KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 貧困脱却
  • 貧困世帯
  • 貧困扶助
  • 支援工場
  • 支援産業
  • 地元政府
  • 新型コロナウイルス
  • 黒竜江省
  • 新型肺炎
  • 産業パーク

「貧困支援」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
448
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
448
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月09日
    (1)貧困者支援作業場、転居者の「職住近接」を実現甘粛省東郷族自治県

    6日、貧困者支援作業場で働く転居者。中国甘粛省臨夏回族自治州東郷族自治県は、移住・転居による貧困救済政策により県城(県政府所在地)の南に居住区を設け、県内22の郷・鎮の貧困世帯を転居させている。ここ数年で県内の1万人近い貧困世帯が元の住まいを離れ、新居に移転している。移転先の居住区周辺はインフラが完備され、交通の便も良好。居住区のすぐそばにはグラファイト電極・炭素製品の大手、方大炭素新材料科技の貧困者支援作業場があり、転入者らは自宅近くで就職する「職住近接」の夢を実現している。作業場では主にニット製品の加工を行っており、ミシン120台を配置し、300人分の雇用創出が可能となっている。同社は2019年以降、総額5億5千万元(1元=約16円)を投資して、東郷族自治県で産業による貧困支援事業27件を実施するとともに、生産施設31カ所を貧困者支援作業場として再稼働させた。これにより9700人以上が安定的な職を得ている。(臨夏=新華社記者/馬莎)= 配信日: 2021(平成33)年02月09日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月09日
    (2)貧困者支援作業場、転居者の「職住近接」を実現甘粛省東郷族自治県

    6日、自宅の台所で家事をする転居者。中国甘粛省臨夏回族自治州東郷族自治県は、移住・転居による貧困救済政策により県城(県政府所在地)の南に居住区を設け、県内22の郷・鎮の貧困世帯を転居させている。ここ数年で県内の1万人近い貧困世帯が元の住まいを離れ、新居に移転している。移転先の居住区周辺はインフラが完備され、交通の便も良好。居住区のすぐそばにはグラファイト電極・炭素製品の大手、方大炭素新材料科技の貧困者支援作業場があり、転入者らは自宅近くで就職する「職住近接」の夢を実現している。作業場では主にニット製品の加工を行っており、ミシン120台を配置し、300人分の雇用創出が可能となっている。同社は2019年以降、総額5億5千万元(1元=約16円)を投資して、東郷族自治県で産業による貧困支援事業27件を実施するとともに、生産施設31カ所を貧困者支援作業場として再稼働させた。これにより9700人以上が安定的な職を得ている。(臨夏=新華社記者/馬莎)= 配信日: 2021(平成33)年02月09日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月09日
    (4)貧困者支援作業場、転居者の「職住近接」を実現甘粛省東郷族自治県

    6日、貧困者支援作業場で働く従業員。中国甘粛省臨夏回族自治州東郷族自治県は、移住・転居による貧困救済政策により県城(県政府所在地)の南に居住区を設け、県内22の郷・鎮の貧困世帯を転居させている。ここ数年で県内の1万人近い貧困世帯が元の住まいを離れ、新居に移転している。移転先の居住区周辺はインフラが完備され、交通の便も良好。居住区のすぐそばにはグラファイト電極・炭素製品の大手、方大炭素新材料科技の貧困者支援作業場があり、転入者らは自宅近くで就職する「職住近接」の夢を実現している。作業場では主にニット製品の加工を行っており、ミシン120台を配置し、300人分の雇用創出が可能となっている。同社は2019年以降、総額5億5千万元(1元=約16円)を投資して、東郷族自治県で産業による貧困支援事業27件を実施するとともに、生産施設31カ所を貧困者支援作業場として再稼働させた。これにより9700人以上が安定的な職を得ている。(臨夏=新華社記者/馬莎)= 配信日: 2021(平成33)年02月09日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月09日
    (3)貧困者支援作業場、転居者の「職住近接」を実現甘粛省東郷族自治県

    6日、甘粛省臨夏回族自治州東郷族自治県の県城に設けられた貧困者の移転先居住区。中国甘粛省臨夏回族自治州東郷族自治県は、移住・転居による貧困救済政策により県城(県政府所在地)の南に居住区を設け、県内22の郷・鎮の貧困世帯を転居させている。ここ数年で県内の1万人近い貧困世帯が元の住まいを離れ、新居に移転している。移転先の居住区周辺はインフラが完備され、交通の便も良好。居住区のすぐそばにはグラファイト電極・炭素製品の大手、方大炭素新材料科技の貧困者支援作業場があり、転入者らは自宅近くで就職する「職住近接」の夢を実現している。作業場では主にニット製品の加工を行っており、ミシン120台を配置し、300人分の雇用創出が可能となっている。同社は2019年以降、総額5億5千万元(1元=約16円)を投資して、東郷族自治県で産業による貧困支援事業27件を実施するとともに、生産施設31カ所を貧困者支援作業場として再稼働させた。これにより9700人以上が安定的な職を得ている。(臨夏=新華社記者/馬莎)= 配信日: 2021(平成33)年02月09日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:47.97
    2021年01月04日
    「新華社」高級肉牛産業で貧困脱却を後押し黒竜江省竜江県

    中国黒竜江省チチハル市竜江県はここ数年、積極的に外資を誘致し、高級肉牛産業集積地としての発展を推進している。地元企業が2012年にニュージーランドなどから種牛を導入し、品種改良を開始した。貧困世帯が基礎雌牛を購入し、企業から凍結精液の提供を受けて繁殖を行う。政府と大手企業の連携による貧困支援モデルの恩恵を受けた貧困家庭は2千世帯を超える。(記者/劉赫垚) =配信日: 2021(平成33)年01月04日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月17日
    (14)産業による貧困扶助プロジェクトで豊かさへの道を開く中国

    広西チワン族自治区柳州市融安県の貧困支援作業場で、竹や木の枝で作った垣根を運ぶ作業員ら。(2019年7月15日撮影)中国農業農村部の統計によると、全国に832カ所あった貧困県でこれまでに実施された産業化貧困扶助プロジェクトは100万件以上に上った。整備された産業拠点は30万カ所以上。各県で地域の特色が鮮明な産業が2~3種類形成され、政策の恩恵は貧困世帯の98%以上に及んだ。かつて貧困に苦しんだこれらの県では、貧困扶助工場や産業合作社(協同組合)など地域の特性を生かした優位性のある産業を発展させることで、貧困からの脱却を図ってきた。地域を活性化させる根本的な措置を進め、共に豊かになるという目標に向かって絶え間なくまい進したことで、人々は一段と素晴らしい生活が送れるようになった。(柳州=新華社記者/黄孝邦)= 配信日: 2020(令和2)年12月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:07.94
    2020年11月18日
    「新華社」アヒル飼育産業が地域経済をけん引新疆ウイグル自治区ロプ県

    中国新疆ウイグル自治区ホータン(和田)地区ロプ(洛浦)県は、狭い土地に人口が多く、産業構造が単一であることが、経済発展を妨げてきた。同県はここ数年、貧困脱却堅塁攻略の取り組みを進める中で、発達・成熟した市場と整った産業チェーンを持つ食用アヒルの飼育産業を積極的に導入。現在では六つの郷と鎮に八つの合作社(協同組合)と11カ所の飼育基地を設け、地元農民の貧困脱却と増収をけん引している。同県の食品加工会社、利田香農食品は地場産業による貧困支援事業の担い手として、繁殖用アヒルの飼育、ふ化、食肉処理、コールドチェーン物流など各段階の拠点を県内に置いている。北京ダック用アヒル「北京四系鴨」の生産で、中国で2番目に大きい繁殖飼育拠点を建設、今年の処理能力は2千万羽に達している。県内には現在、アヒル飼育用の施設が250棟あり、各郷・鎮の貧困世帯5千世帯が出資している。アヒル肉加工企業は、地元の貧困世帯308人を含む計574人を雇用している。(記者/丁磊、張鍾凱)<映像内容>アヒル飼育産業の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月14日
    ライブコマースで貧困支援、地元特産品を販売四川省

    14日、チャン族の民族衣装を着て商品を販売する出品者たち。中国四川省綿陽市北川チャン族自治県で14日から3日間、貧困者支援の一環として生中継しながら地元特産品を販売するライブコマースイベントが行われた。初日の14日は2時間の配信で約1万7千件の注文が入り、取引額は200万元(1元=約16円)近くに上った。(北川=新華社記者/江宏景)=2020(令和2)年11月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月14日
    ライブコマースで貧困支援、地元特産品を販売四川省

    14日、出展ブースに展示された商品を見る来場者。中国四川省綿陽市北川チャン族自治県で14日から3日間、貧困者支援の一環として生中継しながら地元特産品を販売するライブコマースイベントが行われた。初日の14日は2時間の配信で約1万7千件の注文が入り、取引額は200万元(1元=約16円)近くに上った。(北川=新華社記者/江宏景)=2020(令和2)年11月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月14日
    ライブコマースで貧困支援、地元特産品を販売四川省

    14日、チャン族の民族衣装を着て商品を販売する出品者たち。中国四川省綿陽市北川チャン族自治県で14日から3日間、貧困者支援の一環として生中継しながら地元特産品を販売するライブコマースイベントが行われた。初日の14日は2時間の配信で約1万7千件の注文が入り、取引額は200万元(1元=約16円)近くに上った。(北川=新華社記者/江宏景)=2020(令和2)年11月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月14日
    ライブコマースで貧困支援、地元特産品を販売四川省

    14日、チャン族の民族衣装を着て商品を販売する出品者。中国四川省綿陽市北川チャン族自治県で14日から3日間、貧困者支援の一環として生中継しながら地元特産品を販売するライブコマースイベントが行われた。初日の14日は2時間の配信で約1万7千件の注文が入り、取引額は200万元(1元=約16円)近くに上った。(北川=新華社記者/江宏景)=2020(令和2)年11月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月14日
    ライブコマースで貧困支援、地元特産品を販売四川省

