、職人たちが半世紀あまりにわたってさまざまな難関を克服しながら、その継承に取り組んできた。汝窯青磁の制作技術は2011年に国務院により第3次国家級無形文化遺産リストに登録された。今では汝窯青磁の研究開発や生産を手がけるメーカーが、河南省平頂山市宝豊県および汝州市一帯に多数存在し、多くの汝窯青磁が海外に輸出・販売されている。(汝州=新華社記者/李安)=2019(平成31)年3月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120200488

  • 2019年03月13日
    「磁器の至宝」汝窯青磁の魅力に迫る河南省

    河南省汝州市にある汝窯青磁メーカーの作業場で、従業員がろくろを回している。(3月13日撮影)かつて中国河南省臨汝県付近一帯にあった青磁窯、「汝窯(じょよう)」で焼かれた汝窯青磁(じょようせいじ)は、爽やかなで優美な青色と玉(ぎょく)のようなまろやかさから、「磁器の至宝」と称される。北宋晩期に宮廷用として盛んに作られていたが、制作されていた期間が短かったため、現代に残っているものは極めて少ない。また、北宋末期には戦乱で破壊されたことから、汝窯青磁の制作技術の伝承は途絶えていた。そんな中、汝磁の制作技術を復活させようと、職人たちが半世紀あまりにわたってさまざまな難関を克服しながら、その継承に取り組んできた。汝窯青磁の制作技術は2011年に国務院により第3次国家級無形文化遺産リストに登録された。今では汝窯青磁の研究開発や生産を手がけるメーカーが、河南省平頂山市宝豊県および汝州市一帯に多数存在し、多くの汝窯青磁が海外に輸出・販売されている。(汝州=新華社記者/李安)=2019(平成31)年3月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120200591

  • 2019年03月14日
    「磁器の至宝」汝窯青磁の魅力に迫る河南省

    河南省平頂山市宝豊県の宝豊汝窯博物館に展示された「汝窯天青釉磁碗」。(3月14日撮影)かつて中国河南省臨汝県付近一帯にあった青磁窯、「汝窯(じょよう)」で焼かれた汝窯青磁(じょようせいじ)は、爽やかなで優美な青色と玉(ぎょく)のようなまろやかさから、「磁器の至宝」と称される。北宋晩期に宮廷用として盛んに作られていたが、制作されていた期間が短かったため、現代に残っているものは極めて少ない。また、北宋末期には戦乱で破壊されたことから、汝窯青磁の制作技術の伝承は途絶えていた。そんな中、汝磁の制作技術を復活させようと、職人たちが半世紀あまりにわたってさまざまな難関を克服しながら、その継承に取り組んできた。汝窯青磁の制作技術は2011年に国務院により第3次国家級無形文化遺産リストに登録された。今では汝窯青磁の研究開発や生産を手がけるメーカーが、河南省平頂山市宝豊県および汝州市一帯に多数存在し、多くの汝窯青磁が海外に輸出・販売されている。(汝州=新華社記者/李安)=2019(平成31)年3月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120200475

  • 2019年03月14日
    「磁器の至宝」汝窯青磁の魅力に迫る河南省

    河南省平頂山市宝豊県の宝豊汝窯博物館に展示された「汝窯天青釉蓮花式磁碗」。(3月14日撮影)かつて中国河南省臨汝県付近一帯にあった青磁窯、「汝窯(じょよう)」で焼かれた汝窯青磁(じょようせいじ)は、爽やかなで優美な青色と玉(ぎょく)のようなまろやかさから、「磁器の至宝」と称される。北宋晩期に宮廷用として盛んに作られていたが、制作されていた期間が短かったため、現代に残っているものは極めて少ない。また、北宋末期には戦乱で破壊されたことから、汝窯青磁の制作技術の伝承は途絶えていた。そんな中、汝磁の制作技術を復活させようと、職人たちが半世紀あまりにわたってさまざまな難関を克服しながら、その継承に取り組んできた。汝窯青磁の制作技術は2011年に国務院により第3次国家級無形文化遺産リストに登録された。今では汝窯青磁の研究開発や生産を手がけるメーカーが、河南省平頂山市宝豊県および汝州市一帯に多数存在し、多くの汝窯青磁が海外に輸出・販売されている。(汝州=新華社記者/李安)=2019(平成31)年3月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120200466

  • 2019年03月14日
    「磁器の至宝」汝窯青磁の魅力に迫る河南省

    8日、河南省宝豊県にある清涼寺汝官窯遺跡展示館の内部。(3月14日撮影)かつて中国河南省臨汝県付近一帯にあった青磁窯、「汝窯(じょよう)」で焼かれた汝窯青磁(じょようせいじ)は、爽やかなで優美な青色と玉(ぎょく)のようなまろやかさから、「磁器の至宝」と称される。北宋晩期に宮廷用として盛んに作られていたが、制作されていた期間が短かったため、現代に残っているものは極めて少ない。また、北宋末期には戦乱で破壊されたことから、汝窯青磁の制作技術の伝承は途絶えていた。そんな中、汝磁の制作技術を復活させようと、職人たちが半世紀あまりにわたってさまざまな難関を克服しながら、その継承に取り組んできた。汝窯青磁の制作技術は2011年に国務院により第3次国家級無形文化遺産リストに登録された。今では汝窯青磁の研究開発や生産を手がけるメーカーが、河南省平頂山市宝豊県および汝州市一帯に多数存在し、多くの汝窯青磁が海外に輸出・販売されている。(汝州=新華社記者/李安)=2019(平成31)年3月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120200599

  • 2019年03月14日
    「磁器の至宝」汝窯青磁の魅力に迫る河南省

    河南省平頂山市宝豊県の宝豊汝窯博物館に展示された「汝窯天青釉小口細頸磁瓶」。(3月14日撮影)かつて中国河南省臨汝県付近一帯にあった青磁窯、「汝窯(じょよう)」で焼かれた汝窯青磁(じょようせいじ)は、爽やかなで優美な青色と玉(ぎょく)のようなまろやかさから、「磁器の至宝」と称される。北宋晩期に宮廷用として盛んに作られていたが、制作されていた期間が短かったため、現代に残っているものは極めて少ない。また、北宋末期には戦乱で破壊されたことから、汝窯青磁の制作技術の伝承は途絶えていた。そんな中、汝磁の制作技術を復活させようと、職人たちが半世紀あまりにわたってさまざまな難関を克服しながら、その継承に取り組んできた。汝窯青磁の制作技術は2011年に国務院により第3次国家級無形文化遺産リストに登録された。今では汝窯青磁の研究開発や生産を手がけるメーカーが、河南省平頂山市宝豊県および汝州市一帯に多数存在し、多くの汝窯青磁が海外に輸出・販売されている。(汝州=新華社記者/李安)=2019(平成31)年3月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120200562

