KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージリンク

お問い合わせ
03-6252-6224
平日9:30-18:00
  • 令和
  • 記者
  • 歴史
  • 特徴
  • 状態
  • 一般公開
  • 予定
  • 完了
  • 延床面積
  • 文化

「迎沢区」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
103
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
103
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  •  明代「無梁殿」の代表作、双塔寺を訪ねて山西省太原市
    2020年03月17日
    明代「無梁殿」の代表作、双塔寺を訪ねて山西省太原市

    17日、山西省太原市にある双塔寺の境内にたたずむ禅堂。中国山西省太原市迎沢区にある永祚寺(えいそじ)は、全国重点文物保護単位に指定されており、境内に明の万暦年間(1573~1620年)に建てられた宣文塔と文峰塔という二つの塔があることから、双塔寺(そうとうじ)の名で知られる。同寺の大雄宝殿や禅堂、客堂、三聖閣などの建物は、いずれも明代に建設された梁(はり)を使わない建築構造の一つ「無梁殿」の代表作とされ、同寺は中国で唯一、全ての建物に「無梁殿」が用いられた寺院でもある。双塔寺は日本にもある。太原市と日本・兵庫県の姫路市は1987年に友好都市提携を結んでおり、姫路市のテーマパーク、太陽公園では、日本の建築家とエンジニアにより実物の2分の1の縮尺で再現された同寺の二つの塔を見ることができる。(太原=新華社配信/柴婷)=2020(令和2)年3月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020032425665

  •  明代「無梁殿」の代表作、双塔寺を訪ねて山西省太原市
    2020年03月17日
    明代「無梁殿」の代表作、双塔寺を訪ねて山西省太原市

    17日、山西省太原市の双塔寺内にたたずむ禅堂の斗栱(ときょう、建築物の柱上で軒を支える部分)。中国山西省太原市迎沢区にある永祚寺(えいそじ)は、全国重点文物保護単位に指定されており、境内に宣文塔と文峰塔という二つの塔があることから、双塔寺(そうとうじ)の名で知られる。同寺の大雄宝殿や禅堂、客堂、三聖閣などの建物は、いずれも明代に建設された梁(はり)を使わない建築構造の一つ「無梁殿」の代表作とされ、同寺は中国で唯一、全ての建物に「無梁殿」が用いられた寺院でもある。双塔寺は日本にもある。太原市と日本・兵庫県の姫路市は1987年に友好都市提携を結んでおり、姫路市のテーマパーク、太陽公園では、日本の建築家とエンジニアにより実物の2分の1の縮尺で再現された同寺を見ることができる。(太原=新華社配信/柴婷)=2020(令和2)年3月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020032425678

  •  明代「無梁殿」の代表作、双塔寺を訪ねて山西省太原市
    2020年03月17日
    明代「無梁殿」の代表作、双塔寺を訪ねて山西省太原市

    17日、山西省太原市にある双塔寺の境内にそびえる文峰塔。中国山西省太原市迎沢区にある永祚寺(えいそじ)は、全国重点文物保護単位に指定されており、境内に明の万暦年間(1573~1620年)に建てられた宣文塔と文峰塔という二つの塔があることから、双塔寺(そうとうじ)の名で知られる。同寺の大雄宝殿や禅堂、客堂、三聖閣などの建物は、いずれも明代に建設された梁(はり)を使わない建築構造の一つ「無梁殿」の代表作とされ、同寺は中国で唯一、全ての建物に「無梁殿」が用いられた寺院でもある。双塔寺は日本にもある。太原市と日本・兵庫県の姫路市は1987年に友好都市提携を結んでおり、姫路市のテーマパーク、太陽公園では、日本の建築家とエンジニアにより実物の2分の1の縮尺で再現された同寺の二つの塔を見ることができる。(太原=新華社配信/柴婷)=2020(令和2)年3月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020032425742

  •  明代「無梁殿」の代表作、双塔寺を訪ねて山西省太原市
    2020年03月17日
    明代「無梁殿」の代表作、双塔寺を訪ねて山西省太原市

    17日、山西省太原市にある双塔寺の山門。中国山西省太原市迎沢区にある永祚寺(えいそじ)は、全国重点文物保護単位に指定されており、境内に明の万暦年間(1573~1620年)に建てられた宣文塔と文峰塔という二つの塔があることから、双塔寺(そうとうじ)の名で知られる。同寺の大雄宝殿や禅堂、客堂、三聖閣などの建物は、いずれも明代に建設された梁(はり)を使わない建築構造の一つ「無梁殿」の代表作とされ、同寺は中国で唯一、全ての建物に「無梁殿」が用いられた寺院でもある。双塔寺は日本にもある。太原市と日本・兵庫県の姫路市は1987年に友好都市提携を結んでおり、姫路市のテーマパーク、太陽公園では、日本の建築家とエンジニアにより実物の2分の1の縮尺で再現された同寺の二つの塔を見ることができる。(太原=新華社配信/柴婷)=2020(令和2)年3月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020032425760

  •  明代「無梁殿」の代表作、双塔寺を訪ねて山西省太原市
    2020年03月17日
    明代「無梁殿」の代表作、双塔寺を訪ねて山西省太原市

    17日、山西省太原市にある双塔寺の境内を散策する観光客。中国山西省太原市迎沢区にある永祚寺(えいそじ)は、全国重点文物保護単位に指定されており、境内に明の万暦年間(1573~1620年)に建てられた宣文塔と文峰塔という二つの塔があることから、双塔寺(そうとうじ)の名で知られる。同寺の大雄宝殿や禅堂、客堂、三聖閣などの建物は、いずれも明代に建設された梁(はり)を使わない建築構造の一つ「無梁殿」の代表作とされ、同寺は中国で唯一、全ての建物に「無梁殿」が用いられた寺院でもある。双塔寺は日本にもある。太原市と日本・兵庫県の姫路市は1987年に友好都市提携を結んでおり、姫路市のテーマパーク、太陽公園では、日本の建築家とエンジニアにより実物の2分の1の縮尺で再現された同寺の二つの塔を見ることができる。(太原=新華社配信/柴婷)=2020(令和2)年3月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020032425686

  •  明代「無梁殿」の代表作、双塔寺を訪ねて山西省太原市
    2020年03月17日
    明代「無梁殿」の代表作、双塔寺を訪ねて山西省太原市

    17日、山西省太原市にある双塔寺の境内にそびえる宣文塔(手前)と文峰塔。中国山西省太原市迎沢区にある永祚寺(えいそじ)は、全国重点文物保護単位に指定されており、境内に明の万暦年間(1573~1620年)に建てられた宣文塔と文峰塔という二つの塔があることから、双塔寺(そうとうじ)の名で知られる。同寺の大雄宝殿や禅堂、客堂、三聖閣などの建物は、いずれも明代に建設された梁(はり)を使わない建築構造の一つ「無梁殿」の代表作とされ、同寺は中国で唯一、全ての建物に「無梁殿」が用いられた寺院でもある。双塔寺は日本にもある。太原市と日本・兵庫県の姫路市は1987年に友好都市提携を結んでおり、姫路市のテーマパーク、太陽公園では、日本の建築家とエンジニアにより実物の2分の1の縮尺で再現された同寺の二つの塔を見ることができる。(太原=新華社配信/柴婷)=2020(令和2)年3月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020032425663

  •  明代「無梁殿」の代表作、双塔寺を訪ねて山西省太原市
    2020年03月17日
    明代「無梁殿」の代表作、双塔寺を訪ねて山西省太原市

    17日、山西省太原市にある双塔寺の境内にそびえる塔。中国山西省太原市迎沢区にある永祚寺(えいそじ)は、全国重点文物保護単位に指定されており、境内に明の万暦年間(1573~1620年)に建てられた宣文塔と文峰塔という二つの塔があることから、双塔寺(そうとうじ)の名で知られる。同寺の大雄宝殿や禅堂、客堂、三聖閣などの建物は、いずれも明代に建設された梁(はり)を使わない建築構造の一つ「無梁殿」の代表作とされ、同寺は中国で唯一、全ての建物に「無梁殿」が用いられた寺院でもある。双塔寺は日本にもある。太原市と日本・兵庫県の姫路市は1987年に友好都市提携を結んでおり、姫路市のテーマパーク、太陽公園では、日本の建築家とエンジニアにより実物の2分の1の縮尺で再現された同寺の二つの塔を見ることができる。(太原=新華社配信/柴婷)=2020(令和2)年3月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020032425702

  •  明代「無梁殿」の代表作、双塔寺を訪ねて山西省太原市
    2020年03月17日
    明代「無梁殿」の代表作、双塔寺を訪ねて山西省太原市

    17日、山西省太原市にある双塔寺風景区の一角。中国山西省太原市迎沢区にある永祚寺(えいそじ)は、全国重点文物保護単位に指定されており、境内に明の万暦年間(1573~1620年)に建てられた宣文塔と文峰塔という二つの塔があることから、双塔寺(そうとうじ)の名で知られる。同寺の大雄宝殿や禅堂、客堂、三聖閣などの建物は、いずれも明代に建設された梁(はり)を使わない建築構造の一つ「無梁殿」の代表作とされ、同寺は中国で唯一、全ての建物に「無梁殿」が用いられた寺院でもある。双塔寺は日本にもある。太原市と日本・兵庫県の姫路市は1987年に友好都市提携を結んでおり、姫路市のテーマパーク、太陽公園では、日本の建築家とエンジニアにより実物の2分の1の縮尺で再現された同寺の二つの塔を見ることができる。(太原=新華社配信/柴婷)=2020(令和2)年3月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020032425662

  •  明代「無梁殿」の代表作、双塔寺を訪ねて山西省太原市
    2020年03月17日
    明代「無梁殿」の代表作、双塔寺を訪ねて山西省太原市

    17日、山西省太原市にある双塔寺の境内にそびえる宣文塔。中国山西省太原市迎沢区にある永祚寺(えいそじ)は、全国重点文物保護単位に指定されており、境内に明の万暦年間(1573~1620年)に建てられた宣文塔と文峰塔という二つの塔があることから、双塔寺(そうとうじ)の名で知られる。同寺の大雄宝殿や禅堂、客堂、三聖閣などの建物は、いずれも明代に建設された梁(はり)を使わない建築構造の一つ「無梁殿」の代表作とされ、同寺は中国で唯一、全ての建物に「無梁殿」が用いられた寺院でもある。双塔寺は日本にもある。太原市と日本・兵庫県の姫路市は1987年に友好都市提携を結んでおり、姫路市のテーマパーク、太陽公園では、日本の建築家とエンジニアにより実物の2分の1の縮尺で再現された同寺の二つの塔を見ることができる。(太原=新華社配信/柴婷)=2020(令和2)年3月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020032425692

  •  明代「無梁殿」の代表作、双塔寺を訪ねて山西省太原市
    2020年03月17日
    明代「無梁殿」の代表作、双塔寺を訪ねて山西省太原市

    17日、双塔寺の境内にそびえる宣文塔の階段。一人しか通れない。中国山西省太原市迎沢区にある永祚寺(えいそじ)は、全国重点文物保護単位に指定されており、境内に明の万暦年間(1573~1620年)に建てられた宣文塔と文峰塔という二つの塔があることから、双塔寺(そうとうじ)の名で知られる。同寺の大雄宝殿や禅堂、客堂、三聖閣などの建物は、いずれも明代に建設された梁(はり)を使わない建築構造の一つ「無梁殿」の代表作とされ、同寺は中国で唯一、全ての建物に「無梁殿」が用いられた寺院でもある。双塔寺は日本にもある。太原市と日本・兵庫県の姫路市は1987年に友好都市提携を結んでおり、姫路市のテーマパーク、太陽公園では、日本の建築家とエンジニアにより実物の2分の1の縮尺で再現された同寺の二つの塔を見ることができる。(太原=新華社配信/柴婷)=2020(令和2)年3月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020032425633

  •  明代「無梁殿」の代表作、双塔寺を訪ねて山西省太原市
    2020年03月17日
    明代「無梁殿」の代表作、双塔寺を訪ねて山西省太原市

    17日、山西省太原市にある双塔寺の境内にそびえる宣文塔(中央)と文峰塔。中国山西省太原市迎沢区にある永祚寺(えいそじ)は、全国重点文物保護単位に指定されており、境内に明の万暦年間(1573~1620年)に建てられた宣文塔と文峰塔という二つの塔があることから、双塔寺(そうとうじ)の名で知られる。同寺の大雄宝殿や禅堂、客堂、三聖閣などの建物は、いずれも明代に建設された梁(はり)を使わない建築構造の一つ「無梁殿」の代表作とされ、同寺は中国で唯一、全ての建物に「無梁殿」が用いられた寺院でもある。双塔寺は日本にもある。太原市と日本・兵庫県の姫路市は1987年に友好都市提携を結んでおり、姫路市のテーマパーク、太陽公園では、日本の建築家とエンジニアにより実物の2分の1の縮尺で再現された同寺の二つの塔を見ることができる。(太原=新華社配信/柴婷)=2020(令和2)年3月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020032425691

  •  明代「無梁殿」の代表作、双塔寺を訪ねて山西省太原市
    2020年03月17日
    明代「無梁殿」の代表作、双塔寺を訪ねて山西省太原市

    17日、山西省太原市の双塔寺風景区にある宣文塔に登る観光客。中国山西省太原市迎沢区にある永祚寺(えいそじ)は、全国重点文物保護単位に指定されており、境内に明の万暦年間(1573~1620年)に建てられた宣文塔と文峰塔という二つの塔があることから、双塔寺(そうとうじ)の名で知られる。同寺の大雄宝殿や禅堂、客堂、三聖閣などの建物は、いずれも明代に建設された梁(はり)を使わない建築構造の一つ「無梁殿」の代表作とされ、同寺は中国で唯一、全ての建物に「無梁殿」が用いられた寺院でもある。双塔寺は日本にもある。太原市と日本・兵庫県の姫路市は1987年に友好都市提携を結んでおり、姫路市のテーマパーク、太陽公園では、日本の建築家とエンジニアにより実物の2分の1の縮尺で再現された同寺の二つの塔を見ることができる。(太原=新華社配信/柴婷)=2020(令和2)年3月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020032425646