    14日、チャン族の民族衣装を着て商品を販売する出品者。中国四川省綿陽市北川チャン族自治県で14日から3日間、貧困者支援の一環として生中継しながら地元特産品を販売するライブコマースイベントが行われた。初日の14日は2時間の配信で約1万7千件の注文が入り、取引額は200万元(1元=約16円)近くに上った。(北川=新華社記者/江宏景)=2020(令和2)年11月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月14日
    ライブコマースで貧困支援、地元特産品を販売四川省

    14日、チャン族の民族衣装を着て商品を販売する出品者。中国四川省綿陽市北川チャン族自治県で14日から3日間、貧困者支援の一環として生中継しながら地元特産品を販売するライブコマースイベントが行われた。初日の14日は2時間の配信で約1万7千件の注文が入り、取引額は200万元(1元=約16円)近くに上った。(北川=新華社記者/江宏景)=2020(令和2)年11月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月14日
    ライブコマースで貧困支援、地元特産品を販売四川省

    14日、チャン族の民族衣装を着て配信する出品者のブースに集まる来場者。中国四川省綿陽市北川チャン族自治県で14日から3日間、貧困者支援の一環として生中継しながら地元特産品を販売するライブコマースイベントが行われた。初日の14日は2時間の配信で約1万7千件の注文が入り、取引額は200万元(1元=約16円)近くに上った。(北川=新華社記者/江宏景)=2020(令和2)年11月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月14日
    ライブコマースで貧困支援、地元特産品を販売四川省

    14日、チャン族の民族衣装を着た出品者たち。中国四川省綿陽市北川チャン族自治県で14日から3日間、貧困者支援の一環として生中継しながら地元特産品を販売するライブコマースイベントが行われた。初日の14日は2時間の配信で約1万7千件の注文が入り、取引額は200万元(1元=約16円)近くに上った。(北川=新華社記者/江宏景)=2020(令和2)年11月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:49.04
    2020年11月10日
    「新華社」大学が協力、ラクダ千頭に妊娠判別検査実施新疆アルタイ地区

    中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州アルタイ地区ジェミナイ(吉木乃)県の「万駝園」でこのほど、雌のラクダ千頭余りが順序よく列に並び、新疆農業大学の教師・学生による超音波検査を受けた。ラクダに対する超音波検査は、新疆農業大学と新疆大学、地元企業による共同事業で、雌ラクダの受精の成否をリアルタイムで判別し、妊娠した雌とそうでないものを速やかに分けて飼育する。飼育プランや飼料の配合を適時に調整することで、ラクダの健康的な出産と授乳を確保していく。万駝園は同県が導入した産業による貧困支援プロジェクトで、園内には1600頭余りのラクダがいる。現在、ラクダの飼育や牧草地の賃貸、収益配当などで農牧民1026世帯の増収を導いている。(記者/阿曼、郝玉、許晟)<映像内容>ラクダの妊娠判別検査の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:00.43
    2020年11月06日
    「新華社」指先の技術が増収を後押し貴州省冊亨県

    「中華プイ刺しゅうの里」と呼ばれる中国貴州省黔西南プイ族ミャオ族自治州冊亨(さつこう)県はここ数年、住民の手工芸技能の向上、起業・就業を促進する「錦繍(きんしゅう)計画」と、東部・西部地区間のペアリング貧困支援を通じ、地元の人々の増収を後押ししている。同計画はこれまでに、2400人余りの雇用を創出し、刺しゅう工房の「錦繍坊」を21カ所設立しており、指先の技術は次第に指先の経済になりつつある。出稼ぎ労働者の留守家庭の女性や、移住・転居による貧困救済事業の移住世帯は、貧困支援作業場で指先の技術を生かし、子育てをしながら刺しゅうに励み、生計を立てる幸せな暮らしを営んでいる。(記者/楊焱彬)<映像内容>貴州省冊亨県の刺しゅう工房の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月03日
    貧困支援イベントで熱演披露湖南省長沙市

    3日、湖南省株洲(しゅしゅう)市戯劇伝承センターの劇団員による作品「美しい農村」。中国湖南省長沙市の湖南戯曲演出センターで3日、優秀な文芸作品を公演するイベント「歓楽瀟湘」が行われた。同省の文化観光庁と貧困扶助弁公室が的確な貧困支援の一環として共催した。(長沙=新華社記者/陳思汗)=2020(令和2)年11月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月03日
    貧困支援イベントで熱演披露湖南省長沙市

    3日、湖南省瀏陽(りゅうよう)市の劇団員による作品「新しい道を踏み出そう」。中国湖南省長沙市の湖南戯曲演出センターで3日、優秀な文芸作品を公演するイベント「歓楽瀟湘」が行われた。同省の文化観光庁と貧困扶助弁公室が的確な貧困支援の一環として共催した。(長沙=新華社記者/陳思汗)=2020(令和2)年11月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月03日
    貧困支援イベントで熱演披露湖南省長沙市

    3日、湖南省炎陵(えんりょう)県文化館のパフォーマーによるダンスパフォーマンス「甘甘了」。中国湖南省長沙市の湖南戯曲演出センターで3日、優秀な文芸作品を公演するイベント「歓楽瀟湘」が行われた。同省の文化観光庁と貧困扶助弁公室が的確な貧困支援の一環として共催した。(長沙=新華社記者/陳思汗)=2020(令和2)年11月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:42.53
    2020年11月03日
    「新華社」モンゴル族伝統の刺しゅう、農牧民貧困脱却の力に

    中国清時代からの歴史を持つモンゴル族の「王府刺しゅう」は、内モンゴル自治区ヒンガン盟ホルチン右翼中旗にある図什業図親王府で代々継承されたモンゴル族の伝統手工芸で、自治区指定の無形文化遺産になっている。この伝統手工芸の継承と、産業技術による貧困脱却支援のため、地元政府は2016年から、的確な貧困支援の一環として、「集団で研修、訪問して指導、手を取って教える」方法で、同旗全体で刺しゅうを普及させている。これまでに、旗内173の村のガチャ(村)が刺しゅう研修クラスを100期にわたって開催し、延べ1万4700人に教えてきた。1級刺しゅう工1300人、2級5千人、3級8千人が育っている。現在、旗内でモンゴル族刺しゅうを仕事にしている農牧民や他の住民の数は2万1千人を超えている。生産販売収入は1千万元(1元=約16円)で、同旗全体で貧困層2895人がモンゴル族刺しゅう産業発展の恩恵を受けている。(記者/張晟)<映像内容>モンゴル族の「王府刺しゅう」制作の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月03日
    貧困支援イベントで熱演披露湖南省長沙市

    3日、湖南省文化館の劇団員による演劇作品。中国湖南省長沙市の湖南戯曲演出センターで3日、優秀な文芸作品を公演するイベント「歓楽瀟湘」が行われた。同省の文化観光庁と貧困扶助弁公室が的確な貧困支援の一環として共催した。(長沙=新華社記者/陳思汗)=2020(令和2)年11月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月03日
    貧困支援イベントで熱演披露湖南省長沙市

    3日、張家界市永定区文化館の溜子(民間器楽合奏)隊メンバーによる楽器パフォーマンス「田園交響曲」。中国湖南省長沙市の湖南戯曲演出センターで3日、優秀な文芸作品を公演するイベント「歓楽瀟湘」が行われた。同省の文化観光庁と貧困扶助弁公室が的確な貧困支援の一環として共催した。(長沙=新華社記者/陳思汗)=2020(令和2)年11月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月31日
    繭が豊作で倉庫作業も大忙し養蚕業の発展に取り組む重慶市黔江区

    10月31日、重慶市黔江区の双河シルク工場で、買い取った繭を運ぶ作業員。中国重慶市黔江(けんこう)区は長い養蚕の歴史を持ち、近年は養蚕を農民増収のための重要な貧困支援産業として発展を推進。良質な養蚕拠点の建設を急ぎ、シルク産業を拡大・増強させ、企業、生産拠点、農家を組み合わせた発展モデルを採用して、農民の増収を実現している。(重慶=新華社配信/楊敏)=2020(令和2)年10月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月31日
    繭が豊作で倉庫作業も大忙し養蚕業の発展に取り組む重慶市黔江区

    10月31日、重慶市黔江区の双河シルク工場で、買い取った繭を袋詰めする作業員。中国重慶市黔江(けんこう)区は長い養蚕の歴史を持ち、近年は養蚕を農民増収のための重要な貧困支援産業として発展を推進。良質な養蚕拠点の建設を急ぎ、シルク産業を拡大・増強させ、企業、生産拠点、農家を組み合わせた発展モデルを採用して、農民の増収を実現している。(重慶=新華社配信/楊敏)=2020(令和2)年10月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月31日
    繭が豊作で倉庫作業も大忙し養蚕業の発展に取り組む重慶市黔江区

    10月31日、重慶市黔江区の双河シルク工場で、買い取った繭を袋詰めする作業員。中国重慶市黔江(けんこう)区は長い養蚕の歴史を持ち、近年は養蚕を農民増収のための重要な貧困支援産業として発展を推進。良質な養蚕拠点の建設を急ぎ、シルク産業を拡大・増強させ、企業、生産拠点、農家を組み合わせた発展モデルを採用して、農民の増収を実現している。(重慶=新華社配信/楊敏)=2020(令和2)年10月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月31日
    繭が豊作で倉庫作業も大忙し養蚕業の発展に取り組む重慶市黔江区

    10月31日、重慶市黔江区の双河シルク工場で、繭を整理する作業員。中国重慶市黔江(けんこう)区は長い養蚕の歴史を持ち、近年は養蚕を農民増収のための重要な貧困支援産業として発展を推進。良質な養蚕拠点の建設を急ぎ、シルク産業を拡大・増強させ、企業、生産拠点、農家を組み合わせた発展モデルを採用して、農民の増収を実現している。(重慶=新華社配信/楊敏)=2020(令和2)年10月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月24日
    竹工芸が「編み」出す一大産業貴州省赤水市

