KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 貧困脱却
  • 協同組合
  • 黒竜江省
  • 小型無人機
  • ドローン
  • 貧困支援
  • 地元政府
  • 貧困扶助
  • ハルビン
  • 内モンゴル自治区

「貧困世帯」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
1,016
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...
1,016
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 2021年03月06日
    (2)モンゴル族伝統の「語り歌い」を多くの人に貧困脱却後の新生活

    2月22日、四弦胡琴の演奏を披露する包蓮さん。中国内モンゴル自治区通遼市開魯県吉日嘎郎吐鎮に住む包蓮(パオリエン)さんは視力障害のため仕事ができず、家の農作業は全て妻の莫日根高娃(モリゲンガオワ)さんが切り盛りしていた。包蓮さん一家は2018年に貧困世帯に認定された後、貧困脱却に取り組む地元政府幹部から赤トウガラシの栽培技術を習い、1ムー(約0・067ヘクタール)当たり2千元(1元=約17円)の収入が得られるようになり、生活が安定した。子どもの頃から音楽が好きだった包蓮さんは、モンゴル族の民間芸能「説唱」(語り歌い)を独学で習得。説唱のライブ配信も行うようになり、今では2千人のフォロワーを抱えている。(フフホト=新華社記者/賀書琛)= 配信日: 2021(令和3)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月06日
    (6)モンゴル族伝統の「語り歌い」を多くの人に貧困脱却後の新生活

    2月22日、四弦胡琴の演奏を披露する包蓮さん。中国内モンゴル自治区通遼市開魯県吉日嘎郎吐鎮に住む包蓮(パオリエン)さんは視力障害のため仕事ができず、家の農作業は全て妻の莫日根高娃(モリゲンガオワ)さんが切り盛りしていた。包蓮さん一家は2018年に貧困世帯に認定された後、貧困脱却に取り組む地元政府幹部から赤トウガラシの栽培技術を習い、1ムー(約0・067ヘクタール)当たり2千元(1元=約17円)の収入が得られるようになり、生活が安定した。子どもの頃から音楽が好きだった包蓮さんは、モンゴル族の民間芸能「説唱」(語り歌い)を独学で習得。説唱のライブ配信も行うようになり、今では2千人のフォロワーを抱えている。(フフホト=新華社記者/賀書琛)= 配信日: 2021(令和3)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月06日
    (8)モンゴル族伝統の「語り歌い」を多くの人に貧困脱却後の新生活

    2月22日、四弦胡琴の演奏を披露する包蓮さん。中国内モンゴル自治区通遼市開魯県吉日嘎郎吐鎮に住む包蓮(パオリエン)さんは視力障害のため仕事ができず、家の農作業は全て妻の莫日根高娃(モリゲンガオワ)さんが切り盛りしていた。包蓮さん一家は2018年に貧困世帯に認定された後、貧困脱却に取り組む地元政府幹部から赤トウガラシの栽培技術を習い、1ムー(約0・067ヘクタール)当たり2千元(1元=約17円)の収入が得られるようになり、生活が安定した。子どもの頃から音楽が好きだった包蓮さんは、モンゴル族の民間芸能「説唱」(語り歌い)を独学で習得。説唱のライブ配信も行うようになり、今では2千人のフォロワーを抱えている。(フフホト=新華社記者/賀書琛)= 配信日: 2021(令和3)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月06日
    (5)モンゴル族伝統の「語り歌い」を多くの人に貧困脱却後の新生活

    2月22日、ライブ配信で視聴者と交流する包蓮さんと妻の莫日根高娃さん。中国内モンゴル自治区通遼市開魯県吉日嘎郎吐鎮に住む包蓮(パオリエン)さんは視力障害のため仕事ができず、家の農作業は全て妻の莫日根高娃(モリゲンガオワ)さんが切り盛りしていた。包蓮さん一家は2018年に貧困世帯に認定された後、貧困脱却に取り組む地元政府幹部から赤トウガラシの栽培技術を習い、1ムー(約0・067ヘクタール)当たり2千元(1元=約17円)の収入が得られるようになり、生活が安定した。子どもの頃から音楽が好きだった包蓮さんは、モンゴル族の民間芸能「説唱」(語り歌い)を独学で習得。説唱のライブ配信も行うようになり、今では2千人のフォロワーを抱えている。(フフホト=新華社記者/賀書琛)= 配信日: 2021(令和3)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月06日
    (3)モンゴル族伝統の「語り歌い」を多くの人に貧困脱却後の新生活

    2月22日、モンゴル族に伝わる語り歌いを披露する包蓮さん。中国内モンゴル自治区通遼市開魯県吉日嘎郎吐鎮に住む包蓮(パオリエン)さんは視力障害のため仕事ができず、家の農作業は全て妻の莫日根高娃(モリゲンガオワ)さんが切り盛りしていた。包蓮さん一家は2018年に貧困世帯に認定された後、貧困脱却に取り組む地元政府幹部から赤トウガラシの栽培技術を習い、1ムー(約0・067ヘクタール)当たり2千元(1元=約17円)の収入が得られるようになり、生活が安定した。子どもの頃から音楽が好きだった包蓮さんは、モンゴル族の民間芸能「説唱」(語り歌い)を独学で習得。説唱のライブ配信も行うようになり、今では2千人のフォロワーを抱えている。(フフホト=新華社記者/賀書琛)= 配信日: 2021(令和3)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月06日
    (4)モンゴル族伝統の「語り歌い」を多くの人に貧困脱却後の新生活

    2月22日、ライブ配信で四弦胡琴の演奏を披露する包蓮さん。中国内モンゴル自治区通遼市開魯県吉日嘎郎吐鎮に住む包蓮(パオリエン)さんは視力障害のため仕事ができず、家の農作業は全て妻の莫日根高娃(モリゲンガオワ)さんが切り盛りしていた。包蓮さん一家は2018年に貧困世帯に認定された後、貧困脱却に取り組む地元政府幹部から赤トウガラシの栽培技術を習い、1ムー(約0・067ヘクタール)当たり2千元(1元=約17円)の収入が得られるようになり、生活が安定した。子どもの頃から音楽が好きだった包蓮さんは、モンゴル族の民間芸能「説唱」(語り歌い)を独学で習得。説唱のライブ配信も行うようになり、今では2千人のフォロワーを抱えている。(フフホト=新華社記者/賀書琛)= 配信日: 2021(令和3)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月06日
    (1)モンゴル族伝統の「語り歌い」を多くの人に貧困脱却後の新生活

    2月22日、自身の新しい胡琴(左)と古い胡琴(右)を掲げる包蓮さん。中国内モンゴル自治区通遼市開魯県吉日嘎郎吐鎮に住む包蓮(パオリエン)さんは視力障害のため仕事ができず、家の農作業は全て妻の莫日根高娃(モリゲンガオワ)さんが切り盛りしていた。包蓮さん一家は2018年に貧困世帯に認定された後、貧困脱却に取り組む地元政府幹部から赤トウガラシの栽培技術を習い、1ムー(約0・067ヘクタール)当たり2千元(1元=約17円)の収入が得られるようになり、生活が安定した。子どもの頃から音楽が好きだった包蓮さんは、モンゴル族の民間芸能「説唱」(語り歌い)を独学で習得。説唱のライブ配信も行うようになり、今では2千人のフォロワーを抱えている。(フフホト=新華社記者/賀書琛)= 配信日: 2021(令和3)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月06日
    (7)モンゴル族伝統の「語り歌い」を多くの人に貧困脱却後の新生活

    2月22日、モンゴル族に伝わる語り歌いを披露する包蓮さん。中国内モンゴル自治区通遼市開魯県吉日嘎郎吐鎮に住む包蓮(パオリエン)さんは視力障害のため仕事ができず、家の農作業は全て妻の莫日根高娃(モリゲンガオワ)さんが切り盛りしていた。包蓮さん一家は2018年に貧困世帯に認定された後、貧困脱却に取り組む地元政府幹部から赤トウガラシの栽培技術を習い、1ムー(約0・067ヘクタール)当たり2千元(1元=約17円)の収入が得られるようになり、生活が安定した。子どもの頃から音楽が好きだった包蓮さんは、モンゴル族の民間芸能「説唱」(語り歌い)を独学で習得。説唱のライブ配信も行うようになり、今では2千人のフォロワーを抱えている。(フフホト=新華社記者/賀書琛)= 配信日: 2021(令和3)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月03日
    (6)貧困者支援ECプラットフォーム構築、農産物販売・観光を促進寧夏同心県

    2月24日、地元特産の農作物をライブ配信でPRする「大美同心」ECプラットフォームのキャスター。中国寧夏回族自治区呉忠市同心県はここ数年、小売り活動を通じた貧困者支援電子商取引(EC)プラットフォームの発展を積極的に推進し、「大美同心」ECプラットフォームを構築した。県内の質の高い農産物や文化クリエーティブ製品、景勝地の宿泊施設資源などを集め、農産物・観光商品の販路を拡大し、農家の増産と増収を後押ししている。現在、同プラットフォームは30近い地元大手企業や合作社(協同組合)の参加を得て、同県特産の農産物・観光商品200種類以上を出品している。累積注文件数は20万件に達し、地元の貧困世帯4千人余りを貧困脱却と増収へ導いた。(銀川=新華社記者/王鵬)= 配信日: 2021(令和3)年3月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月03日
    (2)貧困者支援ECプラットフォーム構築、農産物販売・観光を促進寧夏同心県

    2月24日、元宵節(旧暦1月15日、今年は2月26日)期間中に販売する特産農作物の宣伝活動プランについて会議で話し合う「大美同心」ECプラットフォームのスタッフ。中国寧夏回族自治区呉忠市同心県はここ数年、小売り活動を通じた貧困者支援電子商取引(EC)プラットフォームの発展を積極的に推進し、「大美同心」ECプラットフォームを構築した。県内の質の高い農産物や文化クリエーティブ製品、景勝地の宿泊施設資源などを集め、農産物・観光商品の販路を拡大し、農家の増産と増収を後押ししている。現在、同プラットフォームは30近い地元大手企業や合作社(協同組合)の参加を得て、同県特産の農産物・観光商品200種類以上を出品している。累積注文件数は20万件に達し、地元の貧困世帯4千人余りを貧困脱却と増収へ導いた。(銀川=新華社記者/王鵬)= 配信日: 2021(令和3)年3月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月03日
    (3)貧困者支援ECプラットフォーム構築、農産物販売・観光を促進寧夏同心県

    2月24日、展示されている地元特産の農作物を整える「大美同心」ECプラットフォームのスタッフ。中国寧夏回族自治区呉忠市同心県はここ数年、小売り活動を通じた貧困者支援電子商取引(EC)プラットフォームの発展を積極的に推進し、「大美同心」ECプラットフォームを構築した。県内の質の高い農産物や文化クリエーティブ製品、景勝地の宿泊施設資源などを集め、農産物・観光商品の販路を拡大し、農家の増産と増収を後押ししている。現在、同プラットフォームは30近い地元大手企業や合作社(協同組合)の参加を得て、同県特産の農産物・観光商品200種類以上を出品している。累積注文件数は20万件に達し、地元の貧困世帯4千人余りを貧困脱却と増収へ導いた。(銀川=新華社記者/唐如峰)= 配信日: 2021(令和3)年3月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月03日
    (5)貧困者支援ECプラットフォーム構築、農産物販売・観光を促進寧夏同心県

