KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 中国古典
  • 敷地面積
  • イタヤカエデ
  • オレンジ色
  • オーストラリア
  • カラフル
  • グラレーター
  • コリアナオルニス
  • ジュラ紀
  • スイカズラ

「避暑山荘」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 映像
  • 向き
  • カテゴリ
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
10
( 1 10 件を表示)
  • 1
10
( 1 10 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 02:03.43
    2020年08月04日
    「新華社」空から見た普楽寺河北省承徳市

    河北省承徳市にある普楽寺は円亭子とも呼ばれる。清の乾隆31(1766)年の創建で、敷地面積は2万4千平方メートル。同市に残る清朝の離宮「避暑山荘」を取り囲むように配置された寺院群「外八廟(がいはちびょう)」の中でも最も周到に配置された寺院で、前後二つの部分からなる。前部は漢族の伝統的な寺院構造「七堂伽藍(しちどうがらん)」で、後部はチベット仏教の壇城様式となっている。主要な建造物の旭光閣は北京の天壇にある祈年殿を模して建てられたという。(記者/駱学峰)<映像内容>普楽寺の空撮、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:31.05
    2020年07月29日
    「新華社」空から見た普寧寺景勝地河北省承徳市

    中国河北省承徳市にある普寧寺景勝地は、避暑山荘の東北側を流れる武烈河のほとりに位置し、敷地面積は5万7800平方メートル。皇室寺院群のうちの普寧寺と普佑寺から構成されており、それぞれ西暦1755年(乾隆20年)、1760年(乾隆25年)に建てられた。「普天之下安寧」(天下全てが安寧である)、「保佑天下衆生」(天下の人々を加護する)という意味から名が付けられた。(記者/駱学峰)<映像内容>普寧寺景勝地の空撮、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:03.97
    2020年07月25日
    「新華社」空から見た承徳のミニポタラ宮河北省

    中国河北省承徳市の「布達拉(ポタラ)・行宮(あんぐう)景勝区」は、清王朝の夏の離宮「避暑山荘」北側の獅子嶺の南麓にある。面積は25万7900平方メートル。景勝地には皇室の寺院群のうち、1767(乾隆32)年に造営された「普陀宗乗之廟(ふだそうじょうしびょう)」がある。チベット自治区のラサ市にあるポタラ宮を模して建てられたことから、ミニポタラ宮とも呼ばれる。建築にも漢民族様式とチベット族様式が融合されており、雄大かつ荘厳な姿が青海チベット高原の風情を作り出している。(記者/駱学峰)<映像内容>ミニポタラ宮の空撮、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 02:19.20
    2020年07月23日
    「新華社」空から眺めた夏の避暑山荘河北省承徳市

    中国河北省承徳市にある避暑山荘は、清王朝の離宮で、皇帝は夏の間ここで政務を執った。造営が始まったのは1703(康煕42)年で、面積は564万平方メートル。避暑山荘と周囲の寺院群「外八廟(がいはちびょう)」は、世界に現存する皇室庭園・寺院建築群の中で最大規模を誇る。山荘は中国の地形を模して設計されており、北西部の山岳区、南東部の湖沼区、北部の平野区からなる形状は中国国土の縮図とされる。庭園内には亭、閣、軒、榭(しゃ)、廟など中国古典建築の景観が120カ所余りある。避暑山荘と外八廟は1994年、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。(記者/駱学峰)<映像内容>避暑山荘の風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:29.58
    2020年07月20日
    「新華社」きらめく絵画のような夜景河北省承徳避暑山荘

    中国河北省承徳市にある清代の離宮、避暑山荘でこのほど、第1期ライトアップ工事が完了した。美しいライトアップ、上品なデザイン、カラフルな色彩は、夜のとばりが下りた避暑山荘の古建築に新たな生命力を注ぎ込んでいる。避暑山荘では今後、第1期工事を基礎に第2期ライトアップ工事も実施する。敷地内の古建築全てのライトアップを実現する工事は、9月末までに完了の予定。(記者/駱学峰)<映像内容>ライトアップした避暑山荘の夜景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:30.76
    2020年01月07日
    「新華社」避暑山荘の雪景色 河北省承徳市

    中国河北省承徳市の避暑山荘は降雪の後、一面の銀世界となった。美しい風景を見ようと多くの市民や観光客が訪れた。(記者/駱学峰)<映像内容>降雪後の避暑山荘の風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:04.83
    2019年12月06日
    「新華社」ジュラ紀の恐竜足跡化石、避暑山荘で多数発見河北省承徳市

