KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 令和
  • 面積
  • うけい
  • 交通
  • 位置
  • 南北
  • 場所
  • 機能
  • 歴史
  • 流域

「賀州市」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
37
( 1 37 件を表示)
  • 1
37
( 1 37 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2018年12月05日
    祭を彩るきらびやかな民俗衣装広西チワン族自治区

    広西チワン族自治区賀州市八歩区にあるヤオ族服飾刺繍芸術館で、ヤオ族のさまざまな帽子を披露する女性。(組み合わせ写真、2017年12月5日撮影)広西チワン族自治区は中国で少数民族の人口が最も多い自治区であり、ここではきらびやかで美しいさまざまな民族衣装を目にすることができる。日常生活であっても、祝日であっても、色鮮やかな民族衣装は同地の民族的情緒を表現するだけでなく、代々受け継がれてきた民族文化の魅力も伝えているのだ。(南寧=新華社記者/陸波岸)=2018(平成30)年12月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018112615686

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年06月07日
    広西チワン族自治区賀州市で豪雨複数カ所で道路が冠水

    7日、賀州市で冠水した道路を走る車。中国広西チワン族自治区賀州市は7日、豪雨に見舞われ、市内複数カ所で道路が冠水した。(賀州=新華社配信/廖祖平)=2020(令和2)年6月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061102927

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年06月07日
    広西チワン族自治区賀州市で豪雨複数カ所で道路が冠水

    7日、賀州市で冠水した道路を歩く市民。中国広西チワン族自治区賀州市は7日、豪雨に見舞われ、市内複数カ所で道路が冠水した。(賀州=新華社配信/廖祖平)=2020(令和2)年6月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061102963

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年06月07日
    広西チワン族自治区賀州市で豪雨複数カ所で道路が冠水

    7日、賀州市で冠水した道路で立ち往生した車。中国広西チワン族自治区賀州市は7日、豪雨に見舞われ、市内複数カ所で道路が冠水した。(賀州=新華社配信/廖祖平)=2020(令和2)年6月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061102890

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年06月07日
    広西チワン族自治区賀州市で豪雨複数カ所で道路が冠水

    7日、賀州市で冠水した道路を走る車。中国広西チワン族自治区で4日から7日にかけて降った豪雨の影響で、多くの地域が洪水の被害を受けた。(賀州=新華社配信/廖祖平)=2020(令和2)年6月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061102869

  • 2020年08月16日
    緑豊かな初秋の南山牧場をゆく広西チワン族自治区

    16日、広西チワン族自治区竜勝各族自治県で、連なる峰々にそびえる巨大な風車。(小型無人機から)初秋を迎えた中国広西チワン族自治区竜勝(りゅうしょう)各族自治県にある南山牧場は、巨大な風車や緑の草原、霧に包まれた山々が美しい絵巻物のような風景を織りなしている。同自治県西北部にある南山牧場は、「八百里南山」と称され、桂北地区(同自治区桂林市、賀州市、柳州市北部)で最大の面積を誇る高山平原の天然牧場として知られる。(竜勝=新華社配信/潘志祥)=2020(令和2)年8月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020082705374

  • 2020年08月16日
    緑豊かな初秋の南山牧場をゆく広西チワン族自治区

    16日、広西チワン族自治区竜勝各族自治県にある南山牧場の風景。(小型無人機から)初秋を迎えた中国広西チワン族自治区竜勝(りゅうしょう)各族自治県にある南山牧場は、巨大な風車や緑の草原、霧に包まれた山々が美しい絵巻物のような風景を織りなしている。同自治県西北部にある南山牧場は、「八百里南山」と称され、桂北地区(同自治区桂林市、賀州市、柳州市北部)で最大の面積を誇る高山平原の天然牧場として知られる。(竜勝=新華社配信/潘志祥)=2020(令和2)年8月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020082705383

  • 2020年08月16日
    緑豊かな初秋の南山牧場をゆく広西チワン族自治区

    16日、広西チワン族自治区竜勝各族自治県にある南山牧場の風景。(小型無人機から)初秋を迎えた中国広西チワン族自治区竜勝(りゅうしょう)各族自治県にある南山牧場は、巨大な風車や緑の草原、霧に包まれた山々が美しい絵巻物のような風景を織りなしている。同自治県西北部にある南山牧場は、「八百里南山」と称され、桂北地区(同自治区桂林市、賀州市、柳州市北部)で最大の面積を誇る高山平原の天然牧場として知られる。(竜勝=新華社配信/潘志祥)=2020(令和2)年8月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020082705478

