KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 貧困脱却
  • 貧困世帯
  • 支援作業場
  • 貧困対策
  • 貧困支援
  • 中国貴州省
  • 協同組合
  • 政府所在地
  • 貧困救済
  • 地元政府

「貧困者」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
518
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
518
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:49.57
    2021年04月02日
    「新華社」三国文化名村、かつての「空洞村」が人気スポットに湖北省嘉魚県

    中国湖北省咸寧(かんねい)市嘉魚県陸渓鎮印山村は、三国時代の呉の名将、丁奉(てい・ほう)の帥印(最高司令官の印綬)が残されたことから「三国文化名村」と呼ばれている。かつては交通が不便で、住民は伝統的な農業で暮らしを支えるしかなかった。やがて都市化の加速とともに、住民の大多数が都市に活路を求めて村を離れるようになった。豊かになるにはまず道を通す必要がある。嘉魚県は手始めに陸渓鎮から印山村までの貧困者支援観光道路を建設。続いて陸渓鎮が地元出身者のUターン促進政策を打ち出した。5年の発展を経て、印山村二組は観光とリゾート、研究学習をテーマとした田園式生態農園を建設した。3月1日に康豊源風景区がオープンすると、約1カ月で延べ3万人の観光客が訪れた。ここ5年で、印山村の集団経済は7500元(1元=約17円)から35万元に発展。約千人がUターン就職・起業し、住民1人当たりの平均収入は1万7千元に達した。かつての「空洞村」は、周辺の都市に暮らす人々の間で人気スポットとなり、農村振興への道を着実に歩んでいる。(記者/梁建強) =配信日: 2021(令和3)年4月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021040204498

  • 2021年03月20日
    March to end the Madness during NCAA basketball tournament in Bloomington, USA - 20 Mar 2021

    March 20, 2021, Bloomington, Indiana, United States: Rev. Forrest Gilmore - Executive Director of Beacon Solutions for People in Poverty (R), speaks out about the treatment of unhoused community members. A coalition of Bloomington community members, activists, and Indiana University students march from Dunn Meadow to Simon Skjodt Assembly Hall during the âMarch to end the Madnessâ to protest against the City of Bloomingtonâs treatment of unhoused residents pitching tents on public property and the 10 million dollar severance payment Indiana University will have to pay fired menâs basketball coach Archie Miller. Several games for the NCAA basketball tournament were being played inside Assembly Hall, including the St. Bonaventure vs. LSU game that took place during the protest. (Credit Image: © Jeremy Hogan/SOPA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Jeremy Hogan/SOPA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021032314947

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:02.64
    2021年03月16日
    「新華社」タクラマカン砂漠で春の植樹活動が始動新疆ウイグル自治区

    再び春を迎えた中国新疆ウイグル自治区でこのほど、砂漠の周辺や後背地に防砂林を設ける春の植樹活動が始まった。カシュガル地区ヤルカンド県にある貧困者向けの移転居住地では、植樹作業に励む人たちの姿が見られた。同居住地はタクラマカン砂漠の後背地にある。同地の環境を改善し、砂漠化を効果的に防止するため、2016年から地元の幹部や住民らが協力して植樹活動を続けてきた。同県の移転居住地はわずか数年の間に、小さな「オアシス」に生まれ変わった。地元住民らは現在、ここで耕作や牧畜、商売などを行っている。(記者/丁磊) =配信日: 2021(令和3)年3月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021031613956

  • 2021年03月07日
    (5)貧困対策移転居住区の学校で新学期がスタート貴州省畢節市

    5日、錦綉学校で学生に切り紙を教える教師(中央)。中国貴州省で1日、省内669カ所の貧困者支援移転居住区の学校を含む全ての小中学校、幼稚園で新学期がスタートした。同省は第13次5カ年規画(十三五、2016~20年)期間中、貧困対策による移転者が中国で最も多い省として188万人の移転任務を実施。実際に移転した192万人のうち、157万8千人が登録貧困人口だった。貧困地域から移転してきた子どもたちが良い教育を受けられるよう、同省は計181億4600万元(1元=約17円)を投じ、学校669カ所を建設、改修、拡張し、省内全ての貧困者支援移転居住区で教育が受けられるようにした。(畢節=新華社配信/史開心)= 配信日: 2021(令和3)年3月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030804306

  • 2021年03月07日
    (3)貧困対策移転居住区の学校で新学期がスタート貴州省畢節市

    貴州省畢節市黔西県錦綉花都の貧困者支援移転居住区と錦綉学校(手前)。(2020年8月25日、小型無人機から)中国貴州省で1日、省内669カ所の貧困者支援移転居住区の学校を含む全ての小中学校、幼稚園で新学期がスタートした。同省は第13次5カ年規画(十三五、2016~20年)期間中、貧困対策による移転者が中国で最も多い省として188万人の移転任務を実施。実際に移転した192万人のうち、157万8千人が登録貧困人口だった。貧困地域から移転してきた子どもたちが良い教育を受けられるよう、同省は計181億4600万元(1元=約17円)を投じ、学校669カ所を建設、改修、拡張し、省内全ての貧困者支援移転居住区で教育が受けられるようにした。(畢節=新華社配信/史開心)= 配信日: 2021(令和3)年3月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030804518

  • 2021年03月07日
    (4)貧困対策移転居住区の学校で新学期がスタート貴州省畢節市

    5日、錦綉学校で授業をする教師。中国貴州省で1日、省内669カ所の貧困者支援移転居住区の学校を含む全ての小中学校、幼稚園で新学期がスタートした。同省は第13次5カ年規画(十三五、2016~20年)期間中、貧困対策による移転者が中国で最も多い省として188万人の移転任務を実施。実際に移転した192万人のうち、157万8千人が登録貧困人口だった。貧困地域から移転してきた子どもたちが良い教育を受けられるよう、同省は計181億4600万元(1元=約17円)を投じ、学校669カ所を建設、改修、拡張し、省内全ての貧困者支援移転居住区で教育が受けられるようにした。(畢節=新華社配信/史開心)= 配信日: 2021(令和3)年3月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030804619

  • 2021年03月07日
    (2)貧困対策移転居住区の学校で新学期がスタート貴州省畢節市

    5日、錦綉学校の美術の授業で絵を描く生徒。中国貴州省で1日、省内669カ所の貧困者支援移転居住区の学校を含む全ての小中学校、幼稚園で新学期がスタートした。同省は第13次5カ年規画(十三五、2016~20年)期間中、貧困対策による移転者が中国で最も多い省として188万人の移転任務を実施。実際に移転した192万人のうち、157万8千人が登録貧困人口だった。貧困地域から移転してきた子どもたちが良い教育を受けられるよう、同省は計181億4600万元(1元=約17円)を投じ、学校669カ所を建設、改修、拡張し、省内全ての貧困者支援移転居住区で教育が受けられるようにした。(畢節=新華社配信/史開心)= 配信日: 2021(令和3)年3月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030804526

  • 2021年03月07日
    (1)貧困対策移転居住区の学校で新学期がスタート貴州省畢節市

    5日、貴州省畢節(ひっせつ)市黔西(けんせい)県の錦綉花都貧困者支援移転居住区にある錦綉学校で、グラウンドを走る生徒。中国貴州省で1日、省内669カ所の貧困者支援移転居住区の学校を含む全ての小中学校、幼稚園で新学期がスタートした。同省は第13次5カ年規画(十三五、2016~20年)期間中、貧困対策による移転者が中国で最も多い省として188万人の移転任務を実施。実際に移転した192万人のうち、157万8千人が登録貧困人口だった。貧困地域から移転してきた子どもたちが良い教育を受けられるよう、同省は計181億4600万元(1元=約17円)を投じ、学校669カ所を建設、改修、拡張し、省内全ての貧困者支援移転居住区で教育が受けられるようにした。(畢節=新華社配信/史開心)= 配信日: 2021(令和3)年3月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030804807

  • 2021年03月07日
    (7)貧困対策移転居住区の学校で新学期がスタート貴州省畢節市

    5日、錦綉学校の体育の授業で縄跳びをする生徒。中国貴州省で1日、省内669カ所の貧困者支援移転居住区の学校を含む全ての小中学校、幼稚園で新学期がスタートした。同省は第13次5カ年規画(十三五、2016~20年)期間中、貧困対策による移転者が中国で最も多い省として188万人の移転任務を実施。実際に移転した192万人のうち、157万8千人が登録貧困人口だった。貧困地域から移転してきた子どもたちが良い教育を受けられるよう、同省は計181億4600万元(1元=約17円)を投じ、学校669カ所を建設、改修、拡張し、省内全ての貧困者支援移転居住区で教育が受けられるようにした。(畢節=新華社配信/史開心)= 配信日: 2021(令和3)年3月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030804308

  • 2021年03月03日
    (6)貧困者支援ECプラットフォーム構築、農産物販売・観光を促進寧夏同心県

    2月24日、地元特産の農作物をライブ配信でPRする「大美同心」ECプラットフォームのキャスター。中国寧夏回族自治区呉忠市同心県はここ数年、小売り活動を通じた貧困者支援電子商取引(EC)プラットフォームの発展を積極的に推進し、「大美同心」ECプラットフォームを構築した。県内の質の高い農産物や文化クリエーティブ製品、景勝地の宿泊施設資源などを集め、農産物・観光商品の販路を拡大し、農家の増産と増収を後押ししている。現在、同プラットフォームは30近い地元大手企業や合作社(協同組合)の参加を得て、同県特産の農産物・観光商品200種類以上を出品している。累積注文件数は20万件に達し、地元の貧困世帯4千人余りを貧困脱却と増収へ導いた。(銀川=新華社記者/王鵬)= 配信日: 2021(令和3)年3月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030303373

  • 2021年03月03日
    (2)貧困者支援ECプラットフォーム構築、農産物販売・観光を促進寧夏同心県

    2月24日、元宵節(旧暦1月15日、今年は2月26日)期間中に販売する特産農作物の宣伝活動プランについて会議で話し合う「大美同心」ECプラットフォームのスタッフ。中国寧夏回族自治区呉忠市同心県はここ数年、小売り活動を通じた貧困者支援電子商取引(EC)プラットフォームの発展を積極的に推進し、「大美同心」ECプラットフォームを構築した。県内の質の高い農産物や文化クリエーティブ製品、景勝地の宿泊施設資源などを集め、農産物・観光商品の販路を拡大し、農家の増産と増収を後押ししている。現在、同プラットフォームは30近い地元大手企業や合作社(協同組合)の参加を得て、同県特産の農産物・観光商品200種類以上を出品している。累積注文件数は20万件に達し、地元の貧困世帯4千人余りを貧困脱却と増収へ導いた。(銀川=新華社記者/王鵬)= 配信日: 2021(令和3)年3月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030303383

