KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 貧困世帯
  • ドローン
  • 小型無人機
  • 協同組合
  • 堅塁攻略
  • 黒竜江省
  • 中国貴州省
  • 地元政府
  • 脱却支援
  • 貧困扶助

「貧困脱却」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
2,755
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...
2,755
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 2021年04月21日
    (2)河套地域で肉牛飼育による増収を実現内モンゴル自治区

    14日、バヤンノール市臨河区干召廟鎮東風村で牛に餌を与える謝福德(しゃ・ふくとく)さん。中国内モンゴル自治区の河套地域(中国北西部で黄河上・中流が湾曲して流れる地域)に位置するバヤンノール市臨河区は2016年から、耕種農業が発達し畜産農業が盛んな農業・畜産業上の優位性に着目し、産業振興による貧困扶助の資金を利用して各貧困世帯に9千元(1元=約17円)の補助金を支給してきた。157世帯が支援を受けてシンメンタール種の母牛169頭を購入、貧困から脱却した世帯は肉牛飼育により1年間の平均純収入が2万元を超えた。現在では全世帯が貧困脱却を実現して地元の肉牛産業発展の基礎を築いている。(フフホト=新華社記者/李雲平)= 配信日: 2021(令和3)年4月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月21日
    (4)河套地域で肉牛飼育による増収を実現内モンゴル自治区

    14日、バヤンノール市臨河区八一郷新道村で牛に餌を与える康文銀(こう・ぶんぎん)さん。中国内モンゴル自治区の河套地域(中国北西部で黄河上・中流が湾曲して流れる地域)に位置するバヤンノール市臨河区は2016年から、耕種農業が発達し畜産農業が盛んな農業・畜産業上の優位性に着目し、産業振興による貧困扶助の資金を利用して各貧困世帯に9千元(1元=約17円)の補助金を支給してきた。157世帯が支援を受けてシンメンタール種の母牛169頭を購入、貧困から脱却した世帯は肉牛飼育により1年間の平均純収入が2万元を超えた。現在では全世帯が貧困脱却を実現して地元の肉牛産業発展の基礎を築いている。(フフホト=新華社記者/李雲平)= 配信日: 2021(令和3)年4月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月21日
    (6)河套地域で肉牛飼育による増収を実現内モンゴル自治区

    14日、バヤンノール市臨河区八一郷新道村で牛に餌を与える康文銀(こう・ぶんぎん)さん。中国内モンゴル自治区の河套地域(中国北西部で黄河上・中流が湾曲して流れる地域)に位置するバヤンノール市臨河区は2016年から、耕種農業が発達し畜産農業が盛んな農業・畜産業上の優位性に着目し、産業振興による貧困扶助の資金を利用して各貧困世帯に9千元(1元=約17円)の補助金を支給してきた。157世帯が支援を受けてシンメンタール種の母牛169頭を購入、貧困から脱却した世帯は肉牛飼育により1年間の平均純収入が2万元を超えた。現在では全世帯が貧困脱却を実現して地元の肉牛産業発展の基礎を築いている。(フフホト=新華社記者/李雲平)= 配信日: 2021(令和3)年4月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月21日
    (5)河套地域で肉牛飼育による増収を実現内モンゴル自治区

    14日、バヤンノール市臨河区干召廟鎮東風村で牛に餌を与える謝福德(しゃ・ふくとく)さん。中国内モンゴル自治区の河套地域(中国北西部で黄河上・中流が湾曲して流れる地域)に位置するバヤンノール市臨河区は2016年から、耕種農業が発達し畜産農業が盛んな農業・畜産業上の優位性に着目し、産業振興による貧困扶助の資金を利用して各貧困世帯に9千元(1元=約17円)の補助金を支給してきた。157世帯が支援を受けてシンメンタール種の母牛169頭を購入、貧困から脱却した世帯は肉牛飼育により1年間の平均純収入が2万元を超えた。現在では全世帯が貧困脱却を実現して地元の肉牛産業発展の基礎を築いている。(フフホト=新華社記者/李雲平)= 配信日: 2021(令和3)年4月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月21日
    (3)河套地域で肉牛飼育による増収を実現内モンゴル自治区

    14日、バヤンノール市臨河区烏蘭図克鎮前進村で牛に餌を与える袁躍平(えん・やくへい)さん。中国内モンゴル自治区の河套地域(中国北西部で黄河上・中流が湾曲して流れる地域)に位置するバヤンノール市臨河区は2016年から、耕種農業が発達し畜産農業が盛んな農業・畜産業上の優位性に着目し、産業振興による貧困扶助の資金を利用して各貧困世帯に9千元(1元=約17円)の補助金を支給してきた。157世帯が支援を受けてシンメンタール種の母牛169頭を購入、貧困から脱却した世帯は肉牛飼育により1年間の平均純収入が2万元を超えた。現在では全世帯が貧困脱却を実現して地元の肉牛産業発展の基礎を築いている。(フフホト=新華社記者/李雲平)= 配信日: 2021(令和3)年4月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月21日
    (1)河套地域で肉牛飼育による増収を実現内モンゴル自治区

    14日、バヤンノール市臨河区烏蘭図克鎮前進村で牛に餌を与える袁躍平(えん・やくへい)さん。中国内モンゴル自治区の河套地域(中国北西部で黄河上・中流が湾曲して流れる地域)に位置するバヤンノール市臨河区は2016年から、耕種農業が発達し畜産農業が盛んな農業・畜産業上の優位性に着目し、産業振興による貧困扶助の資金を利用して各貧困世帯に9千元(1元=約17円)の補助金を支給してきた。157世帯が支援を受けてシンメンタール種の母牛169頭を購入、貧困から脱却した世帯は肉牛飼育により1年間の平均純収入が2万元を超えた。現在では全世帯が貧困脱却を実現して地元の肉牛産業発展の基礎を築いている。(フフホト=新華社記者/李雲平)= 配信日: 2021(令和3)年4月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月07日
    (2)農村観光で村に活気が戻り、収入増を実現山西省陵川県

    松廟村の民宿。(3月18日撮影)中国山西省陵川県松廟村は、太行山脈の奥深くに位置し、県城(県政府所在地)からは約30キロ離れている。森林が多く、耕地が少なく、交通の便も悪いため、かつては貧困人口の割合が半分以上を占める貧しい村だった。村の人々は次々と山を出て行き、わずかな高齢者だけが残され、いわゆる「空洞村」に近付いていた。2020年5月、同県は松廟村の健康介護タウン計画を打ち出し、村の農村観光業の発展を支援した。美しく改装されたスタイルの異なる農村家屋がいくつも建てられ、800平方メートル余りの木造生態(エコ)レストランが完成したほか、22軒の高級木造家屋や第1期4戸のモデル民宿のリフォームも完了し、20年8月の開業以来、1日平均千人以上の観光客が訪れている。村の変化とビジネスチャンスを目にした住民は次々と村に戻り、プロジェクトへの参加や農家楽(アグリツーリズム)の開始、民宿での勤務などにより、大幅な収入増と貧困脱却を果たし、新たな仕事も手にするようになった。(太原=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年4月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月07日
    (1)農村観光で村に活気が戻り、収入増を実現山西省陵川県

    古民家を改築した民宿。(3月4日撮影)中国山西省陵川県松廟村は、太行山脈の奥深くに位置し、県城(県政府所在地)からは約30キロ離れている。森林が多く、耕地が少なく、交通の便も悪いため、かつては貧困人口の割合が半分以上を占める貧しい村だった。村の人々は次々と山を出て行き、わずかな高齢者だけが残され、いわゆる「空洞村」に近付いていた。2020年5月、同県は松廟村の健康介護タウン計画を打ち出し、村の農村観光業の発展を支援した。美しく改装されたスタイルの異なる農村家屋がいくつも建てられ、800平方メートル余りの木造生態(エコ)レストランが完成したほか、22軒の高級木造家屋や第1期4戸のモデル民宿のリフォームも完了し、20年8月の開業以来、1日平均千人以上の観光客が訪れている。村の変化とビジネスチャンスを目にした住民は次々と村に戻り、プロジェクトへの参加や農家楽(アグリツーリズム)の開始、民宿での勤務などにより、大幅な収入増と貧困脱却を果たし、新たな仕事も手にするようになった。(太原=新華社記者/李紫薇)= 配信日: 2021(令和3)年4月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月07日
    (3)アブラツバキ産業のエコ化で増収後押し貴州省玉屏トン族自治県

    6日、玉屏トン族自治県の種苗育成基地で、アブラツバキの苗を管理する農家の人。中国貴州省銅仁市玉屏トン族自治県は「アブラツバキの里」として知られる。ここ数年は、アブラツバキ産業が貧困脱却の成果を固め、農村振興を進める重要な担い手となっており、荒山や宅地の庭、田畑の脇などでも栽培が行われている。研究機関や大学などと協力した品種育成にも力を入れ、種苗育成基地や研究基地を設立したほか、アブラツバキの加工やエコツーリズムへの取り組みも強化した。地元農家の収入は持続的に増加し、環境的、経済的、社会的効果を上げている。(銅仁=新華社配信/范暉)= 配信日: 2021(令和3)年4月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月07日
    (6)アンズの花で地域の魅力向上新疆ウイグル自治区

    3月31日、空から見た新疆ウイグル自治区アクト県タル・タジク族郷巴格艾格孜村。(小型無人機から)パミール高原に位置する中国新疆ウイグル自治区クズルス・キルギス自治州アクト県タル・タジク族郷は現在、アンズの花が満開を迎え、訪れた大勢の観光客を魅了している。昨年貧困脱却を実現した同県ではインフラ整備が進み、多くの農民や牧畜民が観光に携わることでますます豊かな生活を送れるようになった。(アクト=新華社記者/趙戈)= 配信日: 2021(令和3)年4月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月07日
    (3)アンズの花で地域の魅力向上新疆ウイグル自治区

    3月31日、新疆ウイグル自治区アクト県タル・タジク族郷巴格艾格孜村を行き交う住民と観光客。パミール高原に位置する中国新疆ウイグル自治区クズルス・キルギス自治州アクト県タル・タジク族郷は現在、アンズの花が満開を迎え、訪れた大勢の観光客を魅了している。昨年貧困脱却を実現した同県ではインフラ整備が進み、多くの農民や牧畜民が観光に携わることでますます豊かな生活を送れるようになった。(アクト=新華社記者/趙戈)= 配信日: 2021(令和3)年4月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月07日
    (7)アブラツバキ産業のエコ化で増収後押し貴州省玉屏トン族自治県

    6日、玉屏トン族自治県朱家場鎮茅坡村で、アブラツバキの手入れをする農家の人。中国貴州省銅仁市玉屏トン族自治県は「アブラツバキの里」として知られる。ここ数年は、アブラツバキ産業が貧困脱却の成果を固め、農村振興を進める重要な担い手となっており、荒山や宅地の庭、田畑の脇などでも栽培が行われている。研究機関や大学などと協力した品種育成にも力を入れ、種苗育成基地や研究基地を設立したほか、アブラツバキの加工やエコツーリズムへの取り組みも強化した。地元農家の収入は持続的に増加し、環境的、経済的、社会的効果を上げている。(銅仁=新華社配信/胡攀学)= 配信日: 2021(令和3)年4月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月07日
    (4)農村観光で村に活気が戻り、収入増を実現山西省陵川県

