KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 貧困世帯
  • ドローン
  • 小型無人機
  • 協同組合
  • 堅塁攻略
  • 黒竜江省
  • 中国貴州省
  • 地元政府
  • 貧困扶助
  • 脱却支援

「貧困脱却」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
2,688
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...
2,688
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月03日
    (6)貧困者支援ECプラットフォーム構築、農産物販売・観光を促進寧夏同心県

    2月24日、地元特産の農作物をライブ配信でPRする「大美同心」ECプラットフォームのキャスター。中国寧夏回族自治区呉忠市同心県はここ数年、小売り活動を通じた貧困者支援電子商取引(EC)プラットフォームの発展を積極的に推進し、「大美同心」ECプラットフォームを構築した。県内の質の高い農産物や文化クリエーティブ製品、景勝地の宿泊施設資源などを集め、農産物・観光商品の販路を拡大し、農家の増産と増収を後押ししている。現在、同プラットフォームは30近い地元大手企業や合作社(協同組合)の参加を得て、同県特産の農産物・観光商品200種類以上を出品している。累積注文件数は20万件に達し、地元の貧困世帯4千人余りを貧困脱却と増収へ導いた。(銀川=新華社記者/王鵬)= 配信日: 2021(平成33)年3月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月03日
    (2)貧困者支援ECプラットフォーム構築、農産物販売・観光を促進寧夏同心県

    2月24日、元宵節(旧暦1月15日、今年は2月26日)期間中に販売する特産農作物の宣伝活動プランについて会議で話し合う「大美同心」ECプラットフォームのスタッフ。中国寧夏回族自治区呉忠市同心県はここ数年、小売り活動を通じた貧困者支援電子商取引(EC)プラットフォームの発展を積極的に推進し、「大美同心」ECプラットフォームを構築した。県内の質の高い農産物や文化クリエーティブ製品、景勝地の宿泊施設資源などを集め、農産物・観光商品の販路を拡大し、農家の増産と増収を後押ししている。現在、同プラットフォームは30近い地元大手企業や合作社(協同組合)の参加を得て、同県特産の農産物・観光商品200種類以上を出品している。累積注文件数は20万件に達し、地元の貧困世帯4千人余りを貧困脱却と増収へ導いた。(銀川=新華社記者/王鵬)= 配信日: 2021(平成33)年3月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月03日
    (3)貧困者支援ECプラットフォーム構築、農産物販売・観光を促進寧夏同心県

    2月24日、展示されている地元特産の農作物を整える「大美同心」ECプラットフォームのスタッフ。中国寧夏回族自治区呉忠市同心県はここ数年、小売り活動を通じた貧困者支援電子商取引(EC)プラットフォームの発展を積極的に推進し、「大美同心」ECプラットフォームを構築した。県内の質の高い農産物や文化クリエーティブ製品、景勝地の宿泊施設資源などを集め、農産物・観光商品の販路を拡大し、農家の増産と増収を後押ししている。現在、同プラットフォームは30近い地元大手企業や合作社(協同組合)の参加を得て、同県特産の農産物・観光商品200種類以上を出品している。累積注文件数は20万件に達し、地元の貧困世帯4千人余りを貧困脱却と増収へ導いた。(銀川=新華社記者/唐如峰)= 配信日: 2021(平成33)年3月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月03日
    (5)貧困者支援ECプラットフォーム構築、農産物販売・観光を促進寧夏同心県

    2月24日、地元特産の農作物をオンラインで宣伝、販売する「大美同心」ECプラットフォームのスタッフ。中国寧夏回族自治区呉忠市同心県はここ数年、小売り活動を通じた貧困者支援電子商取引(EC)プラットフォームの発展を積極的に推進し、「大美同心」ECプラットフォームを構築した。県内の質の高い農産物や文化クリエーティブ製品、景勝地の宿泊施設資源などを集め、農産物・観光商品の販路を拡大し、農家の増産と増収を後押ししている。現在、同プラットフォームは30近い地元大手企業や合作社(協同組合)の参加を得て、同県特産の農産物・観光商品200種類以上を出品している。累積注文件数は20万件に達し、地元の貧困世帯4千人余りを貧困脱却と増収へ導いた。(銀川=新華社記者/王鵬)= 配信日: 2021(平成33)年3月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月03日
    (1)貧困者支援ECプラットフォーム構築、農産物販売・観光を促進寧夏同心県

    2月24日、地元特産の農作物をライブ配信でPRする「大美同心」ECプラットフォームのキャスター。中国寧夏回族自治区呉忠市同心県はここ数年、小売り活動を通じた貧困者支援電子商取引(EC)プラットフォームの発展を積極的に推進し、「大美同心」ECプラットフォームを構築した。県内の質の高い農産物や文化クリエーティブ製品、景勝地の宿泊施設資源などを集め、農産物・観光商品の販路を拡大し、農家の増産と増収を後押ししている。現在、同プラットフォームは30近い地元大手企業や合作社(協同組合)の参加を得て、同県特産の農産物・観光商品200種類以上を出品している。累積注文件数は20万件に達し、地元の貧困世帯4千人余りを貧困脱却と増収へ導いた。(銀川=新華社記者/王鵬)= 配信日: 2021(平成33)年3月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月03日
    (4)貧困者支援ECプラットフォーム構築、農産物販売・観光を促進寧夏同心県

    2月24日、展示されている地元特産製品の在庫を確認する「大美同心」ECプラットフォームのスタッフ。中国寧夏回族自治区呉忠市同心県はここ数年、小売り活動を通じた貧困者支援電子商取引(EC)プラットフォームの発展を積極的に推進し、「大美同心」ECプラットフォームを構築した。県内の質の高い農産物や文化クリエーティブ製品、景勝地の宿泊施設資源などを集め、農産物・観光商品の販路を拡大し、農家の増産と増収を後押ししている。現在、同プラットフォームは30近い地元大手企業や合作社(協同組合)の参加を得て、同県特産の農産物・観光商品200種類以上を出品している。累積注文件数は20万件に達し、地元の貧困世帯4千人余りを貧困脱却と増収へ導いた。(銀川=新華社記者/唐如峰)= 配信日: 2021(平成33)年3月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月02日
    (8)貧困脱却の道に響く「花児」の旋律寧夏回族自治区

    2月23日、故郷の山の上で「花児」のオリジナル曲を高らかに歌う馬瑞峰さん。中国寧夏回族自治区呉忠市同心県王団鎮白土崾峴(はくどようけん)村出身の馬瑞峰(ば・ずいほう)さんは、「花児」と呼ばれる民謡の名人。子どもの頃から故郷の山あいで祖父や父親が羊を放牧しながら「花児」を口ずさむ姿に触れ、自然と自身も上手な歌い手となっていた。生活条件の厳しかった馬さんだが、長年にわたる出稼ぎなどを経て、徐々に暮らし向きを好転させ、2015年には同県の中心部に家を購入した。馬さんはまた、インターネットライブ配信プラットフォームの盛り上がりを受け、2年前に「花児」のライブ配信ルームを開設した他、余暇を利用して学校に赴き、小中学生に無償で歌唱の指導を行っている。「花児」は中国北西部に伝わる農村民謡で、高らかな歌声と美しい抑揚、起伏に富んだ曲調から、世界無形文化遺産リストに登録されている。(銀川=新華社記者/王鵬)= 配信日: 2021(平成33)年3月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月02日
    (5)貧困脱却の道に響く「花児」の旋律寧夏回族自治区

    2月23日、自宅で「花児」の歌唱をライブ配信する馬瑞峰さん。中国寧夏回族自治区呉忠市同心県王団鎮白土崾峴(はくどようけん)村出身の馬瑞峰(ば・ずいほう)さんは、「花児」と呼ばれる民謡の名人。子どもの頃から故郷の山あいで祖父や父親が羊を放牧しながら「花児」を口ずさむ姿に触れ、自然と自身も上手な歌い手となっていた。生活条件の厳しかった馬さんだが、長年にわたる出稼ぎなどを経て、徐々に暮らし向きを好転させ、2015年には同県の中心部に家を購入した。馬さんはまた、インターネットライブ配信プラットフォームの盛り上がりを受け、2年前に「花児」のライブ配信ルームを開設した他、余暇を利用して学校に赴き、小中学生に無償で歌唱の指導を行っている。「花児」は中国北西部に伝わる農村民謡で、高らかな歌声と美しい抑揚、起伏に富んだ曲調から、世界無形文化遺産リストに登録されている。(銀川=新華社記者/王鵬)= 配信日: 2021(平成33)年3月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月02日
    (2)貧困脱却の道に響く「花児」の旋律寧夏回族自治区

    甘粛省玉門市で出稼ぎをしていた頃の馬瑞峰さん。(2019年撮影、資料写真)中国寧夏回族自治区呉忠市同心県王団鎮白土崾峴(はくどようけん)村出身の馬瑞峰(ば・ずいほう)さんは、「花児」と呼ばれる民謡の名人。子どもの頃から故郷の山あいで祖父や父親が羊を放牧しながら「花児」を口ずさむ姿に触れ、自然と自身も上手な歌い手となっていた。生活条件の厳しかった馬さんだが、長年にわたる出稼ぎなどを経て、徐々に暮らし向きを好転させ、2015年には同県の中心部に家を購入した。馬さんはまた、インターネットライブ配信プラットフォームの盛り上がりを受け、2年前に「花児」のライブ配信ルームを開設した他、余暇を利用して学校に赴き、小中学生に無償で歌唱の指導を行っている。「花児」は中国北西部に伝わる農村民謡で、高らかな歌声と美しい抑揚、起伏に富んだ曲調から、世界無形文化遺産リストに登録されている。(銀川=新華社記者/王鵬)= 配信日: 2021(平成33)年3月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月02日
    (6)貧困脱却の道に響く「花児」の旋律寧夏回族自治区

