KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • ちょう
  • 令和
  • かご
  • げん
  • 位置
  • 儀鳳
  • 創建
  • 南朝梁
  • 南華寺
  • 天監

「趙匡胤」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
45
( 1 45 件を表示)
  • 1
45
( 1 45 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  •  (8)南宗禅発祥の地、南華寺を訪ねて広東省韶関市
    2021年06月14日
    (8)南宗禅発祥の地、南華寺を訪ねて広東省韶関市

    南華寺の曹渓門に掛けられた寺額。(5月19日撮影)中国広東省韶関市曲江区を流れる曹渓河のほとり、宝林山麓に位置する名刹、南華寺(南華禅寺)は、南朝梁の武帝の治世だった天監元(502)年に創建され、完成時に武帝から「宝林寺」の扁額を下賜された。北宋開宝元(968)年には太祖趙匡胤(ちょう・きょういん)から「南華禅寺」の扁額を下賜され、その名が今日までの正式名称となっている。現在の建築面積は1万2千平方メートルを超える。禅宗第六祖・慧能(えのう)大師が唐の儀鳳2(677)年から37年間にわたり宝林寺で説法を行い、潙仰(いぎょう)宗、臨済宗、曹洞宗、雲門宗、法眼(ほうげん)宗の五家が形成された。禅宗の開祖、達磨大師の言葉と伝えられる「一華開五葉(いっかごようをひらく)」の通り、慧能の流れをくむ南宗禅の教えは大いに広まり、南華寺は南宗禅発祥の地として知られるようになった。(韶関=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061409941

  •  (4)南宗禅発祥の地、南華寺を訪ねて広東省韶関市
    2021年06月14日
    (4)南宗禅発祥の地、南華寺を訪ねて広東省韶関市

    南華寺の蔵経閣の傍らに立つ菩提樹。(5月19日撮影)中国広東省韶関市曲江区を流れる曹渓河のほとり、宝林山麓に位置する名刹、南華寺(南華禅寺)は、南朝梁の武帝の治世だった天監元(502)年に創建され、完成時に武帝から「宝林寺」の扁額を下賜された。北宋開宝元(968)年には太祖趙匡胤(ちょう・きょういん)から「南華禅寺」の扁額を下賜され、その名が今日までの正式名称となっている。現在の建築面積は1万2千平方メートルを超える。禅宗第六祖・慧能(えのう)大師が唐の儀鳳2(677)年から37年間にわたり宝林寺で説法を行い、潙仰(いぎょう)宗、臨済宗、曹洞宗、雲門宗、法眼(ほうげん)宗の五家が形成された。禅宗の開祖、達磨大師の言葉と伝えられる「一華開五葉(いっかごようをひらく)」の通り、慧能の流れをくむ南宗禅の教えは大いに広まり、南華寺は南宗禅発祥の地として知られるようになった。(韶関=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061409942

  •  (21)南宗禅発祥の地、南華寺を訪ねて広東省韶関市
    2021年06月14日
    (21)南宗禅発祥の地、南華寺を訪ねて広東省韶関市

    南華寺の雲板と木魚。雲板は合図のために打ち鳴らす雲形の打鳴器。(5月19日撮影)中国広東省韶関市曲江区を流れる曹渓河のほとり、宝林山麓に位置する名刹、南華寺(南華禅寺)は、南朝梁の武帝の治世だった天監元(502)年に創建され、完成時に武帝から「宝林寺」の扁額を下賜された。北宋開宝元(968)年には太祖趙匡胤(ちょう・きょういん)から「南華禅寺」の扁額を下賜され、その名が今日までの正式名称となっている。現在の建築面積は1万2千平方メートルを超える。禅宗第六祖・慧能(えのう)大師が唐の儀鳳2(677)年から37年間にわたり宝林寺で説法を行い、潙仰(いぎょう)宗、臨済宗、曹洞宗、雲門宗、法眼(ほうげん)宗の五家が形成された。禅宗の開祖、達磨大師の言葉と伝えられる「一華開五葉(いっかごようをひらく)」の通り、慧能の流れをくむ南宗禅の教えは大いに広まり、南華寺は南宗禅発祥の地として知られるようになった。(韶関=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061410040

  •  (18)南宗禅発祥の地、南華寺を訪ねて広東省韶関市
    2021年06月14日
    (18)南宗禅発祥の地、南華寺を訪ねて広東省韶関市

    南華寺の五香亭と放生池。(5月19日撮影)中国広東省韶関市曲江区を流れる曹渓河のほとり、宝林山麓に位置する名刹、南華寺(南華禅寺)は、南朝梁の武帝の治世だった天監元(502)年に創建され、完成時に武帝から「宝林寺」の扁額を下賜された。北宋開宝元(968)年には太祖趙匡胤(ちょう・きょういん)から「南華禅寺」の扁額を下賜され、その名が今日までの正式名称となっている。現在の建築面積は1万2千平方メートルを超える。禅宗第六祖・慧能(えのう)大師が唐の儀鳳2(677)年から37年間にわたり宝林寺で説法を行い、潙仰(いぎょう)宗、臨済宗、曹洞宗、雲門宗、法眼(ほうげん)宗の五家が形成された。禅宗の開祖、達磨大師の言葉と伝えられる「一華開五葉(いっかごようをひらく)」の通り、慧能の流れをくむ南宗禅の教えは大いに広まり、南華寺は南宗禅発祥の地として知られるようになった。(韶関=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061410026

  •  (14)南宗禅発祥の地、南華寺を訪ねて広東省韶関市
    2021年06月14日
    (14)南宗禅発祥の地、南華寺を訪ねて広東省韶関市

    南華寺の客堂。(5月19日撮影)中国広東省韶関市曲江区を流れる曹渓河のほとり、宝林山麓に位置する名刹、南華寺(南華禅寺)は、南朝梁の武帝の治世だった天監元(502)年に創建され、完成時に武帝から「宝林寺」の扁額を下賜された。北宋開宝元(968)年には太祖趙匡胤(ちょう・きょういん)から「南華禅寺」の扁額を下賜され、その名が今日までの正式名称となっている。現在の建築面積は1万2千平方メートルを超える。禅宗第六祖・慧能(えのう)大師が唐の儀鳳2(677)年から37年間にわたり宝林寺で説法を行い、潙仰(いぎょう)宗、臨済宗、曹洞宗、雲門宗、法眼(ほうげん)宗の五家が形成された。禅宗の開祖、達磨大師の言葉と伝えられる「一華開五葉(いっかごようをひらく)」の通り、慧能の流れをくむ南宗禅の教えは大いに広まり、南華寺は南宗禅発祥の地として知られるようになった。(韶関=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061409961