    2月24日、地元特産の農作物をオンラインで宣伝、販売する「大美同心」ECプラットフォームのスタッフ。中国寧夏回族自治区呉忠市同心県はここ数年、小売り活動を通じた貧困者支援電子商取引(EC)プラットフォームの発展を積極的に推進し、「大美同心」ECプラットフォームを構築した。県内の質の高い農産物や文化クリエーティブ製品、景勝地の宿泊施設資源などを集め、農産物・観光商品の販路を拡大し、農家の増産と増収を後押ししている。現在、同プラットフォームは30近い地元大手企業や合作社(協同組合)の参加を得て、同県特産の農産物・観光商品200種類以上を出品している。累積注文件数は20万件に達し、地元の貧困世帯4千人余りを貧困脱却と増収へ導いた。(銀川=新華社記者/王鵬)= 配信日: 2021(令和3)年3月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月03日
    (1)貧困者支援ECプラットフォーム構築、農産物販売・観光を促進寧夏同心県

    2月24日、地元特産の農作物をライブ配信でPRする「大美同心」ECプラットフォームのキャスター。中国寧夏回族自治区呉忠市同心県はここ数年、小売り活動を通じた貧困者支援電子商取引(EC)プラットフォームの発展を積極的に推進し、「大美同心」ECプラットフォームを構築した。県内の質の高い農産物や文化クリエーティブ製品、景勝地の宿泊施設資源などを集め、農産物・観光商品の販路を拡大し、農家の増産と増収を後押ししている。現在、同プラットフォームは30近い地元大手企業や合作社(協同組合)の参加を得て、同県特産の農産物・観光商品200種類以上を出品している。累積注文件数は20万件に達し、地元の貧困世帯4千人余りを貧困脱却と増収へ導いた。(銀川=新華社記者/王鵬)= 配信日: 2021(令和3)年3月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月03日
    (4)貧困者支援ECプラットフォーム構築、農産物販売・観光を促進寧夏同心県

    2月24日、展示されている地元特産製品の在庫を確認する「大美同心」ECプラットフォームのスタッフ。中国寧夏回族自治区呉忠市同心県はここ数年、小売り活動を通じた貧困者支援電子商取引(EC)プラットフォームの発展を積極的に推進し、「大美同心」ECプラットフォームを構築した。県内の質の高い農産物や文化クリエーティブ製品、景勝地の宿泊施設資源などを集め、農産物・観光商品の販路を拡大し、農家の増産と増収を後押ししている。現在、同プラットフォームは30近い地元大手企業や合作社(協同組合)の参加を得て、同県特産の農産物・観光商品200種類以上を出品している。累積注文件数は20万件に達し、地元の貧困世帯4千人余りを貧困脱却と増収へ導いた。(銀川=新華社記者/唐如峰)= 配信日: 2021(令和3)年3月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月13日
    (6)貧困を脱却し、新年の喜びをかみしめる甘粛省元古堆村

    7日、甘粛省定西市渭源県元古堆村で、購入した年越し用品を車から下ろす村民。中国甘粛省定西市渭源(いげん)県元古堆村はかつて、交通の不便と脆弱なインフラのため、貧困発生率が57%に達していた。貧困脱却堅塁攻略の開始後は、交通条件の改善や産業合作社(協同組合)の設立に取り組み、苗木育成や中国医学薬材、太陽光発電、農村観光などの産業発展に注力し、貧困世帯の就業と増収を後押ししてきた。同村は2018年末に村全体の貧困脱却を実現した。(渭源=新華社記者/馬希平)= 配信日: 2021(令和3)年2月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月13日
    (4)貧困を脱却し、新年の喜びをかみしめる甘粛省元古堆村

    6日、甘粛省定西市渭源県元古堆村の自宅で、麻花(こねた小麦粉を油で揚げた菓子)を作る村民。中国甘粛省定西市渭源(いげん)県元古堆村はかつて、交通の不便と脆弱なインフラのため、貧困発生率が57%に達していた。貧困脱却堅塁攻略の開始後は、交通条件の改善や産業合作社(協同組合)の設立に取り組み、苗木育成や中国医学薬材、太陽光発電、農村観光などの産業発展に注力し、貧困世帯の就業と増収を後押ししてきた。同村は2018年末に村全体の貧困脱却を実現した。(渭源=新華社記者/馬希平)= 配信日: 2021(令和3)年2月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月13日
    (5)貧困を脱却し、新年の喜びをかみしめる甘粛省元古堆村

    6日、甘粛省定西市渭源県元古堆村で、自宅の大掃除をする村民。中国甘粛省定西市渭源(いげん)県元古堆村はかつて、交通の不便と脆弱なインフラのため、貧困発生率が57%に達していた。貧困脱却堅塁攻略の開始後は、交通条件の改善や産業合作社(協同組合)の設立に取り組み、苗木育成や中国医学薬材、太陽光発電、農村観光などの産業発展に注力し、貧困世帯の就業と増収を後押ししてきた。同村は2018年末に村全体の貧困脱却を実現した。(渭源=新華社記者/馬希平)= 配信日: 2021(令和3)年2月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月13日
    (1)貧困を脱却し、新年の喜びをかみしめる甘粛省元古堆村

    6日、甘粛省定西市渭源県の元古堆村。(小型無人機から)中国甘粛省定西市渭源(いげん)県元古堆村はかつて、交通の不便と脆弱なインフラのため、貧困発生率が57%に達していた。貧困脱却堅塁攻略の開始後は、交通条件の改善や産業合作社(協同組合)の設立に取り組み、苗木育成や中国医学薬材、太陽光発電、農村観光などの産業発展に注力し、貧困世帯の就業と増収を後押ししてきた。同村は2018年末に村全体の貧困脱却を実現した。(渭源=新華社記者/馬希平)= 配信日: 2021(令和3)年2月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月13日
    (2)貧困を脱却し、新年の喜びをかみしめる甘粛省元古堆村

    5日、甘粛省定西市渭源県元古堆村で開かれた2020年度の分配大会。大会では同村の栽培専業合作社と観光開発企業が村民に配当金を分配した。中国甘粛省定西市渭源(いげん)県元古堆村はかつて、交通の不便と脆弱なインフラのため、貧困発生率が57%に達していた。貧困脱却堅塁攻略の開始後は、交通条件の改善や産業合作社(協同組合)の設立に取り組み、苗木育成や中国医学薬材、太陽光発電、農村観光などの産業発展に注力し、貧困世帯の就業と増収を後押ししてきた。同村は2018年末に村全体の貧困脱却を実現した。(渭源=新華社記者/馬希平)= 配信日: 2021(令和3)年2月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月13日
    (3)貧困を脱却し、新年の喜びをかみしめる甘粛省元古堆村

    5日、甘粛省定西市渭源県元古堆村の文化広場で、配当金を受け取る村民。中国甘粛省定西市渭源(いげん)県元古堆村はかつて、交通の不便と脆弱なインフラのため、貧困発生率が57%に達していた。貧困脱却堅塁攻略の開始後は、交通条件の改善や産業合作社(協同組合)の設立に取り組み、苗木育成や中国医学薬材、太陽光発電、農村観光などの産業発展に注力し、貧困世帯の就業と増収を後押ししてきた。同村は2018年末に村全体の貧困脱却を実現した。(渭源=新華社記者/馬希平)= 配信日: 2021(令和3)年2月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月13日
    (7)貧困を脱却し、新年の喜びをかみしめる甘粛省元古堆村

    11日、甘粛省定西市渭源県元古堆村ので、餃子を作り「年夜飯」(旧暦大みそかの夜に食べる料理)を準備する村民。中国甘粛省定西市渭源(いげん)県元古堆村はかつて、交通の不便と脆弱なインフラのため、貧困発生率が57%に達していた。貧困脱却堅塁攻略の開始後は、交通条件の改善や産業合作社(協同組合)の設立に取り組み、苗木育成や中国医学薬材、太陽光発電、農村観光などの産業発展に注力し、貧困世帯の就業と増収を後押ししてきた。同村は2018年末に村全体の貧困脱却を実現した。(渭源=新華社記者/馬希平)= 配信日: 2021(令和3)年2月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月09日
    (1)貧困者支援作業場、転居者の「職住近接」を実現甘粛省東郷族自治県

    6日、貧困者支援作業場で働く転居者。中国甘粛省臨夏回族自治州東郷族自治県は、移住・転居による貧困救済政策により県城(県政府所在地)の南に居住区を設け、県内22の郷・鎮の貧困世帯を転居させている。ここ数年で県内の1万人近い貧困世帯が元の住まいを離れ、新居に移転している。移転先の居住区周辺はインフラが完備され、交通の便も良好。居住区のすぐそばにはグラファイト電極・炭素製品の大手、方大炭素新材料科技の貧困者支援作業場があり、転入者らは自宅近くで就職する「職住近接」の夢を実現している。作業場では主にニット製品の加工を行っており、ミシン120台を配置し、300人分の雇用創出が可能となっている。同社は2019年以降、総額5億5千万元(1元=約16円)を投資して、東郷族自治県で産業による貧困支援事業27件を実施するとともに、生産施設31カ所を貧困者支援作業場として再稼働させた。これにより9700人以上が安定的な職を得ている。(臨夏=新華社記者/馬莎)= 配信日: 2021(令和3)年2月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月09日
    (2)貧困者支援作業場、転居者の「職住近接」を実現甘粛省東郷族自治県

    6日、自宅の台所で家事をする転居者。中国甘粛省臨夏回族自治州東郷族自治県は、移住・転居による貧困救済政策により県城(県政府所在地)の南に居住区を設け、県内22の郷・鎮の貧困世帯を転居させている。ここ数年で県内の1万人近い貧困世帯が元の住まいを離れ、新居に移転している。移転先の居住区周辺はインフラが完備され、交通の便も良好。居住区のすぐそばにはグラファイト電極・炭素製品の大手、方大炭素新材料科技の貧困者支援作業場があり、転入者らは自宅近くで就職する「職住近接」の夢を実現している。作業場では主にニット製品の加工を行っており、ミシン120台を配置し、300人分の雇用創出が可能となっている。同社は2019年以降、総額5億5千万元(1元=約16円)を投資して、東郷族自治県で産業による貧困支援事業27件を実施するとともに、生産施設31カ所を貧困者支援作業場として再稼働させた。これにより9700人以上が安定的な職を得ている。(臨夏=新華社記者/馬莎)= 配信日: 2021(令和3)年2月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月09日
    (4)貧困者支援作業場、転居者の「職住近接」を実現甘粛省東郷族自治県

