KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 遼河油田
  • 記者
  • 令和
  • きん
  • 位置
  • 生き物
  • 景観
  • 空撮
  • 平成
  • 水鳥

「遼河」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
132
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
132
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1931年12月29日
    満州事変

    満州の遼河河口に近い田庄台の中国商工会議所前で剣付き小銃を構える日本軍歩兵=1931年12月(ACME)

    商品コード: 2010120300147

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1932年01月10日
    満州事変

    凍結数日前の満州の遼河。この大河が日本軍の前進を阻み、日本軍は河の結氷を待たねばならなかった=1932年1月(日本電報通信社)

    商品コード: 2010120300158

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1932年01月18日
    満州事変

    満州馬に乗り、遼河河口に近い田庄台を目指す日本軍。このあと日本軍は田庄台を制圧した=1932年1月(ACME)

    商品コード: 2010120900031

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1932年01月18日
    満州事変

    満州の凍結した遼河で、歩兵部隊の渡河を準備をする日本軍工兵隊=1932年1月(ACME)

    商品コード: 2010120900032

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1932年01月19日
    満州事変

    凍結した遼河の河口を渡り、田庄台に進軍する日本軍兵士=1932年1月、日本電報通信社撮影(ACME)

    商品コード: 2010120900041

  • 2009年08月27日
    北朝鮮へ石油運ぶ鉄路 中朝国境資料

    中国遼寧省丹東市郊外にある北朝鮮への石油輸出会社「管道丹東輸油気分公司」へとつながる線路。関係者によると、大慶油田(黒竜江省)や遼河油田(遼寧省)から貨車で石油が運ばれてくる=09年6月(共同)

    商品コード: 2009082700166

  • 2017年08月02日
    「遼寧デー」遼寧省の自然環境の美しさを楽しむ北京園芸博

    遼寧省盤錦市を流れる遼河の河口にある紅海灘(レッドビーチ)。(2017年8月2日撮影、小型無人機から)2019年中国北京国際園芸博覧会(北京園芸博)の中華園芸展示エリアにある遼寧園で19日、「遼寧デー」のイベントが開幕した。自然の造形美と工業的要素が結びついた同園の屋内外の展示エリアでは、遼寧省の特色が十分に表現されている。同省は近年、生態文明建設を中心に、環境の質の改善に重点を置き、山水林田湖草の系統的な整備を統一的に計画することで、農村環境の総合的整備を推進し、全省の生態環境質を持続的に向上させている。(北京=新華社配信)=2017(平成29)年8月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052400423

  • 2018年03月25日
    遼寧盤錦干潟で暮らすゴマフアザラシ

    25日、遼寧省盤錦市双台河口三道溝沖の干潟でくつろぐゴマフアザラシ。最近、中国遼寧省盤錦市双台河口三道溝沖の干潟には、多くのゴマフアザラシが姿を見せている。群れをなしたゴマフアザラシは、毎年2月から5月にかけて、遼河の河口へ移動して過ごすという。(盤錦=新華社記者/潘昱龍)=2018(平成30)年3月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018032700595

  • 2018年03月25日
    遼寧盤錦干潟で暮らすゴマフアザラシ

    25日、遼寧省盤錦市双台河口三道溝沖の干潟でくつろぐゴマフアザラシ。最近、中国遼寧省盤錦市双台河口三道溝沖の干潟には、多くのゴマフアザラシが姿を見せている。群れをなしたゴマフアザラシは、毎年2月から5月にかけて、遼河の河口へ移動して過ごすという。(盤錦=新華社記者/潘昱龍)=2018(平成30)年3月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018032700553

  • 2018年03月25日
    遼寧盤錦干潟で暮らすゴマフアザラシ

    25日、遼寧省盤錦市双台河口三道溝沖の干潟でくつろぐマフアザラシ。最近、中国遼寧省盤錦市双台河口三道溝沖の干潟には、多くのゴマフアザラシが姿を見せている。群れをなしたゴマフアザラシは、毎年2月から5月にかけて、遼河の河口へ移動して過ごすという。(盤錦=新華社記者/潘昱龍)=2018(平成30)年3月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018032700600

  • 2018年03月25日
    遼寧盤錦干潟で暮らすゴマフアザラシ

    25日、遼寧省盤錦市双台河口三道溝沖の干潟でくつろぐゴマフアザラシ。最近、中国遼寧省盤錦市双台河口三道溝沖の干潟には、多くのゴマフアザラシが姿を見せている。群れをなしたゴマフアザラシは、毎年2月から5月にかけて、遼河の河口へ移動して過ごすという。(盤錦=新華社記者/潘昱龍)=2018(平成30)年3月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018032700559

  • 2018年06月19日
    「遼寧デー」遼寧省の自然環境の美しさを楽しむ北京園芸博

    遼寧省盤錦市を流れる遼河の河口にある紅海灘(レッドビーチ)。(2018年6月19日撮影、小型無人機から)2019年中国北京国際園芸博覧会(北京園芸博)の中華園芸展示エリアにある遼寧園で19日、「遼寧デー」のイベントが開幕した。自然の造形美と工業的要素が結びついた同園の屋内外の展示エリアでは、遼寧省の特色が十分に表現されている。同省は近年、生態文明建設を中心に、環境の質の改善に重点を置き、山水林田湖草の系統的な整備を統一的に計画することで、農村環境の総合的整備を推進し、全省の生態環境質を持続的に向上させている。(北京=新華社配信)=2018(平成30)年6月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052400381

  • 2018年07月03日
    「遼寧デー」遼寧省の自然環境の美しさを楽しむ北京園芸博

    遼寧省盤錦市を流れる遼河の河口にある紅海灘(レッドビーチ)。(2018年7月3日撮影、小型無人機から)2019年中国北京国際園芸博覧会(北京園芸博)の中華園芸展示エリアにある遼寧園で19日、「遼寧デー」のイベントが開幕した。自然の造形美と工業的要素が結びついた同園の屋内外の展示エリアでは、遼寧省の特色が十分に表現されている。同省は近年、生態文明建設を中心に、環境の質の改善に重点を置き、山水林田湖草の系統的な整備を統一的に計画することで、農村環境の総合的整備を推進し、全省の生態環境質を持続的に向上させている。(北京=新華社配信)=2018(平成30)年7月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052400395

  • 01:21.76
    2019年01月29日
    「新華社」岸に堆積した海氷が作り出す風景遼寧省盤錦市

    渤海の北に位置する中国遼寧省盤錦(ばんきん)市では毎年1月ごろになると、遼河(りょうが)が渤海に流れ込む河口付近で、海氷が岸に打ち上げられて堆積し、独特の風景を作り出している。(記者/趙泳)<映像内容>岸に打ち上げられた海氷の風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012919202

  • 2019年03月19日
    原油から生まれる工芸品遼寧省

    遼河油田広源集団油塑像工芸品工場の作業員が制作した油塑像工芸品。(3月19日撮影)中国遼寧省にある遼河油田広源集団の油塑像工芸品工場では、一つ一つに独特の質感があり、真に迫る姿の彫塑が制作されている。これらの作品の原材料は、地下2800メートルから3千メートルの地点で採掘された原油だ。(瀋陽=新華社記者/潘昱竜)=2019(平成31)年3月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032902232

  • 2019年03月19日
    原油から生まれる工芸品遼寧省

    油塑像工芸品の制作に使われる原材料。(3月19日撮影)中国遼寧省にある遼河油田広源集団の油塑像工芸品工場では、一つ一つに独特の質感があり、真に迫る姿の彫塑が制作されている。これらの作品の原材料は、地下2800メートルから3千メートルの地点で採掘された原油だ。(瀋陽=新華社記者/潘昱竜)=2019(平成31)年3月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032902257