  •  (9)南宗禅発祥の地、南華寺を訪ねて広東省韶関市
    2021年06月14日
    (9)南宗禅発祥の地、南華寺を訪ねて広東省韶関市

    南華寺近くを流れる曹渓河。(5月19日撮影)中国広東省韶関市曲江区を流れる曹渓河のほとり、宝林山麓に位置する名刹、南華寺(南華禅寺)は、南朝梁の武帝の治世だった天監元(502)年に創建され、完成時に武帝から「宝林寺」の扁額を下賜された。北宋開宝元(968)年には太祖趙匡胤(ちょう・きょういん)から「南華禅寺」の扁額を下賜され、その名が今日までの正式名称となっている。現在の建築面積は1万2千平方メートルを超える。禅宗第六祖・慧能(えのう)大師が唐の儀鳳2(677)年から37年間にわたり宝林寺で説法を行い、潙仰(いぎょう)宗、臨済宗、曹洞宗、雲門宗、法眼(ほうげん)宗の五家が形成された。禅宗の開祖、達磨大師の言葉と伝えられる「一華開五葉(いっかごようをひらく)」の通り、慧能の流れをくむ南宗禅の教えは大いに広まり、南華寺は南宗禅発祥の地として知られるようになった。(韶関=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061409957

  •  (11)南宗禅発祥の地、南華寺を訪ねて広東省韶関市
    2021年06月14日
    (11)南宗禅発祥の地、南華寺を訪ねて広東省韶関市

    南華寺の大雄宝殿の裏手。(5月19日撮影)中国広東省韶関市曲江区を流れる曹渓河のほとり、宝林山麓に位置する名刹、南華寺(南華禅寺)は、南朝梁の武帝の治世だった天監元(502)年に創建され、完成時に武帝から「宝林寺」の扁額を下賜された。北宋開宝元(968)年には太祖趙匡胤(ちょう・きょういん)から「南華禅寺」の扁額を下賜され、その名が今日までの正式名称となっている。現在の建築面積は1万2千平方メートルを超える。禅宗第六祖・慧能(えのう)大師が唐の儀鳳2(677)年から37年間にわたり宝林寺で説法を行い、潙仰(いぎょう)宗、臨済宗、曹洞宗、雲門宗、法眼(ほうげん)宗の五家が形成された。禅宗の開祖、達磨大師の言葉と伝えられる「一華開五葉(いっかごようをひらく)」の通り、慧能の流れをくむ南宗禅の教えは大いに広まり、南華寺は南宗禅発祥の地として知られるようになった。(韶関=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061409958

  •  (20)南宗禅発祥の地、南華寺を訪ねて広東省韶関市
    2021年06月14日
    (20)南宗禅発祥の地、南華寺を訪ねて広東省韶関市

    南華寺の虚雲舎利塔。(5月19日撮影)中国広東省韶関市曲江区を流れる曹渓河のほとり、宝林山麓に位置する名刹、南華寺(南華禅寺)は、南朝梁の武帝の治世だった天監元(502)年に創建され、完成時に武帝から「宝林寺」の扁額を下賜された。北宋開宝元(968)年には太祖趙匡胤(ちょう・きょういん)から「南華禅寺」の扁額を下賜され、その名が今日までの正式名称となっている。現在の建築面積は1万2千平方メートルを超える。禅宗第六祖・慧能(えのう)大師が唐の儀鳳2(677)年から37年間にわたり宝林寺で説法を行い、潙仰(いぎょう)宗、臨済宗、曹洞宗、雲門宗、法眼(ほうげん)宗の五家が形成された。禅宗の開祖、達磨大師の言葉と伝えられる「一華開五葉(いっかごようをひらく)」の通り、慧能の流れをくむ南宗禅の教えは大いに広まり、南華寺は南宗禅発祥の地として知られるようになった。(韶関=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061410028

  •  (23)南宗禅発祥の地、南華寺を訪ねて広東省韶関市
    2021年06月14日
    (23)南宗禅発祥の地、南華寺を訪ねて広東省韶関市

    南華寺の祖殿前から見た霊照塔。(5月19日撮影)中国広東省韶関市曲江区を流れる曹渓河のほとり、宝林山麓に位置する名刹、南華寺(南華禅寺)は、南朝梁の武帝の治世だった天監元(502)年に創建され、完成時に武帝から「宝林寺」の扁額を下賜された。北宋開宝元(968)年には太祖趙匡胤(ちょう・きょういん)から「南華禅寺」の扁額を下賜され、その名が今日までの正式名称となっている。現在の建築面積は1万2千平方メートルを超える。禅宗第六祖・慧能(えのう)大師が唐の儀鳳2(677)年から37年間にわたり宝林寺で説法を行い、潙仰(いぎょう)宗、臨済宗、曹洞宗、雲門宗、法眼(ほうげん)宗の五家が形成された。禅宗の開祖、達磨大師の言葉と伝えられる「一華開五葉(いっかごようをひらく)」の通り、慧能の流れをくむ南宗禅の教えは大いに広まり、南華寺は南宗禅発祥の地として知られるようになった。(韶関=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061410038

  •  (17)南宗禅発祥の地、南華寺を訪ねて広東省韶関市
    2021年06月14日
    (17)南宗禅発祥の地、南華寺を訪ねて広東省韶関市

    南華寺の天王宝殿。(5月19日撮影)中国広東省韶関市曲江区を流れる曹渓河のほとり、宝林山麓に位置する名刹、南華寺(南華禅寺)は、南朝梁の武帝の治世だった天監元(502)年に創建され、完成時に武帝から「宝林寺」の扁額を下賜された。北宋開宝元(968)年には太祖趙匡胤(ちょう・きょういん)から「南華禅寺」の扁額を下賜され、その名が今日までの正式名称となっている。現在の建築面積は1万2千平方メートルを超える。禅宗第六祖・慧能(えのう)大師が唐の儀鳳2(677)年から37年間にわたり宝林寺で説法を行い、潙仰(いぎょう)宗、臨済宗、曹洞宗、雲門宗、法眼(ほうげん)宗の五家が形成された。禅宗の開祖、達磨大師の言葉と伝えられる「一華開五葉(いっかごようをひらく)」の通り、慧能の流れをくむ南宗禅の教えは大いに広まり、南華寺は南宗禅発祥の地として知られるようになった。(韶関=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061409997

  •  (2)南宗禅発祥の地、南華寺を訪ねて広東省韶関市
    2021年06月14日
    (2)南宗禅発祥の地、南華寺を訪ねて広東省韶関市

    南華寺の宝林門。(5月19日撮影)中国広東省韶関市曲江区を流れる曹渓河のほとり、宝林山麓に位置する名刹、南華寺(南華禅寺)は、南朝梁の武帝の治世だった天監元(502)年に創建され、完成時に武帝から「宝林寺」の扁額を下賜された。北宋開宝元(968)年には太祖趙匡胤(ちょう・きょういん)から「南華禅寺」の扁額を下賜され、その名が今日までの正式名称となっている。現在の建築面積は1万2千平方メートルを超える。禅宗第六祖・慧能(えのう)大師が唐の儀鳳2(677)年から37年間にわたり宝林寺で説法を行い、潙仰(いぎょう)宗、臨済宗、曹洞宗、雲門宗、法眼(ほうげん)宗の五家が形成された。禅宗の開祖、達磨大師の言葉と伝えられる「一華開五葉(いっかごようをひらく)」の通り、慧能の流れをくむ南宗禅の教えは大いに広まり、南華寺は南宗禅発祥の地として知られるようになった。(韶関=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061409927

