KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 装置
  • 赤外分光法
  • まぶた
  • システム
  • ニューロフィードバック
  • パソコン
  • 令和
  • 単語
  • 場所
  • 大阪市城東区

「近赤外分光法」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
2
( 1 2 件を表示)
  • 1
2
( 1 2 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2013年08月29日
    NIRS装置 イメージだけでまひ改善

    近赤外分光法(NIRS)の装置を頭に装着し、ニューロフィードバックに取り組む市川ヨシ子さん=3月27日、大阪市城東区の森之宮病院

    商品コード: 2013082900461

  • 2019年06月04日
    ダブル技研のALS患者向けコミュニケーションツール

    ダブル技研は、まぶたや指が動かせなくなった筋萎縮性側索硬化症(ALS)患者らを対象に、患者が思う単語を脳の血流から判別して画面に映す技術を開発した。近赤外分光法(NIRS)により脳の活動状態から「はい/いいえ」を割り出す装置の技術を応用した。伝えたい単語の1語ずつ、母音だけを患者が選び、言葉の数から伝えたい単語の候補を類推して画面に示す。パソコンと端末などで構成したシステムとして早ければ9月に発売する。新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の支援を受け、東洋大学田中尚樹教授らと開発した。=2019(令和元)年6月4日、撮影場所不明、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062103452

  • 1