    2月23日、故郷の古い家の前で「花児」を歌う馬瑞峰さん。中国寧夏回族自治区呉忠市同心県王団鎮白土崾峴(はくどようけん)村出身の馬瑞峰(ば・ずいほう)さんは、「花児」と呼ばれる民謡の名人。子どもの頃から故郷の山あいで祖父や父親が羊を放牧しながら「花児」を口ずさむ姿に触れ、自然と自身も上手な歌い手となっていた。生活条件の厳しかった馬さんだが、長年にわたる出稼ぎなどを経て、徐々に暮らし向きを好転させ、2015年には同県の中心部に家を購入した。馬さんはまた、インターネットライブ配信プラットフォームの盛り上がりを受け、2年前に「花児」のライブ配信ルームを開設した他、余暇を利用して学校に赴き、小中学生に無償で歌唱の指導を行っている。「花児」は中国北西部に伝わる農村民謡で、高らかな歌声と美しい抑揚、起伏に富んだ曲調から、世界無形文化遺産リストに登録されている。(銀川=新華社記者/王鵬)= 配信日: 2021(平成33)年3月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月02日
    (7)貧困脱却の道に響く「花児」の旋律寧夏回族自治区

    2月23日、故郷の山の上で「花児」のオリジナル曲を高らかに歌う馬瑞峰さん。中国寧夏回族自治区呉忠市同心県王団鎮白土崾峴(はくどようけん)村出身の馬瑞峰(ば・ずいほう)さんは、「花児」と呼ばれる民謡の名人。子どもの頃から故郷の山あいで祖父や父親が羊を放牧しながら「花児」を口ずさむ姿に触れ、自然と自身も上手な歌い手となっていた。生活条件の厳しかった馬さんだが、長年にわたる出稼ぎなどを経て、徐々に暮らし向きを好転させ、2015年には同県の中心部に家を購入した。馬さんはまた、インターネットライブ配信プラットフォームの盛り上がりを受け、2年前に「花児」のライブ配信ルームを開設した他、余暇を利用して学校に赴き、小中学生に無償で歌唱の指導を行っている。「花児」は中国北西部に伝わる農村民謡で、高らかな歌声と美しい抑揚、起伏に富んだ曲調から、世界無形文化遺産リストに登録されている。(銀川=新華社記者/王鵬)= 配信日: 2021(平成33)年3月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月02日
    (1)貧困脱却の道に響く「花児」の旋律寧夏回族自治区

    2月23日、故郷の山の上で「花児」のオリジナル曲を高らかに歌う馬瑞峰さん。中国寧夏回族自治区呉忠市同心県王団鎮白土崾峴(はくどようけん)村出身の馬瑞峰(ば・ずいほう)さんは、「花児」と呼ばれる民謡の名人。子どもの頃から故郷の山あいで祖父や父親が羊を放牧しながら「花児」を口ずさむ姿に触れ、自然と自身も上手な歌い手となっていた。生活条件の厳しかった馬さんだが、長年にわたる出稼ぎなどを経て、徐々に暮らし向きを好転させ、2015年には同県の中心部に家を購入した。馬さんはまた、インターネットライブ配信プラットフォームの盛り上がりを受け、2年前に「花児」のライブ配信ルームを開設した他、余暇を利用して学校に赴き、小中学生に無償で歌唱の指導を行っている。「花児」は中国北西部に伝わる農村民謡で、高らかな歌声と美しい抑揚、起伏に富んだ曲調から、世界無形文化遺産リストに登録されている。(銀川=新華社記者/王鵬)= 配信日: 2021(平成33)年3月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月02日
    (4)貧困脱却の道に響く「花児」の旋律寧夏回族自治区

    2月23日、衣裳に着替え、自宅からのライブ配信に備える馬瑞峰さん。中国寧夏回族自治区呉忠市同心県王団鎮白土崾峴(はくどようけん)村出身の馬瑞峰(ば・ずいほう)さんは、「花児」と呼ばれる民謡の名人。子どもの頃から故郷の山あいで祖父や父親が羊を放牧しながら「花児」を口ずさむ姿に触れ、自然と自身も上手な歌い手となっていた。生活条件の厳しかった馬さんだが、長年にわたる出稼ぎなどを経て、徐々に暮らし向きを好転させ、2015年には同県の中心部に家を購入した。馬さんはまた、インターネットライブ配信プラットフォームの盛り上がりを受け、2年前に「花児」のライブ配信ルームを開設した他、余暇を利用して学校に赴き、小中学生に無償で歌唱の指導を行っている。「花児」は中国北西部に伝わる農村民謡で、高らかな歌声と美しい抑揚、起伏に富んだ曲調から、世界無形文化遺産リストに登録されている。(銀川=新華社記者/王鵬)= 配信日: 2021(平成33)年3月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月27日
    (1)無形文化遺産「保安腰刀」が貧困脱却を後押し甘粛省

    24日、保安腰刀技術を代表する折花刀。中国の少数民族、保安(パオアン)族は、主に甘粛省臨夏回族自治州積石山パオアン族トンシャン族サラール族自治県に居住し、保安腰刀と呼ばれる上質のナイフを製作することで知られる。長い生産生活の中で生み出された手工芸品で、その鍛造技術は2006年に中国の第1次国家級無形文化遺産リストに登録された。製造工程は複雑で、最大80余りの工程を経る必要がある。刀の製造は既にパオアン族の主要収入源ではなくなったが、保安腰刀産業は今でも地域の経済・社会の発展に重要な役割を果たしている。加工・製造はこれまで家庭工房方式が一般的だったが、現在のパオアン族の人々は、同方式を基に規模を拡大し、先進的な技術を導入。家庭工房を専門作業場へと進化させた。地元はここ数年、独自の保安腰刀鍛造技術を柱に貧困層労働者の技術習得を後押しし、安定的な貧困脱却を実現させてきた。特色ある無形文化遺産に立脚した経済の構築に努めるとともに、保安腰刀の恩恵が多くの世帯に及ぶよう技術の伝承を図っている。(臨夏=新華社記者/馬莎)= 配信日: 2021(平成33)年2月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:40.08
    2021年02月27日
    「新華社」中国の貧困削減の秘訣

    新華社中国の貧困削減の秘訣貧困、それは千年以上にわたる世界的難題。2012年、広大な中国の地が抱えていた貧困人口は1億人以上。中国は8年の時をかけて、この数字をゼロにしました。全ての人に唯一無二の物語があります。「私は最初に引っ越しに同意しました。今の生活よりは良くなると思ったからです。」「この心臓の病をとても憎みました。」「私は死んでも子供に学校に通わせます。」「家族のために努力しています。」「貧困から脱却して豊かになることに大きく影響します。私に何かできないでしょうか。」これは中国からの経験です。そして、世界の知恵でもあります。駐中国ヨルダン大使フサーム・アル・フサイニーこれは世界中の何億万人に関する物語です。国際労働機関(ILO)事務局長ガイ・ライダーこれは比類なき成果です。国連事務総長グテーレスこれは歴史上最も偉大な貧困脱却の成果です。新華社制作のドキュメンタリー「中国の貧困削減の秘訣」、ついに公開。 =配信日: 2021(平成33)年2月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月27日
    (2)無形文化遺産「保安腰刀」が貧困脱却を後押し甘粛省

    24日、積石山パオアン族トンシャン族サラール族自治県大河家鎮にある無形文化遺産貧困者支援工房で、保安腰刀の製法を学ぶ男性。中国の少数民族、保安(パオアン)族は、主に甘粛省臨夏回族自治州積石山パオアン族トンシャン族サラール族自治県に居住し、保安腰刀と呼ばれる上質のナイフを製作することで知られる。長い生産生活の中で生み出された手工芸品で、その鍛造技術は2006年に中国の第1次国家級無形文化遺産リストに登録された。製造工程は複雑で、最大80余りの工程を経る必要がある。刀の製造は既にパオアン族の主要収入源ではなくなったが、保安腰刀産業は今でも地域の経済・社会の発展に重要な役割を果たしている。加工・製造はこれまで家庭工房方式が一般的だったが、現在のパオアン族の人々は、同方式を基に規模を拡大し、先進的な技術を導入。家庭工房を専門作業場へと進化させた。地元はここ数年、独自の保安腰刀鍛造技術を柱に貧困層労働者の技術習得を後押しし、安定的な貧困脱却を実現させてきた。特色ある無形文化遺産に立脚した経済の構築に努めるとともに、保安腰刀の恩恵が多くの世帯に及ぶよう技術の伝承を図っている。(臨夏=新華社記者/張百慧)= 配信日: 2021(平成33)年2月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月27日
    (5)無形文化遺産「保安腰刀」が貧困脱却を後押し甘粛省

    24日、研磨前の保安腰刀。中国の少数民族、保安(パオアン)族は、主に甘粛省臨夏回族自治州積石山パオアン族トンシャン族サラール族自治県に居住し、保安腰刀と呼ばれる上質のナイフを製作することで知られる。長い生産生活の中で生み出された手工芸品で、その鍛造技術は2006年に中国の第1次国家級無形文化遺産リストに登録された。製造工程は複雑で、最大80余りの工程を経る必要がある。刀の製造は既にパオアン族の主要収入源ではなくなったが、保安腰刀産業は今でも地域の経済・社会の発展に重要な役割を果たしている。加工・製造はこれまで家庭工房方式が一般的だったが、現在のパオアン族の人々は、同方式を基に規模を拡大し、先進的な技術を導入。家庭工房を専門作業場へと進化させた。地元はここ数年、独自の保安腰刀鍛造技術を柱に貧困層労働者の技術習得を後押しし、安定的な貧困脱却を実現させてきた。特色ある無形文化遺産に立脚した経済の構築に努めるとともに、保安腰刀の恩恵が多くの世帯に及ぶよう技術の伝承を図っている。(臨夏=新華社記者/馬莎)= 配信日: 2021(平成33)年2月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:04.96
    2021年02月27日
    「新華社」無形文化遺産「保安腰刀」が貧困脱却を後押し甘粛省