  • 2021年03月03日
    (3)貧困者支援ECプラットフォーム構築、農産物販売・観光を促進寧夏同心県

    2月24日、展示されている地元特産の農作物を整える「大美同心」ECプラットフォームのスタッフ。中国寧夏回族自治区呉忠市同心県はここ数年、小売り活動を通じた貧困者支援電子商取引(EC)プラットフォームの発展を積極的に推進し、「大美同心」ECプラットフォームを構築した。県内の質の高い農産物や文化クリエーティブ製品、景勝地の宿泊施設資源などを集め、農産物・観光商品の販路を拡大し、農家の増産と増収を後押ししている。現在、同プラットフォームは30近い地元大手企業や合作社(協同組合)の参加を得て、同県特産の農産物・観光商品200種類以上を出品している。累積注文件数は20万件に達し、地元の貧困世帯4千人余りを貧困脱却と増収へ導いた。(銀川=新華社記者/唐如峰)= 配信日: 2021(令和3)年3月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030303374

  • 2021年03月03日
    (5)貧困者支援ECプラットフォーム構築、農産物販売・観光を促進寧夏同心県

    2月24日、地元特産の農作物をオンラインで宣伝、販売する「大美同心」ECプラットフォームのスタッフ。中国寧夏回族自治区呉忠市同心県はここ数年、小売り活動を通じた貧困者支援電子商取引(EC)プラットフォームの発展を積極的に推進し、「大美同心」ECプラットフォームを構築した。県内の質の高い農産物や文化クリエーティブ製品、景勝地の宿泊施設資源などを集め、農産物・観光商品の販路を拡大し、農家の増産と増収を後押ししている。現在、同プラットフォームは30近い地元大手企業や合作社(協同組合)の参加を得て、同県特産の農産物・観光商品200種類以上を出品している。累積注文件数は20万件に達し、地元の貧困世帯4千人余りを貧困脱却と増収へ導いた。(銀川=新華社記者/王鵬)= 配信日: 2021(令和3)年3月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030303377

  • 2021年03月03日
    (1)貧困者支援ECプラットフォーム構築、農産物販売・観光を促進寧夏同心県

    2月24日、地元特産の農作物をライブ配信でPRする「大美同心」ECプラットフォームのキャスター。中国寧夏回族自治区呉忠市同心県はここ数年、小売り活動を通じた貧困者支援電子商取引(EC)プラットフォームの発展を積極的に推進し、「大美同心」ECプラットフォームを構築した。県内の質の高い農産物や文化クリエーティブ製品、景勝地の宿泊施設資源などを集め、農産物・観光商品の販路を拡大し、農家の増産と増収を後押ししている。現在、同プラットフォームは30近い地元大手企業や合作社(協同組合)の参加を得て、同県特産の農産物・観光商品200種類以上を出品している。累積注文件数は20万件に達し、地元の貧困世帯4千人余りを貧困脱却と増収へ導いた。(銀川=新華社記者/王鵬)= 配信日: 2021(令和3)年3月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030303376

  • 2021年03月03日
    (4)貧困者支援ECプラットフォーム構築、農産物販売・観光を促進寧夏同心県

    2月24日、展示されている地元特産製品の在庫を確認する「大美同心」ECプラットフォームのスタッフ。中国寧夏回族自治区呉忠市同心県はここ数年、小売り活動を通じた貧困者支援電子商取引(EC)プラットフォームの発展を積極的に推進し、「大美同心」ECプラットフォームを構築した。県内の質の高い農産物や文化クリエーティブ製品、景勝地の宿泊施設資源などを集め、農産物・観光商品の販路を拡大し、農家の増産と増収を後押ししている。現在、同プラットフォームは30近い地元大手企業や合作社(協同組合)の参加を得て、同県特産の農産物・観光商品200種類以上を出品している。累積注文件数は20万件に達し、地元の貧困世帯4千人余りを貧困脱却と増収へ導いた。(銀川=新華社記者/唐如峰)= 配信日: 2021(令和3)年3月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030303381

  • 2021年02月27日
    (2)無形文化遺産「保安腰刀」が貧困脱却を後押し甘粛省

    24日、積石山パオアン族トンシャン族サラール族自治県大河家鎮にある無形文化遺産貧困者支援工房で、保安腰刀の製法を学ぶ男性。中国の少数民族、保安(パオアン)族は、主に甘粛省臨夏回族自治州積石山パオアン族トンシャン族サラール族自治県に居住し、保安腰刀と呼ばれる上質のナイフを製作することで知られる。長い生産生活の中で生み出された手工芸品で、その鍛造技術は2006年に中国の第1次国家級無形文化遺産リストに登録された。製造工程は複雑で、最大80余りの工程を経る必要がある。刀の製造は既にパオアン族の主要収入源ではなくなったが、保安腰刀産業は今でも地域の経済・社会の発展に重要な役割を果たしている。加工・製造はこれまで家庭工房方式が一般的だったが、現在のパオアン族の人々は、同方式を基に規模を拡大し、先進的な技術を導入。家庭工房を専門作業場へと進化させた。地元はここ数年、独自の保安腰刀鍛造技術を柱に貧困層労働者の技術習得を後押しし、安定的な貧困脱却を実現させてきた。特色ある無形文化遺産に立脚した経済の構築に努めるとともに、保安腰刀の恩恵が多くの世帯に及ぶよう技術の伝承を図っている。(臨夏=新華社記者/張百慧)= 配信日: 2021(令和3)年2月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030100367

  • 2021年02月27日
    (4)無形文化遺産「保安腰刀」が貧困脱却を後押し甘粛省

    24日、積石山パオアン族トンシャン族サラール族自治県大河家鎮にある無形文化遺産貧困者支援工房で、刀を製造する国家級無形文化遺産代表項目「保安腰刀鍛造技術」の伝承者の馬尕主麻(ばがしゅま)さん。中国の少数民族、保安(パオアン)族は、主に甘粛省臨夏回族自治州積石山パオアン族トンシャン族サラール族自治県に居住し、保安腰刀と呼ばれる上質のナイフを製作することで知られる。長い生産生活の中で生み出された手工芸品で、その鍛造技術は2006年に中国の第1次国家級無形文化遺産リストに登録された。製造工程は複雑で、最大80余りの工程を経る必要がある。刀の製造は既にパオアン族の主要収入源ではなくなったが、保安腰刀産業は今でも地域の経済・社会の発展に重要な役割を果たしている。加工・製造はこれまで家庭工房方式が一般的だったが、現在のパオアン族の人々は、同方式を基に規模を拡大し、先進的な技術を導入。家庭工房を専門作業場へと進化させた。地元はここ数年、独自の保安腰刀鍛造技術を柱に貧困層労働者の技術習得を後押しし、安定的な貧困脱却を実現させてきた。特色ある無形文化遺産に立脚した経済の構築に努めるとともに、保安腰刀の恩恵が多くの世帯に及ぶよう技術の伝承を図っている。(臨夏=新華社記者/馬莎)= 配信日: 2021(令和3)年2月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030100388

  • 2021年02月27日
    (3)無形文化遺産「保安腰刀」が貧困脱却を後押し甘粛省

    24日、積石山パオアン族トンシャン族サラール族自治県大河家鎮にある無形文化遺産貧困者支援工房で、妻と共に保安腰刀を製作する国家級無形文化遺産代表項目「保安腰刀鍛造技術」の伝承者の馬尕主麻(ばがしゅま)さん(左)。中国の少数民族、保安(パオアン)族は、主に甘粛省臨夏回族自治州積石山パオアン族トンシャン族サラール族自治県に居住し、保安腰刀と呼ばれる上質のナイフを製作することで知られる。長い生産生活の中で生み出された手工芸品で、その鍛造技術は2006年に中国の第1次国家級無形文化遺産リストに登録された。製造工程は複雑で、最大80余りの工程を経る必要がある。刀の製造は既にパオアン族の主要収入源ではなくなったが、保安腰刀産業は今でも地域の経済・社会の発展に重要な役割を果たしている。加工・製造はこれまで家庭工房方式が一般的だったが、現在のパオアン族の人々は、同方式を基に規模を拡大し、先進的な技術を導入。家庭工房を専門作業場へと進化させた。地元はここ数年、独自の保安腰刀鍛造技術を柱に貧困層労働者の技術習得を後押しし、安定的な貧困脱却を実現させてきた。特色ある無形文化遺産に立脚した経済の構築に努めるとともに、保安腰刀の恩恵が多くの世帯に及ぶよう技術の伝承を図っている。(臨夏=新華社記者/馬莎)= 配信日: 2021(令和3)年2月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030100370

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月09日
    (1)貧困者支援作業場、転居者の「職住近接」を実現甘粛省東郷族自治県

    6日、貧困者支援作業場で働く転居者。中国甘粛省臨夏回族自治州東郷族自治県は、移住・転居による貧困救済政策により県城(県政府所在地)の南に居住区を設け、県内22の郷・鎮の貧困世帯を転居させている。ここ数年で県内の1万人近い貧困世帯が元の住まいを離れ、新居に移転している。移転先の居住区周辺はインフラが完備され、交通の便も良好。居住区のすぐそばにはグラファイト電極・炭素製品の大手、方大炭素新材料科技の貧困者支援作業場があり、転入者らは自宅近くで就職する「職住近接」の夢を実現している。作業場では主にニット製品の加工を行っており、ミシン120台を配置し、300人分の雇用創出が可能となっている。同社は2019年以降、総額5億5千万元(1元=約16円)を投資して、東郷族自治県で産業による貧困支援事業27件を実施するとともに、生産施設31カ所を貧困者支援作業場として再稼働させた。これにより9700人以上が安定的な職を得ている。(臨夏=新華社記者/馬莎)= 配信日: 2021(令和3)年2月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021020902313

  • 2021年02月09日
    (4)県城への移転で貧困脱却を実現する女性甘粛省東郷族自治県

    7日、新居で息子と遊ぶ馬さん。中国甘粛省臨夏回族自治州東郷族自治県に住む馬比代(ば・ひだい)さんは、ごく普通の40代農村の女性。馬さんは2019年9月、移住・転居による貧困救済政策により、同自治県柳樹郷紅荘村から県城(県政府所在地)に建てられた移転者の小区(居住区)に一家8人で転居、遼寧方大集団実業の貧困者支援作業場で働き、毎月約3千元(1元=約16円)の収入を得るようになった。東郷族自治県ではここ数年、県内22の郷・鎮から貧困層約1万人が元の住まいを離れ、新居へ転居している。馬さんは、居住区周辺のインフラ施設は整備され交通も便利だと紹介し、「近くには幼稚園や小学校、診療所があり、子どもの通学や高齢者が病気を診てもらうのにとても便利だ」と語った。(臨夏=新華社記者/馬莎)= 配信日: 2021(令和3)年2月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021020902927