    空から見た松廟村。(2020年7月撮影)中国山西省陵川県松廟村は、太行山脈の奥深くに位置し、県城(県政府所在地)からは約30キロ離れている。森林が多く、耕地が少なく、交通の便も悪いため、かつては貧困人口の割合が半分以上を占める貧しい村だった。村の人々は次々と山を出て行き、わずかな高齢者だけが残され、いわゆる「空洞村」に近付いていた。2020年5月、同県は松廟村の健康介護タウン計画を打ち出し、村の農村観光業の発展を支援した。美しく改装されたスタイルの異なる農村家屋がいくつも建てられ、800平方メートル余りの木造生態(エコ)レストランが完成したほか、22軒の高級木造家屋や第1期4戸のモデル民宿のリフォームも完了し、20年8月の開業以来、1日平均千人以上の観光客が訪れている。村の変化とビジネスチャンスを目にした住民は次々と村に戻り、プロジェクトへの参加や農家楽(アグリツーリズム)の開始、民宿での勤務などにより、大幅な収入増と貧困脱却を果たし、新たな仕事も手にするようになった。(太原=新華社記者/李紫薇)= 配信日: 2021(令和3)年4月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月07日
    (2)アンズの花で地域の魅力向上新疆ウイグル自治区

    3月31日、新疆ウイグル自治区アクト県タル・タジク族郷巴格艾格孜村にあるアンズの木の下で休憩する地元住民。パミール高原に位置する中国新疆ウイグル自治区クズルス・キルギス自治州アクト県タル・タジク族郷は現在、アンズの花が満開を迎え、訪れた大勢の観光客を魅了している。昨年貧困脱却を実現した同県ではインフラ整備が進み、多くの農民や牧畜民が観光に携わることでますます豊かな生活を送れるようになった。(アクト=新華社記者/趙戈)= 配信日: 2021(令和3)年4月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月07日
    (4)アンズの花で地域の魅力向上新疆ウイグル自治区

    3月31日、新疆ウイグル自治区アクト県タル・タジク族郷巴格艾格孜村にあるアンズの木の下で写真を撮る観光客。パミール高原に位置する中国新疆ウイグル自治区クズルス・キルギス自治州アクト県タル・タジク族郷は現在、アンズの花が満開を迎え、訪れた大勢の観光客を魅了している。昨年貧困脱却を実現した同県ではインフラ整備が進み、多くの農民や牧畜民が観光に携わることでますます豊かな生活を送れるようになった。(アクト=新華社記者/趙戈)= 配信日: 2021(令和3)年4月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月07日
    (5)アンズの花で地域の魅力向上新疆ウイグル自治区

    3月31日、新疆ウイグル自治区アクト県タル・タジク族郷巴格艾格孜村のアンズの木に囲まれた農家。(小型無人機から)パミール高原に位置する中国新疆ウイグル自治区クズルス・キルギス自治州アクト県タル・タジク族郷は現在、アンズの花が満開を迎え、訪れた大勢の観光客を魅了している。昨年貧困脱却を実現した同県ではインフラ整備が進み、多くの農民や牧畜民が観光に携わることでますます豊かな生活を送れるようになった。(アクト=新華社記者/趙戈)= 配信日: 2021(令和3)年4月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月07日
    (2)アブラツバキ産業のエコ化で増収後押し貴州省玉屏トン族自治県

    6日、玉屏トン族自治県の種苗育成基地で、アブラツバキの苗を管理する農家の人。中国貴州省銅仁市玉屏トン族自治県は「アブラツバキの里」として知られる。ここ数年は、アブラツバキ産業が貧困脱却の成果を固め、農村振興を進める重要な担い手となっており、荒山や宅地の庭、田畑の脇などでも栽培が行われている。研究機関や大学などと協力した品種育成にも力を入れ、種苗育成基地や研究基地を設立したほか、アブラツバキの加工やエコツーリズムへの取り組みも強化した。地元農家の収入は持続的に増加し、環境的、経済的、社会的効果を上げている。(銅仁=新華社配信/范暉)= 配信日: 2021(令和3)年4月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月07日
    (1)アブラツバキ産業のエコ化で増収後押し貴州省玉屏トン族自治県

    6日、玉屏トン族自治県朱家場鎮茅坡村で、アブラツバキの手入れをする農家の人。(小型無人機から)中国貴州省銅仁市玉屏トン族自治県は「アブラツバキの里」として知られる。ここ数年は、アブラツバキ産業が貧困脱却の成果を固め、農村振興を進める重要な担い手となっており、荒山や宅地の庭、田畑の脇などでも栽培が行われている。研究機関や大学などと協力した品種育成にも力を入れ、種苗育成基地や研究基地を設立したほか、アブラツバキの加工やエコツーリズムへの取り組みも強化した。地元農家の収入は持続的に増加し、環境的、経済的、社会的効果を上げている。(銅仁=新華社配信/胡攀学)= 配信日: 2021(令和3)年4月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月07日
    (4)アブラツバキ産業のエコ化で増収後押し貴州省玉屏トン族自治県

    6日、玉屏トン族自治県の種苗育成基地で、アブラツバキの苗を管理する農家の人。中国貴州省銅仁市玉屏トン族自治県は「アブラツバキの里」として知られる。ここ数年は、アブラツバキ産業が貧困脱却の成果を固め、農村振興を進める重要な担い手となっており、荒山や宅地の庭、田畑の脇などでも栽培が行われている。研究機関や大学などと協力した品種育成にも力を入れ、種苗育成基地や研究基地を設立したほか、アブラツバキの加工やエコツーリズムへの取り組みも強化した。地元農家の収入は持続的に増加し、環境的、経済的、社会的効果を上げている。(銅仁=新華社配信/胡攀学)= 配信日: 2021(令和3)年4月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月07日
    (5)アブラツバキ産業のエコ化で増収後押し貴州省玉屏トン族自治県

    6日、玉屏トン族自治県朱家場鎮毛坡村で、アブラツバキの苗木を植える農家の人。中国貴州省銅仁市玉屏トン族自治県は「アブラツバキの里」として知られる。ここ数年は、アブラツバキ産業が貧困脱却の成果を固め、農村振興を進める重要な担い手となっており、荒山や宅地の庭、田畑の脇などでも栽培が行われている。研究機関や大学などと協力した品種育成にも力を入れ、種苗育成基地や研究基地を設立したほか、アブラツバキの加工やエコツーリズムへの取り組みも強化した。地元農家の収入は持続的に増加し、環境的、経済的、社会的効果を上げている。(銅仁=新華社配信/范暉)= 配信日: 2021(令和3)年4月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月07日
    (6)アブラツバキ産業のエコ化で増収後押し貴州省玉屏トン族自治県

    6日、玉屏トン族自治県朱家場鎮毛坡村で、アブラツバキの手入れをする農家の人。中国貴州省銅仁市玉屏トン族自治県は「アブラツバキの里」として知られる。ここ数年は、アブラツバキ産業が貧困脱却の成果を固め、農村振興を進める重要な担い手となっており、荒山や宅地の庭、田畑の脇などでも栽培が行われている。研究機関や大学などと協力した品種育成にも力を入れ、種苗育成基地や研究基地を設立したほか、アブラツバキの加工やエコツーリズムへの取り組みも強化した。地元農家の収入は持続的に増加し、環境的、経済的、社会的効果を上げている。(銅仁=新華社配信/范暉)= 配信日: 2021(令和3)年4月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月07日
    (3)農村観光で村に活気が戻り、収入増を実現山西省陵川県

    松廟村の民宿の室内。(3月4日撮影)中国山西省陵川県松廟村は、太行山脈の奥深くに位置し、県城(県政府所在地)からは約30キロ離れている。森林が多く、耕地が少なく、交通の便も悪いため、かつては貧困人口の割合が半分以上を占める貧しい村だった。村の人々は次々と山を出て行き、わずかな高齢者だけが残され、いわゆる「空洞村」に近付いていた。2020年5月、同県は松廟村の健康介護タウン計画を打ち出し、村の農村観光業の発展を支援した。美しく改装されたスタイルの異なる農村家屋がいくつも建てられ、800平方メートル余りの木造生態(エコ)レストランが完成したほか、22軒の高級木造家屋や第1期4戸のモデル民宿のリフォームも完了し、20年8月の開業以来、1日平均千人以上の観光客が訪れている。村の変化とビジネスチャンスを目にした住民は次々と村に戻り、プロジェクトへの参加や農家楽(アグリツーリズム)の開始、民宿での勤務などにより、大幅な収入増と貧困脱却を果たし、新たな仕事も手にするようになった。(太原=新華社記者/李紫薇)= 配信日: 2021(令和3)年4月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月07日
    (7)アンズの花で地域の魅力向上新疆ウイグル自治区

    3月31日、新疆ウイグル自治区アクト県タル・タジク族郷巴格艾格孜村の一角。パミール高原に位置する中国新疆ウイグル自治区クズルス・キルギス自治州アクト県タル・タジク族郷は現在、アンズの花が満開を迎え、訪れた大勢の観光客を魅了している。昨年貧困脱却を実現した同県ではインフラ整備が進み、多くの農民や牧畜民が観光に携わることでますます豊かな生活を送れるようになった。(アクト=新華社記者/白志強)= 配信日: 2021(令和3)年4月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月31日
    アンズの花で地域の魅力向上新疆ウイグル自治区

    3月31日、新疆ウイグル自治区アクト県タル・タジク族郷巴格艾格孜村にあるアンズの木の下で写真を撮る観光客。パミール高原に位置する中国新疆ウイグル自治区クズルス・キルギス自治州アクト県タル・タジク族郷は現在、アンズの花が満開を迎え、訪れた大勢の観光客を魅了している。昨年貧困脱却を実現した同県ではインフラ整備が進み、多くの農民や牧畜民が観光に携わることでますます豊かな生活を送れるようになった。(アクト=新華社記者/趙戈)=配信日:2021(令和3)年3月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月17日
    (2)河北省威県で春の育苗順調

    11日、河北省邢台市威県の育苗拠点で育苗トレーを整理する従業員。中国河北省邢台(けいだい)市威県では現在、青果の育苗が順調に進んでいる。同県はここ数年、地元農業の特色に合わせ、育苗の専門化と経営の産業化に力を入れてきた。市場の需要に応えて種苗の受注栽培を普及させ、住民らの収入増につなげることで、貧困脱却を着実に進めるとともに、農村の振興を後押ししている。(石家荘=新華社記者/朱旭東)= 配信日: 2021(令和3)年3月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月17日
    (1)河北省威県で春の育苗順調

    11日、河北省邢台市威県の育苗拠点で野菜の苗に水をやる従業員。中国河北省邢台(けいだい)市威県では現在、青果の育苗が順調に進んでいる。同県はここ数年、地元農業の特色に合わせ、育苗の専門化と経営の産業化に力を入れてきた。市場の需要に応えて種苗の受注栽培を普及させ、住民らの収入増につなげることで、貧困脱却を着実に進めるとともに、農村の振興を後押ししている。(石家荘=新華社記者/朱旭東)= 配信日: 2021(令和3)年3月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月17日
    (5)河北省威県で春の育苗順調