  •  (3)南宗禅発祥の地、南華寺を訪ねて広東省韶関市
    2021年06月14日
    (3)南宗禅発祥の地、南華寺を訪ねて広東省韶関市

    南華寺の蔵経閣。(5月19日撮影)中国広東省韶関市曲江区を流れる曹渓河のほとり、宝林山麓に位置する名刹、南華寺(南華禅寺)は、南朝梁の武帝の治世だった天監元(502)年に創建され、完成時に武帝から「宝林寺」の扁額を下賜された。北宋開宝元(968)年には太祖趙匡胤(ちょう・きょういん)から「南華禅寺」の扁額を下賜され、その名が今日までの正式名称となっている。現在の建築面積は1万2千平方メートルを超える。禅宗第六祖・慧能(えのう)大師が唐の儀鳳2(677)年から37年間にわたり宝林寺で説法を行い、潙仰(いぎょう)宗、臨済宗、曹洞宗、雲門宗、法眼(ほうげん)宗の五家が形成された。禅宗の開祖、達磨大師の言葉と伝えられる「一華開五葉(いっかごようをひらく)」の通り、慧能の流れをくむ南宗禅の教えは大いに広まり、南華寺は南宗禅発祥の地として知られるようになった。(韶関=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061409929

  •  (10)南宗禅発祥の地、南華寺を訪ねて広東省韶関市
    2021年06月14日
    (10)南宗禅発祥の地、南華寺を訪ねて広東省韶関市

    南華寺の大雄宝殿。(5月19日撮影)中国広東省韶関市曲江区を流れる曹渓河のほとり、宝林山麓に位置する名刹、南華寺(南華禅寺)は、南朝梁の武帝の治世だった天監元(502)年に創建され、完成時に武帝から「宝林寺」の扁額を下賜された。北宋開宝元(968)年には太祖趙匡胤(ちょう・きょういん)から「南華禅寺」の扁額を下賜され、その名が今日までの正式名称となっている。現在の建築面積は1万2千平方メートルを超える。禅宗第六祖・慧能(えのう)大師が唐の儀鳳2(677)年から37年間にわたり宝林寺で説法を行い、潙仰(いぎょう)宗、臨済宗、曹洞宗、雲門宗、法眼(ほうげん)宗の五家が形成された。禅宗の開祖、達磨大師の言葉と伝えられる「一華開五葉(いっかごようをひらく)」の通り、慧能の流れをくむ南宗禅の教えは大いに広まり、南華寺は南宗禅発祥の地として知られるようになった。(韶関=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061409959

  •  (19)南宗禅発祥の地、南華寺を訪ねて広東省韶関市
    2021年06月14日
    (19)南宗禅発祥の地、南華寺を訪ねて広東省韶関市

    南華寺の虚雲記念堂。(5月19日撮影)中国広東省韶関市曲江区を流れる曹渓河のほとり、宝林山麓に位置する名刹、南華寺(南華禅寺)は、南朝梁の武帝の治世だった天監元(502)年に創建され、完成時に武帝から「宝林寺」の扁額を下賜された。北宋開宝元(968)年には太祖趙匡胤(ちょう・きょういん)から「南華禅寺」の扁額を下賜され、その名が今日までの正式名称となっている。現在の建築面積は1万2千平方メートルを超える。禅宗第六祖・慧能(えのう)大師が唐の儀鳳2(677)年から37年間にわたり宝林寺で説法を行い、潙仰(いぎょう)宗、臨済宗、曹洞宗、雲門宗、法眼(ほうげん)宗の五家が形成された。禅宗の開祖、達磨大師の言葉と伝えられる「一華開五葉(いっかごようをひらく)」の通り、慧能の流れをくむ南宗禅の教えは大いに広まり、南華寺は南宗禅発祥の地として知られるようになった。(韶関=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061410000

  •  (13)南宗禅発祥の地、南華寺を訪ねて広東省韶関市
    2021年06月14日
    (13)南宗禅発祥の地、南華寺を訪ねて広東省韶関市

    南華寺の伏虎亭。(5月19日撮影)中国広東省韶関市曲江区を流れる曹渓河のほとり、宝林山麓に位置する名刹、南華寺(南華禅寺)は、南朝梁の武帝の治世だった天監元(502)年に創建され、完成時に武帝から「宝林寺」の扁額を下賜された。北宋開宝元(968)年には太祖趙匡胤(ちょう・きょういん)から「南華禅寺」の扁額を下賜され、その名が今日までの正式名称となっている。現在の建築面積は1万2千平方メートルを超える。禅宗第六祖・慧能(えのう)大師が唐の儀鳳2(677)年から37年間にわたり宝林寺で説法を行い、潙仰(いぎょう)宗、臨済宗、曹洞宗、雲門宗、法眼(ほうげん)宗の五家が形成された。禅宗の開祖、達磨大師の言葉と伝えられる「一華開五葉(いっかごようをひらく)」の通り、慧能の流れをくむ南宗禅の教えは大いに広まり、南華寺は南宗禅発祥の地として知られるようになった。(韶関=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061409954

  •  (15)南宗禅発祥の地、南華寺を訪ねて広東省韶関市
    2021年06月14日
    (15)南宗禅発祥の地、南華寺を訪ねて広東省韶関市

    南華寺の霊照塔。(5月19日撮影)中国広東省韶関市曲江区を流れる曹渓河のほとり、宝林山麓に位置する名刹、南華寺(南華禅寺)は、南朝梁の武帝の治世だった天監元(502)年に創建され、完成時に武帝から「宝林寺」の扁額を下賜された。北宋開宝元(968)年には太祖趙匡胤(ちょう・きょういん)から「南華禅寺」の扁額を下賜され、その名が今日までの正式名称となっている。現在の建築面積は1万2千平方メートルを超える。禅宗第六祖・慧能(えのう)大師が唐の儀鳳2(677)年から37年間にわたり宝林寺で説法を行い、潙仰(いぎょう)宗、臨済宗、曹洞宗、雲門宗、法眼(ほうげん)宗の五家が形成された。禅宗の開祖、達磨大師の言葉と伝えられる「一華開五葉(いっかごようをひらく)」の通り、慧能の流れをくむ南宗禅の教えは大いに広まり、南華寺は南宗禅発祥の地として知られるようになった。(韶関=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061410027

  •  (5)南宗禅発祥の地、南華寺を訪ねて広東省韶関市
    2021年06月14日
    (5)南宗禅発祥の地、南華寺を訪ねて広東省韶関市

    曹渓文化広場と慧能大師の彫像。(5月19日撮影)中国広東省韶関市曲江区を流れる曹渓河のほとり、宝林山麓に位置する名刹、南華寺(南華禅寺)は、南朝梁の武帝の治世だった天監元(502)年に創建され、完成時に武帝から「宝林寺」の扁額を下賜された。北宋開宝元(968)年には太祖趙匡胤(ちょう・きょういん)から「南華禅寺」の扁額を下賜され、その名が今日までの正式名称となっている。現在の建築面積は1万2千平方メートルを超える。禅宗第六祖・慧能(えのう)大師が唐の儀鳳2(677)年から37年間にわたり宝林寺で説法を行い、潙仰(いぎょう)宗、臨済宗、曹洞宗、雲門宗、法眼(ほうげん)宗の五家が形成された。禅宗の開祖、達磨大師の言葉と伝えられる「一華開五葉(いっかごようをひらく)」の通り、慧能の流れをくむ南宗禅の教えは大いに広まり、南華寺は南宗禅発祥の地として知られるようになった。(韶関=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061409943