  • 2021年02月09日
    (3)県城への移転で貧困脱却を実現する女性甘粛省東郷族自治県

    7日、貧困者支援作業場で働く馬さん。中国甘粛省臨夏回族自治州東郷族自治県に住む馬比代(ば・ひだい)さんは、ごく普通の40代農村の女性。馬さんは2019年9月、移住・転居による貧困救済政策により、同自治県柳樹郷紅荘村から県城(県政府所在地)に建てられた移転者の小区(居住区)に一家8人で転居、遼寧方大集団実業の貧困者支援作業場で働き、毎月約3千元(1元=約16円)の収入を得るようになった。東郷族自治県ではここ数年、県内22の郷・鎮から貧困層約1万人が元の住まいを離れ、新居へ転居している。馬さんは、居住区周辺のインフラ施設は整備され交通も便利だと紹介し、「近くには幼稚園や小学校、診療所があり、子どもの通学や高齢者が病気を診てもらうのにとても便利だ」と語った。(臨夏=新華社記者/馬莎)= 配信日: 2021(令和3)年2月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021020902907

  • 2021年02月09日
    (5)県城への移転で貧困脱却を実現する女性甘粛省東郷族自治県

    7日、新居のオンドルの上で掛け布団を畳む馬さん。中国甘粛省臨夏回族自治州東郷族自治県に住む馬比代(ば・ひだい)さんは、ごく普通の40代農村の女性。馬さんは2019年9月、移住・転居による貧困救済政策により、同自治県柳樹郷紅荘村から県城(県政府所在地)に建てられた移転者の小区(居住区)に一家8人で転居、遼寧方大集団実業の貧困者支援作業場で働き、毎月約3千元(1元=約16円)の収入を得るようになった。東郷族自治県ではここ数年、県内22の郷・鎮から貧困層約1万人が元の住まいを離れ、新居へ転居している。馬さんは、居住区周辺のインフラ施設は整備され交通も便利だと紹介し、「近くには幼稚園や小学校、診療所があり、子どもの通学や高齢者が病気を診てもらうのにとても便利だ」と語った。(臨夏=新華社記者/馬莎)= 配信日: 2021(令和3)年2月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021020902910

  • 2021年02月09日
    (12)県城への移転で貧困脱却を実現する女性甘粛省東郷族自治県

    7日、新居を掃除する馬さん。中国甘粛省臨夏回族自治州東郷族自治県に住む馬比代(ば・ひだい)さんは、ごく普通の40代農村の女性。馬さんは2019年9月、移住・転居による貧困救済政策により、同自治県柳樹郷紅荘村から県城(県政府所在地)に建てられた移転者の小区(居住区)に一家8人で転居、遼寧方大集団実業の貧困者支援作業場で働き、毎月約3千元(1元=約16円)の収入を得るようになった。東郷族自治県ではここ数年、県内22の郷・鎮から貧困層約1万人が元の住まいを離れ、新居へ転居している。馬さんは、居住区周辺のインフラ施設は整備され交通も便利だと紹介し、「近くには幼稚園や小学校、診療所があり、子どもの通学や高齢者が病気を診てもらうのにとても便利だ」と語った。(臨夏=新華社記者/馬莎)= 配信日: 2021(令和3)年2月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021020902635

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月09日
    (2)貧困者支援作業場、転居者の「職住近接」を実現甘粛省東郷族自治県

    6日、自宅の台所で家事をする転居者。中国甘粛省臨夏回族自治州東郷族自治県は、移住・転居による貧困救済政策により県城(県政府所在地)の南に居住区を設け、県内22の郷・鎮の貧困世帯を転居させている。ここ数年で県内の1万人近い貧困世帯が元の住まいを離れ、新居に移転している。移転先の居住区周辺はインフラが完備され、交通の便も良好。居住区のすぐそばにはグラファイト電極・炭素製品の大手、方大炭素新材料科技の貧困者支援作業場があり、転入者らは自宅近くで就職する「職住近接」の夢を実現している。作業場では主にニット製品の加工を行っており、ミシン120台を配置し、300人分の雇用創出が可能となっている。同社は2019年以降、総額5億5千万元(1元=約16円)を投資して、東郷族自治県で産業による貧困支援事業27件を実施するとともに、生産施設31カ所を貧困者支援作業場として再稼働させた。これにより9700人以上が安定的な職を得ている。(臨夏=新華社記者/馬莎)= 配信日: 2021(令和3)年2月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021020902314

  • 2021年02月09日
    (11)県城への移転で貧困脱却を実現する女性甘粛省東郷族自治県

    7日、新居の台所で忙しく働く馬さん。中国甘粛省臨夏回族自治州東郷族自治県に住む馬比代(ば・ひだい)さんは、ごく普通の40代農村の女性。馬さんは2019年9月、移住・転居による貧困救済政策により、同自治県柳樹郷紅荘村から県城(県政府所在地)に建てられた移転者の小区(居住区)に一家8人で転居、遼寧方大集団実業の貧困者支援作業場で働き、毎月約3千元(1元=約16円)の収入を得るようになった。東郷族自治県ではここ数年、県内22の郷・鎮から貧困層約1万人が元の住まいを離れ、新居へ転居している。馬さんは、居住区周辺のインフラ施設は整備され交通も便利だと紹介し、「近くには幼稚園や小学校、診療所があり、子どもの通学や高齢者が病気を診てもらうのにとても便利だ」と語った。(臨夏=新華社記者/馬莎)= 配信日: 2021(令和3)年2月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021020902987

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月09日
    (4)貧困者支援作業場、転居者の「職住近接」を実現甘粛省東郷族自治県

    6日、貧困者支援作業場で働く従業員。中国甘粛省臨夏回族自治州東郷族自治県は、移住・転居による貧困救済政策により県城(県政府所在地)の南に居住区を設け、県内22の郷・鎮の貧困世帯を転居させている。ここ数年で県内の1万人近い貧困世帯が元の住まいを離れ、新居に移転している。移転先の居住区周辺はインフラが完備され、交通の便も良好。居住区のすぐそばにはグラファイト電極・炭素製品の大手、方大炭素新材料科技の貧困者支援作業場があり、転入者らは自宅近くで就職する「職住近接」の夢を実現している。作業場では主にニット製品の加工を行っており、ミシン120台を配置し、300人分の雇用創出が可能となっている。同社は2019年以降、総額5億5千万元(1元=約16円)を投資して、東郷族自治県で産業による貧困支援事業27件を実施するとともに、生産施設31カ所を貧困者支援作業場として再稼働させた。これにより9700人以上が安定的な職を得ている。(臨夏=新華社記者/馬莎)= 配信日: 2021(令和3)年2月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021020902318

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月09日
    (3)貧困者支援作業場、転居者の「職住近接」を実現甘粛省東郷族自治県

    6日、甘粛省臨夏回族自治州東郷族自治県の県城に設けられた貧困者の移転先居住区。中国甘粛省臨夏回族自治州東郷族自治県は、移住・転居による貧困救済政策により県城(県政府所在地)の南に居住区を設け、県内22の郷・鎮の貧困世帯を転居させている。ここ数年で県内の1万人近い貧困世帯が元の住まいを離れ、新居に移転している。移転先の居住区周辺はインフラが完備され、交通の便も良好。居住区のすぐそばにはグラファイト電極・炭素製品の大手、方大炭素新材料科技の貧困者支援作業場があり、転入者らは自宅近くで就職する「職住近接」の夢を実現している。作業場では主にニット製品の加工を行っており、ミシン120台を配置し、300人分の雇用創出が可能となっている。同社は2019年以降、総額5億5千万元(1元=約16円)を投資して、東郷族自治県で産業による貧困支援事業27件を実施するとともに、生産施設31カ所を貧困者支援作業場として再稼働させた。これにより9700人以上が安定的な職を得ている。(臨夏=新華社記者/馬莎)= 配信日: 2021(令和3)年2月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021020902319

  • 2021年02月09日
    (2)県城への移転で貧困脱却を実現する女性甘粛省東郷族自治県

    7日、貧困者支援作業場で働く馬さん。中国甘粛省臨夏回族自治州東郷族自治県に住む馬比代(ば・ひだい)さんは、ごく普通の40代農村の女性。馬さんは2019年9月、移住・転居による貧困救済政策により、同自治県柳樹郷紅荘村から県城(県政府所在地)に建てられた移転者の小区(居住区)に一家8人で転居、遼寧方大集団実業の貧困者支援作業場で働き、毎月約3千元(1元=約16円)の収入を得るようになった。東郷族自治県ではここ数年、県内22の郷・鎮から貧困層約1万人が元の住まいを離れ、新居へ転居している。馬さんは、居住区周辺のインフラ施設は整備され交通も便利だと紹介し、「近くには幼稚園や小学校、診療所があり、子どもの通学や高齢者が病気を診てもらうのにとても便利だ」と語った。(臨夏=新華社記者/馬莎)= 配信日: 2021(令和3)年2月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021020902607

  • 2021年02月09日
    (7)県城への移転で貧困脱却を実現する女性甘粛省東郷族自治県

    7日、新居で宿題をする娘を見守る馬さん。中国甘粛省臨夏回族自治州東郷族自治県に住む馬比代(ば・ひだい)さんは、ごく普通の40代農村の女性。馬さんは2019年9月、移住・転居による貧困救済政策により、同自治県柳樹郷紅荘村から県城(県政府所在地)に建てられた移転者の小区(居住区)に一家8人で転居、遼寧方大集団実業の貧困者支援作業場で働き、毎月約3千元(1元=約16円)の収入を得るようになった。東郷族自治県ではここ数年、県内22の郷・鎮から貧困層約1万人が元の住まいを離れ、新居へ転居している。馬さんは、居住区周辺のインフラ施設は整備され交通も便利だと紹介し、「近くには幼稚園や小学校、診療所があり、子どもの通学や高齢者が病気を診てもらうのにとても便利だ」と語った。(臨夏=新華社記者/馬莎)= 配信日: 2021(令和3)年2月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021020902939