    11日、河北省邢台市威県の育苗拠点で苗の生育状況を確認する従業員。中国河北省邢台(けいだい)市威県では現在、青果の育苗が順調に進んでいる。同県はここ数年、地元農業の特色に合わせ、育苗の専門化と経営の産業化に力を入れてきた。市場の需要に応えて種苗の受注栽培を普及させ、住民らの収入増につなげることで、貧困脱却を着実に進めるとともに、農村の振興を後押ししている。(石家荘=新華社記者/朱旭東)= 配信日: 2021(令和3)年3月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月17日
    (3)河北省威県で春の育苗順調

    11日、河北省邢台市威県の育苗拠点で苗の生育状況を確認する従業員。中国河北省邢台(けいだい)市威県では現在、青果の育苗が順調に進んでいる。同県はここ数年、地元農業の特色に合わせ、育苗の専門化と経営の産業化に力を入れてきた。市場の需要に応えて種苗の受注栽培を普及させ、住民らの収入増につなげることで、貧困脱却を着実に進めるとともに、農村の振興を後押ししている。(石家荘=新華社記者/朱旭東)= 配信日: 2021(令和3)年3月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月17日
    (4)河北省威県で春の育苗順調

    11日、河北省邢台市威県の育苗拠点で野菜の苗を箱詰めする従業員。中国河北省邢台(けいだい)市威県では現在、青果の育苗が順調に進んでいる。同県はここ数年、地元農業の特色に合わせ、育苗の専門化と経営の産業化に力を入れてきた。市場の需要に応えて種苗の受注栽培を普及させ、住民らの収入増につなげることで、貧困脱却を着実に進めるとともに、農村の振興を後押ししている。(石家荘=新華社記者/朱旭東)= 配信日: 2021(令和3)年3月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月10日
    (3)農村に「美」を提供、就業支援で地元女性が活躍カシュガル市

    5日、新疆ウイグル自治区カシュガル市ネゼルバグ鎮前進村の「靚髪屋」で、メークをしてもらった後に仕上がりを確認する女性。中国新疆ウイグル自治区南部の農村では、女性の起業や就職を支援する貧困脱却プロジェクト「靚髪屋」の支援でオープンした美容サロンやブティックが、地元女性の人気を集めている。プロジェクトの無償研修で手に職を付けた女性たちが、ヘアカットやメーク、フォーマルドレスなどのサービスを提供している。靚髪屋プロジェクトは、同自治区の婦女連合会が南部の約2千の深刻な貧困村で数年かけて展開した後、自治区内の他の地区にも広げ、農村女性が自宅近くで働けるよう支援を続けている。これまでに1万人余りの女性がメークやヘアカットなどの技術研修に参加し、約5千人が技術を生かした仕事に就いている。(ウルムチ=新華社記者/沙達提)= 配信日: 2021(令和3)年3月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月10日
    (1)農村に「美」を提供、就業支援で地元女性が活躍カシュガル市

    4日、新疆ウイグル自治区カシュガル市ネゼルバグ鎮前進村の「靚髪屋」で、口紅を塗ってもらうウイグル族の女性。中国新疆ウイグル自治区南部の農村では、女性の起業や就職を支援する貧困脱却プロジェクト「靚髪屋」の支援でオープンした美容サロンやブティックが、地元女性の人気を集めている。プロジェクトの無償研修で手に職を付けた女性たちが、ヘアカットやメーク、フォーマルドレスなどのサービスを提供している。靚髪屋プロジェクトは、同自治区の婦女連合会が南部の約2千の深刻な貧困村で数年かけて展開した後、自治区内の他の地区にも広げ、農村女性が自宅近くで働けるよう支援を続けている。これまでに1万人余りの女性がメークやヘアカットなどの技術研修に参加し、約5千人が技術を生かした仕事に就いている。(ウルムチ=新華社記者/沙達提)= 配信日: 2021(令和3)年3月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月10日
    (5)農村に「美」を提供、就業支援で地元女性が活躍カシュガル市

    5日、新疆ウイグル自治区カシュガル市ネゼルバグ鎮群布斯村の「靚髪屋」で、客にドレスを見せる店主の女性。中国新疆ウイグル自治区南部の農村では、女性の起業や就職を支援する貧困脱却プロジェクト「靚髪屋」の支援でオープンした美容サロンやブティックが、地元女性の人気を集めている。プロジェクトの無償研修で手に職を付けた女性たちが、ヘアカットやメーク、フォーマルドレスなどのサービスを提供している。靚髪屋プロジェクトは、同自治区の婦女連合会が南部の約2千の深刻な貧困村で数年かけて展開した後、自治区内の他の地区にも広げ、農村女性が自宅近くで働けるよう支援を続けている。これまでに1万人余りの女性がメークやヘアカットなどの技術研修に参加し、約5千人が技術を生かした仕事に就いている。(ウルムチ=新華社記者/沙達提)= 配信日: 2021(令和3)年3月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月10日
    (8)農村に「美」を提供、就業支援で地元女性が活躍カシュガル市

    4日、新疆ウイグル自治区カシュガル市ネゼルバグ鎮前進村の「靚髪屋」で、客の髪を整える美容師の女性。中国新疆ウイグル自治区南部の農村では、女性の起業や就職を支援する貧困脱却プロジェクト「靚髪屋」の支援でオープンした美容サロンやブティックが、地元女性の人気を集めている。プロジェクトの無償研修で手に職を付けた女性たちが、ヘアカットやメーク、フォーマルドレスなどのサービスを提供している。靚髪屋プロジェクトは、同自治区の婦女連合会が南部の約2千の深刻な貧困村で数年かけて展開した後、自治区内の他の地区にも広げ、農村女性が自宅近くで働けるよう支援を続けている。これまでに1万人余りの女性がメークやヘアカットなどの技術研修に参加し、約5千人が技術を生かした仕事に就いている。(ウルムチ=新華社記者/沙達提)= 配信日: 2021(令和3)年3月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月10日
    (2)農村に「美」を提供、就業支援で地元女性が活躍カシュガル市

    5日、新疆ウイグル自治区カシュガル市ネゼルバグ鎮前進村の「靚髪屋」で、ヘアカットやカラーなどの順番を待つ女性たち。中国新疆ウイグル自治区南部の農村では、女性の起業や就職を支援する貧困脱却プロジェクト「靚髪屋」の支援でオープンした美容サロンやブティックが、地元女性の人気を集めている。プロジェクトの無償研修で手に職を付けた女性たちが、ヘアカットやメーク、フォーマルドレスなどのサービスを提供している。靚髪屋プロジェクトは、同自治区の婦女連合会が南部の約2千の深刻な貧困村で数年かけて展開した後、自治区内の他の地区にも広げ、農村女性が自宅近くで働けるよう支援を続けている。これまでに1万人余りの女性がメークやヘアカットなどの技術研修に参加し、約5千人が技術を生かした仕事に就いている。(ウルムチ=新華社記者/沙達提)= 配信日: 2021(令和3)年3月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月10日
    (6)農村に「美」を提供、就業支援で地元女性が活躍カシュガル市

    4日、新疆ウイグル自治区カシュガル市ネゼルバグ鎮群布斯村の「靚髪屋」で、客にメークをする店主の女性。中国新疆ウイグル自治区南部の農村では、女性の起業や就職を支援する貧困脱却プロジェクト「靚髪屋」の支援でオープンした美容サロンやブティックが、地元女性の人気を集めている。プロジェクトの無償研修で手に職を付けた女性たちが、ヘアカットやメーク、フォーマルドレスなどのサービスを提供している。靚髪屋プロジェクトは、同自治区の婦女連合会が南部の約2千の深刻な貧困村で数年かけて展開した後、自治区内の他の地区にも広げ、農村女性が自宅近くで働けるよう支援を続けている。これまでに1万人余りの女性がメークやヘアカットなどの技術研修に参加し、約5千人が技術を生かした仕事に就いている。(ウルムチ=新華社記者/沙達提)= 配信日: 2021(令和3)年3月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月10日
    (4)農村に「美」を提供、就業支援で地元女性が活躍カシュガル市

    5日、新疆ウイグル自治区カシュガル市ネゼルバグ鎮群布斯村の「靚髪屋」で、客にドレスを見せる店主の女性。中国新疆ウイグル自治区南部の農村では、女性の起業や就職を支援する貧困脱却プロジェクト「靚髪屋」の支援でオープンした美容サロンやブティックが、地元女性の人気を集めている。プロジェクトの無償研修で手に職を付けた女性たちが、ヘアカットやメーク、フォーマルドレスなどのサービスを提供している。靚髪屋プロジェクトは、同自治区の婦女連合会が南部の約2千の深刻な貧困村で数年かけて展開した後、自治区内の他の地区にも広げ、農村女性が自宅近くで働けるよう支援を続けている。これまでに1万人余りの女性がメークやヘアカットなどの技術研修に参加し、約5千人が技術を生かした仕事に就いている。(ウルムチ=新華社記者/沙達提)= 配信日: 2021(令和3)年3月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月10日
    (7)農村に「美」を提供、就業支援で地元女性が活躍カシュガル市

    5日、新疆ウイグル自治区カシュガル市ネゼルバグ鎮群布斯村の「靚髪屋」で、ウエディングドレスを整える店主の女性。中国新疆ウイグル自治区南部の農村では、女性の起業や就職を支援する貧困脱却プロジェクト「靚髪屋」の支援でオープンした美容サロンやブティックが、地元女性の人気を集めている。プロジェクトの無償研修で手に職を付けた女性たちが、ヘアカットやメーク、フォーマルドレスなどのサービスを提供している。靚髪屋プロジェクトは、同自治区の婦女連合会が南部の約2千の深刻な貧困村で数年かけて展開した後、自治区内の他の地区にも広げ、農村女性が自宅近くで働けるよう支援を続けている。これまでに1万人余りの女性がメークやヘアカットなどの技術研修に参加し、約5千人が技術を生かした仕事に就いている。(ウルムチ=新華社記者/沙達提)= 配信日: 2021(令和3)年3月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:57.62
    2021年03月08日
    「新華社」江西省神山村、農村観光業で豊かな暮らしを実現

    中国江西省井岡山(せいこうざん)市は2017年2月、全国各地に先駆けて貧困脱却を実現した。同市の山間に位置する神山村はかつて、市内で最も辺ぴな貧困村の一つだったが、今では美しい休暇村となった。観光客の増加に伴い、同村のさまざまな特産品も人気を集めている。地元政府が貧困削減の効果をさらに向上させる一連の措置を講じたことで、同村では現在、16世帯が「農家楽」(アグリツーリズム)を経営、5世帯が民宿を開業し、村民の80%が農村観光業に携わるようになっている。同村の1人当たり平均年収は3千元(1元=約17円)足らずから2万元超に増加した。(記者/黄和遜、彭菁)=配信日:2021(令和3)年3月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月06日
    (2)モンゴル族伝統の「語り歌い」を多くの人に貧困脱却後の新生活