  • 2019年03月19日
    原油から生まれる工芸品遼寧省

    遼河油田広源集団油塑像工芸品工場の作業室で、油塑像工芸品を制作する作業員。(3月19日撮影)中国遼寧省にある遼河油田広源集団の油塑像工芸品工場では、一つ一つに独特の質感があり、真に迫る姿の彫塑が制作されている。これらの作品の原材料は、地下2800メートルから3千メートルの地点で採掘された原油だ。(瀋陽=新華社記者/潘昱竜)=2019(平成31)年3月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032902253

  • 2019年03月19日
    原油から生まれる工芸品遼寧省

    遼河油田広源集団油塑像工芸品工場の作業員が制作した油塑像工芸品「油田の採掘工」。(3月19日撮影)中国遼寧省にある遼河油田広源集団の油塑像工芸品工場では、一つ一つに独特の質感があり、真に迫る姿の彫塑が制作されている。これらの作品の原材料は、地下2800メートルから3千メートルの地点で採掘された原油だ。(瀋陽=新華社記者/潘昱竜)=2019(平成31)年3月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032902263

  • 2019年03月19日
    原油から生まれる工芸品遼寧省

    遼河油田広源集団油塑像工芸品工場の作業室で、油塑像工芸品に色を塗る作業員。(3月19日撮影)中国遼寧省にある遼河油田広源集団の油塑像工芸品工場では、一つ一つに独特の質感があり、真に迫る姿の彫塑が制作されている。これらの作品の原材料は、地下2800メートルから3千メートルの地点で採掘された原油だ。(瀋陽=新華社記者/潘昱竜)=2019(平成31)年3月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032902202

  • 2019年03月19日
    原油から生まれる工芸品遼寧省

    遼河油田広源集団油塑像工芸品工場の作業室で、油塑像工芸品に色を塗る作業員。(3月19日撮影)中国遼寧省にある遼河油田広源集団の油塑像工芸品工場では、一つ一つに独特の質感があり、真に迫る姿の彫塑が制作されている。これらの作品の原材料は、地下2800メートルから3千メートルの地点で採掘された原油だ。(瀋陽=新華社記者/潘昱竜)=2019(平成31)年3月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032902238

  • 2019年03月19日
    原油から生まれる工芸品遼寧省

    遼河油田広源集団油塑像工芸品工場の作業室で、油塑像工芸品を制作する作業員。(3月19日撮影)中国遼寧省にある遼河油田広源集団の油塑像工芸品工場では、一つ一つに独特の質感があり、真に迫る姿の彫塑が制作されている。これらの作品の原材料は、地下2800メートルから3千メートルの地点で採掘された原油だ。(瀋陽=新華社記者/潘昱竜)=2019(平成31)年3月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032902258

  • 2019年03月28日
    遼河の河口に住むゴマフアザラシ遼寧省盤錦市

    28日、遼河河口の干潟で休むゴマフアザラシ。中国遼寧省盤錦市を流れる遼河の河口、三道溝海域には毎年2~5月、回遊してきたゴマフアザラシの群れが住み着く。統計によると、同海域に現在、約120~130頭が生息している。気温の上昇に伴い、回遊するゴマフアザラシの数はさらに増える見通し。群れの滞在期間は5月中旬までで、その後は遼東湾を離れていく。(盤錦=新華社記者/潘昱竜)=2019(平成31)年3月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019040103423

  • 2019年03月28日
    遼河の河口に住むゴマフアザラシ遼寧省盤錦市

    28日、遼河河口の干潟で休むゴマフアザラシ。中国遼寧省盤錦市を流れる遼河の河口、三道溝海域には毎年2~5月、回遊してきたゴマフアザラシの群れが住み着く。統計によると、同海域に現在、約120~130頭が生息している。気温の上昇に伴い、回遊するゴマフアザラシの数はさらに増える見通し。群れの滞在期間は5月中旬までで、その後は遼東湾を離れていく。(盤錦=新華社記者/潘昱竜)=2019(平成31)年3月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019040103398

  • 2019年03月28日
    遼河の河口に住むゴマフアザラシ遼寧省盤錦市

    28日、遼河河口の干潟で休むゴマフアザラシ。中国遼寧省盤錦市を流れる遼河の河口、三道溝海域には毎年2~5月、回遊してきたゴマフアザラシの群れが住み着く。統計によると、同海域に現在、約120~130頭が生息している。気温の上昇に伴い、回遊するゴマフアザラシの数はさらに増える見通し。群れの滞在期間は5月中旬までで、その後は遼東湾を離れていく。(盤錦=新華社記者/潘昱竜)=2019(平成31)年3月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019040103430

  • 2019年03月28日
    「遼寧デー」遼寧省の自然環境の美しさを楽しむ北京園芸博

    遼寧省盤錦市を流れる遼河の河口、三道溝海域で撮影したゴマフアザラシ。(3月28日撮影)2019年中国北京国際園芸博覧会(北京園芸博)の中華園芸展示エリアにある遼寧園で19日、「遼寧デー」のイベントが開幕した。自然の造形美と工業的要素が結びついた同園の屋内外の展示エリアでは、遼寧省の特色が十分に表現されている。同省は近年、生態文明建設を中心に、環境の質の改善に重点を置き、山水林田湖草の系統的な整備を統一的に計画することで、農村環境の総合的整備を推進し、全省の生態環境質を持続的に向上させている。(北京=新華社記者/潘昱竜)=2019(平成31)年3月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052400382

  • 2019年03月28日
    遼河の河口に住むゴマフアザラシ遼寧省盤錦市

    28日、遼河河口の三道溝海域に生息するゴマフアザラシ。中国遼寧省盤錦市を流れる遼河の河口、三道溝海域には毎年2~5月、回遊してきたゴマフアザラシの群れが住み着く。統計によると、同海域に現在、約120~130頭が生息している。気温の上昇に伴い、回遊するゴマフアザラシの数はさらに増える見通し。群れの滞在期間は5月中旬までで、その後は遼東湾を離れていく。(盤錦=新華社記者/潘昱竜)=2019(平成31)年3月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019040103297

  • 2019年03月28日
    遼河の河口に住むゴマフアザラシ遼寧省盤錦市

    28日、遼河河口の干潟で休むゴマフアザラシ。中国遼寧省盤錦市を流れる遼河の河口、三道溝海域には毎年2~5月、回遊してきたゴマフアザラシの群れが住み着く。統計によると、同海域に現在、約120~130頭が生息している。気温の上昇に伴い、回遊するゴマフアザラシの数はさらに増える見通し。群れの滞在期間は5月中旬までで、その後は遼東湾を離れていく。(盤錦=新華社記者/潘昱竜)=2019(平成31)年3月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019040103362

  • 2019年03月28日
    遼河の河口に住むゴマフアザラシ遼寧省盤錦市

    28日、遼河河口の干潟で休むゴマフアザラシ。中国遼寧省盤錦市を流れる遼河の河口、三道溝海域には毎年2~5月、回遊してきたゴマフアザラシの群れが住み着く。統計によると、同海域に現在、約120~130頭が生息している。気温の上昇に伴い、回遊するゴマフアザラシの数はさらに増える見通し。群れの滞在期間は5月中旬までで、その後は遼東湾を離れていく。(盤錦=新華社記者/潘昱竜)=2019(平成31)年3月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019040103282

  • 2019年03月28日
    遼河の河口に住むゴマフアザラシ遼寧省盤錦市

    28日、遼河河口の三道溝海域で、水面に顔を出すゴマフアザラシ。中国遼寧省盤錦市を流れる遼河の河口、三道溝海域には毎年2~5月、回遊してきたゴマフアザラシの群れが住み着く。統計によると、同海域に現在、約120~130頭が生息している。気温の上昇に伴い、回遊するゴマフアザラシの数はさらに増える見通し。群れの滞在期間は5月中旬までで、その後は遼東湾を離れていく。(盤錦=新華社記者/潘昱竜)=2019(平成31)年3月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019040103406

