KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 令和
  • 茶葉
  • 位置
  • 農業
  • 風景
  • 記者
  • ラサ
  • 生産
  • 起源
  • テーマ

「貢茶」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
42
( 1 42 件を表示)
  • 1
42
( 1 42 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2018年12月07日
    雪で白く染まった茶畑湖北省宣恩県

    7日、うっすらと雪が積もった湖北省宣恩県万寨郷の伍家台貢茶園。二十四節気の一つ「大雪(たいせつ)」の7日、中国湖北省恩施トゥチャ族ミャオ族自治州宣恩県で降雪を観測した。県内の伍家台貢茶園は白い雪に覆われ、独特の冬の光景を描き出している。(恩施=新華社配信/王俊)=2018(平成30)年12月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018121021192

  • 2018年12月07日
    雪で白く染まった茶畑湖北省宣恩県

    7日、うっすらと雪が積もった湖北省宣恩県万寨郷の伍家台貢茶園。二十四節気の一つ「大雪(たいせつ)」の7日、中国湖北省恩施トゥチャ族ミャオ族自治州宣恩県で降雪を観測した。県内の伍家台貢茶園は白い雪に覆われ、独特の冬の光景を描き出している。(恩施=新華社配信/王俊)=2018(平成30)年12月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018121020914

  • 2018年12月07日
    雪で白く染まった茶畑湖北省宣恩県

    7日、うっすらと雪が積もった湖北省宣恩県万寨郷の伍家台貢茶園。二十四節気の一つ「大雪(たいせつ)」の7日、中国湖北省恩施トゥチャ族ミャオ族自治州宣恩県で降雪を観測した。県内の伍家台貢茶園は白い雪に覆われ、独特の冬の光景を描き出している。(恩施=新華社配信/王俊)=2018(平成30)年12月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018121021131

  • 2018年12月07日
    雪で白く染まった茶畑湖北省宣恩県

    7日、うっすらと雪が積もった湖北省宣恩県万寨郷の伍家台貢茶園。二十四節気の一つ「大雪(たいせつ)」の7日、中国湖北省恩施トゥチャ族ミャオ族自治州宣恩県で降雪を観測した。県内の伍家台貢茶園は白い雪に覆われ、独特の冬の光景を描き出している。(恩施=新華社配信/王俊)=2018(平成30)年12月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018121020985

  • 2018年12月07日
    雪で白く染まった茶畑湖北省宣恩県

    7日、うっすらと雪が積もった湖北省宣恩県万寨郷の伍家台貢茶園。二十四節気の一つ「大雪(たいせつ)」の7日、中国湖北省恩施トゥチャ族ミャオ族自治州宣恩県で降雪を観測した。県内の伍家台貢茶園は白い雪に覆われ、独特の冬の光景を描き出している。(恩施=新華社配信/王俊)=2018(平成30)年12月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018121021001

  • 2018年12月07日
    雪で白く染まった茶畑湖北省宣恩県

    7日、うっすらと雪が積もった湖北省宣恩県万寨郷の伍家台貢茶園。二十四節気の一つ「大雪(たいせつ)」の7日、中国湖北省恩施トゥチャ族ミャオ族自治州宣恩県で降雪を観測した。県内の伍家台貢茶園は白い雪に覆われ、独特の冬の光景を描き出している。(恩施=新華社配信/王俊)=2018(平成30)年12月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018121020880

  • 2018年12月07日
    雪で白く染まった茶畑湖北省宣恩県

    7日、うっすらと雪が積もった湖北省宣恩県万寨郷の伍家台貢茶園を訪れた観光客。二十四節気の一つ「大雪(たいせつ)」の7日、中国湖北省恩施トゥチャ族ミャオ族自治州宣恩県で降雪を観測した。県内の伍家台貢茶園は白い雪に覆われ、独特の冬の光景を描き出している。(恩施=新華社配信/王俊)=2018(平成30)年12月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018121021018