    貴州省赤水市の市中街道にある竹編み貧困支援作業場で工芸品を製作する女性。(10月24日撮影)中国貴州省赤水市ではここ数年、豊富な竹資源を活用して、農民を指導しながら竹編み産業の発展を推進、革新的な竹編み工芸品を次々と生み出し、販路を海外に拡大している。「赤水竹編み」は2014年、同省の省級無形文化遺産リストに登録された。同市大同鎮にある竹編み無形文化遺産の産学官連携基地は、これまで5千人余りの地元農民に技術を指導し、農村の女性の自宅近くでの就業と増収を後押ししている。(遵義=新華社配信/王長育)=2020(令和2)年10月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月18日
    FOOD AID FOR THE ELDERLY IN VENEZUELA

    October 17, 2020, Valencia, Carabobo, Venezuela: Caption:October 17, 2020.Neighbors undertake social work by feeding with the help of traders in the sector, the neediest elderly in the neighborhood federation of the parish Miguel Peña, south of the city of Valencia. Carabobo state, Venezuela - Photo: Juan Carlos Hernandez (Credit Image: © Juan Carlos Hernandez/ZUMA Wire)、クレジット:©Juan Carlos Hernandez/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2020年10月18日
    FOOD AID FOR THE ELDERLY IN VENEZUELA

    October 17, 2020, Valencia, Carabobo, Venezuela: Caption:October 17, 2020.Neighbors undertake social work by feeding with the help of traders in the sector, the neediest elderly in the neighborhood federation of the parish Miguel Peña, south of the city of Valencia. Carabobo state, Venezuela - Photo: Juan Carlos Hernandez (Credit Image: © Juan Carlos Hernandez/ZUMA Wire)、クレジット:©Juan Carlos Hernandez/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2020年10月18日
    FOOD AID FOR THE ELDERLY IN VENEZUELA

    October 17, 2020, Valencia, Carabobo, Venezuela: Caption:October 17, 2020.Neighbors undertake social work by feeding with the help of traders in the sector, the neediest elderly in the neighborhood federation of the parish Miguel Peña, south of the city of Valencia. Carabobo state, Venezuela - Photo: Juan Carlos Hernandez (Credit Image: © Juan Carlos Hernandez/ZUMA Wire)、クレジット:©Juan Carlos Hernandez/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2020年10月18日
    FOOD AID FOR THE ELDERLY IN VENEZUELA

    October 17, 2020, Valencia, Carabobo, Venezuela: Caption:October 17, 2020.Neighbors undertake social work by feeding with the help of traders in the sector, the neediest elderly in the neighborhood federation of the parish Miguel Peña, south of the city of Valencia. Carabobo state, Venezuela - Photo: Juan Carlos Hernandez (Credit Image: © Juan Carlos Hernandez/ZUMA Wire)、クレジット:©Juan Carlos Hernandez/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2020年10月18日
    FOOD AID FOR THE ELDERLY IN VENEZUELA

    October 17, 2020, Valencia, Carabobo, Venezuela: Caption:October 17, 2020.Neighbors undertake social work by feeding with the help of traders in the sector, the neediest elderly in the neighborhood federation of the parish Miguel Peña, south of the city of Valencia. Carabobo state, Venezuela - Photo: Juan Carlos Hernandez (Credit Image: © Juan Carlos Hernandez/ZUMA Wire)、クレジット:©Juan Carlos Hernandez/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2020年10月18日
    FOOD AID FOR THE ELDERLY IN VENEZUELA

    October 17, 2020, Valencia, Carabobo, Venezuela: Caption:October 17, 2020.Neighbors undertake social work by feeding with the help of traders in the sector, the neediest elderly in the neighborhood federation of the parish Miguel Peña, south of the city of Valencia. Carabobo state, Venezuela - Photo: Juan Carlos Hernandez (Credit Image: © Juan Carlos Hernandez/ZUMA Wire)、クレジット:©Juan Carlos Hernandez/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2020年10月18日
    FOOD AID FOR THE ELDERLY IN VENEZUELA

    October 17, 2020, Valencia, Carabobo, Venezuela: Caption:October 17, 2020.Neighbors undertake social work by feeding with the help of traders in the sector, the neediest elderly in the neighborhood federation of the parish Miguel Peña, south of the city of Valencia. Carabobo state, Venezuela - Photo: Juan Carlos Hernandez (Credit Image: © Juan Carlos Hernandez/ZUMA Wire)、クレジット:©Juan Carlos Hernandez/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2020年10月18日
    FOOD AID FOR THE ELDERLY IN VENEZUELA

    October 17, 2020, Valencia, Carabobo, Venezuela: Caption:October 17, 2020.Neighbors undertake social work by feeding with the help of traders in the sector, the neediest elderly in the neighborhood federation of the parish Miguel Peña, south of the city of Valencia. Carabobo state, Venezuela - Photo: Juan Carlos Hernandez (Credit Image: © Juan Carlos Hernandez/ZUMA Wire)、クレジット:©Juan Carlos Hernandez/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2020年10月18日
    FOOD AID FOR THE ELDERLY IN VENEZUELA

    October 17, 2020, Valencia, Carabobo, Venezuela: Caption:October 17, 2020.Neighbors undertake social work by feeding with the help of traders in the sector, the neediest elderly in the neighborhood federation of the parish Miguel Peña, south of the city of Valencia. Carabobo state, Venezuela - Photo: Juan Carlos Hernandez (Credit Image: © Juan Carlos Hernandez/ZUMA Wire)、クレジット:©Juan Carlos Hernandez/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2020年10月18日
    FOOD AID FOR THE ELDERLY IN VENEZUELA

    October 17, 2020, Valencia, Carabobo, Venezuela: Caption:October 17, 2020.Neighbors undertake social work by feeding with the help of traders in the sector, the neediest elderly in the neighborhood federation of the parish Miguel Peña, south of the city of Valencia. Carabobo state, Venezuela - Photo: Juan Carlos Hernandez (Credit Image: © Juan Carlos Hernandez/ZUMA Wire)、クレジット:©Juan Carlos Hernandez/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2020年10月18日
    FOOD AID FOR THE ELDERLY IN VENEZUELA

    October 17, 2020, Valencia, Carabobo, Venezuela: Caption:October 17, 2020.Neighbors undertake social work by feeding with the help of traders in the sector, the neediest elderly in the neighborhood federation of the parish Miguel Peña, south of the city of Valencia. Carabobo state, Venezuela - Photo: Juan Carlos Hernandez (Credit Image: © Juan Carlos Hernandez/ZUMA Wire)、クレジット:©Juan Carlos Hernandez/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 00:48.24
    2020年10月15日
    「新華社」貧困支援の作業場で「編み出す」豊かな生活黒竜江省樺南県

    中国黒竜江省ジャムス(佳木斯)市樺南(かなん)県はここ数年、貧困脱却の成果を固め、貧困層の収入拡大を引き続き支援するため、貧困支援作業場プロジェクトを実施している。鎮(町)や村の使われていない建物や土地を利用し、かぎ針編み工房や家庭農場など28カ所の作業場を設立。貧困世帯の320人を受け入れている。1人当たり年間平均5200元(1元=約16円)余りの増収を実現し、村民に空き時間を利用した増収の機会を提供している。(記者/唐鉄富)<映像内容>貧困支援の作業場、かぎ針編み工房の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:55.14
    2020年10月03日
    「新華社」農家に富もたらすセンジュギク、収穫期に新疆莎車県

    秋を迎えた中国新疆ウイグル自治区カシュガル地区のヤルカンド(莎車)県で、センジュギクが収穫期を迎えた。農家は摘み取ったセンジュギクを企業の買い付け所に運び、1ムー(約667平方メートル)当たり平均2千元(1元=約16円)の収入を得る。同県は新疆ウイグル自治区に残された10の貧困県の一つながら、ここ数年は農業の構造改革を積極的に推進。バイオテクノロジー企業を誘致し「政府支援、企業投資、農家参加」型発展モデルでセンジュギクの栽培を促進、農家を収入増の道へ導いてきた。今年はセンジュギクの栽培面積が13万ムーに達し、周辺地域に大規模な雇用を創出したことで、2万3千の貧困世帯を含む計6万8千世帯が恩恵を受けている。センジュギク栽培は今や、地元の重要な貧困支援産業となっている。(記者/高晗)<映像内容>収穫したセンジュギクを集める様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月16日
    習近平氏、湖南省を視察

    16日、郴州(ちんしゅう)市汝城(じょじょう)県文明ヤオ族郷沙洲ヤオ族村にある沙洲現代農業観光モデル基地を訪れ、貧困支援産業や貧困脱却の成果定着の状況を視察する習近平氏。習近平(しゅう・きんぺい)中国共産党中央委員会総書記・国家主席・中央軍事委員会主席は16日、湖南省を視察した。(郴州=新華社記者/謝環馳)=2020(令和2)年9月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月15日
    中国とラオス、ソフト・ハード両面から貧困削減を支援

    15日、ビエンチャンのサントン郡BanXor村に中国の支援で建設された村の活動センター。中国とラオスが共同で進める貧困削減のための技術支援モデル事業が、同国の二つの村で実施されている。そのうちの一つである首都ビエンチャンの山あいにあるサントン郡BanXor村でこのほど、中国・ラオス国家共同プロジェクト管理弁公室の中国側常駐責任者、范西寧(はん・せいねい)氏が新華社の取材に応じた。范氏は「中国の貧困削減経験に基づき、われわれは資金や物資を提供するだけの『輸血式』ではなく、プロジェクト対象となった村が効果的かつ持続的に発展できるようにする『造血式』の貧困支援を行っている。道路や橋、ビニールハウス、学校などハード面の建設を進めるとともに、研修や視察、交流などソフト面でも支援している」と語った。同事業は2017年9月に始動し、中国とラオスの協力による「ソフト・ハードの両面展開」で、対象となった村のインフラや公共サービスを改善してきた。村民が自力で収入を得て生活していけるよう支援するプロジェクトも順調に進んでいるという。(ビエンチャン=新華社配信/ケイジョ)=2020(令和2)年9月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月15日
    中国とラオス、ソフト・ハード両面から貧困削減を支援