  • 2019年03月28日
    遼河の河口に住むゴマフアザラシ遼寧省盤錦市

    28日、遼河河口の干潟で休むゴマフアザラシ。中国遼寧省盤錦市を流れる遼河の河口、三道溝海域には毎年2~5月、回遊してきたゴマフアザラシの群れが住み着く。統計によると、同海域に現在、約120~130頭が生息している。気温の上昇に伴い、回遊するゴマフアザラシの数はさらに増える見通し。群れの滞在期間は5月中旬までで、その後は遼東湾を離れていく。(盤錦=新華社記者/潘昱竜)=2019(平成31)年3月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019040103355

  • 03:20.80
    2019年04月04日
    「新華社」海辺で日光浴をするゴマフアザラシ遼寧省盤錦市

    中国遼寧省盤錦市を流れる遼河の河口、三道溝海域にある干潟で、100頭以上のゴマフアザラシがのんびり横たわり、気持ちよさそうに日なたぼっこをしている。遼東湾の北端に位置する遼河の河口には、毎年冬に多くのゴマフアザラシが繁殖や越冬のため訪れる。盤錦市は過去2年、生態環境の構築と保護に力を入れてきた。同市が汚染防止の難関攻略戦を展開したことで、自然環境の質は明らかに好転し、ゴマフアザラシの生息や繁殖に適した環境が実現された。(記者/趙泳)<映像内容>中国の干潟で日光浴をするゴマフアザラシの様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019040402034

  • 2019年05月18日
    遼河文化がテーマの「栄興博物館」オープン遼寧省盤錦市

    18日、栄興博物館に設けられた農業開拓がテーマの展示室。中国遼寧省盤錦市に18日、同市や周辺地域の遼河文化をメインテーマとする栄興博物館がオープンした。博物館の建築面積は3500平方メートル。「浅瀬の埠頭」や「荒地の開墾」「土地への定住」などのテーマで展示室を設け、実物や図版、模型、現代科学技術を応用した方法など、さまざまな形で盤錦地域の遼河文化を紹介する。(盤錦=新華社記者/潘昱竜)=2019(令和元)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052200101

  • 2019年05月18日
    遼河文化がテーマの「栄興博物館」オープン遼寧省盤錦市

    18日、栄興博物館に展示された漁船の実物。中国遼寧省盤錦市に18日、同市や周辺地域の遼河文化をメインテーマとする栄興博物館がオープンした。博物館の建築面積は3500平方メートル。「浅瀬の埠頭」や「荒地の開墾」「土地への定住」などのテーマで展示室を設け、実物や図版、模型、現代科学技術を応用した方法など、さまざまな形で盤錦地域の遼河文化を紹介する。(盤錦=新華社記者/潘昱竜)=2019(令和元)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052200062

  • 2019年05月18日
    遼河文化がテーマの「栄興博物館」オープン遼寧省盤錦市

    18日、栄興博物館に展示された古い木造船の模型。中国遼寧省盤錦市に18日、同市や周辺地域の遼河文化をメインテーマとする栄興博物館がオープンした。博物館の建築面積は3500平方メートル。「浅瀬の埠頭」や「荒地の開墾」「土地への定住」などのテーマで展示室を設け、実物や図版、模型、現代科学技術を応用した方法など、さまざまな形で盤錦地域の遼河文化を紹介する。(盤錦=新華社記者/潘昱竜)=2019(令和元)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052200129

  • 2019年05月18日
    遼河文化がテーマの「栄興博物館」オープン遼寧省盤錦市

    18日、栄興博物館に展示された漁船の実物。中国遼寧省盤錦市に18日、同市や周辺地域の遼河文化をメインテーマとする栄興博物館がオープンした。博物館の建築面積は3500平方メートル。「浅瀬の埠頭」や「荒地の開墾」「土地への定住」などのテーマで展示室を設け、実物や図版、模型、現代科学技術を応用した方法など、さまざまな形で盤錦地域の遼河文化を紹介する。(盤錦=新華社記者/潘昱竜)=2019(令和元)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052200089

  • 2019年05月18日
    遼河文化がテーマの「栄興博物館」オープン遼寧省盤錦市

    18日、栄興博物館に展示された漁網を編む道具。中国遼寧省盤錦市に18日、同市や周辺地域の遼河文化をメインテーマとする栄興博物館がオープンした。博物館の建築面積は3500平方メートル。「浅瀬の埠頭」や「荒地の開墾」「土地への定住」などのテーマで展示室を設け、実物や図版、模型、現代科学技術を応用した方法など、さまざまな形で盤錦地域の遼河文化を紹介する。(盤錦=新華社記者/潘昱竜)=2019(令和元)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052200070

  • 2019年05月18日
    遼河文化がテーマの「栄興博物館」オープン遼寧省盤錦市

    18日、農業開拓がテーマの展示室にある農業関連設備。中国遼寧省盤錦市に18日、同市や周辺地域の遼河文化をメインテーマとする栄興博物館がオープンした。博物館の建築面積は3500平方メートル。「浅瀬の埠頭」や「荒地の開墾」「土地への定住」などのテーマで展示室を設け、実物や図版、模型、現代科学技術を応用した方法など、さまざまな形で盤錦地域の遼河文化を紹介する。(盤錦=新華社記者/潘昱竜)=2019(令和元)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052200097

  • 2019年05月18日
    遼河文化がテーマの「栄興博物館」オープン遼寧省盤錦市

    18日、栄興博物館に設けられた農業開拓がテーマの展示室。中国遼寧省盤錦市に18日、同市や周辺地域の遼河文化をメインテーマとする栄興博物館がオープンした。博物館の建築面積は3500平方メートル。「浅瀬の埠頭」や「荒地の開墾」「土地への定住」などのテーマで展示室を設け、実物や図版、模型、現代科学技術を応用した方法など、さまざまな形で盤錦地域の遼河文化を紹介する。(盤錦=新華社記者/潘昱竜)=2019(令和元)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052200063

  • 2019年05月18日
    遼河文化がテーマの「栄興博物館」オープン遼寧省盤錦市

    18日、農業開拓がテーマの展示室にある農業関連設備。中国遼寧省盤錦市に18日、同市や周辺地域の遼河文化をメインテーマとする栄興博物館がオープンした。博物館の建築面積は3500平方メートル。「浅瀬の埠頭」や「荒地の開墾」「土地への定住」などのテーマで展示室を設け、実物や図版、模型、現代科学技術を応用した方法など、さまざまな形で盤錦地域の遼河文化を紹介する。(盤錦=新華社記者/潘昱竜)=2019(令和元)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052200059

  • 2019年05月22日
    鳥たちの楽園遼寧省遼河口国家級自然保護区

    22日、遼河口国家級自然保護区の湿地で、大空を舞うタンチョウ。中国遼寧省盤錦(ばんきん)市にある遼河口国家級自然保護区は渤海遼東湾の北部に位置し、総面積は8万ヘクタール、タンチョウやズグロカモメなどの希少な水鳥と湿地生態系の保全を主な目的とする自然保護区となっている。初夏のこの時期、鳥たちと多彩な湿地環境が、美しい風景を生み出している。(盤錦=新華社記者/姚剣鋒)=2019(令和元)年5月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052700401

  • 2019年05月22日
    鳥たちの楽園遼寧省遼河口国家級自然保護区

    22日、遼河口国家級自然保護区の湿地で、大空を舞うズグロカモメ。中国遼寧省盤錦(ばんきん)市にある遼河口国家級自然保護区は渤海遼東湾の北部に位置し、総面積は8万ヘクタール、タンチョウやズグロカモメなどの希少な水鳥と湿地生態系の保全を主な目的とする自然保護区となっている。初夏のこの時期、鳥たちと多彩な湿地環境が、美しい風景を生み出している。(盤錦=新華社記者/姚剣鋒)=2019(令和元)年5月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052700407

