KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • かんこう
  • 令和
  • 位置
  • 名物料理
  • 呉王
  • 夫差
  • 市民
  • 建築物
  • 文化
  • 歴史

「邗溝」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
6
( 1 6 件を表示)
  • 1
6
( 1 6 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2021年06月29日
    (2)歴史ある古鎮で運河が育んだ文化を味わう江蘇省淮安市

    25日、空から見た河下古鎮。(小型無人機から)中国江蘇省淮安(わいあん)市淮安区を流れる大運河のほとりに位置する河下古鎮は、総面積約2平方キロ、春秋時代末期に呉王の夫差(ふさ)が邗溝(かんこう)運河を掘ったときに形成され、2500年以上の歴史を誇る。古鎮には今も明・清代の街並みや古い建築物、著名人が暮らした家、名物料理などが残り、多くの市民や観光客が街歩きを楽しみ、運河が育んだ文化を味わっている。(淮安=新華社記者/季春鵬)= 配信日: 2021(令和3)年6月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062904525

  • 2021年06月29日
    (7)歴史ある古鎮で運河が育んだ文化を味わう江蘇省淮安市

    25日、河下古鎮の商店で、地元名物の小吃(シャオチー、軽食)「茶饊(ちゃさん)」を作る店主。中国江蘇省淮安(わいあん)市淮安区を流れる大運河のほとりに位置する河下古鎮は、総面積約2平方キロ、春秋時代末期に呉王の夫差(ふさ)が邗溝(かんこう)運河を掘ったときに形成され、2500年以上の歴史を誇る。古鎮には今も明・清代の街並みや古い建築物、著名人が暮らした家、名物料理などが残り、多くの市民や観光客が街歩きを楽しみ、運河が育んだ文化を味わっている。(淮安=新華社記者/季春鵬)= 配信日: 2021(令和3)年6月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062904531

  • 2021年06月29日
    (8)歴史ある古鎮で運河が育んだ文化を味わう江蘇省淮安市

    25日、河下古鎮を散策する観光客。中国江蘇省淮安(わいあん)市淮安区を流れる大運河のほとりに位置する河下古鎮は、総面積約2平方キロ、春秋時代末期に呉王の夫差(ふさ)が邗溝(かんこう)運河を掘ったときに形成され、2500年以上の歴史を誇る。古鎮には今も明・清代の街並みや古い建築物、著名人が暮らした家、名物料理などが残り、多くの市民や観光客が街歩きを楽しみ、運河が育んだ文化を味わっている。(淮安=新華社記者/季春鵬)= 配信日: 2021(令和3)年6月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062904532

  • 2021年06月29日
    (1)歴史ある古鎮で運河が育んだ文化を味わう江蘇省淮安市

    25日、空から見た河下古鎮。(小型無人機から)中国江蘇省淮安(わいあん)市淮安区を流れる大運河のほとりに位置する河下古鎮は、総面積約2平方キロ、春秋時代末期に呉王の夫差(ふさ)が邗溝(かんこう)運河を掘ったときに形成され、2500年以上の歴史を誇る。古鎮には今も明・清代の街並みや古い建築物、著名人が暮らした家、名物料理などが残り、多くの市民や観光客が街歩きを楽しみ、運河が育んだ文化を味わっている。(淮安=新華社記者/季春鵬)= 配信日: 2021(令和3)年6月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062904526

  • 2021年06月29日
    (4)歴史ある古鎮で運河が育んだ文化を味わう江蘇省淮安市

    25日、河下古鎮を散策する観光客。(小型無人機から)中国江蘇省淮安(わいあん)市淮安区を流れる大運河のほとりに位置する河下古鎮は、総面積約2平方キロ、春秋時代末期に呉王の夫差(ふさ)が邗溝(かんこう)運河を掘ったときに形成され、2500年以上の歴史を誇る。古鎮には今も明・清代の街並みや古い建築物、著名人が暮らした家、名物料理などが残り、多くの市民や観光客が街歩きを楽しみ、運河が育んだ文化を味わっている。(淮安=新華社記者/季春鵬)= 配信日: 2021(令和3)年6月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062904527

  • 2021年06月29日
    (9)歴史ある古鎮で運河が育んだ文化を味わう江蘇省淮安市

    25日、河下古鎮を散策する観光客。中国江蘇省淮安(わいあん)市淮安区を流れる大運河のほとりに位置する河下古鎮は、総面積約2平方キロ、春秋時代末期に呉王の夫差(ふさ)が邗溝(かんこう)運河を掘ったときに形成され、2500年以上の歴史を誇る。古鎮には今も明・清代の街並みや古い建築物、著名人が暮らした家、名物料理などが残り、多くの市民や観光客が街歩きを楽しみ、運河が育んだ文化を味わっている。(淮安=新華社記者/季春鵬)= 配信日: 2021(令和3)年6月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062904533

  • 1