    2月22日、四弦胡琴の演奏を披露する包蓮さん。中国内モンゴル自治区通遼市開魯県吉日嘎郎吐鎮に住む包蓮(パオリエン)さんは視力障害のため仕事ができず、家の農作業は全て妻の莫日根高娃(モリゲンガオワ)さんが切り盛りしていた。包蓮さん一家は2018年に貧困世帯に認定された後、貧困脱却に取り組む地元政府幹部から赤トウガラシの栽培技術を習い、1ムー(約0・067ヘクタール)当たり2千元(1元=約17円)の収入が得られるようになり、生活が安定した。子どもの頃から音楽が好きだった包蓮さんは、モンゴル族の民間芸能「説唱」(語り歌い)を独学で習得。説唱のライブ配信も行うようになり、今では2千人のフォロワーを抱えている。(フフホト=新華社記者/賀書琛)= 配信日: 2021(令和3)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月06日
    (6)縫製糸の生産・輸出で貧困脱却支援甘粛省東郷族自治県

    3日、方大麗明紡織の貧困脱却支援作業場にあるポリエステル縫製糸の生産ラインで働く従業員。中国甘粛省臨夏回族自治州東郷族自治県達板鎮にある紡績企業、方大麗明紡織では昨年6月、貧困脱却支援作業場が完成し、生産を開始した。主にポリエステル縫製糸製品を生産しており、これまでに「中亜班列」(中国と中央アジアを結ぶ国際貨物列車)や海運などのルートを通じ、同製品千トン以上をウズベキスタンやエジプト、トルコ、マレーシアなどに輸出している。(東郷=新華社記者/范培珅)= 配信日: 2021(令和3)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月06日
    (6)モンゴル族伝統の「語り歌い」を多くの人に貧困脱却後の新生活

    2月22日、四弦胡琴の演奏を披露する包蓮さん。中国内モンゴル自治区通遼市開魯県吉日嘎郎吐鎮に住む包蓮(パオリエン)さんは視力障害のため仕事ができず、家の農作業は全て妻の莫日根高娃(モリゲンガオワ)さんが切り盛りしていた。包蓮さん一家は2018年に貧困世帯に認定された後、貧困脱却に取り組む地元政府幹部から赤トウガラシの栽培技術を習い、1ムー(約0・067ヘクタール)当たり2千元(1元=約17円)の収入が得られるようになり、生活が安定した。子どもの頃から音楽が好きだった包蓮さんは、モンゴル族の民間芸能「説唱」(語り歌い)を独学で習得。説唱のライブ配信も行うようになり、今では2千人のフォロワーを抱えている。(フフホト=新華社記者/賀書琛)= 配信日: 2021(令和3)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月06日
    (10)縫製糸の生産・輸出で貧困脱却支援甘粛省東郷族自治県

    3日、方大麗明紡織の貧困脱却支援作業場で、ポリエステル縫製糸製品を梱包する従業員。中国甘粛省臨夏回族自治州東郷族自治県達板鎮にある紡績企業、方大麗明紡織では昨年6月、貧困脱却支援作業場が完成し、生産を開始した。主にポリエステル縫製糸製品を生産しており、これまでに「中亜班列」(中国と中央アジアを結ぶ国際貨物列車)や海運などのルートを通じ、同製品千トン以上をウズベキスタンやエジプト、トルコ、マレーシアなどに輸出している。(東郷=新華社記者/范培珅)= 配信日: 2021(令和3)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月06日
    (9)縫製糸の生産・輸出で貧困脱却支援甘粛省東郷族自治県

    3日、方大麗明紡織の貧困脱却支援作業場にあるポリエステル縫製糸の生産ラインで働く従業員。中国甘粛省臨夏回族自治州東郷族自治県達板鎮にある紡績企業、方大麗明紡織では昨年6月、貧困脱却支援作業場が完成し、生産を開始した。主にポリエステル縫製糸製品を生産しており、これまでに「中亜班列」(中国と中央アジアを結ぶ国際貨物列車)や海運などのルートを通じ、同製品千トン以上をウズベキスタンやエジプト、トルコ、マレーシアなどに輸出している。(東郷=新華社記者/范培珅)= 配信日: 2021(令和3)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月06日
    (1)農・牧畜民の飲料水汚染問題を解決内モンゴル自治区

    内モンゴル自治区バヤンノール市の自宅で、浄水器で清浄化された水を手に持つ住民。(資料写真)中国内モンゴル自治区北西部のアルシャー盟に広がるゴビ砂漠ではこれまで、「高濃度フッ素水」の常飲による農・牧畜民の疾患が問題となっていた。同村の貧困脱却支援チームは2018年以降、農・牧畜民の家に浄水装置を順次設置。水道水のフッ素含有量を安全なレベルまで下げることに成功し、問題を根本的に解決した。(フフホト=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月06日
    (8)モンゴル族伝統の「語り歌い」を多くの人に貧困脱却後の新生活

    2月22日、四弦胡琴の演奏を披露する包蓮さん。中国内モンゴル自治区通遼市開魯県吉日嘎郎吐鎮に住む包蓮(パオリエン)さんは視力障害のため仕事ができず、家の農作業は全て妻の莫日根高娃(モリゲンガオワ)さんが切り盛りしていた。包蓮さん一家は2018年に貧困世帯に認定された後、貧困脱却に取り組む地元政府幹部から赤トウガラシの栽培技術を習い、1ムー(約0・067ヘクタール)当たり2千元(1元=約17円)の収入が得られるようになり、生活が安定した。子どもの頃から音楽が好きだった包蓮さんは、モンゴル族の民間芸能「説唱」(語り歌い)を独学で習得。説唱のライブ配信も行うようになり、今では2千人のフォロワーを抱えている。(フフホト=新華社記者/賀書琛)= 配信日: 2021(令和3)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月06日
    (2)縫製糸の生産・輸出で貧困脱却支援甘粛省東郷族自治県

    3日、方大麗明紡織の貧困脱却支援作業場で、ポリエステル縫製糸製品を出荷する従業員。中国甘粛省臨夏回族自治州東郷族自治県達板鎮にある紡績企業、方大麗明紡織では昨年6月、貧困脱却支援作業場が完成し、生産を開始した。主にポリエステル縫製糸製品を生産しており、これまでに「中亜班列」(中国と中央アジアを結ぶ国際貨物列車)や海運などのルートを通じ、同製品千トン以上をウズベキスタンやエジプト、トルコ、マレーシアなどに輸出している。(東郷=新華社記者/范培珅)= 配信日: 2021(令和3)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月06日
    (8)縫製糸の生産・輸出で貧困脱却支援甘粛省東郷族自治県

    3日、方大麗明紡織の貧困脱却支援作業場にあるポリエステル縫製糸の生産ラインで働く従業員。中国甘粛省臨夏回族自治州東郷族自治県達板鎮にある紡績企業、方大麗明紡織では昨年6月、貧困脱却支援作業場が完成し、生産を開始した。主にポリエステル縫製糸製品を生産しており、これまでに「中亜班列」(中国と中央アジアを結ぶ国際貨物列車)や海運などのルートを通じ、同製品千トン以上をウズベキスタンやエジプト、トルコ、マレーシアなどに輸出している。(東郷=新華社記者/范培珅)= 配信日: 2021(令和3)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月06日
    (4)縫製糸の生産・輸出で貧困脱却支援甘粛省東郷族自治県

    3日、方大麗明紡織の貧困脱却支援作業場で、ポリエステル縫製糸製品を検品する従業員。中国甘粛省臨夏回族自治州東郷族自治県達板鎮にある紡績企業、方大麗明紡織では昨年6月、貧困脱却支援作業場が完成し、生産を開始した。主にポリエステル縫製糸製品を生産しており、これまでに「中亜班列」(中国と中央アジアを結ぶ国際貨物列車)や海運などのルートを通じ、同製品千トン以上をウズベキスタンやエジプト、トルコ、マレーシアなどに輸出している。(東郷=新華社記者/范培珅)= 配信日: 2021(令和3)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月06日
    (5)モンゴル族伝統の「語り歌い」を多くの人に貧困脱却後の新生活

    2月22日、ライブ配信で視聴者と交流する包蓮さんと妻の莫日根高娃さん。中国内モンゴル自治区通遼市開魯県吉日嘎郎吐鎮に住む包蓮(パオリエン)さんは視力障害のため仕事ができず、家の農作業は全て妻の莫日根高娃(モリゲンガオワ)さんが切り盛りしていた。包蓮さん一家は2018年に貧困世帯に認定された後、貧困脱却に取り組む地元政府幹部から赤トウガラシの栽培技術を習い、1ムー(約0・067ヘクタール)当たり2千元(1元=約17円)の収入が得られるようになり、生活が安定した。子どもの頃から音楽が好きだった包蓮さんは、モンゴル族の民間芸能「説唱」(語り歌い)を独学で習得。説唱のライブ配信も行うようになり、今では2千人のフォロワーを抱えている。(フフホト=新華社記者/賀書琛)= 配信日: 2021(令和3)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月06日
    (3)モンゴル族伝統の「語り歌い」を多くの人に貧困脱却後の新生活

    2月22日、モンゴル族に伝わる語り歌いを披露する包蓮さん。中国内モンゴル自治区通遼市開魯県吉日嘎郎吐鎮に住む包蓮(パオリエン)さんは視力障害のため仕事ができず、家の農作業は全て妻の莫日根高娃(モリゲンガオワ)さんが切り盛りしていた。包蓮さん一家は2018年に貧困世帯に認定された後、貧困脱却に取り組む地元政府幹部から赤トウガラシの栽培技術を習い、1ムー(約0・067ヘクタール)当たり2千元(1元=約17円)の収入が得られるようになり、生活が安定した。子どもの頃から音楽が好きだった包蓮さんは、モンゴル族の民間芸能「説唱」(語り歌い)を独学で習得。説唱のライブ配信も行うようになり、今では2千人のフォロワーを抱えている。(フフホト=新華社記者/賀書琛)= 配信日: 2021(令和3)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月06日
    (4)モンゴル族伝統の「語り歌い」を多くの人に貧困脱却後の新生活

    2月22日、ライブ配信で四弦胡琴の演奏を披露する包蓮さん。中国内モンゴル自治区通遼市開魯県吉日嘎郎吐鎮に住む包蓮(パオリエン)さんは視力障害のため仕事ができず、家の農作業は全て妻の莫日根高娃(モリゲンガオワ)さんが切り盛りしていた。包蓮さん一家は2018年に貧困世帯に認定された後、貧困脱却に取り組む地元政府幹部から赤トウガラシの栽培技術を習い、1ムー(約0・067ヘクタール)当たり2千元(1元=約17円)の収入が得られるようになり、生活が安定した。子どもの頃から音楽が好きだった包蓮さんは、モンゴル族の民間芸能「説唱」(語り歌い)を独学で習得。説唱のライブ配信も行うようになり、今では2千人のフォロワーを抱えている。(フフホト=新華社記者/賀書琛)= 配信日: 2021(令和3)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月06日
    (7)縫製糸の生産・輸出で貧困脱却支援甘粛省東郷族自治県