    15日、ビエンチャンのサントン郡BanXor村に中国の支援で建設された橋(手前)。中国とラオスが共同で進める貧困削減のための技術支援モデル事業が、同国の二つの村で実施されている。そのうちの一つである首都ビエンチャンの山あいにあるサントン郡BanXor村でこのほど、中国・ラオス国家共同プロジェクト管理弁公室の中国側常駐責任者、范西寧(はん・せいねい)氏が新華社の取材に応じた。范氏は「中国の貧困削減経験に基づき、われわれは資金や物資を提供するだけの『輸血式』ではなく、プロジェクト対象となった村が効果的かつ持続的に発展できるようにする『造血式』の貧困支援を行っている。道路や橋、ビニールハウス、学校などハード面の建設を進めるとともに、研修や視察、交流などソフト面でも支援している」と語った。同事業は2017年9月に始動し、中国とラオスの協力による「ソフト・ハードの両面展開」で、対象となった村のインフラや公共サービスを改善してきた。村民が自力で収入を得て生活していけるよう支援するプロジェクトも順調に進んでいるという。(ビエンチャン=新華社配信/ケイジョ)=2020(令和2)年9月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月15日
    中国とラオス、ソフト・ハード両面から貧困削減を支援

    15日、ビエンチャンのサントン郡BanXor村に中国の支援で建設された橋(手前)。中国とラオスが共同で進める貧困削減のための技術支援モデル事業が、同国の二つの村で実施されている。そのうちの一つである首都ビエンチャンの山あいにあるサントン郡BanXor村でこのほど、中国・ラオス国家共同プロジェクト管理弁公室の中国側常駐責任者、范西寧(はん・せいねい)氏が新華社の取材に応じた。范氏は「中国の貧困削減経験に基づき、われわれは資金や物資を提供するだけの『輸血式』ではなく、プロジェクト対象となった村が効果的かつ持続的に発展できるようにする『造血式』の貧困支援を行っている。道路や橋、ビニールハウス、学校などハード面の建設を進めるとともに、研修や視察、交流などソフト面でも支援している」と語った。同事業は2017年9月に始動し、中国とラオスの協力による「ソフト・ハードの両面展開」で、対象となった村のインフラや公共サービスを改善してきた。村民が自力で収入を得て生活していけるよう支援するプロジェクトも順調に進んでいるという。(ビエンチャン=新華社配信/ケイジョ)=2020(令和2)年9月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月15日
    中国とラオス、ソフト・ハード両面から貧困削減を支援

    15日、ビエンチャンのサントン郡BanXor村に中国の支援で建設された学校で学ぶ子どもたち。中国とラオスが共同で進める貧困削減のための技術支援モデル事業が、同国の二つの村で実施されている。そのうちの一つである首都ビエンチャンの山あいにあるサントン郡BanXor村でこのほど、中国・ラオス国家共同プロジェクト管理弁公室の中国側常駐責任者、范西寧(はん・せいねい)氏が新華社の取材に応じた。范氏は「中国の貧困削減経験に基づき、われわれは資金や物資を提供するだけの『輸血式』ではなく、プロジェクト対象となった村が効果的かつ持続的に発展できるようにする『造血式』の貧困支援を行っている。道路や橋、ビニールハウス、学校などハード面の建設を進めるとともに、研修や視察、交流などソフト面でも支援している」と語った。同事業は2017年9月に始動し、中国とラオスの協力による「ソフト・ハードの両面展開」で、対象となった村のインフラや公共サービスを改善してきた。村民が自力で収入を得て生活していけるよう支援するプロジェクトも順調に進んでいるという。(ビエンチャン=新華社配信/ケイジョ)=2020(令和2)年9月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月15日
    中国とラオス、ソフト・ハード両面から貧困削減を支援

    15日、ビエンチャンのサントン郡BanXor村にある古い木造橋。中国とラオスが共同で進める貧困削減のための技術支援モデル事業が、同国の二つの村で実施されている。そのうちの一つである首都ビエンチャンの山あいにあるサントン郡BanXor村でこのほど、中国・ラオス国家共同プロジェクト管理弁公室の中国側常駐責任者、范西寧(はん・せいねい)氏が新華社の取材に応じた。范氏は「中国の貧困削減経験に基づき、われわれは資金や物資を提供するだけの『輸血式』ではなく、プロジェクト対象となった村が効果的かつ持続的に発展できるようにする『造血式』の貧困支援を行っている。道路や橋、ビニールハウス、学校などハード面の建設を進めるとともに、研修や視察、交流などソフト面でも支援している」と語った。同事業は2017年9月に始動し、中国とラオスの協力による「ソフト・ハードの両面展開」で、対象となった村のインフラや公共サービスを改善してきた。村民が自力で収入を得て生活していけるよう支援するプロジェクトも順調に進んでいるという。(ビエンチャン=新華社配信/ケイジョ)=2020(令和2)年9月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月15日
    中国とラオス、ソフト・ハード両面から貧困削減を支援

    15日、ビエンチャンのサントン郡BanXor村に中国の支援で建設された橋(手前)。中国とラオスが共同で進める貧困削減のための技術支援モデル事業が、同国の二つの村で実施されている。そのうちの一つである首都ビエンチャンの山あいにあるサントン郡BanXor村でこのほど、中国・ラオス国家共同プロジェクト管理弁公室の中国側常駐責任者、范西寧(はん・せいねい)氏が新華社の取材に応じた。范氏は「中国の貧困削減経験に基づき、われわれは資金や物資を提供するだけの『輸血式』ではなく、プロジェクト対象となった村が効果的かつ持続的に発展できるようにする『造血式』の貧困支援を行っている。道路や橋、ビニールハウス、学校などハード面の建設を進めるとともに、研修や視察、交流などソフト面でも支援している」と語った。同事業は2017年9月に始動し、中国とラオスの協力による「ソフト・ハードの両面展開」で、対象となった村のインフラや公共サービスを改善してきた。村民が自力で収入を得て生活していけるよう支援するプロジェクトも順調に進んでいるという。(ビエンチャン=新華社配信/ケイジョ)=2020(令和2)年9月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月15日
    中国とラオス、ソフト・ハード両面から貧困削減を支援

    15日、ビエンチャンのサントン郡BanXor村に中国の支援で建設された新しい橋。中国とラオスが共同で進める貧困削減のための技術支援モデル事業が、同国の二つの村で実施されている。そのうちの一つである首都ビエンチャンの山あいにあるサントン郡BanXor村でこのほど、中国・ラオス国家共同プロジェクト管理弁公室の中国側常駐責任者、范西寧(はん・せいねい)氏が新華社の取材に応じた。范氏は「中国の貧困削減経験に基づき、われわれは資金や物資を提供するだけの『輸血式』ではなく、プロジェクト対象となった村が効果的かつ持続的に発展できるようにする『造血式』の貧困支援を行っている。道路や橋、ビニールハウス、学校などハード面の建設を進めるとともに、研修や視察、交流などソフト面でも支援している」と語った。同事業は2017年9月に始動し、中国とラオスの協力による「ソフト・ハードの両面展開」で、対象となった村のインフラや公共サービスを改善してきた。村民が自力で収入を得て生活していけるよう支援するプロジェクトも順調に進んでいるという。(ビエンチャン=新華社配信/ケイジョ)=2020(令和2)年9月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月15日
    中国とラオス、ソフト・ハード両面から貧困削減を支援

    15日、ビエンチャンのサントン郡BanXor村に中国の支援で建設された学校で学ぶ子どもたち。中国とラオスが共同で進める貧困削減のための技術支援モデル事業が、同国の二つの村で実施されている。そのうちの一つである首都ビエンチャンの山あいにあるサントン郡BanXor村でこのほど、中国・ラオス国家共同プロジェクト管理弁公室の中国側常駐責任者、范西寧(はん・せいねい)氏が新華社の取材に応じた。范氏は「中国の貧困削減経験に基づき、われわれは資金や物資を提供するだけの『輸血式』ではなく、プロジェクト対象となった村が効果的かつ持続的に発展できるようにする『造血式』の貧困支援を行っている。道路や橋、ビニールハウス、学校などハード面の建設を進めるとともに、研修や視察、交流などソフト面でも支援している」と語った。同事業は2017年9月に始動し、中国とラオスの協力による「ソフト・ハードの両面展開」で、対象となった村のインフラや公共サービスを改善してきた。村民が自力で収入を得て生活していけるよう支援するプロジェクトも順調に進んでいるという。(ビエンチャン=新華社配信/ケイジョ)=2020(令和2)年9月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:50.71
    2020年09月02日
    「新華社」「ミニ営林場」が、農家に長期的増収もたらす黒竜江省海倫市

    中国黒竜江省海倫市の向栄鎮向新村ではこのところ、小川の両側にある800ムー(約53ヘクタール)の「薪炭扶貧(燃料にする低木を育てて貧困を支援する)林」に木々が生い茂っている。林は土壌浸食を防止できるだけでなく、貧困脱却を促進し増収をもたらすことができる。鎮内の貧困世帯は1世帯1ムーの環境に配慮した「薪炭扶貧林」を有する。林には主にケショウヤナギとサリュウ(沙柳)が植えられ、ケショウヤナギは柳編み工芸品作りに使われる。また、サリュウは暖房などエネルギー企業に燃料を提供でき、1ムーにつき約2千元(1元=約15円)の利益を生むと見込まれている。同市は2019年以来、郷・鎮で貧困支援の「ミニ営林場」造営を奨励しており、貧困世帯が林の造営に参加して利益配当の享受と継続的で安定した増収が実現できるよう促している。同市はこの2年間で「ミニ営林場」を1260カ所に建設し、総面積は1万4800ムー(約986ヘクタール)に達し、貧困世帯1万5700世帯を増収に導いている。(記者/唐鉄富)<映像内容>燃料にする低木を育てる様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月31日
    貧困緩和で188万人移転、すべての子供に教育を貴州省

