KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 遊覧船乗り場
  • 遊覧船人気
  • 遊覧船体験
  • 遊覧船出航
  • 遊覧船客観
  • 遊覧船氷
  • 遊覧船運航
  • 北海道釧路市
  • 特別天然記念物
  • しゅう丸

「遊覧船」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 映像
  • 向き
  • カテゴリ
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
23
( 1 23 件を表示)
  • 1
23
( 1 23 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 00:22.90
    2021年01月29日
    「新華社」海岸近くにピンクイルカの姿広東省深圳市

    中国広東省深圳市塩田港に広がる金色海岸の遊覧船乗り場近くに1月29日午後、ピンクイルカが現れた。波間を優雅に泳ぐ姿に、居合わせた人たちはしきりにスマートフォンを向けていた。付近の海域では近年、イルカがたびたび出現している。イルカの活動には極めて高い水質が必要とされることから、生物多様性向上の表れだとする関係者もいる。ピンクイルカは中国の国家1級保護動物で、2008年に国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストに掲載された。(記者/王豊)=配信日:2021(令和3)年1月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:32.65
    2020年10月29日
    日光・八丁出島で紅葉見頃 鮮やかコントラスト

    奥日光の中禅寺湖畔の南東部にある「八丁出島」周辺が紅葉の見頃を迎えている。カエデなどが赤や黄色に染まり、青空を映す湖面と鮮やかなコントラストを描いている。快晴となった29日、男体山と八丁出島を望む半月山展望台には朝から大勢の観光客が訪れた。遊覧船が島の周りを通過すると歓声が上がり、錦秋の雄大な景観を楽しんでいた、撮影日:2020(令和2)年10月29日、撮影場所:栃木県日光市、クレジット:下野新聞/共同通信イメージズ

    撮影: 2020(令和2)年10月29日、栃木県日光市

  • 00:58.64
    2020年07月02日
    「新華社」タムチュック寺で山と湖が織りなす景観美を堪能ベトナム

    ベトナム北部のハナム省にある観光スポット、タムチュック寺は総面積約5千ヘクタール。敷地内には寺院の他、湖や山、石など多様な魅力を持つ景観が広がっている。同寺はこのほど、新たに遊覧船による観光コースを設けた。観光客らは同地で森や湖、山々が織りなす美しい景色を堪能できる。(記者/黄碩)<映像内容>タムチュック寺の観光風景、遊覧船や楽器の演奏など、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:37.06
    2020年04月17日
    氷割り、湖面に春の航路 北海道・阿寒湖

    国の特別天然記念物マリモが生息する北海道釧路市の阿寒湖で、遊覧船「ましゅう丸」(187トン)が春の観光シーズンに向け、湖面の氷を割って航路をつくる作業を本格化させている。<映像内容>氷を割る遊覧船の雑観、マスク姿の阿寒観光汽船営業部企画課・小林道之課長のインタビュー、撮影日:2020(令和2)年4月17日、撮影場所:北海道釧路市の阿寒湖

    撮影: 2020(令和2)年4月17日

  • 01:01.56
    2020年02月09日
    北海道網走で流氷初日

    北海道の網走地方気象台は9日、網走市の陸地からオホーツク海の流氷が肉眼で見える「流氷初日」を迎えたと発表した。平年より19日遅く、1946年の統計開始以来、93年に次いで2番目に遅い。北風が吹く日が少なく、南下が遅れた。<映像内容>地元で流氷が観測された8日の午後1時ごろに撮影した流氷や遊覧船の様子と、気象庁が観測し流氷初日を発表した9日の正午ごろの流氷の様子、撮影日:2020(令和2)年2月9日、撮影場所:北海道網走市

    撮影: 2020(令和2)年2月9日

  • 01:55.48
    2019年10月24日
    「東奥日報」ドローン空撮と地上撮 山々の紅葉と湖面の青、ひきたつ彩り/十和田湖

    十和田湖の標高約400~600メートルの外輪山や半島で紅葉が見ごろを迎えている。24日、中山半島一帯はブナやナラなどの葉が黄色、赤茶色に染まり、国内外の観光客が遊覧船からの絶景を目に焼き付けた。<映像内容>紅葉した十和田湖周辺の様子、観光客、遊覧船から下船する観光客、ドローンで撮影した十和田湖周辺の紅葉の様子、撮影日:2019(令和元)年10月24日、撮影場所:十和田湖、クレジット:東奥日報/共同通信イメージズ