    中国の少数民族、保安(パオアン)族は、主に甘粛省臨夏回族自治州積石山パオアン族トンシャン族サラール族自治県に居住し、保安腰刀と呼ばれる上質のナイフを製作することで知られる。長い生産生活の中で生み出された手工芸品で、その鍛造技術は2006年に中国の第1次国家級無形文化遺産リストに登録された。製造工程は複雑で、最大80余りの工程を経る必要がある。刀の製造は既にパオアン族の主要収入源ではなくなったが、保安腰刀産業は今でも地域の経済・社会の発展に重要な役割を果たしている。加工・製造はこれまで家庭工房方式が一般的だったが、現在のパオアン族の人々は、同方式を基に規模を拡大し、先進的な技術を導入。家庭工房を専門作業場へと進化させた。地元はここ数年、独自の保安腰刀鍛造技術を柱に貧困層労働者の技術習得を後押しし、安定的な貧困脱却を実現させてきた。特色ある無形文化遺産に立脚した経済の構築に努めるとともに、保安腰刀の恩恵が多くの世帯に及ぶよう技術の伝承を図っている。(記者/馬莎、張百慧) =配信日: 2021(平成33)年2月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月27日
    (4)無形文化遺産「保安腰刀」が貧困脱却を後押し甘粛省

    24日、積石山パオアン族トンシャン族サラール族自治県大河家鎮にある無形文化遺産貧困者支援工房で、刀を製造する国家級無形文化遺産代表項目「保安腰刀鍛造技術」の伝承者の馬尕主麻(ばがしゅま)さん。中国の少数民族、保安(パオアン)族は、主に甘粛省臨夏回族自治州積石山パオアン族トンシャン族サラール族自治県に居住し、保安腰刀と呼ばれる上質のナイフを製作することで知られる。長い生産生活の中で生み出された手工芸品で、その鍛造技術は2006年に中国の第1次国家級無形文化遺産リストに登録された。製造工程は複雑で、最大80余りの工程を経る必要がある。刀の製造は既にパオアン族の主要収入源ではなくなったが、保安腰刀産業は今でも地域の経済・社会の発展に重要な役割を果たしている。加工・製造はこれまで家庭工房方式が一般的だったが、現在のパオアン族の人々は、同方式を基に規模を拡大し、先進的な技術を導入。家庭工房を専門作業場へと進化させた。地元はここ数年、独自の保安腰刀鍛造技術を柱に貧困層労働者の技術習得を後押しし、安定的な貧困脱却を実現させてきた。特色ある無形文化遺産に立脚した経済の構築に努めるとともに、保安腰刀の恩恵が多くの世帯に及ぶよう技術の伝承を図っている。(臨夏=新華社記者/馬莎)= 配信日: 2021(平成33)年2月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月27日
    (6)無形文化遺産「保安腰刀」が貧困脱却を後押し甘粛省

    24日、さまざまな種類の保安腰刀。中国の少数民族、保安(パオアン)族は、主に甘粛省臨夏回族自治州積石山パオアン族トンシャン族サラール族自治県に居住し、保安腰刀と呼ばれる上質のナイフを製作することで知られる。長い生産生活の中で生み出された手工芸品で、その鍛造技術は2006年に中国の第1次国家級無形文化遺産リストに登録された。製造工程は複雑で、最大80余りの工程を経る必要がある。刀の製造は既にパオアン族の主要収入源ではなくなったが、保安腰刀産業は今でも地域の経済・社会の発展に重要な役割を果たしている。加工・製造はこれまで家庭工房方式が一般的だったが、現在のパオアン族の人々は、同方式を基に規模を拡大し、先進的な技術を導入。家庭工房を専門作業場へと進化させた。地元はここ数年、独自の保安腰刀鍛造技術を柱に貧困層労働者の技術習得を後押しし、安定的な貧困脱却を実現させてきた。特色ある無形文化遺産に立脚した経済の構築に努めるとともに、保安腰刀の恩恵が多くの世帯に及ぶよう技術の伝承を図っている。(臨夏=新華社記者/馬莎)= 配信日: 2021(平成33)年2月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月27日
    (3)無形文化遺産「保安腰刀」が貧困脱却を後押し甘粛省

    24日、積石山パオアン族トンシャン族サラール族自治県大河家鎮にある無形文化遺産貧困者支援工房で、妻と共に保安腰刀を製作する国家級無形文化遺産代表項目「保安腰刀鍛造技術」の伝承者の馬尕主麻(ばがしゅま)さん(左)。中国の少数民族、保安(パオアン)族は、主に甘粛省臨夏回族自治州積石山パオアン族トンシャン族サラール族自治県に居住し、保安腰刀と呼ばれる上質のナイフを製作することで知られる。長い生産生活の中で生み出された手工芸品で、その鍛造技術は2006年に中国の第1次国家級無形文化遺産リストに登録された。製造工程は複雑で、最大80余りの工程を経る必要がある。刀の製造は既にパオアン族の主要収入源ではなくなったが、保安腰刀産業は今でも地域の経済・社会の発展に重要な役割を果たしている。加工・製造はこれまで家庭工房方式が一般的だったが、現在のパオアン族の人々は、同方式を基に規模を拡大し、先進的な技術を導入。家庭工房を専門作業場へと進化させた。地元はここ数年、独自の保安腰刀鍛造技術を柱に貧困層労働者の技術習得を後押しし、安定的な貧困脱却を実現させてきた。特色ある無形文化遺産に立脚した経済の構築に努めるとともに、保安腰刀の恩恵が多くの世帯に及ぶよう技術の伝承を図っている。(臨夏=新華社記者/馬莎)= 配信日: 2021(平成33)年2月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月26日
    (25)北京で全国貧困脱却堅塁攻略総括表彰大会習近平氏が重要演説

    25日、大会で全国貧困脱却堅塁攻略の先進個人・団体の代表を表彰する習近平氏ら。中国北京の人民大会堂で25日、全国貧困脱却堅塁攻略総括表彰大会が開催された。習近平(しゅう・きんぺい)中国共産党中央委員会総書記・国家主席・中央軍事委員会主席が出席し、重要演説を行った。(北京=新華社記者/鞠鵬)= 配信日: 2021(平成33)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月26日
    (10)北京で全国貧困脱却堅塁攻略総括表彰大会習近平氏が重要演説

    25日、大会で記念撮影に応じる習近平氏(右)と全国貧困脱却堅塁攻略模範栄誉称号を受けた河北省塞罕壩(さいかんは)機械営林場の代表。中国北京の人民大会堂で25日、全国貧困脱却堅塁攻略総括表彰大会が開催された。習近平(しゅう・きんぺい)中国共産党中央委員会総書記・国家主席・中央軍事委員会主席が出席し、重要演説を行った。(北京=新華社記者/李学仁)= 配信日: 2021(平成33)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月26日
    (11)北京で全国貧困脱却堅塁攻略総括表彰大会習近平氏が重要演説

    25日、大会で記念撮影に応じる習近平氏(右)と全国貧困脱却堅塁攻略模範栄誉称号を受けた安徽省金寨県花石郷大湾村の代表。中国北京の人民大会堂で25日、全国貧困脱却堅塁攻略総括表彰大会が開催された。習近平(しゅう・きんぺい)中国共産党中央委員会総書記・国家主席・中央軍事委員会主席が出席し、重要演説を行った。(北京=新華社記者/李学仁)= 配信日: 2021(平成33)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月26日
    (6)北京で全国貧困脱却堅塁攻略総括表彰大会習近平氏が重要演説

    25日、大会で記念撮影に応じる習近平氏(右)と全国貧困脱却堅塁攻略模範栄誉称号受章者の李玉(り・ぎょく)氏。中国北京の人民大会堂で25日、全国貧困脱却堅塁攻略総括表彰大会が開催された。習近平(しゅう・きんぺい)中国共産党中央委員会総書記・国家主席・中央軍事委員会主席が出席し、重要演説を行った。(北京=新華社記者/李学仁)= 配信日: 2021(平成33)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月26日
    (26)北京で全国貧困脱却堅塁攻略総括表彰大会習近平氏が重要演説

    25日、大会に先立ち、全国貧困脱却堅塁攻略模範栄誉称号受章者、全国貧困脱却堅塁攻略の先進個人・団体の代表、全国貧困脱却堅塁攻略模範栄誉称号の個人受章者と公務のため犠牲になった全国貧困脱却堅塁攻略先進個人の親族代表と会見し、手を振ってあいさつする習近平氏。中国北京の人民大会堂で25日、全国貧困脱却堅塁攻略総括表彰大会が開催された。習近平(しゅう・きんぺい)中国共産党中央委員会総書記・国家主席・中央軍事委員会主席が出席し、重要演説を行った。(北京=新華社記者/謝環馳)= 配信日: 2021(平成33)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月26日
    (28)北京で全国貧困脱却堅塁攻略総括表彰大会習近平氏が重要演説

    25日、大会で全国貧困脱却堅塁攻略の先進個人・団体の代表を表彰する習近平氏ら。中国北京の人民大会堂で25日、全国貧困脱却堅塁攻略総括表彰大会が開催された。習近平(しゅう・きんぺい)中国共産党中央委員会総書記・国家主席・中央軍事委員会主席が出席し、重要演説を行った。(北京=新華社記者/鞠鵬)= 配信日: 2021(平成33)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月26日
    (12)北京で全国貧困脱却堅塁攻略総括表彰大会習近平氏が重要演説

    25日、大会で記念撮影に応じる習近平氏(右)と全国貧困脱却堅塁攻略模範栄誉称号を受けた中国共産党福建省寿寧県下党郷委員会の代表。中国北京の人民大会堂で25日、全国貧困脱却堅塁攻略総括表彰大会が開催された。習近平(しゅう・きんぺい)中国共産党中央委員会総書記・国家主席・中央軍事委員会主席が出席し、重要演説を行った。(北京=新華社記者/李学仁)= 配信日: 2021(平成33)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月26日
    (7)北京で全国貧困脱却堅塁攻略総括表彰大会習近平氏が重要演説

    25日、大会で記念撮影に応じる習近平氏(右)と全国貧困脱却堅塁攻略模範栄誉称号受章者の張桂梅(ちょう・けいばい)氏。中国北京の人民大会堂で25日、全国貧困脱却堅塁攻略総括表彰大会が開催された。習近平(しゅう・きんぺい)中国共産党中央委員会総書記・国家主席・中央軍事委員会主席が出席し、重要演説を行った。(北京=新華社記者/李学仁)= 配信日: 2021(平成33)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月26日
    (17)北京で全国貧困脱却堅塁攻略総括表彰大会習近平氏が重要演説