    8月31日、貴州省黔東南ミャオ族トン族自治州三穂県の貧困支援移転住居区にある幼稚園で遊ぶ子どもたち。中国貴州省は第13次5カ年計画(2016~20年)で貧困緩和のため188万人の移転を実施してきた。貧困地域から移転してきた子供たちが良い教育を受けられるよう、同省は総力を挙げて移転住居区で669カ所の学校を建設・改修・拡張した。(貴陽=新華社記者/楊文斌)=2020(令和2)年8月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月31日
    貧困緩和で188万人移転、すべての子供に教育を貴州省

    8月31日、貴州省黔東南ミャオ族トン族自治州三穂県の貧困支援移転住居区にある幼稚園で遊ぶ子どもたち。中国貴州省は第13次5カ年計画(2016~20年)で貧困緩和のため188万人の移転を実施してきた。貧困地域から移転してきた子供たちが良い教育を受けられるよう、同省は総力を挙げて移転住居区で669カ所の学校を建設・改修・拡張した。(貴陽=新華社記者/楊文斌)=2020(令和2)年8月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月31日
    貧困緩和で188万人移転、すべての子供に教育を貴州省

    8月31日、貴州省黔東南ミャオ族トン族自治州三穂県の貧困支援移転住居区にある幼稚園で遊ぶ子どもたち。中国貴州省は第13次5カ年計画(2016~20年)で貧困緩和のため188万人の移転を実施してきた。貧困地域から移転してきた子供たちが良い教育を受けられるよう、同省は総力を挙げて移転住居区で669カ所の学校を建設・改修・拡張した。(貴陽=新華社記者/楊文斌)=2020(令和2)年8月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月31日
    貧困緩和で188万人移転、すべての子供に教育を貴州省

    8月31日、貴州省黔東南ミャオ族トン族自治州三穂県の貧困支援移転住居区にある幼稚園で自己紹介を学ぶ子どもたち。中国貴州省は第13次5カ年計画(2016~20年)で貧困緩和のため188万人の移転を実施してきた。貧困地域から移転してきた子供たちが良い教育を受けられるよう、同省は総力を挙げて移転住居区で669カ所の学校を建設・改修・拡張した。(貴陽=新華社記者/楊文斌)=2020(令和2)年8月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月30日
    貧困緩和で188万人移転、すべての子供に教育を貴州省

    8月30日、貴州省黔東南ミャオ族トン族自治州三穂県の貧困支援移転住居区周辺の中学校にあるサッカー場。(小型無人機から)中国貴州省は第13次5カ年計画(2016~20年)で貧困緩和のため188万人の移転を実施してきた。貧困地域から移転してきた子供たちが良い教育を受けられるよう、同省は総力を挙げて移転住居区で669カ所の学校を建設・改修・拡張した。(貴陽=新華社記者/楊文斌)=2020(令和2)年8月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月25日
    EC導入で村の貧困扶助を後押し河南省光山県

    25日、東岳村のECモデルステーションで地元農産物の関連情報を見る観光客。中国河南省信陽市光山県文殊郷の東岳村はここ数年、電子商取引(EC)と産業、サービスを組み合わせた発展方式を力強く進めている。農村ECを積極的に発展させ、ECの農村進出総合モデル業務やECによる貧困支援業務を実施。村ECサービスセンターを設立し、地鶏の卵やコメ、キウイフルーツなどの農業副産物の販売経路を開拓するなど農民の増収を後押ししている。(光山=新華社記者/郝源)=2020(令和2)年8月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月25日
    EC導入で村の貧困扶助を後押し河南省光山県

    25日、東岳村で飼育されている地鶏。中国河南省信陽市光山県文殊郷の東岳村はここ数年、電子商取引(EC)と産業、サービスを組み合わせた発展方式を力強く進めている。農村ECを積極的に発展させ、ECの農村進出総合モデル業務やECによる貧困支援業務を実施。村ECサービスセンターを設立し、地鶏の卵やコメ、キウイフルーツなどの農業副産物の販売経路を開拓するなど農民の増収を後押ししている。(光山=新華社記者/郝源)=2020(令和2)年8月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月25日
    EC導入で村の貧困扶助を後押し河南省光山県

    25日、東岳村のECモデルステーションで注文に対応する従業員。中国河南省信陽市光山県文殊郷の東岳村はここ数年、電子商取引(EC)と産業、サービスを組み合わせた発展方式を力強く進めている。農村ECを積極的に発展させ、ECの農村進出総合モデル業務やECによる貧困支援業務を実施。村ECサービスセンターを設立し、地鶏の卵やコメ、キウイフルーツなどの農業副産物の販売経路を開拓するなど農民の増収を後押ししている。(光山=新華社記者/郝源)=2020(令和2)年8月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月25日
    アブラツバキ産業が農民の収入増を促進河南省光山県

    25日、河南省光山県にあるアブラツバキ加工企業の貨物積み降ろし場で働く従業員。中国河南省信陽市光山県は近年、的を絞った貧困支援の重要な足掛かりとしてアブラツバキ産業を発展させ、環境に配慮した発展の道を歩んでいる。同県は企業と生産拠点、農家を組み合わせた発展モデルに基づき、アブラツバキ産業を特色ある産業として確立。新技術を導入して高付加価値加工を可能にした。県全体のアブラツバキ栽培面積は22万7千ムー(約1万5130ヘクタール)で、農民約30万人に収入増をもたらした。(光山=新華社記者/郝源)=2020(令和2)年8月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月25日
    アブラツバキ産業が農民の収入増を促進河南省光山県

    25日、河南省光山県にあるアブラツバキ加工企業のショールームで顧客に商品を紹介する従業員(右)。中国河南省信陽市光山県は近年、的を絞った貧困支援の重要な足掛かりとしてアブラツバキ産業を発展させ、環境に配慮した発展の道を歩んでいる。同県は企業と生産拠点、農家を組み合わせた発展モデルに基づき、アブラツバキ産業を特色ある産業として確立。新技術を導入して高付加価値加工を可能にした。県全体のアブラツバキ栽培面積は22万7千ムー(約1万5130ヘクタール)で、農民約30万人に収入増をもたらした。(光山=新華社記者/郝源)=2020(令和2)年8月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月25日
    アブラツバキ産業が農民の収入増を促進河南省光山県

    25日、河南省光山県にあるアブラツバキ加工企業のショールームで商品を整理する従業員。中国河南省信陽市光山県は近年、的を絞った貧困支援の重要な足掛かりとしてアブラツバキ産業を発展させ、環境に配慮した発展の道を歩んでいる。同県は企業と生産拠点、農家を組み合わせた発展モデルに基づき、アブラツバキ産業を特色ある産業として確立。新技術を導入して高付加価値加工を可能にした。県全体のアブラツバキ栽培面積は22万7千ムー(約1万5130ヘクタール)で、農民約30万人に収入増をもたらした。(光山=新華社記者/郝源)=2020(令和2)年8月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月25日
    EC導入で村の貧困扶助を後押し河南省光山県

    25日、東岳村のECモデルステーションで地元のツバキ油を観光客に紹介する従業員(右)。中国河南省信陽市光山県文殊郷の東岳村はここ数年、電子商取引(EC)と産業、サービスを組み合わせた発展方式を力強く進めている。農村ECを積極的に発展させ、ECの農村進出総合モデル業務やECによる貧困支援業務を実施。村ECサービスセンターを設立し、地鶏の卵やコメ、キウイフルーツなどの農業副産物の販売経路を開拓するなど農民の増収を後押ししている。(光山=新華社記者/郝源)=2020(令和2)年8月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月25日
    EC導入で村の貧困扶助を後押し河南省光山県

    25日、東岳村のECモデルステーションで農産物の陳列棚を整理する従業員。中国河南省信陽市光山県文殊郷の東岳村はここ数年、電子商取引(EC)と産業、サービスを組み合わせた発展方式を力強く進めている。農村ECを積極的に発展させ、ECの農村進出総合モデル業務やECによる貧困支援業務を実施。村ECサービスセンターを設立し、地鶏の卵やコメ、キウイフルーツなどの農業副産物の販売経路を開拓するなど農民の増収を後押ししている。(光山=新華社記者/郝源)=2020(令和2)年8月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月25日
    EC導入で村の貧困扶助を後押し河南省光山県

    25日、東岳村の農園でヘチマを収穫する村民。中国河南省信陽市光山県文殊郷の東岳村はここ数年、電子商取引(EC)と産業、サービスを組み合わせた発展方式を力強く進めている。農村ECを積極的に発展させ、ECの農村進出総合モデル業務やECによる貧困支援業務を実施。村ECサービスセンターを設立し、地鶏の卵やコメ、キウイフルーツなどの農業副産物の販売経路を開拓するなど農民の増収を後押ししている。(光山=新華社記者/郝源)=2020(令和2)年8月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月25日
    EC導入で村の貧困扶助を後押し河南省光山県

    25日、東岳村のキウイフルーツ農園で枝を剪定する村民。中国河南省信陽市光山県文殊郷の東岳村はここ数年、電子商取引(EC)と産業、サービスを組み合わせた発展方式を力強く進めている。農村ECを積極的に発展させ、ECの農村進出総合モデル業務やECによる貧困支援業務を実施。村ECサービスセンターを設立し、地鶏の卵やコメ、キウイフルーツなどの農業副産物の販売経路を開拓するなど農民の増収を後押ししている。(光山=新華社記者/郝源)=2020(令和2)年8月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月25日
    アブラツバキ産業が農民の収入増を促進河南省光山県

