KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 令和
  • 建設
  • 記者
  • 北宋
  • 創建
  • 奈良
  • 改名
  • 建築
  • 陳列
  • 発見

「遣唐使」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
188
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
188
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 1973年10月06日
    日中国交回復1周年記念の県民集会

    今年は日中国交正常化30周年―。岡山は、遣唐使・吉備真備、日中経済協会常任顧問を務めた故岡崎嘉平太氏を輩出するなど、古くから中国とはつながりが深い。1周年を記念する県民集会がこの日、県農業会館で開かれ、約400人が参加。末永い友好を誓った。=1973(昭和48)年10月6日、岡山市、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012821703

  • 1989年03月26日
    よみがえった遣唐使船 遣唐使船、瀬戸内海へ

    実物そっくりに復元され、よみがえった遣唐使船=広島県倉橋町

    商品コード: 2019090610537

  • 1989年03月31日
    復元された遣唐使船 遣唐使船、瀬戸大橋の島へ

    瀬戸大橋観光船の咸臨丸(左)とアベック航行する復元された遣唐使船。後方は瀬戸大橋=1989(平成元)年3月31日午前10時45分、香川県坂出市与島付近(共同通信社ヘリから)

    商品コード: 2019092502674

  • 1989年03月31日
    アベック航行する復元された遣唐使船 遣唐使船、瀬戸大橋の島へ

    瀬戸大橋観光船の咸臨丸(左)とアベック航行する復元された遣唐使船。後方は瀬戸大橋の岩黒島橋=1989(平成元)年3月31日午前10時45分、香川県坂出市与島付近(共同通信社ヘリから)

    商品コード: 2019092502678

  • 1989年09月11日
    遣唐使の白銅鏡など81件

    「第41回正倉院展」に出品される金銀平脱八花鏡(きんぎんへいだつのはっかきょう)

    商品コード: 2020033102350

  • 1989年09月11日
    遣唐使の白銅鏡など81件

    「第41回正倉院展」に出品される金銀花盤(きんぎんのかばん)

    商品コード: 2020033102351

  • 1994年04月08日
    出港した「あこがれ」 「平成の遣唐使船」上海へ

    中国・上海市に向け出港した平成の遣唐使船「あこがれ」=8日午前10時40分、大阪港で共同通信社ヘリから

    商品コード: 1994040800012

  • 1994年05月26日
    カヌーで遣唐使ルート 北野天満宮で安全祈願

    使用するカヌーとともに航海安全祈願をする漕航隊メンバー=26日午前、京都・北野天満宮

    商品コード: 1994052600017

  • 1994年07月11日
    「遣唐使ルート漕破隊」 カヌー隊、関門海峡を通過

    関門海峡を通過する「遣唐使ルート漕破(そうは)隊」のカヌー=11日午後、下関市みもすそ川町

    商品コード: 1994071100054

  • 1994年07月28日
    無事到着したカヌー隊 遣唐使カヌー隊、大阪着

    遣唐使と同じルートをカヌーでたどり無事到着した「遣唐使ルート漕破隊」の一行=28日午後、大阪市此花区の大阪北港マリーナ

    商品コード: 1994072800066

  • 1994年08月26日
    遣唐使船の模型を寄進

    中国の寺院に寄進される遣唐使船の模型=広島県庁

    商品コード: 1994082600003

  • 2000年10月21日
    遣唐使船形の待合所

    )、企画26S、23日付朝刊以降使用  遣唐使船をかたどったバス待合所=長崎県三井楽町

    商品コード: 2000102100134

  • 2002年04月15日
    遣唐使が目指した港町

    にぎわう寧波の市街地(共同)(中国・浙江省の寧波)

    商品コード: 2002041500034

  • 2002年04月15日
    遣唐使が目指した港町

    市民が集まる寧波府城〓廟 ☆こざとへんに皇 (共同)(中国・浙江省の寧波)

    商品コード: 2002041500035

  • 2002年04月15日
    遣唐使が目指した港町

    松の並木が続く天童寺の参道(共同)(中国・浙江省の寧波)

    商品コード: 2002041500036

  • 2003年06月15日
    登場したジャンボ山車 高野山で大師の生誕祭

    青葉祭に登場したジャンボ山車「遣唐使船」=15日午後、和歌山県高野町の高野山

    商品コード: 2003061500090

  • 2004年10月10日
    展示される遣唐使船 遣唐留学生の墓誌初発見

    「吉備大臣入唐絵詞」をもとに復元され、展示されている遣唐使船=広島県倉橋町の長門の造船歴史館

    商品コード: 2004101000129

  • 2005年02月07日
    謎多い井真成の人物像

    東京・有楽町で開かれたシンポジウム「遣唐使の墓誌をめぐって」

    商品コード: 2005020700211

  • 2005年05月15日
    日本人遣唐留学生の墓誌 遣唐使の墓誌を初公開

    日本で初めて公開された遣唐留学生の墓誌=15日午後、愛知万博長久手会場の中国館

    商品コード: 2005051500121

  • 2005年08月24日
    見学される両陛下 両陛下が遣唐使展を見学

    「遣唐使と唐の美術」展を見学される天皇、皇后両陛下=24日午後、東京・上野の東京国立博物館(代表撮影)

    商品コード: 2005082400217

  • 2005年08月24日
    展示物を見学される両陛下 両陛下が遣唐使展を見学

    「遣唐使と唐の美術」展で展示物を見学される天皇、皇后両陛下=24日午後、東京・上野の東京国立博物館(代表撮影)

    商品コード: 2005082400215

  • 2005年08月29日
    秋篠宮さま、紀子さま、眞子さま 「遣唐使と唐の美術」展を鑑賞

    2005年8月29日、「遣唐使と唐の美術」展で、金の装飾品を鑑賞される秋篠宮さま、紀子さま、眞子さま=東京都台東区の東京国立博物館

    商品コード: 2017083100335

  • 2007年03月17日
    大合併と五島市コラージュ 未来は「ばら色」か

    「平成大合併」で誕生した長崎県五島市。旧市町の起債を背負い、財政危機に直面する。左下は同市の「遣唐使ふるさと館」。(コラージュ)

    商品コード: 2007031700116

  • 2009年06月10日
    オペラ「遣唐使」 薬師寺でオペラ「遣唐使」

    奈良市の薬師寺で上演されたオリジナルオペラ「遣唐使」=10日夜(代表撮影)

    商品コード: 2009061000409

  • 2009年12月17日
    復元始まった遣唐使船 遣唐使船の復元作業始まる

    復元作業が始まった原寸大の遣唐使船=17日午後、奈良市の平城宮跡

    商品コード: 2009121700428

  • 2010年03月31日
    再現した舟 遣唐使船を再現、進水式

    遣唐使船を再現した船=31日午後、中国江蘇省張家港市(共同)

    商品コード: 2010033100418

  • 2010年03月31日
    再現された遣唐使船 遣唐使船を再現、進水式

    再現された遣唐使船=31日午後、中国江蘇省張家港市(共同)

    商品コード: 2010033100432

  • 2010年04月22日
    展示物を見る皇太子さま 奈良訪問の皇太子さま

    奈良国立博物館で「大遣唐使展」をご覧になる皇太子さま=22日夕

    商品コード: 2010042200500

  • 2010年06月11日
    入港する遣唐使船 「遣唐使船」が上海入港

    上海万博の「ジャパンデー」に合わせて中国上海市に入港する、再現された遣唐使船=11日午後(共同)

    商品コード: 2010061100523

  • 2010年06月11日
    公開された遣唐使船 「遣唐使船」が上海入港

    上海万博の「ジャパンデー」に合わせて中国上海市に入港し、公開された「遣唐使船」=11日午後(共同)

    商品コード: 2010061100533

  • 2010年06月11日
    渡辺謙さんが会見 「遣唐使船」が上海入港

    上海万博の「ジャパンデー」に合わせて「遣唐使船」が中国上海市に入港し、記者会見する親善大使の俳優渡辺謙さん=11日(共同)

    商品コード: 2010061100534

  • 2010年06月11日
    遣唐使船 「遣唐使船」が上海入港

    上海万博の「ジャパンデー」に合わせて中国上海市に入港した、再現された遣唐使船=11日午後(共同)

    商品コード: 2010061100537

  • 2010年06月12日
    パレードする「遣唐使」 コスプレから伝統芸能まで

    上海万博の会場でパレードする「遣唐使」の一行=12日(共同)

    商品コード: 2010061200290

  • 2010年06月12日
    遣唐使船と中国館 万博で「友愛精神」強調

    上海万博会場の間を流れる黄浦江を航行する再現された遣唐使船。後ろは中国館=12日、上海(共同)