    25日、大会で記念撮影に応じる習近平氏(右)と全国貧困脱却堅塁攻略模範栄誉称号を受けた陝西省綏徳(すいとく)県張家砭(ちょうかへん)鎮郝家橋(かくかきょう)村の代表。中国北京の人民大会堂で25日、全国貧困脱却堅塁攻略総括表彰大会が開催された。習近平(しゅう・きんぺい)中国共産党中央委員会総書記・国家主席・中央軍事委員会主席が出席し、重要演説を行った。(北京=新華社記者/李学仁)= 配信日: 2021(平成33)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月26日
    (4)北京で全国貧困脱却堅塁攻略総括表彰大会習近平氏が重要演説

    25日、大会で記念撮影に応じる習近平氏(右)と全国貧困脱却堅塁攻略模範栄誉称号受章者の毛相林(もう・そうりん)氏。中国北京の人民大会堂で25日、全国貧困脱却堅塁攻略総括表彰大会が開催された。習近平(しゅう・きんぺい)中国共産党中央委員会総書記・国家主席・中央軍事委員会主席が出席し、重要演説を行った。(北京=新華社記者/李学仁)= 配信日: 2021(平成33)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月26日
    (20)北京で全国貧困脱却堅塁攻略総括表彰大会習近平氏が重要演説

    25日、大会で撮影に応じる全国貧困脱却堅塁攻略の先進個人・団体の代表ら。中国北京の人民大会堂で25日、全国貧困脱却堅塁攻略総括表彰大会が開催された。習近平(しゅう・きんぺい)中国共産党中央委員会総書記・国家主席・中央軍事委員会主席が出席し、重要演説を行った。(北京=新華社記者/謝環馳)= 配信日: 2021(平成33)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月26日
    (24)北京で全国貧困脱却堅塁攻略総括表彰大会習近平氏が重要演説

    25日、全国貧困脱却堅塁攻略総括表彰大会で重要演説を行う習近平氏。中国北京の人民大会堂で25日、全国貧困脱却堅塁攻略総括表彰大会が開催された。習近平(しゅう・きんぺい)中国共産党中央委員会総書記・国家主席・中央軍事委員会主席が出席し、重要演説を行った。(北京=新華社記者/李学仁)= 配信日: 2021(平成33)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月26日
    (19)北京で全国貧困脱却堅塁攻略総括表彰大会習近平氏が重要演説

    25日、大会で記念撮影に応じる習近平氏(右)と全国貧困脱却堅塁攻略模範栄誉称号を受けた寧夏回族自治区永寧県閩寧鎮の代表。中国北京の人民大会堂で25日、全国貧困脱却堅塁攻略総括表彰大会が開催された。習近平(しゅう・きんぺい)中国共産党中央委員会総書記・国家主席・中央軍事委員会主席が出席し、重要演説を行った。(北京=新華社記者/李学仁)= 配信日: 2021(平成33)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月26日
    (18)北京で全国貧困脱却堅塁攻略総括表彰大会習近平氏が重要演説

    25日、大会で記念撮影に応じる習近平氏(右)と全国貧困脱却堅塁攻略模範栄誉称号を受けた青海省海東市互助トゥ族自治県五十鎮班彦村の代表。中国北京の人民大会堂で25日、全国貧困脱却堅塁攻略総括表彰大会が開催された。習近平(しゅう・きんぺい)中国共産党中央委員会総書記・国家主席・中央軍事委員会主席が出席し、重要演説を行った。(北京=新華社記者/李学仁)= 配信日: 2021(平成33)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月26日
    (13)北京で全国貧困脱却堅塁攻略総括表彰大会習近平氏が重要演説

    25日、大会で記念撮影に応じる習近平氏(右)と全国貧困脱却堅塁攻略模範栄誉称号を受けた江西省瑞金市葉坪郷の代表。中国北京の人民大会堂で25日、全国貧困脱却堅塁攻略総括表彰大会が開催された。習近平(しゅう・きんぺい)中国共産党中央委員会総書記・国家主席・中央軍事委員会主席が出席し、重要演説を行った。(北京=新華社記者/李学仁)= 配信日: 2021(平成33)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月26日
    (21)北京で全国貧困脱却堅塁攻略総括表彰大会習近平氏が重要演説

    25日、大会で撮影に応じる全国貧困脱却堅塁攻略の先進個人・団体の代表ら。中国北京の人民大会堂で25日、全国貧困脱却堅塁攻略総括表彰大会が開催された。習近平(しゅう・きんぺい)中国共産党中央委員会総書記・国家主席・中央軍事委員会主席が出席し、重要演説を行った。(北京=新華社記者/鞠鵬)= 配信日: 2021(平成33)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月26日
    (9)北京で全国貧困脱却堅塁攻略総括表彰大会習近平氏が重要演説

    25日、大会で記念撮影に応じる習近平氏(右)と全国貧困脱却堅塁攻略模範栄誉称号受章者の夏森(か・しん)氏。中国北京の人民大会堂で25日、全国貧困脱却堅塁攻略総括表彰大会が開催された。習近平(しゅう・きんぺい)中国共産党中央委員会総書記・国家主席・中央軍事委員会主席が出席し、重要演説を行った。(北京=新華社記者/李学仁)= 配信日: 2021(平成33)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月26日
    (22)北京で全国貧困脱却堅塁攻略総括表彰大会習近平氏が重要演説

    25日、大会で撮影に応じる全国貧困脱却堅塁攻略の先進個人・団体の代表ら。中国北京の人民大会堂で25日、全国貧困脱却堅塁攻略総括表彰大会が開催された。習近平(しゅう・きんぺい)中国共産党中央委員会総書記・国家主席・中央軍事委員会主席が出席し、重要演説を行った。(北京=新華社記者/燕雁)= 配信日: 2021(平成33)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月26日
    (2)北京で全国貧困脱却堅塁攻略総括表彰大会習近平氏が重要演説

    25日、大会に先立ち、記念撮影に応じる習近平氏ら党・国家指導者と全国貧困脱却堅塁攻略模範栄誉称号受章者、全国貧困脱却堅塁攻略の先進個人・団体の代表、全国貧困脱却堅塁攻略模範栄誉称号の個人受章者と公務のため犠牲になった全国貧困脱却堅塁攻略先進個人の親族代表。中国北京の人民大会堂で25日、全国貧困脱却堅塁攻略総括表彰大会が開催された。習近平(しゅう・きんぺい)中国共産党中央委員会総書記・国家主席・中央軍事委員会主席が出席し、重要演説を行った。(北京=新華社記者/鞠鵬)= 配信日: 2021(平成33)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月26日
    (27)北京で全国貧困脱却堅塁攻略総括表彰大会習近平氏が重要演説

    25日、大会に先立ち、全国貧困脱却堅塁攻略模範栄誉称号受章者、全国貧困脱却堅塁攻略の先進個人・団体の代表、全国貧困脱却堅塁攻略模範栄誉称号の個人受章者と公務のため犠牲になった全国貧困脱却堅塁攻略先進個人の親族代表と会見し、手を振ってあいさつする習近平氏。中国北京の人民大会堂で25日、全国貧困脱却堅塁攻略総括表彰大会が開催された。習近平(しゅう・きんぺい)中国共産党中央委員会総書記・国家主席・中央軍事委員会主席が出席し、重要演説を行った。(北京=新華社記者/謝環馳)= 配信日: 2021(平成33)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月26日
    (8)北京で全国貧困脱却堅塁攻略総括表彰大会習近平氏が重要演説

    25日、大会で記念撮影に応じる習近平氏(右)と全国貧困脱却堅塁攻略模範栄誉称号受章者の趙亜夫(ちょう・あふ)氏。中国北京の人民大会堂で25日、全国貧困脱却堅塁攻略総括表彰大会が開催された。習近平(しゅう・きんぺい)中国共産党中央委員会総書記・国家主席・中央軍事委員会主席が出席し、重要演説を行った。(北京=新華社記者/李学仁)= 配信日: 2021(平成33)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月26日
    (14)北京で全国貧困脱却堅塁攻略総括表彰大会習近平氏が重要演説

    25日、大会で記念撮影に応じる習近平氏(右)と全国貧困脱却堅塁攻略模範栄誉称号を受けた湖南省花垣県双竜鎮十八洞村の代表。中国北京の人民大会堂で25日、全国貧困脱却堅塁攻略総括表彰大会が開催された。習近平(しゅう・きんぺい)中国共産党中央委員会総書記・国家主席・中央軍事委員会主席が出席し、重要演説を行った。(北京=新華社記者/李学仁)= 配信日: 2021(平成33)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月26日
    (16)北京で全国貧困脱却堅塁攻略総括表彰大会習近平氏が重要演説

    25日、大会で記念撮影に応じる習近平氏(右)と全国貧困脱却堅塁攻略模範栄誉称号を受けた国家電網傘下のチベット電力農電作業部の代表。中国北京の人民大会堂で25日、全国貧困脱却堅塁攻略総括表彰大会が開催された。習近平(しゅう・きんぺい)中国共産党中央委員会総書記・国家主席・中央軍事委員会主席が出席し、重要演説を行った。(北京=新華社記者/李学仁)= 配信日: 2021(平成33)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月26日
    (15)北京で全国貧困脱却堅塁攻略総括表彰大会習近平氏が重要演説

    25日、大会で記念撮影に応じる習近平氏(右)と全国貧困脱却堅塁攻略模範栄誉称号を受けた四川省涼山イ族自治州昭覚県三岔河鎮三河村の代表。中国北京の人民大会堂で25日、全国貧困脱却堅塁攻略総括表彰大会が開催された。習近平(しゅう・きんぺい)中国共産党中央委員会総書記・国家主席・中央軍事委員会主席が出席し、重要演説を行った。(北京=新華社記者/李学仁)= 配信日: 2021(平成33)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月26日
    (5)北京で全国貧困脱却堅塁攻略総括表彰大会習近平氏が重要演説

    25日、大会で記念撮影に応じる習近平氏(右)と全国貧困脱却堅塁攻略模範栄誉称号受章者の白晶瑩(はく・しょうえい)氏。中国北京の人民大会堂で25日、全国貧困脱却堅塁攻略総括表彰大会が開催された。習近平(しゅう・きんぺい)中国共産党中央委員会総書記・国家主席・中央軍事委員会主席が出席し、重要演説を行った。(北京=新華社記者/李学仁)= 配信日: 2021(平成33)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月26日
    (23)北京で全国貧困脱却堅塁攻略総括表彰大会習近平氏が重要演説