  • 2021年02月09日
    (9)県城への移転で貧困脱却を実現する女性甘粛省東郷族自治県

    7日、貧困者支援作業場で働く作業員。中国甘粛省臨夏回族自治州東郷族自治県に住む馬比代(ば・ひだい)さんは、ごく普通の40代農村の女性。馬さんは2019年9月、移住・転居による貧困救済政策により、同自治県柳樹郷紅荘村から県城(県政府所在地)に建てられた移転者の小区(居住区)に一家8人で転居、遼寧方大集団実業の貧困者支援作業場で働き、毎月約3千元(1元=約16円)の収入を得るようになった。東郷族自治県ではここ数年、県内22の郷・鎮から貧困層約1万人が元の住まいを離れ、新居へ転居している。馬さんは、居住区周辺のインフラ施設は整備され交通も便利だと紹介し、「近くには幼稚園や小学校、診療所があり、子どもの通学や高齢者が病気を診てもらうのにとても便利だ」と語った。(臨夏=新華社記者/馬莎)= 配信日: 2021(令和3)年2月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021020903086

  • 2021年02月09日
    (8)県城への移転で貧困脱却を実現する女性甘粛省東郷族自治県

    7日、貧困者支援作業場で働く馬さん。中国甘粛省臨夏回族自治州東郷族自治県に住む馬比代(ば・ひだい)さんは、ごく普通の40代農村の女性。馬さんは2019年9月、移住・転居による貧困救済政策により、同自治県柳樹郷紅荘村から県城(県政府所在地)に建てられた移転者の小区(居住区)に一家8人で転居、遼寧方大集団実業の貧困者支援作業場で働き、毎月約3千元(1元=約16円)の収入を得るようになった。東郷族自治県ではここ数年、県内22の郷・鎮から貧困層約1万人が元の住まいを離れ、新居へ転居している。馬さんは、居住区周辺のインフラ施設は整備され交通も便利だと紹介し、「近くには幼稚園や小学校、診療所があり、子どもの通学や高齢者が病気を診てもらうのにとても便利だ」と語った。(臨夏=新華社記者/馬莎)= 配信日: 2021(令和3)年2月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021020902862

  • 2021年02月09日
    (1)県城への移転で貧困脱却を実現する女性甘粛省東郷族自治県

    7日、馬さんの新居がある、貧困救済政策により建てられた移転者用住宅。中国甘粛省臨夏回族自治州東郷族自治県に住む馬比代(ば・ひだい)さんは、ごく普通の40代農村の女性。馬さんは2019年9月、移住・転居による貧困救済政策により、同自治県柳樹郷紅荘村から県城(県政府所在地)に建てられた移転者の小区(居住区)に一家8人で転居、遼寧方大集団実業の貧困者支援作業場で働き、毎月約3千元(1元=約16円)の収入を得るようになった。東郷族自治県ではここ数年、県内22の郷・鎮から貧困層約1万人が元の住まいを離れ、新居へ転居している。馬さんは、居住区周辺のインフラ施設は整備され交通も便利だと紹介し、「近くには幼稚園や小学校、診療所があり、子どもの通学や高齢者が病気を診てもらうのにとても便利だ」と語った。(臨夏=新華社記者/馬莎)= 配信日: 2021(令和3)年2月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021020902903

  • 2021年02月07日
    県城への移転で貧困脱却を実現する女性甘粛省東郷族自治県

    7日、貧困者支援作業場で働く作業員。中国甘粛省臨夏回族自治州東郷族自治県に住む馬比代(ば・ひだい)さんは、ごく普通の40代農村の女性。馬さんは2019年9月、移住・転居による貧困救済政策により、同自治県柳樹郷紅荘村から県城(県政府所在地)に建てられた移転者の小区(居住区)に一家8人で転居、遼寧方大集団実業の貧困者支援作業場で働き、毎月約3千元(1元=約16円)の収入を得るようになった。東郷族自治県ではここ数年、県内22の郷・鎮から貧困層約1万人が元の住まいを離れ、新居へ転居している。馬さんは、居住区周辺のインフラ施設は整備され交通も便利だと紹介し、「近くには幼稚園や小学校、診療所があり、子どもの通学や高齢者が病気を診てもらうのにとても便利だ」と語った。(臨夏=新華社記者/馬莎)=配信日:2021(令和3)年2月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021004673

  • 2021年02月07日
    県城への移転で貧困脱却を実現する女性甘粛省東郷族自治県

    7日、貧困者支援作業場で働く馬さん。中国甘粛省臨夏回族自治州東郷族自治県に住む馬比代(ば・ひだい)さんは、ごく普通の40代農村の女性。馬さんは2019年9月、移住・転居による貧困救済政策により、同自治県柳樹郷紅荘村から県城(県政府所在地)に建てられた移転者の小区(居住区)に一家8人で転居、遼寧方大集団実業の貧困者支援作業場で働き、毎月約3千元(1元=約16円)の収入を得るようになった。東郷族自治県ではここ数年、県内22の郷・鎮から貧困層約1万人が元の住まいを離れ、新居へ転居している。馬さんは、居住区周辺のインフラ施設は整備され交通も便利だと紹介し、「近くには幼稚園や小学校、診療所があり、子どもの通学や高齢者が病気を診てもらうのにとても便利だ」と語った。(臨夏=新華社記者/馬莎)=配信日:2021(令和3)年2月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021004675

  • 2021年02月05日
    (5)ミャオ族集落が歩んだ貧困脱却の道貴州省畢節市

    3日、化屋村にある貧困者支援作業場で衣料品を加工するミャオ族の女性。中国貴州省畢節市黔西県新仁ミャオ族郷の化屋村は以前、「崖の下の村」を意味する「化屋基」と呼ばれていた。同村はここ数年、的確な貧困脱却支援の推進によって飛躍的に発展。2017年には貧困からの脱却を果たし、かつて貧困率が66・3%に達していた少数民族の村は、見違えるほど変貌した。化屋村の変化の歴史は、中国の少数民族地域が歩んだ貧困脱却の道の生きた縮図と言える。(黔西=新華社記者/欧東衢)= 配信日: 2021(令和3)年2月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021020803007

  • 2021年02月05日
    (8)ミャオ族集落が歩んだ貧困脱却の道貴州省畢節市

    3日、化屋村にある貧困者支援作業場でろうけつ染め製品を作るミャオ族の女性。中国貴州省畢節市黔西県新仁ミャオ族郷の化屋村は以前、「崖の下の村」を意味する「化屋基」と呼ばれていた。同村はここ数年、的確な貧困脱却支援の推進によって飛躍的に発展。2017年には貧困からの脱却を果たし、かつて貧困率が66・3%に達していた少数民族の村は、見違えるほど変貌した。化屋村の変化の歴史は、中国の少数民族地域が歩んだ貧困脱却の道の生きた縮図と言える。(黔西=新華社記者/欧東衢)= 配信日: 2021(令和3)年2月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021020802916

  • 2021年02月05日
    (7)ミャオ族集落が歩んだ貧困脱却の道貴州省畢節市

    3日、化屋村にある貧困者支援作業場で衣料品を加工するミャオ族の女性。中国貴州省畢節市黔西県新仁ミャオ族郷の化屋村は以前、「崖の下の村」を意味する「化屋基」と呼ばれていた。同村はここ数年、的確な貧困脱却支援の推進によって飛躍的に発展。2017年には貧困からの脱却を果たし、かつて貧困率が66・3%に達していた少数民族の村は、見違えるほど変貌した。化屋村の変化の歴史は、中国の少数民族地域が歩んだ貧困脱却の道の生きた縮図と言える。(黔西=新華社記者/欧東衢)= 配信日: 2021(令和3)年2月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021020802913

  • 2021年02月05日
    (6)ミャオ族集落が歩んだ貧困脱却の道貴州省畢節市

    3日、化屋村にある貧困者支援作業場で衣料品を加工するミャオ族の女性。中国貴州省畢節市黔西県新仁ミャオ族郷の化屋村は以前、「崖の下の村」を意味する「化屋基」と呼ばれていた。同村はここ数年、的確な貧困脱却支援の推進によって飛躍的に発展。2017年には貧困からの脱却を果たし、かつて貧困率が66・3%に達していた少数民族の村は、見違えるほど変貌した。化屋村の変化の歴史は、中国の少数民族地域が歩んだ貧困脱却の道の生きた縮図と言える。(黔西=新華社記者/欧東衢)= 配信日: 2021(令和3)年2月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021020802832

  • 2021年02月05日
    (10)ミャオ族集落が歩んだ貧困脱却の道貴州省畢節市

    3日、化屋村にある貧困者支援作業場で手工芸品を並べるミャオ族の女性。中国貴州省畢節市黔西県新仁ミャオ族郷の化屋村は以前、「崖の下の村」を意味する「化屋基」と呼ばれていた。同村はここ数年、的確な貧困脱却支援の推進によって飛躍的に発展。2017年には貧困からの脱却を果たし、かつて貧困率が66・3%に達していた少数民族の村は、見違えるほど変貌した。化屋村の変化の歴史は、中国の少数民族地域が歩んだ貧困脱却の道の生きた縮図と言える。(黔西=新華社記者/欧東衢)= 配信日: 2021(令和3)年2月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021020802931

  • 2021年02月05日
    (9)ミャオ族集落が歩んだ貧困脱却の道貴州省畢節市

    3日、化屋村にある貧困者支援作業場でろうけつ染め製品を作るミャオ族の女性。中国貴州省畢節市黔西県新仁ミャオ族郷の化屋村は以前、「崖の下の村」を意味する「化屋基」と呼ばれていた。同村はここ数年、的確な貧困脱却支援の推進によって飛躍的に発展。2017年には貧困からの脱却を果たし、かつて貧困率が66・3%に達していた少数民族の村は、見違えるほど変貌した。化屋村の変化の歴史は、中国の少数民族地域が歩んだ貧困脱却の道の生きた縮図と言える。(黔西=新華社記者/欧東衢)= 配信日: 2021(令和3)年2月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021020802839

  • 2021年02月02日
    (2)雲南省の貧困地区農民、貧困脱却に成功国家統計局雲南調査総隊

    雲南省昭通市鎮雄県の産業による貧困者支援基地で作業する貧困住民。(2020年9月24日撮影)中国の国家統計局雲南調査総隊は1月30日、2020年の雲南省貧困地区の農民1人当たり可処分所得が、前年同期比9%増の1万1740元(1元=約16円)に達し、全国平均を2・1ポイント、省内農村住民平均を1・1ポイント、それぞれ上回ったと報告した。(昭通=新華社記者/林碧鋒)= 配信日: 2021(令和3)年2月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021020203671

