KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 令和
  • 風景
  • 歴史
  • 記者
  • 保護
  • 登録
  • ユネスコ
  • 観光客
  • 変化
  • 発展

「連綿」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
119
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
119
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2003年07月14日
    連綿と続く女性誌のDNA

    集英社から刊行されている「non・no」「MORE」「BAILA」「LEE」「メイプル」

    商品コード: 2003071400070

  • 2010年09月14日
    いいのはちまんぐうのやぶさめ 飯野八幡宮の流鏑馬(やぶさめ)

    キーワード:福島県いわき市平に鎮座する八幡宮。毎年9月中旬に、鎌倉時代から連綿と続けられている流鏑馬が行われる。=2010(平成22)年9月14日、福島県いわき市、クレジット:福島民報/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020011400549

  • 2014年09月16日
    添田孝史氏 連綿と続く「圧力」体質

    インタビューに答える科学ライターの添田孝史さん

    商品コード: 2014091600422

  • 2018年07月01日
    夏を迎えた内モンゴル·アルシャン

    7月1日、巨人の足跡のようなアルシャンの駝峰嶺天池。(小型無人機から)阿爾山(アルシャン)は中国内モンゴル自治区の大興安嶺南西山麓に位置し、どこまでも連綿と続く原生林、神秘的で雄大な火山地形を有しており、特に夏の風景は人をうっとりとさせる。(アルシャン=新華社記者/劉磊)=2018(平成30)年7月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018070400677

  • 2018年07月01日
    夏を迎えた内モンゴル·アルシャン

    7月1日、アルシャンの駝峰嶺天池。(小型無人機から)阿爾山(アルシャン)は中国内モンゴル自治区の大興安嶺南西山麓に位置し、どこまでも連綿と続く原生林、神秘的で雄大な火山地形を有しており、特に夏の風景は人をうっとりとさせる。(アルシャン=新華社記者/劉磊)=2018(平成30)年7月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018070400652

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年07月02日
    夏を迎えた内モンゴル·アルシャン

    7月2日、アルシャンの森林と草原の移行帯部分。阿爾山(アルシャン)は中国内モンゴル自治区の大興安嶺南西山麓に位置し、どこまでも連綿と続く原生林、神秘的で雄大な火山地形を有しており、特に夏の風景は人をうっとりとさせる。(アルシャン=新華社記者/劉磊)=2018(平成30)年7月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018070400696

  • 2018年08月03日
    秦嶺地区、希少動物の個体群数が増加

    陝西省仏坪県のパンダ谷で撮影した秦嶺キンシコウ。(2018年8月3日撮影)中国中部を東西に横断する秦嶺山脈は、1600キロ以上にわたり連綿と続き、中国の地理上で最も重要な南北の境界線となっている。秦嶺地区には現在陸生野生動物587種が生息しており、うち国家1級重点保護動物が12種、国家2級重点保護動物が63種となっている。同地の希少動物で「秦嶺の四宝」と呼ばれるパンダ、トキ、ターキン、キンシコウは今年、個体群の数と生息地の面積が共に増加している。(西安=新華社記者/劉瀟)=2018(平成30)年8月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120900703

  • 2018年08月03日
    秦嶺地区、希少動物の個体群数が増加

    陝西省仏坪県のパンダ谷で撮影した秦嶺キンシコウ。(2018年8月3日撮影)中国中部を東西に横断する秦嶺山脈は、1600キロ以上にわたり連綿と続き、中国の地理上で最も重要な南北の境界線となっている。秦嶺地区には現在陸生野生動物587種が生息しており、うち国家1級重点保護動物が12種、国家2級重点保護動物が63種となっている。同地の希少動物で「秦嶺の四宝」と呼ばれるパンダ、トキ、ターキン、キンシコウは今年、個体群の数と生息地の面積が共に増加している。(西安=新華社記者/劉瀟)=2018(平成30)年8月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120900716

  • 2018年09月18日
    連綿とトップ選手を輩出

    チェコ・プラハ

    商品コード: 2018091821188

  • 2018年09月18日
    連綿とトップ選手を輩出

    チェコ・プラハ

    商品コード: 2018091821189

  • 2018年09月18日
    TKスパルタ・プラハ 連綿とトップ選手を輩出

    チェコテニスの聖地、TKスパルタ・プラハのクレーコート。支援態勢が充実しており、若年層からプロ選手までが練習する=6月、プラハ(共同)

    商品コード: 2018091821596

  • 2018年09月18日
    指導を受ける選手 連綿とトップ選手を輩出

    チェコテニスの聖地、TKスパルタ・プラハのクレーコート。選手たちはトレーナーやコーチの丁寧かつ熱心な指導を受ける=6月、プラハ(共同)

    商品コード: 2018091821597

  • 2018年09月18日
    ルクサ・ペトル氏 連綿とトップ選手を輩出

    TKスパルタ・プラハの充実ぶりについて語るスポーツディレクターのルクサ・ペトル氏(共同)

    商品コード: 2018091821607

  • 2018年09月18日
    ナブラチロワさん 連綿とトップ選手を輩出

    6月、全仏オープンテニスのレジェンドの部に出場したマルチナ・ナブラチロワさん=パリ(共同)

    商品コード: 2018091821608

  • 2018年09月18日
    ナブラチロワさん 連綿とトップ選手を輩出

    6月、全仏オープンテニスのレジェンドの部に出場したマルチナ・ナブラチロワさん=パリ(共同)

    商品コード: 2018091821609

  • 2018年09月18日
    ルクサ・ペトル氏 連綿とトップ選手を輩出

    TKスパルタ・プラハの充実ぶりについて語るスポーツディレクターのルクサ・ペトル氏(共同)

    商品コード: 2018091821612

  • 2018年09月18日
    ペトラ・クビトバ選手 連綿とトップ選手を輩出

    チェコにおけるテニスの練習環境などについて話すペトラ・クビトバ選手(共同)

    商品コード: 2018091821613

  • 2018年09月18日
    2度目の優勝のクビトバ 連綿とトップ選手を輩出

    2014年7月、ウィンブルドンの女子シングルスで2度目の優勝を果たしたチェコのペトラ・クビトバ選手(共同)

    商品コード: 2018091821615

  • 2018年09月18日
    喜ぶペトラ・クビトバ選手 連綿とトップ選手を輩出

    2014年7月、ウィンブルドンの女子シングルス準決勝で勝利し、喜ぶチェコのペトラ・クビトバ選手。決勝も制して2度目の頂点に立った(共同)

    商品コード: 2018091821617

  • 2018年09月29日
    国際山岳デーを迎えてスイス·アルプス山脈

    スイス・フリブール州シャルメ付近の山。(9月29日撮影)11日は国際山岳デー(国際山の日)。山地は地球の陸地面積の約3分の1を占めており、連綿と続く山々は、人類に驚くべき美しい景色だけでなく、豊かな資源や産物も提供している。2003年、国連は毎年12月11日を「国際山岳デー」と定め、国際社会に対し山岳地域への関心を高めるよう呼びかけた。今年の「国際山岳デー」のテーマは「MountainsMatter(山岳地域の重要性)」となっている。(ジュネーブ=新華社記者/徐金泉)=2018(平成30)年9月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018121420668

  • 2018年10月04日
    国際山岳デーを迎えてスイス·アルプス山脈

    スイスの有名な観光地、ユングフラウで記念撮影する観光客。(10月4日撮影)11日は国際山岳デー(国際山の日)。山地は地球の陸地面積の約3分の1を占めており、連綿と続く山々は、人類に驚くべき美しい景色だけでなく、豊かな資源や産物も提供している。2003年、国連は毎年12月11日を「国際山岳デー」と定め、国際社会に対し山岳地域への関心を高めるよう呼びかけた。今年の「国際山岳デー」のテーマは「MountainsMatter(山岳地域の重要性)」となっている。(ジュネーブ=新華社記者/徐金泉)=2018(平成30)年10月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018121420713

  • 2018年10月13日
    国際山岳デーを迎えてスイス·アルプス山脈

    スイス・ベルン州のエッシネン湖付近から見たアルプス山脈。(10月13日撮影)11日は国際山岳デー(国際山の日)。山地は地球の陸地面積の約3分の1を占めており、連綿と続く山々は、人類に驚くべき美しい景色だけでなく、豊かな資源や産物も提供している。2003年、国連は毎年12月11日を「国際山岳デー」と定め、国際社会に対し山岳地域への関心を高めるよう呼びかけた。今年の「国際山岳デー」のテーマは「MountainsMatter(山岳地域の重要性)」となっている。(ジュネーブ=新華社記者/徐金泉)=2018(平成30)年10月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018121420725

  • 2018年10月30日
    国際山岳デーを迎えてスイス·アルプス山脈

    秋色に染まるスイス西部、ラボー地区にあるブドウ畑。(10月30日撮影)11日は国際山岳デー(国際山の日)。山地は地球の陸地面積の約3分の1を占めており、連綿と続く山々は、人類に驚くべき美しい景色だけでなく、豊かな資源や産物も提供している。2003年、国連は毎年12月11日を「国際山岳デー」と定め、国際社会に対し山岳地域への関心を高めるよう呼びかけた。今年の「国際山岳デー」のテーマは「MountainsMatter(山岳地域の重要性)」となっている。(ジュネーブ=新華社記者/徐金泉)=2018(平成30)年10月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018121420737

