KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 令和
  • 昭和
  • 作業員
  • 内地
  • 人々
  • 太原
  • 容量
  • 意味
  • 愛情
  • 最大

「貯蔵プール」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
60
( 1 60 件を表示)
  • 1
60
( 1 60 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 1949年05月31日
    ビール工場

    工場内の大貯蔵プール=整理1949(昭和24)年5月、東京・目黒の大日本ビール(24年内地番号なし)

    商品コード: 2016070600390

  • 1949年05月31日
    ビール工場

    工場内の大貯蔵プール=整理1949(昭和24)年5月、東京・目黒の大日本ビール(24年内地番号なし)

    商品コード: 2016070600396

  • 1976年06月03日
    燃料冷却貯蔵プール 転換期を迎える日本の原発

    茨城県東海村で試運転を開始した動力炉・核燃料事業団のプルトニウム再処理工場燃料冷却貯蔵プール(動力炉・核燃料事業団提供)(写真ニュース「転換期を迎える日本の原発」6枚組の6)(51年内地 3993)*「転換期を迎える日本の原発」6枚組の5は、(4)熱映像写真の説明図解

    商品コード: 2013102800140

  • 1977年05月03日
    貯蔵プール 核燃料再処理工場を見る

    使用済み核燃料は約3カ月間この貯蔵プールで冷却、貯蔵される。燃料集合体で300〜400体、金属のウランに換算すると97トンの貯蔵能力がある(52年内地 3376)(写真ニュース「核燃料再処理工場を見る」4枚組の2)

    商品コード: 2014081800166

  • 1977年06月28日
    核再処理施設立ち入り調査

    使用済み核燃料貯蔵プールを視察する日米合同調査団=1977(昭和52)年6月28日、茨城県東海村の動燃東海事業所

    商品コード: 2004051200178

  • 1977年06月28日
    核再処理施設立ち入り調査

    使用済み核燃料貯蔵プールを視察する日米合同調査団=1977(昭和52)年6月28日、茨城県東海村の動燃東海事業所

    商品コード: 2004051200180

  • 1977年06月28日
    貯蔵プールを視察 東海村日米合同調査始まる

    使用済み核燃料貯蔵プールを視察する日米合同調査団のローレンス・シャインマン米側団長(中央:米国務省原子力担当補佐官)ら。再処理工場はフランスのサンゴバン社から技術導入して建設されたため、日本駐在の同社技術者も立ち会った=1977(昭和52)年6月28日、茨城県那珂郡東海村の動力炉・核燃料開発事業団(動燃)の東海村再処理工場(52年内地 4893)

    商品コード: 2014090900493

  • 1977年07月01日
    東海村の原研 再処理を待つ核燃料

    貯蔵プールのなかに納められ、再処理工場での最初の再処理を待つ動力試験炉(JPDR)の使用済み核燃料(黒い柱状のもの)。1963(昭和38)年10月26日、わが国最初の原子力発電に成功した原子力開発史上記念すべき燃料棒=1977(昭和52)年7月1日、茨城県那珂郡東海村の日本原子力研究所(原研)(52年内地 4995)

    商品コード: 2014090900522

  • 1977年07月14日
    使用済み核燃料 準備完了、14日搬入へ

    日本原子力研究所(原研)東海研究所動力試験炉(JPDR)の使用済み核燃料をキャスク(中央)に収納、放射能値を測定しながら慎重に貯蔵プールから引き上げる原研職員。15日早朝から動力炉・核燃料開発事業団(動燃)再処理工場に第1回の燃料輸送が行われ、8月末まで計18回に分け、71体の燃料輸送が続けられる=1977(昭和52)年7月14日、茨城県那珂郡東海村の原子力研究所

    商品コード: 2014100800281

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1978年01月14日

    資料 92396-15 ◎劇物が流出 伊豆大島近海地震で、持越鉱山の鉱さい貯蔵プールの堤防が崩壊、劇物のシアンを含んだ鉱さいが流出した=1978(昭和53)年1月14日午後2時40分ごろ、静岡県湯ケ島町持越地区で共同通信社ヘリから(53年内地 338)