  • 2019年05月31日
    茶摘みシーズン迎えた易貢茶場チベット自治区

    5月31日、易貢茶場で茶摘みをする従業員。中国チベット自治区ニンティ(林芝)市にある易貢茶場は、茶摘みシーズンを迎えている。1960年に建設された易貢茶場は平均海抜2千メートル余りの地にあり、降水量が多く、紫外線も比較的強い。年間や1日の気温差が小さく、茶葉の生長周期も長いため、鮮度が保ちやすい。(ラサ=新華社記者/晋美多吉)=2019(令和元)年5月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019060301564

  • 2019年05月31日
    茶摘みシーズン迎えた易貢茶場チベット自治区

    5月31日、易貢茶場で茶摘みをする従業員。中国チベット自治区ニンティ(林芝)市にある易貢茶場は、茶摘みシーズンを迎えている。1960年に建設された易貢茶場は平均海抜2千メートル余りの地にあり、降水量が多く、紫外線も比較的強い。年間や1日の気温差が小さく、茶葉の生長周期も長いため、鮮度が保ちやすい。(ラサ=新華社記者/晋美多吉)=2019(令和元)年5月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019060301574

  • 2019年05月31日
    茶摘みシーズン迎えた易貢茶場チベット自治区

    5月31日、雪山の麓にある易貢茶場。中国チベット自治区ニンティ(林芝)市にある易貢茶場は、茶摘みシーズンを迎えている。1960年に建設された易貢茶場は平均海抜2千メートル余りの地にあり、降水量が多く、紫外線も比較的強い。年間や1日の気温差が小さく、茶葉の生長周期も長いため、鮮度が保ちやすい。(ラサ=新華社記者/晋美多吉)=2019(令和元)年5月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019060301582

  • 2019年05月31日
    茶摘みシーズン迎えた易貢茶場チベット自治区

    5月31日、易貢茶場で茶摘みをする従業員。(小型無人機から)中国チベット自治区ニンティ(林芝)市にある易貢茶場は、茶摘みシーズンを迎えている。1960年に建設された易貢茶場は平均海抜2千メートル余りの地にあり、降水量が多く、紫外線も比較的強い。年間や1日の気温差が小さく、茶葉の生長周期も長いため、鮮度が保ちやすい。(ラサ=新華社記者/晋美多吉)=2019(令和元)年5月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019060301454

  • 2019年05月31日
    茶摘みシーズン迎えた易貢茶場チベット自治区

    5月31日、易貢茶場で摘みたての茶葉を見せる従業員。中国チベット自治区ニンティ(林芝)市にある易貢茶場は、茶摘みシーズンを迎えている。1960年に建設された易貢茶場は平均海抜2千メートル余りの地にあり、降水量が多く、紫外線も比較的強い。年間や1日の気温差が小さく、茶葉の生長周期も長いため、鮮度が保ちやすい。(ラサ=新華社記者/晋美多吉)=2019(令和元)年5月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019060301645

  • 2019年05月31日
    茶摘みシーズン迎えた易貢茶場チベット自治区

    5月31日、易貢茶場で茶摘みをする従業員。中国チベット自治区ニンティ(林芝)市にある易貢茶場は、茶摘みシーズンを迎えている。1960年に建設された易貢茶場は平均海抜2千メートル余りの地にあり、降水量が多く、紫外線も比較的強い。年間や1日の気温差が小さく、茶葉の生長周期も長いため、鮮度が保ちやすい。(ラサ=新華社記者/晋美多吉)=2019(令和元)年5月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019060301609

  • 2019年05月31日
    茶摘みシーズン迎えた易貢茶場チベット自治区

    5月31日、易貢茶場で茶摘みをする従業員。中国チベット自治区ニンティ(林芝)市にある易貢茶場は、茶摘みシーズンを迎えている。1960年に建設された易貢茶場は平均海抜2千メートル余りの地にあり、降水量が多く、紫外線も比較的強い。年間や1日の気温差が小さく、茶葉の生長周期も長いため、鮮度が保ちやすい。(ラサ=新華社記者/晋美多吉)=2019(令和元)年5月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019060301642