    商品コード: 2010061200398

  • 2011年12月22日
    福岡平和台球場から 大和朝廷の迎賓館跡を発見

    1987(昭和62)年12月28日、福岡城跡にある平和台球場の外野スタンド改修工事中に、奈良、平安時代の迎賓館に当たる「鴻臚(こうろ)館」遺構が見つかった。建物の礎石や柱穴、多数の瓦や中国製陶磁器が出土。大和朝廷が外国使節を接待した館で、遣唐使もここから出発した。

    商品コード: 2011122200270

  • 2014年06月10日
    再現された遣唐使船 最先端の仏教を渇望

    現代に再現された遣唐使船。この小さな船に100人余りが乗り込んだとも言われ、潮任せ、風任せの命がけの航海だった=中国江蘇省張家港市(共同)

    商品コード: 2014061000511

  • 2014年06月10日
    瀬戸内海見渡す高村さん 最先端の仏教を渇望

    遣唐使船の航路だった瀬戸内海を見渡す高村薫さん=広島県廿日市市

    商品コード: 2014061000512

  • 2014年12月18日
    福岡平和台球場から 大和朝廷の迎賓館跡を発見

    1987(昭和62)年12月28日、福岡城跡にある平和台球場の外野スタンド改修工事中に、奈良、平安時代の迎賓館に当たる「鴻臚(こうろ)館」遺構が見つかった。建物の礎石や柱穴、多数の瓦や中国製陶磁器が出土。大和朝廷が外国使節を接待した館で、遣唐使もここから出発した。

    商品コード: 2014121800318

  • 2018年03月22日
    復元した遣唐使船 平城宮跡で奈良時代を体感

    報道陣向け内覧会で公開された、「朱雀門ひろば」の復元された遣唐使船=22日、奈良市

    商品コード: 2018032200554

  • 2018年07月11日
    謎の人物「井真成」に迫る

    11日、西北大学博物館に収蔵されている日本人遣唐使、井真成の墓誌。これは現在国内で発見された唯一の日本人遣唐使の墓誌であり、日本の国名を最も早くから記録したと学界で広く認められている文化財である。井真成は唐の開元年間に遣唐使の一員として長安を訪れ、そして開元二十二年(西暦734年)、36歳の時に思いがけず亡くなった。唐の皇帝、玄宗は彼に尚衣奉御の官職を与え、長安の万年県にある滻水のほとりに埋葬した。この墓誌が発見されてから、多くの中国や日本の学者たちが「井真成」の境遇について調査や考証を行ってきた。しかし現在、考古学者や歴史学者は「井真成」に関わる他の文献や文化財の発見には至っておらず、1200年以上前に長安城で長い眠りについた遣唐使はより神秘的な存在となっている。(西安=新華社記者/楊一苗)=2018(平成30)年7月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018071700544

  • 2018年07月11日
    謎の人物「井真成」に迫る

    11日、西北大学博物館で日本人遣唐使、井真成の墓誌を眺める見学者。これは現在国内で発見された唯一の日本人遣唐使の墓誌であり、日本の国名を最も早くから記録したと学界で広く認められている文化財である。井真成は唐の開元年間に遣唐使の一員として長安を訪れ、そして開元二十二年(西暦734年)、36歳の時に思いがけず亡くなった。唐の皇帝、玄宗は彼に尚衣奉御の官職を与え、長安の万年県にある滻水のほとりに埋葬した。この墓誌が発見されてから、多くの中国や日本の学者たちが「井真成」の境遇について調査や考証を行ってきた。しかし現在、考古学者や歴史学者は「井真成」に関わる他の文献や文化財の発見には至っておらず、1200年以上前に長安城で長い眠りについた遣唐使はより神秘的な存在となっている。(西安=新華社記者/楊一苗)=2018(平成30)年7月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018071700599

  • 2018年07月11日
    謎の人物「井真成」に迫る

    11日、西北大学博物館に収蔵されている日本人遣唐使、井真成の墓誌のふた。これは現在国内で発見された唯一の日本人遣唐使の墓誌であり、日本の国名を最も早くから記録したと学界で広く認められている文化財である。井真成は唐の開元年間に遣唐使の一員として長安を訪れ、そして開元二十二年(西暦734年)、36歳の時に思いがけず亡くなった。唐の皇帝、玄宗は彼に尚衣奉御の官職を与え、長安の万年県にある滻水のほとりに埋葬した。この墓誌が発見されてから、多くの中国や日本の学者たちが「井真成」の境遇について調査や考証を行ってきた。しかし現在、考古学者や歴史学者は「井真成」に関わる他の文献や文化財の発見には至っておらず、1200年以上前に長安城で長い眠りについた遣唐使はより神秘的な存在となっている。(西安=新華社記者/楊一苗)=2018(平成30)年7月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018071700600

  • 2018年07月20日
    中国の考古学者が証明した遣唐使「円仁」の足跡掘港国清寺

    20日、如東掘港唐宋国清寺遺跡から出土した法器。中国江蘇省南通市の如東掘港唐宋国清寺遺跡は、1年近くの発掘調査で重要な考古学上の発見が得られた。遺跡からは唐・宋朝時代の複数の建築遺構が見つかり、磁器や紫砂陶器、石刻仏像、銅銭などの文物が出土した。また、最下層の基壇(建物の土台)が唐代末期の掘港国清寺のものであることが確認された。今回の発掘調査は、9世紀の日本の留学僧、円仁の旅行記「入唐求法巡礼行記」に記された「掘港国清寺」が実在したことを初めて裏付けた。同遺跡は中国の海上シルクロードにおける代表的な遺跡であり、日本の遣唐使の歴史と中日友好交流史の研究で、歴史的、文化的、学術的に重要な意味を持つ。(南通=新華社記者/李賀)=2018(平成30)年7月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018072400888

  • 2018年07月20日
    中国の考古学者が証明した遣唐使「円仁」の足跡掘港国清寺

    20日、遺構から発掘された磁器を点検する専門家。中国江蘇省南通市の如東掘港唐宋国清寺遺跡は、1年近くの発掘調査で重要な考古学上の発見が得られた。遺跡からは唐・宋朝時代の複数の建築遺構が見つかり、磁器や紫砂陶器、石刻仏像、銅銭などの文物が出土した。また、最下層の基壇(建物の土台)が唐代末期の掘港国清寺のものであることが確認された。今回の発掘調査は、9世紀の日本の留学僧、円仁の旅行記「入唐求法巡礼行記」に記された「掘港国清寺」が実在したことを初めて裏付けた。同遺跡は中国の海上シルクロードにおける代表的な遺跡であり、日本の遣唐使の歴史と中日友好交流史の研究で、歴史的、文化的、学術的に重要な意味を持つ。(南通=新華社記者/李賀)=2018(平成30)年7月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018072400830

  • 2018年07月20日
    中国の考古学者が証明した遣唐使「円仁」の足跡掘港国清寺

    20日、出土した唐代様式の蓮の花紋様の礎石の説明をする考古学者。中国江蘇省南通市の如東掘港唐宋国清寺遺跡は、1年近くの発掘調査で重要な考古学上の発見が得られた。遺跡からは唐・宋朝時代の複数の建築遺構が見つかり、磁器や紫砂陶器、石刻仏像、銅銭などの文物が出土した。また、最下層の基壇(建物の土台)が唐代末期の掘港国清寺のものであることが確認された。今回の発掘調査は、9世紀の日本の留学僧、円仁の旅行記「入唐求法巡礼行記」に記された「掘港国清寺」が実在したことを初めて裏付けた。同遺跡は中国の海上シルクロードにおける代表的な遺跡であり、日本の遣唐使の歴史と中日友好交流史の研究で、歴史的、文化的、学術的に重要な意味を持つ。(南通=新華社記者/李賀)=2018(平成30)年7月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018072400866

  • 2018年07月20日
    中国の考古学者が証明した遣唐使「円仁」の足跡掘港国清寺

    20日、如東掘港唐宋国清寺遺跡から出土した「国清」の文字が書かれた磁器。中国江蘇省南通市の如東掘港唐宋国清寺遺跡は、1年近くの発掘調査で重要な考古学上の発見が得られた。遺跡からは唐・宋朝時代の複数の建築遺構が見つかり、磁器や紫砂陶器、石刻仏像、銅銭などの文物が出土した。また、最下層の基壇(建物の土台)が唐代末期の掘港国清寺のものであることが確認された。今回の発掘調査は、9世紀の日本の留学僧、円仁の旅行記「入唐求法巡礼行記」に記された「掘港国清寺」が実在したことを初めて裏付けた。同遺跡は中国の海上シルクロードにおける代表的な遺跡であり、日本の遣唐使の歴史と中日友好交流史の研究で、歴史的、文化的、学術的に重要な意味を持つ。(南通=新華社記者/李賀)=2018(平成30)年7月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018072400872

