KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージリンク

お問い合わせ
03-6252-6224
平日9:30-18:00
  • ヘクター
  • ムー
  • 令和
  • 土地
  • 産業
  • けん引
  • つう
  • 加入
  • 協同組合
  • 実現

「通河県」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
9
( 1 9 件を表示)
  • 1
9
( 1 9 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  •  ハシバミの木が「貧困扶助の実」を結ぶ黒竜江省通河県
    2020年08月13日
    ハシバミの木が「貧困扶助の実」を結ぶ黒竜江省通河県

    黒竜江省ハルビン市通河県富林鎮長興村にある長生ハシバミ貧困扶助基地で栽培されているハシバミの木。(8月13日撮影)中国黒竜江省ハルビン市通河(つうか)県富林鎮長興村にある長生ハシバミ貧困扶助基地は、2016年に建設が始まった。村党支部が率先して長生ハシバミ農民専業合作社(協同組合)を設立。同基地で300ムー(20ヘクタール)の土地の使用権を請け負い、ハシバミを栽培している。同村の貧困世帯24戸は金融貧困扶助政策貸付を利用して合作社に加入し、毎年3千元(1元=約15円)以上の配当を受けている。また、同基地は村の貧困者17人に雇用を提供。年間の就労期間は約4カ月、1人当たり就労収入は2千元以上で、産業のけん引と的確な貧困扶助を実現している。(ハルビン=新華社配信/王鶴)=2020(令和2)年8月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090100531

  •  ハシバミの木が「貧困扶助の実」を結ぶ黒竜江省通河県
    2020年08月13日
    ハシバミの木が「貧困扶助の実」を結ぶ黒竜江省通河県

    黒竜江省ハルビン市通河県富林鎮長興村にある長生ハシバミ貧困扶助基地で、ハシバミの成長をチェックする同村党支部書記、王俊福(おう・しゅんふく)さん。(8月13日撮影)中国黒竜江省ハルビン市通河(つうか)県富林鎮長興村にある長生ハシバミ貧困扶助基地は、2016年に建設が始まった。村党支部が率先して長生ハシバミ農民専業合作社(協同組合)を設立。同基地で300ムー(20ヘクタール)の土地の使用権を請け負い、ハシバミを栽培している。同村の貧困世帯24戸は金融貧困扶助政策貸付を利用して合作社に加入し、毎年3千元(1元=約15円)以上の配当を受けている。また、同基地は村の貧困者17人に雇用を提供。年間の就労期間は約4カ月、1人当たり就労収入は2千元以上で、産業のけん引と的確な貧困扶助を実現している。(ハルビン=新華社配信/王鶴)=2020(令和2)年8月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090100731

  •  ハシバミの木が「貧困扶助の実」を結ぶ黒竜江省通河県
    2020年08月13日
    ハシバミの木が「貧困扶助の実」を結ぶ黒竜江省通河県

    黒竜江省ハルビン市通河県富林鎮長興村にある長生ハシバミ貧困扶助基地で栽培されているハシバミ。(8月13日撮影)中国黒竜江省ハルビン市通河(つうか)県富林鎮長興村にある長生ハシバミ貧困扶助基地は、2016年に建設が始まった。村党支部が率先して長生ハシバミ農民専業合作社(協同組合)を設立。同基地で300ムー(20ヘクタール)の土地の使用権を請け負い、ハシバミを栽培している。同村の貧困世帯24戸は金融貧困扶助政策貸付を利用して合作社に加入し、毎年3千元(1元=約15円)以上の配当を受けている。また、同基地は村の貧困者17人に雇用を提供。年間の就労期間は約4カ月、1人当たり就労収入は2千元以上で、産業のけん引と的確な貧困扶助を実現している。(ハルビン=新華社配信/王鶴)=2020(令和2)年8月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090100614

  •  ハシバミの木が「貧困扶助の実」を結ぶ黒竜江省通河県
    2020年08月13日
    ハシバミの木が「貧困扶助の実」を結ぶ黒竜江省通河県

    黒竜江省ハルビン市通河県富林鎮長興村の長生ハシバミ貧困扶助基地に設置された害虫モニタリング装置。(8月13日撮影)中国黒竜江省ハルビン市通河(つうか)県富林鎮長興村にある長生ハシバミ貧困扶助基地は、2016年に建設が始まった。村党支部が率先して長生ハシバミ農民専業合作社(協同組合)を設立。同基地で300ムー(20ヘクタール)の土地の使用権を請け負い、ハシバミを栽培している。同村の貧困世帯24戸は金融貧困扶助政策貸付を利用して合作社に加入し、毎年3千元(1元=約15円)以上の配当を受けている。また、同基地は村の貧困者17人に雇用を提供。年間の就労期間は約4カ月、1人当たり就労収入は2千元以上で、産業のけん引と的確な貧困扶助を実現している。(ハルビン=新華社配信/王鶴)=2020(令和2)年8月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090100649