  • 2018年11月12日
    国際山岳デーを迎えてスイス·アルプス山脈

    スイス・アルプス山麓のダボスで、湖畔を歩く男性。(11月12日撮影)11日は国際山岳デー(国際山の日)。山地は地球の陸地面積の約3分の1を占めており、連綿と続く山々は、人類に驚くべき美しい景色だけでなく、豊かな資源や産物も提供している。2003年、国連は毎年12月11日を「国際山岳デー」と定め、国際社会に対し山岳地域への関心を高めるよう呼びかけた。今年の「国際山岳デー」のテーマは「MountainsMatter(山岳地域の重要性)」となっている。(ジュネーブ=新華社記者/徐金泉)=2018(平成30)年11月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018121420724

  • 2018年11月12日
    国際山岳デーを迎えてスイス·アルプス山脈

    スイス・アルプス山麓のダボスにある教会。(11月12日撮影)11日は国際山岳デー(国際山の日)。山地は地球の陸地面積の約3分の1を占めており、連綿と続く山々は、人類に驚くべき美しい景色だけでなく、豊かな資源や産物も提供している。2003年、国連は毎年12月11日を「国際山岳デー」と定め、国際社会に対し山岳地域への関心を高めるよう呼びかけた。今年の「国際山岳デー」のテーマは「MountainsMatter(山岳地域の重要性)」となっている。(ジュネーブ=新華社記者/徐金泉)=2018(平成30)年11月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018121420686

  • 2018年11月18日
    青い湖と曲線が描き出す美しき光景バダインジャラン砂漠

    10月18日、バダインジャラン砂漠の連綿と続く砂山。中国で3番目に大きいバダインジャラン(巴丹吉林)砂漠は内モンゴル自治区西部のアルシャー(阿拉善)盟にある。砂漠は起伏が激しく、なだらかなに続く砂丘の曲線は突如として巨大な砂山へと変化する。また、青く澄んだ湖も点在する。(アルシャー=新華社記者/李仁虎)=2018(平成30)年11月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018111529112

  • 2019年03月20日
    秦嶺地区、希少動物の個体群数が増加

    陝西省洋県のトキ生態園で撮影したトキ。(3月20日撮影)中国中部を東西に横断する秦嶺山脈は、1600キロ以上にわたり連綿と続き、中国の地理上で最も重要な南北の境界線となっている。秦嶺地区には現在陸生野生動物587種が生息しており、うち国家1級重点保護動物が12種、国家2級重点保護動物が63種となっている。同地の希少動物で「秦嶺の四宝」と呼ばれるパンダ、トキ、ターキン、キンシコウは今年、個体群の数と生息地の面積が共に増加している。(西安=新華社記者/劉瀟)=2019(平成31)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120900660

  • 2019年03月20日
    秦嶺地区、希少動物の個体群数が増加

    陝西省洋県のトキ生態園で撮影したトキ。(3月20日撮影)中国中部を東西に横断する秦嶺山脈は、1600キロ以上にわたり連綿と続き、中国の地理上で最も重要な南北の境界線となっている。秦嶺地区には現在陸生野生動物587種が生息しており、うち国家1級重点保護動物が12種、国家2級重点保護動物が63種となっている。同地の希少動物で「秦嶺の四宝」と呼ばれるパンダ、トキ、ターキン、キンシコウは今年、個体群の数と生息地の面積が共に増加している。(西安=新華社記者/劉瀟)=2019(平成31)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120900685

  • 2019年06月07日
    愛の形は自分で決める

    人権面で進歩的な台湾で暮らし「日本はなんてあほらしい国だと思う一方、連綿と続く文化など素晴らしさも見えてくる」と話す小佐野弾さん

    商品コード: 2019060700287

  • 2019年06月07日
    愛の形は自分で決める

    人権面で進歩的な台湾で暮らし「日本はなんてあほらしい国だと思う一方、連綿と続く文化など素晴らしさも見えてくる」と話す小佐野弾さん

    商品コード: 2019060700286

  • 2019年06月27日
    秦嶺地区、希少動物の個体群数が増加

    森を歩くゴールデンターキンの群れ。(6月27日撮影)中国中部を東西に横断する秦嶺山脈は、1600キロ以上にわたり連綿と続き、中国の地理上で最も重要な南北の境界線となっている。秦嶺地区には現在陸生野生動物587種が生息しており、うち国家1級重点保護動物が12種、国家2級重点保護動物が63種となっている。同地の希少動物で「秦嶺の四宝」と呼ばれるパンダ、トキ、ターキン、キンシコウは今年、個体群の数と生息地の面積が共に増加している。(西安=新華社記者/陶明)=2019(令和元)年6月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120900678

  • 2019年06月27日
    秦嶺地区、希少動物の個体群数が増加

    森を歩くゴールデンターキンの群れ。(6月27日撮影)中国中部を東西に横断する秦嶺山脈は、1600キロ以上にわたり連綿と続き、中国の地理上で最も重要な南北の境界線となっている。秦嶺地区には現在陸生野生動物587種が生息しており、うち国家1級重点保護動物が12種、国家2級重点保護動物が63種となっている。同地の希少動物で「秦嶺の四宝」と呼ばれるパンダ、トキ、ターキン、キンシコウは今年、個体群の数と生息地の面積が共に増加している。(西安=新華社記者/陶明)=2019(令和元)年6月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120900699

  • 00:42.02
    2019年12月04日
    「新華社」南京博物院の秘蔵品を紹介-粉彩青花長慶連綿文梅花式帯托花盆

    中国江蘇省の南京博物院が所蔵する「粉彩青花長慶連綿文梅花式帯托花盆(ふんさいせいかちょうけいれんめんもんばいかしきだいたくかぼん)」。全体の高さは10・3センチで鉢の口径18センチ。口は折沿(せつえん、口縁を折り返した形)で、口縁にはやや盛り上がった縁取りが施される。胴部はゆるやかな弧をなし、腰部も底に向かい弧を描いている。平底で五つの足がついており、中国の宮廷で吉祥の象徴として用いられた器物「如意」の形をしている。縁には折枝朶花文(せっしどかもん)が施されている。腹部には五つの蓮花結銜馨文(れんがけつがんけいもん)が施され「長慶連綿(永久の吉祥)を象徴している。腰部には蓮弁文が施されており、内壁は淡緑色になっている。底には白釉がかけられ、目跡は赤い花模様で飾られている。(記者/劉宇軒)<映像内容>南京博物院が所蔵する「粉彩青花長慶連綿文梅花式帯托花盆」、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120406952

  • 2019年12月04日
    秦嶺地区、希少動物の個体群数が増加

    4日、世界で唯一人工飼育されている茶色のジャイアントパンダ「七仔(チーザイ)」。中国中部を東西に横断する秦嶺山脈は、1600キロ以上にわたり連綿と続き、中国の地理上で最も重要な南北の境界線となっている。秦嶺地区には現在陸生野生動物587種が生息しており、うち国家1級重点保護動物が12種、国家2級重点保護動物が63種となっている。同地の希少動物で「秦嶺の四宝」と呼ばれるパンダ、トキ、ターキン、キンシコウは今年、個体群の数と生息地の面積が共に増加している。(西安=新華社記者/張博文)=2019(令和元)年12月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120900706

  • 2019年12月04日
    秦嶺地区、希少動物の個体群数が増加

    4日、世界で唯一人工飼育されている茶色のジャイアントパンダ「七仔(チーザイ)」。中国中部を東西に横断する秦嶺山脈は、1600キロ以上にわたり連綿と続き、中国の地理上で最も重要な南北の境界線となっている。秦嶺地区には現在陸生野生動物587種が生息しており、うち国家1級重点保護動物が12種、国家2級重点保護動物が63種となっている。同地の希少動物で「秦嶺の四宝」と呼ばれるパンダ、トキ、ターキン、キンシコウは今年、個体群の数と生息地の面積が共に増加している。(西安=新華社記者/張博文)=2019(令和元)年12月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120900658

  • 2019年12月28日
    人気の雪景色スポットで銀世界を楽しもう甘粛省定西市

    28日、雪の彫刻の前で写真を撮る観光客。厳冬期を迎えた中国甘粛省定西市渭源(いげん)県の渭河源風景区には、一面に広がる銀世界を楽しもうと大勢の観光客が訪れている。黄河最大の支流、渭河の水源地であり、多様でユニークな地形を持つ渭河源風景区は、黄土高原と西秦嶺地区、青蔵高原が交わる地帯にあり、広大な大地に連綿と波打つ棚田が広がっている。当地では近年、冬季の氷雪観光を大々的に発展させ、中国西北部の降雪地域ならではの魅力をアピールしている。(蘭州=新華社配信/馬希平)=2019(令和元)年12月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020010602088

  • 2019年12月28日
    人気の雪景色スポットで銀世界を楽しもう甘粛省定西市

    28日、甘粛省定西市渭源県渭河源風景区で、雪景色を楽しむ観光客。厳冬期を迎えた中国甘粛省定西市渭源(いげん)県の渭河源風景区には、一面に広がる銀世界を楽しもうと大勢の観光客が訪れている。黄河最大の支流、渭河の水源地であり、多様でユニークな地形を持つ渭河源風景区は、黄土高原と西秦嶺地区、青蔵高原が交わる地帯にあり、広大な大地に連綿と波打つ棚田が広がっている。当地では近年、冬季の氷雪観光を大々的に発展させ、中国西北部の降雪地域ならではの魅力をアピールしている。(蘭州=新華社配信/馬希平)=2019(令和元)年12月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020010602103