    6日、貧困者支援作業場で働く従業員。中国甘粛省臨夏回族自治州東郷族自治県は、移住・転居による貧困救済政策により県城(県政府所在地)の南に居住区を設け、県内22の郷・鎮の貧困世帯を転居させている。ここ数年で県内の1万人近い貧困世帯が元の住まいを離れ、新居に移転している。移転先の居住区周辺はインフラが完備され、交通の便も良好。居住区のすぐそばにはグラファイト電極・炭素製品の大手、方大炭素新材料科技の貧困者支援作業場があり、転入者らは自宅近くで就職する「職住近接」の夢を実現している。作業場では主にニット製品の加工を行っており、ミシン120台を配置し、300人分の雇用創出が可能となっている。同社は2019年以降、総額5億5千万元(1元=約16円)を投資して、東郷族自治県で産業による貧困支援事業27件を実施するとともに、生産施設31カ所を貧困者支援作業場として再稼働させた。これにより9700人以上が安定的な職を得ている。(臨夏=新華社記者/馬莎)= 配信日: 2021(令和3)年2月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月09日
    (3)貧困者支援作業場、転居者の「職住近接」を実現甘粛省東郷族自治県

    6日、甘粛省臨夏回族自治州東郷族自治県の県城に設けられた貧困者の移転先居住区。中国甘粛省臨夏回族自治州東郷族自治県は、移住・転居による貧困救済政策により県城(県政府所在地)の南に居住区を設け、県内22の郷・鎮の貧困世帯を転居させている。ここ数年で県内の1万人近い貧困世帯が元の住まいを離れ、新居に移転している。移転先の居住区周辺はインフラが完備され、交通の便も良好。居住区のすぐそばにはグラファイト電極・炭素製品の大手、方大炭素新材料科技の貧困者支援作業場があり、転入者らは自宅近くで就職する「職住近接」の夢を実現している。作業場では主にニット製品の加工を行っており、ミシン120台を配置し、300人分の雇用創出が可能となっている。同社は2019年以降、総額5億5千万元(1元=約16円)を投資して、東郷族自治県で産業による貧困支援事業27件を実施するとともに、生産施設31カ所を貧困者支援作業場として再稼働させた。これにより9700人以上が安定的な職を得ている。(臨夏=新華社記者/馬莎)= 配信日: 2021(令和3)年2月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:50.21
    2021年01月21日
    「新華社」コモンシャコの養殖で貧困世帯の増収を後押し新疆ウイグル自治区

    中国新疆ウイグル自治区ホータン(和田)地区ホータン県朗如郷では3年前、以前は地元の人々になじみのなかったキジ科の鳥、コモンシャコの養殖を試験的に導入。現在では利益が目立ち始めており、養殖に従事する貧困世帯の増収につながっている。同郷では5162世帯のうち、約3千戸が養殖に従事し、200人が産業チェーンを通じ長期的に安定した仕事に就いている。貧困世帯1戸当たり千羽のコモンシャコを飼育しており、3カ月の収入は1万8千元(1元=約16円)に達するという。同地区農業主管部門の統計によると、合作社(協同組合)の現在の飼育羽数は10万羽、1日の産卵個数は4千個で、貧困世帯2千戸の収入増を後押ししている。(記者/張嘯誠) =配信日: 2021(令和3)年1月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:40.97
    2021年01月06日
    「新華社」ミャオ族ろうけつ染め「染め娘」の願い

    中国貴州省黔東南(けんとうなん)ミャオ族トン族自治州丹寨県楊武鎮排倒村はミャオ族が多く住む伝統的な村落で、村民らはろうけつ染めと手編み物に長けている。王欣穎(おう・きんえい)さんは6歳から母親にろうけつ染めを教わり、「染め娘」となった。王さん一家はかつて登録貧困世帯だったが、家族でろうけつ染め体験館と工房を設立し、商品の製造開発と販売、制作体験に特化して運営したところ、低収入の家庭から「ろうけつ染めの家」へと変わった。王さんは「新しい1年は、インターネットを通してさらに多くの人々にろうけつ染め文化とミャオ族文化を知ってもらいたい。私たちのろうけつ染めを好きになってほしい」と新年の願いを語った。(記者/楊文斌、陳嬙) =配信日: 2021(令和3)年1月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:47.97
    2021年01月04日
    「新華社」高級肉牛産業で貧困脱却を後押し黒竜江省竜江県

    中国黒竜江省チチハル市竜江県はここ数年、積極的に外資を誘致し、高級肉牛産業集積地としての発展を推進している。地元企業が2012年にニュージーランドなどから種牛を導入し、品種改良を開始した。貧困世帯が基礎雌牛を購入し、企業から凍結精液の提供を受けて繁殖を行う。政府と大手企業の連携による貧困支援モデルの恩恵を受けた貧困家庭は2千世帯を超える。(記者/劉赫垚) =配信日: 2021(令和3)年1月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:17.86
    2020年12月28日
    「新華社」新疆ウイグル自治区最大の移転居住地、貧困世帯が新生活送るアクタシ鎮

    中国新疆ウイグル自治区カシュガル地区カルギリク(葉城)県のアクタシ鎮は、同自治区最大の移住・転居による貧困救済事業の移住者向け居住地。2017年以降、生態環境が劣悪で地質災害が頻発する崑崙山の奥深くから1万4千人近くの人々がこの地に移り住んだ。移転先は平坦な土地が多く、アクタシ鎮は3千ムー(200ヘクタール)余りの砂漠化した土地を改造し、28の近代的な温室を建設した。また、1300余りの農業用ハウスを建て、貧困世帯1世帯につき一つを無料で分配し、野菜栽培を発展させている。牧畜業を発展させるため、同鎮は養殖企業を誘致し、肉羊優良品種繁殖センターを立ち上げ、1万3千頭の羊を飼育している。移住・転居による貧困救済政策の下、付帯設備が整い近代化された真新しい村や町が現在、天山の南北に出現しており、貧困の苦しみを味わい尽くした各民族の人々が多彩な新生活を歩み初めている。(記者/阿曼、許晟、馬鍇) =配信日: 2020(令和2)年12月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月22日
    (9)特色ある伝統産業の発展で貧困脱却を後押し、広西鹿寨県

    鹿寨県平山鎮屯秋村で、収穫したサトウキビの上に寝転ぶ村の人。(1月12日、小型無人機から撮影)中国広西チワン族自治区柳州市の鹿寨(ろくさい)県は近年、栽培業、林業、畜産業などの特色ある伝統産業の発展に力を入れており、安定的な貧困脱却のための長期的効果のメカニズムを確立し、各郷鎮に現代的な農業モデル区(園)1カ所以上を設置。農村経済に活力を見出し、貧困脱却の成果を固めることで、農村の振興を後押ししている。統計によると、現在、同県の貧困世帯の89%が「貧困脱却産業」の恩恵を受けており、県内の22の貧困村全てが貧困からの脱却を果たした。(鹿寨=新華社記者/黄孝邦)= 配信日: 2020(令和2)年12月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月22日
    (6)特色ある伝統産業の発展で貧困脱却を後押し、広西鹿寨県

    鹿寨県中渡鎮大兆村の風景。(9月27日、小型無人機から撮影)中国広西チワン族自治区柳州市の鹿寨(ろくさい)県は近年、栽培業、林業、畜産業などの特色ある伝統産業の発展に力を入れており、安定的な貧困脱却のための長期的効果のメカニズムを確立し、各郷鎮に現代的な農業モデル区(園)1カ所以上を設置。農村経済に活力を見出し、貧困脱却の成果を固めることで、農村の振興を後押ししている。統計によると、現在、同県の貧困世帯の89%が「貧困脱却産業」の恩恵を受けており、県内の22の貧困村全てが貧困からの脱却を果たした。(鹿寨=新華社記者/黄孝邦)= 配信日: 2020(令和2)年12月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月22日
    (8)特色ある伝統産業の発展で貧困脱却を後押し、広西鹿寨県

    鹿寨県四排鎮の果物農園で、かんきつ類の入ったケースを運ぶ従業員。(2月28日撮影)中国広西チワン族自治区柳州市の鹿寨(ろくさい)県は近年、栽培業、林業、畜産業などの特色ある伝統産業の発展に力を入れており、安定的な貧困脱却のための長期的効果のメカニズムを確立し、各郷鎮に現代的な農業モデル区(園)1カ所以上を設置。農村経済に活力を見出し、貧困脱却の成果を固めることで、農村の振興を後押ししている。統計によると、現在、同県の貧困世帯の89%が「貧困脱却産業」の恩恵を受けており、県内の22の貧困村全てが貧困からの脱却を果たした。(鹿寨=新華社記者/黄孝邦)= 配信日: 2020(令和2)年12月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月22日
    (3)特色ある伝統産業の発展で貧困脱却を後押し、広西鹿寨県

    鹿寨県四排鎮の果樹園で、かんきつ類の収穫作業をする村の人。(2019年12月11日、小型無人機から撮影)中国広西チワン族自治区柳州市の鹿寨(ろくさい)県は近年、栽培業、林業、畜産業などの特色ある伝統産業の発展に力を入れており、安定的な貧困脱却のための長期的効果のメカニズムを確立し、各郷鎮に現代的な農業モデル区(園)1カ所以上を設置。農村経済に活力を見出し、貧困脱却の成果を固めることで、農村の振興を後押ししている。統計によると、現在、同県の貧困世帯の89%が「貧困脱却産業」の恩恵を受けており、県内の22の貧困村全てが貧困からの脱却を果たした。(鹿寨=新華社記者/黄孝邦)= 配信日: 2020(令和2)年12月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月22日
    (4)特色ある伝統産業の発展で貧困脱却を後押し、広西鹿寨県

    鹿寨県鹿寨鎮大村村にある中薬材、五加皮(ゴカヒ)の栽培基地で、農作業に励む村の人。(3月9日撮影)中国広西チワン族自治区柳州市の鹿寨(ろくさい)県は近年、栽培業、林業、畜産業などの特色ある伝統産業の発展に力を入れており、安定的な貧困脱却のための長期的効果のメカニズムを確立し、各郷鎮に現代的な農業モデル区(園)1カ所以上を設置。農村経済に活力を見出し、貧困脱却の成果を固めることで、農村の振興を後押ししている。統計によると、現在、同県の貧困世帯の89%が「貧困脱却産業」の恩恵を受けており、県内の22の貧困村全てが貧困からの脱却を果たした。(鹿寨=新華社記者/黄孝邦)= 配信日: 2020(令和2)年12月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月22日
    (5)特色ある伝統産業の発展で貧困脱却を後押し、広西鹿寨県

    鹿寨県拉溝郷大坪村の杉林で、霊芝(レイシ)の栽培に用いる原木(丸太)を運ぶ村の人たち。(3月29日撮影)中国広西チワン族自治区柳州市の鹿寨(ろくさい)県は近年、栽培業、林業、畜産業などの特色ある伝統産業の発展に力を入れており、安定的な貧困脱却のための長期的効果のメカニズムを確立し、各郷鎮に現代的な農業モデル区(園)1カ所以上を設置。農村経済に活力を見出し、貧困脱却の成果を固めることで、農村の振興を後押ししている。統計によると、現在、同県の貧困世帯の89%が「貧困脱却産業」の恩恵を受けており、県内の22の貧困村全てが貧困からの脱却を果たした。(鹿寨=新華社記者/黄孝邦)= 配信日: 2020(令和2)年12月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月22日
    (1)特色ある伝統産業の発展で貧困脱却を後押し、広西鹿寨県