  • 2019年03月15日
    清凉寺で汝窯青磁の「天青色」を堪能河南省宝豊県

    15日、宝豊県にある清涼寺汝官窯遺跡展示館の展示品「汝窯天青釉蓮花式磁碗」。汝窯(じょよう)は官窯、哥窯(かよう)、定窯、鈞窯(きんよう)と並んで世に名高い中国・宋代(960~1279年)「五大名窯」の一つ。「天青色」(スカイブルー)と呼ばれる釉薬(ゆうやく)が汝窯の典型的な特徴であり、その色合いは玉石を思わせる。汝官窯は北宋時代後期に宮廷に献上する磁器を焼成していた。その荘重な外形、透明感のある艶やかな釉や清雅な芸術スタイルは、古くから人々に称賛されてきた。中国河南省平頂山市宝豊県にある清涼寺汝官窯遺跡展示館は建築面積5160平方メートルで、主に汝窯遺跡の発掘調査の成果を展示公開しており、汝窯の魅力が間近で感じられる。河南省文物考古研究院は1987年から、宝豊県の清涼寺汝官窯遺跡で前後14回にわたる発掘調査を行い、献上品の汝窯青磁を焼成していた窯炉と工房跡20カ所余りを発見、汝窯青磁に対する人々の認識を広げた。(鄭州=新華社記者/李安)=2019(平成31)年3月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032000155

  • 2019年03月15日
    清凉寺で汝窯青磁の「天青色」を堪能河南省宝豊県

    15日、宝豊県にある清涼寺汝官窯遺跡展示館の窯炉跡。汝窯(じょよう)は官窯、哥窯(かよう)、定窯、鈞窯(きんよう)と並んで世に名高い中国・宋代(960~1279年)「五大名窯」の一つ。「天青色」(スカイブルー)と呼ばれる釉薬(ゆうやく)が汝窯の典型的な特徴であり、その色合いは玉石を思わせる。汝官窯は北宋時代後期に宮廷に献上する磁器を焼成していた。その荘重な外形、透明感のある艶やかな釉や清雅な芸術スタイルは、古くから人々に称賛されてきた。中国河南省平頂山市宝豊県にある清涼寺汝官窯遺跡展示館は建築面積5160平方メートルで、主に汝窯遺跡の発掘調査の成果を展示公開しており、汝窯の魅力が間近で感じられる。河南省文物考古研究院は1987年から、宝豊県の清涼寺汝官窯遺跡で前後14回にわたる発掘調査を行い、献上品の汝窯青磁を焼成していた窯炉と工房跡20カ所余りを発見、汝窯青磁に対する人々の認識を広げた。(鄭州=新華社記者/李安)=2019(平成31)年3月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032000250

  • 2019年03月15日
    清凉寺で汝窯青磁の「天青色」を堪能河南省宝豊県

    15日、宝豊県にある清涼寺汝官窯遺跡展示館の展示品「汝窯青緑釉双系磁瓶」。汝窯(じょよう)は官窯、哥窯(かよう)、定窯、鈞窯(きんよう)と並んで世に名高い中国・宋代(960~1279年)「五大名窯」の一つ。「天青色」(スカイブルー)と呼ばれる釉薬(ゆうやく)が汝窯の典型的な特徴であり、その色合いは玉石を思わせる。汝官窯は北宋時代後期に宮廷に献上する磁器を焼成していた。その荘重な外形、透明感のある艶やかな釉や清雅な芸術スタイルは、古くから人々に称賛されてきた。中国河南省平頂山市宝豊県にある清涼寺汝官窯遺跡展示館は建築面積5160平方メートルで、主に汝窯遺跡の発掘調査の成果を展示公開しており、汝窯の魅力が間近で感じられる。河南省文物考古研究院は1987年から、宝豊県の清涼寺汝官窯遺跡で前後14回にわたる発掘調査を行い、献上品の汝窯青磁を焼成していた窯炉と工房跡20カ所余りを発見、汝窯青磁に対する人々の認識を広げた。(鄭州=新華社記者/李安)=2019(平成31)年3月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032000226

  • 2019年03月15日
    各地で春の農作業が忙しい時期に

    15日、中国江西省吉安(きつあん)市永豊県七都郷で、春茶の茶摘みに忙しい農民。(小型無人機から)(吉安=新華社配信/劉浩軍)=2019(平成31)年3月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032000287

  • 2019年03月15日
    清凉寺で汝窯青磁の「天青色」を堪能河南省宝豊県

    15日、宝豊県にある清涼寺汝官窯遺跡展示館の窯炉跡。汝窯(じょよう)は官窯、哥窯(かよう)、定窯、鈞窯(きんよう)と並んで世に名高い中国・宋代(960~1279年)「五大名窯」の一つ。「天青色」(スカイブルー)と呼ばれる釉薬(ゆうやく)が汝窯の典型的な特徴であり、その色合いは玉石を思わせる。汝官窯は北宋時代後期に宮廷に献上する磁器を焼成していた。その荘重な外形、透明感のある艶やかな釉や清雅な芸術スタイルは、古くから人々に称賛されてきた。中国河南省平頂山市宝豊県にある清涼寺汝官窯遺跡展示館は建築面積5160平方メートルで、主に汝窯遺跡の発掘調査の成果を展示公開しており、汝窯の魅力が間近で感じられる。河南省文物考古研究院は1987年から、宝豊県の清涼寺汝官窯遺跡で前後14回にわたる発掘調査を行い、献上品の汝窯青磁を焼成していた窯炉と工房跡20カ所余りを発見、汝窯青磁に対する人々の認識を広げた。(鄭州=新華社記者/李安)=2019(平成31)年3月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032000084