  • 2019年12月28日
    人気の雪景色スポットで銀世界を楽しもう甘粛省定西市

    28日、氷雪に覆われた樹木の前で写真を撮る観光客。厳冬期を迎えた中国甘粛省定西市渭源(いげん)県の渭河源風景区には、一面に広がる銀世界を楽しもうと大勢の観光客が訪れている。黄河最大の支流、渭河の水源地であり、多様でユニークな地形を持つ渭河源風景区は、黄土高原と西秦嶺地区、青蔵高原が交わる地帯にあり、広大な大地に連綿と波打つ棚田が広がっている。当地では近年、冬季の氷雪観光を大々的に発展させ、中国西北部の降雪地域ならではの魅力をアピールしている。(蘭州=新華社配信/馬希平)=2019(令和元)年12月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020010602394

  • 2019年12月28日
    人気の雪景色スポットで銀世界を楽しもう甘粛省定西市

    28日、甘粛省定西市渭源県渭河源風景区で、雪景色を楽しむ観光客。厳冬期を迎えた中国甘粛省定西市渭源(いげん)県の渭河源風景区には、一面に広がる銀世界を楽しもうと大勢の観光客が訪れている。黄河最大の支流、渭河の水源地であり、多様でユニークな地形を持つ渭河源風景区は、黄土高原と西秦嶺地区、青蔵高原が交わる地帯にあり、広大な大地に連綿と波打つ棚田が広がっている。当地では近年、冬季の氷雪観光を大々的に発展させ、中国西北部の降雪地域ならではの魅力をアピールしている。(蘭州=新華社配信/馬希平)=2019(令和元)年12月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020010602283

  • 2019年12月28日
    人気の雪景色スポットで銀世界を楽しもう甘粛省定西市

    28日、雪が降り、一面の銀世界となった甘粛省定西市渭源県の渭河源風景区。厳冬期を迎えた中国甘粛省定西市渭源(いげん)県の渭河源風景区には、一面に広がる銀世界を楽しもうと大勢の観光客が訪れている。黄河最大の支流、渭河の水源地であり、多様でユニークな地形を持つ渭河源風景区は、黄土高原と西秦嶺地区、青蔵高原が交わる地帯にあり、広大な大地に連綿と波打つ棚田が広がっている。当地では近年、冬季の氷雪観光を大々的に発展させ、中国西北部の降雪地域ならではの魅力をアピールしている。(蘭州=新華社配信/馬希平)=2019(令和元)年12月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020010602259

  • 2019年12月28日
    人気の雪景色スポットで銀世界を楽しもう甘粛省定西市

    28日、甘粛省定西市渭源県渭河源風景区で、雪景色を楽しむ観光客。厳冬期を迎えた中国甘粛省定西市渭源(いげん)県の渭河源風景区には、一面に広がる銀世界を楽しもうと大勢の観光客が訪れている。黄河最大の支流、渭河の水源地であり、多様でユニークな地形を持つ渭河源風景区は、黄土高原と西秦嶺地区、青蔵高原が交わる地帯にあり、広大な大地に連綿と波打つ棚田が広がっている。当地では近年、冬季の氷雪観光を大々的に発展させ、中国西北部の降雪地域ならではの魅力をアピールしている。(蘭州=新華社配信/馬希平)=2019(令和元)年12月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020010602287

  • 2019年12月28日
    人気の雪景色スポットで銀世界を楽しもう甘粛省定西市

    28日、甘粛省定西市渭源県渭河源風景区で、雪景色を楽しむ観光客。厳冬期を迎えた中国甘粛省定西市渭源(いげん)県の渭河源風景区には、一面に広がる銀世界を楽しもうと大勢の観光客が訪れている。黄河最大の支流、渭河の水源地であり、多様でユニークな地形を持つ渭河源風景区は、黄土高原と西秦嶺地区、青蔵高原が交わる地帯にあり、広大な大地に連綿と波打つ棚田が広がっている。当地では近年、冬季の氷雪観光を大々的に発展させ、中国西北部の降雪地域ならではの魅力をアピールしている。(蘭州=新華社配信/馬希平)=2019(令和元)年12月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020010602186

  • 2019年12月28日
    人気の雪景色スポットで銀世界を楽しもう甘粛省定西市

    28日、雪が降り、一面の銀世界となった甘粛省定西市渭源県の渭河源風景区。厳冬期を迎えた中国甘粛省定西市渭源(いげん)県の渭河源風景区には、一面に広がる銀世界を楽しもうと大勢の観光客が訪れている。黄河最大の支流、渭河の水源地であり、多様でユニークな地形を持つ渭河源風景区は、黄土高原と西秦嶺地区、青蔵高原が交わる地帯にあり、広大な大地に連綿と波打つ棚田が広がっている。当地では近年、冬季の氷雪観光を大々的に発展させ、中国西北部の降雪地域ならではの魅力をアピールしている。(蘭州=新華社配信/馬希平)=2019(令和元)年12月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020010602244

  • 2019年12月28日
    人気の雪景色スポットで銀世界を楽しもう甘粛省定西市

    28日、甘粛省定西市渭源県渭河源風景区で、雪景色を楽しむ観光客。厳冬期を迎えた中国甘粛省定西市渭源(いげん)県の渭河源風景区には、一面に広がる銀世界を楽しもうと大勢の観光客が訪れている。黄河最大の支流、渭河の水源地であり、多様でユニークな地形を持つ渭河源風景区は、黄土高原と西秦嶺地区、青蔵高原が交わる地帯にあり、広大な大地に連綿と波打つ棚田が広がっている。当地では近年、冬季の氷雪観光を大々的に発展させ、中国西北部の降雪地域ならではの魅力をアピールしている。(蘭州=新華社配信/馬希平)=2019(令和元)年12月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020010602083

  • 2019年12月28日
    人気の雪景色スポットで銀世界を楽しもう甘粛省定西市

    28日、甘粛省定西市渭源県渭河源風景区で、雪景色を楽しむ観光客。厳冬期を迎えた中国甘粛省定西市渭源(いげん)県の渭河源風景区には、一面に広がる銀世界を楽しもうと大勢の観光客が訪れている。黄河最大の支流、渭河の水源地であり、多様でユニークな地形を持つ渭河源風景区は、黄土高原と西秦嶺地区、青蔵高原が交わる地帯にあり、広大な大地に連綿と波打つ棚田が広がっている。当地では近年、冬季の氷雪観光を大々的に発展させ、中国西北部の降雪地域ならではの魅力をアピールしている。(蘭州=新華社配信/馬希平)=2019(令和元)年12月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020010602393

  • 2020年03月21日
    四川省で古蜀国末裔の墓地を発見、年代の幅は2千年以上

    大墳包墓地のM1号墓(北宋)。(資料写真)中国四川省文物考古研究院は22日、同省眉山市彭山区で戦国時代から明清時代の古墓群「大墳包墓地」を発見したと発表した。専門家は、古代に現在の四川省一帯で栄えた「古蜀国」の末裔が死者を埋葬した場所との見方を示す。今回の発掘調査を指揮した同研究院の李万濤(り・ばんとう)館員は「墓地は分布面積が広く、多様な埋葬様式を持つ。年代の幅は戦国時代後期から明清時代まで連綿と続いている。埋葬の継続性と副葬品の変化は、古蜀文明が中華文明に融合していくプロセスを反映しており、高い学術的価値がある」と述べた。(眉山=新華社配信)=2020(令和2)年3月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072700787

  • 2020年04月10日
    四川省で古蜀国末裔の墓地を発見、年代の幅は2千年以上

    大墳包墓地のM6号墓から出土した後漢時代の擊鼓俑(げきこよう)。(資料写真)中国四川省文物考古研究院は22日、同省眉山市彭山区で戦国時代から明清時代の古墓群「大墳包墓地」を発見したと発表した。専門家は、古代に現在の四川省一帯で栄えた「古蜀国」の末裔が死者を埋葬した場所との見方を示す。今回の発掘調査を指揮した同研究院の李万濤(り・ばんとう)館員は「墓地は分布面積が広く、多様な埋葬様式を持つ。年代の幅は戦国時代後期から明清時代まで連綿と続いている。埋葬の継続性と副葬品の変化は、古蜀文明が中華文明に融合していくプロセスを反映しており、高い学術的価値がある」と述べた。(眉山=新華社配信)=2020(令和2)年4月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072700705

  • 2020年04月12日
    四川省で古蜀国末裔の墓地を発見、年代の幅は2千年以上

    大墳包墓地のM10号墓から出土した前漢時代の器物。(資料写真)中国四川省文物考古研究院は22日、同省眉山市彭山区で戦国時代から明清時代の古墓群「大墳包墓地」を発見したと発表した。専門家は、古代に現在の四川省一帯で栄えた「古蜀国」の末裔が死者を埋葬した場所との見方を示す。今回の発掘調査を指揮した同研究院の李万濤(り・ばんとう)館員は「墓地は分布面積が広く、多様な埋葬様式を持つ。年代の幅は戦国時代後期から明清時代まで連綿と続いている。埋葬の継続性と副葬品の変化は、古蜀文明が中華文明に融合していくプロセスを反映しており、高い学術的価値がある」と述べた。(眉山=新華社配信)=2020(令和2)年4月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072700782