    3日、方大麗明紡織の貧困脱却支援作業場にあるポリエステル縫製糸の生産ラインで働く従業員。中国甘粛省臨夏回族自治州東郷族自治県達板鎮にある紡績企業、方大麗明紡織では昨年6月、貧困脱却支援作業場が完成し、生産を開始した。主にポリエステル縫製糸製品を生産しており、これまでに「中亜班列」(中国と中央アジアを結ぶ国際貨物列車)や海運などのルートを通じ、同製品千トン以上をウズベキスタンやエジプト、トルコ、マレーシアなどに輸出している。(東郷=新華社記者/范培珅)= 配信日: 2021(令和3)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月06日
    (3)縫製糸の生産・輸出で貧困脱却支援甘粛省東郷族自治県

    3日、方大麗明紡織の貧困脱却支援作業場にあるポリエステル縫製糸の生産ラインで働く従業員。中国甘粛省臨夏回族自治州東郷族自治県達板鎮にある紡績企業、方大麗明紡織では昨年6月、貧困脱却支援作業場が完成し、生産を開始した。主にポリエステル縫製糸製品を生産しており、これまでに「中亜班列」(中国と中央アジアを結ぶ国際貨物列車)や海運などのルートを通じ、同製品千トン以上をウズベキスタンやエジプト、トルコ、マレーシアなどに輸出している。(東郷=新華社記者/范培珅)= 配信日: 2021(令和3)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月06日
    (2)農・牧畜民の飲料水汚染問題を解決内モンゴル自治区

    水サンプルの検査を行う内モンゴル農村牧畜区飲料水安全水質検査センターの職員。(資料写真)中国内モンゴル自治区北西部のアルシャー盟に広がるゴビ砂漠ではこれまで、「高濃度フッ素水」の常飲による農・牧畜民の疾患が問題となっていた。同村の貧困脱却支援チームは2018年以降、農・牧畜民の家に浄水装置を順次設置。水道水のフッ素含有量を安全なレベルまで下げることに成功し、問題を根本的に解決した。(フフホト=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月06日
    (1)縫製糸の生産・輸出で貧困脱却支援甘粛省東郷族自治県

    3日、甘粛省東郷族自治県にある方大麗明紡織の貧困脱却支援作業場で、ポリエステル縫製糸製品をトラックに積み込む従業員。中国甘粛省臨夏回族自治州東郷族自治県達板鎮にある紡績企業、方大麗明紡織では昨年6月、貧困脱却支援作業場が完成し、生産を開始した。主にポリエステル縫製糸製品を生産しており、これまでに「中亜班列」(中国と中央アジアを結ぶ国際貨物列車)や海運などのルートを通じ、同製品千トン以上をウズベキスタンやエジプト、トルコ、マレーシアなどに輸出している。(東郷=新華社記者/范培珅)= 配信日: 2021(令和3)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月06日
    (1)モンゴル族伝統の「語り歌い」を多くの人に貧困脱却後の新生活

    2月22日、自身の新しい胡琴(左)と古い胡琴(右)を掲げる包蓮さん。中国内モンゴル自治区通遼市開魯県吉日嘎郎吐鎮に住む包蓮(パオリエン)さんは視力障害のため仕事ができず、家の農作業は全て妻の莫日根高娃(モリゲンガオワ)さんが切り盛りしていた。包蓮さん一家は2018年に貧困世帯に認定された後、貧困脱却に取り組む地元政府幹部から赤トウガラシの栽培技術を習い、1ムー(約0・067ヘクタール)当たり2千元(1元=約17円)の収入が得られるようになり、生活が安定した。子どもの頃から音楽が好きだった包蓮さんは、モンゴル族の民間芸能「説唱」(語り歌い)を独学で習得。説唱のライブ配信も行うようになり、今では2千人のフォロワーを抱えている。(フフホト=新華社記者/賀書琛)= 配信日: 2021(令和3)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月06日
    (7)モンゴル族伝統の「語り歌い」を多くの人に貧困脱却後の新生活

    2月22日、モンゴル族に伝わる語り歌いを披露する包蓮さん。中国内モンゴル自治区通遼市開魯県吉日嘎郎吐鎮に住む包蓮(パオリエン)さんは視力障害のため仕事ができず、家の農作業は全て妻の莫日根高娃(モリゲンガオワ)さんが切り盛りしていた。包蓮さん一家は2018年に貧困世帯に認定された後、貧困脱却に取り組む地元政府幹部から赤トウガラシの栽培技術を習い、1ムー(約0・067ヘクタール)当たり2千元(1元=約17円)の収入が得られるようになり、生活が安定した。子どもの頃から音楽が好きだった包蓮さんは、モンゴル族の民間芸能「説唱」(語り歌い)を独学で習得。説唱のライブ配信も行うようになり、今では2千人のフォロワーを抱えている。(フフホト=新華社記者/賀書琛)= 配信日: 2021(令和3)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月06日
    (5)縫製糸の生産・輸出で貧困脱却支援甘粛省東郷族自治県

    3日、方大麗明紡織の貧困脱却支援作業場で、ポリエステル縫製糸製品を運ぶ従業員。中国甘粛省臨夏回族自治州東郷族自治県達板鎮にある紡績企業、方大麗明紡織では昨年6月、貧困脱却支援作業場が完成し、生産を開始した。主にポリエステル縫製糸製品を生産しており、これまでに「中亜班列」(中国と中央アジアを結ぶ国際貨物列車)や海運などのルートを通じ、同製品千トン以上をウズベキスタンやエジプト、トルコ、マレーシアなどに輸出している。(東郷=新華社記者/范培珅)= 配信日: 2021(令和3)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月05日
    (7)幼稚園でユニークな新入生歓迎会雲南省会沢県

    1日、雲南省曲靖市会沢県の幼稚園で行われたユニークな新入生歓迎会。中国雲南省曲靖市会沢(かいたく)県の移住・転居による貧困脱却の一環として設立された鐘屏幼稚園で1日、ユニークな新入生歓迎会が行われた。新入生が幼稚園の門をくぐると、整列した園児や教師が太鼓や銅鑼を鳴らし、リボンを振って歓迎。園内には「福」「大吉大利」などと書かれたお年玉がいたるところに飾られた。教室には、キャンディーやお菓子も準備され、新入生は楽しい園生活をスタートさせた。(会沢=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年3月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月05日
    (5)幼稚園でユニークな新入生歓迎会雲南省会沢県

    1日、雲南省曲靖市会沢県の幼稚園で行われたユニークな新入生歓迎会。中国雲南省曲靖市会沢(かいたく)県の移住・転居による貧困脱却の一環として設立された鐘屏幼稚園で1日、ユニークな新入生歓迎会が行われた。新入生が幼稚園の門をくぐると、整列した園児や教師が太鼓や銅鑼を鳴らし、リボンを振って歓迎。園内には「福」「大吉大利」などと書かれたお年玉がいたるところに飾られた。教室には、キャンディーやお菓子も準備され、新入生は楽しい園生活をスタートさせた。(会沢=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年3月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月05日
    (3)幼稚園でユニークな新入生歓迎会雲南省会沢県

    1日、雲南省曲靖市会沢県の幼稚園で行われたユニークな新入生歓迎会。中国雲南省曲靖市会沢(かいたく)県の移住・転居による貧困脱却の一環として設立された鐘屏幼稚園で1日、ユニークな新入生歓迎会が行われた。新入生が幼稚園の門をくぐると、整列した園児や教師が太鼓や銅鑼を鳴らし、リボンを振って歓迎。園内には「福」「大吉大利」などと書かれたお年玉がいたるところに飾られた。教室には、キャンディーやお菓子も準備され、新入生は楽しい園生活をスタートさせた。(会沢=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年3月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月05日
    (4)幼稚園でユニークな新入生歓迎会雲南省会沢県

    1日、雲南省曲靖市会沢県の幼稚園で行われたユニークな新入生歓迎会。中国雲南省曲靖市会沢(かいたく)県の移住・転居による貧困脱却の一環として設立された鐘屏幼稚園で1日、ユニークな新入生歓迎会が行われた。新入生が幼稚園の門をくぐると、整列した園児や教師が太鼓や銅鑼を鳴らし、リボンを振って歓迎。園内には「福」「大吉大利」などと書かれたお年玉がいたるところに飾られた。教室には、キャンディーやお菓子も準備され、新入生は楽しい園生活をスタートさせた。(会沢=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年3月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:55.30
    2021年03月05日
    「新華社」健康茶「小葉苦丁茶」、10万ムーの収穫始まる貴州省余慶県

    中国貴州省遵義市余慶県は「小葉苦丁茶(しょうようくうていちゃ)の里」と呼ばれ、面積10万ムー(約6670ヘクタール)に及ぶ畑が収穫期を迎えている。小葉苦丁茶は薬用植物のモチノキ科のタラヨウで、健康茶として加工される。昨年の県内生産額は5億元(1元=約17円)に達し、市場需要は6500トンを超えた。同茶の栽培は地元の貧困脱却の難関攻略の成果を強固にし、農村振興を促進する重要産業の一つでもある。(記者/崔暁強) =配信日: 2021(令和3)年3月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月05日
    (6)幼稚園でユニークな新入生歓迎会雲南省会沢県

    1日、雲南省曲靖市会沢県の幼稚園で行われたユニークな新入生歓迎会。中国雲南省曲靖市会沢(かいたく)県の移住・転居による貧困脱却の一環として設立された鐘屏幼稚園で1日、ユニークな新入生歓迎会が行われた。新入生が幼稚園の門をくぐると、整列した園児や教師が太鼓や銅鑼を鳴らし、リボンを振って歓迎。園内には「福」「大吉大利」などと書かれたお年玉がいたるところに飾られた。教室には、キャンディーやお菓子も準備され、新入生は楽しい園生活をスタートさせた。(会沢=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年3月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月05日
    (8)幼稚園でユニークな新入生歓迎会雲南省会沢県

    1日、雲南省曲靖市会沢県の幼稚園で行われたユニークな新入生歓迎会。中国雲南省曲靖市会沢(かいたく)県の移住・転居による貧困脱却の一環として設立された鐘屏幼稚園で1日、ユニークな新入生歓迎会が行われた。新入生が幼稚園の門をくぐると、整列した園児や教師が太鼓や銅鑼を鳴らし、リボンを振って歓迎。園内には「福」「大吉大利」などと書かれたお年玉がいたるところに飾られた。教室には、キャンディーやお菓子も準備され、新入生は楽しい園生活をスタートさせた。(会沢=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年3月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月03日
    (6)貧困者支援ECプラットフォーム構築、農産物販売・観光を促進寧夏同心県