    撮影: 2019(令和元)年10月24日、十和田湖

  • 01:06.87
    2019年04月26日
    「新華社」江蘇省で5G体験発表会開催3都市間でズレのない合唱·合奏も

    中国の通信大手、中国移動(チャイナモバイル)江蘇公司は4月26日午後、江蘇省南京市で5G大規模試験及びユーザー体験発表会を開催した。発表会では、5G技術で3都市を結んで伝統民謡の「合唱・合奏」を行い、省内初の5Gビデオ電話通話を実演、さらに初の5Gスマート遊覧船が出港し、5Gで遠隔操作するクレーンゲームが披露されるなど、5Gの新たな実用シーンを多数展示した。南京、蘇州、無錫で5Gの大規模試験ネットワークが完成しており、この3都市で年内に5Gのプレサービスを開始することも発表された。発表会が始まると、メイン会場の南京でバンドが演奏し、サブ会場の蘇州と無錫で出演者が伝統民謡「茉莉花」を「合唱」するのを会場の観衆たちが楽しんだ。モバイル5Gネットワークの低遅延、広帯域、信頼性によって、3都市の演奏と歌にズレはなく呼吸もぴったりだった。メイン会場の大型スクリーンに映し出されたサブ会場の映像も鮮明でなめらかだった。その後、「5Gスマート遊覧船」が南京の秦淮河(しんわいが)を航行した。メイン会場では、同社の劉正利(りゅう・せいり)副総経理が5Gスマートフォンを使い、遊覧船に乗った鄭濤濤(てい・とうとう)5G製品経理にビデオ電話をかけた。中国移動江蘇公司の5Gネットワークはすでに秦淮河の西線と東線をカバーしている。観光客は4Gスマホがあれば、遊覧船に設置されたポータブル式のネットワークスポットで5Gネットワーク信号に変換された高速な無線信号で、1Gbpsに達するダウンロードスピードを体験することができる。船の屋根に設置されたパノラマ高解像度カメラで、船内の観光客はVRゴーグルをかけ、ひと味違う遊覧船体験を楽しむことができるようになっている。(記者/朱筱)<映像内容>5Gの体験発表会の様子、クレーンゲームの遠隔操作など、撮影日:2019(平成31)年4月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:20.01
    2019年04月17日
    阿寒湖で氷割り 遊覧船、春の航路づくり

    国の特別天然記念物マリモが生息する北海道釧路市の阿寒湖で17日、結氷のため運休している遊覧船「ましゅう丸」(188トン)が、湖面の氷を割って航路をつくる作業を本格的に始めた。〈映像内容〉湖面の氷を割るましゅう丸の雑観、撮影日:2019(平成31)年4月17日、撮影場所:北海道釧路市 阿寒湖