  • 2018年07月20日
    中国の考古学者が証明した遣唐使「円仁」の足跡掘港国清寺

    20日、発掘現場で作業の状況を説明する発掘プロジェクトの責任者、南京大学歴史学院の賀雲翱教授(中央)。中国江蘇省南通市の如東掘港唐宋国清寺遺跡は、1年近くの発掘調査で重要な考古学上の発見が得られた。遺跡からは唐・宋朝時代の複数の建築遺構が見つかり、磁器や紫砂陶器、石刻仏像、銅銭などの文物が出土した。また、最下層の基壇(建物の土台)が唐代末期の掘港国清寺のものであることが確認された。今回の発掘調査は、9世紀の日本の留学僧、円仁の旅行記「入唐求法巡礼行記」に記された「掘港国清寺」が実在したことを初めて裏付けた。同遺跡は中国の海上シルクロードにおける代表的な遺跡であり、日本の遣唐使の歴史と中日友好交流史の研究で、歴史的、文化的、学術的に重要な意味を持つ。(南通=新華社記者/李賀)=2018(平成30)年7月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018072400868

  • 2018年07月20日
    中国の考古学者が証明した遣唐使「円仁」の足跡掘港国清寺

    20日、如東掘港唐宋国清寺遺跡から出土した瓦当の一部。中国江蘇省南通市の如東掘港唐宋国清寺遺跡は、1年近くの発掘調査で重要な考古学上の発見が得られた。遺跡からは唐・宋朝時代の複数の建築遺構が見つかり、磁器や紫砂陶器、石刻仏像、銅銭などの文物が出土した。また、最下層の基壇(建物の土台)が唐代末期の掘港国清寺のものであることが確認された。今回の発掘調査は、9世紀の日本の留学僧、円仁の旅行記「入唐求法巡礼行記」に記された「掘港国清寺」が実在したことを初めて裏付けた。同遺跡は中国の海上シルクロードにおける代表的な遺跡であり、日本の遣唐使の歴史と中日友好交流史の研究で、歴史的、文化的、学術的に重要な意味を持つ。(南通=新華社記者/李賀)=2018(平成30)年7月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018072400899

  • 2018年07月20日
    中国の考古学者が証明した遣唐使「円仁」の足跡掘港国清寺

    20日、出土した建造部材を点検する専門家。中国江蘇省南通市の如東掘港唐宋国清寺遺跡は、1年近くの発掘調査で重要な考古学上の発見が得られた。遺跡からは唐・宋朝時代の複数の建築遺構が見つかり、磁器や紫砂陶器、石刻仏像、銅銭などの文物が出土した。また、最下層の基壇(建物の土台)が唐代末期の掘港国清寺のものであることが確認された。今回の発掘調査は、9世紀の日本の留学僧、円仁の旅行記「入唐求法巡礼行記」に記された「掘港国清寺」が実在したことを初めて裏付けた。同遺跡は中国の海上シルクロードにおける代表的な遺跡であり、日本の遣唐使の歴史と中日友好交流史の研究で、歴史的、文化的、学術的に重要な意味を持つ。(南通=新華社記者/李賀)=2018(平成30)年7月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018072400869

  • 2019年06月03日
    大平正芳元首相と中国との縁

    香川県観音寺市の大平正芳記念館で展示されている大平元首相揮毫の色紙。(6月3日撮影)香川県は遣唐使の一員として中国に渡った弘法大師空海の生まれ故郷として知られる。空海入唐から千年余りの時を経て、この地はまた1人の「友好の使者」を生み出した。彼は中国と日本の国交正常化を推し進め、中国改革開放の初期建設の支援でも傑出した貢献を果たした。その人物こそ大平正芳元首相に他ならない。(東京=新華社記者/冮冶)=2019(令和元)年6月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019092504577

  • 2019年06月03日
    大平正芳元首相と中国との縁

    香川県観音寺市にある大平元首相の墓。(6月3日撮影)香川県は遣唐使の一員として中国に渡った弘法大師空海の生まれ故郷として知られる。空海入唐から千年余りの時を経て、この地はまた1人の「友好の使者」を生み出した。彼は中国と日本の国交正常化を推し進め、中国改革開放の初期建設の支援でも傑出した貢献を果たした。その人物こそ大平正芳元首相に他ならない。(東京=新華社記者/冮冶)=2019(令和元)年6月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019092504643

  • 2019年06月03日
    大平正芳元首相と中国との縁

    香川県観音寺市に立つ大平元首相の銅像。(6月3日撮影)香川県は遣唐使の一員として中国に渡った弘法大師空海の生まれ故郷として知られる。空海入唐から千年余りの時を経て、この地はまた1人の「友好の使者」を生み出した。彼は中国と日本の国交正常化を推し進め、中国改革開放の初期建設の支援でも傑出した貢献を果たした。その人物こそ大平正芳元首相に他ならない。(東京=新華社記者/冮冶)=2019(令和元)年6月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019092504608

  • 2019年06月10日
    大平正芳元首相と中国との縁

    中国政府が大平元首相に授与した中国改革友誼勲章。(6月10日撮影)香川県は遣唐使の一員として中国に渡った弘法大師空海の生まれ故郷として知られる。空海入唐から千年余りの時を経て、この地はまた1人の「友好の使者」を生み出した。彼は中国と日本の国交正常化を推し進め、中国改革開放の初期建設の支援でも傑出した貢献を果たした。その人物こそ大平正芳元首相に他ならない。(東京=新華社記者/冮冶)=2019(令和元)年6月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019092504568

  • 2019年10月20日
    海南省海口市で正倉院復元楽器の音楽会中日韓の音楽家が共演

    20日、復元された箜篌を奏でる音楽家。中国と日本、韓国の演奏家十数人による伝統楽器演奏会「シルクロードの夢響楽師の旅」がこのほど、海南省海口市の海南国際コンベンション・アンド・エキシビション・センター(海南国際会議展覧中心)で開催された。琵琶(びわ)や箜篌(くご)、排簫(はいしょう)、篳篥(ひちりき)など1200年前の中国唐代の宮廷楽器10点余りが登場し、現代人にいにしえの音色を届けた。演奏を行った「天平楽府(てんぴょうがくふ)」は、日本国籍を持つ中国出身の音楽家、劉宏軍(りゅう・こうぐん)氏が創設した楽団で、中日韓3カ国の音楽家を中心に構成されており、これまでにもシルクロードの伝統音楽や舞踊文化の継承・普及活動を行ってきた。今回の音楽会で使用された楽器は、1200年前に遣唐使が日本に持ち帰り、奈良の正倉院で大切に保管されてきた天皇家ゆかりの宝物を劉氏が復元した中国唐代の宮廷楽器で、箜篌や古琴(こきん)、鳳笙(ほうしょう)、筝(そう)などが含まれる。(海口=新華社配信)=2019(令和元)年10月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019102800781

  • 2019年10月20日
    海南省海口市で正倉院復元楽器の音楽会中日韓の音楽家が共演

    20日、演奏中の楽団「天平楽府」。中国と日本、韓国の演奏家十数人による伝統楽器演奏会「シルクロードの夢響楽師の旅」がこのほど、海南省海口市の海南国際コンベンション・アンド・エキシビション・センター(海南国際会議展覧中心)で開催された。琵琶(びわ)や箜篌(くご)、排簫(はいしょう)、篳篥(ひちりき)など1200年前の中国唐代の宮廷楽器10点余りが登場し、現代人にいにしえの音色を届けた。演奏を行った「天平楽府(てんぴょうがくふ)」は、日本国籍を持つ中国出身の音楽家、劉宏軍(りゅう・こうぐん)氏が創設した楽団で、中日韓3カ国の音楽家を中心に構成されており、これまでにもシルクロードの伝統音楽や舞踊文化の継承・普及活動を行ってきた。今回の音楽会で使用された楽器は、1200年前に遣唐使が日本に持ち帰り、奈良の正倉院で大切に保管されてきた天皇家ゆかりの宝物を劉氏が復元した中国唐代の宮廷楽器で、箜篌や古琴(こきん)、鳳笙(ほうしょう)、筝(そう)などが含まれる。(海口=新華社配信)=2019(令和元)年10月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019102800831

  • 2019年10月20日
    海南省海口市で正倉院復元楽器の音楽会中日韓の音楽家が共演

    20日、演奏中の中国出身の音楽家、劉宏軍氏。中国と日本、韓国の演奏家十数人による伝統楽器演奏会「シルクロードの夢響楽師の旅」がこのほど、海南省海口市の海南国際コンベンション・アンド・エキシビション・センター(海南国際会議展覧中心)で開催された。琵琶(びわ)や箜篌(くご)、排簫(はいしょう)、篳篥(ひちりき)など1200年前の中国唐代の宮廷楽器10点余りが登場し、現代人にいにしえの音色を届けた。演奏を行った「天平楽府(てんぴょうがくふ)」は、日本国籍を持つ中国出身の音楽家、劉宏軍(りゅう・こうぐん)氏が創設した楽団で、中日韓3カ国の音楽家を中心に構成されており、これまでにもシルクロードの伝統音楽や舞踊文化の継承・普及活動を行ってきた。今回の音楽会で使用された楽器は、1200年前に遣唐使が日本に持ち帰り、奈良の正倉院で大切に保管されてきた天皇家ゆかりの宝物を劉氏が復元した中国唐代の宮廷楽器で、箜篌や古琴(こきん)、鳳笙(ほうしょう)、筝(そう)などが含まれる。(海口=新華社配信)=2019(令和元)年10月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019102800876