    鹿寨県鹿寨鎮に広がるかんきつ類とサトウキビの栽培基地。(1月11日、小型無人機から撮影)中国広西チワン族自治区柳州市の鹿寨(ろくさい)県は近年、栽培業、林業、畜産業などの特色ある伝統産業の発展に力を入れており、安定的な貧困脱却のための長期的効果のメカニズムを確立し、各郷鎮に現代的な農業モデル区(園)1カ所以上を設置。農村経済に活力を見出し、貧困脱却の成果を固めることで、農村の振興を後押ししている。統計によると、現在、同県の貧困世帯の89%が「貧困脱却産業」の恩恵を受けており、県内の22の貧困村全てが貧困からの脱却を果たした。(鹿寨=新華社記者/黄孝邦)= 配信日: 2020(令和2)年12月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月22日
    (2)特色ある伝統産業の発展で貧困脱却を後押し、広西鹿寨県

    鹿寨県鹿寨鎮角塘村の果樹園で、収穫した果物を手に笑顔を見せる韋日山(い・じつざん)さん(左)と妻の鄭文英(てい・ぶんえい)さん。(3月8日撮影)中国広西チワン族自治区柳州市の鹿寨(ろくさい)県は近年、栽培業、林業、畜産業などの特色ある伝統産業の発展に力を入れており、安定的な貧困脱却のための長期的効果のメカニズムを確立し、各郷鎮に現代的な農業モデル区(園)1カ所以上を設置。農村経済に活力を見出し、貧困脱却の成果を固めることで、農村の振興を後押ししている。統計によると、現在、同県の貧困世帯の89%が「貧困脱却産業」の恩恵を受けており、県内の22の貧困村全てが貧困からの脱却を果たした。(鹿寨=新華社記者/黄孝邦)= 配信日: 2020(令和2)年12月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月22日
    (7)特色ある伝統産業の発展で貧困脱却を後押し、広西鹿寨県

    鹿寨県の果物農園で、マンダリンオレンジを箱に詰める従業員。(1月10日撮影)中国広西チワン族自治区柳州市の鹿寨(ろくさい)県は近年、栽培業、林業、畜産業などの特色ある伝統産業の発展に力を入れており、安定的な貧困脱却のための長期的効果のメカニズムを確立し、各郷鎮に現代的な農業モデル区(園)1カ所以上を設置。農村経済に活力を見出し、貧困脱却の成果を固めることで、農村の振興を後押ししている。統計によると、現在、同県の貧困世帯の89%が「貧困脱却産業」の恩恵を受けており、県内の22の貧困村全てが貧困からの脱却を果たした。(鹿寨=新華社記者/黄孝邦)= 配信日: 2020(令和2)年12月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月18日
    (5)上海に「ドナルド・マクドナルド・ハウス」、中国本土2カ所目

    15日、各部屋に備えられた親子用ベッド。病気の子どもとその家族のための滞在施設「ドナルド・マクドナルド・ハウス」が15日、中国上海市にオープンした。上海交通大学医学院付属上海児童医学センターに入院・通院する市外の貧困世帯が無料で利用できる。(上海=新華社記者/王翔)= 配信日: 2020(令和2)年12月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月18日
    (1)上海に「ドナルド・マクドナルド・ハウス」、中国本土2カ所目

    15日、上海市にオープンした「ドナルド・マクドナルド・ハウス」。病気の子どもとその家族のための滞在施設「ドナルド・マクドナルド・ハウス」が15日、中国上海市にオープンした。上海交通大学医学院付属上海児童医学センターに入院・通院する市外の貧困世帯が無料で利用できる。(上海=新華社記者/王翔)= 配信日: 2020(令和2)年12月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月18日
    (4)上海に「ドナルド・マクドナルド・ハウス」、中国本土2カ所目

    15日、共同で利用できる食堂。病気の子どもとその家族のための滞在施設「ドナルド・マクドナルド・ハウス」が15日、中国上海市にオープンした。上海交通大学医学院付属上海児童医学センターに入院・通院する市外の貧困世帯が無料で利用できる。(上海=新華社記者/王翔)= 配信日: 2020(令和2)年12月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月18日
    (2)上海に「ドナルド・マクドナルド・ハウス」、中国本土2カ所目

    15日、共同で利用できるプレールーム。病気の子どもとその家族のための滞在施設「ドナルド・マクドナルド・ハウス」が15日、中国上海市にオープンした。上海交通大学医学院付属上海児童医学センターに入院・通院する市外の貧困世帯が無料で利用できる。(上海=新華社記者/王翔)= 配信日: 2020(令和2)年12月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月17日
    (4)産業による貧困扶助プロジェクトで豊かさへの道を開く中国

    寧夏回族自治区呉忠市同心県同徳村の貧困扶助工場で衣服を作る村人ら。(10月23日撮影)中国農業農村部の統計によると、全国に832カ所あった貧困県でこれまでに実施された産業化貧困扶助プロジェクトは100万件以上に上った。整備された産業拠点は30万カ所以上。各県で地域の特色が鮮明な産業が2~3種類形成され、政策の恩恵は貧困世帯の98%以上に及んだ。かつて貧困に苦しんだこれらの県では、貧困扶助工場や産業合作社(協同組合)など地域の特性を生かした優位性のある産業を発展させることで、貧困からの脱却を図ってきた。地域を活性化させる根本的な措置を進め、共に豊かになるという目標に向かって絶え間なくまい進したことで、人々は一段と素晴らしい生活が送れるようになった。(呉忠=新華社記者/王鵬)= 配信日: 2020(令和2)年12月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月17日
    (6)産業による貧困扶助プロジェクトで豊かさへの道を開く中国

    安徽省鳳陽県劉府鎮の合作社の温室でマクワウリの手入れをする農家の人。(8月27日撮影)中国農業農村部の統計によると、全国に832カ所あった貧困県でこれまでに実施された産業化貧困扶助プロジェクトは100万件以上に上った。整備された産業拠点は30万カ所以上。各県で地域の特色が鮮明な産業が2~3種類形成され、政策の恩恵は貧困世帯の98%以上に及んだ。かつて貧困に苦しんだこれらの県では、貧困扶助工場や産業合作社(協同組合)など地域の特性を生かした優位性のある産業を発展させることで、貧困からの脱却を図ってきた。地域を活性化させる根本的な措置を進め、共に豊かになるという目標に向かって絶え間なくまい進したことで、人々は一段と素晴らしい生活が送れるようになった。(鳳陽=新華社記者/劉軍喜)= 配信日: 2020(令和2)年12月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月17日
    (11)産業による貧困扶助プロジェクトで豊かさへの道を開く中国

    江蘇省宿遷市宿城区陳集鎮の野菜と果物の農場で作業する農家の人たち。(7月18日撮影)中国農業農村部の統計によると、全国に832カ所あった貧困県でこれまでに実施された産業化貧困扶助プロジェクトは100万件以上に上った。整備された産業拠点は30万カ所以上。各県で地域の特色が鮮明な産業が2~3種類形成され、政策の恩恵は貧困世帯の98%以上に及んだ。かつて貧困に苦しんだこれらの県では、貧困扶助工場や産業合作社(協同組合)など地域の特性を生かした優位性のある産業を発展させることで、貧困からの脱却を図ってきた。地域を活性化させる根本的な措置を進め、共に豊かになるという目標に向かって絶え間なくまい進したことで、人々は一段と素晴らしい生活が送れるようになった。(宿遷=新華社記者/楊磊)= 配信日: 2020(令和2)年12月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月17日
    (13)産業による貧困扶助プロジェクトで豊かさへの道を開く中国

    河北省曲周県の育苗場で作業中の従業員ら。(5月4日撮影)中国農業農村部の統計によると、全国に832カ所あった貧困県でこれまでに実施された産業化貧困扶助プロジェクトは100万件以上に上った。整備された産業拠点は30万カ所以上。各県で地域の特色が鮮明な産業が2~3種類形成され、政策の恩恵は貧困世帯の98%以上に及んだ。かつて貧困に苦しんだこれらの県では、貧困扶助工場や産業合作社(協同組合)など地域の特性を生かした優位性のある産業を発展させることで、貧困からの脱却を図ってきた。地域を活性化させる根本的な措置を進め、共に豊かになるという目標に向かって絶え間なくまい進したことで、人々は一段と素晴らしい生活が送れるようになった。(曲周=新華社記者/朱旭東)= 配信日: 2020(令和2)年12月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月17日
    (5)産業による貧困扶助プロジェクトで豊かさへの道を開く中国

    貴州省畢節市威寧イ族回族ミャオ族自治県の育苗センターで野菜の苗を管理する農家の人たち。(6月16日撮影)中国農業農村部の統計によると、全国に832カ所あった貧困県でこれまでに実施された産業化貧困扶助プロジェクトは100万件以上に上った。整備された産業拠点は30万カ所以上。各県で地域の特色が鮮明な産業が2~3種類形成され、政策の恩恵は貧困世帯の98%以上に及んだ。かつて貧困に苦しんだこれらの県では、貧困扶助工場や産業合作社(協同組合)など地域の特性を生かした優位性のある産業を発展させることで、貧困からの脱却を図ってきた。地域を活性化させる根本的な措置を進め、共に豊かになるという目標に向かって絶え間なくまい進したことで、人々は一段と素晴らしい生活が送れるようになった。(貴陽=新華社記者/楊文斌)= 配信日: 2020(令和2)年12月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月17日
    (16)産業による貧困扶助プロジェクトで豊かさへの道を開く中国

    陜西省渭南市華州区大明鎮で花椒の実を収穫する村民ら。(7月30日撮影)中国農業農村部の統計によると、全国に832カ所あった貧困県でこれまでに実施された産業化貧困扶助プロジェクトは100万件以上に上った。整備された産業拠点は30万カ所以上。各県で地域の特色が鮮明な産業が2~3種類形成され、政策の恩恵は貧困世帯の98%以上に及んだ。かつて貧困に苦しんだこれらの県では、貧困扶助工場や産業合作社(協同組合)など地域の特性を生かした優位性のある産業を発展させることで、貧困からの脱却を図ってきた。地域を活性化させる根本的な措置を進め、共に豊かになるという目標に向かって絶え間なくまい進したことで、人々は一段と素晴らしい生活が送れるようになった。(渭南=新華社記者/陶明)= 配信日: 2020(令和2)年12月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月17日
    (1)産業による貧困扶助プロジェクトで豊かさへの道を開く中国

