KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 令和
  • 記者
  • 中国中車
  • 生産
  • 平成
  • 輸出
  • 製品
  • 長春市
  • 特徴
  • 環境

「車両メーカー」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
157
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
157
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2015年11月10日
    中国中車のブース 日本、売り込み戦略再考

    10月、ニューデリーで開かれた鉄道技術博覧会に出展した中国の鉄道車両メーカー、中国中車のブース(共同)

    商品コード: 2015111000507

  • 2016年10月28日
    豪からコンテナ車400台受注中車眉山車両

    輸出のため船積みされる、中車眉山車両が生産したコンテナ車。(2016年10月28日撮影)中国四川省眉山市の鉄道車両メーカー、中車眉山車両は最近、ネットを通じ、オーストラリアからコンテナ車400台を受注した。契約によると、年内に100台以上、来年8月までにすべて引き渡す。(眉山=新華社配信)=2016(平成28)年10月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020060907886

  • 2017年05月24日
    京急の「デハ230形」 戦前の電車、古巣に

    修復のため、鉄道車両メーカー総合車両製作所に搬入された電車「デハ230形」=24日午前、横浜市金沢区

    商品コード: 2017052400074

  • 2017年05月24日
    電車「デハ230形」 戦前の電車、古巣に

    修復のため、鉄道車両メーカー総合車両製作所に搬入された電車「デハ230形」=24日午前、横浜市金沢区

    商品コード: 2017052400076

  • 2017年10月20日
    効率化とIoTで足場固め

    世界の主要な鉄道車両メーカーの売上高

    商品コード: 2017102001097

  • 2017年10月20日
    効率化とIoTで足場固め

    世界の主要な鉄道車両メーカーの売上高

    商品コード: 2017102001098

  • 2018年03月15日
    Audi

    FILED - 15 March 2018, Ingolstadt, Germany: Bram Schot, Audi sales director, attends the vehicle manufacturer‘s balance sheet press conference. On June 19, 2018, Audi sales director Bram Schot will provisionally take over the position of chief executive officer at the car manufacturer. Photo: Armin Weigel/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019100908809

  • 2018年03月15日
    Audi

    FILED - 15 March 2018, Ingolstadt, Germany: Bram Schot, Audi sales director, attends the vehicle manufacturer‘s balance sheet press conference. On June 19, 2018, Audi sales director Bram Schot will provisionally take over the position of chief executive officer at the car manufacturer. Photo: Armin Weigel/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019100908950

  • 2018年03月15日
    Audi

    FILED - 15 March 2018, Ingolstadt, Germany: Bram Schot, Audi sales director, attends the vehicle manufacturer‘s balance sheet press conference. On June 19, 2018, Audi sales director Bram Schot will provisionally take over the position of chief executive officer at the car manufacturer. Photo: Armin Weigel/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019100909081

  • 2018年03月15日
    Audi

    FILED - 15 March 2018, Ingolstadt, Germany: Bram Schot, Audi sales director, attends the vehicle manufacturer‘s balance sheet press conference. On June 19, 2018, Audi sales director Bram Schot will provisionally take over the position of chief executive officer at the car manufacturer. Photo: Armin Weigel/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019100909514

  • 2018年03月15日
    Audi

    FILED - 15 March 2018, Ingolstadt, Germany: Bram Schot, Audi sales director, attends the vehicle manufacturer‘s balance sheet press conference. On June 19, 2018, Audi sales director Bram Schot will provisionally take over the position of chief executive officer at the car manufacturer. Photo: Armin Weigel/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019100908815

  • 2018年03月15日
    Audi

    FILED - 15 March 2018, Ingolstadt, Germany: Bram Schot, Audi sales director, attends the vehicle manufacturer‘s balance sheet press conference. On June 19, 2018, Audi sales director Bram Schot will provisionally take over the position of chief executive officer at the car manufacturer. Photo: Armin Weigel/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019100908885

  • 2018年03月15日
    Audi

    FILED - 15 March 2018, Ingolstadt, Germany: Bram Schot, Audi sales director, attends the vehicle manufacturer‘s balance sheet press conference. On June 19, 2018, Audi sales director Bram Schot will provisionally take over the position of chief executive officer at the car manufacturer. Photo: Armin Weigel/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019100909058

  • 2018年03月15日
    Audi

    FILED - 15 March 2018, Ingolstadt, Germany: Bram Schot, Audi sales director, attends the vehicle manufacturer‘s balance sheet press conference. On June 19, 2018, Audi sales director Bram Schot will provisionally take over the position of chief executive officer at the car manufacturer. Photo: Armin Weigel/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019100908904

  • 2018年03月15日
    Audi

    FILED - 15 March 2018, Ingolstadt, Germany: Bram Schot, Audi sales director, attends the vehicle manufacturer‘s balance sheet press conference. On June 19, 2018, Audi sales director Bram Schot will provisionally take over the position of chief executive officer at the car manufacturer. Photo: Armin Weigel/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019100909509

  • 2018年03月15日
    Audi

    FILED - 15 March 2018, Ingolstadt, Germany: Bram Schot, Audi sales director, attends the vehicle manufacturer‘s balance sheet press conference. On June 19, 2018, Audi sales director Bram Schot will provisionally take over the position of chief executive officer at the car manufacturer. Photo: Armin Weigel/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019100909510

  • 2018年05月02日
    Bombardier Görlitz

    FILED - 02 May 2018, Saxony, Görlitz: Railway wagons stand in a workshop of the Canadian rail vehicle manufacturer Bombardier. (to dpa “Alstom confirms talks to purchase Bombardier‘s train business“) Photo: Sebastian Kahnert/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020021801321

  • 2018年07月04日
    「BaiduCreate2018」、北京で開催

    4日、世界的に有名なバス車両メーカー、厦門金龍聨合汽車工業有限公司(金龍客車)のアモイにある生産ラインと同会議の会場をオンラインで繋ぎ、100両目の無ハンドルL4(レベル4)無人運転循環バス「阿波龍(アポロン、Apolong)」が量産される様子を見届ける百度の創業者で董事長(会長)兼最高経営責任者(CEO)の李彦宏氏。中国大手検索エンジン「百度(バイドゥ・Baidu)」主催のAI開発者会議「BaiduCreate2018」が7月4日、北京の国家会議センターで開かれた。(北京=新華社記者/李鑫)=2018(平成30)年7月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018070600320

  • 2018年09月07日
    次世代炭素繊維LRT車両、長春で初公開

    7日、「光谷量子号」の車両内。中国の鉄道車両メーカー、中車長春軌道客車股份有限公司が研究開発した湖北省武漢市東湖で投入される予定の次世代型路面電車(LRT)「光谷量子号」の車両がこのほど、吉林省長春市で開かれた長春軌道交通展で初めて一般公開された。同列車は、独自の知的財産権を持つ架線なしで蓄電装置「キャパシタ」搭載の路面電車で、車両は炭素繊維複合材料でできている。躍動的な外観を持つ「光谷量子号」の設計時速は80キロ。同社の技術専門家によると、列車が採用しているキャパシタ蓄電技術は国内トップレベルで、2分間の充電で10キロの走行が可能。高強度と軽量化が特徴の炭素繊維複合材料の車両は、同種類のステンレス車両より約30%軽く、省エネで環境に優しいという。(長春=新華社記者/許暢)=2018(平成30)年9月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018091215949

  • 2018年09月07日
    次世代炭素繊維LRT車両、長春で初公開

    7日、「光谷量子号」の大きく開放的な車窓。中国の鉄道車両メーカー、中車長春軌道客車股份有限公司が研究開発した湖北省武漢市東湖で投入される予定の次世代型路面電車(LRT)「光谷量子号」の車両がこのほど、吉林省長春市で開かれた長春軌道交通展で初めて一般公開された。同列車は、独自の知的財産権を持つ架線なしで蓄電装置「キャパシタ」搭載の路面電車で、車両は炭素繊維複合材料でできている。躍動的な外観を持つ「光谷量子号」の設計時速は80キロ。同社の技術専門家によると、列車が採用しているキャパシタ蓄電技術は国内トップレベルで、2分間の充電で10キロの走行が可能。高強度と軽量化が特徴の炭素繊維複合材料の車両は、同種類のステンレス車両より約30%軽く、省エネで環境に優しいという。(長春=新華社記者/許暢)=2018(平成30)年9月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018091215940

  • 2018年09月07日
    次世代炭素繊維LRT車両、長春で初公開

    7日、「光谷量子号」の外観。中国の鉄道車両メーカー、中車長春軌道客車股份有限公司が研究開発した湖北省武漢市東湖で投入される予定の次世代型路面電車(LRT)「光谷量子号」の車両がこのほど、吉林省長春市で開かれた長春軌道交通展で初めて一般公開された。同列車は、独自の知的財産権を持つ架線なしで蓄電装置「キャパシタ」搭載の路面電車で、車両は炭素繊維複合材料でできている。躍動的な外観を持つ「光谷量子号」の設計時速は80キロ。同社の技術専門家によると、列車が採用しているキャパシタ蓄電技術は国内トップレベルで、2分間の充電で10キロの走行が可能。高強度と軽量化が特徴の炭素繊維複合材料の車両は、同種類のステンレス車両より約30%軽く、省エネで環境に優しいという。(長春=新華社記者/許暢)=2018(平成30)年9月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018091216304