  • 2019年12月03日
    嵯峨山の唐崇陵を訪ねて陝西省咸陽市

    3日、嵯峨山の唐崇陵に現存する石獅子。中国陝西省咸陽市涇陽県の崇陵には、西暦805年に死去した唐の皇帝、徳宗(李適)が葬られている。崇陵は見晴らしの良い嵯峨山を陵墓としており、山が水を抱く地形の中に位置する。四つの門に置かれた獅子像、神道(墓に通じる道)の彫刻など40点余りの石刻が今も残る。日本の京都市にも嵯峨山と呼ばれる嵯峨天皇ゆかりの地がある。遣唐使による交流が中日両国の嵯峨山を結び付けた。(西安=新華社記者/李一博)=2019(令和元)年12月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120604225

  • 2019年12月03日
    嵯峨山の唐崇陵を訪ねて陝西省咸陽市

    3日、嵯峨山の唐崇陵に現存する石像。中国陝西省咸陽市涇陽県の崇陵には、西暦805年に死去した唐の皇帝、徳宗(李適)が葬られている。崇陵は見晴らしの良い嵯峨山を陵墓としており、山が水を抱く地形の中に位置する。四つの門に置かれた獅子像、神道(墓に通じる道)の彫刻など40点余りの石刻が今も残る。日本の京都市にも嵯峨山と呼ばれる嵯峨天皇ゆかりの地がある。遣唐使による交流が中日両国の嵯峨山を結び付けた。(西安=新華社記者/李一博)=2019(令和元)年12月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120604230

  • 2019年12月03日
    嵯峨山の唐崇陵を訪ねて陝西省咸陽市

    3日、嵯峨山の唐崇陵に現存する石獅子。中国陝西省咸陽市涇陽県の崇陵には、西暦805年に死去した唐の皇帝、徳宗(李適)が葬られている。崇陵は見晴らしの良い嵯峨山を陵墓としており、山が水を抱く地形の中に位置する。四つの門に置かれた獅子像、神道(墓に通じる道)の彫刻など40点余りの石刻が今も残る。日本の京都市にも嵯峨山と呼ばれる嵯峨天皇ゆかりの地がある。遣唐使による交流が中日両国の嵯峨山を結び付けた。(西安=新華社記者/李一博)=2019(令和元)年12月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120604254

  • 2019年12月03日
    嵯峨山の唐崇陵を訪ねて陝西省咸陽市

    3日、嵯峨山の唐崇陵に現存する石柱。中国陝西省咸陽市涇陽県の崇陵には、西暦805年に死去した唐の皇帝、徳宗(李適)が葬られている。崇陵は見晴らしの良い嵯峨山を陵墓としており、山が水を抱く地形の中に位置する。四つの門に置かれた獅子像、神道(墓に通じる道)の彫刻など40点余りの石刻が今も残る。日本の京都市にも嵯峨山と呼ばれる嵯峨天皇ゆかりの地がある。遣唐使による交流が中日両国の嵯峨山を結び付けた。(西安=新華社記者/李一博)=2019(令和元)年12月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120604248

  • 2019年12月03日
    嵯峨山の唐崇陵を訪ねて陝西省咸陽市

    3日、嵯峨山の唐崇陵に現存する石刻のダチョウ。中国陝西省咸陽市涇陽県の崇陵には、西暦805年に死去した唐の皇帝、徳宗(李適)が葬られている。崇陵は見晴らしの良い嵯峨山を陵墓としており、山が水を抱く地形の中に位置する。四つの門に置かれた獅子像、神道(墓に通じる道)の彫刻など40点余りの石刻が今も残る。日本の京都市にも嵯峨山と呼ばれる嵯峨天皇ゆかりの地がある。遣唐使による交流が中日両国の嵯峨山を結び付けた。(西安=新華社記者/李一博)=2019(令和元)年12月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120604251

  • 2019年12月03日
    嵯峨山の唐崇陵を訪ねて陝西省咸陽市

    3日、嵯峨山の唐崇陵に現存する石像。中国陝西省咸陽市涇陽県の崇陵には、西暦805年に死去した唐の皇帝、徳宗(李適)が葬られている。崇陵は見晴らしの良い嵯峨山を陵墓としており、山が水を抱く地形の中に位置する。四つの門に置かれた獅子像、神道(墓に通じる道)の彫刻など40点余りの石刻が今も残る。日本の京都市にも嵯峨山と呼ばれる嵯峨天皇ゆかりの地がある。遣唐使による交流が中日両国の嵯峨山を結び付けた。(西安=新華社記者/李一博)=2019(令和元)年12月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120604297

  • 2019年12月03日
    嵯峨山の唐崇陵を訪ねて陝西省咸陽市

    3日、嵯峨山の唐崇陵に現存する石像。中国陝西省咸陽市涇陽県の崇陵には、西暦805年に死去した唐の皇帝、徳宗(李適)が葬られている。崇陵は見晴らしの良い嵯峨山を陵墓としており、山が水を抱く地形の中に位置する。四つの門に置かれた獅子像、神道(墓に通じる道)の彫刻など40点余りの石刻が今も残る。日本の京都市にも嵯峨山と呼ばれる嵯峨天皇ゆかりの地がある。遣唐使による交流が中日両国の嵯峨山を結び付けた。(西安=新華社記者/李一博)=2019(令和元)年12月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120604267

  • 2019年12月03日
    嵯峨山の唐崇陵を訪ねて陝西省咸陽市

    3日、嵯峨山の唐崇陵に現存する石像。中国陝西省咸陽市涇陽県の崇陵には、西暦805年に死去した唐の皇帝、徳宗(李適)が葬られている。崇陵は見晴らしの良い嵯峨山を陵墓としており、山が水を抱く地形の中に位置する。四つの門に置かれた獅子像、神道(墓に通じる道)の彫刻など40点余りの石刻が今も残る。日本の京都市にも嵯峨山と呼ばれる嵯峨天皇ゆかりの地がある。遣唐使による交流が中日両国の嵯峨山を結び付けた。(西安=新華社記者/李一博)=2019(令和元)年12月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120604240

  • 2019年12月03日
    嵯峨山の唐崇陵を訪ねて陝西省咸陽市

    3日、嵯峨山の唐崇陵に現存する石刻の馬。中国陝西省咸陽市涇陽県の崇陵には、西暦805年に死去した唐の皇帝、徳宗(李適)が葬られている。崇陵は見晴らしの良い嵯峨山を陵墓としており、山が水を抱く地形の中に位置する。四つの門に置かれた獅子像、神道(墓に通じる道)の彫刻など40点余りの石刻が今も残る。日本の京都市にも嵯峨山と呼ばれる嵯峨天皇ゆかりの地がある。遣唐使による交流が中日両国の嵯峨山を結び付けた。(西安=新華社記者/李一博)=2019(令和元)年12月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120604259

  • 2019年12月03日
    嵯峨山の唐崇陵を訪ねて陝西省咸陽市

    3日、嵯峨山の唐崇陵に現存する石獅子。中国陝西省咸陽市涇陽県の崇陵には、西暦805年に死去した唐の皇帝、徳宗(李適)が葬られている。崇陵は見晴らしの良い嵯峨山を陵墓としており、山が水を抱く地形の中に位置する。四つの門に置かれた獅子像、神道(墓に通じる道)の彫刻など40点余りの石刻が今も残る。日本の京都市にも嵯峨山と呼ばれる嵯峨天皇ゆかりの地がある。遣唐使による交流が中日両国の嵯峨山を結び付けた。(西安=新華社記者/李一博)=2019(令和元)年12月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120604223

  • 2019年12月03日
    嵯峨山の唐崇陵を訪ねて陝西省咸陽市

    3日、嵯峨山の唐崇陵に現存する石刻の馬。中国陝西省咸陽市涇陽県の崇陵には、西暦805年に死去した唐の皇帝、徳宗(李適)が葬られている。崇陵は見晴らしの良い嵯峨山を陵墓としており、山が水を抱く地形の中に位置する。四つの門に置かれた獅子像、神道(墓に通じる道)の彫刻など40点余りの石刻が今も残る。日本の京都市にも嵯峨山と呼ばれる嵯峨天皇ゆかりの地がある。遣唐使による交流が中日両国の嵯峨山を結び付けた。(西安=新華社記者/李一博)=2019(令和元)年12月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120604224