  • 2019年05月31日
    茶摘みシーズン迎えた易貢茶場チベット自治区

    5月31日、易貢茶場で茶摘みをする従業員。(小型無人機から)中国チベット自治区ニンティ(林芝)市にある易貢茶場は、茶摘みシーズンを迎えている。1960年に建設された易貢茶場は平均海抜2千メートル余りの地にあり、降水量が多く、紫外線も比較的強い。年間や1日の気温差が小さく、茶葉の生長周期も長いため、鮮度が保ちやすい。(ラサ=新華社記者/晋美多吉)=2019(令和元)年5月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019060301565

  • 2019年05月31日
    茶摘みシーズン迎えた易貢茶場チベット自治区

    5月31日、易貢茶場で茶摘みをする従業員。中国チベット自治区ニンティ(林芝)市にある易貢茶場は、茶摘みシーズンを迎えている。1960年に建設された易貢茶場は平均海抜2千メートル余りの地にあり、降水量が多く、紫外線も比較的強い。年間や1日の気温差が小さく、茶葉の生長周期も長いため、鮮度が保ちやすい。(ラサ=新華社記者/晋美多吉)=2019(令和元)年5月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019060301580

  • 2019年05月31日
    茶摘みシーズン迎えた易貢茶場チベット自治区

    5月31日、易貢茶場で茶摘みをする従業員。(小型無人機から)中国チベット自治区ニンティ(林芝)市にある易貢茶場は、茶摘みシーズンを迎えている。1960年に建設された易貢茶場は平均海抜2千メートル余りの地にあり、降水量が多く、紫外線も比較的強い。年間や1日の気温差が小さく、茶葉の生長周期も長いため、鮮度が保ちやすい。(ラサ=新華社記者/晋美多吉)=2019(令和元)年5月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019060301458

  • 2020年05月13日
    生態系の強みを発揮し、環境配慮型産業を発展福建省南平市

    13日、福建省建甌(けんおう)市(南平市管轄下の県レベルの市)小橋鎮の観光茶園「北苑貢茶古道」。(小型無人機から)中国福建省南平市はここ数年、「緑水青山こそ金山銀山(豊かな自然には金銀同様の価値がある)」という理念を実行に移し、環境にやさしい自然資源利用を積極的に探究している。現代農業や観光、健康・保養、デジタル情報、先進製造、文化・クリエーティブなどのグリーン(環境配慮型)産業の育成に力を入れ、特色ある発展の道を歩んでいる。同市は2019年、「国家森林都市」に指定された。現時点で森林被覆率は省内2位、蓄積量は首位となっている。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年5月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020052001541

  • 2020年12月14日
    Gongcha Gongcha

    Customers shop at a Taiwan tea brand gongcha store in Hefei, Anhui province, China, on December 14, 2020.=2020(令和2)年12月14日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020121611075

  • 2020年12月14日
    Gongcha Gongcha

    Gongcha, a Brand of Taiwan tea, is seen at a shop in Hefei, Anhui province, China, on December 14, 2020.=2020(令和2)年12月14日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020121611222

  • 2020年12月14日
    Gongcha Gongcha

    Gongcha, a Brand of Taiwan tea, is seen at a shop in Hefei, Anhui province, China, on December 14, 2020.=2020(令和2)年12月14日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020121611056

  • 2020年12月14日
    Gongcha Gongcha

    Gongcha, a Brand of Taiwan tea, is seen at a shop in Hefei, Anhui province, China, on December 14, 2020.=2020(令和2)年12月14日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020121610979

  • 2020年12月14日
    Gongcha Gongcha

    Customers shop at a Taiwan tea brand gongcha store in Hefei, Anhui province, China, on December 14, 2020.=2020(令和2)年12月14日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020121611209