    25日、大会で撮影に応じる全国貧困脱却堅塁攻略の先進個人・団体の代表ら。中国北京の人民大会堂で25日、全国貧困脱却堅塁攻略総括表彰大会が開催された。習近平(しゅう・きんぺい)中国共産党中央委員会総書記・国家主席・中央軍事委員会主席が出席し、重要演説を行った。(北京=新華社記者/李学仁)= 配信日: 2021(平成33)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月25日
    (3)全国貧困脱却堅塁攻略総括表彰大会が北京で開催

    中国の「全国貧困脱却堅塁攻略総括表彰大会」が25日、北京の人民大会堂で盛大に開催された。(北京=新華社記者/殷博古)= 配信日: 2021(平成33)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月25日
    (1)北京で全国貧困脱却堅塁攻略総括表彰大会 習近平氏が重要演説

    25日、全国貧困脱却堅塁攻略総括表彰大会で重要演説を行う習近平氏。中国北京の人民大会堂で25日、全国貧困脱却堅塁攻略総括表彰大会が開催された。習近平(しゅう・きんぺい)中国共産党中央委員会総書記・国家主席・中央軍事委員会主席が出席し、重要演説を行った。(北京=新華社記者/燕雁)= 配信日: 2021(平成33)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月25日
    (2)全国貧困脱却堅塁攻略総括表彰大会が北京で開催

    中国の「全国貧困脱却堅塁攻略総括表彰大会」が25日、北京の人民大会堂で盛大に開催された。(北京=新華社記者/殷博古)= 配信日: 2021(平成33)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月25日
    (4)全国貧困脱却堅塁攻略総括表彰大会が北京で開催

    中国の「全国貧困脱却堅塁攻略総括表彰大会」が25日、北京の人民大会堂で盛大に開催された。(北京=新華社記者/殷博古)= 配信日: 2021(平成33)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月25日
    (1)全国貧困脱却堅塁攻略総括表彰大会が北京で開催

    中国の「全国貧困脱却堅塁攻略総括表彰大会」が25日、北京の人民大会堂で盛大に開催された。(北京=新華社記者/殷博古)= 配信日: 2021(平成33)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月25日
    (5)全国貧困脱却堅塁攻略総括表彰大会が北京で開催

    中国の「全国貧困脱却堅塁攻略総括表彰大会」が25日、北京の人民大会堂で盛大に開催された。(北京=新華社記者/殷博古)= 配信日: 2021(平成33)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月25日
    (3)北京で全国貧困脱却堅塁攻略総括表彰大会 習近平氏が重要演説

    25日、全国貧困脱却堅塁攻略総括表彰大会に出席する習近平氏ら党・国家指導者。中国北京の人民大会堂で25日、全国貧困脱却堅塁攻略総括表彰大会が開催された。習近平(しゅう・きんぺい)中国共産党中央委員会総書記・国家主席・中央軍事委員会主席が出席し、重要演説を行った。(北京=新華社記者/鞠鵬)= 配信日: 2021(平成33)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月24日
    (1)黒竜江省、都市と農村の居住環境改善の取り組みを強化

    新築家屋の前に立つ黒竜江省撫遠(ふえん)市の貧困脱却世帯。(2020年6月15日撮影)中国黒竜江省で開催中の第13期人民代表大会第5回会議で21日、同省の都市と農村の居住環境が一段と改善されたことが明らかになった。同省はここ数年、居住環境改善の取り組みを強化しており、都市の貧困地域の62万7千棟、古い居住区の51万9千戸、農村の倒壊の危険がある43万7千戸を改造した。(ハルビン=新華社記者/楊思琪)= 配信日: 2021(平成33)年2月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:45.72
    2021年02月24日
    「新華社」春の日差し浴びて咲くカラミザクラ湖北省南漳県

    中国湖北省襄陽市南漳県城関鎮では、うららかな春の日差しの下、1万ムー(約667ヘクタール)以上にわたり植えられたカラミザクラが咲き誇っている。村は見渡す限り花で覆われ、多くの観光客が花見や写真撮影を楽しんでいる。同県はここ数年、農村振興戦略の実施に力を入れ、カラミザクラ栽培の発展に取り組んできた。サクランボ狩りのイベントや観光による貧困扶助活動を行い、農家の増産・増収と貧困脱却をけん引している。(記者/侯文坤)=配信日:2021(令和3)年2月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月23日
    (3)貧困脱却の道に響く「花児」の旋律 寧夏回族自治区

    2月23日、過去の受賞歴を振り返る馬瑞峰(右)さんと友人。中国寧夏回族自治区呉忠市同心県王団鎮白土崾峴(はくどようけん)村出身の馬瑞峰(ば・ずいほう)さんは、「花児」と呼ばれる民謡の名人。子どもの頃から故郷の山あいで祖父や父親が羊を放牧しながら「花児」を口ずさむ姿に触れ、自然と自身も上手な歌い手となっていた。生活条件の厳しかった馬さんだが、長年にわたる出稼ぎなどを経て、徐々に暮らし向きを好転させ、2015年には同県の中心部に家を購入した。馬さんはまた、インターネットライブ配信プラットフォームの盛り上がりを受け、2年前に「花児」のライブ配信ルームを開設した他、余暇を利用して学校に赴き、小中学生に無償で歌唱の指導を行っている。「花児」は中国北西部に伝わる農村民謡で、高らかな歌声と美しい抑揚、起伏に富んだ曲調から、世界無形文化遺産リストに登録されている。(銀川=新華社記者/王鵬)= 配信日: 2021(平成33)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月14日
    (17)「牛年」にウシについて語る

    広西チワン族自治区柳州市融水ミャオ族自治県桿洞(かんどう)郷尭告(ぎょうこく)村の高山天然牧場で、ウシの生育状態を確認する同村の貧困脱却支援チームのメンバー、李義成(り・ぎせい)さん。(2020年4月26日撮影)中国の旧暦の辛丑(かのとうし)年は「牛年」とも呼ばれる。中国人の伝統的な概念では、ウシは苦労をいとわずに懸命に努力する精神の象徴であり、人々がより良い生活を送るためのよりどころの一つでもあった。(南寧=新華社記者/黄孝邦)= 配信日: 2021(平成33)年02月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月14日
    (3)烏蒙山地に暮らすミャオ族の新しい生活貴州省

    11日、「年夜飯」(旧暦大みそかの夜に食べる料理)を前に集合写真を撮るミャオ族の村民。中国の烏蒙山脈の奥深くに位置する貴州省畢節市納雍(のうよう)県は、同省で最後に貧困脱却を果たした地域の一つとなった。地元政府はここ数年、地域の実状に応じて、サクランボや茶葉、野菜、食用キノコなど、特色ある農産物の栽培と地鶏・肉牛などの畜産業を発展させている。昨年の農業総生産額は2016年比16億5600万元(1元=約16円)増の65億3900万元となり、県内の1万492世帯、2万8538人が貧困から脱却した。(畢節=新華社記者/欧東衢)= 配信日: 2021(平成33)年02月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月14日
    (8)烏蒙山地に暮らすミャオ族の新しい生活貴州省

    10日、新居の前で旧居の写真を見せるミャオ族の村民。中国の烏蒙山脈の奥深くに位置する貴州省畢節市納雍(のうよう)県は、同省で最後に貧困脱却を果たした地域の一つとなった。地元政府はここ数年、地域の実状に応じて、サクランボや茶葉、野菜、食用キノコなど、特色ある農産物の栽培と地鶏・肉牛などの畜産業を発展させている。昨年の農業総生産額は2016年比16億5600万元(1元=約16円)増の65億3900万元となり、県内の1万492世帯、2万8538人が貧困から脱却した。(畢節=新華社記者/欧東衢)= 配信日: 2021(平成33)年02月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月14日
    (4)烏蒙山地に暮らすミャオ族の新しい生活貴州省

    11日、旧暦の新年を祝うミャオ族の村民。中国の烏蒙山脈の奥深くに位置する貴州省畢節市納雍(のうよう)県は、同省で最後に貧困脱却を果たした地域の一つとなった。地元政府はここ数年、地域の実状に応じて、サクランボや茶葉、野菜、食用キノコなど、特色ある農産物の栽培と地鶏・肉牛などの畜産業を発展させている。昨年の農業総生産額は2016年比16億5600万元(1元=約16円)増の65億3900万元となり、県内の1万492世帯、2万8538人が貧困から脱却した。(畢節=新華社記者/欧東衢)= 配信日: 2021(平成33)年02月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月14日
    (2)烏蒙山地に暮らすミャオ族の新しい生活貴州省

    上:納雍県維新鎮坪子社区の改修前の村道。(2010年11月6日撮影)下:改修された坪子社区の道路。(2021年2月11日撮影)中国の烏蒙山脈の奥深くに位置する貴州省畢節市納雍(のうよう)県は、同省で最後に貧困脱却を果たした地域の一つとなった。地元政府はここ数年、地域の実状に応じて、サクランボや茶葉、野菜、食用キノコなど、特色ある農産物の栽培と地鶏・肉牛などの畜産業を発展させている。昨年の農業総生産額は2016年比16億5600万元(1元=約16円)増の65億3900万元となり、県内の1万492世帯、2万8538人が貧困から脱却した。(畢節=新華社記者/欧東衢)= 配信日: 2021(平成33)年02月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月14日
    (7)烏蒙山地に暮らすミャオ族の新しい生活貴州省

    10日、年越し用品を買うミャオ族の村民。中国の烏蒙山脈の奥深くに位置する貴州省畢節市納雍(のうよう)県は、同省で最後に貧困脱却を果たした地域の一つとなった。地元政府はここ数年、地域の実状に応じて、サクランボや茶葉、野菜、食用キノコなど、特色ある農産物の栽培と地鶏・肉牛などの畜産業を発展させている。昨年の農業総生産額は2016年比16億5600万元(1元=約16円)増の65億3900万元となり、県内の1万492世帯、2万8538人が貧困から脱却した。(畢節=新華社記者/欧東衢)= 配信日: 2021(平成33)年02月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月14日
    (5)烏蒙山地に暮らすミャオ族の新しい生活貴州省