  • 2018年09月07日
    次世代炭素繊維LRT車両、長春で初公開

    7日、「光谷量子号」の車両に使用されている炭素繊維複合材料。中国の鉄道車両メーカー、中車長春軌道客車股份有限公司が研究開発した湖北省武漢市東湖で投入される予定の次世代型路面電車(LRT)「光谷量子号」の車両がこのほど、吉林省長春市で開かれた長春軌道交通展で初めて一般公開された。同列車は、独自の知的財産権を持つ架線なしで蓄電装置「キャパシタ」搭載の路面電車で、車両は炭素繊維複合材料でできている。躍動的な外観を持つ「光谷量子号」の設計時速は80キロ。同社の技術専門家によると、列車が採用しているキャパシタ蓄電技術は国内トップレベルで、2分間の充電で10キロの走行が可能。高強度と軽量化が特徴の炭素繊維複合材料の車両は、同種類のステンレス車両より約30%軽く、省エネで環境に優しいという。(長春=新華社記者/許暢)=2018(平成30)年9月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018091216026

  • 2018年09月07日
    次世代炭素繊維LRT車両、長春で初公開

    7日、「光谷量子号」の運転席。中国の鉄道車両メーカー、中車長春軌道客車股份有限公司が研究開発した湖北省武漢市東湖で投入される予定の次世代型路面電車(LRT)「光谷量子号」の車両がこのほど、吉林省長春市で開かれた長春軌道交通展で初めて一般公開された。同列車は、独自の知的財産権を持つ架線なしで蓄電装置「キャパシタ」搭載の路面電車で、車両は炭素繊維複合材料でできている。躍動的な外観を持つ「光谷量子号」の設計時速は80キロ。同社の技術専門家によると、列車が採用しているキャパシタ蓄電技術は国内トップレベルで、2分間の充電で10キロの走行が可能。高強度と軽量化が特徴の炭素繊維複合材料の車両は、同種類のステンレス車両より約30%軽く、省エネで環境に優しいという。(長春=新華社記者/許暢)=2018(平成30)年9月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018091215988

  • 2018年09月07日
    次世代炭素繊維LRT車両、長春で初公開

    7日、「光谷量子号」の車窓の縁に使用されている炭素繊維複合材料。中国の鉄道車両メーカー、中車長春軌道客車股份有限公司が研究開発した湖北省武漢市東湖で投入される予定の次世代型路面電車(LRT)「光谷量子号」の車両がこのほど、吉林省長春市で開かれた長春軌道交通展で初めて一般公開された。同列車は、独自の知的財産権を持つ架線なしで蓄電装置「キャパシタ」搭載の路面電車で、車両は炭素繊維複合材料でできている。躍動的な外観を持つ「光谷量子号」の設計時速は80キロ。同社の技術専門家によると、列車が採用しているキャパシタ蓄電技術は国内トップレベルで、2分間の充電で10キロの走行が可能。高強度と軽量化が特徴の炭素繊維複合材料の車両は、同種類のステンレス車両より約30%軽く、省エネで環境に優しいという。(長春=新華社記者/許暢)=2018(平成30)年9月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018091215978

  • 2018年09月07日
    次世代炭素繊維LRT車両、長春で初公開

    7日、「光谷量子号」の運転席に座り運転士の気分を味わう来場者。中国の鉄道車両メーカー、中車長春軌道客車股份有限公司が研究開発した湖北省武漢市東湖で投入される予定の次世代型路面電車(LRT)「光谷量子号」の車両がこのほど、吉林省長春市で開かれた長春軌道交通展で初めて一般公開された。同列車は、独自の知的財産権を持つ架線なしで蓄電装置「キャパシタ」搭載の路面電車で、車両は炭素繊維複合材料でできている。躍動的な外観を持つ「光谷量子号」の設計時速は80キロ。同社の技術専門家によると、列車が採用しているキャパシタ蓄電技術は国内トップレベルで、2分間の充電で10キロの走行が可能。高強度と軽量化が特徴の炭素繊維複合材料の車両は、同種類のステンレス車両より約30%軽く、省エネで環境に優しいという。(長春=新華社記者/許暢)=2018(平成30)年9月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018091215983

  • 2018年11月28日
    中国製地下鉄、ブエノスアイレス市民の外出をより便利に

    11月28日、アルゼンチン・ブエノスアイレスで、中国製地下鉄車両の車内に貼ってある中国の大手鉄道車両メーカー「中国北車」のラベル。アルゼンチンではここ数年、国内の鉄道網に中国製の地下鉄車両が導入されており、地元市民はより便利で快適な移動を行えるようになった。(ブエノスアイレス=新華社記者/李明)=2018(平成30)年11月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018120311112

  • 2018年12月12日
    「海外進出」から「地元定着」へ中国中車が現地化でトルコ市場を開拓

    12日、トルコ・アンカラの株機-MNG(中車株機とMNGホールディングの合弁会社)で新たに製造した地下鉄車両の中で作業するスタッフ。「一帯一路」建設の推進に伴い、中国とトルコの経済貿易関係がますます緊密になっている。中国の鉄道車両メーカー、中国中車(CRRC)を代表とする軌道交通企業は、トルコ市場でよい成果を挙げている。トルコ市場に進出して十年近く、中国中車は完成品列車の輸出から製造の現地化へと発展し、良好な経済的・社会的効果を生み出した。これは中国企業が海外市場で「海外進出」から地元へ根付き「定着」するまでを示した縮図だ。(アンカラ=新華社記者/秦彦洋)=2018(平成30)年12月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018122820549

  • 2018年12月12日
    「海外進出」から「地元定着」へ中国中車が現地化でトルコ市場を開拓

    12日、トルコ・アンカラの株機-MNG(中車株機とMNGホールディングの合弁会社)の組立作業場で作業するスタッフ。「一帯一路」建設の推進に伴い、中国とトルコの経済貿易関係がますます緊密になっている。中国の鉄道車両メーカー、中国中車(CRRC)を代表とする軌道交通企業は、トルコ市場でよい成果を挙げている。トルコ市場に進出して十年近く、中国中車は完成品列車の輸出から製造の現地化へと発展し、良好な経済的・社会的効果を生み出した。これは中国企業が海外市場で「海外進出」から地元へ根付き「定着」するまでを示した縮図だ。(アンカラ=新華社記者/秦彦洋)=2018(平成30)年12月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018122820497

  • 2018年12月12日
    「海外進出」から「地元定着」へ中国中車が現地化でトルコ市場を開拓

    12日、トルコ・アンカラで新たに出荷した地下鉄車両。「一帯一路」建設の推進に伴い、中国とトルコの経済貿易関係がますます緊密になっている。中国の鉄道車両メーカー、中国中車(CRRC)を代表とする軌道交通企業は、トルコ市場でよい成果を挙げている。トルコ市場に進出して十年近く、中国中車は完成品列車の輸出から製造の現地化へと発展し、良好な経済的・社会的効果を生み出した。これは中国企業が海外市場で「海外進出」から地元へ根付き「定着」するまでを示した縮図だ。(アンカラ=新華社記者/秦彦洋)=2018(平成30)年12月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018122820493

  • 2018年12月12日
    「海外進出」から「地元定着」へ中国中車が現地化でトルコ市場を開拓

    12日、トルコ・アンカラの株機-MNG(中車株機とMNGホールディングの合弁会社)で新たに製造した地下鉄車両の中で作業するスタッフ。「一帯一路」建設の推進に伴い、中国とトルコの経済貿易関係がますます緊密になっている。中国の鉄道車両メーカー、中国中車(CRRC)を代表とする軌道交通企業は、トルコ市場でよい成果を挙げている。トルコ市場に進出して十年近く、中国中車は完成品列車の輸出から製造の現地化へと発展し、良好な経済的・社会的効果を生み出した。これは中国企業が海外市場で「海外進出」から地元へ根付き「定着」するまでを示した縮図だ。(アンカラ=新華社記者/秦彦洋)=2018(平成30)年12月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018122820482

  • 2018年12月12日
    「海外進出」から「地元定着」へ中国中車が現地化でトルコ市場を開拓

    12日、トルコ・アンカラで撮影した株機-MNG(中車株機とMNGホールディングの合弁会社)の組立作業場。「一帯一路」建設の推進に伴い、中国とトルコの経済貿易関係がますます緊密になっている。中国の鉄道車両メーカー、中国中車(CRRC)を代表とする軌道交通企業は、トルコ市場でよい成果を挙げている。トルコ市場に進出して十年近く、中国中車は完成品列車の輸出から製造の現地化へと発展し、良好な経済的・社会的効果を生み出した。これは中国企業が海外市場で「海外進出」から地元へ根付き「定着」するまでを示した縮図だ。(アンカラ=新華社記者/秦彦洋)=2018(平成30)年12月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018122820446