  • 2019年05月22日
    鳥たちの楽園遼寧省遼河口国家級自然保護区

    22日、遼河口国家級自然保護区内にあるタンチョウ野生化基地で歩くタンチョウ。中国遼寧省盤錦(ばんきん)市にある遼河口国家級自然保護区は渤海遼東湾の北部に位置し、総面積は8万ヘクタール、タンチョウやズグロカモメなどの希少な水鳥と湿地生態系の保全を主な目的とする自然保護区となっている。初夏のこの時期、鳥たちと多彩な湿地環境が、美しい風景を生み出している。(盤錦=新華社記者/姚剣鋒)=2019(令和元)年5月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052700593

  • 2019年05月22日
    鳥たちの楽園遼寧省遼河口国家級自然保護区

    22日、遼河口国家級自然保護区の湿地で、大空を舞うタンチョウ。中国遼寧省盤錦(ばんきん)市にある遼河口国家級自然保護区は渤海遼東湾の北部に位置し、総面積は8万ヘクタール、タンチョウやズグロカモメなどの希少な水鳥と湿地生態系の保全を主な目的とする自然保護区となっている。初夏のこの時期、鳥たちと多彩な湿地環境が、美しい風景を生み出している。(盤錦=新華社記者/姚剣鋒)=2019(令和元)年5月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052700472

  • 2019年05月22日
    空から見た遼河口国家級自然保護区遼寧省盤錦市

    22日に撮影した遼河口国家級自然保護区内に広がる湿地。(小型無人機から)中国遼寧省盤錦(ばんきん)市大窪県と遼河口生態経済区にまたがる遼河口国家級自然保護区の総面積は、8万ヘクタール。生物資源が極めて豊富な同保護区は、多種にわたる水鳥の繁殖地・越冬地であり、多くの渡り鳥が立ち寄る場所になっている。(盤錦=新華社配信/宋岩)=2019(令和元)年5月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052700400

  • 2019年05月22日
    空から見た遼河口国家級自然保護区遼寧省盤錦市

    22日に撮影した遼河口国家級自然保護区内に広がるアシが織りなす模様。(小型無人機から)中国遼寧省盤錦(ばんきん)市大窪県と遼河口生態経済区にまたがる遼河口国家級自然保護区の総面積は、8万ヘクタール。生物資源が極めて豊富な同保護区は、多種にわたる水鳥の繁殖地・越冬地であり、多くの渡り鳥が立ち寄る場所になっている。(盤錦=新華社配信/宋岩)=2019(令和元)年5月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052700435

  • 2019年05月22日
    鳥たちの楽園遼寧省遼河口国家級自然保護区

    22日、遼河口国家級自然保護区の湿地で、大空を舞うタンチョウ。中国遼寧省盤錦(ばんきん)市にある遼河口国家級自然保護区は渤海遼東湾の北部に位置し、総面積は8万ヘクタール、タンチョウやズグロカモメなどの希少な水鳥と湿地生態系の保全を主な目的とする自然保護区となっている。初夏のこの時期、鳥たちと多彩な湿地環境が、美しい風景を生み出している。(盤錦=新華社記者/姚剣鋒)=2019(令和元)年5月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052700463

  • 2019年05月22日
    空から見た遼河口国家級自然保護区遼寧省盤錦市

    22日に撮影した遼河口国家級自然保護区内に広がる湿地。(小型無人機から)中国遼寧省盤錦(ばんきん)市大窪県と遼河口生態経済区にまたがる遼河口国家級自然保護区の総面積は、8万ヘクタール。生物資源が極めて豊富な同保護区は、多種にわたる水鳥の繁殖地・越冬地であり、多くの渡り鳥が立ち寄る場所になっている。(盤錦=新華社配信/宋岩)=2019(令和元)年5月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052700508

  • 2019年05月22日
    空から見た遼河口国家級自然保護区遼寧省盤錦市

    22日に撮影した遼河口国家級自然保護区内に広がる湿地。(小型無人機から)中国遼寧省盤錦(ばんきん)市大窪県と遼河口生態経済区にまたがる遼河口国家級自然保護区の総面積は、8万ヘクタール。生物資源が極めて豊富な同保護区は、多種にわたる水鳥の繁殖地・越冬地であり、多くの渡り鳥が立ち寄る場所になっている。(盤錦=新華社配信/宋岩)=2019(令和元)年5月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052700539

  • 2019年05月22日
    空から見た遼河口国家級自然保護区遼寧省盤錦市

    22日に撮影した遼河口国家級自然保護区内に広がる湿地。(小型無人機から)中国遼寧省盤錦(ばんきん)市大窪県と遼河口生態経済区にまたがる遼河口国家級自然保護区の総面積は、8万ヘクタール。生物資源が極めて豊富な同保護区は、多種にわたる水鳥の繁殖地・越冬地であり、多くの渡り鳥が立ち寄る場所になっている。(盤錦=新華社配信/宋岩)=2019(令和元)年5月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052700607

  • 2019年05月22日
    鳥たちの楽園遼寧省遼河口国家級自然保護区

    22日、遼河口国家級自然保護区内にあるタンチョウ野生化基地で歩くタンチョウ。中国遼寧省盤錦(ばんきん)市にある遼河口国家級自然保護区は渤海遼東湾の北部に位置し、総面積は8万ヘクタール、タンチョウやズグロカモメなどの希少な水鳥と湿地生態系の保全を主な目的とする自然保護区となっている。初夏のこの時期、鳥たちと多彩な湿地環境が、美しい風景を生み出している。(盤錦=新華社記者/姚剣鋒)=2019(令和元)年5月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052700393

  • 2019年05月22日
    鳥たちの楽園遼寧省遼河口国家級自然保護区

    22日、遼河口国家級自然保護区内にあるタンチョウ野生化基地で歩くタンチョウ。中国遼寧省盤錦(ばんきん)市にある遼河口国家級自然保護区は渤海遼東湾の北部に位置し、総面積は8万ヘクタール、タンチョウやズグロカモメなどの希少な水鳥と湿地生態系の保全を主な目的とする自然保護区となっている。初夏のこの時期、鳥たちと多彩な湿地環境が、美しい風景を生み出している。(盤錦=新華社記者/姚剣鋒)=2019(令和元)年5月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052700398

  • 2019年05月22日
    鳥たちの楽園遼寧省遼河口国家級自然保護区

    22日、遼河口国家級自然保護区内にあるタンチョウ野生化基地で歩くタンチョウ。中国遼寧省盤錦(ばんきん)市にある遼河口国家級自然保護区は渤海遼東湾の北部に位置し、総面積は8万ヘクタール、タンチョウやズグロカモメなどの希少な水鳥と湿地生態系の保全を主な目的とする自然保護区となっている。初夏のこの時期、鳥たちと多彩な湿地環境が、美しい風景を生み出している。(盤錦=新華社記者/姚剣鋒)=2019(令和元)年5月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052700402

  • 2019年05月22日
    鳥たちの楽園遼寧省遼河口国家級自然保護区

    22日、遼河口国家級自然保護区の湿地で、大空を舞うタンチョウ。中国遼寧省盤錦(ばんきん)市にある遼河口国家級自然保護区は渤海遼東湾の北部に位置し、総面積は8万ヘクタール、タンチョウやズグロカモメなどの希少な水鳥と湿地生態系の保全を主な目的とする自然保護区となっている。初夏のこの時期、鳥たちと多彩な湿地環境が、美しい風景を生み出している。(盤錦=新華社記者/姚剣鋒)=2019(令和元)年5月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052700410