    寧夏回族自治区呉忠市同心県同徳村のクコの実の加工場で作業をする従業員ら。(10月23日撮影)中国農業農村部の統計によると、全国に832カ所あった貧困県でこれまでに実施された産業化貧困扶助プロジェクトは100万件以上に上った。整備された産業拠点は30万カ所以上。各県で地域の特色が鮮明な産業が2~3種類形成され、政策の恩恵は貧困世帯の98%以上に及んだ。かつて貧困に苦しんだこれらの県では、貧困扶助工場や産業合作社(協同組合)など地域の特性を生かした優位性のある産業を発展させることで、貧困からの脱却を図ってきた。地域を活性化させる根本的な措置を進め、共に豊かになるという目標に向かって絶え間なくまい進したことで、人々は一段と素晴らしい生活が送れるようになった。(呉忠=新華社記者/馮開華)= 配信日: 2020(令和2)年12月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月17日
    (12)産業による貧困扶助プロジェクトで豊かさへの道を開く中国

    江西省奉新県赤岸鎮城下村のキウイフルーツ農園で人工授粉作業をする村民ら。(4月29日撮影)中国農業農村部の統計によると、全国に832カ所あった貧困県でこれまでに実施された産業化貧困扶助プロジェクトは100万件以上に上った。整備された産業拠点は30万カ所以上。各県で地域の特色が鮮明な産業が2~3種類形成され、政策の恩恵は貧困世帯の98%以上に及んだ。かつて貧困に苦しんだこれらの県では、貧困扶助工場や産業合作社(協同組合)など地域の特性を生かした優位性のある産業を発展させることで、貧困からの脱却を図ってきた。地域を活性化させる根本的な措置を進め、共に豊かになるという目標に向かって絶え間なくまい進したことで、人々は一段と素晴らしい生活が送れるようになった。(奉新=新華社記者/万象)= 配信日: 2020(令和2)年12月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月17日
    (3)産業による貧困扶助プロジェクトで豊かさへの道を開く中国

    寧夏回族自治区呉忠市同心県同徳村で、新鮮なクコの実を車に積んで加工場に運ぶ人たち。(2018年6月22日撮影、小型無人機から)中国農業農村部の統計によると、全国に832カ所あった貧困県でこれまでに実施された産業化貧困扶助プロジェクトは100万件以上に上った。整備された産業拠点は30万カ所以上。各県で地域の特色が鮮明な産業が2~3種類形成され、政策の恩恵は貧困世帯の98%以上に及んだ。かつて貧困に苦しんだこれらの県では、貧困扶助工場や産業合作社(協同組合)など地域の特性を生かした優位性のある産業を発展させることで、貧困からの脱却を図ってきた。地域を活性化させる根本的な措置を進め、共に豊かになるという目標に向かって絶え間なくまい進したことで、人々は一段と素晴らしい生活が送れるようになった。(呉忠=新華社記者/王鵬)= 配信日: 2020(令和2)年12月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月17日
    (14)産業による貧困扶助プロジェクトで豊かさへの道を開く中国

    広西チワン族自治区柳州市融安県の貧困支援作業場で、竹や木の枝で作った垣根を運ぶ作業員ら。(2019年7月15日撮影)中国農業農村部の統計によると、全国に832カ所あった貧困県でこれまでに実施された産業化貧困扶助プロジェクトは100万件以上に上った。整備された産業拠点は30万カ所以上。各県で地域の特色が鮮明な産業が2~3種類形成され、政策の恩恵は貧困世帯の98%以上に及んだ。かつて貧困に苦しんだこれらの県では、貧困扶助工場や産業合作社(協同組合)など地域の特性を生かした優位性のある産業を発展させることで、貧困からの脱却を図ってきた。地域を活性化させる根本的な措置を進め、共に豊かになるという目標に向かって絶え間なくまい進したことで、人々は一段と素晴らしい生活が送れるようになった。(柳州=新華社記者/黄孝邦)= 配信日: 2020(令和2)年12月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月17日
    (9)産業による貧困扶助プロジェクトで豊かさへの道を開く中国

    雲南省尋甸回族イ族自治県の草海子村でクワの葉を収穫する農家の人たち。(5月16日撮影、小型無人機から)中国農業農村部の統計によると、全国に832カ所あった貧困県でこれまでに実施された産業化貧困扶助プロジェクトは100万件以上に上った。整備された産業拠点は30万カ所以上。各県で地域の特色が鮮明な産業が2~3種類形成され、政策の恩恵は貧困世帯の98%以上に及んだ。かつて貧困に苦しんだこれらの県では、貧困扶助工場や産業合作社(協同組合)など地域の特性を生かした優位性のある産業を発展させることで、貧困からの脱却を図ってきた。地域を活性化させる根本的な措置を進め、共に豊かになるという目標に向かって絶え間なくまい進したことで、人々は一段と素晴らしい生活が送れるようになった。(昆明=新華社記者/楊宗友)= 配信日: 2020(令和2)年12月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月17日
    (10)産業による貧困扶助プロジェクトで豊かさへの道を開く中国

    吉林省洮南市福順鎮春華村の合作社で稲わらとトウモロコシの皮で手工芸品を作る村人ら。(8月12日撮影)中国農業農村部の統計によると、全国に832カ所あった貧困県でこれまでに実施された産業化貧困扶助プロジェクトは100万件以上に上った。整備された産業拠点は30万カ所以上。各県で地域の特色が鮮明な産業が2~3種類形成され、政策の恩恵は貧困世帯の98%以上に及んだ。かつて貧困に苦しんだこれらの県では、貧困扶助工場や産業合作社(協同組合)など地域の特性を生かした優位性のある産業を発展させることで、貧困からの脱却を図ってきた。地域を活性化させる根本的な措置を進め、共に豊かになるという目標に向かって絶え間なくまい進したことで、人々は一段と素晴らしい生活が送れるようになった。(洮南=新華社記者/雒円)= 配信日: 2020(令和2)年12月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年12月17日
    (8)産業による貧困扶助プロジェクトで豊かさへの道を開く中国

    新疆ウイグル自治区ホータン(和田)地区チラ(策勒)県にあるウサギ飼育場で、ウサギに餌を与える飼育員。(9月19日撮影)中国農業農村部の統計によると、全国に832カ所あった貧困県でこれまでに実施された産業化貧困扶助プロジェクトは100万件以上に上った。整備された産業拠点は30万カ所以上。各県で地域の特色が鮮明な産業が2~3種類形成され、政策の恩恵は貧困世帯の98%以上に及んだ。かつて貧困に苦しんだこれらの県では、貧困扶助工場や産業合作社(協同組合)など地域の特性を生かした優位性のある産業を発展させることで、貧困からの脱却を図ってきた。地域を活性化させる根本的な措置を進め、共に豊かになるという目標に向かって絶え間なくまい進したことで、人々は一段と素晴らしい生活が送れるようになった。(ウルムチ=新華社記者/胡虎虎)= 配信日: 2020(令和2)年12月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月17日
    (7)産業による貧困扶助プロジェクトで豊かさへの道を開く中国

    河南省洛陽市宜陽県のクジャク飼育場で、クジャクの成長状況をチェックする飼育農家。(4月13日撮影)中国農業農村部の統計によると、全国に832カ所あった貧困県でこれまでに実施された産業化貧困扶助プロジェクトは100万件以上に上った。整備された産業拠点は30万カ所以上。各県で地域の特色が鮮明な産業が2~3種類形成され、政策の恩恵は貧困世帯の98%以上に及んだ。かつて貧困に苦しんだこれらの県では、貧困扶助工場や産業合作社(協同組合)など地域の特性を生かした優位性のある産業を発展させることで、貧困からの脱却を図ってきた。地域を活性化させる根本的な措置を進め、共に豊かになるという目標に向かって絶え間なくまい進したことで、人々は一段と素晴らしい生活が送れるようになった。(洛陽=新華社記者/李安)= 配信日: 2020(令和2)年12月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月17日
    (2)産業による貧困扶助プロジェクトで豊かさへの道を開く中国

    寧夏回族自治区呉忠市同心県同徳村のクコの実の加工場で作業をする従業員ら。(10月23日撮影)中国農業農村部の統計によると、全国に832カ所あった貧困県でこれまでに実施された産業化貧困扶助プロジェクトは100万件以上に上った。整備された産業拠点は30万カ所以上。各県で地域の特色が鮮明な産業が2~3種類形成され、政策の恩恵は貧困世帯の98%以上に及んだ。かつて貧困に苦しんだこれらの県では、貧困扶助工場や産業合作社(協同組合)など地域の特性を生かした優位性のある産業を発展させることで、貧困からの脱却を図ってきた。地域を活性化させる根本的な措置を進め、共に豊かになるという目標に向かって絶え間なくまい進したことで、人々は一段と素晴らしい生活が送れるようになった。(呉忠=新華社記者/馮開華)= 配信日: 2020(令和2)年12月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月17日
    (15)産業による貧困扶助プロジェクトで豊かさへの道を開く中国

    貴州省黔東南ミャオ族トン族自治州従江県貫洞鎮臘水村でキクラゲを収穫する農家の人。(5月18日撮影)中国農業農村部の統計によると、全国に832カ所あった貧困県でこれまでに実施された産業化貧困扶助プロジェクトは100万件以上に上った。整備された産業拠点は30万カ所以上。各県で地域の特色が鮮明な産業が2~3種類形成され、政策の恩恵は貧困世帯の98%以上に及んだ。かつて貧困に苦しんだこれらの県では、貧困扶助工場や産業合作社(協同組合)など地域の特性を生かした優位性のある産業を発展させることで、貧困からの脱却を図ってきた。地域を活性化させる根本的な措置を進め、共に豊かになるという目標に向かって絶え間なくまい進したことで、人々は一段と素晴らしい生活が送れるようになった。(貴陽=新華社記者/陶亮)= 配信日: 2020(令和2)年12月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月15日
    上海に「ドナルド・マクドナルド・ハウス」、中国本土2カ所目

    15日、共同で利用できるキッチン。病気の子どもとその家族のための滞在施設「ドナルド・マクドナルド・ハウス」が15日、中国上海市にオープンした。上海交通大学医学院付属上海児童医学センターに入院・通院する市外の貧困世帯が無料で利用できる。(上海=新華社記者/王翔)=2020(令和2)年12月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:07.94
    2020年11月18日
    「新華社」アヒル飼育産業が地域経済をけん引新疆ウイグル自治区ロプ県

    中国新疆ウイグル自治区ホータン(和田)地区ロプ(洛浦)県は、狭い土地に人口が多く、産業構造が単一であることが、経済発展を妨げてきた。同県はここ数年、貧困脱却堅塁攻略の取り組みを進める中で、発達・成熟した市場と整った産業チェーンを持つ食用アヒルの飼育産業を積極的に導入。現在では六つの郷と鎮に八つの合作社(協同組合)と11カ所の飼育基地を設け、地元農民の貧困脱却と増収をけん引している。同県の食品加工会社、利田香農食品は地場産業による貧困支援事業の担い手として、繁殖用アヒルの飼育、ふ化、食肉処理、コールドチェーン物流など各段階の拠点を県内に置いている。北京ダック用アヒル「北京四系鴨」の生産で、中国で2番目に大きい繁殖飼育拠点を建設、今年の処理能力は2千万羽に達している。県内には現在、アヒル飼育用の施設が250棟あり、各郷・鎮の貧困世帯5千世帯が出資している。アヒル肉加工企業は、地元の貧困世帯308人を含む計574人を雇用している。(記者/丁磊、張鍾凱)<映像内容>アヒル飼育産業の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月14日
    貧困脱却果たした太行山脈麓の県山西省