  • 2018年12月12日
    「海外進出」から「地元定着」へ中国中車が現地化でトルコ市場を開拓

    12日、トルコ・アンカラの株機-MNG(中車株機とMNGホールディングの合弁会社)の調整作業場で作業するスタッフ。「一帯一路」建設の推進に伴い、中国とトルコの経済貿易関係がますます緊密になっている。中国の鉄道車両メーカー、中国中車(CRRC)を代表とする軌道交通企業は、トルコ市場でよい成果を挙げている。トルコ市場に進出して十年近く、中国中車は完成品列車の輸出から製造の現地化へと発展し、良好な経済的・社会的効果を生み出した。これは中国企業が海外市場で「海外進出」から地元へ根付き「定着」するまでを示した縮図だ。(アンカラ=新華社記者/秦彦洋)=2018(平成30)年12月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018122820470

  • 2018年12月18日
    中国中車の米工場で初の地下鉄車両がラインオフ

    18日、米マサチューセッツ州スプリングフィールド市にある中国中車の組立工場で行われた地下鉄車両のラインオフ式で挨拶する同州のチャーリー・ベーカー知事。中国の鉄道車両メーカー最大手、中国中車股份有限公司(中国中車)が米マサチューセッツ州スプリングフィールド市にある工場で初めて生産した地下鉄車両が18日、ラインオフした。同州ボストンに運ばれ、マサチューセッツ湾運輸局に引き渡される。これは中国中車が米本土における生産、運営の重要な一歩となる。(ワシントン=新華社記者/劉傑)=2018(平成30)年12月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018122123971

  • 2018年12月18日
    中国中車の米工場で初の地下鉄車両がラインオフ

    18日、米マサチューセッツ州スプリングフィールド市にある中国中車の組立工場で撮影した地下鉄の運転室。中国の鉄道車両メーカー最大手、中国中車股份有限公司(中国中車)が米マサチューセッツ州スプリングフィールド市にある工場で初めて生産した地下鉄車両が18日、ラインオフした。同州ボストンに運ばれ、マサチューセッツ湾運輸局に引き渡される。これは中国中車が米本土における生産、運営の重要な一歩となる。(ワシントン=新華社記者/劉傑)=2018(平成30)年12月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018122123950

  • 2018年12月18日
    中国中車の米工場で初の地下鉄車両がラインオフ

    18日、米マサチューセッツ州スプリングフィールド市にある中国中車の組立工場。中国の鉄道車両メーカー最大手、中国中車股份有限公司(中国中車)が米マサチューセッツ州スプリングフィールド市にある工場で初めて生産した地下鉄車両が18日、ラインオフした。同州ボストンに運ばれ、マサチューセッツ湾運輸局に引き渡される。これは中国中車が米本土における生産、運営の重要な一歩となる。(ワシントン=新華社記者/劉傑)=2018(平成30)年12月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018122123952

  • 2018年12月18日
    中国中車の米工場で初の地下鉄車両がラインオフ

    18日、米マサチューセッツ州スプリングフィールド市にある中国中車の組立工場。中国の鉄道車両メーカー最大手、中国中車股份有限公司(中国中車)が米マサチューセッツ州スプリングフィールド市にある工場で初めて生産した地下鉄車両が18日、ラインオフした。同州ボストンに運ばれ、マサチューセッツ湾運輸局に引き渡される。これは中国中車が米本土における生産、運営の重要な一歩となる。(ワシントン=新華社記者/劉傑)=2018(平成30)年12月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018122123958

  • 2019年04月16日
    防爆設計のテルアビブLRT用車両、長春でラインオフ

    16日、中車長春軌道客車股份有限公司がテルアビブ・ライトレール・レッドラインプロジェクトのために開発したライトレール列車。中国の鉄道・軌道車両メーカー、中車長春軌道客車股份有限公司がイスラエルのテルアビブ・ライトレール(LRT)レッドライン路線のために開発した列車が16日、長春市でラインオフした。中国の100%低床車両が先進国に輸出されるのは初めて。これは世界トップクラスの安全防護レベルを持つライトレール列車で、プラットホームでの乗降が必要ないため、高齢者や子ども、障害者もスムーズに利用できる。同社は2015年、イスラエル・テルアビブの公共輸送会社NTAとテルアビブ・ライトレール・レッドラインプロジェクトの車両納入契約を締結し、列車の開発を担当することで合意。レッドラインはイスラエル初のライトレール路線で、全長23キロ。(長春=新華社記者/段続)=2019(平成31)年4月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019042202077

  • 2019年04月16日
    防爆設計のテルアビブLRT用車両、長春でラインオフ

    16日、長春でラインオフした中車長春軌道客車股份有限公司がテルアビブ・ライトレール・レッドラインプロジェクトのために開発したライトレール列車。中国の鉄道・軌道車両メーカー、中車長春軌道客車股份有限公司がイスラエルのテルアビブ・ライトレール(LRT)レッドライン路線のために開発した列車が16日、長春市でラインオフした。中国の100%低床車両が先進国に輸出されるのは初めて。これは世界トップクラスの安全防護レベルを持つライトレール列車で、プラットホームでの乗降が必要ないため、高齢者や子ども、障害者もスムーズに利用できる。同社は2015年、イスラエル・テルアビブの公共輸送会社NTAとテルアビブ・ライトレール・レッドラインプロジェクトの車両納入契約を締結し、列車の開発を担当することで合意。レッドラインはイスラエル初のライトレール路線で、全長23キロ。(長春=新華社記者/張博宇)=2019(平成31)年4月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019042202125

  • 2019年04月16日
    防爆設計のテルアビブLRT用車両、長春でラインオフ

    16日、中車長春軌道客車股份有限公司がテルアビブ・ライトレール・レッドラインプロジェクトのために開発したライトレール列車のラインオフ式の現場。中国の鉄道・軌道車両メーカー、中車長春軌道客車股份有限公司がイスラエルのテルアビブ・ライトレール(LRT)レッドライン路線のために開発した列車が16日、長春市でラインオフした。中国の100%低床車両が先進国に輸出されるのは初めて。これは世界トップクラスの安全防護レベルを持つライトレール列車で、プラットホームでの乗降が必要ないため、高齢者や子ども、障害者もスムーズに利用できる。同社は2015年、イスラエル・テルアビブの公共輸送会社NTAとテルアビブ・ライトレール・レッドラインプロジェクトの車両納入契約を締結し、列車の開発を担当することで合意。レッドラインはイスラエル初のライトレール路線で、全長23キロ。(長春=新華社記者/張博宇)=2019(平成31)年4月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019042202022

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:35.10
    2019年04月16日
    「新華社」防爆設計のテルアビブLRT用車両、長春でラインオフ

    中国の鉄道・軌道車両メーカー、中車長春軌道客車股份有限公司がイスラエルのテルアビブ・ライトレール(LRT)レッドライン路線のために開発した列車が16日、長春市でラインオフした。中国の100%低床車両が先進国に輸出されるのは初めて。これは世界トップクラスの安全防護レベルを持つライトレール列車で、プラットホームでの乗降が必要ないため、高齢者や子ども、障害者もスムーズに利用できる。同社は2015年、イスラエル・テルアビブの公共輸送会社NTAとテルアビブ・ライトレール・レッドラインプロジェクトの車両納入契約を締結し、列車の開発を担当することで合意。レッドラインはイスラエル初のライトレール路線で、全長23キロ。列車の安全性に対するイスラエル公安庁の要求は高く、同社は多くの研究開発を行った。列車全体は防爆設計を採用し、屋根部分には閉鎖式ドーム型カバーを使用して、爆発物が屋根に落下してもドームに沿って下に落ちるようにした。シャーシの鋼構造には非強磁性材料を採用し、爆発物の車両底部吸着を防ぐことができる。窓にも防爆ガラスを使用しており、石や火炎瓶の爆発による衝撃に耐えられるようになっている。同社はこのプロジェクトのために列車を開発したほか、ライトレール全車両の16年間の点検・メンテナンス業務を請け負っている。同社のライトレール列車製品は現在、オーストラリア、米国、シンガポールなどの20以上の国・地域に輸出されている。(記者/段続、張博宇)<映像内容>中車長春軌道客車が開発したテルアビブLRT用車両ラインオフの様子、撮影日:2019(平成31)年4月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019042300476

  • 2019年04月16日
    防爆設計のテルアビブLRT用車両、長春でラインオフ

    16日、中車長春軌道客車股份有限公司がテルアビブ・ライトレール・レッドラインプロジェクトのために開発したライトレール列車の内部。中国の鉄道・軌道車両メーカー、中車長春軌道客車股份有限公司がイスラエルのテルアビブ・ライトレール(LRT)レッドライン路線のために開発した列車が16日、長春市でラインオフした。中国の100%低床車両が先進国に輸出されるのは初めて。これは世界トップクラスの安全防護レベルを持つライトレール列車で、プラットホームでの乗降が必要ないため、高齢者や子ども、障害者もスムーズに利用できる。同社は2015年、イスラエル・テルアビブの公共輸送会社NTAとテルアビブ・ライトレール・レッドラインプロジェクトの車両納入契約を締結し、列車の開発を担当することで合意。レッドラインはイスラエル初のライトレール路線で、全長23キロメートル。(長春=新華社記者/張博宇)=2019(平成31)年4月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019042202021