  • 2019年05月22日
    鳥たちの楽園遼寧省遼河口国家級自然保護区

    22日、遼河口国家級自然保護区の湿地で餌を探す鳥。中国遼寧省盤錦(ばんきん)市にある遼河口国家級自然保護区は渤海遼東湾の北部に位置し、総面積は8万ヘクタール、タンチョウやズグロカモメなどの希少な水鳥と湿地生態系の保全を主な目的とする自然保護区となっている。初夏のこの時期、鳥たちと多彩な湿地環境が、美しい風景を生み出している。(盤錦=新華社記者/姚剣鋒)=2019(令和元)年5月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052700414

  • 2019年05月22日
    空から見た遼河口国家級自然保護区遼寧省盤錦市

    22日に撮影した遼河口国家級自然保護区内を流れる遼河の河口。(小型無人機から)中国遼寧省盤錦(ばんきん)市大窪県と遼河口生態経済区にまたがる遼河口国家級自然保護区の総面積は、8万ヘクタール。生物資源が極めて豊富な同保護区は、多種にわたる水鳥の繁殖地・越冬地であり、多くの渡り鳥が立ち寄る場所になっている。(盤錦=新華社配信/宋岩)=2019(令和元)年5月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052700434

  • 2019年05月22日
    空から見た遼河口国家級自然保護区遼寧省盤錦市

    22日に撮影した遼河口国家級自然保護区内に広がる湿地とアシが織りなす模様。(小型無人機から)中国遼寧省盤錦(ばんきん)市大窪県と遼河口生態経済区にまたがる遼河口国家級自然保護区の総面積は、8万ヘクタール。生物資源が極めて豊富な同保護区は、多種にわたる水鳥の繁殖地・越冬地であり、多くの渡り鳥が立ち寄る場所になっている。(盤錦=新華社配信/宋岩)=2019(令和元)年5月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052700612

  • 2019年05月22日
    鳥たちの楽園遼寧省遼河口国家級自然保護区

    22日、遼河口国家級自然保護区で、餌を探すセイタカシギ。中国遼寧省盤錦(ばんきん)市にある遼河口国家級自然保護区は渤海遼東湾の北部に位置し、総面積は8万ヘクタール、タンチョウやズグロカモメなどの希少な水鳥と湿地生態系の保全を主な目的とする自然保護区となっている。初夏のこの時期、鳥たちと多彩な湿地環境が、美しい風景を生み出している。(盤錦=新華社記者/姚剣鋒)=2019(令和元)年5月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052700474

  • 2019年05月22日
    空から見た遼河口国家級自然保護区遼寧省盤錦市

    22日に撮影した遼河口国家級自然保護区内に広がる湿地。(小型無人機から)中国遼寧省盤錦(ばんきん)市大窪県と遼河口生態経済区にまたがる遼河口国家級自然保護区の総面積は、8万ヘクタール。生物資源が極めて豊富な同保護区は、多種にわたる水鳥の繁殖地・越冬地であり、多くの渡り鳥が立ち寄る場所になっている。(盤錦=新華社配信/宋岩)=2019(令和元)年5月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052700648

  • 2019年05月22日
    鳥たちの楽園遼寧省遼河口国家級自然保護区

    22日、遼河口国家級自然保護区の湿地で、大空を舞うズグロカモメ。中国遼寧省盤錦(ばんきん)市にある遼河口国家級自然保護区は渤海遼東湾の北部に位置し、総面積は8万ヘクタール、タンチョウやズグロカモメなどの希少な水鳥と湿地生態系の保全を主な目的とする自然保護区となっている。初夏のこの時期、鳥たちと多彩な湿地環境が、美しい風景を生み出している。(盤錦=新華社記者/姚剣鋒)=2019(令和元)年5月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052700409

  • 2019年05月22日
    鳥たちの楽園遼寧省遼河口国家級自然保護区

    22日、遼河口国家級自然保護区で羽を休めるカモメ。中国遼寧省盤錦(ばんきん)市にある遼河口国家級自然保護区は渤海遼東湾の北部に位置し、総面積は8万ヘクタール、タンチョウやズグロカモメなどの希少な水鳥と湿地生態系の保全を主な目的とする自然保護区となっている。初夏のこの時期、鳥たちと多彩な湿地環境が、美しい風景を生み出している。(盤錦=新華社記者/姚剣鋒)=2019(令和元)年5月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052700475

  • 2019年05月22日
    空から見た遼河口国家級自然保護区遼寧省盤錦市

    22日に撮影した遼河口国家級自然保護区内に広がる湿地。(小型無人機から)中国遼寧省盤錦(ばんきん)市大窪県と遼河口生態経済区にまたがる遼河口国家級自然保護区の総面積は、8万ヘクタール。生物資源が極めて豊富な同保護区は、多種にわたる水鳥の繁殖地・越冬地であり、多くの渡り鳥が立ち寄る場所になっている。(盤錦=新華社配信/宋岩)=2019(令和元)年5月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052700502

  • 2019年05月22日
    空から見た遼河口国家級自然保護区遼寧省盤錦市

    22日、遼河口国家級自然保護区内を流れる遼河の河口を進むスピードボート。(小型無人機から)中国遼寧省盤錦(ばんきん)市大窪県と遼河口生態経済区にまたがる遼河口国家級自然保護区の総面積は、8万ヘクタール。生物資源が極めて豊富な同保護区は、多種にわたる水鳥の繁殖地・越冬地であり、多くの渡り鳥が立ち寄る場所になっている。(盤錦=新華社配信/宋岩)=2019(令和元)年5月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052700605

  • 2019年05月24日
    科学館でレッドビーチの「美と神秘」を体験遼寧省盤錦市

    24日、紅海灘湿地科学館の水生動物ホールで展示されている魚と水草。レッドビーチと呼ばれる中国遼寧省盤錦(ばんきん)市の紅海灘国家風景回廊には紅海灘湿地科学館がある。遼河デルタに位置する同館の建築面積は21万平方メートル。2018年5月の開館以来、遼河デルタ特有の紅海灘湿地を中心に、遼河河口の湿地環境と保護活動を展示している。(盤錦=新華社記者/姚剣鋒)=2019(令和元)年5月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052903031

  • 2019年05月24日
    科学館でレッドビーチの「美と神秘」を体験遼寧省盤錦市

    24日、紅海灘湿地科学館の湿地標本ホールで展示されている河蟹標本の写真を撮る来場者。レッドビーチと呼ばれる中国遼寧省盤錦(ばんきん)市の紅海灘国家風景回廊には紅海灘湿地科学館がある。遼河デルタに位置する同館の建築面積は21万平方メートル。2018年5月の開館以来、遼河デルタ特有の紅海灘湿地を中心に、遼河河口の湿地環境と保護活動を展示している。(盤錦=新華社記者/姚剣鋒)=2019(令和元)年5月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052903112

  • 2019年05月24日
    科学館でレッドビーチの「美と神秘」を体験遼寧省盤錦市

    24日、紅海灘湿地科学館の湿地ホールに展示されている湿地保護に関するパネル。レッドビーチと呼ばれる中国遼寧省盤錦(ばんきん)市の紅海灘国家風景回廊には紅海灘湿地科学館がある。遼河デルタに位置する同館の建築面積は21万平方メートル。2018年5月の開館以来、遼河デルタ特有の紅海灘湿地を中心に、遼河河口の湿地環境と保護活動を展示している。(盤錦=新華社記者/姚剣鋒)=2019(令和元)年5月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052903048