  •  (6)南宗禅発祥の地、南華寺を訪ねて広東省韶関市
    2021年06月14日
    (6)南宗禅発祥の地、南華寺を訪ねて広東省韶関市

    南華寺の曹渓講壇。(5月19日撮影)中国広東省韶関市曲江区を流れる曹渓河のほとり、宝林山麓に位置する名刹、南華寺(南華禅寺)は、南朝梁の武帝の治世だった天監元(502)年に創建され、完成時に武帝から「宝林寺」の扁額を下賜された。北宋開宝元(968)年には太祖趙匡胤(ちょう・きょういん)から「南華禅寺」の扁額を下賜され、その名が今日までの正式名称となっている。現在の建築面積は1万2千平方メートルを超える。禅宗第六祖・慧能(えのう)大師が唐の儀鳳2(677)年から37年間にわたり宝林寺で説法を行い、潙仰(いぎょう)宗、臨済宗、曹洞宗、雲門宗、法眼(ほうげん)宗の五家が形成された。禅宗の開祖、達磨大師の言葉と伝えられる「一華開五葉(いっかごようをひらく)」の通り、慧能の流れをくむ南宗禅の教えは大いに広まり、南華寺は南宗禅発祥の地として知られるようになった。(韶関=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061409945

  •  (7)南宗禅発祥の地、南華寺を訪ねて広東省韶関市
    2021年06月14日
    (7)南宗禅発祥の地、南華寺を訪ねて広東省韶関市

    南華寺の曹渓門。(5月19日撮影)中国広東省韶関市曲江区を流れる曹渓河のほとり、宝林山麓に位置する名刹、南華寺(南華禅寺)は、南朝梁の武帝の治世だった天監元(502)年に創建され、完成時に武帝から「宝林寺」の扁額を下賜された。北宋開宝元(968)年には太祖趙匡胤(ちょう・きょういん)から「南華禅寺」の扁額を下賜され、その名が今日までの正式名称となっている。現在の建築面積は1万2千平方メートルを超える。禅宗第六祖・慧能(えのう)大師が唐の儀鳳2(677)年から37年間にわたり宝林寺で説法を行い、潙仰(いぎょう)宗、臨済宗、曹洞宗、雲門宗、法眼(ほうげん)宗の五家が形成された。禅宗の開祖、達磨大師の言葉と伝えられる「一華開五葉(いっかごようをひらく)」の通り、慧能の流れをくむ南宗禅の教えは大いに広まり、南華寺は南宗禅発祥の地として知られるようになった。(韶関=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061409947

  •  (12)南宗禅発祥の地、南華寺を訪ねて広東省韶関市
    2021年06月14日
    (12)南宗禅発祥の地、南華寺を訪ねて広東省韶関市

    南華寺の大雄宝殿内に安置されている誕生仏。(5月19日撮影)中国広東省韶関市曲江区を流れる曹渓河のほとり、宝林山麓に位置する名刹、南華寺(南華禅寺)は、南朝梁の武帝の治世だった天監元(502)年に創建され、完成時に武帝から「宝林寺」の扁額を下賜された。北宋開宝元(968)年には太祖趙匡胤(ちょう・きょういん)から「南華禅寺」の扁額を下賜され、その名が今日までの正式名称となっている。現在の建築面積は1万2千平方メートルを超える。禅宗第六祖・慧能(えのう)大師が唐の儀鳳2(677)年から37年間にわたり宝林寺で説法を行い、潙仰(いぎょう)宗、臨済宗、曹洞宗、雲門宗、法眼(ほうげん)宗の五家が形成された。禅宗の開祖、達磨大師の言葉と伝えられる「一華開五葉(いっかごようをひらく)」の通り、慧能の流れをくむ南宗禅の教えは大いに広まり、南華寺は南宗禅発祥の地として知られるようになった。(韶関=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061409960

  •  (1)南宗禅発祥の地、南華寺を訪ねて広東省韶関市
    2021年06月14日
    (1)南宗禅発祥の地、南華寺を訪ねて広東省韶関市

    南華寺の宝林門から見た天王宝殿。(5月19日撮影)中国広東省韶関市曲江区を流れる曹渓河のほとり、宝林山麓に位置する名刹、南華寺(南華禅寺)は、南朝梁の武帝の治世だった天監元(502)年に創建され、完成時に武帝から「宝林寺」の扁額を下賜された。北宋開宝元(968)年には太祖趙匡胤(ちょう・きょういん)から「南華禅寺」の扁額を下賜され、その名が今日までの正式名称となっている。現在の建築面積は1万2千平方メートルを超える。禅宗第六祖・慧能(えのう)大師が唐の儀鳳2(677)年から37年間にわたり宝林寺で説法を行い、潙仰(いぎょう)宗、臨済宗、曹洞宗、雲門宗、法眼(ほうげん)宗の五家が形成された。禅宗の開祖、達磨大師の言葉と伝えられる「一華開五葉(いっかごようをひらく)」の通り、慧能の流れをくむ南宗禅の教えは大いに広まり、南華寺は南宗禅発祥の地として知られるようになった。(韶関=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061409925

  •  (22)南宗禅発祥の地、南華寺を訪ねて広東省韶関市
    2021年06月14日
    (22)南宗禅発祥の地、南華寺を訪ねて広東省韶関市

    南華寺の祖殿。(5月19日撮影)中国広東省韶関市曲江区を流れる曹渓河のほとり、宝林山麓に位置する名刹、南華寺(南華禅寺)は、南朝梁の武帝の治世だった天監元(502)年に創建され、完成時に武帝から「宝林寺」の扁額を下賜された。北宋開宝元(968)年には太祖趙匡胤(ちょう・きょういん)から「南華禅寺」の扁額を下賜され、その名が今日までの正式名称となっている。現在の建築面積は1万2千平方メートルを超える。禅宗第六祖・慧能(えのう)大師が唐の儀鳳2(677)年から37年間にわたり宝林寺で説法を行い、潙仰(いぎょう)宗、臨済宗、曹洞宗、雲門宗、法眼(ほうげん)宗の五家が形成された。禅宗の開祖、達磨大師の言葉と伝えられる「一華開五葉(いっかごようをひらく)」の通り、慧能の流れをくむ南宗禅の教えは大いに広まり、南華寺は南宗禅発祥の地として知られるようになった。(韶関=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061410037