  • 2021年07月29日
    (2)茶と観光の融合で新たな発展の道を切り開くチベット自治区

    24日、空から見た易貢茶場。(小型無人機から)中国チベット自治区ニンティ(林芝)市ポメ県の平均標高2千メートル余りの場所に位置する易貢茶場は、同自治区初の大規模茶園。現在、さまざまな施策を打ち出して、生態文化観光の発展に力を入れている。茶産業が観光を促進し、観光が茶産業を盛り上げるという相互作用が、茶園に新たな発展をもたらしている。(ラサ=新華社記者/金立旺)= 配信日: 2021(令和3)年7月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021073001562

  • 2021年07月29日
    (1)茶と観光の融合で新たな発展の道を切り開くチベット自治区

    24日、空から見た易貢茶場。(小型無人機から)中国チベット自治区ニンティ(林芝)市ポメ県の平均標高2千メートル余りの場所に位置する易貢茶場は、同自治区初の大規模茶園。現在、さまざまな施策を打ち出して、生態文化観光の発展に力を入れている。茶産業が観光を促進し、観光が茶産業を盛り上げるという相互作用が、茶園に新たな発展をもたらしている。(ラサ=新華社記者/金立旺)= 配信日: 2021(令和3)年7月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021073001593

  • 2021年07月29日
    (5)茶と観光の融合で新たな発展の道を切り開くチベット自治区

    24日、易貢茶場で茶葉生産の知識を地元の茶農家に説明する、広東省農業科学院茶葉研究所チベット支援専門家で易貢茶場生産部長の黄華林(こう・かりん)さん(中央)。中国チベット自治区ニンティ(林芝)市ポメ県の平均標高2千メートル余りの場所に位置する易貢茶場は、同自治区初の大規模茶園。現在、さまざまな施策を打ち出して、生態文化観光の発展に力を入れている。茶産業が観光を促進し、観光が茶産業を盛り上げるという相互作用が、茶園に新たな発展をもたらしている。(ラサ=新華社記者/金立旺)= 配信日: 2021(令和3)年7月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021073001498

  • 2021年07月29日
    (4)茶と観光の融合で新たな発展の道を切り開くチベット自治区

    24日、道路の舗装や景観修復などが進む易貢茶場の茶園。中国チベット自治区ニンティ(林芝)市ポメ県の平均標高2千メートル余りの場所に位置する易貢茶場は、同自治区初の大規模茶園。現在、さまざまな施策を打ち出して、生態文化観光の発展に力を入れている。茶産業が観光を促進し、観光が茶産業を盛り上げるという相互作用が、茶園に新たな発展をもたらしている。(ラサ=新華社記者/金立旺)= 配信日: 2021(令和3)年7月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021073001602

  • 2021年07月29日
    (3)茶と観光の融合で新たな発展の道を切り開くチベット自治区

    24日、易貢茶場で摘み取ったばかりの茶葉を見せる茶農家。中国チベット自治区ニンティ(林芝)市ポメ県の平均標高2千メートル余りの場所に位置する易貢茶場は、同自治区初の大規模茶園。現在、さまざまな施策を打ち出して、生態文化観光の発展に力を入れている。茶産業が観光を促進し、観光が茶産業を盛り上げるという相互作用が、茶園に新たな発展をもたらしている。(ラサ=新華社記者/金立旺)= 配信日: 2021(令和3)年7月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021073001571