  • 2019年05月24日
    科学館でレッドビーチの「美と神秘」を体験遼寧省盤錦市

    24日、紅海灘湿地科学館の湿地ホールに設置されたスクリーン。レッドビーチと呼ばれる中国遼寧省盤錦(ばんきん)市の紅海灘国家風景回廊には紅海灘湿地科学館がある。遼河デルタに位置する同館の建築面積は21万平方メートル。2018年5月の開館以来、遼河デルタ特有の紅海灘湿地を中心に、遼河河口の湿地環境と保護活動を展示している。(盤錦=新華社記者/姚剣鋒)=2019(令和元)年5月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052903029

  • 2019年05月24日
    科学館でレッドビーチの「美と神秘」を体験遼寧省盤錦市

    24日、紅海灘湿地科学館のインタラクティブ体験ホール。レッドビーチと呼ばれる中国遼寧省盤錦(ばんきん)市の紅海灘国家風景回廊には紅海灘湿地科学館がある。遼河デルタに位置する同館の建築面積は21万平方メートル。2018年5月の開館以来、遼河デルタ特有の紅海灘湿地を中心に、遼河河口の湿地環境と保護活動を展示している。(盤錦=新華社記者/姚剣鋒)=2019(令和元)年5月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052903132

  • 2019年05月24日
    科学館でレッドビーチの「美と神秘」を体験遼寧省盤錦市

    24日、紅海灘湿地科学館の湿地ホールの入り口。レッドビーチと呼ばれる中国遼寧省盤錦(ばんきん)市の紅海灘国家風景回廊には紅海灘湿地科学館がある。遼河デルタに位置する同館の建築面積は21万平方メートル。2018年5月の開館以来、遼河デルタ特有の紅海灘湿地を中心に、遼河河口の湿地環境と保護活動を展示している。(盤錦=新華社記者/姚剣鋒)=2019(令和元)年5月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052903049

  • 2019年05月24日
    科学館でレッドビーチの「美と神秘」を体験遼寧省盤錦市

    24日、紅海灘湿地科学館の湿地標本ホールで展示される河蟹の標本。レッドビーチと呼ばれる中国遼寧省盤錦(ばんきん)市の紅海灘国家風景回廊には紅海灘湿地科学館がある。遼河デルタに位置する同館の建築面積は21万平方メートル。2018年5月の開館以来、遼河デルタ特有の紅海灘湿地を中心に、遼河河口の湿地環境と保護活動を展示している。(盤錦=新華社記者/姚剣鋒)=2019(令和元)年5月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052903125

  • 2019年05月24日
    科学館でレッドビーチの「美と神秘」を体験遼寧省盤錦市

    24日、紅海灘湿地科学館の湿地標本ホールに展示されている湿地魚類の標本。レッドビーチと呼ばれる中国遼寧省盤錦(ばんきん)市の紅海灘国家風景回廊には紅海灘湿地科学館がある。遼河デルタに位置する同館の建築面積は21万平方メートル。2018年5月の開館以来、遼河デルタ特有の紅海灘湿地を中心に、遼河河口の湿地環境と保護活動を展示している。(盤錦=新華社記者/姚剣鋒)=2019(令和元)年5月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052903130

  • 2019年05月24日
    科学館でレッドビーチの「美と神秘」を体験遼寧省盤錦市

    24日、紅海灘湿地科学館の実験室で水質サンプルを検査するスタッフ。レッドビーチと呼ばれる中国遼寧省盤錦(ばんきん)市の紅海灘国家風景回廊には紅海灘湿地科学館がある。遼河デルタに位置する同館の建築面積は21万平方メートル。2018年5月の開館以来、遼河デルタ特有の紅海灘湿地を中心に、遼河河口の湿地環境と保護活動を展示している。(盤錦=新華社記者/姚剣鋒)=2019(令和元)年5月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052903056

  • 2019年05月24日
    科学館でレッドビーチの「美と神秘」を体験遼寧省盤錦市

    24日、紅海灘湿地科学館の近代農業ホールで展示されているイネの標本。レッドビーチと呼ばれる中国遼寧省盤錦(ばんきん)市の紅海灘国家風景回廊には紅海灘湿地科学館がある。遼河デルタに位置する同館の建築面積は21万平方メートル。2018年5月の開館以来、遼河デルタ特有の紅海灘湿地を中心に、遼河河口の湿地環境と保護活動を展示している。(盤錦=新華社記者/姚剣鋒)=2019(令和元)年5月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052903116

  • 2019年06月05日
    紅山文化の文化財逸品展を訪ねて遼寧省朝陽市

    5日、紅山文化の文化財逸品展で展示されている「玉珏(ぎょくかく、端に切れ目のある玉製の輪)」。中国遼寧省の朝陽市博物館では、紅山文化の文化財逸品展を開催している。紅山文化は6500~5千年前、中国東北部を流れる遼河流域から北京市・河北省にまたがる燕山山脈付近にかけて存在した中国北方文明を代表する文化。同展では主に紅山文化の玉器100点以上を展示し、同文化の玉器を使った礼式と彫刻技術を示している。(朝陽=新華社記者/姚剣鋒)=2019(令和元)年6月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019061000961

  • 2019年06月05日
    紅山文化の文化財逸品展を訪ねて遼寧省朝陽市

    5日、紅山文化の文化財逸品展で展示されている玉製の「牛首神像」。中国遼寧省の朝陽市博物館では、紅山文化の文化財逸品展を開催している。紅山文化は6500~5千年前、中国東北部を流れる遼河流域から北京市・河北省にまたがる燕山山脈付近にかけて存在した中国北方文明を代表する文化。同展では主に紅山文化の玉器100点以上を展示し、同文化の玉器を使った礼式と彫刻技術を示している。(朝陽=新華社記者/姚剣鋒)=2019(令和元)年6月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019061000967

  • 2019年06月05日
    紅山文化の文化財逸品展を訪ねて遼寧省朝陽市

    5日、紅山文化の文化財逸品展で展示されている「玉珏(ぎょくかく、端に切れ目のある玉製の輪)」。中国遼寧省の朝陽市博物館では、紅山文化の文化財逸品展を開催している。紅山文化は6500~5千年前、中国東北部を流れる遼河流域から北京市・河北省にまたがる燕山山脈付近にかけて存在した中国北方文明を代表する文化。同展では主に紅山文化の玉器100点以上を展示し、同文化の玉器を使った礼式と彫刻技術を示している。(朝陽=新華社記者/姚剣鋒)=2019(令和元)年6月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019061001052

  • 2019年06月05日
    紅山文化の文化財逸品展を訪ねて遼寧省朝陽市

    5日、紅山文化の文化財逸品展で展示されている雲形の「玉佩(ぎょくはい、玉製の装飾品)」。中国遼寧省の朝陽市博物館では、紅山文化の文化財逸品展を開催している。紅山文化は6500~5千年前、中国東北部を流れる遼河流域から北京市・河北省にまたがる燕山山脈付近にかけて存在した中国北方文明を代表する文化。同展では主に紅山文化の玉器100点以上を展示し、同文化の玉器を使った礼式と彫刻技術を示している。(朝陽=新華社記者/姚剣鋒)=2019(令和元)年6月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019061001132

  • 2019年06月05日
    紅山文化の文化財逸品展を訪ねて遼寧省朝陽市

    5日、紅山文化の文化財逸品展で展示されている玉製の「牛首神像」。中国遼寧省の朝陽市博物館では、紅山文化の文化財逸品展を開催している。紅山文化は6500~5千年前、中国東北部を流れる遼河流域から北京市・河北省にまたがる燕山山脈付近にかけて存在した中国北方文明を代表する文化。同展では主に紅山文化の玉器100点以上を展示し、同文化の玉器を使った礼式と彫刻技術を示している。(朝陽=新華社記者/姚剣鋒)=2019(令和元)年6月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019061001134