  • 2021年02月02日
    (3)雲南省の貧困地区農民、貧困脱却に成功国家統計局雲南調査総隊

    雲南省昭通市鎮雄県以勒鎮の貧困者支援服装加工作業場で働く貧困住民。(2020年11月15日撮影)中国の国家統計局雲南調査総隊は1月30日、2020年の雲南省貧困地区の農民1人当たり可処分所得が、前年同期比9%増の1万1740元(1元=約16円)に達し、全国平均を2・1ポイント、省内農村住民平均を1・1ポイント、それぞれ上回ったと報告した。(昭通=新華社記者/林碧鋒)= 配信日: 2021(令和3)年2月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021020203673

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年12月22日
    (1)農業用ハウスで農家の増収を推進新疆ウイグル自治区

    19日、新疆ウイグル自治区アクト県の農業用ハウスで、収穫したばかりのトマトを手に笑顔を見せる農家の人。中国新疆ウイグル自治区アクト県にある住宅地、崑崙佳苑の農業用ハウスでは、真っ赤に色づいたトマトが出荷の最盛期を迎え、農家の人たちが収穫作業に追われている。同県郊外にある「易地扶貧搬遷」(立地条件の良い場所へ移転させる貧困対策)により開発された移転先住宅地、崑崙佳苑には現在、パミール高原の山間部から移転してきた6500人余りの貧困者が暮らしている。同県は、現代的な施設を使った農業の発展に尽力。住宅地に農業用ハウス1700棟余りを建てたことで、冬でも野菜が食べられるようになっただけでなく、農家の増収も後押ししている。(ウルムチ=新華社記者/高晗)= 配信日: 2020(令和2)年12月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020122209647

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年12月22日
    (6)農業用ハウスで農家の増収を推進新疆ウイグル自治区

    19日、新疆ウイグル自治区アクト県の農業用ハウスで、新鮮なトマトにかじりつく子ども。中国新疆ウイグル自治区アクト県にある住宅地、崑崙佳苑の農業用ハウスでは、真っ赤に色づいたトマトが出荷の最盛期を迎え、農家の人たちが収穫作業に追われている。同県郊外にある「易地扶貧搬遷」(立地条件の良い場所へ移転させる貧困対策)により開発された移転先住宅地、崑崙佳苑には現在、パミール高原の山間部から移転してきた6500人余りの貧困者が暮らしている。同県は、現代的な施設を使った農業の発展に尽力。住宅地に農業用ハウス1700棟余りを建てたことで、冬でも野菜が食べられるようになっただけでなく、農家の増収も後押ししている。(ウルムチ=新華社記者/高晗)= 配信日: 2020(令和2)年12月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020122209604

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年12月22日
    (5)農業用ハウスで農家の増収を推進新疆ウイグル自治区

    19日、新疆ウイグル自治区アクト県の農業用ハウスで、まだ完全に熟していないトマトを窓の下に吊るす農家の人。中国新疆ウイグル自治区アクト県にある住宅地、崑崙佳苑の農業用ハウスでは、真っ赤に色づいたトマトが出荷の最盛期を迎え、農家の人たちが収穫作業に追われている。同県郊外にある「易地扶貧搬遷」(立地条件の良い場所へ移転させる貧困対策)により開発された移転先住宅地、崑崙佳苑には現在、パミール高原の山間部から移転してきた6500人余りの貧困者が暮らしている。同県は、現代的な施設を使った農業の発展に尽力。住宅地に農業用ハウス1700棟余りを建てたことで、冬でも野菜が食べられるようになっただけでなく、農家の増収も後押ししている。(ウルムチ=新華社記者/高晗)= 配信日: 2020(令和2)年12月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020122209605

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年12月22日
    (4)農業用ハウスで農家の増収を推進新疆ウイグル自治区

    19日、新疆ウイグル自治区アクト県の畑に立ち並ぶ1700棟余りの農業用ハウス。(小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区アクト県にある住宅地、崑崙佳苑の農業用ハウスでは、真っ赤に色づいたトマトが出荷の最盛期を迎え、農家の人たちが収穫作業に追われている。同県郊外にある「易地扶貧搬遷」(立地条件の良い場所へ移転させる貧困対策)により開発された移転先住宅地、崑崙佳苑には現在、パミール高原の山間部から移転してきた6500人余りの貧困者が暮らしている。同県は、現代的な施設を使った農業の発展に尽力。住宅地に農業用ハウス1700棟余りを建てたことで、冬でも野菜が食べられるようになっただけでなく、農家の増収も後押ししている。(ウルムチ=新華社記者/高晗)= 配信日: 2020(令和2)年12月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020122209590

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年12月22日
    (3)農業用ハウスで農家の増収を推進新疆ウイグル自治区

    19日、新疆ウイグル自治区アクト県の農業用ハウスで、収穫したばかりのトマトを運ぶ農家の人。中国新疆ウイグル自治区アクト県にある住宅地、崑崙佳苑の農業用ハウスでは、真っ赤に色づいたトマトが出荷の最盛期を迎え、農家の人たちが収穫作業に追われている。同県郊外にある「易地扶貧搬遷」(立地条件の良い場所へ移転させる貧困対策)により開発された移転先住宅地、崑崙佳苑には現在、パミール高原の山間部から移転してきた6500人余りの貧困者が暮らしている。同県は、現代的な施設を使った農業の発展に尽力。住宅地に農業用ハウス1700棟余りを建てたことで、冬でも野菜が食べられるようになっただけでなく、農家の増収も後押ししている。(ウルムチ=新華社記者/高晗)= 配信日: 2020(令和2)年12月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020122209622

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年12月19日
    農業用ハウスで農家の増収を推進新疆ウイグル自治区

    19日、新疆ウイグル自治区アクト県の農業用ハウスで、トマトの収穫作業をする農家の人。中国新疆ウイグル自治区アクト県にある住宅地、崑崙佳苑の農業用ハウスでは、真っ赤に色づいたトマトが出荷の最盛期を迎え、農家の人たちが収穫作業に追われている。同県郊外にある「易地扶貧搬遷」(立地条件の良い場所へ移転させる貧困対策)により開発された移転先住宅地、崑崙佳苑には現在、パミール高原の山間部から移転してきた6500人余りの貧困者が暮らしている。同県は、現代的な施設を使った農業の発展に尽力。住宅地に農業用ハウス1700棟余りを建てたことで、冬でも野菜が食べられるようになっただけでなく、農家の増収も後押ししている。(ウルムチ=新華社記者/高晗)=配信日:2020(令和2)年12月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020122300431

  • 2020年11月28日
    貧困者支援工場の設置で雇用創出を推進貴州省畢節市

    11月28日、畢節市黔西県の「易地扶貧搬遷」(貧困農家を立地条件の良い場所へ移転させる貧困対策)により開発された移転先住宅地にある貧困者支援工場で、制服の縫製作業をする人たち。中国貴州省畢節(ひっせつ)市黔西(けんせい)県は、貧困脱却を果たした2018年以降、域内の世帯が再び貧困に陥ることがないよう、52カ所の貧困者支援工場を設置。1800人以上の雇用を創出している。(畢節=新華社配信/范暉)=2020(令和2)年11月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020120204434

  • 2020年11月28日
    貧困者支援工場の設置で雇用創出を推進貴州省畢節市

    11月28日、畢節市黔西県の「易地扶貧搬遷」(貧困農家を立地条件の良い場所へ移転させる貧困対策)により開発された移転先住宅地にある貧困者支援工場で、制服の縫製作業をする人。中国貴州省畢節(ひっせつ)市黔西(けんせい)県は、貧困脱却を果たした2018年以降、域内の世帯が再び貧困に陥ることがないよう、52カ所の貧困者支援工場を設置。1800人以上の雇用を創出している。(畢節=新華社配信/范暉)=2020(令和2)年11月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020120204359

  • 2020年11月28日
    貧困者支援工場の設置で雇用創出を推進貴州省畢節市

    11月28日、畢節市黔西県鐘山鎮にある食品加工メーカーの貧困者支援工場で、ソーセージの品質をチェックする人。中国貴州省畢節(ひっせつ)市黔西(けんせい)県は、貧困脱却を果たした2018年以降、域内の世帯が再び貧困に陥ることがないよう、52カ所の貧困者支援工場を設置。1800人以上の雇用を創出している。(畢節=新華社配信/范暉)=2020(令和2)年11月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020120204313

  • 2020年11月27日
    貧困者支援工場の設置で雇用創出を推進貴州省畢節市

    11月27日、畢節市黔西県鐘山鎮にある食品加工メーカーの貧困者支援工場で働く人たち。中国貴州省畢節(ひっせつ)市黔西(けんせい)県は、貧困脱却を果たした2018年以降、域内の世帯が再び貧困に陥ることがないよう、52カ所の貧困者支援工場を設置。1800人以上の雇用を創出している。(畢節=新華社配信/范暉)=2020(令和2)年11月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020120204378

  • 2020年11月27日
    貧困者支援工場の設置で雇用創出を推進貴州省畢節市

    11月27日、畢節市黔西県鐘山鎮にある食品加工メーカーの貧困者支援工場で働く人たち。中国貴州省畢節(ひっせつ)市黔西(けんせい)県は、貧困脱却を果たした2018年以降、域内の世帯が再び貧困に陥ることがないよう、52カ所の貧困者支援工場を設置。1800人以上の雇用を創出している。(畢節=新華社配信/范暉)=2020(令和2)年11月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020120204303

  • 2020年11月27日
    貧困者支援工場の設置で雇用創出を推進貴州省畢節市

    11月27日、畢節市黔西県素朴鎮にある電子部品メーカーの貧困者支援工場で、データケーブルの梱包作業をする人たち。中国貴州省畢節(ひっせつ)市黔西(けんせい)県は、貧困脱却を果たした2018年以降、域内の世帯が再び貧困に陥ることがないよう、52カ所の貧困者支援工場を設置。1800人以上の雇用を創出している。(畢節=新華社配信/范暉)=2020(令和2)年11月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020120204381

  • 2020年11月27日
    貧困者支援工場の設置で雇用創出を推進貴州省畢節市

    11月27日、畢節市黔西県素朴鎮にある電子部品メーカーの貧困者支援工場で、データケーブルの製造作業をする人。中国貴州省畢節(ひっせつ)市黔西(けんせい)県は、貧困脱却を果たした2018年以降、域内の世帯が再び貧困に陥ることがないよう、52カ所の貧困者支援工場を設置。1800人以上の雇用を創出している。(畢節=新華社配信/范暉)=2020(令和2)年11月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020120204387