  • 2019年03月15日
    清凉寺で汝窯青磁の「天青色」を堪能河南省宝豊県

    15日、宝豊県にある清涼寺汝官窯遺跡展示館の展示品「汝窯天青釉刻劃竜紋磁梅瓶標本」。汝窯(じょよう)は官窯、哥窯(かよう)、定窯、鈞窯(きんよう)と並んで世に名高い中国・宋代(960~1279年)「五大名窯」の一つ。「天青色」(スカイブルー)と呼ばれる釉薬(ゆうやく)が汝窯の典型的な特徴であり、その色合いは玉石を思わせる。汝官窯は北宋時代後期に宮廷に献上する磁器を焼成していた。その荘重な外形、透明感のある艶やかな釉や清雅な芸術スタイルは、古くから人々に称賛されてきた。中国河南省平頂山市宝豊県にある清涼寺汝官窯遺跡展示館は建築面積5160平方メートルで、主に汝窯遺跡の発掘調査の成果を展示公開しており、汝窯の魅力が間近で感じられる。河南省文物考古研究院は1987年から、宝豊県の清涼寺汝官窯遺跡で前後14回にわたる発掘調査を行い、献上品の汝窯青磁を焼成していた窯炉と工房跡20カ所余りを発見、汝窯青磁に対する人々の認識を広げた。(鄭州=新華社記者/李安)=2019(平成31)年3月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032000124

  • 2019年03月15日
    清凉寺で汝窯青磁の「天青色」を堪能河南省宝豊県

    15日、宝豊県にある清涼寺汝官窯遺跡展示館の展示品。汝窯(じょよう)は官窯、哥窯(かよう)、定窯、鈞窯(きんよう)と並んで世に名高い中国・宋代(960~1279年)「五大名窯」の一つ。「天青色」(スカイブルー)と呼ばれる釉薬(ゆうやく)が汝窯の典型的な特徴であり、その色合いは玉石を思わせる。汝官窯は北宋時代後期に宮廷に献上する磁器を焼成していた。その荘重な外形、透明感のある艶やかな釉や清雅な芸術スタイルは、古くから人々に称賛されてきた。中国河南省平頂山市宝豊県にある清涼寺汝官窯遺跡展示館は建築面積5160平方メートルで、主に汝窯遺跡の発掘調査の成果を展示公開しており、汝窯の魅力が間近で感じられる。河南省文物考古研究院は1987年から、宝豊県の清涼寺汝官窯遺跡で前後14回にわたる発掘調査を行い、献上品の汝窯青磁を焼成していた窯炉と工房跡20カ所余りを発見、汝窯青磁に対する人々の認識を広げた。(鄭州=新華社記者/李安)=2019(平成31)年3月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032000261

  • 2019年03月15日
    清凉寺で汝窯青磁の「天青色」を堪能河南省宝豊県

    15日、宝豊県にある清涼寺汝官窯遺跡展示館の内部。汝窯(じょよう)は官窯、哥窯(かよう)、定窯、鈞窯(きんよう)と並んで世に名高い中国・宋代(960~1279年)「五大名窯」の一つ。「天青色」(スカイブルー)と呼ばれる釉薬(ゆうやく)が汝窯の典型的な特徴であり、その色合いは玉石を思わせる。汝官窯は北宋時代後期に宮廷に献上する磁器を焼成していた。その荘重な外形、透明感のある艶やかな釉や清雅な芸術スタイルは、古くから人々に称賛されてきた。中国河南省平頂山市宝豊県にある清涼寺汝官窯遺跡展示館は建築面積5160平方メートルで、主に汝窯遺跡の発掘調査の成果を展示公開しており、汝窯の魅力が間近で感じられる。河南省文物考古研究院は1987年から、宝豊県の清涼寺汝官窯遺跡で前後14回にわたる発掘調査を行い、献上品の汝窯青磁を焼成していた窯炉と工房跡20カ所余りを発見、汝窯青磁に対する人々の認識を広げた。(鄭州=新華社記者/李安)=2019(平成31)年3月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032000251

  • 2019年03月15日
    清凉寺で汝窯青磁の「天青色」を堪能河南省宝豊県

    15日、宝豊県にある清涼寺汝官窯遺跡展示館の釉薬坑の遺跡。汝窯(じょよう)は官窯、哥窯(かよう)、定窯、鈞窯(きんよう)と並んで世に名高い中国・宋代(960~1279年)「五大名窯」の一つ。「天青色」(スカイブルー)と呼ばれる釉薬(ゆうやく)が汝窯の典型的な特徴であり、その色合いは玉石を思わせる。汝官窯は北宋時代後期に宮廷に献上する磁器を焼成していた。その荘重な外形、透明感のある艶やかな釉や清雅な芸術スタイルは、古くから人々に称賛されてきた。中国河南省平頂山市宝豊県にある清涼寺汝官窯遺跡展示館は建築面積5160平方メートルで、主に汝窯遺跡の発掘調査の成果を展示公開しており、汝窯の魅力が間近で感じられる。河南省文物考古研究院は1987年から、宝豊県の清涼寺汝官窯遺跡で前後14回にわたる発掘調査を行い、献上品の汝窯青磁を焼成していた窯炉と工房跡20カ所余りを発見、汝窯青磁に対する人々の認識を広げた。(鄭州=新華社記者/李安)=2019(平成31)年3月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032000137

  • 2019年03月15日
    清凉寺で汝窯青磁の「天青色」を堪能河南省宝豊県

    15日、宝豊県にある清涼寺汝官窯遺跡展示館の窯炉跡。汝窯(じょよう)は官窯、哥窯(かよう)、定窯、鈞窯(きんよう)と並んで世に名高い中国・宋代(960~1279年)「五大名窯」の一つ。「天青色」(スカイブルー)と呼ばれる釉薬(ゆうやく)が汝窯の典型的な特徴であり、その色合いは玉石を思わせる。汝官窯は北宋時代後期に宮廷に献上する磁器を焼成していた。その荘重な外形、透明感のある艶やかな釉や清雅な芸術スタイルは、古くから人々に称賛されてきた。中国河南省平頂山市宝豊県にある清涼寺汝官窯遺跡展示館は建築面積5160平方メートルで、主に汝窯遺跡の発掘調査の成果を展示公開しており、汝窯の魅力が間近で感じられる。河南省文物考古研究院は1987年から、宝豊県の清涼寺汝官窯遺跡で前後14回にわたる発掘調査を行い、献上品の汝窯青磁を焼成していた窯炉と工房跡20カ所余りを発見、汝窯青磁に対する人々の認識を広げた。(鄭州=新華社記者/李安)=2019(平成31)年3月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032000254