    10日、伝統的な餅菓子「糍粑(ツーバ)」作りの準備をするミャオ族の村民。中国の烏蒙山脈の奥深くに位置する貴州省畢節市納雍(のうよう)県は、同省で最後に貧困脱却を果たした地域の一つとなった。地元政府はここ数年、地域の実状に応じて、サクランボや茶葉、野菜、食用キノコなど、特色ある農産物の栽培と地鶏・肉牛などの畜産業を発展させている。昨年の農業総生産額は2016年比16億5600万元(1元=約16円)増の65億3900万元となり、県内の1万492世帯、2万8538人が貧困から脱却した。(畢節=新華社記者/欧東衢)= 配信日: 2021(平成33)年02月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月14日
    (1)烏蒙山地に暮らすミャオ族の新しい生活貴州省

    11日、新居の前で写真を撮るミャオ族の村民。中国の烏蒙山脈の奥深くに位置する貴州省畢節市納雍(のうよう)県は、同省で最後に貧困脱却を果たした地域の一つとなった。地元政府はここ数年、地域の実状に応じて、サクランボや茶葉、野菜、食用キノコなど、特色ある農産物の栽培と地鶏・肉牛などの畜産業を発展させている。昨年の農業総生産額は2016年比16億5600万元(1元=約16円)増の65億3900万元となり、県内の1万492世帯、2万8538人が貧困から脱却した。(畢節=新華社記者/欧東衢)= 配信日: 2021(平成33)年02月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月14日
    (6)烏蒙山地に暮らすミャオ族の新しい生活貴州省

    11日、「年夜飯」(旧暦大みそかの夜に食べる料理)の食卓で乾杯するミャオ族の村民。中国の烏蒙山脈の奥深くに位置する貴州省畢節市納雍(のうよう)県は、同省で最後に貧困脱却を果たした地域の一つとなった。地元政府はここ数年、地域の実状に応じて、サクランボや茶葉、野菜、食用キノコなど、特色ある農産物の栽培と地鶏・肉牛などの畜産業を発展させている。昨年の農業総生産額は2016年比16億5600万元(1元=約16円)増の65億3900万元となり、県内の1万492世帯、2万8538人が貧困から脱却した。(畢節=新華社記者/欧東衢)= 配信日: 2021(平成33)年02月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月13日
    (6)貧困を脱却し、新年の喜びをかみしめる甘粛省元古堆村

    7日、甘粛省定西市渭源県元古堆村で、購入した年越し用品を車から下ろす村民。中国甘粛省定西市渭源(いげん)県元古堆村はかつて、交通の不便と脆弱なインフラのため、貧困発生率が57%に達していた。貧困脱却堅塁攻略の開始後は、交通条件の改善や産業合作社(協同組合)の設立に取り組み、苗木育成や中国医学薬材、太陽光発電、農村観光などの産業発展に注力し、貧困世帯の就業と増収を後押ししてきた。同村は2018年末に村全体の貧困脱却を実現した。(渭源=新華社記者/馬希平)= 配信日: 2021(平成33)年02月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月13日
    (4)貧困を脱却し、新年の喜びをかみしめる甘粛省元古堆村

    6日、甘粛省定西市渭源県元古堆村の自宅で、麻花(こねた小麦粉を油で揚げた菓子)を作る村民。中国甘粛省定西市渭源(いげん)県元古堆村はかつて、交通の不便と脆弱なインフラのため、貧困発生率が57%に達していた。貧困脱却堅塁攻略の開始後は、交通条件の改善や産業合作社(協同組合)の設立に取り組み、苗木育成や中国医学薬材、太陽光発電、農村観光などの産業発展に注力し、貧困世帯の就業と増収を後押ししてきた。同村は2018年末に村全体の貧困脱却を実現した。(渭源=新華社記者/馬希平)= 配信日: 2021(平成33)年02月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月13日
    (5)貧困を脱却し、新年の喜びをかみしめる甘粛省元古堆村

    6日、甘粛省定西市渭源県元古堆村で、自宅の大掃除をする村民。中国甘粛省定西市渭源(いげん)県元古堆村はかつて、交通の不便と脆弱なインフラのため、貧困発生率が57%に達していた。貧困脱却堅塁攻略の開始後は、交通条件の改善や産業合作社(協同組合)の設立に取り組み、苗木育成や中国医学薬材、太陽光発電、農村観光などの産業発展に注力し、貧困世帯の就業と増収を後押ししてきた。同村は2018年末に村全体の貧困脱却を実現した。(渭源=新華社記者/馬希平)= 配信日: 2021(平成33)年02月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月13日
    (1)貧困を脱却し、新年の喜びをかみしめる甘粛省元古堆村

    6日、甘粛省定西市渭源県の元古堆村。(小型無人機から)中国甘粛省定西市渭源(いげん)県元古堆村はかつて、交通の不便と脆弱なインフラのため、貧困発生率が57%に達していた。貧困脱却堅塁攻略の開始後は、交通条件の改善や産業合作社(協同組合)の設立に取り組み、苗木育成や中国医学薬材、太陽光発電、農村観光などの産業発展に注力し、貧困世帯の就業と増収を後押ししてきた。同村は2018年末に村全体の貧困脱却を実現した。(渭源=新華社記者/馬希平)= 配信日: 2021(平成33)年02月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月13日
    (2)貧困を脱却し、新年の喜びをかみしめる甘粛省元古堆村

    5日、甘粛省定西市渭源県元古堆村で開かれた2020年度の分配大会。大会では同村の栽培専業合作社と観光開発企業が村民に配当金を分配した。中国甘粛省定西市渭源(いげん)県元古堆村はかつて、交通の不便と脆弱なインフラのため、貧困発生率が57%に達していた。貧困脱却堅塁攻略の開始後は、交通条件の改善や産業合作社(協同組合)の設立に取り組み、苗木育成や中国医学薬材、太陽光発電、農村観光などの産業発展に注力し、貧困世帯の就業と増収を後押ししてきた。同村は2018年末に村全体の貧困脱却を実現した。(渭源=新華社記者/馬希平)= 配信日: 2021(平成33)年02月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月13日
    (3)貧困を脱却し、新年の喜びをかみしめる甘粛省元古堆村

    5日、甘粛省定西市渭源県元古堆村の文化広場で、配当金を受け取る村民。中国甘粛省定西市渭源(いげん)県元古堆村はかつて、交通の不便と脆弱なインフラのため、貧困発生率が57%に達していた。貧困脱却堅塁攻略の開始後は、交通条件の改善や産業合作社(協同組合)の設立に取り組み、苗木育成や中国医学薬材、太陽光発電、農村観光などの産業発展に注力し、貧困世帯の就業と増収を後押ししてきた。同村は2018年末に村全体の貧困脱却を実現した。(渭源=新華社記者/馬希平)= 配信日: 2021(平成33)年02月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月13日
    (7)貧困を脱却し、新年の喜びをかみしめる甘粛省元古堆村

    11日、甘粛省定西市渭源県元古堆村ので、餃子を作り「年夜飯」(旧暦大みそかの夜に食べる料理)を準備する村民。中国甘粛省定西市渭源(いげん)県元古堆村はかつて、交通の不便と脆弱なインフラのため、貧困発生率が57%に達していた。貧困脱却堅塁攻略の開始後は、交通条件の改善や産業合作社(協同組合)の設立に取り組み、苗木育成や中国医学薬材、太陽光発電、農村観光などの産業発展に注力し、貧困世帯の就業と増収を後押ししてきた。同村は2018年末に村全体の貧困脱却を実現した。(渭源=新華社記者/馬希平)= 配信日: 2021(平成33)年02月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月09日
    (12)県城への移転で貧困脱却を実現する女性甘粛省東郷族自治県

    7日、新居を掃除する馬さん。中国甘粛省臨夏回族自治州東郷族自治県に住む馬比代(ば・ひだい)さんは、ごく普通の40代農村の女性。馬さんは2019年9月、移住・転居による貧困救済政策により、同自治県柳樹郷紅荘村から県城(県政府所在地)に建てられた移転者の小区(居住区)に一家8人で転居、遼寧方大集団実業の貧困者支援作業場で働き、毎月約3千元(1元=約16円)の収入を得るようになった。東郷族自治県ではここ数年、県内22の郷・鎮から貧困層約1万人が元の住まいを離れ、新居へ転居している。馬さんは、居住区周辺のインフラ施設は整備され交通も便利だと紹介し、「近くには幼稚園や小学校、診療所があり、子どもの通学や高齢者が病気を診てもらうのにとても便利だ」と語った。(臨夏=新華社記者/馬莎)= 配信日: 2021(平成33)年02月09日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月09日
    (4)県城への移転で貧困脱却を実現する女性甘粛省東郷族自治県

    7日、新居で息子と遊ぶ馬さん。中国甘粛省臨夏回族自治州東郷族自治県に住む馬比代(ば・ひだい)さんは、ごく普通の40代農村の女性。馬さんは2019年9月、移住・転居による貧困救済政策により、同自治県柳樹郷紅荘村から県城(県政府所在地)に建てられた移転者の小区(居住区)に一家8人で転居、遼寧方大集団実業の貧困者支援作業場で働き、毎月約3千元(1元=約16円)の収入を得るようになった。東郷族自治県ではここ数年、県内22の郷・鎮から貧困層約1万人が元の住まいを離れ、新居へ転居している。馬さんは、居住区周辺のインフラ施設は整備され交通も便利だと紹介し、「近くには幼稚園や小学校、診療所があり、子どもの通学や高齢者が病気を診てもらうのにとても便利だ」と語った。(臨夏=新華社記者/馬莎)= 配信日: 2021(平成33)年02月09日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月09日
    (3)県城への移転で貧困脱却を実現する女性甘粛省東郷族自治県