  • 2020年11月14日
    ライブコマースで貧困支援、地元特産品を販売四川省

    14日、チャン族の民族衣装を着て商品を販売する出品者たち。中国四川省綿陽市北川チャン族自治県で14日から3日間、貧困者支援の一環として生中継しながら地元特産品を販売するライブコマースイベントが行われた。初日の14日は2時間の配信で約1万7千件の注文が入り、取引額は200万元(1元=約16円)近くに上った。(北川=新華社記者/江宏景)=2020(令和2)年11月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020111902518

  • 2020年11月14日
    ライブコマースで貧困支援、地元特産品を販売四川省

    14日、出展ブースに展示された商品を見る来場者。中国四川省綿陽市北川チャン族自治県で14日から3日間、貧困者支援の一環として生中継しながら地元特産品を販売するライブコマースイベントが行われた。初日の14日は2時間の配信で約1万7千件の注文が入り、取引額は200万元(1元=約16円)近くに上った。(北川=新華社記者/江宏景)=2020(令和2)年11月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020111902520

  • 2020年11月14日
    ライブコマースで貧困支援、地元特産品を販売四川省

    14日、チャン族の民族衣装を着て商品を販売する出品者たち。中国四川省綿陽市北川チャン族自治県で14日から3日間、貧困者支援の一環として生中継しながら地元特産品を販売するライブコマースイベントが行われた。初日の14日は2時間の配信で約1万7千件の注文が入り、取引額は200万元(1元=約16円)近くに上った。(北川=新華社記者/江宏景)=2020(令和2)年11月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020111902537

  • 2020年11月14日
    ライブコマースで貧困支援、地元特産品を販売四川省

    14日、チャン族の民族衣装を着て商品を販売する出品者。中国四川省綿陽市北川チャン族自治県で14日から3日間、貧困者支援の一環として生中継しながら地元特産品を販売するライブコマースイベントが行われた。初日の14日は2時間の配信で約1万7千件の注文が入り、取引額は200万元(1元=約16円)近くに上った。(北川=新華社記者/江宏景)=2020(令和2)年11月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020111902583

  • 2020年11月14日
    ライブコマースで貧困支援、地元特産品を販売四川省

    14日、チャン族の民族衣装を着て商品を販売する出品者。中国四川省綿陽市北川チャン族自治県で14日から3日間、貧困者支援の一環として生中継しながら地元特産品を販売するライブコマースイベントが行われた。初日の14日は2時間の配信で約1万7千件の注文が入り、取引額は200万元(1元=約16円)近くに上った。(北川=新華社記者/江宏景)=2020(令和2)年11月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020111902554

  • 2020年11月14日
    ライブコマースで貧困支援、地元特産品を販売四川省

    14日、チャン族の民族衣装を着て商品を販売する出品者。中国四川省綿陽市北川チャン族自治県で14日から3日間、貧困者支援の一環として生中継しながら地元特産品を販売するライブコマースイベントが行われた。初日の14日は2時間の配信で約1万7千件の注文が入り、取引額は200万元(1元=約16円)近くに上った。(北川=新華社記者/江宏景)=2020(令和2)年11月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020111902565

  • 2020年11月14日
    ライブコマースで貧困支援、地元特産品を販売四川省

    14日、チャン族の民族衣装を着て配信する出品者のブースに集まる来場者。中国四川省綿陽市北川チャン族自治県で14日から3日間、貧困者支援の一環として生中継しながら地元特産品を販売するライブコマースイベントが行われた。初日の14日は2時間の配信で約1万7千件の注文が入り、取引額は200万元(1元=約16円)近くに上った。(北川=新華社記者/江宏景)=2020(令和2)年11月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020111902543

  • 2020年11月14日
    ライブコマースで貧困支援、地元特産品を販売四川省

    14日、チャン族の民族衣装を着た出品者たち。中国四川省綿陽市北川チャン族自治県で14日から3日間、貧困者支援の一環として生中継しながら地元特産品を販売するライブコマースイベントが行われた。初日の14日は2時間の配信で約1万7千件の注文が入り、取引額は200万元(1元=約16円)近くに上った。(北川=新華社記者/江宏景)=2020(令和2)年11月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020111902546

  • 2020年10月07日
    移住貧困者の就業支援する作業場貴州省玉屏トン族自治県

    7日、貴州省玉屏トン族自治県の移住者向け居住地。中国貴州省銅仁市玉屏トン族自治県にある移住・転居による貧困救済事業の移住者向け居住地には、貧困者支援作業場が設置されており、9カ所の居住地で計2639人が定収入を得ている。(玉屏=新華社記者/楊楹)=2020(令和2)年10月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020101200587

  • 2020年10月07日
    移住貧困者の就業支援する作業場貴州省玉屏トン族自治県

    7日、貴州省玉屏トン族自治県の移住者向け居住地にある貧困者支援作業場でライターを作る人々。中国貴州省銅仁市玉屏トン族自治県にある移住・転居による貧困救済事業の移住者向け居住地には、貧困者支援作業場が設置されており、9カ所の居住地で計2639人が定収入を得ている。(玉屏=新華社記者/楊楹)=2020(令和2)年10月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020101200886

  • 2020年10月07日
    移住貧困者の就業支援する作業場貴州省玉屏トン族自治県

    7日、貴州省玉屏トン族自治県の移住者向け居住地にある貧困者支援作業場でライターを作る人々。中国貴州省銅仁市玉屏トン族自治県にある移住・転居による貧困救済事業の移住者向け居住地には、貧困者支援作業場が設置されており、9カ所の居住地で計2639人が定収入を得ている。(玉屏=新華社記者/楊楹)=2020(令和2)年10月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020101200590

  • 2020年10月07日
    移住貧困者の就業支援する作業場貴州省玉屏トン族自治県

    7日、貴州省玉屏トン族自治県の移住者向け居住地にある貧困者支援作業場でラタン籐(ラタン)の家具を作る人々。中国貴州省銅仁市玉屏トン族自治県にある移住・転居による貧困救済事業の移住者向け居住地には、貧困者支援作業場が設置されており、9カ所の居住地で計2639人が定収入を得ている。(玉屏=新華社記者/楊楹)=2020(令和2)年10月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020101200602

  • 2020年10月07日
    移住貧困者の就業支援する作業場貴州省玉屏トン族自治県

    7日、貴州省玉屏トン族自治県の移住者向け居住地にある貧困者支援作業場で籐(ラタン)の家具を作る人々。中国貴州省銅仁市玉屏トン族自治県にある移住・転居による貧困救済事業の移住者向け居住地には、貧困者支援作業場が設置されており、9カ所の居住地で計2639人が定収入を得ている。(玉屏=新華社記者/楊楹)=2020(令和2)年10月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020101200683

  • 2020年10月07日
    移住貧困者の就業支援する作業場貴州省玉屏トン族自治県

    7日、貴州省玉屏トン族自治県の移住者向け居住地。中国貴州省銅仁市玉屏トン族自治県にある移住・転居による貧困救済事業の移住者向け居住地には、貧困者支援作業場が設置されており、9カ所の居住地で計2639人が定収入を得ている。(玉屏=新華社記者/楊楹)=2020(令和2)年10月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020101200868

  • 2020年10月07日
    移住貧困者の就業支援する作業場貴州省玉屏トン族自治県

    7日、貴州省玉屏トン族自治県の移住者向け居住地にある貧困者支援作業場でライターを作る人々。中国貴州省銅仁市玉屏トン族自治県にある移住・転居による貧困救済事業の移住者向け居住地には、貧困者支援作業場が設置されており、9カ所の居住地で計2639人が定収入を得ている。(玉屏=新華社記者/楊楹)=2020(令和2)年10月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020101200786

  • 2020年10月07日
    移住貧困者の就業支援する作業場貴州省玉屏トン族自治県

    7日、貴州省玉屏トン族自治県の移住者向け居住地にある貧困者支援作業場でライターを作る人々。中国貴州省銅仁市玉屏トン族自治県にある移住・転居による貧困救済事業の移住者向け居住地には、貧困者支援作業場が設置されており、9カ所の居住地で計2639人が定収入を得ている。(玉屏=新華社記者/楊楹)=2020(令和2)年10月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020101200392

  • 2020年10月07日
    移住貧困者の就業支援する作業場貴州省玉屏トン族自治県

    7日、貴州省玉屏トン族自治県の移住者向け居住地にある貧困者支援作業場で籐(ラタン)の家具を作る人々。中国貴州省銅仁市玉屏トン族自治県にある移住・転居による貧困救済事業の移住者向け居住地には、貧困者支援作業場が設置されており、9カ所の居住地で計2639人が定収入を得ている。(玉屏=新華社記者/楊楹)=2020(令和2)年10月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020101200677

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:04.26
    2020年09月28日
    「新華社」洪水後に豊作迎えたハスの実江西省都昌県

    中国江西省九江市都昌(としょう)県徐埠鎮象山村にあるハスの実産業基地ではここ数日、農家の人たちがハスの花托の摘み取り作業に追われている。同村で栽培されるハスの実の年間生産量は2万5千キロ余りに上り、ハスが見頃の時期になると、毎年多くの観光客が観賞に訪れる。現在、村全体のハスの実の年間生産額は20万元(1元=約15円)余りに達する。都昌県徐埠鎮は今年、当地で最も深刻な洪水被害を受けた郷鎮の一つで、被災人口は3183人、農作物の被災面積は2万4300ムー(1620ヘクタール)に上った。しかし、同鎮の約1千ムー(約66・7ヘクタール)のハス田では、農家の人たちが収穫期を迎え、純収益が230万元以上に達しており、貧困者に増収をもたらしている。(記者/彭菁)<映像内容>ハスの花托の摘み取り作業の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020092901268

  • 00:52.73
    2020年09月27日
    「新華社」肉牛産業で農家の貧困脱却と増収を後押し黒竜江省賓県

    中国黒竜江省賓県はここ数年、大手貧困脱却支援企業の協力により、肉牛産業による貧困者支援のメカニズムを発展させ、地元の貧困世帯200戸余りの貧困脱却と増収を後押ししている。(記者/王建威、梁書斌)<映像内容>黒竜江省賓県の肉牛産業の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020093008758

  • 2020年09月23日
    肉牛産業で農家の貧困脱却と増収を後押し黒竜江省賓県

    23日、貧困脱却支援企業、賓県鑫華泰肉牛飼養の飼育拠点で牛舎を清掃する作業員。中国黒竜江省賓県はここ数年、大手貧困脱却支援企業の協力により、肉牛産業による貧困者支援のメカニズムを発展させ、地元の貧困世帯200戸余りの貧困脱却と増収を後押ししている。(賓県=新華社記者/王建威)=2020(令和2)年9月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020092806925