    2月24日、地元特産の農作物をライブ配信でPRする「大美同心」ECプラットフォームのキャスター。中国寧夏回族自治区呉忠市同心県はここ数年、小売り活動を通じた貧困者支援電子商取引(EC)プラットフォームの発展を積極的に推進し、「大美同心」ECプラットフォームを構築した。県内の質の高い農産物や文化クリエーティブ製品、景勝地の宿泊施設資源などを集め、農産物・観光商品の販路を拡大し、農家の増産と増収を後押ししている。現在、同プラットフォームは30近い地元大手企業や合作社(協同組合)の参加を得て、同県特産の農産物・観光商品200種類以上を出品している。累積注文件数は20万件に達し、地元の貧困世帯4千人余りを貧困脱却と増収へ導いた。(銀川=新華社記者/王鵬)= 配信日: 2021(令和3)年3月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月03日
    (2)貧困者支援ECプラットフォーム構築、農産物販売・観光を促進寧夏同心県

    2月24日、元宵節(旧暦1月15日、今年は2月26日)期間中に販売する特産農作物の宣伝活動プランについて会議で話し合う「大美同心」ECプラットフォームのスタッフ。中国寧夏回族自治区呉忠市同心県はここ数年、小売り活動を通じた貧困者支援電子商取引(EC)プラットフォームの発展を積極的に推進し、「大美同心」ECプラットフォームを構築した。県内の質の高い農産物や文化クリエーティブ製品、景勝地の宿泊施設資源などを集め、農産物・観光商品の販路を拡大し、農家の増産と増収を後押ししている。現在、同プラットフォームは30近い地元大手企業や合作社(協同組合)の参加を得て、同県特産の農産物・観光商品200種類以上を出品している。累積注文件数は20万件に達し、地元の貧困世帯4千人余りを貧困脱却と増収へ導いた。(銀川=新華社記者/王鵬)= 配信日: 2021(令和3)年3月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月03日
    (3)貧困者支援ECプラットフォーム構築、農産物販売・観光を促進寧夏同心県

    2月24日、展示されている地元特産の農作物を整える「大美同心」ECプラットフォームのスタッフ。中国寧夏回族自治区呉忠市同心県はここ数年、小売り活動を通じた貧困者支援電子商取引(EC)プラットフォームの発展を積極的に推進し、「大美同心」ECプラットフォームを構築した。県内の質の高い農産物や文化クリエーティブ製品、景勝地の宿泊施設資源などを集め、農産物・観光商品の販路を拡大し、農家の増産と増収を後押ししている。現在、同プラットフォームは30近い地元大手企業や合作社(協同組合)の参加を得て、同県特産の農産物・観光商品200種類以上を出品している。累積注文件数は20万件に達し、地元の貧困世帯4千人余りを貧困脱却と増収へ導いた。(銀川=新華社記者/唐如峰)= 配信日: 2021(令和3)年3月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月03日
    (5)貧困者支援ECプラットフォーム構築、農産物販売・観光を促進寧夏同心県

    2月24日、地元特産の農作物をオンラインで宣伝、販売する「大美同心」ECプラットフォームのスタッフ。中国寧夏回族自治区呉忠市同心県はここ数年、小売り活動を通じた貧困者支援電子商取引(EC)プラットフォームの発展を積極的に推進し、「大美同心」ECプラットフォームを構築した。県内の質の高い農産物や文化クリエーティブ製品、景勝地の宿泊施設資源などを集め、農産物・観光商品の販路を拡大し、農家の増産と増収を後押ししている。現在、同プラットフォームは30近い地元大手企業や合作社(協同組合)の参加を得て、同県特産の農産物・観光商品200種類以上を出品している。累積注文件数は20万件に達し、地元の貧困世帯4千人余りを貧困脱却と増収へ導いた。(銀川=新華社記者/王鵬)= 配信日: 2021(令和3)年3月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月03日
    (1)貧困者支援ECプラットフォーム構築、農産物販売・観光を促進寧夏同心県

    2月24日、地元特産の農作物をライブ配信でPRする「大美同心」ECプラットフォームのキャスター。中国寧夏回族自治区呉忠市同心県はここ数年、小売り活動を通じた貧困者支援電子商取引(EC)プラットフォームの発展を積極的に推進し、「大美同心」ECプラットフォームを構築した。県内の質の高い農産物や文化クリエーティブ製品、景勝地の宿泊施設資源などを集め、農産物・観光商品の販路を拡大し、農家の増産と増収を後押ししている。現在、同プラットフォームは30近い地元大手企業や合作社(協同組合)の参加を得て、同県特産の農産物・観光商品200種類以上を出品している。累積注文件数は20万件に達し、地元の貧困世帯4千人余りを貧困脱却と増収へ導いた。(銀川=新華社記者/王鵬)= 配信日: 2021(令和3)年3月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月03日
    (4)貧困者支援ECプラットフォーム構築、農産物販売・観光を促進寧夏同心県

    2月24日、展示されている地元特産製品の在庫を確認する「大美同心」ECプラットフォームのスタッフ。中国寧夏回族自治区呉忠市同心県はここ数年、小売り活動を通じた貧困者支援電子商取引(EC)プラットフォームの発展を積極的に推進し、「大美同心」ECプラットフォームを構築した。県内の質の高い農産物や文化クリエーティブ製品、景勝地の宿泊施設資源などを集め、農産物・観光商品の販路を拡大し、農家の増産と増収を後押ししている。現在、同プラットフォームは30近い地元大手企業や合作社(協同組合)の参加を得て、同県特産の農産物・観光商品200種類以上を出品している。累積注文件数は20万件に達し、地元の貧困世帯4千人余りを貧困脱却と増収へ導いた。(銀川=新華社記者/唐如峰)= 配信日: 2021(令和3)年3月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月02日
    (8)貧困脱却の道に響く「花児」の旋律寧夏回族自治区

    2月23日、故郷の山の上で「花児」のオリジナル曲を高らかに歌う馬瑞峰さん。中国寧夏回族自治区呉忠市同心県王団鎮白土崾峴(はくどようけん)村出身の馬瑞峰(ば・ずいほう)さんは、「花児」と呼ばれる民謡の名人。子どもの頃から故郷の山あいで祖父や父親が羊を放牧しながら「花児」を口ずさむ姿に触れ、自然と自身も上手な歌い手となっていた。生活条件の厳しかった馬さんだが、長年にわたる出稼ぎなどを経て、徐々に暮らし向きを好転させ、2015年には同県の中心部に家を購入した。馬さんはまた、インターネットライブ配信プラットフォームの盛り上がりを受け、2年前に「花児」のライブ配信ルームを開設した他、余暇を利用して学校に赴き、小中学生に無償で歌唱の指導を行っている。「花児」は中国北西部に伝わる農村民謡で、高らかな歌声と美しい抑揚、起伏に富んだ曲調から、世界無形文化遺産リストに登録されている。(銀川=新華社記者/王鵬)= 配信日: 2021(令和3)年3月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月02日
    (5)貧困脱却の道に響く「花児」の旋律寧夏回族自治区

    2月23日、自宅で「花児」の歌唱をライブ配信する馬瑞峰さん。中国寧夏回族自治区呉忠市同心県王団鎮白土崾峴(はくどようけん)村出身の馬瑞峰(ば・ずいほう)さんは、「花児」と呼ばれる民謡の名人。子どもの頃から故郷の山あいで祖父や父親が羊を放牧しながら「花児」を口ずさむ姿に触れ、自然と自身も上手な歌い手となっていた。生活条件の厳しかった馬さんだが、長年にわたる出稼ぎなどを経て、徐々に暮らし向きを好転させ、2015年には同県の中心部に家を購入した。馬さんはまた、インターネットライブ配信プラットフォームの盛り上がりを受け、2年前に「花児」のライブ配信ルームを開設した他、余暇を利用して学校に赴き、小中学生に無償で歌唱の指導を行っている。「花児」は中国北西部に伝わる農村民謡で、高らかな歌声と美しい抑揚、起伏に富んだ曲調から、世界無形文化遺産リストに登録されている。(銀川=新華社記者/王鵬)= 配信日: 2021(令和3)年3月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月02日
    (2)貧困脱却の道に響く「花児」の旋律寧夏回族自治区

    甘粛省玉門市で出稼ぎをしていた頃の馬瑞峰さん。(2019年撮影、資料写真)中国寧夏回族自治区呉忠市同心県王団鎮白土崾峴(はくどようけん)村出身の馬瑞峰(ば・ずいほう)さんは、「花児」と呼ばれる民謡の名人。子どもの頃から故郷の山あいで祖父や父親が羊を放牧しながら「花児」を口ずさむ姿に触れ、自然と自身も上手な歌い手となっていた。生活条件の厳しかった馬さんだが、長年にわたる出稼ぎなどを経て、徐々に暮らし向きを好転させ、2015年には同県の中心部に家を購入した。馬さんはまた、インターネットライブ配信プラットフォームの盛り上がりを受け、2年前に「花児」のライブ配信ルームを開設した他、余暇を利用して学校に赴き、小中学生に無償で歌唱の指導を行っている。「花児」は中国北西部に伝わる農村民謡で、高らかな歌声と美しい抑揚、起伏に富んだ曲調から、世界無形文化遺産リストに登録されている。(銀川=新華社記者/王鵬)= 配信日: 2021(令和3)年3月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月02日
    (6)貧困脱却の道に響く「花児」の旋律寧夏回族自治区

    2月23日、故郷の古い家の前で「花児」を歌う馬瑞峰さん。中国寧夏回族自治区呉忠市同心県王団鎮白土崾峴(はくどようけん)村出身の馬瑞峰(ば・ずいほう)さんは、「花児」と呼ばれる民謡の名人。子どもの頃から故郷の山あいで祖父や父親が羊を放牧しながら「花児」を口ずさむ姿に触れ、自然と自身も上手な歌い手となっていた。生活条件の厳しかった馬さんだが、長年にわたる出稼ぎなどを経て、徐々に暮らし向きを好転させ、2015年には同県の中心部に家を購入した。馬さんはまた、インターネットライブ配信プラットフォームの盛り上がりを受け、2年前に「花児」のライブ配信ルームを開設した他、余暇を利用して学校に赴き、小中学生に無償で歌唱の指導を行っている。「花児」は中国北西部に伝わる農村民謡で、高らかな歌声と美しい抑揚、起伏に富んだ曲調から、世界無形文化遺産リストに登録されている。(銀川=新華社記者/王鵬)= 配信日: 2021(令和3)年3月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月02日
    (1)貧困脱却の道に響く「花児」の旋律寧夏回族自治区

    2月23日、故郷の山の上で「花児」のオリジナル曲を高らかに歌う馬瑞峰さん。中国寧夏回族自治区呉忠市同心県王団鎮白土崾峴(はくどようけん)村出身の馬瑞峰(ば・ずいほう)さんは、「花児」と呼ばれる民謡の名人。子どもの頃から故郷の山あいで祖父や父親が羊を放牧しながら「花児」を口ずさむ姿に触れ、自然と自身も上手な歌い手となっていた。生活条件の厳しかった馬さんだが、長年にわたる出稼ぎなどを経て、徐々に暮らし向きを好転させ、2015年には同県の中心部に家を購入した。馬さんはまた、インターネットライブ配信プラットフォームの盛り上がりを受け、2年前に「花児」のライブ配信ルームを開設した他、余暇を利用して学校に赴き、小中学生に無償で歌唱の指導を行っている。「花児」は中国北西部に伝わる農村民謡で、高らかな歌声と美しい抑揚、起伏に富んだ曲調から、世界無形文化遺産リストに登録されている。(銀川=新華社記者/王鵬)= 配信日: 2021(令和3)年3月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月02日
    (7)貧困脱却の道に響く「花児」の旋律寧夏回族自治区