  •  明代「無梁殿」の代表作、双塔寺を訪ねて山西省太原市
    2020年03月17日
    明代「無梁殿」の代表作、双塔寺を訪ねて山西省太原市

    17日、双塔寺の三聖閣のレンガ部分に施された「懸魚(げぎょ)」と呼ばれる華麗な装飾。中国山西省太原市迎沢区にある永祚寺(えいそじ)は、全国重点文物保護単位に指定されており、境内に明の万暦年間(1573~1620年)に建てられた宣文塔と文峰塔という二つの塔があることから、双塔寺(そうとうじ)の名で知られる。同寺の大雄宝殿や禅堂、客堂、三聖閣などの建物は、いずれも明代に建設された梁(はり)を使わない建築構造の一つ「無梁殿」の代表作とされ、同寺は中国で唯一、全ての建物に「無梁殿」が用いられた寺院でもある。双塔寺は日本にもある。太原市と日本・兵庫県の姫路市は1987年に友好都市提携を結んでおり、姫路市のテーマパーク、太陽公園では、日本の建築家とエンジニアにより実物の2分の1の縮尺で再現された同寺の二つの塔を見ることができる。(太原=新華社配信/柴婷)=2020(令和2)年3月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020032425636

  •  明代「無梁殿」の代表作、双塔寺を訪ねて山西省太原市
    2020年03月17日
    明代「無梁殿」の代表作、双塔寺を訪ねて山西省太原市

    17日、山西省太原市にある双塔寺の境内に立つ石碑。中国山西省太原市迎沢区にある永祚寺(えいそじ)は、全国重点文物保護単位に指定されており、境内に明の万暦年間(1573~1620年)に建てられた宣文塔と文峰塔という二つの塔があることから、双塔寺(そうとうじ)の名で知られる。同寺の大雄宝殿や禅堂、客堂、三聖閣などの建物は、いずれも明代に建設された梁(はり)を使わない建築構造の一つ「無梁殿」の代表作とされ、同寺は中国で唯一、全ての建物に「無梁殿」が用いられた寺院でもある。双塔寺は日本にもある。太原市と日本・兵庫県の姫路市は1987年に友好都市提携を結んでおり、姫路市のテーマパーク、太陽公園では、日本の建築家とエンジニアにより実物の2分の1の縮尺で再現された同寺の二つの塔を見ることができる。(太原=新華社配信/柴婷)=2020(令和2)年3月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020032425598

  •  明代「無梁殿」の代表作、双塔寺を訪ねて山西省太原市
    2020年03月17日
    明代「無梁殿」の代表作、双塔寺を訪ねて山西省太原市

    17日、山西省太原市にある双塔寺の境内にたたずむ大雄宝殿。中国山西省太原市迎沢区にある永祚寺(えいそじ)は、全国重点文物保護単位に指定されており、境内に明の万暦年間(1573~1620年)に建てられた宣文塔と文峰塔という二つの塔があることから、双塔寺(そうとうじ)の名で知られる。同寺の大雄宝殿や禅堂、客堂、三聖閣などの建物は、いずれも明代に建設された梁(はり)を使わない建築構造の一つ「無梁殿」の代表作とされ、同寺は中国で唯一、全ての建物に「無梁殿」が用いられた寺院でもある。双塔寺は日本にもある。太原市と日本・兵庫県の姫路市は1987年に友好都市提携を結んでおり、姫路市のテーマパーク、太陽公園では、日本の建築家とエンジニアにより実物の2分の1の縮尺で再現された同寺の二つの塔を見ることができる。(太原=新華社配信/柴婷)=2020(令和2)年3月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020032425657

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年10月01日
    山西省の台駘山風景区で火災13人死亡

    1日、火災現場で行われた救助活動の様子。中国山西省太原市迎沢区小山岩村の台駘山風景区にある氷灯雪彫館で1日午後1時04分(日本時間同2時04分)、火災が発生した。同省政府新聞(報道)弁公室は同日午後9時ごろ、捜索・救助活動が終了し、13人が死亡、15人が負傷したと発表した。負傷者は全員病院に搬送されており、命に別条はないという。事故現場では、善後処理と原因調査が進められている。(太原=新華社配信/尹傑)=2020(令和2)年10月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020100500663

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年10月01日
    山西省の台駘山風景区で火災13人死亡

    1日、火災現場で行われた救助活動の様子。中国山西省太原市迎沢区小山岩村の台駘山風景区にある氷灯雪彫館で1日午後1時04分(日本時間同2時04分)、火災が発生した。同省政府新聞(報道)弁公室は同日午後9時ごろ、捜索・救助活動が終了し、13人が死亡、15人が負傷したと発表した。負傷者は全員病院に搬送されており、命に別条はないという。事故現場では、善後処理と原因調査が進められている。(太原=新華社配信/尹傑)=2020(令和2)年10月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020100500495

  •  (12)魅惑の輝きを放つ琉璃工芸山西省太原市
    2021年03月06日
    (12)魅惑の輝きを放つ琉璃工芸山西省太原市

    山西省太原市迎沢区郝荘鎮のアトリエで、作品の焼き上がりをチェックする葛原生さん。(2月3日撮影)琉璃(瑠璃、ガラス)は民家や宮殿、寺院などの建物に広く使われる芸術的価値の高い建材で、その焼成技法は2008年に国家級無形文化遺産リストに登録された。中国山西省太原市に古くから伝わる「蘇氏琉璃」は、明代中期に始まり清代に盛んに作られ、同市だけでなく北京市や南京市などの建物にも多く見られる。「蘇氏琉璃」に使われる釉薬で最も有名なものの一つ「孔雀藍」は、一度伝承が途絶えたが、第7代伝承者の葛原生(かつ・げんせい)さんによる約30年に及ぶ研究と数千回にわたる試作を経てようやく、かつての輝きを取り戻した。(太原=新華社記者/楊晨光)= 配信日: 2021(令和3)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030804830

  •  (13)魅惑の輝きを放つ琉璃工芸山西省太原市
    2021年03月06日
    (13)魅惑の輝きを放つ琉璃工芸山西省太原市

    3日、山西省太原市迎沢区郝荘鎮の山の中で、弟子と琉璃の原料を集める葛原生さん。琉璃(瑠璃、ガラス)は民家や宮殿、寺院などの建物に広く使われる芸術的価値の高い建材で、その焼成技法は2008年に国家級無形文化遺産リストに登録された。中国山西省太原市に古くから伝わる「蘇氏琉璃」は、明代中期に始まり清代に盛んに作られ、同市だけでなく北京市や南京市などの建物にも多く見られる。「蘇氏琉璃」に使われる釉薬で最も有名なものの一つ「孔雀藍」は、一度伝承が途絶えたが、第7代伝承者の葛原生(かつ・げんせい)さんによる約30年に及ぶ研究と数千回にわたる試作を経てようやく、かつての輝きを取り戻した。(太原=新華社記者/曹陽)= 配信日: 2021(令和3)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030804505

  •  (7)魅惑の輝きを放つ琉璃工芸山西省太原市
    2021年03月06日
    (7)魅惑の輝きを放つ琉璃工芸山西省太原市

    山西省太原市迎沢区郝荘鎮のアトリエで、弟子を指導する葛原生さん(右)。(2月3日撮影)琉璃(瑠璃、ガラス)は民家や宮殿、寺院などの建物に広く使われる芸術的価値の高い建材で、その焼成技法は2008年に国家級無形文化遺産リストに登録された。中国山西省太原市に古くから伝わる「蘇氏琉璃」は、明代中期に始まり清代に盛んに作られ、同市だけでなく北京市や南京市などの建物にも多く見られる。「蘇氏琉璃」に使われる釉薬で最も有名なものの一つ「孔雀藍」は、一度伝承が途絶えたが、第7代伝承者の葛原生(かつ・げんせい)さんによる約30年に及ぶ研究と数千回にわたる試作を経てようやく、かつての輝きを取り戻した。(太原=新華社記者/楊晨光)= 配信日: 2021(令和3)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030804502

  •  (2)魅惑の輝きを放つ琉璃工芸山西省太原市
    2021年03月06日
    (2)魅惑の輝きを放つ琉璃工芸山西省太原市

    3日、山西省太原市迎沢区郝荘鎮で、山の中を歩きながら琉璃の原料を集める葛原生さん。琉璃(瑠璃、ガラス)は民家や宮殿、寺院などの建物に広く使われる芸術的価値の高い建材で、その焼成技法は2008年に国家級無形文化遺産リストに登録された。中国山西省太原市に古くから伝わる「蘇氏琉璃」は、明代中期に始まり清代に盛んに作られ、同市だけでなく北京市や南京市などの建物にも多く見られる。「蘇氏琉璃」に使われる釉薬で最も有名なものの一つ「孔雀藍」は、一度伝承が途絶えたが、第7代伝承者の葛原生(かつ・げんせい)さんによる約30年に及ぶ研究と数千回にわたる試作を経てようやく、かつての輝きを取り戻した。(太原=新華社記者/楊晨光)= 配信日: 2021(令和3)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030804255

  •  (11)魅惑の輝きを放つ琉璃工芸山西省太原市
    2021年03月06日
    (11)魅惑の輝きを放つ琉璃工芸山西省太原市

    山西省太原市迎沢区郝荘鎮のアトリエで、釉薬のかけ方について話し合う葛原生さん(右)夫妻と弟子。(2月3日撮影)琉璃(瑠璃、ガラス)は民家や宮殿、寺院などの建物に広く使われる芸術的価値の高い建材で、その焼成技法は2008年に国家級無形文化遺産リストに登録された。中国山西省太原市に古くから伝わる「蘇氏琉璃」は、明代中期に始まり清代に盛んに作られ、同市だけでなく北京市や南京市などの建物にも多く見られる。「蘇氏琉璃」に使われる釉薬で最も有名なものの一つ「孔雀藍」は、一度伝承が途絶えたが、第7代伝承者の葛原生(かつ・げんせい)さんによる約30年に及ぶ研究と数千回にわたる試作を経てようやく、かつての輝きを取り戻した。(太原=新華社記者/楊晨光)= 配信日: 2021(令和3)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030804118

  •  (3)千年を超えてなお鮮やか、北斉の徐顕秀墓壁画山西省太原市
    2021年12月27日
    (3)千年を超えてなお鮮やか、北斉の徐顕秀墓壁画山西省太原市

    被葬者夫妻。(10月17日撮影)中国山西省太原市迎沢区王家峰村の東には、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定される徐顕秀(じょ・けんしゅう)墓がある。墓の内部に描かれた北斉時代の大型壁画は1400年以上の歴史があり、現在も鮮やかで美しい状態を保っている。専門家は同墓壁画について、鮮やかで美しく、北斉時代に流行した「筆数は多いほど余計で、少しでも少なければ物足りない」という簡素な風格を体現していると指摘。同時代における高官の姿や彼らの豪華な生活の様子を生き生きと描写しており、後世の人々が同時代の歴史的特徴を研究、理解する上で貴重な資料になるとの見方を示した。(太原=新華社記者/王学濤)= 配信日: 2021(令和3)年12月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021122706445

  •  (8)千年を超えてなお鮮やか、北斉の徐顕秀墓壁画山西省太原市
    2021年12月27日
    (8)千年を超えてなお鮮やか、北斉の徐顕秀墓壁画山西省太原市

    墓道に描かれた儀衛出行図の一部。(10月17日撮影)中国山西省太原市迎沢区王家峰村の東には、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定される徐顕秀(じょ・けんしゅう)墓がある。墓の内部に描かれた北斉時代の大型壁画は1400年以上の歴史があり、現在も鮮やかで美しい状態を保っている。専門家は同墓壁画について、鮮やかで美しく、北斉時代に流行した「筆数は多いほど余計で、少しでも少なければ物足りない」という簡素な風格を体現していると指摘。同時代における高官の姿や彼らの豪華な生活の様子を生き生きと描写しており、後世の人々が同時代の歴史的特徴を研究、理解する上で貴重な資料になるとの見方を示した。(太原=新華社記者/王学濤)= 配信日: 2021(令和3)年12月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021122706503

  •  (6)千年を超えてなお鮮やか、北斉の徐顕秀墓壁画山西省太原市
    2021年12月27日
    (6)千年を超えてなお鮮やか、北斉の徐顕秀墓壁画山西省太原市

    侍従と楽隊の図の一部。(10月17日撮影)中国山西省太原市迎沢区王家峰村の東には、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定される徐顕秀(じょ・けんしゅう)墓がある。墓の内部に描かれた北斉時代の大型壁画は1400年以上の歴史があり、現在も鮮やかで美しい状態を保っている。専門家は同墓壁画について、鮮やかで美しく、北斉時代に流行した「筆数は多いほど余計で、少しでも少なければ物足りない」という簡素な風格を体現していると指摘。同時代における高官の姿や彼らの豪華な生活の様子を生き生きと描写しており、後世の人々が同時代の歴史的特徴を研究、理解する上で貴重な資料になるとの見方を示した。(太原=新華社記者/王学濤)= 配信日: 2021(令和3)年12月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021122706478

  •  (5)千年を超えてなお鮮やか、北斉の徐顕秀墓壁画山西省太原市
    2021年12月27日
    (5)千年を超えてなお鮮やか、北斉の徐顕秀墓壁画山西省太原市

    西壁に描かれた被葬者の「出行備馬図」。馬を中心として前後に従者と儀仗兵が控えている。(10月17日撮影)中国山西省太原市迎沢区王家峰村の東には、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定される徐顕秀(じょ・けんしゅう)墓がある。墓の内部に描かれた北斉時代の大型壁画は1400年以上の歴史があり、現在も鮮やかで美しい状態を保っている。専門家は同墓壁画について、鮮やかで美しく、北斉時代に流行した「筆数は多いほど余計で、少しでも少なければ物足りない」という簡素な風格を体現していると指摘。同時代における高官の姿や彼らの豪華な生活の様子を生き生きと描写しており、後世の人々が同時代の歴史的特徴を研究、理解する上で貴重な資料になるとの見方を示した。(太原=新華社記者/王学濤)= 配信日: 2021(令和3)年12月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021122706476

  •  (2)千年を超えてなお鮮やか、北斉の徐顕秀墓壁画山西省太原市
    2021年12月27日
    (2)千年を超えてなお鮮やか、北斉の徐顕秀墓壁画山西省太原市