    商品コード: 2009111000226

  • 1996年11月08日
    六ケ所村の貯蔵プール 核燃料貯蔵プールを公開

    水張りを終え、ほぼ完成した使用済み核燃料再処理工場の核燃料貯蔵プール=8日午後、青森県六ケ所村

    商品コード: 1996110800091

  • 1996年12月16日
    完成した燃料貯蔵プール 追いつかぬ再処理能力

    )、企画69S、20日付朝刊以降使用、解禁厳守  青森県の六ケ所再処理工場に一足早く完成した使用済み燃料貯蔵プールの燃料送り出しピット

    商品コード: 1996121600098

  • 1997年01月09日
    貯蔵プールに重油を回収 タンカー重油流出事故

    海面から回収され、「回収容器」に入れられた重油=9日午後、福井県三国町

    商品コード: 1997010900087

  • 1997年10月24日
    青森県六ケ所の核燃再処理 安全協定締結見通したたず

    国内の原発からの使用済み核燃料が搬入される貯蔵プール=青森県六ケ所村

    商品コード: 1997102400036

  • 1998年07月07日
    了解文書の手渡し プール増強工事を最終了解

    福井県の栗田幸雄知事(左)から使用済み燃料貯蔵プールの増強工事開始を了解する文書を受ける関西電力の秋山喜久社長(中央)と日本原電の阿比留雄社長=7日午後、福井県庁

    商品コード: 1998070700118

  • 1999年03月31日
    収納密度が高い新ラック 貯蔵設備の増強工事を公開

    使用済み燃料の貯蔵プールに据え付けられる収納密度が高い新ラック=3月31日午前、鹿児島県川内市の川内原子力発電所

    商品コード: 1999033100162

  • 1999年06月11日
    貯蔵プール 7月にも搬入作業再開判断

    貯蔵プール内の使用済み核燃料(写真下右側の格子状のラック内)=青森県六ケ所村の使用済み核燃料再処理工場

    商品コード: 1999061100084

  • 1999年09月03日
    搬送される輸送容器 使用済み核燃料の搬入終了

    専用トレーラーで再処理工場の貯蔵プールに搬送される使用済み核燃料を収めた輸送容器=3日午後2時10分、青森県六ケ所村

    商品コード: 1999090300102

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1999年10月07日
    プールに移される燃料 MOX燃料貯蔵プールへ

    輸送容器から取り出され燃料貯蔵プールに移されるMOX燃料=7日午後、福井県高浜町の関西電力高浜原子力発電所

    商品コード: 1999100700071

  • 1999年10月22日
    容器運ぶトレーラー 使用済み核燃料を搬入

    使用済み核燃料を収めた輸送容器を再処理工場貯蔵プールに運ぶ専用トレーラー=22日午後2時10分、青森県六ケ所村のむつ小川原港

    商品コード: 1999102200046

  • 1999年12月10日
    通産省の検査 MOX燃料の検査公開

    福島第一原発3号機の燃料貯蔵プールで行われた通産省によるMOX燃料の検査=10日午前(代表撮影)

    商品コード: 1999121000087

  • 1999年12月12日
    使用済み核燃料貯蔵プール 首相、伊方原発を視察

    四国電力・伊方原子力発電所で、使用済み核燃料の貯蔵プールを視察する小渕首相(中央)=12日午後、愛媛県伊方町

    商品コード: 1999121200015

  • 2000年11月10日
    再処理待つ使用済み燃料 再処理工場の再開を容認

    核燃料サイクル開発機構(旧動燃)東海再処理工場の貯蔵プールで、再処理を待つ使用済み燃料=7月、茨城県東海村

    商品コード: 2000111000039

  • 2000年12月20日
    HPで公開された画像 再処理工場内の画像公開

    核燃料サイクル開発機構のホームページで公開された、東海再処理工場の使用済み燃料貯蔵プール=20日

    商品コード: 2000122000103

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2002年01月15日
    遠隔操作で移送する作業員 燃料プール出水で調査開始

    制御室での遠隔操作で、貯蔵プールの使用済み核燃料を移送する作業員ら=15日午前10時、青森県六ケ所村の再処理工場

    商品コード: 2002011500076

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2002年02月16日
    漏水確認されたプール 核燃料搬入に高まる不安

    燃料貯蔵プールからの漏水が確認された使用済み核燃料受け入れ貯蔵施設。柱の向こうに漏水が確認されたプールがある=3日、青森県六ケ所村の使用済み核燃料再処理工場

    商品コード: 2002021600125

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2002年02月20日
    漏えい調査 原燃が漏えい調査を公開

    漏水が確認された使用済み核燃料貯蔵プールで、漏えい個所を特定するため調査を進める作業員ら=20日午前、青森県六ケ所村の再処理工場

    商品コード: 2002022000183

  • 2002年04月12日
    調査をする作業員 原燃が漏えい調査を公開

    使用済み核燃料貯蔵プールで漏えい個所の調査を行う作業員=12日午前、青森県六ケ所村

    商品コード: 2002041200081

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2005年06月09日
    水漏れがあった燃料プール 核燃料プールでまた水漏れ