    2月23日、故郷の山の上で「花児」のオリジナル曲を高らかに歌う馬瑞峰さん。中国寧夏回族自治区呉忠市同心県王団鎮白土崾峴(はくどようけん)村出身の馬瑞峰(ば・ずいほう)さんは、「花児」と呼ばれる民謡の名人。子どもの頃から故郷の山あいで祖父や父親が羊を放牧しながら「花児」を口ずさむ姿に触れ、自然と自身も上手な歌い手となっていた。生活条件の厳しかった馬さんだが、長年にわたる出稼ぎなどを経て、徐々に暮らし向きを好転させ、2015年には同県の中心部に家を購入した。馬さんはまた、インターネットライブ配信プラットフォームの盛り上がりを受け、2年前に「花児」のライブ配信ルームを開設した他、余暇を利用して学校に赴き、小中学生に無償で歌唱の指導を行っている。「花児」は中国北西部に伝わる農村民謡で、高らかな歌声と美しい抑揚、起伏に富んだ曲調から、世界無形文化遺産リストに登録されている。(銀川=新華社記者/王鵬)= 配信日: 2021(令和3)年3月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月02日
    (4)貧困脱却の道に響く「花児」の旋律寧夏回族自治区

    2月23日、衣裳に着替え、自宅からのライブ配信に備える馬瑞峰さん。中国寧夏回族自治区呉忠市同心県王団鎮白土崾峴(はくどようけん)村出身の馬瑞峰(ば・ずいほう)さんは、「花児」と呼ばれる民謡の名人。子どもの頃から故郷の山あいで祖父や父親が羊を放牧しながら「花児」を口ずさむ姿に触れ、自然と自身も上手な歌い手となっていた。生活条件の厳しかった馬さんだが、長年にわたる出稼ぎなどを経て、徐々に暮らし向きを好転させ、2015年には同県の中心部に家を購入した。馬さんはまた、インターネットライブ配信プラットフォームの盛り上がりを受け、2年前に「花児」のライブ配信ルームを開設した他、余暇を利用して学校に赴き、小中学生に無償で歌唱の指導を行っている。「花児」は中国北西部に伝わる農村民謡で、高らかな歌声と美しい抑揚、起伏に富んだ曲調から、世界無形文化遺産リストに登録されている。(銀川=新華社記者/王鵬)= 配信日: 2021(令和3)年3月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月01日
    幼稚園でユニークな新入生歓迎会雲南省会沢県

    1日、雲南省曲靖市会沢県の幼稚園で行われたユニークな新入生歓迎会。中国雲南省曲靖市会沢(かいたく)県の移住・転居による貧困脱却の一環として設立された鐘屏幼稚園で1日、ユニークな新入生歓迎会が行われた。新入生が幼稚園の門をくぐると、整列した園児や教師が太鼓や銅鑼を鳴らし、リボンを振って歓迎。園内には「福」「大吉大利」などと書かれたお年玉がいたるところに飾られた。教室には、キャンディーやお菓子も準備され、新入生は楽しい園生活をスタートさせた。(会沢=新華社配信)=配信日:2021(令和3)年3月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月01日
    幼稚園でユニークな新入生歓迎会雲南省会沢県

    1日、雲南省曲靖市会沢県の幼稚園で行われたユニークな新入生歓迎会。中国雲南省曲靖市会沢(かいたく)県の移住・転居による貧困脱却の一環として設立された鐘屏幼稚園で1日、ユニークな新入生歓迎会が行われた。新入生が幼稚園の門をくぐると、整列した園児や教師が太鼓や銅鑼を鳴らし、リボンを振って歓迎。園内には「福」「大吉大利」などと書かれたお年玉がいたるところに飾られた。教室には、キャンディーやお菓子も準備され、新入生は楽しい園生活をスタートさせた。(会沢=新華社配信)=配信日:2021(令和3)年3月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:40.08
    2021年02月27日
    「新華社」中国の貧困削減の秘訣

    新華社中国の貧困削減の秘訣貧困、それは千年以上にわたる世界的難題。2012年、広大な中国の地が抱えていた貧困人口は1億人以上。中国は8年の時をかけて、この数字をゼロにしました。全ての人に唯一無二の物語があります。「私は最初に引っ越しに同意しました。今の生活よりは良くなると思ったからです。」「この心臓の病をとても憎みました。」「私は死んでも子供に学校に通わせます。」「家族のために努力しています。」「貧困から脱却して豊かになることに大きく影響します。私に何かできないでしょうか。」これは中国からの経験です。そして、世界の知恵でもあります。駐中国ヨルダン大使フサーム・アル・フサイニーこれは世界中の何億万人に関する物語です。国際労働機関(ILO)事務局長ガイ・ライダーこれは比類なき成果です。国連事務総長グテーレスこれは歴史上最も偉大な貧困脱却の成果です。新華社制作のドキュメンタリー「中国の貧困削減の秘訣」、ついに公開。 =配信日: 2021(令和3)年2月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月27日
    (1)無形文化遺産「保安腰刀」が貧困脱却を後押し甘粛省

    24日、保安腰刀技術を代表する折花刀。中国の少数民族、保安(パオアン)族は、主に甘粛省臨夏回族自治州積石山パオアン族トンシャン族サラール族自治県に居住し、保安腰刀と呼ばれる上質のナイフを製作することで知られる。長い生産生活の中で生み出された手工芸品で、その鍛造技術は2006年に中国の第1次国家級無形文化遺産リストに登録された。製造工程は複雑で、最大80余りの工程を経る必要がある。刀の製造は既にパオアン族の主要収入源ではなくなったが、保安腰刀産業は今でも地域の経済・社会の発展に重要な役割を果たしている。加工・製造はこれまで家庭工房方式が一般的だったが、現在のパオアン族の人々は、同方式を基に規模を拡大し、先進的な技術を導入。家庭工房を専門作業場へと進化させた。地元はここ数年、独自の保安腰刀鍛造技術を柱に貧困層労働者の技術習得を後押しし、安定的な貧困脱却を実現させてきた。特色ある無形文化遺産に立脚した経済の構築に努めるとともに、保安腰刀の恩恵が多くの世帯に及ぶよう技術の伝承を図っている。(臨夏=新華社記者/馬莎)= 配信日: 2021(令和3)年2月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月27日
    (5)無形文化遺産「保安腰刀」が貧困脱却を後押し甘粛省

    24日、研磨前の保安腰刀。中国の少数民族、保安(パオアン)族は、主に甘粛省臨夏回族自治州積石山パオアン族トンシャン族サラール族自治県に居住し、保安腰刀と呼ばれる上質のナイフを製作することで知られる。長い生産生活の中で生み出された手工芸品で、その鍛造技術は2006年に中国の第1次国家級無形文化遺産リストに登録された。製造工程は複雑で、最大80余りの工程を経る必要がある。刀の製造は既にパオアン族の主要収入源ではなくなったが、保安腰刀産業は今でも地域の経済・社会の発展に重要な役割を果たしている。加工・製造はこれまで家庭工房方式が一般的だったが、現在のパオアン族の人々は、同方式を基に規模を拡大し、先進的な技術を導入。家庭工房を専門作業場へと進化させた。地元はここ数年、独自の保安腰刀鍛造技術を柱に貧困層労働者の技術習得を後押しし、安定的な貧困脱却を実現させてきた。特色ある無形文化遺産に立脚した経済の構築に努めるとともに、保安腰刀の恩恵が多くの世帯に及ぶよう技術の伝承を図っている。(臨夏=新華社記者/馬莎)= 配信日: 2021(令和3)年2月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月27日
    (2)無形文化遺産「保安腰刀」が貧困脱却を後押し甘粛省

    24日、積石山パオアン族トンシャン族サラール族自治県大河家鎮にある無形文化遺産貧困者支援工房で、保安腰刀の製法を学ぶ男性。中国の少数民族、保安(パオアン)族は、主に甘粛省臨夏回族自治州積石山パオアン族トンシャン族サラール族自治県に居住し、保安腰刀と呼ばれる上質のナイフを製作することで知られる。長い生産生活の中で生み出された手工芸品で、その鍛造技術は2006年に中国の第1次国家級無形文化遺産リストに登録された。製造工程は複雑で、最大80余りの工程を経る必要がある。刀の製造は既にパオアン族の主要収入源ではなくなったが、保安腰刀産業は今でも地域の経済・社会の発展に重要な役割を果たしている。加工・製造はこれまで家庭工房方式が一般的だったが、現在のパオアン族の人々は、同方式を基に規模を拡大し、先進的な技術を導入。家庭工房を専門作業場へと進化させた。地元はここ数年、独自の保安腰刀鍛造技術を柱に貧困層労働者の技術習得を後押しし、安定的な貧困脱却を実現させてきた。特色ある無形文化遺産に立脚した経済の構築に努めるとともに、保安腰刀の恩恵が多くの世帯に及ぶよう技術の伝承を図っている。(臨夏=新華社記者/張百慧)= 配信日: 2021(令和3)年2月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月27日
    (4)無形文化遺産「保安腰刀」が貧困脱却を後押し甘粛省

    24日、積石山パオアン族トンシャン族サラール族自治県大河家鎮にある無形文化遺産貧困者支援工房で、刀を製造する国家級無形文化遺産代表項目「保安腰刀鍛造技術」の伝承者の馬尕主麻(ばがしゅま)さん。中国の少数民族、保安(パオアン)族は、主に甘粛省臨夏回族自治州積石山パオアン族トンシャン族サラール族自治県に居住し、保安腰刀と呼ばれる上質のナイフを製作することで知られる。長い生産生活の中で生み出された手工芸品で、その鍛造技術は2006年に中国の第1次国家級無形文化遺産リストに登録された。製造工程は複雑で、最大80余りの工程を経る必要がある。刀の製造は既にパオアン族の主要収入源ではなくなったが、保安腰刀産業は今でも地域の経済・社会の発展に重要な役割を果たしている。加工・製造はこれまで家庭工房方式が一般的だったが、現在のパオアン族の人々は、同方式を基に規模を拡大し、先進的な技術を導入。家庭工房を専門作業場へと進化させた。地元はここ数年、独自の保安腰刀鍛造技術を柱に貧困層労働者の技術習得を後押しし、安定的な貧困脱却を実現させてきた。特色ある無形文化遺産に立脚した経済の構築に努めるとともに、保安腰刀の恩恵が多くの世帯に及ぶよう技術の伝承を図っている。(臨夏=新華社記者/馬莎)= 配信日: 2021(令和3)年2月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:04.96
    2021年02月27日
    「新華社」無形文化遺産「保安腰刀」が貧困脱却を後押し甘粛省