    侍従と楽隊の図の一部。(10月17日撮影)中国山西省太原市迎沢区王家峰村の東には、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定される徐顕秀(じょ・けんしゅう)墓がある。墓の内部に描かれた北斉時代の大型壁画は1400年以上の歴史があり、現在も鮮やかで美しい状態を保っている。専門家は同墓壁画について、鮮やかで美しく、北斉時代に流行した「筆数は多いほど余計で、少しでも少なければ物足りない」という簡素な風格を体現していると指摘。同時代における高官の姿や彼らの豪華な生活の様子を生き生きと描写しており、後世の人々が同時代の歴史的特徴を研究、理解する上で貴重な資料になるとの見方を示した。(太原=新華社記者/王学濤)= 配信日: 2021(令和3)年12月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021122706424

  •  (4)千年を超えてなお鮮やか、北斉の徐顕秀墓壁画山西省太原市
    2021年12月27日
    (4)千年を超えてなお鮮やか、北斉の徐顕秀墓壁画山西省太原市

    北壁に描かれた被葬者夫妻の「家居宴飲図」。夫妻は帷帳(いちょう、室内を区切るために垂れ下げる布)の下の床榻(しょうとう、腰かけ)にゆったりと座り、両側には侍女と楽隊が控えている。(10月17日撮影)中国山西省太原市迎沢区王家峰村の東には、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定される徐顕秀(じょ・けんしゅう)墓がある。墓の内部に描かれた北斉時代の大型壁画は1400年以上の歴史があり、現在も鮮やかで美しい状態を保っている。専門家は同墓壁画について、鮮やかで美しく、北斉時代に流行した「筆数は多いほど余計で、少しでも少なければ物足りない」という簡素な風格を体現していると指摘。同時代における高官の姿や彼らの豪華な生活の様子を生き生きと描写しており、後世の人々が同時代の歴史的特徴を研究、理解する上で貴重な資料になるとの見方を示した。(太原=新華社記者/王学濤)= 配信日: 2021(令和3)年12月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021122706443

  •  (7)千年を超えてなお鮮やか、北斉の徐顕秀墓壁画山西省太原市
    2021年12月27日
    (7)千年を超えてなお鮮やか、北斉の徐顕秀墓壁画山西省太原市

    南壁に描かれた出行随従図の一部。(10月17日撮影)中国山西省太原市迎沢区王家峰村の東には、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定される徐顕秀(じょ・けんしゅう)墓がある。墓の内部に描かれた北斉時代の大型壁画は1400年以上の歴史があり、現在も鮮やかで美しい状態を保っている。専門家は同墓壁画について、鮮やかで美しく、北斉時代に流行した「筆数は多いほど余計で、少しでも少なければ物足りない」という簡素な風格を体現していると指摘。同時代における高官の姿や彼らの豪華な生活の様子を生き生きと描写しており、後世の人々が同時代の歴史的特徴を研究、理解する上で貴重な資料になるとの見方を示した。(太原=新華社記者/王学濤)= 配信日: 2021(令和3)年12月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021122706480

  •  (1)千年を超えてなお鮮やか、北斉の徐顕秀墓壁画山西省太原市
    2021年12月27日
    (1)千年を超えてなお鮮やか、北斉の徐顕秀墓壁画山西省太原市

    東壁に描かれた被葬者夫人の「出行備車図」。車の後ろの侍女らは包みや化粧箱、披風(マント)などを持ち、夫人の乗車を待っている。(10月17日撮影)中国山西省太原市迎沢区王家峰村の東には、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定される徐顕秀(じょ・けんしゅう)墓がある。墓の内部に描かれた北斉時代の大型壁画は1400年以上の歴史があり、現在も鮮やかで美しい状態を保っている。専門家は同墓壁画について、鮮やかで美しく、北斉時代に流行した「筆数は多いほど余計で、少しでも少なければ物足りない」という簡素な風格を体現していると指摘。同時代における高官の姿や彼らの豪華な生活の様子を生き生きと描写しており、後世の人々が同時代の歴史的特徴を研究、理解する上で貴重な資料になるとの見方を示した。(太原=新華社記者/王学濤)= 配信日: 2021(令和3)年12月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021122706423

  •  「新華社」あんかけ麺の店が清掃員に食事を提供山西省太原市
    00:44.25
    2022年11月17日
    「新華社」あんかけ麺の店が清掃員に食事を提供山西省太原市

    中国山西省太原市迎沢区に「老軍営打鹵麺(あんかけ麺)」という名の店がある。姚孝瑞(よう・こうずい)さん(57)と妻の王林珍(おう・りんちん)さんが2006年に開業した。姚さんは以前、街の清掃員が寒風の中、店舗入り口の階段に腰を下ろして休んでいるのを見て、店内に招き入れて暖を取ってもらった。最初のうちは白湯1杯を出していたが、やがて無料で麺を提供し始め、6年前から清掃員が温かい料理を好きなだけ食べられるようにしている。(記者/馬暁潔、王菲菲、柴婷) =配信日: 2022(令和4)年11月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022111705778

  •  (25)太原北斉壁画博物館を訪ねて山西省
    2023年10月04日
    (25)太原北斉壁画博物館を訪ねて山西省

    北斉婁睿墓の壁画「鼓吹図」。(8月6日撮影)中国山西省太原市迎沢区で開館準備が進む太原北斉壁画博物館を取材した。同館は太原市初の遺跡全体を博物館とした施設であり、遺跡を利用し、墓葬壁画芸術をテーマとする中国初の博物館でもある。着工は2020年10月で、総面積は2万平方メートル。延床面積は展示館3830平方メートル、壁画修復研究センター1525平方メートルを合わせて5355平方メートルとなる。展示設営作業は既に完了し、年内の一般公開を予定している。博物館は2002年の全国十大考古新発見に選ばれた「北斉徐顕秀(じょ・けんしゅう)墓」の上に遺跡を残した状態で建てられており、同墓出土の壁画のほか、省内の九原岡墓や水泉梁墓、婁睿(ろうえい)墓から出土した北朝時代の壁画も収蔵する。現物展示や没入型展示を通じ、北朝の歴史や晋陽(太原の旧称)文化、北斉壁画芸術の特徴を全方位的に読み解いている。(太原=新華社記者/藍建中)= 配信日: 2023(令和5)年10月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023100500139

  •  (17)太原北斉壁画博物館を訪ねて山西省
    2023年10月04日
    (17)太原北斉壁画博物館を訪ねて山西省

    徐顕秀墓の墓室正面に描かれた壁画「夫婦宴飲図」(部分)。(8月6日撮影)中国山西省太原市迎沢区で開館準備が進む太原北斉壁画博物館を取材した。同館は太原市初の遺跡全体を博物館とした施設であり、遺跡を利用し、墓葬壁画芸術をテーマとする中国初の博物館でもある。着工は2020年10月で、総面積は2万平方メートル。延床面積は展示館3830平方メートル、壁画修復研究センター1525平方メートルを合わせて5355平方メートルとなる。展示設営作業は既に完了し、年内の一般公開を予定している。博物館は2002年の全国十大考古新発見に選ばれた「北斉徐顕秀(じょ・けんしゅう)墓」の上に遺跡を残した状態で建てられており、同墓出土の壁画のほか、省内の九原岡墓や水泉梁墓、婁睿(ろうえい)墓から出土した北朝時代の壁画も収蔵する。現物展示や没入型展示を通じ、北朝の歴史や晋陽(太原の旧称)文化、北斉壁画芸術の特徴を全方位的に読み解いている。(太原=新華社記者/藍建中)= 配信日: 2023(令和5)年10月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023100500821

  •  (7)太原北斉壁画博物館を訪ねて山西省
    2023年10月04日
    (7)太原北斉壁画博物館を訪ねて山西省

    徐顕秀墓の墓室右側に描かれた「牛車出行図」(部分)。(8月6日撮影)中国山西省太原市迎沢区で開館準備が進む太原北斉壁画博物館を取材した。同館は太原市初の遺跡全体を博物館とした施設であり、遺跡を利用し、墓葬壁画芸術をテーマとする中国初の博物館でもある。着工は2020年10月で、総面積は2万平方メートル。延床面積は展示館3830平方メートル、壁画修復研究センター1525平方メートルを合わせて5355平方メートルとなる。展示設営作業は既に完了し、年内の一般公開を予定している。博物館は2002年の全国十大考古新発見に選ばれた「北斉徐顕秀(じょ・けんしゅう)墓」の上に遺跡を残した状態で建てられており、同墓出土の壁画のほか、省内の九原岡墓や水泉梁墓、婁睿(ろうえい)墓から出土した北朝時代の壁画も収蔵する。現物展示や没入型展示を通じ、北朝の歴史や晋陽(太原の旧称)文化、北斉壁画芸術の特徴を全方位的に読み解いている。(太原=新華社記者/藍建中)= 配信日: 2023(令和5)年10月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023100414238

  •  (13)太原北斉壁画博物館を訪ねて山西省
    2023年10月04日
    (13)太原北斉壁画博物館を訪ねて山西省

    徐顕秀墓の墓室左側に描かれた「鞍馬出行図」(部分)。(8月6日撮影)中国山西省太原市迎沢区で開館準備が進む太原北斉壁画博物館を取材した。同館は太原市初の遺跡全体を博物館とした施設であり、遺跡を利用し、墓葬壁画芸術をテーマとする中国初の博物館でもある。着工は2020年10月で、総面積は2万平方メートル。延床面積は展示館3830平方メートル、壁画修復研究センター1525平方メートルを合わせて5355平方メートルとなる。展示設営作業は既に完了し、年内の一般公開を予定している。博物館は2002年の全国十大考古新発見に選ばれた「北斉徐顕秀(じょ・けんしゅう)墓」の上に遺跡を残した状態で建てられており、同墓出土の壁画のほか、省内の九原岡墓や水泉梁墓、婁睿(ろうえい)墓から出土した北朝時代の壁画も収蔵する。現物展示や没入型展示を通じ、北朝の歴史や晋陽(太原の旧称)文化、北斉壁画芸術の特徴を全方位的に読み解いている。(太原=新華社記者/藍建中)= 配信日: 2023(令和5)年10月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023100414275

  •  (8)太原北斉壁画博物館を訪ねて山西省
    2023年10月04日
    (8)太原北斉壁画博物館を訪ねて山西省

    徐顕秀墓の墓門内側上部に描かれた神獣「方相氏(ほうそうし)」。(8月6日撮影)中国山西省太原市迎沢区で開館準備が進む太原北斉壁画博物館を取材した。同館は太原市初の遺跡全体を博物館とした施設であり、遺跡を利用し、墓葬壁画芸術をテーマとする中国初の博物館でもある。着工は2020年10月で、総面積は2万平方メートル。延床面積は展示館3830平方メートル、壁画修復研究センター1525平方メートルを合わせて5355平方メートルとなる。展示設営作業は既に完了し、年内の一般公開を予定している。博物館は2002年の全国十大考古新発見に選ばれた「北斉徐顕秀(じょ・けんしゅう)墓」の上に遺跡を残した状態で建てられており、同墓出土の壁画のほか、省内の九原岡墓や水泉梁墓、婁睿(ろうえい)墓から出土した北朝時代の壁画も収蔵する。現物展示や没入型展示を通じ、北朝の歴史や晋陽(太原の旧称)文化、北斉壁画芸術の特徴を全方位的に読み解いている。(太原=新華社記者/藍建中)= 配信日: 2023(令和5)年10月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023100414239

  •  (12)太原北斉壁画博物館を訪ねて山西省
    2023年10月04日
    (12)太原北斉壁画博物館を訪ねて山西省

    徐顕秀墓の墓室左側に描かれた「鞍馬出行図」(部分)。(8月6日撮影)中国山西省太原市迎沢区で開館準備が進む太原北斉壁画博物館を取材した。同館は太原市初の遺跡全体を博物館とした施設であり、遺跡を利用し、墓葬壁画芸術をテーマとする中国初の博物館でもある。着工は2020年10月で、総面積は2万平方メートル。延床面積は展示館3830平方メートル、壁画修復研究センター1525平方メートルを合わせて5355平方メートルとなる。展示設営作業は既に完了し、年内の一般公開を予定している。博物館は2002年の全国十大考古新発見に選ばれた「北斉徐顕秀(じょ・けんしゅう)墓」の上に遺跡を残した状態で建てられており、同墓出土の壁画のほか、省内の九原岡墓や水泉梁墓、婁睿(ろうえい)墓から出土した北朝時代の壁画も収蔵する。現物展示や没入型展示を通じ、北朝の歴史や晋陽(太原の旧称)文化、北斉壁画芸術の特徴を全方位的に読み解いている。(太原=新華社記者/藍建中)= 配信日: 2023(令和5)年10月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023100414261

  •  (1)太原北斉壁画博物館を訪ねて山西省
    2023年10月04日
    (1)太原北斉壁画博物館を訪ねて山西省

    徐顕秀墓の墓道。(8月6日撮影)中国山西省太原市迎沢区で開館準備が進む太原北斉壁画博物館を取材した。同館は太原市初の遺跡全体を博物館とした施設であり、遺跡を利用し、墓葬壁画芸術をテーマとする中国初の博物館でもある。着工は2020年10月で、総面積は2万平方メートル。延床面積は展示館3830平方メートル、壁画修復研究センター1525平方メートルを合わせて5355平方メートルとなる。展示設営作業は既に完了し、年内の一般公開を予定している。博物館は2002年の全国十大考古新発見に選ばれた「北斉徐顕秀(じょ・けんしゅう)墓」の上に遺跡を残した状態で建てられており、同墓出土の壁画のほか、省内の九原岡墓や水泉梁墓、婁睿(ろうえい)墓から出土した北朝時代の壁画も収蔵する。現物展示や没入型展示を通じ、北朝の歴史や晋陽(太原の旧称)文化、北斉壁画芸術の特徴を全方位的に読み解いている。(太原=新華社記者/藍建中)= 配信日: 2023(令和5)年10月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023100414220