  • 2019年03月15日
    清凉寺で汝窯青磁の「天青色」を堪能河南省宝豊県

    15日、宝豊県にある清涼寺汝官窯遺跡展示館の窯炉跡。汝窯(じょよう)は官窯、哥窯(かよう)、定窯、鈞窯(きんよう)と並んで世に名高い中国・宋代(960~1279年)「五大名窯」の一つ。「天青色」(スカイブルー)と呼ばれる釉薬(ゆうやく)が汝窯の典型的な特徴であり、その色合いは玉石を思わせる。汝官窯は北宋時代後期に宮廷に献上する磁器を焼成していた。その荘重な外形、透明感のある艶やかな釉や清雅な芸術スタイルは、古くから人々に称賛されてきた。中国河南省平頂山市宝豊県にある清涼寺汝官窯遺跡展示館は建築面積5160平方メートルで、主に汝窯遺跡の発掘調査の成果を展示公開しており、汝窯の魅力が間近で感じられる。河南省文物考古研究院は1987年から、宝豊県の清涼寺汝官窯遺跡で前後14回にわたる発掘調査を行い、献上品の汝窯青磁を焼成していた窯炉と工房跡20カ所余りを発見、汝窯青磁に対する人々の認識を広げた。(鄭州=新華社記者/李安)=2019(平成31)年3月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032000140

  • 2019年03月15日
    清凉寺で汝窯青磁の「天青色」を堪能河南省宝豊県

    15日、宝豊県にある清涼寺汝官窯遺跡展示館の内部。汝窯(じょよう)は官窯、哥窯(かよう)、定窯、鈞窯(きんよう)と並んで世に名高い中国・宋代(960~1279年)「五大名窯」の一つ。「天青色」(スカイブルー)と呼ばれる釉薬(ゆうやく)が汝窯の典型的な特徴であり、その色合いは玉石を思わせる。汝官窯は北宋時代後期に宮廷に献上する磁器を焼成していた。その荘重な外形、透明感のある艶やかな釉や清雅な芸術スタイルは、古くから人々に称賛されてきた。中国河南省平頂山市宝豊県にある清涼寺汝官窯遺跡展示館は建築面積5160平方メートルで、主に汝窯遺跡の発掘調査の成果を展示公開しており、汝窯の魅力が間近で感じられる。河南省文物考古研究院は1987年から、宝豊県の清涼寺汝官窯遺跡で前後14回にわたる発掘調査を行い、献上品の汝窯青磁を焼成していた窯炉と工房跡20カ所余りを発見、汝窯青磁に対する人々の認識を広げた。(鄭州=新華社記者/李安)=2019(平成31)年3月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032000090

  • 2019年03月15日
    清凉寺で汝窯青磁の「天青色」を堪能河南省宝豊県

    15日、宝豊県にある清涼寺汝官窯遺跡展示館の展示品「汝窯天青釉磁碗」。汝窯(じょよう)は官窯、哥窯(かよう)、定窯、鈞窯(きんよう)と並んで世に名高い中国・宋代(960~1279年)「五大名窯」の一つ。「天青色」(スカイブルー)と呼ばれる釉薬(ゆうやく)が汝窯の典型的な特徴であり、その色合いは玉石を思わせる。汝官窯は北宋時代後期に宮廷に献上する磁器を焼成していた。その荘重な外形、透明感のある艶やかな釉や清雅な芸術スタイルは、古くから人々に称賛されてきた。中国河南省平頂山市宝豊県にある清涼寺汝官窯遺跡展示館は建築面積5160平方メートルで、主に汝窯遺跡の発掘調査の成果を展示公開しており、汝窯の魅力が間近で感じられる。河南省文物考古研究院は1987年から、宝豊県の清涼寺汝官窯遺跡で前後14回にわたる発掘調査を行い、献上品の汝窯青磁を焼成していた窯炉と工房跡20カ所余りを発見、汝窯青磁に対する人々の認識を広げた。(鄭州=新華社記者/李安)=2019(平成31)年3月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032000162

  • 2019年03月15日
    清凉寺で汝窯青磁の「天青色」を堪能河南省宝豊県

    15日、宝豊県にある清涼寺汝官窯遺跡展示館の展示品「汝窯天青釉小口細頸磁瓶標本」。汝窯(じょよう)は官窯、哥窯(かよう)、定窯、鈞窯(きんよう)と並んで世に名高い中国・宋代(960~1279年)「五大名窯」の一つ。「天青色」(スカイブルー)と呼ばれる釉薬(ゆうやく)が汝窯の典型的な特徴であり、その色合いは玉石を思わせる。汝官窯は北宋時代後期に宮廷に献上する磁器を焼成していた。その荘重な外形、透明感のある艶やかな釉や清雅な芸術スタイルは、古くから人々に称賛されてきた。中国河南省平頂山市宝豊県にある清涼寺汝官窯遺跡展示館は建築面積5160平方メートルで、主に汝窯遺跡の発掘調査の成果を展示公開しており、汝窯の魅力が間近で感じられる。河南省文物考古研究院は1987年から、宝豊県の清涼寺汝官窯遺跡で前後14回にわたる発掘調査を行い、献上品の汝窯青磁を焼成していた窯炉と工房跡20カ所余りを発見、汝窯青磁に対する人々の認識を広げた。(鄭州=新華社記者/李安)=2019(平成31)年3月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032000187

  • 2019年03月15日
    清凉寺で汝窯青磁の「天青色」を堪能河南省宝豊県

    15日、宝豊県にある清涼寺汝官窯遺跡展示館の内部。汝窯(じょよう)は官窯、哥窯(かよう)、定窯、鈞窯(きんよう)と並んで世に名高い中国・宋代(960~1279年)「五大名窯」の一つ。「天青色」(スカイブルー)と呼ばれる釉薬(ゆうやく)が汝窯の典型的な特徴であり、その色合いは玉石を思わせる。汝官窯は北宋時代後期に宮廷に献上する磁器を焼成していた。その荘重な外形、透明感のある艶やかな釉や清雅な芸術スタイルは、古くから人々に称賛されてきた。中国河南省平頂山市宝豊県にある清涼寺汝官窯遺跡展示館は建築面積5160平方メートルで、主に汝窯遺跡の発掘調査の成果を展示公開しており、汝窯の魅力が間近で感じられる。河南省文物考古研究院は1987年から、宝豊県の清涼寺汝官窯遺跡で前後14回にわたる発掘調査を行い、献上品の汝窯青磁を焼成していた窯炉と工房跡20カ所余りを発見、汝窯青磁に対する人々の認識を広げた。(鄭州=新華社記者/李安)=2019(平成31)年3月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032000085