  • 2020年05月09日
    四川省で古蜀国末裔の墓地を発見、年代の幅は2千年以上

    大墳包墓地のM52号墓から出土した前漢時代の鉄矛。(資料写真)中国四川省文物考古研究院は22日、同省眉山市彭山区で戦国時代から明清時代の古墓群「大墳包墓地」を発見したと発表した。専門家は、古代に現在の四川省一帯で栄えた「古蜀国」の末裔が死者を埋葬した場所との見方を示す。今回の発掘調査を指揮した同研究院の李万濤(り・ばんとう)館員は「墓地は分布面積が広く、多様な埋葬様式を持つ。年代の幅は戦国時代後期から明清時代まで連綿と続いている。埋葬の継続性と副葬品の変化は、古蜀文明が中華文明に融合していくプロセスを反映しており、高い学術的価値がある」と述べた。(眉山=新華社配信)=2020(令和2)年5月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072700710

  • 2020年05月09日
    四川省で古蜀国末裔の墓地を発見、年代の幅は2千年以上

    大墳包墓地のM29号墓(王莽新王朝)。中国四川省文物考古研究院は22日、同省眉山市彭山区で戦国時代から明清時代の古墓群「大墳包墓地」を発見したと発表した。専門家は、古代に現在の四川省一帯で栄えた「古蜀国」の末裔が死者を埋葬した場所との見方を示す。今回の発掘調査を指揮した同研究院の李万濤(り・ばんとう)館員は「墓地は分布面積が広く、多様な埋葬様式を持つ。年代の幅は戦国時代後期から明清時代まで連綿と続いている。埋葬の継続性と副葬品の変化は、古蜀文明が中華文明に融合していくプロセスを反映しており、高い学術的価値がある」と述べた。(眉山=新華社配信)=2020(令和2)年5月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072700866

  • 2020年05月19日
    四川省で古蜀国末裔の墓地を発見、年代の幅は2千年以上

    大墳包墓地のM32号墓(戦国後期~秦)。中国四川省文物考古研究院は22日、同省眉山市彭山区で戦国時代から明清時代の古墓群「大墳包墓地」を発見したと発表した。専門家は、古代に現在の四川省一帯で栄えた「古蜀国」の末裔が死者を埋葬した場所との見方を示す。今回の発掘調査を指揮した同研究院の李万濤(り・ばんとう)館員は「墓地は分布面積が広く、多様な埋葬様式を持つ。年代の幅は戦国時代後期から明清時代まで連綿と続いている。埋葬の継続性と副葬品の変化は、古蜀文明が中華文明に融合していくプロセスを反映しており、高い学術的価値がある」と述べた。(眉山=新華社配信)=2020(令和2)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072701041

  • 2020年06月04日
    四川省で古蜀国末裔の墓地を発見、年代の幅は2千年以上

    大墳包墓地のM54号墓(後漢)。中国四川省文物考古研究院は22日、同省眉山市彭山区で戦国時代から明清時代の古墓群「大墳包墓地」を発見したと発表した。専門家は、古代に現在の四川省一帯で栄えた「古蜀国」の末裔が死者を埋葬した場所との見方を示す。今回の発掘調査を指揮した同研究院の李万濤(り・ばんとう)館員は「墓地は分布面積が広く、多様な埋葬様式を持つ。年代の幅は戦国時代後期から明清時代まで連綿と続いている。埋葬の継続性と副葬品の変化は、古蜀文明が中華文明に融合していくプロセスを反映しており、高い学術的価値がある」と述べた。(眉山=新華社配信)=2020(令和2)年6月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072700763

  • 2020年06月04日
    四川省で古蜀国末裔の墓地を発見、年代の幅は2千年以上

    大墳包墓地のM59号墓から出土した後漢時代の六乳六禽鳥鏡(ろくにゅうろくきんちょうきょう)。(資料写真)中国四川省文物考古研究院は22日、同省眉山市彭山区で戦国時代から明清時代の古墓群「大墳包墓地」を発見したと発表した。専門家は、古代に現在の四川省一帯で栄えた「古蜀国」の末裔が死者を埋葬した場所との見方を示す。今回の発掘調査を指揮した同研究院の李万濤(り・ばんとう)館員は「墓地は分布面積が広く、多様な埋葬様式を持つ。年代の幅は戦国時代後期から明清時代まで連綿と続いている。埋葬の継続性と副葬品の変化は、古蜀文明が中華文明に融合していくプロセスを反映しており、高い学術的価値がある」と述べた。(眉山=新華社配信)=2020(令和2)年6月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072700583

  • 2020年06月07日
    四川省で古蜀国末裔の墓地を発見、年代の幅は2千年以上

    大墳包墓地のM72号墓から出土した「長楽未央」銘のある前漢時代の銅鏡。中国四川省文物考古研究院は22日、同省眉山市彭山区で戦国時代から明清時代の古墓群「大墳包墓地」を発見したと発表した。専門家は、古代に現在の四川省一帯で栄えた「古蜀国」の末裔が死者を埋葬した場所との見方を示す。今回の発掘調査を指揮した同研究院の李万濤(り・ばんとう)館員は「墓地は分布面積が広く、多様な埋葬様式を持つ。年代の幅は戦国時代後期から明清時代まで連綿と続いている。埋葬の継続性と副葬品の変化は、古蜀文明が中華文明に融合していくプロセスを反映しており、高い学術的価値がある」と述べた。(眉山=新華社配信)=2020(令和2)年6月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072700741

  • 2020年06月10日
    四川省で古蜀国末裔の墓地を発見、年代の幅は2千年以上

    大墳包墓地のM67号墓から出土した前漢時代の銅銭。(資料写真)中国四川省文物考古研究院は22日、同省眉山市彭山区で戦国時代から明清時代の古墓群「大墳包墓地」を発見したと発表した。専門家は、古代に現在の四川省一帯で栄えた「古蜀国」の末裔が死者を埋葬した場所との見方を示す。今回の発掘調査を指揮した同研究院の李万濤(り・ばんとう)館員は「墓地は分布面積が広く、多様な埋葬様式を持つ。年代の幅は戦国時代後期から明清時代まで連綿と続いている。埋葬の継続性と副葬品の変化は、古蜀文明が中華文明に融合していくプロセスを反映しており、高い学術的価値がある」と述べた。(眉山=新華社配信)=2020(令和2)年6月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072700810

  • 2020年06月16日
    四川省で古蜀国末裔の墓地を発見、年代の幅は2千年以上

    大墳包墓地のM44号墓から出土した後漢時代の器物。(資料写真)中国四川省文物考古研究院は22日、同省眉山市彭山区で戦国時代から明清時代の古墓群「大墳包墓地」を発見したと発表した。専門家は、古代に現在の四川省一帯で栄えた「古蜀国」の末裔が死者を埋葬した場所との見方を示す。今回の発掘調査を指揮した同研究院の李万濤(り・ばんとう)館員は「墓地は分布面積が広く、多様な埋葬様式を持つ。年代の幅は戦国時代後期から明清時代まで連綿と続いている。埋葬の継続性と副葬品の変化は、古蜀文明が中華文明に融合していくプロセスを反映しており、高い学術的価値がある」と述べた。(眉山=新華社配信)=2020(令和2)年6月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072700748

  • 2020年06月25日
    四川省で古蜀国末裔の墓地を発見、年代の幅は2千年以上

    大墳包墓地のM100号墓(三国~両晋)。中国四川省文物考古研究院は22日、同省眉山市彭山区で戦国時代から明清時代の古墓群「大墳包墓地」を発見したと発表した。専門家は、古代に現在の四川省一帯で栄えた「古蜀国」の末裔が死者を埋葬した場所との見方を示す。今回の発掘調査を指揮した同研究院の李万濤(り・ばんとう)館員は「墓地は分布面積が広く、多様な埋葬様式を持つ。年代の幅は戦国時代後期から明清時代まで連綿と続いている。埋葬の継続性と副葬品の変化は、古蜀文明が中華文明に融合していくプロセスを反映しており、高い学術的価値がある」と述べた。(眉山=新華社配信)=2020(令和2)年6月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072700918

  • 2020年06月29日
    四川省で古蜀国末裔の墓地を発見、年代の幅は2千年以上

    大墳包墓地のM124号墓から出土した後漢時代の器物。中国四川省文物考古研究院は22日、同省眉山市彭山区で戦国時代から明清時代の古墓群「大墳包墓地」を発見したと発表した。専門家は、古代に現在の四川省一帯で栄えた「古蜀国」の末裔が死者を埋葬した場所との見方を示す。今回の発掘調査を指揮した同研究院の李万濤(り・ばんとう)館員は「墓地は分布面積が広く、多様な埋葬様式を持つ。年代の幅は戦国時代後期から明清時代まで連綿と続いている。埋葬の継続性と副葬品の変化は、古蜀文明が中華文明に融合していくプロセスを反映しており、高い学術的価値がある」と述べた。(眉山=新華社配信)=2020(令和2)年6月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072700777