  •  (23)太原北斉壁画博物館を訪ねて山西省
    2023年10月04日
    (23)太原北斉壁画博物館を訪ねて山西省

    北斉婁睿墓の壁画「七人賓礼図」。(8月6日撮影)中国山西省太原市迎沢区で開館準備が進む太原北斉壁画博物館を取材した。同館は太原市初の遺跡全体を博物館とした施設であり、遺跡を利用し、墓葬壁画芸術をテーマとする中国初の博物館でもある。着工は2020年10月で、総面積は2万平方メートル。延床面積は展示館3830平方メートル、壁画修復研究センター1525平方メートルを合わせて5355平方メートルとなる。展示設営作業は既に完了し、年内の一般公開を予定している。博物館は2002年の全国十大考古新発見に選ばれた「北斉徐顕秀(じょ・けんしゅう)墓」の上に遺跡を残した状態で建てられており、同墓出土の壁画のほか、省内の九原岡墓や水泉梁墓、婁睿(ろうえい)墓から出土した北朝時代の壁画も収蔵する。現物展示や没入型展示を通じ、北朝の歴史や晋陽(太原の旧称)文化、北斉壁画芸術の特徴を全方位的に読み解いている。(太原=新華社記者/藍建中)= 配信日: 2023(令和5)年10月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023100500816

  •  (24)太原北斉壁画博物館を訪ねて山西省
    2023年10月04日
    (24)太原北斉壁画博物館を訪ねて山西省

    北斉婁睿墓の壁画「鞍馬遊騎図」。(8月6日撮影)中国山西省太原市迎沢区で開館準備が進む太原北斉壁画博物館を取材した。同館は太原市初の遺跡全体を博物館とした施設であり、遺跡を利用し、墓葬壁画芸術をテーマとする中国初の博物館でもある。着工は2020年10月で、総面積は2万平方メートル。延床面積は展示館3830平方メートル、壁画修復研究センター1525平方メートルを合わせて5355平方メートルとなる。展示設営作業は既に完了し、年内の一般公開を予定している。博物館は2002年の全国十大考古新発見に選ばれた「北斉徐顕秀(じょ・けんしゅう)墓」の上に遺跡を残した状態で建てられており、同墓出土の壁画のほか、省内の九原岡墓や水泉梁墓、婁睿(ろうえい)墓から出土した北朝時代の壁画も収蔵する。現物展示や没入型展示を通じ、北朝の歴史や晋陽(太原の旧称)文化、北斉壁画芸術の特徴を全方位的に読み解いている。(太原=新華社記者/藍建中)= 配信日: 2023(令和5)年10月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023100500822

  •  (19)太原北斉壁画博物館を訪ねて山西省
    2023年10月04日
    (19)太原北斉壁画博物館を訪ねて山西省

    徐顕秀墓の墓室正面に描かれた「夫婦宴飲図」の左側(部分)。(8月6日撮影)中国山西省太原市迎沢区で開館準備が進む太原北斉壁画博物館を取材した。同館は太原市初の遺跡全体を博物館とした施設であり、遺跡を利用し、墓葬壁画芸術をテーマとする中国初の博物館でもある。着工は2020年10月で、総面積は2万平方メートル。延床面積は展示館3830平方メートル、壁画修復研究センター1525平方メートルを合わせて5355平方メートルとなる。展示設営作業は既に完了し、年内の一般公開を予定している。博物館は2002年の全国十大考古新発見に選ばれた「北斉徐顕秀(じょ・けんしゅう)墓」の上に遺跡を残した状態で建てられており、同墓出土の壁画のほか、省内の九原岡墓や水泉梁墓、婁睿(ろうえい)墓から出土した北朝時代の壁画も収蔵する。現物展示や没入型展示を通じ、北朝の歴史や晋陽(太原の旧称)文化、北斉壁画芸術の特徴を全方位的に読み解いている。(太原=新華社記者/藍建中)= 配信日: 2023(令和5)年10月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023100500818

  •  (14)太原北斉壁画博物館を訪ねて山西省
    2023年10月04日
    (14)太原北斉壁画博物館を訪ねて山西省

    徐顕秀墓の墓室左側の壁画「鞍馬出行図」に描かれた羽扇(うせん)。(8月6日撮影)中国山西省太原市迎沢区で開館準備が進む太原北斉壁画博物館を取材した。同館は太原市初の遺跡全体を博物館とした施設であり、遺跡を利用し、墓葬壁画芸術をテーマとする中国初の博物館でもある。着工は2020年10月で、総面積は2万平方メートル。延床面積は展示館3830平方メートル、壁画修復研究センター1525平方メートルを合わせて5355平方メートルとなる。展示設営作業は既に完了し、年内の一般公開を予定している。博物館は2002年の全国十大考古新発見に選ばれた「北斉徐顕秀(じょ・けんしゅう)墓」の上に遺跡を残した状態で建てられており、同墓出土の壁画のほか、省内の九原岡墓や水泉梁墓、婁睿(ろうえい)墓から出土した北朝時代の壁画も収蔵する。現物展示や没入型展示を通じ、北朝の歴史や晋陽(太原の旧称)文化、北斉壁画芸術の特徴を全方位的に読み解いている。(太原=新華社記者/藍建中)= 配信日: 2023(令和5)年10月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023100414277

  •  (15)太原北斉壁画博物館を訪ねて山西省
    2023年10月04日
    (15)太原北斉壁画博物館を訪ねて山西省

    徐顕秀墓の墓室右側に描かれた「牛車出行図」(部分)。(8月6日撮影)中国山西省太原市迎沢区で開館準備が進む太原北斉壁画博物館を取材した。同館は太原市初の遺跡全体を博物館とした施設であり、遺跡を利用し、墓葬壁画芸術をテーマとする中国初の博物館でもある。着工は2020年10月で、総面積は2万平方メートル。延床面積は展示館3830平方メートル、壁画修復研究センター1525平方メートルを合わせて5355平方メートルとなる。展示設営作業は既に完了し、年内の一般公開を予定している。博物館は2002年の全国十大考古新発見に選ばれた「北斉徐顕秀(じょ・けんしゅう)墓」の上に遺跡を残した状態で建てられており、同墓出土の壁画のほか、省内の九原岡墓や水泉梁墓、婁睿(ろうえい)墓から出土した北朝時代の壁画も収蔵する。現物展示や没入型展示を通じ、北朝の歴史や晋陽(太原の旧称)文化、北斉壁画芸術の特徴を全方位的に読み解いている。(太原=新華社記者/藍建中)= 配信日: 2023(令和5)年10月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023100414286

  •  (11)太原北斉壁画博物館を訪ねて山西省
    2023年10月04日
    (11)太原北斉壁画博物館を訪ねて山西省

    徐顕秀墓の墓室正面に描かれた「夫婦宴飲図」の右側(部分)。(8月6日撮影)中国山西省太原市迎沢区で開館準備が進む太原北斉壁画博物館を取材した。同館は太原市初の遺跡全体を博物館とした施設であり、遺跡を利用し、墓葬壁画芸術をテーマとする中国初の博物館でもある。着工は2020年10月で、総面積は2万平方メートル。延床面積は展示館3830平方メートル、壁画修復研究センター1525平方メートルを合わせて5355平方メートルとなる。展示設営作業は既に完了し、年内の一般公開を予定している。博物館は2002年の全国十大考古新発見に選ばれた「北斉徐顕秀(じょ・けんしゅう)墓」の上に遺跡を残した状態で建てられており、同墓出土の壁画のほか、省内の九原岡墓や水泉梁墓、婁睿(ろうえい)墓から出土した北朝時代の壁画も収蔵する。現物展示や没入型展示を通じ、北朝の歴史や晋陽(太原の旧称)文化、北斉壁画芸術の特徴を全方位的に読み解いている。(太原=新華社記者/藍建中)= 配信日: 2023(令和5)年10月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023100414264

  •  (16)太原北斉壁画博物館を訪ねて山西省
    2023年10月04日
    (16)太原北斉壁画博物館を訪ねて山西省

    徐顕秀墓の墓室正面に描かれた「夫婦宴飲図」の左側(部分)。(8月6日撮影)中国山西省太原市迎沢区で開館準備が進む太原北斉壁画博物館を取材した。同館は太原市初の遺跡全体を博物館とした施設であり、遺跡を利用し、墓葬壁画芸術をテーマとする中国初の博物館でもある。着工は2020年10月で、総面積は2万平方メートル。延床面積は展示館3830平方メートル、壁画修復研究センター1525平方メートルを合わせて5355平方メートルとなる。展示設営作業は既に完了し、年内の一般公開を予定している。博物館は2002年の全国十大考古新発見に選ばれた「北斉徐顕秀(じょ・けんしゅう)墓」の上に遺跡を残した状態で建てられており、同墓出土の壁画のほか、省内の九原岡墓や水泉梁墓、婁睿(ろうえい)墓から出土した北朝時代の壁画も収蔵する。現物展示や没入型展示を通じ、北朝の歴史や晋陽(太原の旧称)文化、北斉壁画芸術の特徴を全方位的に読み解いている。(太原=新華社記者/藍建中)= 配信日: 2023(令和5)年10月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023100500801

  •  (18)太原北斉壁画博物館を訪ねて山西省
    2023年10月04日
    (18)太原北斉壁画博物館を訪ねて山西省

    徐顕秀墓の墓室正面に描かれた「夫婦宴飲図」の右側(部分)。(8月6日撮影)中国山西省太原市迎沢区で開館準備が進む太原北斉壁画博物館を取材した。同館は太原市初の遺跡全体を博物館とした施設であり、遺跡を利用し、墓葬壁画芸術をテーマとする中国初の博物館でもある。着工は2020年10月で、総面積は2万平方メートル。延床面積は展示館3830平方メートル、壁画修復研究センター1525平方メートルを合わせて5355平方メートルとなる。展示設営作業は既に完了し、年内の一般公開を予定している。博物館は2002年の全国十大考古新発見に選ばれた「北斉徐顕秀(じょ・けんしゅう)墓」の上に遺跡を残した状態で建てられており、同墓出土の壁画のほか、省内の九原岡墓や水泉梁墓、婁睿(ろうえい)墓から出土した北朝時代の壁画も収蔵する。現物展示や没入型展示を通じ、北朝の歴史や晋陽(太原の旧称)文化、北斉壁画芸術の特徴を全方位的に読み解いている。(太原=新華社記者/藍建中)= 配信日: 2023(令和5)年10月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023100500819

  •  (26)太原北斉壁画博物館を訪ねて山西省
    2023年10月04日
    (26)太原北斉壁画博物館を訪ねて山西省

    北斉婁睿墓の壁画「鼓吹図」。(8月6日撮影)中国山西省太原市迎沢区で開館準備が進む太原北斉壁画博物館を取材した。同館は太原市初の遺跡全体を博物館とした施設であり、遺跡を利用し、墓葬壁画芸術をテーマとする中国初の博物館でもある。着工は2020年10月で、総面積は2万平方メートル。延床面積は展示館3830平方メートル、壁画修復研究センター1525平方メートルを合わせて5355平方メートルとなる。展示設営作業は既に完了し、年内の一般公開を予定している。博物館は2002年の全国十大考古新発見に選ばれた「北斉徐顕秀(じょ・けんしゅう)墓」の上に遺跡を残した状態で建てられており、同墓出土の壁画のほか、省内の九原岡墓や水泉梁墓、婁睿(ろうえい)墓から出土した北朝時代の壁画も収蔵する。現物展示や没入型展示を通じ、北朝の歴史や晋陽(太原の旧称)文化、北斉壁画芸術の特徴を全方位的に読み解いている。(太原=新華社記者/藍建中)= 配信日: 2023(令和5)年10月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023100500137

  •  (9)太原北斉壁画博物館を訪ねて山西省
    2023年10月04日
    (9)太原北斉壁画博物館を訪ねて山西省

    徐顕秀墓の墓室左側に描かれた「車馬出行図」(部分)。(8月6日撮影)中国山西省太原市迎沢区で開館準備が進む太原北斉壁画博物館を取材した。同館は太原市初の遺跡全体を博物館とした施設であり、遺跡を利用し、墓葬壁画芸術をテーマとする中国初の博物館でもある。着工は2020年10月で、総面積は2万平方メートル。延床面積は展示館3830平方メートル、壁画修復研究センター1525平方メートルを合わせて5355平方メートルとなる。展示設営作業は既に完了し、年内の一般公開を予定している。博物館は2002年の全国十大考古新発見に選ばれた「北斉徐顕秀(じょ・けんしゅう)墓」の上に遺跡を残した状態で建てられており、同墓出土の壁画のほか、省内の九原岡墓や水泉梁墓、婁睿(ろうえい)墓から出土した北朝時代の壁画も収蔵する。現物展示や没入型展示を通じ、北朝の歴史や晋陽(太原の旧称)文化、北斉壁画芸術の特徴を全方位的に読み解いている。(太原=新華社記者/藍建中)= 配信日: 2023(令和5)年10月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023100414240

  •  (6)太原北斉壁画博物館を訪ねて山西省
    2023年10月04日
    (6)太原北斉壁画博物館を訪ねて山西省

    徐顕秀墓の墓室右側に描かれた「牛車出行図」(部分)。(8月6日撮影)中国山西省太原市迎沢区で開館準備が進む太原北斉壁画博物館を取材した。同館は太原市初の遺跡全体を博物館とした施設であり、遺跡を利用し、墓葬壁画芸術をテーマとする中国初の博物館でもある。着工は2020年10月で、総面積は2万平方メートル。延床面積は展示館3830平方メートル、壁画修復研究センター1525平方メートルを合わせて5355平方メートルとなる。展示設営作業は既に完了し、年内の一般公開を予定している。博物館は2002年の全国十大考古新発見に選ばれた「北斉徐顕秀(じょ・けんしゅう)墓」の上に遺跡を残した状態で建てられており、同墓出土の壁画のほか、省内の九原岡墓や水泉梁墓、婁睿(ろうえい)墓から出土した北朝時代の壁画も収蔵する。現物展示や没入型展示を通じ、北朝の歴史や晋陽(太原の旧称)文化、北斉壁画芸術の特徴を全方位的に読み解いている。(太原=新華社記者/藍建中)= 配信日: 2023(令和5)年10月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023100414230