  •  (16)南宗禅発祥の地、南華寺を訪ねて広東省韶関市
    2021年06月14日
    (16)南宗禅発祥の地、南華寺を訪ねて広東省韶関市

    南華寺の「六祖像碑」の碑刻。(5月19日撮影)中国広東省韶関市曲江区を流れる曹渓河のほとり、宝林山麓に位置する名刹、南華寺(南華禅寺)は、南朝梁の武帝の治世だった天監元(502)年に創建され、完成時に武帝から「宝林寺」の扁額を下賜された。北宋開宝元(968)年には太祖趙匡胤(ちょう・きょういん)から「南華禅寺」の扁額を下賜され、その名が今日までの正式名称となっている。現在の建築面積は1万2千平方メートルを超える。禅宗第六祖・慧能(えのう)大師が唐の儀鳳2(677)年から37年間にわたり宝林寺で説法を行い、潙仰(いぎょう)宗、臨済宗、曹洞宗、雲門宗、法眼(ほうげん)宗の五家が形成された。禅宗の開祖、達磨大師の言葉と伝えられる「一華開五葉(いっかごようをひらく)」の通り、慧能の流れをくむ南宗禅の教えは大いに広まり、南華寺は南宗禅発祥の地として知られるようになった。(韶関=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061409999

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2022年09月29日
    (7)北宋皇帝の陵墓群「鞏義宋陵」を訪ねて河南省鞏義市

    第6代皇帝神宗・趙頊(ちょう・きょく)の永裕陵の石像。(8月26日撮影)中国河南省鞏義(きょうぎ)市に、北宋皇帝の陵墓群「鞏義宋陵」がある。北に黄河、南に嵩山(すうざん)を望む陵墓群は「七帝八陵」とも呼ばれ、王朝末期に金王朝の捕虜となった徽宗・欽宗親子を除く7人の皇帝と初代皇帝の太祖・趙匡胤(ちょう・きょういん)の父、趙弘殷(ちょう・こういん)が眠る。造営が始まったのは太祖の乾徳元(963)年で、皇帝陵のほかにも皇后陵、皇族墓、寇準(こう・じゅん)や包拯(ほう・じょう)などの名将・功臣の墓300基余りと、石刻数百点が残る。1982年に第2次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。七帝八陵のうち、市街地にある永昭陵は1995年に地上建造物が復元された。永昭陵は第4代皇帝の仁宗・趙禎(ちょう・てい)の墓で、鞏義宋陵で唯一復元された皇帝陵となる。(鞏義=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年9月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022092907797

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2022年09月29日
    (8)北宋皇帝の陵墓群「鞏義宋陵」を訪ねて河南省鞏義市

    第6代皇帝神宗・趙頊(ちょう・きょく)の永裕陵。(8月25日撮影)中国河南省鞏義(きょうぎ)市に、北宋皇帝の陵墓群「鞏義宋陵」がある。北に黄河、南に嵩山(すうざん)を望む陵墓群は「七帝八陵」とも呼ばれ、王朝末期に金王朝の捕虜となった徽宗・欽宗親子を除く7人の皇帝と初代皇帝の太祖・趙匡胤(ちょう・きょういん)の父、趙弘殷(ちょう・こういん)が眠る。造営が始まったのは太祖の乾徳元(963)年で、皇帝陵のほかにも皇后陵、皇族墓、寇準(こう・じゅん)や包拯(ほう・じょう)などの名将・功臣の墓300基余りと、石刻数百点が残る。1982年に第2次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。七帝八陵のうち、市街地にある永昭陵は1995年に地上建造物が復元された。永昭陵は第4代皇帝の仁宗・趙禎(ちょう・てい)の墓で、鞏義宋陵で唯一復元された皇帝陵となる。(鞏義=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年9月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022092907798

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2022年09月29日
    (4)北宋皇帝の陵墓群「鞏義宋陵」を訪ねて河南省鞏義市

    第5代皇帝英宗・趙曙(ちょう・しょ)の永厚陵に立つ鎮陵獣石像。(8月26日撮影)中国河南省鞏義(きょうぎ)市に、北宋皇帝の陵墓群「鞏義宋陵」がある。北に黄河、南に嵩山(すうざん)を望む陵墓群は「七帝八陵」とも呼ばれ、王朝末期に金王朝の捕虜となった徽宗・欽宗親子を除く7人の皇帝と初代皇帝の太祖・趙匡胤(ちょう・きょういん)の父、趙弘殷(ちょう・こういん)が眠る。造営が始まったのは太祖の乾徳元(963)年で、皇帝陵のほかにも皇后陵、皇族墓、寇準(こう・じゅん)や包拯(ほう・じょう)などの名将・功臣の墓300基余りと、石刻数百点が残る。1982年に第2次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。七帝八陵のうち、市街地にある永昭陵は1995年に地上建造物が復元された。永昭陵は第4代皇帝の仁宗・趙禎(ちょう・てい)の墓で、鞏義宋陵で唯一復元された皇帝陵となる。(鞏義=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年9月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022092907743

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2022年09月29日
    (1)北宋皇帝の陵墓群「鞏義宋陵」を訪ねて河南省鞏義市

    第5代皇帝英宗・趙曙(ちょう・しょ)の永厚陵。(8月26日撮影)中国河南省鞏義(きょうぎ)市に、北宋皇帝の陵墓群「鞏義宋陵」がある。北に黄河、南に嵩山(すうざん)を望む陵墓群は「七帝八陵」とも呼ばれ、王朝末期に金王朝の捕虜となった徽宗・欽宗親子を除く7人の皇帝と初代皇帝の太祖・趙匡胤(ちょう・きょういん)の父、趙弘殷(ちょう・こういん)が眠る。造営が始まったのは太祖の乾徳元(963)年で、皇帝陵のほかにも皇后陵、皇族墓、寇準(こう・じゅん)や包拯(ほう・じょう)などの名将・功臣の墓300基余りと、石刻数百点が残る。1982年に第2次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。七帝八陵のうち、市街地にある永昭陵は1995年に地上建造物が復元された。永昭陵は第4代皇帝の仁宗・趙禎(ちょう・てい)の墓で、鞏義宋陵で唯一復元された皇帝陵となる。(鞏義=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年9月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022092907745

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2022年09月29日
    (11)北宋皇帝の陵墓群「鞏義宋陵」を訪ねて河南省鞏義市

    第4代皇帝仁宗・趙禎(ちょう・てい)の永昭陵に復元された乳台と神門。(8月25日撮影)中国河南省鞏義(きょうぎ)市に、北宋皇帝の陵墓群「鞏義宋陵」がある。北に黄河、南に嵩山(すうざん)を望む陵墓群は「七帝八陵」とも呼ばれ、王朝末期に金王朝の捕虜となった徽宗・欽宗親子を除く7人の皇帝と初代皇帝の太祖・趙匡胤(ちょう・きょういん)の父、趙弘殷(ちょう・こういん)が眠る。造営が始まったのは太祖の乾徳元(963)年で、皇帝陵のほかにも皇后陵、皇族墓、寇準(こう・じゅん)や包拯(ほう・じょう)などの名将・功臣の墓300基余りと、石刻数百点が残る。1982年に第2次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。七帝八陵のうち、市街地にある永昭陵は1995年に地上建造物が復元された。永昭陵は第4代皇帝の仁宗・趙禎(ちょう・てい)の墓で、鞏義宋陵で唯一復元された皇帝陵となる。(鞏義=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年9月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022092907832