  • 2019年12月03日
    嵯峨山の唐崇陵を訪ねて陝西省咸陽市

    3日、嵯峨山の唐崇陵に現存する石像。中国陝西省咸陽市涇陽県の崇陵には、西暦805年に死去した唐の皇帝、徳宗(李適)が葬られている。崇陵は見晴らしの良い嵯峨山を陵墓としており、山が水を抱く地形の中に位置する。四つの門に置かれた獅子像、神道(墓に通じる道)の彫刻など40点余りの石刻が今も残る。日本の京都市にも嵯峨山と呼ばれる嵯峨天皇ゆかりの地がある。遣唐使による交流が中日両国の嵯峨山を結び付けた。(西安=新華社記者/李一博)=2019(令和元)年12月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120604298

  • 2019年12月03日
    嵯峨山の唐崇陵を訪ねて陝西省咸陽市

    3日、嵯峨山の唐崇陵に現存する石獅子。中国陝西省咸陽市涇陽県の崇陵には、西暦805年に死去した唐の皇帝、徳宗(李適)が葬られている。崇陵は見晴らしの良い嵯峨山を陵墓としており、山が水を抱く地形の中に位置する。四つの門に置かれた獅子像、神道(墓に通じる道)の彫刻など40点余りの石刻が今も残る。日本の京都市にも嵯峨山と呼ばれる嵯峨天皇ゆかりの地がある。遣唐使による交流が中日両国の嵯峨山を結び付けた。(西安=新華社記者/李一博)=2019(令和元)年12月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120604300

  • 2019年12月03日
    嵯峨山の唐崇陵を訪ねて陝西省咸陽市

    3日、嵯峨山の唐崇陵に現存する石像。中国陝西省咸陽市涇陽県の崇陵には、西暦805年に死去した唐の皇帝、徳宗(李適)が葬られている。崇陵は見晴らしの良い嵯峨山を陵墓としており、山が水を抱く地形の中に位置する。四つの門に置かれた獅子像、神道(墓に通じる道)の彫刻など40点余りの石刻が今も残る。日本の京都市にも嵯峨山と呼ばれる嵯峨天皇ゆかりの地がある。遣唐使による交流が中日両国の嵯峨山を結び付けた。(西安=新華社記者/李一博)=2019(令和元)年12月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120604301

  • 2019年12月03日
    嵯峨山の唐崇陵を訪ねて陝西省咸陽市

    3日、嵯峨山の唐崇陵に現存する石像。中国陝西省咸陽市涇陽県の崇陵には、西暦805年に死去した唐の皇帝、徳宗(李適)が葬られている。崇陵は見晴らしの良い嵯峨山を陵墓としており、山が水を抱く地形の中に位置する。四つの門に置かれた獅子像、神道(墓に通じる道)の彫刻など40点余りの石刻が今も残る。日本の京都市にも嵯峨山と呼ばれる嵯峨天皇ゆかりの地がある。遣唐使による交流が中日両国の嵯峨山を結び付けた。(西安=新華社記者/李一博)=2019(令和元)年12月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120604296

  • 01:30.04
    2019年12月09日
    「新華社」嵯峨山の唐崇陵を訪ねて

    中国陝西省咸陽市涇陽県の崇陵には、805年に死去した唐の皇帝、徳宗(李適)が葬られている。崇陵は見晴らしの良い嵯峨山を陵墓としており、山が水を抱く地形の中に位置する。日本の京都市にも嵯峨と呼ばれる嵯峨天皇ゆかりの地がある。遣唐使による交流が中日両国の嵯峨を結び付けた。唐の文化や芸術を深く愛した嵯峨天皇の在位期間中、宮廷を中心に唐風の文化が栄え、礼儀、服飾、建築などに唐の様式が採用された。嵯峨天皇は823年に退位、嵯峨院で晩年を過ごし、嵯峨山上陵(さがのやまのえのみささぎ)に葬られた。(記者/秦漢元、梁愛平)<映像内容>嵯峨山の崇陵の風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019121113326

  • 2020年01月19日
    (6)空海ゆかりの青竜寺をゆく 陝西省西安市

    「真言宗六水院」と記された石碑。(2020年1月19日撮影)中国陝西省西安市の青竜寺は、同市東南部の楽遊原にあり、仏教八大宗派の一つである密宗の祖庭、唐代に空海(弘法大師)が日本に広めた仏教宗派、真言宗の祖庭として知られる。元の名を霊感寺と言い、隋の582年に創建された。唐の621年に廃寺となったが、662年に「観音寺」として再建され、唐の景雲2(711)年に青竜寺と改名。その後、北宋の1086年まで存続した。新中国成立後に試掘調査が始まり、1973年に青竜寺遺跡が発見された。青竜寺は唐代に盛んであった仏教密宗の道場の一つで、同寺の恵果(けいか)大師(746~805年)は当時、「密宗大師」と呼ばれていた。空海は804年、日本の第17次遣唐使団の一員として唐に渡り、恵果大師に師事、密宗を伝習した。滞在中には唐文化を幅広く学び、806年に遣唐使団とともに帰国。その後、日本真言宗を創立し、日本文化の発展に大きな影響を与えた。同寺は日本真言宗の祖庭でもある。日本真言宗の僧侶と西安市により、1982年に「空海記念碑」、84年に「恵果空海記念堂」が建立された。(西安=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年7月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021070606212

  • 2020年01月19日
    (7)空海ゆかりの青竜寺をゆく 陝西省西安市

    青竜寺遺跡博物館に展示されている「臥獣石(がじゅうせき)」。(2020年1月19日撮影)中国陝西省西安市の青竜寺は、同市東南部の楽遊原にあり、仏教八大宗派の一つである密宗の祖庭、唐代に空海(弘法大師)が日本に広めた仏教宗派、真言宗の祖庭として知られる。元の名を霊感寺と言い、隋の582年に創建された。唐の621年に廃寺となったが、662年に「観音寺」として再建され、唐の景雲2(711)年に青竜寺と改名。その後、北宋の1086年まで存続した。新中国成立後に試掘調査が始まり、1973年に青竜寺遺跡が発見された。青竜寺は唐代に盛んであった仏教密宗の道場の一つで、同寺の恵果(けいか)大師(746~805年)は当時、「密宗大師」と呼ばれていた。空海は804年、日本の第17次遣唐使団の一員として唐に渡り、恵果大師に師事、密宗を伝習した。滞在中には唐文化を幅広く学び、806年に遣唐使団とともに帰国。その後、日本真言宗を創立し、日本文化の発展に大きな影響を与えた。同寺は日本真言宗の祖庭でもある。日本真言宗の僧侶と西安市により、1982年に「空海記念碑」、84年に「恵果空海記念堂」が建立された。(西安=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年7月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021070606208

  • 2020年07月27日
    (15)空海ゆかりの青竜寺をゆく 陝西省西安市

    青竜寺遺跡博物館。(2020年7月27日撮影)中国陝西省西安市の青竜寺は、同市東南部の楽遊原にあり、仏教八大宗派の一つである密宗の祖庭、唐代に空海(弘法大師)が日本に広めた仏教宗派、真言宗の祖庭として知られる。元の名を霊感寺と言い、隋の582年に創建された。唐の621年に廃寺となったが、662年に「観音寺」として再建され、唐の景雲2(711)年に青竜寺と改名。その後、北宋の1086年まで存続した。新中国成立後に試掘調査が始まり、1973年に青竜寺遺跡が発見された。青竜寺は唐代に盛んであった仏教密宗の道場の一つで、同寺の恵果(けいか)大師(746~805年)は当時、「密宗大師」と呼ばれていた。空海は804年、日本の第17次遣唐使団の一員として唐に渡り、恵果大師に師事、密宗を伝習した。滞在中には唐文化を幅広く学び、806年に遣唐使団とともに帰国。その後、日本真言宗を創立し、日本文化の発展に大きな影響を与えた。同寺は日本真言宗の祖庭でもある。日本真言宗の僧侶と西安市により、1982年に「空海記念碑」、84年に「恵果空海記念堂」が建立された。(西安=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年7月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021070606216

  • 2021年01月07日
    (28)大明寺の鑑真記念堂を訪ねて江蘇省揚州市

    7日、鑑真記念堂の側壁に飾られたタペストリーに描かれた広東省肇慶(ちょうけい)市の七星岩。中国江蘇省揚州市の大明寺には鑑真記念堂があり、陳列室と門庁、碑亭、正殿の4部分からなる。記念堂は鑑真没後1200年にあたる1963年に中国政府が建設を決定。著名建築家の梁思成(りょう・しせい)氏が設計を手掛け、正殿は奈良の唐招提寺金堂を模して設計された。中日双方の友好人士の尽力により1980年3月に唐招提寺の国宝・鑑真和上坐像が「里帰り」した際には、多くの人が拝観に訪れた。1995年には鑑真が6度目の渡航で乗った遣唐使船の模型が日本から寄贈され、現在は鑑真像の西側に展示されている。記念堂の前の庭には、唐招提寺第81世長老(住職)の森本孝順(きょうじゅん)和尚が贈った大型の石灯篭1基が置かれている。灯明は今も絶えることなく、中日両国の末永い友好を祈願している。(揚州=新華社配信/畢建鴿)=配信日:2021(令和3)年1月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021011404142