  • 00:39.01
    2022年03月01日
    「新華社」「茶文化の起源」蒙頂山から新茶の香り四川省雅安市

    中国四川省雅安市に位置する蒙頂山は茶文化発祥の地で、茶葉の人工栽培に関する世界最古の文書記録が残されている場所でもある。史料によると、「茶祖」呉理真(ご・りしん)は紀元前53年、蒙頂山で野生の茶樹の順化に成功し、茶葉人工栽培の先駆けとなった。蒙頂山茶は唐の天宝元(742)年から「貢茶」(御用茶)となり、清代に至るまで1169年間一貫してその地位を維持した。また同茶葉は唐代の開成5(840)年、中国から日本に贈答品として贈られた。蒙頂山に漂う茶葉の香りは2千年余りの歳月を経ても絶えることはない。同山が位置する雅安市名山区には35万ムー(約2万3千ヘクタール)以上の茶畑が広がる。さらに中国西南部最大の茶樹のジーンバンクも有し、茶葉の年間生産量は5万トンを超える。「蒙頂山茶」は2019年、日本での商標登録に成功した。(記者/呉光于) =配信日: 2022(令和4)年3月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022030107048

  • 2022年03月29日
    (6)茶文化発祥の地、蒙頂山で茶業シンポジウム開催四川省雅安市

    朝焼けの茶園。(資料写真)中国四川省雅安市の蒙頂山で26日、茶史と茶業遺産学術シンポジウム「中国蒙頂山・世界の茶の起源」が開催された。多くの国内大学と科学研究機関の専門家がオンラインと会場を組み合わせた形式で一堂に会し、茶業の歴史と茶業文化遺産をテーマに深い討論を行った。古くは「蒙山」と呼ばれた蒙頂山は北緯30度に位置し、雅安市の雨城区と名山区の境にある。年間を通して雨と霧に覆われる蒙頂山は、その独特な地理条件により古くから良質な茶葉を生産し「貢茶」(御用茶)として朝廷へ献上されていた。(雅安=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年3月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022032907828

  • 2022年03月29日
    (12)茶文化発祥の地、蒙頂山で茶業シンポジウム開催四川省雅安市

    雅安市の茶を保存する貯蔵所。(資料写真)中国四川省雅安市の蒙頂山で26日、茶史と茶業遺産学術シンポジウム「中国蒙頂山・世界の茶の起源」が開催された。多くの国内大学と科学研究機関の専門家がオンラインと会場を組み合わせた形式で一堂に会し、茶業の歴史と茶業文化遺産をテーマに深い討論を行った。古くは「蒙山」と呼ばれた蒙頂山は北緯30度に位置し、雅安市の雨城区と名山区の境にある。年間を通して雨と霧に覆われる蒙頂山は、その独特な地理条件により古くから良質な茶葉を生産し「貢茶」(御用茶)として朝廷へ献上されていた。(雅安=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年3月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022032907822

  • 2022年03月29日
    (9)茶文化発祥の地、蒙頂山で茶業シンポジウム開催四川省雅安市

    茶園のそばを走るサイクリング愛好家。(資料写真)中国四川省雅安市の蒙頂山で26日、茶史と茶業遺産学術シンポジウム「中国蒙頂山・世界の茶の起源」が開催された。多くの国内大学と科学研究機関の専門家がオンラインと会場を組み合わせた形式で一堂に会し、茶業の歴史と茶業文化遺産をテーマに深い討論を行った。古くは「蒙山」と呼ばれた蒙頂山は北緯30度に位置し、雅安市の雨城区と名山区の境にある。年間を通して雨と霧に覆われる蒙頂山は、その独特な地理条件により古くから良質な茶葉を生産し「貢茶」(御用茶)として朝廷へ献上されていた。(雅安=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年3月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022032907825

  • 2022年03月29日
    (3)茶文化発祥の地、蒙頂山で茶業シンポジウム開催四川省雅安市

    製茶の様子。(資料写真)中国四川省雅安市の蒙頂山で26日、茶史と茶業遺産学術シンポジウム「中国蒙頂山・世界の茶の起源」が開催された。多くの国内大学と科学研究機関の専門家がオンラインと会場を組み合わせた形式で一堂に会し、茶業の歴史と茶業文化遺産をテーマに深い討論を行った。古くは「蒙山」と呼ばれた蒙頂山は北緯30度に位置し、雅安市の雨城区と名山区の境にある。年間を通して雨と霧に覆われる蒙頂山は、その独特な地理条件により古くから良質な茶葉を生産し「貢茶」(御用茶)として朝廷へ献上されていた。(雅安=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年3月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022032907826