  • 2019年06月05日
    紅山文化の文化財逸品展を訪ねて遼寧省朝陽市

    5日、紅山文化の文化財逸品展で展示されている雲形の「玉佩(ぎょくはい、玉製の装飾品)」。中国遼寧省の朝陽市博物館では、紅山文化の文化財逸品展を開催している。紅山文化は6500~5千年前、中国東北部を流れる遼河流域から北京市・河北省にまたがる燕山山脈付近にかけて存在した中国北方文明を代表する文化。同展では主に紅山文化の玉器100点以上を展示し、同文化の玉器を使った礼式と彫刻技術を示している。(朝陽=新華社記者/姚剣鋒)=2019(令和元)年6月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019061000968

  • 2019年06月05日
    紅山文化の文化財逸品展を訪ねて遼寧省朝陽市

    5日、紅山文化の文化財逸品展で展示されている玉製の管玉。中国遼寧省の朝陽市博物館では、紅山文化の文化財逸品展を開催している。紅山文化は6500~5千年前、中国東北部を流れる遼河流域から北京市・河北省にまたがる燕山山脈付近にかけて存在した中国北方文明を代表する文化。同展では主に紅山文化の玉器100点以上を展示し、同文化の玉器を使った礼式と彫刻技術を示している。(朝陽=新華社記者/姚剣鋒)=2019(令和元)年6月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019061000963

  • 2019年06月05日
    紅山文化の文化財逸品展を訪ねて遼寧省朝陽市

    5日、紅山文化の文化財逸品展で展示されている玉製のおの。中国遼寧省の朝陽市博物館では、紅山文化の文化財逸品展を開催している。紅山文化は6500~5千年前、中国東北部を流れる遼河流域から北京市・河北省にまたがる燕山山脈付近にかけて存在した中国北方文明を代表する文化。同展では主に紅山文化の玉器100点以上を展示し、同文化の玉器を使った礼式と彫刻技術を示している。(朝陽=新華社記者/姚剣鋒)=2019(令和元)年6月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019061001188

  • 2019年06月05日
    紅山文化の文化財逸品展を訪ねて遼寧省朝陽市

    5日、紅山文化の文化財逸品展で展示されている「玉猪竜(ブタの頭とヘビの胴体が合体した形の玉器)」。中国遼寧省の朝陽市博物館では、紅山文化の文化財逸品展を開催している。紅山文化は6500~5千年前、中国東北部を流れる遼河流域から北京市・河北省にまたがる燕山山脈付近にかけて存在した中国北方文明を代表する文化。同展では主に紅山文化の玉器100点以上を展示し、同文化の玉器を使った礼式と彫刻技術を示している。(朝陽=新華社記者/姚剣鋒)=2019(令和元)年6月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019061001104

  • 2019年06月05日
    紅山文化の文化財逸品展を訪ねて遼寧省朝陽市

    5日、紅山文化の文化財逸品展で展示されている竜をかたどった「C」字形の玉器。中国遼寧省の朝陽市博物館では、紅山文化の文化財逸品展を開催している。紅山文化は6500~5千年前、中国東北部を流れる遼河流域から北京市・河北省にまたがる燕山山脈付近にかけて存在した中国北方文明を代表する文化。同展では主に紅山文化の玉器100点以上を展示し、同文化の玉器を使った礼式と彫刻技術を示している。(朝陽=新華社記者/姚剣鋒)=2019(令和元)年6月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019061001221

  • 2019年06月05日
    紅山文化の文化財逸品展を訪ねて遼寧省朝陽市

    5日、紅山文化の文化財逸品展で展示されている竜をかたどった「C」字形の玉器。中国遼寧省の朝陽市博物館では、紅山文化の文化財逸品展を開催している。紅山文化は6500~5千年前、中国東北部を流れる遼河流域から北京市・河北省にまたがる燕山山脈付近にかけて存在した中国北方文明を代表する文化。同展では主に紅山文化の玉器100点以上を展示し、同文化の玉器を使った礼式と彫刻技術を示している。(朝陽=新華社記者/姚剣鋒)=2019(令和元)年6月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019061001215

  • 2019年06月05日
    紅山文化の文化財逸品展を訪ねて遼寧省朝陽市

    5日、紅山文化の文化財逸品展で展示されている「玉猪竜(ブタの頭とヘビの胴体が合体した形の玉器)」。中国遼寧省の朝陽市博物館では、紅山文化の文化財逸品展を開催している。紅山文化は6500~5千年前、中国東北部を流れる遼河流域から北京市・河北省にまたがる燕山山脈付近にかけて存在した中国北方文明を代表する文化。同展では主に紅山文化の玉器100点以上を展示し、同文化の玉器を使った礼式と彫刻技術を示している。(朝陽=新華社記者/姚剣鋒)=2019(令和元)年6月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019061001234

  • 2019年06月05日
    紅山文化の文化財逸品展を訪ねて遼寧省朝陽市

    5日、紅山文化の文化財逸品展で展示されている玉製の「牛首神像」。中国遼寧省の朝陽市博物館では、紅山文化の文化財逸品展を開催している。紅山文化は6500~5千年前、中国東北部を流れる遼河流域から北京市・河北省にまたがる燕山山脈付近にかけて存在した中国北方文明を代表する文化。同展では主に紅山文化の玉器100点以上を展示し、同文化の玉器を使った礼式と彫刻技術を示している。(朝陽=新華社記者/姚剣鋒)=2019(令和元)年6月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019061001111

  • 2019年06月05日
    紅山文化の文化財逸品展を訪ねて遼寧省朝陽市

    5日、紅山文化の文化財逸品展で展示されている玉製の輪「玉環(ぎょくかん)」。中国遼寧省の朝陽市博物館では、紅山文化の文化財逸品展を開催している。紅山文化は6500~5千年前、中国東北部を流れる遼河流域から北京市・河北省にまたがる燕山山脈付近にかけて存在した中国北方文明を代表する文化。同展では主に紅山文化の玉器100点以上を展示し、同文化の玉器を使った礼式と彫刻技術を示している。(朝陽=新華社記者/姚剣鋒)=2019(令和元)年6月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019061001190

  • 2019年10月15日
    秋景色の喜峰口長城河北省

    15日に撮影した喜峰口長城の秋景色。(小型無人機から)喜峰口長城は中国河北省の潘家口ダムエリアに位置する万里の長城遺跡の一部。明代以前、同長城は中原(黄河中下流域の平原地域)から漠北(ゴビ砂漠の北の地域)、遼東(渤海に注ぐ遼河以東の地域)への重要な交通路であり、地勢が険しいため、古くから「兵家必争の地」だった。現在、長城本体はすでにダムの水中に没しており、一部の壁がぼんやりと見えて、万里の長城の独特な景観の一つとなっている。(唐山=新華社記者/邢広利)=2019(令和元)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019101703522

  • 2019年10月15日
    秋景色の喜峰口長城河北省

    15日に撮影したダム湖にせり出したように見える喜峰口長城の一部。喜峰口長城は中国河北省の潘家口ダムエリアに位置する万里の長城遺跡の一部。明代以前、同長城は中原(黄河中下流域の平原地域)から漠北(ゴビ砂漠の北の地域)、遼東(渤海に注ぐ遼河以東の地域)への重要な交通路であり、地勢が険しいため、古くから「兵家必争の地」だった。現在、長城本体はすでにダムの水中に没しており、一部の壁がぼんやりと見えて、万里の長城の独特な景観の一つとなっている。(唐山=新華社記者/鞏志宏)=2019(令和元)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019101703465

  • 2019年10月15日
    秋景色の喜峰口長城河北省

    15日に撮影した喜峰口長城の秋景色。(小型無人機から)喜峰口長城は中国河北省の潘家口ダムエリアに位置する万里の長城遺跡の一部。明代以前、同長城は中原(黄河中下流域の平原地域)から漠北(ゴビ砂漠の北の地域)、遼東(渤海に注ぐ遼河以東の地域)への重要な交通路であり、地勢が険しいため、古くから「兵家必争の地」だった。現在、長城本体はすでにダムの水中に没しており、一部の壁がぼんやりと見えて、万里の長城の独特な景観の一つとなっている。(唐山=新華社記者/邢広利)=2019(令和元)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019101703467