  • 2020年06月29日
    四川省で古蜀国末裔の墓地を発見、年代の幅は2千年以上

    大墳包墓地のM124号墓から出土した後漢時代の青銅器「揺銭樹(ようせんじゅ)」の葉部分。中国四川省文物考古研究院は22日、同省眉山市彭山区で戦国時代から明清時代の古墓群「大墳包墓地」を発見したと発表した。専門家は、古代に現在の四川省一帯で栄えた「古蜀国」の末裔が死者を埋葬した場所との見方を示す。今回の発掘調査を指揮した同研究院の李万濤(り・ばんとう)館員は「墓地は分布面積が広く、多様な埋葬様式を持つ。年代の幅は戦国時代後期から明清時代まで連綿と続いている。埋葬の継続性と副葬品の変化は、古蜀文明が中華文明に融合していくプロセスを反映しており、高い学術的価値がある」と述べた。(眉山=新華社配信)=2020(令和2)年6月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072700807

  • 2020年07月02日
    四川省で古蜀国末裔の墓地を発見、年代の幅は2千年以上

    大墳包墓地のM41号墓(前漢)。(資料写真)中国四川省文物考古研究院は22日、同省眉山市彭山区で戦国時代から明清時代の古墓群「大墳包墓地」を発見したと発表した。専門家は、古代に現在の四川省一帯で栄えた「古蜀国」の末裔が死者を埋葬した場所との見方を示す。今回の発掘調査を指揮した同研究院の李万濤(り・ばんとう)館員は「墓地は分布面積が広く、多様な埋葬様式を持つ。年代の幅は戦国時代後期から明清時代まで連綿と続いている。埋葬の継続性と副葬品の変化は、古蜀文明が中華文明に融合していくプロセスを反映しており、高い学術的価値がある」と述べた。(眉山=新華社配信)=2020(令和2)年7月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072700815

  • 2020年07月08日
    四川省で古蜀国末裔の墓地を発見、年代の幅は2千年以上

    大墳包墓地のM125号墓から出土した後漢時代の馬頭。中国四川省文物考古研究院は22日、同省眉山市彭山区で戦国時代から明清時代の古墓群「大墳包墓地」を発見したと発表した。専門家は、古代に現在の四川省一帯で栄えた「古蜀国」の末裔が死者を埋葬した場所との見方を示す。今回の発掘調査を指揮した同研究院の李万濤(り・ばんとう)館員は「墓地は分布面積が広く、多様な埋葬様式を持つ。年代の幅は戦国時代後期から明清時代まで連綿と続いている。埋葬の継続性と副葬品の変化は、古蜀文明が中華文明に融合していくプロセスを反映しており、高い学術的価値がある」と述べた。(眉山=新華社配信)=2020(令和2)年7月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072700721

  • 2020年07月13日
    四川省で古蜀国末裔の墓地を発見、年代の幅は2千年以上

    大墳包墓地のM124号墓(後漢)。中国四川省文物考古研究院は22日、同省眉山市彭山区で戦国時代から明清時代の古墓群「大墳包墓地」を発見したと発表した。専門家は、古代に現在の四川省一帯で栄えた「古蜀国」の末裔が死者を埋葬した場所との見方を示す。今回の発掘調査を指揮した同研究院の李万濤(り・ばんとう)館員は「墓地は分布面積が広く、多様な埋葬様式を持つ。年代の幅は戦国時代後期から明清時代まで連綿と続いている。埋葬の継続性と副葬品の変化は、古蜀文明が中華文明に融合していくプロセスを反映しており、高い学術的価値がある」と述べた。(眉山=新華社配信)=2020(令和2)年7月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072700792

  • 2020年07月16日
    秦嶺山脈の奥地で西安交響楽団が野外コンサート陝西省

    16日、陝西省商洛市柞水県の牛背梁国家森林公園でコンサートを行う西安交響楽団と合唱団。音楽会の初回公演は複数のインターネットプラットフォームで配信され、再生回数は500万回を超えている。中国陝西省西安市の西安交響楽団は7月から9月にかけて、秦嶺山脈の奥地を訪れ、オンラインコンサート「中国の源・秦嶺の声」を開催し、秦嶺山脈の美しい風景と人間が蓄積してきた知恵を表現する。1600キロ余りにわたって連綿と連なる秦嶺山脈は、巨大な生態安全障壁となっている。(西安=新華社配信)=2020(令和2)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072703364

  • 2020年07月16日
    秦嶺山脈の奥地で西安交響楽団が野外コンサート陝西省

    16日、陝西省商洛市柞水県の牛背梁国家森林公園で演奏を披露する西安交響楽団。中国陝西省西安市の西安交響楽団は7月から9月にかけて、秦嶺山脈の奥地を訪れ、オンラインコンサート「中国の源・秦嶺の声」を開催し、秦嶺山脈の美しい風景と人間が蓄積してきた知恵を表現する。1600キロ余りにわたって連綿と連なる秦嶺山脈は、巨大な生態安全障壁となっている。(西安=新華社配信)=2020(令和2)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072703381

  • 2020年07月16日
    秦嶺山脈の奥地で西安交響楽団が野外コンサート陝西省

    16日、陝西省商洛市柞水県の牛背梁国家森林公園でコンサートを行う西安交響楽団と合唱団。中国陝西省西安市の西安交響楽団は7月から9月にかけて、秦嶺山脈の奥地を訪れ、オンラインコンサート「中国の源・秦嶺の声」を開催し、秦嶺山脈の美しい風景と人間が蓄積してきた知恵を表現する。1600キロ余りにわたって連綿と連なる秦嶺山脈は、巨大な生態安全障壁となっている。(西安=新華社配信)=2020(令和2)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072703354

  • 2020年07月16日
    秦嶺山脈の奥地で西安交響楽団が野外コンサート陝西省

    16日、陝西省商洛市柞水県の牛背梁国家森林公園でコンサートを行う西安交響楽団と合唱団。中国陝西省西安市の西安交響楽団は7月から9月にかけて、秦嶺山脈の奥地を訪れ、オンラインコンサート「中国の源・秦嶺の声」を開催し、秦嶺山脈の美しい風景と人間が蓄積してきた知恵を表現する。1600キロ余りにわたって連綿と連なる秦嶺山脈は、巨大な生態安全障壁となっている。(西安=新華社配信)=2020(令和2)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072703370

  • 2020年07月16日
    秦嶺山脈の奥地で西安交響楽団が野外コンサート陝西省

    16日、陝西省商洛市柞水県の牛背梁国家森林公園で演奏を披露する西安交響楽団。中国陝西省西安市の西安交響楽団は7月から9月にかけて、秦嶺山脈の奥地を訪れ、オンラインコンサート「中国の源・秦嶺の声」を開催し、秦嶺山脈の美しい風景と人間が蓄積してきた知恵を表現する。1600キロ余りにわたって連綿と連なる秦嶺山脈は、巨大な生態安全障壁となっている。(西安=新華社配信)=2020(令和2)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072703436

  • 01:36.98
    2020年07月21日
    「新華社」秦嶺山脈の奥地で西安交響楽団が野外コンサート陝西省

    中国陝西省西安市の西安交響楽団は7月から9月にかけて、秦嶺山脈の奥地を訪れ、オンラインコンサート「中国の源・秦嶺の声」を開催し、秦嶺山脈の美しい風景と人間が蓄積してきた知恵を表現する。1600キロ余りにわたって連綿と連なる秦嶺山脈は、巨大な生態安全障壁となっている。(記者/藺娟)<映像内容>秦嶺山脈の奥地で開催された野外コンサートの様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072701903

  • 2020年07月24日
    四川省で古蜀国末裔の墓地を発見、年代の幅は2千年以上

    大墳包墓地のM42号墓から出土したとんぼ玉の装飾品。中国四川省文物考古研究院は22日、同省眉山市彭山区で戦国時代から明清時代の古墓群「大墳包墓地」を発見したと発表した。専門家は、古代に現在の四川省一帯で栄えた「古蜀国」の末裔が死者を埋葬した場所との見方を示す。今回の発掘調査を指揮した同研究院の李万濤(り・ばんとう)館員は「墓地は分布面積が広く、多様な埋葬様式を持つ。年代の幅は戦国時代後期から明清時代まで連綿と続いている。埋葬の継続性と副葬品の変化は、古蜀文明が中華文明に融合していくプロセスを反映しており、高い学術的価値がある」と述べた。(眉山=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072700793

  • 2020年07月24日
    四川省で古蜀国末裔の墓地を発見、年代の幅は2千年以上

    空から見た大墳包墓地の発掘現場。(資料写真)中国四川省文物考古研究院は22日、同省眉山市彭山区で戦国時代から明清時代の古墓群「大墳包墓地」を発見したと発表した。専門家は、古代に現在の四川省一帯で栄えた「古蜀国」の末裔が死者を埋葬した場所との見方を示す。今回の発掘調査を指揮した同研究院の李万濤(り・ばんとう)館員は「墓地は分布面積が広く、多様な埋葬様式を持つ。年代の幅は戦国時代後期から明清時代まで連綿と続いている。埋葬の継続性と副葬品の変化は、古蜀文明が中華文明に融合していくプロセスを反映しており、高い学術的価値がある」と述べた。(眉山=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072700783