    25日、河南省光山県槐店(かいてん)郷のアブラツバキ園で草刈りをする地元住民ら。中国河南省信陽市光山県は近年、的を絞った貧困支援の重要な足掛かりとしてアブラツバキ産業を発展させ、環境に配慮した発展の道を歩んでいる。同県は企業と生産拠点、農家を組み合わせた発展モデルに基づき、アブラツバキ産業を特色ある産業として確立。新技術を導入して高付加価値加工を可能にした。県全体のアブラツバキ栽培面積は22万7千ムー(約1万5130ヘクタール)で、農民約30万人に収入増をもたらした。(光山=新華社記者/郝源)=2020(令和2)年8月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月25日
    アブラツバキ産業が農民の収入増を促進河南省光山県

    25日、河南省光山県にあるアブラツバキ加工企業の瓶詰め工場で働く従業員。中国河南省信陽市光山県は近年、的を絞った貧困支援の重要な足掛かりとしてアブラツバキ産業を発展させ、環境に配慮した発展の道を歩んでいる。同県は企業と生産拠点、農家を組み合わせた発展モデルに基づき、アブラツバキ産業を特色ある産業として確立。新技術を導入して高付加価値加工を可能にした。県全体のアブラツバキ栽培面積は22万7千ムー(約1万5130ヘクタール)で、農民約30万人に収入増をもたらした。(光山=新華社記者/郝源)=2020(令和2)年8月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月25日
    EC導入で村の貧困扶助を後押し河南省光山県

    25日、東岳村で稲の生育状況を確認する村民。中国河南省信陽市光山県文殊郷の東岳村はここ数年、電子商取引(EC)と産業、サービスを組み合わせた発展方式を力強く進めている。農村ECを積極的に発展させ、ECの農村進出総合モデル業務やECによる貧困支援業務を実施。村ECサービスセンターを設立し、地鶏の卵やコメ、キウイフルーツなどの農業副産物の販売経路を開拓するなど農民の増収を後押ししている。(光山=新華社記者/郝源)=2020(令和2)年8月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月25日
    EC導入で村の貧困扶助を後押し河南省光山県

    25日、仕掛け網でザリガニを捕まえる東岳村の村民。中国河南省信陽市光山県文殊郷の東岳村はここ数年、電子商取引(EC)と産業、サービスを組み合わせた発展方式を力強く進めている。農村ECを積極的に発展させ、ECの農村進出総合モデル業務やECによる貧困支援業務を実施。村ECサービスセンターを設立し、地鶏の卵やコメ、キウイフルーツなどの農業副産物の販売経路を開拓するなど農民の増収を後押ししている。(光山=新華社記者/郝源)=2020(令和2)年8月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月25日
    EC導入で村の貧困扶助を後押し河南省光山県

    25日、東岳村のECモデルステーションで商品の発送準備をする従業員。中国河南省信陽市光山県文殊郷の東岳村はここ数年、電子商取引(EC)と産業、サービスを組み合わせた発展方式を力強く進めている。農村ECを積極的に発展させ、ECの農村進出総合モデル業務やECによる貧困支援業務を実施。村ECサービスセンターを設立し、地鶏の卵やコメ、キウイフルーツなどの農業副産物の販売経路を開拓するなど農民の増収を後押ししている。(光山=新華社記者/郝源)=2020(令和2)年8月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:49.45
    2020年08月21日
    「新華社」海を渡った日本のブドウが開く貧困脱却への道広東省南雄市

    中国広東省南雄市にある「黄金香印葡萄貧困支援産業パーク」で現在、ブドウが収穫期を迎えている。今年の生産量は600トン、生産高は6千万元(1元=約15円)を超える見込み。同パークは日本の品種のシャインマスカット「晴王(はれおう)」を導入し、地元の気候や土壌の条件に合わせて改良を加え、南雄市での栽培を成功させた。また日本の栽培技術を取り入れ、ブドウ畑のきめ細かな管理を行っている。同パークは市内の企業、優源現代農業科技が資金を投じて建設した。面積は1千ムー(約67ヘクタール)を超え、同市の重点産業貧困者扶助プロジェクトの一つとなっている。同パークはまた、土地使用権の譲渡に応じた農家に毎年1ムー(1ムー=約667平方メートル)当たり1100元の収入をもたらすだけでなく、地元農家350人の雇用の受け皿にもなっている。就業者の中には貧困世帯の26人含まれ、月3千元以上の収入を得ている。(記者/陸浩、李雄鷹)<映像内容>日本の栽培技術を取り入れたブドウ栽培の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月20日
    中国の若者に広がる「食べ残しダメ」活動貧困支援にも一役

    20日、「光盤(皿を空にする)」活動のミニプログラムの画面。中国の若者の間で人工知能(AI)を活用した「光盤(皿を空にする)」活動が広がっている。スマホのミニプログラムを開き、食べ物を残していない「空になった皿の写真」を撮影するとAIが自動で認識し、ポイントを付与するという仕組み。ポイントは環境保護や貧困扶助などの活動に使える。参加者は大学生を中心に100万人近くに上るという。(上海=新華社配信)=2020(令和2)年8月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月20日
    「無声の画家」の貧困脱却への道湖南省寧郷市

    20日、湖南省寧郷市内の工場の宿舎で、絵筆や絵の具を整理する肖明さん。中国湖南省寧郷市の横市鎮雲山村に暮らす聴覚障害者の肖明(しょう・めい)さん(40)は、幼い頃から絵を描くことが好きだったが、生活に余裕がなかったため、絵筆を持つことは長い間かなわなかった。転機が訪れたのは6年前。貧困支援の対象となり、工場で働きながら貧困扶助幹部の支えで養蜂も始めると、収入が徐々に安定するようになった。2年前に貧困からの脱却を果たし、貧困扶助幹部の励ましの下、再び絵筆を握る生活が始まった。現在は自宅の一室をアトリエに改造し、絵を描く日々を送っている。自分らしい絵が描けるようになるまで、ゆっくりと独学を続けながら、農村の様子や農民たちの物語を絵で残したいと考えている。10月には地元政府の支援の下、初の個展を開くことが決まっている。(寧郷=新華社記者/陳思汗)=2020(令和2)年8月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月20日
    中国の若者に広がる「食べ残しダメ」活動貧困支援にも一役

    20日、空になった皿を撮影する若者。中国の若者の間で人工知能(AI)を活用した「光盤(皿を空にする)」活動が広がっている。スマホのミニプログラムを開き、食べ物を残していない「空になった皿の写真」を撮影するとAIが自動で認識し、ポイントを付与するという仕組み。ポイントは環境保護や貧困扶助などの活動に使える。参加者は大学生を中心に100万人近くに上るという。(上海=新華社配信)=2020(令和2)年8月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月20日
    「無声の画家」の貧困脱却への道湖南省寧郷市

    20日、湖南省寧郷市内の工場の宿舎で、デッサンの練習をする肖明さん。中国湖南省寧郷市の横市鎮雲山村に暮らす聴覚障害者の肖明(しょう・めい)さん(40)は、幼い頃から絵を描くことが好きだったが、生活に余裕がなかったため、絵筆を持つことは長い間かなわなかった。転機が訪れたのは6年前。貧困支援の対象となり、工場で働きながら貧困扶助幹部の支えで養蜂も始めると、収入が徐々に安定するようになった。2年前に貧困からの脱却を果たし、貧困扶助幹部の励ましの下、再び絵筆を握る生活が始まった。現在は自宅の一室をアトリエに改造し、絵を描く日々を送っている。自分らしい絵が描けるようになるまで、ゆっくりと独学を続けながら、農村の様子や農民たちの物語を絵で残したいと考えている。10月には地元政府の支援の下、初の個展を開くことが決まっている。(寧郷=新華社記者/陳思汗)=2020(令和2)年8月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月20日
    「無声の画家」の貧困脱却への道湖南省寧郷市

    20日、湖南省寧郷市内の工場の宿舎で、デッサンの練習をする肖明さん。中国湖南省寧郷市の横市鎮雲山村に暮らす聴覚障害者の肖明(しょう・めい)さん(40)は、幼い頃から絵を描くことが好きだったが、生活に余裕がなかったため、絵筆を持つことは長い間かなわなかった。転機が訪れたのは6年前。貧困支援の対象となり、工場で働きながら貧困扶助幹部の支えで養蜂も始めると、収入が徐々に安定するようになった。2年前に貧困からの脱却を果たし、貧困扶助幹部の励ましの下、再び絵筆を握る生活が始まった。現在は自宅の一室をアトリエに改造し、絵を描く日々を送っている。自分らしい絵が描けるようになるまで、ゆっくりと独学を続けながら、農村の様子や農民たちの物語を絵で残したいと考えている。10月には地元政府の支援の下、初の個展を開くことが決まっている。(寧郷=新華社記者/陳思汗)=2020(令和2)年8月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月19日
    「無声の画家」の貧困脱却への道湖南省寧郷市

    19日、湖南省寧郷市の横市鎮雲山村で、ミツバチの状態を確認する肖明さん。中国湖南省寧郷市の横市鎮雲山村に暮らす聴覚障害者の肖明(しょう・めい)さん(40)は、幼い頃から絵を描くことが好きだったが、生活に余裕がなかったため、絵筆を持つことは長い間かなわなかった。転機が訪れたのは6年前。貧困支援の対象となり、工場で働きながら貧困扶助幹部の支えで養蜂も始めると、収入が徐々に安定するようになった。2年前に貧困からの脱却を果たし、貧困扶助幹部の励ましの下、再び絵筆を握る生活が始まった。現在は自宅の一室をアトリエに改造し、絵を描く日々を送っている。自分らしい絵が描けるようになるまで、ゆっくりと独学を続けながら、農村の様子や農民たちの物語を絵で残したいと考えている。10月には地元政府の支援の下、初の個展を開くことが決まっている。(寧郷=新華社記者/陳思汗)=2020(令和2)年8月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月19日
    「無声の画家」の貧困脱却への道湖南省寧郷市