    撮影: 2019(平成31)年4月17日

  • 02:24.79
    2019年02月15日
    「新華社」特色ある海中観光を開発海南省三亜市

    中国で人気の観光地、海南省三亜市には、今年の春節(旧正月)期間にもやはり多くの観光客が訪れている。三亜市の各景勝地は6日から今年の春節休暇旅行のピークを迎えている。春節前後の三亜市は、日差しが心地よく、爽やかな気候だ。多くの観光客は、海や熱帯雨林の景色を楽しむほか、穏やかな海を前に、各景勝地が打ち出している特色ある潜水イベントにチャレンジしたいと考えている。三亜市蜈支洲(ごししゅう)島は7日、観光客でごった返しているが、海上には一群の潜水装備を着用した観光客が浮かんでいるのが見える。水上パラグライダーや一般のスキューバダイビング以外に、同景勝地では春節期間に「豪華島巡り海中観光」イベントを強力に打ち出している。観光客は遊覧船に乗って新しく開発された潜水スポットまで行って特別なスキューバダイビングの旅を楽しめるだけでなく、潜水艇に乗って海中遊覧や海底散策を楽しみ、海釣りなどに興じることも可能だ。同景勝地ではまた「イルカ潜水艇」イベントを新たに打ち出しており、観光客はイルカに似た外観の半潜水型ボートに乗って海中の観光を楽しむことができる。6日に三亜市蜈支洲島や三亜市南山文化観光エリアを含む海南省三亜市の八大景勝地を訪れた観光客は16万600人に達した。観光客のピークは今後数日間続くと見られている。(記者/王軍鋒)<映像内容>春節休暇中の海南省三亜市観光の風景、潜水イベント、イルカ型潜水艇など、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:18.14
    2019年01月22日
    「新華社」700台のクラシックカーがパリに集結「時間の旅」を満喫

    フランス・パリでこのほど、第19回クラシックカー冬季パレードが開催された。700台を超えるクラシックカーが、パリ市内各地のランドマークを巡り「時間の旅」を楽しんでいた。パレードは午前7時30分に始まり、30キロの道のりを走った。今年のコースは、フランスの20世紀を代表するアニメ3作品を記念するために設計された。3作品はそれぞれ1940年代、50年代、70年代に放映され、主人公の冒険ストーリーにはオートバイや自動車が深く関わっている。2001年以降、年2回開催されている同イベントは「クラシックマニア」の重要な交流の場となっている。イベントの最後には出場者全員がセーヌ川の遊覧船に乗り昼食を楽しんだ。多くの出場者にとって自分のクラシックカーを持つことは、子どもの時からの夢だったという。パレードに出場するには運転免許保有歴30年以上という制限がある。観衆はパレード期間中に主催者側が用意したクラシックバスに乗り、クラシックカーの車列に付き従いながら、出場者と共に「時間の旅」を楽しめるという。(記者/韓茜、張善輝)<映像内容>クラシックカーとパリの風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 04:03.84
    2018年07月28日
    中国観光客、北朝鮮へ 大同江の遊覧船人気

    中朝関係の改善を背景に、北朝鮮を訪れる中国の観光客が増えている。北朝鮮は8月上旬、外国からの観光客受け入れを一時中断する方針を決めたもようだが、観光インフラの強化を図っており、建国70年を迎える9月から一層のインバウンド増を期待する気配だ。7月下旬、平壌を流れる大同江の遊覧船に乗った中国山西省の喬勇さん(25)は、旅を楽しんでいると話した。2013年開業の遊覧船は、7月から1日の航行を2回から4回に増やしコースも延長。名物の大同江ビールを飲みながら近年完成した高層マンション群で明るくなった平壌の夜景を楽しんでもらおうとの趣向だ。7月末の夜のクルーズでは連日300人以上の団体客の歓声が飛び交い、女性バンドの公演が雰囲気を盛り上げた。〈映像内容〉船の外観、観光客やショーの様子、船のサービス担当の車水正さん(29)インタビュー、客の喬勇さん(25)インタビューなど。7月28日29日に平壌市内で撮影、撮影日:2018(平成30)年7月28日、撮影場所:北朝鮮平壌

    撮影: 2018(平成30)年7月28日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    04:04.44
    2018年05月22日
    「ツール・ド・東北2018」記者発表会

    サイクリングイベント「ツール・ド・東北2018」の記者発表会が22日、東京都内で行われ、参加した宮城県東松島市出身のお笑いトリオ・パンサーの尾形貴弘さんやお笑いトリオのロバートらがイベントを盛り上げるための意気込みを語った。同イベントは、東日本大震災の記憶を未来に残していくことを目的とし2013年にスタート。6回目となる今年は、9月15、16日に開催される。震災遺構の旧荒浜小(仙台市若林区)に立ち寄った後、塩釜港から遊覧船で景勝地・松島湾をクルージングする約60キロのコースのほか、南三陸町を出発し北上川沿いを走る約50キロのコースを新たに設けた。1日目500人、2日目3500人の計4千人が参加する。<映像内容>道端カレン、中西哲生氏ら広報、応援大使によるトーク雑観、大会テーマソングを担当する、くるりのビデオメッセージ、ロバートらによるトークセッション、フォトセッションなど、撮影日:2018(平成30)年5月22日、撮影場所:東京都千代田区