  • 2020年07月24日
    四川省で古蜀国末裔の墓地を発見、年代の幅は2千年以上

    大墳包墓地のM12号墓のレンガに施されていた装飾文様の拓本。(資料写真)中国四川省文物考古研究院は22日、同省眉山市彭山区で戦国時代から明清時代の古墓群「大墳包墓地」を発見したと発表した。専門家は、古代に現在の四川省一帯で栄えた「古蜀国」の末裔が死者を埋葬した場所との見方を示す。今回の発掘調査を指揮した同研究院の李万濤(り・ばんとう)館員は「墓地は分布面積が広く、多様な埋葬様式を持つ。年代の幅は戦国時代後期から明清時代まで連綿と続いている。埋葬の継続性と副葬品の変化は、古蜀文明が中華文明に融合していくプロセスを反映しており、高い学術的価値がある」と述べた。(眉山=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072700805

  • 00:55.78
    2021年08月09日
    「新華社」世界遺産の九寨溝景勝地をゆく四川省

    中国四川省アバ・チベット族チャン族自治州九寨溝県漳扎(しょうさつ)鎮にある九寨溝景勝地は、岷山山脈の南段、弓杆嶺(きゅうかんれい)の北東側に位置する。1992年に世界遺産に登録された。複雑な地質活動が多種多様な地形を生み出し、大規模なカルスト化作用が石灰華の堆積を育んだ。主に植物性カルスト化作用による石灰華の堆積が、九寨溝の優美な湖群、逆巻く急流、水しぶきを上げる滝群、静寂に包まれた林と草地、連綿と起伏する雪峰を作り出した。(記者/王曦) =配信日: 2021(令和3)年8月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021080904993

  • 2021年12月06日
    連綿と続く生命をつなぐ

    「エコロジカルに生きていくことは、欲望を抑制することではない。生き物に感謝する気持ちを育てていくことです」と話す森田真生さん

    商品コード: 2021120609910

  • 2021年12月06日
    連綿と続く生命をつなぐ

    「エコロジカルに生きていくことは、欲望を抑制することではない。生き物に感謝する気持ちを育てていくことです」と話す森田真生さん

    商品コード: 2021120609917

  • 2021年12月06日
    連綿と続く生命をつなぐ

    「僕たちはどう生きるか」を刊行した森田真生さん。探究していることをタイトルで宣言できたと話す=京都市左京区

    商品コード: 2021120609932

  • 2022年03月08日
    (3)世界遺産、青城山風景区を訪ねて四川省成都市

    空から見た青城山。(資料写真)中国国家5A級観光地(最高ランク)に指定された青城山(せいじょうさん)は、四川省成都市の都江堰(とこうえん)の南西に位置し、岷山山脈を背に、川西平原に面している。連綿と起伏する峰が緑に覆われ、「青城、天下に幽たり」と称えられている。青城山は道教発祥の地の一つで、伝説によると、道教の創始者で五斗米道(天師道)の開祖、張陵(ちょう・りょう)が晩年、青城山に入り修行したとされる。青城山には天師洞、建福宮など多数の道観(道教寺院)が残っている。2000年に水利施設の都江堰とともに、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。(成都=新華社配信/何勃)= 配信日: 2022(令和4)年3月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022030809877

  • 2022年03月08日
    (9)世界遺産、青城山風景区を訪ねて四川省成都市

    雪化粧した青城山。(2月3日撮影)中国国家5A級観光地(最高ランク)に指定された青城山(せいじょうさん)は、四川省成都市の都江堰(とこうえん)の南西に位置し、岷山山脈を背に、川西平原に面している。連綿と起伏する峰が緑に覆われ、「青城、天下に幽たり」と称えられている。青城山は道教発祥の地の一つで、伝説によると、道教の創始者で五斗米道(天師道)の開祖、張陵(ちょう・りょう)が晩年、青城山に入り修行したとされる。青城山には天師洞、建福宮など多数の道観(道教寺院)が残っている。2000年に水利施設の都江堰とともに、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。(成都=新華社配信/何勃)= 配信日: 2022(令和4)年3月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022030810113

  • 2022年03月08日
    (1)世界遺産、青城山風景区を訪ねて四川省成都市

    空から見た青城山。(2017年9月5日撮影)中国国家5A級観光地(最高ランク)に指定された青城山(せいじょうさん)は、四川省成都市の都江堰(とこうえん)の南西に位置し、岷山山脈を背に、川西平原に面している。連綿と起伏する峰が緑に覆われ、「青城、天下に幽たり」と称えられている。青城山は道教発祥の地の一つで、伝説によると、道教の創始者で五斗米道(天師道)の開祖、張陵(ちょう・りょう)が晩年、青城山に入り修行したとされる。青城山には天師洞、建福宮など多数の道観(道教寺院)が残っている。2000年に水利施設の都江堰とともに、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。(成都=新華社配信/何勃)= 配信日: 2022(令和4)年3月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022030809814

  • 2022年03月08日
    (7)世界遺産、青城山風景区を訪ねて四川省成都市

    空から見た青城山。(2018年9月26日撮影)中国国家5A級観光地(最高ランク)に指定された青城山(せいじょうさん)は、四川省成都市の都江堰(とこうえん)の南西に位置し、岷山山脈を背に、川西平原に面している。連綿と起伏する峰が緑に覆われ、「青城、天下に幽たり」と称えられている。青城山は道教発祥の地の一つで、伝説によると、道教の創始者で五斗米道(天師道)の開祖、張陵(ちょう・りょう)が晩年、青城山に入り修行したとされる。青城山には天師洞、建福宮など多数の道観(道教寺院)が残っている。2000年に水利施設の都江堰とともに、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。(成都=新華社配信/何勃)= 配信日: 2022(令和4)年3月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022030810090

  • 2022年03月08日
    (4)世界遺産、青城山風景区を訪ねて四川省成都市

    青城山に広がる秋景色。(2018年11月8日撮影)中国国家5A級観光地(最高ランク)に指定された青城山(せいじょうさん)は、四川省成都市の都江堰(とこうえん)の南西に位置し、岷山山脈を背に、川西平原に面している。連綿と起伏する峰が緑に覆われ、「青城、天下に幽たり」と称えられている。青城山は道教発祥の地の一つで、伝説によると、道教の創始者で五斗米道(天師道)の開祖、張陵(ちょう・りょう)が晩年、青城山に入り修行したとされる。青城山には天師洞、建福宮など多数の道観(道教寺院)が残っている。2000年に水利施設の都江堰とともに、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。(成都=新華社配信/何勃)= 配信日: 2022(令和4)年3月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022030809975

  • 2022年03月08日
    (11)世界遺産、青城山風景区を訪ねて四川省成都市

    雪化粧した青城山。(2月3日撮影)中国国家5A級観光地(最高ランク)に指定された青城山(せいじょうさん)は、四川省成都市の都江堰(とこうえん)の南西に位置し、岷山山脈を背に、川西平原に面している。連綿と起伏する峰が緑に覆われ、「青城、天下に幽たり」と称えられている。青城山は道教発祥の地の一つで、伝説によると、道教の創始者で五斗米道(天師道)の開祖、張陵(ちょう・りょう)が晩年、青城山に入り修行したとされる。青城山には天師洞、建福宮など多数の道観(道教寺院)が残っている。2000年に水利施設の都江堰とともに、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。(成都=新華社配信/何勃)= 配信日: 2022(令和4)年3月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022030810132

  • 2022年03月08日
    (8)世界遺産、青城山風景区を訪ねて四川省成都市

    雪化粧した青城山。(2月3日撮影)中国国家5A級観光地(最高ランク)に指定された青城山(せいじょうさん)は、四川省成都市の都江堰(とこうえん)の南西に位置し、岷山山脈を背に、川西平原に面している。連綿と起伏する峰が緑に覆われ、「青城、天下に幽たり」と称えられている。青城山は道教発祥の地の一つで、伝説によると、道教の創始者で五斗米道(天師道)の開祖、張陵(ちょう・りょう)が晩年、青城山に入り修行したとされる。青城山には天師洞、建福宮など多数の道観(道教寺院)が残っている。2000年に水利施設の都江堰とともに、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。(成都=新華社配信/何勃)= 配信日: 2022(令和4)年3月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022030810101

  • 2022年03月16日
    (4)山間部を彩る花の海、農村観光の発展を後押し浙江省建徳市

    15日、ヘリコプターに乗って空中から花見をする観光客。中国浙江省建徳市三都鎮の山間部では気温の上昇に伴い、連綿と続くサトザクラや梨、桃、ハクモクレンの花が次々と満開を迎え、美しい春の絵巻が一面に広がった。訪れた観光客が花見を楽しんだり、会員制交流サイト(SNS)に投稿する写真を撮ったりする姿が見られた。同鎮はここ数年、山水資源を活用し、春の桜祭りで登山やキャンプ体験などのイベントを開催するほか、同市の航空機関連産業が集まる建徳航空小鎮と協力して低空観光プロジェクト「空中からのお花見」を打ち出し、特色ある農村観光の発展を後押ししている。(建徳=新華社記者/徐昱)= 配信日: 2022(令和4)年3月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022031602819