    国河北省承徳市文物局と中国地質大学(北京)は6日、「避暑山荘の恐竜足跡に関する研究が得た重大成果」をテーマとした共同記者会見を行い、同市にある清代の離宮、避暑山荘とその周辺の寺院の敷地から、完全な状態で保存されたジュラ紀の恐竜の足跡化石を多数発見したと発表した。この発見は、恐竜の進化や地球の気候変動を研究する上で重要な価値を持つという。中国、米国、オーストラリアの科学者は、彼らの研究チームが同省承徳地区の恐竜足跡を調査した結果、大部分の足跡化石は避暑山荘の敷地内に分布していると表明した。詳細な調査によると、同地区ではデイノニコサウルス類、ユーブロンテス、グラレーター、コリアナオルニスなど複数種の恐竜の足跡化石が発見された。これらの豊富な足跡化石の記録は、華北地方における恐竜の進化の記録がジュラ紀の燕遼生物群から白亜紀前期の土城子(どじょうし)足跡動物群、さらには熱河生物群までほぼ連続していることを示している。(記者/駱学峰)<映像内容>避暑山荘で恐竜足跡を多数発見、撮影日:2019(令和元)年12月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※画質が良くありません。

  • 01:19.19
    2019年07月15日
    「新華社」中国古典庭園「獅子林」テーマに3都市が合同展覧会河北省承徳市

    中国古典庭園「獅子林」がある北京市と、江蘇省蘇州市、河北省承徳市が共同で開催する展覧会「南北の庭園3市の獅子林が美しさを競う」が15日、承徳市の避暑山荘で開幕した。来場者は、同じ名を持ちながらもそれぞれ異なる特徴を持つ3つの獅子林の庭園芸術や関連する文化財の映像資料を鑑賞することができる。会期は8月31日まで。蘇州の獅子林は13~14世紀の元代に造営され、蘇州四大庭園の一つとされる。中国の古典的な私家(個人)庭園を代表する一つでもある。一方、北京市の円明園にある「獅子林」は現在、かつての面影はなく当時の石橋などがわずかに残っているのみとなっている。展示会は、三つの獅子林の芸術的特色と文化的価値の展示を通じ、来場者に南北で異なる建築スタイルを紹介する。3都市の優れた文化遺産を継承し広く宣伝することで、文化財の価値や教育的効果を高めることを目的としている。(記者/駱学峰)<映像内容>展覧会「南北の庭園3市の獅子林が美しさを競う」開幕の様子、撮影日:2019(令和元)年7月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 02:23.70
    2019年04月18日
    「新華社」春たけなわの避暑山荘河北省承徳市

    中国河北省承徳市にある清代の離宮、避暑山荘では4月を迎え、春らしい風景が広がっている。湖のほとりや丘の斜面では、見頃を迎えたアンズや桃が咲き誇り、歴史ある建物を引き立てて詩情豊かな風景を作り出している。(記者/駱学峰)<映像内容>中国河北省承徳市の避暑山荘の風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 04:55.43
    2018年10月30日
    「新華社」絵画のような世界秋深まる避暑山荘河北省承徳市

    中国河北省承徳市にある清朝時代の離宮、承徳避暑山荘を、夏に暑さから逃れ涼をとるための最高の場所と呼ぶなら、秋のこの地は最も色彩が豊かで美しい季節を迎える場所だと言える。清らかな湖は青空を映し、樹木は色とりどりに染まり、地域全体で深まる秋の風景は、絵画のような世界を生み出している。10月の承徳避暑山荘は色彩に富んだ油絵を思わせ、湖面に浮かぶ船や、訪れた人々はまるで絵の中に描かれたよう。避暑山荘に足を踏み入れると、色とりどりの花が美しく咲き乱れ、格別に心地のよい景色が楽しめる。空に向かって力強く伸びたイタヤカエデが秋風の中、黄金色に色付いた葉をのびのびと茂らせ、鮮やかなスイカズラの実は秋の日に照らされ赤く輝く。湖岸の両側に並ぶ木々は内側に向かって傾き、仰ぎ見るとオレンジ色の葉が透明なリボンか花束のよう。その姿が鏡のような湖面に映り、ぼんやりとした湖の光に映る山荘のあずまやと相まって仙境のような美しい景色が広がっている。観光客は詩や絵画のような景色に心安らぎ、思わずその美しい風景をカメラに収めていた。(記者/張碩)<映像内容>秋の承徳避暑山荘の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 1