  • 2021年01月07日
    大明寺の鑑真記念堂を訪ねて江蘇省揚州市

    7日、大明寺境内にある欧陽脩(北宋の文学者・政治家)を祭る欧陽祠。中国江蘇省揚州市の大明寺には鑑真記念堂があり、陳列室と門庁、碑亭、正殿の4部分からなる。記念堂は鑑真没後1200年にあたる1963年に中国政府が建設を決定。著名建築家の梁思成(りょう・しせい)氏が設計を手掛け、正殿は奈良の唐招提寺金堂を模して設計された。中日双方の友好人士の尽力により1980年3月に唐招提寺の国宝・鑑真和上坐像が「里帰り」した際には、多くの人が拝観に訪れた。1995年には鑑真が6度目の渡航で乗った遣唐使船の模型が日本から寄贈され、現在は鑑真像の西側に展示されている。記念堂の前の庭には、唐招提寺第81世長老(住職)の森本孝順(きょうじゅん)和尚が贈った大型の石灯篭1基が置かれている。灯明は今も絶えることなく、中日両国の末永い友好を祈願している。(揚州=新華社配信/畢建鴿)=配信日:2021(令和3)年1月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021011404137

  • 2021年01月13日
    (21)大明寺の鑑真記念堂を訪ねて江蘇省揚州市

    7日、大明寺山門付近の外壁にはめ込まれた「淮東第一観」石刻。清代の著名書家・蒋衡(しょう・こう)が揮毫した。中国江蘇省揚州市の大明寺には鑑真記念堂があり、陳列室と門庁、碑亭、正殿の4部分からなる。記念堂は鑑真没後1200年にあたる1963年に中国政府が建設を決定。著名建築家の梁思成(りょう・しせい)氏が設計を手掛け、正殿は奈良の唐招提寺金堂を模して設計された。中日双方の友好人士の尽力により1980年3月に唐招提寺の国宝・鑑真和上坐像が「里帰り」した際には、多くの人が拝観に訪れた。1995年には鑑真が6度目の渡航で乗った遣唐使船の模型が日本から寄贈され、現在は鑑真像の西側に展示されている。記念堂の前の庭には、唐招提寺第81世長老(住職)の森本孝順(きょうじゅん)和尚が贈った大型の石灯篭1基が置かれている。灯明は今も絶えることなく、中日両国の末永い友好を祈願している。(揚州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年1月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021006095

  • 2021年01月13日
    (25)大明寺の鑑真記念堂を訪ねて江蘇省揚州市

    7日、鑑真記念堂の碑亭脇に立つ趙樸初(中国の仏学家・書道家)の彫像。中国江蘇省揚州市の大明寺には鑑真記念堂があり、陳列室と門庁、碑亭、正殿の4部分からなる。記念堂は鑑真没後1200年にあたる1963年に中国政府が建設を決定。著名建築家の梁思成(りょう・しせい)氏が設計を手掛け、正殿は奈良の唐招提寺金堂を模して設計された。中日双方の友好人士の尽力により1980年3月に唐招提寺の国宝・鑑真和上坐像が「里帰り」した際には、多くの人が拝観に訪れた。1995年には鑑真が6度目の渡航で乗った遣唐使船の模型が日本から寄贈され、現在は鑑真像の西側に展示されている。記念堂の前の庭には、唐招提寺第81世長老(住職)の森本孝順(きょうじゅん)和尚が贈った大型の石灯篭1基が置かれている。灯明は今も絶えることなく、中日両国の末永い友好を祈願している。(揚州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年1月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021006107

  • 2021年01月13日
    (30)大明寺の鑑真記念堂を訪ねて江蘇省揚州市

    7日、鑑真記念堂の側壁に飾られたタペストリーに描かれた西安の大雁塔。中国江蘇省揚州市の大明寺には鑑真記念堂があり、陳列室と門庁、碑亭、正殿の4部分からなる。記念堂は鑑真没後1200年にあたる1963年に中国政府が建設を決定。著名建築家の梁思成(りょう・しせい)氏が設計を手掛け、正殿は奈良の唐招提寺金堂を模して設計された。中日双方の友好人士の尽力により1980年3月に唐招提寺の国宝・鑑真和上坐像が「里帰り」した際には、多くの人が拝観に訪れた。1995年には鑑真が6度目の渡航で乗った遣唐使船の模型が日本から寄贈され、現在は鑑真像の西側に展示されている。記念堂の前の庭には、唐招提寺第81世長老(住職)の森本孝順(きょうじゅん)和尚が贈った大型の石灯篭1基が置かれている。灯明は今も絶えることなく、中日両国の末永い友好を祈願している。(揚州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年1月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021006074

  • 2021年01月13日
    (11)大明寺の鑑真記念堂を訪ねて江蘇省揚州市

    7日、鑑真記念堂の門庁(正殿側)。中国江蘇省揚州市の大明寺には鑑真記念堂があり、陳列室と門庁、碑亭、正殿の4部分からなる。記念堂は鑑真没後1200年にあたる1963年に中国政府が建設を決定。著名建築家の梁思成(りょう・しせい)氏が設計を手掛け、正殿は奈良の唐招提寺金堂を模して設計された。中日双方の友好人士の尽力により1980年3月に唐招提寺の国宝・鑑真和上坐像が「里帰り」した際には、多くの人が拝観に訪れた。1995年には鑑真が6度目の渡航で乗った遣唐使船の模型が日本から寄贈され、現在は鑑真像の西側に展示されている。記念堂の前の庭には、唐招提寺第81世長老(住職)の森本孝順(きょうじゅん)和尚が贈った大型の石灯篭1基が置かれている。灯明は今も絶えることなく、中日両国の末永い友好を祈願している。(揚州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年1月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021006062

  • 2021年01月13日
    (19)大明寺の鑑真記念堂を訪ねて江蘇省揚州市

    7日、鑑真記念堂の四松堂。中国江蘇省揚州市の大明寺には鑑真記念堂があり、陳列室と門庁、碑亭、正殿の4部分からなる。記念堂は鑑真没後1200年にあたる1963年に中国政府が建設を決定。著名建築家の梁思成(りょう・しせい)氏が設計を手掛け、正殿は奈良の唐招提寺金堂を模して設計された。中日双方の友好人士の尽力により1980年3月に唐招提寺の国宝・鑑真和上坐像が「里帰り」した際には、多くの人が拝観に訪れた。1995年には鑑真が6度目の渡航で乗った遣唐使船の模型が日本から寄贈され、現在は鑑真像の西側に展示されている。記念堂の前の庭には、唐招提寺第81世長老(住職)の森本孝順(きょうじゅん)和尚が贈った大型の石灯篭1基が置かれている。灯明は今も絶えることなく、中日両国の末永い友好を祈願している。(揚州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年1月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021006034

  • 2021年01月13日
    (20)大明寺の鑑真記念堂を訪ねて江蘇省揚州市

    7日、大明寺付近の鑑真広場にある鑑真東渡塑像。中国江蘇省揚州市の大明寺には鑑真記念堂があり、陳列室と門庁、碑亭、正殿の4部分からなる。記念堂は鑑真没後1200年にあたる1963年に中国政府が建設を決定。著名建築家の梁思成(りょう・しせい)氏が設計を手掛け、正殿は奈良の唐招提寺金堂を模して設計された。中日双方の友好人士の尽力により1980年3月に唐招提寺の国宝・鑑真和上坐像が「里帰り」した際には、多くの人が拝観に訪れた。1995年には鑑真が6度目の渡航で乗った遣唐使船の模型が日本から寄贈され、現在は鑑真像の西側に展示されている。記念堂の前の庭には、唐招提寺第81世長老(住職)の森本孝順(きょうじゅん)和尚が贈った大型の石灯篭1基が置かれている。灯明は今も絶えることなく、中日両国の末永い友好を祈願している。(揚州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年1月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021006041

  • 2021年01月13日
    (5)大明寺の鑑真記念堂を訪ねて江蘇省揚州市

    7日、大明寺棲霊塔から見た鑑真広場。中国江蘇省揚州市の大明寺には鑑真記念堂があり、陳列室と門庁、碑亭、正殿の4部分からなる。記念堂は鑑真没後1200年にあたる1963年に中国政府が建設を決定。著名建築家の梁思成(りょう・しせい)氏が設計を手掛け、正殿は奈良の唐招提寺金堂を模して設計された。中日双方の友好人士の尽力により1980年3月に唐招提寺の国宝・鑑真和上坐像が「里帰り」した際には、多くの人が拝観に訪れた。1995年には鑑真が6度目の渡航で乗った遣唐使船の模型が日本から寄贈され、現在は鑑真像の西側に展示されている。記念堂の前の庭には、唐招提寺第81世長老(住職)の森本孝順(きょうじゅん)和尚が贈った大型の石灯篭1基が置かれている。灯明は今も絶えることなく、中日両国の末永い友好を祈願している。(揚州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年1月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021006044