    水漏れがあった使用済み核燃料再処理工場の燃料貯蔵プール=5月30日、青森県六ケ所村

    商品コード: 2005060900196

  • 2006年03月31日
    貯蔵プールの作業 再処理工場で試運転開始

    アクティブ試験が開始され、燃料貯蔵プールで進められる作業=31日午後、青森県六ケ所村の日本原燃使用済み核燃料再処理工場

    商品コード: 2006033100149

  • 2006年03月31日
    つり上げられる核燃料 再処理工場で試運転開始

    アクティブ試験が開始され、燃料貯蔵プールでクレーン(右上)でつり上げられる使用済み核燃料=31日午後、青森県六ケ所村の日本原燃使用済み核燃料再処理工場

    商品コード: 2006033100131

  • 2006年03月31日
    見守る作業員 再処理工場で試運転開始

    燃料貯蔵プールで行われる使用済み核燃料引き上げ作業を見守る作業員=31日午後、青森県六ケ所村の日本原燃使用済み核燃料再処理工場

    商品コード: 2006033100160

  • 2006年03月31日
    燃料貯蔵プール 再処理工場で試運転開始

    アクティブ試験が開始、作業が進められる燃料貯蔵プール=31日午後3時3分、青森県六ケ所村の日本原燃使用済み核燃料再処理工場

    商品コード: 2006033100119

  • 2007年07月21日
    使用済み核燃料貯蔵プール 放射性物質漏えい「微量」

    制御室の監視モニターに表示された原発6号機の使用済み核燃料貯蔵プール(中央の黒い部分)。この水が海に放出されたとみられている=21日午後、新潟県の東電柏崎刈羽原発(新潟県中越沖地震)

    商品コード: 2007072100177

  • 2007年07月24日
    地震で揺れる燃料プール 新潟県中越沖地震

    16日、地震により水面が波立っていく柏崎刈羽原発3号機の燃料貯蔵プールのモニター画像。上は地震前、下の2枚が地震発生時で、水面に白い泡のようなものが見える。時刻表示に地震発生時より約2分の遅れが生じている(東京電力提供)

    商品コード: 2007072400484

  • 2007年07月25日
    作業員とポリ袋 新潟県中越沖地震

    新潟県の柏崎刈羽原発6号機の使用済み核燃料貯蔵プール周辺で放射性物質などをぬぐい取る作業員。下は放射能を含んだ水を入れたポリ袋=25日午前、新潟県柏崎市

    商品コード: 2007072500077

  • 2007年07月25日
    貯蔵プールと作業員 新潟県中越沖地震

    公開された新潟県の柏崎刈羽原発6号機の使用済み核燃料貯蔵プール(右)のそばで放射性物質などをぬぐい取る作業員=25日午前

    商品コード: 2007072500075

  • 2007年07月25日
    ふき取る作業員 放射性物質ふき取る作業員

    使用済み核燃料貯蔵プール周辺で、飛び散った放射性物質をふき取る作業員=25日、新潟県の柏崎刈羽原発6号機(新潟県中越沖地震)

    商品コード: 2007072500247

  • 2007年07月28日
    公開された貯蔵プール パネル落ちシートでふさぐ

    公開された東電柏崎刈羽原発3号機の使用済み核燃料貯蔵プール=28日午後、新潟県

    商品コード: 2007072800220

  • 2007年07月28日
    3号機の燃料貯蔵プール 放射線管理区域を公開

    公開された、東電柏崎刈羽原発3号機の使用済み核燃料貯蔵プール=28日午後、新潟県

    商品コード: 2007072800165

  • 2010年07月06日
    貯蔵用プールに移す作業 MOX燃料を貯蔵プールへ

    関西電力高浜原発3号機の燃料取り扱い建屋で公開された、MOX燃料を貯蔵プールへ移す作業=6日午後、福井県高浜町

    商品コード: 2010070600274

  • 2010年12月05日
    つり上げられるMOX燃料 高浜3号にMOX燃料装荷

    3号機の原子炉へ装荷のため貯蔵プールからクレーンでつり上げられるMOX燃料=5日午前11時30分、福井県高浜町の関西電力高浜原発

    商品コード: 2010120500067

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2011年03月17日
    福島第1原発3号機の内部 東日本大震災

    東京電力福島第1原発3号機の使用済み燃料貯蔵プール=2003年9月

    商品コード: 2011031700649

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2011年03月17日
    福島第1原発3号機の内部 東日本大震災