  •  (4)太原北斉壁画博物館を訪ねて山西省
    2023年10月04日
    (4)太原北斉壁画博物館を訪ねて山西省

    徐顕秀墓の墓門左側に描かれた壁画。(8月6日撮影)中国山西省太原市迎沢区で開館準備が進む太原北斉壁画博物館を取材した。同館は太原市初の遺跡全体を博物館とした施設であり、遺跡を利用し、墓葬壁画芸術をテーマとする中国初の博物館でもある。着工は2020年10月で、総面積は2万平方メートル。延床面積は展示館3830平方メートル、壁画修復研究センター1525平方メートルを合わせて5355平方メートルとなる。展示設営作業は既に完了し、年内の一般公開を予定している。博物館は2002年の全国十大考古新発見に選ばれた「北斉徐顕秀(じょ・けんしゅう)墓」の上に遺跡を残した状態で建てられており、同墓出土の壁画のほか、省内の九原岡墓や水泉梁墓、婁睿(ろうえい)墓から出土した北朝時代の壁画も収蔵する。現物展示や没入型展示を通じ、北朝の歴史や晋陽(太原の旧称)文化、北斉壁画芸術の特徴を全方位的に読み解いている。(太原=新華社記者/藍建中)= 配信日: 2023(令和5)年10月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023100414225

  •  (22)太原北斉壁画博物館を訪ねて山西省
    2023年10月04日
    (22)太原北斉壁画博物館を訪ねて山西省

    徐顕秀墓の墓道。(8月6日撮影)中国山西省太原市迎沢区で開館準備が進む太原北斉壁画博物館を取材した。同館は太原市初の遺跡全体を博物館とした施設であり、遺跡を利用し、墓葬壁画芸術をテーマとする中国初の博物館でもある。着工は2020年10月で、総面積は2万平方メートル。延床面積は展示館3830平方メートル、壁画修復研究センター1525平方メートルを合わせて5355平方メートルとなる。展示設営作業は既に完了し、年内の一般公開を予定している。博物館は2002年の全国十大考古新発見に選ばれた「北斉徐顕秀(じょ・けんしゅう)墓」の上に遺跡を残した状態で建てられており、同墓出土の壁画のほか、省内の九原岡墓や水泉梁墓、婁睿(ろうえい)墓から出土した北朝時代の壁画も収蔵する。現物展示や没入型展示を通じ、北朝の歴史や晋陽(太原の旧称)文化、北斉壁画芸術の特徴を全方位的に読み解いている。(太原=新華社記者/藍建中)= 配信日: 2023(令和5)年10月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023100500817

  •  (21)太原北斉壁画博物館を訪ねて山西省
    2023年10月04日
    (21)太原北斉壁画博物館を訪ねて山西省

    徐顕秀墓の墓室右側に描かれた壁画「牛車出行図」(部分)。(8月6日撮影)中国山西省太原市迎沢区で開館準備が進む太原北斉壁画博物館を取材した。同館は太原市初の遺跡全体を博物館とした施設であり、遺跡を利用し、墓葬壁画芸術をテーマとする中国初の博物館でもある。着工は2020年10月で、総面積は2万平方メートル。延床面積は展示館3830平方メートル、壁画修復研究センター1525平方メートルを合わせて5355平方メートルとなる。展示設営作業は既に完了し、年内の一般公開を予定している。博物館は2002年の全国十大考古新発見に選ばれた「北斉徐顕秀(じょ・けんしゅう)墓」の上に遺跡を残した状態で建てられており、同墓出土の壁画のほか、省内の九原岡墓や水泉梁墓、婁睿(ろうえい)墓から出土した北朝時代の壁画も収蔵する。現物展示や没入型展示を通じ、北朝の歴史や晋陽(太原の旧称)文化、北斉壁画芸術の特徴を全方位的に読み解いている。(太原=新華社記者/藍建中)= 配信日: 2023(令和5)年10月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023100500820

  •  (2)太原北斉壁画博物館を訪ねて山西省
    2023年10月04日
    (2)太原北斉壁画博物館を訪ねて山西省

    徐顕秀墓の石門額。(8月6日撮影)中国山西省太原市迎沢区で開館準備が進む太原北斉壁画博物館を取材した。同館は太原市初の遺跡全体を博物館とした施設であり、遺跡を利用し、墓葬壁画芸術をテーマとする中国初の博物館でもある。着工は2020年10月で、総面積は2万平方メートル。延床面積は展示館3830平方メートル、壁画修復研究センター1525平方メートルを合わせて5355平方メートルとなる。展示設営作業は既に完了し、年内の一般公開を予定している。博物館は2002年の全国十大考古新発見に選ばれた「北斉徐顕秀(じょ・けんしゅう)墓」の上に遺跡を残した状態で建てられており、同墓出土の壁画のほか、省内の九原岡墓や水泉梁墓、婁睿(ろうえい)墓から出土した北朝時代の壁画も収蔵する。現物展示や没入型展示を通じ、北朝の歴史や晋陽(太原の旧称)文化、北斉壁画芸術の特徴を全方位的に読み解いている。(太原=新華社記者/藍建中)= 配信日: 2023(令和5)年10月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023100414221

  •  (3)太原北斉壁画博物館を訪ねて山西省
    2023年10月04日
    (3)太原北斉壁画博物館を訪ねて山西省

    徐顕秀墓の墓門右側に描かれた壁画。(8月6日撮影)中国山西省太原市迎沢区で開館準備が進む太原北斉壁画博物館を取材した。同館は太原市初の遺跡全体を博物館とした施設であり、遺跡を利用し、墓葬壁画芸術をテーマとする中国初の博物館でもある。着工は2020年10月で、総面積は2万平方メートル。延床面積は展示館3830平方メートル、壁画修復研究センター1525平方メートルを合わせて5355平方メートルとなる。展示設営作業は既に完了し、年内の一般公開を予定している。博物館は2002年の全国十大考古新発見に選ばれた「北斉徐顕秀(じょ・けんしゅう)墓」の上に遺跡を残した状態で建てられており、同墓出土の壁画のほか、省内の九原岡墓や水泉梁墓、婁睿(ろうえい)墓から出土した北朝時代の壁画も収蔵する。現物展示や没入型展示を通じ、北朝の歴史や晋陽(太原の旧称)文化、北斉壁画芸術の特徴を全方位的に読み解いている。(太原=新華社記者/藍建中)= 配信日: 2023(令和5)年10月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023100414228

  •  (28)太原北斉壁画博物館を訪ねて山西省
    2023年10月04日
    (28)太原北斉壁画博物館を訪ねて山西省

    北斉婁睿墓の壁画「鼓吹図」。(8月6日撮影)中国山西省太原市迎沢区で開館準備が進む太原北斉壁画博物館を取材した。同館は太原市初の遺跡全体を博物館とした施設であり、遺跡を利用し、墓葬壁画芸術をテーマとする中国初の博物館でもある。着工は2020年10月で、総面積は2万平方メートル。延床面積は展示館3830平方メートル、壁画修復研究センター1525平方メートルを合わせて5355平方メートルとなる。展示設営作業は既に完了し、年内の一般公開を予定している。博物館は2002年の全国十大考古新発見に選ばれた「北斉徐顕秀(じょ・けんしゅう)墓」の上に遺跡を残した状態で建てられており、同墓出土の壁画のほか、省内の九原岡墓や水泉梁墓、婁睿(ろうえい)墓から出土した北朝時代の壁画も収蔵する。現物展示や没入型展示を通じ、北朝の歴史や晋陽(太原の旧称)文化、北斉壁画芸術の特徴を全方位的に読み解いている。(太原=新華社記者/藍建中)= 配信日: 2023(令和5)年10月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023100500127

  •  (5)太原北斉壁画博物館を訪ねて山西省
    2023年10月04日
    (5)太原北斉壁画博物館を訪ねて山西省

    徐顕秀墓の墓室左側に描かれた「鞍馬出行図」(部分)。(8月6日撮影)中国山西省太原市迎沢区で開館準備が進む太原北斉壁画博物館を取材した。同館は太原市初の遺跡全体を博物館とした施設であり、遺跡を利用し、墓葬壁画芸術をテーマとする中国初の博物館でもある。着工は2020年10月で、総面積は2万平方メートル。延床面積は展示館3830平方メートル、壁画修復研究センター1525平方メートルを合わせて5355平方メートルとなる。展示設営作業は既に完了し、年内の一般公開を予定している。博物館は2002年の全国十大考古新発見に選ばれた「北斉徐顕秀(じょ・けんしゅう)墓」の上に遺跡を残した状態で建てられており、同墓出土の壁画のほか、省内の九原岡墓や水泉梁墓、婁睿(ろうえい)墓から出土した北朝時代の壁画も収蔵する。現物展示や没入型展示を通じ、北朝の歴史や晋陽(太原の旧称)文化、北斉壁画芸術の特徴を全方位的に読み解いている。(太原=新華社記者/藍建中)= 配信日: 2023(令和5)年10月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023100414226

  •  (10)太原北斉壁画博物館を訪ねて山西省
    2023年10月04日
    (10)太原北斉壁画博物館を訪ねて山西省

    徐顕秀墓の墓室右側に描かれた「牛車出行図」(部分)。(8月6日撮影)中国山西省太原市迎沢区で開館準備が進む太原北斉壁画博物館を取材した。同館は太原市初の遺跡全体を博物館とした施設であり、遺跡を利用し、墓葬壁画芸術をテーマとする中国初の博物館でもある。着工は2020年10月で、総面積は2万平方メートル。延床面積は展示館3830平方メートル、壁画修復研究センター1525平方メートルを合わせて5355平方メートルとなる。展示設営作業は既に完了し、年内の一般公開を予定している。博物館は2002年の全国十大考古新発見に選ばれた「北斉徐顕秀(じょ・けんしゅう)墓」の上に遺跡を残した状態で建てられており、同墓出土の壁画のほか、省内の九原岡墓や水泉梁墓、婁睿(ろうえい)墓から出土した北朝時代の壁画も収蔵する。現物展示や没入型展示を通じ、北朝の歴史や晋陽(太原の旧称)文化、北斉壁画芸術の特徴を全方位的に読み解いている。(太原=新華社記者/藍建中)= 配信日: 2023(令和5)年10月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023100414262

  •  (20)太原北斉壁画博物館を訪ねて山西省
    2023年10月04日
    (20)太原北斉壁画博物館を訪ねて山西省

    徐顕秀墓の墓室正面に描かれた「夫婦宴飲図」(部分)。(8月6日撮影)中国山西省太原市迎沢区で開館準備が進む太原北斉壁画博物館を取材した。同館は太原市初の遺跡全体を博物館とした施設であり、遺跡を利用し、墓葬壁画芸術をテーマとする中国初の博物館でもある。着工は2020年10月で、総面積は2万平方メートル。延床面積は展示館3830平方メートル、壁画修復研究センター1525平方メートルを合わせて5355平方メートルとなる。展示設営作業は既に完了し、年内の一般公開を予定している。博物館は2002年の全国十大考古新発見に選ばれた「北斉徐顕秀(じょ・けんしゅう)墓」の上に遺跡を残した状態で建てられており、同墓出土の壁画のほか、省内の九原岡墓や水泉梁墓、婁睿(ろうえい)墓から出土した北朝時代の壁画も収蔵する。現物展示や没入型展示を通じ、北朝の歴史や晋陽(太原の旧称)文化、北斉壁画芸術の特徴を全方位的に読み解いている。(太原=新華社記者/藍建中)= 配信日: 2023(令和5)年10月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023100500823

  •  (30)太原北斉壁画博物館を訪ねて山西省
    2023年10月05日
    (30)太原北斉壁画博物館を訪ねて山西省

    忻州(きんしゅう)九原岡北朝墓の壁画「昇天図」。(8月6日撮影)中国山西省太原市迎沢区で開館準備が進む太原北斉壁画博物館を取材した。同館は太原市初の遺跡全体を博物館とした施設であり、遺跡を利用し、墓葬壁画芸術をテーマとする中国初の博物館でもある。着工は2020年10月で、総面積は2万平方メートル。延床面積は展示館3830平方メートル、壁画修復研究センター1525平方メートルを合わせて5355平方メートルとなる。展示設営作業は既に完了し、年内の一般公開を予定している。博物館は2002年の全国十大考古新発見に選ばれた「北斉徐顕秀(じょ・けんしゅう)墓」の上に遺跡を残した状態で建てられており、同墓出土の壁画のほか、省内の九原岡墓や水泉梁墓、婁睿(ろうえい)墓から出土した北朝時代の壁画も収蔵する。現物展示や没入型展示を通じ、北朝の歴史や晋陽(太原の旧称)文化、北斉壁画芸術の特徴を全方位的に読み解いている。(太原=新華社記者/藍建中)= 配信日: 2023(令和5)年10月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023100500129

  •  (27)太原北斉壁画博物館を訪ねて山西省
    2023年10月05日
    (27)太原北斉壁画博物館を訪ねて山西省

    北斉婁睿墓の壁画「鞍馬遊騎図」。(8月6日撮影)中国山西省太原市迎沢区で開館準備が進む太原北斉壁画博物館を取材した。同館は太原市初の遺跡全体を博物館とした施設であり、遺跡を利用し、墓葬壁画芸術をテーマとする中国初の博物館でもある。着工は2020年10月で、総面積は2万平方メートル。延床面積は展示館3830平方メートル、壁画修復研究センター1525平方メートルを合わせて5355平方メートルとなる。展示設営作業は既に完了し、年内の一般公開を予定している。博物館は2002年の全国十大考古新発見に選ばれた「北斉徐顕秀(じょ・けんしゅう)墓」の上に遺跡を残した状態で建てられており、同墓出土の壁画のほか、省内の九原岡墓や水泉梁墓、婁睿(ろうえい)墓から出土した北朝時代の壁画も収蔵する。現物展示や没入型展示を通じ、北朝の歴史や晋陽(太原の旧称)文化、北斉壁画芸術の特徴を全方位的に読み解いている。(太原=新華社記者/藍建中)= 配信日: 2023(令和5)年10月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023100500141