  • 2020年08月16日
    緑豊かな初秋の南山牧場をゆく広西チワン族自治区

    16日、広西チワン族自治区竜勝各族自治県で、連なる峰々にそびえる巨大な風車。(小型無人機から)初秋を迎えた中国広西チワン族自治区竜勝(りゅうしょう)各族自治県にある南山牧場は、巨大な風車や緑の草原、霧に包まれた山々が美しい絵巻物のような風景を織りなしている。同自治県西北部にある南山牧場は、「八百里南山」と称され、桂北地区(同自治区桂林市、賀州市、柳州市北部)で最大の面積を誇る高山平原の天然牧場として知られる。(竜勝=新華社配信/潘志祥)=2020(令和2)年8月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020082705479

  • 2020年08月16日
    緑豊かな初秋の南山牧場をゆく広西チワン族自治区

    16日、広西チワン族自治区竜勝各族自治県で、連なる峰々に点々とそびえる巨大な風車群。(小型無人機から)初秋を迎えた中国広西チワン族自治区竜勝(りゅうしょう)各族自治県にある南山牧場は、巨大な風車や緑の草原、霧に包まれた山々が美しい絵巻物のような風景を織りなしている。同自治県西北部にある南山牧場は、「八百里南山」と称され、桂北地区(同自治区桂林市、賀州市、柳州市北部)で最大の面積を誇る高山平原の天然牧場として知られる。(竜勝=新華社配信/潘志祥)=2020(令和2)年8月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020082705486

  • 00:56.50
    2020年10月04日
    「新華社」山奥に暮らす少数民族「土瑶」伝統産業で豊かさ目指す

    中国の少数民族、ヤオ族の支族に当たる「土瑶(トゥーヤオ)」は、広西チワン族自治区賀州市にある六つの村と24の山間集落にのみ分布する。大桂山脈の山中での生活により、彼らは独特の民族文化を育んできた。土瑶が栽培する茶は「火塘養生茶」と呼ばれ、茶葉を一定時間いぶした後にひっくり返す。代々受け継がれてきた製法だという。また、山中で豊富に取れる孟宗竹(もうそうちく)が竹籠の材料となることから、竹籠編みは土瑶女性の伝統手工芸となっている。竹籠と茶葉は土瑶の重要な産業として人々の暮らしを支えている。今では舗装道路が村落に通じ、彼らの独特な民族文化も多くの人に知られるようになった。企業と農家が協力する発展モデルにより、茶葉や竹編み製品の販路も広がり、土瑶の人々が明るい未来を切り開く大切な「鍵」となっている。(記者/呉思思、麦凌寒)<映像内容>少数民族「土瑶」の生活、街並みなど風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020100701205

  • 2021年02月25日
    (5)早春の茶摘みが最盛期広西チワン族自治区昭平県

    23日、昭平県の象棋山茶葉産業モデルパークで茶摘みをする茶農家。中国広西チワン族自治区賀州市昭平県では春茶の収穫期を迎え、農家が茶摘みに追われている。(賀州=新華社記者/劉岭逸)= 配信日: 2021(令和3)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021022506596

  • 2021年02月25日
    (6)早春の茶摘みが最盛期広西チワン族自治区昭平県

    23日、昭平県の象棋山茶葉産業モデルパーク。(小型無人機から)中国広西チワン族自治区賀州市昭平県では春茶の収穫期を迎え、農家が茶摘みに追われている。(賀州=新華社記者/劉岭逸)= 配信日: 2021(令和3)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021022507280

  • 2021年02月25日
    (7)早春の茶摘みが最盛期広西チワン族自治区昭平県

    23日、昭平県の象棋山茶葉産業モデルパーク。(小型無人機から)中国広西チワン族自治区賀州市昭平県では春茶の収穫期を迎え、農家が茶摘みに追われている。(賀州=新華社記者/曹禕銘)= 配信日: 2021(令和3)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021022507282

  • 2021年02月25日
    (2)早春の茶摘みが最盛期広西チワン族自治区昭平県

    23日、昭平県の象棋山茶葉産業モデルパークで茶摘みをする茶農家。(小型無人機から)中国広西チワン族自治区賀州市昭平県では春茶の収穫期を迎え、農家が茶摘みに追われている。(賀州=新華社記者/周華)= 配信日: 2021(令和3)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021022506590