  • 2019年04月16日
    防爆設計のテルアビブLRT用車両、長春でラインオフ

    16日、中車長春軌道客車股份有限公司がテルアビブ・ライトレール・レッドラインプロジェクトのために開発したライトレール列車内の乗車スペース。中国の鉄道・軌道車両メーカー、中車長春軌道客車股份有限公司がイスラエルのテルアビブ・ライトレール(LRT)レッドライン路線のために開発した列車が16日、長春市でラインオフした。中国の100%低床車両が先進国に輸出されるのは初めて。これは世界トップクラスの安全防護レベルを持つライトレール列車で、プラットホームでの乗降が必要ないため、高齢者や子ども、障害者もスムーズに利用できる。同社は2015年、イスラエル・テルアビブの公共輸送会社NTAとテルアビブ・ライトレール・レッドラインプロジェクトの車両納入契約を締結し、列車の開発を担当することで合意。レッドラインはイスラエル初のライトレール路線で、全長23キロ。(長春=新華社記者/張博宇)=2019(平成31)年4月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019042202033

  • 2019年04月16日
    防爆設計のテルアビブLRT用車両、長春でラインオフ

    16日、中車長春軌道客車股份有限公司がテルアビブ・ライトレール・レッドラインプロジェクトのために開発したライトレール列車の運転室。中国の鉄道・軌道車両メーカー、中車長春軌道客車股份有限公司がイスラエルのテルアビブ・ライトレール(LRT)レッドライン路線のために開発した列車が16日、長春市でラインオフした。中国の100%低床車両が先進国に輸出されるのは初めて。これは世界トップクラスの安全防護レベルを持つライトレール列車で、プラットホームでの乗降が必要ないため、高齢者や子ども、障害者もスムーズに利用できる。同社は2015年、イスラエル・テルアビブの公共輸送会社NTAとテルアビブ・ライトレール・レッドラインプロジェクトの車両納入契約を締結し、列車の開発を担当することで合意。レッドラインはイスラエル初のライトレール路線で、全長23キロ。(長春=新華社記者/張博宇)=2019(平成31)年4月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019042202013

  • 2019年04月16日
    防爆設計のテルアビブLRT用車両、長春でラインオフ

    16日、中車長春軌道客車股份有限公司がテルアビブ・ライトレール・レッドラインプロジェクトのために開発したライトレール列車内の乗車スペース。中国の鉄道・軌道車両メーカー、中車長春軌道客車股份有限公司がイスラエルのテルアビブ・ライトレール(LRT)レッドライン路線のために開発した列車が16日、長春市でラインオフした。中国の100%低床車両が先進国に輸出されるのは初めて。これは世界トップクラスの安全防護レベルを持つライトレール列車で、プラットホームでの乗降が必要ないため、高齢者や子ども、障害者もスムーズに利用できる。同社は2015年、イスラエル・テルアビブの公共輸送会社NTAとテルアビブ・ライトレール・レッドラインプロジェクトの車両納入契約を締結し、列車の開発を担当することで合意。レッドラインはイスラエル初のライトレール路線で、全長23キロ。(長春=新華社記者/張博宇)=2019(平成31)年4月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019042202110

  • 2019年04月16日
    防爆設計のテルアビブLRT用車両、長春でラインオフ

    16日、長春でラインオフした中車長春軌道客車股份有限公司がテルアビブ・ライトレール・レッドラインプロジェクトのために開発したライトレール列車。中国の鉄道・軌道車両メーカー、中車長春軌道客車股份有限公司がイスラエルのテルアビブ・ライトレール(LRT)レッドライン路線のために開発した列車が16日、長春市でラインオフした。中国の100%低床車両が先進国に輸出されるのは初めて。これは世界トップクラスの安全防護レベルを持つライトレール列車で、プラットホームでの乗降が必要ないため、高齢者や子ども、障害者もスムーズに利用できる。同社は2015年、イスラエル・テルアビブの公共輸送会社NTAとテルアビブ・ライトレール・レッドラインプロジェクトの車両納入契約を締結し、列車の開発を担当することで合意。レッドラインはイスラエル初のライトレール路線で、全長23キロ。(長春=新華社記者/張博宇)=2019(平成31)年4月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019042202083

  • 2019年04月16日
    防爆設計のテルアビブLRT用車両、長春でラインオフ

    16日、中車長春軌道客車股份有限公司がテルアビブ・ライトレール・レッドラインプロジェクトのために開発したライトレール列車の運転室。中国の鉄道・軌道車両メーカー、中車長春軌道客車股份有限公司がイスラエルのテルアビブ・ライトレール(LRT)レッドライン路線のために開発した列車が16日、長春市でラインオフした。中国の100%低床車両が先進国に輸出されるのは初めて。これは世界トップクラスの安全防護レベルを持つライトレール列車で、プラットホームでの乗降が必要ないため、高齢者や子ども、障害者もスムーズに利用できる。同社は2015年、イスラエル・テルアビブの公共輸送会社NTAとテルアビブ・ライトレール・レッドラインプロジェクトの車両納入契約を締結し、列車の開発を担当することで合意。レッドラインはイスラエル初のライトレール路線で、全長23キロメートル。(長春=新華社記者/張博宇)=2019(平成31)年4月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019042202009

  • 2019年04月16日
    防爆設計のテルアビブLRT用車両、長春でラインオフ

    16日、中車長春軌道客車股份有限公司がテルアビブ・ライトレール・レッドラインプロジェクトのために開発したライトレール列車の運転室の外部。運転室へのドアはイスラエル侵入防止安全の標準に基づき設計された。中国の鉄道・軌道車両メーカー、中車長春軌道客車股份有限公司がイスラエルのテルアビブ・ライトレール(LRT)レッドライン路線のために開発した列車が16日、長春市でラインオフした。中国の100%低床車両が先進国に輸出されるのは初めて。これは世界トップクラスの安全防護レベルを持つライトレール列車で、プラットホームでの乗降が必要ないため、高齢者や子ども、障害者もスムーズに利用できる。同社は2015年、イスラエル・テルアビブの公共輸送会社NTAとテルアビブ・ライトレール・レッドラインプロジェクトの車両納入契約を締結し、列車の開発を担当することで合意。レッドラインはイスラエル初のライトレール路線で、全長23キロ。(長春=新華社記者/張博宇)=2019(平成31)年4月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019042202069

  • 03:17.44
    2019年05月09日
    「新華社」スマート公園で「デジタル中国」を体感福建省福州市

    中国福建省福州市倉山区の飛鳳山スマート公園では美しい景色だけでなく、ゆっくりと走る自動運転バスやAR(拡張現実)の太極拳マスター、スマート歩道、5Gネットワークなど、多くのスマート化した設備に触れることができる。同公園は4月にオープンすると、たちまち市内の新名所となった。園内には現在、3台の自動運転バスが運行している。これらのバスは、中国ネット検索最大手の百度(バイドゥ)が中国バス車両メーカー最大手のアモイ金龍客車(KingLong)と共同で製造した。車体にはLiDARやミリ波レーダーなどのセンサーのほか、HDR(ハイダイナミックレンジ)カメラモジュールとステレオカメラが搭載され、周囲の状況をリアルタイムで識別し、障害物を事前に感知する。また車体の前方と後方の上部には単眼カメラと2眼カメラを設置し、道路の車線や車両、歩行者などを正確に識別する。「AR太極拳マスター」は公園の目玉の一つで、太極拳とAR技術を組み合わせた対面レッスンを実現している。利用者は「AR太極拳マスター」の体験後、すぐそばにある運動能力テストハウスで自分の健康状態を把握できる。ハウス内は運動能力テスト機器と登録機、運動情報プラットフォームの3つで構成されている。利用者は登録時に身長や体重、血圧を測定する。測定結果は自動で登録機のシステムと同期され、登録後にシステムが利用者個人の身体状況に応じて適切な運動を提案する。市民と観光客の便宜のため、園内には自動運転開発ベンチャーの「新石器」(NEOLIX)が開発した無人販売車が配備されている。車両には自動運転機能が搭載され、人と車が混在する道路を安全に走行できる。同公園は「デジタル福建」建設の成果の一つとなっている。福建省は引き続き追い風を受けて飛翔し、「デジタル中国」建設のモデル地区を構築していく。(記者/宓盈婷、陳旺)<映像内容>中国のスマート公園、自動運転バスや「AR太極拳マスター」などの様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019050901178

  • 2019年07月04日
    Firmas Brüggen builds refrigerated semitrailer

    04 July 2019, Mecklenburg-Western Pomerania, Lübtheen: On a parking lot at the company premises of the vehicle manufacturer Brüggen there are refrigerated trailers, dry freight and fresh service trailers (aerial photograph from a helicopter). In 2004, the company took over the former MV Lübtheen GmbH. After technical investments in the tens of millions, the plant is one of the most modern commercial vehicle plants in Europe. In Lübtheen, over 900 employees produce an average of 8,000 - 9,000 refrigerated trailers annually exclusively for Krone. The main export markets are Spain, Poland, Denmark, the Netherlands and Italy. Photo: Jens Büttner/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019072504486