  •  (36)太原北斉壁画博物館を訪ねて山西省
    2023年10月05日
    (36)太原北斉壁画博物館を訪ねて山西省

    朔州水泉梁北斉墓の墓室左側に描かれた壁画「牛車出行図」。(8月6日撮影)中国山西省太原市迎沢区で開館準備が進む太原北斉壁画博物館を取材した。同館は太原市初の遺跡全体を博物館とした施設であり、遺跡を利用し、墓葬壁画芸術をテーマとする中国初の博物館でもある。着工は2020年10月で、総面積は2万平方メートル。延床面積は展示館3830平方メートル、壁画修復研究センター1525平方メートルを合わせて5355平方メートルとなる。展示設営作業は既に完了し、年内の一般公開を予定している。博物館は2002年の全国十大考古新発見に選ばれた「北斉徐顕秀(じょ・けんしゅう)墓」の上に遺跡を残した状態で建てられており、同墓出土の壁画のほか、省内の九原岡墓や水泉梁墓、婁睿(ろうえい)墓から出土した北朝時代の壁画も収蔵する。現物展示や没入型展示を通じ、北朝の歴史や晋陽(太原の旧称)文化、北斉壁画芸術の特徴を全方位的に読み解いている。(太原=新華社記者/藍建中)= 配信日: 2023(令和5)年10月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023100500143

  •  (33)太原北斉壁画博物館を訪ねて山西省
    2023年10月05日
    (33)太原北斉壁画博物館を訪ねて山西省

    忻州(きんしゅう)九原岡北朝墓の壁画「昇天図」に描かれた神獣「挟石(きょうせき)」。(8月6日撮影)中国山西省太原市迎沢区で開館準備が進む太原北斉壁画博物館を取材した。同館は太原市初の遺跡全体を博物館とした施設であり、遺跡を利用し、墓葬壁画芸術をテーマとする中国初の博物館でもある。着工は2020年10月で、総面積は2万平方メートル。延床面積は展示館3830平方メートル、壁画修復研究センター1525平方メートルを合わせて5355平方メートルとなる。展示設営作業は既に完了し、年内の一般公開を予定している。博物館は2002年の全国十大考古新発見に選ばれた「北斉徐顕秀(じょ・けんしゅう)墓」の上に遺跡を残した状態で建てられており、同墓出土の壁画のほか、省内の九原岡墓や水泉梁墓、婁睿(ろうえい)墓から出土した北朝時代の壁画も収蔵する。現物展示や没入型展示を通じ、北朝の歴史や晋陽(太原の旧称)文化、北斉壁画芸術の特徴を全方位的に読み解いている。(太原=新華社記者/藍建中)= 配信日: 2023(令和5)年10月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023100500135

  •  (47)太原北斉壁画博物館を訪ねて山西省
    2023年10月05日
    (47)太原北斉壁画博物館を訪ねて山西省

    忻州(きんしゅう)九原岡北朝墓の壁画「狩猟図」。(8月6日撮影)中国山西省太原市迎沢区で開館準備が進む太原北斉壁画博物館を取材した。同館は太原市初の遺跡全体を博物館とした施設であり、遺跡を利用し、墓葬壁画芸術をテーマとする中国初の博物館でもある。着工は2020年10月で、総面積は2万平方メートル。延床面積は展示館3830平方メートル、壁画修復研究センター1525平方メートルを合わせて5355平方メートルとなる。展示設営作業は既に完了し、年内の一般公開を予定している。博物館は2002年の全国十大考古新発見に選ばれた「北斉徐顕秀(じょ・けんしゅう)墓」の上に遺跡を残した状態で建てられており、同墓出土の壁画のほか、省内の九原岡墓や水泉梁墓、婁睿(ろうえい)墓から出土した北朝時代の壁画も収蔵する。現物展示や没入型展示を通じ、北朝の歴史や晋陽(太原の旧称)文化、北斉壁画芸術の特徴を全方位的に読み解いている。(太原=新華社記者/藍建中)= 配信日: 2023(令和5)年10月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023100500244

  •  (38)太原北斉壁画博物館を訪ねて山西省
    2023年10月05日
    (38)太原北斉壁画博物館を訪ねて山西省

    徐顕秀墓の封土(盛り土)。(8月6日撮影)中国山西省太原市迎沢区で開館準備が進む太原北斉壁画博物館を取材した。同館は太原市初の遺跡全体を博物館とした施設であり、遺跡を利用し、墓葬壁画芸術をテーマとする中国初の博物館でもある。着工は2020年10月で、総面積は2万平方メートル。延床面積は展示館3830平方メートル、壁画修復研究センター1525平方メートルを合わせて5355平方メートルとなる。展示設営作業は既に完了し、年内の一般公開を予定している。博物館は2002年の全国十大考古新発見に選ばれた「北斉徐顕秀(じょ・けんしゅう)墓」の上に遺跡を残した状態で建てられており、同墓出土の壁画のほか、省内の九原岡墓や水泉梁墓、婁睿(ろうえい)墓から出土した北朝時代の壁画も収蔵する。現物展示や没入型展示を通じ、北朝の歴史や晋陽(太原の旧称)文化、北斉壁画芸術の特徴を全方位的に読み解いている。(太原=新華社記者/藍建中)= 配信日: 2023(令和5)年10月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023100500233

  •  (44)太原北斉壁画博物館を訪ねて山西省
    2023年10月05日
    (44)太原北斉壁画博物館を訪ねて山西省

    北斉婁睿墓の壁画「鞍馬遊騎図」。(8月6日撮影)中国山西省太原市迎沢区で開館準備が進む太原北斉壁画博物館を取材した。同館は太原市初の遺跡全体を博物館とした施設であり、遺跡を利用し、墓葬壁画芸術をテーマとする中国初の博物館でもある。着工は2020年10月で、総面積は2万平方メートル。延床面積は展示館3830平方メートル、壁画修復研究センター1525平方メートルを合わせて5355平方メートルとなる。展示設営作業は既に完了し、年内の一般公開を予定している。博物館は2002年の全国十大考古新発見に選ばれた「北斉徐顕秀(じょ・けんしゅう)墓」の上に遺跡を残した状態で建てられており、同墓出土の壁画のほか、省内の九原岡墓や水泉梁墓、婁睿(ろうえい)墓から出土した北朝時代の壁画も収蔵する。現物展示や没入型展示を通じ、北朝の歴史や晋陽(太原の旧称)文化、北斉壁画芸術の特徴を全方位的に読み解いている。(太原=新華社記者/藍建中)= 配信日: 2023(令和5)年10月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023100500238

  •  (50)太原北斉壁画博物館を訪ねて山西省
    2023年10月05日
    (50)太原北斉壁画博物館を訪ねて山西省

    北斉婁睿墓の壁画「鞍馬遊騎図」(部分)。(8月6日撮影)中国山西省太原市迎沢区で開館準備が進む太原北斉壁画博物館を取材した。同館は太原市初の遺跡全体を博物館とした施設であり、遺跡を利用し、墓葬壁画芸術をテーマとする中国初の博物館でもある。着工は2020年10月で、総面積は2万平方メートル。延床面積は展示館3830平方メートル、壁画修復研究センター1525平方メートルを合わせて5355平方メートルとなる。展示設営作業は既に完了し、年内の一般公開を予定している。博物館は2002年の全国十大考古新発見に選ばれた「北斉徐顕秀(じょ・けんしゅう)墓」の上に遺跡を残した状態で建てられており、同墓出土の壁画のほか、省内の九原岡墓や水泉梁墓、婁睿(ろうえい)墓から出土した北朝時代の壁画も収蔵する。現物展示や没入型展示を通じ、北朝の歴史や晋陽(太原の旧称)文化、北斉壁画芸術の特徴を全方位的に読み解いている。(太原=新華社記者/藍建中)= 配信日: 2023(令和5)年10月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023100500298

  •  (42)太原北斉壁画博物館を訪ねて山西省
    2023年10月05日
    (42)太原北斉壁画博物館を訪ねて山西省

    北斉婁睿墓の壁画「門吏図」。(8月6日撮影)中国山西省太原市迎沢区で開館準備が進む太原北斉壁画博物館を取材した。同館は太原市初の遺跡全体を博物館とした施設であり、遺跡を利用し、墓葬壁画芸術をテーマとする中国初の博物館でもある。着工は2020年10月で、総面積は2万平方メートル。延床面積は展示館3830平方メートル、壁画修復研究センター1525平方メートルを合わせて5355平方メートルとなる。展示設営作業は既に完了し、年内の一般公開を予定している。博物館は2002年の全国十大考古新発見に選ばれた「北斉徐顕秀(じょ・けんしゅう)墓」の上に遺跡を残した状態で建てられており、同墓出土の壁画のほか、省内の九原岡墓や水泉梁墓、婁睿(ろうえい)墓から出土した北朝時代の壁画も収蔵する。現物展示や没入型展示を通じ、北朝の歴史や晋陽(太原の旧称)文化、北斉壁画芸術の特徴を全方位的に読み解いている。(太原=新華社記者/藍建中)= 配信日: 2023(令和5)年10月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023100500241

  •  (29)太原北斉壁画博物館を訪ねて山西省
    2023年10月05日
    (29)太原北斉壁画博物館を訪ねて山西省

    忻州(きんしゅう)九原岡北朝墓の壁画「狩猟図」。(8月6日撮影)中国山西省太原市迎沢区で開館準備が進む太原北斉壁画博物館を取材した。同館は太原市初の遺跡全体を博物館とした施設であり、遺跡を利用し、墓葬壁画芸術をテーマとする中国初の博物館でもある。着工は2020年10月で、総面積は2万平方メートル。延床面積は展示館3830平方メートル、壁画修復研究センター1525平方メートルを合わせて5355平方メートルとなる。展示設営作業は既に完了し、年内の一般公開を予定している。博物館は2002年の全国十大考古新発見に選ばれた「北斉徐顕秀(じょ・けんしゅう)墓」の上に遺跡を残した状態で建てられており、同墓出土の壁画のほか、省内の九原岡墓や水泉梁墓、婁睿(ろうえい)墓から出土した北朝時代の壁画も収蔵する。現物展示や没入型展示を通じ、北朝の歴史や晋陽(太原の旧称)文化、北斉壁画芸術の特徴を全方位的に読み解いている。(太原=新華社記者/藍建中)= 配信日: 2023(令和5)年10月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023100500132

  •  (35)太原北斉壁画博物館を訪ねて山西省
    2023年10月05日
    (35)太原北斉壁画博物館を訪ねて山西省

    朔州水泉梁北斉墓の壁画「夫婦宴飲図」。(8月6日撮影)中国山西省太原市迎沢区で開館準備が進む太原北斉壁画博物館を取材した。同館は太原市初の遺跡全体を博物館とした施設であり、遺跡を利用し、墓葬壁画芸術をテーマとする中国初の博物館でもある。着工は2020年10月で、総面積は2万平方メートル。延床面積は展示館3830平方メートル、壁画修復研究センター1525平方メートルを合わせて5355平方メートルとなる。展示設営作業は既に完了し、年内の一般公開を予定している。博物館は2002年の全国十大考古新発見に選ばれた「北斉徐顕秀(じょ・けんしゅう)墓」の上に遺跡を残した状態で建てられており、同墓出土の壁画のほか、省内の九原岡墓や水泉梁墓、婁睿(ろうえい)墓から出土した北朝時代の壁画も収蔵する。現物展示や没入型展示を通じ、北朝の歴史や晋陽(太原の旧称)文化、北斉壁画芸術の特徴を全方位的に読み解いている。(太原=新華社記者/藍建中)= 配信日: 2023(令和5)年10月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023100500142

  •  (39)太原北斉壁画博物館を訪ねて山西省
    2023年10月05日
    (39)太原北斉壁画博物館を訪ねて山西省

    徐顕秀墓の誌蓋(しがい、墓誌のふた)。(8月6日撮影)中国山西省太原市迎沢区で開館準備が進む太原北斉壁画博物館を取材した。同館は太原市初の遺跡全体を博物館とした施設であり、遺跡を利用し、墓葬壁画芸術をテーマとする中国初の博物館でもある。着工は2020年10月で、総面積は2万平方メートル。延床面積は展示館3830平方メートル、壁画修復研究センター1525平方メートルを合わせて5355平方メートルとなる。展示設営作業は既に完了し、年内の一般公開を予定している。博物館は2002年の全国十大考古新発見に選ばれた「北斉徐顕秀(じょ・けんしゅう)墓」の上に遺跡を残した状態で建てられており、同墓出土の壁画のほか、省内の九原岡墓や水泉梁墓、婁睿(ろうえい)墓から出土した北朝時代の壁画も収蔵する。現物展示や没入型展示を通じ、北朝の歴史や晋陽(太原の旧称)文化、北斉壁画芸術の特徴を全方位的に読み解いている。(太原=新華社記者/藍建中)= 配信日: 2023(令和5)年10月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023100500227

  •  (32)太原北斉壁画博物館を訪ねて山西省
    2023年10月05日
    (32)太原北斉壁画博物館を訪ねて山西省

    忻州(きんしゅう)九原岡北朝墓の壁画「昇天図」に描かれた「駮(はく)」。中国の神獣で、翼を生やしトラの子をくわえている。当時は駮の出現により戦争がやむと信じられていた。(8月6日撮影)中国山西省太原市迎沢区で開館準備が進む太原北斉壁画博物館を取材した。同館は太原市初の遺跡全体を博物館とした施設であり、遺跡を利用し、墓葬壁画芸術をテーマとする中国初の博物館でもある。着工は2020年10月で、総面積は2万平方メートル。延床面積は展示館3830平方メートル、壁画修復研究センター1525平方メートルを合わせて5355平方メートルとなる。展示設営作業は既に完了し、年内の一般公開を予定している。博物館は2002年の全国十大考古新発見に選ばれた「北斉徐顕秀(じょ・けんしゅう)墓」の上に遺跡を残した状態で建てられており、同墓出土の壁画のほか、省内の九原岡墓や水泉梁墓、婁睿(ろうえい)墓から出土した北朝時代の壁画も収蔵する。現物展示や没入型展示を通じ、北朝の歴史や晋陽(太原の旧称)文化、北斉壁画芸術の特徴を全方位的に読み解いている。(太原=新華社記者/藍建中)= 配信日: 2023(令和5)年10月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023100500134