  • 2022年03月16日
    (7)山間部を彩る花の海、農村観光の発展を後押し浙江省建徳市

    15日、三都鎮前源村の山地にある民宿の前で咲き誇るサトザクラの花。中国浙江省建徳市三都鎮の山間部では気温の上昇に伴い、連綿と続くサトザクラや梨、桃、ハクモクレンの花が次々と満開を迎え、美しい春の絵巻が一面に広がった。訪れた観光客が花見を楽しんだり、会員制交流サイト(SNS)に投稿する写真を撮ったりする姿が見られた。同鎮はここ数年、山水資源を活用し、春の桜祭りで登山やキャンプ体験などのイベントを開催するほか、同市の航空機関連産業が集まる建徳航空小鎮と協力して低空観光プロジェクト「空中からのお花見」を打ち出し、特色ある農村観光の発展を後押ししている。(建徳=新華社記者/徐昱)= 配信日: 2022(令和4)年3月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022031603656

  • 2022年03月16日
    (9)山間部を彩る花の海、農村観光の発展を後押し浙江省建徳市

    15日、三都鎮前源村の山地で満開となったサトザクラの花を観賞する観光客。中国浙江省建徳市三都鎮の山間部では気温の上昇に伴い、連綿と続くサトザクラや梨、桃、ハクモクレンの花が次々と満開を迎え、美しい春の絵巻が一面に広がった。訪れた観光客が花見を楽しんだり、会員制交流サイト(SNS)に投稿する写真を撮ったりする姿が見られた。同鎮はここ数年、山水資源を活用し、春の桜祭りで登山やキャンプ体験などのイベントを開催するほか、同市の航空機関連産業が集まる建徳航空小鎮と協力して低空観光プロジェクト「空中からのお花見」を打ち出し、特色ある農村観光の発展を後押ししている。(建徳=新華社記者/徐昱)= 配信日: 2022(令和4)年3月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022031603658

  • 2022年03月16日
    (10)山間部を彩る花の海、農村観光の発展を後押し浙江省建徳市

    15日、ヘリコプターに乗って空中から花見をする観光客。中国浙江省建徳市三都鎮の山間部では気温の上昇に伴い、連綿と続くサトザクラや梨、桃、ハクモクレンの花が次々と満開を迎え、美しい春の絵巻が一面に広がった。訪れた観光客が花見を楽しんだり、会員制交流サイト(SNS)に投稿する写真を撮ったりする姿が見られた。同鎮はここ数年、山水資源を活用し、春の桜祭りで登山やキャンプ体験などのイベントを開催するほか、同市の航空機関連産業が集まる建徳航空小鎮と協力して低空観光プロジェクト「空中からのお花見」を打ち出し、特色ある農村観光の発展を後押ししている。(建徳=新華社記者/徐昱)= 配信日: 2022(令和4)年3月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022031603659

  • 2022年03月16日
    (8)山間部を彩る花の海、農村観光の発展を後押し浙江省建徳市

    15日、三都鎮前源村の山地に広がる景色。(小型無人機から)中国浙江省建徳市三都鎮の山間部では気温の上昇に伴い、連綿と続くサトザクラや梨、桃、ハクモクレンの花が次々と満開を迎え、美しい春の絵巻が一面に広がった。訪れた観光客が花見を楽しんだり、会員制交流サイト(SNS)に投稿する写真を撮ったりする姿が見られた。同鎮はここ数年、山水資源を活用し、春の桜祭りで登山やキャンプ体験などのイベントを開催するほか、同市の航空機関連産業が集まる建徳航空小鎮と協力して低空観光プロジェクト「空中からのお花見」を打ち出し、特色ある農村観光の発展を後押ししている。(建徳=新華社記者/徐昱)= 配信日: 2022(令和4)年3月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022031603670

  • 2022年03月16日
    (1)山間部を彩る花の海、農村観光の発展を後押し浙江省建徳市

    15日、三都鎮前源村の山地に広がる景色。(小型無人機から)中国浙江省建徳市三都鎮の山間部では気温の上昇に伴い、連綿と続くサトザクラや梨、桃、ハクモクレンの花が次々と満開を迎え、美しい春の絵巻が一面に広がった。訪れた観光客が花見を楽しんだり、会員制交流サイト(SNS)に投稿する写真を撮ったりする姿が見られた。同鎮はここ数年、山水資源を活用し、春の桜祭りで登山やキャンプ体験などのイベントを開催するほか、同市の航空機関連産業が集まる建徳航空小鎮と協力して低空観光プロジェクト「空中からのお花見」を打ち出し、特色ある農村観光の発展を後押ししている。(建徳=新華社記者/徐昱)= 配信日: 2022(令和4)年3月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022031603671

  • 2022年03月16日
    (2)山間部を彩る花の海、農村観光の発展を後押し浙江省建徳市

    15日、三都鎮前源村の山地にある民宿の前で咲き誇るサトザクラの花。中国浙江省建徳市三都鎮の山間部では気温の上昇に伴い、連綿と続くサトザクラや梨、桃、ハクモクレンの花が次々と満開を迎え、美しい春の絵巻が一面に広がった。訪れた観光客が花見を楽しんだり、会員制交流サイト(SNS)に投稿する写真を撮ったりする姿が見られた。同鎮はここ数年、山水資源を活用し、春の桜祭りで登山やキャンプ体験などのイベントを開催するほか、同市の航空機関連産業が集まる建徳航空小鎮と協力して低空観光プロジェクト「空中からのお花見」を打ち出し、特色ある農村観光の発展を後押ししている。(建徳=新華社記者/徐昱)= 配信日: 2022(令和4)年3月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022031602821

  • 2022年03月16日
    (5)山間部を彩る花の海、農村観光の発展を後押し浙江省建徳市

    15日、三都鎮の山地で満開となった菜の花。中国浙江省建徳市三都鎮の山間部では気温の上昇に伴い、連綿と続くサトザクラや梨、桃、ハクモクレンの花が次々と満開を迎え、美しい春の絵巻が一面に広がった。訪れた観光客が花見を楽しんだり、会員制交流サイト(SNS)に投稿する写真を撮ったりする姿が見られた。同鎮はここ数年、山水資源を活用し、春の桜祭りで登山やキャンプ体験などのイベントを開催するほか、同市の航空機関連産業が集まる建徳航空小鎮と協力して低空観光プロジェクト「空中からのお花見」を打ち出し、特色ある農村観光の発展を後押ししている。(建徳=新華社記者/徐昱)= 配信日: 2022(令和4)年3月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022031603654

  • 2022年03月16日
    (11)山間部を彩る花の海、農村観光の発展を後押し浙江省建徳市

    15日、三都鎮の山地で満開となった菜の花。中国浙江省建徳市三都鎮の山間部では気温の上昇に伴い、連綿と続くサトザクラや梨、桃、ハクモクレンの花が次々と満開を迎え、美しい春の絵巻が一面に広がった。訪れた観光客が花見を楽しんだり、会員制交流サイト(SNS)に投稿する写真を撮ったりする姿が見られた。同鎮はここ数年、山水資源を活用し、春の桜祭りで登山やキャンプ体験などのイベントを開催するほか、同市の航空機関連産業が集まる建徳航空小鎮と協力して低空観光プロジェクト「空中からのお花見」を打ち出し、特色ある農村観光の発展を後押ししている。(建徳=新華社記者/徐昱)= 配信日: 2022(令和4)年3月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022031603661

  • 2022年03月16日
    (6)山間部を彩る花の海、農村観光の発展を後押し浙江省建徳市

    15日、三都鎮前源村の山地で満開となったサトザクラの花。中国浙江省建徳市三都鎮の山間部では気温の上昇に伴い、連綿と続くサトザクラや梨、桃、ハクモクレンの花が次々と満開を迎え、美しい春の絵巻が一面に広がった。訪れた観光客が花見を楽しんだり、会員制交流サイト(SNS)に投稿する写真を撮ったりする姿が見られた。同鎮はここ数年、山水資源を活用し、春の桜祭りで登山やキャンプ体験などのイベントを開催するほか、同市の航空機関連産業が集まる建徳航空小鎮と協力して低空観光プロジェクト「空中からのお花見」を打ち出し、特色ある農村観光の発展を後押ししている。(建徳=新華社記者/徐昱)= 配信日: 2022(令和4)年3月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022031603665

  • 2022年03月16日
    (3)山間部を彩る花の海、農村観光の発展を後押し浙江省建徳市

    15日、三都鎮前源村の山地で花を観賞する観光客。中国浙江省建徳市三都鎮の山間部では気温の上昇に伴い、連綿と続くサトザクラや梨、桃、ハクモクレンの花が次々と満開を迎え、美しい春の絵巻が一面に広がった。訪れた観光客が花見を楽しんだり、会員制交流サイト(SNS)に投稿する写真を撮ったりする姿が見られた。同鎮はここ数年、山水資源を活用し、春の桜祭りで登山やキャンプ体験などのイベントを開催するほか、同市の航空機関連産業が集まる建徳航空小鎮と協力して低空観光プロジェクト「空中からのお花見」を打ち出し、特色ある農村観光の発展を後押ししている。(建徳=新華社記者/徐昱)= 配信日: 2022(令和4)年3月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022031602820