  • 2022年03月29日
    (11)茶文化発祥の地、蒙頂山で茶業シンポジウム開催四川省雅安市

    空から見た騎竜場茶園。(資料写真)中国四川省雅安市の蒙頂山で26日、茶史と茶業遺産学術シンポジウム「中国蒙頂山・世界の茶の起源」が開催された。多くの国内大学と科学研究機関の専門家がオンラインと会場を組み合わせた形式で一堂に会し、茶業の歴史と茶業文化遺産をテーマに深い討論を行った。古くは「蒙山」と呼ばれた蒙頂山は北緯30度に位置し、雅安市の雨城区と名山区の境にある。年間を通して雨と霧に覆われる蒙頂山は、その独特な地理条件により古くから良質な茶葉を生産し「貢茶」(御用茶)として朝廷へ献上されていた。(雅安=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年3月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022032907827

  • 2022年03月29日
    (10)茶文化発祥の地、蒙頂山で茶業シンポジウム開催四川省雅安市

    茶摘みの様子。(資料写真)中国四川省雅安市の蒙頂山で26日、茶史と茶業遺産学術シンポジウム「中国蒙頂山・世界の茶の起源」が開催された。多くの国内大学と科学研究機関の専門家がオンラインと会場を組み合わせた形式で一堂に会し、茶業の歴史と茶業文化遺産をテーマに深い討論を行った。古くは「蒙山」と呼ばれた蒙頂山は北緯30度に位置し、雅安市の雨城区と名山区の境にある。年間を通して雨と霧に覆われる蒙頂山は、その独特な地理条件により古くから良質な茶葉を生産し「貢茶」(御用茶)として朝廷へ献上されていた。(雅安=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年3月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022032907830

  • 2022年03月29日
    (5)茶文化発祥の地、蒙頂山で茶業シンポジウム開催四川省雅安市

    蒙頂山で茶芸をたしなむ人。(資料写真)中国四川省雅安市の蒙頂山で26日、茶史と茶業遺産学術シンポジウム「中国蒙頂山・世界の茶の起源」が開催された。多くの国内大学と科学研究機関の専門家がオンラインと会場を組み合わせた形式で一堂に会し、茶業の歴史と茶業文化遺産をテーマに深い討論を行った。古くは「蒙山」と呼ばれた蒙頂山は北緯30度に位置し、雅安市の雨城区と名山区の境にある。年間を通して雨と霧に覆われる蒙頂山は、その独特な地理条件により古くから良質な茶葉を生産し「貢茶」(御用茶)として朝廷へ献上されていた。(雅安=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年3月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022032907832

  • 2022年03月29日
    (2)茶文化発祥の地、蒙頂山で茶業シンポジウム開催四川省雅安市

    26日、シンポジウムの会場で行われた茶芸の実演。中国四川省雅安市の蒙頂山で26日、茶史と茶業遺産学術シンポジウム「中国蒙頂山・世界の茶の起源」が開催された。多くの国内大学と科学研究機関の専門家がオンラインと会場を組み合わせた形式で一堂に会し、茶業の歴史と茶業文化遺産をテーマに深い討論を行った。古くは「蒙山」と呼ばれた蒙頂山は北緯30度に位置し、雅安市の雨城区と名山区の境にある。年間を通して雨と霧に覆われる蒙頂山は、その独特な地理条件により古くから良質な茶葉を生産し「貢茶」(御用茶)として朝廷へ献上されていた。(雅安=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年3月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022032907821