  •  (34)太原北斉壁画博物館を訪ねて山西省
    2023年10月05日
    (34)太原北斉壁画博物館を訪ねて山西省

    忻州(きんしゅう)九原岡北朝墓の壁画「昇天図」(部分)。(8月6日撮影)中国山西省太原市迎沢区で開館準備が進む太原北斉壁画博物館を取材した。同館は太原市初の遺跡全体を博物館とした施設であり、遺跡を利用し、墓葬壁画芸術をテーマとする中国初の博物館でもある。着工は2020年10月で、総面積は2万平方メートル。延床面積は展示館3830平方メートル、壁画修復研究センター1525平方メートルを合わせて5355平方メートルとなる。展示設営作業は既に完了し、年内の一般公開を予定している。博物館は2002年の全国十大考古新発見に選ばれた「北斉徐顕秀(じょ・けんしゅう)墓」の上に遺跡を残した状態で建てられており、同墓出土の壁画のほか、省内の九原岡墓や水泉梁墓、婁睿(ろうえい)墓から出土した北朝時代の壁画も収蔵する。現物展示や没入型展示を通じ、北朝の歴史や晋陽(太原の旧称)文化、北斉壁画芸術の特徴を全方位的に読み解いている。(太原=新華社記者/藍建中)= 配信日: 2023(令和5)年10月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023100500125

  •  (48)太原北斉壁画博物館を訪ねて山西省
    2023年10月05日
    (48)太原北斉壁画博物館を訪ねて山西省

    忻州(きんしゅう)九原岡北朝墓の壁画「狩猟図」。(8月6日撮影)中国山西省太原市迎沢区で開館準備が進む太原北斉壁画博物館を取材した。同館は太原市初の遺跡全体を博物館とした施設であり、遺跡を利用し、墓葬壁画芸術をテーマとする中国初の博物館でもある。着工は2020年10月で、総面積は2万平方メートル。延床面積は展示館3830平方メートル、壁画修復研究センター1525平方メートルを合わせて5355平方メートルとなる。展示設営作業は既に完了し、年内の一般公開を予定している。博物館は2002年の全国十大考古新発見に選ばれた「北斉徐顕秀(じょ・けんしゅう)墓」の上に遺跡を残した状態で建てられており、同墓出土の壁画のほか、省内の九原岡墓や水泉梁墓、婁睿(ろうえい)墓から出土した北朝時代の壁画も収蔵する。現物展示や没入型展示を通じ、北朝の歴史や晋陽(太原の旧称)文化、北斉壁画芸術の特徴を全方位的に読み解いている。(太原=新華社記者/藍建中)= 配信日: 2023(令和5)年10月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023100500300

  •  (37)太原北斉壁画博物館を訪ねて山西省
    2023年10月05日
    (37)太原北斉壁画博物館を訪ねて山西省

    朔州水泉梁北斉墓の墓室右側に描かれた壁画「鞍馬出行図」。(8月6日撮影)中国山西省太原市迎沢区で開館準備が進む太原北斉壁画博物館を取材した。同館は太原市初の遺跡全体を博物館とした施設であり、遺跡を利用し、墓葬壁画芸術をテーマとする中国初の博物館でもある。着工は2020年10月で、総面積は2万平方メートル。延床面積は展示館3830平方メートル、壁画修復研究センター1525平方メートルを合わせて5355平方メートルとなる。展示設営作業は既に完了し、年内の一般公開を予定している。博物館は2002年の全国十大考古新発見に選ばれた「北斉徐顕秀(じょ・けんしゅう)墓」の上に遺跡を残した状態で建てられており、同墓出土の壁画のほか、省内の九原岡墓や水泉梁墓、婁睿(ろうえい)墓から出土した北朝時代の壁画も収蔵する。現物展示や没入型展示を通じ、北朝の歴史や晋陽(太原の旧称)文化、北斉壁画芸術の特徴を全方位的に読み解いている。(太原=新華社記者/藍建中)= 配信日: 2023(令和5)年10月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023100500148

  •  (41)太原北斉壁画博物館を訪ねて山西省
    2023年10月05日
    (41)太原北斉壁画博物館を訪ねて山西省

    徐顕秀墓の誌蓋(しがい、墓誌のふた)と墓誌銘。(8月6日撮影)中国山西省太原市迎沢区で開館準備が進む太原北斉壁画博物館を取材した。同館は太原市初の遺跡全体を博物館とした施設であり、遺跡を利用し、墓葬壁画芸術をテーマとする中国初の博物館でもある。着工は2020年10月で、総面積は2万平方メートル。延床面積は展示館3830平方メートル、壁画修復研究センター1525平方メートルを合わせて5355平方メートルとなる。展示設営作業は既に完了し、年内の一般公開を予定している。博物館は2002年の全国十大考古新発見に選ばれた「北斉徐顕秀(じょ・けんしゅう)墓」の上に遺跡を残した状態で建てられており、同墓出土の壁画のほか、省内の九原岡墓や水泉梁墓、婁睿(ろうえい)墓から出土した北朝時代の壁画も収蔵する。現物展示や没入型展示を通じ、北朝の歴史や晋陽(太原の旧称)文化、北斉壁画芸術の特徴を全方位的に読み解いている。(太原=新華社記者/藍建中)= 配信日: 2023(令和5)年10月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023100500228

  •  (43)太原北斉壁画博物館を訪ねて山西省
    2023年10月05日
    (43)太原北斉壁画博物館を訪ねて山西省

    北斉婁睿墓の壁画「鞍馬遊騎図」。(8月6日撮影)中国山西省太原市迎沢区で開館準備が進む太原北斉壁画博物館を取材した。同館は太原市初の遺跡全体を博物館とした施設であり、遺跡を利用し、墓葬壁画芸術をテーマとする中国初の博物館でもある。着工は2020年10月で、総面積は2万平方メートル。延床面積は展示館3830平方メートル、壁画修復研究センター1525平方メートルを合わせて5355平方メートルとなる。展示設営作業は既に完了し、年内の一般公開を予定している。博物館は2002年の全国十大考古新発見に選ばれた「北斉徐顕秀(じょ・けんしゅう)墓」の上に遺跡を残した状態で建てられており、同墓出土の壁画のほか、省内の九原岡墓や水泉梁墓、婁睿(ろうえい)墓から出土した北朝時代の壁画も収蔵する。現物展示や没入型展示を通じ、北朝の歴史や晋陽(太原の旧称)文化、北斉壁画芸術の特徴を全方位的に読み解いている。(太原=新華社記者/藍建中)= 配信日: 2023(令和5)年10月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023100500242

  •  (40)太原北斉壁画博物館を訪ねて山西省
    2023年10月05日
    (40)太原北斉壁画博物館を訪ねて山西省

    徐顕秀墓の墓誌銘。(8月6日撮影)中国山西省太原市迎沢区で開館準備が進む太原北斉壁画博物館を取材した。同館は太原市初の遺跡全体を博物館とした施設であり、遺跡を利用し、墓葬壁画芸術をテーマとする中国初の博物館でもある。着工は2020年10月で、総面積は2万平方メートル。延床面積は展示館3830平方メートル、壁画修復研究センター1525平方メートルを合わせて5355平方メートルとなる。展示設営作業は既に完了し、年内の一般公開を予定している。博物館は2002年の全国十大考古新発見に選ばれた「北斉徐顕秀(じょ・けんしゅう)墓」の上に遺跡を残した状態で建てられており、同墓出土の壁画のほか、省内の九原岡墓や水泉梁墓、婁睿(ろうえい)墓から出土した北朝時代の壁画も収蔵する。現物展示や没入型展示を通じ、北朝の歴史や晋陽(太原の旧称)文化、北斉壁画芸術の特徴を全方位的に読み解いている。(太原=新華社記者/藍建中)= 配信日: 2023(令和5)年10月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023100500231

  •  (31)太原北斉壁画博物館を訪ねて山西省
    2023年10月05日
    (31)太原北斉壁画博物館を訪ねて山西省

    忻州(きんしゅう)九原岡北朝墓の壁画「昇天図」に描かれた雷公(らいこう、雷神)。(8月6日撮影)中国山西省太原市迎沢区で開館準備が進む太原北斉壁画博物館を取材した。同館は太原市初の遺跡全体を博物館とした施設であり、遺跡を利用し、墓葬壁画芸術をテーマとする中国初の博物館でもある。着工は2020年10月で、総面積は2万平方メートル。延床面積は展示館3830平方メートル、壁画修復研究センター1525平方メートルを合わせて5355平方メートルとなる。展示設営作業は既に完了し、年内の一般公開を予定している。博物館は2002年の全国十大考古新発見に選ばれた「北斉徐顕秀(じょ・けんしゅう)墓」の上に遺跡を残した状態で建てられており、同墓出土の壁画のほか、省内の九原岡墓や水泉梁墓、婁睿(ろうえい)墓から出土した北朝時代の壁画も収蔵する。現物展示や没入型展示を通じ、北朝の歴史や晋陽(太原の旧称)文化、北斉壁画芸術の特徴を全方位的に読み解いている。(太原=新華社記者/藍建中)= 配信日: 2023(令和5)年10月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023100500133

  •  (45)太原北斉壁画博物館を訪ねて山西省
    2023年10月05日
    (45)太原北斉壁画博物館を訪ねて山西省

    北斉婁睿墓の壁画「門吏図」。(8月6日撮影)中国山西省太原市迎沢区で開館準備が進む太原北斉壁画博物館を取材した。同館は太原市初の遺跡全体を博物館とした施設であり、遺跡を利用し、墓葬壁画芸術をテーマとする中国初の博物館でもある。着工は2020年10月で、総面積は2万平方メートル。延床面積は展示館3830平方メートル、壁画修復研究センター1525平方メートルを合わせて5355平方メートルとなる。展示設営作業は既に完了し、年内の一般公開を予定している。博物館は2002年の全国十大考古新発見に選ばれた「北斉徐顕秀(じょ・けんしゅう)墓」の上に遺跡を残した状態で建てられており、同墓出土の壁画のほか、省内の九原岡墓や水泉梁墓、婁睿(ろうえい)墓から出土した北朝時代の壁画も収蔵する。現物展示や没入型展示を通じ、北朝の歴史や晋陽(太原の旧称)文化、北斉壁画芸術の特徴を全方位的に読み解いている。(太原=新華社記者/藍建中)= 配信日: 2023(令和5)年10月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023100500236

  •  (46)太原北斉壁画博物館を訪ねて山西省
    2023年10月05日
    (46)太原北斉壁画博物館を訪ねて山西省

    忻州(きんしゅう)九原岡北朝墓の壁画「狩猟図」。(8月6日撮影)中国山西省太原市迎沢区で開館準備が進む太原北斉壁画博物館を取材した。同館は太原市初の遺跡全体を博物館とした施設であり、遺跡を利用し、墓葬壁画芸術をテーマとする中国初の博物館でもある。着工は2020年10月で、総面積は2万平方メートル。延床面積は展示館3830平方メートル、壁画修復研究センター1525平方メートルを合わせて5355平方メートルとなる。展示設営作業は既に完了し、年内の一般公開を予定している。博物館は2002年の全国十大考古新発見に選ばれた「北斉徐顕秀(じょ・けんしゅう)墓」の上に遺跡を残した状態で建てられており、同墓出土の壁画のほか、省内の九原岡墓や水泉梁墓、婁睿(ろうえい)墓から出土した北朝時代の壁画も収蔵する。現物展示や没入型展示を通じ、北朝の歴史や晋陽(太原の旧称)文化、北斉壁画芸術の特徴を全方位的に読み解いている。(太原=新華社記者/藍建中)= 配信日: 2023(令和5)年10月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023100500243

  •  (49)太原北斉壁画博物館を訪ねて山西省
    2023年10月05日
    (49)太原北斉壁画博物館を訪ねて山西省

    忻州(きんしゅう)九原岡北朝墓の壁画「昇天図」。中央に中国の神獣「彊良(きょうりょう)」が描かれている。(8月6日撮影)中国山西省太原市迎沢区で開館準備が進む太原北斉壁画博物館を取材した。同館は太原市初の遺跡全体を博物館とした施設であり、遺跡を利用し、墓葬壁画芸術をテーマとする中国初の博物館でもある。着工は2020年10月で、総面積は2万平方メートル。延床面積は展示館3830平方メートル、壁画修復研究センター1525平方メートルを合わせて5355平方メートルとなる。展示設営作業は既に完了し、年内の一般公開を予定している。博物館は2002年の全国十大考古新発見に選ばれた「北斉徐顕秀(じょ・けんしゅう)墓」の上に遺跡を残した状態で建てられており、同墓出土の壁画のほか、省内の九原岡墓や水泉梁墓、婁睿(ろうえい)墓から出土した北朝時代の壁画も収蔵する。現物展示や没入型展示を通じ、北朝の歴史や晋陽(太原の旧称)文化、北斉壁画芸術の特徴を全方位的に読み解いている。(太原=新華社記者/藍建中)= 配信日: 2023(令和5)年10月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023100500301

  •  (3)オンライン手話教室開設山西省太原市
    2023年10月10日
    (3)オンライン手話教室開設山西省太原市

    聴覚障害がある生徒に手話で授業をする高晶晶さん。(資料写真)中国山西省太原市迎沢区はこのほど、通信アプリ「微信(ウィーチャット)」の公式アカウントで手話教室「手語課堂」を開設し、日常会話で使える手話の動画を配信している。(太原=新華社配信)= 配信日: 2023(令和5)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023101009778

  •  (2)オンライン手話教室開設山西省太原市
    2023年10月10日
    (2)オンライン手話教室開設山西省太原市

    授業を行う2人の手話講師。(資料写真)中国山西省太原市迎沢区はこのほど、通信アプリ「微信(ウィーチャット)」の公式アカウントで手話教室「手語課堂」を開設し、日常会話で使える手話の動画を配信している。(太原=新華社配信)= 配信日: 2023(令和5)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023101009774

  •  (4)オンライン手話教室開設山西省太原市
    2023年10月10日
    (4)オンライン手話教室開設山西省太原市

    手話教室「手語課堂」収録中の高晶晶さん。(資料写真)中国山西省太原市迎沢区はこのほど、通信アプリ「微信(ウィーチャット)」の公式アカウントで手話教室「手語課堂」を開設し、日常会話で使える手話の動画を配信している。(太原=新華社配信)= 配信日: 2023(令和5)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023101009775

  •  (1)オンライン手話教室開設山西省太原市
    2023年10月10日
    (1)オンライン手話教室開設山西省太原市

    オンライン手話教室の授業を行う講師。(資料写真)中国山西省太原市迎沢区はこのほど、通信アプリ「微信(ウィーチャット)」の公式アカウントで手話教室「手語課堂」を開設し、日常会話で使える手話の動画を配信している。(太原=新華社配信)= 配信日: 2023(令和5)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023101009776