  • 2019年07月04日
    Firmas Brüggen builds refrigerated semitrailer

    04 July 2019, Mecklenburg-Western Pomerania, Lübtheen: On a parking lot at the company premises of the vehicle manufacturer Brüggen there are refrigerated trailers, dry freight and fresh service trailers (aerial photograph from a helicopter). In 2004, the company took over the former MV Lübtheen GmbH. After technical investments in the tens of millions, the plant is one of the most modern commercial vehicle plants in Europe. In Lübtheen, over 900 employees produce an average of 8,000 - 9,000 refrigerated trailers annually exclusively for Krone. The main export markets are Spain, Poland, Denmark, the Netherlands and Italy. Photo: Jens Büttner/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019072504482

  • 2019年07月04日
    Firmas Brüggen builds refrigerated semitrailer

    04 July 2019, Mecklenburg-Western Pomerania, Lübtheen: On a parking lot at the company premises of the vehicle manufacturer Brüggen there are refrigerated trailers, dry freight and fresh service trailers (aerial photograph from a helicopter). In 2004, the company took over the former MV Lübtheen GmbH. After technical investments in the tens of millions, the plant is one of the most modern commercial vehicle plants in Europe. In Lübtheen, over 900 employees produce an average of 8,000 - 9,000 refrigerated trailers annually exclusively for Krone. The main export markets are Spain, Poland, Denmark, the Netherlands and Italy. Photo: Jens Büttner/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019072504524

  • 2019年07月04日
    Firmas Brüggen builds refrigerated semitrailer

    04 July 2019, Mecklenburg-Western Pomerania, Lübtheen: On a parking lot at the company premises of the vehicle manufacturer Brüggen there are refrigerated trailers, dry freight and fresh service trailers (aerial photograph from a helicopter). In 2004, the company took over the former MV Lübtheen GmbH. After technical investments in the tens of millions, the plant is one of the most modern commercial vehicle plants in Europe. In Lübtheen, over 900 employees produce an average of 8,000 - 9,000 refrigerated trailers annually exclusively for Krone. The main export markets are Spain, Poland, Denmark, the Netherlands and Italy. Photo: Jens Büttner/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019072504936

  • 2019年07月04日
    Firmas Brüggen builds refrigerated semitrailer

    04 July 2019, Mecklenburg-Western Pomerania, Lübtheen: On a parking lot at the company premises of the vehicle manufacturer Brüggen there are refrigerated trailers, dry freight and fresh service trailers (aerial photograph from a helicopter). In 2004, the company took over the former MV Lübtheen GmbH. After technical investments in the tens of millions, the plant is one of the most modern commercial vehicle plants in Europe. In Lübtheen, over 900 employees produce an average of 8,000 - 9,000 refrigerated trailers annually exclusively for Krone. The main export markets are Spain, Poland, Denmark, the Netherlands and Italy. Photo: Jens Büttner/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019072504406

  • 2019年07月04日
    Firmas Brüggen builds refrigerated semitrailer

    04 July 2019, Mecklenburg-Western Pomerania, Lübtheen: On a parking lot at the company premises of the vehicle manufacturer Brüggen there are refrigerated trailers, dry freight and fresh service trailers (aerial photograph from a helicopter). In 2004, the company took over the former MV Lübtheen GmbH. After technical investments in the tens of millions, the plant is one of the most modern commercial vehicle plants in Europe. In Lübtheen, over 900 employees produce an average of 8,000 - 9,000 refrigerated trailers annually exclusively for Krone. The main export markets are Spain, Poland, Denmark, the Netherlands and Italy. Photo: Jens Büttner/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019072504527

  • 2019年07月04日
    Firmas Brüggen builds refrigerated semitrailer

    04 July 2019, Mecklenburg-Western Pomerania, Lübtheen: On a parking lot at the company premises of the vehicle manufacturer Brüggen there are refrigerated trailers, dry freight and fresh service trailers (aerial photograph from a helicopter). In 2004, the company took over the former MV Lübtheen GmbH. After technical investments in the tens of millions, the plant is one of the most modern commercial vehicle plants in Europe. In Lübtheen, over 900 employees produce an average of 8,000 - 9,000 refrigerated trailers annually exclusively for Krone. The main export markets are Spain, Poland, Denmark, the Netherlands and Italy. Photo: Jens Büttner/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019072505002

  • 2019年07月25日
    イスラエル向けライトレール車両、2021年までに完納

    25日、作業場で、テルアビブ・ライトレール用車両の配線作業を行う中車長春軌道客車の作業員。中国の鉄道・軌道車両メーカー、中車長春軌道客車がイスラエルのテルアビブ・ライトレール(LRT)・レッドライン路線のために開発した列車は今年4月16日、長春市でラインオフした。これまで3カ月余りにわたって型式試験が行われている。後続の車両が現在も製造中で、2021年に全車両が納車される見通し。これは中国が始めて先進国に向けて輸出する100%低床車両で、同モデルは世界トップクラスの安全防護レベルを持つライトレール列車でもある。(長春=新華社記者/王昊飛)=2019(令和元)年7月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019073006717

  • 2019年07月25日
    イスラエル向けライトレール車両、2021年までに完納

    25日、中車長春軌道客車で製造中のテルアビブ・ライトレール用車両。中国の鉄道・軌道車両メーカー、中車長春軌道客車がイスラエルのテルアビブ・ライトレール(LRT)・レッドライン路線のために開発した列車は今年4月16日、長春市でラインオフした。これまで3カ月余りにわたって型式試験が行われている。後続の車両が現在も製造中で、2021年に全車両が納車される見通し。これは中国が始めて先進国に向けて輸出する100%低床車両で、同モデルは世界トップクラスの安全防護レベルを持つライトレール列車でもある。(長春=新華社記者/王昊飛)=2019(令和元)年7月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019073006733

  • 2019年07月25日
    イスラエル向けライトレール車両、2021年までに完納

    25日、中車長春軌道客車で型式試験を行うテルアビブ・ライトレール用車両。中国の鉄道・軌道車両メーカー、中車長春軌道客車がイスラエルのテルアビブ・ライトレール(LRT)・レッドライン路線のために開発した列車は今年4月16日、長春市でラインオフした。これまで3カ月余りにわたって型式試験が行われている。後続の車両が現在も製造中で、2021年に全車両が納車される見通し。これは中国が始めて先進国に向けて輸出する100%低床車両で、同モデルは世界トップクラスの安全防護レベルを持つライトレール列車でもある。(長春=新華社記者/王昊飛)=2019(令和元)年7月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019073006732

  • 2019年07月25日
    イスラエル向けライトレール車両、2021年までに完納

    25日、作業場で、テルアビブ・ライトレール用車両の配線作業を行う中車長春軌道客車の作業員。中国の鉄道・軌道車両メーカー、中車長春軌道客車がイスラエルのテルアビブ・ライトレール(LRT)・レッドライン路線のために開発した列車は今年4月16日、長春市でラインオフした。これまで3カ月余りにわたって型式試験が行われている。後続の車両が現在も製造中で、2021年に全車両が納車される見通し。これは中国が始めて先進国に向けて輸出する100%低床車両で、同モデルは世界トップクラスの安全防護レベルを持つライトレール列車でもある。(長春=新華社記者/王昊飛)=2019(令和元)年7月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019073006708

  • 2019年07月25日
    イスラエル向けライトレール車両、2021年までに完納

    25日、作業場で、テルアビブ・ライトレール用車両の配線作業を行う中車長春軌道客車の作業員。中国の鉄道・軌道車両メーカー、中車長春軌道客車がイスラエルのテルアビブ・ライトレール(LRT)・レッドライン路線のために開発した列車は今年4月16日、長春市でラインオフした。これまで3カ月余りにわたって型式試験が行われている。後続の車両が現在も製造中で、2021年に全車両が納車される見通し。これは中国が始めて先進国に向けて輸出する100%低床車両で、同モデルは世界トップクラスの安全防護レベルを持つライトレール列車でもある。(長春=新華社記者/王昊飛)=2019(令和元)年7月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019073006737

  • 2019年09月09日
    Rhein-Main-Verkehrsverbund presents autonomous vehicle

    09 September 2019, Hessen, Frankfurt/Main: Klaus-Peter Düwel (l), operator, and Zaki Abiza, technician vehicle manufacturer “easy mile“, are in the self-propelled vehicle. The operator can intervene at any time in the driving operation, that is regulation. The Rhein-Main-Verkehrsverbund (RMV) presents an autonomous vehicle. Photo: Andreas Arnold/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019091102611

  • 2019年09月22日
    製造新時代に向けて質の高い発展支えるテクノロジーの力世界製造業大会

    22日、鉄道車両メーカー「中車南京浦鎮車両」が出展した鉄道模型を見学する来場者。中国安徽省合肥市でこのほど開催された「2019世界製造業大会」では、VR(仮想現実)を活用した遠隔操作によるセメント生産や留守番ができるロボット警備員、自動運転で駐車場を探すスマート自動車など、中国のハイエンド製造による新製品が一堂に集結。スマート製造業の未来図に、各界の注目が集まった。(合肥=新華社記者/張端)=2019(令和元)年9月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019092504602

