KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージリンク

お問い合わせ
03-6252-6224
平日9:30-18:00
  • こうみん
  • レベル
  • 令和
  • 合流
  • 吉林
  • 四つ
  • 地域
  • 普及
  • 東遼河
  • 河川

「遼河文明」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
4
( 1 4 件を表示)
  • 1
4
( 1 4 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  •  (3)西遼河文明の四大遺跡を選定内モンゴル自治区通遼市
    2022年10月17日
    (3)西遼河文明の四大遺跡を選定内モンゴル自治区通遼市

    哈民遺跡から出土した陶豚。同遺跡は約5500~5000年前の西遼河流域に存在した先史時代の大型環濠集落。2010年に発見され、2011年の「中国十大考古新発見」に選ばれた。(資料写真)中国内モンゴル自治区通遼市でこのほど、西遼河文明の研究成果を普及させることに関する学術シンポジウムが開かれ、同市の四大遺跡について研究成果を取りまとめた。西遼河は同自治区南東部を流れる老哈河(ラオハムレン)と西拉木倫河(シラムレン)の二つの河川の合流により形成され、内モンゴル、吉林、遼寧の2省1自治区が交わる地域で東遼河と合わさり遼河となる。四つの遺跡はそれぞれ遼代(10~12世紀)の陳国公主墓と吐爾基(トルキ)山遼墓、新石器時代の哈民(こうみん)遺跡と南宝力皐吐(こうと)遺跡で、研究成果は西遼河の現代考古学のレベルの高さを示している。(通遼=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年10月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022101703688

  •  (4)西遼河文明の四大遺跡を選定内モンゴル自治区通遼市
    2022年10月17日
    (4)西遼河文明の四大遺跡を選定内モンゴル自治区通遼市

    南宝力皐吐遺跡から出土した人形壷。同遺跡では2006年から4年連続で大規模な調査が実施され、計1万平方メートル余りを発掘。墓295基を発見し、土器や石器、玉器、骨器など1800点余りが出土した。内モンゴル東部で発見された新石器時代後期の墓葬群の中では規模が最も大きく、副葬品も最も多い。(資料写真)中国内モンゴル自治区通遼市でこのほど、西遼河文明の研究成果を普及させることに関する学術シンポジウムが開かれ、同市の四大遺跡について研究成果を取りまとめた。西遼河は同自治区南東部を流れる老哈河(ラオハムレン)と西拉木倫河(シラムレン)の二つの河川の合流により形成され、内モンゴル、吉林、遼寧の2省1自治区が交わる地域で東遼河と合わさり遼河となる。四つの遺跡はそれぞれ遼代(10~12世紀)の陳国公主墓と吐爾基(トルキ)山遼墓、新石器時代の哈民(こうみん)遺跡と南宝力皐吐(こうと)遺跡で、研究成果は西遼河の現代考古学のレベルの高さを示している。(通遼=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年10月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022101703687

  •  (1)西遼河文明の四大遺跡を選定内モンゴル自治区通遼市
    2022年10月17日
    (1)西遼河文明の四大遺跡を選定内モンゴル自治区通遼市

    陳国公主墓から出土した八曲連弧型金盒。陳国公主(1000~1018年)は遼の皇女(第5代皇帝・景宗の孫)で、墓は駙馬(ふば、皇女の婿)との合葬墓で1985年6月に発見された。1980年代の「中国十大考古新発見」に選ばれ、西洋からは契丹文化の奇跡と呼ばれた。副葬品の多くは金銀や玉石、瑪瑙(めのう)、琥珀(こはく)、真珠、水晶などの貴重な材料が用いられており、金は計1・7キロ、銀は10キロ余りに上った。(資料写真)中国内モンゴル自治区通遼市でこのほど、西遼河文明の研究成果を普及させることに関する学術シンポジウムが開かれ、同市の四大遺跡について研究成果を取りまとめた。西遼河は同自治区南東部を流れる老哈河(ラオハムレン)と西拉木倫河(シラムレン)の二つの河川の合流により形成され、内モンゴル、吉林、遼寧の2省1自治区が交わる地域で東遼河と合わさり遼河となる。四つの遺跡はそれぞれ遼代(10~12世紀)の陳国公主墓と吐爾基(トルキ)山遼墓、新石器時代の哈民(こうみん)遺跡と南宝力皐吐(こうと)遺跡で、研究成果は西遼河の現代考古学のレベルの高さを示している。(通遼=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年10月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022101703656

  •  (2)西遼河文明の四大遺跡を選定内モンゴル自治区通遼市
    2022年10月17日
    (2)西遼河文明の四大遺跡を選定内モンゴル自治区通遼市

    吐爾基山遼墓から出土した彩色木棺。2003年に発見され千年以上の歴史を持つ。同年の「中国十大考古新発見」に選ばれた。(資料写真)中国内モンゴル自治区通遼市でこのほど、西遼河文明の研究成果を普及させることに関する学術シンポジウムが開かれ、同市の四大遺跡について研究成果を取りまとめた。西遼河は同自治区南東部を流れる老哈河(ラオハムレン)と西拉木倫河(シラムレン)の二つの河川の合流により形成され、内モンゴル、吉林、遼寧の2省1自治区が交わる地域で東遼河と合わさり遼河となる。四つの遺跡はそれぞれ遼代(10~12世紀)の陳国公主墓と吐爾基(トルキ)山遼墓、新石器時代の哈民(こうみん)遺跡と南宝力皐吐(こうと)遺跡で、研究成果は西遼河の現代考古学のレベルの高さを示している。(通遼=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年10月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022101703730

  • 1