  • 2019年10月15日
    秋景色の喜峰口長城河北省

    15日に撮影した喜峰口長城の秋景色。(小型無人機から)喜峰口長城は中国河北省の潘家口ダムエリアに位置する万里の長城遺跡の一部。明代以前、同長城は中原(黄河中下流域の平原地域)から漠北(ゴビ砂漠の北の地域)、遼東(渤海に注ぐ遼河以東の地域)への重要な交通路であり、地勢が険しいため、古くから「兵家必争の地」だった。現在、長城本体はすでにダムの水中に没しており、一部の壁がぼんやりと見えて、万里の長城の独特な景観の一つとなっている。(唐山=新華社記者/邢広利)=2019(令和元)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019101703488

  • 2019年10月15日
    秋景色の喜峰口長城河北省

    15日に撮影した喜峰口長城の秋景色。(小型無人機から)喜峰口長城は中国河北省の潘家口ダムエリアに位置する万里の長城遺跡の一部。明代以前、同長城は中原(黄河中下流域の平原地域)から漠北(ゴビ砂漠の北の地域)、遼東(渤海に注ぐ遼河以東の地域)への重要な交通路であり、地勢が険しいため、古くから「兵家必争の地」だった。現在、長城本体はすでにダムの水中に没しており、一部の壁がぼんやりと見えて、万里の長城の独特な景観の一つとなっている。(唐山=新華社記者/邢広利)=2019(令和元)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019101703436

  • 2019年10月15日
    秋景色の喜峰口長城河北省

    15日に撮影した喜峰口長城の秋景色。喜峰口長城は中国河北省の潘家口ダムエリアに位置する万里の長城遺跡の一部。明代以前、同長城は中原(黄河中下流域の平原地域)から漠北(ゴビ砂漠の北の地域)、遼東(渤海に注ぐ遼河以東の地域)への重要な交通路であり、地勢が険しいため、古くから「兵家必争の地」だった。現在、長城本体はすでにダムの水中に没しており、一部の壁がぼんやりと見えて、万里の長城の独特な景観の一つとなっている。(唐山=新華社記者/鞏志宏)=2019(令和元)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019101703496

  • 2019年10月15日
    秋景色の喜峰口長城河北省

    15日に撮影したダム湖に沈み込むように見える潘家口長城。喜峰口長城は中国河北省の潘家口ダムエリアに位置する万里の長城遺跡の一部。明代以前、同長城は中原(黄河中下流域の平原地域)から漠北(ゴビ砂漠の北の地域)、遼東(渤海に注ぐ遼河以東の地域)への重要な交通路であり、地勢が険しいため、古くから「兵家必争の地」だった。現在、長城本体はすでにダムの水中に没しており、一部の壁がぼんやりと見えて、万里の長城の独特な景観の一つとなっている。(唐山=新華社記者/鞏志宏)=2019(令和元)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019101703515

  • 2019年10月15日
    秋景色の喜峰口長城河北省

    15日に撮影した喜峰口長城の秋景色。喜峰口長城は中国河北省の潘家口ダムエリアに位置する万里の長城遺跡の一部。明代以前、同長城は中原(黄河中下流域の平原地域)から漠北(ゴビ砂漠の北の地域)、遼東(渤海に注ぐ遼河以東の地域)への重要な交通路であり、地勢が険しいため、古くから「兵家必争の地」だった。現在、長城本体はすでにダムの水中に没しており、一部の壁がぼんやりと見えて、万里の長城の独特な景観の一つとなっている。(唐山=新華社記者/鞏志宏)=2019(令和元)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019101703521

  • 01:33.96
    2020年01月16日
    「新華社」中国東北地域美しく、楽しく、おいしい冬の漁

    中国遼寧省盤錦(ばんきん)市の臥龍湖では、船頭の「網を放て、魚を捕るぞ」という掛け声を合図に、爆竹やドラが鳴り響き、年に一度の冬の漁「冬捕」が幕を開けた。この厳かでにぎやかな祭祀は、朴訥とした北方男性が先祖や自然への畏敬の念と新年への期待を込めて行うものだ。臥龍湖は、遼河(りょうが)の川口付近に位置し、魚が豊富で、潮流の影響により、海水と淡水が混ざり合い、肉質の良い美味しいハクレン・フナ・スズキなどが捕れる。現地の人々は古来より、厳しい冬に氷を割り釣りをしていて、「冬捕」は現地の漁業文化となっている。(記者/趙泳)<映像内容>臥龍湖で冬の漁「冬捕」の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020012322954

  • 00:47.93
    2020年05月01日
    「新華社」中ロパイプライン東ルート連休中も休まず工事

    中国遼寧省凌海市では労働節(メーデー)の連休初日に当たる1日、遼河油田建設が建設工事を請け負う中国とロシアを結ぶ天然ガスパイプラインの東ルート(吉林省松原市長嶺県-河北省廊坊市永清県)建設プロジェクト第5区間の工事が急ピッチで進められていた。新型コロナウイルス感染症の流行は工事の進捗に大きな影響を及ぼしたが、計画通り進むよう同社が入念に調整を行った。同プロジェクトは吉林省、内モンゴル自治区、遼寧省、河北省、天津市の五つの省・自治区・直轄市を通過する。うち第5区間は全長169キロ余り、遼寧省の盤錦(ばんきん)市と錦州(きんしゅう)市を通過し、大規模河川7本と幹線道路24本、鉄道3本を横切る。同社の従業員731人は工事開始以来、計画に基づいて休むことなく建設を進めている。(記者/趙泳)<映像内容>中国とロシアを結ぶ天然ガスパイプラインの東ルート建設プロジェクトの様子、撮影日:2020(令和2)年5月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051103096

  • 2020年07月15日
    子育てに励むツリスガラ遼寧省瀋陽市

    15日、遼河七星湿地で巣に戻ったツリスガラ。中国遼寧省瀋陽市の遼河七星湿地でこのほど、「鳥類の建築家」と呼ばれるツリスガラが、木々の間を飛び回り餌を探し、子育てに励む姿が見られた。(瀋陽=新華社配信/黄金崑)=2020(令和2)年7月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072700533

  • 2020年07月15日
    子育てに励むツリスガラ遼寧省瀋陽市

    15日、遼河七星湿地でヒナに餌をやるツリスガラ。中国遼寧省瀋陽市の遼河七星湿地でこのほど、「鳥類の建築家」と呼ばれるツリスガラが、木々の間を飛び回り餌を探し、子育てに励む姿が見られた。(瀋陽=新華社配信/黄金崑)=2020(令和2)年7月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072700527

  • 2020年07月15日
    子育てに励むツリスガラ遼寧省瀋陽市

    15日、遼河七星湿地で巣から顔を出すツリスガラのヒナ。中国遼寧省瀋陽市の遼河七星湿地でこのほど、「鳥類の建築家」と呼ばれるツリスガラが、木々の間を飛び回り餌を探し、子育てに励む姿が見られた。(瀋陽=新華社配信/黄金崑)=2020(令和2)年7月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072700774

  • 2020年07月15日
    子育てに励むツリスガラ遼寧省瀋陽市

    15日、遼河七星湿地でヒナに餌をやるツリスガラ。中国遼寧省瀋陽市の遼河七星湿地でこのほど、「鳥類の建築家」と呼ばれるツリスガラが、木々の間を飛び回り餌を探し、子育てに励む姿が見られた。(瀋陽=新華社配信/黄金崑)=2020(令和2)年7月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072700512

  • 1
  • 2