  • 2021年01月13日
    (29)大明寺の鑑真記念堂を訪ねて江蘇省揚州市

    7日、鑑真記念堂の側壁に飾られたタペストリーに描かれた唐招提寺金堂。中国江蘇省揚州市の大明寺には鑑真記念堂があり、陳列室と門庁、碑亭、正殿の4部分からなる。記念堂は鑑真没後1200年にあたる1963年に中国政府が建設を決定。著名建築家の梁思成(りょう・しせい)氏が設計を手掛け、正殿は奈良の唐招提寺金堂を模して設計された。中日双方の友好人士の尽力により1980年3月に唐招提寺の国宝・鑑真和上坐像が「里帰り」した際には、多くの人が拝観に訪れた。1995年には鑑真が6度目の渡航で乗った遣唐使船の模型が日本から寄贈され、現在は鑑真像の西側に展示されている。記念堂の前の庭には、唐招提寺第81世長老(住職)の森本孝順(きょうじゅん)和尚が贈った大型の石灯篭1基が置かれている。灯明は今も絶えることなく、中日両国の末永い友好を祈願している。(揚州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年1月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021006069

  • 2021年01月13日
    (14)大明寺の鑑真記念堂を訪ねて江蘇省揚州市

    7日、鑑真記念堂の前庭(手前が記念堂、奥が碑亭)。中国江蘇省揚州市の大明寺には鑑真記念堂があり、陳列室と門庁、碑亭、正殿の4部分からなる。記念堂は鑑真没後1200年にあたる1963年に中国政府が建設を決定。著名建築家の梁思成(りょう・しせい)氏が設計を手掛け、正殿は奈良の唐招提寺金堂を模して設計された。中日双方の友好人士の尽力により1980年3月に唐招提寺の国宝・鑑真和上坐像が「里帰り」した際には、多くの人が拝観に訪れた。1995年には鑑真が6度目の渡航で乗った遣唐使船の模型が日本から寄贈され、現在は鑑真像の西側に展示されている。記念堂の前の庭には、唐招提寺第81世長老(住職)の森本孝順(きょうじゅん)和尚が贈った大型の石灯篭1基が置かれている。灯明は今も絶えることなく、中日両国の末永い友好を祈願している。(揚州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年1月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021006091

  • 2021年01月13日
    (6)大明寺の鑑真記念堂を訪ねて江蘇省揚州市

    7日、大明寺境内に立つ棲霊塔。中国江蘇省揚州市の大明寺には鑑真記念堂があり、陳列室と門庁、碑亭、正殿の4部分からなる。記念堂は鑑真没後1200年にあたる1963年に中国政府が建設を決定。著名建築家の梁思成(りょう・しせい)氏が設計を手掛け、正殿は奈良の唐招提寺金堂を模して設計された。中日双方の友好人士の尽力により1980年3月に唐招提寺の国宝・鑑真和上坐像が「里帰り」した際には、多くの人が拝観に訪れた。1995年には鑑真が6度目の渡航で乗った遣唐使船の模型が日本から寄贈され、現在は鑑真像の西側に展示されている。記念堂の前の庭には、唐招提寺第81世長老(住職)の森本孝順(きょうじゅん)和尚が贈った大型の石灯篭1基が置かれている。灯明は今も絶えることなく、中日両国の末永い友好を祈願している。(揚州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年1月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021006016

  • 2021年01月13日
    (17)大明寺の鑑真記念堂を訪ねて江蘇省揚州市

    7日、鑑真記念堂正殿に安置された鑑真の木像。中国江蘇省揚州市の大明寺には鑑真記念堂があり、陳列室と門庁、碑亭、正殿の4部分からなる。記念堂は鑑真没後1200年にあたる1963年に中国政府が建設を決定。著名建築家の梁思成(りょう・しせい)氏が設計を手掛け、正殿は奈良の唐招提寺金堂を模して設計された。中日双方の友好人士の尽力により1980年3月に唐招提寺の国宝・鑑真和上坐像が「里帰り」した際には、多くの人が拝観に訪れた。1995年には鑑真が6度目の渡航で乗った遣唐使船の模型が日本から寄贈され、現在は鑑真像の西側に展示されている。記念堂の前の庭には、唐招提寺第81世長老(住職)の森本孝順(きょうじゅん)和尚が贈った大型の石灯篭1基が置かれている。灯明は今も絶えることなく、中日両国の末永い友好を祈願している。(揚州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年1月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021006037

  • 2021年01月13日
    (24)大明寺の鑑真記念堂を訪ねて江蘇省揚州市

    7日、大明寺境内にある「古大明寺唐鑑真和尚遺跡碑記」。中国江蘇省揚州市の大明寺には鑑真記念堂があり、陳列室と門庁、碑亭、正殿の4部分からなる。記念堂は鑑真没後1200年にあたる1963年に中国政府が建設を決定。著名建築家の梁思成(りょう・しせい)氏が設計を手掛け、正殿は奈良の唐招提寺金堂を模して設計された。中日双方の友好人士の尽力により1980年3月に唐招提寺の国宝・鑑真和上坐像が「里帰り」した際には、多くの人が拝観に訪れた。1995年には鑑真が6度目の渡航で乗った遣唐使船の模型が日本から寄贈され、現在は鑑真像の西側に展示されている。記念堂の前の庭には、唐招提寺第81世長老(住職)の森本孝順(きょうじゅん)和尚が贈った大型の石灯篭1基が置かれている。灯明は今も絶えることなく、中日両国の末永い友好を祈願している。(揚州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年1月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021006045

  • 2021年01月13日
    (12)大明寺の鑑真記念堂を訪ねて江蘇省揚州市

    7日、鑑真記念堂内にある梁思成(りょう・しせい)氏の胸像。中国江蘇省揚州市の大明寺には鑑真記念堂があり、陳列室と門庁、碑亭、正殿の4部分からなる。記念堂は鑑真没後1200年にあたる1963年に中国政府が建設を決定。著名建築家の梁思成(りょう・しせい)氏が設計を手掛け、正殿は奈良の唐招提寺金堂を模して設計された。中日双方の友好人士の尽力により1980年3月に唐招提寺の国宝・鑑真和上坐像が「里帰り」した際には、多くの人が拝観に訪れた。1995年には鑑真が6度目の渡航で乗った遣唐使船の模型が日本から寄贈され、現在は鑑真像の西側に展示されている。記念堂の前の庭には、唐招提寺第81世長老(住職)の森本孝順(きょうじゅん)和尚が贈った大型の石灯篭1基が置かれている。灯明は今も絶えることなく、中日両国の末永い友好を祈願している。(揚州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年1月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021006048

  • 2021年01月13日
    (3)大明寺の鑑真記念堂を訪ねて江蘇省揚州市

    7日、鑑真記念堂正殿に展示されている遣唐使船の模型。中国江蘇省揚州市の大明寺には鑑真記念堂があり、陳列室と門庁、碑亭、正殿の4部分からなる。記念堂は鑑真没後1200年にあたる1963年に中国政府が建設を決定。著名建築家の梁思成(りょう・しせい)氏が設計を手掛け、正殿は奈良の唐招提寺金堂を模して設計された。中日双方の友好人士の尽力により1980年3月に唐招提寺の国宝・鑑真和上坐像が「里帰り」した際には、多くの人が拝観に訪れた。1995年には鑑真が6度目の渡航で乗った遣唐使船の模型が日本から寄贈され、現在は鑑真像の西側に展示されている。記念堂の前の庭には、唐招提寺第81世長老(住職)の森本孝順(きょうじゅん)和尚が贈った大型の石灯篭1基が置かれている。灯明は今も絶えることなく、中日両国の末永い友好を祈願している。(揚州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年1月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021006040

  • 2021年01月13日
    (16)大明寺の鑑真記念堂を訪ねて江蘇省揚州市

    7日、鑑真記念堂の正殿と前庭。中国江蘇省揚州市の大明寺には鑑真記念堂があり、陳列室と門庁、碑亭、正殿の4部分からなる。記念堂は鑑真没後1200年にあたる1963年に中国政府が建設を決定。著名建築家の梁思成(りょう・しせい)氏が設計を手掛け、正殿は奈良の唐招提寺金堂を模して設計された。中日双方の友好人士の尽力により1980年3月に唐招提寺の国宝・鑑真和上坐像が「里帰り」した際には、多くの人が拝観に訪れた。1995年には鑑真が6度目の渡航で乗った遣唐使船の模型が日本から寄贈され、現在は鑑真像の西側に展示されている。記念堂の前の庭には、唐招提寺第81世長老(住職)の森本孝順(きょうじゅん)和尚が贈った大型の石灯篭1基が置かれている。灯明は今も絶えることなく、中日両国の末永い友好を祈願している。(揚州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年1月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021006050