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2022年09月29日
    (5)北宋皇帝の陵墓群「鞏義宋陵」を訪ねて河南省鞏義市

    第6代皇帝神宗・趙頊(ちょう・きょく)の永裕陵。(8月26日撮影)中国河南省鞏義(きょうぎ)市に、北宋皇帝の陵墓群「鞏義宋陵」がある。北に黄河、南に嵩山(すうざん)を望む陵墓群は「七帝八陵」とも呼ばれ、王朝末期に金王朝の捕虜となった徽宗・欽宗親子を除く7人の皇帝と初代皇帝の太祖・趙匡胤(ちょう・きょういん)の父、趙弘殷(ちょう・こういん)が眠る。造営が始まったのは太祖の乾徳元(963)年で、皇帝陵のほかにも皇后陵、皇族墓、寇準(こう・じゅん)や包拯(ほう・じょう)などの名将・功臣の墓300基余りと、石刻数百点が残る。1982年に第2次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。七帝八陵のうち、市街地にある永昭陵は1995年に地上建造物が復元された。永昭陵は第4代皇帝の仁宗・趙禎(ちょう・てい)の墓で、鞏義宋陵で唯一復元された皇帝陵となる。(鞏義=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年9月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022092907759

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2022年09月29日
    (22)北宋皇帝の陵墓群「鞏義宋陵」を訪ねて河南省鞏義市

    第6代皇帝神宗・趙頊(ちょう・きょく)の永裕陵に並ぶ石像。(8月26日撮影)中国河南省鞏義(きょうぎ)市に、北宋皇帝の陵墓群「鞏義宋陵」がある。北に黄河、南に嵩山(すうざん)を望む陵墓群は「七帝八陵」とも呼ばれ、王朝末期に金王朝の捕虜となった徽宗・欽宗親子を除く7人の皇帝と初代皇帝の太祖・趙匡胤(ちょう・きょういん)の父、趙弘殷(ちょう・こういん)が眠る。造営が始まったのは太祖の乾徳元(963)年で、皇帝陵のほかにも皇后陵、皇族墓、寇準(こう・じゅん)や包拯(ほう・じょう)などの名将・功臣の墓300基余りと、石刻数百点が残る。1982年に第2次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。七帝八陵のうち、市街地にある永昭陵は1995年に地上建造物が復元された。永昭陵は第4代皇帝の仁宗・趙禎(ちょう・てい)の墓で、鞏義宋陵で唯一復元された皇帝陵となる。(鞏義=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年9月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022092911646

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2022年09月29日
    (21)北宋皇帝の陵墓群「鞏義宋陵」を訪ねて河南省鞏義市

    第4代皇帝仁宗・趙禎(ちょう・てい)の永昭陵に並ぶ石像。(8月25日撮影)中国河南省鞏義(きょうぎ)市に、北宋皇帝の陵墓群「鞏義宋陵」がある。北に黄河、南に嵩山(すうざん)を望む陵墓群は「七帝八陵」とも呼ばれ、王朝末期に金王朝の捕虜となった徽宗・欽宗親子を除く7人の皇帝と初代皇帝の太祖・趙匡胤(ちょう・きょういん)の父、趙弘殷(ちょう・こういん)が眠る。造営が始まったのは太祖の乾徳元(963)年で、皇帝陵のほかにも皇后陵、皇族墓、寇準(こう・じゅん)や包拯(ほう・じょう)などの名将・功臣の墓300基余りと、石刻数百点が残る。1982年に第2次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。七帝八陵のうち、市街地にある永昭陵は1995年に地上建造物が復元された。永昭陵は第4代皇帝の仁宗・趙禎(ちょう・てい)の墓で、鞏義宋陵で唯一復元された皇帝陵となる。(鞏義=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年9月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022092911647

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2022年09月29日
    (15)北宋皇帝の陵墓群「鞏義宋陵」を訪ねて河南省鞏義市

    第4代皇帝仁宗・趙禎(ちょう・てい)の永昭陵に立つ瑞鳥のレリーフ。(8月25日撮影)中国河南省鞏義(きょうぎ)市に、北宋皇帝の陵墓群「鞏義宋陵」がある。北に黄河、南に嵩山(すうざん)を望む陵墓群は「七帝八陵」とも呼ばれ、王朝末期に金王朝の捕虜となった徽宗・欽宗親子を除く7人の皇帝と初代皇帝の太祖・趙匡胤(ちょう・きょういん)の父、趙弘殷(ちょう・こういん)が眠る。造営が始まったのは太祖の乾徳元(963)年で、皇帝陵のほかにも皇后陵、皇族墓、寇準(こう・じゅん)や包拯(ほう・じょう)などの名将・功臣の墓300基余りと、石刻数百点が残る。1982年に第2次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。七帝八陵のうち、市街地にある永昭陵は1995年に地上建造物が復元された。永昭陵は第4代皇帝の仁宗・趙禎(ちょう・てい)の墓で、鞏義宋陵で唯一復元された皇帝陵となる。(鞏義=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年9月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022092907863

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2022年09月29日
    (12)北宋皇帝の陵墓群「鞏義宋陵」を訪ねて河南省鞏義市

    第4代皇帝仁宗・趙禎(ちょう・てい)の永昭陵に復元された神門。(8月25日撮影)中国河南省鞏義(きょうぎ)市に、北宋皇帝の陵墓群「鞏義宋陵」がある。北に黄河、南に嵩山(すうざん)を望む陵墓群は「七帝八陵」とも呼ばれ、王朝末期に金王朝の捕虜となった徽宗・欽宗親子を除く7人の皇帝と初代皇帝の太祖・趙匡胤(ちょう・きょういん)の父、趙弘殷(ちょう・こういん)が眠る。造営が始まったのは太祖の乾徳元(963)年で、皇帝陵のほかにも皇后陵、皇族墓、寇準(こう・じゅん)や包拯(ほう・じょう)などの名将・功臣の墓300基余りと、石刻数百点が残る。1982年に第2次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。七帝八陵のうち、市街地にある永昭陵は1995年に地上建造物が復元された。永昭陵は第4代皇帝の仁宗・趙禎(ちょう・てい)の墓で、鞏義宋陵で唯一復元された皇帝陵となる。(鞏義=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年9月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022092907833

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2022年09月29日
    (14)北宋皇帝の陵墓群「鞏義宋陵」を訪ねて河南省鞏義市

    第4代皇帝仁宗・趙禎(ちょう・てい)の永昭陵に立つ石像。(8月25日撮影)中国河南省鞏義(きょうぎ)市に、北宋皇帝の陵墓群「鞏義宋陵」がある。北に黄河、南に嵩山(すうざん)を望む陵墓群は「七帝八陵」とも呼ばれ、王朝末期に金王朝の捕虜となった徽宗・欽宗親子を除く7人の皇帝と初代皇帝の太祖・趙匡胤(ちょう・きょういん)の父、趙弘殷(ちょう・こういん)が眠る。造営が始まったのは太祖の乾徳元(963)年で、皇帝陵のほかにも皇后陵、皇族墓、寇準(こう・じゅん)や包拯(ほう・じょう)などの名将・功臣の墓300基余りと、石刻数百点が残る。1982年に第2次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。七帝八陵のうち、市街地にある永昭陵は1995年に地上建造物が復元された。永昭陵は第4代皇帝の仁宗・趙禎(ちょう・てい)の墓で、鞏義宋陵で唯一復元された皇帝陵となる。(鞏義=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年9月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022092908343