  • 02:34.43
    2019年03月20日
    「新華社」清凉寺で汝窯青磁の「天青色」を堪能河南省宝豊県

    汝窯(じょよう)は官窯、哥窯(かよう)、定窯、鈞窯(きんよう)と並んで世に名高い中国・宋代(960~1279年)「五大名窯」の一つ。「天青色」(スカイブルー)と呼ばれる釉薬(ゆうやく)が汝窯の典型的な特徴であり、その色合いは玉石を思わせる。ではその「天青色」を尋ねて千年前の汝官窯遺跡をのぞいてみよう。中国河南省平頂山市宝豊県にある清涼寺汝官窯遺跡展示館は建築面積5160平方メートルで、主に汝窯遺跡の発掘調査の成果を展示公開しており、汝窯の魅力を間近で感じられる施設。汝官窯は北宋時代後期に宮廷に献上する磁器を焼成していた。その荘重な外形、透明感のある艶やかな釉や清雅な芸術スタイルは、古くから人々に称賛されてきた。河南省文物考古研究院は1987年から、宝豊県の清涼寺汝官窯遺跡で前後14回にわたる発掘調査を行い、献上品の汝窯青磁を焼成していた窯炉と工房跡20カ所余りを発見、汝窯青磁に対する人々の認識を広げた。(記者/尚崑崙、楊金鑫)<映像内容>清涼寺汝官窯遺跡展示館の展示、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032006226

  • 2019年05月08日
    「磁器の至宝」汝窯青磁の魅力に迫る河南省

    国家級無形文化遺産「汝窯青磁の制作技術」の代表的継承者、王君子(おう・くんし)さんの作品。(5月8日撮影)かつて中国河南省臨汝県付近一帯にあった青磁窯、「汝窯(じょよう)」で焼かれた汝窯青磁(じょようせいじ)は、爽やかなで優美な青色と玉(ぎょく)のようなまろやかさから、「磁器の至宝」と称される。北宋晩期に宮廷用として盛んに作られていたが、制作されていた期間が短かったため、現代に残っているものは極めて少ない。また、北宋末期には戦乱で破壊されたことから、汝窯青磁の制作技術の伝承は途絶えていた。そんな中、汝磁の制作技術を復活させようと、職人たちが半世紀あまりにわたってさまざまな難関を克服しながら、その継承に取り組んできた。汝窯青磁の制作技術は2011年に国務院により第3次国家級無形文化遺産リストに登録された。今では汝窯青磁の研究開発や生産を手がけるメーカーが、河南省平頂山市宝豊県および汝州市一帯に多数存在し、多くの汝窯青磁が海外に輸出・販売されている。(汝州=新華社記者/李安)=2019(令和元)年5月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120200491

  • 2019年05月08日
    「天青色」の美を蘇らせる復元に取り組む陶芸家河南省宝豊県

    8日、河南省宝豊県大営鎮清凉寺村にある汝窯青磁工房で、王君子さんの弟子、王耀楽(おう・ようらく)さんがろくろを回し、作品作りに励んでいる。汝窯(じょよう、河南省臨汝県付近一帯にあった青磁窯)青磁の陶芸家、王君子(おう・くんし)さんは、汝窯青磁の「天青色」(スカイブルー)の美をよみがえらせるため、30年以上にわたり心血を注ぎ、数々の難題に取り組んできた。そして、ついに汝窯青磁を焼成する「超絶的な技法」を会得し、国家級無形文化遺産「汝窯青磁焼成技法」の代表的伝承者となった。(鄭州=新華社記者/李安)=2019(令和元)年5月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051703368

  • 2019年05月08日
    「天青色」の美を蘇らせる復元に取り組む陶芸家河南省宝豊県

    8日、河南省宝豊県大営鎮清凉寺村にある汝窯青磁工房で、作品作りに取り組む王君子さん。汝窯(じょよう、河南省臨汝県付近一帯にあった青磁窯)青磁の陶芸家、王君子(おう・くんし)さんは、汝窯青磁の「天青色」(スカイブルー)の美をよみがえらせるため、30年以上にわたり心血を注ぎ、数々の難題に取り組んできた。そして、ついに汝窯青磁を焼成する「超絶的な技法」を会得し、国家級無形文化遺産「汝窯青磁焼成技法」の代表的伝承者となった。(鄭州=新華社記者/李安)=2019(令和元)年5月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051703363

  • 2019年05月08日
    「天青色」の美を蘇らせる復元に取り組む陶芸家河南省宝豊県

    8日、河南省宝豊県大営鎮清凉寺村にある汝窯青磁工房で、素地の表面に塗られた釉薬にむらがないかチェックする王君子さん。汝窯(じょよう、河南省臨汝県付近一帯にあった青磁窯)青磁の陶芸家、王君子(おう・くんし)さんは、汝窯青磁の「天青色」(スカイブルー)の美をよみがえらせるため、30年以上にわたり心血を注ぎ、数々の難題に取り組んできた。そして、ついに汝窯青磁を焼成する「超絶的な技法」を会得し、国家級無形文化遺産「汝窯青磁焼成技法」の代表的伝承者となった。(鄭州=新華社記者/李安)=2019(令和元)年5月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051703298

  • 2019年05月08日
    「天青色」の美を蘇らせる復元に取り組む陶芸家河南省宝豊県

    8日、河南省宝豊県大営鎮清凉寺村にある汝窯青磁工房で、弟子の李佳宝(り・かほう)さん(右)を指導する王君子さん。汝窯(じょよう、河南省臨汝県付近一帯にあった青磁窯)青磁の陶芸家、王君子(おう・くんし)さんは、汝窯青磁の「天青色」(スカイブルー)の美をよみがえらせるため、30年以上にわたり心血を注ぎ、数々の難題に取り組んできた。そして、ついに汝窯青磁を焼成する「超絶的な技法」を会得し、国家級無形文化遺産「汝窯青磁焼成技法」の代表的伝承者となった。(鄭州=新華社記者/李安)=2019(令和元)年5月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051703369

  • 2019年05月08日
    「磁器の至宝」汝窯青磁の魅力に迫る河南省

    国家級無形文化遺産「汝窯青磁の制作技術」の代表的継承者、王君子(おう・くんし)さんの作品。(5月8日撮影)かつて中国河南省臨汝県付近一帯にあった青磁窯、「汝窯(じょよう)」で焼かれた汝窯青磁(じょようせいじ)は、爽やかで優美な青色と玉(ぎょく)のようなまろやかさから、「磁器の至宝」と称される。北宋晩期に宮廷用として盛んに作られていたが、制作されていた期間が短かったため、現代に残っているものは極めて少ない。また、北宋末期には戦乱で破壊されたことから、汝窯青磁の制作技術の伝承は途絶えていた。そんな中、汝磁の制作技術を復活させようと、職人たちが半世紀あまりにわたってさまざまな難関を克服しながら、その継承に取り組んできた。汝窯青磁の制作技術は2011年に国務院により第3次国家級無形文化遺産リストに登録された。今では汝窯青磁の研究開発や生産を手がけるメーカーが、河南省平頂山市宝豊県および汝州市一帯に多数存在し、多くの汝窯青磁が海外に輸出・販売されている。(汝州=新華社記者/李安)=2019(令和元)年5月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120200510