    19日、湖南省寧郷市の横市鎮雲山村の自宅で、絵画の制作に取り組む肖明さん。中国湖南省寧郷市の横市鎮雲山村に暮らす聴覚障害者の肖明(しょう・めい)さん(40)は、幼い頃から絵を描くことが好きだったが、生活に余裕がなかったため、絵筆を持つことは長い間かなわなかった。転機が訪れたのは6年前。貧困支援の対象となり、工場で働きながら貧困扶助幹部の支えで養蜂も始めると、収入が徐々に安定するようになった。2年前に貧困からの脱却を果たし、貧困扶助幹部の励ましの下、再び絵筆を握る生活が始まった。現在は自宅の一室をアトリエに改造し、絵を描く日々を送っている。自分らしい絵が描けるようになるまで、ゆっくりと独学を続けながら、農村の様子や農民たちの物語を絵で残したいと考えている。10月には地元政府の支援の下、初の個展を開くことが決まっている。(寧郷=新華社記者/陳思汗)=2020(令和2)年8月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月19日
    ガチョウ飼育で農家の増収を後押し黒竜江省樺川県

    19日、黒竜江省樺川県蘇蘇村の飼育場で、ガチョウ用の飼料を準備する飼育員。中国黒竜江省ジャムス市樺川県悦来鎮の蘇蘇村は、ガチョウ飼育による貧困支援に力を入れている。高品質なガチョウ飼育場を建設して貧困世帯の雇用を創出すると同時に、ガチョウのひなや飼育技術を提供することで、貧困世帯の増収を後押ししている。(ジャムス=新華社配信/張濤)=2020(令和2)年8月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月19日
    「無声の画家」の貧困脱却への道湖南省寧郷市

    19日、湖南省寧郷市の横市鎮雲山村で、補聴器を装着する肖明さん。中国湖南省寧郷市の横市鎮雲山村に暮らす聴覚障害者の肖明(しょう・めい)さん(40)は、幼い頃から絵を描くことが好きだったが、生活に余裕がなかったため、絵筆を持つことは長い間かなわなかった。転機が訪れたのは6年前。貧困支援の対象となり、工場で働きながら貧困扶助幹部の支えで養蜂も始めると、収入が徐々に安定するようになった。2年前に貧困からの脱却を果たし、貧困扶助幹部の励ましの下、再び絵筆を握る生活が始まった。現在は自宅の一室をアトリエに改造し、絵を描く日々を送っている。自分らしい絵が描けるようになるまで、ゆっくりと独学を続けながら、農村の様子や農民たちの物語を絵で残したいと考えている。10月には地元政府の支援の下、初の個展を開くことが決まっている。(寧郷=新華社記者/陳思汗)=2020(令和2)年8月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月19日
    「無声の画家」の貧困脱却への道湖南省寧郷市

    19日、湖南省寧郷市の横市鎮雲山村の自宅で、絵画の制作に励む肖明さん。中国湖南省寧郷市の横市鎮雲山村に暮らす聴覚障害者の肖明(しょう・めい)さん(40)は、幼い頃から絵を描くことが好きだったが、生活に余裕がなかったため、絵筆を持つことは長い間かなわなかった。転機が訪れたのは6年前。貧困支援の対象となり、工場で働きながら貧困扶助幹部の支えで養蜂も始めると、収入が徐々に安定するようになった。2年前に貧困からの脱却を果たし、貧困扶助幹部の励ましの下、再び絵筆を握る生活が始まった。現在は自宅の一室をアトリエに改造し、絵を描く日々を送っている。自分らしい絵が描けるようになるまで、ゆっくりと独学を続けながら、農村の様子や農民たちの物語を絵で残したいと考えている。10月には地元政府の支援の下、初の個展を開くことが決まっている。(寧郷=新華社記者/陳思汗)=2020(令和2)年8月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月19日
    「無声の画家」の貧困脱却への道湖南省寧郷市

    19日、湖南省寧郷市の横市鎮雲山村で、肖明さんに養蜂の知識を教える貧困扶助幹部の鄧勃(とう・ぼつ)さん(左)。中国湖南省寧郷市の横市鎮雲山村に暮らす聴覚障害者の肖明(しょう・めい)さん(40)は、幼い頃から絵を描くことが好きだったが、生活に余裕がなかったため、絵筆を持つことは長い間かなわなかった。転機が訪れたのは6年前。貧困支援の対象となり、工場で働きながら貧困扶助幹部の支えで養蜂も始めると、収入が徐々に安定するようになった。2年前に貧困からの脱却を果たし、貧困扶助幹部の励ましの下、再び絵筆を握る生活が始まった。現在は自宅の一室をアトリエに改造し、絵を描く日々を送っている。自分らしい絵が描けるようになるまで、ゆっくりと独学を続けながら、農村の様子や農民たちの物語を絵で残したいと考えている。10月には地元政府の支援の下、初の個展を開くことが決まっている。(寧郷=新華社記者/陳思汗)=2020(令和2)年8月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月19日
    「無声の画家」の貧困脱却への道湖南省寧郷市

    19日、湖南省寧郷市の横市鎮雲山村で、絵画の本を広げる肖明さん。中国湖南省寧郷市の横市鎮雲山村に暮らす聴覚障害者の肖明(しょう・めい)さん(40)は、幼い頃から絵を描くことが好きだったが、生活に余裕がなかったため、絵筆を持つことは長い間かなわなかった。転機が訪れたのは6年前。貧困支援の対象となり、工場で働きながら貧困扶助幹部の支えで養蜂も始めると、収入が徐々に安定するようになった。2年前に貧困からの脱却を果たし、貧困扶助幹部の励ましの下、再び絵筆を握る生活が始まった。現在は自宅の一室をアトリエに改造し、絵を描く日々を送っている。自分らしい絵が描けるようになるまで、ゆっくりと独学を続けながら、農村の様子や農民たちの物語を絵で残したいと考えている。10月には地元政府の支援の下、初の個展を開くことが決まっている。(寧郷=新華社記者/陳思汗)=2020(令和2)年8月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月19日
    「無声の画家」の貧困脱却への道湖南省寧郷市

    19日、湖南省寧郷市の横市鎮の貧困扶助スーパーで、制作した絵画作品を委託販売する肖明さん。地元政府が同スーパーで、売り場を設置し、肖明さんの絵画作品の販売を支援する。中国湖南省寧郷市の横市鎮雲山村に暮らす聴覚障害者の肖明(しょう・めい)さん(40)は、幼い頃から絵を描くことが好きだったが、生活に余裕がなかったため、絵筆を持つことは長い間かなわなかった。転機が訪れたのは6年前。貧困支援の対象となり、工場で働きながら貧困扶助幹部の支えで養蜂も始めると、収入が徐々に安定するようになった。2年前に貧困からの脱却を果たし、貧困扶助幹部の励ましの下、再び絵筆を握る生活が始まった。現在は自宅の一室をアトリエに改造し、絵を描く日々を送っている。自分らしい絵が描けるようになるまで、ゆっくりと独学を続けながら、農村の様子や農民たちの物語を絵で残したいと考えている。10月には地元政府の支援の下、初の個展を開くことが決まっている。(寧郷=新華社記者/陳思汗)=2020(令和2)年8月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月19日
    「無声の画家」の貧困脱却への道湖南省寧郷市

    19日、湖南省寧郷市の横市鎮雲山村で、絵画作品を整理する肖明さん。中国湖南省寧郷市の横市鎮雲山村に暮らす聴覚障害者の肖明(しょう・めい)さん(40)は、幼い頃から絵を描くことが好きだったが、生活に余裕がなかったため、絵筆を持つことは長い間かなわなかった。転機が訪れたのは6年前。貧困支援の対象となり、工場で働きながら貧困扶助幹部の支えで養蜂も始めると、収入が徐々に安定するようになった。2年前に貧困からの脱却を果たし、貧困扶助幹部の励ましの下、再び絵筆を握る生活が始まった。現在は自宅の一室をアトリエに改造し、絵を描く日々を送っている。自分らしい絵が描けるようになるまで、ゆっくりと独学を続けながら、農村の様子や農民たちの物語を絵で残したいと考えている。10月には地元政府の支援の下、初の個展を開くことが決まっている。(寧郷=新華社記者/陳思汗)=2020(令和2)年8月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月19日
    ガチョウ飼育で農家の増収を後押し黒竜江省樺川県

    19日、黒竜江省樺川県蘇蘇村の飼育場で、ガチョウに餌をやる飼育員。中国黒竜江省ジャムス市樺川県悦来鎮の蘇蘇村は、ガチョウ飼育による貧困支援に力を入れている。高品質なガチョウ飼育場を建設して貧困世帯の雇用を創出すると同時に、ガチョウのひなや飼育技術を提供することで、貧困世帯の増収を後押ししている。(ジャムス=新華社配信/張涛)=2020(令和2)年8月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月19日
    「無声の画家」の貧困脱却への道湖南省寧郷市

    19日、湖南省寧郷市の横市鎮雲山村で、貧困扶助幹部らの写真を模写する肖明さん。中国湖南省寧郷市の横市鎮雲山村に暮らす聴覚障害者の肖明(しょう・めい)さん(40)は、幼い頃から絵を描くことが好きだったが、生活に余裕がなかったため、絵筆を持つことは長い間かなわなかった。転機が訪れたのは6年前。貧困支援の対象となり、工場で働きながら貧困扶助幹部の支えで養蜂も始めると、収入が徐々に安定するようになった。2年前に貧困からの脱却を果たし、貧困扶助幹部の励ましの下、再び絵筆を握る生活が始まった。現在は自宅の一室をアトリエに改造し、絵を描く日々を送っている。自分らしい絵が描けるようになるまで、ゆっくりと独学を続けながら、農村の様子や農民たちの物語を絵で残したいと考えている。10月には地元政府の支援の下、初の個展を開くことが決まっている。(寧郷=新華社記者/陳思汗)=2020(令和2)年8月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月18日
    ガチョウ飼育で農家の増収を後押し黒竜江省樺川県