  •  (5)オンライン手話教室開設山西省太原市
    2023年10月10日
    (5)オンライン手話教室開設山西省太原市

    手話教室「手語課堂」収録現場。(資料写真)中国山西省太原市迎沢区はこのほど、通信アプリ「微信(ウィーチャット)」の公式アカウントで手話教室「手語課堂」を開設し、日常会話で使える手話の動画を配信している。(太原=新華社配信)= 配信日: 2023(令和5)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023101009777

  •  (3)太原北斉壁画博物館で1500年前の壁画を堪能山西省
    2024年04月30日
    (3)太原北斉壁画博物館で1500年前の壁画を堪能山西省

    太原北斉壁画博物館に展示されている壁画。(3月21日撮影)中国山西省太原市の太原北斉壁画博物館は、南北朝時代の北朝、北斉王朝時代の徐顕秀(じょ・けんしゅう)墓の保護と展示のために建てられた遺跡博物館で、同市迎沢区王家峰村に位置し、500点以上の器物が出土したほか、300平方メートル余りの壁画が見つかった。壁画は宴飲図や墓主夫妻出行準備図、儀仗隊列図などで、北斉時代の高官貴族の豪奢な生活風景が見て取れる。徐顕秀墓の壁画のほか、山西省内で出土した北朝後期の墓の壁画も展示しており、同時代の社会と歴史を生き生きと再現している。(太原=新華社記者/詹彦)= 配信日: 2024(令和6)年4月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2024043004968

  •  (4)太原北斉壁画博物館で1500年前の壁画を堪能山西省
    2024年04月30日
    (4)太原北斉壁画博物館で1500年前の壁画を堪能山西省

    太原北斉壁画博物館に展示されている壁画。(3月21日撮影)中国山西省太原市の太原北斉壁画博物館は、南北朝時代の北朝、北斉王朝時代の徐顕秀(じょ・けんしゅう)墓の保護と展示のために建てられた遺跡博物館で、同市迎沢区王家峰村に位置し、500点以上の器物が出土したほか、300平方メートル余りの壁画が見つかった。壁画は宴飲図や墓主夫妻出行準備図、儀仗隊列図などで、北斉時代の高官貴族の豪奢な生活風景が見て取れる。徐顕秀墓の壁画のほか、山西省内で出土した北朝後期の墓の壁画も展示しており、同時代の社会と歴史を生き生きと再現している。(太原=新華社記者/詹彦)= 配信日: 2024(令和6)年4月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2024043004969

  •  (7)太原北斉壁画博物館で1500年前の壁画を堪能山西省
    2024年04月30日
    (7)太原北斉壁画博物館で1500年前の壁画を堪能山西省

    太原北斉壁画博物館に展示されている壁画。(3月21日撮影)中国山西省太原市の太原北斉壁画博物館は、南北朝時代の北朝、北斉王朝時代の徐顕秀(じょ・けんしゅう)墓の保護と展示のために建てられた遺跡博物館で、同市迎沢区王家峰村に位置し、500点以上の器物が出土したほか、300平方メートル余りの壁画が見つかった。壁画は宴飲図や墓主夫妻出行準備図、儀仗隊列図などで、北斉時代の高官貴族の豪奢な生活風景が見て取れる。徐顕秀墓の壁画のほか、山西省内で出土した北朝後期の墓の壁画も展示しており、同時代の社会と歴史を生き生きと再現している。(太原=新華社記者/詹彦)= 配信日: 2024(令和6)年4月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2024043004974

  •  (8)太原北斉壁画博物館で1500年前の壁画を堪能山西省
    2024年04月30日
    (8)太原北斉壁画博物館で1500年前の壁画を堪能山西省

    太原北斉壁画博物館に展示されている壁画。(3月21日撮影)中国山西省太原市の太原北斉壁画博物館は、南北朝時代の北朝、北斉王朝時代の徐顕秀(じょ・けんしゅう)墓の保護と展示のために建てられた遺跡博物館で、同市迎沢区王家峰村に位置し、500点以上の器物が出土したほか、300平方メートル余りの壁画が見つかった。壁画は宴飲図や墓主夫妻出行準備図、儀仗隊列図などで、北斉時代の高官貴族の豪奢な生活風景が見て取れる。徐顕秀墓の壁画のほか、山西省内で出土した北朝後期の墓の壁画も展示しており、同時代の社会と歴史を生き生きと再現している。(太原=新華社記者/詹彦)= 配信日: 2024(令和6)年4月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2024043004972

  •  (17)太原北斉壁画博物館で1500年前の壁画を堪能山西省
    2024年04月30日
    (17)太原北斉壁画博物館で1500年前の壁画を堪能山西省

    太原北斉壁画博物館で壁画を見る人。(3月21日撮影)中国山西省太原市の太原北斉壁画博物館は、南北朝時代の北朝、北斉王朝時代の徐顕秀(じょ・けんしゅう)墓の保護と展示のために建てられた遺跡博物館で、同市迎沢区王家峰村に位置し、500点以上の器物が出土したほか、300平方メートル余りの壁画が見つかった。壁画は宴飲図や墓主夫妻出行準備図、儀仗隊列図などで、北斉時代の高官貴族の豪奢な生活風景が見て取れる。徐顕秀墓の壁画のほか、山西省内で出土した北朝後期の墓の壁画も展示しており、同時代の社会と歴史を生き生きと再現している。(太原=新華社記者/詹彦)= 配信日: 2024(令和6)年4月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2024043004981

  •  (14)太原北斉壁画博物館で1500年前の壁画を堪能山西省
    2024年04月30日
    (14)太原北斉壁画博物館で1500年前の壁画を堪能山西省

    太原北斉壁画博物館に展示されている壁画。(3月21日撮影)中国山西省太原市の太原北斉壁画博物館は、南北朝時代の北朝、北斉王朝時代の徐顕秀(じょ・けんしゅう)墓の保護と展示のために建てられた遺跡博物館で、同市迎沢区王家峰村に位置し、500点以上の器物が出土したほか、300平方メートル余りの壁画が見つかった。壁画は宴飲図や墓主夫妻出行準備図、儀仗隊列図などで、北斉時代の高官貴族の豪奢な生活風景が見て取れる。徐顕秀墓の壁画のほか、山西省内で出土した北朝後期の墓の壁画も展示しており、同時代の社会と歴史を生き生きと再現している。(太原=新華社記者/詹彦)= 配信日: 2024(令和6)年4月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2024043004978

  •  (9)太原北斉壁画博物館で1500年前の壁画を堪能山西省
    2024年04月30日
    (9)太原北斉壁画博物館で1500年前の壁画を堪能山西省

    太原北斉壁画博物館に展示されている壁画。(3月21日撮影)中国山西省太原市の太原北斉壁画博物館は、南北朝時代の北朝、北斉王朝時代の徐顕秀(じょ・けんしゅう)墓の保護と展示のために建てられた遺跡博物館で、同市迎沢区王家峰村に位置し、500点以上の器物が出土したほか、300平方メートル余りの壁画が見つかった。壁画は宴飲図や墓主夫妻出行準備図、儀仗隊列図などで、北斉時代の高官貴族の豪奢な生活風景が見て取れる。徐顕秀墓の壁画のほか、山西省内で出土した北朝後期の墓の壁画も展示しており、同時代の社会と歴史を生き生きと再現している。(太原=新華社記者/詹彦)= 配信日: 2024(令和6)年4月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2024043004973

  •  (16)太原北斉壁画博物館で1500年前の壁画を堪能山西省
    2024年04月30日
    (16)太原北斉壁画博物館で1500年前の壁画を堪能山西省

    太原北斉壁画博物館に展示されている壁画。(3月21日撮影)中国山西省太原市の太原北斉壁画博物館は、南北朝時代の北朝、北斉王朝時代の徐顕秀(じょ・けんしゅう)墓の保護と展示のために建てられた遺跡博物館で、同市迎沢区王家峰村に位置し、500点以上の器物が出土したほか、300平方メートル余りの壁画が見つかった。壁画は宴飲図や墓主夫妻出行準備図、儀仗隊列図などで、北斉時代の高官貴族の豪奢な生活風景が見て取れる。徐顕秀墓の壁画のほか、山西省内で出土した北朝後期の墓の壁画も展示しており、同時代の社会と歴史を生き生きと再現している。(太原=新華社記者/詹彦)= 配信日: 2024(令和6)年4月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2024043004985

  •  (13)太原北斉壁画博物館で1500年前の壁画を堪能山西省
    2024年04月30日
    (13)太原北斉壁画博物館で1500年前の壁画を堪能山西省

    太原北斉壁画博物館に展示されている壁画。(3月21日撮影)中国山西省太原市の太原北斉壁画博物館は、南北朝時代の北朝、北斉王朝時代の徐顕秀(じょ・けんしゅう)墓の保護と展示のために建てられた遺跡博物館で、同市迎沢区王家峰村に位置し、500点以上の器物が出土したほか、300平方メートル余りの壁画が見つかった。壁画は宴飲図や墓主夫妻出行準備図、儀仗隊列図などで、北斉時代の高官貴族の豪奢な生活風景が見て取れる。徐顕秀墓の壁画のほか、山西省内で出土した北朝後期の墓の壁画も展示しており、同時代の社会と歴史を生き生きと再現している。(太原=新華社記者/詹彦)= 配信日: 2024(令和6)年4月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2024043004980

  •  (6)太原北斉壁画博物館で1500年前の壁画を堪能山西省
    2024年04月30日
    (6)太原北斉壁画博物館で1500年前の壁画を堪能山西省

    太原北斉壁画博物館に展示されている壁画。(3月21日撮影)中国山西省太原市の太原北斉壁画博物館は、南北朝時代の北朝、北斉王朝時代の徐顕秀(じょ・けんしゅう)墓の保護と展示のために建てられた遺跡博物館で、同市迎沢区王家峰村に位置し、500点以上の器物が出土したほか、300平方メートル余りの壁画が見つかった。壁画は宴飲図や墓主夫妻出行準備図、儀仗隊列図などで、北斉時代の高官貴族の豪奢な生活風景が見て取れる。徐顕秀墓の壁画のほか、山西省内で出土した北朝後期の墓の壁画も展示しており、同時代の社会と歴史を生き生きと再現している。(太原=新華社記者/詹彦)= 配信日: 2024(令和6)年4月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2024043004975

  •  (15)太原北斉壁画博物館で1500年前の壁画を堪能山西省
    2024年04月30日
    (15)太原北斉壁画博物館で1500年前の壁画を堪能山西省

    太原北斉壁画博物館に展示されている壁画。(3月21日撮影)中国山西省太原市の太原北斉壁画博物館は、南北朝時代の北朝、北斉王朝時代の徐顕秀(じょ・けんしゅう)墓の保護と展示のために建てられた遺跡博物館で、同市迎沢区王家峰村に位置し、500点以上の器物が出土したほか、300平方メートル余りの壁画が見つかった。壁画は宴飲図や墓主夫妻出行準備図、儀仗隊列図などで、北斉時代の高官貴族の豪奢な生活風景が見て取れる。徐顕秀墓の壁画のほか、山西省内で出土した北朝後期の墓の壁画も展示しており、同時代の社会と歴史を生き生きと再現している。(太原=新華社記者/詹彦)= 配信日: 2024(令和6)年4月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2024043004982

  •  (1)太原北斉壁画博物館で1500年前の壁画を堪能山西省
    2024年04月30日
    (1)太原北斉壁画博物館で1500年前の壁画を堪能山西省

    太原北斉壁画博物館で壁画を見る人。(3月21日撮影)中国山西省太原市の太原北斉壁画博物館は、南北朝時代の北朝、北斉王朝時代の徐顕秀(じょ・けんしゅう)墓の保護と展示のために建てられた遺跡博物館で、同市迎沢区王家峰村に位置し、500点以上の器物が出土したほか、300平方メートル余りの壁画が見つかった。壁画は宴飲図や墓主夫妻出行準備図、儀仗隊列図などで、北斉時代の高官貴族の豪奢な生活風景が見て取れる。徐顕秀墓の壁画のほか、山西省内で出土した北朝後期の墓の壁画も展示しており、同時代の社会と歴史を生き生きと再現している。(太原=新華社記者/詹彦)= 配信日: 2024(令和6)年4月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2024043004963

  •  (11)太原北斉壁画博物館で1500年前の壁画を堪能山西省
    2024年04月30日
    (11)太原北斉壁画博物館で1500年前の壁画を堪能山西省

    太原北斉壁画博物館に展示されている壁画。(3月21日撮影)中国山西省太原市の太原北斉壁画博物館は、南北朝時代の北朝、北斉王朝時代の徐顕秀(じょ・けんしゅう)墓の保護と展示のために建てられた遺跡博物館で、同市迎沢区王家峰村に位置し、500点以上の器物が出土したほか、300平方メートル余りの壁画が見つかった。壁画は宴飲図や墓主夫妻出行準備図、儀仗隊列図などで、北斉時代の高官貴族の豪奢な生活風景が見て取れる。徐顕秀墓の壁画のほか、山西省内で出土した北朝後期の墓の壁画も展示しており、同時代の社会と歴史を生き生きと再現している。(太原=新華社記者/詹彦)= 配信日: 2024(令和6)年4月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2024043004977

  •  (2)太原北斉壁画博物館で1500年前の壁画を堪能山西省
    2024年04月30日
    (2)太原北斉壁画博物館で1500年前の壁画を堪能山西省

    太原北斉壁画博物館に展示されている壁画。(3月21日撮影)中国山西省太原市の太原北斉壁画博物館は、南北朝時代の北朝、北斉王朝時代の徐顕秀(じょ・けんしゅう)墓の保護と展示のために建てられた遺跡博物館で、同市迎沢区王家峰村に位置し、500点以上の器物が出土したほか、300平方メートル余りの壁画が見つかった。壁画は宴飲図や墓主夫妻出行準備図、儀仗隊列図などで、北斉時代の高官貴族の豪奢な生活風景が見て取れる。徐顕秀墓の壁画のほか、山西省内で出土した北朝後期の墓の壁画も展示しており、同時代の社会と歴史を生き生きと再現している。(太原=新華社記者/詹彦)= 配信日: 2024(令和6)年4月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2024043004967

  • 1
  • 2