    東京電力福島第1原発3号機の使用済み燃料貯蔵プール=2003年9月

    商品コード: 2011031700654

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2011年03月19日
    危険度見極めプール水攻め

    福島第1原発の貯蔵プール状況

    商品コード: 2011031900491

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2011年03月19日
    危険度見極めプール水攻め

    福島第1原発の貯蔵プール状況

    商品コード: 2011031900492

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2011年10月03日
    アワビの貯蔵プール予定地 がれきでアワビ増殖場造り

    防波堤が壊れた部分を消波ブロックなどで囲んだアワビの貯蔵プールの予定地=9月30日、岩手県宮古市の田老漁港

    商品コード: 2011100300347

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2011年10月03日
    アワビの貯蔵プール予定地 がれき利用でアワビ増殖場

    防波堤が壊れた部分を消波ブロックなどで囲んだアワビの貯蔵プールの予定地=9月30日、岩手県宮古市の田老漁港

    商品コード: 2011100300405

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2012年02月08日
    1号機の貯蔵プール 津波の爪痕、生々しく

    東京電力福島第2原発の1号機原子炉建屋内で、使用済み燃料の貯蔵プールを視察する福島県などの調査団=8日午後、福島県楢葉町

    商品コード: 2012020800521

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2013年08月29日
    再処理工場の燃料プール 再処理めぐり正面衝突

    茨城県東海村にある再処理工場の使用済み核燃料貯蔵プール=2000年7月

    商品コード: 2013082900647

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2013年12月19日
    使用済み燃料の輸送容器 米、拒否権手放さず

    1999年10月、使用済み核燃料を収めた輸送容器を青森県六ケ所村の再処理工場貯蔵プールに運ぶトレーラー

    商品コード: 2013121900952

  • 2016年12月20日
    使用済み核燃料プール 作業はすべて遠隔操作

    フランス・ラアーグ再処理工場の使用済み核燃料貯蔵プール=10月(共同)

    商品コード: 2016122000568

  • 2019年08月31日
    1万5千トンの「酢の湖」、観光客を圧倒山西省晋中市

    8月31日、老西酢博園の「酢湖」を見学する観光客。中国山西省の人々の食生活に酢は欠かせない。同省産の酢は「山西老陳酢」と呼ばれ中国四大名酢の一つとされる。陳も老も「古い」という意味があり、熟成期間が長いものを指す。陳酢より長い熟成期間をおいたものを老陳酢と呼ぶ。省内には1万5千トンもの容量の貯蔵プール(地元では『酢湖』と呼ぶ)をもつ老陳酢メーカーもあり、山西人の老陳酢に対する深い愛情を物語っている。この巨大な「酢湖」は2013年、晋中市楡次区の文化テーマパーク「老西酢博園」に造られた。長さは270メートル、幅は最大で24メートルある。(太原=新華社記者/呂夢琦)=2019(令和元)年8月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019090402437

  • 2019年08月31日
    1万5千トンの「酢の湖」、観光客を圧倒山西省晋中市

    8月31日、老西酢博園を見学する観光客。中国山西省の人々の食生活に酢は欠かせない。同省産の酢は「山西老陳酢」と呼ばれ中国四大名酢の一つとされる。陳も老も「古い」という意味があり、熟成期間が長いものを指す。陳酢より長い熟成期間をおいたものを老陳酢と呼ぶ。省内には1万5千トンもの容量の貯蔵プール(地元では『酢湖』と呼ぶ)をもつ老陳酢メーカーもあり、山西人の老陳酢に対する深い愛情を物語っている。この巨大な「酢湖」は2013年、晋中市楡次区の文化テーマパーク「老西酢博園」に造られた。長さは270メートル、幅は最大で24メートルある。(太原=新華社記者/呂夢琦)=2019(令和元)年8月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019090402421

  • 2019年08月31日
    1万5千トンの「酢の湖」、観光客を圧倒山西省晋中市

    8月31日、老西酢博園の「酢湖」を見学する観光客。中国山西省の人々の食生活に酢は欠かせない。同省産の酢は「山西老陳酢」と呼ばれ中国四大名酢の一つとされる。陳も老も「古い」という意味があり、熟成期間が長いものを指す。陳酢より長い熟成期間をおいたものを老陳酢と呼ぶ。省内には1万5千トンもの容量の貯蔵プール(地元では『酢湖』と呼ぶ)をもつ老陳酢メーカーもあり、山西人の老陳酢に対する深い愛情を物語っている。この巨大な「酢湖」は2013年、晋中市楡次区の文化テーマパーク「老西酢博園」に造られた。長さは270メートル、幅は最大で24メートルある。(太原=新華社記者/呂夢琦)=2019(令和元)年8月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019090402377