  • 2019年05月08日
    「天青色」の美を蘇らせる復元に取り組む陶芸家河南省宝豊県

    8日に撮影した王君子さんが焼いた汝窯青磁の作品の一部拡大画像。汝窯(じょよう、河南省臨汝県付近一帯にあった青磁窯)青磁の陶芸家、王君子(おう・くんし)さんは、汝窯青磁の「天青色」(スカイブルー)の美をよみがえらせるため、30年以上にわたり心血を注ぎ、数々の難題に取り組んできた。そして、ついに汝窯青磁を焼成する「超絶的な技法」を会得し、国家級無形文化遺産「汝窯青磁焼成技法」の代表的伝承者となった。(鄭州=新華社記者/李安)=2019(令和元)年5月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051703356

  • 2019年05月08日
    「天青色」の美を蘇らせる復元に取り組む陶芸家河南省宝豊県

    8日、河南省宝豊県大営鎮清凉寺村にある汝窯青磁工房で、作品作りに取り組む王君子さん。汝窯(じょよう、河南省臨汝県付近一帯にあった青磁窯)青磁の陶芸家、王君子(おう・くんし)さんは、汝窯青磁の「天青色」(スカイブルー)の美をよみがえらせるため、30年以上にわたり心血を注ぎ、数々の難題に取り組んできた。そして、ついに汝窯青磁を焼成する「超絶的な技法」を会得し、国家級無形文化遺産「汝窯青磁焼成技法」の代表的伝承者となった。(鄭州=新華社記者/李安)=2019(令和元)年5月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051703413

  • 2019年05月08日
    「磁器の至宝」汝窯青磁の魅力に迫る河南省

    国家級無形文化遺産「汝窯青磁の制作技術」の代表的継承者、王君子(おう・くんし)さんの作品「盞托(さんたく)」。(5月8日撮影)かつて中国河南省臨汝県付近一帯にあった青磁窯、「汝窯(じょよう)」で焼かれた汝窯青磁(じょようせいじ)は、爽やかで優美な青色と玉(ぎょく)のようなまろやかさから、「磁器の至宝」と称される。北宋晩期に宮廷用として盛んに作られていたが、制作されていた期間が短かったため、現代に残っているものは極めて少ない。また、北宋末期には戦乱で破壊されたことから、汝窯青磁の制作技術の伝承は途絶えていた。そんな中、汝磁の制作技術を復活させようと、職人たちが半世紀あまりにわたってさまざまな難関を克服しながら、その継承に取り組んできた。汝窯青磁の制作技術は2011年に国務院により第3次国家級無形文化遺産リストに登録された。今では汝窯青磁の研究開発や生産を手がけるメーカーが、河南省平頂山市宝豊県および汝州市一帯に多数存在し、多くの汝窯青磁が海外に輸出・販売されている。(汝州=新華社記者/李安)=2019(令和元)年5月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120200498

  • 2019年05月08日
    「磁器の至宝」汝窯青磁の魅力に迫る河南省

    国家級無形文化遺産「汝窯青磁の制作技術」の代表的継承者、王君子(おう・くんし)さんの作品「弦紋樽」。(5月8日撮影)かつて中国河南省臨汝県付近一帯にあった青磁窯、「汝窯(じょよう)」で焼かれた汝窯青磁(じょようせいじ)は、爽やかで優美な青色と玉(ぎょく)のようなまろやかさから、「磁器の至宝」と称される。北宋晩期に宮廷用として盛んに作られていたが、制作されていた期間が短かったため、現代に残っているものは極めて少ない。また、北宋末期には戦乱で破壊されたことから、汝窯青磁の制作技術の伝承は途絶えていた。そんな中、汝磁の制作技術を復活させようと、職人たちが半世紀あまりにわたってさまざまな難関を克服しながら、その継承に取り組んできた。汝窯青磁の制作技術は2011年に国務院により第3次国家級無形文化遺産リストに登録された。今では汝窯青磁の研究開発や生産を手がけるメーカーが、河南省平頂山市宝豊県および汝州市一帯に多数存在し、多くの汝窯青磁が海外に輸出・販売されている。(汝州=新華社記者/李安)=2019(令和元)年5月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120200598

  • 2019年05月08日
    「磁器の至宝」汝窯青磁の魅力に迫る河南省

    8日、河南省宝豊県大営鎮清凉寺村にある汝窯青磁工房で、作品作りに取り組む国家級無形文化遺産「汝窯青磁の制作技術」の代表的継承者、王君子(おう・くんし)さん。(5月8日撮影)かつて中国河南省臨汝県付近一帯にあった青磁窯、「汝窯(じょよう)」で焼かれた汝窯青磁(じょようせいじ)は、爽やかなで優美な青色と玉(ぎょく)のようなまろやかさから、「磁器の至宝」と称される。北宋晩期に宮廷用として盛んに作られていたが、制作されていた期間が短かったため、現代に残っているものは極めて少ない。また、北宋末期には戦乱で破壊されたことから、汝窯青磁の制作技術の伝承は途絶えていた。そんな中、汝磁の制作技術を復活させようと、職人たちが半世紀あまりにわたってさまざまな難関を克服しながら、その継承に取り組んできた。汝窯青磁の制作技術は2011年に国務院により第3次国家級無形文化遺産リストに登録された。今では汝窯青磁の研究開発や生産を手がけるメーカーが、河南省平頂山市宝豊県および汝州市一帯に多数存在し、多くの汝窯青磁が海外に輸出・販売されている。(汝州=新華社記者/李安)=2019(令和元)年5月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120200561

  • 2019年05月08日
    「天青色」の美を蘇らせる復元に取り組む陶芸家河南省宝豊県

    8日、河南省宝豊県にある清涼寺汝官窯遺跡展示館で、汝窯青磁の伝統的な焼成技法について語り合う王君子さん(左)と弟子の宋召氷(そう・しょうひょう)さん。汝窯(じょよう、河南省臨汝県付近一帯にあった青磁窯)青磁の陶芸家、王君子(おう・くんし)さんは、汝窯青磁の「天青色」(スカイブルー)の美をよみがえらせるため、30年以上にわたり心血を注ぎ、数々の難題に取り組んできた。そして、ついに汝窯青磁を焼成する「超絶的な技法」を会得し、国家級無形文化遺産「汝窯青磁焼成技法」の代表的伝承者となった。(鄭州=新華社記者/李安)=2019(令和元)年5月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051703338