  • 2021年02月25日
    (3)早春の茶摘みが最盛期広西チワン族自治区昭平県

    23日、昭平県の象棋山茶葉産業モデルパークで肥料をまく茶農家。中国広西チワン族自治区賀州市昭平県では春茶の収穫期を迎え、農家が茶摘みに追われている。(賀州=新華社記者/曹禕銘)= 配信日: 2021(令和3)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021022506592

  • 2021年02月25日
    (1)早春の茶摘みが最盛期広西チワン族自治区昭平県

    23日、昭平県の象棋山茶葉産業モデルパークで茶摘みをする茶農家。(小型無人機から)中国広西チワン族自治区賀州市昭平県では春茶の収穫期を迎え、農家が茶摘みに追われている。(賀州=新華社記者/周華)= 配信日: 2021(令和3)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021022506593

  • 2021年02月25日
    (4)早春の茶摘みが最盛期広西チワン族自治区昭平県

    23日、昭平県の象棋山茶葉産業モデルパークで茶摘みをする茶農家。(小型無人機から)中国広西チワン族自治区賀州市昭平県では春茶の収穫期を迎え、農家が茶摘みに追われている。(賀州=新華社記者/周華)= 配信日: 2021(令和3)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021022506609

  • 2022年02月25日
    (8)一足早く春の訪れ農作業に励む中国各地の農家

    23日、広西チワン族自治区賀州市八歩区蓮塘鎮の白花村で、野菜を収穫する農家の人。(小型無人機から)早春を迎えた中国各地では、農家の人々が忙しく農作業に励んでいる。(賀州=新華社配信/廖祖平)= 配信日: 2022(令和4)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022022504785

  • 2022年04月12日
    (13)春の農作業に励む中国各地の農家

    10日、広西チワン族自治区賀州市平桂区沙田鎮馬東村で、サツマイモの苗を植える農家の人。(小型無人機から)春の耕作シーズンを迎えた中国各地では、農家の人々が畑仕事に精を出している。(賀州=新華社配信/廖祖平)= 配信日: 2022(令和4)年4月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022041208242

  • 01:07.52
    2022年04月18日
    「新華社」チュウゴクワニトカゲ14匹が誕生広西チワン族自治区

    中国広西チワン族自治区賀州市の広西大桂山ワニトカゲ国家級自然保護区ワニトカゲ救護繁殖センターでこのほど、雌のチュウゴクワニトカゲ1匹が一度に14匹の赤ちゃんを産んだ。同センターによると、通常は4~6匹の幼体を産む。チュウゴクワニトカゲは国家1級保護野生動物に指定されている爬虫類で、3~5月に繁殖期を迎える。同自然保護区はチュウゴクワニトカゲの世界最大の人工繁殖拠点となっており、これまでに誕生した幼体は500匹を超える。今後は野生復帰にも定期的に取り組んでいくという。(記者/黄凱瑩、梁舜) =配信日: 2022(令和4)年4月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022041811908

  • 2022年05月09日
    (11)賀江碧道画廊風景区を訪ねて広東省肇慶市

    3日、賀江碧道の賀江第一湾。中国広東省肇慶(ちょうけい)市封開県南西部に位置する賀江碧道画廊風景区は、自然と歴史が融合した場所で、面積が42平方キロを超える。賀江の名は流域の広西チワン族自治区賀州市に由来している。かつては「賀水」「臨賀水」と呼ばれ、古くから南北を結ぶ交通の要として機能していた。(肇慶=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年5月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022050909870

  • 2022年05月09日
    (3)賀江碧道画廊風景区を訪ねて広東省肇慶市

    3日、賀江碧道風景区にある百吉渡し場。中国広東省肇慶(ちょうけい)市封開県南西部に位置する賀江碧道画廊風景区は、自然と歴史が融合した場所で、面積が42平方キロを超える。賀江の名は流域の広西チワン族自治区賀州市に由来している。かつては「賀水」「臨賀水」と呼ばれ、古くから南北を結ぶ交通の要として機能していた。(肇慶=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年5月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022050909884