    撮影: 2018(平成30)年5月22日

  • 01:00.12
    2018年04月14日
    「東奥日報」自然美、眺め満喫/十和田湖遊覧船運航再開

    十和田観光電鉄(青森県十和田市、白石鉄右エ門社長)は14日、冬期間休止していた十和田湖遊覧船の運航を再開した。観光客らが、雪が残る山々や岩肌が作り出す自然美と湖上からの眺めを満喫。湖畔に本格的な観光シーズンが到来した。<映像内容>運行が再開した遊覧船、湖上からの眺めなど、撮影日:2018(平成30)年4月14日、撮影場所:十和田湖、クレジット:東奥日報/共同通信イメージズ ※白素材有り要問い合わせ

    撮影: 2018(平成30)年4月14日、十和田湖

  • 04:28.66
    2018年04月12日
    マリモの阿寒湖で氷割り 遊覧船、春の航路づくり

    国の特別天然記念物マリモが生息する北海道釧路市の阿寒湖で16日、結氷のため運休している遊覧船「ましゅう丸」(188トン)が、湖面の氷を割って航路をつくる作業を本格的に始めた。運航する阿寒観光汽船(同市)によると、湖は例年、気温が氷点下15度近くになる12月下旬ごろに結氷し、氷の厚さは最大60~80センチほどになる。同社によると、16日の氷は例年より薄い約20~30センチ。船は午前10時に出航し、ガリガリと音を立てて進むと湖面には亀裂が入り、割れ目からは深緑色の水面が現れた。今月21日から約1週間、観光客もましゅう丸に乗って「氷割り」を体験できる。ましゅう丸は5月1日から11月末まで、湖内のチュウルイ島にある「マリモ展示観察センター」や湖畔を約85分かけて巡る定期便として運航する。<映像内容>氷を割る「ましゅう丸」の作業雑感と俯瞰映像、撮影日:2018(平成30)年4月12日、撮影場所:北海道釧路市

    撮影: 2018(平成30)年4月12日

  • 01:14.60
    2017年04月17日
    阿寒湖で氷割り 遊覧船で春の航路づくり

    国の特別天然記念物マリモが生息する北海道釧路市の阿寒湖で、遊覧船「ましゅう丸」(188トン)が湖面の氷を割って航路をつくる作業が本格化している。5月の定期運航再開へ向け、遅い春を迎える準備が進む。運航会社の阿寒観光汽船(釧路市)によると、真冬は全面結氷する阿寒湖の氷は今年、例年より薄く、17日現在は厚さ15~40センチになっている。〈映像内容〉航路づくりをしている遊覧船と阿寒湖の雑観。

  • 01:59.25
    2016年11月20日
    平壌に太陽電池遊覧船 大同江横断、通勤の足

    北朝鮮の首都平壌を流れる大同江でこのほど、太陽電池を利用する遊覧船の運航が始まった。朝晩の通勤時間帯には通勤客向けの運航サービスを実施しており、職場へ急ぐ市民らに好評を博している。〈映像内容〉北朝鮮の首都平壌を流れる大同江でこのほど、太陽電池を利用する遊覧船の運航が始まった様子と船長のインタビュー。

  • 04:32.27
    2016年10月22日
    空撮 奥日光の紅葉が見ごろ

    栃木県・奥日光で紅葉が見ごろを迎えている。中禅寺湖では曇り空から差す薄日が赤や黄色を美しく照らし出していた。栃木県日光市の「いろは坂」周辺で観光名所では乗用車や観光バスが行き交い、深まる秋を楽しむ人たちでにぎわっていた。曇り空から薄日が差す中禅寺湖の八丁出島では木々が色鮮やかに染まり、遊覧船がゆっくりと進んでいた。日光市観光振興課によると10月に入っても暖かい日が続いたため紅葉シーズンは例年より1週間ほど遅いという。〈映像内容〉栃木県日光市の奥日光で紅葉が見ごろを迎えている様子の空撮。