  • 2020年09月23日
    肉牛産業で農家の貧困脱却と増収を後押し黒竜江省賓県

    23日、貧困脱却支援企業、賓県鑫華泰肉牛飼養の飼育拠点で牛舎を清掃する作業員。中国黒竜江省賓県はここ数年、大手貧困脱却支援企業の協力により、肉牛産業による貧困者支援のメカニズムを発展させ、地元の貧困世帯200戸余りの貧困脱却と増収を後押ししている。(賓県=新華社記者/王建威)=2020(令和2)年9月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020092806933

  • 2020年09月23日
    肉牛産業で農家の貧困脱却と増収を後押し黒竜江省賓県

    23日、貧困脱却支援企業、賓県鑫華泰肉牛飼養の飼育拠点で牛舎を清掃する作業員。中国黒竜江省賓県はここ数年、大手貧困脱却支援企業の協力により、肉牛産業による貧困者支援のメカニズムを発展させ、地元の貧困世帯200戸余りの貧困脱却と増収を後押ししている。(賓県=新華社記者/王建威)=2020(令和2)年9月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020092807041

  • 2020年09月23日
    肉牛産業で農家の貧困脱却と増収を後押し黒竜江省賓県

    23日、貧困脱却支援企業、賓県鑫華泰肉牛飼養の飼育拠点で車両を使って給餌の準備をする作業員。中国黒竜江省賓県はここ数年、大手貧困脱却支援企業の協力により、肉牛産業による貧困者支援のメカニズムを発展させ、地元の貧困世帯200戸余りの貧困脱却と増収を後押ししている。(賓県=新華社記者/王建威)=2020(令和2)年9月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020092806811

  • 2020年09月23日
    肉牛産業で農家の貧困脱却と増収を後押し黒竜江省賓県

    23日、貧困脱却支援企業、賓県鑫華泰肉牛飼養の飼育拠点。(小型無人機から)中国黒竜江省賓県はここ数年、大手貧困脱却支援企業の協力により、肉牛産業による貧困者支援のメカニズムを発展させ、地元の貧困世帯200戸余りの貧困脱却と増収を後押ししている。(賓県=新華社記者/王建威)=2020(令和2)年9月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020092806706

  • 2020年09月23日
    肉牛産業で農家の貧困脱却と増収を後押し黒竜江省賓県

    23日、貧困脱却支援企業、賓県鑫華泰肉牛飼養の飼育拠点で飼料を集める作業員。中国黒竜江省賓県はここ数年、大手貧困脱却支援企業の協力により、肉牛産業による貧困者支援のメカニズムを発展させ、地元の貧困世帯200戸余りの貧困脱却と増収を後押ししている。(賓県=新華社記者/王建威)=2020(令和2)年9月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020092806953

  • 2020年09月19日
    持続可能な発展を堅持、重慶市が歩む貧困脱却への道

    重慶市豊都県金龍寨村で稲刈りをする村民。(9月19日撮影)中国政府は今年中に、現行基準における農村部の貧困者全てを貧困から脱却させるとしており、貧困脱却の堅塁攻略戦は最終段階を迎えている。西南地区に位置する直轄市の重慶市では、各級政府が的確に政策を実施して貧困脱却の仕組みを打ち立てるとともに、環境保護と持続可能な発展の理念を堅持し、環境配慮型発展の理念に沿った貧困脱却の道を歩んできた。(重慶=新華社配信)=2020(令和2)年9月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020110904336

  • 2020年09月19日
    持続可能な発展を堅持、重慶市が歩む貧困脱却への道

    豊作の秋を迎えた重慶市豊都県金龍寨村で、収穫したコメを忙しく運ぶ村民。(9月19日撮影)中国政府は今年中に、現行基準における農村部の貧困者全てを貧困から脱却させるとしており、貧困脱却の堅塁攻略戦は最終段階を迎えている。西南地区に位置する直轄市の重慶市では、各級政府が的確に政策を実施して貧困脱却の仕組みを打ち立てるとともに、環境保護と持続可能な発展の理念を堅持し、環境配慮型発展の理念に沿った貧困脱却の道を歩んできた。(重慶=新華社配信)=2020(令和2)年9月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020110904512

  • 2020年09月19日
    持続可能な発展を堅持、重慶市が歩む貧困脱却への道

    豊作の秋を迎えた重慶市豊都県金龍寨村で忙しく働く村民。(9月19日撮影)中国政府は今年中に、現行基準における農村部の貧困者全てを貧困から脱却させるとしており、貧困脱却の堅塁攻略戦は最終段階を迎えている。西南地区に位置する直轄市の重慶市では、各級政府が的確に政策を実施して貧困脱却の仕組みを打ち立てるとともに、環境保護と持続可能な発展の理念を堅持し、環境配慮型発展の理念に沿った貧困脱却の道を歩んできた。(重慶=新華社配信)=2020(令和2)年9月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020110904439

  • 2020年09月19日
    持続可能な発展を堅持、重慶市が歩む貧困脱却への道

    重慶市豊都県金龍寨村で黄金色に実った水田。(9月19日撮影)中国政府は今年中に、現行基準における農村部の貧困者全てを貧困から脱却させるとしており、貧困脱却の堅塁攻略戦は最終段階を迎えている。西南地区に位置する直轄市の重慶市では、各級政府が的確に政策を実施して貧困脱却の仕組みを打ち立てるとともに、環境保護と持続可能な発展の理念を堅持し、環境配慮型発展の理念に沿った貧困脱却の道を歩んできた。(重慶=新華社配信)=2020(令和2)年9月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020110904442

  • 2020年09月17日
    産業パークの設立で雇用を促進寧夏回族自治区

    17日、寧夏西吉工業パークに入居するアパレルメーカー、天菲(寧夏)服飾の縫製工場で、作業に励む従業員。中国寧夏回族自治区固原市西吉(せいきつ)県は、同自治区で人口が最も多い県であり、貧困から脱却できていない最後の県でもある。地元政府は2012年に福建省の支援で寧夏西吉工業パークを設立したほか、同省莆田(ほでん)ハイテク産業開発区と協力関係を確立した。寧夏西吉工業パークには現在、22社が入居しており、農業副産物の加工産業と軽工業品製造業を中心とした産業配置を形成。貧困者590人を含む1千人余りの雇用を実現させている。(固原=新華社記者/楊植森)=2020(令和2)年9月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020092505556

  • 2020年09月17日
    産業パークの設立で雇用を促進寧夏回族自治区

    17日、寧夏西吉工業パークに入居するアパレルメーカー、寧夏吉強服飾の縫製工場で、作業服の縫製作業に励む従業員。中国寧夏回族自治区固原市西吉(せいきつ)県は、同自治区で人口が最も多い県であり、貧困から脱却できていない最後の県でもある。地元政府は2012年に福建省の支援で寧夏西吉工業パークを設立したほか、同省莆田(ほでん)ハイテク産業開発区と協力関係を確立した。寧夏西吉工業パークには現在、22社が入居しており、農業副産物の加工産業と軽工業品製造業を中心とした産業配置を形成。貧困者590人を含む1千人余りの雇用を実現させている。(固原=新華社記者/楊植森)=2020(令和2)年9月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020092505673

  • 2020年09月17日
    産業パークの設立で雇用を促進寧夏回族自治区

    17日、寧夏西吉工業パークに入居する農業企業、寧夏沢艾堂生物科技の工場で、ヨモギ製品の加工作業をする従業員。中国寧夏回族自治区固原市西吉(せいきつ)県は、同自治区で人口が最も多い県であり、貧困から脱却できていない最後の県でもある。地元政府は2012年に福建省の支援で寧夏西吉工業パークを設立したほか、同省莆田(ほでん)ハイテク産業開発区と協力関係を確立した。寧夏西吉工業パークには現在、22社が入居しており、農業副産物の加工産業と軽工業品製造業を中心とした産業配置を形成。貧困者590人を含む1千人余りの雇用を実現させている。(固原=新華社記者/楊植森)=2020(令和2)年9月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020092505523

  • 2020年09月17日
    産業パークの設立で雇用を促進寧夏回族自治区

    17日、寧夏西吉工業パークに入居する農業企業、寧夏沢艾堂生物科技の工場で、ヨモギ製品をダンボール箱に入れる従業員。中国寧夏回族自治区固原市西吉(せいきつ)県は、同自治区で人口が最も多い県であり、貧困から脱却できていない最後の県でもある。地元政府は2012年に福建省の支援で寧夏西吉工業パークを設立したほか、同省莆田(ほでん)ハイテク産業開発区と協力関係を確立した。寧夏西吉工業パークには現在、22社が入居しており、農業副産物の加工産業と軽工業品製造業を中心とした産業配置を形成。貧困者590人を含む1千人余りの雇用を実現させている。(固原=新華社記者/王鵬)=2020(令和2)年9月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020092505537

  • 2020年09月17日
    産業パークの設立で雇用を促進寧夏回族自治区

    17日、寧夏西吉工業パークに入居するアパレルメーカー、天菲(寧夏)服飾の縫製工場で、作業に励む従業員。中国寧夏回族自治区固原市西吉(せいきつ)県は、同自治区で人口が最も多い県であり、貧困から脱却できていない最後の県でもある。地元政府は2012年に福建省の支援で寧夏西吉工業パークを設立したほか、同省莆田(ほでん)ハイテク産業開発区と協力関係を確立した。寧夏西吉工業パークには現在、22社が入居しており、農業副産物の加工産業と軽工業品製造業を中心とした産業配置を形成。貧困者590人を含む1千人余りの雇用を実現させている。(固原=新華社記者/楊植森)=2020(令和2)年9月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020092505544

  • 2020年09月17日
    産業パークの設立で雇用を促進寧夏回族自治区

    17日、寧夏西吉工業パークに入居する農業企業、寧夏沢艾堂生物科技の工場で、ヨモギ製品の加工作業をする従業員。中国寧夏回族自治区固原市西吉(せいきつ)県は、同自治区で人口が最も多い県であり、貧困から脱却できていない最後の県でもある。地元政府は2012年に福建省の支援で寧夏西吉工業パークを設立したほか、同省莆田(ほでん)ハイテク産業開発区と協力関係を確立した。寧夏西吉工業パークには現在、22社が入居しており、農業副産物の加工産業と軽工業品製造業を中心とした産業配置を形成。貧困者590人を含む1千人余りの雇用を実現させている。(固原=新華社記者/楊植森)=2020(令和2)年9月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020092505768