    7日、貧困者支援作業場で働く馬さん。中国甘粛省臨夏回族自治州東郷族自治県に住む馬比代(ば・ひだい)さんは、ごく普通の40代農村の女性。馬さんは2019年9月、移住・転居による貧困救済政策により、同自治県柳樹郷紅荘村から県城(県政府所在地)に建てられた移転者の小区(居住区)に一家8人で転居、遼寧方大集団実業の貧困者支援作業場で働き、毎月約3千元(1元=約16円)の収入を得るようになった。東郷族自治県ではここ数年、県内22の郷・鎮から貧困層約1万人が元の住まいを離れ、新居へ転居している。馬さんは、居住区周辺のインフラ施設は整備され交通も便利だと紹介し、「近くには幼稚園や小学校、診療所があり、子どもの通学や高齢者が病気を診てもらうのにとても便利だ」と語った。(臨夏=新華社記者/馬莎)= 配信日: 2021(平成33)年02月09日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月09日
    (5)県城への移転で貧困脱却を実現する女性甘粛省東郷族自治県

    7日、新居のオンドルの上で掛け布団を畳む馬さん。中国甘粛省臨夏回族自治州東郷族自治県に住む馬比代(ば・ひだい)さんは、ごく普通の40代農村の女性。馬さんは2019年9月、移住・転居による貧困救済政策により、同自治県柳樹郷紅荘村から県城(県政府所在地)に建てられた移転者の小区(居住区)に一家8人で転居、遼寧方大集団実業の貧困者支援作業場で働き、毎月約3千元(1元=約16円)の収入を得るようになった。東郷族自治県ではここ数年、県内22の郷・鎮から貧困層約1万人が元の住まいを離れ、新居へ転居している。馬さんは、居住区周辺のインフラ施設は整備され交通も便利だと紹介し、「近くには幼稚園や小学校、診療所があり、子どもの通学や高齢者が病気を診てもらうのにとても便利だ」と語った。(臨夏=新華社記者/馬莎)= 配信日: 2021(平成33)年02月09日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月09日
    (11)県城への移転で貧困脱却を実現する女性甘粛省東郷族自治県

    7日、新居の台所で忙しく働く馬さん。中国甘粛省臨夏回族自治州東郷族自治県に住む馬比代(ば・ひだい)さんは、ごく普通の40代農村の女性。馬さんは2019年9月、移住・転居による貧困救済政策により、同自治県柳樹郷紅荘村から県城(県政府所在地)に建てられた移転者の小区(居住区)に一家8人で転居、遼寧方大集団実業の貧困者支援作業場で働き、毎月約3千元(1元=約16円)の収入を得るようになった。東郷族自治県ではここ数年、県内22の郷・鎮から貧困層約1万人が元の住まいを離れ、新居へ転居している。馬さんは、居住区周辺のインフラ施設は整備され交通も便利だと紹介し、「近くには幼稚園や小学校、診療所があり、子どもの通学や高齢者が病気を診てもらうのにとても便利だ」と語った。(臨夏=新華社記者/馬莎)= 配信日: 2021(平成33)年02月09日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月09日
    (7)県城への移転で貧困脱却を実現する女性甘粛省東郷族自治県

    7日、新居で宿題をする娘を見守る馬さん。中国甘粛省臨夏回族自治州東郷族自治県に住む馬比代(ば・ひだい)さんは、ごく普通の40代農村の女性。馬さんは2019年9月、移住・転居による貧困救済政策により、同自治県柳樹郷紅荘村から県城(県政府所在地)に建てられた移転者の小区(居住区)に一家8人で転居、遼寧方大集団実業の貧困者支援作業場で働き、毎月約3千元(1元=約16円)の収入を得るようになった。東郷族自治県ではここ数年、県内22の郷・鎮から貧困層約1万人が元の住まいを離れ、新居へ転居している。馬さんは、居住区周辺のインフラ施設は整備され交通も便利だと紹介し、「近くには幼稚園や小学校、診療所があり、子どもの通学や高齢者が病気を診てもらうのにとても便利だ」と語った。(臨夏=新華社記者/馬莎)= 配信日: 2021(平成33)年02月09日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月09日
    (2)県城への移転で貧困脱却を実現する女性甘粛省東郷族自治県

    7日、貧困者支援作業場で働く馬さん。中国甘粛省臨夏回族自治州東郷族自治県に住む馬比代(ば・ひだい)さんは、ごく普通の40代農村の女性。馬さんは2019年9月、移住・転居による貧困救済政策により、同自治県柳樹郷紅荘村から県城(県政府所在地)に建てられた移転者の小区(居住区)に一家8人で転居、遼寧方大集団実業の貧困者支援作業場で働き、毎月約3千元(1元=約16円)の収入を得るようになった。東郷族自治県ではここ数年、県内22の郷・鎮から貧困層約1万人が元の住まいを離れ、新居へ転居している。馬さんは、居住区周辺のインフラ施設は整備され交通も便利だと紹介し、「近くには幼稚園や小学校、診療所があり、子どもの通学や高齢者が病気を診てもらうのにとても便利だ」と語った。(臨夏=新華社記者/馬莎)= 配信日: 2021(平成33)年02月09日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月09日
    (9)県城への移転で貧困脱却を実現する女性甘粛省東郷族自治県

    7日、貧困者支援作業場で働く作業員。中国甘粛省臨夏回族自治州東郷族自治県に住む馬比代(ば・ひだい)さんは、ごく普通の40代農村の女性。馬さんは2019年9月、移住・転居による貧困救済政策により、同自治県柳樹郷紅荘村から県城(県政府所在地)に建てられた移転者の小区(居住区)に一家8人で転居、遼寧方大集団実業の貧困者支援作業場で働き、毎月約3千元(1元=約16円)の収入を得るようになった。東郷族自治県ではここ数年、県内22の郷・鎮から貧困層約1万人が元の住まいを離れ、新居へ転居している。馬さんは、居住区周辺のインフラ施設は整備され交通も便利だと紹介し、「近くには幼稚園や小学校、診療所があり、子どもの通学や高齢者が病気を診てもらうのにとても便利だ」と語った。(臨夏=新華社記者/馬莎)= 配信日: 2021(平成33)年02月09日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月09日
    (3)李克強総理、山西省運城市を視察

    7日、運城市夏県廟前鎮の呉村で、貧困脱却世帯に年越し用品を手渡す李克強氏。李克強(り・こくきょう)中国共産党中央政治局常務委員・国務院総理は7日、山西省運城市を視察した。(太原=新華社記者/殷博古)= 配信日: 2021(平成33)年02月09日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月09日
    (8)県城への移転で貧困脱却を実現する女性甘粛省東郷族自治県

    7日、貧困者支援作業場で働く馬さん。中国甘粛省臨夏回族自治州東郷族自治県に住む馬比代(ば・ひだい)さんは、ごく普通の40代農村の女性。馬さんは2019年9月、移住・転居による貧困救済政策により、同自治県柳樹郷紅荘村から県城(県政府所在地)に建てられた移転者の小区(居住区)に一家8人で転居、遼寧方大集団実業の貧困者支援作業場で働き、毎月約3千元(1元=約16円)の収入を得るようになった。東郷族自治県ではここ数年、県内22の郷・鎮から貧困層約1万人が元の住まいを離れ、新居へ転居している。馬さんは、居住区周辺のインフラ施設は整備され交通も便利だと紹介し、「近くには幼稚園や小学校、診療所があり、子どもの通学や高齢者が病気を診てもらうのにとても便利だ」と語った。(臨夏=新華社記者/馬莎)= 配信日: 2021(平成33)年02月09日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月09日
    (1)県城への移転で貧困脱却を実現する女性甘粛省東郷族自治県

    7日、馬さんの新居がある、貧困救済政策により建てられた移転者用住宅。中国甘粛省臨夏回族自治州東郷族自治県に住む馬比代(ば・ひだい)さんは、ごく普通の40代農村の女性。馬さんは2019年9月、移住・転居による貧困救済政策により、同自治県柳樹郷紅荘村から県城(県政府所在地)に建てられた移転者の小区(居住区)に一家8人で転居、遼寧方大集団実業の貧困者支援作業場で働き、毎月約3千元(1元=約16円)の収入を得るようになった。東郷族自治県ではここ数年、県内22の郷・鎮から貧困層約1万人が元の住まいを離れ、新居へ転居している。馬さんは、居住区周辺のインフラ施設は整備され交通も便利だと紹介し、「近くには幼稚園や小学校、診療所があり、子どもの通学や高齢者が病気を診てもらうのにとても便利だ」と語った。(臨夏=新華社記者/馬莎)= 配信日: 2021(平成33)年02月09日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月09日
    (2)李克強総理、山西省運城市を視察

    7日、運城市夏県廟前鎮の呉村で、貧困脱却世帯を訪ねた李克強氏。李克強(り・こくきょう)中国共産党中央政治局常務委員・国務院総理は7日、山西省運城市を視察した。(太原=新華社記者/殷博古)= 配信日: 2021(平成33)年02月09日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月07日
    県城への移転で貧困脱却を実現する女性甘粛省東郷族自治県

    7日、貧困者支援作業場で働く作業員。中国甘粛省臨夏回族自治州東郷族自治県に住む馬比代(ば・ひだい)さんは、ごく普通の40代農村の女性。馬さんは2019年9月、移住・転居による貧困救済政策により、同自治県柳樹郷紅荘村から県城(県政府所在地)に建てられた移転者の小区(居住区)に一家8人で転居、遼寧方大集団実業の貧困者支援作業場で働き、毎月約3千元(1元=約16円)の収入を得るようになった。東郷族自治県ではここ数年、県内22の郷・鎮から貧困層約1万人が元の住まいを離れ、新居へ転居している。馬さんは、居住区周辺のインフラ施設は整備され交通も便利だと紹介し、「近くには幼稚園や小学校、診療所があり、子どもの通学や高齢者が病気を診てもらうのにとても便利だ」と語った。(臨夏=新華社記者/馬莎)=配信日:2021(令和3)年2月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月07日
    県城への移転で貧困脱却を実現する女性甘粛省東郷族自治県