  • 2019年10月18日
    中車株機の展示エリアを楽しもう湖南省長沙で軌道交通博

    18日、中車株洲電力機車が出展した都市間動力分散式車両「CJ6」に装備されたボギー台車。中国湖南省長沙市で18日、「中国国際軌道交通・装備製造業博覧会」が開幕し、鉄道車両メーカー世界最大手、中国中車(CRRC)傘下の中車株洲電力機車(中車株機)が生産した都市間動力分散式車両「CJ6」やエネルギー蓄積装置を導入した路面電車、スーパーバーチャルレール列車などの革新的な製品が華々しく登場した。都市軌道交通車両や電気機関車、高速鉄道などのさまざまなタイプの列車をカバーするこれらの製品は、都市内部、都市群間、幹線鉄道といった軌道交通の生態システム全体を立体的に展示。環境に優しく、安全で信頼性が高く、適応性が高いなどの特徴があるという。(長沙=新華社配信/陳振海)=2019(令和元)年10月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019102104113

  • 2019年10月18日
    中車株機の展示エリアを楽しもう湖南省長沙で軌道交通博

    18日、中車株洲電力機車が出展した永久磁石同期電動機「TQ-230」。中国湖南省長沙市で18日、「中国国際軌道交通・装備製造業博覧会」が開幕し、鉄道車両メーカー世界最大手、中国中車(CRRC)傘下の中車株洲電力機車(中車株機)が生産した都市間動力分散式車両「CJ6」やエネルギー蓄積装置を導入した路面電車、スーパーバーチャルレール列車などの革新的な製品が華々しく登場した。都市軌道交通車両や電気機関車、高速鉄道などのさまざまなタイプの列車をカバーするこれらの製品は、都市内部、都市群間、幹線鉄道といった軌道交通の生態システム全体を立体的に展示。環境に優しく、安全で信頼性が高く、適応性が高いなどの特徴があるという。(長沙=新華社記者/薛臣)=2019(令和元)年10月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019102103965

  • 2019年10月18日
    中車株機の展示エリアを楽しもう湖南省長沙で軌道交通博

    18日、中車株洲電力機車が出展した都市間動力分散式車両「CJ6」の連結部分。中国湖南省長沙市で18日、「中国国際軌道交通・装備製造業博覧会」が開幕し、鉄道車両メーカー世界最大手、中国中車(CRRC)傘下の中車株洲電力機車(中車株機)が生産した都市間動力分散式車両「CJ6」やエネルギー蓄積装置を導入した路面電車、スーパーバーチャルレール列車などの革新的な製品が華々しく登場した。都市軌道交通車両や電気機関車、高速鉄道などのさまざまなタイプの列車をカバーするこれらの製品は、都市内部、都市群間、幹線鉄道といった軌道交通の生態システム全体を立体的に展示。環境に優しく、安全で信頼性が高く、適応性が高いなどの特徴があるという。(長沙=新華社記者/薛臣)=2019(令和元)年10月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019102103983

  • 2019年10月18日
    中車株機の展示エリアを楽しもう湖南省長沙で軌道交通博

    18日、中車株洲電力機車が出展したかご形誘導電動機「YQ-275」。中国湖南省長沙市で18日、「中国国際軌道交通・装備製造業博覧会」が開幕し、鉄道車両メーカー世界最大手、中国中車(CRRC)傘下の中車株洲電力機車(中車株機)が生産した都市間動力分散式車両「CJ6」やエネルギー蓄積装置を導入した路面電車、スーパーバーチャルレール列車などの革新的な製品が華々しく登場した。都市軌道交通車両や電気機関車、高速鉄道などのさまざまなタイプの列車をカバーするこれらの製品は、都市内部、都市群間、幹線鉄道といった軌道交通の生態システム全体を立体的に展示。環境に優しく、安全で信頼性が高く、適応性が高いなどの特徴があるという。(長沙=新華社記者/薛臣)=2019(令和元)年10月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019102104143

  • 2019年10月18日
    中車株機の展示エリアを楽しもう湖南省長沙で軌道交通博

    18日、中車株洲電力機車が出展した都市間動力分散式車両「CJ6」中国湖南省長沙市で18日、「中国国際軌道交通・装備製造業博覧会」が開幕し、鉄道車両メーカー世界最大手、中国中車(CRRC)傘下の中車株洲電力機車(中車株機)が生産した都市間動力分散式車両「CJ6」やエネルギー蓄積装置を導入した路面電車、スーパーバーチャルレール列車などの革新的な製品が華々しく登場した。都市軌道交通車両や電気機関車、高速鉄道などのさまざまなタイプの列車をカバーするこれらの製品は、都市内部、都市群間、幹線鉄道といった軌道交通の生態システム全体を立体的に展示。環境に優しく、安全で信頼性が高く、適応性が高いなどの特徴があるという。(長沙=新華社配信/陳振海)=2019(令和元)年10月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019102104105

  • 2019年10月18日
    中車株機の展示エリアを楽しもう湖南省長沙で軌道交通博

    18日、中車株洲電力機車が出展した永久磁石同期電動機「TQ-230」。中国湖南省長沙市で18日、「中国国際軌道交通・装備製造業博覧会」が開幕し、鉄道車両メーカー世界最大手、中国中車(CRRC)傘下の中車株洲電力機車(中車株機)が生産した都市間動力分散式車両「CJ6」やエネルギー蓄積装置を導入した路面電車、スーパーバーチャルレール列車などの革新的な製品が華々しく登場した。都市軌道交通車両や電気機関車、高速鉄道などのさまざまなタイプの列車をカバーするこれらの製品は、都市内部、都市群間、幹線鉄道といった軌道交通の生態システム全体を立体的に展示。環境に優しく、安全で信頼性が高く、適応性が高いなどの特徴があるという。(長沙=新華社記者/薛臣)=2019(令和元)年10月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019102104071

  • 2019年10月18日
    中車株機の展示エリアを楽しもう湖南省長沙で軌道交通博

    18日、中車株洲電力機車が出展した都市間動力分散式車両「CJ6」の内部の様子。中国湖南省長沙市で18日、「中国国際軌道交通・装備製造業博覧会」が開幕し、鉄道車両メーカー世界最大手、中国中車(CRRC)傘下の中車株洲電力機車(中車株機)が生産した都市間動力分散式車両「CJ6」やエネルギー蓄積装置を導入した路面電車、スーパーバーチャルレール列車などの革新的な製品が華々しく登場した。都市軌道交通車両や電気機関車、高速鉄道などのさまざまなタイプの列車をカバーするこれらの製品は、都市内部、都市群間、幹線鉄道といった軌道交通の生態システム全体を立体的に展示。環境に優しく、安全で信頼性が高く、適応性が高いなどの特徴があるという。(長沙=新華社配信/陳振海)=2019(令和元)年10月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019102103976

  • 2019年10月18日
    中車株機の展示エリアを楽しもう湖南省長沙で軌道交通博

    18日、中車株洲電力機車が出展した都市間動力分散式車両「CJ6」の運転室。中国湖南省長沙市で18日、「中国国際軌道交通・装備製造業博覧会」が開幕し、鉄道車両メーカー世界最大手、中国中車(CRRC)傘下の中車株洲電力機車(中車株機)が生産した都市間動力分散式車両「CJ6」やエネルギー蓄積装置を導入した路面電車、スーパーバーチャルレール列車などの革新的な製品が華々しく登場した。都市軌道交通車両や電気機関車、高速鉄道などのさまざまなタイプの列車をカバーするこれらの製品は、都市内部、都市群間、幹線鉄道といった軌道交通の生態システム全体を立体的に展示。環境に優しく、安全で信頼性が高く、適応性が高いなどの特徴があるという。(長沙=新華社配信/陳振海)=2019(令和元)年10月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019102104232

  • 2019年10月18日
    中車株機の展示エリアを楽しもう湖南省長沙で軌道交通博

    18日、中車株洲電力機車が出展した都市間動力分散式車両「CJ6」の内部の様子。中国湖南省長沙市で18日、「中国国際軌道交通・装備製造業博覧会」が開幕し、鉄道車両メーカー世界最大手、中国中車(CRRC)傘下の中車株洲電力機車(中車株機)が生産した都市間動力分散式車両「CJ6」やエネルギー蓄積装置を導入した路面電車、スーパーバーチャルレール列車などの革新的な製品が華々しく登場した。都市軌道交通車両や電気機関車、高速鉄道などのさまざまなタイプの列車をカバーするこれらの製品は、都市内部、都市群間、幹線鉄道といった軌道交通の生態システム全体を立体的に展示。環境に優しく、安全で信頼性が高く、適応性が高いなどの特徴があるという。(長沙=新華社記者/薛臣)=2019(令和元)年10月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019102104251

  • 2019年10月18日
    中車株機の展示エリアを楽しもう湖南省長沙で軌道交通博

    18日、中車株洲電力機車が出展した都市間動力分散式車両「CJ6」。中国湖南省長沙市で18日、「中国国際軌道交通・装備製造業博覧会」が開幕し、鉄道車両メーカー世界最大手、中国中車(CRRC)傘下の中車株洲電力機車(中車株機)が生産した都市間動力分散式車両「CJ6」やエネルギー蓄積装置を導入した路面電車、スーパーバーチャルレール列車などの革新的な製品が華々しく登場した。都市軌道交通車両や電気機関車、高速鉄道などのさまざまなタイプの列車をカバーするこれらの製品は、都市内部、都市群間、幹線鉄道といった軌道交通の生態システム全体を立体的に展示。環境に優しく、安全で信頼性が高く、適応性が高いなどの特徴があるという。(長沙=新華社記者/薛臣)=2019(令和元)年10月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019102104136