  • 2020年09月17日
    産業パークの設立で雇用を促進寧夏回族自治区

    17日、寧夏西吉工業パークに入居するアパレルメーカー、寧夏吉強服飾の縫製工場で、生地を整理する従業員。中国寧夏回族自治区固原市西吉(せいきつ)県は、同自治区で人口が最も多い県であり、貧困から脱却できていない最後の県でもある。地元政府は2012年に福建省の支援で寧夏西吉工業パークを設立したほか、同省莆田(ほでん)ハイテク産業開発区と協力関係を確立した。寧夏西吉工業パークには現在、22社が入居しており、農業副産物の加工産業と軽工業品製造業を中心とした産業配置を形成。貧困者590人を含む1千人余りの雇用を実現させている。(固原=新華社記者/楊植森)=2020(令和2)年9月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020092505689

  • 2020年09月17日
    産業パークの設立で雇用を促進寧夏回族自治区

    17日、寧夏西吉工業パークに入居する健康食品メーカー、寧夏福寿康寧大健康生物科技の工場で、クコの実の加工品を包装する従業員。中国寧夏回族自治区固原市西吉(せいきつ)県は、同自治区で人口が最も多い県であり、貧困から脱却できていない最後の県でもある。地元政府は2012年に福建省の支援で寧夏西吉工業パークを設立したほか、同省莆田(ほでん)ハイテク産業開発区と協力関係を確立した。寧夏西吉工業パークには現在、22社が入居しており、農業副産物の加工産業と軽工業品製造業を中心とした産業配置を形成。貧困者590人を含む1千人余りの雇用を実現させている。(固原=新華社記者/楊植森)=2020(令和2)年9月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020092505875

  • 2020年09月15日
    無形文化遺産「剣川木彫」で増収を後押し雲南省剣川県

    15日、「剣川木彫芸術小鎮」で、木彫りの技法について説明する職人の楊元松(よう・げんしょう)さん。「剣川木彫」は中国雲南省大理ペー族自治州剣川県に古くから伝わる伝統的な木彫りで、2011年に国務院により第3次国家級無形文化遺産リストに登録された。同県は近年、木彫産業の発展に尽力。貧困層向けの木彫り技術トレーニングの実施、「剣川木彫芸術小鎮(街)」の建設、剣川木彫文化芸術節(祭)および観光土産の木彫り商品アイデアコンテストの開催など、さまざまな方法で剣川木彫の名を世に広めようと取り組んでいる。同県全体の木彫工芸品の従事者は2019年時点で2万1千人余り。そのうち認定貧困者は360人余りで、貧困労働者の月収は3千から4千元前後(1元=約16円)増加し、県全体の生産額は4億7400万元を超えた。現在、木彫り産業は地元住民の収入を増やし、豊かさをもたらす「財布」となっている。(大理=新華社配信/陳欣波)=2020(令和2)年9月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020092303588

  • 2020年09月15日
    無形文化遺産「剣川木彫」で増収を後押し雲南省剣川県

    15日、剣川木彫文化芸術節の会場の一角で、木彫り作品の制作に励む職人。「剣川木彫」は中国雲南省大理ペー族自治州剣川県に古くから伝わる伝統的な木彫りで、2011年に国務院により第3次国家級無形文化遺産リストに登録された。同県は近年、木彫産業の発展に尽力。貧困層向けの木彫り技術トレーニングの実施、「剣川木彫芸術小鎮(街)」の建設、剣川木彫文化芸術節(祭)および観光土産の木彫り商品アイデアコンテストの開催など、さまざまな方法で剣川木彫の名を世に広めようと取り組んでいる。同県全体の木彫工芸品の従事者は2019年時点で2万1千人余り。そのうち認定貧困者は360人余りで、貧困労働者の月収は3千から4千元前後(1元=約16円)増加し、県全体の生産額は4億7400万元を超えた。現在、木彫り産業は地元住民の収入を増やし、豊かさをもたらす「財布」となっている。(大理=新華社配信/陳欣波)=2020(令和2)年9月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020092303630

  • 2020年09月15日
    無形文化遺産「剣川木彫」で増収を後押し雲南省剣川県

    15日、剣川木彫文化芸術節の会場に展示された木彫り作品を撮影する観光客。「剣川木彫」は中国雲南省大理ペー族自治州剣川県に古くから伝わる伝統的な木彫りで、2011年に国務院により第3次国家級無形文化遺産リストに登録された。同県は近年、木彫産業の発展に尽力。貧困層向けの木彫り技術トレーニングの実施、「剣川木彫芸術小鎮(街)」の建設、剣川木彫文化芸術節(祭)および観光土産の木彫り商品アイデアコンテストの開催など、さまざまな方法で剣川木彫の名を世に広めようと取り組んでいる。同県全体の木彫工芸品の従事者は2019年時点で2万1千人余り。そのうち認定貧困者は360人余りで、貧困労働者の月収は3千から4千元前後(1元=約16円)増加し、県全体の生産額は4億7400万元を超えた。現在、木彫り産業は地元住民の収入を増やし、豊かさをもたらす「財布」となっている。(大理=新華社配信/陳欣波)=2020(令和2)年9月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020092303606

  • 2020年09月15日
    無形文化遺産「剣川木彫」で増収を後押し雲南省剣川県

    15日、「剣川木彫芸術小鎮」にある自身の工房で、顧客に作品を紹介する職人の楊元松(よう・げんしょう)さん(右)。「剣川木彫」は中国雲南省大理ペー族自治州剣川県に古くから伝わる伝統的な木彫りで、2011年に国務院により第3次国家級無形文化遺産リストに登録された。同県は近年、木彫産業の発展に尽力。貧困層向けの木彫り技術トレーニングの実施、「剣川木彫芸術小鎮(街)」の建設、剣川木彫文化芸術節(祭)および観光土産の木彫り商品アイデアコンテストの開催など、さまざまな方法で剣川木彫の名を世に広めようと取り組んでいる。同県全体の木彫工芸品の従事者は2019年時点で2万1千人余り。そのうち認定貧困者は360人余りで、貧困労働者の月収は3千から4千元前後(1元=約16円)増加し、県全体の生産額は4億7400万元を超えた。現在、木彫り産業は地元住民の収入を増やし、豊かさをもたらす「財布」となっている。(大理=新華社配信/陳欣波)=2020(令和2)年9月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020092303654

  • 2020年09月15日
    無形文化遺産「剣川木彫」で増収を後押し雲南省剣川県

    15日、剣川木彫文化芸術節の会場の一角で、木彫り作品の制作に励む職人。「剣川木彫」は中国雲南省大理ペー族自治州剣川県に古くから伝わる伝統的な木彫りで、2011年に国務院により第3次国家級無形文化遺産リストに登録された。同県は近年、木彫産業の発展に尽力。貧困層向けの木彫り技術トレーニングの実施、「剣川木彫芸術小鎮(街)」の建設、剣川木彫文化芸術節(祭)および観光土産の木彫り商品アイデアコンテストの開催など、さまざまな方法で剣川木彫の名を世に広めようと取り組んでいる。同県全体の木彫工芸品の従事者は2019年時点で2万1千人余り。そのうち認定貧困者は360人余りで、貧困労働者の月収は3千から4千元前後(1元=約16円)増加し、県全体の生産額は4億7400万元を超えた。現在、木彫り産業は地元住民の収入を増やし、豊かさをもたらす「財布」となっている。(大理=新華社配信/陳欣波)=2020(令和2)年9月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020092303668

  • 2020年09月15日
    無形文化遺産「剣川木彫」で増収を後押し雲南省剣川県

    15日、剣川木彫文化芸術節の会場の一角で、木彫り作品に模様を彫る職人。「剣川木彫」は中国雲南省大理ペー族自治州剣川県に古くから伝わる伝統的な木彫りで、2011年に国務院により第3次国家級無形文化遺産リストに登録された。同県は近年、木彫産業の発展に尽力。貧困層向けの木彫り技術トレーニングの実施、「剣川木彫芸術小鎮(街)」の建設、剣川木彫文化芸術節(祭)および観光土産の木彫り商品アイデアコンテストの開催など、さまざまな方法で剣川木彫の名を世に広めようと取り組んでいる。同県全体の木彫工芸品の従事者は2019年時点で2万1千人余り。そのうち認定貧困者は360人余りで、貧困労働者の月収は3千から4千元前後(1元=約16円)増加し、県全体の生産額は4億7400万元を超えた。現在、木彫り産業は地元住民の収入を増やし、豊かさをもたらす「財布」となっている。(大理=新華社配信/陳欣波)=2020(令和2)年9月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020092303442

  • 2020年09月15日
    無形文化遺産「剣川木彫」で増収を後押し雲南省剣川県

    15日、剣川木彫文化芸術節の会場の一角で、木彫り作品を磨く職人。「剣川木彫」は中国雲南省大理ペー族自治州剣川県に古くから伝わる伝統的な木彫りで、2011年に国務院により第3次国家級無形文化遺産リストに登録された。同県は近年、木彫産業の発展に尽力。貧困層向けの木彫り技術トレーニングの実施、「剣川木彫芸術小鎮(街)」の建設、剣川木彫文化芸術節(祭)および観光土産の木彫り商品アイデアコンテストの開催など、さまざまな方法で剣川木彫の名を世に広めようと取り組んでいる。同県全体の木彫工芸品の従事者は2019年時点で2万1千人余り。そのうち認定貧困者は360人余りで、貧困労働者の月収は3千から4千元前後(1元=約16円)増加し、県全体の生産額は4億7400万元を超えた。現在、木彫り産業は地元住民の収入を増やし、豊かさをもたらす「財布」となっている。(大理=新華社配信/陳欣波)=2020(令和2)年9月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020092303445

  • 2020年09月15日
    無形文化遺産「剣川木彫」で増収を後押し雲南省剣川県

    15日、剣川木彫文化芸術節の会場の一角で、木彫り作品を見つめる観光客。「剣川木彫」は中国雲南省大理ペー族自治州剣川県に古くから伝わる伝統的な木彫りで、2011年に国務院により第3次国家級無形文化遺産リストに登録された。同県は近年、木彫産業の発展に尽力。貧困層向けの木彫り技術トレーニングの実施、「剣川木彫芸術小鎮(街)」の建設、剣川木彫文化芸術節(祭)および観光土産の木彫り商品アイデアコンテストの開催など、さまざまな方法で剣川木彫の名を世に広めようと取り組んでいる。同県全体の木彫工芸品の従事者は2019年時点で2万1千人余り。そのうち認定貧困者は360人余りで、貧困労働者の月収は3千から4千元前後(1元=約16円)増加し、県全体の生産額は4億7400万元を超えた。現在、木彫り産業は地元住民の収入を増やし、豊かさをもたらす「財布」となっている。(大理=新華社配信/陳欣波)=2020(令和2)年9月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020092303455

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6