  •  ハシバミの木が「貧困扶助の実」を結ぶ黒竜江省通河県
    2020年08月13日
    ハシバミの木が「貧困扶助の実」を結ぶ黒竜江省通河県

    黒竜江省ハルビン市通河県富林鎮長興村にある長生ハシバミ貧困扶助基地で、ハシバミの成長をチェックする同村党支部書記、王俊福(おう・しゅんふく)さん。(8月13日撮影)中国黒竜江省ハルビン市通河(つうか)県富林鎮長興村にある長生ハシバミ貧困扶助基地は、2016年に建設が始まった。村党支部が率先して長生ハシバミ農民専業合作社(協同組合)を設立。同基地で300ムー(20ヘクタール)の土地の使用権を請け負い、ハシバミを栽培している。同村の貧困世帯24戸は金融貧困扶助政策貸付を利用して合作社に加入し、毎年3千元(1元=約15円)以上の配当を受けている。また、同基地は村の貧困者17人に雇用を提供。年間の就労期間は約4カ月、1人当たり就労収入は2千元以上で、産業のけん引と的確な貧困扶助を実現している。(ハルビン=新華社配信/王鶴)=2020(令和2)年8月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090100677

  •  (3)ヘーゼルナッツが作り出す「大産業」黒竜江省通河県
    2022年11月23日
    (3)ヘーゼルナッツが作り出す「大産業」黒竜江省通河県

    通河県の企業、慶秋田食品のヘーゼルナッツ脱穀設備。(11月1日撮影)中国黒竜江省ハルビン市通河県は、小興安嶺山脈の南麓に位置する。山間部の土地は痩せており、伝統的な作物を植えても高い収益は見込めない。地元農家の鄭民(てい・みん)さんは13年前、自分たちの土地に適した作物を探すため各地を回り、寒冷地でも栽培でき、市場の将来性も高いヘーゼルナッツを選んだ。通河県では現在、ヘーゼルナッツ経済林の栽培面積が13万2千ムー(8800ヘクタール)となっている。25年には県全体の栽培面積が20万ムー(約1万3333ヘクタール)になると見込まれ、経済収益は24億元(1元=約20円)、1人当たりの収入も現在より2万4千元増えると予想される。(通河=新華社記者/戴錦鎔)= 配信日: 2022(令和4)年11月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022112402471

  •  (1)ヘーゼルナッツが作り出す「大産業」黒竜江省通河県
    2022年11月23日
    (1)ヘーゼルナッツが作り出す「大産業」黒竜江省通河県

    鄭民さんのヘーゼルナッツ果樹園。(2018年7月5日撮影)中国黒竜江省ハルビン市通河県は、小興安嶺山脈の南麓に位置する。山間部の土地は痩せており、伝統的な作物を植えても高い収益は見込めない。地元農家の鄭民(てい・みん)さんは13年前、自分たちの土地に適した作物を探すため各地を回り、寒冷地でも栽培でき、市場の将来性も高いヘーゼルナッツを選んだ。通河県では現在、ヘーゼルナッツ経済林の栽培面積が13万2千ムー(8800ヘクタール)となっている。25年には県全体の栽培面積が20万ムー(約1万3333ヘクタール)になると見込まれ、経済収益は24億元(1元=約20円)、1人当たりの収入も現在より2万4千元増えると予想される。(通河=新華社記者/楊思琪)= 配信日: 2022(令和4)年11月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022112402466

  •  (4)ヘーゼルナッツが作り出す「大産業」黒竜江省通河県
    2022年11月23日
    (4)ヘーゼルナッツが作り出す「大産業」黒竜江省通河県

    パック詰めされたヘーゼルナッツ。(11月1日撮影)中国黒竜江省ハルビン市通河県は、小興安嶺山脈の南麓に位置する。山間部の土地は痩せており、伝統的な作物を植えても高い収益は見込めない。地元農家の鄭民(てい・みん)さんは13年前、自分たちの土地に適した作物を探すため各地を回り、寒冷地でも栽培でき、市場の将来性も高いヘーゼルナッツを選んだ。通河県では現在、ヘーゼルナッツ経済林の栽培面積が13万2千ムー(8800ヘクタール)となっている。25年には県全体の栽培面積が20万ムー(約1万3333ヘクタール)になると見込まれ、経済収益は24億元(1元=約20円)、1人当たりの収入も現在より2万4千元増えると予想される。(通河=新華社記者/戴錦鎔)= 配信日: 2022(令和4)年11月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022112402468

  •  (2)ヘーゼルナッツが作り出す「大産業」黒竜江省通河県
    2022年11月23日
    (2)ヘーゼルナッツが作り出す「大産業」黒竜江省通河県

    ヘーゼルナッツについて説明する鄭民さん。(2018年7月6日撮影)中国黒竜江省ハルビン市通河県は、小興安嶺山脈の南麓に位置する。山間部の土地は痩せており、伝統的な作物を植えても高い収益は見込めない。地元農家の鄭民(てい・みん)さんは13年前、自分たちの土地に適した作物を探すため各地を回り、寒冷地でも栽培でき、市場の将来性も高いヘーゼルナッツを選んだ。通河県では現在、ヘーゼルナッツ経済林の栽培面積が13万2千ムー(8800ヘクタール)となっている。25年には県全体の栽培面積が20万ムー(約1万3333ヘクタール)になると見込まれ、経済収益は24億元(1元=約20円)、1人当たりの収入も現在より2万4千元増えると予想される。(通河=新華社記者/楊思琪)= 配信日: 2022(令和4)年11月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022112402470

  • 1