  • 2019年05月08日
    「天青色」の美を蘇らせる復元に取り組む陶芸家河南省宝豊県

    8日に撮影した王君子さんが焼いた汝窯青磁の作品。「折沿盤(せつえんばん)」(左上)、「三足洗(さんぞくせん)」(左下)および「三足炉(さんぞくろ)」。(組み合わせ写真)汝窯(じょよう、河南省臨汝県付近一帯にあった青磁窯)青磁の陶芸家、王君子(おう・くんし)さんは、汝窯青磁の「天青色」(スカイブルー)の美をよみがえらせるため、30年以上にわたり心血を注ぎ、数々の難題に取り組んできた。そして、ついに汝窯青磁を焼成する「超絶的な技法」を会得し、国家級無形文化遺産「汝窯青磁焼成技法」の代表的伝承者となった。(鄭州=新華社記者/李安)=2019(令和元)年5月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051703312

  • 2019年05月08日
    「磁器の至宝」汝窯青磁の魅力に迫る河南省

    国家級無形文化遺産「汝窯青磁の制作技術」の代表的継承者、王君子(おう・くんし)さんが焼いた「蓮花温碗」の一部拡大画像。(5月8日撮影)かつて中国河南省臨汝県付近一帯にあった青磁窯、「汝窯(じょよう)」で焼かれた汝窯青磁(じょようせいじ)は、爽やかなで優美な青色と玉(ぎょく)のようなまろやかさから、「磁器の至宝」と称される。北宋晩期に宮廷用として盛んに作られていたが、制作されていた期間が短かったため、現代に残っているものは極めて少ない。また、北宋末期には戦乱で破壊されたことから、汝窯青磁の制作技術の伝承は途絶えていた。そんな中、汝磁の制作技術を復活させようと、職人たちが半世紀あまりにわたってさまざまな難関を克服しながら、その継承に取り組んできた。汝窯青磁の制作技術は2011年に国務院により第3次国家級無形文化遺産リストに登録された。今では汝窯青磁の研究開発や生産を手がけるメーカーが、河南省平頂山市宝豊県および汝州市一帯に多数存在し、多くの汝窯青磁が海外に輸出・販売されている。(汝州=新華社記者/李安)=2019(令和元)年5月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120200559

  • 2019年05月08日
    「天青色」の美を蘇らせる復元に取り組む陶芸家河南省宝豊県

    8日、河南省宝豊県の宝豊汝窯博物館で、自身が焼いた汝窯青磁の作品をチェックする王君子さん。汝窯(じょよう、河南省臨汝県付近一帯にあった青磁窯)青磁の陶芸家、王君子(おう・くんし)さんは、汝窯青磁の「天青色」(スカイブルー)の美をよみがえらせるため、30年以上にわたり心血を注ぎ、数々の難題に取り組んできた。そして、ついに汝窯青磁を焼成する「超絶的な技法」を会得し、国家級無形文化遺産「汝窯青磁焼成技法」の代表的伝承者となった。(鄭州=新華社記者/李安)=2019(令和元)年5月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051703410

  • 2019年05月08日
    「天青色」の美を蘇らせる復元に取り組む陶芸家河南省宝豊県

    8日、河南省宝豊県大営鎮清凉寺村にある汝窯青磁工房で、弟子の李佳宝(り・かほう)さん(手前)を指導する王君子さん。汝窯(じょよう、河南省臨汝県付近一帯にあった青磁窯)青磁の陶芸家、王君子(おう・くんし)さんは、汝窯青磁の「天青色」(スカイブルー)の美をよみがえらせるため、30年以上にわたり心血を注ぎ、数々の難題に取り組んできた。そして、ついに汝窯青磁を焼成する「超絶的な技法」を会得し、国家級無形文化遺産「汝窯青磁焼成技法」の代表的伝承者となった。(鄭州=新華社記者/李安)=2019(令和元)年5月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051703371

  • 2019年05月08日
    「磁器の至宝」汝窯青磁の魅力に迫る河南省

    河南省平頂山市宝豊県の宝豊汝窯青磁博物館で、宋代の汝窯青磁の伝統的な器を見つめる国家級無形文化遺産「汝窯青磁の制作技術」の代表的継承者、王君子(おう・くんし)さん(左)と弟子。(5月8日撮影)かつて中国河南省臨汝県付近一帯にあった青磁窯、「汝窯(じょよう)」で焼かれた汝窯青磁(じょようせいじ)は、爽やかなで優美な青色と玉(ぎょく)のようなまろやかさから、「磁器の至宝」と称される。北宋晩期に宮廷用として盛んに作られていたが、制作されていた期間が短かったため、現代に残っているものは極めて少ない。また、北宋末期には戦乱で破壊されたことから、汝窯青磁の制作技術の伝承は途絶えていた。そんな中、汝磁の制作技術を復活させようと、職人たちが半世紀あまりにわたってさまざまな難関を克服しながら、その継承に取り組んできた。汝窯青磁の制作技術は2011年に国務院により第3次国家級無形文化遺産リストに登録された。今では汝窯青磁の研究開発や生産を手がけるメーカーが、河南省平頂山市宝豊県および汝州市一帯に多数存在し、多くの汝窯青磁が海外に輸出・販売されている。(汝州=新華社記者/李安)=2019(令和元)年5月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120200422

  • 2019年05月08日
    「磁器の至宝」汝窯青磁の魅力に迫る河南省

    8日、河南省宝豊県大営鎮清凉寺村にある汝窯青磁工房で、国家級無形文化遺産「汝窯青磁の制作技術」の代表的継承者、王君子(おう・くんし)さんが作品作りに取り組んでいる。(5月8日撮影)かつて中国河南省臨汝県付近一帯にあった青磁窯、「汝窯(じょよう)」で焼かれた汝窯青磁(じょようせいじ)は、爽やかなで優美な青色と玉(ぎょく)のようなまろやかさから、「磁器の至宝」と称される。北宋晩期に宮廷用として盛んに作られていたが、制作されていた期間が短かったため、現代に残っているものは極めて少ない。また、北宋末期には戦乱で破壊されたことから、汝窯青磁の制作技術の伝承は途絶えていた。そんな中、汝磁の制作技術を復活させようと、職人たちが半世紀あまりにわたってさまざまな難関を克服しながら、その継承に取り組んできた。汝窯青磁の制作技術は2011年に国務院により第3次国家級無形文化遺産リストに登録された。今では汝窯青磁の研究開発や生産を手がけるメーカーが、河南省平頂山市宝豊県および汝州市一帯に多数存在し、多くの汝窯青磁が海外に輸出・販売されている。(汝州=新華社記者/李安)=2019(令和元)年5月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120200584