  • 00:41.30
    2016年07月17日
    「東奥日報」遊覧船出航 囃子でお見送り/十和田

    十和田市休屋地区の有志による十和田湖遊覧船お見送り隊が17日、初の見送りを行った。あいにくの雨のため、囃子(はやし)演奏は桟橋から十和田湖観光交流センター「ぷらっと」に変更となったものの、軽やかな調べが湖畔に響き渡り、観光客は胸を躍らせ、船に乗り込んだ。<映像内容>十和田湖遊覧船を見送る様子、撮影日:2016(平成28)年7月17日、撮影場所:十和田湖観光交流センター、十和田湖(青森県十和田市)、クレジット:東奥日報/共同通信イメージズ ※白素材

    撮影: 2016(平成28)年7月17日、十和田湖観光交流センター、十和田湖(青森県十和田市)

  • 08:40.68
    2015年04月24日
    金箔貼りの船で大阪城巡り

    大坂夏の陣400年を記念して、大坂城の内堀で全面金箔貼りにした御座船が24日、遊覧運航を開始する前に報道陣に公開されました。内堀の遊覧船の運航は初めてで、25日から営業します。豊臣秀吉の御座船とされる「鳳凰丸」を参考に新造し、約3千枚の金箔を使ったとのことです。料金は大人1500円、小中学生が750円です。〈映像内容〉大阪城の内堀で遊覧運航される「大阪城御座船」の試乗の様子と、「大阪城御座船」運航会社の担当者の話など、撮影日:2015(平成27)年4月24日、撮影場所:大阪城

    撮影: 2015(平成27)年4月24日

  • 02:00.38
    2007年04月30日
    鳴門海峡の渦潮、見ごろ 直径20メートル、観光客歓声

    徳島県鳴門市と兵庫県の淡路島に挟まれた鳴門海峡で、渦潮が見ごろとなる春の大潮の時期を迎えている。渦潮は、干潮と満潮の際、海峡の南北で水位に差ができて流れが速くなり、地形と相まって発生する。特に春の大潮では日中の潮の満ち引きが大きく、渦は直径20メートルにもなる<映像内容>遊覧船に乗り込む観光客、大鳴門橋の下に現れた渦潮、遊覧船客観、撮影日:2007(平成19)年4月30日、撮影場所:鳴門海峡

    撮影: 2007(平成19)年4月30日

  • 02:33.95
    2006年10月21日
    空撮 奥日光の紅葉が見ごろ

    栃木県・奥日光の紅葉が見ごろを迎えた。中禅寺湖の八丁出島では遊覧船の観光客も深まる秋を楽しんでいた。日光市観光課によると、紅葉はこれから「いろは坂」を徐々に下り、世界遺産に登録されている日光東照宮付近は11月上旬に見ごろを迎えるという<映像内容>八丁出島の紅葉、遊覧船、中禅寺湖遠景、行楽客の車が連なる紅葉が始まったばかりのいろは坂、空撮、撮影日:2006(平成18)年10月21日、撮影場所:栃木県・奥日光

    撮影: 2006(平成18)年10月21日

  • 01:35.19
    1962年08月31日
    「インタナシヨナル映画」昭和天皇皇后日光ご訪問

    キーワード:日光東照宮、日光駅、市民出迎え、金属加工工場、女子工員、華厳の滝、中禅寺湖、遊覧船=製作年:1962(昭和37)年8月、日光、クレジット:インタナシヨナル映画/共同通信イメージズ

    撮影: 製作年:1962

  • 02:07.87
    1961年07月31日
    「福島民報」「民報ニュース」夏たけなわ

    相馬市原釜海岸の海水浴場開き、猪苗代湖の水上スキー、桧原湖の遊覧船とキャンプ村、ケーブルで背あぶり高原に行き、馬車に乗る様子。撮影日:1961(昭和36)年、クレジット:福島民報社/共同通信イメージズ

  • 1