    7日、貧困者支援作業場で働く馬さん。中国甘粛省臨夏回族自治州東郷族自治県に住む馬比代(ば・ひだい)さんは、ごく普通の40代農村の女性。馬さんは2019年9月、移住・転居による貧困救済政策により、同自治県柳樹郷紅荘村から県城(県政府所在地)に建てられた移転者の小区(居住区)に一家8人で転居、遼寧方大集団実業の貧困者支援作業場で働き、毎月約3千元(1元=約16円)の収入を得るようになった。東郷族自治県ではここ数年、県内22の郷・鎮から貧困層約1万人が元の住まいを離れ、新居へ転居している。馬さんは、居住区周辺のインフラ施設は整備され交通も便利だと紹介し、「近くには幼稚園や小学校、診療所があり、子どもの通学や高齢者が病気を診てもらうのにとても便利だ」と語った。(臨夏=新華社記者/馬莎)=配信日:2021(令和3)年2月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月05日
    (7)ミャオ族集落が歩んだ貧困脱却の道貴州省畢節市

    3日、化屋村にある貧困者支援作業場で衣料品を加工するミャオ族の女性。中国貴州省畢節市黔西県新仁ミャオ族郷の化屋村は以前、「崖の下の村」を意味する「化屋基」と呼ばれていた。同村はここ数年、的確な貧困脱却支援の推進によって飛躍的に発展。2017年には貧困からの脱却を果たし、かつて貧困率が66・3%に達していた少数民族の村は、見違えるほど変貌した。化屋村の変化の歴史は、中国の少数民族地域が歩んだ貧困脱却の道の生きた縮図と言える。(黔西=新華社記者/欧東衢)= 配信日: 2021(平成33)年02月05日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月05日
    (8)ミャオ族集落が歩んだ貧困脱却の道貴州省畢節市

    3日、化屋村にある貧困者支援作業場でろうけつ染め製品を作るミャオ族の女性。中国貴州省畢節市黔西県新仁ミャオ族郷の化屋村は以前、「崖の下の村」を意味する「化屋基」と呼ばれていた。同村はここ数年、的確な貧困脱却支援の推進によって飛躍的に発展。2017年には貧困からの脱却を果たし、かつて貧困率が66・3%に達していた少数民族の村は、見違えるほど変貌した。化屋村の変化の歴史は、中国の少数民族地域が歩んだ貧困脱却の道の生きた縮図と言える。(黔西=新華社記者/欧東衢)= 配信日: 2021(平成33)年02月05日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月05日
    (5)ミャオ族集落が歩んだ貧困脱却の道貴州省畢節市

    3日、化屋村にある貧困者支援作業場で衣料品を加工するミャオ族の女性。中国貴州省畢節市黔西県新仁ミャオ族郷の化屋村は以前、「崖の下の村」を意味する「化屋基」と呼ばれていた。同村はここ数年、的確な貧困脱却支援の推進によって飛躍的に発展。2017年には貧困からの脱却を果たし、かつて貧困率が66・3%に達していた少数民族の村は、見違えるほど変貌した。化屋村の変化の歴史は、中国の少数民族地域が歩んだ貧困脱却の道の生きた縮図と言える。(黔西=新華社記者/欧東衢)= 配信日: 2021(平成33)年02月05日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月05日
    (1)ミャオ族集落が歩んだ貧困脱却の道貴州省畢節市

    3日、貧困脱却事業の移転者向け住宅が集まる化屋村麻窩寨。(小型無人機から)中国貴州省畢節市黔西県新仁ミャオ族郷の化屋村は以前、「崖の下の村」を意味する「化屋基」と呼ばれていた。同村はここ数年、的確な貧困脱却支援の推進によって飛躍的に発展。2017年には貧困からの脱却を果たし、かつて貧困率が66・3%に達していた少数民族の村は、見違えるほど変貌した。化屋村の変化の歴史は、中国の少数民族地域が歩んだ貧困脱却の道の生きた縮図と言える。(黔西=新華社記者/欧東衢)= 配信日: 2021(平成33)年02月05日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月05日
    (3)ミャオ族集落が歩んだ貧困脱却の道貴州省畢節市

    3日、貧困脱却事業の移転者向け住宅が集まる化屋村麻窩寨。(小型無人機から)中国貴州省畢節市黔西県新仁ミャオ族郷の化屋村は以前、「崖の下の村」を意味する「化屋基」と呼ばれていた。同村はここ数年、的確な貧困脱却支援の推進によって飛躍的に発展。2017年には貧困からの脱却を果たし、かつて貧困率が66・3%に達していた少数民族の村は、見違えるほど変貌した。化屋村の変化の歴史は、中国の少数民族地域が歩んだ貧困脱却の道の生きた縮図と言える。(黔西=新華社記者/欧東衢)= 配信日: 2021(平成33)年02月05日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月05日
    (6)ミャオ族集落が歩んだ貧困脱却の道貴州省畢節市

    3日、化屋村にある貧困者支援作業場で衣料品を加工するミャオ族の女性。中国貴州省畢節市黔西県新仁ミャオ族郷の化屋村は以前、「崖の下の村」を意味する「化屋基」と呼ばれていた。同村はここ数年、的確な貧困脱却支援の推進によって飛躍的に発展。2017年には貧困からの脱却を果たし、かつて貧困率が66・3%に達していた少数民族の村は、見違えるほど変貌した。化屋村の変化の歴史は、中国の少数民族地域が歩んだ貧困脱却の道の生きた縮図と言える。(黔西=新華社記者/欧東衢)= 配信日: 2021(平成33)年02月05日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月05日
    (2)ミャオ族集落が歩んだ貧困脱却の道貴州省畢節市

    3日、貧困脱却事業の移転者向け住宅が集まる化屋村麻窩寨。(小型無人機から)中国貴州省畢節市黔西県新仁ミャオ族郷の化屋村は以前、「崖の下の村」を意味する「化屋基」と呼ばれていた。同村はここ数年、的確な貧困脱却支援の推進によって飛躍的に発展。2017年には貧困からの脱却を果たし、かつて貧困率が66・3%に達していた少数民族の村は、見違えるほど変貌した。化屋村の変化の歴史は、中国の少数民族地域が歩んだ貧困脱却の道の生きた縮図と言える。(黔西=新華社記者/欧東衢)= 配信日: 2021(平成33)年02月05日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月05日
    (9)ミャオ族集落が歩んだ貧困脱却の道貴州省畢節市

    3日、化屋村にある貧困者支援作業場でろうけつ染め製品を作るミャオ族の女性。中国貴州省畢節市黔西県新仁ミャオ族郷の化屋村は以前、「崖の下の村」を意味する「化屋基」と呼ばれていた。同村はここ数年、的確な貧困脱却支援の推進によって飛躍的に発展。2017年には貧困からの脱却を果たし、かつて貧困率が66・3%に達していた少数民族の村は、見違えるほど変貌した。化屋村の変化の歴史は、中国の少数民族地域が歩んだ貧困脱却の道の生きた縮図と言える。(黔西=新華社記者/欧東衢)= 配信日: 2021(平成33)年02月05日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月05日
    (4)ミャオ族集落が歩んだ貧困脱却の道貴州省畢節市

    3日、黔西県新仁ミャオ族郷の化屋村。(小型無人機から)中国貴州省畢節市黔西県新仁ミャオ族郷の化屋村は以前、「崖の下の村」を意味する「化屋基」と呼ばれていた。同村はここ数年、的確な貧困脱却支援の推進によって飛躍的に発展。2017年には貧困からの脱却を果たし、かつて貧困率が66・3%に達していた少数民族の村は、見違えるほど変貌した。化屋村の変化の歴史は、中国の少数民族地域が歩んだ貧困脱却の道の生きた縮図と言える。(黔西=新華社記者/欧東衢)= 配信日: 2021(平成33)年02月05日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月05日
    (10)ミャオ族集落が歩んだ貧困脱却の道貴州省畢節市

    3日、化屋村にある貧困者支援作業場で手工芸品を並べるミャオ族の女性。中国貴州省畢節市黔西県新仁ミャオ族郷の化屋村は以前、「崖の下の村」を意味する「化屋基」と呼ばれていた。同村はここ数年、的確な貧困脱却支援の推進によって飛躍的に発展。2017年には貧困からの脱却を果たし、かつて貧困率が66・3%に達していた少数民族の村は、見違えるほど変貌した。化屋村の変化の歴史は、中国の少数民族地域が歩んだ貧困脱却の道の生きた縮図と言える。(黔西=新華社記者/欧東衢)= 配信日: 2021(平成33)年02月05日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月02日
    (2)雲南省の貧困地区農民、貧困脱却に成功国家統計局雲南調査総隊

    雲南省昭通市鎮雄県の産業による貧困者支援基地で作業する貧困住民。(2020年9月24日撮影)中国の国家統計局雲南調査総隊は1月30日、2020年の雲南省貧困地区の農民1人当たり可処分所得が、前年同期比9%増の1万1740元(1元=約16円)に達し、全国平均を2・1ポイント、省内農村住民平均を1・1ポイント、それぞれ上回ったと報告した。(昭通=新華社記者/林碧鋒)= 配信日: 2021(平成33)年02月02日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月02日
    (1)雲南省の貧困地区農民、貧困脱却に成功国家統計局雲南調査総隊

    雲南省昭通市の移住・転居による貧困救済事業の移住者向け居住地、靖安新区にある広場で焼きジャガイモを売る転入住民。(2020年8月8日撮影)中国の国家統計局雲南調査総隊は1月30日、2020年の雲南省貧困地区の農民1人当たり可処分所得が、前年同期比9%増の1万1740元(1元=約16円)に達し、全国平均を2・1ポイント、省内農村住民平均を1・1ポイント、それぞれ上回ったと報告した。(昭通=新華社記者/林碧鋒)= 配信日: 2021(平成33)年02月02日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月02日
    (3)雲南省の貧困地区農民、貧困脱却に成功国家統計局雲南調査総隊

    雲南省昭通市鎮雄県以勒鎮の貧困者支援服装加工作業場で働く貧困住民。(2020年11月15日撮影)中国の国家統計局雲南調査総隊は1月30日、2020年の雲南省貧困地区の農民1人当たり可処分所得が、前年同期比9%増の1万1740元(1元=約16円)に達し、全国平均を2・1ポイント、省内農村住民平均を1・1ポイント、それぞれ上回ったと報告した。(昭通=新華社記者/林碧鋒)= 配信日: 2021(平成33)年02月02日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...