  • 2022年03月29日
    (4)茶文化発祥の地、蒙頂山で茶業シンポジウム開催四川省雅安市

    有機栽培茶。(資料写真)中国四川省雅安市の蒙頂山で26日、茶史と茶業遺産学術シンポジウム「中国蒙頂山・世界の茶の起源」が開催された。多くの国内大学と科学研究機関の専門家がオンラインと会場を組み合わせた形式で一堂に会し、茶業の歴史と茶業文化遺産をテーマに深い討論を行った。古くは「蒙山」と呼ばれた蒙頂山は北緯30度に位置し、雅安市の雨城区と名山区の境にある。年間を通して雨と霧に覆われる蒙頂山は、その独特な地理条件により古くから良質な茶葉を生産し「貢茶」(御用茶)として朝廷へ献上されていた。(雅安=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年3月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022032907824

  • 2022年03月29日
    (7)茶文化発祥の地、蒙頂山で茶業シンポジウム開催四川省雅安市

    茶園で茶摘みをする人々。(資料写真)中国四川省雅安市の蒙頂山で26日、茶史と茶業遺産学術シンポジウム「中国蒙頂山・世界の茶の起源」が開催された。多くの国内大学と科学研究機関の専門家がオンラインと会場を組み合わせた形式で一堂に会し、茶業の歴史と茶業文化遺産をテーマに深い討論を行った。古くは「蒙山」と呼ばれた蒙頂山は北緯30度に位置し、雅安市の雨城区と名山区の境にある。年間を通して雨と霧に覆われる蒙頂山は、その独特な地理条件により古くから良質な茶葉を生産し「貢茶」(御用茶)として朝廷へ献上されていた。(雅安=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年3月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022032907829

  • 2022年03月29日
    (1)茶文化発祥の地、蒙頂山で茶業シンポジウム開催四川省雅安市

    雅安市名山区の茶園。(資料写真)中国四川省雅安市の蒙頂山で26日、茶史と茶業遺産学術シンポジウム「中国蒙頂山・世界の茶の起源」が開催された。多くの国内大学と科学研究機関の専門家がオンラインと会場を組み合わせた形式で一堂に会し、茶業の歴史と茶業文化遺産をテーマに深い討論を行った。古くは「蒙山」と呼ばれた蒙頂山は北緯30度に位置し、雅安市の雨城区と名山区の境にある。年間を通して雨と霧に覆われる蒙頂山は、その独特な地理条件により古くから良質な茶葉を生産し「貢茶」(御用茶)として朝廷へ献上されていた。(雅安=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年3月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022032907831

  • 2022年03月29日
    (8)茶文化発祥の地、蒙頂山で茶業シンポジウム開催四川省雅安市

    空から見た騎竜場茶園。(資料写真)中国四川省雅安市の蒙頂山で26日、茶史と茶業遺産学術シンポジウム「中国蒙頂山・世界の茶の起源」が開催された。多くの国内大学と科学研究機関の専門家がオンラインと会場を組み合わせた形式で一堂に会し、茶業の歴史と茶業文化遺産をテーマに深い討論を行った。古くは「蒙山」と呼ばれた蒙頂山は北緯30度に位置し、雅安市の雨城区と名山区の境にある。年間を通して雨と霧に覆われる蒙頂山は、その独特な地理条件により古くから良質な茶葉を生産し「貢茶」(御用茶)として朝廷へ献上されていた。(雅安=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年3月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022032907833

  • 2022年03月29日
    (13)茶文化発祥の地、蒙頂山で茶業シンポジウム開催四川省雅安市

    蒙頂山の山門。(資料写真)中国四川省雅安市の蒙頂山で26日、茶史と茶業遺産学術シンポジウム「中国蒙頂山・世界の茶の起源」が開催された。多くの国内大学と科学研究機関の専門家がオンラインと会場を組み合わせた形式で一堂に会し、茶業の歴史と茶業文化遺産をテーマに深い討論を行った。古くは「蒙山」と呼ばれた蒙頂山は北緯30度に位置し、雅安市の雨城区と名山区の境にある。年間を通して雨と霧に覆われる蒙頂山は、その独特な地理条件により古くから良質な茶葉を生産し「貢茶」(御用茶)として朝廷へ献上されていた。(雅安=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年3月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022032907823

  • 1