  • 2022年05月09日
    (8)賀江碧道画廊風景区を訪ねて広東省肇慶市

    3日、賀江碧道風景区内の田畑。中国広東省肇慶(ちょうけい)市封開県南西部に位置する賀江碧道画廊風景区は、自然と歴史が融合した場所で、面積が42平方キロを超える。賀江の名は流域の広西チワン族自治区賀州市に由来している。かつては「賀水」「臨賀水」と呼ばれ、古くから南北を結ぶ交通の要として機能していた。(肇慶=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年5月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022050909912

  • 2022年05月09日
    (6)賀江碧道画廊風景区を訪ねて広東省肇慶市

    3日、賀江碧道風景区にある竹洲展望台。中国広東省肇慶(ちょうけい)市封開県南西部に位置する賀江碧道画廊風景区は、自然と歴史が融合した場所で、面積が42平方キロを超える。賀江の名は流域の広西チワン族自治区賀州市に由来している。かつては「賀水」「臨賀水」と呼ばれ、古くから南北を結ぶ交通の要として機能していた。(肇慶=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年5月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022051000008

  • 2022年05月09日
    (9)賀江碧道画廊風景区を訪ねて広東省肇慶市

    3日、賀江碧道の竜皇島にある古い渡し場。中国広東省肇慶(ちょうけい)市封開県南西部に位置する賀江碧道画廊風景区は、自然と歴史が融合した場所で、面積が42平方キロを超える。賀江の名は流域の広西チワン族自治区賀州市に由来している。かつては「賀水」「臨賀水」と呼ばれ、古くから南北を結ぶ交通の要として機能していた。(肇慶=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年5月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022051000016

  • 2022年05月09日
    (5)賀江碧道画廊風景区を訪ねて広東省肇慶市

    3日、賀江碧道風景区の景色。中国広東省肇慶(ちょうけい)市封開県南西部に位置する賀江碧道画廊風景区は、自然と歴史が融合した場所で、面積が42平方キロを超える。賀江の名は流域の広西チワン族自治区賀州市に由来している。かつては「賀水」「臨賀水」と呼ばれ、古くから南北を結ぶ交通の要として機能していた。(肇慶=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年5月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022050909827

  • 2022年05月09日
    (4)賀江碧道画廊風景区を訪ねて広東省肇慶市

    3日、賀江碧道風景区の両広源流博物館。中国広東省肇慶(ちょうけい)市封開県南西部に位置する賀江碧道画廊風景区は、自然と歴史が融合した場所で、面積が42平方キロを超える。賀江の名は流域の広西チワン族自治区賀州市に由来している。かつては「賀水」「臨賀水」と呼ばれ、古くから南北を結ぶ交通の要として機能していた。(肇慶=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年5月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022050909916

  • 2022年05月09日
    (10)賀江碧道画廊風景区を訪ねて広東省肇慶市

    3日、賀江碧道風景区内の台洞村。中国広東省肇慶(ちょうけい)市封開県南西部に位置する賀江碧道画廊風景区は、自然と歴史が融合した場所で、面積が42平方キロを超える。賀江の名は流域の広西チワン族自治区賀州市に由来している。かつては「賀水」「臨賀水」と呼ばれ、古くから南北を結ぶ交通の要として機能していた。(肇慶=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年5月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022050909868

  • 2022年05月09日
    (7)賀江碧道画廊風景区を訪ねて広東省肇慶市

    3日、賀江碧道風景区にある展望台。中国広東省肇慶(ちょうけい)市封開県南西部に位置する賀江碧道画廊風景区は、自然と歴史が融合した場所で、面積が42平方キロを超える。賀江の名は流域の広西チワン族自治区賀州市に由来している。かつては「賀水」「臨賀水」と呼ばれ、古くから南北を結ぶ交通の要として機能していた。(肇慶=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年5月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022050909867

  • 2022年05月09日
    (2)賀江碧道画廊風景区を訪ねて広東省肇慶市

    3日、賀江碧道の賀江第一湾展望台。中国広東省肇慶(ちょうけい)市封開県南西部に位置する賀江碧道画廊風景区は、自然と歴史が融合した場所で、面積が42平方キロを超える。賀江の名は流域の広西チワン族自治区賀州市に由来している。かつては「賀水」「臨賀水」と呼ばれ、古くから南北を結ぶ交通の要として機能していた。(肇慶=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年5月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022050909897

