KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 記者
  • 令和
  • こうめい
  • イーゼル
  • ベッド
  • ユートピア
  • 仕事
  • 他人
  • 住まい
  • 作品

「越城区」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
8
( 1 8 件を表示)
  • 1
8
( 1 8 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 01:01.24
    2020年03月09日
    「新華社」広がる黄色い花の海浙江省各地で菜の花が満開

    中国浙江省では3月に入り、各地で菜の花が満開を迎えている。遠くから眺めると、見渡す限りの黄色い花の海が広がる。同省建徳市黄饒(こうじょう)半島の彩絵田園景区では、120・3ムー(約8ヘクタール)の広さにさまざまな花が栽培されている。今年は例年より気温が高く、菜の花も早めに開花した。紹興市越城区の陶堰街道でも千ムー(約67ヘクタール)を超える畑に菜の花が競い合うように咲いている。点在する風車やかかしが彩りを添え、向かいにある村の民家とともに春の田園風景を織りなしている。(記者/鄭夢雨)<映像内容>菜の花畑の風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020031104907

  • 00:38.29
    2020年03月11日
    「新華社」全住民の自宅隔離を経た村に春の訪れ浙江省新河村

    中国浙江省紹興市越城区孫端街道の新河村では3月に入り、花の香りが一面に漂っている。997世帯、戸籍人口2887人の同村では住民の半数近くが村外で商売を営んでいる。1月23日、村で初めて新型コロナウイルスによる肺炎の感染者が確認され、26日には全村民の自宅隔離と経過観察措置を実施。浙江省で初のケースとなった。その後、全村隔離は2月12日に解除され、現在に至るまで新たな患者は発生していない。(記者/鄭夢雨)<映像内容>浙江省新河村の街並みなど風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020031200567

  • 01:41.54
    2020年03月21日
    「新華社」今年はスマホで「花見」浙江省紹興市で桃の花が見頃

    中国浙江省紹興市越城区皐埠(こうふ)街道にある景勝地「吼山(こうざん)風景区」では桃の花が満開を迎えている。市民はスマートフォンのアプリを通じて、この美しい景色を楽しむことができる。同風景区には200ムー(約13ヘクタール)の桃畑が広がり、10種類余りの桃が植えられている。桃の花は3月中旬から4月中旬にかけて見頃を迎える。その様子を撮影した映像が区のアプリで毎日更新され、市民はスマホの画面で春を楽しむことができる。1日平均2万人が「花見」に訪れているという。(記者/鄭夢雨)<映像内容>スマートフォンで花見を楽しむ様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020032303269

  • 2020年12月27日
    (2)千年伝わる中国伝統の「紹興黄酒」、シェア拡大に本腰

    21日、浙江省紹興市越城区孫端街道にある古越龍山の中央酒蔵。二十四節気の冬至(今年は12月21日)が過ぎ、1年で最も寒さが厳しい季節になると、紹興黄酒の冬の仕込みが佳境を迎える。中国紹興黄酒集団は中国最大の黄酒(醸造酒)生産拠点で、傘下の中核企業、浙江古越龍山紹興酒は、中国の黄酒メーカーとして初めて上場した。(杭州=新華社記者/馬剣)= 配信日: 2020(令和2)年12月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020122800164

  • 2021年07月08日
    (4)廃品回収しながら創作に励む「あばら家画家」浙江省紹興市

    6日、斗門街道にある企業の不用品を回収する位光明さん。中国浙江省紹興市越城区の斗門街道に住む位光明(い・こうめい)さん(48)は、廃品回収を仕事としている。10平方メートル余りの借家は他人から見れば狭くて粗末な住まいだが、位さんにとっては「ユートピア」といえる。ベッドの脇にイーゼルがあり、引き出しの中には絵の具がぎっしり詰まっていて、壁には数々の作品が飾られている。位さんの絵の値段は1枚300~500元(1元=約17円)だという。半日は不用品を回収し、残りの半日は絵の創作に励むこの「あばら家画家」は、インターネット上で人気者となり、次々と寄せられる注文に追われるようになった今でも、廃品回収をしながら絵を描く生活を続けているという。(紹興=新華社記者/翁忻暘)= 配信日: 2021(令和3)年7月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021070902246

  • 2021年07月08日
    (1)廃品回収しながら創作に励む「あばら家画家」浙江省紹興市

    6日、斗門街道東堰村の借家で明かりを点ける位光明さん。窓がないため、昼間に絵を描く時にも照明が必要となる。中国浙江省紹興市越城区の斗門街道に住む位光明(い・こうめい)さん(48)は、廃品回収を仕事としている。10平方メートル余りの借家は他人から見れば狭くて粗末な住まいだが、位さんにとっては「ユートピア」といえる。ベッドの脇にイーゼルがあり、引き出しの中には絵の具がぎっしり詰まっていて、壁には数々の作品が飾られている。位さんの絵の値段は1枚300~500元(1元=約17円)だという。半日は不用品を回収し、残りの半日は絵の創作に励むこの「あばら家画家」は、インターネット上で人気者となり、次々と寄せられる注文に追われるようになった今でも、廃品回収をしながら絵を描く生活を続けているという。(紹興=新華社記者/翁忻暘)= 配信日: 2021(令和3)年7月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021070902235

  • 2021年07月08日
    (8)廃品回収しながら創作に励む「あばら家画家」浙江省紹興市

    6日、斗門街道東堰村の借家で作品を見せる位光明さん。中国浙江省紹興市越城区の斗門街道に住む位光明(い・こうめい)さん(48)は、廃品回収を仕事としている。10平方メートル余りの借家は他人から見れば狭くて粗末な住まいだが、位さんにとっては「ユートピア」といえる。ベッドの脇にイーゼルがあり、引き出しの中には絵の具がぎっしり詰まっていて、壁には数々の作品が飾られている。位さんの絵の値段は1枚300~500元(1元=約17円)だという。半日は不用品を回収し、残りの半日は絵の創作に励むこの「あばら家画家」は、インターネット上で人気者となり、次々と寄せられる注文に追われるようになった今でも、廃品回収をしながら絵を描く生活を続けているという。(紹興=新華社記者/翁忻暘)= 配信日: 2021(令和3)年7月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021070902249

  • 2021年07月08日
    (3)廃品回収しながら創作に励む「あばら家画家」浙江省紹興市

    6日、政府が無料で提供した斗門老街の新しいアトリエに作品を飾る位光明さん(右)。中国浙江省紹興市越城区の斗門街道に住む位光明(い・こうめい)さん(48)は、廃品回収を仕事としている。10平方メートル余りの借家は他人から見れば狭くて粗末な住まいだが、位さんにとっては「ユートピア」といえる。ベッドの脇にイーゼルがあり、引き出しの中には絵の具がぎっしり詰まっていて、壁には数々の作品が飾られている。位さんの絵の値段は1枚300~500元(1元=約17円)だという。半日は不用品を回収し、残りの半日は絵の創作に励むこの「あばら家画家」は、インターネット上で人気者となり、次々と寄せられる注文に追われるようになった今でも、廃品回収をしながら絵を描く生活を続けているという。(紹興=新華社記者/翁忻暘)= 配信日: 2021(令和3)年7月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021070902247

  • 1