    中国の少数民族、保安(パオアン)族は、主に甘粛省臨夏回族自治州積石山パオアン族トンシャン族サラール族自治県に居住し、保安腰刀と呼ばれる上質のナイフを製作することで知られる。長い生産生活の中で生み出された手工芸品で、その鍛造技術は2006年に中国の第1次国家級無形文化遺産リストに登録された。製造工程は複雑で、最大80余りの工程を経る必要がある。刀の製造は既にパオアン族の主要収入源ではなくなったが、保安腰刀産業は今でも地域の経済・社会の発展に重要な役割を果たしている。加工・製造はこれまで家庭工房方式が一般的だったが、現在のパオアン族の人々は、同方式を基に規模を拡大し、先進的な技術を導入。家庭工房を専門作業場へと進化させた。地元はここ数年、独自の保安腰刀鍛造技術を柱に貧困層労働者の技術習得を後押しし、安定的な貧困脱却を実現させてきた。特色ある無形文化遺産に立脚した経済の構築に努めるとともに、保安腰刀の恩恵が多くの世帯に及ぶよう技術の伝承を図っている。(記者/馬莎、張百慧) =配信日: 2021(令和3)年2月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月27日
    (6)無形文化遺産「保安腰刀」が貧困脱却を後押し甘粛省

    24日、さまざまな種類の保安腰刀。中国の少数民族、保安(パオアン)族は、主に甘粛省臨夏回族自治州積石山パオアン族トンシャン族サラール族自治県に居住し、保安腰刀と呼ばれる上質のナイフを製作することで知られる。長い生産生活の中で生み出された手工芸品で、その鍛造技術は2006年に中国の第1次国家級無形文化遺産リストに登録された。製造工程は複雑で、最大80余りの工程を経る必要がある。刀の製造は既にパオアン族の主要収入源ではなくなったが、保安腰刀産業は今でも地域の経済・社会の発展に重要な役割を果たしている。加工・製造はこれまで家庭工房方式が一般的だったが、現在のパオアン族の人々は、同方式を基に規模を拡大し、先進的な技術を導入。家庭工房を専門作業場へと進化させた。地元はここ数年、独自の保安腰刀鍛造技術を柱に貧困層労働者の技術習得を後押しし、安定的な貧困脱却を実現させてきた。特色ある無形文化遺産に立脚した経済の構築に努めるとともに、保安腰刀の恩恵が多くの世帯に及ぶよう技術の伝承を図っている。(臨夏=新華社記者/馬莎)= 配信日: 2021(令和3)年2月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月27日
    (3)無形文化遺産「保安腰刀」が貧困脱却を後押し甘粛省

    24日、積石山パオアン族トンシャン族サラール族自治県大河家鎮にある無形文化遺産貧困者支援工房で、妻と共に保安腰刀を製作する国家級無形文化遺産代表項目「保安腰刀鍛造技術」の伝承者の馬尕主麻(ばがしゅま)さん(左)。中国の少数民族、保安(パオアン)族は、主に甘粛省臨夏回族自治州積石山パオアン族トンシャン族サラール族自治県に居住し、保安腰刀と呼ばれる上質のナイフを製作することで知られる。長い生産生活の中で生み出された手工芸品で、その鍛造技術は2006年に中国の第1次国家級無形文化遺産リストに登録された。製造工程は複雑で、最大80余りの工程を経る必要がある。刀の製造は既にパオアン族の主要収入源ではなくなったが、保安腰刀産業は今でも地域の経済・社会の発展に重要な役割を果たしている。加工・製造はこれまで家庭工房方式が一般的だったが、現在のパオアン族の人々は、同方式を基に規模を拡大し、先進的な技術を導入。家庭工房を専門作業場へと進化させた。地元はここ数年、独自の保安腰刀鍛造技術を柱に貧困層労働者の技術習得を後押しし、安定的な貧困脱却を実現させてきた。特色ある無形文化遺産に立脚した経済の構築に努めるとともに、保安腰刀の恩恵が多くの世帯に及ぶよう技術の伝承を図っている。(臨夏=新華社記者/馬莎)= 配信日: 2021(令和3)年2月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月26日
    (6)北京で全国貧困脱却堅塁攻略総括表彰大会習近平氏が重要演説

    25日、大会で記念撮影に応じる習近平氏(右)と全国貧困脱却堅塁攻略模範栄誉称号受章者の李玉(り・ぎょく)氏。中国北京の人民大会堂で25日、全国貧困脱却堅塁攻略総括表彰大会が開催された。習近平(しゅう・きんぺい)中国共産党中央委員会総書記・国家主席・中央軍事委員会主席が出席し、重要演説を行った。(北京=新華社記者/李学仁)= 配信日: 2021(令和3)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月26日
    (11)北京で全国貧困脱却堅塁攻略総括表彰大会習近平氏が重要演説

    25日、大会で記念撮影に応じる習近平氏(右)と全国貧困脱却堅塁攻略模範栄誉称号を受けた安徽省金寨県花石郷大湾村の代表。中国北京の人民大会堂で25日、全国貧困脱却堅塁攻略総括表彰大会が開催された。習近平(しゅう・きんぺい)中国共産党中央委員会総書記・国家主席・中央軍事委員会主席が出席し、重要演説を行った。(北京=新華社記者/李学仁)= 配信日: 2021(令和3)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月26日
    (25)北京で全国貧困脱却堅塁攻略総括表彰大会習近平氏が重要演説

    25日、大会で全国貧困脱却堅塁攻略の先進個人・団体の代表を表彰する習近平氏ら。中国北京の人民大会堂で25日、全国貧困脱却堅塁攻略総括表彰大会が開催された。習近平(しゅう・きんぺい)中国共産党中央委員会総書記・国家主席・中央軍事委員会主席が出席し、重要演説を行った。(北京=新華社記者/鞠鵬)= 配信日: 2021(令和3)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月26日
    (10)北京で全国貧困脱却堅塁攻略総括表彰大会習近平氏が重要演説

    25日、大会で記念撮影に応じる習近平氏(右)と全国貧困脱却堅塁攻略模範栄誉称号を受けた河北省塞罕壩(さいかんは)機械営林場の代表。中国北京の人民大会堂で25日、全国貧困脱却堅塁攻略総括表彰大会が開催された。習近平(しゅう・きんぺい)中国共産党中央委員会総書記・国家主席・中央軍事委員会主席が出席し、重要演説を行った。(北京=新華社記者/李学仁)= 配信日: 2021(令和3)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月26日
    (4)北京で全国貧困脱却堅塁攻略総括表彰大会習近平氏が重要演説

    25日、大会で記念撮影に応じる習近平氏(右)と全国貧困脱却堅塁攻略模範栄誉称号受章者の毛相林(もう・そうりん)氏。中国北京の人民大会堂で25日、全国貧困脱却堅塁攻略総括表彰大会が開催された。習近平(しゅう・きんぺい)中国共産党中央委員会総書記・国家主席・中央軍事委員会主席が出席し、重要演説を行った。(北京=新華社記者/李学仁)= 配信日: 2021(令和3)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月26日
    (12)北京で全国貧困脱却堅塁攻略総括表彰大会習近平氏が重要演説

    25日、大会で記念撮影に応じる習近平氏(右)と全国貧困脱却堅塁攻略模範栄誉称号を受けた中国共産党福建省寿寧県下党郷委員会の代表。中国北京の人民大会堂で25日、全国貧困脱却堅塁攻略総括表彰大会が開催された。習近平(しゅう・きんぺい)中国共産党中央委員会総書記・国家主席・中央軍事委員会主席が出席し、重要演説を行った。(北京=新華社記者/李学仁)= 配信日: 2021(令和3)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月26日
    (7)北京で全国貧困脱却堅塁攻略総括表彰大会習近平氏が重要演説

    25日、大会で記念撮影に応じる習近平氏(右)と全国貧困脱却堅塁攻略模範栄誉称号受章者の張桂梅(ちょう・けいばい)氏。中国北京の人民大会堂で25日、全国貧困脱却堅塁攻略総括表彰大会が開催された。習近平(しゅう・きんぺい)中国共産党中央委員会総書記・国家主席・中央軍事委員会主席が出席し、重要演説を行った。(北京=新華社記者/李学仁)= 配信日: 2021(令和3)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月26日
    (17)北京で全国貧困脱却堅塁攻略総括表彰大会習近平氏が重要演説

    25日、大会で記念撮影に応じる習近平氏(右)と全国貧困脱却堅塁攻略模範栄誉称号を受けた陝西省綏徳(すいとく)県張家砭(ちょうかへん)鎮郝家橋(かくかきょう)村の代表。中国北京の人民大会堂で25日、全国貧困脱却堅塁攻略総括表彰大会が開催された。習近平(しゅう・きんぺい)中国共産党中央委員会総書記・国家主席・中央軍事委員会主席が出席し、重要演説を行った。(北京=新華社記者/李学仁)= 配信日: 2021(令和3)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月26日
    (28)北京で全国貧困脱却堅塁攻略総括表彰大会習近平氏が重要演説

    25日、大会で全国貧困脱却堅塁攻略の先進個人・団体の代表を表彰する習近平氏ら。中国北京の人民大会堂で25日、全国貧困脱却堅塁攻略総括表彰大会が開催された。習近平(しゅう・きんぺい)中国共産党中央委員会総書記・国家主席・中央軍事委員会主席が出席し、重要演説を行った。(北京=新華社記者/鞠鵬)= 配信日: 2021(令和3)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月26日
    (26)北京で全国貧困脱却堅塁攻略総括表彰大会習近平氏が重要演説

    25日、大会に先立ち、全国貧困脱却堅塁攻略模範栄誉称号受章者、全国貧困脱却堅塁攻略の先進個人・団体の代表、全国貧困脱却堅塁攻略模範栄誉称号の個人受章者と公務のため犠牲になった全国貧困脱却堅塁攻略先進個人の親族代表と会見し、手を振ってあいさつする習近平氏。中国北京の人民大会堂で25日、全国貧困脱却堅塁攻略総括表彰大会が開催された。習近平(しゅう・きんぺい)中国共産党中央委員会総書記・国家主席・中央軍事委員会主席が出席し、重要演説を行った。(北京=新華社記者/謝環馳)= 配信日: 2021(令和3)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月26日
    (20)北京で全国貧困脱却堅塁攻略総括表彰大会習近平氏が重要演説

    25日、大会で撮影に応じる全国貧困脱却堅塁攻略の先進個人・団体の代表ら。中国北京の人民大会堂で25日、全国貧困脱却堅塁攻略総括表彰大会が開催された。習近平(しゅう・きんぺい)中国共産党中央委員会総書記・国家主席・中央軍事委員会主席が出席し、重要演説を行った。(北京=新華社記者/謝環馳)= 配信日: 2021(令和3)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月26日
    (24)北京で全国貧困脱却堅塁攻略総括表彰大会習近平氏が重要演説

    25日、全国貧困脱却堅塁攻略総括表彰大会で重要演説を行う習近平氏。中国北京の人民大会堂で25日、全国貧困脱却堅塁攻略総括表彰大会が開催された。習近平(しゅう・きんぺい)中国共産党中央委員会総書記・国家主席・中央軍事委員会主席が出席し、重要演説を行った。(北京=新華社記者/李学仁)= 配信日: 2021(令和3)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...