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2022年09月29日
    (18)北宋皇帝の陵墓群「鞏義宋陵」を訪ねて河南省鞏義市

    第6代皇帝神宗・趙頊(ちょう・きょく)の永裕陵に並ぶ石像と周辺のヒマワリ畑。(8月26日撮影)中国河南省鞏義(きょうぎ)市に、北宋皇帝の陵墓群「鞏義宋陵」がある。北に黄河、南に嵩山(すうざん)を望む陵墓群は「七帝八陵」とも呼ばれ、王朝末期に金王朝の捕虜となった徽宗・欽宗親子を除く7人の皇帝と初代皇帝の太祖・趙匡胤(ちょう・きょういん)の父、趙弘殷(ちょう・こういん)が眠る。造営が始まったのは太祖の乾徳元(963)年で、皇帝陵のほかにも皇后陵、皇族墓、寇準(こう・じゅん)や包拯(ほう・じょう)などの名将・功臣の墓300基余りと、石刻数百点が残る。1982年に第2次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。七帝八陵のうち、市街地にある永昭陵は1995年に地上建造物が復元された。永昭陵は第4代皇帝の仁宗・趙禎(ちょう・てい)の墓で、鞏義宋陵で唯一復元された皇帝陵となる。(鞏義=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年9月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022092911626

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2022年09月29日
    (19)北宋皇帝の陵墓群「鞏義宋陵」を訪ねて河南省鞏義市

    第4代皇帝仁宗・趙禎(ちょう・てい)の永昭陵に立つ石像。(8月25日撮影)中国河南省鞏義(きょうぎ)市に、北宋皇帝の陵墓群「鞏義宋陵」がある。北に黄河、南に嵩山(すうざん)を望む陵墓群は「七帝八陵」とも呼ばれ、王朝末期に金王朝の捕虜となった徽宗・欽宗親子を除く7人の皇帝と初代皇帝の太祖・趙匡胤(ちょう・きょういん)の父、趙弘殷(ちょう・こういん)が眠る。造営が始まったのは太祖の乾徳元(963)年で、皇帝陵のほかにも皇后陵、皇族墓、寇準(こう・じゅん)や包拯(ほう・じょう)などの名将・功臣の墓300基余りと、石刻数百点が残る。1982年に第2次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。七帝八陵のうち、市街地にある永昭陵は1995年に地上建造物が復元された。永昭陵は第4代皇帝の仁宗・趙禎(ちょう・てい)の墓で、鞏義宋陵で唯一復元された皇帝陵となる。(鞏義=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年9月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022092911627

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2022年09月29日
    (17)北宋皇帝の陵墓群「鞏義宋陵」を訪ねて河南省鞏義市

    第6代皇帝神宗・趙頊(ちょう・きょく)の永裕陵に並ぶ石像。(8月26日撮影)中国河南省鞏義(きょうぎ)市に、北宋皇帝の陵墓群「鞏義宋陵」がある。北に黄河、南に嵩山(すうざん)を望む陵墓群は「七帝八陵」とも呼ばれ、王朝末期に金王朝の捕虜となった徽宗・欽宗親子を除く7人の皇帝と初代皇帝の太祖・趙匡胤(ちょう・きょういん)の父、趙弘殷(ちょう・こういん)が眠る。造営が始まったのは太祖の乾徳元(963)年で、皇帝陵のほかにも皇后陵、皇族墓、寇準(こう・じゅん)や包拯(ほう・じょう)などの名将・功臣の墓300基余りと、石刻数百点が残る。1982年に第2次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。七帝八陵のうち、市街地にある永昭陵は1995年に地上建造物が復元された。永昭陵は第4代皇帝の仁宗・趙禎(ちょう・てい)の墓で、鞏義宋陵で唯一復元された皇帝陵となる。(鞏義=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年9月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022092911613

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2022年09月29日
    (9)北宋皇帝の陵墓群「鞏義宋陵」を訪ねて河南省鞏義市

    第6代皇帝神宗・趙頊(ちょう・きょく)の永裕陵に残る下馬石。(8月26日撮影)中国河南省鞏義(きょうぎ)市に、北宋皇帝の陵墓群「鞏義宋陵」がある。北に黄河、南に嵩山(すうざん)を望む陵墓群は「七帝八陵」とも呼ばれ、王朝末期に金王朝の捕虜となった徽宗・欽宗親子を除く7人の皇帝と初代皇帝の太祖・趙匡胤(ちょう・きょういん)の父、趙弘殷(ちょう・こういん)が眠る。造営が始まったのは太祖の乾徳元(963)年で、皇帝陵のほかにも皇后陵、皇族墓、寇準(こう・じゅん)や包拯(ほう・じょう)などの名将・功臣の墓300基余りと、石刻数百点が残る。1982年に第2次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。七帝八陵のうち、市街地にある永昭陵は1995年に地上建造物が復元された。永昭陵は第4代皇帝の仁宗・趙禎(ちょう・てい)の墓で、鞏義宋陵で唯一復元された皇帝陵となる。(鞏義=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年9月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022092907811

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2022年09月29日
    (16)北宋皇帝の陵墓群「鞏義宋陵」を訪ねて河南省鞏義市

    第6代皇帝神宗・趙頊(ちょう・きょく)の向皇后陵に立つ石像。(8月26日撮影)中国河南省鞏義(きょうぎ)市に、北宋皇帝の陵墓群「鞏義宋陵」がある。北に黄河、南に嵩山(すうざん)を望む陵墓群は「七帝八陵」とも呼ばれ、王朝末期に金王朝の捕虜となった徽宗・欽宗親子を除く7人の皇帝と初代皇帝の太祖・趙匡胤(ちょう・きょういん)の父、趙弘殷(ちょう・こういん)が眠る。造営が始まったのは太祖の乾徳元(963)年で、皇帝陵のほかにも皇后陵、皇族墓、寇準(こう・じゅん)や包拯(ほう・じょう)などの名将・功臣の墓300基余りと、石刻数百点が残る。1982年に第2次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。七帝八陵のうち、市街地にある永昭陵は1995年に地上建造物が復元された。永昭陵は第4代皇帝の仁宗・趙禎(ちょう・てい)の墓で、鞏義宋陵で唯一復元された皇帝陵となる。(鞏義=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年9月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022092911614

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2022年09月29日
    (20)北宋皇帝の陵墓群「鞏義宋陵」を訪ねて河南省鞏義市

