KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • そば
  • 世界
  • 大人
  • 子供
  • 寒さ
  • 平成
  • 教室
  • 理解
  • 私たち
  • 記憶

「遠く離れても」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
8
( 1 8 件を表示)
  • 1
8
( 1 8 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2009年12月20日
    母の懐に抱かれて

    米国ニューヨークのセントラル・パークで雪遊びする親子。(2009年12月20日撮影)記憶の中で一番温かいのは、母の懐だ。それは幼い頃の揺りかごであり、子供の頃の港であり、成長期の教室である。母の懐の中では、冬の寒さがなくなり、春はさらに暖かくなる。母の懐の中で、ゆっくりと世界を理解し、力を手に入れた。やがて大人になった私たちは、母の懐から旅立った。だが、どこへ行っても、どんなに遠く離れても、母の懐を思い出せば、心はずっと母のそばにいる。(ニューヨーク=新華社記者/王永康)=2009(平成21)年12月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018051400588

  • 2011年09月24日
    母の懐に抱かれて

    ウクライナの首都キエフで、虎のマスコットに扮して環境保護イベントに参加し、地球と動物を守るよう呼びかける親子。(2011年9月24日撮影)記憶の中で一番温かいのは、母の懐だ。それは幼い頃の揺りかごであり、子供の頃の港であり、成長期の教室である。母の懐の中では、冬の寒さがなくなり、春はさらに暖かくなる。母の懐の中で、ゆっくりと世界を理解し、力を手に入れた。やがて大人になった私たちは、母の懐から旅立った。だが、どこへ行っても、どんなに遠く離れても、母の懐を思い出せば、心はずっと母のそばにいる。(キエフ=新華社配信)=2011(平成23)年9月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018051400493

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2012年03月01日
    胴上げされる斉藤弘樹君 後輩に託す甲子園の夢

    気仙沼向洋高校の卒業式を終え、野球部の後輩から胴上げされる斉藤弘樹君(18)。昨年夏の甲子園大会で始球式のピッチャーを務めた。就職で故郷を離れるが「人の温かみを感じた1年でした。遠く離れても気仙沼の復興を願って仕事をします」という。震災被害で部員は他校のグラウンドを間借りしての練習が続くが、「環境を克服して甲子園を目指してほしい」と後輩にエールを送っていた=1日、宮城県気仙沼市

    商品コード: 2012030100385

  • 2013年05月11日
    母の懐に抱かれて

    ポルトガルのマデイラ島で、フラワーフェスティバルに参加する親子。(2013年5月11日撮影)記憶の中で一番温かいのは、母の懐だ。それは幼い頃の揺りかごであり、子供の頃の港であり、成長期の教室である。母の懐の中では、冬の寒さがなくなり、春はさらに暖かくなる。母の懐の中で、ゆっくりと世界を理解し、力を手に入れた。やがて大人になった私たちは、母の懐から旅立った。だが、どこへ行っても、どんなに遠く離れても、母の懐を思い出せば、心はずっと母のそばにいる。(マデイラ島・ポルトガル=新華社記者/張立雲)=2013(平成25)年5月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018051400561

  • 2016年10月10日
    母の懐に抱かれて

    ハイチのジェレミーにある病院で、子供を抱いて治療を受ける女性。(2016年10月10日撮影)記憶の中で一番温かいのは、母の懐だ。それは幼い頃の揺りかごであり、子供の頃の港であり、成長期の教室である。母の懐の中では、冬の寒さがなくなり、春はさらに暖かくなる。母の懐の中で、ゆっくりと世界を理解し、力を手に入れた。やがて大人になった私たちは、母の懐から旅立った。だが、どこへ行っても、どんなに遠く離れても、母の懐を思い出せば、心はずっと母のそばにいる。(北京=新華社/ユニセフ提供)=2016(平成28)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018051400544

  • 2016年11月08日
    母の懐に抱かれて

    日本の東京にある公園で遊んでいる親子。(2016年11月8日撮影)記憶の中で一番温かいのは、母の懐だ。それは幼い頃の揺りかごであり、子供の頃の港であり、成長期の教室である。母の懐の中では、冬の寒さがなくなり、春はさらに暖かくなる。母の懐の中で、ゆっくりと世界を理解し、力を手に入れた。やがて大人になった私たちは、母の懐から旅立った。だが、どこへ行っても、どんなに遠く離れても、母の懐を思い出せば、心はずっと母のそばにいる。(東京=新華社記者/馬平)=2016(平成28)年11月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018051400526

  • 2016年12月20日
    母の懐に抱かれて

    タイ中部サムットプラーカーン県で、越冬するチャガシラカモメに餌を与える親子。(2016年12月20日撮影)記憶の中で一番温かいのは、母の懐だ。それは幼い頃の揺りかごであり、子供の頃の港であり、成長期の教室である。母の懐の中では、冬の寒さがなくなり、春はさらに暖かくなる。母の懐の中で、ゆっくりと世界を理解し、力を手に入れた。やがて大人になった私たちは、母の懐から旅立った。だが、どこへ行っても、どんなに遠く離れても、母の懐を思い出せば、心はずっと母のそばにいる。(サムットプラーカーン県・タイ=新華社記者/李芒茫)=2016(平成28)年12月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018051400498

  • 2017年08月19日
    母の懐に抱かれて

    シエラレオネの首都フリータウンにある避難所で、母の背中でぐっすりと眠る子供。(2017年8月19日撮影)記憶の中で一番温かいのは、母の懐だ。それは幼い頃の揺りかごであり、子供の頃の港であり、成長期の教室である。母の懐の中では、冬の寒さがなくなり、春はさらに暖かくなる。母の懐の中で、ゆっくりと世界を理解し、力を手に入れた。やがて大人になった私たちは、母の懐から旅立った。だが、どこへ行っても、どんなに遠く離れても、母の懐を思い出せば、心はずっと母のそばにいる。(フリータウン・シエラレオネ=新華社記者/陳誠)=2017(平成29)年8月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018051400524

  • 1