  • 2019年05月08日
    「天青色」の美を蘇らせる復元に取り組む陶芸家河南省宝豊県

    8日、河南省宝豊県大営鎮清凉寺村にある汝窯青磁工房で、作品作りに取り組む王君子さん。汝窯(じょよう、河南省臨汝県付近一帯にあった青磁窯)青磁の陶芸家、王君子(おう・くんし)さんは、汝窯青磁の「天青色」(スカイブルー)の美をよみがえらせるため、30年以上にわたり心血を注ぎ、数々の難題に取り組んできた。そして、ついに汝窯青磁を焼成する「超絶的な技法」を会得し、国家級無形文化遺産「汝窯青磁焼成技法」の代表的伝承者となった。(鄭州=新華社記者/李安)=2019(令和元)年5月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051703299

  • 2019年05月09日
    「天青色」の美を蘇らせる復元に取り組む陶芸家河南省宝豊県

    9日、河南省宝豊県大営鎮清凉寺村にある汝窯青磁工房で、焼き上がりの目安を確認するため、炉内のサンプル内部の構造をチェックする王君子さん。汝窯(じょよう、河南省臨汝県付近一帯にあった青磁窯)青磁の陶芸家、王君子(おう・くんし)さんは、汝窯青磁の「天青色」(スカイブルー)の美をよみがえらせるため、30年以上にわたり心血を注ぎ、数々の難題に取り組んできた。そして、ついに汝窯青磁を焼成する「超絶的な技法」を会得し、国家級無形文化遺産「汝窯青磁焼成技法」の代表的伝承者となった。(鄭州=新華社記者/李安)=2019(令和元)年5月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051703354

  • 2019年05月09日
    「天青色」の美を蘇らせる復元に取り組む陶芸家河南省宝豊県

    9日、河南省宝豊県大営鎮清凉寺村にある汝窯青磁工房で、窯の扉を開けて焼き上がりの状態を見る王君子さん。汝窯(じょよう、河南省臨汝県付近一帯にあった青磁窯)青磁の陶芸家、王君子(おう・くんし)さんは、汝窯青磁の「天青色」(スカイブルー)の美をよみがえらせるため、30年以上にわたり心血を注ぎ、数々の難題に取り組んできた。そして、ついに汝窯青磁を焼成する「超絶的な技法」を会得し、国家級無形文化遺産「汝窯青磁焼成技法」の代表的伝承者となった。(鄭州=新華社記者/李安)=2019(令和元)年5月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051703352

  • 2019年05月09日
    「天青色」の美を蘇らせる復元に取り組む陶芸家河南省宝豊県

    9日、河南省宝豊県大営鎮清凉寺村にある汝窯青磁工房で、焼成が終わり、窯の扉を開けて炉内の温度を下げる王君子さん。汝窯(じょよう、河南省臨汝県付近一帯にあった青磁窯)青磁の陶芸家、王君子(おう・くんし)さんは、汝窯青磁の「天青色」(スカイブルー)の美をよみがえらせるため、30年以上にわたり心血を注ぎ、数々の難題に取り組んできた。そして、ついに汝窯青磁を焼成する「超絶的な技法」を会得し、国家級無形文化遺産「汝窯青磁焼成技法」の代表的伝承者となった。(鄭州=新華社記者/李安)=2019(令和元)年5月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051703329

  • 2019年05月09日
    「天青色」の美を蘇らせる復元に取り組む陶芸家河南省宝豊県

    9日、河南省宝豊県大営鎮清凉寺村にある汝窯青磁工房で、王君子さんが窯出しをする様子。汝窯(じょよう、河南省臨汝県付近一帯にあった青磁窯)青磁の陶芸家、王君子(おう・くんし)さんは、汝窯青磁の「天青色」(スカイブルー)の美をよみがえらせるため、30年以上にわたり心血を注ぎ、数々の難題に取り組んできた。そして、ついに汝窯青磁を焼成する「超絶的な技法」を会得し、国家級無形文化遺産「汝窯青磁焼成技法」の代表的伝承者となった。(鄭州=新華社記者/李安)=2019(令和元)年5月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051703340

  • 2019年05月14日
    合肥市で北宋時代の家族墓群見つかる安徽省

    M1号墓の頂部構造。(5月20日撮影)中国安徽省合肥市長豊県でこのほど、13基の墓からなる比較的規模の大きい北宋時代の家族墓群が見つかった。木製漆器や磁器、金・銀器など文化財51点(組)が出土しており、北宋史の研究で重要な意義を持つという。考古スタッフが現在、緊急発掘調査を行っている。(合肥=新華社配信/安徽省文物考古研究所提供)=2019(令和元)年5月14日、クレジット:安徽省文物考古研究所/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019061403799

  • 2019年05月20日
    合肥市で北宋時代の家族墓群見つかる安徽省

    M1号墓の発掘現場。(5月20日撮影、小型無人機から)中国安徽省合肥市長豊県でこのほど、13基の墓からなる比較的規模の大きい北宋時代の家族墓群が見つかった。木製漆器や磁器、金・銀器など文化財51点(組)が出土しており、北宋史の研究で重要な意義を持つという。考古スタッフが現在、緊急発掘調査を行っている。(合肥=新華社配信/安徽省文物考古研究所提供)=2019(令和元)年5月20日、クレジット:安徽省文物考古研究所/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019061403798

  • 2019年05月20日
    合肥市で北宋時代の家族墓群見つかる安徽省

    M1号墓頂部の開口作業をする考古スタッフ。(5月20日撮影)中国安徽省合肥市長豊県でこのほど、13基の墓からなる比較的規模の大きい北宋時代の家族墓群が見つかった。木製漆器や磁器、金・銀器など文化財51点(組)が出土しており、北宋史の研究で重要な意義を持つという。考古スタッフが現在、緊急発掘調査を行っている。(合肥=新華社配信/安徽省文物考古研究所提供)=2019(令和元)年5月20日、クレジット:安徽省文物考古研究所/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019061403763

  • 1
  • 2