    18日、黒竜江省樺川県蘇蘇村にある飼育場のガチョウ。中国黒竜江省ジャムス市樺川県悦来鎮の蘇蘇村は、ガチョウ飼育による貧困支援に力を入れている。高品質なガチョウ飼育場を建設して貧困世帯の雇用を創出すると同時に、ガチョウのひなや飼育技術を提供することで、貧困世帯の増収を後押ししている。(ジャムス=新華社配信/張濤)=2020(令和2)年8月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月18日
    ガチョウ飼育で農家の増収を後押し黒竜江省樺川県

    18日、黒竜江省樺川県蘇蘇村にある飼育場のガチョウ。中国黒竜江省ジャムス市樺川県悦来鎮の蘇蘇村は、ガチョウ飼育による貧困支援に力を入れている。高品質なガチョウ飼育場を建設して貧困世帯の雇用を創出すると同時に、ガチョウのひなや飼育技術を提供することで、貧困世帯の増収を後押ししている。(ジャムス=新華社配信/張濤)=2020(令和2)年8月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月18日
    ガチョウ飼育で農家の増収を後押し黒竜江省樺川県

    18日、黒竜江省樺川県蘇蘇村にある飼育場のガチョウ。(小型無人機から)中国黒竜江省ジャムス市樺川県悦来鎮の蘇蘇村は、ガチョウ飼育による貧困支援に力を入れている。高品質なガチョウ飼育場を建設して貧困世帯の雇用を創出すると同時に、ガチョウのひなや飼育技術を提供することで、貧困世帯の増収を後押ししている。(ジャムス=新華社配信/張濤)=2020(令和2)年8月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月18日
    ガチョウ飼育で農家の増収を後押し黒竜江省樺川県

    18日、黒竜江省樺川県蘇蘇村にある飼育場のガチョウ。(小型無人機から)中国黒竜江省ジャムス市樺川県悦来鎮の蘇蘇村は、ガチョウ飼育による貧困支援に力を入れている。高品質なガチョウ飼育場を建設して貧困世帯の雇用を創出すると同時に、ガチョウのひなや飼育技術を提供することで、貧困世帯の増収を後押ししている。(ジャムス=新華社配信/張濤)=2020(令和2)年8月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月15日
    海を渡った日本のブドウが開く貧困脱却への道広東省南雄市

    15日、1房約750グラムあるブドウを手にする労働者。中国広東省南雄市にある黄金香印葡萄貧困支援産業パークで現在、ブドウが収穫期を迎えている。今年の生産量は600トン、生産高は6千万元(1元=約15円)を超える見込み。同パークは日本の品種のシャインマスカット「晴王(はれおう)」を導入し、地元の気候や土壌の条件に合わせて改良を加え、南雄市での栽培を成功させた。また日本の栽培技術を取り入れ、ブドウ畑のきめ細かな管理を行っている。同パークは市内の企業、優源現代農業科技が資金を投じて建設した。面積は千ムー(約67ヘクタール)を超え、同市の重点産業貧困扶助プロジェクトの一つとなっている。(広州=新華社記者/陸浩)=2020(令和2)年8月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月15日
    海を渡った日本のブドウが開く貧困脱却への道広東省南雄市

    15日、ブドウを収穫する作業員。中国広東省南雄市にある黄金香印葡萄貧困支援産業パークで現在、ブドウが収穫期を迎えている。今年の生産量は600トン、生産高は6千万元(1元=約15円)を超える見込み。同パークは日本の品種のシャインマスカット「晴王(はれおう)」を導入し、地元の気候や土壌の条件に合わせて改良を加え、南雄市での栽培を成功させた。また日本の栽培技術を取り入れ、ブドウ畑のきめ細かな管理を行っている。同パークは市内の企業、優源現代農業科技が資金を投じて建設した。面積は千ムー(約67ヘクタール)を超え、同市の重点産業貧困扶助プロジェクトの一つとなっている。(広州=新華社記者/陸浩)=2020(令和2)年8月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月15日
    海を渡った日本のブドウが開く貧困脱却への道広東省南雄市

    15日、広東省南雄市の黄金香印葡萄貧困支援産業パーク。中国広東省南雄市にある黄金香印葡萄貧困支援産業パークで現在、ブドウが収穫期を迎えている。今年の生産量は600トン、生産高は6千万元(1元=約15円)を超える見込み。同パークは日本の品種のシャインマスカット「晴王(はれおう)」を導入し、地元の気候や土壌の条件に合わせて改良を加え、南雄市での栽培を成功させた。また日本の栽培技術を取り入れ、ブドウ畑のきめ細かな管理を行っている。同パークは市内の企業、優源現代農業科技が資金を投じて建設した。面積は千ムー(約67ヘクタール)を超え、同市の重点産業貧困扶助プロジェクトの一つとなっている。(広州=新華社記者/陸浩)=2020(令和2)年8月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月15日
    海を渡った日本のブドウが開く貧困脱却への道広東省南雄市

    15日、黄金香印葡萄貧困支援産業パークで収穫期を迎えたブドウ。中国広東省南雄市にある黄金香印葡萄貧困支援産業パークで現在、ブドウが収穫期を迎えている。今年の生産量は600トン、生産高は6千万元(1元=約15円)を超える見込み。同パークは日本の品種のシャインマスカット「晴王(はれおう)」を導入し、地元の気候や土壌の条件に合わせて改良を加え、南雄市での栽培を成功させた。また日本の栽培技術を取り入れ、ブドウ畑のきめ細かな管理を行っている。同パークは市内の企業、優源現代農業科技が資金を投じて建設した。面積は千ムー(約67ヘクタール)を超え、同市の重点産業貧困扶助プロジェクトの一つとなっている。(広州=新華社記者/陸浩)=2020(令和2)年8月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月15日
    海を渡った日本のブドウが開く貧困脱却への道広東省南雄市

    15日、広東省南雄市の黄金香印葡萄貧困支援産業パークのブドウ畑。ブドウ棚を「H型」に仕立てる栽培方法を採用し、全ての葉に十分な日当たりを確保している。中国広東省南雄市にある黄金香印葡萄貧困支援産業パークで現在、ブドウが収穫期を迎えている。今年の生産量は600トン、生産高は6千万元(1元=約15円)を超える見込み。同パークは日本の品種のシャインマスカット「晴王(はれおう)」を導入し、地元の気候や土壌の条件に合わせて改良を加え、南雄市での栽培を成功させた。また日本の栽培技術を取り入れ、ブドウ畑のきめ細かな管理を行っている。同パークは市内の企業、優源現代農業科技が資金を投じて建設した。面積は千ムー(約67ヘクタール)を超え、同市の重点産業貧困扶助プロジェクトの一つとなっている。(広州=新華社記者/陸浩)=2020(令和2)年8月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月15日
    海を渡った日本のブドウが開く貧困脱却への道広東省南雄市

    15日、収穫期を迎えた黄金香印葡萄貧困扶助産業パークのブドウ。中国広東省南雄市にある黄金香印葡萄貧困支援産業パークで現在、ブドウが収穫期を迎えている。今年の生産量は600トン、生産高は6千万元(1元=約15円)を超える見込み。同パークは日本の品種のシャインマスカット「晴王(はれおう)」を導入し、地元の気候や土壌の条件に合わせて改良を加え、南雄市での栽培を成功させた。また日本の栽培技術を取り入れ、ブドウ畑のきめ細かな管理を行っている。同パークは市内の企業、優源現代農業科技が資金を投じて建設した。面積は千ムー(約67ヘクタール)を超え、同市の重点産業貧困扶助プロジェクトの一つとなっている。(広州=新華社記者/陸浩)=2020(令和2)年8月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月15日
    海を渡った日本のブドウが開く貧困脱却への道広東省南雄市

    15日、ブドウを選別・梱包する作業員。中国広東省南雄市にある黄金香印葡萄貧困支援産業パークで現在、ブドウが収穫期を迎えている。今年の生産量は600トン、生産高は6千万元(1元=約15円)を超える見込み。同パークは日本の品種のシャインマスカット「晴王(はれおう)」を導入し、地元の気候や土壌の条件に合わせて改良を加え、南雄市での栽培を成功させた。また日本の栽培技術を取り入れ、ブドウ畑のきめ細かな管理を行っている。同パークは市内の企業、優源現代農業科技が資金を投じて建設した。面積は千ムー(約67ヘクタール)を超え、同市の重点産業貧困扶助プロジェクトの一つとなっている。(広州=新華社記者/陸浩)=2020(令和2)年8月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月15日
    海を渡った日本のブドウが開く貧困脱却への道広東省南雄市

    15日、ブドウを収穫する作業員。中国広東省南雄市にある黄金香印葡萄貧困支援産業パークで現在、ブドウが収穫期を迎えている。今年の生産量は600トン、生産高は6千万元(1元=約15円)を超える見込み。同パークは日本の品種のシャインマスカット「晴王(はれおう)」を導入し、地元の気候や土壌の条件に合わせて改良を加え、南雄市での栽培を成功させた。また日本の栽培技術を取り入れ、ブドウ畑のきめ細かな管理を行っている。同パークは市内の企業、優源現代農業科技が資金を投じて建設した。面積は千ムー(約67ヘクタール)を超え、同市の重点産業貧困扶助プロジェクトの一つとなっている。(広州=新華社記者/陸浩)=2020(令和2)年8月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5