  • 2021年01月13日
    (23)大明寺の鑑真記念堂を訪ねて江蘇省揚州市

    7日、大明寺の谷林堂。中国江蘇省揚州市の大明寺には鑑真記念堂があり、陳列室と門庁、碑亭、正殿の4部分からなる。記念堂は鑑真没後1200年にあたる1963年に中国政府が建設を決定。著名建築家の梁思成(りょう・しせい)氏が設計を手掛け、正殿は奈良の唐招提寺金堂を模して設計された。中日双方の友好人士の尽力により1980年3月に唐招提寺の国宝・鑑真和上坐像が「里帰り」した際には、多くの人が拝観に訪れた。1995年には鑑真が6度目の渡航で乗った遣唐使船の模型が日本から寄贈され、現在は鑑真像の西側に展示されている。記念堂の前の庭には、唐招提寺第81世長老(住職)の森本孝順(きょうじゅん)和尚が贈った大型の石灯篭1基が置かれている。灯明は今も絶えることなく、中日両国の末永い友好を祈願している。(揚州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年1月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021006055

  • 2021年01月13日
    (26)大明寺の鑑真記念堂を訪ねて江蘇省揚州市

    7日、鑑真記念堂の正殿。中国江蘇省揚州市の大明寺には鑑真記念堂があり、陳列室と門庁、碑亭、正殿の4部分からなる。記念堂は鑑真没後1200年にあたる1963年に中国政府が建設を決定。著名建築家の梁思成(りょう・しせい)氏が設計を手掛け、正殿は奈良の唐招提寺金堂を模して設計された。中日双方の友好人士の尽力により1980年3月に唐招提寺の国宝・鑑真和上坐像が「里帰り」した際には、多くの人が拝観に訪れた。1995年には鑑真が6度目の渡航で乗った遣唐使船の模型が日本から寄贈され、現在は鑑真像の西側に展示されている。記念堂の前の庭には、唐招提寺第81世長老(住職)の森本孝順(きょうじゅん)和尚が贈った大型の石灯篭1基が置かれている。灯明は今も絶えることなく、中日両国の末永い友好を祈願している。(揚州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年1月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021006065

  • 2021年01月13日
    (13)大明寺の鑑真記念堂を訪ねて江蘇省揚州市

    7日、大明寺の戒壇。中国江蘇省揚州市の大明寺には鑑真記念堂があり、陳列室と門庁、碑亭、正殿の4部分からなる。記念堂は鑑真没後1200年にあたる1963年に中国政府が建設を決定。著名建築家の梁思成(りょう・しせい)氏が設計を手掛け、正殿は奈良の唐招提寺金堂を模して設計された。中日双方の友好人士の尽力により1980年3月に唐招提寺の国宝・鑑真和上坐像が「里帰り」した際には、多くの人が拝観に訪れた。1995年には鑑真が6度目の渡航で乗った遣唐使船の模型が日本から寄贈され、現在は鑑真像の西側に展示されている。記念堂の前の庭には、唐招提寺第81世長老(住職)の森本孝順(きょうじゅん)和尚が贈った大型の石灯篭1基が置かれている。灯明は今も絶えることなく、中日両国の末永い友好を祈願している。(揚州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年1月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021006022

  • 2021年01月13日
    (22)大明寺の鑑真記念堂を訪ねて江蘇省揚州市

    7日、大明寺境内にある鼓楼と思源の桜。中国江蘇省揚州市の大明寺には鑑真記念堂があり、陳列室と門庁、碑亭、正殿の4部分からなる。記念堂は鑑真没後1200年にあたる1963年に中国政府が建設を決定。著名建築家の梁思成(りょう・しせい)氏が設計を手掛け、正殿は奈良の唐招提寺金堂を模して設計された。中日双方の友好人士の尽力により1980年3月に唐招提寺の国宝・鑑真和上坐像が「里帰り」した際には、多くの人が拝観に訪れた。1995年には鑑真が6度目の渡航で乗った遣唐使船の模型が日本から寄贈され、現在は鑑真像の西側に展示されている。記念堂の前の庭には、唐招提寺第81世長老(住職)の森本孝順(きょうじゅん)和尚が贈った大型の石灯篭1基が置かれている。灯明は今も絶えることなく、中日両国の末永い友好を祈願している。(揚州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年1月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021006038

  • 2021年01月13日
    (7)大明寺の鑑真記念堂を訪ねて江蘇省揚州市

    7日、大明寺境内の平山堂。中国江蘇省揚州市の大明寺には鑑真記念堂があり、陳列室と門庁、碑亭、正殿の4部分からなる。記念堂は鑑真没後1200年にあたる1963年に中国政府が建設を決定。著名建築家の梁思成(りょう・しせい)氏が設計を手掛け、正殿は奈良の唐招提寺金堂を模して設計された。中日双方の友好人士の尽力により1980年3月に唐招提寺の国宝・鑑真和上坐像が「里帰り」した際には、多くの人が拝観に訪れた。1995年には鑑真が6度目の渡航で乗った遣唐使船の模型が日本から寄贈され、現在は鑑真像の西側に展示されている。記念堂の前の庭には、唐招提寺第81世長老(住職)の森本孝順(きょうじゅん)和尚が贈った大型の石灯篭1基が置かれている。灯明は今も絶えることなく、中日両国の末永い友好を祈願している。(揚州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年1月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021006046

  • 2021年01月13日
    (31)大明寺の鑑真記念堂を訪ねて江蘇省揚州市

    7日、鑑真記念堂の碑亭。中国江蘇省揚州市の大明寺には鑑真記念堂があり、陳列室と門庁、碑亭、正殿の4部分からなる。記念堂は鑑真没後1200年にあたる1963年に中国政府が建設を決定。著名建築家の梁思成(りょう・しせい)氏が設計を手掛け、正殿は奈良の唐招提寺金堂を模して設計された。中日双方の友好人士の尽力により1980年3月に唐招提寺の国宝・鑑真和上坐像が「里帰り」した際には、多くの人が拝観に訪れた。1995年には鑑真が6度目の渡航で乗った遣唐使船の模型が日本から寄贈され、現在は鑑真像の西側に展示されている。記念堂の前の庭には、唐招提寺第81世長老(住職)の森本孝順(きょうじゅん)和尚が贈った大型の石灯篭1基が置かれている。灯明は今も絶えることなく、中日両国の末永い友好を祈願している。(揚州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年1月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021006086

  • 2021年01月13日
    (18)大明寺の鑑真記念堂を訪ねて江蘇省揚州市

    7日、大明寺境内の鑑真戒壇院。中国江蘇省揚州市の大明寺には鑑真記念堂があり、陳列室と門庁、碑亭、正殿の4部分からなる。記念堂は鑑真没後1200年にあたる1963年に中国政府が建設を決定。著名建築家の梁思成(りょう・しせい)氏が設計を手掛け、正殿は奈良の唐招提寺金堂を模して設計された。中日双方の友好人士の尽力により1980年3月に唐招提寺の国宝・鑑真和上坐像が「里帰り」した際には、多くの人が拝観に訪れた。1995年には鑑真が6度目の渡航で乗った遣唐使船の模型が日本から寄贈され、現在は鑑真像の西側に展示されている。記念堂の前の庭には、唐招提寺第81世長老(住職)の森本孝順(きょうじゅん)和尚が贈った大型の石灯篭1基が置かれている。灯明は今も絶えることなく、中日両国の末永い友好を祈願している。(揚州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年1月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021006089

  • 2021年01月13日
    (1)大明寺の鑑真記念堂を訪ねて江蘇省揚州市

    7日、鑑真記念堂の臥仏殿。中国江蘇省揚州市の大明寺には鑑真記念堂があり、陳列室と門庁、碑亭、正殿の4部分からなる。記念堂は鑑真没後1200年にあたる1963年に中国政府が建設を決定。著名建築家の梁思成(りょう・しせい)氏が設計を手掛け、正殿は奈良の唐招提寺金堂を模して設計された。中日双方の友好人士の尽力により1980年3月に唐招提寺の国宝・鑑真和上坐像が「里帰り」した際には、多くの人が拝観に訪れた。1995年には鑑真が6度目の渡航で乗った遣唐使船の模型が日本から寄贈され、現在は鑑真像の西側に展示されている。記念堂の前の庭には、唐招提寺第81世長老(住職)の森本孝順(きょうじゅん)和尚が贈った大型の石灯篭1基が置かれている。灯明は今も絶えることなく、中日両国の末永い友好を祈願している。(揚州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年1月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021006017

  • 1
  • 2