  • 2022年05月09日
    (1)賀江碧道画廊風景区を訪ねて広東省肇慶市

    3日、賀江碧道の大洲ツーリストサービスセンター。中国広東省肇慶(ちょうけい)市封開県南西部に位置する賀江碧道画廊風景区は、自然と歴史が融合した場所で、面積が42平方キロを超える。賀江の名は流域の広西チワン族自治区賀州市に由来している。かつては「賀水」「臨賀水」と呼ばれ、古くから南北を結ぶ交通の要として機能していた。(肇慶=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年5月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022051000063

  • 2022年06月15日
    (2)中国の科学者、1億8千万年前の化石に残るカゲロウの結婚飛行の痕跡を発見

    新たに発見されたカゲロウの化石。(資料写真)中国科学院南京地質古生物研究所と広西地質調査院の研究者がこのほど、1億8千万年前のカゲロウの化石に「結婚飛行」の貴重な様子が記録されているのを発見した。同研究所の王博(おう・はく)研究員によると、今回の化石は広西チワン族自治区賀州市で発見され、その中にカゲロウ381匹が含まれていた。このようなカゲロウの大規模な群れの飛行は生物学で結婚飛行と呼ばれる。結婚飛行は羽化した昆虫が群れで繁殖を行う現象のことを指す。(南京=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年6月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022061504423

  • 2022年06月15日
    (4)中国の科学者、1億8千万年前の化石に残るカゲロウの結婚飛行の痕跡を発見

    カゲロウの化石の拡大図。(資料写真)中国科学院南京地質古生物研究所と広西地質調査院の研究者がこのほど、1億8千万年前のカゲロウの化石に「結婚飛行」の貴重な様子が記録されているのを発見した。同研究所の王博(おう・はく)研究員によると、今回の化石は広西チワン族自治区賀州市で発見され、その中にカゲロウ381匹が含まれていた。このようなカゲロウの大規模な群れの飛行は生物学で結婚飛行と呼ばれる。結婚飛行は羽化した昆虫が群れで繁殖を行う現象のことを指す。(南京=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年6月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022061504425

  • 2022年06月15日
    (3)中国の科学者、1億8千万年前の化石に残るカゲロウの結婚飛行の痕跡を発見

    カゲロウの化石の拡大図。(資料写真)中国科学院南京地質古生物研究所と広西地質調査院の研究者がこのほど、1億8千万年前のカゲロウの化石に「結婚飛行」の貴重な様子が記録されているのを発見した。同研究所の王博(おう・はく)研究員によると、今回の化石は広西チワン族自治区賀州市で発見され、その中にカゲロウ381匹が含まれていた。このようなカゲロウの大規模な群れの飛行は生物学で結婚飛行と呼ばれる。結婚飛行は羽化した昆虫が群れで繁殖を行う現象のことを指す。(南京=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年6月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022061504424

  • 2022年06月15日
    (1)中国の科学者、1億8千万年前の化石に残るカゲロウの結婚飛行の痕跡を発見

    新たに発見されたカゲロウの化石。(資料写真)中国科学院南京地質古生物研究所と広西地質調査院の研究者がこのほど、1億8千万年前のカゲロウの化石に「結婚飛行」の貴重な様子が記録されているのを発見した。同研究所の王博(おう・はく)研究員によると、今回の化石は広西チワン族自治区賀州市で発見され、その中にカゲロウ381匹が含まれていた。このようなカゲロウの大規模な群れの飛行は生物学で結婚飛行と呼ばれる。結婚飛行は羽化した昆虫が群れで繁殖を行う現象のことを指す。(南京=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年6月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022061504420

  • 2022年06月15日
    (5)中国の科学者、1億8千万年前の化石に残るカゲロウの結婚飛行の痕跡を発見

    1億8千万年前のカゲロウの結婚飛行の想像図。(資料写真)中国科学院南京地質古生物研究所と広西地質調査院の研究者がこのほど、1億8千万年前のカゲロウの化石に「結婚飛行」の貴重な様子が記録されているのを発見した。同研究所の王博(おう・はく)研究員によると、今回の化石は広西チワン族自治区賀州市で発見され、その中にカゲロウ381匹が含まれていた。このようなカゲロウの大規模な群れの飛行は生物学で結婚飛行と呼ばれる。結婚飛行は羽化した昆虫が群れで繁殖を行う現象のことを指す。(南京=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年6月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022061504426

  • 1