    14日、山西省晋中市左権県寒王郷里長村に植えられたアンズの木。中国山西省南東部にあり、太行山脈の西側に位置する晋中市左権県は、山地が多く、耕地が少ない。ここ数年、貧困世帯の移転や農村インフラの整備、中医薬材料の栽培、民宿や観光、太陽光発電所などを積極的に進め、昨年、貧困からの脱却と県民の所得増を果たした。昨年の農村部1人当たり平均可処分所得は7182元(1元=約16円)と、前年から18・6%増えている。(太原=新華社記者/王皓)=2020(令和2)年11月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年11月13日
    刺しゅうやろうけつ染めの技術を身に付け貧困脱却貴州省

    13日、貴州省従江県のミャオ族集落「岜沙(はさ)苗寨」創和刺しゅう研修拠点で、刺しゅうを習うミャオ族の女性。中国貴州省貴陽市雲岩区はここ数年、同省黔東南(けんとうなん)ミャオ族トン族自治州従江県の複数の農村に、伝統工芸の刺しゅうとろうけつ染めの技術が習得できる人材育成拠点を設立している。500人余りの女性から成る刺しゅう・ろうけつ染めチームを結成し、農村の少数民族の女性1700人余りを対象に伝統工芸の研修を実施。貧困世帯500世帯の女性が、出稼ぎに行かずとも貧困脱却を実現できるよう直接支援している。(貴陽=新華社記者/楊文斌)=2020(令和2)年11月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年11月13日
    刺しゅうやろうけつ染めの技術を身に付け貧困脱却貴州省

    13日、貴州省従江県のミャオ族集落「岜沙(はさ)苗寨」創和刺しゅう研修拠点で、刺しゅうを習うミャオ族の女性。中国貴州省貴陽市雲岩区はここ数年、同省黔東南(けんとうなん)ミャオ族トン族自治州従江県の複数の農村に、伝統工芸の刺しゅうとろうけつ染めの技術が習得できる人材育成拠点を設立している。500人余りの女性から成る刺しゅう・ろうけつ染めチームを結成し、農村の少数民族の女性1700人余りを対象に伝統工芸の研修を実施。貧困世帯500世帯の女性が、出稼ぎに行かずとも貧困脱却を実現できるよう直接支援している。(貴陽=新華社記者/楊文斌)=2020(令和2)年11月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年11月13日
    刺しゅうやろうけつ染めの技術を身に付け貧困脱却貴州省

    13日、貴州省従江県のミャオ族集落「岜沙(はさ)苗寨」創和刺しゅう研修拠点で、ミャオ族の女性に刺しゅうを教える講師(前列左から1人目と2人目)。中国貴州省貴陽市雲岩区はここ数年、同省黔東南(けんとうなん)ミャオ族トン族自治州従江県の複数の農村に、伝統工芸の刺しゅうとろうけつ染めの技術が習得できる人材育成拠点を設立している。500人余りの女性から成る刺しゅう・ろうけつ染めチームを結成し、農村の少数民族の女性1700人余りを対象に伝統工芸の研修を実施。貧困世帯500世帯の女性が、出稼ぎに行かずとも貧困脱却を実現できるよう直接支援している。(貴陽=新華社記者/楊文斌)=2020(令和2)年11月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年11月13日
    刺しゅうやろうけつ染めの技術を身に付け貧困脱却貴州省

    13日、貴州省従江県のミャオ族集落「岜沙(はさ)苗寨」創和刺しゅう研修拠点で、ミャオ族の女性に刺しゅうを教える講師(左から3人目)。中国貴州省貴陽市雲岩区はここ数年、同省黔東南(けんとうなん)ミャオ族トン族自治州従江県の複数の農村に、伝統工芸の刺しゅうとろうけつ染めの技術が習得できる人材育成拠点を設立している。500人余りの女性から成る刺しゅう・ろうけつ染めチームを結成し、農村の少数民族の女性1700人余りを対象に伝統工芸の研修を実施。貧困世帯500世帯の女性が、出稼ぎに行かずとも貧困脱却を実現できるよう直接支援している。(貴陽=新華社記者/楊文斌)=2020(令和2)年11月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年11月13日
    刺しゅうやろうけつ染めの技術を身に付け貧困脱却貴州省

    13日、貴州省従江県のミャオ族集落「岜沙(はさ)苗寨」創和刺しゅう研修拠点で、ミャオ族の女性に刺しゅうを教える講師(右)。中国貴州省貴陽市雲岩区はここ数年、同省黔東南(けんとうなん)ミャオ族トン族自治州従江県の複数の農村に、伝統工芸の刺しゅうとろうけつ染めの技術が習得できる人材育成拠点を設立している。500人余りの女性から成る刺しゅう・ろうけつ染めチームを結成し、農村の少数民族の女性1700人余りを対象に伝統工芸の研修を実施。貧困世帯500世帯の女性が、出稼ぎに行かずとも貧困脱却を実現できるよう直接支援している。(貴陽=新華社記者/楊文斌)=2020(令和2)年11月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年11月13日
    刺しゅうやろうけつ染めの技術を身に付け貧困脱却貴州省

    13日、貴州省従江県のミャオ族集落「岜沙(はさ)苗寨」創和刺しゅう研修拠点で、刺しゅうを習うミャオ族の女性。中国貴州省貴陽市雲岩区はここ数年、同省黔東南(けんとうなん)ミャオ族トン族自治州従江県の複数の農村に、伝統工芸の刺しゅうとろうけつ染めの技術が習得できる人材育成拠点を設立している。500人余りの女性から成る刺しゅう・ろうけつ染めチームを結成し、農村の少数民族の女性1700人余りを対象に伝統工芸の研修を実施。貧困世帯500世帯の女性が、出稼ぎに行かずとも貧困脱却を実現できるよう直接支援している。(貴陽=新華社記者/楊文斌)=2020(令和2)年11月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年11月13日
    刺しゅうやろうけつ染めの技術を身に付け貧困脱却貴州省

    13日、貴州省従江県のミャオ族集落「岜沙(はさ)苗寨」創和刺しゅう研修拠点で、ミャオ族の女性に刺しゅうを教える講師(左)。中国貴州省貴陽市雲岩区はここ数年、同省黔東南(けんとうなん)ミャオ族トン族自治州従江県の複数の農村に、伝統工芸の刺しゅうとろうけつ染めの技術が習得できる人材育成拠点を設立している。500人余りの女性から成る刺しゅう・ろうけつ染めチームを結成し、農村の少数民族の女性1700人余りを対象に伝統工芸の研修を実施。貧困世帯500世帯の女性が、出稼ぎに行かずとも貧困脱却を実現できるよう直接支援している。(貴陽=新華社記者/楊文斌)=2020(令和2)年11月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年11月13日
    刺しゅうやろうけつ染めの技術を身に付け貧困脱却貴州省

    13日、貴州省従江県のミャオ族集落「岜沙(はさ)苗寨」創和刺しゅう研修拠点で、刺しゅうを習うミャオ族の女性。中国貴州省貴陽市雲岩区はここ数年、同省黔東南(けんとうなん)ミャオ族トン族自治州従江県の複数の農村に、伝統工芸の刺しゅうとろうけつ染めの技術が習得できる人材育成拠点を設立している。500人余りの女性から成る刺しゅう・ろうけつ染めチームを結成し、農村の少数民族の女性1700人余りを対象に伝統工芸の研修を実施。貧困世帯500世帯の女性が、出稼ぎに行かずとも貧困脱却を実現できるよう直接支援している。(貴陽=新華社記者/楊文斌)=2020(令和2)年11月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年11月13日
    刺しゅうやろうけつ染めの技術を身に付け貧困脱却貴州省

    13日、貴州省従江県のミャオ族集落「岜沙(はさ)苗寨」創和刺しゅう研修拠点で、ミャオ族の女性に刺しゅうを教える講師(左から3人目)。中国貴州省貴陽市雲岩区はここ数年、同省黔東南(けんとうなん)ミャオ族トン族自治州従江県の複数の農村に、伝統工芸の刺しゅうとろうけつ染めの技術が習得できる人材育成拠点を設立している。500人余りの女性から成る刺しゅう・ろうけつ染めチームを結成し、農村の少数民族の女性1700人余りを対象に伝統工芸の研修を実施。貧困世帯500世帯の女性が、出稼ぎに行かずとも貧困脱却を実現できるよう直接支援している。(貴陽=新華社記者/楊文斌)=2020(令和2)年11月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年11月13日
    刺しゅうやろうけつ染めの技術を身に付け貧困脱却貴州省

    13日、貴州省従江県のミャオ族集落「岜沙(はさ)苗寨」創和刺しゅう研修拠点で、ミャオ族の女性に刺しゅうを教える講師(左)。中国貴州省貴陽市雲岩区はここ数年、同省黔東南(けんとうなん)ミャオ族トン族自治州従江県の複数の農村に、伝統工芸の刺しゅうとろうけつ染めの技術が習得できる人材育成拠点を設立している。500人余りの女性から成る刺しゅう・ろうけつ染めチームを結成し、農村の少数民族の女性1700人余りを対象に伝統工芸の研修を実施。貧困世帯500世帯の女性が、出稼ぎに行かずとも貧困脱却を実現できるよう直接支援している。(貴陽=新華社記者/楊文斌)=2020(令和2)年11月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年11月13日
    刺しゅうやろうけつ染めの技術を身に付け貧困脱却貴州省

    13日、貴州省従江県のミャオ族集落「岜沙(はさ)苗寨」創和刺しゅう研修拠点で、刺しゅうを習うミャオ族の女性。中国貴州省貴陽市雲岩区はここ数年、同省黔東南(けんとうなん)ミャオ族トン族自治州従江県の複数の農村に、伝統工芸の刺しゅうとろうけつ染めの技術が習得できる人材育成拠点を設立している。500人余りの女性から成る刺しゅう・ろうけつ染めチームを結成し、農村の少数民族の女性1700人余りを対象に伝統工芸の研修を実施。貧困世帯500世帯の女性が、出稼ぎに行かずとも貧困脱却を実現できるよう直接支援している。(貴陽=新華社記者/楊文斌)=2020(令和2)年11月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年11月13日
    刺しゅうやろうけつ染めの技術を身に付け貧困脱却貴州省

    13日、貴州省従江県のミャオ族集落「岜沙(はさ)苗寨」創和刺しゅう研修拠点で、刺しゅうを習うミャオ族の女性。中国貴州省貴陽市雲岩区はここ数年、同省黔東南(けんとうなん)ミャオ族トン族自治州従江県の複数の農村に、伝統工芸の刺しゅうとろうけつ染めの技術が習得できる人材育成拠点を設立している。500人余りの女性から成る刺しゅう・ろうけつ染めチームを結成し、農村の少数民族の女性1700人余りを対象に伝統工芸の研修を実施。貧困世帯500世帯の女性が、出稼ぎに行かずとも貧困脱却を実現できるよう直接支援している。(貴陽=新華社記者/楊文斌)=2020(令和2)年11月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月12日
    貧困脱却で生まれ変わった虹霓村山西省長治市