    第4代皇帝仁宗・趙禎(ちょう・てい)の永昭陵に立つ石像。(8月25日撮影)中国河南省鞏義(きょうぎ)市に、北宋皇帝の陵墓群「鞏義宋陵」がある。北に黄河、南に嵩山(すうざん)を望む陵墓群は「七帝八陵」とも呼ばれ、王朝末期に金王朝の捕虜となった徽宗・欽宗親子を除く7人の皇帝と初代皇帝の太祖・趙匡胤(ちょう・きょういん)の父、趙弘殷(ちょう・こういん)が眠る。造営が始まったのは太祖の乾徳元(963)年で、皇帝陵のほかにも皇后陵、皇族墓、寇準(こう・じゅん)や包拯(ほう・じょう)などの名将・功臣の墓300基余りと、石刻数百点が残る。1982年に第2次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。七帝八陵のうち、市街地にある永昭陵は1995年に地上建造物が復元された。永昭陵は第4代皇帝の仁宗・趙禎(ちょう・てい)の墓で、鞏義宋陵で唯一復元された皇帝陵となる。(鞏義=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年9月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022092911629

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2022年09月29日
    (10)北宋皇帝の陵墓群「鞏義宋陵」を訪ねて河南省鞏義市

    第6代皇帝神宗・趙頊(ちょう・きょく)の永裕陵に立つ鎮陵武士石像。(8月26日撮影)中国河南省鞏義(きょうぎ)市に、北宋皇帝の陵墓群「鞏義宋陵」がある。北に黄河、南に嵩山(すうざん)を望む陵墓群は「七帝八陵」とも呼ばれ、王朝末期に金王朝の捕虜となった徽宗・欽宗親子を除く7人の皇帝と初代皇帝の太祖・趙匡胤(ちょう・きょういん)の父、趙弘殷(ちょう・こういん)が眠る。造営が始まったのは太祖の乾徳元(963)年で、皇帝陵のほかにも皇后陵、皇族墓、寇準(こう・じゅん)や包拯(ほう・じょう)などの名将・功臣の墓300基余りと、石刻数百点が残る。1982年に第2次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。七帝八陵のうち、市街地にある永昭陵は1995年に地上建造物が復元された。永昭陵は第4代皇帝の仁宗・趙禎(ちょう・てい)の墓で、鞏義宋陵で唯一復元された皇帝陵となる。(鞏義=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年9月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022092907810

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2022年09月29日
    (6)北宋皇帝の陵墓群「鞏義宋陵」を訪ねて河南省鞏義市

    第6代皇帝神宗・趙頊(ちょう・きょく)の永裕陵。(8月26日撮影)中国河南省鞏義(きょうぎ)市に、北宋皇帝の陵墓群「鞏義宋陵」がある。北に黄河、南に嵩山(すうざん)を望む陵墓群は「七帝八陵」とも呼ばれ、王朝末期に金王朝の捕虜となった徽宗・欽宗親子を除く7人の皇帝と初代皇帝の太祖・趙匡胤(ちょう・きょういん)の父、趙弘殷(ちょう・こういん)が眠る。造営が始まったのは太祖の乾徳元(963)年で、皇帝陵のほかにも皇后陵、皇族墓、寇準(こう・じゅん)や包拯(ほう・じょう)などの名将・功臣の墓300基余りと、石刻数百点が残る。1982年に第2次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。七帝八陵のうち、市街地にある永昭陵は1995年に地上建造物が復元された。永昭陵は第4代皇帝の仁宗・趙禎(ちょう・てい)の墓で、鞏義宋陵で唯一復元された皇帝陵となる。(鞏義=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年9月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022092907796

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2022年09月29日
    (13)北宋皇帝の陵墓群「鞏義宋陵」を訪ねて河南省鞏義市

    第4代皇帝仁宗・趙禎(ちょう・てい)の永昭陵に復元された神門前の神道。(8月25日撮影)中国河南省鞏義(きょうぎ)市に、北宋皇帝の陵墓群「鞏義宋陵」がある。北に黄河、南に嵩山(すうざん)を望む陵墓群は「七帝八陵」とも呼ばれ、王朝末期に金王朝の捕虜となった徽宗・欽宗親子を除く7人の皇帝と初代皇帝の太祖・趙匡胤(ちょう・きょういん)の父、趙弘殷(ちょう・こういん)が眠る。造営が始まったのは太祖の乾徳元(963)年で、皇帝陵のほかにも皇后陵、皇族墓、寇準(こう・じゅん)や包拯(ほう・じょう)などの名将・功臣の墓300基余りと、石刻数百点が残る。1982年に第2次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。七帝八陵のうち、市街地にある永昭陵は1995年に地上建造物が復元された。永昭陵は第4代皇帝の仁宗・趙禎(ちょう・てい)の墓で、鞏義宋陵で唯一復元された皇帝陵となる。(鞏義=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年9月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022092907835

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2022年09月29日
    (3)北宋皇帝の陵墓群「鞏義宋陵」を訪ねて河南省鞏義市

    永厚陵文化遺跡公園。(8月26日撮影)中国河南省鞏義(きょうぎ)市に、北宋皇帝の陵墓群「鞏義宋陵」がある。北に黄河、南に嵩山(すうざん)を望む陵墓群は「七帝八陵」とも呼ばれ、王朝末期に金王朝の捕虜となった徽宗・欽宗親子を除く7人の皇帝と初代皇帝の太祖・趙匡胤(ちょう・きょういん)の父、趙弘殷(ちょう・こういん)が眠る。造営が始まったのは太祖の乾徳元(963)年で、皇帝陵のほかにも皇后陵、皇族墓、寇準(こう・じゅん)や包拯(ほう・じょう)などの名将・功臣の墓300基余りと、石刻数百点が残る。1982年に第2次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。七帝八陵のうち、市街地にある永昭陵は1995年に地上建造物が復元された。永昭陵は第4代皇帝の仁宗・趙禎(ちょう・てい)の墓で、鞏義宋陵で唯一復元された皇帝陵となる。(鞏義=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年9月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022092907747

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2022年09月29日
    (2)北宋皇帝の陵墓群「鞏義宋陵」を訪ねて河南省鞏義市

    第5代皇帝英宗・趙曙(ちょう・しょ)の永厚陵に立つ瑞鳥のレリーフ。(8月26日撮影)中国河南省鞏義(きょうぎ)市に、北宋皇帝の陵墓群「鞏義宋陵」がある。北に黄河、南に嵩山(すうざん)を望む陵墓群は「七帝八陵」とも呼ばれ、王朝末期に金王朝の捕虜となった徽宗・欽宗親子を除く7人の皇帝と初代皇帝の太祖・趙匡胤(ちょう・きょういん)の父、趙弘殷(ちょう・こういん)が眠る。造営が始まったのは太祖の乾徳元(963)年で、皇帝陵のほかにも皇后陵、皇族墓、寇準(こう・じゅん)や包拯(ほう・じょう)などの名将・功臣の墓300基余りと、石刻数百点が残る。1982年に第2次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。七帝八陵のうち、市街地にある永昭陵は1995年に地上建造物が復元された。永昭陵は第4代皇帝の仁宗・趙禎(ちょう・てい)の墓で、鞏義宋陵で唯一復元された皇帝陵となる。(鞏義=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年9月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022092907749

  • 1