  • 2019年08月31日
    1万5千トンの「酢の湖」、観光客を圧倒山西省晋中市

    8月31日、老西酢博園の「酢湖」。中国山西省の人々の食生活に酢は欠かせない。同省産の酢は「山西老陳酢」と呼ばれ中国四大名酢の一つとされる。陳も老も「古い」という意味があり、熟成期間が長いものを指す。陳酢より長い熟成期間をおいたものを老陳酢と呼ぶ。省内には1万5千トンもの容量の貯蔵プール(地元では『酢湖』と呼ぶ)をもつ老陳酢メーカーもあり、山西人の老陳酢に対する深い愛情を物語っている。この巨大な「酢湖」は2013年、晋中市楡次区の文化テーマパーク「老西酢博園」に造られた。長さは270メートル、幅は最大で24メートルある。(太原=新華社記者/呂夢琦)=2019(令和元)年8月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019090402417

  • 2019年08月31日
    1万5千トンの「酢の湖」、観光客を圧倒山西省晋中市

    8月31日、老西酢博園の「酢湖」。中国山西省の人々の食生活に酢は欠かせない。同省産の酢は「山西老陳酢」と呼ばれ中国四大名酢の一つとされる。陳も老も「古い」という意味があり、熟成期間が長いものを指す。陳酢より長い熟成期間をおいたものを老陳酢と呼ぶ。省内には1万5千トンもの容量の貯蔵プール(地元では『酢湖』と呼ぶ)をもつ老陳酢メーカーもあり、山西人の老陳酢に対する深い愛情を物語っている。この巨大な「酢湖」は2013年、晋中市楡次区の文化テーマパーク「老西酢博園」に造られた。長さは270メートル、幅は最大で24メートルある。(太原=新華社記者/呂夢琦)=2019(令和元)年8月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019090402489

  • 2019年08月31日
    1万5千トンの「酢の湖」、観光客を圧倒山西省晋中市

    8月31日、老西酢博園で展示されている発酵中の高粱(コウリャン)のかめ。中国山西省の人々の食生活に酢は欠かせない。同省産の酢は「山西老陳酢」と呼ばれ中国四大名酢の一つとされる。陳も老も「古い」という意味があり、熟成期間が長いものを指す。陳酢より長い熟成期間をおいたものを老陳酢と呼ぶ。省内には1万5千トンもの容量の貯蔵プール(地元では『酢湖』と呼ぶ)をもつ老陳酢メーカーもあり、山西人の老陳酢に対する深い愛情を物語っている。この巨大な「酢湖」は2013年、晋中市楡次区の文化テーマパーク「老西酢博園」に造られた。長さは270メートル、幅は最大で24メートルある。(太原=新華社記者/呂夢琦)=2019(令和元)年8月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019090402404

  • 2021年11月09日
    (2)福清原発、国産原子炉「華竜1号」2基目への燃料装荷を開始

    6日、福清原発6号機の燃料貯蔵プール。中国福建省にある中国核工業集団の福清原子力発電所は6日、中国の第3世代原子炉「華竜1号」の2基目を採用した6号機への燃料装荷作業(原子炉の炉心に燃料を入れる作業)を開始した。同原子炉はメインシステムが核燃料を装荷した試運転の段階に入り、運転開始に向け重要な一歩を踏み出した。「華竜1号」は、中国が開発した独自の知的財産権を持つ第3世代加圧水型原子炉の革新的成果で、世界で最も厳しい安全基準を満たすほか、量産もできる。(福州=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年11月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021110906365

  • 2021年11月09日
    (1)福清原発、国産原子炉「華竜1号」2基目への燃料装荷を開始

    6日、福清原発6号機の燃料貯蔵プール。中国福建省にある中国核工業集団の福清原子力発電所は6日、中国の第3世代原子炉「華竜1号」の2基目を採用した6号機への燃料装荷作業(原子炉の炉心に燃料を入れる作業)を開始した。同原子炉はメインシステムが核燃料を装荷した試運転の段階に入り、運転開始に向け重要な一歩を踏み出した。「華竜1号」は、中国が開発した独自の知的財産権を持つ第3世代加圧水型原子炉の革新的成果で、世界で最も厳しい安全基準を満たすほか、量産もできる。(福州=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年11月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021110906367

  • 1