    虹霓村を通る高速道路(左)と、かつて村につながる唯一の道だった「絶壁の道」。(11月12日、小型無人機から)中国山西省長治市平順県虹梯関郷の伝統的な村落、虹霓(こうげい)村は太行山脈の奥地に位置している。交通が不便で、資源に乏しく、生産や生活の条件が劣悪だったために発展が遅れ、かつては村民の3分の1以上が貧困世帯だった。政府の貧困脱却政策が始まると、同村は景観向上に力を入れ、農村観光を発展させて貧困世帯の就業を優先的に受け入れた。また、農家楽(アグリツーリズム)や太陽光発電、食品加工などの産業振興により村民の収入増につなげている。村は2018年末に貧困脱却を実現した。(太原=新華社記者/曹陽)=2020(令和2)年11月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月12日
    貧困脱却で生まれ変わった虹霓村山西省長治市

    上:かつての虹霓村の景観。(資料写真)下:現在の虹霓村の景観。(11月12日、小型無人機から、組み合わせ写真、太原=新華社記者/曹陽)中国山西省長治市平順県虹梯関郷の伝統的な村落、虹霓(こうげい)村は太行山脈の奥地に位置している。交通が不便で、資源に乏しく、生産や生活の条件が劣悪だったために発展が遅れ、かつては村民の3分の1以上が貧困世帯だった。政府の貧困脱却政策が始まると、同村は景観向上に力を入れ、農村観光を発展させて貧困世帯の就業を優先的に受け入れた。また、農家楽(アグリツーリズム)や太陽光発電、食品加工などの産業振興により村民の収入増につなげている。村は2018年末に貧困脱却を実現した。(太原=新華社配信)=2020(令和2)年11月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月11日
    貧困脱却で生まれ変わった虹霓村山西省長治市

    民宿の庭を掃くオーナー。(11月11日撮影)中国山西省長治市平順県虹梯関郷の伝統的な村落、虹霓(こうげい)村は太行山脈の奥地に位置している。交通が不便で、資源に乏しく、生産や生活の条件が劣悪だったために発展が遅れ、かつては村民の3分の1以上が貧困世帯だった。政府の貧困脱却政策が始まると、同村は景観向上に力を入れ、農村観光を発展させて貧困世帯の就業を優先的に受け入れた。また、農家楽(アグリツーリズム)や太陽光発電、食品加工などの産業振興により村民の収入増につなげている。村は2018年末に貧困脱却を実現した。(太原=新華社記者/曹陽)=2020(令和2)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月11日
    貧困脱却で生まれ変わった虹霓村山西省長治市

    空から見た虹霓村。(11月11日、小型無人機から)中国山西省長治市平順県虹梯関郷の伝統的な村落、虹霓(こうげい)村は太行山脈の奥地に位置している。交通が不便で、資源に乏しく、生産や生活の条件が劣悪だったために発展が遅れ、かつては村民の3分の1以上が貧困世帯だった。政府の貧困脱却政策が始まると、同村は景観向上に力を入れ、農村観光を発展させて貧困世帯の就業を優先的に受け入れた。また、農家楽(アグリツーリズム)や太陽光発電、食品加工などの産業振興により村民の収入増につなげている。村は2018年末に貧困脱却を実現した。(太原=新華社記者/曹陽)=2020(令和2)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月11日
    貧困脱却で生まれ変わった虹霓村山西省長治市

    収穫したゴマを整理する貧困脱却世帯の農家。(11月11日撮影)中国山西省長治市平順県虹梯関郷の伝統的な村落、虹霓(こうげい)村は太行山脈の奥地に位置している。交通が不便で、資源に乏しく、生産や生活の条件が劣悪だったために発展が遅れ、かつては村民の3分の1以上が貧困世帯だった。政府の貧困脱却政策が始まると、同村は景観向上に力を入れ、農村観光を発展させて貧困世帯の就業を優先的に受け入れた。また、農家楽(アグリツーリズム)や太陽光発電、食品加工などの産業振興により村民の収入増につなげている。村は2018年末に貧困脱却を実現した。(太原=新華社記者/曹陽)=2020(令和2)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月11日
    貧困脱却で生まれ変わった虹霓村山西省長治市

    トウモロコシを天日干しする貧困脱却世帯の農家。(11月11日撮影)中国山西省長治市平順県虹梯関郷の伝統的な村落、虹霓(こうげい)村は太行山脈の奥地に位置している。交通が不便で、資源に乏しく、生産や生活の条件が劣悪だったために発展が遅れ、かつては村民の3分の1以上が貧困世帯だった。政府の貧困脱却政策が始まると、同村は景観向上に力を入れ、農村観光を発展させて貧困世帯の就業を優先的に受け入れた。また、農家楽(アグリツーリズム)や太陽光発電、食品加工などの産業振興により村民の収入増につなげている。村は2018年末に貧困脱却を実現した。(太原=新華社記者/曹陽)=2020(令和2)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月11日
    貧困脱却で生まれ変わった虹霓村山西省長治市

    空から見た虹霓村の太陽光発電所。(11月11日、小型無人機から)中国山西省長治市平順県虹梯関郷の伝統的な村落、虹霓(こうげい)村は太行山脈の奥地に位置している。交通が不便で、資源に乏しく、生産や生活の条件が劣悪だったために発展が遅れ、かつては村民の3分の1以上が貧困世帯だった。政府の貧困脱却政策が始まると、同村は景観向上に力を入れ、農村観光を発展させて貧困世帯の就業を優先的に受け入れた。また、農家楽(アグリツーリズム)や太陽光発電、食品加工などの産業振興により村民の収入増につなげている。村は2018年末に貧困脱却を実現した。(太原=新華社記者/曹陽)=2020(令和2)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月11日
    貧困脱却で生まれ変わった虹霓村山西省長治市

    庭の草花に水をやる貧困脱却世帯の村民。危険が指摘された家屋は改修を終えた。(11月11日撮影)中国山西省長治市平順県虹梯関郷の伝統的な村落、虹霓(こうげい)村は太行山脈の奥地に位置している。交通が不便で、資源に乏しく、生産や生活の条件が劣悪だったために発展が遅れ、かつては村民の3分の1以上が貧困世帯だった。政府の貧困脱却政策が始まると、同村は景観向上に力を入れ、農村観光を発展させて貧困世帯の就業を優先的に受け入れた。また、農家楽(アグリツーリズム)や太陽光発電、食品加工などの産業振興により村民の収入増につなげている。村は2018年末に貧困脱却を実現した。(太原=新華社記者/曹陽)=2020(令和2)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月11日
    貧困脱却で生まれ変わった虹霓村山西省長治市

    カキを天日干しする貧困脱却世帯の農家。(11月11日撮影)中国山西省長治市平順県虹梯関郷の伝統的な村落、虹霓(こうげい)村は太行山脈の奥地に位置している。交通が不便で、資源に乏しく、生産や生活の条件が劣悪だったために発展が遅れ、かつては村民の3分の1以上が貧困世帯だった。政府の貧困脱却政策が始まると、同村は景観向上に力を入れ、農村観光を発展させて貧困世帯の就業を優先的に受け入れた。また、農家楽(アグリツーリズム)や太陽光発電、食品加工などの産業振興により村民の収入増につなげている。村は2018年末に貧困脱却を実現した。(太原=新華社記者/曹陽)=2020(令和2)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月11日
    貧困脱却で生まれ変わった虹霓村山西省長治市

    上:かつての虹霓村の景観。(資料写真)下:現在の虹霓村の景観。(11月11日撮影、小型無人機から、組み合わせ写真、太原=新華社記者/曹陽)中国山西省長治市平順県虹梯関郷の伝統的な村落、虹霓(こうげい)村は太行山脈の奥地に位置している。交通が不便で、資源に乏しく、生産や生活の条件が劣悪だったために発展が遅れ、かつては村民の3分の1以上が貧困世帯だった。政府の貧困脱却政策が始まると、同村は景観向上に力を入れ、農村観光を発展させて貧困世帯の就業を優先的に受け入れた。また、農家楽(アグリツーリズム)や太陽光発電、食品加工などの産業振興により村民の収入増につなげている。村は2018年末に貧困脱却を実現した。(太原=新華社配信)=2020(令和2)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月11日
    貧困脱却で生まれ変わった虹霓村山西省長治市

    貧困脱却世帯の住民を訪ねた村の幹部、郭原理(かく・げんり)氏(左)。(11月11日撮影)中国山西省長治市平順県虹梯関郷の伝統的な村落、虹霓(こうげい)村は太行山脈の奥地に位置している。交通が不便で、資源に乏しく、生産や生活の条件が劣悪だったために発展が遅れ、かつては村民の3分の1以上が貧困世帯だった。政府の貧困脱却政策が始まると、同村は景観向上に力を入れ、農村観光を発展させて貧困世帯の就業を優先的に受け入れた。また、農家楽(アグリツーリズム)や太陽光発電、食品加工などの産業振興により村民の収入増につなげている。村は2018年末に貧困脱却を実現した。(太原=新華社記者/曹陽)=2020(令和2)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月10日
    ウズベキスタンの青年、大別山で貧困脱却の歩みを実感安徽省

    安徽省金寨県湯家匯鎮で、牛の餌やりをする葛大力さんとシャボズさん(右)。(資料写真)中国安徽省合肥市に暮らすウズベキスタン人の青年シャボズ・ババエフさんはこのほど、大別山地域の曲がりくねったつづら折りの道を越えて農民の葛大力(かつ・だいりょく)さん宅を訪れ、そこで起きた大きな変化を知って驚嘆した。葛さんの住む潜山市天柱山鎮天寺村は、同省と湖北省、河南省の省境に位置し、以前は貧困村だった。28歳になるシャボズさんは、30カ国以上を訪れた経験があり、合肥市で職を得て暮らし始めて2年余りになる。友人の招きで初めて大別山地域に足を踏み入れ、中国農村部の貧困世帯の仕事と生活に接し、人々の貧困脱却の歩みを目の当たりにした。(合肥=新華社記者/陳尚営)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月10日
    ウズベキスタンの青年、大別山で貧困脱却の歩みを実感安徽省

    安徽省潜山市天柱山鎮天寺村にある葛大力さんの旧居前に立つシャボズさん。(資料写真)中国安徽省合肥市に暮らすウズベキスタン人の青年シャボズ・ババエフさんはこのほど、大別山地域の曲がりくねったつづら折りの道を越えて農民の葛大力(かつ・だいりょく)さん宅を訪れ、そこで起きた大きな変化を知って驚嘆した。葛さんの住む潜山市天柱山鎮天寺村は、同省と湖北省、河南省の省境に位置し、以前は貧困村だった。28歳になるシャボズさんは、30カ国以上を訪れた経験があり、合肥市で職を得て暮らし始めて2年余りになる。友人の招きで初めて大別山地域に足を踏み入れ、中国農村部の貧困世帯の仕事と生活に接し、人々の貧困脱却の歩みを目の当たりにした。(合肥=新華社記者/陳尚営)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月10日
    ウズベキスタンの青年、大別山で貧困脱却の歩みを実感安徽省