  • 2019年10月18日
    中車株機の展示エリアを楽しもう湖南省長沙で軌道交通博

    18日、中車株洲電力機車が出展した蓄電装置(ウルトラキャパシタ)を搭載したレトロな車両の模型。中国湖南省長沙市で18日、「中国国際軌道交通・装備製造業博覧会」が開幕し、鉄道車両メーカー世界最大手、中国中車(CRRC)傘下の中車株洲電力機車(中車株機)が生産した都市間動力分散式車両「CJ6」やエネルギー蓄積装置を導入した路面電車、スーパーバーチャルレール列車などの革新的な製品が華々しく登場した。都市軌道交通車両や電気機関車、高速鉄道などのさまざまなタイプの列車をカバーするこれらの製品は、都市内部、都市群間、幹線鉄道といった軌道交通の生態システム全体を立体的に展示。環境に優しく、安全で信頼性が高く、適応性が高いなどの特徴があるという。(長沙=新華社記者/薛臣)=2019(令和元)年10月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019102104156

  • 2019年10月18日
    中車株機の展示エリアを楽しもう湖南省長沙で軌道交通博

    18日、中車株洲電力機車が出展したスーパーバーチャル軌道列車の模型。中国湖南省長沙市で18日、「中国国際軌道交通・装備製造業博覧会」が開幕し、鉄道車両メーカー世界最大手、中国中車(CRRC)傘下の中車株洲電力機車(中車株機)が生産した都市間動力分散式車両「CJ6」やエネルギー蓄積装置を導入した路面電車、スーパーバーチャルレール列車などの革新的な製品が華々しく登場した。都市軌道交通車両や電気機関車、高速鉄道などのさまざまなタイプの列車をカバーするこれらの製品は、都市内部、都市群間、幹線鉄道といった軌道交通の生態システム全体を立体的に展示。環境に優しく、安全で信頼性が高く、適応性が高いなどの特徴があるという。(長沙=新華社記者/薛臣)=2019(令和元)年10月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019102104094

  • 2019年10月18日
    中車株機の展示エリアを楽しもう湖南省長沙で軌道交通博

    18日、中車株洲電力機車が出展した都市間動力分散式車両「CJ6」の内部の様子。中国湖南省長沙市で18日、「中国国際軌道交通・装備製造業博覧会」が開幕し、鉄道車両メーカー世界最大手、中国中車(CRRC)傘下の中車株洲電力機車(中車株機)が生産した都市間動力分散式車両「CJ6」やエネルギー蓄積装置を導入した路面電車、スーパーバーチャルレール列車などの革新的な製品が華々しく登場した。都市軌道交通車両や電気機関車、高速鉄道などのさまざまなタイプの列車をカバーするこれらの製品は、都市内部、都市群間、幹線鉄道といった軌道交通の生態システム全体を立体的に展示。環境に優しく、安全で信頼性が高く、適応性が高いなどの特徴があるという。(長沙=新華社記者/薛臣)=2019(令和元)年10月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019102104120

  • 2019年10月18日
    中車株機の展示エリアを楽しもう湖南省長沙で軌道交通博

    18日、中車株洲電力機車が出展した都市間動力分散式車両「CJ6」の下部。中国湖南省長沙市で18日、「中国国際軌道交通・装備製造業博覧会」が開幕し、鉄道車両メーカー世界最大手、中国中車(CRRC)傘下の中車株洲電力機車(中車株機)が生産した都市間動力分散式車両「CJ6」やエネルギー蓄積装置を導入した路面電車、スーパーバーチャルレール列車などの革新的な製品が華々しく登場した。都市軌道交通車両や電気機関車、高速鉄道などのさまざまなタイプの列車をカバーするこれらの製品は、都市内部、都市群間、幹線鉄道といった軌道交通の生態システム全体を立体的に展示。環境に優しく、安全で信頼性が高く、適応性が高いなどの特徴があるという。(長沙=新華社配信/陳振海)=2019(令和元)年10月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019102104097

  • 2019年10月18日
    中車株機の展示エリアを楽しもう湖南省長沙で軌道交通博

    18日、中車株洲電力機車が出展した都市間動力分散式車両「CJ6」の車軸。中国湖南省長沙市で18日、「中国国際軌道交通・装備製造業博覧会」が開幕し、鉄道車両メーカー世界最大手、中国中車(CRRC)傘下の中車株洲電力機車(中車株機)が生産した都市間動力分散式車両「CJ6」やエネルギー蓄積装置を導入した路面電車、スーパーバーチャルレール列車などの革新的な製品が華々しく登場した。都市軌道交通車両や電気機関車、高速鉄道などのさまざまなタイプの列車をカバーするこれらの製品は、都市内部、都市群間、幹線鉄道といった軌道交通の生態システム全体を立体的に展示。環境に優しく、安全で信頼性が高く、適応性が高いなどの特徴があるという。(長沙=新華社記者/薛臣)=2019(令和元)年10月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019102104227

  • 2019年10月18日
    中車株機の展示エリアを楽しもう湖南省長沙で軌道交通博

    18日、中車株洲電力機車が出展した都市間動力分散式車両「CJ6」の運転室。中国湖南省長沙市で18日、「中国国際軌道交通・装備製造業博覧会」が開幕し、鉄道車両メーカー世界最大手、中国中車(CRRC)傘下の中車株洲電力機車(中車株機)が生産した都市間動力分散式車両「CJ6」やエネルギー蓄積装置を導入した路面電車、スーパーバーチャルレール列車などの革新的な製品が華々しく登場した。都市軌道交通車両や電気機関車、高速鉄道などのさまざまなタイプの列車をカバーするこれらの製品は、都市内部、都市群間、幹線鉄道といった軌道交通の生態システム全体を立体的に展示。環境に優しく、安全で信頼性が高く、適応性が高いなどの特徴があるという。(長沙=新華社記者/薛臣)=2019(令和元)年10月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019102103990

  • 2019年10月18日
    中車株機の展示エリアを楽しもう湖南省長沙で軌道交通博

    18日、中車株洲電力機車が出展したかご形誘導電動機「YQ-275」。中国湖南省長沙市で18日、「中国国際軌道交通・装備製造業博覧会」が開幕し、鉄道車両メーカー世界最大手、中国中車(CRRC)傘下の中車株洲電力機車(中車株機)が生産した都市間動力分散式車両「CJ6」やエネルギー蓄積装置を導入した路面電車、スーパーバーチャルレール列車などの革新的な製品が華々しく登場した。都市軌道交通車両や電気機関車、高速鉄道などのさまざまなタイプの列車をカバーするこれらの製品は、都市内部、都市群間、幹線鉄道といった軌道交通の生態システム全体を立体的に展示。環境に優しく、安全で信頼性が高く、適応性が高いなどの特徴があるという。(長沙=新華社記者/薛臣)=2019(令和元)年10月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019102104247

  • 2019年10月18日
    中車株機の展示エリアを楽しもう湖南省長沙で軌道交通博

    18日、中車株洲電力機車が出展した永久磁石式同期電動機の可変電圧可変周波数制御システム。中国湖南省長沙市で18日、「中国国際軌道交通・装備製造業博覧会」が開幕し、鉄道車両メーカー世界最大手、中国中車(CRRC)傘下の中車株洲電力機車(中車株機)が生産した都市間動力分散式車両「CJ6」やエネルギー蓄積装置を導入した路面電車、スーパーバーチャルレール列車などの革新的な製品が華々しく登場した。都市軌道交通車両や電気機関車、高速鉄道などのさまざまなタイプの列車をカバーするこれらの製品は、都市内部、都市群間、幹線鉄道といった軌道交通の生態システム全体を立体的に展示。環境に優しく、安全で信頼性が高く、適応性が高いなどの特徴があるという。(長沙=新華社記者/薛臣)=2019(令和元)年10月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019102103999

  • 2019年11月07日
    日本電計の自動ブレーキの試験

    日本電計は7日、日本自動車研究所(JARI)と連携し、茨城県城里町のJARI城里テストセンターで「ADAS技術テクノフェア」を開いた。日程は8日まで。7日はテストコースを使用して先進運転支援システム(ADAS)試験用機器を活用した試験のデモンストレーションを行った。初開催で初日は車両メーカーやサプライヤーなど約80人が参加した。車両計測機器は、欧州の安全性能総合評価「ユーロNCAP」などに認定される英国のABダイナミクス(ウィルトシャー州)製を使用。ユーロNCAPは2020年以降に複雑な場面を想定した試験などを追加する予定。自動運転のさらなる安全性の向上を目指す。同フェアでは追加が想定されるカットインなどの試験のデモを行った。ADASへの関心が高まり、同センターの利用者は増えているという。一方で試験用機器を常設していないことが課題だった。同センター内に複数の試験用機器を備える予定。日本電計の柳丹峰社長は「ADASは重要なプロジェクト」と位置付け、今後積極的に同フェアを開く考えだ。=2019(令和元)年11月7日、茨城県城里町のJARI城里テストセンター、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019112106222