  • 2022年06月15日
    (4)世界複合遺産「黄山」を訪ねて安徽省

    黄山で御来光を迎える人たち。(6月5日撮影)中国安徽省南部にある黄山は、奇松、怪石、雲海、温泉、冬雪の五大絶景と、画派、石刻、古道、文学、名人の五大名勝で知られる。蓮花、光明頂、天都が三大主峰で、いずれも標高は1800メートルを超える。「五岳から帰れば山を見ず、黄山から帰れば五岳を見ず(五岳は泰山など中国の五大名山)」という言葉があるように、連綿と連なる峰、立ち並ぶ怪石、奇を競う松、千変万化の雲霞が、他で見ることのできない美しい自然風景を作り出している。また、中国の伝統的名山として、古建築や古石段、摩崖(まがい)石刻などが悠久の歴史と文化を今に伝えている。清代初期には山水画で独自の境地を開いた「黄山画派」を生み出した。黄山は1990年、国連教育科学文化機関(ユネスコ)により文化遺産と自然遺産の両方の価値を持つ世界複合遺産に登録された。ここ数年は、デジタル化、システム化、精密化された管理制度を通じて保全管理の質を向上させており、黄山の文化遺産と自然遺産を効果的に保護している。(黄山=新華社配信/汪新平)= 配信日: 2022(令和4)年6月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022061507837

  • 2022年06月15日
    (1)世界複合遺産「黄山」を訪ねて安徽省

    黄山の雲海。(6月2日撮影)中国安徽省南部にある黄山は、奇松、怪石、雲海、温泉、冬雪の五大絶景と、画派、石刻、古道、文学、名人の五大名勝で知られる。蓮花、光明頂、天都が三大主峰で、いずれも標高は1800メートルを超える。「五岳から帰れば山を見ず、黄山から帰れば五岳を見ず(五岳は泰山など中国の五大名山)」という言葉があるように、連綿と連なる峰、立ち並ぶ怪石、奇を競う松、千変万化の雲霞が、他で見ることのできない美しい自然風景を作り出している。また、中国の伝統的名山として、古建築や古石段、摩崖(まがい)石刻などが悠久の歴史と文化を今に伝えている。清代初期には山水画で独自の境地を開いた「黄山画派」を生み出した。黄山は1990年、国連教育科学文化機関(ユネスコ)により文化遺産と自然遺産の両方の価値を持つ世界複合遺産に登録された。ここ数年は、デジタル化、システム化、精密化された管理制度を通じて保全管理の質を向上させており、黄山の文化遺産と自然遺産を効果的に保護している。(黄山=新華社配信/汪新平)= 配信日: 2022(令和4)年6月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022061507832

  • 2022年06月15日
    (17)世界複合遺産「黄山」を訪ねて安徽省

    黄山で雪景色を楽しむ人たち。(2021年11月22日撮影)中国安徽省南部にある黄山は、奇松、怪石、雲海、温泉、冬雪の五大絶景と、画派、石刻、古道、文学、名人の五大名勝で知られる。蓮花、光明頂、天都が三大主峰で、いずれも標高は1800メートルを超える。「五岳から帰れば山を見ず、黄山から帰れば五岳を見ず(五岳は泰山など中国の五大名山)」という言葉があるように、連綿と連なる峰、立ち並ぶ怪石、奇を競う松、千変万化の雲霞が、他で見ることのできない美しい自然風景を作り出している。また、中国の伝統的名山として、古建築や古石段、摩崖(まがい)石刻などが悠久の歴史と文化を今に伝えている。清代初期には山水画で独自の境地を開いた「黄山画派」を生み出した。黄山は1990年、国連教育科学文化機関(ユネスコ)により文化遺産と自然遺産の両方の価値を持つ世界複合遺産に登録された。ここ数年は、デジタル化、システム化、精密化された管理制度を通じて保全管理の質を向上させており、黄山の文化遺産と自然遺産を効果的に保護している。(黄山=新華社配信/施亜磊)= 配信日: 2022(令和4)年6月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022061507880

  • 2022年06月15日
    (20)世界複合遺産「黄山」を訪ねて安徽省

    黄山の雲海。(6月2日撮影)中国安徽省南部にある黄山は、奇松、怪石、雲海、温泉、冬雪の五大絶景と、画派、石刻、古道、文学、名人の五大名勝で知られる。蓮花、光明頂、天都が三大主峰で、いずれも標高は1800メートルを超える。「五岳から帰れば山を見ず、黄山から帰れば五岳を見ず(五岳は泰山など中国の五大名山)」という言葉があるように、連綿と連なる峰、立ち並ぶ怪石、奇を競う松、千変万化の雲霞が、他で見ることのできない美しい自然風景を作り出している。また、中国の伝統的名山として、古建築や古石段、摩崖(まがい)石刻などが悠久の歴史と文化を今に伝えている。清代初期には山水画で独自の境地を開いた「黄山画派」を生み出した。黄山は1990年、国連教育科学文化機関(ユネスコ)により文化遺産と自然遺産の両方の価値を持つ世界複合遺産に登録された。ここ数年は、デジタル化、システム化、精密化された管理制度を通じて保全管理の質を向上させており、黄山の文化遺産と自然遺産を効果的に保護している。(黄山=新華社配信/梅建)= 配信日: 2022(令和4)年6月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022061507886

  • 2022年06月15日
    (15)世界複合遺産「黄山」を訪ねて安徽省

    黄山の雪景色。(2月5日撮影)中国安徽省南部にある黄山は、奇松、怪石、雲海、温泉、冬雪の五大絶景と、画派、石刻、古道、文学、名人の五大名勝で知られる。蓮花、光明頂、天都が三大主峰で、いずれも標高は1800メートルを超える。「五岳から帰れば山を見ず、黄山から帰れば五岳を見ず(五岳は泰山など中国の五大名山)」という言葉があるように、連綿と連なる峰、立ち並ぶ怪石、奇を競う松、千変万化の雲霞が、他で見ることのできない美しい自然風景を作り出している。また、中国の伝統的名山として、古建築や古石段、摩崖(まがい)石刻などが悠久の歴史と文化を今に伝えている。清代初期には山水画で独自の境地を開いた「黄山画派」を生み出した。黄山は1990年、国連教育科学文化機関(ユネスコ)により文化遺産と自然遺産の両方の価値を持つ世界複合遺産に登録された。ここ数年は、デジタル化、システム化、精密化された管理制度を通じて保全管理の質を向上させており、黄山の文化遺産と自然遺産を効果的に保護している。(黄山=新華社配信/施亜磊)= 配信日: 2022(令和4)年6月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022061507868

  • 2022年06月15日
    (13)世界複合遺産「黄山」を訪ねて安徽省

    黄山の主峰・光明頂で御来光を迎える人たち。(2018年12月31日撮影)中国安徽省南部にある黄山は、奇松、怪石、雲海、温泉、冬雪の五大絶景と、画派、石刻、古道、文学、名人の五大名勝で知られる。蓮花、光明頂、天都が三大主峰で、いずれも標高は1800メートルを超える。「五岳から帰れば山を見ず、黄山から帰れば五岳を見ず(五岳は泰山など中国の五大名山)」という言葉があるように、連綿と連なる峰、立ち並ぶ怪石、奇を競う松、千変万化の雲霞が、他で見ることのできない美しい自然風景を作り出している。また、中国の伝統的名山として、古建築や古石段、摩崖(まがい)石刻などが悠久の歴史と文化を今に伝えている。清代初期には山水画で独自の境地を開いた「黄山画派」を生み出した。黄山は1990年、国連教育科学文化機関(ユネスコ)により文化遺産と自然遺産の両方の価値を持つ世界複合遺産に登録された。ここ数年は、デジタル化、システム化、精密化された管理制度を通じて保全管理の質を向上させており、黄山の文化遺産と自然遺産を効果的に保護している。(黄山=新華社配信/水従沢)= 配信日: 2022(令和4)年6月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022061507874

  • 2022年06月15日
    (19)世界複合遺産「黄山」を訪ねて安徽省

    雲海に包まれる黄山の主峰・光明頂。(2018年12月31日撮影)中国安徽省南部にある黄山は、奇松、怪石、雲海、温泉、冬雪の五大絶景と、画派、石刻、古道、文学、名人の五大名勝で知られる。蓮花、光明頂、天都が三大主峰で、いずれも標高は1800メートルを超える。「五岳から帰れば山を見ず、黄山から帰れば五岳を見ず(五岳は泰山など中国の五大名山)」という言葉があるように、連綿と連なる峰、立ち並ぶ怪石、奇を競う松、千変万化の雲霞が、他で見ることのできない美しい自然風景を作り出している。また、中国の伝統的名山として、古建築や古石段、摩崖(まがい)石刻などが悠久の歴史と文化を今に伝えている。清代初期には山水画で独自の境地を開いた「黄山画派」を生み出した。黄山は1990年、国連教育科学文化機関(ユネスコ)により文化遺産と自然遺産の両方の価値を持つ世界複合遺産に登録された。ここ数年は、デジタル化、システム化、精密化された管理制度を通じて保全管理の質を向上させており、黄山の文化遺産と自然遺産を効果的に保護している。(黄山=新華社配信/水従沢)= 配信日: 2022(令和4)年6月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022061507889

  • 1
  • 2