    葛大力さん一家の新しい住まい。(資料写真)中国安徽省合肥市に暮らすウズベキスタン人の青年シャボズ・ババエフさんはこのほど、大別山地域の曲がりくねったつづら折りの道を越えて農民の葛大力(かつ・だいりょく)さん宅を訪れ、そこで起きた大きな変化を知って驚嘆した。葛さんの住む潜山市天柱山鎮天寺村は、同省と湖北省、河南省の省境に位置し、以前は貧困村だった。28歳になるシャボズさんは、30カ国以上を訪れた経験があり、合肥市で職を得て暮らし始めて2年余りになる。友人の招きで初めて大別山地域に足を踏み入れ、中国農村部の貧困世帯の仕事と生活に接し、人々の貧困脱却の歩みを目の当たりにした。(合肥=新華社記者/陳尚営)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月10日
    ウズベキスタンの青年、大別山で貧困脱却の歩みを実感安徽省

    葛大力さんと一緒に牛の放牧に行き、貧困世帯の仕事と生活を体験するシャボズさん(手前)。(資料写真)中国安徽省合肥市に暮らすウズベキスタン人の青年シャボズ・ババエフさんはこのほど、大別山地域の曲がりくねったつづら折りの道を越えて農民の葛大力(かつ・だいりょく)さん宅を訪れ、そこで起きた大きな変化を知って驚嘆した。葛さんの住む潜山市天柱山鎮天寺村は、同省と湖北省、河南省の省境に位置し、以前は貧困村だった。28歳になるシャボズさんは、30カ国以上を訪れた経験があり、合肥市で職を得て暮らし始めて2年余りになる。友人の招きで初めて大別山地域に足を踏み入れ、中国農村部の貧困世帯の仕事と生活に接し、人々の貧困脱却の歩みを目の当たりにした。(合肥=新華社記者/陳尚営)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年11月07日
    アヒルの飼育が一大産業に新疆ウイグル自治区ロプ県

    7日、ロプ県の食品加工会社、利田香農食品で忙しく働く従業員。中国新疆ウイグル自治区ホータン(和田)地区ロプ(洛浦)県は、タクラマカン砂漠の外れにある国家級貧困県で、面積が狭く人口が多いことと産業構造が単一であることが、経済発展のボトルネックとなってきた。同県はここ数年、食用アヒルの飼育産業に取り組み、6つの郷と鎮に合作社(協同組合)8組織と飼育基地11カ所を設け、地元農民の貧困脱却と増収をけん引している。県内には現在、各郷・鎮の貧困世帯5千世帯が出資して建設したアヒル飼育用の施設が250棟あり、地元の貧困世帯308人を含む計574人の雇用の受け皿となっている。(ホータン=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年11月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年11月07日
    アヒルの飼育が一大産業に新疆ウイグル自治区ロプ県

    7日、ロプ県の食品加工会社、利田香農食品で、アヒルの砂嚢(さのう、胃の一部)を処理する従業員。中国新疆ウイグル自治区ホータン(和田)地区ロプ(洛浦)県は、タクラマカン砂漠の外れにある国家級貧困県で、面積が狭く人口が多いことと産業構造が単一であることが、経済発展のボトルネックとなってきた。同県はここ数年、食用アヒルの飼育産業に取り組み、6つの郷と鎮に合作社(協同組合)8組織と飼育基地11カ所を設け、地元農民の貧困脱却と増収をけん引している。県内には現在、各郷・鎮の貧困世帯5千世帯が出資して建設したアヒル飼育用の施設が250棟あり、地元の貧困世帯308人を含む計574人の雇用の受け皿となっている。(ホータン=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年11月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年11月07日
    アヒルの飼育が一大産業に新疆ウイグル自治区ロプ県

    7日、ロプ県の食品加工会社、利田香農食品で、袋詰めされたアヒルの肉を運ぶ従業員。中国新疆ウイグル自治区ホータン(和田)地区ロプ(洛浦)県は、タクラマカン砂漠の外れにある国家級貧困県で、面積が狭く人口が多いことと産業構造が単一であることが、経済発展のボトルネックとなってきた。同県はここ数年、食用アヒルの飼育産業に取り組み、6つの郷と鎮に合作社(協同組合)8組織と飼育基地11カ所を設け、地元農民の貧困脱却と増収をけん引している。県内には現在、各郷・鎮の貧困世帯5千世帯が出資して建設したアヒル飼育用の施設が250棟あり、地元の貧困世帯308人を含む計574人の雇用の受け皿となっている。(ホータン=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年11月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年11月07日
    アヒルの飼育が一大産業に新疆ウイグル自治区ロプ県

    7日、ロプ県の食品加工会社、利田香農食品で、アヒルの肉を包装する従業員。中国新疆ウイグル自治区ホータン(和田)地区ロプ(洛浦)県は、タクラマカン砂漠の外れにある国家級貧困県で、面積が狭く人口が多いことと産業構造が単一であることが、経済発展のボトルネックとなってきた。同県はここ数年、食用アヒルの飼育産業に取り組み、6つの郷と鎮に合作社(協同組合)8組織と飼育基地11カ所を設け、地元農民の貧困脱却と増収をけん引している。県内には現在、各郷・鎮の貧困世帯5千世帯が出資して建設したアヒル飼育用の施設が250棟あり、地元の貧困世帯308人を含む計574人の雇用の受け皿となっている。(ホータン=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年11月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年11月07日
    アヒルの飼育が一大産業に新疆ウイグル自治区ロプ県

    7日、ロプ県の食品加工会社、利田香農食品で、アヒルの舌を処理する従業員。中国新疆ウイグル自治区ホータン(和田)地区ロプ(洛浦)県は、タクラマカン砂漠の外れにある国家級貧困県で、面積が狭く人口が多いことと産業構造が単一であることが、経済発展のボトルネックとなってきた。同県はここ数年、食用アヒルの飼育産業に取り組み、6つの郷と鎮に合作社(協同組合)8組織と飼育基地11カ所を設け、地元農民の貧困脱却と増収をけん引している。県内には現在、各郷・鎮の貧困世帯5千世帯が出資して建設したアヒル飼育用の施設が250棟あり、地元の貧困世帯308人を含む計574人の雇用の受け皿となっている。(ホータン=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年11月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月02日
    ウコンカンゾウ産業が貧困脱却を後押し山西省大同市雲州区

    2日、山西省大同市雲州区西坪鎮坊城新村に移転してきた住民の家を訪問した北京外国語大学国際ジャーナリズム専攻の院生。中国山西省大同市雲州区ではここ数年、ウコンカンゾウ(黄花)産業の発展と政策支援により、ウコンカンゾウが重要な輸出商品となっており、今年5月、同区の貧困世帯は全て貧困脱却を果たした。(大同=新華社配信/劉超凡)=2020(令和2)年11月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年11月02日
    アヒルの飼育が一大産業に新疆ウイグル自治区ロプ県

    2日、ロプ県の奮闘家禽養殖農民専業合作社のアヒル飼育場の一角。中国新疆ウイグル自治区ホータン(和田)地区ロプ(洛浦)県は、タクラマカン砂漠の外れにある国家級貧困県で、面積が狭く人口が多いことと産業構造が単一であることが、経済発展のボトルネックとなってきた。 同県はここ数年、食用アヒルの飼育産業に取り組み、6つの郷と鎮に合作社(協同組合)8組織と飼育基地11カ所を設け、地元農民の貧困脱却と増収をけん引している。県内には現在、各郷・鎮の貧困世帯5千世帯が出資して建設したアヒル飼育用の施設が250棟あり、地元の貧困世帯308人を含む計574人の雇用の受け皿となっている。(ホータン=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年11月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月02日
    ウコンカンゾウ産業が貧困脱却を後押し山西省大同市雲州区

    2日、山西省大同市雲州区にある大同三利農産品で、ウコンカンゾウの選別を行う作業員。中国山西省大同市雲州区ではここ数年、ウコンカンゾウ(黄花)産業の発展と政策支援により、ウコンカンゾウが重要な輸出商品となっており、今年5月、同区の貧困世帯は全て貧困脱却を果たした。(大同=新華社配信/劉超凡)=2020(令和2)年11月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月02日
    ウコンカンゾウ産業が貧困脱却を後押し山西省大同市雲州区

    2日、山西省大同市雲州区で調査・研究を行う北京外国語大学国際ジャーナリズム専攻の院生。中国山西省大同市雲州区ではここ数年、ウコンカンゾウ(黄花)産業の発展と政策支援により、ウコンカンゾウが重要な輸出商品となっており、今年5月、同区の貧困世帯は全て貧困脱却を果たした。(大同=新華社配信/劉超凡)=2020(令和2)年11月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月02日
    ウコンカンゾウ産業が貧困脱却を後押し山西省大同市雲州区

    2日、山西省大同市雲州区にあるウコンカンゾウ標準化栽培基地。中国山西省大同市雲州区ではここ数年、ウコンカンゾウ(黄花)産業の発展と政策支援により、ウコンカンゾウが重要な輸出商品となっており、今年5月、同区の貧困世帯は全て貧困脱却を果たした。(大同=新華社配信/陸怡雯)=2020(令和2)年11月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年11月02日
    アヒルの飼育が一大産業に新疆ウイグル自治区ロプ県

    2日、ロプ県の奮闘家禽養殖農民専業合作社で、アヒルの飼料を補充する飼育員。中国新疆ウイグル自治区ホータン(和田)地区ロプ(洛浦)県は、タクラマカン砂漠の外れにある国家級貧困県で、面積が狭く人口が多いことと産業構造が単一であることが、経済発展のボトルネックとなってきた。同県はここ数年、食用アヒルの飼育産業に取り組み、6つの郷と鎮に合作社(協同組合)8組織と飼育基地11カ所を設け、地元農民の貧困脱却と増収をけん引している。県内には現在、各郷・鎮の貧困世帯5千世帯が出資して建設したアヒル飼育用の施設が250棟あり、地元の貧困世帯308人を含む計574人の雇用の受け皿となっている。(ホータン=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年11月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年11月02日
    アヒルの飼育が一大産業に新疆ウイグル自治区ロプ県

    2日、ロプ県の奮闘家禽養殖農民専業合作社で、アヒル飼育場を掃除する飼育員。中国新疆ウイグル自治区ホータン(和田)地区ロプ(洛浦)県は、タクラマカン砂漠の外れにある国家級貧困県で、面積が狭く人口が多いことと産業構造が単一であることが、経済発展のボトルネックとなってきた。同県はここ数年、食用アヒルの飼育産業に取り組み、6つの郷と鎮に合作社(協同組合)8組織と飼育基地11カ所を設け、地元農民の貧困脱却と増収をけん引している。県内には現在、各郷・鎮の貧困世帯5千世帯が出資して建設したアヒル飼育用の施設が250棟あり、地元の貧困世帯308人を含む計574人の雇用の受け皿となっている。(ホータン=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年11月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...