  • 2019年12月05日
    CHINA HANGZHOU NEXT-GENERATION MAGLEV RAILWAY

    Visitors look at the prototype of the 600km/h maglev train made by CRRC Corporation, the world‘s largest rolling stock manufacturer, exhibited by a transportation expo in Hangzhou in east China‘s Zhejiang province Thursday, Dec. 05, 2019. Zhejiang announced its plan of Shanghai-Hangzhou maglev line on April 17, 2020 amid its transportation investment plans up to over 300 billion dollars.、クレジット:Featurechina/共同通信イメージズ  ※中国での使用禁止。

    商品コード: 2020042002528

  • 2019年12月05日
    CHINA HANGZHOU NEXT-GENERATION MAGLEV RAILWAY

    Visitors look at the cockpit in the prototype of the 600km/h maglev train made by CRRC Corporation, the world‘s largest rolling stock manufacturer, exhibited by a transportation expo in Hangzhou in east China‘s Zhejiang province Thursday, Dec. 05, 2019. Zhejiang announced its plan of Shanghai-Hangzhou maglev line on April 17, 2020 amid its transportation investment plans up to over 300 billion dollars.、クレジット:Featurechina/共同通信イメージズ  ※中国での使用禁止。

    商品コード: 2020042002549

  • 2019年12月05日
    CHINA HANGZHOU NEXT-GENERATION MAGLEV RAILWAY

    Visitors look at the prototype of the 600km/h maglev train made by CRRC Corporation, the world‘s largest rolling stock manufacturer, exhibited by a transportation expo in Hangzhou in east China‘s Zhejiang province Thursday, Dec. 05, 2019. Zhejiang announced its plan of Shanghai-Hangzhou maglev line on April 17, 2020 amid its transportation investment plans up to over 300 billion dollars.、クレジット:Featurechina/共同通信イメージズ  ※中国での使用禁止。

    商品コード: 2020042002536

  • 2019年12月05日
    CHINA HANGZHOU NEXT-GENERATION MAGLEV RAILWAY

    The prototype of the 600km/h maglev train made by CRRC Corporation, the world‘s largest rolling stock manufacturer, exhibited by a transportation expo in Hangzhou in east China‘s Zhejiang province Thursday, Dec. 05, 2019. Zhejiang announced its plan of Shanghai-Hangzhou maglev line on April 17, 2020 amid its transportation investment plans up to over 300 billion dollars.、クレジット:Featurechina/共同通信イメージズ  ※中国での使用禁止。

    商品コード: 2020042002547

  • 2019年12月05日
    CHINA HANGZHOU NEXT-GENERATION MAGLEV RAILWAY

    Visitors look at the prototype of the 600km/h maglev train made by CRRC Corporation, the world‘s largest rolling stock manufacturer, exhibited by a transportation expo in Hangzhou in east China‘s Zhejiang province Thursday, Dec. 05, 2019. Zhejiang announced its plan of Shanghai-Hangzhou maglev line on April 17, 2020 amid its transportation investment plans up to over 300 billion dollars.、クレジット:Featurechina/共同通信イメージズ  ※中国での使用禁止。

    商品コード: 2020042002570

  • 2020年02月05日
    New intercity double-decker trains

    05 February 2020, Berlin: The driver‘s desk of a double-decker train from the rail vehicle manufacturer Stadler (Stadler KISS) can be seen during a presentation on a track in the main station. The new trains are scheduled to go into service on Deutsche Bahn‘s intercity line Rostock-Berlin-Dresden from 08.03.2020. Photo: Gregor Fischer/dpa、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020020702339

  • 2020年02月05日
    New intercity double-decker trains

    05 February 2020, Berlin: The interior of the second class of a double-decker train from the rail vehicle manufacturer Stadler (Stadler KISS) can be seen during a presentation on a track in the main station. The new trains are scheduled to go into service on Deutsche Bahn‘s intercity line Rostock-Berlin-Dresden from 08.03.2020. Photo: Gregor Fischer/dpa、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020020702461

  • 2020年02月05日
    New intercity double-decker trains

    05 February 2020, Berlin: The stairs to the upper deck of a double-decker train from the rail vehicle manufacturer Stadler (Stadler KISS) can be seen during a presentation on a track in the main station. The new trains are scheduled to go into service on Deutsche Bahn‘s intercity line Rostock-Berlin-Dresden from 08.03.2020. Photo: Gregor Fischer/dpa、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020020702224

  • 2020年02月05日
    New intercity double-decker trains

    05 February 2020, Berlin: A double-decker train from the rail vehicle manufacturer Stadler (Stadler KISS) stands in the intercity livery of Deutsche Bahn on a track in the main station during the presentation. The new trains are scheduled to go into service on the Intercity line Rostock-Berlin-Dresden from 08.03.2020. Photo: Gregor Fischer/dpa、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020020702433

  • 2020年02月05日
    New intercity double-decker trains

    05 February 2020, Berlin: An advertisement (“The New InterCity“) can be seen on the outside of a double-decker train from the rail vehicle manufacturer Stadler (Stadler KISS) during the presentation in the intercity livery of Deutsche Bahn on a track in the main station. The new trains are scheduled to go into service on the Intercity line Rostock-Berlin-Dresden from 08.03.2020. Photo: Gregor Fischer/dpa、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020020702205

  • 2020年02月05日
    New intercity double-decker trains

    05 February 2020, Berlin: During the presentation, a passenger stands on a track in the main station in front of a double-decker train from the rail vehicle manufacturer Stadler (Stadler KISS) in the intercity livery of Deutsche Bahn. The new trains are scheduled to go into service on the Intercity line Rostock-Berlin-Dresden from 08.03.2020. Photo: Gregor Fischer/dpa、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020020702334

  • 2020年02月05日
    New intercity double-decker trains

    05 February 2020, Berlin: A double-decker train from the rail vehicle manufacturer Stadler (Stadler KISS) stands in the intercity livery of Deutsche Bahn on a track in the main station during the presentation. The new trains are scheduled to go into service on the Intercity line Rostock-Berlin-Dresden from 08.03.2020. Photo: Gregor Fischer/dpa、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020020702288

  • 2020年02月05日
    New intercity double-decker trains

    05 February 2020, Berlin: The reference to a family area can be seen in the interior of the second class of a double-decker train from the rail vehicle manufacturer Stadler (Stadler KISS) during a presentation on a track in the main station. The new trains are scheduled to go into service on Deutsche Bahn‘s intercity line Rostock-Berlin-Dresden from 08.03.2020. Photo: Gregor Fischer/dpa、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020020702459

  • 2020年02月05日
    New intercity double-decker trains

    05 February 2020, Berlin: A toilet in an intermediate area of a double-decker train of the rail vehicle manufacturer Stadler (Stadler KISS) can be seen during a presentation on a track in the main station. The new trains are scheduled to go into service on Deutsche Bahn‘s intercity line Rostock-Berlin-Dresden from 08.03.2020. Photo: Gregor Fischer/dpa、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020020702607

  • 2020年02月05日
    New intercity double-decker trains

    05 February 2020, Berlin: The interior of the second class of a double-decker train from the rail vehicle manufacturer Stadler (Stadler KISS) can be seen during a presentation on a track in the main station. The new trains are scheduled to go into service on Deutsche Bahn‘s intercity line Rostock-Berlin-Dresden from 08.03.2020. Photo: Gregor Fischer/dpa、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020020702609

  • 2020年02月05日
    New intercity double-decker trains

    05 February 2020, Berlin: A double-decker train from the rail vehicle manufacturer Stadler (Stadler KISS) will travel across a track in the main station after the presentation in the intercity livery of Deutsche Bahn. The new trains are scheduled to go into service on the Intercity line Rostock-Berlin-Dresden from 08.03.2020. Photo: Gregor Fischer/dpa、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020020702466

  • 2020年02月05日
    New intercity double-decker trains

    05 February 2020, Berlin: A passenger photographs a double-decker train of the rail vehicle manufacturer Stadler (Stadler KISS) in the intercity livery of Deutsche Bahn during the presentation on a track in the main station. The new trains are scheduled to go into service on the Intercity line Rostock-Berlin-Dresden from 08.03.2020. Photo: Gregor Fischer/dpa、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020020702397

  • 2020年02月05日
    New intercity double-decker trains

    05 February 2020, Berlin: Sockets for passengers can be seen in the interior of the first class of a double-decker train from the rail vehicle manufacturer Stadler (Stadler KISS) during a presentation on a track in the main station. The new trains are scheduled to go into service on Deutsche Bahn‘s intercity line Rostock-Berlin-Dresden from 08.03.2020. Photo: Gregor Fischer/dpa、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020020702222

  • 2020年02月05日
    New intercity double-decker trains

    05 February 2020, Berlin: The interior of the first class of a double-decker train from the rail vehicle manufacturer Stadler (Stadler KISS) can be seen during a presentation on a track in the main station. The new trains are scheduled to go into service on Deutsche Bahn‘s intercity line Rostock-Berlin-Dresden from 08.03.2020. Photo: Gregor Fischer/dpa、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020020702445

  • 1
  • 2